神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

帰郷


暑中お見舞い申し上げます

2009-07-27_15-54.jpg in太宰府天満宮

じつはいま福岡にいる。豪雨は去ったが、いまだ梅雨空。
今年は恒例の鹿家の海にいけなかった(T。T)
かわりの宇美(うみ)八幡だったのかな?
帰郷と事象が重なるって読みは、不幸にも的中。ただ、24日の予定が1日ズレたのは幸いだったかも。7/25(土)はマヤ暦の“時間がはずれた日”。さすが時空のエアポケットだけあって、豪雨は中休み。
マヤ暦新年にあたる翌26日には、大宰府市、大野城市、糟屋郡を中心にふたたび超豪雨。
大宰府市の3日間の総雨量は618mm。年間雨量の3分の1にあたる。福岡各地は軒並み観測史上最高をマークした。
この豪雨災害で、九州の大動脈・九州自動車道が大宰府IC手前で寸断。土砂くずれで埋もれた車から発見されたのは、熱気球の女性単独滞空時間世界記録ホルダーの井上水子さんご夫婦。とても残念だ。火と水の調和を空で巧みに表現される方が、土に埋もれるなんて・・・。

大阪市此花区の放火事件で示された「cross」は、十字を調べなさいってメッセージでもある。なるほどスゴいクロス。現場は北緯45度5分。このラインには、神武天皇の生島足島神祭祀(大坂城)、神武軍がナガスネヒコの軍に敗れた生駒山の孔舎衛坂と退却した草香津。そして平城京。春日大社などなど・・・。神武東征から平城遷都1300年祭にいたる、事象の流れのまんまだ。
ちなみに神武軍はまず「龍田越え」ルートで大和を目ざす。この龍田大社があるのが生駒郡三郷町。7/13の富士山落石事故は、この町の方だった。
春日大社は東国三社トライアングルに直結する。ミサキは鹿島神宮とおなじ【鹿】。
また「此花」が【梅】であるように、菅原道真が暗示されるラインでもある。
北部九州に被害をもたらしたのも、梅雨前線だ・・・。

今回の福岡の事象には、象徴的なふたつの流れがある。ひとつは火雷天神の道真と、神功皇后&応神八幡。もうひとつは、イザナギのミソギと神生み。
21日に豪雨被害があった山口県防府市を代表するのが、防府天満宮と周防国一宮の玉祖神社。防府天満宮は大宰府天満宮とともに日本三大天神であり、玉祖神社は神功皇后にゆかり。福岡には神功皇后が応神天皇を産んだ宇美八幡宮があり、いわずと知れた大宰府天満宮がある。24と26日の記録的豪雨は、日食をはさんで防府とつながっている。逆にいえば、日食は事象の流れを変えられなかったってことだ。
宇美八幡宮のご神幸は、井野(いの)山の八幡産宮にむかって行われる。このルートを横切るのが九州自動車道。これも「9」だ。
九州自動車道は、井野山と乙金山の間を通って大宰府ICに向かう。土砂崩れは乙金山のすそで起きた。井野は「猪」? そして「金」・・・。
神功皇后の神幸ルートを横切る自動車道が、その目と鼻のさきで、土砂に横切られた。しかも他ならぬ大宰府の手前で・・・。
ちなみに、5/25に豚インフルエンザが九州初上陸した志免(しめ)は、糟屋郡宇美町と福岡市博多区の間にある。

7/22(水)の悪石島の雷雨は、僕にはイザナミの黄泉がえりに思える。神話では、イザナミの骸には八雷神がまとわりついてたという。
26日、福岡市民の水源のひとつ那珂川町(なかがわ)の南畑ダムの貯水率が140%をこえ、決壊の危険性が高まった。放水すれば那珂川が氾濫し、天神、中洲、博多といった市の中枢機能がマヒする。でも豪雨がつづけば、ダムは確実に決壊する。究極の選択だ。現場はさぞドラマチックだったろう。
24日からの雨とはいえ、実際の降雨時間は1日に満たない。つまり今後、たった1日でダムが決壊する可能性がでてきたってことだ。福岡だけでなく、全国にである。

この那珂川というのは、黄泉の国からもどったイザナギがミソギをした伝説の川。そのミソギでたくさんの神が生まれた。住吉三神もそうだ。博多区にある筑前国一宮・住吉神社が、われこそは元祖と主張する理由も、このイザナギ伝説にある。境内入り口にはミソギをした場所もある。

住吉 天津神社

いまではこぎたない池だけど、往古の住吉神社周辺はこんな感じだった。

博多古地図

地図上部のこんもりしたとこが住吉神社で、その上が那珂川。福岡市の中心部はほとんど冷泉津の海のなか。

住吉神については、日本武尊に祟った鹿神(神坂峠)や此花区の事件でも紹介した。その流れと、皆既日食の悪石島の事象が混じりあい、「那珂川」を表現した。ある意味、神話どおり。だけど・・・和合だってのに、逃げちゃダメでしょイザナギさま(TT)。これじゃ単なる神話のくり返しですって。
今回の変化が、過去5000年間にくり返されてきたお約束の焼き直しならそれでもいい。でももし、人類の文明周期の終焉とあらたなる始まりを意味するならば、4/5神武東征地震以後の流れは、イザナミの反動のカタストロフィを生みかねないと、僕は思う。
両者のバランスをとり、穏やかな和合にいたるためには、僕的には両陛下の真珠湾慰霊のニュースがどうしても必要だったのだが・・・。


26日、九州自動車道の福岡~大宰府間寸断のニュースを見て、つながなくちゃと思った。
翌27日、宇美八幡宮から大宰府天満宮へ、嘆願の旅。
といっても、ことし妹と甥に子が生まれ、妹の長男が入学試験に合格したので、この日はハナから皆でお礼参りの予定だったんだけどね。
最初の写真はそのとき撮ったもの。ほかの神社でも、なぜか黒揚羽が案内役だった。
28日は産土さんの警固神社と若宮神社。住吉神社と志賀海神社に嘆願。
住吉神社は来年2010年に、25年に一度の遷座祭を迎える。
27日午後2時ごろ、群馬県館林市で竜巻が発生。車30台と240棟が損壊。
館林市には楠木正成の首を埋めたという楠木神社がある。
事象に関係する神社は、かならずといっていいほど境内に興味深い配置やワードが見られるもの。住吉神社もそうで、本来つながってた天津神社(イザナギ)と西門の鳥居(写真)の参道は、道路で分断されている。信号を渡らなくちゃいけない。天津神社の石碑の上に鳩ポッポがず~っととまってこっちを伺ってたのが印象的。「イザナギはわれらがもの」っていってるみたいで、やなカンジだ(笑)。

住吉2

本殿の横には摂社四社がならんでいて、船玉神社・志賀神社・人丸神社(柿本人麻呂)そして菅原神社(道真公)。さらには大楠、クスの大樹。鹿と牛のならびに、大楠とは・・・。
南北朝時代の南朝は住吉にゆかりで、楠木正成は大楠公。
群馬の竜巻の事象的発信源を見た感じがして、ちとぞっとした。
ちなみに筑紫落ちした北朝の足利尊氏が再起したのが、博多の戦いである。

僕の祈りなど屁のつっかえにもならないことはわかってる。でも今回はどうしても、穏やかなる和合を祈り願わずにはいられなかったのだ。

  • [No Tag]

*Comment

北九州 

北九州の雨はいまだとどまるところを知りませんね・・・。

僕はちょうど北九州に豪雨が降った日(24日)の前夜に九州を出て下関に泊まりました。


宇美八幡宮や太宰府天満宮は大分県の中津に泊まった23日の晩に気になったところでしたが、今回どうしても英彦山と高良大社に行きたかったので断念しました。


そして23日の夕方に博多の住吉神社をお参りして下関入りしたのです。


当然ながら、翌朝下関の住吉神社にもお参りしました。


大雨が神功皇后ゆかりの地である北九州、山陽地方に集中しすぎてますね。なんとか早くこの激しい禊が終わってほしいのですが・・・。


ちなみに下関の住吉神社の後に一気に大阪へ行き、住吉大社にもお参りしました。


翌日25日は石上神宮、神武天皇陵、橿原神宮、神功皇后陵、最後に息長氏本願地の山津照神社にお参りしました。ここでは非常に不思議なことがあったので後日自ブログに書きます。

僕が今回行けなかった宇美八幡宮、太宰府天満宮、志賀海神社をいやさかの木さんがしっかりと抑えて下さった事はさすがだと思いました!


北九州の雨はいまだ予断を許さない状況ですが、いやさかの木さんのご無事をお祈りいたします。
  • posted by ヤマトヲグナ 
  • URL 
  • 2009.07/30 07:55分 
  • [編集]

生涯ではじめての水の怖さ 

文春に、豪雨の被害写真が掲載されていて息を呑みました。取材した写真家の方々も、生涯でこんなに水が怖いと思ったことはないとそろって激白。いやさかさんの現地巡礼レポートとあいまって、リアルな現実が伝わってきました。

思いを込めたことで無駄なことは何ひとつないと思います。
イザナギとイザナミの対話があらゆる場面で少しでもかなうよう、祈ります。

  • posted by OTO 
  • URL 
  • 2009.07/30 13:32分 
  • [編集]

蝶 

蝶(超)、うける~では、ありませんが、こちらにお邪魔すると毎回、シンクロで、ぷっと笑ってしまいます。今日は、画像の蝶で、笑ってしまいました。ここ一月、ベランダ前の木に綺麗なブルー(緑がかった)の蝶が、来まして、写真に撮って、日記に載せようと思い、カメラを向けますも止まりませんので、良い写真が、撮れません。昨日、お香を買いに入ったお店にちょうど、それと同じ蝶の飾りが、あり、購入しました。マグネットでパソコン近くのラックにつけています。

那珂川町(なかがわ)ですが、うちの主人の出身が、高野山と和歌山市の間にあり、那賀郡と言いなかがわは、今、私が、住んでいる、かながわに似ています。

熊野へ行くという方が、最近、私の周りに多く、私は、和歌山から、東征しましたが、東へ西へですね。
熊野や高野山から、和歌山に住んでいる時、障害のある知人に頼まれ、高野山にある神社に行ったことを思いだしました。高いところにある神社で、境内まで行くのが大変でした。足が悪い人をうちの夫は、途中から背負って上りました。昨日、その神社を調べておりましたら、神功皇后に関係あるようです。自分の名前に功が、あるため、この人は、他人のように思えません。

最近、一つ目と隼人がきているのですが、大阪で、発生したエスカルゴもかたつむりで、片目つむりやかんむり、カタカムナなどと、結びつけています。冠は、草冠で、十字(クロス)二つですね。私の手の神秘十字線が二つ並びだしました。これで、ちょんちょんつけば、旧姓の竹になります。

一つ目がきていると友人にメッセしたら、友人がご主人と取った覚えのないニュートリノのビデオを見て、その内容は、戸塚さんという科学者が、ガンで、脳にもガンが転移して、その時に、幻覚のようなものが浮かんだのですが、それを彼が書いた絵が 一つ目の宇宙人のような絵だったのという内容のようで、驚いてました。 私が、その前日、友人夫婦の夢を見たのも偶然では、ないと思います。

隼人と来ていたら、野球、神奈川代表が、隼人高校になったし、市原隼人が、猿のドラマに出演しています。はやとは、はとやで、鳩は、政治にも繋がったり、八幡にも繋がると思っていたところです。

いつも散文で、すみません。お邪魔しました。

  • posted by IS@ 
  • URL 
  • 2009.07/31 12:01分 
  • [編集]

ヤマトヲグナさん 

ありがとうございます。
無事に帰ってきました。

天の安河、天岩戸神社ではすばらしい日食体験をされたようですね。
富士山でも、ちょうど最大食の時間に上空の雲が割れて、青空に太陽がかがやきました。
77%なので、暗くなることはなかったですが。

23日に住吉神社ですか。僕は5日後。地球全体を考えたら、すごいニアミスだなぁ(笑)。
筥崎宮には行けたんですが、どうもいく気にならなかったですねぇ。
子どもときからお世話になってるお宮さんなんだけど・・・。

今日は神戸ですね。
たしかに西日本では、去年から神功皇后ゆかりの災害や事故が目立ちます。
これに天満宮がからむわけだから、鳩と牛・・・それに猪。
イランの核に、井野山、さっきニュースでやってた長崎の水の事故も、伊野さんという方。
去年は出雲から出た雲が北陸や神戸にもいったけど、今年はちとちがうようです。

イザナミと出雲の今後の動きが気になるところです。

息長氏がらみでとても不思議なことがあったとのこと。
ブログ楽しみにしています!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.08/02 18:49分 
  • [編集]

IS@ さん 

ほんとに、蝶シンクロですね(笑)。

ああ、なかがわって、かながわなんですねぇ。
こういったアナグラムは事象的によくあるんで、あなどれません。
しかも隼人とは。。。

一つ目の天目一箇神は、鍛冶神で、神功皇后の父方の息長氏が奉斎したといわれますね。
大阪のカタツムリもその線があるのかもしれません。
で、神功皇后の子の応神は八幡と同視され、八幡といえば鳩。
この鳩の天敵が隼です。
大和朝廷は対隼人政策として、豊前豊後の八幡系住民を、隼人の土地に入植させます。
つまり鳩vs隼ですね。
第二次世界大戦では、連合軍の伝書鳩が大活躍します。
鳩がいなければ、ノルマンディー上陸作戦は成功しなかったんだそうです。
で、ドイツ軍が、伝書鳩撃退にもちいたのが隼です。
鳩の事象に対抗するように、近ごろ隼が見え隠れしてるんです。
(市原隼人もそうなんですが)
そんなときに、横浜隼人高校ですか。
きましたね~。鳩(八幡)高校はさすがにいないのかな?
試合がおもしろそうなんだけど(笑)。

今年はご存知「9」の年で、野球は「玉」だし「9(ナイン)」ですよね。
WBCもそうでしたが、今年の野球は事象の宝庫だと思います。
高校野球では、横浜の隼人とともに静岡の常葉橘に注目したいです。 日本航空石川も、よくわかんないけどおもしろそうです。

エジプトでは、隼はホルス。
冥界のオシリス神の子ですね。
冥界といえば、イザナミ。
黄泉がえりと、なにか関係あるんでしょうか。

旧姓が「竹」さんとは・・・!
身内ネタで書けませんが、ほんとシンクロしてて笑ってしまいます。

十字線が二つ並びで、竹。
竹が二つで竺。
猿のドラマがなにかわかんないんですが、
天竺といえば、孫悟空ですよね。
そして筑紫事象の筑紫は、竺紫(つくし)とも書くんですよ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.08/02 20:03分 
  • [編集]

暑中お見舞い申し上げます 

福岡も、大雨以来、異様に涼しいと聞いていますが、やはりそうですか?
大宰府、懐かしいです。僕も帰省すると、極力、お参りするようにしています。
僕の故郷は、柳川市の隣町の大木町です。
  • posted by prism11 
  • URL 
  • 2009.08/03 21:20分 
  • [編集]

prism11 さま 

僕がもどったのは30日なんですが、東京が猛暑に感じられました。
滞在中は冷房いらずでしたよ。
7月は日照時間が全国的に不足してるので、影響が出なければいいのですが・・・。

大木町といえば、去年の筑後の地震に近いですね。
太宰府天満宮は大雨でにごった池の水をぬいて大そうじしてましたよ。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.08/05 19:19分 
  • [編集]

暑中お見舞い申し上げます(ギリギリ?) 

ここ近年、毎年『観測史上…』という言葉をよく見たり聞いたりしますが、特に今年の夏は考える間を与えないほど次々と色々な天災人災・事件事故等が起こりますね。

単に私が暇人だからそう感じるだけでしょうか
(´・ω・`)?

まるで神様が『もう人間の都合や言い訳には構ってられん。』と(怒ってはないけど極めてクールに)仰っているように私には思えてしまいます。

決して悲観的な意味ではなく、『前に進まなきゃいけないから~、よろしく~
(・ω・)/ 』という感じでしょうか…。
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2009.08/07 16:17分 
  • [編集]

モノさん 

もう空が秋してるような(^^;

つぎつぎと起きすぎて、ブログがまとまりません。
おしりをひっぱたかれてるのか、
これでも気づかない?
これでも・・・?
って感じなのか・・・。

ともかくだれかさんの喩えをかりれば、
僕らは壊しながら作り直される家に、倒れてくる柱や、落ちてくる屋根瓦を避けながら住みつづけるしかないわけです。
でもこれはあくまでリフォームなんですよね。
再生なんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.08/07 21:14分 
  • [編集]

劇的 

〇フォー・〇フターのように最後に『まぁ!何とゆう事でしょう!』と…皆で感激の涙を流すのでしょうか
\(〒_〒)/

住み慣れた我が家が壊されていくのは悲しいですが…。
リフォーム(再生)ですもんね!
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2009.08/07 23:23分 
  • [編集]

Re: 劇的 

僕らの中身もリフォーム状態。
内と外がつながってるのなら、すべては僕らしだいってとこなんでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.08/09 12:37分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/163-7e88c955

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。