神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

台風も22~ダ!


☆じーっと見られてましたよ、僕ら(笑)
200911272100台風

200911272100台風(白黒)
                                2009.11.27気象衛星


11月23日に台風22号が発生した。
ミクロネシアのチューク(トラック)諸島付近。中心は北緯8度50分、東経147度。
22号はニーダと名づけられた。タイの女性名だそうだ。
発生後24~25日の24時間で80hpaも気圧が下がり、歴代7位となる25年ぶりの急発達をとげる。26日には905hpa、最大瞬間風速85mにまで成長。以降、東経139~40度線付近を停滞気味に北上した。

先週はなんだか落ちつかなかった。
はるか南方の海から、ニーダにじ~っと見られてる気がして・・・。
予感というか直感というか、なにか重要な動き、もしくは前兆(きざし)だと思った。なんせ22~だ。
その予感は、ある意味あたっていたのかもしれない。
ニーダは12月3日の朝9時に、北緯22度、東経134度で消滅した。
11/23に「22」号になって、12/3(ひふみ)に消えたのである。
おまけに北緯も22度。マヤ文明にもつながるラインだ。東経134度もまた、22(夫婦)神イサナキ・イサナミ国生み神話の、吉備の児島にいたる。この台風には、やっぱなにかある。

ニーダが停滞した東経139~40度では、11月22日に杉並区高円寺でビル火災が発生した。南4丁目はスサノヲの氷川神社。そこには、日本でたったひとつの気象神社がある。気象・・・である。祭神は八意思兼命(やごころおもいかね)。知恵と日読みの神だ。
気象神社は旧陸軍気象部に祭られていた。トラック諸島は太平洋戦争の激戦地でもある。もちろんあの辺で台風が発生するのはふつうだけど、なんというか、そういうのもすべて総括した得体の知れない前兆のようなものを、今回の台風には感じたのだ。
12/1はすばる食だった。スピ系では、プレアデスは、ムー文明につながる。
2日は今年最後の満月。
ニーダが今年最後の台風なら、「22」でしめくくられることになるが・・・。

22・・・・・。
タロットで22番目は「世界」。あるいは「XXI世界」をぐるっと回った「愚者」。
ヘブライ文字のアルファベットの数が22。
10個の玉セフィラとダアト(計11)に、22のパス(小径)で構成されるカバラの生命の樹、セフィロト。
元素記号の22はチタン。
22についてなにかありましたら、情報お寄せください!
ニーダって名前についても。

22といえば富士。杓子山と金色おたまじゃくしを思い出す。
今年は妙にアルビノのニュースが目についた。
22代天皇の清寧天皇(5世紀)も、アルビノだったといわれる。
白髪皇子(しらかのみこ)。生涯独身で、河内坂門原陵(大阪府羽曳野市西浦)に葬られた。
先日のCNNニュースによれば、アフリカのタンザニアとブルンジで、アルビノ殺人をおそれて約1万人が避難所に逃げ込んでいるらしい。呪術医などに臓器や体の一部を売ることを目的とした殺人事件があとを絶たないという。こわい話だ。
アルビノの体には、神霊的な力が宿るとされてきた。
雄略天皇も霊異を感じて、白髪皇子を立太子した。

ところで、ニーダが発生した11月23日は、新嘗祭の日~だ。
皇居の神嘉殿(しんかでん)では、天皇が天照大御神や八百万の神々を招いて新穀と新酒を神々とともに食する。一年の死と再生の祭りである。
その前日である11月22日。去年は88事象のひとつのしめくくりとして、元厚生省官僚殺傷事件の小泉容疑者の自首と、ミロクラインの牛久大仏(茨城)の震度3が同時におきた。
今年の11月22日は、御食国若狭(福井県南部)で震度3。
しかも3分間に二度~だ。

震源は福井県三方上中郡若狭町倉見。
産土は、美濃との間に大蛇ぶった斬り伝説がある闇見(くらみ)神社。
【・・・むかし近江・越前・若狭にまたがる日話の嶺があって、大蛇が民を苦しめていた。垂仁天皇の時代に素盞嗚尊と奇稲田姫の化身である2人の老人が現われ、大蛇を退治する。大蛇はふたつに分かれ、ひとつは美濃に、ひとつは若狭に落ちた。そのとき闇になったので闇見という・・・】
二度の地震はふたつにわかれた大蛇の体を示すのだろうか。
それともスサノヲとクシイナダヒメ?
祭神は沙本之大闇戸売命(さほのおおくらみとめ)。
美濃の彦坐王(ひこいます)の妻のひとりである。
菅原道真の天満宮も合祀されている。

なんというか・・・ようやく垣間見えてきた美濃(岐阜)の彦坐王。
その系図には神功皇后がいて、日本武尊の兄の大碓命もからむ。いま起きてる事象の多くの要素が、血筋をたどると彼に行きつく・・・そういう重要ポイントである。
そんな彼と闇見神社の女神との間に生まれたのが、狭穂彦王(さほひこ)と狭穂姫。

くらみは、「闇を見る」と書く・・・。
狭穂姫は11代垂仁天皇の后である。狭穂彦王の乱では、兄に天皇暗殺を命じられるが失敗し、火攻めで燃え盛る稲城の中でともに自殺する。
ヒコイマス系・闇ストーリーの典型的な一例といえる。
酒呑童子で知られる丹波・大江山の鬼伝説もまた、ヒコイマスが崇神天皇の命で玖賀耳之御笠(くがみみのみかさ)を討ったことにはじまる。
いままで「鬼大蛇あやかしライン」のことをさかんに言ってきたけども、鬼や大蛇、土蜘蛛を討つと、血筋が闇のストーリーにとりこまれる。それが、僕らのクニの法則だ。スサノヲも日本武尊もまた、そうである。
若狭町の連続地震が彦坐王につながるなら、ワードとしては「耳・ミミ」にも注意したいところだ。

11/11の朝刊に、奈良県桜井市の纏向遺跡で大型建物発見のニュースが大きく報じられた。崇神天皇のあとを継いで、纒向(まきむく)を都として即位したのが11代垂仁天皇である。闇見の地震は、纒向のニュースともつながっている。

去年の8月8日、若狭国と武蔵国で連動地震が起き、88事象がはじまった。
出雲88カンパニーの鳩ポッポ政権が誕生し、もう気が済んだかと思いきや、まだまだ両国のシンクロはつづく・・・。
11月22日の11時22分、武蔵国のニュースが配信された。さきに書いた高円寺ビル火災である。東京都杉並区高円寺南4丁目の第8東京ビル2F居酒屋「石狩亭」から出火した。
新嘗祭の前日に「酒」と「食」の居酒屋。若狭は御食国(みけつくに)。
石狩には日本最北の江別古墳群があるが・・・。

若狭と武蔵は、ともに出雲と縁が深い。
だが直接にも、なにかの「業」でつながってる気がする。
狭穂姫の稲城の炎と、武蔵・高円寺の火災。
その業を解く鍵は美濃にあるのか・・・? 
位山揺れたしなぁ。


農耕儀礼は犠牲をともなう。
9月のオバマ湾の事件は稲荷とトヨウケヒメ、10月の臥龍山はオオゲツヒメがにおう。みな穀物神だ。
そもそも、穀物は大地神の犠牲で生まれた。死と再生の神話である。。
死と再生の日は祭りの日、【ハレ】の日だ。
新年を晴れ着で祝うのも、ハレの日だから。
たとえばインカの少女にとって、犠牲は神々とひとつになるハレの日だったかもしれない。だが現代の僕らにとって、それはアルビノ殺人とおなじ非科学的迷信の類だ。野蛮だし、許されることではない。

では、科学技術がもたらしてくれた「ハレ」とはなんだろう?
神々を否定した僕らの人生にとって、「ハレ」ってなんだろう?
かなしいかな僕には、宝くじの1等があたった絵しか浮かばない(笑)。

やがて出雲は、晴れる・・・。
それはハレの日であり、祭りの日であり、死と再生の日である。
「もう準備はできています。ただ・・・あなた方にとってハレとは何ですか? あなた方は何を望んでいるのですか?」
うまくいえないけど、太古の神霊や失われた文明、海の英霊たちがニーダの目となって、じっと僕らを見とおし、根本的な疑問を投げかけているような、そんな気がした。


20091125台風22号

  • [No Tag]

*Comment

こちらでは、 

お久しぶりです。
22は、私にとっても意味深い数字です。
生年月日の西暦の年の合計と月と日をたした合計が、どちらも22になります。全部、たすと、44,44で8になりますが、
主人が、数日前、台風がくる、台風がくる。って電話で話していました。てっきり、台風がくるっと思ったいたら、香港マダムが、遊びにきました。この台風は、日本に上陸して、今、日本滞在中です。
  • posted by IS@CO 
  • URL 
  • 2009.12/06 09:32分 
  • [編集]

NoTitle 

11月22日はニギハヤヒの命日です。
天皇家が今なおその22日の深夜から宮中で祭祀され、翌日の新嘗祭へと繋がるのが以前不思議だなと思いました。
コメント投稿にあたり確かめてませんのでご確認下さい。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2009.12/06 10:33分 
  • [編集]

こんにちは 

22について早速…。
ニーダ、変な台風でしたね。

昨日、白山神社に行ってきました。(東京ですよ!)
某エッセイを読んでいた時に、この神社のことが出ていて気になり、調べてみたら「おおっ?」ということがありまして翌日にはヒントを求めて出かけていました。

菊理姫、5、6、11、33、オホクニヌシについてモヤっとしていたので、
現場へ行ったらわかるかなあと…そんな気軽さです。
もう日々、アンパンをかじりながら張り込む刑事みたいな感じですよ(笑)

実際、この数字がごろごろしていましたが
ヒントはつかめず…。
歩き疲れて、側のファーストフード店へ寄ったところ
渡された番号札が「22」。

何の意味かわからなかったのですが、今日のブログを見てイサナキ・イサナミご夫婦(22)のことだったのかなと。
白山神社のご祭神ですしね。

番号札と引き換えに運ばれてきた飲み物には
マドラーが添えられこんなメッセージ…
「You were right in the first place」
これについても頭を悩ませていたのですが、
彼らからのメッセージだとしたら、お二人とも粋ですよね(笑)

12/1はすばる食、とのことですがこれもびっくり。
昴という名前の宿に予約しようとしていたのが、12/1で
そこ以外にも昴の文字がちらほらしていたので
何なのかと調べていました。

スサノヲについても、ここ最近アピールしているかのごとく
芋づる式に関わりが出てきます。
そんなことって、あるの??とびっくりしてますが。
いやさかの木さんも全体の事象に出ているとおっしゃいますし、アピールするにはどんなわけがあるのでしょうね。

とまあ、こんな日々で報告メールのタイミングを失いつつあります。(笑)




  • posted by mipod 
  • URL 
  • 2009.12/06 11:33分 
  • [編集]

こんにちは♪ 

私、今年44歳になるのだけど大丈夫だよね(^^ゞ
  • posted by ハイジ♪ 
  • URL 
  • 2009.12/06 15:59分 
  • [編集]

Re: こちらでは、 

タロットの大アルカナも22枚。
21世界を旅してひと皮むけた22番目の愚者。
ニーダは1巡目が終わったよ~的な気もするんですよね。
で、香港マダムはきっとニーダの化身ですね。
香港も北緯22度ですよ(笑)。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/06 20:21分 
  • [編集]

ギズモ 

そう、11月22日はニギハヤヒの命日だそうですね。
新嘗祭の前日だからか、ニギハヤヒの命日だからか、はたまた数字の妙なのか、11月22日は奇妙な事象がおこります。
なかなか事象とニギハヤヒとの接点がピンで見出せないので記事には書いてませんが・・・。

ニギハヤヒといえば一方の王。
写真のギズモさまも、ますますキングの風格ですね。
戴冠式してあげたいくらいです(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/06 20:31分 
  • [編集]

Re: こんにちは 

11月22日は、いい夫婦の日だそうです。
22が夫婦でイザナギ・イザナミというのはようするにゴロあわせなんですが、じっさい事象的にそうなんですよね~。日蝕が7月22日というのもgooですし。
白山姫(菊理姫)は、その夫婦仲をとりもつ大事な存在です。

mipodさんもツインピークスのクーパー捜査官ですね。
彼はチェリーパイですが(笑)。
「!」をメモに書いとけば、あとで引き出しをあけられますよね。
このブログも、メモ機能をはたしてます。
だからまとまらずに長くなっちゃうんだけど(苦笑)。

スサノヲはそりゃもう重要すぎるほどの存在なので、
いろんな濃厚なメッセージを送ってくると思います。
この国の物語の原点といってもいいぐらいの存在ですから。
いろんな物事が彼から派生しています。
変革のキーマンはスサノヲです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/06 21:03分 
  • [編集]

Re: こんにちは♪ 

大丈夫で~す(^^v

ご活躍中の方に守られてますもん!

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/06 21:09分 
  • [編集]

ダイアン、て呼びますよ 

ツインピークス(笑)
ものすごくハマっていましたよ~カイルにも。loveでした。
観ていたのは中学生の時ですけど、あれは深かったですね。
デビット・リンチの感性ってすごいです。
もう一度みたくなりました。

懐かしいついでにWikiでツインについてみていたら、またまたどっきり。
クーパー捜査官はチベットに関する夢から直観が研ぎ澄まされていったと…。

白山に行った日ですが、上野でチベット展が開催中と知り、観ようか迷ったのです。
先週からずっと迷っていたのですが…これは観るべきかも。

あとはチェリーパイの店が見つかれば完璧なんですけどね!(笑)





  • posted by mipod 
  • URL 
  • 2009.12/06 21:46分 
  • [編集]

23の1つ前 

23はシリウス定数と言われていますね
今の天皇陛下は12月23日生まれ
皇太子様は2月23日生まれ
いずれも、223=富士山を含み、22、23を含むのですね・・・
愛子様は12月1日・・・さあ、どうなるか?
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2009.12/07 19:49分 
  • [編集]

Re: ダイアン、て呼びますよ 

ここ2作のリンチはちと重すぎですが、
彼の感性はほんと素晴らしいッス!

中学生でツインピークスの深さがわかるとは・・・すごい。
彼の捜査法はチベット方式を採用してます(笑)。
このブログも、mipod さんも、チベット方式だと思いますよ。

あとはすっげ~うまいチェリーパイの店で、
「ダイアン・・・」ですね。
ついでに丸太おばさんもいれば完璧です(笑)。

BGMはジュリー・クルーズの「the world spins」かな。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/08 00:08分 
  • [編集]

Re: 23の1つ前 

シリウスといえば江田に菅・・・と、かすかな記憶で検索したら、菅さんのHPにたどりつき、11/22にブログ書いてました。第三の道を思索中だそうです。

そうですね。皇太子なんてもろ富士山の日の生まれですよね。
だから888に初登頂だったんでしょうか。

愛子内親王は2001年12月1日。
悠仁親王は2006年9月6日。
なにやら意味ありげな・・・。

個人的には137という数も、どこかに出てきやしないかと気になっています。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/08 00:43分 
  • [編集]

NoTitle 

偶然にも同じ事を言っていて、22をニギハヤヒと言っている方がいます
そのニギハヤヒが出てくるのだとか・・・
隠された神が出てくる
出雲の動きともとれると思いましたが
22にマスター数だけに、肝要ですね。
  • posted by 藤井 詣子 
  • URL 
  • 2009.12/08 08:28分 
  • [編集]

こんばんは!! 

再開された記事を読んで思わずハイテンションなコメントをしてしまいそうな位嬉しいです!
(抑えています。)

因みに11月22日の14時45分頃、七尾市の富山湾で100頭以上の鯨の大群が目撃されたそうです。
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2009.12/08 20:57分 
  • [編集]

NoTitle 

この二日ほど、カウンターのあるサイトを訪れると
何故か末番が22になっていることが多くて…。
一体、どんな意味があるのかしらん?
ちなみにWikiの「22」の項には以下のようなものが。

catch 22 :「どうにもならない状態」という意味の英語のイディオム。ジョーゼフ・ヘラーによる同名の小説(Catch-22, 1961年)から由来。

こちらも何かの示唆に富んでる気はしますが…うーん。
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2009.12/08 20:58分 
  • [編集]

オデュッセイアと太陽の国 

こんばんは!ご帰還心待ちにしておりました、12月6日ですか(笑)。住吉の太鼓橋、開通しましたよ(笑)

22と137でこれ、思い出しました。88もかぶりますね。
読まれました?・・わが息子がゲマトリア数秘だと22で・・思わずちょっと読んじゃいました(笑)

(9+13)+1  Z=1/137  11111

http://www.rbbtoday.com/rbbshop/item/9784931449404

そういえば、Nidaの名はタイ語はよくわからないのですが、アラブやネイティブインディアンにも同様の名があってその名の語源は”A Call"または”Voice"だとありました、意味深ですね・・。それと個人的には実は”タイタン”、ずっと気になってます。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2009.12/08 23:37分 
  • [編集]

Re: 詣子さん 

こんにちは。
来年平成ニニ年は2010年。
神代十代は「ニニ」ギノミコト。
彼が天照大神に授けられたのが三種の神器で、兄のヒコホノアカリが授けられたのが十種の神宝。ニギハヤヒはそれを継承します。
11/22が命日のニギハヤヒですから、来年関連する動きがあるはずです。
もしかしたら三種と十種の和合につながるような。
友愛数の2月20日とか、気になりますね(笑)。
三種と十種で13。伊勢・出雲同時遷宮の2013年からが1(はじまり)になるのなら、神代13代で人皇初代の神武天皇・・・。
これもニギハヤヒに関係しますね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/09 11:40分 
  • [編集]

Re: モノさん 

ありがとうございます。
おまけとして書いた記事なんだけど、ちと方向が見えてきた感じなので、このまま再開しちゃうかもしれません。

11月22日にクジラ百頭以上、しかも富山湾なんて・・・!!!
情報ありがとうございます。こういう話聞くと、じっとしてられなくなりますね(笑)。
クジラは魚+京(みやこ)。古名はイサ・イサナ。来年は平城遷都1300年だし、平成22年の22は夫婦でイサナキ・イサナミでもありますよね。
来年を意識したクジラたちの艦隊行動。富山湾で観艦式でもあったのかな?
そういえば、木曽川ではイルカが飛び跳ねてたそうですね。

去年のしめくくりは富山湾の深海地震でした。
このクジラたちもハヤサスラヒメがからんでるのかもしれませんね。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/09 12:02分 
  • [編集]

Holly さん 

来年を示唆してるのでしょうか。
そのサイトの性格と22に共通項はないんですか?
なにものかがHolly さんに、22だよって伝えたがってるのかもしれませんね。
22をcatchせよ・・・って指令かも。
次回「22」についてもう少しつっこんだ記事を書こうと思ってますので、よかったら参考になさってくださいね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/09 12:10分 
  • [編集]

Re: 天音ママさま 

まいりました!
12月6日って太鼓橋の渡り初め式だったんですね(爆)。
ある方とのメールのやりとりから書く気になったんですが、そのやりとりのワードが「船」だったんですよ。おまけのつもりだったけど、このままいっちゃうかも。太鼓橋の開通とともに僕も開通したんでしょうかね(笑)。
やっぱウサギ男としは2011年に住吉大社にごあいさつですね。

ちなみに12/6といえば、うちの前走ってるのも国道126号なんですよ~。

22を超えて・・・とは、そそられるタイトルですね。
読んでみようかな。
あちらでは絶対神って999なんですか?

ニーダがヴォイスっていうのは、とてもおもしろい。
しかも呼び声なんですね。
そしてタイタンとはさすがです。
22のチタンはティターン、タイタンですよね。
つまり巨人・・・。
ハラ巨人の日本一はこんなとこまでからんできます(笑)。
ハラは破壊と再生の神シヴァですしね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/09 12:41分 
  • [編集]

指差し確認ですか(笑) 

999の話ですが、東洋医学の本などを読んでいますと、6は陰の最大数(8じゃないとこがみそですね)、9は陽の最大数で、69はすなわちヒトと天をあらわし、上昇し下降する気を、すなわち対極をあらわす数だそうですが、古来の中国で9は陽をあらわす最大数で永遠と最高の徳をあらわす吉数、2つかさなるとご存知重陽となり9月9日は重陽の節句=不老長寿につながる陽極まるサインとなりますよね、ですので、3つ重なるとそれは神域ってことになるんでしょうかね?
そういえば”22を~”をかかれた方の著書に”数字のメソッド”という本がありまして、そちらによりますと999は”完了”のコードとありました。"完了”すなわち"新しい始まり”をあらわす数になるのですね。
ついでに、ただの個人的興味ですが、たぶんスピリチュアル系列では有名なドリーンバーチュの、エンジェルナンバーをひいてみたところ、999の意味、面白かったですよ(笑)
999は、
「神が今、神聖な使命に専念するようあなたを呼んでいます。あなたの目的は世の中にとても必要とされている大切な役割を果たします。あなたにはこの役目を果たす準備ができていて、その資質もあります 」・・・あと、「完了の手前の大事な時。次への移行の時。ライトワークをしましょう 」 「 目覚めたあなたの力が今必要とされています。 さぁためらうことなく行動をおこしてください」「 大きな段階の終わりです。母なる大地がライト・ワーカーたちを必要としているので、(ヒーリングなどの)仕事につくように 」ですって(笑)。

・・・・いやさかの木さまはもしかして、何か指差し確認されたくてこの数字の意味をおたずねに?(笑)。

"僕も開通”・・・・いや、そうでございましょう(笑)。

  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2009.12/10 21:42分 
  • [編集]

 

《137》我々が間借りしているこの宇宙の年齢ですね。今より137億年前、ささやかな爆発が何も無い所に起きました。人類はそれをビッグバンと呼んでますね。
《22》12月8日、NASAから発表がありました。およそ129億光年彼方の空に、宇宙誕生からわずか8億年前後に形成された観測史上最古の銀河を発見・撮影したと。確認された銀河は22個。日米合同の国際研究チームがそれをやったらしいです。数字ってのは、揃う時には示し会わせたように揃いますね。不思議なもんです。
  • posted by タンノ 
  • URL 
  • 2009.12/11 09:42分 
  • [編集]

11月22日と言えば 

「ホツマツタエ」を検索していてこちらが目に留まりました、随分と色々な事が起こっているのですね。
1122(良い夫婦の日)には私も思い当たる処が有り暫く休んでいたブログを再開しました。

かなり個人的な捉え方ですが、神様がずっと身近に思えて来ますがどうでしょうか、世の中には不思議な書物が有るものですね。

ホツマツタエ   日月神示   で検索してみて下さい。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2009.12/12 14:11分 
  • [編集]

Re: 指差し確認ですか(笑) 

いえいえ、指差しだなんてとんでもございません(笑)。

そうなんです、その69が僕にとっては大きな問題で、はたしてそれでいいのかと。
大それたことを言うようだけど(笑)。
でも69なんですよね、いまの流れは・・・。
ほかにシンボルはないか探しているところです。

999の日に、鹿児島で銀河鉄道999のイベントがありました。鹿児島だけに、僕はこれを重要視してます。桜島昭和火口が666を示してたし・・・。
銀河鉄道は宇宙「船」につながりますね。
今回ひさびさにブログを書いたのは、ある方とのやりとりがきっかけなんですが、住吉の「船」も999も、そして天音ママさんが教えてくださったニーダのA CALLもVoiceも、みんなその方につながる、つまり同時に僕の開通(笑)にもつながるわけで、とても驚いてるところなんですよ!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/13 01:00分 
  • [編集]

Re: 137 

そう、ましく宇宙の年齢ですよね。
33番目という意味ありげな素数でもあります。
太古のガス雲ヒミコの次は、22個の銀河ですか。
すばらしい発見だし、どこまで地上の事象とつながっていくんだろう!?
情報感謝いたします!
文字のシンクロと、数字のシンクロ。
あるいは地上と宇宙のシンクロ。
これはかなりおもしろいことになってきそうな予感がしますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/13 01:23分 
  • [編集]

Re: 11月22日と言えば 

「ホツマツタヱ」と日月神示にはかなり共通する部分がありますね。
ただ、「ホツマツタヱ」自体が知られていないですし、ブログの性格上、その部分にあまり言及はしていません。
今後はそうしたタガを少しずつ外していく方向になるかと思います。

11月22日はshibuchin さんにも影響を及ぼしていたんですねぇ。
神々がつねに身近であることに、僕らが気づき始めたということなのかもしれません。

ホツマツタエ 日月神示で検索すれば、shibuchin さんのブログに行けるのですか?

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/13 01:36分 
  • [編集]

素数を踏まえて言えば 

次ページで書かれておられる回文数も重要だと思いますが、双子素数も何らかの役回りを持って神話に寄り添ってるかもしれませんね。3と5、5と7、のような数字の差が2になる2つの素数を双子素数といいますが、まずその成り立ち自体2・2ですし、気にしておられる11/13も双子素数です。これを踏まえて考えた時、今後事象として出てくる数字に何かしらの法則性があぶり出てくるかもしれまんよ。
ちなみに三つ子素数というのもあるそうですが、これは3、5、7のワンセットしか無いそうです。ただ、逆から読むと七五三になるのが気になりますね(笑)。
  • posted by タンノ 
  • URL 
  • 2009.12/13 03:56分 
  • [編集]

Can't you hear me? 

・・・・そうですか、1点集約でご開通でしたか。。
住吉に船、といえば、やっぱり月の船ですかね。住吉には何気に月神の影も絡みますよね・・

でも、”手の中のウサギ”ってなんだかかわいいですね(笑)ちょっと笑ってしまいましたよ。

・・Voice”"呼び声"のわたくしのイメージでは、やはりジェベッタ・スティールの乾いた美声ですかね(笑)。閑話休題に貼っておきます。歌詞の
”・・・But we all know a change is coming
Coming closer sweet release”
もちょっと今の"感じ”です(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=nk7mCmgzpPE

  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2009.12/13 18:42分 
  • [編集]

Re: 素数を踏まえて言えば 

あ、双子素数を忘れてました。
さっそく本文中に追加させていただきましたよ(笑)。
双子や三つ子は、神話においてとても重要なはたらきをします。
そもそも日本武尊が双子ですしね。
三つ子は縁起ものでもあったようです。
三つ子ではないけど、日月星の天照大神、月読尊、須佐之男尊。
ニニギとサクヤヒメの子は三つ子です。
そのひとりがオバマ湾のヒコホホデミですよね。
ニニギの「ニニ」が平成ニニ年につながるなら、来年のキワードは「三つ子」かもしれませんね。
歌会始のお題は「光」ですから、日月星の光にも注目・・・。
と思ってた矢先の、太古の22銀河でした。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/15 23:42分 
  • [編集]

Re: Can't you hear me? 

バグダッドカフェ・・・いい映画ですよね~。
I'm calling youと抜群に合ってました。

ウサギ男としては、2011年の住吉大社は決まりですね。
そこから若狭に回るか、熊野にいくか・・・。
どちらも「わか(和歌・若)」ですが。

a call...
呼んでいるのか、呼ばれているのか・・・。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2009.12/16 00:05分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/176-c7cf5344

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。