神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

塩の道、とんぼの羽


☆浜岡原発とミロク

日本海の塩を、信濃(長野)に運んだ道がある。
新潟県糸魚川から姫川ぞいに千国街道を南下し、長野県塩尻市に至る。塩の道の終点なので、塩尻なのかもね。
信濃のハートセンターに位置する塩尻は、いまもむかしも流通の要衝。市内には縄文~奈良の5000年の歴史が積もった平出遺跡がある。ひとびとのくらしは旧石器時代からつづいている。
白馬や穂高・・・北アルプス(飛騨山脈)の峰々を臨みながらつづくこの塩の道は、国内最大のシェアをほこった姫川産ヒスイ(勾玉)の流通経路であり、阿曇氏のルートであり、たぶんタケミナカタが諏訪へと逃げた敗走路だった。上杉謙信が武田信玄に対し、「敵に塩」を送った道でもある。

道にはストーリーがある。もちろん流通ルートとしての、川にも。
そして道や川は、たいてい大地のエネルギーラインにそっている。
太古から変わらない「人」と「地」のつながり、さらには事象ネットワークの一端を、「塩の道」はかいま見せてくれる。

ところでじつは僕、塩の道に南ルートがあって、太平洋に通じてることを知らなんだ。
前回のブログのあと、ある方からとても貴重な情報をいただいた。ほんと感謝だ。
南ルートについては、こちらをクリックしてほしい。
 ⇒ 塩の道概略図
おもしろいことに、北ルートはフォッサマグナ(糸魚川~静岡構造線)、南ルートは中央構造線を通る。南アルプス(赤石山脈)に沿うこの遠信古道(国道152号)は、秋葉山信仰がはじまると秋葉街道とよばれたようで、諏訪大社、ゼロ磁場ブームの分杭峠、タケミナカタゆかりの鹿塩温泉、静岡の秋葉山、そして御前崎・相良へと至る。
長野の中央構造線は諏訪神タケミナカタがおさえている。その影響力は秋葉街道をとおして秋葉山本宮秋葉神社の火の神カグツチに至り、さらには御前崎の「浜岡原発」にもおよぶってことになる・・・。
なんともぶっそうだねこりゃ。

5/9柏崎刈羽原発7号機が運転再開。
これにともない、「志賀神原発ライン」も動きを再開した。
御前崎の浜岡原発に、フランスからMOX燃料が届いたのはそんなときだ。
ただし、志賀神との接点は「原発」しかなく、シンクロとしては弱い・・・いやでもなんかあるはずなんだよな・・・なんて考えてた。
そのひっかかりを解消し、まさにすっと道をとおしてくれたのが、塩の道の南ルート。
北アルプスの穂高岳は、穂高見命。志賀神とおなじ阿曇氏の祖神だ。
塩の道の北ルートは、もとより穂高見命がおさえる海神ラインなので、志賀神のネットワークは諏訪におよぶことになる。諏訪大社のタケミナカタの妻・八坂刀売は、穂高見命の妹(娘)だしね。
問題はそっから先。タケミナカタが中央構造線をおさえていても、御前崎にはつながらない。でも、南ルートが、秋葉山、さらに御前崎につづくとなれば、カグツチをうまくとり込めば、浜岡原発まで射程に入ることになる。

志賀神は外交(とくに朝鮮半島)の神でもある。
半島や沿海州の玄関口にあたる博多や能登におなじ「志賀」地名があるのはたまたまじゃないし、ともに大地震がおきたのも偶然じゃない。
去年の石川県小松基地を舞台とした田母神航空幕僚長の更迭事件も、その影響下にある。
そんな志賀神がカグツチを丸め込んだのなら、こんご原子力と火(戦争)はとなりあわせってことだし、北の核実験もそういうことなのかもしれない。
JR飯田線の鹿の乱も、うまいこと説明がつくよなぁ。

浜岡原発のすぐ近くにある桜ヶ池は、遠州7不思議のひとつ。
伝説では、この桜ヶ池と諏訪湖は、地底でつながってるんだそうだ。
また平安末(1169)に、比叡山の皇円阿闍利が、56億7000万年後に下生する弥勒菩薩に教えを乞うと言いのこし、池の底に沈んで竜神となったともいう。
弥勒といえばミロクライン。諏訪大社タケミナカタも、この北緯36度ラインに位置する。
ただのゴロあわせだと思うだろうか。伝説は迷信だと思うだろうか?
だいじなのは、伝説は「つながり(シンクロ)」を示すものだということ。
よもやお忘れではあるまい。御前崎港にMOX燃料が到着した5/18、二度目の震度3の反応を見せた「位山」も、ミロクラインにあることを。
どうやらあの地震には、諏訪の息がかかってたらしい。

フォッサマグナの東端(柏崎~千葉構造線)は、鹿島神タケミカヅチと、日本武尊・吉備武彦コンビがおさえている。
過激な変革をもたらすミロクラインのおもな勢力が、タケミカヅチ、日本武尊、オモイカネ、タケミナカタ、九頭龍。位山の両面宿儺は、なんせ両面なんでどっちにでもころぶ(笑)。その位山をめぐる攻防戦がおきてる風情がある。
そう考えれば、位山にマーキング(笑)した吉備タケちゃんが、天竜川の地震に遭遇した理由が見えてきそうな気がしない? 
天竜川は諏訪湖にはじまり、秋葉山をとおって太平洋に流れ込む。
ちなみに日本武尊は、天竜川をさけるかのように海路をとった。

御前崎には牧があったようで、駒形神社は馬を祭っていたという。
駒形神社を元宮とする白羽神社の祭神はヒコホホデミとトヨタマヒメ。
なんでここにもヒコホホデミって感じで、ま、やっかいな神だ。
去年の8/8の御食国地震から、どうもウラで主導権を握ってる。
北朝鮮も原発もふくめてね。
というわけで、浜岡原発でも、玄海(佐賀)、伊方(愛媛)につづいて、2010年にプルサーマル発電が開始される・・・。

今回もそうだけど、地域の情報をいただくたびにいつも思うことがある。
歴史のダイナミズムは、地域のつながりにこそある、と。
いきなり日本史や世界史の年号をおぼえたって、おもしろいわけがないよね。


☆羽

ふとテレビつけたら、「富士山頂」。
石原裕次郎二十三回忌特別映画とはいえ、なんでこの時期に?
浜岡原発の桜ヶ池は富士講の外八海のひとつで、これも富士につながる。
というか最近事象を追ってくと、いきつくふたつのポイントが北朝鮮と富士山なんだよね~。

さて、御前崎も白羽神社なわけだけど、柏崎刈羽原発と、志賀原発も、羽咋郡で【羽】。
刈られたのは白鳥の神・日本武尊の羽?
なんて書いたのが6/13だった。
で、6/17、福島県郡山市富久山町南小泉の桜橋のたもとで、100枚をこえるトンボの羽が見つかった。ま、これも桜ヶ池とおなじ【桜】川の桜橋。
南小泉は國祖神社。祭神が知りたい。
もちろんいくら桜つながりでも、羽つながりでも、富久山町に原発はない。
ところが・・・。
なんかあやしいと思ってしらべたら、富久山町南小泉って、柏崎刈羽原発とおなじ北緯37度25分だった。ってことはとうぜん、福島第一原発ともおなじ。つまりふたつの原発をむすぶライン上にトンボの羽が降ったわけだ。捨てられたのかもしれないけど。
桜川は阿武隈(あぶくま)川にそそぐ。福島第一原発は大熊町。この【くま】も、なんかありそう。
しかしよりにもよって志賀原発ラインでトンボの羽のニュースとは・・・。
トンボはアキツ。祓戸大神のハヤアキツヒメ? う~む。桜ヶ池の池宮神社はおなじく祓戸大神のセオリツヒメ。桜はセオリツヒメにもつながるんだよね。
ともかく上では、やっぱなんか戦ってるらしい。


☆七五三

火曜日は七夕の満月。なんかありそう?
月といえば、出羽三山の月山。去年、雄勝シンクロのときに書いた月山ラインのスライド現象として、2/25から山形県鶴岡市の七五三掛(しめかけ)地区で地すべり災害がおきている。まさに月山のおひざもとだ。
ちなみに千葉市長は鶴岡氏から【熊】谷氏へ・・・これは関係ないか(笑)。
七五三とかいて、「しめ」とよむ。去年の茨城南部地震の震源のひとつが七五三場(しめば)だった。そして、5/25の核実験と同じ日に、福岡ではじめて発生した豚インフルエンザが志免(しめ)町。
この【しめ】も、注目してるワードのひとつである。

  • [No Tag]

*Comment

鹿 

富士山近辺でも鹿が暴れているようです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1211721948&owner_id=20653861

6月26日の朝、富士宮市街地で大きな雄鹿が大暴れして街は大騒ぎだった。

29日午後8時すぎ、静岡県の山間部を走る大井川鉄道福用ー神尾駅間で2両編成の列車にカモシカが衝突した。
  • posted by まきひめ 
  • URL 
  • 2009.07/05 04:56分 
  • [編集]

トンボ 

はじめまして。
大量のおたまじゃくしが空から降るのも謎でしたが、大量のトンボの羽ってのも謎ですよね…。
最近、トンボについて調べることがあったので、何に関係しているのか、個人的に非常に気になります。
そもそも日本(本州)の古名が秋津島だから日本全体に関係するの?とか。
あるいは「勝ち虫」と呼ばれて武士に好まれたというあたりで、武士→八幡神絡み?とか。
本当に一体、何なのでしょう?現象も意味も謎だらけ。今後の展開に注目したいところです。
ちなみに、トンボについて色々検索していた際に引っかかった、このページが結構面白かったですよ。

ttp://ameblo.jp/seikuzi/entry-10184689087.html
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2009.07/05 18:35分 
  • [編集]

諏訪 

白の信仰を追っていたら、
諏訪湖から流れる天竜川流域で信仰される「天白様」が出てきました。
「天白様」のキーワードから、稲作以前の古層の神・ミシャグチ神に代表される土着の国津神々・瀬織津姫・月の輪に舞う女神 が出てきました。

~・u・~・u・~

新潟市や三条市には、諏訪神社が沢山あります。

推測なのですが、大和朝廷の  高志(越)の国  を制圧時に、信州の人々がかり出され連行された名残のように思われます。
連れてこられた信州の人々が、諏訪神社をお祀りしたのではないでしょうか。

新潟市では、渟足柵のあったであろう市の東側に多く諏訪神社が分布しています。
又、三条市は柵があったという伝えはないのですが、平野ということと信濃川河畔という地形から考えると、出羽遠征のための援護地として、食糧補給を目的とした大規模荘園があったのかもしれません。

p.sデビッドリンチ が自作の油絵を説明していた時、二項対立という言葉を使っていました。相反する存在を画面の中で統合したかったのでしょうか!?
くくり姫や両面宿儺的ですね~


  • posted by 木綿   
  • URL 
  • 2009.07/06 00:45分 
  • [編集]

まきひめさん 

月が細胞分裂をはじめてますね(笑)。
七夕の満月は雨でしょうか。

富士宮まで鹿が大暴れですか。
最初に目撃されたのが富士宮市の・・・これもトンボとおなじ小泉ってとこですよ!

「泉」名は安曇につながります。
竜の子太郎は泉小太郎で安曇の人。
小泉元総理のおじいさんはイレズミ大臣(笑)。
イレズミは安曇目。
ってことは、やっぱ
鹿も、トンボの羽も・・・。

大井川鉄道ですかぁ。
どうも糸魚川~静岡構造線が動いてるようですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/06 02:50分 
  • [編集]

Hollyさま 

はじめまして。

うしろに引かない。前にしか飛ばないから勝ち虫だそうですね。まるで関が原の島津です(笑)。

現場の【小泉】【富久山】【國祖神社】【桜】など、ワードを調べていくと、なにかとっかかりがあるかもしれませんね。
本文には書きませんでしたが、僕にはこれも富士につながるように思えます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/06 03:02分 
  • [編集]

木綿さん 

ほう、天白様ですか。
月の輪に舞う女神とはだれでしょう?

そういえばかぐや姫伝説は富士市。
諏訪から遠江、駿河。なんか最近この辺、南アルプス~富士が気になるんですよね。

渟足柵のときネズミが大移動してますよね。
このネズミが安曇って可能性もあります。
ようするに安曇野や北信濃の人たちです。

デビット・リンチは、そういうの好きですよね(笑)。
ツインピークスのホワイトロッジとブラックロッジもそう。
あれはインディアンのナワールとトナールだと思います。
対立して見えてもひとつなんです。
リンチの前世って、両面宿儺かもしれませんね(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/06 03:28分 
  • [編集]

十字 

糸魚川静岡構造線と中央構造線のクロスする交点に諏訪湖が存在していますね。


ちょうど一昨年の秋頃から糸魚川静岡構造線に注目し、2007年末に弥彦神社~糸魚川市の奴奈川神社、居多神社、気比神宮を廻りました。


そして2008年6月8日には秋葉山本宮秋葉神社に行きました。


諏訪大社には今の慌ただしい旅が一段落ついたら行こうと考えていたので、今回の記事には驚きました!


あと今回桜ヶ池が出てきたことが意外でした。

今から6年くらい前、僕が神社仏閣巡りを本格的に始めた頃、龍神の居そうな所ばかりを廻っていたのですが、そんな頃に桜ヶ池に行ったのです。


桜ヶ池は地元の方々がレジャーシートを敷いて弁当を広げるほのぼのとした憩いの場でしたが、池は神秘的な雰囲気でした。お陰様でとても懐かしい想い出が蘇ってきました(^-^)



構造線のクロスする諏訪湖に坐す諏訪大明神建御名方命の持つ役目は大きいと思います。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.07/06 21:13分 
  • [編集]

タケミナカタといえば 

吉田の火祭りは如何でしょうか?

ご存知かも知れませんがタケミナカタ様は富士吉田・山中湖まで来られたという伝承もあります。その時の迎え火が火祭りの始まりだったとか そうでないとか…。
富士山北側の浅間神社には諏訪の森があったり、山中湖畔には立派な諏訪神社があったりもします。

横のラインとしても面白いですね
φ(.. )
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2009.07/06 23:54分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさま 

大阪市此花区の事件も、crossでしたね。
あの事件、今回のブログにも関係する部分があります。

ヤマトヲグナさんの旅は、構造線も意識されてんですね。
秋葉山は中央構造線からはずれますが、ラインとしてはつながってます。ってことは、厚生省元官僚殺傷事件とも、大宮氷川神社をとおして、つながることになります。

桜ヶ池にもいかれてたとは(笑)。
最初の龍神の旅が、ヒトと地のエネルギーラインをおさえる旅だったのかもしれませんね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/10 22:14分 
  • [編集]

モノさま 

諏訪大社、戸隠神社、秩父神社などなど、富士にむかういろんな導火線がありますよね。

はたしてどの神がもちこむ松明が、富士の聖火台に火をつけることになるのか、興味深く、そして慎重に見守っています。

タケミナカタなら、やはり糸魚川・静岡構造線を使うんでしょうか。
地図を見ると、諏訪をまん中に、人という字になってるのがおもしろいですよね。
その「人」の片足が、富士に向いています。

富士五湖の中では、山中湖周辺がもっとも反応してます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/11 06:36分 
  • [編集]

人 

こんばんは!

「人」という字になるのが、面白いですね!!

古代中国では、奇数を尊ぶ思考があるそうで、

1・3・5・7・9
↓          ↓
天       地

間の3・5・7は、「人」を示すそうです。


又、「しめ なわ」を古語辞典で調べたら、
・清浄な区域を示す縄
・わらを左ねじにして三筋・五 筋・七筋ずつ端を出して紙垂などを挟む。
と、ありました。

今は、「しめ」の時なのでしょうか?

7/22の日食の日まで、身辺整理でもしようかナア~

いやさかの木さんは、7/22は、何か予定がありますか?
  • posted by 木綿   
  • URL 
  • 2009.07/11 22:02分 
  • [編集]

木綿さん 

そうなんですよね。
だから七五三のお祝いだし、詠んで気を整える和歌もまた五七調なんでしょうが・・・。
なんせ吉数が凶に転じる、その逆もありの時代なので、わけわかりゃしません。

注連縄は縄張りなので、もしかしたら結界はってんのかもしれないし、マーキングかもしれない。
もしかしたら新種のDNAを、神々が掛け声をかけあい、注連縄みたいに絞めよじりつつ、つくってたり・・・。

7/22は、とりあえず急病で倒れます。
で、仕事をお休みします(笑)。
さて、それからどこにいこうかなぁ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/13 02:21分 
  • [編集]

追伸・木綿さん 

7月22日は・・・。
吉備タケちゃんと22の山・富士にいきます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/17 10:20分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.07/18 01:12分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.07/18 03:33分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.07/18 10:50分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

いまのとこ当日だけなぜか笠マークですね。
笠って・・・江戸時代かいっ。
トカラや沖縄の方は晴れですが・・・。

あ、いいですね。
僕もアワの歌でいきたいです。

白山さま・・・だいじですね。
和合の光が見えるといいんだけどなぁ。

え?糸魚川って、まだ世界では認定されてなかったんですか?
認定されたら、もろ事象ですね(笑)。

日食見るゾ~ おうっ!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/19 10:20分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.07/20 04:39分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

笠をかぶり歩くおじいさん・・・粋ですね~。

意識しなくても、どこかで感じられてるんでしょうね。
そう、無意識の海で。
口寄せはどうだったんでしょう?

ほう、「マン イン ザ ミラー」「ヒール ザ  ワールド」ですか。
清志郎も・・・。
死してなおメッセージを送りつづける彼らはほんとすごいです。

富士の日食は、ほんとに印象深い旅になりました。
ひょんなことから三人の戦士(笑)が集い、ちょっとしくまれてたような。
そのうちブログに書こうかと思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/23 13:27分 
  • [編集]

NoTitle 

この記事、今読み返すと大変興味深いですね。
この放射能汚染された秋津島の行く末はいかに。
そろそろ諏訪も気になるかな。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.09/30 01:55分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

ありがとうございます。
ひさびさに読み返しました。
09年に大勢が決まってしまったカンジがします。

志賀神原発ラインに降ったトンボの羽は、
まさにアキツ島の汚染の暗示でしたね。

志賀神がカグツチを丸め込んだのなら、こんご原子力と火(戦争)はとなりあわせってことだし・・・。
戦争じゃなくて事故でした。ま、一部に兵器って話もありますけど。

北アルプスでも震度4が。
たしかに諏訪がブキミなくらいおとなしいです・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.10/06 21:27分 
  • [編集]

原発とニュートリノ実験 

はい。長野北部で発振しましたね。

放射能関連情報漁ってたら、ニュートリノ実験が地震等の天災を誘発するのではないかと懸念するコメントを見かけました。
なんでも、柏崎刈羽→岐阜神岡(カミオカンデ)←東海村J-PARC のラインでニュートリノ砲というか、ニュートリノ打ち込み実験しているんだそうな。
兵器とも関係するのかもしれません。防大が加わっているらしいから。
(記事をナナメ読みしただけで裏取り確認作業はいたしておりません。悪しからず)

  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.10/07 19:12分 
  • [編集]

Re: 原発とニュートリノ実験 

「T2K実験では、2010年1月の本格的な実験開始から2011年3月11日の東日本大震災による加速器施設の停止までの間に取得した全データを解析したところ、スーパーカミオカンデ内で総計<88>個のニュートリノ事象を検出。この内、<6>事象で電子の生成が検出されたという」

T2K実験で検索して見つけた記事です。
ニュートリノ版88事象っスかぁ(苦笑)。
こんな実験してたなんて、僕ぜんぜん知りませんでした。
検索でヒットしたんだけど、すごいですね「つながってるこころ」さん。
すごいアンテナはられてる。
なぜこれほど浅い地震が多発するようになったかって疑問は、たぶん多くの方が持ってると思うんですよね。
この方面追ってみたいと思います。
ありがとうございます。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.10/10 20:58分 
  • [編集]

あかとんぼ 

そうそう、そちらのサイトですよ。
ニギハヤヒの筋のお方のようで。
とりあえず検索してみますと、K2KにT2Kという実験。ニュートリノビームはつくばと東海村の2箇所ありますね。
検出器がカミオカンデにカムランド。
先のコメントでは柏崎→神岡にも発射?と書きましたが、発射ではなく原発から放出されるニュートリノを拾うのですね。勘違い失礼しました。

追記;何の気なしにサーフィンしてるうちに、いやさかさんの「塩の道、トンボの羽」の記事と詩人さんの「天皇・・・」という記事がリンクしちゃったんです。
ttp://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-7898.html

陰謀論も行きすぎると妄想になるが、気配はやはり感じますし。ギリギリの線が難しいところですが追って見て下さい。探索記事期待いたします。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.10/11 01:26分 
  • [編集]

Re: あかとんぼ 

可能性としておもしろいと思うんですよね。
陰謀説はべつとして、興味をひかれます。

地震兵器や気象兵器の存在を僕は否定しませんし、世界は陰謀に満ちています。
ただ東日本大震災がそうかといわれれば、ではなんのためにという理由がわからない。
その説明がユダヤの陰謀では・・・。
また、あの大震災は突然おきたわけじゃなく、過去の異常の積み重ねで発生したものです。

陰謀といえば、僕には日ユ同祖論や騎馬民族説の方が陰謀に見えてしまいます。
王仁三郎を語ると、ふれないわけにはいかないわけですけど、こちらのスタンスが崩れるので極力さけています。

赤とんぼといえば、うちはグリーンコープの赤とんぼって米を食べてるんですが、産地が島根県なんですよね(笑)。
自分のでせいいっぱいで、他の方のブログにはあまり目を通せないのですが、もしかしたら「つながってるこころ」さんのブログとつながってるのかもしれませんね。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.10/15 18:09分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/158-0e2b7da1

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム