神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

308と119 (Ⅱ)


☆308と119

2009/8/30の第45回衆議院総選挙は、民主党308議席、自民党119議席で、民主党の歴史的圧勝におわった。解散は7/21。投票率は69.28%。前回の第44回(小泉郵政選挙)は、伊勢神宮式年遷宮開始年の2005/9/11におこなわれ、解散は8/8。ともに意味深な数字がならんでいる。
8/30をならべかえると308。9/11は119。44回は「8」。45回と7/21は、それぞれ足すと「9」になるのがおもしろい。全体として海神の「3」、八幡と出雲の「8」、鳩ポッポの「9」、そして和合をみちびく「11」が目につく。
8と10をつなぐ9の鳥、鳩ポッポ・・・。
異常な小泉人気のゆり返し(=積年の恨み)もあって、9の年にぶじ鳩ポッポ政権が誕生した。神々の計画は、おおむね順調ってことか。「9」は九頭大蛇や九尾の狐にも転じるとこが、ちと気になるんだけどね・・・。

小泉という名は古代海人族のアズミ(阿曇・安曇)につながる。だとすれば、このゆり返しもまた海神が八幡を導く流れ。おぼえてると思う。去年、安曇川町出身のタレント、世界のなべあつが、しきりに「3」を強調したことを。つづいて「8」も・・・。
綿津見(わたつみ)3神をまつる阿曇氏が応神王朝成立をみちびき、統一国家がはじまった。この応神天皇が、のちに八幡神と同視されて八幡信仰がひろがる。とくに武士と芸能の民に・・・。
八幡のワードが意味するのは、鉄と戦争と海外進出。八幡大菩薩の帆をかかげた倭寇が、八幡船とおそれられたのは象徴的だ。
最初の武士政権鎌倉幕府を誕生させ、戦国の乱世をあと押しし、明治国家の海外進出を演出したのは、僕らにインプットされた八幡のストーリーである。
芸能文化としての八幡信仰の発生源は、福岡と大分にある。だから広田弘毅の後輩にあたる酒井ノリピーの事件も、八幡事象と無縁じゃない。神の祭りと政治と芸能は不可分。神道のはじまりと八幡も不可分。合体させちゃったしね。
ご神前には酒と清めの塩。お塩(押尾)に学べってメッセージでも、それが八幡のセリフなら余計なお世話だ。

たしかに今回の結果は、国民が政治にお清めをもとめた表れなのかもしれない。だがこの圧勝劇はちと異常だ。どのくらい異常かというと・・・甲子園決勝で9回ツーアウトから日本文理(日本分離)が怒涛の反撃で1点差まで追いつめたのとおなじくらい(笑)。どうしても「9」でなきゃいけなかったんだね。1厘のしくみですか? スコアは中京(尾張)10vs文理(越後)9。9を越した後は、尾張(おわり)の10。将来はともかく、とりあえず今日9月9日のあとは、10月10日尾張の熱田神宮の草薙剣本殿遷座祭に注目したい。
鳩ポッポの圧勝劇は、僕らが背負う八幡カルマの表出でもある。日本でもっとも多い神社は稲荷社(だからキツネつきには要注意)。で、祭神でいちばん多いのが、八幡サマ。2位の天照大神(伊勢信仰)の倍ちかいダントツである。増えも増えたり・・・とってもバランスが悪い。うがった見方をすれば、この国は八幡と稲荷信仰に動かされている・・・。
とくに明治以降、八幡に祭神をかえた神社の神職さん、氏子さん。祭祀を中止させられ、神楽の演目をかえられたお宮さんにお社さん。いろいろ事情はあるでしょうが、どうか歴史をひもとき、もとにもどしていただけたらと切に願います。

神道は教えではなく、道だ。誤解をまねくかもしれないが、ひとりひとりが神になる、というより、神である道だと僕は思っている。だから、偏りすぎる状況は、ほんとはおかしい。
かつての小泉人気も異常だったが、今回の結果はその揺り返しでもある。さすが世界一の地震列島に住む僕ら。右にゆれれば右に、左にゆれれば左にふられる流行天国。戦争は軍部がかってにやったこと・・・冗談じゃない。提灯ふって大喜びしてたのは僕ら国民なのだ。それは遠い日の花火ではない。
心に感じる人は聞いてほしい。魂や歴史の再生を信じる人は考えてほしい。なぜ僕らが、この地球上でもまれに見る脆弱な地盤の上に形成された地震列島に生まれてきたのか。僕らはなにを学ぶためにここに来たのか・・・。

2005年、出雲(島根県)の竹島の日制定から福岡西方沖地震にいたる連鎖については、前回のべた。日本神話で朝鮮半島自体がからむのは、まずスサノヲ、つぎに神功皇后・・・。スサノヲは信仰において牛頭天王と同視されるが、その由来は朝鮮半島にある。筑紫事象政権は半島を刺激し、9さまの反応とともに疫病神の牛頭天王をよみがえらせ、神功皇后に八幡政権を生ませた。以前、鳩と鹿と牛と猪の同盟の話を書いた。その結晶が今回の選挙結果。クリーンなイメージだから、たぶん信じてもらえないだろうけど、インフルエンザも原発も核も地震も、鳩ポッポ同盟政権とともにある。
僕は八幡の事象を父なる力のあらわれだと書いてきた。だが八幡と神功皇后は母子セットで、神功皇后は聖母信仰。夫である仲哀天皇の影はきわめて薄く、女王ヒミコと同視されるゆえんになっている。おまけに祟り神の性格を持っている。父なる伊勢vs母なる出雲の構図で見ると矛盾してくるし、どっちに転ぶのか注目していた。
今回の選挙でやっとわかった。応神天皇から統一国家がはじまるなら、神功皇后は国の母である。日本列島の母は、ごぞんじイザナミ。皆既日蝕後の選挙にあらわれた偏りは、八幡をとりこんだ母なる出雲の動きによるものだ。

いまおきている変革の原動力は、母なるものの復活にある。母なるもの派としては、歓迎すべき結果なのかも・・・。でも僕には、イザナミが「日に千人殺しましょう」といった黄泉の姿でよみがえったとしか思えないし、神功皇后の事象にも祟り神の性格が濃い。彼女らは振り子をぐい~っと自分にひきよせたのかもしれない。つぎなる反動のために・・・。
僕が危惧するのは、父なるものと母なるものの振り子のふり幅が大きくなること。すなわち破壊的な和合。祟りだろうがなんだろうが、それは僕らがクリアすべきテーマとして表出する。両者の振り子の揺り返しの中で、僕らはバランスをとり、自立することがもとめられている。でもこの調子だと、太平洋戦争敗戦後の国家としての自立は、いまさらながら核の力にたよるしかないんじゃないかな。どうせ9さまが煽るんだろうし、亥(いのしし)さんもがんばってるし、すでにその方向に幸福を見出しかねない党も表現されちゃったわけだし。ちょっと前なら、車体に日の丸と菊の御紋がついた車しかいわなかったことだよね。


☆日米関係のカルマ

7/22、「日蝕は見れなかったが、桜島の噴火ショーを見れた」と報告した船がある。鹿児島⇔屋久島のフェリー『プリンセスわかさ』(04.12.12就航)だ。
わかさ(若狭)は、若桜とも書くらしい。鹿児島と若狭(福井)は、彦火々出見尊(ひこほほでみ)と、海神ワタツミの娘、豊玉姫(とよたまひめ)でつながる。日米関係にかかわる神々でもある。

僕が太平洋戦争のミソギというメッセージに気づいたのは、2/1~2の桜島と浅間山の連続噴火だった。でも日米関係を示すワードは、去年の8月8日には出ていたことになる。
2008/8/8の888のこの日、若狭(御食国)と武蔵(東京・埼玉・神奈川の一部)で連動地震がおきた。おぼえてられるだろうか。若狭の小浜市はオバマ氏フィーバーでわいた。応神天皇が皇位継承式をおこなった氣比神宮は越前国一宮だが、おなじ福井県で若狭との境にある。これも「米」をあらわす。
米という字を分解すると八十八。88は星座の数で、星条旗の米国。オバマ氏暗殺計画のネオナチも「88(ハイル・ヒトラー)」。日英皇太子がらみの88と、まあいろいろあった。
一方、武蔵国六宮(杉山神社)がある横浜市は、今年開港150周年。開国博「Y150]のまっ最中だ。開国がアメリカの黒船来航にはじまることは、いうまでもない。
去年8月8日には、皇太子が富士山に初登頂されている。今年の富士山始動の予告だし、太平洋の地震が終戦の日を前にして駿河湾に至ったのも、皇太子登山と無関係じゃない。
ちなみに神功皇后や阿曇氏ゆかりの糟屋郡に、九州初のインフルエンザをもちこんだのも米国人だった。

ま、そんなこんなで、民主党圧勝を受けて、さっそく米国がいちゃもんつけてきた。たぶん彼らから見て鳩山論文は、かつての大東亜共栄圏と発想が似てるンだろう。
玄洋社の大アジア主義は尊王攘夷の時代からあった考え方で、発想としてはぜんぜん気ちがいじみたものではない。欧米の植民地支配からアジア諸国を革命独立させ、アジア共同体をつくろうというものだ。結果的には余計なお世話だったし、国体をおしつけられた日にゃ、そりゃたまったもんじゃない。
ところで、いまいちわからないんだけど、鳩ポッポは政治と経済とイデオロギーを分離できると考えてるんだろうか。それとも、中国の核の傘下に入るつもりなんだろうか。
僕らは東西冷戦の終結で核の時代は終わったと思ってるけど、まわりの国々はそんなのんきなこといってられない。いまだに核は力である。
東アジア共同体評議会の会長は、かつてアメリカのセールスマン的に原発を推進しまくった中曽根氏なんだが・・・。

さて、鳩ポッポ政権が60年前の戦争の検証をおこない、平和で豊かなアジアのために意慾的に東アジア共同体の扉をひらいたとき、僕らはもういちど、幕末とおなじ視野に立つことになる。それは国家としての自立のやりなおしでもあると思う。
僕らが歴史をくり返すのか、カルマを手放し、あらたな一歩を踏み出すのか、そのシナリオ、ヒナ型は、2013年までに完成する。

  • [No Tag]

*Comment

999 

ちょっと気になって、2010年からさかのぼって読みふけってしまいました。
やっぱり案の定、当時はうわべの字面だけ見てたようでちっとも頭に浸透してませんで、新鮮に読めました^^
自分の体験や浅い知識にヒットする単語、特にいやさかの木さん独特の造語で満足してたようです。
あのころよりは少しは深化したのか微妙です。

さて、週末は氏神さん地車隊でカニ食べツアー行きます。
おっちゃんたちがセレクトした場所はなんと湯梨浜のはわい温泉。
あの鳥取地震で被害あったとこで、大丈夫かしら。
伯耆国一ノ宮倭文神社は、たぶん安産祈願で有名なようなので参拝行ってもらえないと思います。
とりあえず、ここまで読んで、賢いなぁと感心したので足跡残します。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2017.01/19 15:54分 
  • [編集]

Re: 999 

はわい温泉セレクトですか。
ただもんじゃないですね(笑)。

造語で読み手によけい混乱させちゃうこともあるようなんだけど、あれって一種の記憶法でもあるんです。
あれがあるから流れが見えるし、いろんな事象のヒモをたどっていける。

ulalaさんのブログとコメント読んでると、すごい深化してるのわかりますよ。
意外と自分ではわからないものですよね。

この記事999の日でしたか。
それにしても、月日がたつの早すぎます(汗)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2017.01/22 00:20分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/170-fe042ee9

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム