神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Archive [2010年07月 ] 記事一覧

火と水の十字・世界御柱祭・生命の樹(1)

2010.7.16千葉上空夏の飛行機雲ってなんだかしっくりこない。そりゃ年中あるだろうけど。寒気が入ったせいか16日の千葉の空は妙に青く、航跡があざやかだった。上空はもう秋なんだろうか。日本の空で飛行機雲がおなじみになったのは、B29爆撃機からだ。昭和19年の秋である。それから66年。青い空に描かれる白い飛行機雲からもう焼夷弾の雨はふらない。戦争も、羽田斗争も、成田空港の三里塚斗争でさえ、いまはむかしだ。火だるま...

世界御柱杯に吹くスペインの風

古豪の復活と新星誕生。2005年の伊勢神宮・式年遷宮開始から顕著になった事象テーマ。この「復活と誕生」の流れが、2008年出雲大社大遷宮の開始をへて、出雲のオオナムチやスサノヲ、そして母なるイザナミの復活劇を演出した。プロ野球では、2005年に千葉マリーンズが31年ぶりの日本一に輝き、06年の44年ぶりの日ハム、07年の53年ぶりの中日と事象化してゆく。2010年の今年は、出雲のタケミナカタを祀る諏訪大社の御柱祭イヤー。バ...

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム