神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

生駒山の太陽柱(1)




ことしは7年に1度の諏訪大社の御柱イヤー。
新年まず最初に立てられた柱は、生駒山の初日の出の太陽柱だった。
生駒山(642m)は大阪府東大阪市と奈良県生駒市の境にある。神武天皇とニギハヤヒの軍が最初に戦った山だ。2010年の10は、ニギハヤヒの十種の神宝をも想起させる。

秋葉原の十字路や、「篤姫」島津家とホピ「祖先たちの帰還」の【〇に十】のシンボル・・・過去いろんなとこで「十」が予示されてきたように、今年の御柱祭は事象的に「十(クロス)」を意味する。それは僕らが立てるべき火と水の十字であり、母なるマトリックスクロスであり、富士山(蓬莱)の中柱であり、課せられた関門(海峡)でもある。
この関門を越した後、御柱は妻夫木となり、再生と豊饒の真木にいたるのだろうか・・・。
11月22日の「愛を掲げよ」と1月11日の「徳を樹(た)つる」。
僕らひとりひとりの御柱祭のために、ニギハヤヒと酒折宮から贈られたメッセージかもしれない。

クロスといえば十字架・・・出口王仁三郎は救世主とは贖罪神スサノヲのことだと説いた。十字架もまた再生の木だ。エデンの楽園と終末に降臨する聖都、そのアルパ(初め)とオメガ(終り)の生命の樹を媒介して立つ、苦難と救済の木ともされた。
 ※聖都のいのちの木が登場するのは最終章。黙示録の22~ダ!
  で、終わりを意味するオメガのωもΩも「ツボ」のカタなんだよね。

大阪では去年の7月5日、此花区四貫島のcrossニコニコ(これも22を暗示)の火柱が、対立と犠牲の十字を描いている。この【cross22】の北緯34度41分ヨコラインが通るのが、元旦太陽柱の生駒山の孔舎衛(くさえ)坂である(東大阪市日下)。神武の兄・五瀬命(いつせ)が矢を射られた激戦地だ。
さらには、せんとくんの平城京朱雀大路跡、日高見の金に目をくらませた東大寺大仏(以後蝦夷戦略が本格化)に、お隣りは鹿男の春日大社、お清めの塩の相良(さがら)と明石・・・etc。
驚いたことに北広島町東八幡原の臥龍山(1223m)も、cross22と同緯度ラインだった。なんて中身の濃いクロスだろう。
臥龍山とオバマ湾の遺棄事件については、それぞれオオゲツヒメと相良+五瀬命のつながりで過去にふれた。陰陽の対っぽいとは思ったけど、まさか相良→孔舎衛坂→臥龍山の線でも結びつくとは・・・。
1分ちがいの34度40分には、東大阪市の河内一宮・枚岡(ひらおか)神社がある。平岡氏はこの土地に発祥する。平岡頼勝は筑前の小早川秀秋の家臣となり、関ヶ原の合戦で秀秋を寝返らせた。あるいは京都最古の八幡宮ともからむかもしれない。空海の創建は大同4年(809)で、これが去年に該当することも過去に書いた。今年は藤原薬子の変の810年にあたる。
両事件には、物部・中臣vs蘇我・忌部(いんべ)の構図も介在する。こうした対立と犠牲の物語のどこかにたぶん犯人はいる。

神武東遷神話では(今後は東征でなく、自説でもある東遷とします)三人の兄がつぎつぎと犠牲になる。五瀬命と三毛入命(みけいり)と稲飯命(いなひ)だ。
去年の10月5日のオバマ湾の事件は、まるで五瀬命(和泉国男神社)が犠牲として捧げられたようにも見えた。若狭一宮(オバマ市)のホホデミと豊玉姫(若狭彦・姫)にである。じつは五瀬命だけは、ワタツミ一族の玉依姫(たまより)の子ではない。
五瀬命の墓は、和歌山市竈山神社にある。隼人と出土品の関連から井辺(いんべ)八幡山古墳だとする説もある。忌部と八幡のとりあわせがおもしろい。

生駒山の初戦に敗退した神武軍は、南下して名草山(紀三井寺)を攻める。この紀三井寺付近では、去年の999の日に猪さんがボンバイエとばかりに列車に衝突している。また旧名草郡(和歌山市・海南市)の沖は、中央構造線の地震がもっとも目についた地域でもある。
で、神武軍はそのあと紀伊半島を迂回し、熊野の荒坂津(熊野市二木島)へ向かうのだが、当然のごとくここでも二木島~新鹿駅間で鹿さんが特急に突っ込んでいる。地デジカ事象が多発していた6月9日のことだ。紀勢線で多発した衝突事故は、基本的に神武東遷事象と見ていいかもしれない。
ちなみに当ブログでは、神武東遷開始を宮崎神宮沖地震の4月5日と判断している。9様がミサイルを発射したこの日、神奈川の南足柄市では59羽のカラスの死骸が見つかった。おもしろいことに、関東地方には筑紫のカラス射落とし伝説がある。2個の太陽のひとつを射落としたら、正体は三本足のカラスだったという話も。ふたつの太陽とはニギハヤヒと神武であり、射落とされたのは神武天皇を大和に導いたヤタガラスである。反神武勢力がいたのだ。

さて、荒坂津へ向かった神武軍は熊野灘で暴風に遭遇し、船が漂流する。のこるふたりの兄が入水し、常世国に還ったのはこのときだ。
11月13日、熊野沖で鹿児島県奄美フェリー「ありあけ」が巨大な三角波をうけ横転する。
12月30日には田辺市沖で、豪華客船「ふじ丸」の総料理長・中司さんが行方不明になった。
ちょうど「伊豆(イヅ)と富士(ミヅ)」をupした日だ。
鹿児島はもと日向国。713年に大隅国と薩摩国が日向から分立する。奄美は大隅国に属した。神武の母玉依姫のワタツミの宮は鹿児島湾にあった。この湾もまた巨大なツボだ。神武の軍船を操ったのはのちに隼人と呼ばれた鹿児島の人々である。その鹿児島のフェリーが、神武軍とおなじように暴風で遭難したのである。
また、ふじ丸の総料理長のワードはまさに稲飯命を連想させる。しかも筑紫(九州)の方だ。ご存知のとおり記紀神話では、富士山の女神コノハナサクヤヒメとニニギが出会ったのもた、鹿児島の笠沙というとこである。
中司さんは誤って海に転落したものと見られている。
このふたつの事故は、三毛入命と稲飯命の事象と考えてまちがいないだろう。
今月5日には、串本町沖の熊野灘で金色のヒラメがあがり、地元の漁師さんを吉兆だと喜ばせた。
いままで気配すらなかった熊野沖で、たてつづけに事象がおきている。震度4クラスの地震が気になるところだ。

ちなみにふじ丸は、硫黄島沖で日蝕観測に成功した船のひとつ。中司さんは、今月12日に長崎・五島列島沖で沈没した第2山田丸の満尾機関長とおなじ南島原市加津佐町の方。五島列島といえば隠れキリシタンだが、南島原市の加津佐と有馬は、かつてセミナリヨがあった場所である。08年11月24日に列福式が行われたペトロ岐部もそこで学んだ。で、こうした背景がのちの天草四郎の島原の乱(原城)へとつながってゆく。殉教もまた、犠牲のワードだ。

海人関連では、あとは「久米」の事象が出るはずだ。去年から愛媛近辺でおきてる地震がそうかもしれないが。
さらに椎根津彦・・・これも青海氏と黒姫山や翡翠(ひすい)を通してすでに出ているけど、大和国造なだけに、せんとくんの今年はさらに大きな連動を起こす可能性がある。

今回、「富士と桜島、そして隼人(3)」のかわりにこの記事を書いたのは、みなさんに生駒山の太陽柱と神武東遷事象をふまえた上で、鹿児島の桜島に到ってほしかったから。
そう思った要因は、大阪・天保山の黒雀と天音ママさんに教えていただいた栃木・渡良瀬川の黒鳥にある。キーワードは黒い柱と赤い柱。
【cross22】ヨコラインでもっとも注目すべきは大坂城・・・本願寺があった石山になる。かつて神武天皇はそこで生島神と足島神の祭祀をおこなった。のちに八十島祭として受けつがれたマツリだ。その生島足島祭祀が、生駒山の太陽柱や諏訪大社の御柱祭と密接に関係しているのである。次回はそのことについてふれ、それから桜島へと旅してみたいと思う。

神武東遷事象はいまも進行中だ。興味のある方はぜひ、神武神話を読み解き、この先の事象を予測してみてほしい。

  • [No Tag]

*Comment

ゲートとダート 

おはようございます。
今回の記事も大変面白く拝読致しました。またわたくしの誕生日へ言祝いでいただきありがとうございます(笑)。ゾロ目でアクエリアスなので事象チックにタイムリーです(笑)。・・ちなみに私は富士額です(笑)。

・・こちらにくると、まるで ”心話Q&A”のごとく、記載はしないけど、心の中で気になっていることの回答をしてくださるので、いつもちょっと笑ってしまいます(笑)・・・もしかして、見えてます(笑)?

雀神社のことを書かれておられましたが、実は私も気になっていて、ちょっとすずめ踊りをみてみたりしたのですが、起源は堺の石工衆なのですね?踊りが、鳴り物とともにはじまったとたん、空間にばあっと米粒が飛来してくるような感じがあって、豊穣の呪術を見てるようでした。面白いですね。

大国の宮柱が赤と黒のまんだら・・って知りませんでした。すごく面白いですね。墨坂神と大坂神の楯と矛の話もものすごくタイムリーです(笑)、穴虫でしたっけ?場所・・。考えてみればすごい名前ですね(笑)・・地元なので、つい普通にスルーしてしまいがちですが、ちょっと思考のスウィッチを入れると考え込む地名って大阪に多いんですよ(笑)・・・・・赤い柱と黒い柱で、ゲートとダートですかね・・・・・じゃあ、住吉村の出口ってこのことですかね(笑)
やっぱり競馬、見ないとって感じです(笑)
アカヒルメとオオナムチ、原初の根源から根源へって感じです。

鈴木・・・はやっぱり石山本願寺つながりですか?家紋はヤタガラスですよね?・・・余談ですが、わが息子はこの春から石山本願寺跡近くの小学校に上がります・・毎日私も日参予定です(笑)。
私は、なんだか北のほうが気になるのですが・・。そういえば鈴木も北へつながりますね。(ムネオちゃん・・笑)

鳥、少し落ち着きましたが、気になっていた間、パブロ・カザルスのあの名曲がずうっと頭の中でなってました。
ヴィクトリア・ロス・アンヘレスが素晴らしいです。ご存じとは思いますが、閑話休題にはっておきます。
ちなみにオリジナルはカタロニア語で歌われているので、ぽつぽつと単語しか分かりませんが(スペイン語とは同じおおもとの言語ですが、それでもやっぱ違うのです)、クリスマスの祝歌でみどりごの誕生を鳥たちが祝う、という歌です。みそさざいも歌っています(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=ZTO7CISpz9c&feature=related

・・・はい、ずうっと誰かさんに、柱、たてるので、知らせとけって言われてるような気がしています(笑)。・・今日、ちょっと御挨拶にいってきます(休みです 笑)

  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/01 08:17分 
  • [編集]

石川稲荷とは・・ 

いやさかさま、こんばんは。
ふと、思ったのですが、夢で見られた ”石川稲荷”ってそういう名前の神社があるのですか?

・・・もしかしたら、ぜんぜん見当違いかもしれませんが、安倍晴明公のことですかね?
信太森葛葉稲荷神社の伝承に、妻の病気を治すために兄の蘆屋道満の占いによって、和泉国和泉郡の信太の森にいって野狐の生き肝を得ようとする石川悪右衛門の話を導入にして白狐と恋に落ちる安倍保名の話は有名ですが、その子が安倍晴明ですよね。

なんとなく思ったのですが、鴨と陰陽師つながりじゃないですかね・・。
実は私の実家は安倍晴明公の誕生地、といわれている安倍晴明神社にとても近く、また私の18まですんでいた場所は、信太山の近くでした(大鳥神社も近いですが 笑)。・・個人的に、少し安倍晴明公とはご縁があるので、そっちに頭が向いたのかもしれませんが・・・。

ちょっと気になったので一応お伝えしときます(笑)




  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/01 21:40分 
  • [編集]

月と星 

連投ですみません、一つ言い添え忘れました。

・・石川稲荷がなんでそう思ったかといいますと、安倍晴明公と住吉も、私はある意味繋がっている、と思ってます(笑)。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/01 22:56分 
  • [編集]

Re: ゲートとダート 

ありがとうございます。
ゾロ目のアクエリアスですか。
たしかに事象チックですね。
あ、ちなみに丸額とはいえ、はげてはいませんよ(笑)。

雀神社って堺の石工と関係あるんですか?
奥がふかいですね。熊本の江田船山古墳までいっちゃいそうです。
最初は黒雀と朱雀の関係を考えてたんですよ。

八十島祭は、生島足島神のほかに住吉神も祭ったようです。
大阪のマツリですしね。
というより、なんたって住みよろしです。
住みが吉になるには、立派な御柱が必要ですよね。
この辺もこんど書きます。

北の鈴木大地ですね。もとい大地鈴木ですね。
別名トカップチ鈴木(苦笑)。
去年の自動車販売台数世界一はVWスズキでした。
ブログに書いたかもですが、去年9月、鈴木さんにうちの会社でやらないかと誘われたんです。夢なんですが(笑)。この「会社」が天皇賞とマイルCS優勝のカンパニーと、坂本竜馬のカンパニー(亀山社中)につながり、で、出雲88カンパニーと名づけたわけです。
で、鈴木さんの夢の翌日、こんどは「孫一神社」が出てきたんです。
もちろん夢だし、実在しません。でも、鈴木孫一といえば信長から本願寺についた鉄砲衆、旗印はヤタガラスですよね。

ちなみに鈴木は暦の木で、天照大神につながるんです。

鳥の歌はこみあげます。
鳥たちの歌は、僕にはよく聞こえません。
天音ママさんなら聞こえると思います。
なにか聞こえたら教えてください。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/02 02:19分 
  • [編集]

Re: 石川稲荷とは・・ 

あ、この神社知ってると思ったんですけどね~。
石川稲荷って、ないみたいです。どこぞの末社で見たのかもしれませんが。
石川県出身の吉備タケに聞いたら、となりが稲荷町だっていってました(笑)。
でも石川稲荷ってのはなさそうです。

いえいえぜんぜん見当ちがいじゃないと思います。
ブログには、全体の流れや、倫理的に省略したオクラ入り物件がけっこうあります。
信太の森は、cross22のタテラインなんですよ。
ここの稲荷と市場稲荷が五瀬命をオバマ湾に捧げたカタチになってるんです。
聖神社は日知りで暦の神だそうで、これも暦の木の鈴木につながります。
晴明も暦ですよね。

信太の森と石山をつなぐなにかのストーリーに、
天音ママさんはからんでらっしゃるのかも。

ちなみに石川稲荷にはおたふくのようなおかみさんがいました(笑)。
前に見た夢では旅館のおかみさんでしたね。
イナリ寿司のてんこもりで稲荷だと判ったんですが、
今回は直でした。
お饅頭でもてなされました。
きれいな池の水の中に、白狐と五色の紙垂で飾られた長い竹ざおがいっぱいありましたね。
なんなんでしょ?

ちなみにキツサネで東西南北。
キツネはサがぬけてサヌキ。
サヌキは香川。弘法大師。
平岡都は平岡宮、平岡八幡宮は弘法大師。
で、平岡さんは香川の方なんですよね。
ちなみに四国には稲荷がありません。
タヌキの国のようです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/02 12:06分 
  • [編集]

追伸 

ん?
石川と石山・・・?
五芒星と五色の紙垂と白狐?
日知りと日置?

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/02 12:42分 
  • [編集]

ペンタクル 

>追伸へ

はい、私には少しご縁がある方です。
いやさかの木さまとは、僭越ですが、ものすごく共鳴するポイントが多いので、たぶん、そうじゃないでしょうか。

臥龍山の事件は、私も御にえの色が強い・・と思っていましたのですが、そこがクロスラインにあり、かつ小浜湾の事件が市場稲荷が関係していて、このブログの、わたくしへのご返答にそのワードがでてきたのなら、ますますそうではないかと・・。

ちなみに、和泉の前には、私の自宅は泉南にありました。もともとは住吉大社の近くなのですが、父の仕事の関係でそのように移動していて、今はまた住吉大社の近くに戻っています。

夢の内容ですが、すごくきれいな池の水面は、鏡で⇒日を、お饅頭⇒月を表わすのではないでしょうか。
日月で、天文と二星を表し、また明という字になると思います。
陰陽道は、歴と天文の2分野に分かれますが、歴は賀茂氏が、天文は安倍晴明公がのちの土御門となって継承されていきますが、たぶんいやさかさまはどちらにもかかわりがおありなのではないでしょうか。
5色の紙垂はおっしゃるとおり五芒星を、
白狐はいわずとも知れたお方を表わすのではないでしょうか。
たぶん ウケモチも関連してますよね?

その他についてはあとでまたまとめてお返事しますね(笑)
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/02 16:26分 
  • [編集]

追伸 

はしょりましたが、たぶん、すごくきれいな池の水⇒青で、先ほどの水面⇒鏡⇒日で、もう一文字が晴、という字になります。
青い日とは青い惑星(星)、晴れる・明ける、という字は、日・月・星を連想しませんでしょうか・・。

それと旅館の女将さん、とは旅籠⇒秦ではないでしょうか・・。
秦と賀茂は、私の中では月・日に連動しますので月神・日神・星神でまさに天文と歴ではないでしょうか・・。私的には鈴木もそれにかぶります・・。

・・・はからずしもタロットのことをトピックにされておられたので、きっと・・そろそろか?・・と、アプローチされてこられたのではないでしょうか(笑)
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/02 17:53分 
  • [編集]

久米島の久米泉 

いやさかの木様皆様

いやさかの木様が、・・・海人関連では、あとは「久米」の事象が出るはずだ。去年から愛媛近辺でおきてる地震がそうかもしれないが・・・

と書かれていますが、忘れてはならないと思うのが、「久米島」です!
一説では、沖縄近海にムー大陸があるとかないとか・・・
「久米島」近海の地震などの動きも要注意ですよ
  • posted by じん 
  • URL 
  • 2010.02/02 21:25分 
  • [編集]

黒と鳥 

こちらで黒と鳥の話を読んでいるうちに思い当たる処が有りブログにまとめてみました。
そう言えば朝、仕事に行く途中で10羽位のカラスとトンビが道に落ちている何かを盛んに拾っていました、通りすがりにトンビが向かって来て私の車に接触、バックミラーで確かめるとかろうじて後続車をかわして飛び立ちました、鳥達が何を拾っていたのかは不明です。

鳥達が道で食べ物を拾っているのはあまり珍しく無いのですが、こんなに危ない思いをしてまで次々に拾いに行くのは見た事が有りませんでした。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2010.02/02 21:34分 
  • [編集]

節分と立春 

おはようございます。

・・・やっと立春がやってきますね。
うちの息子もおとついから風邪にやられたのか寝込んでしまったので、ちょっと豆を食べさせときます(笑)。
私の勤め先の真裏に、坐摩神社があって(・・どこまでも・・って感じですが 笑)、今日、魂鎮めの祭祀があり興味があったので仕事を抜けてちょっといってこようと思ってたのですが、いけなくなってしまいました・・。
いやさかの木さまのぐるぐるは大丈夫ですか。数日前、富士山の絶景のショットに太宰の一言を重ねているニュースがあって、ちょっといやさか様のことを思い出しましたよ。豆、食べてくださいね(笑)

さて、雀神社のことですが、いえ、雀神社と堺の石工のつながりがある・・のかもしれないですが、そこのところは私は定かではないのです・・ややこしい書き方をして申し訳ありません・・・。石切神社にはつながりがあるようです。雀が鎮めの転化だとは聞いていたので、なぜ鎮めなんだろう、と思って、興味があり雀つながりで見てみたのです。踊りの起源が堺の石工衆だということでしたが、私の個人的な感想では申し上げましたように豊穣の呪術の趣があり、大変面白かったです。
朱雀の件にも触れられていましたが、私も最初かすりましたが、そこに転ずればいいですね・・。

信太の森と石山をつなぐストーリー、ありがとうございます。石山という聖地のお土地柄と信太の森をつなぐものに関係するのかも知れないですね。・・・思うところはあるような気がします(笑)
・・・それにしても豊臣秀吉はよくここに城をたてたよな・・と思います。豊臣の名乗りもすごいです・・。

・・そうなのですね、四国には稲荷がないのですね、
タヌキの国、ということは、四国は月の配下にありってことですかね?
月神だからウケモチとは同居してないのですかね・・。

鳥の歌、気に行っていただけてうれしいです・・。
私もこの曲を聞いたらいつも一人で涙ぐんでいます。
カタロニア語の正式な歌詞を探したのですが、みつからないのですよ・・ご存じなら教えてくださいね。。
・・で、正しい訳詞かどうかは不明ですが(何通りも日本語訳があるのです)、ひとつ見つけたものを張っておきます。
美しかったので、春を寿ぐ、という意味でいやさかの木さまのために。

”The Song of Bird"

うるわしき夜 気高き光
大地を照らせば
鳥たちつどい
祝歌う かぐわしき声で

森の奥まで メロディー流れ
歌声は響く
鳥たち歌う
「救い主が生まれ 悩みは喜びに」

・・・私は、アンドリューシャがアレクサンデルの言葉を信じて水をあげ続けた木に、やがて鳥たちは集まり歓びの歌を歌うと思っておりますよ・・。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/03 08:26分 
  • [編集]

青と翠 

あー。
それでヒラメ釣りなのに鴨が釣れたのかなぁ
やはりあの海ガモは星羽白みたいなんですが。

そして。
安倍晴明生誕の地 という猫島の石碑を見ながら通っていましたよ…昨年八月までの職場に。沓掛の青年の居るところに。

あとは中学の頃、夢で二度話した人が、私のなかの安倍晴明のイメージでした。

筑波山から霞ヶ浦の間くらいで「この辺りは昔海だったのです」に「知っているよ」と答えたこと。

船塚山古墳という大きな前方後円墳の上で
「地に起きることは全て空に書かれている」
と言われたことを覚えています。(天に描かれている?)

ここの古墳群は円墳を含めて線で繋げると、白鳥座になるそうです。星の位置の縮尺も同じで、意図的ではないかという説があります。
古代では白鳥ではなく、アキツ(蜻蛉)と見ていたそうですが。
埋葬されているのは、ツクシトネという名だったような。

あ、このあたりは前に書きましたっけ?
ぐるぐるは伝染しますね。

この前、川の横を走っていたら、カワセミが川の中央を遡るように飛んでいて、しばらく車と並走する形になったんですが、日光と水面からの乱反射を受け、まるで翡翠の矢のようで美しかったです。
釣りしてる私にとって、珍しい鳥ではないんですけどね。

昨年末、大きな川が逆波立って日光が当たり川全体が金色の鱗に覆われている夢を見て、その時釣りあげた青魚(アオウオという大きな魚です)に翠玉と名をつけて放したら、川の中の誰かと話をしたし。

狐のお嬢さんとか呼ばれてたこともあるし(笑)

もう逃避したくなってきました。
  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.02/03 11:33分 
  • [編集]

Northern Cross 

<香住さま

はじめまして!そしてありがとうございます。
・・やっぱりそうでしたか、と、お話を拝読してなんだかすっきりしました(笑)。

私の実家は安倍氏の所領といわれた大阪の阿倍野区なのですが、北畠親房に縁の場所で、安倍晴明公誕生の伝承の場所の1つにとても近いところにあります。(大阪安倍晴明神社)

ここは、旧熊野街道沿いにあり、住吉大社まで直結なのですが、通りには橘姓のお宅も多く、晴明神社の代々の氏子さんらしき方々には橘姓の方も多くみられ、私は勝手に ”ときじくの香久の木の実をたどる道”、と読んでいます(笑)。

また、香住さまのご先祖さまの伝説にあるムカデは転じて鉱物そのものを現したそうなので、ムカデの伝承のあるところには鉱脈がある、といわれているかと思いますので、それに関係して、とても不思議なご縁を感じます。

船塚山古墳の白鳥座のお話もとても感慨深くお聞きさせていただきました。

白鳥座は七夕伝説に関係がありますので、きっとお話された方は、香住さまが思われるお方にまちがいないのでは・・と思います。

翡翠の矢のお話、眼に浮かぶようです。
翡翠のような青の色は、私のご縁のある方にとても関わりのある色だと思います・・。
お話をお聞きできて、とてもうれしかったです・・。

>いやさかさま

宮沢賢治の”銀河鉄道の夜”は、確か北十字星から南十字星への旅でしたかと思います。。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/05 00:32分 
  • [編集]

NoTitle 

>天音ママさま

はじめまして
こちらこそ、ありがとうございます。

ムカデと鉱物ですか。
私は大きなムカデが大好きで、捕まえると「美しいヨロイ」と呼んで、お弁当買って車で山に連れて行って放してます。ピクニック的に(笑)
さすがに家の中に居られると困るので。

翡翠のような色。
私も大好きで、カーテンもバッグもケータイもそんな色です。
基本、水の性質だからかも。

私は頭で理解していないことが多すぎて、ここでは色々勉強させてもらってます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします

  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.02/06 18:43分 
  • [編集]

ありがとうございます 

>香住さま

こんばんは。いやさかさまがおいでにならない間に勝手にお話していますが(笑)、ご返答ありがとうございます。

”美しいヨロイ”とは、伝説の武将の末裔のお方ならではの形容ですね(笑)。私も虫や動物など生き物が大好きなのでお気持ちがとてもよく分かります。釣りをなさるってのもとっても素敵ですね(笑)。

ムカデと鉱山は関係があり、鉱脈のあるところにはムカデの信仰や伝説があることが多い、という論説があると思いますが、私は鉱山から転じて黄金で橘つながりです(笑)。ラオスやタイにはターレオといってムカデを模した呪標があるそうで、破邪の効果があると信じられているようなので、面白いですね。御幣なんかも見た目がなんとなくムカデっぽいです(笑)

私もいろいろと知らないことがいっぱいで、こちらでいやさかの木さまにいろいろと教えていただいております。
こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/06 20:22分 
  • [編集]

Re: ペンタクル 

遅くなっちゃいましたね。コメント返しが。

故郷の友人にもらった晴明神社のお札がにわかに意味をなす今日この頃(笑)。
とんぼ返りの上京で、どうしても行きたかった晴明神社に寄ったので、おみやげがそれになっちゃったわけですが。もう何年になるのか、いまだに飾ってあります。
まさかこんなふうに日の目を見るとは・・・。

じつは白狐のあとも、レアルマドリッド(白い巨人)、ホワイトタイガーと白い夢を見つづけてるんですよ。牙がすごいので、白いサーベルタイガーの双子の赤ちゃんかも。

はたご→秦氏は参りました。なるほど。
石川稲荷が文献上で京都にある、もしくはあったことがわかってきました。
おのずと秦氏がからんできますね。
さらに石川県小松基地の田母神元航空幕僚長、および、晴明と同姓の安倍元首相などの京都での動きもからんでいるようです。

夢を分析していただいてありがとうございます!
そうです。ウケモチなんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/07 14:37分 
  • [編集]

Re: 久米島の久米泉 

泡盛ですな。
もちろん、わすれてはいません。
久米宏も(笑)。

御嶽山から宮城のふたつの震度4への連動、さらに新潟に26年ぶりの大雪をもたらした低気圧の巨大な渦の追い討ちで、宮城岩手内陸地震の震源が復活しています。
あのときも、また星神のときもそうでしたが、ここの地震は南西、沖縄諸島とリンクします。
おりしも、久米島でキャンプを張るのは東北楽天イーグルス。
岩手の宮古と宮古島は岩手沿岸南部地震のころはよく連動してました。
今回宮古島では、オリックスの若手選手の残念なニュースがありましたね。
イチローが「ホゼ」って呼んでたそうですが、
ホゼといえば岩手の九戸の民間伝承。
ボゼといえば、日蝕の悪石島の仮面神。
なんなんでしょうね、こういうのって・・・。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/07 15:08分 
  • [編集]

Re:久米 追伸 

いってるそばから地震速報。
宮古島で震度3です。
ほんとなんなんでしょうね、こういうのって。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/07 15:17分 
  • [編集]

エリクサ 

お札、おもちでしたか。
・・よろしければ、新しいものをお送りしましょうか。
必要でしたらフィールド・ワーク、行ってきますので、いつでもお申し付けください。(笑)

安倍元首相にもう到達されましたか、さすがでございますね・・。 安倍晋三氏が首相の所信表明演説をした(首相に正式に就任した)のは、安倍晴明公の命日でした(笑)。

この間、息子が遊びにきていたお友達と、突然サーベルタイガーになっていたのはそのせいでしたか(笑)。2頭でした(笑)。

白・・・黒はすでに来ているので、では次は赤がどっかにでてきますかね・・。

・・・・こんなこというのはきっと私だけかと思いますが、住むよろし、にも橘が伏せられてると私は思っています。
吉(キツ)⇒橘(キツ)


  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/07 16:28分 
  • [編集]

Re: 黒と鳥 

じっさいには距離があるのかもしれませんが、月山フィールドの方だと理解しております。

羽黒神社・・・羽が黒いだけに、まさに黒雀や黒鳥に通じる気がします。
奈津比売はスサノヲのひ孫にあたるそうですね。どのようなストーリーをお持ちの方なのか気になるところです。
カラスやトンビたちがなにを拾っていたかも、とても気になりますね~。
メッセージ的な匂いを感じます。

ところでもしよろしければ、コメントの際にURLを入れていただけないでしょうか。
コメントを読んでくださってる方々が、shibuchin さんのブログに旅する道筋になると思うのですが。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/07 21:01分 
  • [編集]

Re: 節分と立春 

春を寿ぐ鳥の歌、心より感謝いたします。

そういえば白い巨人、レアルマドリッドの夢も、カタルーニャにいきますね。
去年はクラブワールドカップをバルセロナが制しました。
おととしのEURO2008は44年ぶりにスペインが制しました。
旧フランコ政権への抵抗の犠牲者たちの名誉回復の流れの中での和合の優勝は感動的でした。

富士山と太宰とは・・・。
あ、豆まくのも食べるのも忘れてた。やば。
さすが22の年、しっかり事象してます。いずれ他のニュースといっしょに書くかもしれません(笑)。

お勤め先の真裏が坐摩神社とは、ほんとにどこまでも・・・なんですね(爆)。

タヌキから月神とウケモチがすんなり出てくるとは。
さすがですね。
もしかしたらウケモチの国は最古の稲のプラントオパールが出た吉備にあったのでは、などと思っています。

僕はカザルスの鳥の歌しか知らなかったので、
ごめんなさい歌詞についてはわかりません。
アンドリューシャの木が芽吹き、実をつけ、鳥たちが歓び集う姿を心から祈っています。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/07 22:03分 
  • [編集]

Re: 青と翠 

正直、僕は晴明についてほとんど知らないのですが、
誕生地とされる猫島と香川県の由佐は、由佐氏でむすびつくんですね。
ともに陰陽師に関係するのは、ほぼ間違いないようです。
どうやら臥龍山の事件(香川県坂出市の方)にも安倍晴明のワードはほんとにからんでるようですね。
晴明と猫というのも、なにかあるんでしょうか。
伝説的人物ですし、調査に時間を要するので、徹底的に晴明を調べるべきかどうか迷っています。

「地に起きることは全て空に書かれている」
なんてまさに晴明でしょうか。
それとも天津彦根命がいわせたんでしょうか。
筑紫刀禰は、応神天皇のときに茨木国造に任じられた天津彦根命の子孫です。
そうそう言い忘れてましたが、茨城は茨木なんですよね。
もとは紀の国といったとも風土記にあるので、この「キ」は木であり、東を意味する「キ」でもあるんじゃないかと思っています。
ちなみにホツマツタヱでは、天津彦根命は住吉大神の孫にあたります。娘ハヤアキツヒメの子です。
偶然かもしれませんが、白鳥座=アキツ(蜻蛉)とつながりますね。

こないだ宮崎の都城に北斗七星が描かれているという説をしりました。
こういう情報が最近多いんです。
苦手でも星座を見よってことなのかもしれません。
香住さんも、なんとか逃げずにふんばってくださいね(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/07 23:58分 
  • [編集]

Re: Northern Cross 

最近、こちらも猫がきてます。
宮城震度4の震源の蔵王町に、猿とかいてネコと読ませるとこがあったり、
猫神社の夢を見たという方がいたり・・・。
晴明と猫って、関係あるんですか?

cross22にもますます晴明臭がただよってきた感じです。
なにしたんでしょうね。

いまおきてる宮城や岩手の地震はアラハバキ臭いです。
ムカデが騒いでいます。
08年の再現のようです。くわしくはこれから震源を調べますが。

左近の桜、右近の橘ですね。
左近の橘、右近の桜に変わるのかも。

なるほど、999の日の鹿児島の銀河鉄道999は南十字星を目指して旅立ったんですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/08 00:39分 
  • [編集]

Re:香住さん天音ママさんへ 

いえいえ、こちらこそ勉強させていただいています。
おふたりのつながりにとても驚いているところなんです。
どこへ連れてってくれるんだろうって、ワクワクです!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/08 00:45分 
  • [編集]

Re: エリクサ 

26(開始)がらみでいろいろあっただけに(苦笑)、
新しいものに替えるのもいいかもしれませんね。

安倍元首相の所信表明演説が晴明公の命日だったとは・・・(笑)。
安倍さんといえば、楊貴妃の墓伝説の向津久半島なんですよね。
いつもは地震がないのに、四川省大地震のあとにしっかり反応してました。
楊貴妃は成都にいけなかった妃だし。

だとすると、彼の動きも08年の再現なのかな。
七夕洞爺湖サミットが決まったのは彼のときでしたしね。
ブログに画像ありますが、その朝、日本列島を二本にわかれた雲の川が横切りました。

息子さんお友達と牙のばしちゃいましたか(笑)。
なるほど、吉(キツ)⇒橘(キツ)かぁ。
グレート住吉翁は(グレートスピリットに掛けたつもりです)、イカスリの神でもありますから、ときじく香久に深くつながります。

一応ご参考までに、ホツマツタヱの一節を抜粋します。

クシマトは 日のシマをも(守)る
イワマトは 月のシマもる
イクシマと タルシマ四方の
御垣もり  
イカスリ、内の鬼やらひ
 
左は・・・ 御代の桜のならし歌
右は・・・ ときじく香久のいわひ歌

ま、いろいろいわれる文献ですが、おもしろいでしょう?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/08 01:20分 
  • [編集]

四聖獣 

いやさかさま、おはようございます。

私はホツマツタエという文献は読んだことがないので知らなかったのですが、抜粋の部分を拝見し、またサーベルタイガーの話をお聞きし、ふと思ったのですが、白いトラって白虎ですよね?

香住さんのご返答にも書こうかと思ったのですが、私は赤い色に縁があり、たぶん火のほうの性質かと思います(生まれも丙午・・いいこと言われたことありませんが 笑)。
アキツ=蜻蛉は英語では、ドラゴンフライ、龍の名を内包しますが、そのとき翡翠の青の話をしていました。
残る亀ですが、色まで対応するかどうかは不明ですが、こちらにこられている方々のうち、亀に縁のおありになる方がおられると思います。

白虎・青龍・朱雀・玄武で、イクシマ、タルシマの四方の御垣もり、個々がどうというわけではないのですが、この場は一つの型で、もっと広域に同じような事象が見られるのでは・・、柱立ての今年ですので、地上にも人で柱を立てて、四方の御垣を守られるのではないかと・・・。もしかして、4月からの大阪城近くの日参予定ですが、柱立てに型として関係ありなのか?と思ったり・・・。

ちなみに息子の上がる学校ですが、難波宮跡にもものすごく近く、星の名前が入ります(苦笑)

それと晴明公と猫ですが、茨城の猫島のことは私は香住さんにお聞きするまで深く由来を突っ込んだことはなかったですが、関係あると思います。猫島の逸話をもっとさかのぼって、日神に関係するのではないでしょうか・・。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/08 07:03分 
  • [編集]

Re: 四聖獣 

ええ、白虎なんですよ。
四神獣の概念はかなり早い時期の古墳からもくみ取れるので、僕も四貫島の四方のクロスと四神獣をあわせて考えてはみてるんですが、いまのとこわかりません。

ただなんというか・・・事象的に人の柱というのはあるかもしれないなぁ、と・・・。
仮にそうだとしても、ブログに書くべきことではないのかもしれませんが。
ともかくすごいcrossです。

いまちょうど下書きで難波宮にふれてたとこです。
08年暮れからの、とくに星神とともに発生した事象は、難波宮と大坂城・・・その石山の地に行きつきます。まるで繊維をぎゅっと結んだかのように。
息子さんが近くの星学校にいかれることと、火系の天音ママさんがこの水系ブログにいらしてくださったことも、なにか関係があるのかもしれませんね。

古代エジプトでは猫は太陽活動のあらわれとされ、太陽の守り神でもあったようですね。
書いたかもしれませんが、宮城の震源の刈田郡蔵王町の宮ってとこに、猿田とかいて「ねこた」と読む字(あざ)があるのがどうしても気になります。
たしかに猿田彦も日の御子ニニギの案内役であり、天照大神の執事的な神なので、ネコというのは肯けるんですが・・・。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/08 22:37分 
  • [編集]

北十字星と南十字星 

いやさかさま、おはようございます。

・・・やっぱり白虎でしたか。 ・・自分もなんであんなに鳥が目についたか今やっとなんとなくわかりました・・・。昨日、少し考えていたとき、思ったのですが、場所にも連動してますよね?
・・じゃあ、黒はどこだろう、と思ったのですが、やっぱり諏訪ですかね?

…私は星的には真南の火の性をもってるんですが、性格は水系だとおもうんですがね~(笑)。・・・ちなみに連れ合いは水系(海)で、息子は金と土の性です(笑)

息子の学校ですが、星の名前をもち、サンタ・マリアを掲げ、クロスを背負ってます。紋章にはベツレヘムの星と百合がありますよ(笑)。

ところで四貫島ですが、私の御縁の方がかかわっておられ、シカンってことは月の配下かと思いますが、クロスの四方はどこにいきつくのですか?

なんとなく、なんですが、柱、といえば、銀河鉄道の夜のジョバンニとカムパネルラって、天気輪の柱の丘から銀河の列車へ搭乗するじゃないですか、天気輪の柱は賢治の創作ですが、一節によると賢治ゆかりの東北にある天気輪だとか太陽柱説もあるようなのですが、”境界を開く”ってのはそういうことじゃないかと・・。だからゲートとダート・・・。天気輪って輪を回して冥界の魂に呼びかけるとかマニ車とかいろんな説があるようですが・・。
赤と黒で穴虫(ワームホール)だし(笑)。

今火災がすごく多いですが、結局火も祓うんですよね・・。
セッティングしても、受け手が読み違えると違う方向にいっちゃいそうなので、ものすごい極な話だと思いますが・・すごい難しい局面ですよね・・。

ところで、ネコの話ですが、・・・・やっぱりすごい方ですよね、・・・ランクは到底足元にも及びませんが、やっぱりどこかご同業の匂いがどうしても否めないです(笑)。

それと、北十字星と南十字星は 地に落としたときどこになるんだろうって考えてます。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/09 05:01分 
  • [編集]

亀と言えば 

いやさかの木さん今日は、天音ママさんの亀と言えば今日こんなのに縁が有りました、深い意味は無いと思いましたが偶然にしては面白かったので載せてみました、道路の雪害処理(雪崩や倒木の片付け)をしているのでその日どこに行く事になるのかは出勤してみるまでわからないのです。
ブログ「食料保管計画」
http://samidare.jp/shibuchin/
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2010.02/09 20:43分 
  • [編集]

そういえば 

夏に鯰、秋に亀、冬に鮫を釣っていたんです。
そして年明けに鴨。

どれも狙って釣ったわけではありません。
正解だったのは、春の大鯉だけだったな~

趣味の話ですみません。。。








  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.02/09 22:57分 
  • [編集]

私は野球が・・ 

おおお。
私はメッツから広島カープへ戻ってきた41歳(でしたっけ?)のあの方とかが気になります。

鯉君、滝昇りますかね・・。

あと、8日に岩手に、9日のための試験を受けに帰った西武の19歳が伊丹で方違えとかをやっておられたのはいったい・・(笑)。

鰹も気になります・・・(←これは野球じゃない)
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/10 06:55分 
  • [編集]

Re: 北十字星と南十字星 

>黒はどこなんだろう・・・

わかりません(笑)。
亀でいえば。。。
亀石が日光に出現してます。
北の誤報を出した千葉のガメラレーダーとか。
鹿島沖のアズミイソラの亀。
畿内の北なら、浦島太郎の亀さん。
あと、のび太くんの彼女とおなじ名まえの亀。
妙見菩薩が中国から乗ってきた玄武はどうなったんでしょうね。
カッパになったのかな? 上陸地がおなじ八代だし・・・。

北陸の黒地名、東北の黒地名が気になりますね。

>北十字星と南十字星は 地に落としたときどこになるんだろう

すごいこと考えますね。
僕、そのレベルに至ってないですよ(笑)。
十を象徴する地域ですかね。
もしくは「へそ」とよばれるとこが十字の中心点だったりして・・・。
日本では宮古島。そういやウタキって御嶽じゃなかですか!
あ~、だから御嶽山→宮城の大崎市と蔵王町の震度4→宮古・石垣島のM6.6なのかぁ。
あと、長野県の生島足島神社。ここ大事ですよね。

宮澤賢治って、日高見高天原から降りて来た気がします。

話はかわりますが、11日の建国記念日は事象に注意したいですね。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/10 07:43分 
  • [編集]

イーハトーヴ 

・・そうなんです、多重構造になっているので、ものすごく入り組んでいて、まだ整理がつかないんです・・。

しかし、宮古島にすぐ到達されるってすごいですよね・・。
ウタキ、初めて拝見しました(写真)。カタチで確信しました(笑)

諏訪は中央か?とも思うのですが、まだわかりません・・おっしゃるとおり黒は北陸か北が気になります。

地上の柱なんですが、私達って感情だって横というか3次元知覚じゃないですか、でも次元を縦に見ればもしかして必ずしもそれは哀じゃないんじゃと・・。お師匠、同時に列車も出してるようですし、マニ車も回しておられるようですし、穴虫だし(笑 勝手にお師匠にしてますが・・)。
・・・ちなにみ立×和平さんも乗られましたよね?

おっしゃるとおり明日結構息をつめてます(笑)。

いやさかさんに北十字星と南十字星の話をさしあげて、すぐなんですが、こんなニュース見ました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100209-00000003-maip-soci.view-000

・・・うちの息子の誕生日って、諏訪の御射山祭の祭日の中日と同じ日なんですが、同時に宮沢賢治と同日の生まれです(苦笑)







  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/10 11:20分 
  • [編集]

黒は・・・ 

・・もしかして、出雲ですかね?
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/10 18:15分 
  • [編集]

Re: 亀と言えば 

なんだか「狐」もいますね(笑)。
狐越え街道の雪の「白」から「亀」の子が生まれてるように見えて、話の流れっぽいです。
雪害処理ごくろうさまです。
ところで、日月地神示なるものがあらたに降りた(?)んですか?
翌日の2006年6月7日は、桜島の昭和火口が58年の眠りから覚めた日です。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/12 20:59分 
  • [編集]

Re: そういえば 

釣り迷人ですね(笑)。

というか、ミサキだったりするんじゃないんですか?
與止日女神社の鯰・・・あ、佐賀の方では豊玉姫が白鯰を温泉で洗ってたすけたって美白伝説(嬉野温泉)もあるようですよ。亀は松尾大社、住吉に阿曇磯良。鹿島神宮の近くで釣りませんでしたか(笑)。鮫(ワニ)は綿津見神、伊勢の磯辺大明神の使者もたしか鮫だったと・・・。
鯉ってなんだろうと思ったら、利根川中流の八坂神社がヒットしました。埼玉の栗橋町ってとこで、洪水のとき鯉と亀がスサノヲの神像を守って流れ着いたとか・・・。






> 夏に鯰、秋に亀、冬に鮫を釣っていたんです。
> そして年明けに鴨。
>
> どれも狙って釣ったわけではありません。
> 正解だったのは、春の大鯉だけだったな~
>
> 趣味の話ですみません。。。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/12 21:23分 
  • [編集]

Re: イーハトーヴ 

じつは今年の初詣ではじめて千葉神社の御嶽社にお参りしたんです。
末社の祠が多いので、いままで割愛してたんですが。
御嶽社だけ祠じゃなくウタキっぽいんですよ(笑)。

うわー、すてきな汽車ですな~。
しかも三重の鳥羽ってとこがまたおしゃれ(笑)。
和平さんが乗って例の調子でリポートしてそうな汽車ですね。

神武の紀元節は全国的に雨か雪。注目の国(常)立競技場のヤタガラス(岡田宮ジャパン)の試合は、観客数ワーストを大幅更新しました。納得のひゃっこい反応。ただ気になるのが埼玉の越生町如意ってとこで上がった火柱。住吉夫婦なんですよね~。

春と修羅の序に、すべて書かれてますよね。
すごいお人です。
このブログはその解説文みたいなものだと・・・。

出雲の黒は大黒さまにセグロウミヘビでしょうか。
黒曜石に、丹に、翡翠(青玉)、そして白珠(真珠)というのも考えてみました。
秋田のクロマンタも気になってるんですが。
なかなか動かないですねぇ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/12 22:56分 
  • [編集]

伏犠と女禍 

・・そうなんですね~、千葉神社の御嶽社って形がウタキなんですか?(驚)
・・・宮古島のあの斎場(・・でしたっけ?)の直角三角形、強烈でしたが(笑)。…わかった、3:4:5かいって(笑)。

・・・でしょでしょ~?
私もそう思いましたよ、汽車。 ・・ちなみに玉x宏さんも・・。

火柱なんですが、事象って、横にスライドするのか?・・と思ってるところがあるのですが・・つまり、なんかの理由で真打に到達できないと、スライドして類型に反応する・・というか・・。・・・我が家には、うさぎ、カメの他に白い犬もいるんですが、ここ1週間くらい調子が悪かったんですよね・・。今持ち直してきましたが・・・・。あと、昨年末くらいから子(ネ=ハムスター)も来てます(笑)。

宮沢賢治は、ダイレクトに心臓を射抜くので(笑)読むと確実に涙が出そうになるのですが、大体測量士(地質研究者)だったあたりから、もう伏犠と女禍の匂いが・・直角三角形(笑)とコンパスか?って・・。

宝石に対応って綺麗ですね・・。
そうなんです、石川と、あと東北も捨てきれなくて、いまひとつ絞りこめないんですが、四神の後ろには星が立っているはずなので、出雲大社の八雲って北斗七星?ですよね?あくまでも私が勝手に思ってることですが・・・・唯一こちらを向いている大きい雲は北斗七星の8番目の星、アルコルじゃないかと・・つまり泰山府君・・・。

玄武は中央の後方を守り、朱雀は導前です。・・じゃあ、中央の行く先は、どこだ?ってのもすごく気になってるんですが・・。

それと、今、広島がすごく眼につくんですが、ヤマトタケルの白鳥が最後に降り立った(白鳥が消えた)場所だからですかね?

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100211ddm041040048000c.html

あと、カンパネルラって、ほとんどの人が降りた南十字星ではおりずに、少し過ぎたところでお母さんの幻影をみて列車を降りるじゃないですか。・・なので、カンパネルラが降りた場所は地上だとどこだ?というのも考えてます。・・グッチのアレクサンダー・マックイーン・・・亡くなってますし・・・。
  • posted by 天音ママ 
  • URL 
  • 2010.02/13 07:24分 
  • [編集]

Re: 伏犠と女禍 

さすがに三角じゃないです。ウタキのほかのパターンです。

事象のスライドはよくおきます。タテは少ないですが、ヨコはよく見られますね。
また、おっしゃるようにポイントをはずして縁やラインにとび火するパターンも見られます。
思うんですが、たとえば大阪城があることで石山碕の歴史がとまります。なければそこにはつぎつぎと新しい建物ができてた。「場」の表現が封印されてるわけです。そういうポイントは他にいきますね。

ハムスターが大移動を開始したら難波京址近辺に注意ですね(笑)。

そういえば、前世が宮沢賢治の先生だったって人、知り合いにいます(笑)。

星を追うとどうしても中国にいきます。
古墳や神社は(僕としては)あたらしい文化なのでかまわないんですが、
イワクラが北斗七星にならんでる・・・とか聞くと、ん?って思います。
もちろん後世のイワクラかもしれないし、むずかしいとこです。
僕はできるだけ純な日本を追いたい方だし、そういう意味でいままで星は敬遠してきたとこがあるんですが、事象だとそうも言ってられませんね。
天音ママさんの分析に期待します。

ありゃ音戸ですか。しかも三つ子ですか。
三つ子はニニギ・サクヤヒメだけど、音戸はなんだろう?
かつて阪神淡路大震災がおきたとき、広島の友人が「神戸のつぎは音戸だ」なんていってたらほんとに音戸震源の震度6がきました。
白鳥なんでしょうか。
それとも三女神?

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.02/14 19:52分 
  • [編集]

NoTitle 

生島足島の神って何?と思っていましたので、とても興味深い記事です。

私事ですが、大阪日赤病院生まれで物心つくまでは高津公園近くに住んでいたそうです。もろに生国魂神社のエリアですね。

どうりで入籍日が2月11日なわけです。
結婚相手は住吉さんが連れてきました。
「住吉大社なんて行ったことないのに、何故~?」と思いきや、結婚相手が当時明石の住吉神社の域に居住していました。

加えて、私の旧姓は亀○でして・・・あだ名は亀ちゃんでした。
ちなみに隠岐島とも縁がありますが、この島は黒曜石の産地です。


あと、大阪はキリシタン大名もいましたね。
玉造は細川ガラシャ所縁の地です。
キリ教系事象の発生もありえますよね。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2010.07/08 12:22分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

住吉の亀ちゃんなんですね。
このブログ、大阪の方とはどうも住吉さんのご縁のようです。
僕も亀に縁があります。スッポンですが(笑)。
crossニコニコのクロスも、キリ教系の流れをくんでるんでしょうね。
バテレン追放令も秀吉ですし。
そんな大坂城天天守閣公園にとつぜん穴があいた。これはもう柱穴以外のなにものでもない。
だいたいタイミングがよすぎますって(笑)。
よりにもよって御柱イヤーですから。

隠岐は独特の勤皇の地でもありますね。
marisolさんの柱立ては、赤十字系だったりして。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.07/09 02:02分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/184-58655275

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム