神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

星☆神

星神地図
☆12/19~25の震源
《 ①ミロクライン ②志賀神原発ライン ③鹿島神宮戌亥ライン
  緑:震度2 赤:震度3 発電所:原子力施設位置 》

米ナスダック株式市場のバーナード・マドフ元会長による、史上最大規模の投資詐欺事件。被害総額はユダヤ系投資家を中心に500億ドル(4兆5500億円)を超すという。ネズミ年だけにネズミ講。なんていってられるのも、いまのうちだろうか。
あたらしいシステムのヒナ型は、もうどこかにうまれてるのかな。変革の時期、僕らは石にしがみついてでも光を見つづけなくちゃいけない。
クリスマスイブの「愛」の死・・・。
でもなにがあっても、僕らの根本はいやさか。なにがなんでも弥栄。
それはひとりひとりに点っている、生命のよろこび。その光り。
胸に手をあてると伝わってくる、すべて。

12月に入って三陸から福島、茨城沖が活発になっている。ここ一週間は茨城の日立市沖が激しい。どうも今春と似ている。前回からの継続でチェックすると・・・。

12/19(金)
〇青森県上北郡六ヶ所村尾駮浜沖 震度3 M4.1
 青森東方沖はおなじみの震源ポイント。六ヶ所村といえば、核燃料リサイクル施設。
 お気づきだと思うけど、原発をことさら選んで書いてるわけじゃない。そのテの場所に
 なぜか原発施設が建っている。
 「尾駮」はニシン。尾駮沼はめずらしい沼ニシンの産地。12000年前の最古級の隆
 起線文土器が出土していて、今後の発掘調査が大いに期待される重要地域。青森
 と鹿児島は、地形の相似、蝦夷と隼人だけでなく、最古級の縄文土器でもつながっ
 ている。ちなみに南部藩の幕末の殿さまも、島津家からのムコ入り。
 南部一宮は八戸市の櫛引八幡宮。甲斐(山梨)の南部庄からの勧請。六ヶ所村泊
 地区は、日本最北端の諏訪神社がある。

12/20(土)
〇茨城県日立市東大沼町沖 震度3 M6.6 
 震源の深さ0km・・・。遠くでたすかった。内陸ならかなりの被害だったと思う。
 もろ大甕神社神域の沖あい。祭神は建葉槌命(たけはづち)。出雲の国ゆずりと同
 時期に高天原に叛乱した天津甕星(あまつみかぼし)を制した神。大甕神社は甕星
 の祟りを鎮めるために建てられ、宿魂石はその荒魂を封じるという。おそらく甕星の
 いた大甕山はこの丘陵だろうし、その祟りとは、古代からつづく茨城沖の海溝型地震
 のことだったんじゃなかろうか。
 危機に際して、ヒトは最大限の能力を発揮する。原因をつきとめる努力と能力は、い
 まもむかしもぜんぜんかわらない。祟りとは先人たちの科学。迷信だなんてあなどれ
 ない。
 日立市は、イコール甕星。でも、直で大甕神社につながったのははじめて。そのせい
 か、6.6とさすがにデカい。
 甕星は星神。妙見信仰では、北極星の妙見菩薩と重ねられることもある。妙見信仰
 といえば、月星紋・九曜紋の千葉氏。4日の宮城県石巻市雄勝町沖の震度3で示さ
 れた千葉大王。千葉氏の祖は将門の叔父でともに戦った平良文。個人的には、将
 門のバックアップは香取神フツヌシから、ある時点で甕星神にかわった気がしてなら
 ない。
 今春の茨城沖の地震には、将門ゆかりの沓掛香取神社(茨城南部地震)がさかんに
 共鳴した。今回のは、1日にミロクラインでおきた同県坂東市神田山の震度2の共振
 だと思う。将門の胴塚があるとこだ。
 福島沖や茨城沖・茨城南部⇒出雲大社遷座祭⇒岩手宮城内陸地震の流れを思え
 ば、茨城沖と茨城南部の共振は、今後も予断をゆるさない。

〇宮城県栗原市花山字金沢 震度3 M3.9
 岩手宮城内陸地震で多くの崖崩れをおこした花山ダム上流域

〇茨城県日立市多賀町 鹿島神社沖 震度2 M5.4

12/21(日)
〇茨城県日立市十王町伊師浜 愛宕神社沖 震度2 M5.2 
 愛宕神社はカグツチ(ホムスビ)。愛宕神社裏の長者山遺跡は、風土記の「藻島の駅
 家」の可能性が高い。藻島と名づけたのは日本武尊。十王町は古墳の宝庫でもある。
 多珂の国造は建狭日命。出雲臣と同族だという。十王は、地獄の十人の裁判官。
 親子、兄妹・・・カグツチ神話の火の連鎖もまたはじまっている。 

〇茨城県日立市十王町花貫沖 震度2 M5.4
 17日とおなじ震源。震度もおなじだけど、Mは4.2から5.2にグレードアップ。
 ヒノキ科のイブキの天然北限に近く、いぶき山のイブキ樹叢は国の天然記念物。
 だじゃれシンクロで伊吹山に飛び火しなければいいが。

〇茨城県高萩市若栗 吉田神社付近 震度1 深さ81km
 水戸市の常陸三宮・吉田神社(創建は490年ごろ)の勧請だろうか。だとすれば祭神
 は日本武尊。高萩には、表層としては茨城県唯一の高萩断層がある。茨城の地震は
 おもに海溝型(茨城沖)とフォッサマグナの柏崎・千葉構造線(茨城南部)にわけられ
 そうだ。この震源はめずらしいのでチェック。

〇群馬県ニ子山付近 震度2
 12/1、17日とおなじ震源。7日の熊本県合志市震度3のニ子山石器製作遺跡とのだ
 じゃれになってるけど、背景は見えない。北緯は36度36分で、ミロクの語呂。

〇茨城県日立市神峰町~鶴首岬沖 震度3 M6.2 
 これも深さ0km。しかも北緯36度36分。群馬県ニ子山がゆれた、わずか3分後の
 同緯度スライド!
 気になる地震が自分の町と同緯度でおきたら、遠くてもヨコすべりには注意した方が
 よさそうだ。
 神峰神社はイザナギ・イザナミ・クマノクスヒ。ニ子山との共通項は銅鉱脈。ニ子山は
 足尾銅山に近い。

12/22(月)
〇鳥取県西伯郡南部町道河内付近 震度3 M3.6
 先月23日新嘗祭の島根県安来市伯太町(震度3)のとなり町。
 いろいろ震源をしらべてると、おなじ地名が目について、デジャヴみたいな錯覚にとら
 われることがよくある。多くは震源のとなりの町村や部落なので、記録としては残らな
 い。でもなんかある。六ヶ所村沖の地震で述べたように、青森の太平洋側と岩手は南
 部氏の領域。山梨県の南部町は南部氏でつながるかもしれないが、鳥取県のは合
 併でできた名前。ただの偶然としかいいようがないけど、こういう連鎖のウラにもなん
 かあるんだろうなぁ。

12/23(火)
〇広島県庄原市口和町永田 花栗神社 震度2
 庄原市といえば葦嶽山ピラミッドなんだけど、なかなか直では反応してくれない(笑)。
 口和町はホタルの里、和牛の里。タタラの金屋子神の神域でもある。奥出雲から中
 国山地一帯は「もののけ姫」の出雲タタラなので、比婆郡の大鬼山も金屋子神をとお
 して見れるかもしれない。諏訪神タケミナカタにもつながりそうなおもしろい女神だが、
 なんせタタラ神なので神域をつかみかねる。ちなみに麻と藤蔓が大嫌いで、人柱を好
 むとか。(--;

〇石川県輪島市門前町是清 諏訪神社 震度1
 9/29の大鬼山震度3のあと、10/1にゆれて(震度1)、伊吹山と筑紫国造地震(震度
 3)の連鎖をおこした起動ポイントとおなじとこ。能登半島は事象の起点だけに、震度1
 でも見逃せない。今回は起点になるのかならないのか。ちとブキミ。

12/24(水)
〇岩手県奥州市胆沢区 横岳ハタシロ沢付近 震度2

〇茨城県那珂郡東海村豊岡沖 磐舟神社 震度2 M5.5
 岩船といえば、祭神はニギハヤヒ。由緒はぜんぜんわからないけど、日高見高天原
 からの天孫降臨のルート上にあるので、いつか調べにいきたい。対象になる神は饒
 速日尊ではなく天火明尊だけど。

12/25(木)
〇新潟県小千谷市高場山付近 震度2
 『マリと子犬の物語』 の中越大震災で被災した地域。この地震は北米とユーラシア、
 ふたつのプレート間でおきた、M6.8。震源は同市のとなりの川口町ニ子山付近。茨
 城の鹿島と栃木の日光、そして新潟の柏崎をむすぶ鹿島神宮戌亥ラインである。今
 回の震源もそう。柏崎からは千葉にむけてもフォッサマグナの構造線が走っている。
 映画の舞台の山古志村は、牛の角突きで知られる。岩手の南部牛だ。

〇北海道釧路沖 震度2 M5

〇茨城県那珂郡東海村 日本原子力発電所沖 豊受大神宮 震度1 M5.4

〇北海道十勝沖 震度2 M4.7

茨城沖でM5~6クラスがつづいている。
11/18の大宮氷川神社がらみの厚生省元次官連続殺傷事件。22日の牛久大仏の震度3と容疑者の出頭。25日に茨城沖震度2(36度線)。12/1の坂東市神田山の震度2(将門の胴塚)。こうしたミロクラインの一連の事象が、茨城県日立市沖(つまり天津甕星)を誘発した感じがある。36度36分のスライドも起きてるし。
牡鹿半島沖の海神の動きとあわせると、浮かびあがるのは星神。海神の「3」はオリオンの三ツ星でもある。オリオンは冬の星座。そして妙見信仰は北斗信仰・・・。まさか宝船じゃなくてサンタクロース呼んでたんじゃあるまいね。北極だしトナカイは鹿だし。
でも北極神なら天御中主神あたりの反応がありそうなもんだけど・・・。

25日の帰りに、なぜかふらりと千葉神社に寄ってしまった。なにか感じたんだろうか。
事象とは関係ないが、千葉神社は北辰妙見尊星王(天之御中主大神)が主祭神。占い師のメッカだそうだ。

あと、これはあくまでつれづれなるままの発想として・・・。
サンタクロースで検索したらセントタウロスがヒットした。そのサイトでは、サンタはニコラウスではなくタウロスだという。タウロスって牛だ。つまり聖牛。信憑性はともかく、みょうに気になった。タウロスは金牛宮(おうし座)。牡鹿半島と黄金山神社。おまけに天津甕星の反応。牛久大仏とスサノヲ、そしてミロク・・・。出雲大社遷座祭は4/20で、おうし座も4/20からとされる。で、おうし座はプレアデス。「すばる」は統べる。ギリシア神話では7人姉妹。事象に見えるスサノヲと「7」の関係。ラッキー7が凶数になる黙示録。「七」の頭と「十」の角をもつ赤い龍。この数字は秋葉原の事件にあらわれた。白山市の事件も7。ってことは聖牛はスサノヲ? スサノヲがサンタクロース? ユーミンもまっ青だ(笑)。
う~む。星神はどうも空想を飛ばしすぎる。
脱線ついでにいえば、23日の世界最大の観覧車「シンガポールフライヤー」の停止事故。あれってタロットの運命の輪じゃないの? エデンの園の生命の樹。カバラのセフィロトの樹。錬金術にもつながる。シンガポールの国旗は千葉氏とおなじ(笑)、月星紋。そして赤と白。
おなじ日、史上最大の巨額詐欺事件で自殺者のニュース。マドフ事件の裏では、次期オバマ政権に関係するロバート・ルービン氏の14兆円をこえる超巨額損害訴訟もおきている・・・。
世界経済の輪がいったん止まり、そしてまた動き出すのか・・・。

  • [No Tag]

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.12/31 17:32分 
  • [編集]

Re: はじめまして 

はじめまして
桜田山神社については、古社ということなんですが、由来も祭神もよくわからないんです。
もしご存知でしたら、教えていただけると嬉しいです。
原発の立地はどう選んだんでしょうね。人里はなれた海岸といってしまえばそれまでだけど、縄文遺跡が出るってことは、ようするに(原発にとって)ヤバいってことなんですよね。
こんど帰郷するときは、太宰府天満宮と姿見天神にも、どうぞお手やわらかにってお願いしようと思っています。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2008.12/31 22:56分 
  • [編集]

氷上正宗 

安来の日の出町社宅の火の神がなにかいっておられた。
  • posted by 熱田 
  • URL 
  • 2010.03/13 23:19分 
  • [編集]

Re: 氷上正宗 

う~む。
なんていっておられたんでしょう?

安来の日の出町で事象が?
あと、氷上正宗・・・この意味もおしえていただければと・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.03/17 22:04分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.12/08 01:12分 
  • [編集]

Re: サンタクロース 

仙台とトナカイは姉妹都市でしたか。

スサノヲがサンタクロースというのは、そうそうまちがってはなかったと思います。
東日本大震災のあと、スサノヲはちゃんと示されましたし。
あの大震災がトナカイで、スサノヲを導いたわけです。
そして彼のホントの事象は、これからだと思います。

楽天家けっこう。
僕のブログを悲観論や終末論だと誤解されてる方もいると思うんです。
でも予測される最悪の事態を想定するのは終末論ではなく危機管理なんですよね。
そういうのがなく安全だ~安全だ~なんていってたからフクシマが起きた。
僕もホントは楽天家なんですよ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.12/17 01:09分 
  • [編集]

ソチ 

この時期冬季オリンピックをソチで 行われるという 意味は歴史的な意味は、どのような展開をするのでしょうかね?

ウクライナ・・・とうとう反政府側が 立ち上がりましたね。
前から ロシアのプーチィンと折り合いがつかなかったようですが、90名の死亡者をだして、ソチオリンピックのウクライナ選手のボイコットや、競技は中止し郷土に帰国する選手が相次ぎました。

オリンピックの時期に政治的な介入を要すウクライナ・・・・キエフ・・・チェイノビルまでどれくらい離れているのかしら?



このヴィデオ、ニュースで流れているのですが、オリンピック村に オオカミが、一匹歩いているらしいのだけど、、、

ハスキー犬に似ているけど、、、何でしょう?
ソチは、観光化はしていないから、オオカミがいるのは別に驚かない・・・・と、ソチによく行く人が話していました。

http://www.youtube.com/watch?v=3qZA-xOeQmE&feature=youtu.be
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2014.02/21 00:11分 
  • [編集]

アッシジのフランチェスコ 

どうしてソチオリンピックの選手村のアパート、オオカミウロウロしているんざましょ?
・・・・ア、!アッシジのフランチェスカでしたね。オオカミを回心させて、村人を救ったのでした。
何かやはりあるのかなぁぁ?

shibuchinさん
スカボロフェアーの歌詞で・・リピートする、薬草の名前がありますよね?ローズマリー(ROSE MARIE)
何かあるかもしれないけど・・・創世記?だったかどこか書かれている箇所があったと思うけど・・・・思い出せません。
でも、退院されてよかったですね。

ローズとマリーねぇ?

ヴァチカンで公認する聖母出現の一つ、薔薇の冠かぶって二人の羊飼いメラニーとマキシムの前に出現したサレットの聖母マリアは、1846年9月19日・・・

あ、今日は、2月21日で聖人ダミアンの 日でした。
アッシジの フランシスコに話しかけた1000年代の聖人。、聖ダミアン教会で、祈りの最中フランシスコに十字架が話しかけ聖ダミアンの日でした。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2014.02/22 06:27分 
  • [編集]

ソチでうろつくオオカミ 

いやさかの木様、おはようございます。
こちらの記事にタロットやカバラ、錬金術の話が出ておりましたので、すこしだけ書かせていただきます。


千春様、はじめまして。月兎と申します。
ソチオリンピックの選手村でオオカミがうろついているのですね。知りませんでした。情報、ありがとうございます。

わたしも気になりましたので調べてみたところ、コルネリウス・アグリッパの見解に興味を惹かれました。
ルネサンス期の医師、学者、錬金術師であった彼によると、オオカミは「火星」の象徴になります。くわえて「鉄」の象徴でもありました。

鉄の業を背負いあてどなく彷徨うオオカミ……
いまのわたしたちの姿と重なりますね。
  • posted by 月兎 
  • URL 
  • 2014.02/22 10:50分 
  • [編集]

錬金術 

いやさかの木さま
はじめ、皆さま

こんにちは

星の事考えると嬉しくなる・・・・という性格でして・・・・
時空を飛び越え考え廻らしながらキーボードを打つ・・・・
いつのまにか、無意識にこのスレッドに書き込みしていました・・・・
という事で、
送信後に・・・・あれ?気がつく・・・2008年の12月27日記スレットにコメント書いていた・・・・という感じなんですよね。
何?
どうして12月27日のスレットなのかしら?・・・・パソコンの右側に月別アーカイブ.archiveが、ズラーと現れているのを、直観でクリックしているようなんですよね。
ARCアークの語源の単語<音素>は要注意なんですよね。大天使、大司教、考古学、記録、古文書、建築術、ETCを意味する音素は、全て、ARCが接頭詞についています。

音というのは、そのように呼ばれるような意味があるからそのような音を放ちながら意味論でコミュニケートを人びとが何十世紀も続けてきているのでしょう。

天文学と西洋宗教は密接な繫がりがありますから、一日が12時間を2回、7日=1週間 12ヶ月=1年として考える事で、不思議は現象が、絶え間なく生じているのが宇宙だと思うのです。
個々人の意識の上では、気がつく、気がつかないという問題ではなく、人間側からは届かない・・・超越・・・という世界が確かに存在しているのでしょうと思うのです。
例えば、女性性には子宮があり、月一回排卵があり、二週間後に、精子とめぐり合えば受精卵・・・・という、機能はもう無意識に 月に一回の排卵・・・・というシステムに組み込まれてしまっている。暦と人間存在の意味も同じであり無関係に月に一回排卵が行われているのではないので、暦とも無関係ではいられなくなる。天文学そして宗教起源ももちろん離して考える事もできないでしょうと思うのです。部分<執着>ではなく、全体、地球総体から一部分を見ないと観えてこないと思うのです。
12月27日は、12使途の一人、聖ヨハネを記念する日となっているのですが、
ヨハネというと『福音書』・・・思い出します。鷲のシンボルですね。教会の天井にはよく、四種の生き物が描かれています。これは『エゼキエル書』1:10に登場する四つの生き物に由来し、それぞれ四人の福音記者と福音書にあてはめられているようです。

創世記から新約へと途上の変遷・興味深いです。
獅子(ライオン)、鷲、牛、、そして人間の 4種の生き物です。紀元前600年頃に書かれた預言者エゼキエルは、ダニエル、イザヤ、エレミアと共に4大預言者として創世記の根本を成しているいるのだと思うのですね。新約に変遷をとげるにあたりイエス、キリストの言葉がはいりますから教義的に言説に感じても、それは仕方ありません。イエス、キリストが生まれてしまったのですから・・・・そのような超人人間をこの世に送り出さないとならなかった・・・という地点での、探求になるはずですから・・・・・・
なんだか、あちこち、飛んでしまった・・・・

月兎さま
こちらこそはじめまして・・・・昔、錬金術に興味がありました。難しい厚い本も買った覚えがあるのです。でも難しすぎてお手上げ・・・・今移動中なので、読み返す事は出来ないのですが・・・・

シェークスピアのロミオとジュリエットは、羽生さんの存在だけではなく 普遍性があるのでしょう・・・わたし達の存在はすべて、なんらかの普遍性をもたらすコマみたいな役割で生死を続けているのだと思うのです。
ロミオとジュリエットの悲恋物語には、錬金術を熟知している聖フランシスコ修道僧のロレンスが、二人の結婚の采配をしますよね。
二人を逃亡させるアイデアも、この聖フランシスコ修道僧のロレンスです。二人を逃亡させる為、ジュリエットを仮死状態にさせる薬も、フランチェスコ修道僧のロレンスのアイデアでした。

「何で?神様に遣えていると思う修道僧が、変な薬作ってるの?」
と昔は疑問に思いました

この時代錬金術は、聖フランシスコ修道会の僧侶達の間ではかなり知られていたのかもしれません。しかし~・・・考えようによっては、そんな変な仮死状態の薬をジュリエットに 飲まさなかったら、二人は死ななかったかもしれない・・・・という考え方もあると想ったり・・・・、呪われた家系や血縁が生む世紀大ロマンス・・・犠牲者の二人の手助けをした聖フランシスコ教会のロレンス僧。戯曲を元にした、シェークスピアは、この時代背景もよく熟知していたのでしょうね。

ソチオリンピックについては、不思議なオリンピックに思えます。
日本の初めての金メダリスト
荒川静香さん、羽生さん>は、仙台出身で、同じスケートリンクで成長していますし、同時に、原発事故チェルノビル含む、ウクライナの市民戦争が勃発し過激化した事。
何かの印SIGNE<シーニュ、白鳥(cygne)も同じ音素です>に思えます。どちらにしても、キムヨナを押さえ、逆転優勝となったフリー演技は、カミーユ、サンサーンスのロンドの曲を踊ったロシアのアデリナ、ソトニコワ選手でした。

カミーユ、サンサーンスと言えば、
あまりにも有名になってしまった曲は、14曲からなる
「動物の謝肉祭<カーニヴァル>」。14曲 中の「白鳥」という第13番曲だけ、世界中に普遍化してしまった、フランスの作曲家、Charles Camille Saint-Saënsシャルル、カミーユサンサーンスです。

フィギアスケートの選曲になるロンドの正式名は
《序奏とロンド・カプリチオーソ》(仏語:Introduction et Rondo capriccioso en la mineur)イ短調 作品28。、カミーユ・サン、サーンスが作曲したヴァイオリンと管弦楽のための作品。ピアニストのサンサンーンスが、当時名ヴァイオリニストのパブロ・デ・サラサーテのために書いた、曲 ロンドなんですね。考えると
苗字に、聖を意味するSAINTセントがついているんですね。サンテクジュペリもそうですけど、聖<saint>の苗字は人生も意味があるんでしょうかね?

サンサーンスの、「 動物の謝肉祭」白鳥をはりますね。

マ!こういう曲を人間が創作したら、オオカミは、ヤキモチやくでしょうね?「赤頭巾ちゃんとオオカミ」の存在だけでいたくない・・・・という気持ちになるのも分からない訳じゃない・・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=NCc3VudpQjM

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2014.02/22 21:24分 
  • [編集]

鳥と動物と惑星と 

千春様

夜分遅くに申し訳ありません。
お返事ありがとうございます。とても嬉しいです。

そうですか、千春様も錬金術に興味を持たれた時期がおありだったのですね。
文学やクラシックに関する広範な知識もお持ちのようで、ただただ感嘆して千春様の文章を拝読させていただきました。
新たな知識、素晴らしい知見を授けてくださいまして心より感謝申し上げます。

わたしが錬金術を知ったのは、夢で見たふしぎな図形や象徴を調べていたときのことでした。偶然手にした書物に自分が夢で見た図形や象徴を見つけたのです。そのときの驚きは言葉では到底表せないものでした。
なにかに憑かれたかのように錬金術を調べていくうち、カバラを知り、タロットを知りました。ここにきてはじめて、自分がなぜ、幼いころから宗教の世界観や陰陽道に惹かれていたのかも理解できました。そして、これらの世界で起きることが、現実世界においても起こることを知ったのです。

無意識の世界、「夢」。
すべての人間はその根源的な意識においてこれらの世界を共有し、
繋がっている。
ゆえに、これらの世界と現実世界はリンクしている。
“根”の世界は“実”たる個々人の世界に影響を与え、不可思議なシンクロとなってわたしたちの前に現れる。

そう考えなければ、わたしは自分や周囲に起きたことに説明をつけられませんでした。
なぜ自分にこの世界が垣間見えるのか……
首を傾げるばかりですが、見えるということはなにかしらの意味があるのだと思い、つたない頭をふり絞る毎日です。


ソチオリンピックに関しては開会式から事象が目白押しなので、目が回りそうです(もうすぐ閉会式ですけれど)。
自分なりにいろいろと調べ、考え、書いておりましたら、結構な量になってしまいました……
そのなかに千春様の聖書のお話や、サン=サーンスの〈動物の謝肉祭〉のお話と関連しそうなものがありましたので、載せさせていただきます。

【先述のコルネリウス・アグリッパの見解に基づくメダルの色とその象徴】

金:太陽。動物はライオン、鳥は白鳥。
銀:月。動物はネコ、鳥はフクロウ。
銅:金星。動物はヤギ、鳥は鳩。

動物のライオンは「獅子」。〈動物の謝肉祭〉第1曲『序奏と獅子王の行進曲』と繋がります。聖書の4種の生き物のひとつでもありましたよね。

ちなみに、メダルの色とは関係ありませんが、鷲は「木星」の象徴。ギリシャ神話では全宇宙、天候、社会秩序を司る天空神ゼウス。ローマ神話ではユピテル。グスターヴ・ホルストの〈惑星〉においては“快楽をもたらす者”。

牛といえば、黄道十二宮の“金牛宮”と、そこに位置するタロットカード「法王」を連想します。金星、父性の象徴です。男性性の象徴たる「皇帝」の次のカード。「皇帝」といえば、ロシアの皇帝プルシェンコ選手がケガで引退を表明、リンクを去りました。
〈惑星〉における金星は、“平和をもたらす者”。先月末にローマ法王が子どもたちとともに空に放った平和の鳩はカラスとカモメに襲われてしまいましたが……。(ちなみに選手村のオオカミは鉄=火星なので、〈惑星〉では“戦争をもたらす者”です)

人間は、カバラや数秘術において「5」の象徴です。万物を構成する四大要素(4)に人間の精神(1)を加えると5、だからだそうで。指の数や感覚器官の数も5ですしね。象徴は五芒星(☆)です。

金を獲得した羽生選手についても少々。
わたしはずっと羽生選手の“羽”が何の鳥のものなのか気になっていたのですが、千春様の文章を読んでいて、彼に生えた羽は「白鳥」のものだったのだと納得しました。
羽生選手が東日本大震災での被災後、はじめてアイスショーで滑った曲は〈白鳥の湖〉。ロシア出身の作曲家、チャイコフスキーの手になるものです。
復興の願いを乗せ日本で〈白鳥の湖〉を舞った彼が、ロシアのソチで金メダリストに。
加えて彼の年齢は19歳。「19」は太陰暦と太陽暦が一致する周期。言い換えれば、「陰」と「陽」が重なる周期です。タロットでは「力」のカードに該当します。ここでいう力とは「精神力」。象徴するのは、循環する生命エネルギー、時間と再生のウロボロス。「無限∞」を表す尾を噛んだ蛇龍です。対応星は「太陽」。

〈動物の謝肉祭〉第13曲『白鳥』が羽生選手を表すとしたら、第14曲『終曲』はどうなるのでしょうね。
「天国と地獄」のフィナーレの旋律に乗りそれまでの各曲の旋律が“再登場”する91小節は、果たしてどんな音色で世界に響き渡るのか……





  • posted by 月兎 
  • URL 
  • 2014.02/24 00:47分 
  • [編集]

神社番組とご当地ナンバー 

いやさかの木さま
こんばんは。

今、過去記事とコメントを読ませて頂いております。
少しずつですが、オオナムチやスサノヲを軸として
事象のこと勉強させて頂いています。

気になったのが、この年末年始にBSフジで放送された
「古事記の世界」という番組。
全6回見ましたが、1・2回目はイザナギ・イザナミの物語で
3・4回目はスサノヲ、5・6回目はオオナムチが描かれました。
天の岩戸の話も出てきますが、アマテラスはあくまで脇役的な扱い。
番組のロケ地も、2回ずつ、上総国分尼寺跡(千葉・市原)、大宮氷川神社、
神田明神と全体的に「出雲」な番組でした。
http://www.bsfuji.tv/top/pub/kojikinosekai.html

またBSジャパンの「神社百景」では、1月に入り東国三社を順次放映。
明日1/24の息栖神社で最後です。
http://www.bs-j.co.jp/graceofjapan/lineup.html

この時期にこれらの番組、ちょっと恐いです。


また、車のご当地ナンバーも面白いかもしれません。

●2005年5月末初回締め切り
●2006年10月10日(初回導入)
「一宮(愛知)」「諏訪」「会津」「仙台」など18地域。
 ※うち「つくば」は行政システム整備を待って、2007年2月13日より。

●2008年11月4日
初回で見送られた「富士山」の交付開始。

●2014年11月17日(第2弾)
「盛岡」「平泉」「郡山」など10地域。
 ※審査結果は「飛鳥(奈良)」のみ不認可。

伊勢の式年遷宮山口祭のあった2005年5月末が初回締め切りだったり、
真清田神社の愛知一宮が選ばれていたり、つくばや富士山が遅れたり、
飛鳥が落ちたり・・・興味深いです。

今日の千葉県は暴風ですね(私も千葉県民です)。
お気をつけくださいませ。
  • posted by こんちゃん 
  • URL 
  • 2015.01/23 19:06分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/111-dc07ed34

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。