神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

核実験と日本武尊③


☆日本武尊とJR飯田線

『日本武尊は信濃に進んだ。霞をわけ、霧をしのいで幾重にも重なる青い嶺を渡り歩いた。ある嶺で食事をとっていると、山神が彼を苦しめようと白い鹿になってあらわれた。ミコトは怪しみ、ひとつ蒜(ひる)ではじくと、目にあたって鹿は死んだ。ところが急に道を失って、出る場所がわからなくなった。そのとき白い犬があらわれ、ミコトを美濃へと導いた。
吉備武彦も越から美濃へと入り、日本武尊と再会した(日本書紀より)』

日本武尊の長野県南部ルートで有名なのは、駒ヶ根市の大御食(おおみけ)神社。日本武尊が饗(みあえ)を受けた由緒がある。
彼はそこから天竜川、つまりJR飯田線ぞいに南下し、飯田市、阿智(あち)村をへて岐阜県中津川市に入ったと思われる。いまの中央自動車道に近いルートだ。
阿智村の神坂神社には白狗石があって、導きの白い犬にちなむという。
中津川市の恵那神社には、日本武尊参詣伝説がある。
だとすれば、白い鹿と遭遇した場所は、たぶん神坂(みさか)。かつて東山道最大の難所といわれた神坂峠だ。ここには山神に道中の無事を祈った古代の祭祀遺跡がある。

山の神は海の神。もとは山の民も海の民もなかった。
それを分けたのは、平地の水田稲作文化。
とくに信濃の山々には、海の匂いがする。それは阿曇(あずみ)の匂いを伴う。
安曇野もそう。穂高神社の穂高見命は、福岡の志賀海神社の祭神でもある。
神坂神社の山神もまた、海の住吉大神だ。
志賀大神や穂高見命とおなじく、阿曇氏の祖先の神。
神功皇后に神がかりし、神託にそむいた仲哀天皇を暗殺した。
白い鹿に化けた山神が住吉なら、親子2代に祟ったことになる。

今回、鹿の連続事故がおきたのは、JR飯田線と紀勢線。
飯田線は日本武尊の信濃ルートに並行し、紀勢線は日本武尊が息絶えた亀山が始発駅。
よりにもよって日本武尊神話にからむふたつの路線で、「鹿」の事象が多発したわけだ。
しかも6/8は満月。11日は月探査衛星「かぐや」の月面落下。
住吉大社のミサキは、「うさぎ」である。

住吉大社のうさぎは、月読尊と神功皇后をむすびつける。
日本武尊父子の死の背後には、月読尊の影が見え隠れする。
月読には、壱岐と宇佐と、日本武尊が発病した伊吹山をむすぶパイプがあった。
日は東、月は西。住吉神と月読尊の縁も西の筑紫にある。
筑紫(つくし)の語源は、月住み(つくすみ)ともいう。
日本武尊の最期の地は、鈴鹿郡の亀山(現亀山市)。ここにも「鹿」。
壱岐から月読神を勧請した松尾大社は、「亀」をミサキとする。
月読みは、「亀卜」につながる。

草剣くん事件のあと、鳩ポッポと地デジカが運命のイルミナティハンドシェイク(笑)。志賀神の動きが活発になる。この志賀神が、「鹿」でシンクロすることは前に述べた。
忌野清志郎ファンは、彼の死後の動きに「サマータイムブルース」や「あこがれの北朝鮮」を思い出してるかもしれない。僕は「原発賛成音頭」(笑)。
5/9のロック葬と柏崎原発7号機の運転再開後、志賀神原発ラインの活動再開に、MOX燃料搬入、そしてキターッ!の核実験。
ちなみに「石棺」発掘のニュースがつづいたら、原発災害に要注意かも。
事故炉をおおうコンクリートのことを、石棺っていうので。

草薙剣くん復帰につづいて表面化した鹿の事故は、海の神たちの逆襲なのか。まるで、鹿の乱だ。
鹿もおたまじゃくしも、総務大臣の「鳩の乱」と連動している。
「かぐや」が役目を終えた翌12日(金)、鳩ポッポが総務大臣を辞任。鳩の乱に終止符が打たれた。この騒動が追い風となり、千葉市に31才最年少市長の熊さんが誕生した。いわく「これが夜明けなんだと思う」。家族そろって歌合戦は、まだまだつづく。
ちなみに、下総事象で「剣」シンクロした石上神宮のある奈良県天理市の出身で、豚インフルエンザの神戸で育ったんだそうだ。下総事象も、まだまだつづいている。


☆桃太郎の図式

去年12月の宮城県石巻市(桃生郡)の連続地震で示された構図が、「桃太郎vs金」だった。ここの桃太郎さんは、鬼から奪った金(財宝)で失敗する(笑)。
12月の気になる地震チェック 

金といえば9さまに9ちゃま。うしとらの金神。
鬼たちが牛の角にトラのパンツなのは、丑寅(艮)だから。
これを退治するのが対角の申酉戌。
日本武尊といえば酉の神。彼をみちびいた白い戌。
申は双子の兄、猿投山の大碓命かな?

日本武尊神話の後半は、なぜか桃太郎伝説とオーバーラップする。
桃太郎は、備前一宮(岡山)吉備津彦神社の吉備津彦と稚武彦の兄弟とされる。
日本武尊軍からわかれ、越(新潟・富山・石川?)に向かった吉備武彦は、その子どもである。
つまり桃太郎役は、吉備武彦。
角のある鬼たち・・・牛頭天王(疫病)や志賀神(鹿・原発)、そして猪神(核・豚インフルエンザ)らの対抗事象として、日本武尊神話が表現されるなら、なによりもまず桃太郎の吉備武彦が示されなければいけない。

07年の中越沖地震で、日本武尊が吉備武彦にとめさせた柏崎刈羽原発が運転を再開。はやくも三日後の5/12に、新潟県上越市安塚区で震度4、5/13に位山の久々野で震度3。もしかして吉備武彦が動いてる?って予感はあった。
長野県千曲市で日本武尊軍とわかれたあと、吉備武彦軍は戸隠、妙高、新潟県上越市安塚区を通って柏崎市へとむかう。
さらにUターンして北陸道を進み、富山県小矢部市、もしかしたら倶梨伽羅峠をこえて石川県金沢市付近まで行ったのかもしれない。
富山からはノーベル街道を南下し、岐阜県高山市久々野、そして下呂市で日本武尊と再会する。
MOX燃料が静岡の御前崎に到着した5/18に、ふたたび久々野で震度3。
5/22には、長野県信濃町および妙高市で震度2。岐阜県下呂市御前洞でも震度2。越への侵入地点と日本武尊との再会場所が同時に示されたことになる。
やっぱ動いとるじゃん吉備武彦。

この桃太郎の動きに対抗して、5/23に志賀神の震度3が石川県羽咋郡志賀町でおきる。さらに5/25には北の核実験。いわば、丑寅の鬼たちの攻勢。
だがなによりたまげたのは、核実験のさなかに吉備武彦を演じた人物がいたということ。しかも身近に・・・。

核実験と日本武尊②
核実験と日本武尊①

  • [No Tag]

*Comment

鬼あやかし系 

このところ岐阜県の伊吹山近辺で事件事故が立て続けに起こっていますね・・・。

東西の分裂的な事象から流れが真ん中へ来ることは予想していましたが。


ただ、鬼あやかし系は東に日本武尊、吉備武彦、西にはいずれ東上して来る神武天皇に挟まれて袋のネズミになることは明らかです。


そうなると今後は海辺をゲリラ的に暗躍する恐れを感じています。


最近カラスの羽をあちこちで見かけます。八咫烏のメッセージですね(^-^)
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.06/21 17:52分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

今日、大阪の伊丹空港を白い犬が疾駆したようですね(笑)。
べつに白じゃなくてもいいだろうに。
まるでCMの、わんっシーン。
伊丹だけに、恋の痛みをふっきろうと疾走してるんでしょうかね(笑)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090622-00000664-yom-soci.view-000

伊吹山近辺の事件事故には気づきませんでした。
よかったら教えてください。

鬼あやかし系といえば、20日に丹波市でティラノサウルスの歯が見つかりましたね。
大型化初期の貴重な化石だそうです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/22 22:07分 
  • [編集]

NoTitle 

今夕の地方ニュースで見たのですが、
伊丹空港の滑走路に白い犬が迷いこんで5時間ほど逃げ回ったと。
運航への支障はなかったそうです。

この白い犬はどこへも導いてくれない?
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2009.06/22 22:10分 
  • [編集]

白い犬(笑) 

お父さんやっちゃいましたね(笑)しかも大阪ですか・・・東西の拮抗を破って中央突破した徴みたいなものでしょうか。そういえば今日は久しぶりに西日本にも強い雨が降りましたよね( ̄ー ̄)



五時間も走り回るなんて、まるで存在を誇示するような行動ですね(笑)


日本武尊の白い犬は三頭ですよね?あと二頭がどこかに現れたら面白いですね(^m^)
『三』といえば住吉三神や綿津見三神にも当てはまりますが。


伊吹山近辺の事件事故とは、最近ニュースになっている米原市伊吹の汚水タンク事件と21日に起きた伊吹山ドライブウェイの車転落事故のことです。


清荒神と伊吹山の荒神は直感的に関係がありそうに思っていた話は書きましたが・・・やはり関係があるのかもしれません。この関係を直感したことに関しては知人友人が絡む私的な話になりますので申し訳ありませんがコメントは控えさせて頂きますねm(__)m
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.06/22 23:30分 
  • [編集]

伊丹空港 

伊丹空港は大阪府だけでなく兵庫県伊丹市にもまたがっていますね。そしてそばには猪名川が流れています。『猪』に白い犬・・・象徴的ですね(^m^)


伊丹市は宝塚市や西宮市と隣接しています。

神功皇后ゆかりの地だけでなく香坂皇子、忍熊皇子ゆかりの地とも近い場所で意味深です。


ひょっとしたら僕の意図した通りに二人の皇子が白い犬と呼応しだしたのかもしれません( ̄ー ̄)



いま何気に新潟が気になっています。特に弥彦神社近隣です。


このところ新潟でも事件事故が目立っていますので夏休みには弥彦山に登らねばと考えてます。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.06/23 07:08分 
  • [編集]

弥彦山 

こんにちは。

新潟平野は、雨が上がり、晴天になりました。
昨日の雨のおかげで、ひとつ、落ち着いた様子がうかがえます。
晴れが続きすぎると、街が不安定になるような気がします。
雨が降ると、空気が落ち着いて、街も人の心も安定するように感じられます。


21日(日)のお昼前に、三条の町を車で通りました。とても蒸し暑く、夏が来たっ!と思いました。用をすませた後、海へ行こうと弥彦方面へ向かいました。時間がなく、山頂へは行けませんでしたが、間瀬海岸にて海につかり、私の子らは、凪の穏やかな波打ち際でおおいに遊びました。早々と夏を堪能する家族連れや若者で賑わっていました。季節が巡って、わくわくする夏への予感の八ッピーな風景でした。


そんな中、三条で、2つの幼い命が熱中症で・・・。帰宅して二ュースを知り、やるせなくなリました。後日、三条から新型インフルエンザが新潟に到来と、驚きました。


三条市は、弥彦山の山頂から、眼下に見える、隣接する燕市とともに、金属加工の産業が盛んな街です。天香語山命からの金属の流れが、今に伝わる地域のようです。

又、信濃川の大氾濫で、長年、自然と人間のすったもんだの禍根があるヘビーな土地でもあります。

昨日の新潟のいたましい事件といい、めったにないことが起きていると・・・。


弥彦山ロープウェイで登り、20分ほど歩くと、奥宮に行けます。御廟所の前は、飛んで行けそうな気になる開放的で、毎日でも行きたくなるような場所です。御廟所は、柏崎方面に向いています。


p.s.ヤマトヲグナ様へ
どうぞ、是非とも、弥彦山へいらして下さいませ。なにかを開放して下さると幸いです。
旅のご無事を祈っています・u・




  • posted by 木綿   
  • URL 
  • 2009.06/23 22:16分 
  • [編集]

うららさん 

僕もチェックしましたよ~。
伊丹空港の白い犬。
豚インフルエンザ追い払ってるんでしょうか。
ちょっとおそいかな?
伊丹は猪名川に武庫川。猪名野神社・・・。
空港ってとこもおもしろいですね。
いろんなもんが空からふってきてるし。

ところで、携帯CMの白いパパ犬は、いま博多にいるんですね。
福岡はインフルエンザがけっこう広がってるそうなんで、活躍に期待してます(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/27 00:56分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさん 

白い犬の一頭は博多にあらわれました。
いま聖子ママとのんでます(笑)。
伊丹酒だったりして・・・。

汚水タンク事件に転落事故ですか。
ずっとブログに先月のこと書いてたので、最近の事件にうとくなってしまいました。
ようやく④で完結です。
事件の詳細をしらべてみないといけませんね。

神武が動けば、弥彦もうごきますよね、熊野とのシンクロにも注意したいです。
今朝福岡の宝珠山で震度4。空から宝珠がふってきたとこです。
おもしろいとこが揺れました。
詳細はまたあらためて。
新潟の五頭連峰にも宝珠山があるそうです。
去年弥彦で小地震が群発したときは、大分県日田市の地震に呼応したので、今回も連動がありそうです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/27 01:28分 
  • [編集]

木綿さん 

新潟のこぶがウミ出しをはじめてなければいいんですが。
人と地のストーリーがいっぱいつまったコブですもんね。

三条が起点になってるようですね。
ちょっと調べてみました。
明治20年にはじめて科学的日食観測がおこなわれたとこなんですね。来月はいよいよだし。
となりはツバメでも、三条は鳩。この辺から新型インフルエンザが入りこんだんでしょうか。
金属は八幡とも関係あるのかな?
槻田の月も気になります。摂津と関係が深かったようですよ。
こっちのルートで入ったかな?
五十嵐さんのルーツってのも、祖先が景行天皇の兄弟だし、なんかありそうですね。

神武東征事象に連鎖するカタチで、弥彦周辺はもっと活発化するかと思います。
「篤姫」のときは鹿児島は比較的静かでしたが、新潟はそうもいかないようです。
05年以降に大きな地震があった地方は、なかなか事象からはなれられません。

ヤマトヲグナさんの祈りが届くといいですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/27 02:17分 
  • [編集]

おたまじゃくし 

今日は越前国一宮気比神宮、越前国二宮劔神社にお参りしました。


はじめ劔神社にお参りする予定だったのですがバスの時刻を間違って覚えていたため一本乗り過ごしてしまい、先に気比神宮へ行きました。


その後劔神社へやってきたら・・・摂社の小松建勲神社の前だけにおたまじゃくしが降った後がありました。
あとまだ新しい小さなアマゴもありました。


ちなみに小松建勲神社の御祭神は平重盛と織田信長です。


神社の方に伺ったら、昨今あちこちでおたまじゃくしが降った報道を新聞やテレビでしている一環ですね、と軽く答えてくれました(笑)


境内の木の上に鷺がたくさん止まっているので、鷺が落としたのかもしれませんが。


P.S 木綿さん
弥彦山には必ず参ります。
あと柏崎の多々神社にも行かねばと思っています。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.06/27 16:02分 
  • [編集]

Re: おたまじゃくし 

あいや、こんどは越前国でしたか。
劔神社は忍熊王つながりでいかれたんですか?

しかし降りまくってますね、おたまじゃくし。
小松建勲神社の前だけってのが気になりますね。
まさか信長が降らせたわけじゃないでしょうね(笑)。
平重盛って、オタマジャクシに関係があったりして・・・。
おたまがみんな鷺のしわざだったら、サギですよね。

そういえば劔神社もミロクラインですよね。
子孫に信長が出るはずです。

弥彦にはなにが待ってるのかたのしみですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/28 02:11分 
  • [編集]

三彦山 

本日は伊賀国一宮敢国神社と多賀大社にお参りしました。


敢国神社は昨日行った北陸道を制圧した大彦命を祀り、阿閇臣発生の地ですね。

多賀大社はお参り町などでも杓子があちこちに飾られていて、やはりおたまじゃくしだな~と思いました。

あとは息長氏の本貫地である山津照神社にも行きたかったのですが、現在バスがなくてタクシーのみのアクセスだったのでやめました。



本家お父さんは福岡入りしましたか(笑)


何気なく思ったのですが・・・お父さんが現れた福岡には英彦山、兵庫には雪彦山がありますね。そして今注目しているのは弥彦山。三つ合わせて三彦山ですね。

もしかしたら今度は新潟にお父さんが現われたりして・・・(笑)

Re: 三彦山 

ああ、三彦山ですね。
去年の日田と弥彦の地震の関係は、まさに英彦山と弥彦山でした。
修験道系で猫多羅天女がでてきたんです(笑)。
雪彦山が反応しないんですっかり忘れてました。

白いパパ犬、博多で聖子ちゃんと伊丹酒(?)のんでるってことは、
この先、日食見に行くつもりなんじゃないですかね(笑)。
新潟にもあらわれたら、ブログネタですね。
直江兼続とのむ酒はやっぱ天地人でしょうか、それとも弥彦愛国?

多賀大社にいかれましたか。
いつもながらすばやい動きですね。
おたまじゃくしについてはいろいろ科学的(?)解釈がされてるようですが、大事なのは表現されたということですよね。
表現は浄化のプロセスです。個人的にユーレイの法則とよんでますが(笑)。
弥彦に行くまえに 敢国神社というのも、なるほどってカンジですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.06/30 22:49分 
  • [編集]

鳩ぽっぽ兄さん 

大分県日田市が梅雨前線の影響で大変なことになっていますね・・・。他にも九州北部、山口県・・・とやはり神功皇后ゆかりの地ばかりが目立つ気がします。



ところで鳩ぽっぽ兄さんが匿名の個人献金において故人献金、虚偽記載で問題になっていますね。しかも弟さんに虚偽記載は重大な犯罪だ、と言われてしまったようですし・・・。


普段自民をさんざんに批判しながら自分自身にも不透明な部分があるわけで、今後の鳩ぽっぽ兄さんの身の振り方を注目したいです。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.07/01 18:22分 
  • [編集]

ヤマトヲグナ 

パパ犬が博多にあらわれたと思ったら、北部九州で地震が相次ぎ、つづいて集中豪雨。
屋台で携帯してんのはホークスの選手。
去年の日田の地震で日鷹がしめされて、ホークスの王監督が退任。
今回の震度4も、そのときの震源とおなじです。

長崎の大村湾の地震はなんだろう? 二十六聖人かなぁ?

兄さんポッポと、白い犬たちの登場のタイミングってばっちりでしたね。
弟ポッポもふくめて、まきかえしに注目です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/05 03:03分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/156-31372d78

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム