神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

新嘗祭

新嘗祭は一年の収穫感謝の祭り。戦後は勤労感謝の日になる。
感謝祭といえばハロウィンはもともとケルト系の収穫感謝祭だそうだ。そういえば、クリスマスもゲルマンの祖霊祭。キリストの十字架は、北欧神話オーディンの世界樹(ユグドラシル)につながる。戦いと叡智、そして魔術の神であるオーディンが、鍛冶神・天目一箇命(あまめひとつ)とおなじ片目に描かれるのはおもしろい。日本神話では右目は月、左目は日をあらわす。
世界は神話でつながっている。科学だ唯物論だといっても、つまるとこ僕らは古代の記憶とともに生きている。それがなければ、糸が切れた凧だ。行き先は無秩序。
新嘗祭は、陰暦11月の「卯」の日におこなわれていた。ウサギといえば月。農耕に大事なのは日より月だった。開拓神大国主命がウサギを救う古事記の寓話も、その辺からきたんだろう。
いまではどの神社も、たいてい23日の勤労感謝の日に新嘗祭をおこなう。皇居でも神嘉殿でおこなわれる。
出雲の神在祭は陰暦にあわせてるので、第ニ神等去出(からさで)祭は12月にずれ込む。だのに今年は23日。新嘗祭と、神々が出雲から旅立つ日がおなじなのだ。はたしてなにを意味するのか・・・と思ってたら、ひそかにすさまじい反応、連鎖がおきていた。
前後の動きをふくめて流れをピックアップしてみた。

11/16(日)
エリザベス女王杯で武豊騎手が落馬。ポルトフィーノが空馬でゴールをかけぬけた。優勝はリトル「アマ」ポーラ。こじつけっぽいんで(笑)近ごろ書いてないけど、競馬と天皇家、イギリス王室は切っても切れない。とくに武騎手は、タケだけに日本武尊らの武神を反映する。チャールズ皇太子来日後のエリザベス女王杯での反応。気になる。英王室の紋章は獅子とユニコーン。獅子がライオンズ優勝なら、今回の落馬はユニコーン? ま、こじつけの域を出ないけど。個人的には雲のストレイトブリッジとユニコーンの角がどうしてもWる。
ポルトフィーノはイタリア・ジェノヴァの町。意味は、最後の港・・・。

11/18(火)
・15:40広島県庄原市大鬼山 震度2 9/29とおなじ震源。あのときは鬼あやかしライ
 ンの伊吹山、筑紫国造の磐井地震と反応が連続。大鬼山にはほんとに鬼神でもいる
 んだろうか・・・。
・つづいて19時ごろ、厚生省元官僚連続殺傷事件。詳細は前に書いたとおり。
 被害者の共通項は「年金・三重・小泉厚生大臣」。
 ことし一白水星は白と水、それをあわせると泉になる。「白」「水」「泉」がキーワードに
 なる事象も目立った。ゲリラ豪雨はもちろん、今春話題を独占した白馬ユキチャン、岩
 手宮城地震の前兆も泉岳だった。
 海人は白水郎と書くので、海人・海神系はとうぜん活発。むかし話「竜の子太郎」の
 モデルは、泉小太郎という安曇の人。古代海人族の阿曇(安曇)は、基本的に「白」
 「泉」のつく名につながる。
 それにしても、小泉厚生大臣の事務次官。ふたをあけたら容疑者も小泉とは。
※参考までに小泉姓について・・・。
8/8武蔵国造地震の川崎市多摩区は、かつての武蔵国橘樹郡。総社は高津区の橘樹神社で、日本武尊の妻・弟橘姫の御陵(推定)がある。飛鳥部吉志(吉志部神社火災)にもゆかりの土地。神奈川県に土着する小泉氏の多くは、橘樹郡の小泉村が発祥。たぶん小泉元総理の家系もそうだろう。和歌山の熊野神官につながるって話もある。
一方、安芸小泉村発祥(広島県三原市)の小泉氏もいる。小早川家の庶流で、小早川一門の水軍主力。伊予海賊衆を破って越智大島を制圧、地頭職につく。武装商船団で対明貿易に活躍。この流れが周防大島にも入る。こちらは三重の伊勢神宮社家・大中臣氏の分流って話がある。伊勢と熊野、そして三重と小泉姓・・・もしかしたら、事件は意外に根が深いのかもしれない。
・深夜、高知県「黒潮カントリークラブ」に手投げ弾。22日の「旭食品」本社とあわせた
 連続爆破事件。ハニカミ王子にハリついてた警備はこの事件のため。22日に出頭し
 た小泉容疑者となぜか日どりが一致。でも気になるのは事件より場所。南海地震が
 あるだけに・・・。高知は空白域のひとつだったけど、11/4にはじめて内陸部(土佐町)
 が反応した。しかも大国主神社のピンポイント。地と人は、どうも連動する。
・ライブドア偽メール問題の元議員(名古屋市出身)が自殺未遂の報道。この件でもお
 どろいたのが場所。福岡県宗像市。日本武尊→仲哀天皇vs宗像氏の構図?

11/19(水)
福岡県福岡市東区香椎照葉2丁目で震度2。震源は和白干潟の手前にどどんとできた人工アイランド。ロボットタウンに、超高層タワーマンション・スカイラブ。市の財政の命運をにぎる?
和白干潟はもろ古代阿曇の母港であり、神功皇后伝説の発信地でもある。アイランドでため池と化した香椎の海は、万葉集にも歌われ、香椎宮末社の御島神社の鳥居が浮かぶ。神功皇后が神託をうけて、ミズラ結いの男姿になったとされる岩礁だ。この伝説は、大阪府茨木市の磯良神社(疣水神社)にもアレンジされて伝わっている。大手化粧品メーカーS堂も疣水を使ってるとか、いないとか。
香椎宮は日本武尊の子の仲哀天皇の橿日宮があったとこ。仲哀天皇を変死させた住吉神の裏には、宗像と阿曇がいた。今回の地震は、去年のサメ・エイの大量出現につぐ香椎宮がらみの事象。志賀島付近の震源は多いが、これほど香椎宮に近づいたのは11/2と今回の二度だけでそうとう気になる。2005年の余震にはなかったポイントなのだ。
福岡ってとこは、警固断層の東と西で文化がちがう。弥生時代からそう。伊都国(糸島)をのぞけば、神話は東に集中する。
人を鎮めることは地を鎮めること。古い神社にはそこに建つ意味がある。それを無視した開発は、防災防犯対策をいっそう万全にすべき。開発自体がシクミに呼びこまれてる可能性だってある。ツクヨミに連動しそうな卯年が気になる。

11/20(木)
香港紙が中国が空母戦闘群の建造をすでに開始していると伝えた。就航は4年後。通常推進型だが、完成すれば機動部隊の第1歩になる。あの鄭和の大遠征の国。造船技術の潜在能力値ははかりしれない。CIAが将来の経済大国2位と3位に予測した中国とインド。両国は国境紛争をかかえている。

11/22(土)
・00:44北海道釧路沖 震度4 M5.2 この日から24日まで震度3~4が連続。ここの
 とこ静かだったのに、新嘗祭と神等去出祭に反応したとしか思えない発作的な動き。
☆新潟県佐渡ヶ島沖M4。鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾神社M2.6 震度1
 ともにめずらしい震源。注目は薩摩の紫尾神社ピンポイント。祭神は伊装冊尊 ・事解
 男・速玉男。熊野信仰のいわゆる三所権現の神たち。本来は家津美御子大神・事解
 男・速玉男で、それぞれ阿弥陀如来・千手観音・薬師如来の権現ってことになるんだ
 けど・・・。
 伊装冊は伊弉諾でなく伊弉冉(イザナミ)だろう。そしてイザナミ・事解男・速玉男の三
 神セットが示す神話は、イザナミの嫁入り。和合(再婚)の準備段階に入ったってことを
 意味する。
 紫尾山の名は紫の雲とも、徐福が不老長寿の薬草をもとめ、冠の紫房を供えて祈った
 ことにちなむともいう。事象に「紫」のお社が選ばれたのは、それが最高位(クラウンチ
 ャクラ)の色だからだし、来年九紫火星の暗示だからかもしれない。
 熊野権現はやっかいで、阿弥陀如来の権現である家津美御子大神の正体もよくわか
 っていない。まずまちがいなくスサノヲだけど・・・。ならばスサノヲは阿弥陀如来として
 もあらわれるわけで、この日の夜9時すぎにすぐさまべつの阿弥陀如来が反応したの
 は、まさにすさまじいシンクロとしかいいようがない。
・和歌山県南紀白浜沖 震度2
 紀伊水道の動きが活発になっている。注意が必要だ。
☆兵庫県神戸市西区伊川谷町井吹・永井谷大歳神社 震度1
 祭神は豊宇気比賣尊。大年神ってことだろう。穀物神で、いわゆるお年玉の神。正月
 はこの年神を迎える儀式だ。一年の守り神だが、鬼神に転じた祭りが各地にある。な
 まはげとか。新嘗祭&神等去出祭の前日に年神が反応したのは偶然じゃないし、大
 歳神社がはじめて反応したことにも注目したい。
※年神について・・・
穀物神は稲荷でまとめられてるけど、キツネがからむのは保食神・荷田神・宇迦之御魂。大歳神につながるのは倉稲魂命で、スサノヲの息子オオトシ(クラムスビ)をあらわす。基本的に年神は出雲の神である。大歳神社の総本社は奈良の葛木御歳神社。ここでは子の御歳神が主神で、大歳神となぜか高照姫を配祀する。高照姫はオオナムチの娘、男体山アヂスキタカヒコネの姉。津軽・弘前市の鬼神社の女神だ。おそらくこの辺りに年神が鬼化した原因があるんだろう。だが本来は天国魂命の娘・下照姫であるべきだと思う。高照姫と下照姫はよく混乱が見られる。いずれにしても玉津島神社(和歌山)の稚日女尊をとおして語られるべきストーリーなので、この地震の直前に和歌山県で反応があったのはじつに興味深い。さらに古い時代の年神は、国常立尊の娘だともいう。
豊宇気比賣(止与宇可乃売)は、丹後の天女伝説の女神だ。豊受大神と合体して穀物神になった。ほんとは同一視すべきではないし、年神でもない。その証拠に(?)、2日後にもともとの発祥地が共振する。
☆21:13茨城県牛久市牛久大仏ピンポイント 震度3 M4.4
 茨城南部ではいままでになかった震源。そう、紫尾神社の熊野権現に連動したのは
 この大仏さん。地上高世界一のギネス仏。無量の阿弥陀如来。垂迹神は熊野権現
 と八幡神(応神天皇)。
 牛久は水戸街道の牛久宿。となりが荒川沖宿。春に8人殺傷事件があった。当時は
 書かなかったが、八幡事象。5月の八十八夜には、スサノヲが八幡神をしたがえた同
 時多発地震がおきている。神仏習合における阿弥陀仏の化身が、このスサノヲと八
 幡なのだ。
 「牛」久の由来ははっきりしない。「卯」宿とも鵜宿とも。そして大事なのは、この巨大
 な阿弥陀如来が例の「ミロクライン」、および中央構造線の上に立ってるってことだ。
 事象的にスサノヲ=ミロクを暗示する構図になっている。「牛」はスサノヲをあらわす。
・21:20ごろ小泉容疑者、警視庁に出頭
 小泉容疑者の自宅も、ミロクライン上にある。出頭は牛久の阿弥陀如来鳴動の直後。
 この偶然をどう解釈すればいいのか、僕にはわからない。仏のさとしだと、思いたい。
 
11/23(日)
・皇居にて新嘗祭
・伊勢神宮、出雲大社ほか、各社で新嘗祭
・出雲大社で夕刻に第ニ神等去出(からさで)祭
・10:20ごろ能登半島志賀町で竜巻。よりにもよって志賀町。
 金沢の友人曰く、あの辺で竜巻なんて聞いたことがない、とのこと。
・なんと武豊騎手、京都5R新馬戦でまたもや落馬。右腕骨折。年内の復帰はムリか。
 2枠(黒枠)のセイウンアレース号。青雲(星雲)の「雲」は出雲? アレースはギリシ
 ア神。戦闘の狂乱を意味するという。おもにトラキア(バルカン半島西部)で信仰され
 た。武神の落馬。最後の港→バルカンの戦闘神・・・メッセージにも思える。
 出雲の戦闘神といえば、ミロクライン諏訪大社のタケミカヅチ。そして騎馬神といえば、
 男体山・ニ荒山神社のアヂスキタカヒコネ。出雲のオオナムチの息子で、日本武尊の
 蝦夷遠征にも関連する。
 ちなみにアレース号は1番人気で先頭を走行中、「3」コーナーの芝「8」ハロン棒付近
 でとつぜん骨折をおこし転倒。あおりをうけて6番と11番も落馬。勝ったのは「8」番の
 ジョーゲルダという馬だった。ゲルダは北欧神話の豊穣神フレイの妻。野原、原野を意
 味する名まえらしい。美しい巨人の女神。父は海(ギュミル)、母は山(アウルボザ)。
 武騎手の場合もそうだが、新嘗祭&神等去出祭前後の動きは「連続」がひとつのテ
 ーマになっている。
☆13:56その出雲で反応。島根県安来市伯太町安田 田面神社 震度3 M3.3
 ついにきたこの反応!!伯太は、オオナムチの巨大神殿があったとこで、まさに国ゆ
 ずり神話の現場だ。古代の四大勢力、出雲・筑紫・毛野を背景にした事象が顔見せ
 をすませ足なみをそろえつつある。相撲でいえば、三役揃い踏み。のこるは大和!!
 紀伊水道の動きが横綱の土俵入りをうながすのか?
 田面神社は出雲風土記にでてくる古社。祭神は大日霊貴(天照神)。作柄をみる五
 穀祭の古代占いで知られる。いかにも新嘗祭に共振しそうなお社で笑える。
 田面神はまんま田母神(元幕僚長)。ダジャレのウラには、ほんとはなにかある。
・今年の最後をかざる九州場所で、関脇安馬との決定戦ののちに横綱白鵬が優勝。
 一白だけに青龍ではなく白鵬の年か。不知火型最多の9回目の優勝。
 不知火といえば景行天皇のクマソ撃ち。「もち吉」まで殺虫剤混入事件だし、来年の
 九紫火星も、九州・筑紫の動きはとまらなそう。
 落馬と安馬はともかく、26日に大関・日馬富士(はるまふじ)が誕生。なんて微妙な
 四股名。榛名富士とゴロが似てるのも気になる。
 ちなみに相撲の四股と神楽の反閇(へんばい)は、日本古来のグラウンディングだ。

11/24(月)
・06:15岐阜県恵那市上矢作町漆原 震度4 M3.9 八王子神社
 恵那もたまに揺れるが今回のは大きい。恵那神社の由緒では、恵那山は天照大神
 の胞衣(えな)をおさめた山。日本武尊の参拝伝説もある。
☆09:41徳島県海部郡海陽町大里松原海岸沖 八幡神社 震度2 M3.9
 ついに空白の阿波が反応。しかも和奈佐意富曾神社を中心とした海部氏のもろ本拠
 の海を狙ってきた。忌部じゃなく海部でくるとは。22日大歳神社豊宇気比賣の天の羽
 衣伝説に対応するのがここ。丹後風土記では天女の羽衣を隠したのは「和奈佐」夫
 婦であり、もともとは海部氏の女神だった可能性を物語る。雄略天皇の夢枕に天照大
 神が立って、比沼真奈井の等由気大神を呼ぶよう指示があり、これが伊勢外宮の豊
 受大神ってことになってる。が、この話は本来の豊受大神との伝承の混乱か、雄略(
 倭王武)と海部氏または後世の作為的後づけだと僕は思っている。国宝の海部氏系
 図とあわせて、天照大神と豊宇気比賣(止与宇可乃売)の関係を魏志倭人伝の卑弥
 呼と壹与に位置づける考え方もある。壹与が阿波出身ってのは魅力的だけど・・・。
 摂津国風土記では、豊宇気比賣は一時、摂津の稲倉山にいたという。場所は不明。
 でもこの地震が22日の連動なら、永井谷大歳神社の反応が場所を示している可能
 性がある。
 出雲風土記には阿波枳閉和奈佐比古神社が登場し、5世紀に丹波(丹後)国造とな
 った海部氏が阿波からきたことを物語る。丹後には豊鍬入姫の天照大神遷座までか
 らんでくるので、諸説紛々混沌のきわみ。ともかく、そういう歴史の核心部分が反応
 をはじめたってことだ。いずれこの反応は、大和、丹後へと確実に飛び火する。今後
 の動きに注目!
 阿波の海部氏は中世に海部刀の交易で勢力を拡大したようだ。三好氏と姻戚関係を
 結ぶも、土佐の長宗我部氏に滅ぼされた。
・奄美大島北東沖 震度2 M4.4 
・長崎市でわが国初の列福式。はじめてエルサレムの地をふんだペトロ岐部神父、天
 正遣欧少年使節の中浦ジュリアンら188人が「福者」となり、188羽のハトが放たれ
 た。188人も「88」。ならわしとはいえ八十(鳩)。もっと深い意味があるのだろうか「8
 8」には・・・。rosemaryさんに教えていただいたペトロ岐部神父は、まさに岩のような
 信仰の人。ほんとにシモン・ペトロの生まれ変わりじゃなかろうか。天国の門の鍵を渡
 されたのがペトロ(岩)。そういえば、十二使徒って、月の対応になってるんだろうか?
 
11/25(火)
・茨城県鹿嶋市鹿島共同火力発電所沖 震度2 M4.3
 茨城南部の震源が変わると、共振する茨城沖の震源も変わる。ミロクラインの延長
 線の海域の反応。牛久大仏からのヨコすべり。この海域のエネルギーもまだ大きな
 事象にはならずにくすぶっている。
☆和歌山県海南市毛見・濱宮神社沖 震度1 
 年神のとこで述べた玉津島神社とおなじ和歌浦にある。まったくすごい反応の連続。
 濱宮神社はもともと日前国懸神社があったとこで、ここも歴史の混乱の核心部分。今
 回は穀物神・豊宇気比賣との関連なので、奈久佐浜宮(名草浜)としての事象だろう。
 崇神天皇のとき宮中から追い出された天照大神は、豊鍬入姫(トヨスキイリヒメ)に託
 されて大和の笠縫から丹波(のち丹後)の吉佐(与謝)宮にまつられる。ここで天女の
 豊宇気比賣とのつながりが生まれる。その後また大和にもどり、さらに紀(木)の国
 の奈久佐浜宮にいたる。その有力な比定地が、ここ濱宮神社なのだ。
 どうやらこの反応は、羽衣伝説と豊受大神、豊鍬入姫と天照大神にからんでのもの。
 これほど脈絡のある地震が連続するのはとてもめずらしい。もしかしたら卑弥呼につな
 がるメッセージなのか・・・。
・タイの国際空港が民主市民連合デモ隊の座り込みで閉鎖。

11/26(水)
・ふたたび兵庫県神戸市西区永井谷大歳神社付近で震度1。
・インドのムンバイ(よい入り江という意味らしい)で「デカン・ムジャヒディン」による同時
 テロ。中心現場がトライデントホテル。トライデントは先端が三つにわかれた漁具の銛。
 この三叉戟を武器とするのが海神ポセイドン。海人・海神が世界的に「3」の事象とし
 てあらわれるのは、オリオンの三ツ星とともに、三叉戟が象徴だから。
 ほかに三叉戟を使うのは、ヒンドゥーの最高三神のひとりシヴァ。破壊の神で、ナンデ
 ィンという「牛」に乗っているという。
 チェルノブイリ事故のウクライナの国旗も三叉戟。潜水艦発射型の弾道ミサイル・トラ
 イデントは、ポセイドンの後継として開発された。日本も世界も、海神は破壊的だ。
 11/8(土)ロシア原潜「ネルパ」で20名が犠牲となる事故。インド海軍にリース予定
 の艦で、インド名はなんと「チャクラ」。ロシア当局の発表をうのみにはできないが、2
 3日のニュースでは逮捕された水兵はたいくつだったから消火装置のボタンを押した
 のだという。インド海軍という意味では、今回のテロとの事象的つながりを感じてしま
 う。雲のストレイトブリッジとダライ・ラマ14世の来日。武神の落馬と狂乱の戦闘神ア
 レースも、タイミングがよすぎるだけに・・・。
 
11/28(金)
27日はインドとタイを静観するように地震なし。この日は新潟、宮城沖、北海道南西沖で震度2。
新潟の反応は柏崎市の黒姫山と男山の中間。黒姫山には鵜川神社の奥宮がある。祭神はミズハメと黒姫神。オオナムチの妻、ヌナカワヒメの母親だそうだ。伝説では、とつぜん海が割れ、へさきに龍のレリーフのある七色の船があらわれ、美しい音楽とともに鵜川をさかのぼっていったという。鵜川が「卯」川なら、これも出雲につながるのか。以後、山の洞窟から機織りの音がきこえるようになったので、地元の村人は織姫とよんだという。

今回の新嘗&神等去出祭の一連の動きで浮かび上がった神は、天照大神とスサノヲ尊。さすがというべきだろうか。両神がこれほどはっきり示されたのははじめてだ。他の神々も穀物・年神系で、作為を感じるほど新嘗祭に符合する。来年の干支「牛」と九星の「紫」もみごとに暗示された。こりゃ正月どんな反応があるかたのしみだ。
来年7月の皆既日蝕は、イザナミの黄泉がえりとともに、天の岩屋戸神話がリプレイされると僕は思っている。天照大神とスサノヲ尊は、事象的な準備段階に入ったのかもしれない。

  • [No Tag]

*Comment

豊ちゃん落ちてたか。 

今となれば分かる気がします.ディープは、行けと言うと走る、頑張り屋さんでした、今少し元気がないので、是非会いに行きたいと思ッています。話は、ハルウララは、高知に、いぬわしという、わたしが世話した馬に、にています。高知競馬龍 馬からみで1997.2.21から少し、はねをやすませてもらいました。さいごはみてあげたいと思います。57億年と言うのは、57億人の世界人口1997寅の年、2月は寅

NoTitle 

最近、種牡馬や繁殖牝馬の寿命が短い気がします。
娘のジェンティルドンナがドバイ勝ったばかりだけど、最近元気がないんですか? 気になりますね~。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.04/07 14:43分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/104-55f0bfea

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム