神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

年末年始の気になる動き②

2008.12.28.12:00 気象庁
オホーツクの渦巻12月28日
マリタ遺跡 22000年前のうず巻inシベリア 
            
☆イエローストーン

日本列島のカタチは、五大陸をあらわすという説がある。
北海道は、北米大陸。本州は、ユーラシア大陸。
このふたつは、のってるプレートもおなじだ。
北米大陸には、世界最大級のスーパー火山がある。イエローストーン。
世界最初の国立公園でもあり、8,980平方kmの公園の地下全体にマグマがたまっている。
牛久大仏に巨額詐欺事件、シンガポールの観覧車・・・世界最大級というのが年末のキーワードだった。
このイエローストーンでも、去年の12月27日から謎の群発地震がはじまった。
今月3日までに500回をこえ、「あきらかにふつうではない」と関係者はコメントしている。
震源は深さ0~2km。きわめて浅い。今後の動きが注目される。
27日といえば、北海道の宗谷丘陵で震度2の地震がおきている。翌28日には震度3。そしておなじころ、オホーツク海上空に巨大な雲の渦巻きが発生した。
イエローストーン国立公園は、北緯44.2~45度。日本でいえば北海道の留萌支庁。
去年の10/4に留萌支庁・幌延町の宗谷丘陵を震源とする震度4があった。12/27~28の宗谷支庁の地震は、丘陵ぞいに震源が北上したものだ。
事象はスライドする。
たぶん地球には、同緯度に流れるエネルギーの帯のようなものがあるんだろう。たとえば志賀神原発ラインの場合、流れはブランカピークをはじめとしたナバホ族の聖なる山々につながる。
もちろん北米と日本列島の事象をつなぐ古代、太古の歴史(ストーリー)を僕は知らない。あえていうならモンゴロイドという接点だろうか。インディアンがシベリアからアラスカに渡ったイーストアジアンかどうかは、いまだに結論が出てないようだけども・・・。
写真はシベリアのマリタ遺跡で発掘された、マンモスの牙の装飾品。2万数千年前のもので、渦巻き模様が刻まれている。裏にはヘビも描かれている。彼らの子孫はベーリング海峡をわたったのか?
北海道の宗谷丘陵、オホーツク海の上空、そしてアメリカのイエローストーンで同時におきた自然現象は、はたして何を意味するのだろうか。
12/31、富山湾の深さ252kmの根の国底の国から、地震がわき起こる。こうした一連の事象は、7月の皆既日食とどんなキーワードでつながっていくんだろう。
たぶんこれから少しずつわかっていく。


☆はやさすらひめ

オホーツクの渦巻きから新暦2008年のラストにかけて、とくに30と31日の地震は、いくつかのキーワードでつながっている。
宮城県南三陸町保呂羽(ほろわ)山と、三重県津市の矢頭山は蔵王権現(神仏分離で安閑天皇)。
蔵王権現は、役小角が吉野の金峯山で修業中に示現したといわれ、仏典にはない独自の仏。釈迦、観音、弥勒の三位一体ともされる。
新潟の柏崎、千葉の九十九里沖、岐阜の下呂、そして三重は日本武尊。草薙の剣が動けば、カグツチが動く。乾燥する季節とはいえ、火災がニュースをにぎわしていた。
岐阜の下呂御前山は、男性性器と水の信仰。
保呂羽山信仰の源郷は秋田県横手市の波宇志別神社。雄勝シンクロの旧雄勝郡をふくめたとくに南部に影響力をもつのが、出羽国一の宮・鳥海山大物忌神社の大物忌大神(鳥海山権現)だ。
山形との県境にそびえる鳥海山の噴火は、大物忌大神の神威だと考えられ、噴火のたびに朝廷は神階を上げた(笑)。
この大物忌大神の神域には、水の女神の信仰があって、男性の勢いを女神に捧げるタイプの祭がおこなわれるんだそうだ。このあたり、下呂御前山の男性性器と水につながるものがある。
おそらくこうしたもともとあった水の女神の信仰が、東北地方の瀬織津姫(せおりつひめ)信仰に変わっていったんだろう。
去年7月の岩手沿岸北部地震で示されたのが、遠野の瀬織津姫だった。この女神は祓戸大神。僕らの罪ケガレをハラってくれる神たちである。大祓詞にはこんなふうに歌われている。

『・・・・・速川の瀬に坐す瀬織津比賣と云ふ 大海原に持ち出なむ 此く持ち出で往なば 荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百曾に座す速開比賣(はやあきつひめ)と云ふ 持可可呑みてむ 此く可可呑てば 氣吹戸に坐す氣吹戸主(いぶきどぬし)と云ふ 根の國底の國に氣吹放ちてむ 此く氣吹放ちてば 根の國 底の國に坐す速佐須良比賣(はやさすらひめ)と云ふ 持ち佐須良ひ失ひてむ 此く佐須良ひ失ひてば 罪と云ふ罪は在らじと・・・・・』 

瀬織津姫は川、速開姫はトンボ、氣吹戸主は風って考えていいかもしれない。
佐須良とはさすらうこと。僕らは旅行で日常のあか落としをする。神代もおなじで、さすらいは祓いの儀式。旅は祓いでもあった。
速佐須良姫は、大海原の底で人々のケガレを一身にうけて、祓いの旅をする。海底の旅と浄化・・・なにか思いあたらないだろうか。そう、はるかなる循環の旅、深層海流・・・。
たしか当時の記事にも書いたけど、瀬織津姫が出たってことは、とうぜん大祓いの最初の段階を意味する。そして最大の注目は、ハヤサスラヒメがいつどのようなかたちで示されるのかという点だった。
もっとも気をつけてたのが、富山県の立山の反応。あくまで私見だけども、サスラヒメは「越のオロチ」に関係する。ネ国の立山はクラキネが葬られた場所。クラキネはイザナギの兄弟であり、サスラヒメの父だ。今月7日、郵便局北陸支社のミスで、切手に立山「連邦」もしめされた。
深層海流といえば、北欧神話のヨルムンガンドを想像する。くわえた尾を離し首をもたげたときラグナロク(終末)がはじまるという、海底の循環の大蛇。
だからサスラヒメが大蛇だって話は、僕の中では矛盾しない。もちろんヤマタノオロチじゃない。さらに強力な九頭の大蛇。
2008年の最後の地震は、その立山の北方、朝日町沖の深さ252kmを震源としておきた。
下呂御前山の男性性器と水のモチーフは、メソポタミア神話のエンキを思わせる。エンキもまた地の底の王だ。
キーワードは地の底、海の底。イザナミの黄泉つ国ともつながる。
かなり地味だけど、富山湾の反応は、まさに根の國・底の國にましますハヤサスラヒメだと僕は考えている。
結論については、今後の事象を待ちたいと思う。


《 追記 》
書き忘れてたけど、12/31の下呂御前山と富山湾の地震。富山湾の震源は東経137度36分。立山は137度37分。少しズレるが、木曾の御嶽山は137度29分。下呂御前山は御嶽山の遥拝所なので、このふたつの地震の視線が御嶽山に向いてる可能性も感じる。あと、先月14日に杉並で現金輸送車から6900万が盗まれた事件。警備会社名は「日月」だった。

  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

おはようございます。
日本だけでなく、世界も注視されてるのには驚きです。

北極海の氷が溶けて海流の動きに影響をあたえているそうですので、これもまた心配。
エライ時代に生まれ合わせたものです。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2009.01/11 09:19分 
  • [編集]

うららさま 

こんにちは。
歴史がわからないとこにはふれないというスタンスだったんですが、
どうやら事象はこちらの都合はお構いなしのようです(笑)。
アンテナの取替えに迫られたのは、例の8月8日からなんですよ。

北極海の氷が溶けると、深層海流の沈みこみにも影響するそうです。
歌会始が「生」の年だし、「海」の変化にはとくに気をつけたいですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.01/11 18:05分 
  • [編集]

NoTitle 

来年のお題は「光」だそうですけど・・・
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2009.01/15 23:45分 
  • [編集]

光 

もう来ましたかぁ~。
もっとあとだと思ってたんだけどなぁ。

去年、お題「火」のときに、火の車にならなきゃいいが・・・と書いたら、自分経済も火の車になっちゃったので、ことしはなるべくそういうことは書かないようにしたいです(笑)。

2005年伊勢遷宮開始にともなって「歩み」がはじまり、
2006年に「笑み」のエビスアイテム、
2007年に探査衛星かぐやの「月」、
2008年は「火」のカグツチ、
2009年の「生」、
そして2010年は「光」。
うららさんはなにを連想しますか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.01/18 01:22分 
  • [編集]

驚きましたぁ~ 

ススメられるがままに来ましたがびっくりです
今の自分に必要な場所がわかりました
とりあえず波宇志別神社行きます。
予言の書みたいで、なんだか怖いぐらいです
最近、気になっていたのが田沢湖にある日月神社でした
・・・これも行きなさいって事ですかね
なんだか自分が表面化してきた感じでドキドキします。
  • posted by FUJICO 
  • URL 
  • 2009.08/20 16:36分 
  • [編集]

FUJICOさま 

コメントありがとうございます!

それはよかった。とても嬉しいです。
富士山にいく前日にFUJICOさんがマイミクさんになってくださったのも、やはりご縁があったのだと思います。22人目ですしね。

もちろん予言ではなく、僕は事象を書いてるにすぎないので、FUJICOさんご自身がリンクされているのだと思います。

田沢湖に日月神社ってあるんですか?
僕は太平洋側から津軽までしかいったことがないので、こうして情報をもらえると嬉しいですし、がぜんヤル気がわいてきます(笑)。
じつは職場の同僚が先週八幡平と白神山地にいってきたばかりなんですよ。
なにか教えてるんでしょうか?

気になったことは、わかんなくても、なにかあるんだと思います。
ドキドキ=ah~ですよね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.08/20 19:51分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/115-2e8f1bd0

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。