神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ハラを立てるか、ハラに立てるか(4)


☆ハラ立つのり

火と水の十字を地面に立てると「土」という字になる。
09年に世界一(WBC優勝)と日本一で時の人となった巨人軍の原辰徳監督・・・背番号88。
ハラとは神と人とが集う平かなる空間であり、地の高天原のことでもある。地の高天原は、「御柱」を立てることで天の高天原とつながる。神を柱と数え、人を柱とささげたのは、天と地を霊的につなぐ装置としての、「柱」への信仰があったからだと思う。
それはストーンサークルの石柱であり、大国(黒)柱であり、世界樹ユグドラシルであり、キリストの十字架でもある。
ヒンドゥーの「ハリ・ハラ」のハラは「奪い去るもの」、すなわち破壊神シヴァを意味する。人体もまたハラにたまった怒りを爆発させ、破壊者となる。ハラと大地はつながっている。敏感な人は、地震が近いとハラ立つのりになる(笑)。
人はだれもが天と地をつなぐ光の柱なんだろう。天は人を通して地と交わり、地は人を通して天と交わる。樹木の道管のはたらきに似ている。だから道管も人体のエネルギーも、らせん状なのかもね。
僕らが柱なら、御柱祭とはひとりひとりの建て替え作業のことだ。火と水の御柱「十」はハラに立てられ、「土」となって大地と一体化する。柱を深く立てるために、地面はゆらぎ、ゆるんでおく必要がある。だから大地震がおきるし、怒りやすくもなる。怒りは御柱祭の「きざし」であり、柱立てのチャンスなのだ。だがまちがってハラを立ててしまう人が、なんと多いことか。
ハラに立てずにハラを立てれば、ハラは破壊にはしる。わが子を破壊する父と母が、あとを絶たない。どうやら僕らの社会は破滅のヒナ型をせっせとこしらえつづけてるようだ。父は天、母は地球。わが子とは、僕ら人間のことに他ならない…。
この、あわや。
樹木の細胞が死をもって道管となるように、88事象もまた犠牲や死と背中合わせだ。麻賀多(まがた)はたしかに真型であり、魔型でもある。
けど、僕らがめざすべく示された御柱ワードは「真木」だ。「魔木」じゃない。このことは、心しておきたい。

※)麻賀多は千葉県成田市台方(稷山)の麻賀多神社。祭神は稚産霊命(ワクムスビ)。日本武尊の七つの玉の伝説がある。樹齢1370年の大杉は推古天皇の時代に植えられ、東日本一という。境内社に天之日津久神社。岡本天明に日月神示が降りたのは、この神の縁だ。
真木は「天地人」で示され、カミカゼ右京遭難(富士山)と伊東地震で補完された御柱ワード。「龍馬伝」の楢崎龍も、真木が演じる。他のだれでもなくお龍役に選ばれたのがミソだ。ドラマでは龍馬との日本初のハネムーンで、天逆鉾があるニニギの霧島高千穂峰に「真木が立つ」ことになる…ハズ。


☆蘇える巨人

4月23日(金)に映画「タイタンの戦い」が封切られた。原(げん)巨人事象の明快なサインが、22の年にもちゃんと用意されてたわけだ。タイタンはギリシア神話の巨神族ティターン。チタンでもある。チタンの元素番号は「22」だ。蘇えった原巨人が跋扈する平成22年……そりゃ揺れるって。
(ちなみに原巨人は、おおもと地球にいた巨人たちの意味です)
ちょうどブログ休止中だったけど、コメントやmixiボイスで憶えてる方もいるかもしれない。去年僕は99%ハラ巨人が日本一になると考え、同時にそれを怖れた。犠牲をともなう巨大地震や、出産としての火山噴火のQ出しになると思ったからだ。
原辰徳監督はWBCでも88を背負った。決勝10回表のイチローのタイムリーは、日本時間の午後2時23分だったそうだ。2.23といえば富士山の日。富士は火山の代表選手。ホツマツタヱでは、イザナミは富士山の宮で天照大神を出産する。「ハラ宮」という。また辰徳の名は、88回高校サッカー優勝の酒折宮・山梨学院のモットー「徳を辰る」に通じる。樹(た)つるだけど(笑)。東海大でもあるし、ハラ監督と88の組み合わせは、どこまでも富士につながる。
巨人はダイダラボッチ。富士山をつくったのもダイダラボッチって伝説がある。静岡市葵区のだいらぼう山もダイダラボッチのこと。じつは4月14日(後述)に日本で唯一、この葵区の賤機(しずはた)山付近がゆれている。重要な反応なので原巨人軍の仕業かどうか調査中だ。
宝は「田から」で力は「地から」。ホツマツタヱでは、富士八湖をつくったのはニニギ(ニニキネ)に命じられた天手力雄命(タヂカラヲ)である。伝説では、この巨神がほうり投げた天の岩戸が長野県の戸隠山になったという。富士と戸隠はフォッサマグナ、とくに糸魚川・静岡構造線がらみの南北ポイント。安曇野市明科につづき、ヒスイの産地・姫川もすでに反応している。塩の道(糸魚川・静岡構造線)ではじまってる連動に、タヂカラヲが象徴的にからんでくるようなら即警報になる。
「リグ・ヴェーダ」のプルシャと似た中国の盤古も、原巨人である。道教では元始天王(元始真人)と称したという。想像を絶する巨人たちの原初パワーは、「もののけ姫」のシシ神さま(ダイダラボッチ)でおなじみかも。

年明けからの世界各地の地震・火山被害は、僕にとっては巨人優勝への怖れが、そのまま現実になってしまった感じだ。もっとも国内の反応を想定してたわけで、正直、海外の巨大地震にまで思いが至ってたわけじゃない。その意味では、いまのとこ予想ははずれている。ただ、「M8.8のチリ大地震で地軸が8cmズレた」なんてニュースには、イザナミの88事象がつくづく母なる地球の表現なのだと、あらためて思い知らされた。88監督のWBC優勝は、「世界のハラ立つのり」を意味してたんだろう。
バンクーバー五輪の4本の柱は、御柱祭が地球規模で行われてることを物語っている。68億5千万人分の柱を立てるのだ。そりゃ大地も大ゆれする。巨人たちはその穴掘りや地ならしのために呼び戻された。あるいは地球の御柱、地軸の建て替えのために?
地軸は68億5千万本の柱の中心である。火と水と土、天地人の最後のバランスは、たぶん地軸がとる・・・。

                                     しつこくつづく

【追記】

茨城空港開港で神戸と脈が通じたことは前に紹介した。開港後、茨城では震度3と4がつづいた。ホツマツタエではヒルコ姫は茨城県筑波のイサ宮で産まれ、兵庫県西宮市の廣田神社あたりで育ったって解釈になる。天照大神の姉にあたる神だ。茨城空港開港の第1便は神戸空港からだった。事象的にはヒルコ姫の脈だろう。ヒルコ姫は和歌姫であり、稚日女である。神戸市の生田神社の神さまだ。中央構造線の和歌山市和歌浦にある玉津嶋神社もそう。で、茨城空港開港から、紀伊水道の震源が内陸に移行している。とくに3月29日の震度3は天神山の北麓だった。玉津嶋神社は南麓にある。目と鼻の先だ。このヒルコ姫連動があまりよろしくないと思うのは、彼女の夫が八意思兼命(ヤゴコロオモイカネ)であり、子がタヂカラヲだからだ。つまりフォッサマグナの富士⇔戸隠を着実に煽ってる。上社御柱の切り出しに呼応した安曇野の明科の地震。ヒスイの産地の姫川でもめずらしく地震。ごぞんじ塩の道、糸魚川~静岡構造線である。
こうした反応を受けて、5月1日に埼玉の秩父神社にいく予定でいる。オモイカネに被害を出さないようお願いしてみようと思う。

ゴールデンウィークの5月5日は事象日として注目している。ゴジラ松井の55でもあるけど、なにより男の子の節句であり、トリノフィギュアでW金神が出たあとの、たすと「十」になる5のゾロ目でもある。蘇民将来伝説では、牛頭天王が艮の金神(巨旦大王)を調伏し祭ったのが五節句であり、菖蒲は巨旦の髭と髪をあらわす。原巨人事象的にも気になる日だ。
僕はこの伝説が大嫌いだけども(笑)、個人の趣味で事象が動くわけじゃないし、つぎいつ書けるかもわからないので、ここに追記しておきたい。


ハラを立てるか、ハラに立てるか(1)
ハラを立てるか、ハラに立てるか(2)
ハラを立てるか、ハラに立てるか(3)

  • [No Tag]

*Comment

ダイダラボッチと大黒様と螺旋 

ダイダラボッチは、この前、調べてました。鍛冶屋につながる流れで、
大黒様(大国主、シヴァ)をこの前、頂いて、木彫りですが、表面、金です。なぜ、うちに来たのか?大国主も調べてました。
塞(さい、私の名前のの逆)も調べていて、土の関連もわかってきました。塞ぐは、賽の河原のさいで、さいの神、大国主にも繋がるし、私の過去生の一つのサカ族(こっちは、名字と関係)にも繋がっています。
根のスサノヲと,天のアマテラスと地の大国主、
今は、大国主の出番でしょうかね?
螺旋は、以前、入ったアメンティへの入り口が、ちょうど、人体のあばらのような、螺旋をしていました。フラクタルですね。赤ちゃんも出産時、螺旋で、出てきますよね。
同じところをついてますね。
5月5日、22日、気になりますね~
  • posted by IS@CO 
  • URL 
  • 2010.04/28 10:07分 
  • [編集]

Re: ダイダラボッチと大黒様と螺旋 

ダイダラボッチは天目一箇神とむすびついてますよね。
僕は手力男命もいっしょになってると思ってます。

大国主は、柱立てなんていったら、喜色満面で飛び出してきていいはずなんだけど、反応がいまいちなんですよね。僕はオオナムチの子が大国主だと考えてるんで、オオナムチとタケミナカタにはばかってるのかな~と。
ニニギの動きがもっと大きくなれば、出てくるかもしれませんが、一般にはオオナムチとオオクニヌシというあきらかに違う神格が同一化されてるので、判断するのは難しいかもしれません。

へ~、赤ちゃんも螺旋で出てくるんですか?
生命って味なことしますね(笑)。
ちなみに筑波もイサ宮ですよ。
伊佐と賽って、そういえば反対。ナゾかけぽくっておもしろいですね。

5月22日、楽しみです。
疲れがたまってきてるので、心身を癒してあげたいな~と。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.04/28 20:47分 
  • [編集]

5月5日 

いやさかの木さま

いつも楽しく拝見させていただいております
ありがとうございます
ところで、節句事象に関しては、5月5日は、ひふみ神示にも3月3日とともに、「恐い日」と書かれていますね

明日がどうなるか・・・
  • posted by じん 
  • URL 
  • 2010.05/04 05:03分 
  • [編集]

Re: 5月5日 

じんさん、ありがとうございます。

皇道大本も明治55年5月5日を「三六九(ミロク)」の節目としましたね。
明治は45年で終わったので、大正10年5月5日が当てられたようです。
じっさいには期待されてた「建て替え」は起きなかったわけですが(2月12日に第一次大本弾圧がありましたけど)。

いままでの経緯からして、劇的な変化がおきるとは考えにくいですが、今後の起点となりうる事象や、重要なメッセージとなる事象が起きる可能性は高いと思っています。ゴジラ松井もここのとこ調子落ちしてますし(笑)。
自然現象としてあらわれるなら、1日ズレこむかもしれませんね。
それとはべつですが、昨日の衛星画像からフィリピンのルソン島沖が気になっています。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.05/05 08:38分 
  • [編集]

もんじゅの知恵 

いやさかの木さん、お久しぶりです、連休中は天気が良かったのでジャガイモ蒔きましたよ、大事件という訳ではなかったですが14年ぶりにもんじゅが再起動するようですね、沖縄の基地問題同様に、引くに引けず進にも問題山積み、将軍様も以前より元気そうです。

新興国の経済成長の陰で、アフリカなどでは資源の争奪戦が起きているようです、大国が借金で作り上げた膨大なマネーが弱者を翻弄している、環境破壊による生活の崩壊はどう見ても神の怒りではなく人為的な活動によるものです、もんじゅの知恵とはどんなものなのでしょうか。

もうしばらくすると山が芽吹きます、昨年はこの辺りの山でも「楢がれ」が多く見られました、林道の雪が溶けたら行ってみたいと思います。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2010.05/06 20:06分 
  • [編集]

Re: もんじゅの知恵 

こんばんは。
おお、ジャガイモですか。
ちなみに母の郷里の宮崎では、こんな会話がなりたちます(笑)。
「新ジャガじゃが」「じゃがじゃが」
(新ジャガですわ)(そうですわね)

この数日でおもしろい動きがでましたね。
トリックスターとしての金神が、88カンパニーをひっかきまわしに入っています。
とうぜんキターッの金さんも連動。いよっ、アジアのトリックスター。
38度線には特殊部隊配備完了とか。
ティターンの地元ギリシアでは、巨人プロメテウスの火が投げ込まれ、悲劇に。

もんじゅがミロクへ向かう激動の引き金にならなければいいですね。

今日も自然は豊かです。心やすまるほど。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.05/07 02:14分 
  • [編集]

10と88 

おはようございます。
昨日、自分の日記に長々と文章を書いた後で、こちらを再度訪問して読み返したらやっと意味が符に落ちました。
(符に落ちるってのもハラですね)

オーラソーマでは10と88ってのは裏表の関係です。
タロットでは運命の輪。
ステージが変わるというか、次元が変わるというか・・・
10は「行って木を抱きなさい」という名前。
柱だなあ~って思います。

そして私たちが柱を立てるって事は
柱になるって事でもあるのでしょうね。
  • posted by けいこ 
  • URL 
  • 2010.05/09 06:52分 
  • [編集]

Re: 10と88 

腑に落ちていただき感謝です。
うれしくなります(笑)。
あちらでブロクをご紹介いただき、ありがとうございます。

> オーラソーマでは10と88ってのは裏表の関係です。

おもしろいですね~。
「行って木を抱きなさい」
いいですね、これも。

じつは僕も去年の12月26日からずっとハラがテーマになっていて、
おそらく、気づくか気づかないかはべつとして、そういう方はかなり多いと思うんです。
踏ん張りどこというか。
踏ん張るのもハラですから。

あと、実生活を事象に投影したのではなく、事象から学んだことに、道化師・愚者・トリックスター系の動きがあって、それに気づいた時、自分の身の回りでなにが起きているのかストンとわかりました。おかげでいろいろフッ切れました。

巨人族の鳴動はハラに響きます。
響くってことは振動してるわけなので、ハラの液状化現象がおこっちゃったりするわけです(笑)。だから逆に柱をたてやすくなるんじゃないかと。
僕らがひとりひとりが柱であり、しっかりと根をはって真木になる。
とりあえず、そう心がけています。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.05/10 00:00分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/192-2dfee09b

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。