神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

こころに宝船を(3)


☆観測船「しらせ」からの知らせ
20110222しらせから見たオーロラ 2011.2.22 南極海


【こじつけ天国】

綿津見(ワタツミ)の子孫だといわれたことがある。霊的に、ということなのかな。たしかに綿津見三神を奉斎した海人氏族・阿曇(あずみ)とイソラ神のファンだ。だからその末裔とおぼしき安住アナや民主党の安住国対委員長がちと気になる(笑)。元明天皇のときだっけ。阿曇氏は安曇に、大隅氏は大住に字を改めている。ズミ(スミ)とは潜ることをいったらしい。
僕は福岡市の香椎宮の近くで育った。3~4世紀に仲哀天皇と神功(じんぐう)皇后の橿日宮(かしひのみや)があったとこだ。仲哀天皇は住吉大神らの託宣を無視してそこで横死。かわって神功皇后が新羅遠征の指揮をとる。その艦隊をひきいたのが志賀島の阿曇大浜(大嶽神社)であり、八幡伝説では阿曇磯良(イソラ)神が綿津見の潮満玉・潮干玉をもたらし皇后を勝利にみちびく。海の底でのんびり鼻をほじってたイソラ神に喝をいれたのは住吉大神である。だから僕も、住吉翁には頭があがらない(笑)。

福岡市の住吉神社はイザナギの神生みの場所とされる。イザナミから逃げ帰ったイザナギは、黄泉のケガレを禊いで綿津見三神や住吉三神をうんだ。住吉信仰の元宮的なお社といえるかもしれない。09年の皆既日蝕(イザナミ黄泉がえり)直後の7月24日、福岡市をイザナギのミソギのごとき超豪雨がおそう。25日に帰省した僕はその足で住吉神社に祈願に上がった。翌26日は太宰府で豪雨。27日に太宰府天満宮にお願いに・・・。
いま思えば、住吉シンクロが顕著になったのはそれからかもしれない。
ブログの第2部を再開したのは、同年の12月6日。偶然にも54年ぶりに架け替えられた住吉大社の太鼓橋が開通した日だった。とうじ僕は国道126号ぞいに住んでいた。126という数字は原子核の魔法数。6×6×6の216をならべかえた数字。現在は欠番だが、国道216号はかつて熊本の阿蘇を通ってた。その阿蘇神社の神官・友成が能「高砂」の主人公である。昨夏、僕は阿蘇神社の高砂の松を巡った。高砂の松と住吉の松は相生(あいおい)と歌われる。千葉にもどって‘あいランド’って不動産屋にたまたま入ったら、迎えてくれたのはなんと住吉という女性だった。
相生の松はイザナギとイザナミ。相老いの天皇皇后両陛下が千葉の蘇我駅から鴨川にむかったのは、これまた偶然にも引越しの日。蘇我は最寄り駅である。
ことしに入って松(待つ)事象に高砂の山火事とつづく。1月19日のブログに、白河関の境の明神(住吉と玉津島)のことを書いた。そしたら翌日、県境をはさんだ那須で震度3。21日に近所のこジャレた床屋に入る。あんちゃんちと訛ってるなと思ったら、なんと白河出身だった。なんて確率。
あんちゃんとおねえちゃんがそれぞれ男女を担当。だからお店の名も『Share』。共有・・・。
白河関は奥州うしとら国境にある。 住吉明神は外敵をふせぎ、玉津島明神は内をまもる。 じつは福島県白河側と栃木県那須側どっちが祭ったのかよくわかってないらしい。 祭った方が「内」で、祭られた方が「外敵」。 なのでウチが内だと、古くから論争があったみたいだ。
でもシンクロの流れから判断すると、境の明神はきっとこういいたいんだろうね。
共有しなさい。わかち合いなさい、って。
だがどうすれば、僕らは国境をわかち合えるというのか。
たとえばタイとカンボジアは、国境の世界遺産プレアヴィヒア寺院をどうわかち合えというのか・・・。
ともかく、それは僕の住吉をめぐるこじつけ天国からおくられたひとつのメッセージであり、なにかの事象のヒントでもあるんだろう。
うれしいことがあれば、人は他人にやさしくなれる。つらいのにやさしくしろったってムリな話だ。だから、こころに宝船を。よろこびをわかち合うために。


【1月3日】

僕は1月3日にうまれた。病院に近い筥崎八幡宮では玉せせりをやっていた。二つの宝珠を奪い合う勇壮な祭りだ。おそらく潮満と潮干の玉をあらわしてんだろう。
その1月3日が去年ことしとどうもおかしい。事象の起点になってる感がある。
去年は明治神宮と住吉大社でニュースが相次いだ。静岡市駿河区八幡山の八幡神社でも、神鈴のぶきみな落下事故があった。住吉大社の露店火災は、「豚平焼」と「海鮮玉イカ」のケンカが原因だそうだ。どうやら亥神(山神)と鹿神(海神)は一枚岩じゃないらしい。明治神宮では2日に福島の露店商夫婦が酸欠死している。
住吉と明治だけならシンクロとしては薄い。が、源氏の総氏神といわれ、家康にもゆかりの国府八幡(597年)が補完することで、《建国》のワードが重要性をおびる。じじつ、火災と夫婦の事象ワードは、翌月の建国記念日に埼玉県越生町如意の住吉さん夫婦に飛び火している。
埼玉県の如意は、略して如意玉。如意宝珠は潮満・潮干の玉ともされ、日本書紀では神功皇后が豊浦津で如意珠をひろう。神功皇后は八幡(応神天皇)の母。応神は、神武、崇神につぐ建国の大王(おおきみ)である。余談だが、住吉大神とむつみごとをして応神を身ごもったって古いウワサもある。
住吉さん夫婦が如意に住んでたのはたまたまかもしれない。でもふたりの焼死が僕らへの強烈なメッセージであることは、焼身自殺にはじまるチュニジアのジャスミン革命から飛び火したエジプト・ムバラク大統領の辞任が、2月11日の建国記念日におきていることからも容易に想像できる。よそごとではない。僕らの国へのメッセージだ。コメントにもあったけど、イスラム世界の革命の火はまるで‘日の出’を追うように東へ、卯の方角へとひろがった。そして中国へ。さらに日の本へ? 日向の王のそのまんま東遷も、東に火をつける流れのひとつ。日の本が火の元(秋元)になる? もちろん、事象はなんにでるかわからない。火災と夫婦のワードは、イザナギ・イザナミ夫婦とカグツチの悲劇を思い出さずにはいられないが・・・。

八幡のミサキは、ごぞんじ鳩ポッポである。国府八幡の神鈴の落下は、6月2日の鳩ポッポ首相の辞任を暗示していた。さらに8月23日、おなじ駿河区の静岡県立美術館にも落下事象をもたらす。トリノ・エジプト展オシリス頭像の破損事故。だから、エジプトの頭も落ちた。
おなじ日、04年に神社本庁から独立し物議をかもした明治神宮が、なぜか本庁に復帰・・・。
鳩ポッポ政権を崩壊させたのは、沖縄県民の怒りと金神のパワーだった。カラーは黄色。じじポッポのお墓まで黄色にペインティングされた。もちろん物理的には社民党の政権離脱がおおきい。党首は福島瑞穂。出身は宮崎県だ。出会いの会いづの伊佐須美神社火災、吾妻連峰一切経山、明治神宮の露店商夫婦、一本木山の群発地震、東京目黒の大原さん夫婦殺傷事件、白河関などなど、瑞穂の国の福島県は宮崎県とともにきわめて活発な事象域であることを付記しておきたい。
明治神宮の本庁復帰は、08年に切断された牛馬童子の首がもどったという前日のニュースをふまえれば、イシスの回復のはたらきにくわえ、熊野のイザナミの強い後押しがあったのだろう。7月23日に宇陀に震度4をもたらした、神武の大和入り事象とも無縁ではなかったはずだ。まあいずれにしろイザナミの建国(国生み)オペレーションである。
神鈴の落下事象はオシリス頭像のほかにも、諏訪大社下社の春宮一建て御柱での転落死事故や、秩父をはじめとする日本武尊のヘリ墜落事故につながってゆく。そして11月には、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の父の父島での転落死によって、「旧い父なるヤマトの終わり」というメッセージが示される。その流れは、イシスの地元アフリカ北部の父なる長期独裁政権の崩壊を巻きおこし、いわば最後の父なる砦であるイスラム世界を覆いつくそうとしている。
ちなみに建て御柱事故の諏訪大社下社の祭神は、タケミナカタの妻・八坂刀売命(やさかとめ)。ほかならぬ阿曇の姫だ。

アラブでおきた巨大デモはネット革命といわれる。「雲・クラウドコンピューティング」でも書いたけど、ネットは母なるものだ。かつて自由の女神のもとにはじまった王制→革命→独裁(英雄)→民主化(共和国)→世界大戦の図式は、イスラム社会では大戦後にはじまった。ただし今回のは指導者も政策もイデオロギーもない新しいタイプの革命。きわめて短期間に何十万もの民衆が激情にかられた、ネットによる共有革命である。それを遮断した独裁政府を攻撃する正体不明のハッカーたちは、たしかにたのもしくも見える。だが彼らにできるのは破壊や暴露であって、再生ではない。再生のない自由はただの混沌だ。イスラムの人々はやがてそれにうんざりし、より強烈なパワーをもとめはじめるかもしれない。王や独裁者は、ある意味神の生贄のために肥え太らされる羊のようなものだ。老いた羊を屠ってしまった彼らは、こんどはどこに神とのつながりをもとめるのか。今回の革命が部族社会の平和な終焉をもたらすのか、あるいはモンスターを呼び覚ますのか、僕らはしっかり見届けていかなくちゃいけない。それが母なるものの思惑だから。
2月15日、太陽の1158黒点群がX2.2の大規模フレアを発生させた。06年以来じつに4年ぶりだそうだ。2月22日に南極観測船「しらせ」が撮影したオーロラも、活発な太陽活動を物語る。美しくもあり、モンスターのようにブキミでもある。まさにいまはそんな時代。だからこそ、だいじなのはあくまで僕らひとりひとりの自立。母なるネット上に構築された平和は、父なる太陽によってかんたんに化けの皮をはがされる。

一方、イザナミの思惑は明治ルネサンスにある。母なるヤマトをつくるために、もういちど明治からやり直そうというのだ。菅首相の「本年を平成の開国元年にする」って年頭所感によくあらわれてるよね。
神武天皇の即位日として紀元節(建国記念日)が定められたのは、明治6年(1873)。明治天皇を神武の再来と頂く明治新政府は、富国強兵政策のもと八幡信仰を奨励した。神武がヤマトを統一した天皇なら、応神(八幡)は海洋軍事国家ヤマトを建国した天皇である。明治天皇にはその両方の属性があたえらえた。
鳩ポッポはともかく、いまの94(くし)き火雷天神菅政権には、建国のストーリーはない。だから明治天皇の神宮を本庁にもどし、大和入りした日向の王神武をそのまんま東遷させ、建国の「カタ」を再現する必要がある。
おおくの歴史学者は、応神こそが実在の最初の天皇だと考える。すくなくとも彼は朝鮮半島に領土をもった最初の天皇である。日本書紀では任那(みまな)割譲において、住吉大神が応神天皇にあたえた国土だという認識が示される。〈建国〉事象への住吉と八幡の影響力の大きさがわかっていただけるかと思う。その応神朝の海軍力と外交をささえたのが阿曇氏だ。
住吉と火と建国から発想できるのが、鉄だった。住吉大神は神功皇后に神懸かり、新羅(辰韓)は宝の国だと遠征をすすめる。宝とは、とうじ各国が利権を争っていた辰韓の鉄資源のことだ。神功皇后の子応神天皇が、のちに渡来系鍛冶神色のつよい八幡と習合したのも、とうぜんのなりゆきといえる。2月3日、新日本製鐵と住友金属が経営統合を合意したと発表した。八幡と住吉が手をむすび、鉄のシールドを張った。住友金属の業祖は蘇我理右衛門。これも蘇我だし、自分の名まえまで含まれていて、とても複雑な気分だ。ブログを書く自分と、シンクロで暴露されてく素性だか正体だかが、
じつにチグハグ。おれって何モノ?・・・みたいな。

阿曇の志賀大神は、太宰府シフトで菅政権の原発外交をささえている。だから八幡と住吉の鉄のシールドもまた、イザナミの建国プランの一環と考えていいと思う。このさきどう転ぶかわからないけどね。妥当な判断だったとはいえ、一度は鳩ポッポをひきずり降ろしたのだから。
朝鮮半島の白村江の敗戦で、将軍阿曇比羅夫の戦死という海人氏族としての象徴的な終わりを迎えた阿曇氏は、律令国家では天皇の食事を担当する。だがしょせんは陸に上がったカッパ。宮中の権謀術数に、海んちゅ貴族がついていけるわけがない。みごとに勢力争いに破れ、没落した。
そんな彼らに、神功皇后よろしくイザナミは建国の招集をかけたのだ。そりゃ夢よふたたびとばかりにがんばる。住吉大神が「もういいよ」とでもいわないかぎりは。
そう。僕にはいまのイザナミは国母じゃなく、二つの石(鎮懐石)を腰にギュッと巻いて出産を抑え、男姿で戦場へむかった神功皇后にしか見えない。おまけに彼女は黄泉返りの姿勢を解いておらず、胎には応神ではなくカグツチがいるのだ。

神社本庁はお宮やお社の上がりをシェアする機関。だから人気どころは収入が巻き上げられることになる。明治神宮の初詣客は1980年以来連続トップ。ことしも320万人がおとずれた。いわばムバラクのようにお金が集中する。
明治神宮やエジプトの事例は、あたらしい母なる「Share」の動きにも見える。思想も計画性もない瞬時のネット革命だからこそ、幸いにも犠牲者はおどろくほどすくなくすんでるしね。
だが一方で、イザナミの建国に火と朝鮮半島がからむのは事象的に避けられない状況になってきてるし、菅政権の小沢たたきは高天原のスサノヲ追放にしか見えない。いったい母なるヤマトのどこに二番煎じではない新しい君が代のプランがあるというのだろうか・・・。

この文章は、これからことしの1月3日の事象へとつづく。
僕が阿曇ファンだからこそこのブログを書くことになったのだろうし、誕生日の事象は「解いてみよ」と阿曇の神たちからつきつけられた挑戦状のように思える。彼らの真意はわからない。ただ、僕が彼らにこころからいいたいのはたったひとことだ。
豊かなる海にもどれ・・・と。


参考までに。
神功皇后に懸かった神は、境の明神の住吉と稚日女、祓戸大神の瀬織津姫、出雲系の積葉八重(つみはやえ)事代主だと考えられる。この神たちが遠征先を九州の熊襲から朝鮮半島の新羅に変えさせ、神功皇后の応神天皇出産を見守った。おなじようにいま、イザナミのカグツチ出産を見守っているのだろうか。

  • [No Tag]

*Comment

NZ地震 

太陽活動が活発になるとオーロラが増えるのですよね。地震のトリガーにもなるそうですし、社会動乱が増加するという調査もあるそうですね。

昨日キーウィを久々に食べていたら「白く長い雲のたなびく地」NZで大地震が発生したとのこと。クライストチャーチ大聖堂の尖塔が崩れ落ちてしまいました(名前が名前です…)。阪神大震災で被災したことを思い出します。現地の人、どうぞ無事で乗り切って欲しい。

2011年ラグビーワルドカップで日本と対戦予定のAll Black's の歌うHaka

鋭く叫べ!!!
俺は死ぬ! 俺は死ぬ! 俺は生きる!
俺は死ぬ! 俺は死ぬ! 俺は生きる!
ここにいる毛深い男は俺のために再び太陽を輝かせる
上へ昇れ!
上へ昇れ!
陽の光よ頂点へ昇りつめよ!
昇れ!
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.02/23 08:17分 
  • [編集]

しらせからのメッセージ受け取りました 

おはようございます。
太陽活動が活発になってきていますね。
しらせからのオーロラ本当にきれいですね。

ニュージーランド地震も含め、最近あまりにも、いろんなことがありすぎて、スルーしたくもなります。
でもたぶん時代の転換期が来ていて、一度古いものが捨てられ、新しく生まれ変わるのだと信じています。
新燃 新しく燃え上がるのです。



 
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.02/23 08:47分 
  • [編集]

応神天皇陵 

先程ニュースで見たのですが、応神天皇陵に調査が入ったそうですね。

http://www.asahi.com/culture/update/0217/OSK201102170090.html

1月3日といえば、今年は京都(八幡市の近く)でも地震がありましたよ。

http://tenki.jp/earthquake/detail-3313.html
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2011.02/25 02:29分 
  • [編集]

Re: NZ地震 

今後の太陽活動は、カタ的には日の出神、ミロクにつながるのだと思います。
2月23日は事象日でした。前後を含めてなにかあるとは思ってたものの、ニュージーランドの地震はM6.3だったので気にしてませんでした。そしたら、とんでもなかったですね。
いまこの国にはシールドがはられてると思います。だから富士山の日とはいえ、富士で大きな事象がおきるとは考えにくい。かわりにというか「富山」のワードでした。
ニュージーランドは新西蘭。略して新。新燃岳とおなじです。
ラテン語では「新しい海の土地」。これは「海、山へ行く」につながります。
またマオリ語のアオテアロアは「白く長い雲のたなびく地」だそうです。ホツマツタヱでは、太陽神誕生のしらせとして、富士山に白く長い雲がたなびきます。
これらはみな新太陽神としてのミロクをあらわすと思います。
だから、都市もクライスト・チャーチ。救世主ですよね。
オールブラックスの歌も、モロですね。

だけど僕は、こういう事象のあらわれ方をする救世主を認めません。
僕が認めようが認めまいがむこうは知ったこっちゃないでしょうけどね。
行方不明の方々のお名前にも、これは・・・というのがけっこうあります。
一刻もはやい救出を心から祈ります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.02/25 02:29分 
  • [編集]

Re: しらせからのメッセージ受け取りました 

ぱっと見、いったんもめんかと(笑)。
でもほんとにきれいですよね。

正直、僕もスルーしたがってます。
ブログ書くのがちときつくなってきたというか・・・。
いや。
僕も生命のよろこびとあらたなる再生を信じています。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.02/25 02:38分 
  • [編集]

Re: 応神天皇陵 

そうなんです。僕もびっくりしました。
08年2月22日の神宮皇后陵につづいて、子の応神天皇陵。
あのときは19日に護衛艦「あたご」の事故があったばかりでした。
火のあたごと衝突した清徳丸の勝浦は八幡につながりますし、大原では去年八幡の御輿に落雷がありましたね。その直後に、天皇皇后両陛下が御用列車で蘇我→勝浦~鴨川にむかわれたわけです。

今回のブログでは、カグツチを孕んだイザナミを、応神を孕んだ神功皇后にたとえましたけど、こんなふうにすぐ出てくるとこを見ると、そう外れちゃいないのかも(汗)。

京都の地震見落としていました。
これからことしの1月3日のこと書くところなので、調べてみます。
ありがとう!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.02/25 03:28分 
  • [編集]

天災と人災 

体調はもう大丈夫ですか、太陽フレアの影響全くないとは言えないかもしれませんね。

「救世主」の事はよくわかりませんがこのタイミングは意味が有りそうです、一方では懸命に命を助ける人々の姿と、一方では同じ国の人々が武器を取って殺し合っています、テレビのチャンネルを回していくと三つ目は混乱した政治、そして飽食と浪費の世界が映り時々貧困に喘ぐ人々の姿が映し出されます。
ニュージーランドは被災者の中に日本人が多くいますし、中東諸国は日本のエネルギー事情にとって生命線ですね。

地球温暖化による直接的な被害の前に「格差社会がもたらす人為」による災害の方が遥かに現実味を帯びて来ているようですね、格差=バベルの塔を思い浮かべます。

テレビやネットの向こうで起きている事をどの様にとらえるか、一人一人試されている、良くも悪くも集団催眠に掛かっている様な、自分の暮らしはどこに繋がっているのだろうか、正気とはいったい何だかわからなくなりそうです。

さびしい結論ですが、
地球にかえてもらうしかないのかな~とも思います。
なる様にしかならないってことでしょうかね、う~ん「こじつけ天国」ですか、自分が出来る事と言えば「大難が小難に」なる様に「外道の武器を人を生かす武器に」何とか出来ないものか、そんな視点を心がけてみるくらいしかないのですが。


  • posted by Shibuchin 
  • URL 
  • 2011.02/25 13:48分 
  • [編集]

御蔵山 

いやさかの木様
皆様

急に花粉が飛び出しましたね

ところで、ローカルニュースですが、「御蔵山」付近で海難事故です

26日午前2時50分ごろ、伊豆諸島・御蔵島沖約25キロの太平洋で、静岡県下田市の伊豆漁協所属のキンメ漁船「第36栄進丸」(19トン、10人乗り)が転覆したと、仲間の船から下田海上保安部に通報があった。

36、19がでてきます
  • posted by じん 
  • URL 
  • 2011.02/26 08:51分 
  • [編集]

スルーできない 

久しぶりに地震で起きました。
飛騨地方震度4でした。

もう、殺人事件・大地震・どこかの国の民主革命・・・。
スルーしたくなってあまりテレビなどを観ないようにしていたら、体感を持って起こされました。(汗)

数日前から、鬼がたくさん出てくる悪夢を見ていて、気分がすぐれず、怖いのでお守りを握りしめて寝ていたんですがね。スルーさせてもくれません。
いやさかの木様もきっとブログで事象を明らかにすればするだけ、つらいと思います。ご心痛お察し申し上げます。
もう、 流れに任せるしかなすすべがないですね。
なにもできないけれどスルーせず、しかと目に焼きつけなければならないということでしょうね。





  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.02/27 13:18分 
  • [編集]

月山も動く 

いやさかの木様

いろいろ動き出している様子

27日午後1時50分頃、西川町の国道112号で雪崩が発生し、幅約20メートルの道路を、高さ約5メートル、延長約33メートルにわたって雪が埋めた。雪崩に巻き込まれた車はなく、ケガ人もいなかった。 現場は、山形市から山形・鶴岡市に向かう山形自動車道の月山ICから国道112号に降りて間もなくの地点
  • posted by じん 
  • URL 
  • 2011.02/28 12:03分 
  • [編集]

住吉、一度で叶わず 

日本では震度3くらいの地震が相次いでいますね。
アバウトな話し出しです・・・
大阪に行ってきました。25日、駅でめちゃめちゃ迷っちゃったんです。ぐるぐる~
住吉大社の駅に着いた頃、鐘~。参ること、叶わず。
これは仕方がないのかとも思いましたが、しかし、ここであきらめてはいかん。次の朝、詣でることを約束し、次の日、早起きしてお参りしました。
なんで、私が住吉に固執したのかは不明ですが、すっごくきれいな青空でしたよ。住吉さん、「太陽をしょっていましたもん。
  • posted by みんと 
  • URL 
  • 2011.03/01 01:01分 
  • [編集]

Re: 天災と人災 

バレンタインデーはこちらは大雪でホワイトデーに。
そうした変化についていけなかったわけだけど、太陽フレアは翌日なので、どうなんでしょう?

アメリカを巨大アヌビスが回り、日本をトリノエジプト展が回り。そしてこの北アフリカの混乱ぶりですから。あまりにタイミングがよすぎて意図的なうさん臭さを感じちゃいます。

ニュージーランドは新西蘭。略して「新」国です。
新燃岳が富士山の前振りとして噴火したように、2月22日は富士山の日の前日。
富山の学生さん。そしてクライストですから十字。それに大地をくわえると「土」。土という字は安定してますが、地震の不安定さを加味すれば「士」。富山と十字。富山と士・・・富士山。
ちなみにメキシコ湾石油流出事故は、ミシシッピキャニヨン252地区。
今回は222の日。どうも海外では回文数が逆にでてる気も。

おっしゃるとおり格差社会がもたらす人為的災害が現実味を帯びて来てますね。
そして日本は、90年の好景気のために、メタンハイドレートに手を出します。
まさに新燃料。新もえ~。
いっぱい詰まってるのはいわゆる南海トラフ。
地震の巣です。
日本は原子力の実験場とともに、メタンハイドレートの実験場にもなってゆく。
もちろんだれも反対しない。
僕には国益のために戦争へむかった時代とどうしてもオーバーラップしてしまう。根本的になにがちがうのかよくわからない。
日本がやれば、他国もやります。日本で事故が起きなくても、他国でおきる。もちろんその事故はなんの変動もおこさないかもしれない。でもバベルの塔のつくり手も、まさか崩れるとは考えてなかったと思います。
僕らは、バベルの塔の時代からなにも変わってないですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.03/01 02:10分 
  • [編集]

Re: 御蔵山 

ほんとだ。
25も出てますね。
房総半島沖の地震とはどうなんでしょう。
飛騨の地震もふくめて、総じて見た方がいい事象なのかもしれませんね。
もしかしたらクライストチャーチも。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.03/01 02:14分 
  • [編集]

Re: スルーできない 

石川県の中でも、白山と気多大社にはさまれた金沢は、事象が出ないとこだったんですが・・・。
どうしたんだ金沢。
じつは金沢出身の友人も、先月愛猫が・・・。
いろんな事情があって、いまどん底状態です。
そんなときに、あの事件・・・。

おまけにスルーしても地震にたたきおこされるとはまいっちゃいますね。
寝かせてもくれないんですね。
飛騨の地震の分析はこれからですが、クライストチャーチの富山のつぎですから、しかも富山の真下ですから、重要な地震かと思います。
いい結果がでればいいんですけど。

僕の夢では、鬼は暴力団です(苦笑)。住吉会系かな。
住吉大社の夢も見ました。すごく荘厳なんだけど、ほとんどがさら地でした。
東京ドームの6倍とかいってましたね、その空白地。なんのことだろう。

お言葉感謝です。
そうですね。見ろということでしょうか。
こうなったらとことん見てやりましょう。
そして目がくもってなければ、ぜったいどこかに光が見えるはずだと・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.03/01 02:40分 
  • [編集]

Re: 月山も動く 

月山ラインですね。
いま書いてるとこですが、
1月3日の鼠ヶ関沖の震度4も月山ラインでした。
そしてこの日、最初の地震が、京都府亀岡市の月読橋なんです。
元旦のルート9事象の国道9号もそばを走っています。

巻き込まれた車がなくてなにより。
日と月があわさろうとしてるんでしょうか。
情報ありがとうございます!



> いやさかの木様
>
> いろいろ動き出している様子
>
> 27日午後1時50分頃、西川町の国道112号で雪崩が発生し、幅約20メートルの道路を、高さ約5メートル、延長約33メートルにわたって雪が埋めた。雪崩に巻き込まれた車はなく、ケガ人もいなかった。 現場は、山形市から山形・鶴岡市に向かう山形自動車道の月山ICから国道112号に降りて間もなくの地点
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.03/01 02:48分 
  • [編集]

Re: 住吉、一度で叶わず 

シールドがはられてますから、小難ですんでますね。

2月25日は天神道真の命日なので、
その色を消したかったのかもしれませんよ。
もしかしたら、ですけど。
純粋な住吉仕様で(?)詣でる必要があったのかも。

太陽をしょった住吉さん。
まさに宇都志日(うつしひ)ですね!
僕がいくときも、そんな住吉さんであってほしいなぁ。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.03/01 02:57分 
  • [編集]

そういえば、 

昨年、奄美大島で神事ゴッコをやろうとして大雨で祓われた団体さんがいましたが、スライドして霧島で“火付け”したんでしたっけ。会場のホテルは新燃岳から直線7kmの距離だったみたいですし。

追記:某TV番組で地質学者の木村政昭氏が「2013年までに富士山噴火があってもおかしくない」と発言していました。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.03/01 20:47分 
  • [編集]

Re: そういえば、 

あああっ!!!
たしかにそうでしたね。
あのおバカ偽善団体・・・。
けっきょくやってくれちゃってるわけですか。
どこの馬の骨ともしれない悪魔のおばちゃんヒッピー軍団。
ったくもう。言語道断ッス。
霧島の火は、ヒロシマの火ですか。
・・・・・。

そうですか木村氏もいってましたか。
富士山も白頭山も、どかーんといってち~ともおかしくない状況ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.03/01 21:58分 
  • [編集]

九州新幹線 

記事と全然無関係で恐縮ですが・・・九州新幹線試乗会に行ってきました~。「さくら」「みずほ」の快適な車内空間で熊本までの乗車でございました。
今回は1泊強行軍という時空間の都合により遺跡巡りのみの行程でした。装飾も鮮やかなチブサン古墳(北斗七星と宇宙人みたいな図)~国宝の江田船山古墳、用途不明・謎のトンカラリン遺跡などを見学。
ちなみに白山と熊本のトンカラリン遺跡、青森の千曳神社(日本中央の碑)を結ぶ二等辺三角形ラインがあるそうです。cf.東原那美 『白山神社と太陽信仰の研究』 (図書館にて取り寄せ中)
青森も「はやぶさ」が通りますしねぇ。。。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2011.03/02 01:59分 
  • [編集]

Re: 九州新幹線 

快適でしたか。僕も乗ってみたいなぁ。
チブサン古墳の宇宙人は、ずっと前にプロフィール欄の写真にしてたことがありますヨ。
江田船山にトンカラリンまでいかれましたか。気合はいってますね(笑)。
ちなみに西郷どーんの祖先は、菊池氏だという話もあります。もしかしたら狗古智卑呼のキャラをうけついだのかもしれませんね。
はやぶさはたぶん、事象的には戊辰戦争の西郷どーんのかわりでしょう。
都城にも北斗七星の配置があるそうです。
『白山神社と太陽信仰の研究』っておもしろそうですね。
読んだら感想をきかせてくださいね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.03/02 22:30分 
  • [編集]

暴力団は国賊 

 とにかく住吉会系の組員がかつて安来のイザナミ神陵神社を襲撃した事件があったが、神道をどう考えているのか?
  • posted by 王権の語部 
  • URL 
  • 2013.12/05 20:45分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/219-f937889a

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。