神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Archive [2011年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

こだまでしょうか(3)

『ひふみの火水とは結ぞ、中心の神、表面に世に満つことぞ、ひらき睦び、中心に火集ひ、ひらく水。神の名二つ、カミと神、世に出づ~ひふみ神示・上つ巻16帖~』明治33年旧6月9日、出口なおと王仁三郎は、若狭湾に浮ぶ冠島に上陸する。旧7月9日には沓島に上陸。いわゆる「おしま・めしま開き」である。隠された神々(=鬼)が世に出るための神事だとされる。王仁三郎の皇道大本は、山幸彦の彦火火出見(ホホデミ)尊をとした。『常神94(串)...

常神94(串)ライン

strong>☆常神94(串)ライン2008年8月8日の若狭・武蔵連動地震から注目してきたラインを、ついに紹介するときがきたようだ。今後このラインを中心に事象を説明することが増えると思うので、地図をのせておきたい。切りバリして写メしただけですけど(笑)。東経135度50分前後5分のラインに、この国の歴史のエキスが凝縮されています。・88事象の中心的ストーリーライン・いわゆる畿内五芒星結界の中心線〇主な事象スポット常神大...

こだまでしょうか(2)

「神さまの仕業としか説明できない」5月20日の会見で、与謝野経財相は福島第一原発についてそう語った。だから東電に賠償責任を負わせるのは不当だと。おどろいた。まるで子どものいいわけではないか。まさかいい歳こいたじいさまが、公の場でこんな屁理屈をのたまうとはね。腐っても彼は、科学的因果関係を旨とする一国の大臣なのだ。それとも彼は、自分が神の仕業に取りこまれたといいたかったのだろうか。たしかに1月14日の裏切り...

こだまでしょうか (1)

田中実さんが自殺した4月25日、再開したばかりの東北新幹線でトラブルが起きた。夕方のニュースに映っていたのは、やまびこ311号。の動きが3・11事象を反響させなければよいが・・・と書いた。あとづけになるけど、はじめは木霊と書いた。反響に変えたのは、東海道新幹線の「こだま」にすっ飛んじゃヤだなとふと思ったから。つまり東海大地震。東日本大震災の前日、コント55号の坂上二郎さんが亡くなった。二郎ちゃんのギャグといえば「と...

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。