神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

描かれたフォッサマグナ


筑紫(つくし)は王道は歩めない。
そういうフィールドじゃないし、タイプでもない。朝鮮半島に近すぎるからだ。
神功皇后の半島遠征が筑紫にもたらした経済効果は大きい。
それがのちの筑紫国造・磐井の乱につながる。
先月末から今月初めに北部九州を豪雨が襲った。磐井が制圧した範囲に重なる。
去年の筑紫事象で、【鷹】(ホークス)の王の退任と、筑紫国造磐井の地震にバックアップされて誕生した麻生炭鉱内閣。案の定、北朝鮮の反応をじゅうぶんに引き出し、鳩ポッポ兄弟の台頭を演出し、アデン湾(エデン?アダム?)に戦後初めて、「死体安置所」が設けられた護衛艦を派遣。
9さまに、9の鳥、憲法9条(および自衛隊法82条)、ついでに「ドラクエⅨ」って9筑紫(9づくし)の中、そろそろ前座の役目もおわりなのか。
衆院解散は7/21。皆既日食の前日ってとこが笑える。
身辺を整理して日食を迎える・・・つまりミソギ。いまもむかしも人は変わらない。
7/14、総理とおなじ福岡出身の古賀氏が選対委員長を辞任表明。磐井の乱のあと、息子の筑紫君葛子が献じて死罪をのがれたのが、糟屋屯倉(かすやのみやけ)。その田淵遺跡は、福岡の古賀市にある。
糟屋といえば、豚インフルエンザの九州初上陸が糟屋郡志免町だった(5/25の核実験当日)。例の【シメ】だ。あの志免には、麻生内閣のシメって意味もあったんだろう。

おなじ7/14、衛星画像に気になる動き。
動画じゃないとわからないかもだが、塩の道をふくむフォッサマグナの糸魚川・静岡構造線全体から雲が塩のごとく噴き出した。列島まん中あたりのかたまりがそうだ。

200907140130糸魚川静岡線
< 2009.7.14.1:30 気象庁 >

動画で見ると、現象の中心は、おそらく北アルプス(飛騨山脈)の穂高。
阿曇氏の祖神で、6/27奈良県明神岳の震度3の穂高見命である。
その妹(娘)婿は、諏訪のタケミナカタ・・・。
ちなみに火火出見尊(ホホデミ)を穂穂出見尊と書くように、穂は火(ホ)でもあり、火高見とも書ける。
大阪市此花区の放火犯の名は高見。火と高見。

北アルプスからわかれた雲は、やがて柏崎・千葉構造線上にかかる。ちとおぼろげながらも、フォッサマグナが表現されている。

200907140600フォッサマグナ
< 2009.7.14.6:00 >

「雲の渦巻き」がそうだったように、こういう意味深な雲の動きは地震をともなう。
夕方、新潟県上越市安塚区を中心に、震度2。

200907141631上越地震

たぶん今回の反応は、7/8のこの衛星画像とも関係してるんだろう。

200907081300.png

フォッサマグナは、日本列島を縦断する巨大な地底の溝。
その西端が糸魚川・静岡構造線で、東端が柏崎・千葉構造線。
北アメリカプレートと、ユーラシアプレートの境界(堺)だと考えられていて、プレート間のせめぎあいのせいか、中央に富士火山帯が形成されている。
以前、吉備武彦(吉備タケちゃん)の越国(新潟)侵入路のときに書いた、新潟県上越市安塚区の震度4と妙高の震度3は、富士火山帯の北の端にあたる。
妙高山、草津白根山、浅間山、八ヶ岳、富士山、箱根山、天城山・・・。
神話のみならず、科学的にも富士山につながるわけだ。

その富士山で、7/13に落石事故。
5合目駐車場のキャンピングカーを3トンの石が直撃した。
大分県「十文字原」に近い日出JCのバス事故とおなじく、なくなられたのは奈良(大和)の方。来年の遷都1300年祭を待たずに、奈良が目立ってからみはじめてる。
偶然なのか住吉は筒之男三神。男性は筒井氏。生駒郡三郷町は龍田大社。天御柱命と国御柱命。あわせて龍田風神。
そして生駒といえば、神武東征軍は生駒山をこえようとして、ニギハヤヒの腹心ナガスネヒコの軍に大敗し、兄の五瀬命を失った。

神武東征事象にともない、フォッサマグナが反応するのは理解できる。
糸魚川・静岡構造線は、糸魚川市の青海にはじまる。青海神社は大和国造と同族の青海首(あおみのおびと)にゆかり。柏崎・千葉構造線の柏崎市にも、青海川の地名がのこっている。
神武東征のとき海人・椎根津彦が水先案内をする。この椎根津彦の子孫が大和国造であり、青海氏だ。岸和田市などの和田(倭太)地名も、椎根津彦系の海人。
「青」「白」「赤」のトリコロール地名は、基本的に海人地名といえる(「勝」は八幡系)。塩の道の南アルプス赤石山脈もそう。これは明石に対応する。
此花区のcrossニコニコは、明石の塩と相良の塩をむすぶラインにある。
塩は海人が納めた税金。お清めの塩でもある。

天孫降臨、神武東征、神功皇后の半島遠征・・・この国の変化のときには海の神々が動く。国の変化は列島自体が変化したがっているとき。ただし、海にかこまれてるからじゃない。日本列島の屋根である南北アルプス、信濃の山々を、海の神々が占めてるから動くのだ。


7/22の日食は、千曳の岩がひらかれイザナミが黄泉がえる。
イザナギとイザナミの和合が本格的にはじまる。
それは天照大神の岩戸びらきでもある。
神武と「三種の神器」の東征もあいまって、「十種の神宝」と空見つ事象も活発化。15日、こんどはイランのカスピアン航空機がガズビン州で墜落のニュース。
つづいてニュージーランドでM7.8の巨大地震。これはマトリックスクロスか?
13日には、大阪の箕面市で「みのお9条の会」の憲法活動家の詩人が、交差点でのトラブルから殺人未遂容疑で逮捕されている。名は多賀宏という。
多賀はイザナギとイザナミ。
【十】は父なるイザナギと母なるイザナミのクロスでもある。
交差点も十字路。
みなさん、くれぐれも「十」「クロス」にはご注意を! あと「9」にも。

そういえば、5/31エールフランス事故機に乗りおくれて命拾いしたイタリアの女性が、翌日オーストリアで自動車事故にあい五日後になくなったそうだ(オーストリア通信)。
こういうのってなんなんだろう・・・。
7月後半、JALで福岡に帰省する。
僕の実家は志免(シメ)じゃないが、糟屋ゆかりの阿曇ファン。
筑紫事象に取りこまれたら・・・ま、それはそれでしょうがない(笑)。

  • [No Tag]

*Comment

ナインですね 

まさにシンクロです。
9,きています。
特に昨日、ナインスゲートのdvdを借りようと、メモしたり、八神を九鬼文書のサイトでみていました。八神(カミド)プラス中心の神祖(カムト)で9神、九鬼が、まさしく鬼=カミ、クカミ
1Q84の9をQにおきかえている。
ドラクエⅨのストーリーも天使ですね。
ナインはサイン。
9は上昇する蛇、イエスの数字とも言われるようですし、9+13=22(日食)
22を超えていく
天城越えですね。

又、糸魚川には、少し前から注目していました。
ほたるの生息地も糸魚川で、西、平家、東、源氏となわばりがあるようなので、
東征のネックかもしれませんね。
日本は世界の雛形と言われますが、アレクサンダーが、東を目指して、東征してきた時もあきらめたのは、日本でいうこの辺になるのでしょうか?

フォッサマグナは、そういうことですか?この前から、裂け目って、いうのがきていて、なるほどっと思いました。

いつも、素人コメントでお騒がせします。

また、語呂合わせですが、この認証数字 1490で、いーよ9 でした。
  • posted by IS@ 
  • URL 
  • 2009.07/16 10:07分 
  • [編集]

NoTitle 

8/22、この日は9年前に他界した実父の祥月命日なんですけど、おもしろいツアーみつけたので申し込みました。
神戸から船に乗って翌朝門司港へ、そこから山口へ戻りSLやまぐちで津和野まで。
帰路は石見・萩空港から伊丹へ戻ります。
海と空、そしてSLで中国山地を越えて古代に思いをはせたいと思います。
その頃日本はどうなっているのでしょうね。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2009.07/16 14:12分 
  • [編集]

IS@さん 

いーよ9 ですか。きてますね~。

北海道のトムラ「ウシ」山の遭難事故では、19人のツアーのうち、9人の無事が確認されたそうです。
トムラウシって、なんかあったよな~とブログ内検索したら、去年の筑紫事象のとき、日鷹で紹介した日田の地震の前日9/2に、震度1~2の同時多発地震があったんですが、そのうちのひとつでした。
この同時多発地震の共通項は「山」。長野の御嶽山、熊本の阿蘇山、宮城の焼石岳、岐阜県下呂の金山巨石群、そしてトムラウシ山・・・。

前回のコメントで二子玉なんていうもんだから、きのうゆれましたね。神奈川県西部で震度3。気になるのは多摩西部震源の震度2で、震源が120kmと深いです。フォッサマグナの富士火山帯の外郭・関東山地に直結する地域だけに・・・。

天城越えが「石川」さゆりというのもおもしろいですね。
おたまじゃくしとつながってるんでしょうか。
おたま=勾玉は9のカタチだし。
糸魚川のホタルのなわばりって興味ありますね。
ちなみに日本アルプスの地盤が固くて、モグラは穴ほれません。
東と西じゃ、モグラがちがうんだそうです。
歴史も生態系と、おんなじです。

サル秀吉の大坂城の天守閣のいちにかつてあったとされる生国タマ神社。
生島、足島神はモグラの親分です。
もちろん諸説あるでしょうが、僕はまちがいないと思っています。
そういうとこのcrossです。
正直僕は、ナマズよりモグラの方がキケンだと思います。

アレクサンダーのことはまったく考えてませんでした。
たしかペルシア語では、イスカンダルでしたよね。宇宙戦艦ヤマトとおなじ(笑)。
なるほどそうかもしれません。
ユーラシアと本州はどういう対応になるんでしょうね。
チベット高原や周囲のヒマラヤ、天山山脈が長野なんでしょうか。
だとしたら、ウルムチは塩尻?

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/17 12:06分 
  • [編集]

うららさん 

ひと月後の旅・・・。
またなにかありそうですね。
神功皇后っぽくもありますが、石見ってことは柿本人麻呂だったりして。
萩から伊丹って、なんなんだろう?
石見銀山にはいかれるんでしょうか?
今年は広島の友人のとこに寄れないので、出雲も石見もナシです(TT)。

ウズペキスタンもそうでしたが、うららさんの旅日記を楽しみにしてます。
そしてカザフスタンの幻日環もそうでしたが、旅のあとで、なにげなくくださる情報がまた、楽しみなんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/17 12:37分 
  • [編集]

NoTitle 

まさにうしとらで、丑虎、北海道ですね。丑虎の金神が、暴れているのでしょうか?なので、金の事象が現れてくるのですかね?丑虎は、表鬼門、男、イザナギ、裏鬼門の猿羊に移行するのでしょうか?丑虎は、アマテラスなので、日食を前に暴れているとも考えられますが、猿羊は、乙姫とも縁の深い海洋神に関係ありますね。ひるこですか?

この前、空を見たら、ねっという文字が浮かび上がって来て、自分の手も浮かんできました。その手の先から、あがってきたのは、麒麟みたいな鵺でした。麒麟は鳥を食うのでしょうか?
ね=根で、
金神=根神です。
根の神、イザナミが、上がった方がいいのか、封印していた方がいいのか?

石見銀山に金塊があるのでは?
銀に金って、きんさんぎんさんでは、ないですが、ダミーみたいな、多分、世界遺産なので、検証できないでしょうが、
だから、世界遺産とかにするのでしょうが、

にこ玉、そうでしたか?だいぶ前から、双子っていうか、双頭が、気になっていて、やまたのおろち(邪馬台国のおろち)って、双頭では、ないですよね?
ついでにすみません。辰巳の位置は、巳なのに、なぜ、スサノヲなんでしょうか?

すみません。変なことばかり書いて
  • posted by IS@ 
  • URL 
  • 2009.07/17 21:08分 
  • [編集]

IS@さん 

> トムラウシは花の多いところを意味するそうですね。
> これも此花区とおなじで、サクヤヒメにつながります。
> 北海道の中心の大雪山に、皆既日食の本場で、未申の方向にあたる南西諸島、トカラ列島がどんな対応を見せるのかが見モノです。
> 予報では、あちらだけ晴れのようですが・・・(TT)
>
> 「ねっ」ですか?
> 麒麟みたいな鵺って・・・(^^:
> イザナミは出てきてくんなきゃこまるんですが、
> たいせつなミソギがなされてないんですよね。
> これって、僕は大きいと思います。
> すなわち両陛下の真珠湾ご訪問です。
> 麻生さんでさえミソいで日食迎えるのに、
> 真珠湾訪問がテーマだったはずなのに・・・。
> 宮内庁はなに考えてんでしょ。
> 僕らはミソがずに、日食を迎えることになります。
>
> 銀は、金+艮ですよね。
> 辰巳の位置がスサノヲというのはよくわからないんですが、
> 大物主はヘビだし、
> スサノヲはヤマタノオロチを祭るという大きな過ちをおかしていますね。
> それがオオナムチの出雲国ゆずりの話しにもつながってきます。
> そこら辺とは関係ないんでしょうか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/19 10:07分 
  • [編集]

NoTitle 

MIXIの日記で紹介させていただきました。

それから、16日の朝は金色の夜明けでした。きれいでしたよ~~

東金の地盤浮き上がりは九十九里浜で99ですか?
昨日鹿児島で大蛇(ハブ)が見つかりました。
なんだか、あれもこれも、事象を示しているようで・・・
  • posted by まきひめ 
  • URL 
  • 2009.07/19 16:34分 
  • [編集]

まきひめさん 

ありがとうございます。
ほぼおなじ時間のコメントだったんですね(笑)。

東の金と金色の夜明け・・・。
九十九里と九十九島は気にしてるんです。
柏崎・千葉構造線は、千葉から東京湾にぬける説と、九十九里にぬける説があります。
千葉北東部と北西部の震源地帯で、どちらもよく反応します。21日にも市内のおゆみ野で震度2。
東金は北西部で、去年の筑紫事象の母子事件の直後に、やはりいたましい事件がおきました。
126号でうちとつながっている地域でもあるので、地盤の変化はヤですね。
東京の浅草寺でも、十数枚の敷石がとつぜん音をたてて隆起する珍事があったようです。
これが関東各地でつづけておきるようだと、備えが必要かもしれません。

鹿児島の大蛇(ハブ)は検索でひっかからなかったのですが、
どこなのかすごく気になります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.07/23 13:07分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/161-b94acc9e

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム