神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ハラを立てるか、ハラに立てるか(3)


☆真姿と魔姿

12月30日、和歌山県沖で豪華客船「ふじ丸」の料理長が行方不明になった。1月11日、88回高校サッカーで山梨学院(富士酒折宮)が優勝。(蓮舫議員的)第2位は青森山田だった。翌12日「第2山田丸」が五島列島沖で遭難。既報のとおり、第2山田丸の機関長とふじ丸の料理長はともに長崎県南島原市加津佐町の方である。
一見強引ともとれるサッカーと船との関連づけだけど、島原といえば全国高校サッカー優勝6回の名門・国見と古豪島原商業。両校を率いた名監督・小嶺忠敏氏もまた南島原市(有家町)の出身だ。

サッカーは世界の合言葉。キリスト教もまた世界の三大宗教。
そのふたつの要素と雲仙普賢岳をあわせ持つ島原半島は、事象ポイントとして見逃せない。国見は肥前風土記に語られる神代直(かみしろのあたい)の郷でもある。日本武尊の父・景行天皇の侍臣だ。
おなじ長崎の五島列島沖も、海難事故だけでなく地震・気象的にも重要な事象ポイントになる。
 ⇒2008/7/27雷雲・くまひと? 
 ⇒雲・cloud computing 
五島は隠れキリシタンで知られる。風土記では、景行天皇が阿曇百足(あずみももたり)を遣わし、土蜘蛛の大耳・垂耳を捕らえた値嘉島(ちかのしま)がそうだとされる。海人の風貌は隼人族に似ていたという。のちには空海・最澄らの遣唐船も五島列島を経由した。
古代海人や海賊から連綿とつづく「隠れ」の歴史と「クマ」のワードが、どうも五島沖の事象を起こしてる気がしてならない。クマとは隈であり隅、神(くま)でもある。

南島原市はキリシタン大名有馬晴信の領地だった。加津佐にはセミナリヨも置かれた。
島原半島の雲仙構造線の南側にあたるこの地域は、江戸初期におきた天草四郎時貞のキリシタン一揆、島原の乱の舞台でもある。「クロス」の下に37000人が立てこもったのは、原(ハラ)城だった。
興味深いことに、乱の拡大を阻んだのは橘湾に面する「千々石(ちぢわ)断層」の断崖と、構造線の北側の住民である。人々の思考や方向性が、いかに大地とつながり、自然環境に左右されるか、その縮図を見る思いがする。
cross22から「犠牲」のワードが顕著なことはすでに述べた。
2008年11月24日には、雨の長崎市でペトロ岐部をふくむ188殉教者の列福式が行われている。
南島原が示されたのもまた、その殉教と犠牲の歴史に僕らが学ぶべき縮図があるからだろう。
キリシタン一揆とはいえ、圧政に怒り立ち上がった人々も、村ぐるみで参加を強制された人々もいた。それぞれの事情の上にクロスの旗は立てられ、立てられたハラ城は三ヶ月後に落ちた。
もちろん彼らの殉教と犠牲を美化することもできる。
ただ、僕としては岩(ペトロ)が気になる。千々石断層の断崖。天正遣欧少年使節の千々石ミゲルは棄教している。
事象的にいえば「島原の乱」は岩(千々石)に見放された蜂起である。いくらハラに「十」を立てても・・・それがどんなに気高い理想でも、岩や大地を無視したものであれば、犠牲の象徴にしかならない。事象ワードの「トキワ」や「橘」も、おなじことを伝えてるんだと思う。
太平洋戦争もそうだ。桜はたしかに美しい。だが岩こそが祝(いわ)であり、トコイワ(永遠)なのだ。

余談だが、原城でただひとり生き残った内通者の名は、山田(右衛門作)という。世界三大聖旗に数えられる「天草四郎陣中旗」を描いた人物とされる。

もっと余談(笑)。天草四郎の転生を自称するのは、ごぞんじ美輪明宏さん。じつは今年2月に、なぜか美輪さんに抱かれる夢を見た しかも聖バレンタインデーに…   
美輪さんの頬は少年のように白く、繊細だった。南蛮絵を見ると首に白いハリセン(笑)を巻いてるが、それが映えている感じだった。
2月11日の建国記念日に、埼玉県越生町「如意」の「住吉」さん夫婦が失火で亡くなっている。美輪さんのうしろには如意輪観音がいるって話しだ。なにかつながりが…?

ところで、ふじ丸と第2山田丸のことで加津佐町をしらべてたら、タレントの岡部まりさんの出身地だった。むかしファンだったからかもだが、この人くるなと思った。新月の4月14日、鳩ポッポ民主党から参院選(大阪)に出馬するとのニュース。なるほどね。記者会見は国民というより幹事長イチローの秘書っぽかったけど、ともかく06年歌会始のお題「笑み」をテーマに、88活動をはじめることになりそうだ。
そう…。加津佐町をめぐるこの裏表めいた連動事象。これもまた88の流れだ。
明治神宮の清正井の異常人気と正月の露天商夫婦のCO中毒死事故。「幸福」丸転覆と3名の奇跡の生還。建国記念の祝日の住吉夫婦や、先月19日に大分市「望み」ヶ丘の「幸」さん家族を襲った妻娘殺傷事件も気になるところ。また周防というククリで見れば、防府市の土砂災害と宇部市の年末ジャンボ宝くじ集中当選。北京オリンピックと四川省大地震の関係もそうだろう。4月14日の青海省ジェクンド(玉樹)の大地震は、5月1日からはじまる上海万博に対応している。
僕らのいう明と暗や、破壊と創造がペアで、あるいはひとつの事象にくっきりと組込まれたカタチであらわれるのが、88事象に去年から顕著に見られる傾向である。
メイクレジェンドのハラ巨人軍もそうだ。桑田元投手の実家火災、小林繁氏や武宮元寮長など関係者の訃報が相次いだことに気づかれた方もいると思う。そして木村拓也コーチ…。

4月11日、長野県千曲市の古大穴神社で、四方から縄で引っぱる「建て御柱」の柱木が倒れ、4人が下敷きになった。
四方の御柱が描く「□」は桝形。ますがたは真姿だが魔姿でもある。88事象はどちらにも転じる、両方の方向性をつねに併せ持ってることを、御柱祭にあわせてハラに「十」を立てる僕らは、キモに命じておくべきかもしれない。
ハラに立てずにハラを立てれば、魔姿になる。

桝形といえば、マス添要一氏。鳩ポッポ→イラ菅道真のあとは自分が総理だと言ったとか。マス添氏は八幡市立祝町小、大蔵中、福岡県立八幡高校という経歴。桝形「□」に添えるご自分の立場をよくわかってらっしゃる?
一方、cross22タテラインの伊丹空港廃止の橋下徹知事は、4月19日に「大阪維新の会」を設立。95年に解散した平成維新の会に倣った命名だろうか。これも龍馬伝や明治神宮(清正井)人気とおなじ、イザナミ88カンパニーの明治維新再現の流れだろう。
それにしても、どこかにカンパニーの対抗馬はいないものか。
丹後与謝宮の与謝野馨氏(曽祖父が与謝郡出身の啓蒙家)は、このままじゃ日本があぶないと4月10日に新党「たちあがれ日本」を結成した。命名のセンスをとやかういうつもりはないけど、景気が回復してきたら、「そのまんま日本」なんてのも…ありだねこりゃ(笑)。
あちらは宮崎の高千穂神社だし…。
                                    またつづく

  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

つれづれに
巨人軍、巨人(ジャンアント)の言葉の意味を
G・I・ANT(God I Ant) と読み砕き、
私が、蟻を見つめるように、神は私を見つめている
教えているのかもしれません。
God looks at me as I look at an ant. 

隼人族は センチュリーハイアットと同族です。

  • posted by FUJICO 
  • URL 
  • 2010.04/21 19:33分 
  • [編集]

ハラ 

トラウマにならなきゃいいけど…って思っていたのですが、美輪明宏さんとは満更でもなかった様ですね(笑)

島原半島にも色々詰まっていそうですね…。

一昨年、熊本の長洲港⇒国見の多比良港のフェリーに乗った後、港から海沿いに神代まで寒風の中、トイレを我慢しながら(笑)テクテク歩いた事が有りました。
理由はフェリーを降りる時にとてもとても不快な事があったからなのですが、お蔭さまでパズルのピースが一つ繋がった事で少し救われた気がします
m(_ _)m

でも不快を伴う印象の残り方は本当は勘弁ですね
(ρ_;)

あっ『ハラを立てるか、ハラに立てるか』!
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2010.04/21 23:23分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

4月23日にタイタンの戦いが封切られますね。
こういうのも巨人なんでしょうね。

> 隼人族は センチュリーハイアットと同族です。

ん? してそのこころは?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/22 00:04分 
  • [編集]

Re: ハラ 

いやいや最後までいってませんから(笑)。

歩いて厄落とししましたね。
というかあの辺歩いてるってとこがまた、らしいというか、驚きです(笑)。

島原半島も普賢岳がありますし、
そういうとこはパワーがちがうんでしょうね。

最近また乳幼児の事件が毎日のように目に付きます。
こういうときは大地もハラを立ててるので、
僕らも異常噴火をおこしやすくなります。
で、それがまた地震につながるという悪循環ですね。
ハラに立てんと!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/22 00:14分 
  • [編集]

大和と諏訪 

いつもこんなんですみませんが、以前から摩多羅神について調べていたのですが、そこから漫画MADARA→蛇男?の甲賀三郎について一昨日調べていたら、諏訪湖の龍伝説だったんですね~!全然気が付いていませんでした(失笑)。ずっと忍者だと思い込んでいました。そして甲賀三郎の氏神は近江の野洲の兵主大明神と知ってまたびっくり。去年の4月同時期に突然琵琶湖に行くことになったのは諏訪つながりだったのか。去年琵琶湖→今年諏訪湖とくれば猪苗代湖と田沢湖と十和田湖にも行くことになるのかな(笑)あ、それで福島会津磐梯山に行きたくなったのか、今書いてて気が付きました・・・。里帰りのときいつも磐越道使うから近くは通っているけど。

兵主大社も元は奈良県桜井市(穴師坐神社)にあり、龍蛇、鹿、大穴、湖を渡る神の祭りは大和地方と諏訪に共通していますね。昭和52年巳年生まれだから(?)蛇も怖くありません。誕生日も大神神社の秋祭りと同じ日。思えばこれまで住んだことのある土地は、蛇と水に関係する所が多かったです。

前のコメントで、諏訪=風の神だから、おみくじの「みがけますらお大和魂」で爆風スランプを連想されたのでは?魂を磨いて一人ひとりが世界の花と咲き出でよという意味だと私は思っています。ヤマトは大きな和ですからね。

マス姫姉妹と津軽と立山ですか・・・。またもや身内ワードが大集合です。どこまでいっても根の国一族です。

Re: 大和と諏訪 

摩多羅神? こりゃまた異な。
琵琶湖、諏訪湖、猪苗代湖、田沢湖、十和田湖。
どれも列島の中心線にある湖ですね。
とくに東北地方は、あいかわらず中心線が震源になってます。
いわば、列島の背骨・・・柱が反応してるわけです。
十和田神社は日本武尊ですよね。琵琶湖にも日本武尊事象の気配があります。
鷲(おおとり)を介して。
田沢湖の地震も、琵琶湖とつながっています。
人体でいえば、背骨のツボを刺激してる感じでしょうか。
いずれ琵琶湖でもっと大きな事象がおきると思います。
最近の十和田湖の沈黙も不気味です。

ああ、風だから爆風スランプだったのか!

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/25 20:49分 
  • [編集]

訂正 

うわーすみません。大和魂のおみくじは、諏訪大社ではなく岩船神社でした!!ニギハヤヒ尊からの言葉でした(汗)。諏訪では、「ときがくれば冬の寒さに耐えていた寂しい木にも満開の花が咲くでしょう」みたいな言葉を貰いました。

マダラ神は、諏訪へ出発した4日に王滝村御岳神社付近、帰りの6日に姫川渓谷付近に震源の浅い地震があったので御嶽山を調べていて、山ノ神→生贄→摩多羅→漫画のmadara→甲賀三郎と迷走していたわけです。

変な地震 

今朝の揺れ、変だなぁと思って調べたら、震源が三重県?
それで何故、茨城・福島辺りが揺れるんでしょうね。どういう繋がりが?

そして、諫早のゲート、開くことになるんでしょうか。なんか気になります。



  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.04/27 18:05分 
  • [編集]

Re: 訂正 

あ、やっぱそうですよね(笑)。
大和魂ってことで、陸軍サンプラザ中野学校つながりかな?
ちがうか(笑)。

御嶽山の反応はとても重要ですよね。
今年の地震の起点になっています。
いままでは能登半島でよく起点地震があったんですが、
御嶽山に移行したんでしょうか。
姫川付近の地震も、もちろんチェックしてますよ。
安曇野の明科につづく塩の道、つまり糸魚川~静岡構造線の反応ですね。
その反応と、和歌山沖震源の内陸への移行は関係していると思います。
フォッサマグナ・姫川の地震もふくめて、今回記事に書いたように、秩父神社にお願いにあがろうと思ったわけです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/28 19:48分 
  • [編集]

Re: 変な地震 

前のブログで熊野沖と室戸沖からたなびく雲の衛星画像を紹介しました。
たぶん関係してると思います。
震源が300km以上と深いときは、離れた場所が揺れますよね。
たとえば沿海州の深層地震は、日本海を通り越して、岩手や宮城の太平洋沿岸をゆらします。
熊野沖の地震も深いので、そちらがゆれたわけですが、ただおもしろいのは、偏りですよね。
熊野沖の深層地震はなぜか福島を中心とした地域をゆらすんです。脈がつながってるんですねぇ。茨城はゆれても、千葉はまったくゆれません。茨城・栃木・福島・宮城・・・この範囲にすっぽりおさまります。
以前その理由をしらべたことがありますが、はっきりしません。
個人的にはイザナミの里帰り地震(笑)だと考えてます。日高見への。

今回の熊野沖は、そちらの常陸那珂港沖の震度4に対応したものだと思います。
かつてはチバラキといわれた仲ですが(笑)、柱立てにおける茨城の重要性をぜひ全国の方に
認識してほしい。
なぜ日立なのか。なぜ国学や尊王攘夷思想が立ったのか・・・。
ニニギの新治宮は建築法の原点であり、建てたのは大国主です。
いわば日本で最初の大黒柱は、茨城に立ってます。
そういう脈々としたものがあるんですよね。
だから、くどいくらい(笑)そちらの反応に注目してるんです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/28 20:30分 
  • [編集]

そしてまた 

あ、けっこう揺れたかな・・・と思ったら、群馬や秩父の地震、珍しいですね。
奇しくも、明日は桐生行きなんですが~。
  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.04/30 22:04分 
  • [編集]

Re: そしてまた 

群馬と埼玉の県境でしたね、震源。
玉村ってとこかな?

十何年ぶりかで秩父神社にいってきました。
やっぱ事象神社です。あそこ。とくに境内社の配列が。
本殿のうしろに七十五柱の全国一の宮の神たちというのも…。
ひふみにありましたね。
「五十九神。七十五柱。わかりたか」
なんてのが。

桐生はどうでしたか?

それにしても揺れますね那珂湊近辺。
おかげで駿河湾まで補陀落連動してます。震度1だけど。
ちょうど秩父神社で祈ってたころに、ゆかりの薩摩でM4.1。
偶然ですけど。
夕方には新潟の五泉市あたりでM4.9。こちらは震度4でした。
鎮めを祈った矢先にこれですもん。ぜんっぜん届いてないし(爆)。
ま、当然ですけどね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.05/02 01:45分 
  • [編集]

NoTitle 

届いたから、揺れたと、考えるのもありかと・・・〇難が小難へ。
最近は、ニューフェイスが揺れているのでしょうか!?

秩父神社詣で、お疲れ様です!!
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2010.05/03 00:02分 
  • [編集]

Re: 賽の神 

ニューフェイスですよね。
たぶんこないだ3/13と14に福島沖で震度4と5弱をおこした弥彦~吾妻山ラインのスライドだと思います。
4/16の胎内の震度4ともつながってるかと。
さっき秋田の男鹿半島きましたね。
近年なりをひそめてた秋田の鹿さんがようよう動き出したようです。
去年出るはずだったんですけどね。

秩父神社はミロクラインで鹿島~諏訪ラインにあってけっこうコアなとこです。
主神はオモイカネに妙見が転じた天御中主神。
境内社はむかって右に家康・道真・禍津日。
左にスサノヲ日隅宮(日御碕)・タケミナカタ&ヤサカトメの諏訪社・稲荷。
左甚五郎作の社殿は補陀落のにほひプンプンです。
トリックスターにつながりそうな気もします。
ま、かんぺき事象神社ですね。

ところで、他にも目を通してる方がいらっしゃると思うので、ちとここに書かせてください。
前に他の方もコメントでふれてましたけど、賽のことです。
民間信仰でけっこうややこしい神なので、敬遠してましたけど、気になさってる方がけっこういるようです。
男女和合(陰陽)、境界(結界)、坂、岐神(猿田彦)、石、地蔵・・・いろんな要素をふくんでますよね。場合によっては、その上に牛頭天王がいたりします。
諏訪大社上社の御柱の切り出しにリンクした安曇野市は、たしか道祖神の密度が日本一だったと。つづいてゆれたのが、胎内市でしたね。
そうすると思い浮かぶのが、賽の河原なんです。
ひとつ積んでは母のため
ふたつ積んでは父のため
みっつ積んではふるさとの・・・
4月後半は毎日のように、わが子を虐待するむごいニュースが流れてました。
あえてブログで、社会が破滅のヒナ型をつくってるようなこと書いたのは、賽の反応へのある種の危機感があったからです。
胎内から産むのは火山です。そのひとつの反応が4/14に出ました。
場所はアイスランド。いわばウルティマトゥーレです。
ラグナロクにもつながります。
ここから先は、つぎに書くことになると思います。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.05/03 03:13分 
  • [編集]

桐生は 

待ち合わせ地点で、結局は埼玉を巡ってました。
平和なものでしたよ。

秩父では、三峰神社が、過去に「行けなかった」場所です。
いきがって手順を踏まなかったため…という情けない理由で。

ああ・・・秩父を思うと日光が浮かぶのはなぜかな・・・セットとなる何かがあるのかも。

  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.05/05 23:23分 
  • [編集]

Re: 桐生は 

あ、秩父神社には、境内社に東照宮がありますよ。
左甚五郎の「子育ての虎」や「つなぎの龍」に彩られた社殿は家康が寄進したものです。
三猿もいますし(笑)。日光的ですね。
補陀落浄土でもつながってるようです。
それにしてもよく晴れたゴールデンウィークでしたね。
天気がくずれることが多いんだけど。
暑いし・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.05/06 00:29分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/191-8a4d204f

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。