神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Archive [2009年08月 ] 記事一覧

回帰日蝕と周辺の事象(1)

☆防府のおばさん11日に防府のおばさんがなくなった。相方の伯母だが、僕も親しくさせてもらって防府にも何度か遊びにいった。山口県の防府といえば、日蝕前日7/21の土砂災害と、日本三大天神の防府天満宮・・・。帰郷したとき太宰府天満宮にお祈りした。その後持ちなおしたのだが、駿河湾の地震の日に逝ってしまった。あの手水舎の黒い蝶はこのことだったのか・・・。おばさんはお茶が好きだった。「桂」という喫茶店をひらいてい...

太平洋のミソギ

☆天は雲、地には地震、人は・・・?去年こんな話しをしていた。「もし日蝕が高天原主導なら晴天がひろがるだろうけど、出雲なら列島を雲がおおうだろうね」7月22日、僕らはミソギなき日蝕をむかえた。雲におおわれた闇の中で、黄泉津比良坂の千曳の岩が開かれた。イザナミは八雷神をバチバチ光らせ、黄泉の骸のままでよみがえった。悪石島を雷雨が襲い、選ばれし500人は諏訪之瀬島への上陸さえ拒絶された。日蝕観測に成功し...

さすらとおたま

☆サスラ「人はチェス盤をつくり、神はカラースをつくった」ヴォネガットの『猫のゆりかご』に、ボコノン教なるものが登場する。ボコノンの教えでは、人類はたくさんのカラースから成っているそうだ。カラースというのは、本人たちは知ることなく神の御心をおこなうチームのことで、人をカラースに組み入れる道具を、カンカンという(笑)。7/22、それぞれの人生の道すがら、富士山5合目に三人組のおかしなカラースがうまれた。...

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム