神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

刀と剣とミロクと十字(2)

                              
                   ミロクの御神渡りの雲
                 ↙                ↘
    【ミロクの犠牲の十字】               【日本列島の十字】

       若狭(オバマ市)                   糸魚川
          ↓                          ↓
   十一面悔過⇒東日本大震災         穂高⇒フクシマ(志賀大神原発ライン)
          ↓                          ↓
     奈良平城京(国道369号)            諏訪大社(ミロクライン)
          ↓                          ↓
     熊野本宮大社(スサノヲ)        草薙神社(日本武尊)⇒ふじ1号墜落事故
          ↓                          ↓
  串本セッティング=シノップ原発受注    トリノ・エジプト展のシクミ⇒東日本大震災
          ↓                          ↓
       補陀落渡海                久能山東照宮=補陀落山
  ふじ丸チーフコック失踪(2009)          駿河湾地震(2009)
                   ↘            ↙
                         常世     
 
    
2014年11月23日。ミロクの御神渡りの雲は、ミロクの犠牲の十字から糸魚川静岡構造線へとかかっていった。ふたつの十字がつながってるってメッセージでもある。
当時はそのつながりについて深く追究しなかったのだけど、熊本地震や阿蘇山噴火をふくむ日本列島の十字の反応にくわえ、父なる禊の福岡1区の陥没穴とリンクして私事象でも"ホタカの障り"に見舞われたことで、あらためて考える機会を得た。

障りは、メッセージだ。
その発信元がホタカならば、とうぜん糸魚川静岡構造線にいま自分が受けている障りの型が隠されていることになる。

上の図に、ふたつの十字のタテのラインの対応を書いてみた。
たとえば2011年3月11日の東日本大震災では、当時のブログにも書いたように、ミロクの犠牲の十字の若狭と奈良東大寺をつなぐ十一面悔過(3月1~14日)がリンク。
十一面は十一面観音(起源は十一荒神)。悔過(けか)は過ちを悔い、懺悔すること。

メインイベントは「お取り」。
3月2日に福井県オバマ市の若狭神宮寺「お水送り」で地下水脈を通して送られた水を、13日午前1時から未明にかけておこなわれる「お水取り」で、東大寺の若狭井にてくみ上げる。

女川原発モニタリングポスト数値の急上昇とともに、福島第一原発3号機で異常が報告され、炉心露出がはじまったのはそのころだ。
そしてお松明の12日の1号機素爆発につづいて、十一面悔過最終日の14日に3号機も大爆発する。

十一面悔過のクライマックスにあわせて東日本大震災と福島第一原発の大事故は起きた。
フクシマはこの国の悔過だということだろう。

この若狭→平城京=十一面悔過ラインの地下水脈に対応するのが、北アルプスが形成する糸魚川静岡構造線の糸魚川→諏訪大社ライン。すなわちホタカラインだ。
北アルプスの総鎮守は穂高神社である。

穂高神社は2005年福岡県西方沖地震の志賀島と「玄海砂持ち行事」でつながっている。
父なる禊の福岡1区の志賀島だ。
当ブログの初期の段階で、福岡県西方沖地震と2007年の能登半島地震、中越沖地震から判明してたのが"志賀大神原発ライン"だった。

>志賀原発(能登半島)の北緯37度3分~福島第1原発の北緯37度25分の間のベルト地帯を、僕は「志賀神原発ライン」とよんでいる。
 『丑年のインフルエンザ』 2009/06/02 より

志賀海神社(=トリニティ原爆実験)➡能登半島地震の志賀原発→中越沖地震の柏崎刈羽原発。
その先に、東日本大震災の福島第一原発はある。

志賀大神とは、志賀島を本拠とした古代海洋民阿曇族の祖神の総称。
穂高神社の穂高見命もその重要なひと柱だ。
だいじなのは、原発といえば海であること。
そして津波を起こす海神の潮満と潮干の珠をもつのが、志賀大神だということ。

前年の穂高→宮城連動地震だけでなく、志賀大神原発ラインと津波を通しても、糸魚川静岡構造線のホタカは東日本大震災とつながっていた。
十一面悔過ラインと同様にだ。

志賀大神原発ラインは僕がかってに想定したものなので、にわかには信じられない方も多いと思う。
でもすくなくともホタカラインとフクシマのつながりについては、去年証明されたよね。
2016年11月22日に発生した、M7.4、震度5弱の福島県沖地震だ。
ホタカラインで長野県神城断層地震が起きたのも、2014年の11月22日。
ともに今回のシクミでもっとも重要なメッセンジャー、ニギハヤヒの日だ。

去年の福島県沖地震では福島第二原発の燃料プールの水がもれ、東日本大震災以来となる144cmの津波が観測された。
おそらく「第二の津波」の予告的メッセージだろう。

じつは東日本大震災の前に国内の地震で津波が観測されたのも福島県沖地震だった。
2008年7月19日のM6.9、震度4である。

>福島県双葉郡沖では、5/2にも震度3があった。能登半島および出雲市須佐町と連動した例の同時多発タイプだ。この時の能登(M4)と福島沖(M5.1)は、ともに震源が37度14分で強いスライド傾向を示していた。やはり能登と福島沖はつながっている。
福島沖への連動については、去年からその被害を心配していた。福島第一第ニ原発(37度25分~18分)があるからだ。今回のM6.9は深さが10kmと浅かっただけに、震度4と20cmの津波ですんだのはほんと幸いだった。
 『マトリックスラインと志賀神』 2008/07/22 より

心配はしてたけど、まさかM9の大震災までジャンプアップするとは考えてもなかったよな。

文中の同時多発タイプとは、2008年八十八夜のスサノヲ復活地震のこと。
震度3の三連発で示されたのは、須佐と劔地と双葉だった。

このうち双葉はフクシマとして実現した。2011年の歌会始のお題も「葉」だったし。
のこるは須佐のスサノヲと、劔地のだ。
「刀と剣とミロクと十字」のタイトルのとおり、いままさにその流れがはじまっている。

スサノヲと剣とくればヤマタノヲロチの天叢雲剣。すなわち日本武尊の草薙剣。
日本武尊はスサノヲの転生。もしくはおなじ霊系。
だからこそスサノヲが天照大神に献上した天叢雲剣を、伊勢斎王の倭姫(やまとひめ)は他のだれでもなく日本武尊に授けた。
逆にいえば、日本武尊神話における死と再生のシクミは、今回の"火の禊のスサノヲ"のそれとおなじだということになる。

日本武尊神話を思い出してほしい。
西は熊襲(熊本)、東は蝦夷(福島・宮城)へと進軍した日本武尊は、尾張(終わり)に草薙剣を置いて伊吹山に向かい、大蛇のタタリで命を落とす。
そして白鳥へと生まれ変わった。

まるで復興の祈りをこめた羽生結弦選手の、あのホワイトレジェンドのようにだ。

 2014.2.23ソチ・ホワイトレジェンド羽生

できればわかってほしい。
東日本大震災(蝦夷)と熊本大地震(熊襲)を経験した僕らにとって、日本武尊の死と再生のストーリーは、もはや絵空事でも他人事でもないということを。


  • [No Tag]

*Comment

断層 

昨年12月28日、高萩市などでの茨城県震度6弱の地震は未知の断層が動いたとのことですが、近くには高萩断層があります。高萩の砂はバンカーの砂として有名とか。
萩の花は白波にたとえられてもいたのですね。
今朝のズームインサタデーで断層のように断面が美しいケーキなどの「断層美スイーツ」やっていたのですが、レポーターが男装姿でした。富士山 を表現した和菓子『結』の「あまのはら」という羊羹の紹介も。
だんそうの連呼がなんとなく気になりました・・
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2017.02/11 23:53分 
  • [編集]

サッカー 

のお話です。

昨夜、プレミアのカップ戦とはいえタイトルがかかる決勝戦。
吉田のマヤさん頑張ってたみたいですよ。

モウさん率いるマンU相手で対峙は歳をとったとはいえのあのイブラ氏。
彼が嫌がってポジションを変えたみたいな話もちらほら
けどやっぱり最後は決めるみたいな。

試合を見てないので何も言えないのですが評価は悪くないみたいですよ。
その経験をいろいろ繋げて頂ければと思います。

結果を知るだけですけど
ん~
悔しかっただろうなー!
一試合を映像で見てみたい!
このすごさを日本の皆様は御理解いただけるのでしょうか?

なんて思ってしまいます。
マヤさんお疲れ様です。

6676
  • posted by つぐ 
  • URL 
  • 2017.02/27 12:46分 
  • [編集]

あと 

一応、日程の差というのも理解しておるつもりでございます◎

6988
  • posted by つぐ 
  • URL 
  • 2017.02/27 12:54分 
  • [編集]

Re: 断層 

あの地震の震源は竪破山(たつわれさん)。
頂上に断層のようにまっぷたつに割れた巨石があります。
http://www.bunkajoho.pref.ibaraki.jp/fudoki/visit/43/index.html
事象源は黒前神社。蝦夷を茨棘で討った黒坂命が病死した地とされ、その茨が茨城の語源。
茨城県高萩市の茨と萩の字からくさかんむりをとると、次と秋。
次に大震災がくるのは秋でしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2017.03/20 21:39分 
  • [編集]

Re: サッカー 

EFLカップでは、ベストイレブンにも選ばれてますね。
プレミアではスピード系センターバック。日本代表ではファンは遅いと感じている。
これ連携の問題もあるんだけど、代表では大事な局面での判断のニブさが目立ってしまってますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2017.03/20 22:08分 
  • [編集]

白と黒 

1979か1980に見た白と黒(大口真神だと思う)           なかなか情報獲られず ありがとうございます。 
  • posted by ヨシダジン 
  • URL 
  • 2017.03/30 03:42分 
  • [編集]

Re: 白と黒 

お役に立ててなによりです。
日本武尊つながりですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2017.04/07 23:13分 
  • [編集]

LINK 

うごいとーとの方にコメントしようとしたら、登録できない文字が含まれています、となり書けなかったのでこちらに。

8日に太陽フレアが地球に到達しましたが、9月8日というと、日月神示。そして聖母マリアの誕生日。なんとなく秋田のマリア像が浮かんだのですが、8日に秋田の北緯39.5度で震度5。
秋田の聖母からのお告げは、もし人類が悔い改めないなら、火が天から下ると。太陽フレアのこと?

今年、ファティマの奇跡から100年を機に新しく作られたファティマの聖母像が9月14日、15日、秋田のマリア像のある聖体奉仕会にやってくるそうです。ファティマも秋田も北緯39度線近く。平壌も39度線。

http://www.sankei.com/life/news/170713/trv1707130004-n3.html

冥王星に「はやぶさ大地」の命名の記事も。冥王星はハートの地形が特徴的ですね。 

http://www.sankei.com/life/news/170908/lif1709080034-n1.html

ハートといえば田沢湖。田沢湖も39度線でしたね。
  • posted by 39 
  • URL 
  • 2017.09/10 10:15分 
  • [編集]

39 (訂正) 

久しぶりのコメントで、タイトルと名前の部分を間違えてしまいました。タイトルが39でした。

秋田のマリア像は、「すべ ての民の御母」という絵をもとに作られたそうですが、地球の上に十字架のデザインになっています。これも○に十ですね。
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2017.09/11 23:21分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/418-dbde0297

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。