神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

どげんかせんと聖火

皇室歌会始めのお題が「火」の今年。
あちこちで「火」にからむ事象がおきている。
イージス艦の名「あたご」が火の神というのもブラックジョークだし、
最近はオリンピックの聖火が注目をあびている。
これほど聖火が目立つ五輪もめずらしい。
来るべき地球の大祭典のために、その導火線に火をつけてまわる聖火ランナー。
それを阻止しようとする人々。
なんせチベットがからむだけに、そんな空想まで浮かんでしまう。

「あたご」といえば、艦名だけでなく艦長の名まえにも神々が暗示されている。
舩渡健の健はタケルともよむ。つまりヤマトタケル。
そしてフナトの神といえば、猿田彦命。
神々はこういうレトリックが大好きだ。


  これはフリ-メイソンがらみで話題になった言葉あそび。

猿田彦といえば、千葉県銚子市の猿田神社は、火と風、そして鉄にかかわる神社。
古代には海上国とよばれた、海人氏族海上氏の拠点。
とうぜんヤマトタケや神功皇后伝説がからんでくる。
ってことで猿田神社に調査にいったその夜、「オーラの泉」に東国原知事が登場。
彼を宮崎に導いたのが、これまた猿田彦神。
おお、シンクロ!

シンクロというのは、いわばダジャレのようなものだ。
ダジャレをいうのはだれじゃれ? ってカンジで共振は起きてゆく。
オヤジギャグだが。
それはなにかの単語であることもあるし、事象の連鎖として現れることもある。
聖書にいわく、神は言葉である。
だから神はレトリックであり、だじゃれでおじゃる。

そういえば、導火線と「どげんかせんと」も似ている。
どうやら東国原知事も、なにかの導火線の火つけ役らしい(笑)。

ところで、このところ茨城南部震源の地震が多い。
4日の震度4でおさまってくれればよいが。
千葉に近いだけに、国道126号が気になってくる。
震源は猿島から土浦にいたる一帯。平将門がらみの土地柄。
どうも神々が怒気をハラんでいる。
人間は人間というだけでなく、大地は大地というだけではない。
すべては共鳴しあっている。
人がキレやすくなれば、大地もキレやすくなる。逆もまた然り。
阪神淡路地震とサカキバラ。
3月9日の猿島町沓掛付近の震度3から、茨城南部震源が目立ってきた。
その矢先の土浦市荒川沖駅の連続殺傷事件。金川容疑者。
証し海峡で沈んだ「ゴールドリーダー」につづく「金」の事象。五行の「火」と「金」は相剋。
さらに金川県横須賀基地の米イージス艦カウペンス水兵・・・。

「火」は怒りだ。
出産で母イザナミを焼死させた火の神カグツチ。
父イザナギは怒りのあまり、うまれたばかりのわが子を斬り捨てる。
なんという絶望的な神話。
カグツチに必要だったのは、父の許しと愛だ。

オリンピックの聖火に必要なのも、許しと愛なのだろう。
「火」は祭りであり、喜びでもある。
カグツチはひとりひとりの心の中で、許されるのを待っている。

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/25-ed1a1b53

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。