神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

無黒点と出雲(第2部のはじめに)


初日の出(太陽柱)
2010.1.1太陽柱
撮影 dark angelさん


2010年・平成22年が、史上初の元旦月食とともに幕を開けた。
歌会始のお題は「光」。大阪では初日の出で太陽柱が見られたとか。
光の年がはじまっている。僕らは今年、どんな光りを感じるのだろう?

光りといえば、お日さまは相変わらずの無黒点状態。
11年周期(実質22年)の谷間の活動極小期がつづき、つぎの24期が立ちあがらない。出雲が動くわけだ。
天はイザナギ、太陽は伊勢。地はイザナミに出雲である。
無黒点日の増加傾向は、能登半島地震があった2007年3月にはじまる。
2008年の無黒点日は266日で、100年ぶり観測史上4位の記録。この年、出雲大社の平成の大遷宮が開始され、88事象の8月8日は連続31日無黒点のまっ最中だった。まるで演出家でもいるかようなグッドタイミングだね、こりゃ。
2009年は10月までで235日。7/22「回帰」日蝕の太陽も、もちろん無黒点だった。
現代にいたる文明周期は男性的太陽神の時代だといわれる。過去1万1400年の分析によると、とくにここ70年の太陽活動は異常な高レベルだったらしい。その間、父なる文明は核兵器を開発し、母なる地球をも滅ぼす力を手に入れた。
その最後の23期、太陽活動の弱まりとともに世界経済が破綻に向かい、今世紀最大の皆既日蝕に乗じて地の底の岩戸がひらかれ、母なるイザナミが完全復活!・・・これが映画なら、オスカー獲得はまちがいない(笑)。

いまのイザナミ88カンパニーは、鳩ポッポや鹿さんや牛さん、星さんに亥さんたちとの寄合所帯だ。『龍馬伝』の視聴率からいくと、結束力に早くも陰りが・・・? 牛寅の年に雌雄を決すべく、アラハバキ一郎どんの暴走はつづきそう。
伊勢の攻勢と24期の立ちあがりは連動しそうだ。たぶん来年卯年になると思う。卯は東、日の出の方角だしね。その2011年に遷宮を完了する宇都志日(うつしひ)の住吉ウサぴょんがどう動くのか、見物だ。確実に月読にも影響する。

もちろんイザナミ次第では極小期がつづく可能性もある。24期の太陽嵐を危惧する声もあれば、寒冷化を指摘する意見もある。太陽にあらたな周期が生まれるとする説も・・・。
このブログでは、そうした変化を出雲と伊勢、イザナミとイザナギを通して捉えていくわけだけど、いままでの経緯からして、その視点はもはやトンデモではないと思う。
天地人はみごとにつながっている。そして神話は、そのシクミを表現している。

11月22日に終了した『天地人~愛を掲げよ』は、平成22年を生きる僕らへのメッセージだ。鵜川(卯川)の宇佐美定満を演じた「真木」。愛の夫婦を演じた「妻夫木」と永遠の「常盤」。
夢の意味もだんだんわかってきた。
『トキワ』(10番目の記事なんだよね)

※真木は纒向(まきむく)のマキでもあり、真東(卯)をあらわす。宇佐美はウサ見。これも「東を見よ」「卯年を見よ」といってる気がする。

平成22年の「22」は夫婦・富士で、2010年の10は火(厳)と水(瑞)の十字。
十字は生命の木のシンボルでもある。
妻と夫の木は僕らの内なる火と水の十字であり、それを真の木とすることが、イサナキとイサナミ~キとミの代(君が代)の永遠性につながる・・・。
今年の僕らの課題であり、関門だ。
とはいえ、かくいう僕も十字のバランスに悩むひとり。
だれの中にも火と水があり、イザナギとイザナミがいる。
そのバランスを心がけるだけでも、衝動的な爆発はおさえられる。
もちろん個人だけじゃない。国家の暴走も・・・。
今年なにが起きるか、火と水の十字を通して見てほしい。太陽嵐も寒冷化も、おだやかに2013年の伊勢出雲の遷宮を迎えるにせよ、それは十字のバランスの結果としてやってくる。そしてそのサインは、かならずどこかにあらわれてくるはず。
いろんな説が出るのは、誰もがどうなるかわからないから。なんでわからないかというと、いま僕らが道をつくってる最中だから。レールは敷かれてるものじゃなく、いまこの瞬間に僕らひとりひとりに委ねられてるものなのだ。

関門海峡で火柱が上がったように、関門にはカリナスターの「にせ十字」も待ちうけている。心眼が試される時だ。今年の僕らの責任って、けっこう重いかも。

  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

私も去年から太陽黒点のニュースには興味持って注視していました。
2012年のことも含め、今後の推移が気になりますね。

ところで住吉さんだけでなく、三輪の大神神社にもなでうさぎとかもあって、うさぎは大事な存在です。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2010.01/11 00:00分 
  • [編集]

『天地人~愛を掲げよ』 

いやさかの木さん今日は「太陽柱」何だか凄いですね。
「妻夫木」と永遠の「常盤」ですか、出演者の名前まで繋がっているとはあまり考えていませんでした、「トキワ」10番目の記事読んでみましたが「トコ」と言えば「ホツマ」には「天七代床神酒の紋」有りますが「トコ・床」で女男が交わって子供、国、世界などが生まれていますから「一つの神が二つに分かれて再び交わる」事がポイントで「永遠・常磐」の原点なのでしょうね。
「常磐・トキワ」と言えば「時の環」時には初めも無く終わりも無いので感覚も希薄な感じがしますが、陰陽(二神)が生まれ交わることによって始めて人が感じる事の出来る現実世界「現ぶる感覚・喜怒哀楽」を感じられているみたいですね、「人は神になりたいのじゃ、神は人になりたいのじゃ」を連想します。

いやさかの木さんのブログに来ている方々の書き込みも不思議なつながりが有るのですね。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2010.01/12 20:56分 
  • [編集]

オリオンのベテルギウス 

いやさかさま、一つ大事なことを書き忘れました。
オリオン座のベテルギウスが超新星爆発へ向かう兆候がある、という1月10日のNASAの発表、ごらんになりましたか?

11日の中山競馬、見て、これか・・と思いました。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.01/13 14:59分 
  • [編集]

常盤と宝くじ 

お疲れ様です。
ご存知かも知れませんが…
10日のニュースです!

『宝くじ大当たり 山口・宇部で1等2本と前後賞が4本も
1月10日(日) 8時02分
 昨年の大みそかに抽選があった年末ジャンボ宝くじで、山口県宇部市常盤町1丁目の宝くじ売り場「宇部琴芝チャンスセンター」から、1等(2億円)2本と前後賞(5千万円)4本が出た。』

確率的にも非常に珍しいそうです!

近くの神社は中津瀬神社と恵比寿神社。いずれも海神系ですね。
ニュースリリースの日は初恵比寿ですし
(・ω・)/
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2010.01/14 01:44分 
  • [編集]

Re天音ママさま 

第2部開始への言祝ぎ、心より感謝いたします!

船木郷は船材を切り出した場所なんですが、もし船木連が太陽神を乗せ、測量しながら聖域を決め、移動していった痕跡ならば、日置郡とのつながりがおもしろそうですね。
船木と日置・・・そういえば、いままでこの視点なかったんですよね。
うつし日との関係もふくめて、これから調べていこうかと思います。
ありがとうございます。

キリンとサントリーの統合、2月にずれこんだことについて、その気になる点をぜひお聞きしたいものです。

で、ベテルギウスの超新星爆発兆候とJRA史上最悪の落馬事故ですが・・・。
9頭落馬の原因が、三浦皇成騎手。競馬界の超新星ですね。三ツ星の「三」だし、こうせいは恒星。彼はいまフリーですが、そうなったのは、ほしのあきとの熱愛報道があったからです。これも星ですよね(笑)。
13日に魁皇が千代の富士をこえる808勝を達成しました。三浦皇との「皇」つながりが気になるとこです。スメラミコトだけでなく、白い王といえばなんかピラコチャ想像しちゃうし。
で、皇成が乗ってたのがノボプロジェクト。その斜行でコケたのがなんとフォルメン。シュタイナー教育ですよ。新馬戦だし。ルドルフ・シュタイナーを落馬させる(?)プロジェクトっていったい・・・。
ベテルギウスは平家星。三浦氏は源頼朝の挙兵に応じて平氏を追討しますよね。

1月3日の住吉大社の資材置き場火災から、いろんなことが芋づる式につながってるんです。
あとはいずれブログに書きま~す。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/15 15:15分 
  • [編集]

Re: うららさん 

大国主がうさぴょん助けますしね。
卯と月は、稲作に欠かせない存在です。
そこいらが出雲と住吉が事象的にむすびつく理由でもあるし、
事象的にこんがらがっちゃうとこなんですよね~。
案外うさぴょんが、いろんな神々の橋渡しになるのかもしれませんよ。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/15 15:24分 
  • [編集]

Re: 『天地人~愛を掲げよ』 

さらに「常盤」が演じたのが「お船」というのもありますね。
常世波打ち寄する駿河。伊豆から出た第一幸福丸の転覆事故もありました。

常はまさに床で、おっしゃる通りです。
神仙の不老長寿もありますが、太古からつづくのは子々孫々の永遠性ですね。
植物もしかり。だから木実が代なんでしょう。
木だけでも実だけでもダメで、木に実がなり、実が木になる時の輪。ときわ。
鈴生りに鳴り成りて生る。その常磐(ときわ)。=常祝(とこいわ)。
ほとばしる生命の歓びの永遠性ですね。

ほんとみなさんつながってますよ。
不思議というより、笑ってしまいます(笑)。
僕はよそにコメントするときけっこうママに書いちゃう方なので(苦笑)、みなさんしっかり書いていただいてすごいなと思うんですが、体裁じゃなく、ちゃんとひらめきを書いてくださってる。
そのひらめきなんでしょうね。つながっているのは。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/15 16:38分 
  • [編集]

Re: 常盤と宝くじ 

ありがとうございます!
これ知りませんでした。というか、知らないことの方が多いかも。
だから、ほんと情報たすかります。

それにしても、すっごい常盤ですね(笑)。
あっていいんでしょうか、こんなこと。
宝船と多発する船の事故は表裏なのかなぁ。

どういう方たちがあたったのかわからないけど、今回のハイチの地震でも、犠牲になるのは相変わらず弱者なんですよね~。そういう見方はいけないのか、それともそこに意味があるのか・・・。

中津瀬神社の八王子神と赤崎大明神が気になりますね。
1/10NASA発表のベテルギウスも赤だし。
なんか顔出すんだよね赤崎大明神って。
いったい誰なんだろう?

宇部の古名はムベで、ムベの木からついたという説があるようです。
天智天皇を「むべなるかな」といわしめた木ですね。
赤い実で、不老長寿の妙薬。なので別名もトキワアケビ。
じつはトキワアケビ市のトキワ町だったんですね(笑)。
う~ん、むべなるかな。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/15 17:58分 
  • [編集]

追伸 

イワナガヒメとコノハナサクヤヒメ。
永遠の巖と散華の桜。
いままでになくトキワが事象化するウラで、
安さ爆発みんなの「サクラヤ」が全面撤退しますね。
やはり僕らは、散る桜の思想を手放さなければいけないようです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/15 21:39分 
  • [編集]

赤崎大明神 

有り難うございます。

調べてみると、赤崎大明神はやはりスサノヲノミコトのように感じるのですが…。海神の王の王ですもんね。
あとイメージとしては赤と星でカカセオでしょうか?


ハイチの地震やその他色々な出来事に関しては、生きてる人間が考えつかないレベルで神々の仕組みが働いていると思いたいですね。
逆にいつ何時自分がその立場になったとしても、そのように考えられる覚悟と日々の感謝はしておきたいですね。

(事象としての)神武天皇の大和入りが現代の日本にとって何を意味するのか…。無い頭を巡らして考えております。
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2010.01/18 01:18分 
  • [編集]

モノさん 

牛馬の神でもあるそうなので、牛頭的なスサノヲがにおいますね。宗像三女神のお供をして的な話もあり、赤土命かな~とも思います。ほにゃらら大明神は、民間ではいろんな神格が混じりあってることが多いですよね。

ハイチもまた13日でしたね。
ハイチって、山がたくさんある土地という意味だそうです。
富士山は五湖の反応に要注意ですね。
ニニギなら、五湖に兆候が出るはずです。
タヂカラヲ=ダイダラボッチと考えると、戸隠の兆候にも注意ですね。
遠州灘の震度3と、先週連続した列車事故が大阪の堺を通して例の黒姫山につながりそうです。次回書きますが・・・。
今後堺が大きく反応するようなら、まさに境目ということですね。
小さいけど、いままでと違った傾向の地震が気になってるとこなんです。

12月30日に「ふじ丸」の料理長が熊野沖で行方不明になったことはご存知でしたっけ。
まさに稲飯命だと思います。
さらに金色ひらめが釣れてます。
いままでなかった熊野沖の事象がどんどんきてますね。
これが地震に変わるようなら、即警報を出します。
富士五湖と熊野沖は、いま細心の注意をもって見るべきポイントですね。

鈴○ゆきの時期と、重ならなければよいけど。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/18 03:37分 
  • [編集]

翡翠 

いやさかの木さま、おはようございます。

第2部、グレードアップされない・・とおっしゃっておられましたが、次元が2つくらい上がってる感じです(笑)。

次回を待てずに一つ気になることがあります。
黒姫山つながりの部分ですが、16日に訪れた住吉さんで、翡翠に出会いました。鳥のほうです。カワセミです。
野生のものをみたのははじめてですが、元旦の翡翠(石のほう。糸魚川の・・)に続いて2度目です。

元旦からすでに気になってましたが、黒姫山のことがでてきたので、先にお伝えしときます。

やっぱり2月のサントリーと麒麟ですが、伊勢にも関係あるような気がしています。。たぶん船木も絡んでいるように思います。

  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.01/18 06:29分 
  • [編集]

雌雄 

おはようございます!
今年も、よろしくお願いします!

大雪が降る前に、糸魚川のフォッサマグナミュージアムに行って来ました。
そこで、翡翠の説明に、かわせみの雌雄「翡→雄」・「翠→雌」とありました。
又、麒麟も「麒→雄」・「麟→雌」というー説があるそうです。

2つの生物どちらもが、一つの単語で雌雄を表しているので、気になりました。

皆様の文を興味深く読まさせていただいています。かなり、お世話になっております!!
ありがとうございます!!

無意識の世界というか・・・なんというか・・・への共同潜水探査ですね。

  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.01/18 09:33分 
  • [編集]

Re: 翡翠 

はい、次元がふたつくらい、事象のシンクロ率があがってます(笑)。
いままでにないくらい。
とくにスポーツ系。
伊東地震で鹿島沖が反応したあとのライスボールの鹿島ディアーズの優勝。相手も富士通フロンティアーズ。鹿島と鹿さんに、富士とフロンティアですもんね。
サッカー決勝で青森山田高校が第2位の翌日の、第2山田丸の遭難。
山田ってニニギにも関係します。
で、巨人シリーズ。
15日、Ⅴ9時代を支えた伝説の鬼寮長・武宮敏明氏が、88歳でなくなります。
17日、背番号18の桑田真澄元投手の父親が浜松市の自宅火災で、さらには小林繁元投手が福井市で急死。福井市は敦賀。
小林投手といえば巨人から寅さんへの因縁の江川トレード。
社会人時代は神戸大丸に所属、神戸が大好きだったという。17日は阪神淡路大震災の日です。
ちなみに赤崎大明神とおなじ東伯郡「赤崎」町の出身みたいですね。

まるで巨人攻勢・・・。
巨人はダイダラボッチ。盤古大神。ティターン。ティターンはチタンで元素番号22。
富士八湖をつくったのはタヂカラヲともいわれ、ニニギの命令です。たぶんそれがダイダラボッチ伝説になったのではと。
いずれにしても、和合のメッセージとともに最初にニニギが示されたのが、08年の小林市の陰陽石地震でした。そして翌日に四川省大地震が起きます。
今回のプロジェクトは、けっこう激しいかもしれません。
たぶんそれがいままでにないシンクロ性にあらわれてるんでしょう。またあらためて書きますけど。

確実に「翡翠」がメッセージ化してますね。
黒姫と確実につながるんですね。
堺の黒姫は履中天皇に関係します。そして住吉仲皇子の乱。
これには安曇氏と大隅隼人がからみます。

キリンは、由来の麒麟の像で太宰府天満宮とばかり思ってましたが、船木氏にも関係してますか。おもしろいですね~。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/19 00:21分 
  • [編集]

Re: 雌雄 

こちらこそよろしくお願いします!

麒麟と翡翠の夫婦メッセージですね。
なるほど。
今回のプロジェクトの夫婦は、イザナギ・イザナミよりニニギとサクヤヒメとイワナガヒメの夫婦像をより反映しそうなカンジです。
去年の桜島・浅間山→富士山始動の流れですね。

話は変わりますが、ちと気になってるのが天正遣欧使節団なんです。
08年11月24日の列福式で中浦ジュリアンが福者になりますが、
転向した残る三人の名が、
伊東マンショ→伊東地震
原マルチノ →原巨人 高天原
千々石ミゲル→常磐 セミナリオがあった島原の橘湾は別名千々石湾。常磐と橘。
バカバカしいようですが妙に気になってるんですよね~。
橘湾は前にけっこう騒いだ震源でもあるし。
ま、おもいつきなんですけど(笑)。

事象のシンクロがすごくて頭がぐるぐるしています。
まさに共同潜水探査。
しんかい5000、いやもっとかな。
ディープな世界ですよね(笑)。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/19 00:49分 
  • [編集]

ぐるぐるです・・。 

おはようございます!仕事にいかんといかんのですが(笑)簡単にちょっと・・。

はい、3匹目の使いっぱーとしましては、黒姫と確実につながる、と伝えとけって言われてるような気がします(笑)。

太宰府天満宮ですが、案外船木とかかわりがあるのではないですか?賀茂が橋渡しカモしれません・・・。

・・・ところで前回のコメントのご返信で、何気にビラコチャのことにかすっておられましたが・・・響きますね・・・(笑)、少しその点について長くお返ししたいことがありまして、またまとめてお送りしますね!

…関係ないですが、”頭がぐるぐる”って、なんかおかしかったです(笑)。
ほんと、そうですよね~、頭がぐるぐるです・・。

  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.01/19 07:21分 
  • [編集]

列福式 あか 

天正遺欧使節団の列福式・福者・転向組の件、気になってらっしゃるのですか!まさに、あてはまっているのですね!
ワァオ!ワァオ!

26人の聖人と、188人の列福者と、11月24日に144人の殉教者が列福されたという、数もなにやら・・・です。
高校生の時、「南蛮美術」の画集で殉教の絵を見て、見続けらなったことを思い出しました。

飛躍しすぎかもしれませんが、長崎と富士山を四郎でつなぐと考えると、吾妻鏡の仁田四郎忠常(富士山の人穴探検)を連想しました。
姫の胎内への探検かと思うと、フォッサマグナは造山帯だしなァと思いました。


又、あか(赤)の件ですが、東宮にお住まいのお二方の、歌会始での歌には、「あか」が入っていたし、歌の読み間違えがあったりして、TVを見ていてビックリでした。

p.s1月の2枚のブログの写真、ど迫力です!!




  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.01/21 23:41分 
  • [編集]

Re: ぐるぐるです・・。 

そうですか、だれかさん黒姫と確実につながるって仰ってますか(笑)。

出雲系の賀茂つながりですね。

頭も実生活もぐるぐるです(笑)。
なので、返信がおくれてすいません。
かまわずどんどん情報、分析お待ちしています。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/24 00:36分 
  • [編集]

Re 列福式 あか 

26という数字には開始という意味があるそうですね。
運命の(笑)12月26日以来、26づいたぐるぐるつづきで、なんか始まっちゃったみたいです。
木綿さんはどうですか?

大きな事象ポイントに長崎の五島列島沖があるんですが、風土記くらいしか史料ないし、五島といえば隠れキリシタンですよね。
列福式の視点から洗いなおす必要を感じてるところです。

あの人穴って、江ノ島までつづいてるって話しありませんでしたっけ。
伊東に関係する業の深そうな人物なので、飛躍でなかったりするかもですね。

歌会始に「あか」ですか。
なるほどね~。
今回のお題「光」は、天皇夫妻が結婚してはじめて夫婦で臨んだ歌会始とおなじお題なんですよ。
さすが22の年ですよね。
ニュース見てないんですが、歌の詠み間違えって、かなり気になりますね。オバマ大統領の就任宣言のまちがいと同じくらい。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/24 02:30分 
  • [編集]

NoTitle 

グルグル~なんですか!
ふんばり所ですね!
健闘の祈る!!です。
やさしく・かしこく・たくましく進んで下さいませ!


さて、12/26の前日は、わたしの誕生日でした。それまで、モヤモヤしていたのですが、家族に祝ってもらったらか、スッキりしました。

12/26は、わたしは歌とジャンべ(西アフりカの太鼓)で、舞踏家と公演をしました。

船山神社(新潟)の境内で、アイルランド人の作家のインスタレーションの作品(題:先祖の涙)を舞台にして行われました。

大雪後の大嵐の日で、雨天決行だったから、小雨と暴風の中で、公演は始まりました。
次第に雨は止み、わたしたちの動きや音に合わせているかのごとくに、池にさざ波が立ち、火の粉が舞い、その場にいる人々に、神々や精霊たちが「ここにいるよ~」と、存在を示しているようでした。
(わたしは、共演させていただいた気でいます。)
終了後、月が天上に雲間から見え、ホッとしました。

なおらいが、近所の古民家でひらかれ、地元の女性たちのおいしい手料理とお酒で乾杯をしました。
囲炉裏をかこみ、輪になり座す中に、アイヌの酋長のような年配の男性が座り、マキを燃やす匂いの中、菊水の五郎八というにごり酒を飲みました。
夢のような日でした。

28日は、ライブハウスでディレイ(音の増幅機)を使った歌声中心の演奏をし、翌日、気力を振り絞り帰省し、お正月を実家でのんびりして英気を養い、ただ今、すっきりしています。

1/23に歌とジャンべでライブをし、ますます、スッキリしています。

最近のオファーの中に、ここにきて、なぜか、秋田大黒舞「明けの方から福大黒が舞いこんだナ~♪」のリクエストが2件ありました。面白いものです!



神々が・・・のブログと皆様の文を読み、沢山のキーワードと考えを知り、大変勉強になりました。
ありがとうございます!

わたしなりに、「常」「床」のイメージを考えました。

「常」「床」から、棚田で裸足になり田植えをした時のことを思い出しました。
水と土をよく、しろかきした田は、微生物たっぷり、太陽の温かさが満ちて、足になんともいえぬ温みが伝わってきました。
正に、生命が育まれる場所です。
苗の床は、そんな場でした。

人間は、子宮で命が育まれます。
常世は、魂のふるさと、と考えられます。

「床」と「子宮」と常世の「常」のイメージには共通点があります。
様々な要素が、Mixされ再構成する場として、「床」「子宮」「常」があるように思われます。

人間に活力を与えてくれるタマは
、床で作られるそうです。
タマが増殖する場である床は、常世の支流みたいな関係(神界と神棚のような関係)にあるように思われます。
そんなフラクタルの相似形の中に、わたしたちの生活があるように感じます。

人は、床で増殖されたタマを身に沢山つけ、日々の活動をして、お互にタマを交換しあったり、直接でなくとも2次的3次的・・・にタマを受け取ったりしているのかもしれません。



五島の殉教者たちから、ハイチのヴードュー教の創始者・殉教者マガンダルを思い出しました。

アフリカの西海岸から連れてこられた人々の子孫は、壮絶な奴隷解放運動をしてフランスから独立したそうです。
今に至っても、その禍根から出られないでいるハイチを思うと、胸が痛みます。

メディアが、マガンダルと奴隷たちのことをもっとクローズアップしてくれるといいのですが・・・



歌会始の詠み間違いは、東宮さんの歌が、TVの画面の文字には、「照らせり」だったのが、詠んだ人は言葉を発する前にー度止もり、「染めたり」と言いました。
富士山登頂での朝日を詠んだ歌でした。


又、胎内くぐりのような富士山地下探検に行った仁田四郎忠常は、伊豆仁田郷(田方郡函南町)の住人だそうです。


とても私的な事だらけで、恐縮しておりますが、goサインが出た気がしたので、いっぱい書きました。
お読み下さり、ありがとうございました!

心に、“トコのイメージを持って、日々を過ごそうと思っている次第です。








  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.01/26 22:24分 
  • [編集]

”ネコ”も・・ 

こんにちは、仕事をしないといかんのですが(笑)、簡単にちょっと・・・。

>木綿さま
はじめまして!
・・・新潟の船山神社で歌と太鼓を奉納(?)された記事拝見しまして、月の光と太鼓の音と歓びの歌が伝わってくるようでしたので、なぜか私のいろいろとつながって頂いていらっしゃる、とお聞きしてとてもうれしいです。わたくしごとで恐縮ですが、明日誕生日なので、なんか、こちらのブログを媒介に、”祝!”・・・っていっていただいた気分です(笑)。

>いやさかさま

・・・いってるそばから、大隅半島、ゆれましたね(笑)。
・・・実はもう一つ気になっていることがあるのですが、どうしても”ネコ”がとても眼につきます。
ネコ・・・・・女神にも、壺にも、王にも、聖人にも、そして船木にも(笑)つながります。・・・・いやさかさまはなにかありませんか?

それと、やはり、鳥なのですが、これと

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100127/20100127-00000066-nnn-soci.html

これも

http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1264655795

気になります。

・・・宮中のお歌ではないですが(笑)、個人的な感想としては、相変わらず世間は暗い時代ですが、もしかしたら、暗⇒光への転換が始まったのでは・・と感じるような気がしています。



  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.01/28 14:42分 
  • [編集]

2つめのリンク貼りミスりました・・ 

ごめんなさい、2つめの気になる鳥のリンク、貼りミスりました・・。

こちらが正しいです。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100128-00000035-san-soci.view-000
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.01/28 14:51分 
  • [編集]

天音ママさんへ 

お誕生日おめでとうございます☆彡
1/26に、オオナムチの予感をされていましたので、手前味噌ですいませんが、秋田大黒舞の決めゼリフを送ります!
~♪コラ目出度い目出度い 商売繁盛  御家内繁盛  皆様おまめで  金もうけ  どっさり~
ご多幸を祈っております。

又、お気持ちを大変嬉しく思っております!!
ありがとうございます!!
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.01/29 01:40分 
  • [編集]

響をもって御礼です(笑) 

>木綿さん

大黒舞の決め台詞とお祈り、心からありがとうございます!
実は今日、誕生日とともに私の結婚記念日でもありまして、タイムリーにも10周年です(笑)。年はゾロ目なので、なんか象徴的です(笑)。木綿さんの言祝ぎ・・なんだか天地に通ずって感じで、私はご相伴に預かり誠に恐縮です、心からありがとうございます・・って感じです(笑)。

>いやさかさま

場をお借りして木綿さんとお話させていただきありがとうございます。いただいた大黒舞の決めゼリフ、この場とこの場におられる皆様といやさか様にも満ち、響き渡りますよう、僭越ながら繋がせていただけますと幸いです・・。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.01/29 06:47分 
  • [編集]

Re: 木綿さん 

ありがとうございます。
御柱めぐりもぐるぐるですしね(笑)。
ぐるぐるしながら上昇してるのかもしれないし、よしんば下降してるとしても、母なる地球に呼ばれてるわけなので、まいっかと(笑)。
出たがってるものは出しといた方が自然ですしね。

goサインに感謝します。
目に浮かぶようです。
すばらしい!
それぞれの私的なことが、不思議にもからみあって、だんだんみんなのいい不思議になって行く・・・いやさかだなぁ(笑)。
だからできる範囲で、私的なことも書いていただけるととても嬉しいです。
事象という意味では、僕らひとりひとりが事象で、
表現という意味では、僕らひとりひとりが表現です。
そしてそれらがからみあうと、ひとつの方向性が見えてくる。
あ、なるほどと。
ん~たまりません(笑)。

「常」「床」のイメージ・・・おっしゃるとおりだと思います。
たとえば岩にコケが生えるのはくぼみだったりします。
くぼみにたまたまいろんなタマがタマって、あらたなタマが誕生します。
くぼみが子宮になる。
神代の人たちはそういう自然のいとなみを見つつ、ツボの世界観、宇宙観を育てていったのかもしれません。
幼くして亡くなった子は、甕棺に入れられ玄関先に埋められたといいます。それを母がまたぐことで、もう1度生まれておいでと。
くぼみ・つぼには、そうした再生の力があると信じられてきたし、じっさいそうだと思います。漬物だって、再生です。
だから、ツボとトコはにたもの同士なんです。
そして富士山は、そういうトコなんですよね。

ためしに、心に“トコのイメージを想像してみました。
すごいひろがりですねぇ。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.01/31 04:07分 
  • [編集]

Re: ”ネコ”も・・ 

お誕生日おめでとうございます。

そうなんですよ。いってるそば、しらべてるそばっていうのありますよね。
なんなんだろう? これって。
種子島近海の地震はたまにあるんですが、今回のように震度4というのははじめてですね。
宮城の二ヶ所での震度4は木曾御嶽山と連動しています、これもあたらしい動きです。
ツボが連動しています。
御嶽神社は国常立尊にオオナムチとスクナヒコナ、ようするにクニの創世神です。
さすが御柱祭の年だけあって、リフォームがはじまってますね。

鳥というと、どうしても日本武尊になっちゃうんですが、
宮城の地震でご健在ぶりを確認しました。
氏子さんが岩手宮城地震のときとおなじ動きしてましたもん(笑)。

で、最近・・・というか前からなんですが・・・きてるワードは「鈴木」。
それから「石川稲荷」ってのが夢に出てきました(笑)。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/01 00:44分 
  • [編集]

木綿さん天音ママさん 

木綿さんおめでたい秋田大黒舞の決め台詞ありがとうございます。
大笑いしました。
また、天音ママさん、つないでいただきありがとうございます!

どんどんかってにお話しちゃってくださいね。
僕も楽しみが増えるので、とっても嬉しいです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/01 00:58分 
  • [編集]

NoTitle 

>天音ママさん・いやさかの木へ

おニ方のお気持ちとナイスな采配に、感謝します!!

十アルファです。
1/3は、巨木探訪好きな義父の誕生日で、
結婚10周年の方ですが、恐れながら、わたしも今年なのです。
ワォ!なんか、面白いです!!

わたしの身辺では、ここ数週間で、甥っ子の誕生♪~。そして、旦那ちゃまの祖母の葬儀。又、今週末は友人の結婚式!!  祖母の一周忌。と、目まぐるしく続いています。
なんとマァ~!
こんな流れは初めてです。

>いやさかの木さんへ

コケ・母がまたぐツボの話をありがとうございます!!
2児の母として、感情移入して読みました。



  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.02/01 23:21分 
  • [編集]

Re: 木綿さん 

ただの義父さんでなく、巨木好きってとこが光栄ですね。
おなじ誕生日だなんて。

おふたりとも20「10年の」平成「22」なんですね(笑)。
そりゃたしかに秋田大黒舞でしょう。
ごちそうさま~。

たぶん世界も宇宙も壺(子宮)だったと思います。
ツボはそのフォルムですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/02 03:08分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/180-708d9ad7

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。