神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

ハラを立てるか、ハラに立てるか(2)


・2010年2月23日 富士山の日 (気象庁)
201002231000.png


☆88の刻印

さすが「出雲88カンパニー」の時代というべきか、プロ野球にはいま88の刻印をうけた監督が3人もいる。巨人の原、日ハムの梨田、ヤクルトの高田監督である。原監督につづいてふたりの88監督が配置についたのは2008年。出雲大社の大遷宮が開始された年だ。日本を代表し、時勢を反映するスポーツだけに、ただの偶然とはとても思えない。
じつは高田監督の88に気づいたのは、先月オープン戦のTVニュースである。エッと目を見開いた。鳥肌が立った。というのも、カンパニーを代表する八幡と住吉に、明治神宮が同調する動きを見せたことがずっと気になってたからだ。

今年の1月3日、奇怪なトリプル連動がおきた。大阪の住吉大社の露店火災と、静岡市駿河区八幡山の八幡神社の鈴落下事故。さらに明治神宮では、露店商夫婦のCO中毒死事故がおきている。
三ヶ所の聖地で同時多発的に事故が発生するなんてふつうでは考えにくい。しかもうちふたつは全国初詣ランキング1位と7位の名だたる大社であり、駿河区の八幡神社は暮れの伊東地震の同緯度スライドである。あきらかに事象だ。
ヤクルトスワローズのホームグラウンドは、ごぞんじ神宮球場。明治神宮である。で、高田監督をしらべたら、なんと鹿児島うまれの大阪・住之江育ち。しっかり住吉系スピリットさんだ。伊勢神宮遷宮が開始され、原監督が88を背負った2005年から07年まで、日ハムのGMだったってのもいかにもクサい。
巨人・日ハム・ヤクルトも、1月3日のトリプル連動もひとつのプランにもとづくもので、明治神宮は「88カンパニー」のいわば関東支社ってことになるのかもしれない。
ちなみに鹿児島といえば桜島の昭和火口だ。大阪市住之江区の咲洲にも、桜島神社がある。創建は平成8年。日立造船がらみだろうけど、祭神は不明とのこと。なんだかちとぶきみ・・・。

1月3日は大河ドラマ「龍馬伝」の初回放送日でもある。
「天地人」の最終回、11月22日もまた事象日だった。
「88カンパニー」のカンパニーは、去年の天皇賞(秋)優勝馬と日本初のカンパニーである坂本龍馬の亀山社中(海援隊)からとったもの。出雲のイザナミを中軸とする「88カンパニー」が、幕末・明治維新からの歴史の焼き直しをねらってることは過去に述べた。そのための「篤姫」(鹿児島)であり「龍馬伝」(高知)だ。(高知と・・・ハイチ?)
幕末、孝明天皇亡きあと慶応3年1月9日に14才で即位。神武国家の再生を歌ったかつての大日本帝国が、現代の神武天皇に祭り上げたのが明治天皇睦仁(むつひと)である。明治神宮は天皇と昭憲皇太后を祀る官幣大社として造営され、大正9年(1920)11月1日に鎮座祭がおこなわれた。
2008年8月8日、皇太子の徳仁親王が富士山に初登頂された。同年育樹祭(愛媛県松山市久谷町)の「松山騒動八百八狸物語」といい、88回全国高校サッカー優勝山梨学院の「徳を樹つる」といい、皇室でもっとも88の後押しを受けてるのが皇太子である。全国トップの経済力を背景に神社庁を離脱した明治神宮と、皇室で孤立気味の皇太子。そこから明治神宮と88をむすびつけるのも発想としては可能だろうが、去年は事象的裏づけをみつけられず、鹿さんや亥さんと対立傾向にある神武事象もネックになっていた。だけど、僕としてはこれではっきりした。明治神宮もまた、88の刻印をうけている!

余談だが、昨年12月25日にお笑い芸人がパワースポットと紹介してから、明治神宮の清正の井戸が大人気で、ご利益にあずかろうと待ちうけ画面にする人も多いらしい。かつては新都庁が富士龍脈を遮断し、枯れたとまでいわれた清正井だが、都知事が神社庁離脱を認可した04年に龍脈がまた通ったんだろうか。それとも、神宮ビジネスを88が後押ししてるんだろうか。
加藤清正といえば虎退治だし、今年は艮のトラ年。旧暦12月25日は孝明天皇の命日でもある(慶応2年)。
おまけに当ブログ記事のテーマ№まで「8008」。かってに取りこまれてるカンジだ(苦笑)。ま、それは冗談としても、待ちうけ清正井の方、みなさんカンパニーの一員ですよ~
88カンパニーの重役には、出雲臣系の菅原道真もいる。道真といえば894年の遣唐使廃止。白紙にもどすと憶えた方も多いのでは。イザナミがこの国を白紙にもどすつもりなら、8に9とつづいた事象数の次は「4」になる? けっこうきてるよね。4も・・・。


☆〇に十と、田

ヤクルトと日ハムは、巨人の日本一をバックアップしたといえる。かつてのV9戦士の高田監督には、八百長疑惑も出たそうだ。当人どうこうではなく、事象的には然りだと思う。日本シリーズでも梨田監督の投手交代が流れを決定づけている。ハラを立てた・・・わけだ。ただ、今年はどうも88パワーが明治神宮をバックアップしてるんで、スワローズファンはビニール傘の振りがいがあるかもしれない?
ヤクルトは昭和5年に京都帝大の代田(しろた)稔が乳酸菌の培養に成功したのがはじまり。昭和10年にまず福岡県福岡市で製造販売を開始。これも福岡がらみなんだね。スローガンは、「人も地球も健康に」。

原巨人軍のメイクレジェンドは08年8月8日の若狭・武蔵連動地震からはじまる。この日は皇太子の富士山初登頂の日であり、北京オリンピックの開会式の日でもある。出雲大社の遷宮開始後、四川省大地震や岩手宮城内陸、岩手沿岸北部地震をへて、8月8日を境におきた巨大なウェーブを、僕は「88事象」と総称している。去年は悪石島の雷雨とともに千曳の岩がひらかれ、黄泉のイザナミが完全復活。つづいて鳩ポッポ88政権が圧倒的支持で樹立された。この波にのったのがカンパニー球団の原巨人軍だ。というか、どうしてもハラ巨人は日本一にならなければならなかった。御柱祭の今年、大地をゆるがすためである。

日ハム梨田監督の出身地は、出雲がある島根県の浜田市。
じつは日ハムには2003年からすでに米人の88監督がいた。トレイ・ヒルマン氏だ。梨田監督はその背番号を継承した。ヒルマン監督は08年からカンザスシティ・ロイヤルズを率いている。なんとその背番号は「22」。なんなんだこのひと。シンジラレナ~イ!

ところで、高田監督と梨田監督をあわせると、高梨と田。
高梨氏は北信濃の豪族で、北安曇の仁科氏と同族ともいわれる。チーム綿津見とのつながりが見える。さらに戸隠の黒姫伝説は高梨氏の姫である。例のフォッサマグナ・黒姫山トライアングルだ。
もちろん名まえをくっつけた高梨なので、事象読みとしては邪道の域。高梨氏の家紋の「石畳」が、トリノでフィギュア男子初の金メダルをとった高橋大輔選手のコスチュームとおなじなので、気になってちとこじつけてみた(笑)。高梨大輔のまちがいじゃないのなんて思ったり。

20100326フィギュア男子金

ちなみにバンクーバー五輪閉会式で4本目の御柱を引上げたのは道化師だった。フェリーニの名画「道」のテーマ曲を選んだ高橋選手が演じたのもまた、道化師である。五輪で「金に艮」の銀メダルだった浅田真央選手とのペアの金メダルは、普天間基地問題はもとより、4月3日の沖縄・興南高校の甲子園初優勝をあわせてかんがみると、艮(うしとら)と坤(ひつじさる)のW金神をさしているように思う。そしてW金神とはまさに道化師・・・ってことでもあるんだろう。これについては、またあらためて書きたい。

さて、「田」の方。
高田に梨田に浅田・・・もちろん「田」のつく人名は多いけど、高橋選手の衣装もまた「田」の集合体に見える。
今年の2月23日は、富士(H22)の年の富士山の日だった(衛星画像)。大地の反応は事象日の翌日に出ることがある。翌24日、富士山のすそ野で震度1の地震。小さいけど、宝永火口と同緯度であり、いままででもっとも富士山頂に近い。
震源は、田貫(たぬき)湖と国道139(ヒミコ?)号の間。近くに人穴があるのも気になる。
僕が「田」に注目するようになったのは、この地震からだ。
「宝」をタカラと読むのは、「田から」生まれるものこそが人々の宝だから。「宝」と「永」の字が意味する「トキワ」との複合事象も、年末ジャンボ宝くじでおきている(山口県宇部のムベの木)。
同緯度である田貫湖(炭焼長者伝説)と宝永火口は「田カラ」の線でむすばれる。
去年はカグツチとヒルコの火水事象。今年は「田カラ」のラインをゆらしてきた。

以前「〇に十」について述べたことがある。こんなマークだ。

丸に十字

このマークは「篤姫」の島津家の家紋であり、グノーシスのハーモニッククロスであり、ケルト十字でもあり、さらには去年のホピ「祖先たちの帰還」のシンボル、おまけに出口王仁三郎の皇道大本の裏紋でもある。大本は十曜が神紋で、「〇に十」はそれを簡略化したもの。
「世を救ふ弥勒の神の標章は、○に十字の神定めなる」ってことらしい。

田貫湖というワードを見て、「え?」っと思わないだろうか。そう、cross22の四貫島である。生駒山の太陽柱(2)では御柱祭との関係についてふれた。
四貫島と田貫湖は、貫という字がおなじだけでなく、cross22と富士(ニニ)がおなじシクミにあることを裏づけている。いってみれば、パチンコ店放火事件の火柱と3月14日に大坂城にあいた柱穴、そして88回大会優勝の酒折・山梨学院の「徳を樹つる」は、つながってますよってメッセージだ。サッカーはイレブンだから、2011年の東京スカイツリーと地デジカにも通じる。
crossは十。これを和(輪)でかこむとハーモニッククロスになる。四貫島と生島足島神祭祀から読みとれた四方の柱は、バンクーバー五輪の四部族の柱にも象徴された。【〇】に四方の柱を立てると【□】。四角は桝形(ますがた)であり、真姿になる。そこに【十】をいれると、【田】になる。
つまり「〇に十」の真姿が「□に十」なんだよね~。もちろんそれは、魔姿にもなりうる。

田といえば米だ。米の字を分解すると八十八。そもそも88事象の発端となったのは、先述の若狭と武蔵の連動地震。武蔵(634)は東京スカイツリーの高さでもあり、若狭は御食(みけ)の国である。この「食」が、大阪と福岡を股にかけた三笠フーズの事故米事件をおこした。
去年のオタマジャクシ事象もおなじ流れだ。オタマジャクシの語源はイザナギ・イザナミの多賀大社の名物「お多賀杓子」にあるといわれる。しゃもじのことである。「玉」事象の韻をふんだオタマ事象はヒルコでもあり、しゃもじでもある。この事象のそもそもの発信源は、5/2に都留川で金色オタマが発見された杓子山(しゃくしやま)だった。杓子山も「田から」ラインの地震も、出雲の年神と「米」に連動した富士山のシクミってことになる。
⇒ 「さすらとおたま」

四方の東西南北をあらわす言霊キツサネから、サをぬくと、キツネになる。お稲荷さんだ。
バンクーバー五輪開会式で故障した4本目の柱は、南(サ)の柱だったんじゃないかとも思う。
サをぬくとサヌキ。四国の讃岐。もとはあわ(粟?)の国である。四国にお住まいの方はごぞんじだろう。四国には稲荷がいない。田をぬくタヌキの国だ。その詳しい由縁はわからないけども、キツネとタヌキのライバル関係のウラには、神代の食をめぐる歴史的トラブルが隠されてる気配がある。それが日本書紀の月読尊の保食神(ウケモチ)斬殺であり、古事記のスサノヲの大宜津比賣(オオゲツヒメ)斬殺事件だろう。ともに四国につながる。
たぶん四貫島と田貫湖は、あわせて四国を指している。八十八箇所だしね(笑)。
四国は神話で伊予ニ名島とされるように、もとはアワ(徳島・香川)とイヨ(高知・愛媛)だったと思われる。アワは08年新嘗祭の海部市(徳島)から、イヨは09年高知の星神社から地震が活発化してゆく。米と星である。豊宇賀能売神(トヨウケヒメ)は海部氏の女神ともいわれる。
徳島では先月14日に十二弟子トンネル付近で震度3がおきた。あらぬ空想をかきたてる名まえだ(笑)。
ここの忌部氏は天太玉命(フトタマ)配下の天日鷲命(ヒワシ)の子孫で、神武天皇の時代に千葉(安房)に移り、茨城に麻栽培と養蚕を広めたという(ex.大桑郷)。先月茨城空港の開港とともに、茨城で震度3と4の反応が連続してあったけども、おそらく徳島(阿波)と連動しているし、富士・田貫湖の事象はその予示でもあったんだろう。

ところで、忌部氏が茨城に祭ったのは、稚産霊命という神だったようだ。
ワクムスビ……。

食というのは、他の生命からエネルギーを取りこむ行為だ。だから、犠牲という概念が太古からつきまとい、生贄がささげられてきたのは仕方のないことなのかもしれない。僕らにそういう神話があるからこそ、事象も犠牲をもとめる。
ホツマツタヱと日本書紀の一書(あるふみ)は、イザナミが炎につつまれた最期の瞬間にカグツチ(火)とハニヤスメ(土)を結びつけ、稚産霊命を生ませたとする。
この稚産霊の首から蚕と桑が、ヘソから稲(五穀)が生じる。
イザナミはみずからの死の犠牲とひきかえに、この穀物神を僕らに遺した。
マイナーな神だけど、これから重要になってくるはずなので、ぜひおぼえておいてほしい。
日月神示が最初に降りた、麻賀多神社の主祭神だ。

                                      つづく

ハラを立てるか、ハラに立てるか(1)
※文中の変色部分はクリックしてみてください。

  • [No Tag]

*Comment

「4」のこと 

おはようございます。

平成22年は2+2で「4」の年ですね。
4月から本格的に平成22年度が始まったので「4」がもっと動き出すかもしれませんね。
オーラソーマの4番のボトルは、ちょうど身体のハラあたりに対応します。
13の月の暦でも今年(7月24日まで)は、KIN4「黄色い自己存在の種の年」で、やっぱり4の年です。
十字架は4方向を意味しますし・・・。

22番はタロットの愚者とは表裏の関係にあり、リバーサーズ(再誕生)という名前のボトルです。
  • posted by けいこ 
  • URL 
  • 2010.04/10 06:55分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/10 08:29分 
  • [編集]

「島津家家紋」と「トキワ」 

島津家家紋といえば、最近こんな事を書いてるブログを見ました。

ttp://www.putimiracle.com/archives/52027760.html

それから「トキワ」についてですが、既に御存じかも知れませんが、大分の人に「トキワ」と言えば、ほぼ間違いなく「トキハ百貨店」の事を連想すると思います(祖母の死去以来、近年訪れていないので今はどうかは断言は出来ませんが…「ひまわり」をトレードマークにしている、昔からある地元デパートです。)なので、この言葉に関しては大分も結構色々と絡むのではないかと思ったのですが。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%8F

余談ですが、私は父方が鹿児島の、母方が大分の出です。
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2010.04/10 10:13分 
  • [編集]

あー 

筑波山の近くに蚕影神社っていうところがありますよ。ホント色々ある~
  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.04/10 23:08分 
  • [編集]

Re: 「4」のこと 

こんばんは。
世界を渡り歩いた愚者が、ふたたびスタート地点にもどり、再生がはじまる。
そんな数ですね、22って。
2010年がよりにもよってその平成22年とは、まったくよくできたもんです(笑)。
御柱祭自体が各社の四方に柱を立てますし、立てる場所はハラです。
同様に僕らの御柱もハラに立てなければならないと…。
4番のボトルがハラあたりに対応するのといっしょですね。
こういうのって偶然の符合でしょうか、それとも当然の符合なのかな?

愚者は旅する道化師。
「黄色い自己存在の種の年」が愚者と金神に通じるなら、蘇民将来伝説の巨旦大王としての艮の金神は、やはり道化役に見えてしまいます。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/10 23:32分 
  • [編集]

Re: お久しぶりです。 

mixiの方に後日メッセージしますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/11 19:55分 
  • [編集]

Re: 「島津家家紋」と「トキワ」 

なるほど、常葉のトキハなんですね。
大分は中央構造線ぞいの反応がしきりに出ています。
去年は宇佐八幡と十文字原をつなぐ、高校球児の事故が印象的でした。

鹿児島と大分は「○に十」vs「十」(キリシタン大名)の図式ですね。
紹介いただいたブログの内容にも通じるかと。
古代では鳩(八幡)vs隼(隼人)。
どちらもたいへん興味深い敵対関係です。

くわしい家系はわかりませんが、
もしかしたらご両親が円満であることに意味があるのかもしれませんね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/11 20:13分 
  • [編集]

Re: あー 

そうなんですよ。多いでしょ蚕系・・・。
なぜ僕が茨城の反応と茨城空港開港を気にしてるか。
将門や筑波山や新治だけじゃないんですよね。
常磐線と稚産霊命がけっこうキーワードだったりもすると思います。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/11 20:20分 
  • [編集]

田 

初めてまして 先日脳裏にいろんな画像(万華鏡のような模様)を見たのですが なぜか一瞬 俳優の神田正輝さんの顔が出てきました…意味は?名前のまま 神のクロス正しく輝く?かな?と思っていましたが なるほど…
  • posted by st 
  • URL 
  • 2010.04/11 23:19分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/12 00:46分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/12 06:07分 
  • [編集]

十、○、田 

↑の組合せで、十和田湖を思い浮かべました、当て字ですが。十和田市はもとは三本木市でしたが昭和30年4月に改名されたそうです。3本の木→4本になったんですね。

前々回の海と原発の記事、色々と考えさせられました。原発は発電時にはCo2を出しませんが、核燃料を作るまでの行程で、鉱石を採掘する為の重機を動かす石油や、核燃料を精製するするまでの施設、電力、人手、経費を考えると、むしろ全然エコじゃありません。国民には目先の利益しか示さずに、生活スタイル、経済の仕組みは現状維持したい、でもCo2は減らしたいなんて、鳩山総理のエコは矛盾だらけで幼稚です。本当に地球にやさしくしたいなら、原発を増やすなどとは言えないはず。原発を安易に増やす前にやることは山ほどあります。

親が原発を含む電力会社の一員として育ってきた私ではありますが、富山に引っ越してからチーム綿津見北陸支部みたいな人が身近にいたことに、この時の記事で気が付きました(笑)。大綿津見様とご縁がある方で、「私は山の方が好きなのに、なんで海の神様なんだろう?」とずっと不思議がっていましたが、穂高の神様でもあることを教えたら納得していました。以前からこの人とは長野に一緒に行きたいねと話していたのです。

NoTitle 

おぢゃまします。
私も十和田だと感じました(w
私は○の中にシンボルが入った家紋が
ガラガラと並んでいる夢を見たことがあります
気になり調べると家紋のルーツはキリスト教が
関係しています。
徳川を倒した立役者の島津家にしても
イルミナティが裏にいますし(w
狐の話をされると聖徳太子を思い出すのですが
多利思比孤の「孤」とは狐をさすとか
ウソみたいな話ですが大企業フォックス社などは
聖徳太子の血縁だという話もあります(w
すいません目に付いた事を並び立ててみました(苦w
  • posted by FUJICO 
  • URL 
  • 2010.04/12 16:10分 
  • [編集]

Re: 田 

はじめまして。
神田、正に輝く。
田がつく地名も多いですが、富士のすそで、「田」のつく湖に焦点があてられたとこが、僕としてはポイント高いわけです。
しかも四貫島に対応する田貫という字。
富士山の宝永火口と同緯度。
もとは狸沼でいまもタヌキ湖(笑)。
四国のタヌキは別件でも出てましたし。
富士と酒折ゆかりの日本武尊つながりでいけば、弟橘姫が讃岐の出身ともいわれ、尊の魂は讃岐に飛んで白鳥大明神になったという伝説もあるわけなんです。
ここまでそろえば疑う余地はありません。
「田」と「田ぬき」。いずれにしても「田」に焦点があたってます。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/13 02:59分 
  • [編集]

Re: 十、○、田 

ああ! たしかに十和田湖ですね。思いつかなかったなぁ…。
思い起こせば2008年4月20、まずオオナムチの荒魂アラハバキを境内社に祀る砥鹿神社(愛知)の奥宮がゆれます(震度3)。つづいて皐月賞でキャプテントゥーレが優勝。理想郷ウルティマトゥーレのキャプテンです。そしてその夜、出雲大社の大遷宮が開始されました。
十和田湖が反応したのは9日後の29日。4羽の白鳥からH5N1型ウイルスが検出されます。
十和田神社の祭神は日本武尊。白鳥大明神ですね。丑年のインフルエンザにもつながります。
十和田湖の主はもと八頭大蛇で、これを南祖坊が九頭の龍になって退治し、体を十曲(とわだ)にまげて湖主となったといいます。八と九と十の伝説ですよね。
さらに〇に十に、田。三本⇒四本とくれば、あの短い期間にストーリーのワードが凝縮されて放出されてたことになります。まるでビッグバンみたいですね。

核兵器とCo2の削減、原発産業の推進はセット。
おっしゃるとおり、その前にやるべきことは山ほどあると思います。
が、この調子だと「弥勒」なんていう次世代原発が登場しそうですね(苦笑)。

日本は日本人だけのものじゃないなんていうから、「あ、さいですか」と中国の原潜や軍艦が大手をふってやってくる。僕ら測られてます。常識が通用する相手じゃありませんし、うまく立ちまわれる技量が僕らにあるとも思えない。

チーム綿津見北陸支部ですか(笑)。
海は山が大好きです。ぜひ穂高で綿津見の風を感じてきてくださいね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/13 20:38分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

いらっしゃい。
やはり十和田ですかぁ。

青森市安方に善知鳥(うとう)神社ってありますね。
社伝でははじまりは5世紀。宗像三女神が祭られています。
海鳥のウトウは親子の情愛の深さでしられます。
長野県塩尻にある善知鳥峠のグッと胸にくる伝説がそれを物語っています。
ご存知かもですが⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E7%9F%A5%E9%B3%A5%E5%B3%A0
母鳥が「うとう」と呼び、子が「やすかた」とこたえる悲しい話も、まんが日本むかし話でとくに記憶に残ったストーリーでした。

ヤスカタとムナカタ・・・。
ホツマツタヱでは、宗像三女神はイトウ神とよばれます。じっさいイトウ神として祭られてるお社もあります。「イ」とはこころ。心を問う神でしょうか。スサノヲとおなじサスラ(流離)の神です。
記紀から見ると言語道断だろうけど、ホツマツタヱでは天照大神は男で、セオリツヒメを暦の中宮とします。これを不服としたのがネ国(北陸)の后マスヒメとコマスヒメ姉妹で、のちに追放されます。その恨みからマスヒメは九頭大蛇に、コマスヒメは八岐大蛇に化身します。
マスヒメの子は出雲臣の祖先の天穂日命で、相撲界に激震をおよぼした(笑)野見宿禰や火雷天神の菅原道真が子孫です。コマスヒメの子が宗像三女神。このうち厳島姫はイブキドヌシの妻になります。コマスヒメはスサノヲと関係を持ちます。この辺は、記紀では天照大神とスサノヲの姉弟ウケイってことになってますね。

宗像三女神がサスラったのは、みずからの誕生の意を問い、ケガレを祓うためかもしれません。イトウ神の三女神に、ウトウとはまったく逆の母子関係があるってとこが、善知鳥神社に祭られてる意義を逆に感じます。
八岐大蛇はスサノヲに斬られますが、姉の九頭大蛇は長年サスラい、津軽にもあらわれます。越から戸隠に行き、怨念に疲れ果てたのか戸隠でみずから望んで斬られます。

コメント返しはけっこう思いつくままに書くので、ちがう方向に話が長くなっちゃってすみません。ようするに、前のコメントにも書いた十和田湖の伝説…八頭大蛇を九頭龍が退治した話と、善知鳥神社やイトウ神はつながってるんじゃないか、そしてそれは大祓詞に語られる罪の祓いの重要な部分でもあるんじゃないかってことです。
だから、十和田湖といわれて「なるほど!」って思ったわけなんです。
この話、じつは12月の伊東地震のときに書こうかとも思ったんですが、説得力のあるシンクロが見つけられなかったんですよね~。

島津家の紋は「十」で、「〇」がついたのは後世ですが、それにしても秦氏の子孫が「〇に十」を背負ったのはおもしろいです。
ちなみに縄文土偶に、顔が「〇に十」のものがあるんですよ。とっても気になります(笑)。
龍馬の商売相手のグラバーはフリーメイソンだったとか。
薩長をバックアップした英国のユニオンジャックは、いわば「米」に「□」ですよね(苦笑)。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/14 01:10分 
  • [編集]

Re: 追伸 

謡曲「善知鳥」では、富山の立山と津軽の外の浜がむすびつけられます。
なぜ津軽の猟師の霊が、立山に出るのか・・・。
ホツマツタヱでは、立山はマスヒメ・コマスヒメ姉妹の父クラキネが葬られたとこです。
世阿弥はなにか知ってた?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/14 01:32分 
  • [編集]

いやさかの木さんへ 

またまた、おぢゃまします
秦氏 南朝 ダビデ
九頭竜といえば箱根九頭竜神社に去年伺いました
龍伝説は湖と深いですものね
田沢湖にも龍神祭がありますし
龍といえば縄文、エジプトのピラミッドも古代のラピタ人が
乗った乗り物という説もあります。
日本には富士を始め三角山多いですからね。
実は結構良いところついていると思ってます。
日本は水がエネルギーになることを知っていた様ですし
ピラミッド(三角山)あるところに湖ありですね
この国自体ダビデそのものですから
すいません、私も思いつくまま(w
  • posted by FUJICO 
  • URL 
  • 2010.04/14 10:48分 
  • [編集]

追記 

またまたまた、おぢゃまします
キリスト教といいましたが
琉球かもしれませんね
失礼しました(w
  • posted by FUJICO 
  • URL 
  • 2010.04/14 11:56分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/14 20:24分 
  • [編集]

田貫といえば・・ 

こんばんは。初コメです。
田貫は神風串呂ですかね。皇居遷都提唱運動
『皇居遷都提唱理由書』を見ると、皇大神宮、橿原神宮、多賀大社、御正体山、広島県御調郡御調町の公文(現在、尾道市御調町)、の5点の重要串呂起点と昭和天皇の皇居(東京都千代田区)とを結んだ串呂および串呂図が掲載され、「皇大神宮と皇居との串呂」では「狸穴」(静岡県浜松市北区)、「橿原神宮と皇居との串呂」では「田貫」(愛知県西尾市)が好ましくない地名として取上げられています。三浦芳聖の神風串呂の解釈によると、田貫(たぬき)とは、狸(たぬき)の諺文(おんぶん=同音による隠語)で、狸(たぬき)は、「人をだますもの(たぬき寝入り・たぬきおやじ)、化けて人をたぶらかすもの(カチカチ山)」の象徴であり「虚偽・詐欺・詐称」等の意味を表すという。こうした解釈から「皇居の位置が神風串呂地文の上より見て極めて不適格」と断定し、皇居遷都提唱運動が実施されたのである。
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2010.04/16 00:25分 
  • [編集]

 

今年2月8日、鹿児島の桜島で火柱たっている動画が見れます。
http://www.kago-net.com/index.php?itemid=127

アイスランドの火山も甚大な影響でていますが、日本も心配ですね。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2010.04/17 12:52分 
  • [編集]

Re: いやさかの木さんへ 

粉末状のRFIDチップですか。
鼻くそよりずっと小さいですね。失礼(笑)。
宇宙人のインプラントの方が断然大きかったりしますね(爆)。
もうなんでもあり~のですね。
国民総番号化に反対してたころが懐かしい・・・。

この国にはごぞんじのようにイエスと弟のイスキリの墓があります。
モーゼの墓もあります。
アークを埋めたとかいう剣山の話もあります。
かたや、モーゼが学びにきたという神社もあります。
ドゴン伝説によくにた文献もあります。
なんなんでしょうね、こういうのって・・・。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/19 02:46分 
  • [編集]

Re: 田貫といえば・・ 

こんばんは。はじめまして。

南朝系の天皇はともかく、神風串呂というのははじめてです。
なので僕は、それがそういう考え方なのかわかりません。
田貫湖はもと狸沼だし、田貫というワードにそういう意味があるとしたら、富士近辺の御正体山の反応も、やはりイザナギでなく、化かしの可能性が出てきますね。
なんせカリナスターのにせ十字に、道化師のワードですから、キツネとタヌキの化かし合いみたいな事象(というか政情)から、まっとうなスジを見抜くのは骨が折れます。
よほどしっかりしてないと、とんでもないとこに連れていかれそうです。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/19 02:59分 
  • [編集]

Re: うららさん 

なんとまぁ素晴らしい火柱ですね~!!
まさに火の御柱。
火山雷もぴっかぴかですねぇ。
桜島と隼人の記事で紹介したいと思います。
ありがとうございます。

ようやくカグツチの出産としての火山の反応が明確になってきたように思います。
最初のきざしから1年以上たってますが・・・。
中国の地震とアイスランドの火山噴火はおなじ4/14。
成田空港発の22便が欠航した16日には、新潟の胎内市で震度4。
胎内ですもん。
38度線だし。

ヒルコ的には淡路島も気になるところ。
チリ地震の予告でもあった遠州灘地震の震源と同緯度にありますしね。

近ごろ乳幼児の悲惨なニュースが目に付きませんか?
だからこそ胎内市も揺れたわけで、
乳幼児の事件の連鎖は、さらなるカグツチ&ヒルコ事象を誘発します。
その負の共振が、今回はどこまでいくのか。
許せないですね。責任とってもらいたいもんです!(怒)
ま、ハナから無責任な連中なんでしょうけど。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/19 03:28分 
  • [編集]

NoTitle 

きのうたまたま見たニュースで、オオカミ中年と批判噴出の舛添氏は、福岡の八幡高校出身だと知りました。
去年秋の同窓会で、鳩山の次は管、その次は俺だと言ったとか。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2010.04/19 08:47分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

八幡高校!?
おなじ穴のムジナだって(爆)。
無意識にご本人も気づいてらっしゃる?
たしか総理にしたい人№1なんですよね~・・・。



  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/19 11:42分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/20 14:55分 
  • [編集]

Re: はじめまして 

はじめて。
お寄りいただきありがとうございます。

海と山との幸せを祈るのが、大事なことだと思います。
祈りですよね。
知識なんて枝葉にすぎません。

きのうも青森のどこかの川の夢を見ました。
大きくて浅くてきれいな川です。
錦鯉をとったり、指に大きな青いいも虫がいると思ったら、たちまちサナギになったり・・・。
僕も目がさめて憶えてるのは水の夢がおおいですね。
めずらしくトイレには行きませんでした(笑)。

そういう集団や技術があると聞いたことがあります。
知りたいのはどうやったかより、なぜやったかですね。
そういう方たちは自らが事象を起こしていると思うかもしれないけども、
しょせんは取り込まれてるだけだと僕は思います。

海を愛し、山を愛し、鳥たちのさえずりや風にざわめく木々に生命のよろこびを感じる。
それにまさるものはありません。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/22 00:01分 
  • [編集]

NoTitle 

こんばんは!
遣唐使廃止894年の逆の数字が出てきましたっネ。
24日、佐賀県伊万里市国道498号線で土砂崩れ、だそうです。
また、高山に白いカモシカが表われたとか。

近頃は、心のアパッチテストのような出来事が多々あり、日々、馬をあやすように、自身を「ドードー」となだめています。ふんばり時ダナ~

いろんな意味での変動期、どうか、みなさまのお心の健やかなることを祈っております。
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.04/25 01:32分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

遣唐使廃止逆バージョンは、伊万里焼・有田焼の陶器の道なんですね。
飛騨高山に白いカモシカがあらわれたのが4/14。
新月~の、岡部まり~の、中国青海省地震~の、アイスランド火山~の日ってとこがまた不思議です。

僕もそうだし、いろんな方がふんばり時に来てると思います。
お祈りいただきありがとうございます。
僕も、みなさまのいやさかなることをお祈りします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/26 00:47分 
  • [編集]

田を目印に  


皆さまの深いお話と違いあまりに私事でしたので初コメは非公開にさせていたたのですが 
あらためて初めから読み直してみると いろいろメモすることや新たなコメントが増えていたりやっとここまでたどり着いた次第です。(夫と覚悟の?鹿島立ちをしたあと検索でおじゃましたのが最初のよう、その時は鹿島香取がそのように出雲に縁があるとは知らず…ここしばらく千葉に縁があった訳もすこしづつ…)
口(くち)に+(プラス)でよいことを伝えていくことでよいつながりがと言って下さった方がいて もちろん田んぼもですしとか いろいろこじつけていますが 読んでいくとよいことばかりでもないようで??(苦笑)
でもたどりたどってどこかへつながっていきそうです。
田貫湖も行ったことがあります。富士さんの八合目までいって断念した帰りですが。
誕生日が8月10日なので八と十は気になるところ 新潟方面や牛の話 大和に縄文ここにたどり着くだけでくるくるです。いろいろで読み進めながら勉強させていただこうと思います。
  • posted by kishiko 
  • URL 
  • 2012.01/12 16:10分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.01/12 16:27分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.01/12 20:28分 
  • [編集]

常盤御前 

いやさかの木さん

こんにちは、

今、フト、常盤御前のお墓を 何処にあるか調べてごらんなさい、、という声が聞こえたので、

パソコン開けて
最初に 出てきた情報がコレでした。

もうご存知かもしれませんけど、、
常盤御前のお墓がある場所は、伊作島津氏と同じ菩提寺だそうです。鹿児島の日置市だそうです。

開けられるかわかりませんけど、一応 個人ブログですけど、貼り付けてみますね



http://samuraiworld.web.fc2.com/lady_kagoshima_tokiwagozen.htm
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.01/18 22:45分 
  • [編集]

Re: 田を目印に  

ぶちまけろのメッセージと関係するかはわかりませんが、僕の父方のうぶすな(砂ですね)は猿田彦のお社です。
はじめてそこにいった翌年、伊勢の猿田彦神社から連れの携帯にまちがい電話がありまして・・・お祓いの予約確認の。で、これもなにかのご縁だとお祓いを受けにいったのが、07年能登半島地震の直前でした。
こうした経験が僕にこのブログを書かせたんです。

http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-153.html

ですから、kishikoさんが当ブログにきてくださったのも、目に見えないところで配線がつながってるからなんでしょうね。
気になるワードがあったら検索バーで調べてもらえれば、そこに書いてある記事や事物や場所が、あるいはヒントになってたりするかもしれませんよ。

八と十で九の鳥=ハト。
四方の柱の□と十で田。
稲荷に対するタヌキ。
これらはけっこう大事な事象のキーワードです。

僕らはみんないろんな配線でつながっています。
そんな配線、もしくは点と線のちょっとした案内図に、このブログがなればいいなと思っています。

鹿島立ちのタチは発ちでも断ちでもあります。
旅立ちは、過去を断つことでもあるんでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/26 02:45分 
  • [編集]

NoTitle 

発ちは断ちでもある。そうですね。
顔が覚えられない性でモノ覚えが悪いと思っていたのですが 会話とかできごとではなくて映像をしまっていたようで最近いろんな過去の風景が浮かんできます。
それがひとつひとつ意味があるのだということがわかってきた気がします。

今の仕事 店がご主人の自宅続きで初午やらなにやらいろいろ祭りごとが多いのです。一番のお務めは敷地内に稲荷があることで。いつもお供えのおすそ分けいただいてるんですよね~稲荷とタヌキとは…
ちょっとチェックしてみます。
  • posted by kishiko 
  • URL 
  • 2012.01/26 19:24分 
  • [編集]

Re: お伺い 2 

なるほど土津霊神ですか。
磐梯山を祭る磐椅神社の末社なんですね。
オオヤマツミとハニヤスヒメ。
まさに土に遣える霊神ですね。
初代陸奥会津藩主として、身をもって僕らに「土」を示したといえるかもしれません。
大河ドラマ「江」ともつながるので、事象的に無視できない存在だと思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/31 22:36分 
  • [編集]

Re: 常盤御前 

ああ!
その常盤御前でしたか。

父方の里はこの近く。
06年8月8日にはじめて訪れたとき、亀丸城跡や多宝寺跡もいきました。
ちなみに竹田神社の忠良の墓の横にある小さめの墓がうちのご先祖さんです。

思えばあれからいろいろ動いた気が。
このブログもふくめて。
なんか連れてきちゃったかな(苦笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/06 02:13分 
  • [編集]

常盤御前 

いやさかの木さん

あ!ごめんなさい。誤解を招く書き方しました。

常盤御前お二人さんでしたね。

ちなみに、東京渋谷区には、篤姫が江戸城へ輿入れしたお屋敷があったそうです、
薩摩島津藩のお屋敷です

住所は、豊玉郡 渋谷村 常盤松 現在、渋谷区の青山大学がある場所で その前は 東京農大があった場所らしいのですが、

個人的には、此処7,8年 東京農大卒(男性)の方と、青山大学卒(女性)の学生さんが今も連絡途絶えず、近いお付き合いをさせて頂いていますから、
常盤のワードは、外れていないでしょうと思います。

島津、秦氏、十字、一線上に並んでいます。

ご先祖様は、青山墓地、母方の曾祖母が永眠していますし、多分ご先祖様の お導きが人生途上人間関係にも影響していると思います。

曾祖父は、鹿児島から茨城笠間に上京した理由もお稲荷さん<島津>お導きに思えます。

そうそう、時期は少しずれますが、大学卒業されてフランスに来られたお二人は、
同じ名前でした。(笑)ありえません。

こういう事も知り合ってから数年経たないと 気がつかない事なんですよね。
わたくしの場合は、フランスまでご先祖様は、ついてきたんでしょうか?^ ^

ワイン好きなのかも?



常盤御前ゆかりの説も
http://www.nodai.ac.jp/hojin/journal/images/j_1001-02/h3.pdf
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.02/06 07:40分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/190-f6968e53

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム