神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Archive [2008年05月 ] 記事一覧

綱渡りの時代

5/26 宮城県泉ヶ岳 震度2 ・・・クローズアップ現代「水危機(1)」5/29 1:42 秋田県・上の岱地熱発電所 震度3 ・・・(再)Nスペ「北極大変動・第1集」 1:45終了さすが天下の・・・、しっかりシンクロしてます(笑)。4月後半から大きな地震がふえたと感じてる人は、けっこういるみたいだ。4月20日の出雲大社ご神体遷座祭にあわせてはじまった動き。5/11の陰陽石震源からは、メッセージタイプのピンポイント地震...

宇宙もうごいている

☆皆既日食と仮面神ボゼ@東シナ海から火山の噴煙みたいなおかしな雲がうまれ、日本列島をおおって先週の雨を降らせた。ちょうどトカラ列島と中国江南地方の間の海域。つづいて25日に十島村(トカラ列島)で地震。なんかありそうだなと思ってたら、タイムリーなニュース。来年7月22日に皆既日食があって、その中心帯がトカラ列島を通過するという。最高観測ポイントは悪石島。神はボゼ。南方から訪れた再生の神らしい。皆既日食と...

地震雲と楊貴妃と

いったいなにが起きようとしてるんだろう?宮崎県小林市陰陽石付近での震度4。神は天孫降臨神話のニニギ。テーマは和合。翌日、四川省で大地震。このとき知人に「もし宮崎の地震のテーマが東王父と西王母の和合もふくむんなら、北陸でシンクロがあるはずだよ」と話した・・・。ニニギ尊と西王母をむすぶポイントはホツマツタヱにある。各地の社伝や民間伝承との比較検討では、日本書紀や古事記より信頼できる文献だ。記紀にくわし...

和合、そしてアジアの風

11日、陰陽石震源のニニギ地震のメッセージは、“アジアの和合”か。中国江南地方からのびた雲が、日本列島をわしづかみにしようとしてるかのように見える、今夜の衛星画像。遠いむかしからの、風と文化の流れ。歴史は風とともに流れ、つくられる。G1ヴィクトリアマイルの優勝馬も、“エイジアンウインズ”。アジアの風。2着は“ウオッカ”。アイヌ語では「水」のことを「ワッカ」というらしい。国後島と与那国島をむすぶラインだっ...

四川省地震と西王母

5/11に国後島と与那国島をむすぶ国国ラインで、艮タイプの連動地震があった。この地震のテーマは「和合」。国と国との和合、艮と坤、陰と陽との和合。メインが宮崎県小林市の観光地・陰陽石付近だったのでわかりやすい。震度4、M4.1、震源の深さは10km。まだ微震をくり返している。北緯32.0、東経131.0。これもまたわかりやすい。わかりやすすぎて、逆に気になってくる。あと、霧島の動きはサクヤヒメを通し...

爆笑キリシマ地震

4月17日の「艮ライン」と同タイプの地震が、今日もおきていた。短時間に東北⇔南西のライン上で複数の地震がおきるやつだ。今後もありそうなんで、とりあえず「艮タイプ」とよぼっかと思う。今回の艮タイプは、まず午前2時52分ごろに宮崎県小林市震源で震度3。3時24分にクナシル(国後島)近海で震度4。そして4時19分にふたたび小林市で震度4。さらに4時42分に与那国島近海で震度2。揺れはちっちゃくてもM5....

茨城沖震度5弱ほか

4月20日の出雲大社ご神体遷座祭を受け、にわかに天地がさわがしくなってきた。ミャンマーでは5月2日、サイクロン・ナルギス(水仙)が猛威をふるう。4日の天皇賞当日、三重県多度神社で暴れ馬。祭神は天津彦根命と天目一箇命。アメマヒトツは鍛冶神だが台風を連想させ、地元でも台風の神とされるだけに気になるとこだ。8日午前1時45分ごろ、茨城県沖を震源とする震度5弱があった。この地震が出雲大社のオオナムチにかか...

4月20以降の主な地震記録

4/20愛知県・砥鹿神社本宮山奥宮 震度3 オオナムチ(アラハバキ)和歌山県・有田川 堂鳴海山付近 震度24/22鹿児島県大隅半島東方沖 震度2 鵜戸神宮沖、志布志湾沖の微震が気になっていた。この日鹿児島市で練馬自衛官がタクシー運転手殺害4/25熊本県合志市・竹迫日吉神社付近 震度2 創建は800年前と新しい。主神オオヤマクイ クニトコタチ タケイワタツ(阿蘇神) 近くに石祠と巨木だけの白山神社が...

2013年への大前夜祭

4月20日から、気の流れはたしかに変わっていた。2013年の大祭への前夜祭が、はじまっていたのだ。17日の震度4の連発、20日の砥鹿(とが)神社震源の地震は、どうやらそれを祝う花火だったらしい。これからの5年間をリアルタイムでお伝えできることを、心から感謝したい。正確にいえば、前夜祭は2005年トリ年にはすでにはじまっている。伊勢神宮式年遷宮の開始をつげる山口祭が、05年5月におこなわれている。そ...

春の天皇賞

東京開催になってお馬の調子がウソみたいに急降下。やっぱ先月20日あたりから気脈の流れが変わったのかなぁ。4月20日は皐月賞。優勝はキャプテントゥーレ(常世国の指導者)。2着はタケミカヅチ(鹿島神)。3着はマイネルチャールズ(皇太子)。これにつづいて、昨日、春の天皇賞。優勝はアドマイヤジュピター(天候神・ゼウス・武器は雷)。2着は名将サムソン(聖書の暴力的英雄)。3着のアサクサの王は、江戸の鬼門守護...

丑年のインフルエンザ②

カグツチの封神がとかれ、日本武尊が草薙剣を片手に暗躍している風情の昨今・・・。丑年のインフルエンザへの危惧が、にわかに可能性をおびてきた。十和田湖畔(秋田県小坂町)の4羽の白鳥の死骸から、先月29日、強毒性のH5N1型ウイルスが検出された。もちろん国内はじめてではなく、2004年京都ハシブトガラス、昨年熊本のクマタカにつづいて3例目とのこと。ただ、今回は白鳥。とくに青森の白鳥が気になっていただけに・・...

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム