神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

こだまでしょうか(2)


「神さまの仕業としか説明できない」
5月20日の会見で、与謝野経財相は福島第一原発についてそう語った。だから東電に賠償責任を負わせるのは不当だと。
おどろいた。まるで子どものいいわけではないか。まさかいい歳こいたじいさまが、公の場でこんな屁理屈をのたまうとはね。腐っても彼は、科学的因果関係を旨とする一国の大臣なのだ。
それとも彼は、自分が神の仕業に取りこまれたといいたかったのだろうか。たしかに1月14日の裏切り入閣がなければ、大震災による<たちあがれ日本>的状況はもっと緩和されていたろうし、福島第一原発はメルトスルーには至らなかったろう。
6月7日(火)、M2.5の太陽フレアが発生し、観測史上最大のCME(コロナ質量放出)がおきた。
 ⇒http://swnews.jp/2011/swnews_1106072117.html
2月15日(火)には24期最大のX4.4、3月10日にはX1.5の大規模フレアが発生している。今回のフレアは中規模だが、CMEは最大級。過去にないだけに質のわるい現象だ。こうした太陽の活発化(ミロク化)も、与謝野入閣後におきた著しい変化といえる。

与謝野氏の事象ワードは<原発>と<元伊勢>。泣かそネの子飼いである。原電に就職させたのも泣かそネだしね。カグツチ出産をひかえたイザナミには、どちらも重要なワードだった。
出雲勢力の中心である安来市で、去年11月29日に高病原性鳥インフルエンザが発生。23000羽の鶏が殺処分された。鶏は伊勢の神使。イザナミが伊勢をターゲットとしていることが明かになる。そして菅首相がサプライズと豪語した、改造内閣への与謝野入閣・・・。与謝野家の産地は丹後である。与謝は豊鍬入姫(とよすきいりひめ)の吉佐宮。十代崇神天皇のとき大和から出された天照大神は、猿田彦に導かれた倭姫(やまとひめ)が伊勢に祀るまで各地を点々とする。そのもっとも有名な元伊勢が吉佐(与謝)宮だ。
出産事象を完璧にしたいイザナミにとって、伊勢への道と御杖代(みつえしろ)の確保は必須条件だった。この国のどんな勢力も、太陽と伊勢には刃向かえないからである。じっさい菅政権は与謝野トリックで野党を煙に巻いたし、讀賣をはじめマスコミ大手は攻撃をひかえた。イザナミの思惑どおりに菅政権は延命し、出産事象はチェルノブイリとおなじレベル7に至った。
たぶん多くの方が、いままで日本は守られてると感じてきたと思う。アタックポイントをズラし、大難を小難に分散してくださってると。だがイザナミが伊勢の御旗をかかげた以上、反出雲勢力の妨害はない。シールドは機能していないのだ。

去年の2月27日、チリM8.8でイザナミ受胎が告知された(コンセプシオン)。
このとき日本にも津波が来たことを憶えてられると思う。カグツチ出産の予告だ。東日本大震災はチリ大地震の<こだま>であり、僕らが方向性を変えないかぎり、事象は響きあいながら波及してゆく。これからもそうだ。
カグツチが原子の火として出産されることは、去年から書いてきた。フクシマの原子炉建屋がその産屋となった。イザナミは父なる文明が<火>に強要してきた矛盾を徹底して突くつもりでいる。人々の暮らしにとって火はだいじな守り神だ。だが一方で、人類は戦いに明け暮れ滅びの火を追いつづけた。原子の火はその矛盾の結晶である。
3月20日、鳩ぽっぽ政権が14基の原発増設計画を発表。のちに普天魔基地移転問題の裏切りで辞任。沖縄県民が示したイエローカラーは、坤の金神をあらわす。
6月4日、関東ミロクラインのゲリラ雷雨とともに、民主党代表選で94代火雷天神道真総理が誕生する。当時はまさか、原発増設計画を894(白紙)にもどすとは思わなかったけどね(笑)。
9日後の13日、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還(…落下地点が知りたい。東経135~136度ならすごくおもしろいんだが)。すなわち太陽神(隼神)の帰還。これで太陽黒点周期24期のたち上がりが決定的となり、“火から日へ・ミロクへ”の流れがはじまる。

24期のたち上がりは巷の予想よりはるかに遅れた。強力な出雲88事象におおわれてたからだろう。では24期の活性化とともに伊勢が出雲を駆逐するのか。いや、そうじゃない。火を日とするのがイザナミ出雲の太陽神ミロク計画。そのミロクとは、日本火出初之社(ひのもとひでぞめのやしろ)のスサノヲである。先月の「アタック25」では、国道369号とスサノヲ像の事象が同時に示された。

6月19日、第9回APECエネルギー相会合で、はじめて原発推進を歌った福井宣言が出された。つまり原発事象化宣言。つづいて6月25日(道真の誕生日)、黄泉ガエルの猿田彦岡田外相が、核兵器不拡散条約非加盟のインドと原子力協定を締結すると発表。イザナミの意をうけた火雷天神総理の交渉相手は、古代インドの火神アグニと雷神インドラだろう。とくに太陽神でもあるアグニは、カトマンズのアグニ・エア機墜落(14名)やアグニ型ミサイル発射実験でノリノリだった。ことし2月27日から発生した両面宿儺の飛騨(火だ)群発地震は、東日本大震災の呼び水になった。両面宿儺がアグニ神の文化伝播とはいわないが、アグニもまたふたつの顔をもつ両面神である。10月25日には日印首脳会談がおこなわれた。道真は牛。シン首相は虎。このウシトラ会談の翌26日(火)、出産にむけて福島第一原発プルサーマル3号機が営業を開始している。

菅総理は10月10日生まれ。94くも10月10日、千葉・返田神社の震度3と2の連続地震でカグツチの全国69ネットが起動する。13日、フェニックスによりチリ炭鉱の33人が救出。イザナミの産道が開き、笠間稲荷(茨城)は大鳥居を落下させ、テープカットでご開通を祝う。この日、88皇太子は鬼大蛇ラインの伊吹山に登っている。
つづいて26日、カグツチ娘AKB48が894(薬師)寺講堂でアマノウズメのごとく歌い踊る。扉の奥には弥勒如来。まさにミロクの岩戸開き。カグツチネットを稼動させてミロクを呼ぶとは、消費者金融もまっさおの計画性だ。この日、894魔(屋久島)では紀元杉(期限過ぎ)に接触して大型ヘリが墜落。インドネシアのムラピ山が大噴火し、273名の犠牲者を出している。
さらに11月23日、朝鮮半島でイザナミのカグツチ出産の号砲がとどろく・・・。この辺の経緯は、以下を参考にしていただけるとありがたい。
 ⇒『日本は燃えているか(1)』
 ⇒『カグツチ天国』

イザナミが伊勢への道を確保したのは、カグツチとミロクを太陽と結びつけるためだろう。その過程がなければ、弥勒信仰は大日如来と天照大神をいわば習合した「ミロク」にはならない。ミロクのストーリーは、火神と日神が出逢わなければ機能しないのだ。僕には拾えなかったけど、関連事象は与謝野入閣だけではなかったはずだ。
1月23日、秋葉原のホコ天が復活。カグツチ天国だ。27日に霧島新燃え~岳が大噴火。2月15日にX2.2の大規模太陽フレア。Xクラスは2006年12月以来4年ぶり。
そして3月5日、東北新幹線「はやぶさ」が、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還にはじまる太陽神復活のエネルギーを東北地方に流し込む。もちろん単なる太陽神なら大震災の起爆剤にはならない。火と日のミロクの破壊的なエネルギーだったからこそ、おまけにシールドが消えてたからこそ、あれだけの拒絶反応、もしくは好転反応を誘発したのだ。
「はやぶさ」が開通した3月5日、オバマ大統領の地元ハワイでは、火の女神ペレのキラウエア火山が割れ目噴火し、25mのマグマを噴き上げている。
まるで出産の祝祭の花火だ。

さて、イザナミ受胎からの流れをざっとふり返ってみた。いつもながらうまく説明できてるとは思わないけど(笑)、いま太陽と地球の火がいつでも大連動可能な状態にあることをわかっていただけるとありがたい。そして地球の火とはマグマだけではない、核もそうなのだということを。核兵器も原発も、いつでもどこででもさらなる事象をおこすべくスタンバってるのだ。くり返すが、原子の火は呪われた子カグツチである。ターゲットは大人ではない。子どもなのだ。

カグツチ娘AKB48の総選挙があった6月9日には、いろんなだいじなニュースがあった。
イタリアではローマ法王ベネディクト16世が、13日の原発再開の国民投票へむけて再生可能エネルギーの利用を提唱した。道真総理の浜岡原発への歴史的停止要請とおなじく、たとえどんなウラがあろうとも僕はこのニュースをもろ手をあげて歓迎する。
すでにドイツやスイスは段階的原発廃止を表明している。これにイタリアがつづけば、核兵器保有国=原発国の図式がどんどん浮き彫りになってゆく。
皮肉なことに、核クラブの面々は第二次世界大戦の連合国だ。対する枢軸国が脱原発にまわれば、強力なアンチテーゼになる。大戦後の核の時代とそのカルマは、物語の最終章へと入っていけるのだ。

では日本はどうする? かつて日独伊三国同盟を結んだ日本は。
唯一の被爆国として核兵器には反対、でも原発は推進。この矛盾はもう通用しない。日本はかつてのような被爆国ではない。だって自分で被爆しちゃったのだから。被爆者が原爆の悲惨さを語ったところで、失笑を買うだけだろう。
ヒロシマ・ナガサキの平和への主張と祈りを、フクシマはかんぺきに無化した。のこされた道はふたつ。かつてだれかさんが望んだように核クラブの仲間入りをするか、原発をやめるかだ。つまりはさらなる火の洗礼を受けるか、あらたなエネルギー世界に貢献するか。日本の技術をもってすれば、それは十二分に可能だと思うのだが。

脱原発のナミは、まちがいなく05年伊勢遷宮開始以来はじめて起きた、あたらしいムーブメントである。<さかさま>の波である。このナミはほんとうの意味で、戦後を終わらせることができる。
そしてそれは日本から世界に発信された巨大なウェーブ。「フクシマ」のナミだ。
まだほんのわずかだが、ヒロシマ・ナガサキができなかったことを、フクシマがやってのける可能性がある。フクシマだけで無理なら、残念だがまた起きるだろう。
日本から発せられた<ナミ>は、いずれこだまのように日本に返ってくる。
まわりまわって、けっきょく最後まで原発にしがみついてたのが日本・・・なんて恥ずかしいマネだけは、ナシにしたいものだ。

  • [No Tag]

*Comment

なんてクレージー 

またまた関係ないかもしれませんが、6月9日といえば、
69歳の男性がアクセルとブレーキを踏み間違えて
「クレージーファクトリー」にロックオンしたのが、
妙に引っかかって記憶してます。
  • posted by みさ 
  • URL 
  • 2011.06/12 21:14分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.06/13 00:45分 
  • [編集]

停滞している理由 

そうですね。
与謝野さんのコメントは子供でもできますね。

言うは易し行いは難し。
復興とか原発処理が遅々として進まないのは、シールドが機能していないって解ります。

誰かが今までは助けてくれたけど、助けてくれないんですね誰も。
社会のシステム自体 メルトダウンですか。
当たり前とか常識とかも吹き飛んでいますからね。
これからの教訓は他人を信用するな「自分の身は自分で守れ」でしょうか。


  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.06/13 16:49分 
  • [編集]

はやぶさの着陸地点 

南オーストラリアの軍事実験ゾーン、ウーメラ立入制限区域
座標: 南緯30度0分0秒 東経134度0分0秒

1950-70年代に行なわれた英国の廃止された宇宙プログラムのロケット『ブラックナイト』『ブラックアロー』『ブルーストレーク』の打ち上げ地であったそうです。
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-228.html
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2011.06/13 22:16分 
  • [編集]

戦後は2度来る 

いやさかの木さま
皆さま

ついに、戦後が2度きました!

福島の原発も、ある意味戦後
(プルトニウム型を含む)

生活保護も、戦後2度目の多さ
(以下は厚労省発表)

今年3月末現在の全国の生活保護受給者は202万2333人で、戦後混乱期の1952年度以来、59年ぶりに200万人を突破したことが14日、厚生労働省の発表で分かった。

平成23年3月で、202万2333人
2と3の羅列
2011年とすると
1・2・3のひふみの羅列です(笑)

後は、建て直しの型示しを待つまでです
  • posted by じん 
  • URL 
  • 2011.06/14 21:15分 
  • [編集]

Re: なんてクレージー 

足立区南花畑のゴルフショップなんですね。クレージー工場?
しらべたら南花畑って七面神社です。
またまたクレージーなのが出てきましたね(笑)。
七面天女。厳島弁才天ともされる、法華経の守護神です。

末法法華受持の者には七難を払ひ、七福を与へ給ふ。誹謗の輩には七厄九難を受け、九万八千の夜叉神は我が眷属なり。身延山に於て水火兵革等の七難を払ひ、七堂を守るべしと固く誓約ありてまたこの池に帰り棲み給ふ。

身延山の裏鬼門・七面山の水の女神です。
大震災のあと、一時期静岡との県境付近が反応してたんですが、やはりそうでしたか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.06/15 22:23分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

ありがとうございます。
データとしてつかえますねこれ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.06/15 22:31分 
  • [編集]

Re: 停滞している理由 

神の仕業としか思えない・・・というのは個人的感想ですよね。
その感想のあとに、だから責任を問うのは不当だ、と。
なんじゃこりゃですよ。与謝野鉄幹もまっ青。
なんの理屈にもなってない。

僕らはいま丸裸です。
まるで因幡の素うさぎ。

危機管理において想定外という言葉はあってはなりません。
想定外なんて単なる甘えですよ。
そういう甘い部分が、シビアなナミによってムキだしにされてる。
もちろんこれからも。
危機を想定すると悲観的になる。だからもっと生活を楽しみましょ。
そういうムードが僕らにあります。
だからオール電化なんかが流行っちゃった。
なぜ生命が多様化したかを考えれば、オール電化なんか虚弱そのものです。
原発もおなじ。いまさら欧米に比べた危機管理の甘さが指摘されている。
そもそもエネルギーだって多様化されなければならないんです。

危機意識は悲観ではなく自立ですよね。
いままさにそこが問われてるんです。




>
> 言うは易し行いは難し。
> 復興とか原発処理が遅々として進まないのは、シールドが機能していないって解ります。
>
> 誰かが今までは助けてくれたけど、助けてくれないんですね誰も。
> 社会のシステム自体 メルトダウンですか。
> 当たり前とか常識とかも吹き飛んでいますからね。
> これからの教訓は他人を信用するな「自分の身は自分で守れ」でしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.06/15 23:17分 
  • [編集]

Re: はやぶさの着陸地点 

ウーメラ立入制限区域といってもひろいですからね。
> 座標: 南緯30度0分0秒 東経134度0分0秒
う~む。オーストラリアだから1度くらいいっか。とすべきか?
今回upした常神94ラインを、はやぶさがもろ刺激したんじゃないかと考えたわけです。
まあむこうはアボリジニの聖地らしいですから。
似てる部分もあるわけで。

ありがとうございます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.06/15 23:36分 
  • [編集]

Re: 戦後は2度来る 

6月9日に谷垣総裁の佳子夫人が亡くなりました。
66歳です。
ことしは敗戦から66年。
東日本大震災はまぎれもなく空襲の焼け野原と原子爆弾のリメイクですよね。
僕らが気づかないから、事象は66年前をくり返し教えることになる。
そしてそれは、戦後の総決算だと。

建て直しの型示しは、ドイツ、スイス、ローマ法王庁、イタリアとつづいていると思います。
旧枢軸のフィンランドでも出ればおもしろいですね。
事象的にはオバマが脱原発を宣言する可能性があります。
もしくはアメリカがミスによる致命的な核事象をおこすかも。

もちろんあらたな建て直しの型示しもあると思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.06/15 23:51分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.06/17 12:57分 
  • [編集]

Re: 質問 

七面天女は水の神ですし、その要素が入ってると考えていいかもしれません。
「身延鏡」には鬼子母神の娘で吉祥天女ともいうと書かれているそうです。
また、厳島女とも。厳島姫(市杵島姫)、一般には弁財天と習合しています。
いろんな要素がまじりあってる女神のようです。

瀬織津比賣は祓戸大神であり桜神です。
水の女神とも一体化しています。
その主な信仰が岩手の早池峰山で、閉伊川が宮古湾に流れ込みます。
今回の大震災にもおおいにかかわっています。

瀬織津姫ってじつは記紀では正体不明の神なんです。
大祓詞の背景がいちばんよくわかるのがホツマツタヱになります。
そこでは、天照大神は男神であり、瀬織津姫はお后です。
ですから、全体の川であり、全体の海だと考えていいかもしれもせんね。
もちろん信仰があるところは、事象的に強く出る可能性があります。

富士山は木花咲耶姫より先に、水の女神としての瀬織津姫の信仰があった可能性があります。
駿河湾は常世波打ち寄せるところですから、そういった意味でも、注意が必要になります。
信仰的には、常神94ラインの南方に常世の国があることになり、常世波は、そこから打ち寄せると考えられますから。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.06/18 02:26分 
  • [編集]

Re:Re 質問 

ありがとうございます。
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2011.06/18 12:31分 
  • [編集]

Re:Re 質問 

ひとこといいわすれました。
いちばんだいじなのは自分の直感やひらめきですから。
だいじにしてくださいね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2011.06/19 03:27分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/233-93f738f3

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。