神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

丑年のインフルエンザ④ 前編


☆09年の九紫火星

さすが2009年九紫火星というべきか、最近の主役は「九の鳥」の鳩ポッポ兄弟と、去年9月9日(火)に建国60周年を迎えた北の9様。
舞水端里の短距離につづいて、東倉里に長距離弾道ミサイルもご準備とか。
そういえば、麻生内閣も去年9月九州の筑紫事象で誕生。これも「九紫」だし・・・。
「火星」は戦いの神マルス。火の神カグツチ。
火といえば鉄。鳩がミサキの八幡神は、鉄と戦いの神。
そもそも神功皇后の朝鮮遠征からして、鉄の利権がらみだった。
たがいの強制連行の歴史もふくめ、筑紫と鉄と炭鉱王のストーリーを背負う現政権には、半島との火のカルマがどうしてもつきまとう。

5/25(月)に、9様核実験成功のニュースが日本列島をゆるがした。
世界核クラブの会員No.8が、どぼちてもほしいらしい。
草剣くん事件後の、鳩・鹿・牛・亥の挙国一致体制が招いた事象なのか。
核実験にいたるまでの流れをふり返ってみた・・・。


☆核実験と豚インフルエンザ

核といえば原発。原発といえば鹿さんこと志賀大明神。
「もののけ姫」のシシ神のように、自然と一体化した荒神である。
関連する事象は、福岡西方沖地震、能登半島地震、中越沖地震、女川原発の怪事故などなど。ざっとあげただけでも、その脅威がわかっていただけるかと思う。
志賀原発(能登半島)の北緯37度3分~福島第1原発の北緯37度25分の間のベルト地帯を、僕は「志賀神原発ライン」とよんでいる。07年の能登半島地震と中越沖地震のように、1ヶ所がゆれると、キワだった連動を見せる超警戒ラインだ。
もちろん柏崎刈羽原発(北緯37度25分)や、福島第2原発(北緯37度19分)もそう。
いささか南限にかたよってるけど、このライン↓。

直雲
(08年10/30雲のストレイトブリッジ)

9様がミサイルを発射した4/5(日)、宮崎・神武東征地震の震度4をふくむ、震度3と4の三連発があった。
つづいて4/21(火)にも、震度3の三連発。
このテの地震には、かならず強いメッセージが示されている。
21日の震源は、
①香取・鹿島・息栖の東国三社トライアングル沖。
②草くんの出身地と藤原純友の乱の愛媛県西予沖。
③福島県の福島第2原発沖。

①は下総事象と、たぶん神功皇后の鹿島立ち伝説を意味する。皇后のもとに軍船が集結したのは博多湾だろうけど、伝説では、タケミカヅチとフツヌシの鹿島立ち(出雲国ゆずり神話)にならって神々が鹿島沖に集結し、朝鮮半島へと出陣する。

②は、二日後のニュースの予告だったようだ。
4/23(木)、地デジ大使・草剣くんの「裸でなにがわるい」事件である。
で、ここぞとばかりにマスコミに気を吐いたのが、総務大臣の鳩ポッポ。
例の「サイテーの人間」発言・・・。
で、同日に示されたのが、太古のガス雲「ヒミコ」。
ヒミコの鏡は、太陽神・天照大神につうじる。
翌24日(金)、WHOが太陽の国メキシコの豚インフルエンザを発表。
近畿地方では、太陽に虹色の輪がかった。外接ハロっていうんだそうだ。

09.4.24西宮上空
(兵庫県西宮市でカワグチさん撮影)

で、いまだに太陽には黒点(カラス)がない。

無黒点090529
(by SOHO)

ところで、舞水端里から新型短距離ミサイルが発射された5/29、奈良県桜井市・箸墓古墳の年代を240~260年と推定する調査結果が出された。現在の技術で誤差20年なんて奇跡か眉ツバだと思うけど、ともかく、ふたたび「ヒミコ」が示され、発表したのは千葉県佐倉市の歴博チーム。つまり、北西(戌亥)の空見つ(ミサイル)を演出した下総事象の流れってことになる。この男キナくさい流れが一方でなにを生もうとしてるのか、ちと目がはなせない。

③の意味が示されたのは4/27(月)。
民放連の地デジキャラ発表会で、鳩ポッポと地デジカさんが、運命のイルミナティハンドシェイク。
日本武尊(草剣くん)を見限るカタチで結ばれた、八幡神と志賀神の同盟だ。
この同盟は、①と③の連動から、フツヌシとタケミカヅチも承認ずみだと考えられる。そもそもが、これも下総事象にはじまる流れなので、ま、当然かもしれない。
この舞台裏で、両者と固い握手を交わしたのが、牛さんこと牛頭天王。
猪突猛進の亥さんは、この同盟の使いッパー。俗にいう鉄砲玉だ。

活動を休止していた志賀神が、福島第2原発沖でにわかに動いたのは同盟締結のためだろう。タケミカヅチが志賀神を呼んだのか、志賀神がゴリ押ししたのかは、まだよくわからない。いずれにしても鹿島神宮のミサキも鹿。おまけにアマノコヤネの春日大社も同調してるってことになる。

志賀神の日本武尊ばなれを示すかのように、5/9(土)、07年の中越沖地震から停止していた柏崎刈羽原発の、7号機が運転を再開した。
日本武尊が、志賀神に止めさせた原発である。

以後、志賀神の動きがしだいに活発になり、政局も一気に八幡化する。
11日(月)、東北・日高見国勢力のイチローが辞任。
 兄さん鳩ポッポが、手のひらを返して民主党代表選に名乗りをあげる。
12日(火)、志賀神原発ラインの新潟県上越市安塚区で震度4。震度2が2回。
 大河ドラマ「天地人」の地元がすぐ反応したとこを見ると、
 「愛」と「戦い」はどうしても同時進行でなきゃいけないらしい。
13日(水)、位山地震(このメカニズムについてはあらためて)
16日(土)、兄さん鳩ポッポが民主党代表に就任。
 この日、初の豚インフルエンザ国内感染患者が神戸市で確認された。

5/23(土)、志賀神原発ラインの能登半島沖で震度3。
震源は石川県羽咋郡志賀町の富来の沖合。
ったく、いつもいつもタイムリーなとこをよく揺らすもんだと、つくづく感心する。
富来の福良津は、9世紀はじめに渤海使の客院が置かれたところ。
渤海(ぼっかい)とは、かつて北朝鮮からロシア沿海州にかけて存在した国だ。

志賀神はもともと船神だった。
神功皇后の朝鮮遠征以降は、外交をつかさどる神になる。
中国・朝鮮外交の拠点だった福岡県太宰府の天満宮の入り口あたりに、志賀社が祭られているのもそのためだ。
去年10月の石川県小松基地を舞台とした田母神航空幕僚長の更迭劇が、外交神としての志賀神がらみであることも、容易に理解していただけるかと思う。
能登の地震と航空幕僚長の事件、そして北朝鮮はつながっているのだ。
さらに羽咋郡志賀町といえば、志賀原発。
つまり、核である。

5/25(月)、この志賀神の動きが、亥のさらなる猪突猛進劇を誘発した。
北朝鮮の9様が、まさに猪突猛進の核実験!
おそるべきことに、「核」という字は木に「亥」と書く。
豚インフルエンザも核も、事象的には「亥」なのだ。

おもしろいことに、この日の内外タイムス(夕刊紙)のトップ記事が、
「猪木、買収!」
核実験の号外が配られるなか、売店の店頭にはこの真っ赤な見出しがならぶ。
木に亥(イノシシ)といえば、たしかに男の核弾頭アントニオ猪木さん(笑)。
つくづく男くさくキナ臭い流れだ・・・と、思う。
ちなみに買収されたのは内外タイムス。
冗談記事でも、こわいのはその暗示。
国の内外が「猪」に買収された日にゃ・・・。
ダービーも、ユニバース(全世界)に、リーチに、アントニオ。だったしなぁ(--;


☆WHY? インエフルエンザが福岡に

だがそれより驚いたニュースがある。
核実験の25日、豚インフルエンザがなんと福岡に飛び火した。
しかもなんというか・・・
福岡ったって広いのに、こともあろうに糟屋(かすや)郡とは!

くり返しになるけど、神功皇后の遠征をバックアップしたのが筑紫の海人族の阿曇(あずみ)と宗像(むなかた)。阿曇は、皇后の子の応神天皇(八幡神)のもとで海人のトップにのぼりつめる。一方、「海の正倉院」で知られる宗像大社の沖ノ島祭祀遺跡がはじまるのが4世紀。ほぼ神功皇后の時代。遠征がどれだけ彼らに利をもたらしたかわかると思う。

糟屋郡は、阿曇族ゆかりの土地柄である。
神功皇后と仲哀天皇の橿日宮(かしいひのみや)があったのが、福岡市東区の香椎宮。ふるくは筑紫国の糟屋郡。日本武尊の子の仲哀天皇は、そこで(住吉神に)暗殺された。
おなじく東区にある志賀島の志賀海(しかうみ)神社も、もと糟屋郡。
阿曇氏の祖神を祭る今宮社には、住吉神とともに志賀神が祭られている。

ちなみに志賀神は、蛇神とされてる。
でも僕が見るかぎり、シンクロは蛇でなく「鹿」のネットワークでおきている。
船神は海だけの神ではなく、山から海、海から山への自然界の循環をあらわす。
まさに「もののけ姫」のシシ神の、はかりしれない自然パワー。
そういう神が、外交と原発の属性をもってるわけで・・・。
おまけに「亥」を使ってるわけで・・・。
ってことは近い将来、北朝鮮の核と原発がらみの大地震がシンクロする可能性もあるわけで。。。
ともかく、志賀海神社の境内には鹿角堂があって、奉納された1万本以上の鹿の角がつまっている。古来海人にとって、鹿の角は良質な釣り針の材料だった。

鳩と鹿の握手は、応神(八幡)と阿曇(志賀)の握手でもある。
インフルエンザが流行した大阪府の茨木市には、阿曇磯良(イソラ)の疣水(いぼみず)神社がある。
疣水のイボは、もともと顔中フジツボだらけのイソラに由来する。
磯良の舞いで白い覆面をするのは、それを隠すため。
伝説では、イソラは亀にのって海底からあらわれて、神功皇后に潮満玉と潮干玉をさずけた。
そのとき乗ってた亀がこれ↓

亀石
(志賀海神社・亀石)

カメというより、ブタさんに見える(笑)。
白い覆面は、白いマスク・・・だとしたら、イソラの事象ともいえるな・・・なんて思ってた矢先の「福岡に豚インフルエンザ」のニュースだっただけに、よけい驚いた。
感染が確認されたのは、糟屋郡志免(しめ)町にお住まいの米国人男性(38)。
・・・うはっ!
阿曇氏ゆかりの糟屋郡に、帝国海軍の糟屋炭田(のちに国鉄志免鉱業所)。
志免の名は、神功皇后の宇美(うみ)八幡宮の注連縄(しめなわ)に由来するという。
宇美は「生」。皇后が応神天皇を産んだとされる場所。
さらに糟屋郡は磐井の乱(去年の筑紫国造地震)で、息子が継体天皇に差し出して死罪をのがれた糟屋の屯倉があったとこ。
鹿部(現古賀市)の田淵遺跡がそうだといわれる。
そりゃもう、筑紫事象と八幡内閣の要素がてんこもりの場所にインフルエンザが出たことになる。

おまけにアメリカ人だよ。
「米」は、八十八。星座の数88と、星条旗の国。
なんで筑紫の糟屋に星条旗が立つんだ?
太平洋戦争のミソギの暗示か。
7月には、両陛下のハワイ真珠湾ご訪問をひかえる。
それがシメ(志免)になるといいたいのだろうか?
だとしてもなぜ、東に行ってた亥の群れが、とつぜん西の核心に飛び火したのか?
まるで将棋で、逆転の「歩」の一手を敵陣に打ちこんだようなもの。
いったいだれが打ったんだ? これ。

可能性として浮かび上がる日本武尊と白い犬。
だが、やっかいなのはやっぱ志賀神。
この神に、敵味方なんて人間くさい価値基準は通用しない。
そもそも福岡西方沖地震からして、いちばん被害をあたえた神社が、自分とこの志賀海神社なのだ。
地震が島根県の「竹島の日」に対抗した、韓国馬山市の「対馬島の日」制定の2日後に起きたってことも、以前述べた。

ともかく、このシメ(志免)が「占め」や「絞め」でなく、いい意味での「〆」、おしまいならありがたいんだけど・・・。


☆後記

近日中に、逆転の「歩」の一手の手がかりになるかもしれないシンクロをUpします。
この記事の流れで読んでほしい、5/23~26に身近でおきた事象です。長くなったので前後篇に分けます。
ほんとは「位山地震のメカニズム」とも大いにつながるんだけど、この調子じゃいつ書きあがるかしれないし(苦笑)、事象はどんどん進んでるので、さきに。
キーワードは日本武尊と白い犬。
さらに、吉備武彦と建稲種(尾張氏・宮簀姫の兄)。そして弟橘姫。

  • [No Tag]

*Comment

神功皇后 

山口県美祢市のホテルで一酸化炭素中毒の事件が起こりましたが、美祢市には神功皇后が三韓征伐の際の兵を集めた場所という神功皇后神社がありますね。


そして北の国では後継者が浮上し、更に緊迫した状況になってきました。


神功皇后事象が急転して下関、北九州に向かっているのは三韓征伐のカルマですね。こうなると一時国内で東西睨み合いのようになった状況は変わったと言えますね。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.06/03 07:20分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

神武天皇とおなじ三男ですよね。
御毛沼命はウガヤの子ではないので。

さてさて、どういう人物なんでしょうね。

こうした状況に対する挙国一致体制だったとも、
挙国一致体制がこういう状況を生み出したとも、
どちらともいえると思うんです。
で、その中で、愛と戦争が同時進行で表現されてゆく。
だんだんそうした「型」が見えてきました。

いずれこのふたつの流れはひとつになる。
そのとき、どんな劇的な関ヶ原になるのか見物だな~なんて思ってます。

そうですか~。
山口県美祢市もまた炭鉱ですね。
「炭素」のワードってことかな。
鹿島沖の神功皇后のカシマダチ伝説にも、糟屋炭田の志免にもつながります。
さすが炭鉱王で八幡の麻生政権・・・。
こういうあらわれ方は前はなかったよなぁ。
そしてまさにいま、兵が召集されてるのかもしれませんね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/03 09:46分 
  • [編集]

いささか 

いささかって書かれていて、自分か?って反応してしまいました。

鹿、神功、イソラ、来てますね~
イソラ神は神功に2つマガタマを渡した。
そのマガタマは、並べると八の数字になる。
八はあるポータルを開く数字。末広がりだし、
その一つを神功は、ある人物に渡した。

ぽっぽ繋がりでいえば、鼠先輩も引退、表明しましたしね。
志賀神は、蛇神。
私も蛇が、この前から、来てましてミジャクジとか、
いっぱい、キーワードが、散らばっているように思い、素人ながらのコメント失礼します。
鹿も気になりますが、猿も気になります。
サルタヒコ。
ルーキーズの主演の隼人っていう俳優も猿のドラマ?映画?するらしいです。
  • posted by IS@ 
  • URL 
  • 2009.06/03 22:10分 
  • [編集]

IS@ さま 

いささか打ちミスがあったみたいで(笑)。

タマと八で八犬伝だったり。
舞台が安房忌部なんで、里見もおもしろいんですよね。
ある人物とは武内宿禰でしょうか。
それとも・・・。

鼠先輩が引退?
まだ白鼠には役目があるはずなんですが。

丑寅の対角が未申。
丑寅の鬼退治は申酉戌。
そろそろサルの出番かもですね。
ルーキーズのって、市原隼人って名前なんですね。
なんとも酔狂な。
鹿児島生まれかと思ったら、川崎市高津区でした。

鳩ポッポの敵は隼です。
これはもう歴史的にそうなんです。
大和朝廷の政策として、
隼人の土地に入植した豊前豊後の鳩ポッポ系住民。

軍鳩は普仏戦争から日中戦争、第2次大戦まで活躍、敵地に細菌カプセルを運ばせる案まで飛び出して戦後禁止されるんですが、決して平和の鳥じゃないんですよね。
ちかごろの伝書鳩騒動は、軍鳩のカルマという見方もできます。
で、その軍鳩を迎撃したのが隼です。

ちなみに陸軍一式戦闘機の隼は、カモでしたが(苦笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/04 10:17分 
  • [編集]

うらら 

数字占いというのがあって、それによると2008年8月から流れが変わるといわれてて、それがいやさかさんの説と一緒なので興味を持ってました。
今年の流れは、5月は否が応でも停滞、お休みだと。
それが6月になるとお金・仕事ともに動き始めるので前向きに勝負したほうがいいとも書かれています。

5月に和歌山の田辺湾で右往左往していた鯨は、今月に入ってやっと外海へでて行きほっとしました。
5月26日前後には和歌山市でも新型インフルエンザが見つかっていましたよ。
どちらも全国ネットのニュースではなかったかもしれないのでご報告しておきます。
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2009.06/04 17:04分 
  • [編集]

鳩ぽっぽ 

郵政問題でハト(弟)さんが大立ち回りしてますね。

自分の意志が通らなければ離党し新党を立ち上げると言っているらしいですから、ハト(兄)さんとグルになっているとしか思えませんね。

ハトヤは石屋だそうですし、胡散臭い流れですね。


兄弟で何か企んでいるとしか思えません。


僕も最近の急激すぎる流れの為に、度々急な行動を起こしてますが、また行かねばならないところが出来ました。


僕は日本国内の内紛を望みません。しかしどうしてもそれを起こそうとする者がいるのを薄々感じています。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.06/04 18:42分 
  • [編集]

うららさま 

ありがとうございます。

太陽から黒点が消えたのも去年の8月ですよね。
数字占いもつながってくるんですね。

前向きに勝負ですね。
まさに迷い鯨がそれを示してくれてるような。
僕も和歌山だけに気になってました。
イザナギ・イザナミの「イサ」は、鯨(イサ)のことじゃないかと思っているので。

和歌山でもでしたか。どこなんだろう。
次回書きますが、今回のインフルエンザは、核実験やエールフランス機墜落とともに、5/18に到着したMOX燃料にも関係してるように思います。
しかも、運び先が玄海原発なんですよね~。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/04 20:13分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

鳩ポッポはうさんくさすぎです。
ふたりしてグルグルないてますね。
導師(グル)かい(笑)。
ハトヤは石屋ですかぁ。
筑紫事象のときからやたら「石」がでてくるんで、
いずれと思ってたんですが、パパポッポがそうだったみたいですもんね。
鳩の天敵は隼でも、ホルスの目は隼だしわけわかりゃしません(苦笑)。
まあはっきりしない世界なんで、本編ではあまり触れるつもりはないけど。

急激だし、混乱する流れで、ほんと書くのがむずかしくなってきました。
失敗をおそれずに、いきたいと思います。
ヤマトヲグナさんを見習いつつ。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/04 20:29分 
  • [編集]

北の動き 

現在アメブロの精神世界系ブログでは、北の将軍が亡くなって核が使われる恐れがあるので皆で祈りましょう、という流れが起き始めてます。


やはり山口県の神功皇后神社の件は神功皇后の出兵準備ですね。そうなると新型インフルエンザの時の日本の東西にらみ合いは誤解だったのかもしれません。


僕は集団で祈るのは苦手なので独自に動きます(^-^)


それに大衆の不安感を煽るような言動はあまり好きじゃありませんからね。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.06/04 23:02分 
  • [編集]

Re: 北の動き 

核実験はブラフの可能性もありそうですね。
すくなくともまだ公式には認められてないようです。
放射能が検出されないので。

実体はなくても、
事象的には核実験というニュースとして表現されたこと自体がとても大事なんですが、
それを利用する側、される側、いずれの口車にものらないよう気をつけたいものです。

いいふうに解釈すれば、先月のミサイル発射や、ブタインフルエンザと同じように、僕等に免疫をつくってくれてんだ、ともいえますが、免疫づくりってことは、今後より大きな問題や現象が想定されるってことでもありますよね。

召集といえば、ゲンジツに自衛隊内で動きが出ているという話もあるようです。

ただ、どうもここにきて、
目をむけるべき対象は外ではなく、内にあるんじゃないかって気がしてきました。
僕自身、判断がゆれにゆれてますが(苦笑)、ここは見極めどこですね。

僕には霊感のれの字も、チャネルのチの字もないので、
ちがう分野に大きいことははいえませんが(笑)、
おっしゃるとおり、
ときどき「え?」と思うようなイベントありますね。
怖れや不安に対して祈るのは、
それを祭ることになります。

たとえば地球が大好きだから祈るならまだしも、
地球がヤバイから祈るというのは、
微妙だけど、禁じ手だなぁって思うなァ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/05 12:33分 
  • [編集]

「今」を 

あれこれ考えていたら、面倒になったわけではありませんが、頭がパンパンになった後は、気がでかくなってきました。

お姉さま方の真似をして、どんな「今」でも”カ力ッ“と呑んで、心の強い胃液と活発な腸内運動で、美  便 をしたいものだと思いました。(心のですぅ)

身じかから、ほどよいテンダネスでいきたいす。

今にダイブです。

この御時世のおかげで、「今」に真正面から向う勇気が湧いてきています。

つるまないのが、醍醐味です!!身軽るだし、おもしェベナァ~

それぞれのフリースタイルに乾杯!


  • posted by 木綿   
  • URL 
  • 2009.06/06 03:38分 
  • [編集]

本日 

岡山県の吉備津彦神社、吉備津神社、中山茶臼山古墳(大吉備津彦命陵)、兵庫県宝塚市の中山寺(大仲姫が聖徳太子に神託したという寺)、清荒神をお参りしてきました。


狙ったわけではないのですが、吉備も宝塚も『中山』繋がりです。『中山』といえば金山彦ですね。


ちなみに本日は印象的な『犬』『猪』『牛』のワードをあちこちで見かけました。
特に中山茶臼山古墳の手前の原っぱで柴犬を見たのが印象的でした。


中山寺は大仲姫が葬られたという中山寺古墳があり、忍熊皇子が入れられたという石棺もあります。聖徳太子が大仲姫と香坂皇子、忍熊皇子を供養したとされている寺ですね。


清荒神は以前友人が近くに住んでいて度々行く話を聞いていたのでいずれ行こうと思っていたのです。


そしてちょうど中山寺の近くだったので行くことが出来ました。僕は以前、日本武尊を祟った伊吹山の荒神と清荒神に関係がありそうだと思っていた時期がありました。論理的な根拠はありませんが直感的なものでした。


荒神を祀るところはピリピリするような緊張感漂う独特の清浄感がありますが、清荒神もまたそうでした。

やはり日本第一荒神と云われるほどの寺だと思います。


今日はちょっと体力をかなり使ってくたびれました(笑)
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.06/06 20:46分 
  • [編集]

Re: 「今」を 

了解しました。それぞれのフリ-スタイルですね。

僕はまだ気は大きくなってませんが、少しずつ見えてきた気がしますね。

あれ、ひふみ羽だったんですか?
なんて意味深な。

群馬の・・・って、なんか聞いたことのある地名なんですが、なにかありませんでしたっけ。
気のせいかな?

位山もですが、月山もいくめどが立ちません。
いずれ大きく旅したいと思ってます。やっぱ現場の空気を吸わないとね。

いつも情報ありがとうございます。
月神は追うのがむずかしんですが、筑紫と伊予にMOX燃料が運ばれ、ちと月のにおいがしてたとこに、かぐやの月面落下ですか。
歌会始のお題「月」の年、熱田神宮仮殿遷座の前月に打ち上げられたかぐやが、役目をおえる・・・。
関連して「月」の動きがでてくるとおもしろいですね。

今夜は満月です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/07 17:46分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.06/07 19:25分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

吉備いきましたかぁ。

事象的には薄いですが、とても大事なとこですよね。
祭祀や信仰の発祥としての役目もあります。

吉備だんご食べました?

僕の場合、中山といえば競馬場になってしまうんですが(苦笑)、
中山寺のことは知りませんでしたね。
興味深いとこですね。あとでブログをのぞきにいきます。

伊吹山と清荒神の関係がわかってくるといいですね。

おつかれさまでした。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/08 00:44分 
  • [編集]

Re: いやさかの木さんへ 

海人のことを白水郎とかきますし、
福岡には白水さんがおおいです(笑)。

白い山といえば、穂高連峰の穂高見命。
先月の初旬に吹いたさわやかでひゃっこい風は、大綿津見の風だそうです。

オシラさまとイソラがつながるとしたら、おもしろいですね。

海洋民がいたとこは色のつく地名がおおいです。
とくに白、赤、青・・・ああ、フランス国旗なんですねぇ。
だからエールフランスなのかなぁ??

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/08 00:57分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/152-b8df71e0

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム