神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

刀と剣とミロクと十字(2)

                              
                   ミロクの御神渡りの雲
                 ↙                ↘
    【ミロクの犠牲の十字】               【日本列島の十字】

       若狭(オバマ市)                   糸魚川
          ↓                          ↓
   十一面悔過⇒東日本大震災         穂高⇒フクシマ(志賀大神原発ライン)
          ↓                          ↓
     奈良平城京(国道369号)            諏訪大社(ミロクライン)
          ↓                          ↓
     熊野本宮大社(スサノヲ)        草薙神社(日本武尊)⇒ふじ1号墜落事故
          ↓                          ↓
  串本セッティング=シノップ原発受注    トリノ・エジプト展のシクミ⇒東日本大震災
          ↓                          ↓
       補陀落渡海                久能山東照宮=補陀落山
  ふじ丸チーフコック失踪(2009)          駿河湾地震(2009)
                   ↘            ↙
                         常世     
 
    
2014年11月23日。ミロクの御神渡りの雲は、ミロクの犠牲の十字から糸魚川静岡構造線へとかかっていった。ふたつの十字がつながってるってメッセージでもある。
当時はそのつながりについて深く追究しなかったのだけど、熊本地震や阿蘇山噴火をふくむ日本列島の十字の反応にくわえ、父なる禊の福岡1区の陥没穴とリンクして私事象でも"ホタカの障り"に見舞われたことで、あらためて考える機会を得た。

障りは、メッセージだ。
その発信元がホタカならば、とうぜん糸魚川静岡構造線にいま自分が受けている障りの型が隠されていることになる。

上の図に、ふたつの十字のタテのラインの対応を書いてみた。
たとえば2011年3月11日の東日本大震災では、当時のブログにも書いたように、ミロクの犠牲の十字の若狭と奈良東大寺をつなぐ十一面悔過(3月1~14日)がリンク。
十一面は十一面観音(起源は十一荒神)。悔過(けか)は過ちを悔い、懺悔すること。

メインイベントは「お取り」。
3月2日に福井県オバマ市の若狭神宮寺「お水送り」で地下水脈を通して送られた水を、13日午前1時から未明にかけておこなわれる「お水取り」で、東大寺の若狭井にてくみ上げる。

女川原発モニタリングポスト数値の急上昇とともに、福島第一原発3号機で異常が報告され、炉心露出がはじまったのはそのころだ。
そしてお松明の12日の1号機素爆発につづいて、十一面悔過最終日の14日に3号機も大爆発する。

十一面悔過のクライマックスにあわせて東日本大震災と福島第一原発の大事故は起きた。
フクシマはこの国の悔過だということだろう。

この若狭→平城京=十一面悔過ラインの地下水脈に対応するのが、北アルプスが形成する糸魚川静岡構造線の糸魚川→諏訪大社ライン。すなわちホタカラインだ。
北アルプスの総鎮守は穂高神社である。

穂高神社は2005年福岡県西方沖地震の志賀島と「玄海砂持ち行事」でつながっている。
父なる禊の福岡1区の志賀島だ。
当ブログの初期の段階で、福岡県西方沖地震と2007年の能登半島地震、中越沖地震から判明してたのが"志賀大神原発ライン"だった。

>志賀原発(能登半島)の北緯37度3分~福島第1原発の北緯37度25分の間のベルト地帯を、僕は「志賀神原発ライン」とよんでいる。
 『丑年のインフルエンザ』 2009/06/02 より

志賀海神社(=トリニティ原爆実験)➡能登半島地震の志賀原発→中越沖地震の柏崎刈羽原発。
その先に、東日本大震災の福島第一原発はある。

志賀大神とは、志賀島を本拠とした古代海洋民阿曇族の祖神の総称。
穂高神社の穂高見命もその重要なひと柱だ。
だいじなのは、原発といえば海であること。
そして津波を起こす海神の潮満と潮干の珠をもつのが、志賀大神だということ。

前年の穂高→宮城連動地震だけでなく、志賀大神原発ラインと津波を通しても、糸魚川静岡構造線のホタカは東日本大震災とつながっていた。
十一面悔過ラインと同様にだ。

志賀大神原発ラインは僕がかってに想定したものなので、にわかには信じられない方も多いと思う。
でもすくなくともホタカラインとフクシマのつながりについては、去年証明されたよね。
2016年11月22日に発生した、M7.4、震度5弱の福島県沖地震だ。
ホタカラインで長野県神城断層地震が起きたのも、2014年の11月22日。
ともに今回のシクミでもっとも重要なメッセンジャー、ニギハヤヒの日だ。

去年の福島県沖地震では福島第二原発の燃料プールの水がもれ、東日本大震災以来となる144cmの津波が観測された。
おそらく「第二の津波」の予告的メッセージだろう。

じつは東日本大震災の前に国内の地震で津波が観測されたのも福島県沖地震だった。
2008年7月19日のM6.9、震度4である。

>福島県双葉郡沖では、5/2にも震度3があった。能登半島および出雲市須佐町と連動した例の同時多発タイプだ。この時の能登(M4)と福島沖(M5.1)は、ともに震源が37度14分で強いスライド傾向を示していた。やはり能登と福島沖はつながっている。
福島沖への連動については、去年からその被害を心配していた。福島第一第ニ原発(37度25分~18分)があるからだ。今回のM6.9は深さが10kmと浅かっただけに、震度4と20cmの津波ですんだのはほんと幸いだった。
 『マトリックスラインと志賀神』 2008/07/22 より

心配はしてたけど、まさかM9の大震災までジャンプアップするとは考えてもなかったよな。

文中の同時多発タイプとは、2008年八十八夜のスサノヲ復活地震のこと。
震度3の三連発で示されたのは、須佐と劔地と双葉だった。

このうち双葉はフクシマとして実現した。2011年の歌会始のお題も「葉」だったし。
のこるは須佐のスサノヲと、劔地のだ。
「刀と剣とミロクと十字」のタイトルのとおり、いままさにその流れがはじまっている。

スサノヲと剣とくればヤマタノヲロチの天叢雲剣。すなわち日本武尊の草薙剣。
日本武尊はスサノヲの転生。もしくはおなじ霊系。
だからこそスサノヲが天照大神に献上した天叢雲剣を、伊勢斎王の倭姫(やまとひめ)は他のだれでもなく日本武尊に授けた。
逆にいえば、日本武尊神話における死と再生のシクミは、今回の"火の禊のスサノヲ"のそれとおなじだということになる。

日本武尊神話を思い出してほしい。
西は熊襲(熊本)、東は蝦夷(福島・宮城)へと進軍した日本武尊は、尾張(終わり)に草薙剣を置いて伊吹山に向かい、大蛇のタタリで命を落とす。
そして白鳥へと生まれ変わった。

まるで復興の祈りをこめた羽生結弦選手の、あのホワイトレジェンドのようにだ。

 2014.2.23ソチ・ホワイトレジェンド羽生

できればわかってほしい。
東日本大震災(蝦夷)と熊本大地震(熊襲)を経験した僕らにとって、日本武尊の死と再生のストーリーは、もはや絵空事でも他人事でもないということを。


刀と剣とミロクと十字(1)


「火あぶりになってもかまわない」の小池東京都知事は、もと東京区の議員。
伊勢式年遷宮開始の2005年の第44回衆院総選挙で、兵庫6区から国替え当選。
都知事選出馬であいたポストを、去年十月の補選で受け継いだのが、若狭勝議員。
ことし1月8日の第25回全日本高校女子サッカーでは、まさに東京10区の十文字高校が、悲願の初優勝をとげた。

若狭は福井=291。
安倍政権291の道がはじまった2015年のセンバツでは、福井の敦賀気比高校が北陸勢初の甲子園優勝を果たしている。事象のエネルギーって、ほんとスゴいと思う。

若狭といえばミロクの犠牲の十字に、ミロクの御神渡りの雲。
そして土蜘蛛陸耳御笠(くがみみのみかさ)の高浜原発、「終わりのみらい」くん。
そういや2008年8月8日の88事象の開始も、武蔵と若狭の連動地震だったな。
あのときすでに、東京と若狭はつながっていたのかもしれない。

小池都知事はジャンヌダルクに例えられた。ジャンヌダルクは火と十字。
父なる禊の火の十字に架けられるスサノヲは、おそらく関東の氷川神だろうと考えていたら、東京にジャンヌダルクが登場し、東京十区まで若狭化した。
かつての首都平城京を中心としたミロクの犠牲の十字と現代の首都東京がつながったわけだ。
そうしたらこんどは十文字高校。
まるで裏づけ?

平城京の平城は、平成+土。
土という字は、台(一)の上に祀られた神(十)をあらわす。
いわばその「十」が、氷川神スサノヲだ。
平成最後の干支が戊戌(つちのえいぬ)で、大河ドラマが『西郷どん』ってのも興味深い。
「終わりのみらい」が単に平成の終わりのことで、シクミもそれでさいごーならいいんだけど。
去年の冬至に糸魚川大火災とリンクした、大宮の「いきなりステーキ」が気になるよな。

初優勝といえば、大相撲の稀勢の里。
西新のハライとおなじ1月25日に72代横綱に昇進した。
日本人横綱は66代の若乃花以来19年ぶりだとか。

「72」は、北辰妙見信仰(天御中主神)の鎮宅霊符。
お賽銭も72円が縁起がいいとされる。

2010年10月に見た夢、『73機目の戦闘機』のブログ記事を思い出す。
あのあと北の延坪島砲撃事件で、イザナミのカグツチ出産の狼煙が上がったんだよな。
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-208.html

>たとえば火は、天にあっては7、地にあっては2、方位は南。赤帝も南を支配する。
                                         『73機目の戦闘機』より
その赤帝(赤龍王)の子といわれたのが、漢の高祖劉邦。
72は劉邦のホクロの数。楚の項羽と72度戦って全敗。最後の垓下の戦いに勝って天下人になったとされる。

「垓」という字も、土に亥。2019年は己亥(つちのとい)。
稀勢って中国の故事にちなむ四股名だそうだが、これまで優勝のチャンスを何度もふいにし、初優勝で横綱をつかんだ遅咲きの稀勢の里がもし劉邦に通じるならば、西郷どんの来年から新天皇が即位する2019年あたりがシクミ上の最後の戦いになるのかもしれない。
もしかしたら、88年に映画『AKIRA』が予告したような....。

稀勢の里が東京の初場所で横綱になったのは、東京とミロクと十字の流れだろう。
千秋楽の白鵬戦。土俵際の逆転劇に、「なにか自分の力以上に違う力が働いたようだった」と本人が語ったように。

出身は茨城県牛久市。
茨城の鹿島神宮と長野の諏訪大社上社をつなぐ北緯36度前後のミロクラインだ。
牛久大仏は鹿島神宮とおなじ北緯35度58分。
しかもタケミカヅチ(鹿島)とタケミナカタ(諏訪)の力くらべは、相撲の元祖とされている。
勝ったのはもちろんタケミカヅチ。

つまり横綱稀勢の里は、去年のJリーグチャンピオンシップの逆転優勝、ワールドクラブカップの予想外の快進撃、ことしの天皇杯も優勝した鹿島アントラーズとおなじパワーを受けて誕生したことになる。
(こういうときって必ず鹿島神宮の東国三社トライアングルで地震がおきるんだよね。2007年の奇跡のJリーグ逆転優勝のときもそうだった)

ミロクラインは変革のライン。
東は常陸国一宮鹿島神宮。西は福井の越前国二宮劔(つるぎ)神社。
剣神タケミカヅチと、剣大神スサノヲをむすぶ「剣のライン」でもある。

たとえばその影響をもろに受けたのが織田信長。
福井の劔神社は、信長も崇めた織田家の氏神。
主祭神のスサノヲの剣といえばごぞんじ天叢雲剣=尾張・熱田神宮の草薙剣。
その熱田神宮から桶狭間に向かい、今川義元を破った信長はやがて変革の魔王と化し、天正十年三月三日にはおなじミロクラインの諏訪大社を焼き討ちにして、灰燼に帰している。
本能寺の変で波乱の生涯を終えたのは、わずか3か月後だ。

ミロクラインは日本海をこえ、後醍醐天皇の隠岐諸島から、新羅の日月伝説(延烏郎細烏女)の迎日湾、そして日本が唐と新羅の連合軍と戦った白村江へと至る。

ちなみに延烏郎細烏女の日月伝説はことしとおなじ丁酉(ひのととり)。
去年の慶州地震は、新羅の王都で発生している。
どうやらあちらさんも日月のミロク事象の最中らしい。

白村江の戦いは、いまの韓国の錦江河口付近。
白村江の敗戦もまた、この国を劇的に変えた。
その戦いで戦死した将軍というのが、穂高神社の阿曇比羅夫(あずみのひらふ)。
主祭神の穂高見命は阿曇氏の氏神。御嶽山が噴火した9月27日におこなわれる御船まつりは、阿曇比羅夫を偲ぶ祭りだ。
諏訪大社上社前宮の八坂刀売(やさかとめ)が穂高見命の娘か妹であることは前にお話ししたけども、穂高神社自体も白村江の海戦を通してミロクラインとつながってるわけだ。

そう考えると、ブラックリストのホタカをふくめ、いまのシクミのキーワードが、ミロクラインや日本列島の十字に、なぜかあらかじめ配置されていることに気づかされる。
まるで2001年宇宙の旅のモノリスのように。

穂高神社は北アルプスの総鎮守。
穂高見命は列島の十字の糸魚川静岡構造線をつかさどる。
2014年11月22日の長野県神城断層地震(穂高見の事象)の翌日に、"ミロクの御神渡りの雲"が若狭から糸魚川静岡構造線へとかかっていったのはなぜか。

 201411230600_20170130221634e1a.png

穂高神社の本殿には、古代阿曇族の本拠である福岡1区の志賀島の砂が敷きつめられている。
その玄海の砂持ち行事がおこなわれたのは去年の5月5日。
おなじ日、諏訪大社上社の建て御柱で氏子さんが墜落死した。
志賀島(父なる禊の福岡1区)と、穂高神社(糸魚川静岡構造線)⇒諏訪大社(中央構造線)のつながりが見える。

安倍総理が衆院解散を発表した翌日に長野県神城断層地震が発生。
その衆院選で自民党290議席に福岡1区の議員が追加公認され、安倍政権291の道がはじまったのはなぜか。
そしていま、その福岡1区で事象が起きつづけているのはなぜか。

ミロクラインは列島の十字と、列島の十字は父なる禊において福岡1区とつながり、連動する。
そして列島の十字は、ミロクの犠牲の十字と対応している。
僕らがきちんと認識しとくべきなのは、福岡市地下鉄七隈線の隈の穴(黄泉の穴)も、糸魚川の大火災と、氷川信仰の中心大宮のいきなりステーキ火災も。さらには鹿島アントラーズも十文字高校も、稀勢の里も。すべては父なる火の禊とミロクの犠牲の十字に向かうおなじ流れから派生した事象だということ。
反感を持たれる方もいるかもしれないが、シクミは表と裏。事象はよくもわるくも出る。

27日の明治神宮奉納土俵入りで、72代横綱稀勢の里が選んだのは鬼の化粧まわしだった。
申酉戌の鬼やらいと前に書いたら、その鬼だもんな。
あとでまたふれるけど、72=妙見(天御中主神)=鬼ってことになる。
両にはあの手この手の宇良(=温羅)もいるしね。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E7%BE%85

CMの桃太郎はいまや鬼とおトモダチ。申酉戌との契約を温情で更新する始末(笑)。
奉納土俵入りの翌日には、秋田市で居酒屋の巨大なまはげが炎上。
なまはげは東北=艮(うしとら)を代表する鬼。艮の鬼にも火がついたらしい。
かたやSMAPのタガが外れた草薙剣くんは、蛇剣の本性をあらわしたかのようにドラマ『嘘の戦争』で復讐の鬼と化している。

ことしは丁酉(ひのととり)。
火の鳥ガルーダの炎を背負う酉年の守護神不動明王も、ある意味鬼。
火と剣の鬼だ。

福岡1区のはかた駅前通り陥没事故の黄泉のイザナミ。
1月20日にクレーン倒壊事故(2号機ウランちゃん)が起きた高浜原発のヌシ、陸耳御笠ももとより鬼。
はっきりいって光も闇も、正邪も入り乱れて鬼状態。
よほどの自立心がないとのみこまれる。それこそ毅然とした心の目=妙見をもたないと。

記紀神話では、鹿島のタケミカヅチはイザナギの十握剣(天之尾羽張)から飛び散ったカグツチの血からうまれている。
そこが問題。
火と剣のカルマ。当ブログが象徴していうところの、火と鉄のカルマだ。
そのさきに核がある。

光と闇の鬼状態をもたらしているのもおなじカルマ。
福岡1区(志賀海神社の東区と住吉神社の博多区)のキーワードは父なる禊。
カグツチを斬ったイザナギはイザナミに会いに黄泉にゆくが、奪還に失敗して北緯33度40分を西へ逃げ、福岡1区で禊祓う。
(宮崎の阿波岐原はあとづけだろうし事象も起きていない)
その北緯33度40分にイザナミの隈の宮(熊野那智大社)はあり、その北緯33度40分で人類初の核実験トリニティはおこなわれ、ナガサキに落とされた。
博多の陥没穴は、「逃がしゃしないよ」って黄泉のイザナミのメッセージだろう。

291の道の衆院選当日の朝、福岡1区の投票所、多々良小学校で女性の凍死体が発見されたのはなぜか。
凍死は同年に流行ったアイスバケツチャレンジとおなじく氷川神スサノヲ(火の禊のスサノヲ)につながるワード。その中心が「いきなりステーキ」の大宮。武蔵国一宮氷川神社だ。
つまり、火の禊のスサノヲ=いきなりステーキ。もしかしたら、=ナガサキってこと。

多々良は、『もののけ姫』のエボシさまのタタラ場。
もののけ姫をご覧になった方なら、火と鉄のカルマとその禊としてもたらされる破壊がどういうものか、およそ想像がつくと思う。
残念ながら現代には、ジコ坊や唐傘連はいても、アシタカはいないのだ。


 【日本列島の十字】
                    糸魚川大火災
                       ↓
                  長野県神城断層地震
                       ↓
                穂高神社(穂高見・阿曇比羅夫)
                       ↓
阿蘇神社(健磐龍神)→ 諏訪大社(八坂刀売・建御名方)→ 鹿島神宮(武甕槌神)
熊本大地震で楼門倒壊                        東日本大震災で大鳥居倒壊
宝刀蛍丸                 ↓              黒漆太刀(春日大社)
               草薙神社(日本武尊)・ふじ1号墜落
                  トリノ・エジプト展のシクミ
                       ↓
                久能山東照宮(補陀落山久能寺)


諏訪大社上社前宮の八坂刀売には、刀の字がある。
阿蘇神社では去年、宝刀蛍丸復活プロジェクトの奉納鍛錬、奉納焼入れがおこなわれた。
暮れには藤原氏R369ラインの春日大社で黒漆太刀発見のニュース。
ミロクの犠牲の十字の藤原氏R369ラインは、列島の十字の中央構造線に対応する。
鹿島神宮のタケミカヅチは藤原氏の氏神。その分霊を祀ったのが春日大社のはじまりだ。

ミロクラインが剣のラインであるように、どうやら中央構造線もまた刀のラインとして去年セッティングされたらしい。
熊本大地震もとうぜんからんでるんだろう。
熊本が激戦地となった西南戦争が、ミロクとおなじ「〇に十」を旗印にしたラストサムライたちの戦いだからだ。

72代横綱稀勢の里の「72」に象徴される北辰妙見と鎮宅霊符もまた中央構造線。
東が鹿島神宮なら、西は熊本県八代市の八代神社と霊符神社。
八代神社はもともと八代妙見宮。
フクシマの相馬妙見とともに日本三大妙見に数えられる。
末社の霊符神社は鎮宅霊符の本家。
祀られるのは北極星と北斗星だ。

その八代に妙見菩薩の御神渡りの雲がかかったのは2009年7月9日だったよね。
 http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-342.html

つづいて7月22日。トカラ列島の悪石島を中心とした今世紀最大の皆既日蝕。
トカラ列島を襲った嵐と雷光のなかで黄泉がえったのは、イザナミだった。
イザナミ回帰日蝕だ。
もしかしたら当時から、妙見+カグツチ出産の構図は決まっていたのかもしれない。

2009年に中央構造線の八代妙見に御神渡りの雲がかかり、2011年におなじ三大妙見のひとつ相馬妙見でフクシマが発生。
そして2014年、こんどは糸魚川静岡構造線にミロクの御神渡りの雲がかかった。

いまや列島の十字は北辰妙見とミロクの十字。
いいかえるなら、天御中主神とミロクの十字だ。

去年の申に示された示申も、天御中主神だった。またの名を北辰妙見尊星王。
その中央構造線に刀が配置されたわけだから、いまや中央構造線はこういう状態ってことになる。

 妙見菩薩 兵庫・法雲寺 妙見菩薩像

たぶんこれが、稀勢の里の鬼の化粧まわしの意味だろう。
天御中主神=刀を持った鬼だ。

もちろんこの刀が列島の十字を侵食する闇の流れを断ち切るために使われるなら、それはもういうことはない。
左手の剣印の二本指も、ピースに見えてくる(笑)。
だがはたしてそうなんだろうか。
この刀は、火と鉄のカルマそのものではないのか。
だとすれば、二本指は日本のことだろう。

 20160822安倍マリオ2

地球をつらぬく安倍マリオの土管が、リオ五輪のトーキョーショーで地球軸としての天御中主神を示したその日、北朝鮮名たんぽぽ(花言葉は神託)の台風9号が、妙見本宮千葉神社の上空ででっかい「9」を描いたのはなぜか。
「9」は天御中主神を中心とした天の九神。フクシマの相馬妙見の九曜紋。

 201608221130台風9号

つづいて日本海で北朝鮮がSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)北極星1号発射に成功。日本全土が射程に入ったのはなぜか。
北極星=北辰妙見尊星王=天御中主神だ。

もとよりヒロシマの再来たるフクシマは相馬妙見=天御中主神。
その福島第一原発事故の責任をのがれた東芝が、この時期に倒産秒読み段階とまでささやかれるのはなぜか。

去年の11月12月は、父なる火の禊の最終セッティングがなされた時期。
福岡1区のはかた駅前通りの陥没穴。世界を驚かせた米大統領選のトランプ勝利。
11月11日の日印原子力協定締結でついに核の補陀落渡海が開始され、同時にJR九州の架線事故でナガサキへの道が示された。
そのしめくくりとして12月27日に発表されたのが、東芝の原子力事業での巨額損失だ。数千億規模の損失だという。
じつに象徴的だよね。

2月2日には、福島第一原発2号機の原子炉真下の作業用通路にメルトダウンの穴が確認され、圧力容器の外、2m手前で毎時530シーベルト(53万ミリシーベルト)が計測されたと発表された。
運転中の原子炉とほぼおなじ。廃炉作業には絶望的な数値だ。
7000ミリシーベルトで全員死亡っていわれてるのに、53万ミリシーベルトだよ。

これまでなんども「核を手放せ」って神々のメッセージをお伝えしてきたけども、僕には天御中主神が火と鉄のカルマの刀で、そのカルマの頂点に君臨する核を、この国から断ち切ろうとしているようにしか思えない。
もちろんどんな手段を使ってもだ。


茨城北部地震6弱・M6.3


神々が動いとーと・12月編

☆流行語大賞について

 ⇒ 『神ってる
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56166444.html

☆秋篠宮ご夫妻、悠仁さまのナガサキご訪問

 ⇒ 『どうしてこの時期にナガサキなんだ?
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56168670.html 

☆ASKA再逮捕と米軍機ホーネット墜落

 ⇒ 『ニギハヤヒでククってみる(2)
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56170120.html
   
☆島根女子大生死体遺棄事件と福島のチョン逮捕、プーチン大統領来日について

 ⇒ 『プーチンが引いた切り札、安倍が引いたババ
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56177951.html

☆原三信病院の暴走タクシーなど

 ⇒ 『タクシーというなぞなぞ
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56181128.html

☆高速増殖炉もんじゅ廃炉決定

 ⇒ 『もんじゅ廃炉決定
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56182726.html

☆糸魚川の大規模火災といきなりステーキ大宮東口店火災

 ⇒ 『列島の十字の大火災、いきなりステーキ
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56183624.html

☆千葉県市川市スクラップ工場火災

 ⇒ 『千葉県市川市でスクラップ工場火災
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56186023.html

☆紅白大トリ嵐発表と台風26号ノックテン(鳥)、熊本市役所漏電火災と鹿島アントラーズのクラブW杯決勝、そして海の声

 ⇒ 『死と再生の十字
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56187941.html

☆茨城県北部地震M6.3 高萩市震度6弱について

 ⇒ 『茨城北部地震6弱・M6.3
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56190733.html


神々が動いとーと・11月


11月、12月は、父なる火の禊の最終セッティング。

小池東京都知事いわく、11月はいろいろある。


☆台風9号、日本シリーズ、イタリアの地震

地磁気逆転
http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56128834.html


☆米大統領選でトランプ勝利

13のアメリカきた~~~!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56135500.html

13の星のトランプドクトリンhttp://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56136499.html


☆日印原子力協定締結とJR九州架線切断事故、そして福岡の大陥没

まるでナガサキへの道だな
http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56138655.html


☆11月22日福島沖地震

ニギハヤヒの日のフクシマ
http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56150944.html

メッセージ
http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56152034.html


☆ジャパンカップ

ま~つりだ、祭りだ祭りだ
http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56157976.html


☆ASKA再逮捕とシャペコエンセチャーター機墜落

ニギハヤヒでククってみる(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56160333.html


神々が動いとーと


☆宇都宮城址まつりの自爆事件についてはこちら

 ⇒ 『命を絶って償う
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56119537.html

☆鳥取中部地震について

 ⇒ 『鳥取中部地震6弱
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56112207.html

☆鳥取県八頭郡智頭町の「八十八や」代表の大麻逮捕はこちら

 ⇒ 『88かよっ
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56109957.html

☆阿蘇山噴火について(まだ途中だけどね)

 ⇒ 『阿蘇噴火⇒スサノヲ⇒東電⇒ナガサキ、そして月(1)
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56105946.html

☆自民党二階幹事長の発言に関して

 ⇒ 『風がいま吹きはじめている
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56100096.html

☆マツダ社員寮殺人事件について

 ⇒ 『ヒロシマのアフラマズダ
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56094433.html

☆横浜市の大口病院点滴連続殺人事件に関して

 ⇒ 『背筋が凍りついたよ
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56084704.html

☆まるで蟲師の虹蛇(こうだ)

 ⇒ 『白神岬の虹
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56084704.html

☆9月9日の核実験と9月19日の祈りのわけ

 ⇒ 『君待橋
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56067828.html
   
☆ヒロシマのセ界優勝を目前にして

 ⇒ 『巨人よ、ヒロシマの9月9日優勝を阻止せよ!
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56059595.html

☆台風13号マーロウ

 ⇒ 『台風13号マーロウ発生
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56055477.html

 ⇒ 『台風13号マーロウ、南海トラフで消滅!?
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56058111.html

☆原子力規制委の10万年掘削制限の基本方針について

 ⇒ 『原子力規制委、もうサイコー!
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56050635.html

☆台風10号ライオンロック

 ⇒ 『ライオンロックなのに
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56045787.html

 ⇒ 『うしおととら
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56046607.html

 ⇒ 『ライオンロック上陸!
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56046607.html

☆安倍マリオについてはこちら

 ⇒ 『アベマリオの土管って
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56037703.html

 ⇒ 『安倍マリオとイタリアの地震、そしてポールシフト
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56040189.html

☆台風7号仏花

 ⇒ 『台風7号チャンスー・仏花
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56029232.html

☆杉並区のサンバ火炎瓶事件と、蓮舫議員の党首選出馬

 ⇒ 『れんほう富士
   http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56021626.html


なんか手ぇのばしてないか?

   
 201608041900手を伸ばす鬼 2016.8.4

8月1日夕方、気象庁が東京湾M9.1、震度7の緊急地震速報を誤報。
鉄道各社が一時運転を見合わせるなどの影響がでた。
原因は千葉県富津市の地震計が記録したノイズ。落雷のためと思われる。

同様の誤報は、2013年8月8日にも起きている。
熊野沖の南海トラフの海底地震計のノイズで、御前崎の中継機器が誤作動した。
発端となった微弱な地震は、和歌山の貴志川町国主の大国主神社付近。
あきらかにオオナムチの88事象だった。

  2013.8.8緊急地震速報

つづく2013年8月18日には、ツキヨミの桜島が5000m級の大噴火。
富士五湖で、神が死んだ日でもある。
このとき以来となる大噴火が、ことし7月26日の桜島の噴火。
連動して月読神社の津久井やまゆり園で戦後最悪の大量殺人事件が起きた。
伊方原発3号機の核燃料装填のときにお伝えした、ツキヨミの月黄泉化だ。

「山百合の 花咲く庭に いとし子を 車にのせて その母はゆく」
昭和天皇の1960年8月6日(ヒロシマの日)の御製歌だそうだ。
いとし子とは、生まれたばかりのいまの皇太子殿下のこと。

生前退位に関する天皇陛下のお気持ち表明のビデオメッセージが、8月8日に公表される。
2008年8月8日、オオナムチ88事象が開始されたその日は、皇太子殿下が富士山に初登頂された日でもある。

なぜお気持ち表明が88事象の8月8日でなければならないのか。
そう考えると、皇太子殿下のお印は梓だけども、事象的には「山百合」なのではないかと思えてくる。

東京湾M9.1の誤報も、百合に連動して起きたものだ。
7月31日に、小池百合子東京都知事が誕生。
「百合の語源にあるとおり、政界渡り鳥としてゆらゆら揺れてきた揺り子なんだが。トップに立ったら自分は揺れようがないわけで。あとは東京を揺らすしかないのかな。」
そうつぶやいたばかりだった。

地震計にノイズが記録された富津市といえば、鬼泪山(きなだやま)だ。
伝説では、日本武尊に追いつめられた阿久留王(悪路王)が、自害したとされる。
鬼泪山の戦いで捕えられて殺され、その体は復活を怖れて八つ裂きにされたともいう。

阿久留王は、馬来田国や須恵国一帯を治めていた大豪族だったと思われる。
だが景行朝に従わなかったのだろう。
崇神朝に滅ぼされた陸耳御笠(くがみみのみかさ)とおなじだ。

小池候補をつきっきりで応援したのは、自民党の若狭勝議員。
文字どおり、若狭が勝つ。
その若狭の闇の中心にいるのが、「みらいくん」の高浜原発のヌシ様、陸耳御笠である。
阿久留王は陸耳御笠や、熊本地震の益城の打猴・頸猴とおなじまつろわぬ土蜘蛛であり、鬼だ。

東京湾M9.1の誤報はあきらかに、いまの闇と黄泉の流れで起きた鬼の事象である。

闇の安倍政権の改造内閣がスタートしたのは、まんま闇(83)の8月3日。
しかも闇夜の新月。
名づけて「未来チャレンジ内閣」だそうだ。
これもまんま、例の"終わりの未来くん"の流れ。

その翌日、8月4日、一角の鬼みたいな、いかにもヤバそうな造形が衛星画像に浮かび上がった。
関東東海沖に手をのばしてるように見える。

その南方にある雲のかたまりは、おなじ日に小笠原近海で発生した台風5号オーマイス。
オーマイスは米国名。意味は、徘徊。
闇の未来チャレンジ内閣スタートとともに、列島をうろつきはじめたんじゃないの? ヤバい鬼たちが。

トルコのクーデターの余波で発生した茨城南部地震の平将門も、鬼だ。
もし僕が都民でも、さすがに鳥越候補には投票しにくかったと思うが、すくなくとも彼の登場は事象的なものであり、敗北は南光坊天海が将門を封じた北斗七星結界が破られたこと意味する。
その第一の星が、鳥越神社だからだ。

クーデタの余波=月星+フクシマのキーワードで関東が揺れてるとこに、北斗七星結界が破られ、おまけにゆらゆら揺り子都知事。
なんだかなぁ...。
百合のワードは浄化だし、生前退位後の平成の次の時代はかなり荒れそうだ。

8月3日は闇の新月。
満月は8月18日。

八十八は米。
日本人の手でといいながら、米国のために憲法を改正する安倍チャレンジ内閣らしい新月の闇と、満月の米の組みあわせ。

リオ五輪でそれどころじゃないかもしれないが、国民の目がそれてるときこそ政権は姑息な手段を使うものだし、8月3日~18日の事象にはとくに注意がいる。
闇のチャレンジが僕らにもたらす、未来のシナリオが表現されるはずだからだ。


これが僕らの進む道


地球の日の大噴火と、母なる大地の神の山の大地震。
おまけに母島の超深発地震に、GODZILLAエルニーニョ。

原発再稼動元年の2015年春。
大地母神たちはついに限界に達し、母なる地球は新たな段階に入った。
そして7月26日、僕らに「希望」がないことが示される。

7月26日は生贄祭祀の日。
その理由は、7/5のブログ無黒点にも、7/9のブログ『太陽と血と、七と十の生贄の祭り』にもくり返し書いた。
七月十日の参院選の結果が反映される可能性が高かったからだ。
                                      
7月26日(火)、午前1時40分ごろ、神奈川県相模原市緑区にある知的障害者施設「津久井やまゆり園」に、元職員の男が侵入。19名の入園者が殺害され、26名が重軽傷を負う凄惨な事件が発生した。
戦後最悪の大量殺人事件...。

読んでいただいている方には、参院選とあわせてこの事件がなにを表現しているのかおわかりいただけると思う。

そう。
これが僕らの進む道。
この道を。力強く、前へ。だ。


6月24日、中央構造線の伊方原発3号機で、核燃料の装填作業開始。
愛媛(伊予)は神代の月読尊のクニ。
伊予豆比古(いよつひこ)命神社の宮司は、憲法改正の神道政治連盟会長だ。
原発と改憲が月黄泉のもとにそろうとは、じつにうまくできている。

>伊方原発の核燃料装填から太陽が無黒点になったのは、伊予の月読尊が日月の道からおおきく外れ、月黄泉化してしまったことを意味する。

その再稼動予定が7月26日だった。

>伊方は、鋳型。
7月26日は「日光の日」であり、「幽霊の日」でもある。
おわかりいただけるだろうか。
こんなところにも、光と闇の構図だ。

>なんどもくり返すようだけど、原子力は「闇」であり、ニセの太陽である。
太陽は直日(なおひ)。ニセの太陽は禍津日(まがつひ)。
それぞれ僕らのまっすぐな心=直霊(なおひ)と、曲がった心=禍津霊(まがつひ)に対応する。
こんどの選挙は、その二者択一だ。

そして僕らは、後者を選んだ。

生贄の日7月26日に月黄泉+冥界の伊方原発プルサーマル3号機が再稼働。
つづく8月3日の内閣改造で、いよいよ月黄泉の闇(83)の道に突入する。
そういうシナリオだった。

ところが7月17日、四国電力は3号機の再稼働を延期すると発表。
1次冷却水のポンプにトラブルが起き、冷却水が漏れ出したらしい。

7月17日は祇園祭前祭の山鉾巡行の日。
2014年にチェルノブイリのウクライナ上空で、月星(マレーシア)のB777が撃墜された日でもある。
つまり、月星のもと、火の禊の十字に架けられる犠牲の救世主スサノヲ=777が示された日。

777=スサノヲについては、日本列島の十字で闇が拡大している件(1)でもふれた。

冷却水ポンプのトラブルは、スサノヲの回避行動だと僕は思った。
月黄泉+生贄祭祀のセッティングを阻止することで、「闇(83)の道」がもたらす犠牲をやわらげようとしているのだと。
だから、7月26日は事象日だと、とくに注意をうながさなかった。

だけどとんでもなかったよ。月黄泉の闇はあまりに深かった。
津久井やまゆり園の所在地「千木良+神社」で検索して、思わず凍りついてしまった。
月読神社だったからだ。

ごぞんじのとおり、どこにでもある神社ではない。全国で80社程度ととても少ない。

植松聖容疑者が凶行を開始する直前には、鹿児島の桜島が2013年8月18日以来となる5000m級の爆発的噴火を起こしている。
この桜島もまた、月読神社。桜島は月読尊の火山だ。

伊方原発のかわりに月読の火山が大噴火し、月読の神域で戦後最悪の大量殺人が起きた。
しかも、桜島には去年の8月15日、終戦の日にロンギヌスの槍が突き刺さっている。
千木良にはもうひとつ、スサノヲの牛鞍神社もある。
スサノヲ+ツキヨミ。そしてロンギヌスの槍。この組み合わせが示すのは「月のミロク」。
僕らは月のミロクに至るために、戦後最悪の犠牲を覚悟しなければならないってことだろう。

残念だけどそれが僕らの進む道。
この闇(83)の道を。力強く、前へ。だ。

その道とは、ナガサキの道でもある。
フクシマは、ヒロシマへの道の果てに起き、翌2012年5月21日の原発ゼロの金環蝕で「太陽のミロク」が誕生した。
その直前に国立天文台が、太陽極域磁場の4極化を発表したのは、けっして偶然ではないんだよね。
太陽の4極化。すなわち太陽の十字。〇に十字のミロクだ。

 20120419太陽の4極化

その「太陽のミロク」を、僕らはふたたび岩戸の闇に閉じこめようとしている。
本来の時流に逆らえば逆らうほどその反動で月黄泉の闇は深くなり、月のミロクへの道程がどんどん悲惨になる。
安倍が2014年7月26日に祈りを捧げた太陽のピラミッドのテオティワカンのように、太陽が衰えれば人柱がどんどん増えてゆく。
ニセの太陽(原発)の再稼動 ⇒ 生贄事象の拡大ってことだ。

伊方原発3号機の核燃料装填と太陽の無黒点の連動は、その未来を暗示していた。
「 神の大いなる恐るべき日が来る前に、太陽は闇となり、月は血に変わる」のだ。

7月26日には去年名古屋空港に緊急着陸したあのソーラーインパルス2が、世界一周の快挙を達成している。
この日と月のシンクロニシティの意味を、僕らはきちんと考えるべきだと思う。


去年「トリプルスリー」が流行語大賞をとったとき、僕は国民総活躍社会ならぬ、国民総「333」社会宣言だと書いた。
植松聖容疑者の、Twitterアカウントは、@tenka333
天下333。もしくは点火333。

聖+333とくれば、とうぜん聖333=トリニティ(三位一体)だ。
人類初のトリニティ原爆実験である(爆心は熊野那智大社と同緯度)。
植松容疑者が世界平和のために凶行に至ったように、トリニティ実験のプルトニウム型原爆は、世界平和のためにナガサキに投下された。
月黄泉の伊方3号機も、その冥界の元素プルトニウムである。

ナガサキについては、「光か、闇か」の参院選でも選挙結果として表現されている。
「七と十」の7月10日と、「生贄の日」7月26日がみごとに連動したわけだ。

改憲勢力の、88議席(非改選)+77議席(改選)。
88はオオナムチ。
トリニティ実験と同緯度の飛瀧大神(熊野那智大社)であり、核をめぐるトモダチ作戦の主宰神。
八十八は「米」。核と米+77とくれば、もろにこれだ。
ようするに、憲法改正=ナガサキってこと。       ナガサキB29ボックスカー

この国ではじめて障害者の法律が制定されたのは、明治33年。
精神病者監護法だった。
精神障害者は危険だから、家族が監禁しなさいという法律。
きっかけは旧相馬藩主相馬誠胤が座敷牢に入れられたことに端を発するお家騒動。いわゆる相馬事件。
旧相馬藩といえば、フクシマである。

植松容疑者の発想は、戦前の優生政策に似ている。
なかでも際立ってたのがナチスドイツ。障害者の「安楽死計画」。T4作戦だ。

植松容疑者もまた、自身の凶行を「作戦」と呼んでいる。
その「作戦」はなぜか、安倍首相のかわりにおなじく日本会議国会議員懇談会の大島衆議院議長に、ことし2月14日に献策された。
もちろん本人が勝手に公邸の警官に渡しただけだが。

いわく、今回の革命で日本国が生まれ変わればと考えております。
日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。

だかれかさんのウケウリみたいなセリフだ。

その作戦は、相模原市緑区千木良のやまゆり園で決行された。
「千木」とは、神社の屋根に武将の兜のように突き出しているシンボリックなこれのこと。

  千木

その良い「千木」のもとで、この国が大きな第一歩を踏み出すための作戦はおこなわれた。
戦後最悪の改革(革命)としてだ。

ねえ。この意味がおわかりいただけるだろうか。
この神々のメッセージが!

日本会議と、神社本庁の神道政治連盟の方々。
そしてやはり日本会議国会議員懇談会の小池ゆり子都知事候補。

あなた方が良い千木やのうと思ってる道の正体が、あの惨劇だってことだよ。


安倍政権とトルコのエルドアン政権は、「月星+フクシマ」のキーワードで連動する。
2013年のシノップ原発受注(フクシマの輸出)="ミロクの犠牲の十字"の串本セッティングのためだ。

その属性も双子の兄弟みたいによく似ている。
ともに独裁的長期政権を望み、大日本帝国とオスマン帝国の復活をテーマとし、ともに憲法改正へと邁進する。

7月10日の参院選と7月15日のトルコのクーデターは、ともにその好機到来。
エルドアン政権は、8月3日の安倍内閣改造よりひと足先に、いま大粛清の闇の道を進んでいる。

トルコの月星はオスマン帝国の象徴。
日本の月星は北辰北斗の妙見信仰(北辰妙見尊☆王)の象徴だが、いまや月黄泉+天津甕星と化している。
トルコのクーデターの余波が、関東で震度4や5弱の地震となって出ているのも「月星」連動だ。

くわしくは『神々がうごいとーと』を参照していただけるとありがたい。
 ⇒ 「クーデターと将門と」
  http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/55991425.html
  http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/55999904.html
  http://blogs.yahoo.co.jp/menefune_1025/56007288.html

月黄泉の伊方原発と無黒点の6月24日に、伊勢志摩経済新聞にこんな記事が出ていたとコメントいただいた。
グーグルマップに謎の光 伊勢神宮「月読宮」近く、UFOか神鏡の光か

7月22日には環境省が、8000ベクレル/kg以下ルールを全国で初めて千葉市に適用。
千葉市が保管するフクシマの7.7トンの指定廃棄物を解除。一般ごみとしての処分許可を通知した。
フクシマの尻ぬぐいは、まず本家がやれってことだ。
フクシマの相馬妙見の本家は、千葉である。

そのフクシマで平将門ゆらいの祭り、相馬野馬追が行われたのが、7月23日。
その日、7月17日と20日の茨城南部地震(震度4)とおなじミロクライン(北緯36度ライン)の御巣鷹山で、日航123便の慰霊登山の準備をしていた日航社員が滑落した。
お名まえは、相馬さん。
123(ひふみ)とミロクと、相馬...。

東京都知事選に、とつぜん鳥越俊太郎氏が出馬を表明したのにも驚かされた。
東京の鳥越神社といえば、安倍氏を滅ぼした源義家。
将門の怨念封じといわれる江戸・北斗七星結界(天海)の一番手だ。

こうした事象はすべてつながっている。
7月27日に起きた茨城北部の震度5弱の地震は、たぶん神田明神の将門と天津甕星に大洗のオオナムチから発せられた指令みたいなもんだろう。
地震を起こした棚倉構造線は、どうやら月山にもつながっている。

トルコのクーデターの余波で関東が揺れつづけてるのはさきに述べた「月星」連動だが、これらの反応がとてもマズいのは、関東は妙見だけでなく、氷川信仰にもおおわれてるからだ。
すなわち、スサノヲだ。

かつて『ネオ東京大祓特区宣言』でも書いたと思うけど、月星+スサノヲ
これが"父なる火の禊"の、犠牲の型なんだよね。


太陽と血と、七と十の生贄の祭り

  
伊方原発3号機で核燃料装填作業が開始された6月24日、太陽から黒点が消えた。

6月23日の2556群の消滅から、新月で月が弱まった7月4日に小黒点があらわれるまで、無黒点日は6月24日から7月3日まで10日間連続した。

「十」だ。


6月24日には、イギリス国民投票のEU離脱決定をうけてキャメロン首相が辞意を表明。
そのバックにも「10」。
10 Downing Street。

2014.5.1日英首脳会談 2016.6.24キャメロン辞意

ユニオンジャックの崩壊であらわれる、この十字架の「十」でもあるのかな。

the wall pink floyd / the wall


7月3日はごぞんじナミの日。
ナミといえば母なる熊野。
現在は他界(黄泉・常世)の力が強まっている。

観音浄土への補陀落渡海=黄泉への補陀落渡海。
すなわち、黄泉のイザナミの「隈(クマ)」と、日印原子力協定最終合意ではじまった核の補陀落渡海=終わりの「みらいくん」。

熊野では、イザナミは千手観音と習合している。その事象数が、17。七と十。
七と十は、カグツチと犠牲のスサノヲでもある。

「ちきゅう」の南海トラフ地震発生帯掘削計画と、熊野沖震度4によって、黄泉から大放出されたイザナミの「隈」は、自衛隊機U125の高山墜落によって鹿児島に注入されたことが示され、さらに川内原発の鹿児島から「西郷どーん」とともに北上。西南戦争で薩摩軍が益城を本営とした4月14日に、益城を震源とした震度7の熊本地震を発生させた。

その熊本地震から、中央構造線が闇と隈に冒されていることは、いま『日本列島の十字で闇が拡大している件』で書いているとおり(このシリーズまだつづきます)。

愛媛の伊方原発はもろ中央構造線だ。
しかも「みらいくん」とおなじ冥界の元素プルトニウム。プルサーマル3号機。
愛媛(伊予)は神代の月読尊のクニ。
伊方原発の核燃料装填から太陽が無黒点になったのは、伊予の月読尊が日月の道からおおきく外れ、月黄泉化してしまったことを意味する。

気をつけた方がいい。
「この道を。力強く、前へ。自民党」
その道を照らすのは、黄泉の月なのだ!

旧約聖書のヨエル書2章31節を思い出す。
「主の大いなる恐るべき日が来るまえに、太陽は闇となり、月は血に変わる」
  ⇒ 神々がうごいとーと『太陽は闇となり、月は血に変わる』

月が太陽に隠れた新月の7月4日、太陽に小さな黒点があらわれ、同時に巨大なコロナホールが出現する。まるで天の川だ。

20160704.jpg20160707.jpg
2016.7.4                    2016.7.7

コロナホールは太陽風の源。
これも将来的な雛型だと思われるが、現時点でははっきりしない。

たぶん2014年12月に『みらいくんの太陽風』で書いたこととつながってるんだと思う。
 ⇒ みらいくんの太陽風
神代に天照大神のもとで大祓の風を吹かせた気吹戸主神(いぶきどぬし)が、月読尊の御子だからだ。
ごぞんじ祓戸大神の一柱である。

ちなみに、いま「闇」が熊野(串本)へと流れるR371の高野山開山に関係する高野御子大神は、天照大神からタカノ神の称名をたまわった気吹戸主神のことだと思われる。
月黄泉と黄泉のイザナミの暴走をくい止めるのは、イブキドヌシとクマノクスヒ神の役目だ。

核燃料装填からナミの日への無黒点の十日間は、月黄泉(核)+黄泉のイザナミ(補陀落渡海)によってもたらされる犠牲の十字を意味しているように思える。

核の補陀落渡海については前に『We Are Tomodachi』にこう書いた。
>僕らは七と十のカルマを背負って、核の渡海船で黄泉へと向かうしかないだろう。
真田丸のように、六文銭(冥銭)の旗をかかげながら。

7月1日にバングラデシュの首都ダッカで起きた襲撃テロ事件では、7名の日本人がまき込まれ、ISISが「十字軍諸国の国民を襲撃した」と声明を出した。
7名と、十字だ。

無黒点のさなかに示されたこの「十字」は、闇に冒された太陽を復活させるための、生贄の犠牲をも意味している。
祝十(岩戸)びらきはとっくに完成したというのに、僕らがニセの太陽を再稼働させちまったからだ。

もちろん日本神話で天照大神の復活のために生贄にされたものなんていない。
だが思いだしてほしい。
闇の首相がテオティワカンの太陽のピラミッドで異国の神に祈ったことを。
あのとき古代中米の太陽神の復活と生贄のストーリーが、「闇」の勢力に取り込まれた。
外国の邪神を呼び込むのが、あの人の役目だ。

だからおなじ日、ナガサキの佐世保で女子高生が同級生の首を切断したわけだし、翌年、あれのエジプト演説を発端として、日本人人質がISISに首を切断された。
こんなふうに。
                         ミクトランテクトリ

軍事協力にいったわけじゃない。経済協力のためにエジプトを訪問したのだ。
中東の平和を訴えればいいのであって、ISISを名指しする必要がどこにある?
いまの選挙戦でもやってる、理性ではなく感情的な自己陶酔型のスピーチに他ならない。
フクシマのアンダーコントロールもそうだ。
どこが「中庸が最善」だよ。

ISISがターゲットの十字軍に日本をくわえたのも、2015年1月17日のエジプト演説から。
ここでもイザナミ=千手観音の事象数「17」だ。
その延長線上に、7月1日の襲撃テロ事件はある。
しかも、核燃料装填と無黒点の7日後とはね。

いまや、原発(ニセの太陽)再稼動 ⇒ 太陽復活のための生贄祭祀。
この事象的悪循環が定着しつつあるようだ。
闇の安倍政権と、バックの月黄泉のもとにである。

バングラデシュの国旗は、日本を参考にした日の丸だ。
緑地は大地をあらわし、赤い丸は太陽と流された血をあらわす。

2008年の秋葉原通り魔事件では、7名が殺害され10名が負傷した。
2013年のアルジェリア人質事件では、7名が生還したが10名が殺害された。

ダッカの襲撃テロ事件では7名と、十字。
さらに気になるのが、興玉神を思わせるワードが示されている点だ。

二見興玉神社と二見浦の夫婦岩はもろ中央構造線。
十字軍の十字は、列島の十字とつながるんだろうか。
祭神は猿田彦。導きの神だ。
「この道を。力強く、前へ」導くのだけはかんべんしてほしいんだけど。
伊方原発がある佐田岬半島の「佐田」は、猿田彦のことだともいわれるしなぁ。

七と十のカルマについては過去に書いてるので、よろしければ参照していただければと思う。
 ⇒ 『We Are Tomodachi

「光か、闇か」の参院選は、いよいよ明日、七と十の7月10日だ。
はやくも闇の首相の高笑いが聞こえてくる。
奇跡でも起きないかぎり、その先に七と十のカルマと、生贄の祭りが待っているのは、なんかもう見え見えだけどね。

無黒点

 
6月24日から、無黒点の太陽がつづいている。

イギリスの国民投票でEU離脱が決まり、世界金融市場が大混乱におちいった日。
中央構造線の伊方原発プルサーマル3号機(愛媛)で、核燃料装填が開始された日だ。

この日、日経平均株価は14952円と、2月12日以来の15000円割れとなり、ことしの最安値を更新。円は1ドル99円台に急騰した。

黒点は太陽活動のバロメーター。
太陽活動と経済の関係がささやかれるようになったのは、たしかイギリス産業革命の時代だ。

G7伊勢志摩サミットに臨む安倍総理が世界経済についてリーマンショック前をやたらと強調したとき、僕はその意見は正しいと、ブログに書くか、つぶやくかした。
去年12月12日の日印原子力協定の最終合意が、ブッシュの米印123協定(原子力)の二番煎じになるのは見え見えだったからだ。

じっさい専門家が25000円超えもあると予測したことしの日経平均株価は年初から下落をつづけ、「みらいくん」再稼動の1月29日には、日銀が黒田バズーカ第3弾のマイナス金利政策を発表。よくもわるくも世界を驚かせた。

2007年7月、米印123協定と連動して起きたのがサブプライムショック。
翌2008年にリーマンショック。そして世界金融危機へと発展する。

太陽と経済ならともかく、核と経済の連動なんて妄想にすぎないと、ほとんどの方は思うだろう。
だが思い出してほしい。原子力が"ニセの太陽"であることを。
フクシマの直前にも、2つの太陽と射日伝説の事象として示されたよね。
結果、福島第一原発が射落とされた。

ふたつの太陽 2011アジアカップサンフレッチェの矢 二つの太陽とヒロシマの矢

日印原子力協定最終合意のあと、日銀がマイナス金利に踏み切らざるを得なくなったのは偶然ではない。
しかもその日が、"終わりの未来"くんの再稼動と重なったのはなぜだ?

リーマンショック=世界金融危機 ⇒ 大規模な金融緩和 ⇒ マイナス金利。
これが過去に例がなく、どんな専門家も行く先の見えない、いまの世界経済の大すじの流れ。
(米国はマイナス金利はまだやってないけど)
そのカーナビに、黒田日銀は"終わりの未来"を入力しちゃったことになる。

イギリスのEU離脱による世界金融市場の混乱が、「みらいくん」とおなじ冥界の元素プルトニウム。すなわち伊方原発プルサーマル3号機と重なったのはなぜだ?

もちろんすでに金融市場は落ち着きを取りもどし、続伸に転じている。
でも1月29日(高浜4号機のスランブル停止は2月29日)と6月24日の核と経済の連動は、当ブログ的にはあきらかな"核と終わりのシクミ"のワンシーンだし、そのセッティングだ。
地震でいうなら前震。前兆現象のようなもの。

リ-マンショックの2008年の太陽は、歴史的な無黒点状態だった。
6月24日の太陽も、無黒点だった。
ともに世界金融市場の大混乱+無黒点。
この天文学的な絶妙のタイミングに、意図がないとでも?

いまや安倍首相は「闇」のよげん者。
                         トモダチ

その言葉は闇の世界のよげんとなり、行動は亡国への布石、雛型となる。

1月4日の年頭会見で「挑戦」ってワードを24回も連発し、ことしを「挑戦の一年」に位置づけたら、すかさず「ちょうせん」半島で核実験がおこなわれた。北朝鮮の水爆実験だ。

その年頭会見で「参院選で憲法改正をしっかり訴えてゆく」と断言しときながら、選挙の街頭演説では「争点は経済問題です」といけしゃあしゃあと言ってのけるあたり、すっかり「闇のもの」が板についちゃってる。
まあ国会や党首討論ですぐ顔に出るあたり、「闇」といってもレベルは餓鬼なんだけどね。

「われわれは大きな危機、大きなリスクに直面している」
このG7でのよげんもイギリスのEU離脱となって実現したわけだが、6月24日のリンクは僕らにとってそれ以上に大きな危機、大きなリスクを暗示する。

だいじなのは伊方原発が、熊本地震からこのかた「闇」に蹂躙されつづけている中央構造線に位置する点。
そして愛媛(伊予)が、神代の月読尊の国であるという点だ。

月読尊は本来、高天原で天照大神を補佐する役目だった。
だが天照大神の使者として訪れた葦原中国で、保食神(うけもちのかみ)を斬殺する。
(これが事象化すれば食糧危機にいたる)
天照大神は激怒し、それから太陽と月は昼と夜にわかれて出るようになったと神話はとく。

高天原から追放されたスサノヲが出雲をみずからのクニとしたように、なかば高天原を追われた月読尊のクニが、伊予である。
「光と闇」の戦いの中で、月読(月夜見)尊がどう動くか注目していたのだが、伊予のニセの太陽の核燃料装填と同時に太陽が無黒点になったところを見ると、日月の和合なんて段階にはとうてい達してないし、それどころか月読尊の「月黄泉」化は確実だ。

光と闇、太陽と核との戦いに、太陽vs月、うつし世vs黄泉、伊勢vs出雲の構図までくわわり、その対立構造がより鮮明に打ち出されてしまった。

リーマンショックの2008年は出雲大社の大遷宮がはじまり、オオナムチの88事象が開始された年。
現在の太陽黒点周期サイクル24がはじまったのもそう。
以来、過去200年でもっとも太陽活動が弱い状態が現在もつづき、僕らはリーマンショック後の経済の混迷からいまだ脱け出せないでいる。
太陽は出雲に遮断され、僕らはかんぺき出雲に牛耳られてるわけだ。
このままいけば、次のサイクル25(2018年前後)ではさらに太陽は弱体化するだろう。
小氷期の到来が取りざたされるゆえんだ。

古代メキシコでは、太陽活動を復活させるために、さかんに生贄の祭祀がおこなわれた。
動物ではなく人身御供である。そりゃもう無数の人々が犠牲になった。

2014年7月26日、安倍首相はそのメキシコのテオティワカン遺跡の太陽のピラミッドに登り、祈りをささげた。
もちろん、闇がセッティングしたのは真の太陽の復活ではない。
おなじ日、ナガサキの佐世保では、女子高生の同級生猟奇殺人事件が発生している。
恐るべき生贄の「型」だ!

月黄泉の核(ニセの太陽)、伊方原発3号機の再稼動予定はその7月26日である。
たとえ実稼動が先にのびたとしても、四国(死国)電力のこのセッティングはもう変わらない。

去年、調布の小型機墜落事故で、「希望」さんが失われた日だ。

伊方は、鋳型。
7月26日は「日光の日」であり、「幽霊の日」でもある。
おわかりいただけるだろうか。
こんなところにも、光と闇の構図だ。

なんどもくり返すようだけど、原子力は「闇」であり、ニセの太陽である。
太陽は直日(なおひ)。ニセの太陽は禍津日(まがつひ)。
それぞれ僕らのまっすぐな心、直霊(なおひ)と、曲がった心、禍津霊(まがつひ)に対応する。
こんどの選挙は、その二者択一だ。

2012年5月21日の原発ゼロの金環蝕は、天照大神の岩戸びらきだった。
だが核を手放さなければ、日の本には真の太陽は輝かないし、自立の未来もないのだ。


【核と終わりの構図】

1945年 ヒロシマとナガサキ ⇒ 大日本帝国の終わり
                   ⇒ 第二次世界大戦の終わり 

1954年 1月、讀賣新聞コラム『ついに太陽をとらえた』連載
      3月、米ビキニ水爆実験 ⇒ 第五福竜丸被爆(久保山愛吉無線長死亡)
      4月、中曽根らが原子力研究開発予算を国会に提出(日本原子力のはじまり)
                      ⇒ 太陽周期サイクル18の終わり
 1de3ea84ee8b18cb68fa4587ea27b3f3_201606300128281fc.jpg 序文湯川秀樹

1979年 スリーマイル島原発事故 ⇒ アメリカ資本主義黄金時代の終わり
                         (デフォルトからレーガノミクスへ)
                       ⇒ 米ソ・デタントの時代の終わり
                          (ソ連のアフガン侵攻)

1986年 チェルノブイリ原発事故 ⇒ ソ連崩壊のにがよもぎの星
                        (ゴルバチョフによればソ連崩壊の真の原因)
                        サイクル21の終わり
                        ソ連の終わり(1986~1991)
                        日本のバブル景気(1986~1991)  

2007年 米印123(原子力)協定 ⇒ 核不拡散時代の終わり
                      ⇒ 世界的金融危機
                      ⇒  レーガノミクス=米グローバル経済の終わり
                        (サブプライムショックからリーマンショックへ)
                      ⇒ リーマンショック=サイクル23の終わり

2011年 福島第一原発事故 ⇒ アラブの春
                      チュニジア、エジプト、リビアなど中東独裁国家の終わり
                    ⇒ アップルのジョブズ、イタリアのベルルスコーニ政権、
                      北朝鮮の金正日体制など、独裁的存在の終わり
                    ⇒ 原発安全神話の終わり
                       アナログ放送時代の終わり
                       民主党政権の終わり(~2012)


福島第一原発事故の2年後にはじまるアベノミクスは、スリーマイル島原発事故の2年後にはじまったレーガノミクスとおなじ。
そのアメリカ型グローバル経済は、2008年のリーマンショックで終焉を迎えた。

リーマンショックのはじまりはサブプライムローン問題。
2007年にブッシュが米印123(原子力)協定を結んでまもなく(核拡散時代のはじまり)、サブプライムショック。翌年のリーマンショック、世界金融危機へと発展する。

安倍=レーガン+ブッシュ。
アベノミクス=レーガノミクス+ブッシュ&FRBの大規模金融緩和。
ブッシュの米印123協定=安倍の日印原子力協定。

G7伊勢志摩サミットで、安倍は「世界経済はリーマンショックの前と似ている」と主張した。
アベノミクスが30年前のレーガノミクス以降の米グローバル経済の踏襲だからだし、だからこそその終焉となったリーマンショックを怖れる。

去年8月、川内原発再稼動。
6月には¥20000を超えた株価が、以後¥3000も急落。

12月にリーマンショックのブッシュとおなじ、日印原子力協定の最終合意。
年が明け、株価は下落をつづけ、2月には¥15000われもあった。

G7で安倍がいったことはただしい。
すくなくともアベノミクスにとってはだ。
いや、ヤミノミクスか。

もちろん30年前のレーガノミクスの二番煎じといっても安倍は否定するだろう。
リーマンショックで終焉を迎えた米型グローバル経済の二番煎じだと非難してもね。

だがその潜在意識には確実にリーマンショックへの恐れがインプットされ、その恐れどおりに、安部はブッシュの二の舞を演じている。
つまり、核と終わりのシクミにみごとに取り込まれている。

だからこそ伊方原発プルサーマル3号機で核燃料装填が開始された6月24日、株価は¥15000を割ってことしの最安値を記録し、円は1ドル¥99まで暴騰したのだ。

伊方原発なんて関係ないだろ。
イギリスの国民投票でEU離脱が決まったからじゃないかと人はいうだろう。
だがその連動こそが、核=終わりのシクミなのだ。

福島第一原発事故が世界を震撼させた2011年。
8月6日に発生したイギリス暴動を憶えてるだろうか。
ロンドンの街が、世界大戦さながらのカグツチ天国と化した。

8月6日はヒロシマの日。
フクシマはカグツチ出産であり、ヒロシマの再来だ。
イギリス暴動と今回のEU離脱が、まったく無関係だとでも?

問題は株価より、円高。
アベノミクスの生命線は円安。
そこをくつがえされたとき、安倍がほんとにやりたかったのは経済政策ではなく、武器輸出三原則の撤廃であり、核クラブと国連常任理事国入りであり、安保法案であり、憲法改正であったことが見えてくるだろう。

日本が原子力を手放さないかぎり、ヒロシマ・ナガサキによってインプットされた核と終わりのカルマは、いずれこの国をほんとの終わりへと導くはず。

原子力ははニセの太陽であり、すなわち闇である。
なぜその闇がいっせいに払われた原発ゼロのわずかな時期に、日本がベストポジションの今世紀最大の金環日食が起きたのか。

日の本の国への、このだいじなメッセージをしっかり受けとめてほしい。
経済は闇ではなく、真の太陽のもとに再建されるべきなのだ。


【追記】

どうやら7月4日にちっちゃい黒点があらわれたみたい。
7月4日に生まれて...?
今回の連続無黒点日は、6月24日から7月3日までの日間ってことになる。
7月3日は、ナミの日だ。

 ※こっちもよろしく ⇒ 神々がうごいとーと

よげんしといて想定外


       2036e810ca984fe978fed93d061e4fb6.jpg

       20160624184541.jpg

         と、よげんしたのに  トモダチ



        hhyteeeerrrqqeeqq.jpg

        20160624184554.jpg



         なのでこうなった  トモダチ

        hqdefault.jpg



         でもよげんしたのに  トモダチ
 
        fc2blog_201606270046384d3.jpg

           どうするか考えてなかった



          よげんしといて  トモダチ
               
        624752983bdd5527acff4c78d1507567.png


          想定外!!



 
          状況はコントロール

    
        おあとがよろしいようで  トモダチ



Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム