神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Archive [2011年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

カグツチ天国

 2011.1.26 宮崎市『 そして長く立ち往生していた人々に新しい朝がおとずれ、森に笑い声がこだまする。もし君のまわりがさわがしくても、怖れてはいけない。それは五月に再生の女神を迎えるための浄化なのだから。そう、君がいく道はふたつあるけど、いま君がいる道を変える時は、まだあるということ  』平成23年1月23日(日)、東京23区の台東区秋葉原の歩行者天国が、通り魔事件から137(イザナ)週ぶりに復活した。つまり秋葉神カグ...

こころに宝船を(2)

【松は待つ、待つが松】第六番「頼みつるこのひとむらの人ごとに 千年をゆづれ住吉の松」 ⇒http://blog.goo.ne.jp/goo3820/s/%B9%E2%BA%BD住吉翁の六番目のメッセージ。住吉大社のおみくじである。住吉といえば高砂の松。相生(相老い)の松。しあわせな老夫婦。去年、阿蘇神社の“高砂の松”のまわりを回った。コメント欄もひところ「松」でにぎわった。ことしはしょっぱなから「待つ」が出ている。待つは松に掛けられる。千葉の姉...

こころに宝船を(1)

2011.1.1 0:00つつしんで初春のおよろこびを申し上げます。みなさまのご健康とご多幸をお祈りいたします。【起承転転】物語は起承転結。でもじっさいにははない。因果といっても果でおわるわけでなく、時間はとめどなく流れ状況は変わってゆく。映画にはエンドマークがある。だが現実にはツケやあとかたづけが待っている。ミロクは地味なあとかたづけをやってくれるだろうか。壊すだけなら映画とおなじ。救世主の登場は既成の破壊...

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。