神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

トリック(2)


☆くらまの火柱と鞍馬の火祭り
2009.10.27関門
鞍馬の火祭り


☆カリナスターからトリックスターへ

去年の10月24日、伊豆の下田港を出た金目鯛漁の第一幸福丸(佐賀県唐津市波戸漁港)が消息を絶った。翌25日、神奈川県の相模湾で海上自衛隊の観艦式がおこなわれ、護衛艦「くらま」に菅直人副総理が乗艦。27日(火)、その「くらま」が韓国のコンテナ船「カリナスター」と衝突。関門橋付近に巨大な火柱があがる。翌28日(水)、海上自衛隊機が転覆した第一幸福丸を八丈島沖で発見。海保巡視船が急行し、船底から奇跡的に3名を救出した。

このふたつの海難事故は、まぎれもなくセットである。
両方から抽出したワードをちと意味ありげにならべてみる。
「金」「韓国」「衝突」「火柱」「関門」「波戸(鳩)」「菅直人」「牛」「にせ十字」「幸福の転覆」「奇跡の生還」・・・。
6月4日、辞任した鳩ポッポ総理をついで菅直人副総理が民主党代表に選出された。
キター!の金さんによる韓国哨戒艦「天安」の爆沈。都農(つの)町の水牛にはじまる口蹄疫。世界各地に立ち上る火山の火柱・・・。近ごろの事象を思えばハッとするワードがならぶ。いまが関門なら、最後のふたつはこれから僕らが迎える状況だろうか。

カリナスターは韓国の釜山港から大阪に向かっていた。
魏志倭人伝の時代、朝鮮半島の南端には、釜山市のとなり金海市を中心として狗邪韓国というクニがあった。そこから対馬・壱岐をへて、魏の使節が最初に上陸したのが末盧国だ。第一幸福丸所属の鎮西町漁協は、佐賀県唐津市の漁協である。その唐津市の桜馬場遺跡が、末盧国の王墓にあたる。
唐津市のある東松浦半島は、かつて国際海上交通の玄関口だった。水田稲作がはじめてもたらされ(菜畑遺跡)、肥人や倭寇の拠点でもあった。その先っぽにある鎮西町には、豊臣秀吉が朝鮮出兵の前線基地として名護屋城を築いた。後方基地は、「cross22]の大阪四貫島対岸の鴉宮付近である。秀吉の軍船は大阪から関門海峡を通って鎮西町に集結。カリナスターの釜山市に上陸したのだ。
鎮西町沖の加唐島は、継体天皇に任那を割譲させた百済・武寧王の誕生地。神集島は神功皇后が朝鮮遠征にさいして神議を開いた島として知られる。日本三大悲恋のひとつ松浦佐用姫の伝説もまた、新羅との戦争がうんだ悲劇だ。東松浦半島がいかに朝鮮と物語の脈を通じているかわかっていただけるかと思う。
鎮西町のとなり町の玄海原発では、去年12月からプルサーマル発電の営業運転がはじまっている。プルサーマルはプルトニウムと軽水炉をプラスした和製英語だそうだ。ちなみにプルトニウムの語源はプルート(冥王星)、ウランの語源はウラヌス(天王星)である。

3月26日(金)、黄海の国境海域で「天安」が北朝鮮の魚雷攻撃をうけて爆沈。これにより東松浦半島の事象ポイントとしての重要性がにわかに増してきた。事象ポイントとは物語のワードが集中する《場》であり、共振や変換をおこす中継ポイントである。だからたとえば南北国境38度線の衝突のパルスが東松浦半島で返還され、プルサーマル発電の伊方原発や浜岡原発(予定)で事故を引きおこす負の連鎖も、可能性としては考えられるわけだ。
荒唐無稽に聞こえるだろうか。
でも福岡西方沖地震が韓国馬山市の「対馬の日」制定直後に起きたことを忘れてはならないし、そもそもカリナスターと第一幸福丸に歴史的共時性が見出せること自体が荒唐無稽なのだ。
朝鮮半島と日本は「シクミ」のまな板にのっている。
金さんを使うトリックスターの金神と、核(亥神)をも牛耳る口蹄疫の牛頭天王は、原発のチーム綿津見といまだにツーカーの仲だ。牛さんチームの菅内閣の組閣でも、海人(白水郎)の「白」が目立ってたしね・・・(=蓮舫)。

おととしの暮れから、東北千葉氏の妙見や蝦夷の「柵」、陸奥の金のワードが、ことしの御柱祭に至る事象の流れが大阪・石山崎(大坂城・難波宮)に向いてることを教えていた。キター!の核実験も、パチンコ「crossニコニコ」の放火事件も、カリナスターとくらまの事故も、その流れでおきている。御柱祭の事象ポイントとしての石山碕の重要性は、まえに「生駒山の太陽柱(2)」で述べた。そこはニギハヤヒの降臨地であり、神武東遷の生島足島祭祀の《場》でもある。
3月14日、その大坂城天守閣公園にとつぜん2m大の穴があいた。正月の太陽柱につぐ御柱事象だ。5月28日ごろ、中米グアテマラ市内に超巨大な柱穴があく。熱帯性暴風雨アガサの影響と見られている。さらに6月3日に中国広西チワン族自治区来賓市吉利村で4か所、4日には浙江省江山市の高速道路、6日に四川省成都市の大邑県新場鎮と崇州市懐遠鎮で柱穴があき、巨大地震のまえぶれかと市民を震えあがらせている。どれも陥没穴だけど、この丸さってどうよ。連鎖ぶりも異常。まるで石山崎をヒナ型として、原巨人軍が見えない御柱を立てまくってるよう・・・。

2010.5.31グアテマラ柱穴
2010.6.4浙江省江山市の柱穴


事象ポイントといえば、4月16日(金)の新潟県胎内市の震度4も注目される。この地震で胎内に秘められていたワードが放出された。
胎内市は南北朝鮮国境とおなじ北緯38度線にある。5月5日、北朝鮮特殊部隊5万が38度線に配置完了。20日には韓国当局が「天安」の沈没を北の魚雷攻撃と断定。現在は韓国側のスピーカーから「めし食ったか?」と、8時だヨ全員集合ばりの心理放送が流れ、北朝鮮側が「スピーカーを攻撃するぞ」と息まいている状況・・・。
胎内市の黒川は、日本書紀(天智天皇紀)の「燃える水」「燃える土」の献上地である。つまり原油。4月20日(火)、米ルイジアナ沖のメキシコ湾で、英BP社の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」が爆発し11人が死亡。史上最大の原油流出事故に発展し、きわめて深刻な状況に陥っている。
おなじ4月20日、宮崎県児湯郡都農(つの)町の水牛から口蹄疫ウイルスが検出された。胎内→児湯(産湯)の出産シンクロである。また胎内市の地震が櫛形(くしがた)山脈断層につながることから、これは「奇しカタ(型)」じゃないかと書いた。奇しくも、6月8日(火)に就任した菅総理は、第94代総理大臣だ。これも94カタ。
菅総理は牛さんチームである。だから就任直後に口蹄疫が都城市に飛び火。日向国全域にひろがった。おおもとの感染経路は不明のようだが、たぶん朝鮮半島だろう。
だって牛頭天王だもの・・・。
都城市は平安~鎌倉時代の日本最大の荘園「島津荘」があったとこ。平安末期に惣地頭職についた秦氏系の惟宗忠久が島津氏を名のり、のちに源頼朝がその家紋を「十」とした。都城から鹿児島への感染は、事象的にさけられないだろう。どうする鹿児島・綿津見の宮の豊玉一族よ。え?牛豚は神饌にあらず・・・って、そんなムチャな。

護衛艦「くらま」の艦名は、京都市左京区の鞍馬山からつけられた。鞍馬寺は三位一体の尊天(宇宙エネルギー)を本尊とし、うち護法魔王尊(サナトクマラ)は650万年前に金星から降臨したそうだ。人類誕生以前の話をだれに聞いたかはともかく、これも「金」だ。
有名な鞍馬の火祭りは、由岐神社の祭りである。主祭神は口蹄疫の日向一宮都農神社とおなじオオナムチ。豊臣秀吉の崇敬が篤かったことで知られ、子の秀頼が社殿を再建している。そう、ここにも関門海峡の衝突事故と秀吉のつながりがある。韓国でもっとも嫌われてる日本人は、豊臣秀吉と伊藤博文だそうだ。護衛艦「くらま」はある種の恩讐をもって、血祭りならぬ「くらまの火祭り」にされたのかもしれない。

事象は時空を超えた多重構造をしている。それをくくるのは時間ではなく、物語であり、ワードだ。
ブログではちらほらしかお伝えできなかったけど、平安後期の平将門や奥州合戦から鎌倉幕府成立にいたる歴史も過去に表現されていた。3月10日の鶴岡八幡宮(鎌倉)の大銀杏の倒壊と、4月14日の京都・東寺(教王護国寺)の414年ぶりの東大門開門は、鎌倉幕府の終りと南北朝時代を示しているのだろう。東大門は南朝新田義貞に攻められた北朝方の足利尊氏が、門を閉じて難を逃れた場所だ。その開門は室町幕府のはじまりを意味する。まるで走馬灯のように歴史が再生されてゆく。
さて、鞍馬寺といえばごぞんじ源義経。鎌倉幕府をつくった源頼朝の弟で、その急先鋒として働いた。鞍馬寺で育った少年時代の名は「牛若丸」。兜に猪をあしらった猪武者でもある。余談だけど、「鹿も四つ足、馬も四つ足」の鵯越の逆落としは、須磨ベルトコンベアのルートだそうだ。
 ⇒「ハラを立てるか、ハラに立てるか(1)」 

義経のワードは「牛」と「亥」である。観艦式で「くらま」に乗艦したイラ菅も「牛」だ。くらまとカリナスターの衝突事故をおこしたのは「牛」である。牛と亥が示した「金⇒火と水の十字」の構図だった。その構図は、胎内の震度4⇒原油流出事故や口蹄疫、6月4日金曜日のイラ菅民主党代表選出⇒8日火曜の内閣発足にもあらわれている。
関門海峡の海面にあがった火柱…その火と水の十字は、「にせ十字」でもある。すくなくともその要素をもっている。北半球の北極星のように、南半球の古代航海の目印は南十字星だった。にせ十字はそれより大きく見つけやすいので、多くの航海者が方向をあやまることになった。カリナスターとはりゅうこつ座であり、にせ十字を形成する星々をふくむのだ。
僕らの関門として、災厄神牛頭天王と艮の金神がリードして立ち上げる「にせ十字」。それが今回の大変革のトリックだと、僕は考えている。

都人の牛頭天王への怖れは、菅原道真への信仰にも見える。道真は死後、たたりを怖れられ火雷天神として祭られた。神使(みさき)は牛だ。
菅直人氏は、菅公道真の子孫を称した美作菅家党(岡山県)の末裔である。癇癪持ちの雷おやじで、あだ名は「イラ菅」。まさに火雷天神だ。
事実、彼が民主党代表に選ばれた6月4日、とつぜん猛烈な雷雨が北関東を襲った。夜半には千葉でも雷雨。今年はじめての雷じゃないかな。前日には奈良でも激しい雷に雹がふった。もちろん気象的には北からの寒気の流入によるものだけど、この絶妙のタイミングってどうよ。

菅公道真は天穂日命にはじまる出雲国造の子孫、野見宿禰の末裔にあたる。太宰府天満宮には、道真の家族ともに野見宿禰や出雲の神たちが祭られている。出雲88事象にともない超のつく豪雷雨が列島各地を襲ったのをご記憶の方も多いと思う。
野見宿禰は相撲の神さまである。だから道真が動くと、連動して相撲界に激震がはしる。鳩ポッポ辞任直前の5月30日、暴力団へのチケット譲渡事件で木瀬部屋が閉鎖。さらには琴光喜関の賭博問題と、またもや不祥事だ。ちなみにその5月30日、鳩ポッポはのんびり第77回日本ダービーを観戦していた。優勝したのは白枠1番のエイシン「フラッシュ」。馬主は平井豊「光」。フラッシュといえば稲光。まさに火雷天神政権誕生の暗示。ことしの歌会始のお題も「光」だしね。

菅原道真は遣唐使を廃止し、自立のカタを示した。年号を白紙(894)にもどすと憶えた方も多いと思う。6月8日に誕生した菅総理は、第94代総理大臣である。この政権もまた、この国の自立のカタを示すことになるんだろう。たとえば、日本と韓国、北朝鮮、遣唐使の中国との間にどんな御柱をおっ立てるか。あるいは柱立てのためにあえて列島をゆるがす事態をつくりあげるのか。なんせ「にせ十字」を背負ってるだけに、僕らはよほどしっかりした目で見極めなくちゃいけない。
イラ菅政権は「ハラを立てるか、ハラに立てるか」内閣である。
そしてそれは、1414(いよいよ)僕らひとりひとりの御柱祭の開幕でもあるのだ。


【後記】
事象のドップラー効果みたいな時間差ブログになってきました(笑)。
できるだけ「いま」を見るために、プロフィール欄に「ひとりごと」を書くことにしました(携帯の方は見れないかもしれません)。
先日は「はやぶさ」の帰還についてコメントしました。
隼といえば、隼vs鳩ポッポの図式。そして太陽神ホルス。
太陽帆船「イカロス」と金星探査機「あかつき」も打ち上げられています。
・・・・・・。
じつは今回の記事、バックアップもふくめて2回おしゃかになってるんです。なのでアップが遅れました。いまもまた・・・こんどは「不正操作」で消えちゃいました。う~ん、どうも金神と太陽神(伊勢)にふれかけるとこうなるような。ま、偶然でしょうが、薄氷を踏むように、一行一行保存してます(苦笑)。
次回はその金神の詳細と伊勢の復活について書こうと思ってるんですが。どうなることやら。
現在、南アW杯が開催されています。テーマは世界の御柱祭です。サッカーは地元、地域から世界を見るスポーツ。それぞれの地域の自立に必要な要素、弱点、近未来のヒナ型が示されるはずです。そういう視点で楽しんでみるのもおもしろいかも。僕自身はこと日本代表に関してはとても楽しんでいられない気分なので、そういう「ひとりごと」が増えるかもしれませんけど。

  • [No Tag]

*Comment

6月13日の地震 

いやさかの木さん、お久しぶりです、なんだかだんだんと佳境に入ってきましたね、13日のお昼の地震は買い物中の私にも感じられました、帰ってから調べてみたら福島沖 北緯37.4度 東経141.8度と丁度38度線付近でした、ちょっとびっくりしました、今朝もう一度地震速報を見てみた処、13日は6件の地震が有った様で普段の日の倍くらいの数でした。

発生した時間も0時を偶数にすれば6回とも偶数の時間です、本当に「いとかわ」から帰還した「はやぶさ」も奇跡的ですがこの日の地震も普通じゃなかったようですね。
地震速報  http://tenki.jp/earthquake/


事象と言えばApple社が面白いです、私のブログにも深い関わりがあります、過去に何度かつぶれそうになりながら、そして部下に追い出された経営者が復帰してから「i・アイ」をテーマにした製品で見事に復活、今や世界で最も注目を集める企業になりました、どこかで聞いた事のある話とよく似ていませんか、それもこのタイミングでです。

今年のトマトは近くのホームセンターでも随分多くの品種が扱われていました、苗だけでも20品種を超えています、過去最高だと思います、一通り購入してしまった私も過去最大規模のトマトづくりに励む事になりそうです「トマトが赤くなったら医者が青くなる」トマト「命のリンゴ」とも呼ばれているとか、トの的とまとで良い事が有りそうです。

  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2010.06/16 08:06分 
  • [編集]

じん 

いやさかの木さま
いつも楽しく拝見させていただいております
ありがとうございます

ところで、
護衛艦「くらま」の艦名は、京都市左京区の鞍馬山からつけられた。

は、片山右京の富士山問題とやはりリンクしそうですね

右京・左京と来たら、最後は中京か?
中京大学?も要注意か?

  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2010.06/16 12:04分 
  • [編集]

都農 

MIXIのつぶやきに書いたお茶を誘ってくれたわんこ友達、初めて名前聞いたのですが、都野(つの)さんでした。こっちは、野ですが、6月15日のことです。こちらで、都農を拝見し、またまたのシンクロでした。
  • posted by IS@CO 
  • URL 
  • 2010.06/17 09:51分 
  • [編集]

Re: 6月13日の地震 

shibuchinさん、こんばんは。
あの地震はこちらもけっこう揺れましたよ。
志賀神原発ラインで、ワードは「葉(羽)」です。
はやぶさとつながってるかもしれませんね。
他の反応についてはまだ見てないんですが、たすかに多かったです。
志賀神原発ラインの地震は、かつて遊び人の核実験を予告してますからね。
38度線には注意が必要です。

佳境に入ってきましたね。
ハラに立てるかの菅政権。いよいよ僕らの御柱祭。その状況での世界の御柱祭たるW杯ですから、日本代表監督とそれをめぐるマスコミの反応、選手たちの戦いぶりが僕らになにを言わんとしているのか、ここはひとつ真剣に考えるべきときだと思います。
Apple社の事象について、僕は知らないんですけど、なにかあったんですか?

「トマト」と「ヤマト」ってにてますよね(笑)。
なるほど、「トの的」ですか。
なぜか最近、トマト炒めがマイブームなんですよ(笑)。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.06/19 19:17分 
  • [編集]

Re: じんさん 

あああっ!

気がつかなかったなぁ。
そうですね、たしかに右京の富士山、左京の鞍馬山です。
おどろいたな。

次回書くつもりでいたんだけど、富士はどうもきたー!の白頭山と事象的につながってるんですよね。とはいえ、まだ明確な事象ではないんですが。

ありがとうございます。
シクミの全体像が見えてきそうです。
中京は尾張ですもんね。
中京大学、なにかやってくれるかな?

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.06/19 19:27分 
  • [編集]

Re: 都農 

へ~、ツノさんでしたか。
その方のバックボーンが知りたいですね(笑)。
なにかメッセージになってるかもよ。
それにしても、かならずポイントポイントでシンクロが起きますよね。
ふしぎだな~。



  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.06/19 19:31分 
  • [編集]

Re: shibuchinさん 

ちとマヌケなこと書いてしまいました。
リンゴの件わかっております(笑)。
「i」ですね。
「天安」門事件的な匂いもします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.06/20 14:05分 
  • [編集]

馬も犬もコマ・・・ 

いえ、何でもないんですが、
先日、大山に行ってきました。

月末には京都に行ってきます。
コース上には鞍馬も入っていますが、メインは貴船。

大山では、大きなアオダイショウのペアが絡みのたうっているのを間近で見ました。
別々に飾られている龍図を偶然にも両方見ることになり、どちらも和合関係なのかなぁと思いました。

そういえば貴船の黒馬の夢を見たから行くことにしたけれど、白馬もいるはず・・・

この二頭、かつて白犬黒犬の姿で出てきたことがあり、なんで?と悩みました。
駒とか狛とか・・・あ、大山なら独楽。。。
考えても無駄な感じですねー



  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.06/23 23:03分 
  • [編集]

Re: 馬も犬もコマ・・・ 

馬も犬も人もコマですね。
人をコマのようにあつかう指揮官や上司も・・・(笑)。

大山ですか。神の山ですね。
ふもとの高地性弥生集落から、出雲高層神殿の線刻画土器片がでてますよ。

貴船のあと愛宕には行かないんですか?
ワードは別雷(わけいかづち)なんだけど、なにか思い当たります?
加茂別雷とも。
黒馬白馬は雨ごいと雨やみですよね。
和合だとすれば、火と水の和合でしょうか。

ちなみにインデアンは、白人がつれてきた馬をでかい犬だとまちがえたそうなんで(笑)。

mixiの方でもつぶやきましたが、
日本vsデンマークは日の丸vsスカンジナビアクロス。
つまり「○に十」。
ミロクの標章です。
同時にそれは、伊勢vs出雲の構図でもあります。
翌25日は100年に一度のグランドクロスだとか。

デンマークは人魚姫。
これに対応するのは人魚伝説の若狭国トヨタマヒメ。
貴船神社のはじまりはタマヨリヒメの祭祀だけど、本来はトヨタマヒメなんです。
ま、どちらも海神一族ですけど。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.06/24 00:35分 
  • [編集]

お久しぶりです! 

 人魚と言われて出てきてしまいました。今年の梅雨の富山は、なぜか爽やかな感じがします。昨日偶然、半人半龍の女神像を発見しました。なんか嬉しかったです。

  私の周りにも最近加茂、若狭媛、出雲国造シンクロが出ていました。デンマークと対決って所も・・・複雑な心境です。それも100年に1度のグランドクロスに合ってしまうとはすごいですね。6月24日は78年生まれ中村俊輔と87年生まれメッシの誕生日だし!昔オーラの泉で、中村選手はヤタガラスか風の神様、カミカゼがついていると言われてましたね~。北欧神話は詳しくないので、それがどう関係するかは分かりません・・・。

はやぶさの帰還には私も涙が出ました。事業仕分けや増税してる場合じゃない。日本の政治家なんだから、日本の為になることをやってくれないと困りますね!大阪城の地をニギハヤヒとエミシに返したら日本は生き返るかな。

 私の思う大和魂は、散り際の美しさではなく、石長媛、此花咲耶媛、此花知流媛三位一体となった懐の深い叡智を携えた魂です。愛国無罪と捉えては、大和魂が泣きますよね。
  • posted by マーメイド 
  • URL 
  • 2010.06/24 01:54分 
  • [編集]

Re: お久しぶりです! 

おひさです。
こちらも梅雨の晴れ間にさわやかな風を感じることがありますよ。

メッシと俊輔がおなじ誕生日とはしりませんでした。
スポーツ系の人はよく自然霊がどうこうっていわれてたような。

「世界にひとつだけの花」のナンバーワンになれなくても♪の歌詞が、蓮舫の頭をぐるぐるまわってたんでしょうね。「ナンバーツーじゃだめなんですか?」なんていったのは。責任のかけらもない、その場しのぎの茶番劇です。
そんなこというから、五輪で真央が2位になってしまう。そういうもんです。

なぜこの国の優秀なサッカー選手はMFばかりなのか。
日本人が技術屋だからです。
その競争力をそぐということは、MFのいない日本代表チームをつくるようなもの。

オシムのいう「考えながら走る」はひとつの自立の姿です。
岡田のいう「ハエのようにたかる」は、祭りです。
自立とは責任をもつことで、責任をとることじゃない。
いまや大臣の椅子さえ、責任をもつためでなく責任をとるためにあります。
やめりゃいいと思ってる。
そういうのが祭りだと思うんです。
天とも地ともつながってない祭りは、生命の尊厳をも軽んじますよね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.06/24 21:02分 
  • [編集]

義経は・・・ 

安宅の関を通って道奥へ逃げましたものね。
関門を通過する時は打ち据えられるのでしょう。

(ブログ内検索の方法分かりました。ご丁寧に教えていただきありがとうございます。)
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2010.07/01 08:15分 
  • [編集]

天地と雨土 

貴船の水気をいただいて帰ってまいりました。

それと、翌日、鴨の卵がひとつ来ました。

鳥や虫に縁のある道程でした。
ヤマガラ・カワガラス・キセキレイ
カワラトンボ・ウラギンシジミ
季節がら見かけることは多いのですが、皆一様に追いかけてきて、いつまでもアピールしている様子でした。

なんだかよくわからないけれど、色々凄かったです。
空が・・・というだけでなく、雨で空と地面が全て繋り、水で満たされたように見える一時がありました。


愛宕に行く予定は今のところありません
  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.07/01 15:29分 
  • [編集]

Re: 天地と雨土 

おつかれさまでした。

もしかして入れ替わるように祇園祭じゃないですか?

水と牛とはこれまた濃い。
口蹄疫も都農の水牛からだし。

黒すずめにセキレイにミソサザイ・・・。
小鳥たちはなにを知ってるんでしょう?

鴨といえば加茂監督・・・もとい、賀茂別雷ですけど、
ホツマツタヱでは、別雷はニニギで、火と水の別け祭祀。
貴船は玉依姫でなく豊玉姫になっています。

貴船は鞍馬寺に近かったですよね。
義経の牛もふくめて、連動しとるんでしょうね。
今回はレポート提出でW杯にのこらず、先頭を切って帰ってきた厚顔無恥な某監督もふくめて・・・ごめんなさい、また怒りが(笑)。

香住さんの動きは、ニニギ系かなって、かってに解釈してるんで。もしかして、火の動きされてる方いらっしゃるんじゃないですか? 考えすぎ鴨。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.07/02 00:21分 
  • [編集]

Re: 義経は・・・ 

勧進帳ですね。
義経も関門をとおり、そしてその関門は石川県小松基地の田母神元幕僚長の事象につながります。
一方、義経を見逃した冨樫氏は妙見信仰。星神ですよね。
義経伝説の終わりは津軽の十三湊。13だし。
で、義経はモンゴルで活躍したとも・・・。
牛とモンゴルですね(笑)
marisolさんのあとにHollyさんのコメントで、王仁三郎のモンゴルについてふれたサイトを紹介していただきました。なぜかこういうコメントのシンクロ的なこともときどき起きるんですけど。そういうときって、けっこう核心に近いとこふれてるのかもしれませんね。

検索でほかの記事にも目を通してくださるとうれしいです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.07/02 00:23分 
  • [編集]

たぶん 

今回現地で合流したのが火の…もとい、陽の人かと。
縁は、東京高尾山と、鞍馬みたいです。

いつもの同行者は今、富士にかかりきりです。
大山・箱根などは一緒に行きましたが。
この人は火とか水とかじゃなさそうです。

一番可能性があるのは沓掛の青年ですね。
しかし、現在接点がありません。


あ。
そうそう、貴船にはイワナガヒメを祀ってある場所があって、そこに天の磐船があるんですよねぇ。
でもよく説明読んでこなかった~~~

鴨は、貴船が鴨川の源流だからか、今年はじめに釣った海鴨ともからんでいるのか。
海神・・・気にかかります

  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2010.07/02 00:47分 
  • [編集]

Re: たぶん 

6月29日に富士山の天子山塊でふたたび震度3。
筑波山、富士山、鞍馬山はつながってますね。
もちろん白山も。そして北朝鮮の白頭山・・・。
神々のネットワークとは、じつは山のネットワークではないかって気がしてきました。

貴船のイワナガヒメは、筑波の月水石神社とおなじです。
本来は、筑波山も貴船神社もニニギとかかわってることが、ここからもわかります。
ニニギはイワナガヒメを捨てたわけですが、岩の祭祀こそが生みであるということを、昔の人々も伝えたかったのかもしれません。

去年の桜島と浅間山、そして天子山塊・毛無山の震度3から富士が本格始動しました。桜と岩のテーマ。それは太平洋戦争のテーマでもあり、今回の日本代表もおなじ流れにあります。だからだまっちゃいられない(苦笑)。

貴船に岩船で降り立ったとされる玉依姫は、神武天皇の母。
ほんとうの鴨族はヤタガラスではなく、海神の一族です。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.07/02 22:51分 
  • [編集]

はじめまして。 

初めまして、去年からブログを見させてもらっています。
いやさかの木さんの事象の予想は 書いた日より
だいたい2ヶ月後くらいに事象として現れていましたよね。しかし、最近は早いですよね。
1週間?3日?
もうなんだかわけがわかりません。
ひとりごとも、スピードアップって感じですね。

Re: はじめまして。 

ぐりーんさんはじめまして。
お読みくださりありがとうございます。
僕もわけわかりません(笑)といいたいくらい展開がはやいです。追いつくのがたいへん。
ひとりごとでは某監督批判を展開し、大人気ないと思われる方もいるかと思います。
でもこれ、去年の桜島・浅間連続噴火、富士山始動から示されてきた太平洋戦争のミソギのつづきなんです。とても大事なトコなんですよね。
6/29に富士の天子山塊で震度3があり、帰国した7/2には愛知県の遺跡で赤い鹿の彩色土器が出土。
その遺跡は尾張国府があった町で発見されました。終わり国府です。
天子山塊の震源と終わり国府はまったくの同緯度です。
鹿も(しかも)、皇太子歌の赤く染まる富士と、赤く染められた鹿。
ごぞんじだと思いますが、核が亥の木ボンバイエであるように、原発は鹿さんが担当です。
これに「ミス」のワードが連鎖しないことを祈るし、そのためには今回のw杯が戦争のミソギだったという多くの理解が必要だと思っています。

これからもよろしくお願いします。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.07/05 02:30分 
  • [編集]

こちらこそ 

こちらこそよろしくおねがいします。学生時代、文学部で古事記など、一通り習ったはずなのにまったく記憶にありませんでした。
古代神話にシンクロしているなんて最初はいわんとしていることが、理解できませんでした。でもこの一年の事象をみると納得せざるを得ないというか、いやさかの木さんのおかげで勉強になりました!!
自分は出雲系 だと思います。
今までは、見ているだけで満足だったのに、事象の展開が早すぎて、我慢できなくてつい衝動的にコメントしてしまいました。
ごめんなさい。

Re: こちらこそ 

こちらこそすみません。
おしつけっぽいコメントになってしまって。
W杯期間中でちと熱っぽいのでお許しを(笑)。

僕も最初は、自分が気づいたことに半信半疑でした。
でも、もしかして神話って、僕らにおこりうるパターンの集大成みたいなものかも。
と思ったとき、ああ、あるかもなぁ、と。
で、僕らは日本人であると同時に地球人なので、世界の神話が共鳴しはじめることもあるのかなぁと。
・・・ありましたね(笑)。

コメント大歓迎ですよ。
ちなみに僕は綿津見系のようです。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.07/06 00:07分 
  • [編集]

ハラの中まで 

いやさかの木さん今日は、今朝のニュースで「ボディスキャナ」のニュースが出ていました、いよいよ日本で実証実験が始まる様です、ハラの探り合いはだんだんエスカレートしていきますよ。

明日は七夕です、相手のハラの探り合いよりも腹を据えて信じ合える出会いにしたいものですね。

  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2010.07/06 10:51分 
  • [編集]

Re: ハラの中まで 

ハラの底まで見透かさないと、信用できない時代なんでしょうか。
どうせならいっしょに健康診断もしてほしい(笑)。
ロシアの美人スパイも、ハラの探りあいですよね。

年に一度の逢瀬なら、さぐりあってる暇はない。
年中逢ってると、さぐりあいがはじまります。
この辺、なんとかならんもんでしょうかねぇ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2010.07/08 22:00分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/196-c1aa75b9

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム