神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

サクリファイス~第1部の終わりに(前編)


☆事象の韻

1986年4月26日、旧ソ連のウクライナでチェルノブイリ原発の爆発事故がおきた。放出された放射能はヒロシマ型原爆の500倍。史上最悪の原子力事故である。事故から13日後の5月9日、核戦争の終末と自己犠牲をえがいたアンドレイ・タルコフスキー(ソ連の亡命監督)の「サクリファイス」が上映された。公開は事故後だけども、まさに予告とも暗示ともとれる映画だった。タルコフスキーは12月29日にパリで客死。この映画が遺作となる。
1979年3月28日、アメリカ・ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所がメルトダウン(炉心溶解)を起こした。この大事故の12日前、映画「チャイナシンドローム」が公開されている。原発事故のスクープとその隠蔽をえがいたサスペンスである。

※ちなみにスリーマイルの事故で、アメリカの原子力熱はカンペキに冷めた。で、中止された高速増殖炉や核燃料リサイクルがどうなったかというと・・・。いま日本でやってる(笑)。鉄腕アトムの国は、いまや世界の原子力実験場だ。つぎなるスリーマイルかチェルノブイリでもないかぎり、原爆の国の原子力熱は冷めそうにない。
 
似たようなことは、今年1月17日に公開された映画「感染列島」と、新型インフルエンザの流行にもいえる。こうした非現実と現実との連鎖を、あるいはべつべつの物事の集合的連鎖を、僕は「事象の韻(いん)」だと考えている。詩歌や音楽で、おなじ響きの語や音をつかうことを、韻をふむという。もっとひろく考えれば、おなじストーリーやメロディのくり返し、ダジャレなんかも一種の韻である。ラヴェルの名曲「ボレロ」のように、よく似た事件や事故が連続することはけっこうある。
このブログを始めて20ヶ月になる。その間、僕なりに理由を考えてきた。そして遺伝子の連鎖に思いいたった。僕らは親の遺伝形質をうけついで生まれてくる。生命が韻をふんでつづいてゆくのなら、宇宙もまた韻をふみつつ波紋のようにひろがってゆくのかもしれない。その波紋とはたとえばカルマである。僕は「物語」や「ストーリー」、そして「表現」というワードをつかう。
韻をふむとは、表現すること。僕らの存在自体が表現である。表現とは伝えること。僕らは周囲や子孫になにかを伝えるためにうまれてくる。その集合体が世界であり、大自然であり、宇宙であるのなら、表現の連鎖、つまりシンクロもおこりうる。
人生もまた韻をふむものだ。くり返しは日常茶飯事。僕は物忘れがひどいタチなので、それこそ「ボレロ」のように毎度おなじ過ちをくり返してウンザリしている(笑)。でももしマメに日記をつける癖があれば、おなじシチュエーションを見つけ、次回はどう対処すべきか考えられるし、共通するシグナルから事態を予測することも可能になる。歴史を学ぶとは、つまりはそういうことだと僕は思う。
そしてもうひとつ、歴史(過去)を知るたいせつさがある。浄化である。言うだけ言ったらスッキリしたって経験はだれにでもあると思う。ただそのときにはかならず、静かに聞いてくれる相手がいたはずだ。伝わらなかった表現たちは事象化する。それはたとえば戦争の英霊だったり、ご先祖さんだったり・・・。お祓いや除霊は専門家にまかせればいい。僕らひとりひとりに大事なのは、まず話を聞いてあげること。そして知ること。
もしさしあたった理由もないのに、テレビの向こうの出来事が自分とシンクロしてるなら、何かを伝えたがってるってことだ。それが何であるのかを調べ、知ろうとする姿勢は、話を聞いてあげてるのといっしょだと思う。このブログのおかげで、僕はそのことを学んだ。
哀しみを伝えられたなら、ともに涙すればいい。でも怒りを伝えられたら、すぐに手放すべきだ。歴史教育は大事だけど、怒りを伝えれば過去のストーリーにとりこまれる。
で、じつは僕はいま、その怒りにとらわれかけている・・・。


☆ワードの符合

事象はその時々で終わるのではなく、韻をふんでつづいてゆく。
たとえば「愛」なら、飯島愛さん、愛の武将直江兼続、草剣くんが愛を叫んだかは定かじゃないけど、忌野清志郎はラブ&ピース・・・。
横浜の開国博や桜島、皆既日食の悪石島など、いろんなカタチで日米関係が示される中で、脱アメリカ色の民主党が圧勝し、自民党の議席数は119だった。この数字はアメリカの9・11テロと符合する。あのテロでは多くの消防士が犠牲になったが、なぜか119番も消防車だ。
悪石島といえば対馬丸事件。沖縄の学童疎開の子どもたち1000人以上が犠牲になった。沖縄のインフルエンザもふくめ、「子ども」の事象が多発する今年、知っておくべき事件かもしれない。対馬丸は横浜~ニューヨーク航路も結んだ貨物船だった。撃沈した潜水艦ボーフィンはとても優秀だったので、パールハーバーの記念公園に「真珠湾の復讐者」として保存されている。そういうものだ。
福岡出身総理の広田弘毅は石屋、麻生氏は炭鉱(石炭)王の息子。去年の筑紫事象のころ、やたらと「石」のワードが出ていた。石といえばイシヤ。フリーメイソン。鳩ポッポ兄弟の祖父は、「天の声解散」のあとフリーメイソンに入会した鳩山一郎元首相。こういうのも、奇妙な符合だ。

「サクリファイス」のパンフレットで、タルコフスキーはチェルノブイリとにがよもぎの星の符合について語っていた。にがよもぎの星は、聖書のヨハネの黙示録で終末にかがやく星である。チョルノブイリはおなじヨモギ科の近縁種の名まえで、黒い草という意味なんだそうだ。
当時、チェルノブイリ事故はフリーメイソンがやったのだというウワサをちらほら聞いた。1982年の500円玉発行で硬貨が666になったとか、バーコードが666で仕切られてるとか(じっさいそうなんだけど)・・・。666というのは、「オーメン」のダミアンでおなじみだけど、ヨハネの黙示録13章で、「この刻印のない者は、物を売ることも買うこともできないようにした」とか、「思慮のあるものは、獣の数字を解くがよい」と、挑発的に語られる数字だ。
聖書の終末予言を人為的に実現しようとする勢力があるという。フリーメイソンがそうだとされる。日本でフリーメイソン(ユダヤ)陰謀説が流行ったのは、1986年に「ユダヤが解ると世界が見えてくる」という本が出版されてからのようだ。が、この元ネタは出口王仁三郎と皇道大本のいう「イシヤ」にあるのかもしれない。出口ナオが「十年後に邪心界の化けの皮をはぐ」と予告した大正8年に、王仁三郎は「シオンの議定書(ユダヤ議定書)」を目にする。以後、王仁三郎は超人的にパワーアップしたように見える。合気道の植芝盛平を連れて満蒙で神軍を率い、中国の世界紅卍字会、玄洋社の頭山満、黒龍会の内田良平らの協力をえてアジア宗教連盟設立に奔走する。のちの人類愛善会は昭和9年には欧州全土をふくむ海外285ヶ所に支部をおいたらしいが、実態は把握できない。皇道大本が大正10年につぐ2度目の弾圧で、昭和10年12月8日に壊滅したからである。
この6年後の12月8日、真珠湾攻撃によって日本は太平洋戦争に突入する。王仁三郎の大審院(最高裁)無罪判決は昭和20年9月8日。また6年後のおなじ9月8日。サンフランシスコ講和条約で占領が終わり、太平洋戦争が終結する。
日本ユダヤ同祖論は、逆に軍部にウケた。満州国にユダヤ自治州が設けられたのは、ユダヤ資本の流入を意図したためである。ラストエンペラーの満州国は昭和7年に建国された。以前、平成(城)天皇の大同年間について書いたことがある。満州国の元号もまた、「大同」だ。
明治の教派神道は、皇道大本につづく一連の神示の流れにあるといわれる。そのひとつ天理教の中山みきの「おふでさき」では、明治2年にすでに「イシヤ」という語句がつかわれている。これはなんなんだろう? ちなみに日本人初のメイソンリーは、福沢諭吉らと啓蒙思想を説いた西周(にしあまね)であり、幕末のこと。らしくて笑える。
フリーメイソンは各国のグランドロッジが独立していて、たとえば、イタリアのロッジが政府転覆を狙った事件はあっても、全体がひとつの方向に動くことはありえない。ただし、意図的に人脈をつかうのは可能だろう。

フリーメイソンが666であろうがどうしようが、それもまた事象のひとつにすぎない。各分野、というか天地人におけるワードの符合、事象の連鎖は、人為のレベルをはるかに超えている。
今回、皇道大本について多少ふれたのは、これから教派神道に関連する事象がどんどん出てくると思われるから。べつにファンではないが、今後のことは王仁三郎にきいてほしい(笑)。
あと、とうぜんだけど、昭和や戦争をあつかったドラマ、映画は、いままでのように家族や恋人の愛ではなく、静かに日米関係を問いかけるものが増えてくる。一歩引いた視点から見てみるのも、おもしろいかもしれない。

  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

第一部の終わりに、ってことは第二部が始まるのですよね。
前回、そしてこのエントリーともども、コメントしづらいということは、この記事が完結しているってこと。
壮大な神々の物語、今後も楽しみにしています。

ところでカウンセリングの先生に聞いた話ですが、
ストレスは、受けてすぐに反応しないでおくと、たまればたまるほど問題し治癒にも時間がかかるそうです。

例えば話している相手にウンザリしたとき、口には出さねど貧乏ゆすりとかあくびがでたりします。
無意識にでも体が反応します。
そのストレスがうまく解消できないで、内に溜め込むと胃潰瘍になったり体が拒絶反応を示します。
ここでも反応しないと、こころが病むんだそうです。

早い時点で反応すればするほどダメージは少ないということです。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2009.09/13 19:39分 
  • [編集]

Re:うららさん 

ほんとになにごとも早期発見早期治療ですね。
秋晴れの空が浄化してくれるのに、ストレスがたまるとその空にさえ気づかなくなります。

ところで、次回で第一部を終えます。
しばらくみんなの農園で、西郷隆盛みたいに百姓します。
ま、これは冗談ですが(笑)。

鹿児島を統一した島津氏は、伊作島津家です。
僕の父方も伊作で、祖先はいろは歌の島津忠良の腹心でした。
そのせいか、どうも気質が西郷どん的なんですよね(笑)。
出雲神道に傾きかけた宮内省を、伊勢にもどしたのは西郷だといわれます。
そのせいか、彼は明治「十」年に、「○に十」の鹿児島で自決します。
いまの流れに僕が怒りをおさえきれない理由は、この辺にあるのかも(笑)。
ちなみにこの「十」年が、大正十年、昭和十年の第一次第二次大本弾圧事件につづきます。

怒りから生まれた文章は、怒りをつたえます。
僕がつたえたいのは怒りじゃないし、恐れでもない。
しばらく初心にもどって、過去の地震調査に入ります。頭を冷やします。
そのための休止です。
まだいつになるかわかりませんが、第二部もよろしくお願いします。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.09/14 00:49分 
  • [編集]

人を否定しない事 

お疲れ様です。

僕が初めてコメントさせていただいたきっかけは、いやさかの木さんの『最大の罪があるとすれば、それは人を否定する事だ。』という記事に強く共感を覚えたからです。

毎回の記事の深い内容もさることながら、時々コメントさせていただく事で僕自身ずいぶん救われました。

有難うございました
m(_ _)m

第2部、楽しみにしております!
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2009.09/14 19:22分 
  • [編集]

モノさん 

こんばんは。

最大の罪が否定だという考え方はいまも変わってません。そういう立場のブログが、怒りをベースにしてはいけませんよね。
ただこの怒りは、どうも僕のルーツに関係があるようです。おおげさかもしれませんが、遺伝子コードのなにかが反応していて・・・。キーワードはたぶん西郷どんと猿田彦、そして甲斐と諏訪、もしくは佐久だと思います。

モノさんの何気に核心をつくコメントが気に入ってました(笑)。
第二部もよろしくおねがいします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.09/14 21:49分 
  • [編集]

あの 

勘違いさせてしまっていたらスイマセンです。
もちろん今もいやさかの木さんは何も否定していません!

今は『怒り』自体がいやさかの木さんの役割であると同時に『優しさ・愛』から来るもどかしさなのかもしれないですね。

これからも宜しくお願いします。
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2009.09/14 22:22分 
  • [編集]

Re: あの 

すみません。誤解をまねく書き方でしたね。
だいじょうぶです。勘違いしてませんよ(笑)。

> 今は『怒り』自体がいやさかの木さんの役割

あっ、なるほど。そういう考え方もできますね。

次回ふれるかもですが、このブログのはじまりは、父方の産地。薩摩の伊作への旅です。
つぎに、西郷隆盛と猿田彦のキーワードが出てきます。
それから熊野。
そして日本武尊の順番になります。
だれもがどこかでルーツを追いかけてる部分があると思うんですが、僕にとってもこのブログは、ルーツへの旅の記録でもあるんです。たぶん四人目の旅人(笑)もそれでくっついてきたんじゃないかと。
なんかウラがあるんですよね、この怒りには。。。

抽象的ですみません。
こちらこそよろしくお願いします!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.09/15 03:15分 
  • [編集]

フィギュアスケート 

オリンピコの女子フィギュアスケートショートプログラムを見ました。
マオちゃんとヨナちゃんとの白熱戦は、ロシアの芸術vs北米大陸のエンターテイメントショーとの戦いのようにも見え、軍配が気になります。
マオちゃんが、ショート&フリー共に、くじでひいた滑走順番が「22番」というのも驚きでした!
いかになるか興味しんしん~
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.02/25 00:51分 
  • [編集]

追伸 

マオさんのフリーの曲「鐘」は、ニューバランスへ入る前の合図のように聞こえて、演技を見ると心がギュギュとします。
ちょっと、脱魂しそうなクラッと感ともいいましょうか。
芸術マジック☆彡

  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.02/25 22:21分 
  • [編集]

Re: フィギュアスケート 

僕も「え? 22番」っておどろきました。
しかも真央ですよ。真の中心ってことですよね。

日本選手のユニホームが「金」ってとこもおどろきましたよ。
お~艮の金神軍団だ~・・・みたいな(笑)。
なので結果的に厳しいのはしかたないかも。
なんせ厳しいお方なので(笑)。

「鐘」は「鈴」につながりますね。
思わず脱魂しそうなはじまりの鐘。
そして銀メダルでしたね。
銀はまさに金+艮。
おそらく、これでいいんでしょう。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/27 12:59分 
  • [編集]

真央はバランス感覚? 

いやさかの木さん今日は

銀はまさに金+艮。
おそらく、これでいいんでしょう。拍手

私も初めは「表彰台の真央」とかを期待してはいたのですが「金銀銅」の真央だった様ですね「天人地・あやわ」のヤ、間に有るもの「過不足無く足るを知る」バランス感覚の真央だったようです、華美に走らず卑屈にならず今の日本人(世界)に一番求められるている感覚かも知れませんね。

しかし、入賞の8人の内4人が日本人の名前でした、真央、美姫、明子、アメリカ国籍の未来、皆さん何だか意味有りな名前、これからがなんだか楽しみです。

妙に有り難い様な気がします。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2010.02/27 14:49分 
  • [編集]

お邪魔します 

真央ちゃんの衣装は赤と黒で火と土・・・
キムョナさんは風と水のイメージ・・・だなーと
感じました。
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2010.02/27 20:12分 
  • [編集]

女子フィギュアフリー 

皆さまの解説をなるほどと読みました。
ありがとうございます!!

昨日は、女子フィギュアフリーを、もの作りの観点から見て、データ収集解析が勝ったのねと・・・。市場拡大主ギの映画やドラマ作りと同じ手法のように思え、大衆ウケ重視というのが切なくて・・・。しばらく、気力を失っていました。
でも、近代オリンピックですものね。

もちろん、ヨナちゃんは、すばらしいかった!きっと、彼女のハートが奉納されたのかッ!

あ~皆さまのコメントを読めてよかった~!
まだまだ、続くし、未来へ!なのですね!!

個人的な考えなのですが、
新しいことの始まりは、何かがはっきりとわかりにくい抽象的な
、既存の言葉では表現ししにくい芸術的存在から生まれると・・・。
それが、すごいエネルギーで人々を動かすと・・・。
これも、今じゃ、ミソロジーなんでしょうか。

フー。
まだ、なんですね。先はあるある。
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.02/27 22:04分 
  • [編集]

Re: 真央はバランス感覚? 

だれかさんの「No.2じゃダメなんですか?」発言と、
真央さんのNo.2は、たぶんつながってるんでしょうね。
いまの事象の流れは、そういう方向性にあると思います。
そのバランスの真央に、金+艮はいるってことでしょうか。
ただし金+艮はコンコンさんとも読めるので、
にせものに注意ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/28 21:33分 
  • [編集]

Re: お邪魔します 

五輪だけに五元素でしょうか。
火と土と、風と水。
ふたりをつつむ空は・・・なんだろう?

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/28 21:47分 
  • [編集]

艮の金神 

いやさかの木さん、有り難うございます。

艮の金神と言えば「日月神示」では鬼門(きもん)、北東(艮=うしとら:丑と寅の間)の方位に封じ込められた神様の事ですよね、今日の津波もそうですが、真央と言えば○に・の真央(中心)の事でも有るのでしょうね、ニセモノに注意ですか、それとも本物が出てくるのでしょうか、もう勘違いでしたではすまされない状態なのかも知れませんね。

「下北半島の悪魔」の封じ込めは本当に大丈夫なのでしょうか、今盛んに安全性をPRしているようですが、ここは以前から嘘と隠し事がいっぱい詰まった所ですよ。
CO2が出ないとかで温暖化対策の救世主扱いされているみたいで世界的にも再び増殖の傾向のようですが凄く心配です。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2010.02/28 23:28分 
  • [編集]

Re: 女子フィギュアフリー 

僕は日韓W杯のスペインの2ゴール取り消しに、怒髪がはるか天をつらぬいてしまった経験があるので、今回の採点にも似たようなにほひを感じてしまうわけなんですが、ま、それがどうあれ22の真央が銀なんですから、素直にメッセージとして受け取るべきなのかな、と。

太郎センセじゃないけど、芸術は爆発ですよね。
表現はエネルギーの昇華。
すなわち、歓喜です。
くやしさもまた喜び。
敗北主義と紙一重のとこありますが、大事なのは結果(評価)ではなく、表現なんだなと・・・そう感じたバンクーバーでした。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.03/01 00:24分 
  • [編集]

Re: 艮の金神 

灰⇒塵へ、タテ連動をおこした地震が、よりにもよってM8.8とは・・・。
津波のナミといえばイザナミだし、どこまで88なんでしょう。
ほんと天の星も、地もいっしょくたで動いとる感じです。
個人的にはゴジラ松井のサンアンドレアス断層配置(ハイチ)と、今回の地震はつながってると思います。論拠はうすいですけどね。
津波の高さでは、最高は岩手宮城と高知。ゴロでいえば高知はハイチ。ハイチは山の多いところという意味らしいので、まあ高地ですよね。日高見も高。
いままでの事例からいくと高は鷹に変換可能です。で、川の逆流現象が報道されたのが、千葉の鴨川。鴨氏と日鷹。これは鹿児島の隼人につながってくのか。なんせ隹(とり)と十ですからね。

3/1にも岩手・秋田県境で震度3がおきています。
東北の背骨が軋んでいます。
今年になってつづくこの反応は、まだ東北で事象をおこしたりないとでもいうのでしょうか。
六ヶ所村なんて、意味深な数字のとこにつくっちゃダメですよね。
勘違いでしたではすまされない状態だと僕も思います。
co2削減と原発推進は双子ですから、鳩ポッポが1/14に温室効果ガス削減イベントでいった「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい」という言葉はドキッとさせられますよね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.03/03 19:18分 
  • [編集]

3/1奈良震度1 

3/1・22時22分・M2.3奈良震度1が気になり
→震源北緯34.4度/東経135.9度
→山添村
・巨石群「イワクラ」(磐・座)
・東経136度justに神野山山頂に王塚
・長寿岩/1996年に直径7mの球形の石が、工事現場から発見。石英や長石からなるラインが、石球をぐるりと囲むように十字に入っている。まるで、赤道と子午線みたい。
3重の円もあるとか。
(山添村ホームページ/あれこれ/超古代文明イワクラより抜粋)
山添村ホームページ
http://www.vill.yamazoe.nara.jp/

〇に十字が立体になった岩等々が出てきました。

また1つ、宿題が終ったァ~。
先生!進むの速っスッ!

P.S秋田・岩手に「黒森」という地名が多いと思います。いっペあるナ~あるある~
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.03/04 01:05分 
  • [編集]

Re: 3/1奈良震度1 

事象が早いですね。
地震のおかげで1日も早くなっちゃったし。

おもしろいとこがゆれましたねぇ。
こういうとこゆらすからには、僕らに伝えたいんでしょうねぇ。
調査報告ありがとうございますっ!

この球形の岩って、いわゆる太陽石でしょうね。
コスタリカの石球群を思い出します。
和歌山の田辺市でも07年3月にこんなの見つかってますが、
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=121116

こっちは直径7m。しかも台座(爆破すんなよっ)があり、十字まで入ってる。
巨石文化研究はぜんぜんなんで、後世になって発掘調査がされなかったことが悔やまれると思いますよ。ちょうど現代、江戸時代に発見された金印(福岡市)や五龍三鳳凰玉璧(串間市)が、考古学的裏づけがされなかったことが絶望的ネックになってるように。

〇に十が立体になった岩ってどんなんだろう。
う~血がさわぐ!

黒森神楽ってのもあるんですね。
羽黒山と関係しそうな・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.03/05 19:46分 
  • [編集]

平和 la paix ラ ぺ 

突然このページにクリックしていて目の前に現れるのだけど、・・・・何を伝えたいのかな?

副題の事象の韻かな?
それは数日前に 音(トーン)響音として書きましたけど?

何故なら・・・・
響くというフランス語の単語=résonner レゾネ
論理的 理由 理性 道理=raisonné レゾネ.<英語のreason>

同じレゾネと音素を放つ事により、それを真理に導くであろう人間側の 論理
響音するということは、真であり、響音する事は、美であり、響音する事は、善である。

人類(地球上)の真、善、美 =宇宙との響音

という事をラテン語系の国の哲学では言葉がどのように 造られているか・・・説明されるのですよね。


とりあえず、ここに コメントします。

2009年の9月13日に書き込まれているってことは~、・・・・・・・・
ア!そうだ。
この日のヴァチカンカレンダーの、聖人 は、聖人エメ

何故?知ってるか?と言うと、知人のお誕生日だから、・・・エメという音素は、愛されるaiméエメ

愛される聖人かぁぁ、、意味深な名前の聖人ですよねぇぇ、、

WIKIから
Aimé est un prénom issu du latin amatus qui sous-entend dei, aimé de Dieu.
エメという音素のラテン語語源は、神<Dieu>の愛<エメaimé>

ううう~ん・・・本文もコメントも、再読すると、なんだか今起きてる事と意味が、レゾネrésonnerしているようだけど、、、

http://en.wikipedia.org/wiki/Saint_Ame


「皇道大本が大正10年につぐ2度目の弾圧で、昭和10年12月8日に壊滅したからである。
この6年後の12月8日、真珠湾攻撃によって日本は太平洋戦争に突入する。王仁三郎の大審院(最高裁)無罪判決は昭和20年9月8日。また6年後のおなじ9月8日。サンフランシスコ講和条約で占領が終わり、太平洋戦争が終結する。」


考えれば、アッシジ、セント フランチェスコの名前の 町
サン、フランシスコは、
そうでした・・・・サンフランシスコ講和条約の地

日本が平和を世界と結んだ 地でしたよね。

しかし~・・・・グレコの聖母マリアの 無原罪の御宿りの絵の公開は、もう直ぐ終わりかしらん?、、

教会カレンダーでの聖母マリアに関する日ってそんなにないのですよね。

8月15日は、聖母マリアの被昇天の日
9月8日は、聖母マリアのお誕生日
12月8日は、聖母マリアの無原罪の御宿り

そして、平和に向う、しかもサンフランシスコで?
聖母マリアと聖フランシスコと、王仁三郎の トリニティーみたいですねぇぇ、、

そういえば、去年ロアール川を下り、最初の宿についたら、宿の人居ないんですよ。空っぽなのです。予約していたのにです。そしたら携帯に電話が入り、、「すみませ~ん。今リヨンで息子の引越し手伝っています。これから帰ります<その宿まで300キロはあると思うのだけど>と言って、近くにある トリニティー教会がある町でも行って見学しててください」と宿の家主から電話があった。
きっとサービス満点の日本からすると、あり得ないかもしれないけど、フランスでは普通である。時々、お客ガ先について、宿主を空いてる玄関で待つ事もある。(笑)
長いこと待たされて厭きると、勝手にお茶を飲んで、帰ってきた宿主に、お茶をだしていたりする。(嘘です)

で、何を述べたいのか?というと、トリニティー
三位一体はこれから、動く気配ですよ。

なんたってマトリックスのネオ<生まれる>の恋人の名前ですもんね。
そうそう、ついでに、この前見た映画、イギリスオペラのレ、ミゼラブル(ヴィクトル、ユーゴー)のファンテーヌ<コゼットの母親役>ぞ演じている素敵な女優さん主演女優賞だったそうで、
アン、ハサウェイって、、何処かで聞いたかな?と思って、、そうそう、シェークスピアの奥さんの名前も同じ名前なんですよね。何で同じなのでしょうね?


日本国との平和条約 - Wikipedia

ja.wikipedia.org/wiki/日本国との平和条約 - Traduire cette page


本条約はアメリカ合衆国のサンフランシスコ市において署名されたことから、サンフランシスコ条約・サンフランシスコ平和条約・サンフランシスコ講和条約などともいう。1951年(昭和26年)9月8日に全権委員によって署名され、
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/18 06:48分 
  • [編集]

NoTitle 

千春さんのコメントを拝見しに、このページに来ました。レ・ミゼラブルのお話や、いやさか様のブログでは「ボレロ」の韻を踏む音楽の話が出ていたので、昨夜観たフィギュア・スケートが思い出されました。

1位はレ・ミゼラブルにのせて滑ったキム・ヨナ。
2位はボレロにのせて滑ったコストナー。鼻血のアクシデントに見舞われながらも滑り切りました。
3位は白鳥の浅田真央。羽のコスチュームが美しかった。
なんだか今年、2013年のワードが揃っているように感じていました。

で、このページのコメント欄を上からずっと拝見してゆくと、かつて皆様方が、フィギュアスケートという同じ話題で盛り上がっていらっしゃる! 時は韻を踏み、螺旋を描いて上昇・進化するものなのですね。

まさにDNAの形です。
太古の昔から受け継いだ、この体というDNAの乗り物をうまく使わないと、ご先祖様に申し訳ないとも感じました。

橘と巌(いわ) 
私ごとですがルーツは、磐之媛(いわのひめ)が歌に詠んだ葛城高宮。なので「いわ」のキーワードが今とても興味深いです。

もうすぐ お彼岸…。
久し振りにお墓参りに行かなくちゃと思っています。この世でDNAを継ぐ自分のお役目を今一度 認識しに、そして新しい時代へ踏み出す勇気を頂きにネ。

…あ!鄙びた村にある氏神の住吉神社と一言主っさんにも参拝を。ちなみに、お墓に眠る祖母は洗礼を受けたクリスチャン。祖母から受け継いだ古い聖書は大切な宝物です。住んだサン・フランシスコでは教会の聖歌隊とのご縁も厚かった。生きる道しるべであれば、これでいいんですよね。寺も神社も八万(やよろず)の神サマ ウェルカムです。

コメント欄の皆様方、大好きです。私は新参者。長くこのブログを応援していらっしゃる方達に申し訳ないと思いつつ、コメントさせて頂きます。この場を提供して下さる『いやさかの木』様に感謝♪
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/18 11:47分 
  • [編集]

白鳥=合図 

え?DIVAさん

白鳥って、あの チャイコフスキーの 白鳥の 湖ですか?

バレーでは、 黒鳥と白鳥、両方を 同一のソリストが踊りますよね。?

uuuu~、

白鳥は、シーニュ cygne

合図(サイン)も シーニュ signe

と全く同じ音素なので、会津(福島)と合図

どうして同じ言葉で、存在しているのかしら?

と震災の年に思ったのですよね。

3年くらい前に、何故か突然、グレン、グールド(ピアノ)聞きたくて、
ずーと、グレン、グールドの バッハを聞いている時期があったのですよね
ヨーロッパ、成田間って11時間くらいの飛行時間なんですが、ズート、飽きずに グレン、グールド聞いていたんだけど、、何故?聞きたくなるか?わからないのですよね。

グレン、グールドは前から知っていますが、何故か?その時になって 聞きたくなる。

同じ時期くらいかなぁぁ?浅田真央さんを メディアで知ったのは・・・・・・・・・

二人が同じ、9月25日誕生日だと知って、、、

「あぁぁ、、大宰府天満宮、道真公なのねぇぇ、、」

と思ったので、必ずこれから動くでしょう、、と思っていたんです。
グレン、グールドの名前が、GOLD金さんの変形ですから、、グールド聞いてて鳥肌立つ時あるんだけど、、とても人間業とは思えません。

誰が彼に 弾かせているのかしら?

以下WIKIのグレングールドから抜粋

「1932年9月25日、トロントに生まれる。旧姓名は、グレン・ゴールド(Glenn Gold)。プロテスタントの家系だが、ゴールドという苗字がユダヤ人に多く、当時高まっていた反ユダヤ主義に巻き込まれることを恐れて、グレンの生後まもなく一家はグールドと改姓した。母方を通じてノルウェーの作曲家グリーグの親類にあたるといわれている(ただし、その証拠となるようなものはないらしい」
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/19 01:54分 
  • [編集]

白鳥♪黒鳥 

まあ・・・!そうなんですよ、浅田真央さんは、カナダのロンドンの世界フィギュアスケート選手権で、あの時 白鳥と黒鳥を優雅に踊り分けていました。

パンケーキさんが同じ頃、Bad Apple!! の白黒動画で祭りだと盛り上がっていると書き込んでられ、こぞって、みんな白黒を注視してシンクロしてるんですね。

男子では「カザフスタン」のデニス・テンが銀メダル。普段は地味な目立たない選手、ダークホースがいきなり表舞台に飛び出しました。このブログでもカザフスタンのお話が出ていましたね。

で、ここのコメント欄の千春さんのお話と、かつての皆さん方のスケートのお話。時間のエアポケットに紛れ込んだような気がして、「ここってタイムマシンやん!」とも思いました。

グレン、グールド、そして大宰府天満宮の勉強してみますね。

ところで、私はこれから泉北の声楽教室で歌の指導・・・「弟橘姫命」の多治速比売神社が近くにあります。梅の名所なので、最後の梅を鑑賞して来ようかなと思っています。

この教室のピアノが又、白いステキなピアノなんですよ。あ、これ書いてる場合じゃない!遅れる~!!

千春様、お話させて頂いて光栄でした。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/19 08:20分 
  • [編集]

タイムマシーン 

おはようございます。
そうなんですよねぇぇぇ、、「 ここって、タイムマシンやん!」て感じますよねぇぇ?
宇宙には時空ないのでしょうねぇぇ、、、美しい ♪、響音しているのかなぁぁ?

いやさかの木様が書かれてテキストの下にコメントが記録されるのを、上からズーと読んでいくその途上に 不思議な繫がりを感じるのですよね?
誰が?何を書いた・・・・・・という視点ではなく、何故?この時に、この方達<我々=貴方達>このような事を綴るのかしら?・・・・客観的に観ると、存在させている何かを観じるのです・・・無意識に、この場所をパッとクリックして開けて見ているので、色々あちこち探して この場所に辿りついて、突然書き込むという感じではないんです。

グレン、グールドというピアノ奏者と 夏目漱石の関係は前から気になっていて、彼の死、最後の、ベットにも漱石の「草枕」があったという事を書かれている記事は何度か目にしていたんです。
どうも人というのは、急に死に至っていく途上でも、何かの不治の病に罹って治療の途上でも、死後に残す何かのアンディースみたいな暗示を残していくようなんです。「草枕」もそうなんでしょうねぇぇと、思っていたんです。
草枕の 冒頭を読むと、「水」=情動の存在を感じますから、ただ、グレン、グールドが読むのは、日本語ではないはずなので、アルファベット圏語の因果関係探しになるのですが、 タイトルは「やはりねぇ~」という英語に訳されているんです。
グールドが読んだ草枕は、1965年にロンドンで出版されたアラン・ターニーが訳した“The Three - Cornered World”(三角の世界)だそうですが、日本語の草枕が、どうして?三角の世界?になるのでしょうか?という疑問もおありでしょうが・・・グレングールドにすれば、やはりトリニティーに観える草枕だったんでしょう・・・と思います。草枕の冒頭を読むと
水(情動)感じますが、この21世紀は、火(精神)の再生能力が必要な時に突入したのかも知れません。
自己のバランス能力を問われているのかもしれません。ただ流されてしまうという 方向に居心地良さを感じてしまう、という依存関係に安住するというのではなく・・・

徳<美徳>は 「魂の力」と哲学の授業では教えられるのですけど、なかなか日本語社会に 語られる言葉ではないのですけどね、、、力と放つとどうも、イマイチ意味が伝わらず、従属世界、情念世界を描いてしまうらしいのだけど、魂の力は「美徳」、本当の意味なんですよね。

芸術家の人生の存在の意味は、何百年後何千後と未来に向けて 存在をその時代に生きる人達に示していると思いますから、あまり長生きしないように見えるけど、あの世で長生きして合図<信号>送ってくるんでしょうかね?と思います。
ご参考になれば、、、
http://www.max.hi-ho.ne.jp/rkato/Document/music/m6sousekitoguld.htm

DIVAさま、
「お話させて頂いて光栄でした」
わたくしもです。とても楽しいひと時でした。ありがとうございます。
あちこち移動してしまう私も
この場をお借りして
いやさかの木さま、
皆様方に、感謝の気持ち
「どうもありがとうございます。」

これで、2013年の3月19日に帰りたいと思います(笑)
びゅ~ん!

DIVAさぁぁ~ん ♪
「遅刻されなかったですよね???^ ^ :」
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/19 18:09分 
  • [編集]

音楽夜話☆。☆。☆。 

こんばんは☆。☆。☆
遅刻せず、相棒の白いヤタガラス(ピアノ)と共に一仕事終え、こちら夜中です。

グレン・グールドと草枕のお話をありがとうございます。彼の演奏をユーチューブで聴いてみました。端正で建築のようなバロック音楽のバッハが、彼の手にかかると命を持つかのようですね。音のうねりがダイレクトに魂の言葉を伝えていて、素晴らしいですね。

草枕が“The Three - Cornered World”(三角の世界)とは不思議ですが、三と聞くと子供の頃通った日曜学校の「父と子と聖霊の御名によって…」のお祈りの三位一体を思い出します。

「もののあはれ」(Le Silence des Spheres)を表現するロシア人ピアニストのアファナシェフに興味を抱いていたところでした。彼ら外国の演奏家は、外にいるからこそよく見える日本人の心を、大切にしているのですね。

私が一番敬愛するのは、マリア・カラス。強烈な個性の持ち主で、激しい劇的な場面を、天上から降る歌声に昇華させ、ひとつの宇宙を創ります。彼女にはとうてい及びませんが、その歌声を私はお手本としています。リンクさんが彼女の歌声を美しいとおしゃっていた感性が、とてもよく理解できるのです。

音楽には、膨大な音符で構成される楽譜があります。そこからどんなメロディーラインを読みとり、どんな表現を自分なりに紡ぐか、これは演奏者に託さた仕事です。

あまたある社会事象、そこから何を拾い上げ読み解いてゆくか。そしてそれを、壮大なストーリーに構築してゆくか。「いやさかの木」様がされていることと演奏って同じなのだなと、今日ふと感じました。

いやさかブログの本筋からはずれて、ごめんなさいね。

で、声楽教室の終了後、梅見がてら多治速比売神社に行き、社殿に立って見上げると、真ん中に多治速比売命(弟橘姫) 右に素盞嗚尊 左に菅原道真の三つの額がドドドーン!と掲げられておりました。
「あ~ もうアカン~ シンクロや~」
遅刻しそうになりながらも読んだ千春さんのコメントの最後はたしか
「あぁぁ、、大宰府天満宮、道真公なのねぇぇ、、」だったはず…。
珍しく堺の地震の時、ここが震源だったことも脳裏をよぎりました。いやさか様、「道真ふたたび」をアップするとのことでしたが、お手やわらかに お願いしますよぉ~~。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/20 01:15分 
  • [編集]

神様の恋 

今日は春分の日なのでしたね?

WEB世界での場、世界に開かれるべきブログであろう場所で、神道に関係なさそうな話題
続けて行く事に、気がひけ無い事もないのですが、自然界で存在させているものは全て繫がりがあるはずなので・・・もう少し いやさかの木さま、お借りしますね

フト、、そう言えば、ハンドルネームの DIVAディヴァさんは、マリアカラスの存在を意味する時にフランス語で放つ事思い出しました。(今更、思い出して,、遅いのだけど)
最初 ヤタガラスの意味と マリアカラスの烏(カラス)に反応したコメント、読んだ時おかしくて笑ってしまったのですけどね、、、♪

・・・YOUTUBEでマリアカラスのアヴェマリアなど聞くと、心のヒダが大きく揺さぶられますものね。「アヴェマリアの曲をこの世で響音する為に特別な声帯もって生まれて来たマリアカラス」という存在の意味、解釈の仕方です。WIKIでマリアカラスを少し調べたらカラスの声帯には高い 波動(magnetisme磁気)..を発するので人々の心を捉えるのであろうと書かれてありました。

高域の音程が確かであるというような唯物的な領域の優秀性ではなく、自然や人間の心を魅了する、好き嫌いの嗜好の問題ではなく、何かプラスアルファーがあるのですよね。名前がマリアと言う名前を持つ意味もありそうです。
一度、テレビでアフリカの未開地に住む部落の人達を集めて(裸同然の生活をする人達です)、彼らの自然に順応する感性の鋭さを説明する番組がありました。
野外のテントに張った天幕 画面に、例えば、月に着陸した画面を見せて、この画面の月と、頭の上に昇っている 明るい月は 同一のものなんです、という説明をしながら、彼らがどのように反応するのか?という視点でカメラを回していました。
思うに近代化の生活に慣れてしまったわたし達の感性は、未開地に住む人達の感性の半分にも満たないみたいです。感性的に<退化したんでしょうかね ?)
月面着陸の画像を見せると、彼らは、「何故?あの月の上を歩きたいと思うのですか?」・・という質問が 酋長みたいな人から返って来ました、彼らにとっては、やはり自然への冒涜行為に 感じてしまうらしいんです。

エレベーターだとか、電車で通う、背広姿のサラリーマンだとか、オーケストラが弾く、交響曲だとか画面を見せるのですよね。一番彼らが驚いた画面は、マリアカラスが歌っている画面だったです。それまで、テントの中にいる、30人くらいの老若男女の集まりは、和やかな雰囲気で、都会の生活を見て 笑っているのですよ。熱帯魚がガラスの箱に飼われて人間が それを見ている姿を見て クスクス笑いがでるんです。ところが、マリアカラスが歌う白黒場面が現れた時、大人も子供も 歌声にびっくりして一斉に皆の視線が、画面に釘付けになったんです。
わたしもそれを見ていて、彼らの驚く姿の反応に驚きました。この時、未開地で暮らすアフリカ人が通訳を通して話していたのは、「この人は神の言葉を放っている」、、と云っていました。心的(神域)なものを感じるのに、民族性のちがい言葉もないであろう、、と思いました。
そういえば、テレビ文化人達のデイベートで、マリアカラスを意味表現する時、
Surnommée « la Bible de l'opéra »<ラ、ブィブル デゥ オペラ> par Léonard Bernstein
「オペラの聖書」と表現したら、マリアカラスの事を意味するのを思い出しました。
ラテン語の単語 DIVAディヴァの意味は、ディヴァンdivin(フランス語)ですので、神のような、崇高な、という意味なんですね。

そうそう、グレングールドが何故夏目漱石と関係するのかしら?と考えていたら、二人とも名前は、金に関係あるのですよね。夏目漱石のホントの名前は 夏目金之助だそうです。

でも、きっと、素敵なDIVAさんの歌声に魅了された道真公が、梅の香りに見せかけて、お逢いしたかったかも知れませんよ。
神様のラブコールだったのでしょうかね?。^ ^



  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/20 21:26分 
  • [編集]

隠れ家でおしゃべり 

(エンドレスで、皆様方、ホントにおじゃまいたします。このページでしたら、隠れ家的おしゃべりをお許し頂けるでしょうか…。)

私は、昨今の進化したベルカントの発声法で歌ったら、縄文や弥生時代の人達はどう思うかなって思ってたんです。千春さんの未開地の人達の反応をお聞きして、やっぱりって思いました。

ルーツの地の傍に南郷大東遺跡があります。ここでは「水辺の祭祀」跡が出土しています。琴を弾き、祭・政をする復元模型の人形も作られています。太古ここで歌ったら、現代の発声法にさぞかし皆、度肝を抜くのではなんて、秘かに夢想していたのですよ。

まさか、ここで答えを頂けるなんて思ってもみませんでした。「共鳴」って確かにあるものなのですね。このページに来て、最初はシンクロに驚きましたが、平静に受け止めることにいたします。

グレン・グールドの表現法は心にとめておきますね。ストイックなレッスンは性分ではありませんので、練習はよくサボります。けれど、グレンさんの音を知ったり、皆様方のコメントから何かを学べたら、これは立派な人生のレッスンですよね。DIVAなんて分不相応なHNで失礼いたしますが、楽しく気楽に色んなことを吸収させて頂いて、演奏に還元したいと思います。

…そうそう、19日に、フランシスコ・ザビエルの肖像画やマリア像が伝わる「隠れキリシタンの里」大阪の千堤寺で、キリシタンの墓が『11基』見つかったと府教委が発表したのですって。ここでも共鳴ですね。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/20 23:54分 
  • [編集]

共鳴 

もうそろそろ、いやさかの木様にバトンタッチ,,,,,,,,


そうなんです。シンクロ不思議ですよねぇぇ?
なるたけ美しい音を放ってみると・・・・・宇宙に向けて・・・・
高次元世界での 響音です。

言葉や国境や民族を 超え 宇宙の神々達との コミュニケート層が存在すると思います。

それでは、壊れたタイムマシーンの修理でもして、(笑)帰ります。

いやさかの木さま~、、、後はよろしく、お願いします。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/21 06:08分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/171-8e001fd3

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム