神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

こころに宝船を(1)


201101010000地球 2011.1.1 0:00


つつしんで初春のおよろこびを申し上げます。
みなさまのご健康とご多幸をお祈りいたします。



【起承転転】
物語は起承転結。でもじっさいには<結>はない。因果といっても果でおわるわけでなく、時間はとめどなく流れ状況は変わってゆく。映画にはエンドマークがある。だが現実にはツケやあとかたづけが待っている。ミロクは地味なあとかたづけをやってくれるだろうか。壊すだけなら映画とおなじ。救世主の登場は既成の破壊と新システムの誕生をともなうというが、石油に代わる原子力の新機軸を示されたって、問題の先のばしにすぎない。けっきょくあとかたづけをやるのは、僕らの子孫たち。いままさに僕らに過去のツケがまわってきてるように・・・。
救世主も終末も、だれかさんが考えた起承転結の物語。かくして救世主が降臨し地上は天国となりました。めでたしめでたし。って、そのあとはどうなんのよ。イデオンみたいにみんな幽霊になりましたってオチならともかく、じっさいは起承転々と時は流れ、けっきょくツケとあとかたづけがたまってゆく。
地球にはもとから、偉大なあとかたづけのシステムがある。干潟の泥や小さなカニやバクテリア。森の木々や、岩に生す苔。僕らの文明がスクリーンヒーローのように汚したあとを、彼らはこつこつとかたづけ、浄化してきた。もし黙々と放射性廃棄物を浄化し、産廃を運び、大気や水にふくまれた有害な化学物質を掃除してくれるミロクやキリストがいたら、僕はまさに救世主と思うだろう。だがそれなら人類は誕生からすでに救世主とともにあったといえる。僕らが住む星、地球だ。


【卯】
12月30日、愛媛県西予市卯之町で火災。1月1日富士山で滑落事故。愛知県津島市鹿伏兎(かぶと)町の人だという。重なるのは<愛>と<うさぎ>。さっそく卯年シンクロ。1月3日にはその卯之町駅に“うさぎ駅長”が誕生した。
火と墜落(滑落)のワードは去年からのつづき。12月28日にもモスクワ南方のトゥーラ州(トゥーレ?)でロシア空軍の巨大輸送機アントノフ22が墜落(12名)。旧世代の終わりを象徴している。
去年の事象台風でもおなじみの<9>は、ことしも健在。新年早々<ルート9>でお出ましだ。12月31日に奥大山スキー場で雪崩事故が発生した鳥取県で、国道9号が89cmの記録的降雪に見まわれた。琴浦町~大山町の23kmにわたって1000台の車が立ち往生。ことしは辛卯。辛卯の辛は辛抱の辛・・・なのかもね。
ルート9は旧山陰道。現場は因幡の素うさぎ伝説の白兎海岸から倉吉平野をへて、去年11月6日のアオコ渦巻きの中海や、29日の鳥インフルエンザの安来にいたる途中にある。旧伯耆(ほうき)国だ。出雲の国びき神話で越(北陸・新潟)の縄が大山(伯耆富士)にかけられたように、島根の安来市を中心とした古代出雲の領域である。付近の遺跡から高層神殿の線刻土器片も出ている。

ルート9の事象源は伯耆三山だろう。大山を神山とする大神山神社(伯耆国ニ宮)はオオナムチをまつる。05年4月23日にOPENした出雲國神仏和合霊場の、これまた<9>番。船上山の船上神社はイザナミをまつる。北緯35度25分の“鬼大蛇あやかしライン”である。
琴浦町の船上山は、96代後醍醐天皇が地元の名和長年に迎えられ鎌倉倒幕の兵を挙げたとこ。1月3日には、山形県鶴岡市の鼠ケ関(弁天島厳島神社)沖を震源とする震度4。こちらは“月山ライン”。鶴岡といえば、鎌倉幕府の信仰母体だった鶴岡八幡宮。なんと鼠ケ関をまっすぐ南下するとその鶴岡八幡宮にいたる。住所は鎌倉市雪ノ下。去年3月10日に大銀杏が倒れ、倒幕をイメージさせたのは記憶にあたらしい。4月14日には京都・東寺の東大門が414年ぶりに開いた。北朝の足利尊氏が南朝の新田軍に追われて隠れた場所だ。時代は前後するけど、船上山とゴダイゴ事象としてつながっている。

(ガンダ~ラ、ガンダ~ラ♪ 僕らは日印原子力協定に旅立つ夏目三蔵法師)

列島の南北構造(イザナギプレートの伊勢と大陸プレートの出雲、もしくは太平洋の伊勢と日本海の出雲)が後醍醐天皇と南北朝をめぐる事象にあらわれてるなら、気になるのが皇室。「将門記」では平将門は八幡大菩薩によって“新皇”にみちびかれる。八幡には伊勢の天照大神とはべつの世界をつくる大きな役割があるという。去年9月23日に千葉の大原はだか祭で落雷を受けたお神輿は八幡。12月3日の369戸の竜巻の鎌倉市材木座は、鶴岡八幡が最初にまつられた場所である。落雷や竜巻が伊勢の攻勢なら、新皇をめぐって二分する戦いがくり拡げられてる可能性がある。
落雷後の9月24日、天皇皇后両陛下が千葉国体開会式出席のため来県された。大原の落雷を気にされてたという。26日には蘇我駅からお召し列車で大原~勝浦の夷隅地方にむかわれた。海の博物館見学のためだけど、落雷とのタイミングがどうも気になる。9.23の落雷、12.3の竜巻、天皇誕生日は12.23、皇太子は2.23。後醍醐天皇の96代は悠仁親王の9月6日とダブるし、だいじょうぶか皇室。

ちと余談の私事象だけど、両陛下のニュースはついこないだ住吉さんから聞いた。不動産屋さんである。転居先の最寄駅が蘇我駅。引越しが9月26日。ニアミスしてたわけだ。
勝浦といえば08年2月19日に清徳丸がイージス艦「あたご」と衝突した。夷隅地方は古代の伊甚(いじみ)国。伊甚国造は出雲(松江市宍道町)につながる航海民。千葉は出雲の天穂日命系国造が多い。
菅首相の菅原道真も天穂日命の末裔だ。その出雲政権から半ば見捨てられたのが八幡の鳩ポッポ前首相(氏神は不明)。だから大原八幡の神輿への落雷は、鳩ポッポの暗躍をふくむ八幡事象への火雷天神の警告だと思った。だけど、それが伊勢の働きなら話はずいぶん変わってくるし、おまけに天皇がらみとなると、将来この国の自立に皇室の問題が影響することにもなりかねない。国家の象徴という以上にだ。
中世の倭寇もそうだが、航海民と八幡は切っても切れない。おおもとは大和水軍の阿曇(あずみ)氏と応神天皇の関係にさかのぼる。仕切ったのは住吉大神。僕は阿曇ファンなので住吉大神には頭があがらない(苦笑)。うさぴょんイヤーのことし、住吉はどう動くのか。出雲政権のバックアップをやめ、伊勢色を打ち出してくるのだろうか。八幡の後押しだけはご勘弁願いたいが・・・。
鍵をにぎるのは、君が代のもと歌・山誉め祭の阿曇の君かもしれない。住吉→天皇→誕生日とつづいたシンクロが、なにか伝えたがってる気がしてならないんだよね。これについては次回あらためて書きます。

悠仁親王のお印は高野槇(こうやまき)。卯の方位も真東(マキ)。
平成23年は、22年に立てられた<真木>の続編になるんだろう。ルース駐日大使の原爆式典参加発表がらみだったよね。ことしの歌会始のお題は「葉」。秋葉の葉。真木に葉がしげる? うがった…というか素直な見方をすれば、それは原子の火を介した日米の蜜月関係ってことになる。菅神首相も年頭所感でいってた。「本年を明治の開国、戦後の開国に続く『平成の開国』元年にする」って、どれもアメリカやんか(笑)。ヒロシマの秋葉市長は、ぶじ任務を終えてご勇退?
ニューヨーク株式市場は、関係者いわく「うさぎのように跳ねまわる」出だしだった。火とウサギといえばカチカチ山。どうもことしのウサぴょんは火つけ役っぽい。去年は富士山でタヌキ(田貫湖)も出てたしね。殺された老婆がイザナミで、僕らがタヌキに思えちゃうのは、あまりにダークな発想だろうか。いかんいかん。
ちなみにウサぴょんゆかりの神社は、ことし御鎮座1800年記念大祭(5/12)の住吉大社のほか奈良の卯神社、京都の三尾神社、埼玉の調(つき)神社などなど。あと、伏見稲荷は1300年祭だそうだ。


【宗像三女神】
ウサといえば宇佐(大分県)。安心院(あじむ)の三女神社。“日神が生みませる三女神が天降りした宇佐嶋”。三柱の女神は、宗像三女神として知られる。たいてい厳島神社(市杵島姫)にまとめられ、弁天信仰と合体しちゃってるけどね。前出の震度4の鼠ヶ関も、弁天島に厳島神社があって弁財天をまつる。
12月4日に八戸~新青森駅が開通し、東北新幹線全線が開業。鎌倉に369戸の竜巻被害をおこした低気圧のせいで、運休8本遅延22本の荒れた旅立ちだった。
青森市発祥の地は善知鳥(うとう)神社。母鳥が「うとう」と呼び子鳥が「やすかた」と答える悲しい民話をご存知の方もいると思う。
この善知鳥神社も宗像三女神をまつっている。ホツマツタヱでは三女神はイトウ神とよばれる。母はコマスヒメ、またはハヤコ。天照大神の后神でありながらスサノヲと密通し、のちに八俣大蛇と化してスサノヲに斬られる。スサノヲは大蛇を「ヤスカタ神」としてまつる。
(この話は、ほんとは天照大神の岩屋隠れや大叛乱もからみ、大祓詞の根本をなすくらい複雑でスケールがデカい。祓戸大神の根の国底の国のハヤサスラヒメともつながってると思う)

兎もかく、おさない三女神は宇佐で育てられ、やがて事情をしり、母の血脈(シム)のけがれを祓うべくサスラの旅に出ることになる。ことしの<23>は原子番号ならバナジウム。バナジウム富士山天然水の歌い文句は「血をさらさらに」。三女神のサスラが、僕らの血脈をさらさらにしてくれるのかもしれない。

浅井三姉妹をえがく大河ドラマ「江~姫たちの戦国」も、三女神の事象と考えていい。境遇も似ている。江(ごう)は業って意味もふくむんだろう。
三女神は厳島・竹生島・江ノ島にまつられた。12月3日の鎌倉の竜巻につづき、15日には相模湾沿岸に富士山すす払い(?)の黒い粉塵が降って大騒ぎになった。江ノ島の湍津姫がらみだと思う。竹生島は沖津島姫で、オオナムチの妻である。風土記によれば、伊吹山の神と争った浅井姫(浅井町金糞山)の首が琵琶湖に落ちて竹生島になったという。浅井氏は北近江の浅井の地に入ったから浅井を名乗ったわけだから、浅井三姉妹と宗像三女神は竹生島においてむすびつくことになる。北緯35度25分の鬼大蛇あやかしラインである。東にいけば伊吹山にマムシ殿の稲葉山、西にいけば酒呑童子の大江山、そしてルート9事象の船上山にいたる。このラインの幅をさらに広げると、千葉の玉前神社から出雲大社にいたる中心的レイライン「ご来光の道」になる。

ところで、東北新幹線にE5系「はやぶさ」がデビューするのは3月5日の予定だそうだ。イカロスなんて縁起でもない命名するもんだから、いっしょに打ち上げられた「あかつき」は金星へのアクセスに失敗。09年の護衛艦「くらま」の火柱は海保管制のミスリードが原因だった。鞍馬寺といえば金星。どうもそっちには縁がない。一方、シリウス系太陽神のはやぶさは、青森まで脈を通じる(寝台特急時代を入れれば鹿児島~青森を制覇)。さて、これはどういうことでごわすかね、西郷どーん(九州新幹線は3月12日)。デビューがズレこんで3月6日のミロクになったらマジで笑える。そりゃないか。

  • [No Tag]

*Comment

ありがとうございます 

お見舞いありがとうございます。
まったく事象体質すぎていやになっちゃいます。とほほ。

明らかに1月1日のルート9事象から変わりましたね流れが。
それに巻き込まれちゃってんのかな?
怪我が治るまでは静かにしています。
出雲政権がどこと組んでどう変化していくのでしょうか様子見です。


  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.01/12 14:24分 
  • [編集]

Re: ありがとうございます 

13日に、仙谷官房長官の交代がきまりました。
かわって、たちあがれ日本から与謝野氏が菅政権にくわわります。
ああそうくるかって。
この人は与謝宮(吉佐宮)ですから、元伊勢ですね。
天照大神が伊勢にいく流れになります。
そういう流れを、菅神政権はとりこんだわけです。
また、海人の女神と穀物神の混交がおこなわれた場所ですから、住吉と伏見稲荷がともに記念すべき年を迎えたことにもカブるかと思います。

ゆっくり養生してくださいネ。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/13 21:44分 
  • [編集]

国境でまた 

境海保(第8管区)が竹島近海で 「33サンヨン」という韓国漁船の船長を逮捕した模様。
船名がまた興味深い数字で・・・。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/13 23:26分 
  • [編集]

NoTitle 

ナナッなるほど!
→鎌倉へとつながるのですか!
サンキュキューです!

映画『しんかんせん大集合』(ワーナーマイカル系)2/19より公開です。見に行こうかナ!
東北新幹線は、異なる車両のドッキングがいいんです☆彡
牽引車とはまた違う、SLが2台連っているような喜びがあります。
はやぶさ、列島を駆け抜けちゃいますね。

長き世の~♪の回文ですが、お正月特番の『サザエさん』の初夢ストーリーに出てきてました。宝船も。
たしか1/2放映だったので、きっと、いっぱいの人がTV見たでしょうね!!

昨日、友人と男根石・木の御神体の話していて、胎内の雲母神社が出てきました。
おーい、オシリスのはどれか、わかんないけど、新潟のあっちこっちさ、リンガあるよ~
今年に入り、例の高速をつかい、胎内スキー場へ数回行っていたので、事故のニュースはショックでした。ご冥福をお祈りします。
行くとわかるけど、胎内はいい所です。
雪景色が心を洗ってくれます、空気が澄んでいます。中条と合併したから、海&源泉掛け流しの塩の湯温泉もあります。
胎内スキー場のリフトで上がると、山あいの川→平野→海が見えてワンダフルです。
黒川が静かに流れていて、またそれが歴史の世界へといざなうんですよ~

兎にも角にも、
昨日のびっくりは、
なんてったって『与謝野さん』でした。


みどりさん、お大事になさってくださいませ。はやく治るといいですね!

P.S寄付の活動すごいッス。
ニュースは、もし善悪に分けるなら天秤が揺れに揺れているかんじ。
去年はかたずをいっぱい飲んで見た歌会始めマークしておきます。

  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2011.01/14 00:38分 
  • [編集]

ヨサノ 加入? 

木綿さんお見舞いありがとうございます。


昨年、年末におさななじみの帰省みやげが「伊勢の赤福」が来ていたので、このお土産はなんか意味があるのかな?なんなんだろうと疑問に思っていたんですよ。
答えは「与謝野さん」加入でしたか。
これは思いもよらないまさかの展開ですよね。






  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.01/14 09:54分 
  • [編集]

ごめんなさい。 

前回の記事へのコメントの『ライオン丸』は私(モノ)です。

大変失礼しました。
マナー違反ですね。

携帯で一連のニュースを見ていたら 何だか泣けてきてハイテンションになってしまいまして…

「タイガーならライオンで、」と…

以後気をつけます。


でも相変わらず子供をめぐる悲しいニュースも沢山出ていますね。

本当にもう…。


追伸、みどりさま
くれぐれもお大事になさってください。

私も年末30日に思いっきり転んでしまいました。
  • posted by モノです 
  • URL 
  • 2011.01/14 10:56分 
  • [編集]

Re: 国境でまた 

33双龍ですか?
こりゃまた意味ありげな。

回文数ってアプローチなら、境の明神は住吉と玉津島。シールドは回文。
境には関。1月3日の震度4の鼠ヶ関は日本海側の関所。
郵便番号の頭3桁は999です。

福岡の住吉神社の本殿遷座の翌日が33人のイザナギ救出ですから、33と双龍と住吉にもなにかつながりがあるかもしれませんね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/16 18:15分 
  • [編集]

諏訪神社の筒粥神事 

諏訪大社下社春宮で「筒粥(つつがゆ)神事」が行われたそうですが、世相を占う「世の中」は三分三厘で厳しい結果だったそうです。なんでも過去20年間の間で最も悪い結果だったそうな。
(nevadaブログ参照http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3323737.html
私は今年は元日に江島神社にお参りに行って3時頃帰ろうかとおもったら参道の食堂が火事になり消火活動のため参道が通行止めになってしまいました。5時近くにようやく下山することになってしまって一年の始めからとんだトラブルです。また出社初日の帰宅時には東京駅の線路の配線が燃えるなどして電車が止まりいつもより1時間近く遅く帰る事に。こちらも「行きはよいよい帰りは怖い」状態で、火事つながり。私にとって今年は火難の年かもしれません。
  • posted by ひびき 
  • URL 
  • 2011.01/16 21:20分 
  • [編集]

Re: 木綿さん 

鼠ヶ関は奥州国境。国境の反応ですよね。
境の明神は和歌の神です。回り歌が祓いなんです。
次回かきますね。
あと、666ですが、とあるサイトを鵜呑みにしてたら神戸じゃなかったんです。
なんだ~と思いきや、さらにしらべたらじつは1月3日に関係する場所で、逆にビックリ。これも住吉につながります。
666と999は、海かもしれないな~と。

サザエさんも宝船ですか。
クリスマスから宝船の連鎖ですね。
宝船には宗像三女神(弁天)ものってますけど、彼女らは母に見捨てられた子どもたちです。
だから宝船事象だと考えてます。
船は住吉だし。

たいへんですね東北新幹線。風のつぎは雪。
異なる車両のドッキングがいいんです・・・とはまた通ですね~。
また青森いきたいな~。
胎内はもっと行って見たい。
まだ東北の日本海は見たことがありません。
海見ながら木綿さんの歌きけたら最高ッス。

祖父の与謝野鉄幹は吉佐(与謝)宮の与謝郡出身。
豊鍬入姫が天照大神の御霊代をまつったとこ。伊勢に向かう流れですよね。
太陽の活動と経済はリンクしますから。

来年のお題は「岸」。
なんだかな~。
事象的には彼岸? 新安保の岸信介?


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/17 00:39分 
  • [編集]

Re: ヨサノ 加入? 

赤福事象ですね(笑)。
伊勢に向かう流れがはじまってることが、はっきり示されましたね。
ま、これって、太陽神・大日如来としてのミロクへの流れでもあるんでしょう。
ともあれ、経済は太陽が活性化しないと持ち直しませんから。
おまけにトヨウケヒメは阿波の海部氏の女神とも考えられ、与謝宮で本来の豊受大神と合体するので、阿波の仙谷→丹後の与謝なんて、絶妙の事象かもですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/17 00:48分 
  • [編集]

Re: ごめんなさい。 

伊達直人じゃないんだから(爆)。

ほんとに両極ですよね。
ニュースはどちらにしろフツーのことは流しませんけど。
僕はやはり宝船の弁天、つまり宗像三女神のサスラの働きを感じます。
三女神も、いまなら児童福祉施設にいたかもだし。
過去のいたましいヒルコ&カグツチ事象からのあたらしい展開だと思います。
おかげで、毎年毎年寄付されてる方々にもスポットライトがあたったわけですしね。

あ、蘇我ひめ神社いきましたよ。
かしわ手が思ったよりすんなりひびきました。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/17 01:06分 
  • [編集]

Re: 諏訪神社の筒粥神事 

辛卯の年ですし、住吉翁もセルジオ越後ばりに辛口かもしれませんね(笑)。
辛の字はあたらしさとつらさだし。
それにしても三分三厘とは・・・ここでも33なんですね~。
どうもかなり特別な意味があるようです。

江島神社にいかれたんですか。
バッチリじゃないですか。
宝船には弁天さんのほか、オオナムチ(大黒)に事代主(恵比寿)もいて、ようするに、国道9号なんですよね~。あっちも立ち往生。原因はちがっても、おなじ型ですね。
新年早々、松(待つ)とは縁起がいい。
千台が待つ。せんだいがまつ。千代ヶ松。千代の松ですよ。

東京駅の火事のニュースは僕も、え?と思いました。
エドと火の事象のつづきです。なんせほかならぬ東京駅。
でもまあ小出しにしてくれれば、大難も小難に。
そういえば江ノ島にもいましたよね、秋葉神。
食堂はハルミだそうです。春見?晴海?晴美?
どっちにしてもハッピーな名まえなんだけど、ちかごろ事象がほんと表裏で、不吉さと瑞兆が同居状態で読み解きにこまってしまいます。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/17 02:31分 
  • [編集]

郵便番号ですか? 

郵便番号666は兵庫県川西市ですが?九頭竜伝説のある土地ですね。
999の鼠ヶ関には厳島神社と弁天島があるのですね。
ホツマでは九頭竜=宗像三女神だとか?
(わあ、今読んでる本の著者、宗像さんだ。2週連続で大阪空港にブラリと行きたくなって川西市を通過していましたわ。)
追記;徳島震源で震度3ありました。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/17 02:47分 
  • [編集]

Re: 郵便番号ですか? 

源満仲をとおして住吉とつながってますね、川西市。
九頭竜伝説の土地の頭に666。
これがさかさまの働きで999。
以前666と999の意味を考えてたことがあって、そのひとつの答えが出てきました。
鼠ヶ関の地震と同日連動が川西市であってます。

九頭大蛇は宗像三女神の母親の姉です。
ネの国(のちの越)の出身で、出雲臣の祖・天穂日命の母です。
つまり、菅原道真や菅首相の元祖の母(笑)。

去年暮れから、中央構造線で震度3クラスが起き始めました。
要注意ですね。

シンクロなら、もしかしてmarisolさんも海人系?
1月3日 川西市 地震予測 で検索してみてください。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/17 08:11分 
  • [編集]

地震予測の 

1月3日のPISCOニュースは受信しています。私は兵庫県西宮市で阪神大震災の震度7に遭って九死に一生でしたから。でも背景知識が不足してますので点と線がつながらない感じで(^^;)。川西でわだつみと九頭竜(出雲)のクロス?

海人系?何でしょう。現居住地の最寄に廣田神社がありますからねぇ。脇は住吉さんも祭られてますし。前居住地はわたつみ神のテリトリーでした。
母方が徳島の出ですが、父方は日本海の孤島出身で遡れば東北日本海側だろうと。まぁ、どちらも混ざってるのでしょう。

追記;福岡の会社「夢大陸」の女社長が巨額投資詐欺事件で逮捕。ブログで“六本木の巫女”として神社巡り記事などを書き、世の女性達の憧れを誘ったスピ・セレブ社長の実態が詐欺師とはねぇ。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/17 13:40分 
  • [編集]

元旦 

とっくにご存知でしたら すいません。

旧暦といえば…
今年の旧暦の元旦は2月3日ですね。
それだけなのですが…。


蘇我ひめ神社に行かれましたか。
『動き』の『きっかけ』になると良いですね!
  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2011.01/17 17:59分 
  • [編集]

初仕事に 

婚姻のお手伝いが入りました

富士浅間神社に縁の方です

結構な大仕事ですが、今回は文句言わずにやりますよ(笑)







  • posted by 香住 
  • URL 
  • 2011.01/17 22:03分 
  • [編集]

COSMOS 

お気持ち、嬉しいッス☆彡
ビール片手に実現するといいですね♪~
 
6と9の形が、波の形に見えてきちゃいます。ザブーン!

今日1/17AM8:23頃、新幹線の運行システム『COSMOS』の22機に不具合があり、ダイヤにみだれがありました。
うちゅー、出てきてたカナ?
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2011.01/17 23:22分 
  • [編集]

Re: 地震予測の 

1月3日に川西市多田桜木で、そのe-PISCOの理事長が亡くなりましたね。
弘原海(わだつみ)清さん。連動とはそのことです。
999の鼠ヶ関の地震と、666の地震予知の綿津見。
おなじ日、綿津見の奉祭氏族の阿曇(あずみ)の海だった福岡の香椎照葉(埋立地)で震度2。
おまけに僕の誕生日なんです(笑)。

イレブンの今年は、サッカーが事象スポーツです。09年のハラ巨人のように。
なので、去年山梨学院で酒折宮を表現した高校サッカーに注目してました。
滝川第二と久御山が造成と開拓だって前にいいましたよね。
ほかにも二校をつなぐラインがあります。
有馬・高槻断層帯です。滝川第二も久御山も断層帯の両端の先にあります。
この断層帯と六甲・淡路島断層帯が接する北側に川西市があります。
源満仲は、住吉大社に祈念して川西市のに導かれた(多田神社)。これは上町断層帯です。
住吉大社の本殿前の段差は断層崖だって話をきいたことがあります。
この断層は、福岡の警固断層とどこかカブる気がするんですよね。
こないだ和歌山市で中央構造線の震度3がありました。
中央構造線といえば和歌浦。和歌浦の玉津島明神と住吉明神はともに和歌の神で、境の明神です。
境はもちろん国境。摂津と和泉の境の堺でも化学工場でトラブルがありました。化学反応ってワードが気になります。神戸も摂津と播磨の境ですよね。鼠ヶ関も奥州国境の関所です。さらに13日のゲゲゲの境海保。竹島もまた国境の島です。

1995年は大きな境目の年だったと思います。
住吉イヤーの今年も、大きな境目となる反応がおきやすい。
いま不景気ですから、福岡や神戸の大規模都市開発や岩手宮城内陸のようなダム開発はないでしょうが、もし変化が加速するか、急速に発展している地域があれば狙われる可能性があります。
いまもっとも気になるのは日本列島の境目、中央構造線。
来年の歌会始のお題が「岸」というのも、なんだかな~と。

廣田神社ですか。長田神社、生田神社、住吉大社とともに神功皇后の立ち往生に関係しますよね。
船がぐるぐる回ったっていう。
今年はじまって間もないですが、立ち往生が多いと思いません?
松(待つ)が。
国道9号しかり。東北新幹線しかり。
そういう神たちが働いているということです。
僕は阪神淡路大震災クラスとのパワーは出せる状況にきていると考えてます。
だから、海、山へ行くと。
もちろん地震とはかぎりませんけどね。

ムー大陸のハラ?
そんなに有名人なんですか?
つうかよりにもよってなんで福岡かね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/18 03:55分 
  • [編集]

待つ★松 

立ち往生・松(待つ)で納得できました。
オランダへ飛ぶKLM機がアムステルダムから飛んでこなくて呆然としました。
最終的に3時間後に振替搭乗したアリタリア機で、お隣に座ってた女性はチュニジアで現在立ち往生中だと思われます。
よりによって、この週末、氏神さんの地車隊で境港へカニ食べに行きます。
ちなみに大枝神社の祭神は応神天皇でだんじりには八幡と書かれてます。
ゲゲゲの里は今年のブームですから春の甲子園の行進曲にも決まったようですね。
雪で立ち往生したとしても、ありがとうってすんなり帰れますように。
海、山へ行く、コワイです。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2011.01/18 09:02分 
  • [編集]

NoTitle 

 
おはようございます。
 
新年早々に「川西」ですか…
本社が此花区で(元々伝法)作業場がある場所が川西ですが、それ以前は伊丹にも縁があって…
伝法船にも縁があって…。
 
何だか色々な事がごちゃごちゃと…
整理のつかないおもちゃ箱みたいな小生です。
 
昨日何気なくPC画面上で地図を見て…

出雲~伊勢を一直線で結ぶと、奈良を通過して大阪の上町台地をかすめるようにして、川西・伊丹辺りを通過して…出雲に…。
PCの地図なんで平面的なものなのですが。

最後に…義仲・川西で見てみると、尼崎が出て来て、脱線事故現場の近くってのも見掛けました…。
  • posted by Mythril 
  • URL 
  • 2011.01/18 09:09分 
  • [編集]

交通障害 多発 

いやさかの木さん 最近、ほんとに交通障害多いですね。
でも、こういう場合どんなにこの後の予定があったとしても、そこで待つことになる。
問題を処理しない限り前には進めない。
大きな力の前には人間は無力。
急がずにやれということでしょうか。



  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.01/18 09:16分 
  • [編集]

断層帯ですか! 

有馬・高槻断層帯(滝川―久御山)に上町断層帯(住吉大社―川西市)ですか・・・そんな連動があったとは。
断層と歴史・神話のクロスオーバーを読み解くのは いやさかさんの十八番ですね。流石です。

「若の浦に 潮満ちくれば潟を無み 葦辺をさして鶴(たづ)鳴き渡る」 万葉集 巻6-919 山部赤人

潟を無み→片男波(高い波) という地名に転じたとか。
JALの鶴丸マークも復活しますし。
上町断層動や中央構造線が動くとヤバイです。
ブラジルなどで起きている地滑り津波など起こらぬように・・・。
そしてなるほど、神功皇后の立ち往生との相似形。

余談ですが、夫が抽選に応募して2月末の「九州新幹線全線開通記念試乗会」が当たってしまいました。博多―熊本 ですけどね。どうせやったら“西郷どーん”の鹿児島まで乗せてくれりゃ~いいのに。どこに呼ばれてるんだか?
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/18 23:09分 
  • [編集]

Re: 元旦 

ほう。23ですか。
おまけに節分ですか。
大年神がホントの姿をあらわしそうなめぐり合わせ。

蘇我ひめ神社はテキヤみたいなじ~さんが守ってました(笑)。
でもピンクっぽい印象。
柏手が徹ったのが意外でした。
ご縁があるんでしょうかね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/19 21:23分 
  • [編集]

Re: 初仕事に 

へ~。やはりそちら系だったんですね。

婚姻とは。バックが気になりますねぇ。

がんばってくださいネ。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/19 21:32分 
  • [編集]

Re: COSMOS 

まだ22出てますよね~。
鼠ヶ関のつぎは宇チュー。
うさぎ年だっての(笑)。
あたらしい記事に書きました。
東北新幹線、まだまだなにかやらかしてくれそうで注目ですネ。

波といえば、尾張のシャチのナミちゃんが逝っちゃいました。
これはなんだろ?

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/19 21:38分 
  • [編集]

Re: 待つ★松 

かってながらブログ引用させていただきました。
ありがとうございます。
そうそう。立ち往生の記事読んで、まさに「待つ(松)」だ~って思いましたよ。
お隣の方はどうなったんでしょうね。
あ、いま19日帰国のニュース確認しました。

政変で混乱が続く北アフリカのチュニジアで足止めをされていた日本人観光客が19日、関西国際空港に帰国した。一様に疲れた様子で「帰れて、ほっとした」などと話していた。
チュニジアの観光ツアーに参加した日本人観光客約80人がアリタリア航空機でローマから帰国。ツアー参加者によると、11日にチュニジアに入り、チュニスやカルタゴなどを巡る予定だったが、政変の影響で2日目からは中止になり、宿泊先のホテルから出られなかったという。

ゲゲゲにも呼ばれとりますか(笑)。
境(堺)でよばれてるのかな。
なんだか最近事象づいてませんか?

甲子園にもゲゲゲのシールドかも。
ことしは待つこそがCOSMOSかもしれないですよ。

警固断層の警固神社と下町断層の住吉大社。
どっちも神功皇后ゆかりでしょ。
なんかにてるんだよな~。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/19 22:16分 
  • [編集]

Re: Mythril さん 

こんばんは。
666-0123でしらべたら川西市の鼓が滝ってとこなんですね。
どういうところなんだろう。
此花区のほぼま北なんじゃないでしょうか、川西市って、ちがうかな。
cross22の東経ラインが、たしか伊丹空港の東端にかかってたと思います。

出雲と伊勢をむすぶって発想なかったです。
しらべていくとおもしろいものが見つかるかもしれませんね。
満仲の子が大江山の酒呑童子を退治した頼光。
川西から大江山にいくのって、途中まで福知山線なんじゃないですか?
あの事故って、九頭大明神とか関係してるんじゃないですか?

・・・って、九頭大明神が鼓滝駅の近くだった。666-0123は九頭神社の神域なんですね。
深いなぁ!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/20 02:45分 
  • [編集]

Re: 交通障害 多発 

> 急がずにやれということでしょうか。

まさにそのとおりだと思います。
あたらしい記事にも書きましたが、いまは待つことがトキワであり、COSMOS・・・宇宙の秩序かと思いますヨ。
来年のお題は「岸」。彼岸ですからね。



  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/20 02:56分 
  • [編集]

Re: 断層帯ですか! 

ありがとうございます。

「若の浦に 潮満ちくれば潟を無み 葦辺をさして鶴(たづ)鳴き渡る」
ここでは和歌が若になってますよね。
和歌(わか)は漢字読みですが、もとは若いという意味。
稚日女は若日女であり和歌日女なんです。
歌は若さの秘訣。
その若浦が、キーワードになりそうですね。今年は。

そう、復活しますよね鶴のマーク。鶴は千年。千代です。ここにも出てるんですよね。千台(代)が。千と千尋の神隠しもやってましたよね、テレビで。
千代のための待つ(松)なんでしょうか。

あたっちゃったんですか。 九州新幹線の記念試乗会。
ごぞんじかもしれませんが、マスコットキャラ西郷どーんに反対してたのが、鎮台の熊本なんですよ。
熊本駅は、うちにはこんでよか、と(笑)。
とりあえず熊本城からぶじ北上したようですが。
う~む。
どっちに呼ばれたんでしょうね(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/20 03:17分 
  • [編集]

NoTitle 

 
Wikiでは、九頭大明神の項に、須佐男神社(旧久々知妙見宮)に満仲が矢を放ったとの伝承の残る矢文岩がある。と記載されていました…脱線事故現場から北東へ700m程の場所だと…。
 
妙見さんも絡む?
(妙見山が何たるかを詳しく知らないのですが…)
 
白龍大明神…水神さん?
「伝法山・西念寺」の境内にもお祀りされていて…。
そして、この辺りは淀川河口で「渦」がキーワードでもあって、うちの会社の敷地内の祠には巳さんがお祀りされていて、「渦龍大明神」だと聞かされてます。
 
川西~尼崎の間にある「伊丹」は酒造りの土地で…
その酒を各地に運ぶ「樽廻船」は「伝法船」と呼ばれるものもあったり…。
酒は伝法辺りから各地に運ばれたようです。
(伝法に高見に澪標に鴉の宮…)

放った矢が時空の流の中で歴史を形作ってるようで。
逆にそんな中に人は生きて、生かされているようで…
 
伊勢-奈良-上町台地-川西-…出雲…この先は???
  • posted by Mythril 
  • URL 
  • 2011.01/20 13:00分 
  • [編集]

Re: Mythril さん 

問題はなぜ666-0123を含む地域を九頭大明神が押さえてるかってことかもしれないですね。
まだ気づいたばっかりなので、これからの課題です。
あのあたりの妙見は、CROSS22の東経ラインしらべのとき知ました。妙見山とともに大事な神社を見つけたんだけど、忘れてしまった(笑)。いや、さがせば大丈夫です。
当時、そのあたりの怪しさに気づき、いずれわかるだろうと。CROSS22より西だけど、ストーリー的には妙見とつながってる場所に、ありましたね。怪しいなにかが。
お時間が許せばもっとつめていかれると、Mythrilさんもっと切実に関係してくるかもしれませんよ。

不安内な場所なので、まだピンときませんが、渦龍大明神・酒造・伝法船・列車事故など、重要なワードありがとうございます。つっこみがいがありそうですね。

> 放った矢が時空の流の中で歴史を形作ってるようで。
逆にそんな中に人は生きて、生かされているようで…

たしかにそうですね。なんせ源満仲。みなもとのまんなか、ですし。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/20 22:26分 
  • [編集]

NoTitle 

 
あのラインって龍脈でもあるのかしら…とも。
 
単に直線で結ぶだけで、

出雲~伊勢~東海地震の震源域~三宅島辺りのラインで…

宗像~金刀比羅宮~和歌山~伊勢~伊豆方面だし…
 
諏訪神社~伊勢は中央構造線そのもので…東南海・南海地震震源域だし…
 
熊本・宮崎辺り~伊勢も中央構造線でその延長線上には鹿島神宮辺りになっちゃうし…。
 
あちこちのライン揺さぶってしまったらと…
少し憂鬱な…。
 
地震って…神の怒り…ですものね…。
 
  • posted by Mythril 
  • URL 
  • 2011.01/22 09:08分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

火山も断層も、最近「活」って概念が消えつつあります。
ようするに、どれも「活」なんだと(笑)。
人間だって、しわは表皮の問題じゃなく、もっと深いでしょ。
いまわかってる断層は表面の一部である上に、その深いトコでどんな状況になってるかはわかっていない。
わかってないのに神社と構造線は無縁といいきる方がおかしいわけで、古い神社にはそこに立ってる意味があります。
日本人と構造線は切っても切れません。中央構造線にしても、紀伊半島の両端をちゃんと伊勢と玉津島がおさえてますよね。現代人だってそう。たとえば中央構造線の四国の端を、ちゃんと伊方原発がおさえてます(苦笑)。昔の人が神社をたてたように、現代人は原発をたてる。つまり、原発って現代の神社なんじゃないかって気もします。原発に地伏せの働きがあるかは疑問ですけどね(笑)。

だから聖域と聖域をむすぶ試みはだいじです。
そのラインのニュースに注目することも。
中央構造線が通る徳島県の池田町では12月、工事中に断層発見のニュースがあり、ひと月もしないうちに震度3がおきました。。こういう連動もおこりうるんです。
ニュースのあとに、地震がくる・・・。

そういった意味でも、気になるのが666-0123になんで九頭明神がいるのか。
しかも、みなもとのまんなかがらみで。
源といえば鶴丸紋。鶴丸といえばJAL。そして諏訪大社。これも中央構造線。
かつてJAL123便が墜落したミロクラインでもある。
ニュースにしろ地震にしろ、共振のメカニズムはけっこう似通ってるのかもしれませんね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/24 01:23分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/214-5ac51c65

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム