神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Archive [2008年10月 ] 記事一覧

88

タタリ神としての菅原道真は、御霊神社の火雷天神にあたる。この夏の出雲事象の豪雨には、火雷天神の側面もあったと思う。08/8/8のまるで八雲の日に、川崎市多摩区菅北浦で震度4の反応。菅は菅原。その後の震源もあわせると、菅神(穴澤天神社)と武蔵(无邪志)国造の性格が色濃い。ともに出雲の天穂日命が祖神だ。・・・というのが、ひとつ前のブログ記事の出だし。ブログを書きはじめて思うのは、つくづくこの世はシンクロなん...

日神の国・防人の島

タタリ神としての菅原道真は、御霊神社の火雷天神にあたる。この夏の出雲事象の豪雨には、火雷天神の側面もあったと思う。08/8/8のまるで八雲の日に、川崎市多摩区菅北浦で震度4の反応。菅は菅原。その後の震源もあわせると、菅神(穴澤天神社)と武蔵(无邪志)国造の性格が色濃い。ともに出雲の天穂日命が祖神だ。菅神といえば太宰府。太宰府と武蔵国から、防人(さきもり)を発想した。千葉の上総も防人を多く出したとこ。短絡...

千葉と福岡のシクミ

「なんで千葉にいったと?」故郷(福岡)の友人にそう聞かれたことがある。他愛ない質問なのに、なぜかハートにひびいた。神々のシクミの中では、どうやら福岡と千葉はつながっている。僕もまた、そうしたシクミに動かされたひとりなんだろう。2005年3月20日、福岡西方沖地震。余震がつづく中、4/20に千葉北東部、7/23に千葉北西部で震度5強の地震が起きた。以降、福岡で大きめの地震があると、2~3週間以内に千葉が反応する...

雲・cloud computing

☆7/27北陸・中部・関東雷雨7月27日に、北陸、中部、関東を強烈な雷雨がおそった。東京電力サイトの落雷情報の地図が、福島から関東北部、そして中部までまっ赤に染まるほどの強烈さだった。最後に雷たちはいっせいに鹿島に集結! まるで鹿島神宮大空襲の様相だった。上の画像はそのときの雲だ。当時のブログ「雷雲・くまひと?」にも書いたけど、僕には熊の足跡に見える。もちろん熊というのは主観にすぎない。足の指の数とか...

ノーベル街道とイザナギライン2

☆2/26雨量レーダー 富山~愛知の間には、ふたつのラインがある。大日ヶ岳を分水嶺とする庄川と長良川のライン。位山を分水嶺とする神通川(宮川)と飛騨川(木曾川)のライン。両方をあわせてイザナギラインと呼んでいる。サミット直前の7/5に、カムチャッカ半島沖の地下600kmの深部で巨大地震があった。二時間後に岩手県奥州市でも震度3。それが起爆剤になったのか、翌日、7月にしては不可解な突然の北からの寒気の流入...

ノーベル街道とイザナギライン

     ☆七夕サミットの朝の龍雲     ☆8/28愛知・東京豪雨  画像をクリックするともっと大きくなるので、くらべてみてほしい。なんだか重ならない?あくまで仮説だけども、ヒトが水と火の十字のハーモニーであるように、地球もまたタテとヨコのエネルギーラインで織り成されている。というか、地球のマトリックスクロスが、ヒトのハーモニッククロスをうんだ。ヨコの連動(同緯度の連鎖)はかなり起きている。イージス艦...

ノーベル賞も・・・

ノーベル賞も日本武尊と出雲事象。【ノーベル物理学賞】☆「CP対称性の破れ」・小林誠(高エネルギー加速器研究機構名誉教授)         ・・・・・・・・・・愛知県名古屋市出身(熱田神宮・日本武尊)・益川敏英(京大名誉教授・京産大教授)         ・・・・・・・・・・愛知県名古屋市出身(熱田神宮・日本武尊)☆「自発的対称性の破れ」・南部陽一郎(シカゴ大・大阪市立大名誉教授)         ・...

鬼・風・カッパ・国造・おまけの茶

麻生総理誕生の同日、福岡ホークス王監督が退任を発表した。麻生家は福岡の炭鉱王。歴史で筑紫の王といえば磐井の乱。まるで連想ゲームのように磐井ゆかりの地が揺れた・・・。ふしぎだ。事象はよくそのテの連鎖をおこす。福岡出身の総理は、32代広田弘毅首相(昭和11~12)以来70年ぶり。旧那珂郡鍛冶町(中央区天神3丁目)出身。石屋の息子。麻生氏は麻生セメント。このところ「石」「岩(磐)」のつく名まえが事象に目立ってい...

神在月

10月1日、富士山に初冠雪。1日の初雪はなんともめでたい。2日はうれしいほど爽やかな朝。列島全体が秋晴れの祝福をうける。ひと月のはじまりとしては、いうことない。富士は美しい。でも美しいと思ったら、なぜその感動を抱きつづけられないんだろう。うれしいと思ったら、なぜその喜びを感じつづけられないんだろう。生きることは変化しつづけること。ただ、悲しみがあるからより喜べる、けがれがあるからより美しさを感じら...

108っつの火山

9月になってあきらかに流れが変わった、新しい動きがはじまったみたいだ。そのさなかの15日、富山大学の「石」崎助教授らの研究チームが、日光の男体山が活火山だと発表した。富山ってとこがミソだし、近ごろ事件や地震に「石」「岩」のつく名まえが増えてきた。栃木県日光市は、文化遺産の東照宮や猿軍団で知られる。古来からこの地域の元締めなのが男体山山頂に奥宮をおく日光ニ荒山神社。祭神は大己貴命(オオナムチ)・田心姫...

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム