神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

こころに宝船を(2)


【松は待つ、待つが松】

第六番「頼みつるこのひとむらの人ごとに 千年をゆづれ住吉の松」
 ⇒http://blog.goo.ne.jp/goo3820/s/%B9%E2%BA%BD
住吉翁の六番目のメッセージ。住吉大社のおみくじである。
住吉といえば高砂の松。相生(相老い)の松。しあわせな老夫婦。
去年、阿蘇神社の“高砂の松”のまわりを回った。コメント欄もひところ「松」でにぎわった。ことしはしょっぱなから「待つ」が出ている。待つは松に掛けられる。千葉の姉崎神社のように、「待つのはつらい」と松が忌まれる場所もある。
1月1日、国道9号で23kmにわたり千台が雪に立ち往生した。江の島ではハルミ食堂から出火。参道が通行止めになって江島神社(宗像三女神)の初詣客が立ち往生。
トラブルつづきの東北新幹線は17日、こんどは「COSMOS」のシステム障害。JR東日本本部の22台のモニターすべてが点滅し、全線で運行を見合わせ73700人が立ち往生した。22も737も回文数だ。
住吉は船神である。循環とルートに影響力をもつ。大河ドラマ「江」とリンクする宗像三女神もまた「道主貴(みちぬしのむち)」。交通の神さまで、福岡の人はよく宗像大社のお守りを車内にぶらさげている。
事象はよくもわるくも出る。長い目で見れば、吉凶なんてわからない。
住吉みくじ第六番のラッキーアイテムは松葉だそうだ。ことしの歌会始のお題は「葉」。松葉は常葉(ときわ)で、橘とおなじ常緑樹。トキワは永遠性や宇宙の理(ことわり)をあらわす言霊。まさにCOSMOS。
23kmにわたって千台が立ち往生したのは、台を代にかえれば、平成23年は千代のための松なのだといってる気がする。そんなに急いでどこへいく、待つことこそが肝心なのだと。伯耆の地名も住吉翁にあってるしね。
日本航空の鶴のマークも復活する。鶴は千年。これも千代だ。
僕もふくめてウサぴょん的飛躍の年にしたいと思ってる人にはなんだけど、ここはひとつ待たされてもイライラせず、住吉の大船にのった気でいるべきかもしれない。待てば海路の日よりもあるさ。待つが松。待つことこそがトキワであり、宇宙なのだと。

もちろんイケイケの国の人たちは聞く耳をもたないだろう。目の前でぼこぼこ巨大穴があいてても、その落とし穴にさえ気づかない。いやいやよそのことはいえない。僕らだって核燃料サイクルのおシャカシステムを、世界中にひろめているのだ。
来年の歌会始のお題は「岸」。むこう岸でおいでおいでするのがムーやアトランティス、滅びた文明の人々ではなく、住吉翁夫婦がにこにこして待ってることを、こころから祈る。


【境の明神】

 なかきよの とおのねふりの みなめさめ
         なみのりふねの おとのよきかな  by住吉翁

神功皇后の船が紀伊水門から難波にむかう途中、ぐるぐる回って進まなくなった。皇后は武庫水門で占いをして、筒男三神を大津の渟名倉の長峡に祀る。これが住吉大社(もしくは本住吉神社)のはじまりになる。広田・生田・長田の三社もこのときにはじまる。
ぐるぐる回ったのは障りだろうけど、じつは祓いだったと考えることもできる。上からも下からも読める文を回文という。人の輪(和)は魔をはねのける。回文(回り歌)もおなじ。最初と最後の字をくっつけると輪となり、ぐるぐると自己完結して変換がきかない。なので、魔の入りようがない。ホツマツタヱでは住吉神が、回り歌の言霊で高波をしずめる。香川県琴平の民謡「こんぴらふねふね♪」も回文の原理だ。「持衰(じさい)」という奇妙な風習が魏志倭人伝にでてくるけど、似たような発想だろう。持衰は殯(もがり)そのものを演じた。持衰ののった船は終わった船。完結した船である。だから魔がとりつくシマがないのだ。
人と人のあいだには間(マ)がある。間に魔や真が入って関係は変化する。ここ一番で円陣を組むのは間をなくすため。僕らひとりひとりもそう。<間>があるから悩み、考え、成長する。変化は自然の本質。生命は変化するための不完全な間(スペース)を生まれ持っている。だから僕らもうまれた。人類が直立二足歩行したのは、べつに自然界に叛いたわけじゃないんだよね。
僕らはいま、地球の大きな変化の<間>にいる。それが真になるか、魔となるかはある意味僕ら次第なんだけど・・・オーストラリアやブラジルの大洪水、山東省の大干ばつ、インドの寒波、スーダンの風土病、数百万本のオーク(樫)の突然死病、アメリカやイタリアの何千という鳥や魚の大量死etc。年が明けてもつづく異常な報告を聞くと、地球の<間>は確実に魔になってんな~って気がしてくる。どれも日本でおきたら、この世のオワリじゃ~ってニュースだ。そしてそれは、僕らの文明が地球の<間>に魔として入りこんでしまった結果なんじゃないかと・・・。

1月10日、第89回高校サッカーで優勝した滝川第ニの部員は77名だそうだ。平成22年に天皇陛下は77歳の誕生日を迎えられた。競馬界を象徴する日本ダービーも第77回だった。ごぞんじ回文数だ。
巨大地震に火山噴火、異常気象、世界中にボコボコ開いた柱穴・・・去年の変化の加速はスゴかった。その年が平成22年で、22の効力がなくなるころに日本のシンボルたる天皇が77になった。そしてことし77名の輪が優勝を勝ちとる・・・。ああ、シールドがはられてんなぁ、と思う。
もちろん回文数は分類上の名まえで、とくに魔よけに使ったって話は聞かない。でも1月3日の山形・鼠ヶ関沖の震度4でなんか確信しちゃったんだよね~。回文数って回文事象のあらわれなんだって。いまが境目だからこそ、その対象が魔であれ、また真であれ、世界のあちこちにシールドがはられてんだろうなって。でなきゃチリ落盤事故の33人をはじめ、やたら続出する回文数の説明がつかないもの。

平成23年は住吉大社の御鎮座1800年記念大祭。住吉翁は回文の神さまでもある。ホツマツタヱでは、天照大神の姉の稚日女尊(和歌浦・玉津島神社)を夫婦で養育している。住吉明神と玉津島明神はともに和歌の神で、奥州争乱期には艮(うしとら)国境のシールドとして白河関付近にまつられた。“境の明神”という。
(いくら美女でも玉津島明神が衣通姫では和歌=国境の理由が見えんとです)
歌には内をととのえ、外敵を防ぐ力がある。こころとこころをつなぐ力もある。
あるとき稚日女は思兼命(オモイカネ)にひとめ惚れをして、こんな歌をおくったという。
「きしいこそ つまをみきわに ことのねの とこにわきみを まつそこいしき」
回り歌である。自己完結した回文なので、思兼命はとりつくシマがなかった。有無をいわせぬ天下無敵の求婚歌だ(笑)。ニ神は住吉翁を介添えに高砂や~と結ばれることになる。
住吉明神は外敵をふせぎ、玉津島明神は内をまもる。そのシールドが回文だ。
去年住吉大社と明治神宮の火災連動、静岡市八幡神社の鈴落下事故がおきた1月3日に、ことしもまた意味深な連動事象がおきた。山形の鼠ヶ関・弁天島(厳島神社)沖の震度4もそのひとつ。鼠ヶ関は境の明神の白河関に対応する日本海側の奥州うしとら国境である。しかも郵便番号の頭は“999”。天下無敵の回文数だ(笑)。
1月13日には、第8管区の巡視船「だいせん」など4隻が、日韓国境問題の竹島近海で韓国カニかご漁船(9名)を拿捕。船名はなんと「33双竜(サンヨン)」。おまけに取調べはゲゲゲの境港の境海上保安部。まさに境の明神である(笑)。
そういえば、ケは50音の9番目。ゲは54番目でたすと9だし、ゲゲゲと999って同義語だったりして・・・。

元旦の国道9号事象が、巡視船とおなじ大山(だいせん)がらみであることは前回書いた。このとき港では、係留中の450隻もの漁船が大雪で転覆沈没している。境海上保安部の担当水域である。
住吉は船神で、住吉大社の遷宮開始は出雲大社のわずか三日後の08年4月23日だった。第三・四本宮の改修工事は、7月15日の全国漁協一斉休漁ストをもたらしている。日本の海から漁船が消えたのは、有史以来はじめてだ。さすが住吉大明神。
こういうのをふまえて、国道9号事象には住吉も噛んでんな~と思ってたんだけど、1月3日の鼠ヶ関と13日の境で裏づけられたカタチだ。

事象はよくもわるくも出る。長い目で見れば、吉凶なんてわからない。
時代の<間>であり、<境>だからこその“境の明神”のはたらきではあるが、さらなる国境問題や、あらたな境目事象をみちびく可能性もある。
稚日女の玉津島神社(和歌山市)の和歌浦は、中央構造線。総延長千kmにおよぶ、太古のイザナギプレートが運んだ日本列島の境目である。去年7月23日の鹿島神宮震度5弱もそうだけど、12月27日の和歌山市名草ノ浜の震度3、30日の愛媛・伊方原発周辺の震度1、1月7日の熊本・宇土半島~八代間の震度3、16日の徳島・池田断層の震度3など、このところ中央構造線に直結する反応が相次いでいる。いままでにない大きな動きだ。

ともあれ、住吉イヤーのことしは回文のシールドがいっそう効力を発揮する。道で回文数ナンバーを見かけたら「おっシールドはってもらってんだな」って感謝したいし、ピンチのときは回り歌で魔を祓ったるど~!
って思う。

  • [No Tag]

*Comment

二十二十二 

こんばんは
拙ブログをとりあげていただきありがとうございます。
面映い思いでいっぱいです。
記紀はもちろんホツマツタヱも読んだことないです。
いやさかさんとこでわからない言葉をネット検索しているド素人です。

週末、氏神様の地車隊でカニを食べに行くことになった皆生温泉とゲゲゲの境港、呼ばれたんですかねぇ~
誕生年月日から占う数字占いでは、私の過去現在未来が999となるようなんですよ。

シールドという言葉でちょっと安心しました。
というのは旅行中に氏神様境内にお百度石が設置されました。
裏に平成二十二年十二月吉日と彫られています。
二十二十二ってめっちゃ丈夫な回文結界というかシールドのような気がします。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2011.01/19 23:28分 
  • [編集]

Re: 二十二十二 

いえいえ。
「千年をゆづれ住吉の松」で、あっなるほど!と。

笑いました。
二十二十二って、ほんとめちゃ丈夫な結界じゃないですか。
おまけに過去現在未来が999なら、うららさんご自身がゲゲゲ(笑)。
境の明神を思いつつ頬張れば、一味もふた味もちがってくるカニ~。

いやふしぎというか、冗談みたいな展開ですよね。
でもこれが事象の妙なんだろうな~。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/20 03:40分 
  • [編集]

住吉の大船に乗った気分で 

本当に、いつも的確に事象を判断されていて、すごいなーと思います。
先日は変なファックスが福岡から届いて 通信エラーで9999が出ていました(汗)
 
「待つ」が出てきた今年は待たされてもイライラせず、大船に乗った気分でゆるゆるします。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.01/20 09:19分 
  • [編集]

回文と松 

いやさかの木さん今日は、「なかきよの~」の回文はどうしても松、末、待つ、が連想されますね、一昨年の耳明けの時に書いた記事は個人的な思いつきだったのですが近頃はそう解釈したくなる様な事が多くなって来ました。
999と言えば、山形には神町と言う地名が有り郵便番号が999です、国道十三号線と国道48号線の交点で山形空港と陸上自衛隊神町駐屯地が有りますよ。

おとのよきかな~良い音が聞けると良いですね(夫の良、世来かな、父ちゃんが家長として復帰してほしいです)。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2011.01/20 09:39分 
  • [編集]

掛詞 

いやさかの木さま
皆様

しかし、日月神示にあるように、
「松の世」=「松の世」とは…

いやさかの木様の解釈は勉強になります
  • posted by じん 
  • URL 
  • 2011.01/20 12:04分 
  • [編集]

Re: 住吉の大船に乗った気分で 

ありがとうございます。
去年の松がこんなふうに出てくるとは考えてませんでした。
どうも一本待てってことのようですね。
ゆるゆるすることで、松は末にはならないのでは。
福岡から9999のメッセージですか?
一本松や赤福の件もあるし、、
すごく気になるんですけど・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/20 19:31分 
  • [編集]

Re: 回文と松 

あ、shibuchin さんも「ながきよの~」をかかれてたんですね。
そう、松は「末」に転じる可能性もありますね。
999の郵便番号は、いくつかあるようですね。国道十三号線と国道48号線の交点で神町って、なんだか事象ポイントくさいなぁ。山形空港と陸上自衛隊駐屯地にはちと注意ですね。
父ちゃん中央構造線で復活なんてのはナシにしてほしいですよね。

あ、そういえば鼠ヶ関から鶴岡って、国道345号なんですね。御世出ずの。
御十の世来かな?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/20 21:04分 
  • [編集]

Re: 掛詞 

ありがとうございます。
ありましたね。松の世=ミロク世。

「桜花一時に散る事あるぞ、いよいよ松の世と成るぞ、万劫(まんごう)変らぬ松の世と成るぞ。松の国 松の世 結構であるぞ。(水の巻)」

王仁三郎は「梅で開いて、松で治める」
一応梅は神の教え、松は政治経済、竹は武力だとか。
去年は菅政権(道真=梅)、日本武尊の武の事象(竹)、ミロクの乱出。そして今回の松。

ブログで書いた千代にいたる松は「万劫(まんごう)変らぬ松の世」とおなじ意味ですけど、松の世は末の世でもありますね。僕は待つことが千代につながると思うんだけど、現状では末の世→来年の「岸」の方が、カタとしては強そうです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/20 21:42分 
  • [編集]

若松 

昨年、個人的に松阪市に関することが気になっていたのですが、1月14日に松阪市出身の和田勉さんが亡くなりました。
松阪市ゆかりの蒲生氏郷(幼名・鶴千代)は会津の黒川という地名を若松と改めました。
それでなぜか♪~めでためでたの若松様よ、枝も栄えて葉も繁る~と花笠音頭が浮かんでました(笑)

山形県天童市の鈴立山の若松寺が花笠音頭のゆかりの若松とされているようです。
前の方のコメントで国道13号と48号のことを書かれていましたが、天童市もその2つの道が通っています。天童市といえば将棋の駒の産地で、天童独自の将棋駒は「左馬」
これは福を招く縁起物とされていますね。

左馬神社といえば鯖神社などサバの字は違いますが、神奈川県の境川流域に12社あり祭神は源義朝(左馬頭)
源満仲(左馬権頭)のどちらかのようです。
境川は武蔵国と相模国の境であり、河口は江の島になります。

松阪市には世界で初めてブルゴーニュ種エスカルゴの養殖に成功したエスカルゴ牧場があるのですが、巻き貝といえば白山で世界最古の新種巻き貝が発掘されたようですね。

http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20110119000156
  • posted by マロン 
  • URL 
  • 2011.01/21 19:58分 
  • [編集]

有馬でもAKB 

秋葉原で歩行者天国が再開されますが、兵庫県の有馬にもAKBがキター。
有馬―高槻断層が話題に上ったのでハッと気づきましたが、年明けから有馬温泉の某旅館CMにAKBが登場しております(京阪神で育った人なら誰でも聞いたことのある有名なコマーシャルソング)。太閤秀吉に旅館名を賜ったという老舗。

あと、昨日はロケット「コウノトリ」が発射。花札の“鶴と松”は本来コウノトリを描いているそうですね。松の上に営巣するのはコウノトリですから。
また、諏訪湖の御神渡はできそうでまだできていない感じですか。

余談:九州新幹線試乗会ついでにどこに寄ろうか検討中です。熊本なら阿蘇、天草。博多から志賀島、宗像、宮地嶽など行きたい場所はあるのですが。阿蘇は何度でもいい。でも何分、幼い子連れ駆け足旅行なので熊本駅~空港周辺に留まりそうです。お城と菊池温泉でも行くかなぁ。本当は「大きく分ける」大分あたりに行くべきかとも思いますが。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/23 11:15分 
  • [編集]

Re: 若松 

祝いめでたの若松さまよ 若松さまよ 枝も栄ゆりゃ 葉も茂る
エイショーエー エイショーエー ショーエ ショーエ

博多の祝いめでたを思い出しました。
歌会始の「葉」は、祝いめでたや花笠音頭的な部分もあるのかもしれませんね。

和田べんって松阪だったんですね。もろ海人系だ。倭太とか。播磨の椎根津彦の子孫かも。
三重と会津若松をつなぐ蒲生氏郷の流れは伏線としてあると思います。
鶴丸城だし。たしか08年のJAL鶴丸廃止のころ出てたんじゃなかったかな。
今回は鶴丸復活ですから。氏郷でるかも。
鶴丸紋は源氏。鶴岡八幡。鶴岡市の鼠ヶ関も鶴丸復活にかんでますね(笑)。
諏訪大社の諏訪氏も梶とともに鶴丸を家紋とします。
出雲大社遷宮開始のあと消えたJALの鶴丸が、諏訪大社御柱祭のあと復活。
けっきょく再生のカタやりたかっただけかい(苦笑)。

なるほど、江ノ島の通行止めも一種の境の働きだったわけですね。
白山の巻貝は僕もおどろきました。
これも久高島、中海ときた渦のつづき。むちゃちっちゃいけど世界最古ですもんね。
白山姫がなにをいわんとしてるのか興味津々です。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/24 00:04分 
  • [編集]

Re: 有馬でもAKB 

もしかして、ありまひょうえのこうようかくへ♪
ですか?
西日本一帯に流れてるかも。
やりますねAKBも~。もしかして着火しまくってんじゃないですか。導火線に。まだ種火だけど。
去年の10月10日。101010の日。伊吹山がゆれたその日に、千葉・香取の返田神社(返田悪王子社)がゆれたことは以前コメントしましたけど、祭神がカグツチな上に全国66の一宮+伊勢内外宮+天神地祇の69の石祠があってネットワークはってますからね、カグツチが秋葉のホコ天で天国へ・・・で終わるとはとても思えんわけです。
火のカグツチと土のハニヤスメ。この組み合わせが地震や火山を産まないことを祈ります。

この「コウノトリ」って、09年に千葉動物公園から逃げ出したアフリカハゲコウじゃないでしょうね(笑)。
名古屋ではシャチのナミちゃんが逝っちゃいました。
イザナミは死の直前にカグツチとハニヤスメを娶せ、ワクムスビを産ませます。
コウノトリがはこぶ赤ちゃんはワクムスビなのか。
それとも、お返し田の悪王子なのか・・・・。
“鶴と松”で鶴松といえば秀吉の子、棄丸(すてまる)。う~む。

熊本といえば水前寺公園もありますしね。
好き好きだけど、からしレンコンに桂花ラーメンも。
ぜひどーんと楽しんできてくださいネ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/24 02:19分 
  • [編集]

なぜ宮崎がひふみの日にやられる? 

いやさかの木様

昨日は、1月23日のひふみ&23の日でした。事件が発生すると思えば、宮崎県・・・

しかし、なぜ、宮崎ばかり狙われるのでしょうか?

新富町は、「新しい富」を得る為の、ある意味型示しなのでしょうか?
  • posted by じん 
  • URL 
  • 2011.01/24 20:11分 
  • [編集]

瞳はダイアモンド 

若松城といえば今、修復工事中でリニューアルオープンが3月27日のようです。シャチといえばこのお城は銀のシャチホコで瞳はダイアモンドが埋め込まれているとか。ん?松田聖子(蒲池法子)の歌みたい。
蒲生と蒲池。大国主命に教えられて蒲の穂で傷を治した白うさぎ。うさぴょん、蒲つけて出てくるのかも。

天童といえば~♪なめたらあかん~あのCM気になっていました。白鳥に乗っているし。天童よしみさんは9月26日生まれ、田辺市出身で八尾市育ちで在住とか。
田辺市といえば弁慶の出生地ともされているようですが、もしかしていやさかの木様「立ち往生」はやはり弁慶を意識して書かれています?瞳はダイアモンドに~♪幾千粒の雨の矢たち~とあるのですが、まさに雨のような矢を受けて立ち往生ですしね。
999本の刀、あと1本で1000本とか。義経と弁慶の出会いは五条の大橋とされていますが、五條天神社と書かれているのもあり、ここの宝船図は日本最古のものとされていますね。

それにしても、鳥インフルエンザの発生場所が広がっているようで気になります。
  • posted by マロン 
  • URL 
  • 2011.01/24 23:46分 
  • [編集]

Re: なぜ宮崎がひふみの日にやられる? 

また児湯郡なんですよね。口蹄疫の都農町とおなじ。
宮崎平野の中心部なんで農業さかんですが、それにしても特定の地域です。
日向国一ノ宮の都農(つの)神社は出雲のオオナムチ。
安来の鶏インフルエンザとも対応しています。
そういえば赤松でしたよね、当時の無責任農水相。こんときから「松」なんですねぇ。
僕らに待つ気がないから、こうやって足どめされるんでしょうか。
となりの佐土原は母方の里で、こちらからは日向伊東氏。
出処は伊豆の伊東です。ハトヤの(笑)。
伊東といえば宇佐美氏が事象化しました。おととしの大河ドラマと富士山右京遭難など。
宇佐美はウサ見で、卯を見よと。卯は東ですから、そのまんま東でもある。
日向からそのまんま東にいったのは神武天皇の東遷。そのまんま東をバックアップした高千穂神社は、神武の兄の三毛入野命が降臨したとこです。三毛は御食(みけ)ですから、牛も豚も鶏も、肉は御食ではないとでもいいたげ。本来の食にもどれと。この辺はひふみ神示にも通じるかと。
24日の朝、神憑き猿のらっきーが脱走しましたね。
つかまったのは去年の10月10日。この日、日本武尊がらみの伊吹山で地震。千葉県香取市の返田神社でも地震。カグツチです。悪王子社とも。ひっさびさのコンビ事象でした。
鳥インフルエンザは基本的に日本武尊事象で、これに関しては当ブログでもかなり早い時期に書いてました。そのときの事象が十和田湖の白鳥のH5N1型。去年その十和田湖をとおして日航123便とつながる日本武尊事象もありましたね。ひふみが最初に降りた千葉県成田市の麻賀多神社は、日本武尊の祭祀がはじまりです。
こうした複合的な要素が児湯郡には集中してる。胎内と出産に対応する児湯(産湯)でもありますし。
1月23日のカグツチ天国のあと、飼育員のいスキを見てラッキーとばかりに神憑き猿が逃げちゃったわけですから、10・10で〆て、123ではじまる・・・ってカンジで、新たな動きがかくじつにはじまったかと。
ご用心ご用心・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/25 01:09分 
  • [編集]

鳥インフルといえば 

数日前のニュースで鹿児島の出水市で越冬中のマナヅル・ナベヅルにも感染が見られ、今後の感染拡大を懸念して観察中とのこと。
神武東遷とそのまんま東の相似形とは…確かに。

追記;間寛平さんがアースマラソン完走ゴールしましたが、この人ゲゲゲの鬼太郎実写版で“こなき爺”役でしたよ(^^;。

  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/25 01:40分 
  • [編集]

Re: 瞳はダイアモンド 

弁慶はまったく意識してなかとです。
そういえば999本だし、立ち往生ですよね。大往生でもありますけど・・・。
石川県小松市と冨樫氏は勧進帳がらみで意識してましたが。
あれも安宅の関で、境ですしね。
そしたら元小松基地の田母神氏の自宅にドロボーですね。
自衛隊防諜部隊の、田母神派ら保守系自衛隊員への不当監視が発覚したと同時ですから、なんとも怪しい。
盗んだのは300万だけではないのでは?
さすが火雷天神政権。どんどん雲行きがあやしくなっていきますね。

瞳はダイアモンド?
ママの目を盗んだ秘密の花園なら知ってます。
筑後の蒲池氏の姫。蒲の穂の歌声で癒してくれたのかも。
たしかにうさぴょん年ワードで「蒲」地名とかあるかもですね。

天童よしみのあれって南天じゃなかったかな。たしか。
南天といえばりゅうこつ座。カリナスター。
ニセ十字と長寿星カノープス。福禄寿は伯耆的。老人神=童神です。
ニセ十字をなめたらあかんぞと。
住吉翁や海童磯良やスクナヒコナをなめたらあかんぞといってるのかな?

五條天神社はスクナヒコナにオオナムチ。もともと宝船にのってたのは、オオナムチ・オキツシマヒメ・スクナヒコナじゃないかなと思ってます。
宝船も、なめたらあかんとです。

鳥インフルエンザに関しては、いままでが静かすぎたカンジがします。
日本武尊とスサノヲが一体化するときが、いちばんこわいです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/25 03:40分 
  • [編集]

タカラブネ 

福禄寿のモデルといわれる道教の南極老人は鶴を従えているとか。(北極老人?北極は紫微大帝だっけ)

小ネタですが…宝船といえば関西人は洋菓子チェーンのタカラブネを思い出すのですが(民事再生で現「スイートガーデン」)、タカラブネ時代は本部が京都久御山にあったそうです。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/25 13:40分 
  • [編集]

こんな記事が有りました! 

いやさかの木さん今日は、こんな記事を見つけました。

長生きしたくない」と考える若者が増加中!大人に無気力な若者を責める資格はあるのか。
東京海上日動あんしん生命の「『長生き』に関する意識調査」が、昨年末のネットニュースをほんの少し盛り上げた。調査によると「長生きしたくない」「長生きはリスク」と考える若者が増えているらしい。

また
消費を悪と考える「嫌消費」世代が市場で台頭!
景気を低迷させかねない“買わない心理”とは

積極的に消費しない奴は変だと言っている様な内容ですが、小さい頃からエコな教育を受けて来た若者の一部には「消費」と「浪費」の区別が新しい形で認識されているのかも知れませんね、多額の借金をして消費を煽る今の景気回復策は素人が見ても無理が有る様に見えますよ。

70億の人類が全員今の先進国並みの暮らしをするには地球が幾つ必要か、資源についてこんな議論もありました、これからはますます過酷な資源争奪戦の時代が始まるのでしょうか。

地球を外から眺め、飛行機で飛び、世界の富豪と貧困の暮らしをTVで見、インターネットと携帯電話で世界の多くの人々が光と波で直接繋がり合える、そんな時代に育った世代には新しい価値観が生まれている、良い意味でそう願いたい物です。

宇宙船地球号が「宝船」になるか「難破船」になるのか、大人達に「消費」と「浪費」の区別が付かなくなっているとしたら先行きは不安です。

スタジオジブリの新作は、昭和30年代が舞台の様です、この頃は戦後の窮乏生活からようやく「人並みの暮らし」が出来る様になった時代だとか、そして拡大する経済は「必要な消費」から「より良い浪費」への転換期でも有った様です、多分「腹八分目」がこの頃でその後は「飽食の時代」の幕開けでもありました「未来の先取り」なんて言う言葉も有りましたよ。

多分自動車が全部電気自動車になったり核融合が実現すれば解決すると言った問題ではないはず、自分たちも気が付かないうちに巻き込まれている様な、つい長くなってしまいました。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2011.01/25 17:49分 
  • [編集]

こんばんは 

いやさかの木様、兵庫県 高砂が山火事ですよ。
高砂やあ。住吉ですね。

あと、今日偶然 信号待ちで横に並んだ車は9999でした。
まだ、9の呪縛から逃れられないみたいです。(汗)
信号発進時、先に行ってもらいましたが。
注意しまーす。





  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.01/25 18:26分 
  • [編集]

Re: タカラブネ 

間寛平はすごい。
そういばこなきじじいでしたね。
ちなみに僕はぬらりひょんです(関係ないか)。

酉も申も金。巳午が火ですよね。火は金をとかす。
酉のヤマトタケは伊吹山で巳(大蛇)にやられますし、噛みつき猿らっきーが逃げ出したのも、秋葉ホコ天復活をおそれたからかも。申は巳に刑せられますし。
あらたに愛知でも見つかり、鳥インフルエンザは全国にひろがっています。金は菌。これが火の気に対抗する金の気なら、まさにいま日本は火におおわれている状態なんでしょうね。まさにカグツチ天国。
そんな中、住吉の立場がいまいちすっきりしない気がします。
御巣鷹山かと思いきや、なんで高砂の鷹巣山がホコ天の翌朝燃えんのか。

福禄寿も三星ですよね。そう、鶴なんです。鹿(禄)と桃(寿)も。
へ~タカラブネが久御山にあったとはおもしろいですね。
京都といえば宝酒造。宝塚市とか、なんであの辺(全国から見て)お宝ネーミングなんでしょう?

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/26 21:06分 
  • [編集]

蝶 

弁慶はワードから連想されるのですが、個人的事象なのかの判断に悩むところです。衣川は蝦夷との境でもありますし。
天童さんのCMはノーベル製菓のようです。

銀のシャチホコは当時修復工事をしたハザマ(間組)の会長が寄贈したもののようです。瞳は~の曲は昨年CMで流れていて橋の上の黒いドレスの聖子さんが印象的なものでした。
市杵島姫命は弁財天に習合されていますが河と音楽の神様でもあり、それで今歌姫を意識しているのかなとも思いました。

そのまんま東といえば先日大阪で最後の県特産品PRをして、スイートピーを来場者に配っていました。全国一位の生産量とか。花の形が今にも飛び立つ蝶に似ていることから花言葉には「門出」という意味もあります。
♪心の岸辺に咲いた赤いスイートピー~いや、懐メロしてる場合じゃないですよね。赤といえば霧島の新燃岳も噴火で火が心配です。

白山のサナギガイ、サナギ(イサナギ?)は羽化への準備中なのでしょうか。
蝶紋は平氏になりますが、後裔の関氏もそうですね。ただ蝶はなんとなく判断が難しい部分もあるかも。猪鹿蝶ともなりますしね。
  • posted by マロン 
  • URL 
  • 2011.01/26 22:31分 
  • [編集]

Re: こんな記事が有りました! 

世の中がかわると価値観もかわりますが、おもしろいのは、次の世代は誰に教えられるともなく均衡化の方向へ動こうとする。すくなくともそういう意識をもつ傾向にあるようです。
大量生産と大量消費の時代はもう終わりだと思ってたら、世界はまだその力学で動いてる。中国にしろインドにしろ、ターゲットは巨大な人口ですよね。仮に1円の商品でも、10億人が買えば10億になる。そんなそろばん勘定が実在している。ひえ~。
B29の物量の神話は、いまだに健在です。書き換えの時期はとうにすぎてると思うんだけど。

日本の海には、200年分の地下資源が眠っているとかいいます。こういう話をきくたびに単純に思うのは、じゃあ200年後はどうするんですか?ってこと。200年後のことなんか知らないってたって、あなたのひ孫のひ孫たちは生きてるんです。
そう思う人はすくないだろうけど、僕は阪神淡路大震災は「山、海へ行く」の結果だと思っています。岩手宮城内陸地震や四川省大地震で、ようやくダムとの関係が取りざたされるようになりました。砂場で砂山つくってとんねる掘るとくずれます。つぎは崩れないように、水で補強しつつほってみたり。僕らの文明はその繰り返しだけど、いまや砂山のトンネルのレベルじゃないですから。一度の作業で、砂場自体が陥没しかねない。
日本の領海には、そりゃメタンハイドレードだって豊富でしょう。だけど自然は過程としてメタンのシャーベットをつくりだし、その上に均衡がなりたってるわけですから。それを掘りまくって均衡がくずれたとき、もたらされる変化の責任は、いったいだれがとってくれるんでしょうね。
また自然の脅威で終わらされちゃうんでしょうか。

いつのまにか地球に悪影響なのは温室効果ガスだけになってしまってる。
科学は消費電力が豆電球レベルの電気自動車を作り出せるんでしょうか。
ま、だれも期待してないから原発ばんばん増設するんでしょうけどね。
たとえ豆電球レベルの電気自動車が開発されたとしても、文明がもたらす環境への影響は多元的なものですから、大量消費を意識したものづくりではかならずひずみが生じる。
いざとなれば月や火星を掘ればいいさって勢いですよね。
その前に地球が終わっちゃわないことを祈ります。
くちべらしのばかげた戦争がおきないことも。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/27 03:12分 
  • [編集]

霧島の噴火&鳥インフル&口蹄疫 

霧島山が噴火 警戒レベル3 噴煙1500M
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012601000658.html
「26日午前7時半ごろ、鹿児島、宮崎県境の霧島山・新燃岳(1421メートル)で噴火が発生した。夕方には噴煙の高さは約1500メートルに達した。気象庁は噴火警戒レベルを、入山規制のレベル3に引き上げた。」とか。鹿児島県出水と宮崎では鳥インフルエンザの確認がされているようですが、この噴火が長期化&噴煙が長引けば感染の拡大を促進する要因にもなりかねません。そうならないと良いですね。
話はかわりますが、韓国では昨年の終わりから口蹄疫と鳥インフルエンザが発生し、もはや感染豚&牛を生き埋めにするしか処理ができないほど感染が韓国中に広まってます。これのことに関してマスコミはほとんど報道していません。宮崎の事もありちゃんとした防疫体勢を整えるべきなのに政府も関心が無いようでまた昨年の宮崎の事が全国的に起りそうで要注意です。※特に旧正月を前に日本にやってくる外国人と観光に行く日本人がウィルスを運んでくる可能性大です。
参考)高病原性鳥インフル確認、8千羽超殺処分 鹿児島・出水:http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY201101260001.html
口蹄疫・鳥インフル、韓国も悩む 旧正月目前で拡大懸念:http://www.asahi.com/international/update/0124/TKY201101230339.html
韓国における口蹄疫の発生状況:http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/20110121_1400_korea_fmd3.pdf
  • posted by ひびき 
  • URL 
  • 2011.01/27 06:32分 
  • [編集]

Re: こんばんは 

カグツチ天国の1月23日から、動き始めた気がしますね。
高砂市の山火事は、噛みつか猿のらっきーがにげたのとおなじ24日の朝。
おまけに鷹巣山って。最初は日航123便の御巣鷹山かと思いましたよ。
ある報道によれば、33時間後の鎮火で、焼失面積が123haだとか。

たぶん去年の建国記念日の住吉夫婦の焼死とつながってるんじゃないかと。
高砂市は過去にもけっこう山火事おきてますが、今回のはなんせ秋葉ホコ天の翌朝ですからね。

福岡の9999発信のつづきですね。
もう笑っちゃうくらいみなさんシンクロすごいですけど、シールドはらなくちゃいけないくらいの状況に全体がおおわれてしまってるわけで、ここは個人個人で注意するにこしたことはないですよね。
9999ぜんぶたすと36ってのも気になりますね。
福岡とそちらはつながってるし。

福岡といえば去年のイブに大宰府で川に転落する痛ましい交通事故ありましたね。
今年は秦氏ゆかりの伏見稲荷の1300年祭です。
大宰府の事故も秦さんです。その前に新潟で小型機墜落があったんですが、それも秦さん。
こういった嘘みたいな連鎖が平気でおきますから、自分に関係するワードが出たときは、とくに注意が必要だと思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/27 07:03分 
  • [編集]

火と水が 

 
高砂って…高砂神社が…

霧島の噴火は地元では火山灰等でかなり酷い状況のようですが?
 
一方では豪雪で、これって水攻めですよね。。
 
自分に関係するワードって…何なのかなと…
少し困惑しております。。。
  • posted by Mythril 
  • URL 
  • 2011.01/27 07:50分 
  • [編集]

Re: 蝶 

弁慶も出てる、もしくは出てくると思いますよ。
衣川といえば安倍貞任。民主党の小沢氏の地盤。
ノーベルの南天(のど飴)でしたか。
天童が鶴のってるのって、ほんとに南天って意味の演出かも。
マジな「なめたらあかん」だったんですね~。
歌といえば、僕は台風22号ニーダを思い出します。

そのまんま東とスイートピーって似合いませんけど(笑)、「門出」という意味なら間寛平のアースマラソンもその暗示なのかもしれませんね。間から日が出ると門出。
新年から新燃。もえだけ=火炎茸(笑)。
カグツチ天国がはじまりまりました。
らっきーも逃げるわけです。
なんてたって天孫降臨の霧島ですもんね。ホツマツタエでは、ニニギの神上がりの霧島。対応するのはコノハナサクヤヒメが神上がった富士山。
三島のらっきーは逃げてはみたものの、富士山を見て、ストレスいっぱいの檻の方がまだ安全と思ったか。

ああなるほど。サナギでナギか。
まさかポッドに入ってサナギのように眠るつもりじゃないでしょうね。
白山姉さん、ほとぼりがさめたら起こしてね、と。
胡蝶の夢でも見る気でしょうか・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/27 07:53分 
  • [編集]

シンクロ 

カグツチ天国解禁の合図で、一斉に鳥インフルエンザや火山噴火が始まったようですね。

なんだかシンクロしすぎてこわーい。
私的にはあれから不思議なことは起きてませんが。
福岡と9999の謎はまだ解けないので何を伝えようとしているのかな?本番はこれからだったりして。

注意しますね。
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.01/27 08:46分 
  • [編集]

高砂の山火事 

播磨国は少し内陸に入ると「オオナムチ&スクナヒコナ」のテリトリーなんですよね。高砂市内といっても山火事のあった鷹巣山の隣の峰は高御座山といって「オオナムチ&スクナヒコナ」を祭っています。また、高砂にある「石の宝殿」という岩座も「オオナムチ&スクナヒコナ」降臨地とされています。播磨国一ノ宮の伊和神社も然り。
なので、どっちかな~という感触です。

追記;TVのドキュメンタリー番組で黒部ダムの排砂後に富山湾で漁業被害が起きている内容を見ました。因果関係の証明はまだですが、山から流れてくる有機物によって、食物連鎖の結果、湾内にヨコエビという虫が大発生し、ヒラメなどの海底にいいる魚が食害に遭っているのだとか。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/27 13:13分 
  • [編集]

Re: 霧島の噴火&鳥インフル&口蹄疫 

たしか去年も新燃岳のことはふれましたが、今回の爆発的噴火は、気象庁が観測体制をしいた昭和63年以来はじめてだそうです。霧島神宮は大丈夫でしょうか。
福岡・長崎・愛媛・高知で空振が報告されています。規模のわりには広範囲でおどろいています。
これがおきたら警報もの・・・とかってに考えてる事象があります。
たとえば熊野沖震度4以上がきたら、東海・東南海・南海地震。
今回の霧島山の噴火は、富士山噴火への警報となります。

だいじなのは、霧島の高千穂峰に真木が立ったあとの反応であるという点。秋葉原ホコ天復活によるカグツチ天国およびイザナミのカグツチ出産事象のひとつだという点。まさに新しく燃えてるわけです。
辛卯の辛は、あたらしとつらさを意味します。辛燃岳にならないよう、また秋葉原だけに「もえ~」な噴火で終息するよう祈ります。

韓国の口蹄疫は認識してます。
去年の口蹄疫も韓国経由だと僕は思っています。
疫病神牛頭天王が発動するなら、とうぜん朝鮮経由になりますしね。
おっしゃるとおり、大挙する内外の旅行客は脅威です。
政府は国外からの旅行者が年間1000万人に達しなかったことを嘆いてます。平成の開国元年とかいってますが、そのリスクにはまったく目が向いていない。金のことしか考えてないんじゃないかな。防疫なんてさっぱり。このままじゃ赤松農相の二の舞でしょうね。
僕らの文化にマレビト信仰があります。外来を尊ぶのがこの国のダイナミズムです。でもちゃんと結界はってんですよね。当時のやり方で。ネイティブインディアンは欧州人が持ち込んだウィルスにやられたって話もありますよね。
そういう意識がまるでない政府が、国民のことを考えてるなんて思えません。連中が保身しか考えてないなら、僕らは僕らで守るしかない。だから事象にも境の明神が示される。

まとりあえずつぎは、2月3日前後の動きに注意ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/28 01:14分 
  • [編集]

Re: 火と水が 

はい、相生の松の高砂神社ですよね。
去年の住吉夫婦とおなじく、ここでも夫婦と火のとりあわせ。
まさにカグツチ天国です。
そして夫婦と火のワードが、今回の霧島新燃岳噴火にもつながるとしたら、霧島山と夫婦の対をなすのは富士山ということになります。
もし富士山ではなくイワナガヒメの浅間山が噴火するなら、ニニギがイワナガヒメをめとったことになり、そっちの方がいいかも。

むかしふうにいえば、表日本の火と、裏日本の水。
みごとに分割されてますよね。
ヒルコは津軽に流れ着いたともいわれますし。
列島の南北構造を、カグツチとヒルコが表現している。
で、火と水の列島に、金の鳥インフルエンザがひろがってるわけで、たがいが相乗効果をおよぼさなきゃいいんですが。

名まえや住所や生年月日や系統や周囲の状況・・・。
そういうのから事象と共通するワードを探してみる。というのではだめですか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/28 01:52分 
  • [編集]

もえ~ 

いやさかの木様

驚かされるのは、1月23日のカグツチ天国解禁で新燃岳が連動するのはいいのですが、以前はやった「もえ~」が掛詞としてかかることですよね!
「新もえ~」
新しい、時代を象徴するような気配が・・・
新富町もそうですが、「新」がつく地名も要注意かもです
  • posted by じん 
  • URL 
  • 2011.01/28 19:39分 
  • [編集]

Re:Re霧島・・・ 

少々書くことを迷いました。
1706年霧島噴火→1707年宝永地震・富士山○噴火のパターンもあったそうな。どうなるかは?ですが、備えあれば、憂いなしかナと思う今日このごろです。
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2011.01/28 23:30分 
  • [編集]

地震がありました 

先程(28日22時49頃)神戸で地震がありました。震源は大阪湾。阪神高速湾岸線深江浜ICのすぐ南側の海です。震度3と揺れは小さかったですが、大阪湾断層が動いたのではないかと。
震源から山手に行くと年始に猪が人を襲って重症を負わせた保久良神社(金鳥山)、西には住吉神社もほど近い位置です。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.01/28 23:37分 
  • [編集]

Re: シンクロ 

そうですね。おこるべくしておきてるってカンジです。
もし僕らが待つ(松)を忘れ、目先の利益にがむしゃらにつき進めば、さまざまな災害に待たされることになると思います。カグツチ天国は秋葉原だけのことじゃありませんよね。日本は燃えています。「松」の意識で、どれだけ延焼をおさえられるか…ですね。

福岡9999で検索したら福岡県食鳥肉販売業生活衛生同業組合が出て、鳥肉だけにドキっとしましたが、これは工事中で電話番号が999-999-9999になってるだけでした(笑)。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/28 23:49分 
  • [編集]

Re: 高砂の山火事 

石の宝殿も「宝」ですね。
西日本の巨石、奇石はオオナムチ&スクナヒコナの凸凹コンビが多いです。
僕は巨石ファンでもあるので、いずれいってみたいと思ってます。
高砂神社もオオナムチですね。
伊和も岩なのかな。
播磨三大社のうち海神社は住吉三神、粒坐天照神社は火明命で、猪騒動の保久良神社の椎根津彦とつながります。椎根津彦は綿津見系ではなく尾張氏とおなじ火明系だと思います。
その東灘区で震度3がさきほどあったようですね。
椎根津彦系は青海氏をはじめ構造線おさえてますから。要注意です。

ちなみに宝船の原型は、オオナムチとオキツシマヒメ、スクナヒコナが住吉の船に乗ってるってカンジじゃないかと。国道9号事象も、オオナムチと住吉大神なので、高砂市の山火事にも複合的にからんでる可能性がありますね。

富山湾は生命の海です。
黒部ダムはそれを破壊してます。だから海神はダムがきらいなんですよね~。原発がいいって…。
もし僕らがなにかに躓いて、ふりかえって石があったら。石に躓いたと考えますよね。ふつーに。
排砂後にいままでなかった漁業被害が出れば、そりゃ排砂のせいですって。
躓いたことと石との因果関係を科学的に証明しようとすれば、逆に石じゃないかも、もしかしたら躓いてさえいないのかもって結論に達したりする。
じゃあつぎはどうしたら石に躓かないかを考える方が、先だと思うんですけどね。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/29 01:06分 
  • [編集]

Re: もえ~ 

おお、気づかれましたか(笑)。
そうなんです。新もえ~なんですよね。
もえ~な反応で終わってくれればいいなと、祈ってるとこです。
新もえ~がパワーアップしたもえ~だと、困りますけどね。

ことしの辛卯の辛は、あたらしさとつらさをあわせもった漢字です。
菅首相は平成の開国元年なんていって、あたらしい幕開けをことさら強調してますし、おっしゃるとおり「新」は事象ワードとしてかなり注意が必要です。「新」の事象は、辛さをともなうことになりますしね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/29 01:17分 
  • [編集]

Re: Re:Re霧島・・・ 

ひえ~~~。そうだったんですか?
ホツマツタヱでは霧島は天孫降臨ではなく、ニニギが神上がった山です。
それにあわせて、妻のサクヤヒメも富士山に神上がります。
2010の「十」の年、平成22年のニニなのに、神代十代のニニギがいまいちはっきり出てこないと思ってたら、旧暦の最後の最後にいちばんマズいパターンで出ましたね。
もしこれで富士山にでるようなら、まずまちがいなく白頭山にいくと思います。
カグツチ出産が火山噴火の連鎖にでるパターンですね。
直接被害より間接被害が深刻な、真綿で首をしめられるような事態になります。
火(巳)にたいする金(酉)がきてますが、鳥海山は大丈夫ですか?
その後異変はおきてませんか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/29 01:39分 
  • [編集]

Re: 地震がありました 

ついさっきコメントにかいたばかりです。
震源については、数日しないと正確な経緯度が出ないのでそれ待ちです。
×の位置からすると、かなり海岸線に近いようですね。
去年の住吉大社の露店資材置き場の火災は、豚平焼きと海鮮玉イカのケンカが原因でした。 保久良神社の猪の件で、豚組の出入りかなとも。
こんどは海組でしょうかね。
だとしたらもっと遠くで小さくやってほしいものです。
いやマジで。
海神は好戦的だから、ばんばん揺らしてきますよ。
おまけに金鳥山? 火(巳)に対する金(酉)ですね。キンチョー状態にあったりして。

ことしは住吉大社にいくつもりですが、こりゃ早めにお願いにあがったほうがいいのかもしれないなぁ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/29 02:08分 
  • [編集]

訂正 

名まえがまぎらわしいんでまちがえてました。
火明命の子孫は尾張氏ですけど、椎根津彦は火酢芹命の方でした。
いずれにしても綿津見系ではないということです。
綿津見は火々出見尊(山幸彦)につきますから。

金鳥山ってカタカムナなんですね。
近辺に十文字山ってのもあるんですか?
平十字とかんけーが?
日本の夏、緊張(キンチョー)の夏。
夏がやばい・・・・?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/29 06:06分 
  • [編集]

NoTitle 

なるほど、旧暦だと年末ですものね。

鳥海山は、いっペ、ゆぎっこふってるベナ~。山麓の象潟の夏の牡蠣は最高!
特に異変はないと思われます。

1706年浅間山も噴火していたみたいです。

1/26のニュースです。
糸魚川フォッサマグナミュージアムは、5年前化石採取体験会で採石した石灰石から、日本最古のサメの1つの歯の化石が見つかったことを明らかにしました。(およそ3億3千年前の古生代に生息・コクリオドュス科)
サメ→ワニ・フォッサマグナがらみで。

みなさま、レッツ鼻歌して下さいませ♪~きっとfeel so goodよ~
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2011.01/29 08:33分 
  • [編集]

雪積もってます! 

いやさかの木さん今日は、今年は雪多いですよ、子供は雪が大好きですね、息子を見ていて小さい時の事を思い出して一緒にそりを乗ったりして遊んでいますよ。

今年は出だしから大きなニュースが多いですね、世界は動いていますよ、組織が大きくなるとどうしても最初の目的からそれ始めるのも一般的な傾向の様です、そして世襲問題も。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2011.01/29 10:30分 
  • [編集]

私待つーわ 

ああ、そうそう事故相手の保険会社は あいおいさんでした(笑)
最近、自分の意見というものをはっきり言ってない。
今年に入って受身で一ヶ月すごしました。他人の意見に流されるまま。
なんだか今一生懸命積んでも崩される感が強くて。
これでいいのかなと焦りがちになりますが、あみんの待つわでも歌って落ち着きます。(古いですね)
霧島 新燃岳の噴火で被害に遭われている方々にお見舞い申しあげます。





  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.01/29 11:04分 
  • [編集]

西からの「破壊と再生」 

エジプトのデモはもはや革命の域まで達していて、
とうとうエジプト考古学博物館にあるファラオのミイラ2体が損壊され、収蔵品が壊されたりする事態になっているようです。http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110129-OYT1T00897.htm?from=tw
ムバラク政権はエジプト5000年の歴史上、ムバラクは3番目の長期政権でアリ・バシャとファラオのラムゼス2世に次いでだそうな(笑)。そんな長期政権なら権力をほしいままにして独裁政権でしょうね。
ムバラク政権が刑務所から服役囚だしてを現状を混乱させているという情報やムバラクの家族がロンドンに非難したとかの話も出ており、情報が錯綜してます。
中国はこのエジプトの状況にびびっているらしく暴動が起きないように報道完成を敷き、インターネットでも「エジプト」「ムバラク」で検索してもなにもででこない状況とか。現状としてはチュジニアから始まった革命(ジャスミン革命というらしいです)はエジプトに飛び火しアラブ全体影響が及ぼうとしているようです。いずれ中国に流れて革命状態?その時に日本は??。
いまエジプトは過去は破壊して国家を再生させようとしているのでしょうか。エジプト考古学博物館の収蔵品とミイラは博物館内で温度調整等で保存されている為ミイラなどは腐食が心配です。
またピラミッドも封鎖されておますが今後どうなるか予断を許さない状況です。「破壊と再生」の波は西から東へ流れてきてますね。痛いのはやだな~。
  • posted by ひびき 
  • URL 
  • 2011.01/30 14:35分 
  • [編集]

Re: 木綿さん 

宝永の噴火は丙丁でおきてます。火ですね。
今年は金の年。来年さ来年は水です。水の辰と巳。
「宝」が気になりますけどね。
「永」も。
どっちも出てるんで(笑)。

奇跡の回文数事象がでましたね。28日に。
「宝」くじのナンバーズ3と4で。
222と1111。
僕は住吉を信じます(笑)。

鳥海山で去年鳥が30羽くらい変死してるのが見つかってるんで気になってます。

浅間山は知ってましたが、霧島もだったんですね。
ルート23は参宮国道。
首都からおわり、伊勢へとつづく道。
23日のカグツチ天国が伊勢を刺激し、ニニギを促したカンジです。

フォッサマグナでワニですか(苦笑)。
穂高の穂高見命ももちろんワニ(船)神の一族ですもんね。
テレビで諫早湾の干拓のことやってましたけど、ああいう農民と海民のあらそいって、むかしもいまもかわらない。土地を変えようとするのは農民(というか為政者だけど)で、循環を気にするのは海民です。
僕らの文明も文化も、陸の思考に偏りすぎてますから、これはやはりどこかで変えていかなくちゃいけない。
海の神は容赦ないですしね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.01/31 03:05分 
  • [編集]

大雪警報 

金沢在住のみどりです。
昨日、久しぶりに大雪警報が出ました。
北陸自動車道大雪のため 800台立ち往生。
JR北陸線 運休 市内バスも遅れています。
北陸では福井県が積雪が一番多いようですが、金沢も10年ぶりの大雪です。

金沢港ではパナマ船籍の「ボーハイチャレンジ号」が座焦ました。

  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.01/31 12:35分 
  • [編集]

宝船の原型 

>オオナムチとオキツシマヒメ、スクナヒコナが住吉の船に乗ってるってカンジじゃないかと。

なるほど、それでオオナムチと住吉大神の抱き合わせ事象が起こっていると。

あ、ちなみに六甲山系には十文字山もある模様です(低山ですが)。東麓の西宮・目神山(女神山)にある某個人宅の庭にはカタカムナ遺跡があり、ひっそりと祭祀されているとか。
それにしても豚平焼き V.S. 海鮮イカ玉 で震度3って・・・(--;)もう大揺れだけはご勘弁。
イカといえば、ペルーで8500万年前のイカの化石が見つかったというニュースがありましたが。

ところで、大本では日本は世界の雛形と言って地図も相似形だと言いますが、例えばエジプトは日本のどこに対応するんだろ?と思い地図を見たりしています。(北九州市あたり?まぁ福岡県かな。)大本の地図以外にも色んな地図があって興味深いものです。

アタケマップ → ttp://blog.atake-i.com/?search=%A5%A2%A5%BF%A5%B1%A5%DE%A5%C3%A5%D7

ダイマクションマップ → ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%9C%B0%E5%9B%B3
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.02/01 02:01分 
  • [編集]

Re: 雪積もってます! 

息子さんのよろこぶ姿が目に見えるようですね(笑)。

人間は基本的に夜眠るようにできています。
人工的な夜の明るさは人心のイライラをつのらせます。
先進諸国の中でも日本の夜は異様に明るいですよね。
昼は仕事、夜は消費で一日中休むまもなく動かされ働かされつづけてきたようなもの。
火子・火女化ですね。
日の光りは心を育みますが、人工的な火の光りは煽ります。
すこしは頭を冷やせってカンジの大雪なのかもしれません。
日が沈めば寝る。そうするだけで原発だっていらなくなるんですよね(笑)。

世界中いろんなとこでカーニバルのようにウミ出しがおこなわれてますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.02/01 22:23分 
  • [編集]

Re: 私待つーわ 

はっはっは。あいおい損保ですか。
絵に書いたような「松」事象ですね。
すばらしい(笑)。

ここまでくると、どんなシンクロも笑い飛ばしちゃうしかないってカンジです。

正月はたいしたことなかったようですが、ついにそちらにもきましたね、大雪。
影響が船にも出ましたか。火が強いからこその相乗効果の雪だと思います。
バランスのはたらきだと信じたいですね。
こちら千葉もふくめ、いま雪害にあってない地域は、いずれべつの事象がくるでしょう。
雪に救われてるのかもしれませんよ。
ご報告ありがとうございます!

私事でいえば、宮崎の鳥インフルエンザって母方の親戚がちらばってる地域なんです。
いとこも養鶏業で、きわめて厳しい状況にあるようです。
彼にも「私待~つ~わ」を歌って欲しいんだけど・・・。
さすがにいえないですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.02/01 22:57分 
  • [編集]

Re: 西からの「破壊と再生」 

ひびきさんのコメント読んでて、春宮の筒粥神事のこと思いだし、記事に追加しました。
ありがとうございます。
去年の春宮一の建て御柱では二名が墜落死。事故が起きるのはたいてい木落しですから、立ちあがる御柱のてっぺんから人が落ちるのはめずらしい。
宮司さんの見たて通り、過去20年でいちばんきつい年になるんでしょうか。
すくなくともチュニジアやエジプトでは、そうした変化がおきてるようですね。
今日は100万人デモのニュース。
去年の8月23日のオシリス頭像破損とも無縁とは思えません。
牛馬童子の切断された首がもどり、オシリスの頭が倒れる…。
おなじことが、エジプトのニ体のミイラ頭部の切断でもおきている。
頭と落下は去年のワードでした。エジプト展がらみなんで、ある意味予告だったのかもしれない。
はやぶさ帰還後におきた変化ですから、エジプトの頭・ムバラクはセトなんでしょうかね。

ジャスミン革命ですか。ジャスミンといえば、09年の台風18号メーローを思い出します。
伊勢・二見ヶ浦の夫婦岩の注連縄を切断した、あの台風です。
チュニジアやエジプトと日本には、たぶんおなじ力が働いている。
間寛平みたいに地球をぐるっと回って帰ってきたとき、日本にはどんなふうに出るんでしょうね。

アラブの族長も中国の共産党も、民主主義から見れば似てます。
民主主義だってガタがきてますけどね。
中国はいまだに軍閥の国なんで、頭が倒れたときの混乱が危惧されます。
そしてその混乱の影響は、かつて卑弥呼の時代がそうだったように、まぬがれません。
卑弥呼は犠牲として殺されたという話がありますが、そう遠くない将来、おそらく僕らはもう一度天皇という存在の意味を問われる、あるいは問うことになるかと思います。
そのときのためにも、僕らは火子や火女であってはいけないんだけど・・・。

痛いのは、僕もヤですね~。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.02/02 01:42分 
  • [編集]

Re: 宝船の原型 

オオナムチとイチキシマヒメとスクナヒコナが七福神の原型というのが、説としてありますね。
じゃあ、あの船つくったのはだれなんだと。
住吉のカメ船しかないじゃん(笑)。
モノ(物質界)は出雲の領域ですから、大物主オオナムチとスクナヒコナの凸凹コンビに、妻のオキツシマヒメ、息子の事代主が宝(田から)をもたらすというというのが原型だったんじゃないかな。

例の震度3は、もろ保久良神社ですね!
(正確には甲南大学が震源です)
つまり猪と関係ありってことですよね。
猪といえば山神、山神といえばセオリツヒメ。
08年の岩手内陸南部地震の震源は早池峰山をさしてました。
かなりなぞめいてますが、祭神はセオリツヒメ。
海、山へいく過程の反応なのか。
豚平焼きと海鮮玉イカの戦いなのか。

廣田神社の祭神・撞榊厳魂天疎向津姫命は天照大神の荒魂ってなってますけど、向津姫といえばセオリツヒメ。
六甲は白山権現だそうですね。これは白山の最古のサナギガイにつながる。
だとしたら、vsそのまんま東遷の椎根津彦なのかな。
う~ん、見えてきたようなこないよ~な。
カタカムナや十文字山が関係するとしたら、どう配置すればいいのかな~。

おもしろい地図ですね!
エジプトといえばやっぱ福岡ですかね。
アフリカ大陸は夢大陸だったんでしょう。千春の(苦笑)。
台風18号メーロー(ジャスミン)の夫婦岩の注連縄切断とジャスミン革命。
オシリス頭像が倒れたことといい、予告になってますよね。

ふたつの太陽と二重富士、これはなんの予告だろう?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.02/04 02:21分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/215-f5e42ed0

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム