神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

点と線(4)~鉄と日出


波兎

うさぎは宇佐岐。
宗像三女神は宇佐嶋に天降った。
大河ドラマの浅井三姉妹と竹生島をはじめ、今年しょっぱなから江ノ島の初詣火災や、鼠ヶ関弁天島沖の地震など、三女神の事象が続出。
謡曲「竹生島」の波兎と、浪江町の耳なし兎(=浪兎)。平家の厳島神社も9月29日に高潮で冠水した。竹生島(沖津)・江ノ島(辺津)・厳島(市杵)が出そろったのははじめてだ。
うさぎが月とつながるように、宇佐もまた月読尊とつながっている。三女神と宇佐のタイムスイッチが卯年にセットされていたのは、まさに事象の妙といえると思う。

出雲大社の大遷宮が開始され、出雲88事象がはじまった2008年は子年だった。88の日に「33(耳)」の若狭と地震連動した武蔵の震源地名は「菅」。耳と菅で、いわば卯年の菅と大震災の予告である。
菅(すげ)は子之神社の神域。かつては根之神社とか根上(ねがみ)明神とかよばれたらしい。祭神はオオナムチで、牛頭天王(スサノヲ)の八雲神社と対になっている。

ねずみは根の国に住むから、根住み。
根はルーツ。艮の木とかく。艮は東北。そこにこの国のあらたな根がはられた。
木(キ)は東。日の出の方角。日出(ひじ)は土(ひじ)。十(ひと)と一(大地)。十の年の御柱の根が、十一の<土>の年に汚染された大地に下ろされた。フクシマの核事象は亥(おわり)ではなく、子(はじまり)なのだ。

12月11日に、注目してた新馬G1の阪神JF(牝)が行われた。優勝馬はディープインパクト(=大震災)の仔の13番ジョワドヴィーヴル。仏語で「生きる喜び」だそうだ。
ただ僕的には、ジョワドが「浄土」に見える。浄土は彼岸とつながる。来年の歌会始は「岸」だ。すでに6月28日に東の三輪山に対する当麻寺の西方浄土の扉が開いている。僕らは喜びの代償を払わされるのか。いやいや、あの世ではなく、土を浄める=除染だと考えてみますか。2着は11番アイムユアーズ。以下サウンドオブハート、イチオクノホシ。なんかメッセージ的でしょ。

根が育つには、日月のめぐりと、天(伊勢)と地(出雲)の恵みが必要だ。
出雲「菅」政権における与謝野(丹後国与謝郡)入閣の「元伊勢」事象と、鼠ヶ関弁天島沖の地震は同時進行だった。弁天は三女神。三女神は天照大神(伊勢)とスサノヲ(出雲)のウケイで生まれた。だからこそ、両者を結びつける役目がある。
鼠ヶ関(山形)は月山ラインの〒999。かつて999が示されたのは種子島(=美優自殺)宇宙センターがある鹿児島で、銀河鉄道999「ダイヤモンドリングの彼方へ」だった。ダイヤモンドリングは回帰日蝕。復活のイザナミはメーテル? それとも千年女王? 999は旅立ちだろうか。こないだ北(ネ)の9様も鉄道で旅立ったけどね(苦笑)。

20110808台風9号  台風9号ムイファ(梅の花)

いずれにしても鼠ヶ関は多くの伏線を含みつつ、出雲88事象の流れに月読尊とウサぴょんが交錯したとても重要な反応だった。
鼠ヶ関に連動して「点と線」の起点の香椎も揺れた。震源は神功皇后の髪占の海を埋め立てた香椎照葉。フクシマの双葉郡とおなじく歌会始の「葉」。
999に対応する〒666の川西市からは、大気イオン地震予測研究会e-PISCO理事長の弘原海(わだつみ)清氏の訃報がとどいた。地震と海神(わだつみ)だ。
これら1月3日の事象は3月11日に発生する「波兎」の予告だったし、666と999の今後の展開を解くだいじな手がかりでもある。
川西市(兵庫)のワードには九頭大蛇と大神郷もある。日出町(大分)の大神郷とおなじく、出雲の大物主(三輪山)系のオオタタネコにはじまる三輪君の子孫の土地柄である。
すべては、ひとつの流れにある……。
この出雲(地)の流れが、ことし後半、天(高千穂)の999(くみ)換えを誘発した。たぶん9様を冷温停止にしたことで、ステップ2は一応の収束と見たドジョウ首相の安全宣言だったんだろう。もちろん事象的にだよ。この場合のステップ1とは、イザナミ再復活のことだ。

イザナミ回帰日蝕の前兆として、09年7月15日に日出JC(十文字原)でバス事故が発生した。乗っていたのは宇佐市の柳ヶ浦高校9児。宇佐神宮のすぐ近くの学校だ。
ホツマツタヱ的には、宇佐神宮の宇佐津彦(宇佐氏)は月読尊の子孫だと考えられる。
月読尊と伊予津姫の子が伊吹戸主(イブキドヌシ)命。伊吹戸主命は宗像三女神の市杵嶋姫と結婚。イヨ・トサ・ウサの三彦を生む。宇佐氏が天三降(アメノミクダリ)神を祖としているのと符合するよね。

その宇佐氏と、かつて宇佐神宮の大宮司職を争ったのが三輪系大神(おおが)氏である。宇佐神宮はいま、神社本庁と派遣宮司vs世襲家の間で係争中。先月30日の二審でも、福岡高裁は世襲制を認めない判決を下した。
いまや、過去と現在は同時進行だ。こういう訴訟が起きてること自体が、宇佐と大神氏の事象が出てるって証し。だからこそ大神氏ゆかりの速見郡日出町で、ミステリアスな行方不明事件もおきる。琴音ちゃんの前日に失踪した主婦は、日出町大神の方だ。
老夫婦殺害事件の前、5月22日に生目神社の道路拡張にともなう移転が行われた。生目神社と宇佐神宮は「平家」のキーワードでつながる。おまけに道路は、日出真那井杵築(きつき)線。日出・マナイ・気づき(築き)線は、「日出」と「マナイ」の線に気づきなさいってことなんだろう。
さらにおどろいたのが、5月24日に北海道オホーツク海沿岸の訓子府(クンネップ)町でも道路拡張工事で神社が移設されていたという事実。なんとそのお社、日出神社である。
日の出の神の「建替え」の型だろうか。菅首相いわく「サンライズ計画」。
北海道は北米大陸の雛型でもある。日の出の神の33若狭も、小浜の88米国も、計画に組み込まれてるってことらしい。
第2の太陽の船のサンライズ計画……。

大分県の宇佐神宮はごぞんじ全国八幡の総本社。
宇佐に八幡神を持ちこんだのは三輪氏系の大神比義である。
欽明天皇の時代、蘇我馬子の命で筑紫に下向した彼は、宇佐に鍛冶翁(原始八幡神)が降り立ち、託宣をうけたと吹聴する。比義が祈ると、鍛冶翁は童子の姿になったという。神功皇后の御子、応神天皇である。蘇我氏が渡来系鍛冶勢力とりこみ計画のために神と仏を習合させた応神=八幡菩薩信仰の原型が、ここに誕生する。
一方の宇佐氏は、大神氏以前から比神(三女神)を祀っていた土着である。

宇佐神宮は現在、応神天皇・比大神・神功皇后を祀る。
大分県では日田市日高町のダンワラ古墳から、魏の曹操も持っていたという希少な金銀錯嵌珠龍紋鉄鏡が出ている。大神比義の前にあらわれた鍛冶翁、すなわち優秀な原始八幡鍛冶集団と無縁ではあるまい。
この鍛冶翁は輝く鷹の神でもある。ことし9界日本一に輝いたのが、筑紫の鷹。福岡ソフトバンクホークス。背番号8+1の秋山監督は秋葉山を意味するのか……?
思い出してほしい。1月3日になぜ鼠ヶ関弁天島沖と、博多湾の香椎の海と、九頭大蛇と大神郷の川西市が連動したのか。
鼠は出雲88事象。弁天は三女神。香椎は神功皇后と応神天皇。大神郷は大物主系三輪氏の大神比義。
そして11月1日に示された、超モンスター銀河オロチ。これが九頭大蛇。大物主も蛇神だ。
さらに広島北部の奥出雲の地震で示された生贄を好む金屋子神と八岐大蛇。諏訪のモリヤ神。八岐大蛇から出てきた草薙の剣。十握の剣を折られたスサノヲ。
こうしたすべての点と線から浮かびあがるワードが、「新羅(朝鮮)の鉄」だ。
宇佐の三女神は宗像三女神(ミチヌシノムチ)として、その交易をささえた。

鍛冶神はひとつ目。
天目一箇神を奉斎したのは、神功皇后の父方の息長氏。息長氏にゆかりの伊吹山で、日本武尊は足を三重に折るほどの大蛇のタタリをうけ、息子の仲哀天皇は新羅遠征の神託を無視して住吉大神にタタられる。
来年のロンドン五輪のマスコット、ウェンロックもひとつ目。鉄は金を失うと書き、その事象も示された。来年10月には新日鉄と住友金属が大合併して、鉄鋼世界第2位となる。
僕らの文明をささえてきた、鉄。
そのカルマ放出が日本武尊のようなタタリとなるのか、それともあらたなる日の出となるのか。
僕らは両の眼で、しっかりと見とどけていかなくちゃいけないんだと思う。
                                まだつづく

  • [No Tag]

*Comment

天照大神の火 

靖国神社の神門が放火され、ネット上では
ハンドルネーム「天照大神」と名乗る在日朝鮮人が
ツイッター上で「靖国神社を放火すれば、日本人は、少しは反省するんじゃないのか? あの場所こそ、日本人の、差別精神の、根幹なんだからよ」とか「在日コリアンの苦しみを、代弁したって、どうせ、日本人の心には、届かない」とかおまけには自民党の西田昌司参院議員に
在日韓国人らが通名を使って違法な献金をして議員辞職に追い込もうと書き込んでいたらしいです。でも靖国批判の書きこみは4月8日におこなわれていたらしく、まだこの人が犯人かは不明らしいです。面白い事象ですね。本物の天照大御神が犯人なら動機は清和源氏の流れを組む清和政策研究会への怨恨と戦死者達の父オーディン(応神)殿の英霊(エインヘリャル)信仰を体現したような靖国神社への怨恨でしょうか(笑)源平合戦の雛形も近そうですし。でも不思議なんですよね。赤間神宮は安徳天皇や二位尼が竜宮城にいたという建礼門院の見た夢から竜宮城を再現した竜宮造りとなっているんですよね。竜宮信仰と言えば 神功皇后が授かった「干珠満珠」。
不思議ですよね?平家の安徳天皇は竜宮伝説に繋がり清和源氏の守り神八幡三神の一柱「神功皇后」もまた竜宮伝説に繋がるのですから。源平の因縁など本当に存在するのでしょうか?
  • posted by 王冠(ミトラ) 
  • URL 
  • 2011.12/28 16:55分 
  • [編集]

 

今年の大晦日は庚申です。つまり猿田彦大神様、白髭明神様、久那土神様が去る時、かのと酉の日に白鳥の日本武尊が建つ(辰)か、断つ?!

「嵐吹け浪立ち騒げ、霰(あられ)ふれ、世の禍津毘をわれ今流す」が今年の歌かと思いましたが、来年は…
何かたりない…抜けている
大晦日に宗像様で毎年大祓に参加していますが、今年はより一層清め祓って頂き御神意を伺いたいと思います。
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2011.12/28 23:05分 
  • [編集]

大合唱 ♪ 第九 

年末恒例の大合唱、「第九」がホールで歌われる季節。ジルベスターももうすぐです。

竹生島…かつて、都久夫須麻神社の弁天様の前で、縁あって奉納演奏させて頂いたので懐かしい。神社で歌う時は不思議なことに、何かが起こります。この時は「日輪」、お陽様のまわりに虹の円…。

ちなみに、できすぎで信じて頂けないようなお話ですが、多治速比売神社での奉納演奏の時は、降りそうで降らずなんとかもった天気でした。「雨降らなくてヨカッタねー♪」と共演者と安堵。帰宅すると「このへんはすっごい雨!雷も鳴ってて心配したよ!!」と家族。この神社の空だけ、雷雨はすっぽり抜け落ちていたのでした。

ベートーヴェンの第九が街にあふれても、一万人の第九がホールを圧巻しようとも、やっぱりお正月には氏神様のいらっしゃる神社に初詣をする日本人。自然に畏怖の念を抱く我々は、やはり自然とともにあることを深く感じます。

新年は住吉大社の奥の院と称される、堺の「開口神社」にお参りしようと思います。それから、すぐ近くの「宿院頓宮」にも。ここは、住吉大社と大鳥大社の御旅所とも言われ、両社からお神輿が来た所。弟橘媛命がおまつりされています。

何をたよりに歩いて行ってよいか、迷いつつのこの一年。いやさか様こと阿曇の水先案内人が、いざなう先に心躍らせることができました。さらに大変革の2012年、このブログが時代という大海原を漕ぎ行く「方位針」であることを祈っています。こちらに集う方々のお話も、興味深く楽しみにしていますね。どうぞ良いお年を。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2011.12/29 01:43分 
  • [編集]

弥生月 

今年は辛卯(かのとう)の七赤金星で、3月弥生月は辛卯七赤金星の月10日は甲子(きのえね)に塩竃神社帆手祭の後に、11日乙丑(きのとうし)八白土星でしたが来年壬辰(みづのえたつ)の4月卯月は甲辰(きのえたつ)13日は甲辰の二黒土星で暦の十二直もたつと成り、下弦の月の日です。

今年の方位で言えば、丑寅で東北、来年は卯辰で東南の方位、関東から近畿までに充たるような…

住吉の筒之男三神様に開聞岳の枚聞神社から幣立宮から阿蘇を通り、篠栗の太祖宮、宗像大社を一直線で結ぶと…
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2011.12/29 10:43分 
  • [編集]

ひょっとこ 

毎回、興味深い記事をありがとうございます。
どじょう掬いの安来節の「ひょっとこ」は「火男」で、砂鉄を集めている動作であり、金属神への奉納という説もありますね。野田総理は金属神に何を奉納するのか?消費税?

福岡ローカルで思い付くことをいくつか。
海が見える博多駅の屋上には住吉神社の御分霊の鉄道神社があります。住吉神は海の神様ですが、JR九州の博多と韓国の釜山を結ぶ高速船ビートルは人気があります。2006年頃はクジラとよく衝突してました。今のJR九州の唐池恒二社長はこのビートルの就航にも携わってました。
博多駅の屋上には、奈良の「せんとくん」のデザイナーによる「縁結び七福童子」というブロンズ像もあります。九州は7県なので、7人の童子が電車ごっこをしている像です。

今年のホークスの躍進は内川聖一選手のお蔭でもありますが、横浜ベイスターズの前身の大洋ホエールズのルーツはマルハの捕鯨船の母港の下関です。下関は大阪・下関・博多の三大住吉神社の町でもあります。

宇佐神宮の宮司の地位を争っているのは到津(いとうづ)家ですが、小倉には到津八幡宮があります。宇佐氏の社家の一族が代々、宮司を務めてきたそうです。小倉には西鉄が経営していた到津遊園があり(現在は市営)、香椎には香椎花園、太宰府には、だざいふ園と、西鉄の遊園地も神社的に面白い立地です。
西鉄バスの車内には宗像大社のお札があります。JR九州は住吉さんで、西鉄は宗像さんなのかな。

九州財界の天皇とも称される九州電力の松尾新吾会長の自宅は博多湾の人工島のアイランドシティで、住所は香椎照葉で、3月5日には暴力団から自宅に手榴弾を投げられ車庫で爆発してます。同じ日に西部ガスの社長宅にも投げ込まれましたが、こちらは不発でした。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2011.12/29 22:23分 
  • [編集]

同級生つながり 

Jせんとくんの作者籔内佐斗司君は同級生だと以前書きましたが、JR九州の唐池恒二社長も同級生なんです。
博多駅の屋上のブロンズ像はきっとその繋がりでしょう。
大阪の住吉大社の近くに大浜と粉浜があり、粉浜は大阪市になり小浜から転じたのでしょうか。
大浜は堺市でこの地の出身者も同級生に何人か知り合いいます。
薮内君はさらにその先の確か浜寺出身、大鳥神社近くで、唐池君は泉佐野の日根野だったと思います。
さらに同級生つながりで、現在弁護士の井戸謙一君。
彼は2006年3月志賀原発2号機の運転差し止めを命じる判決を出した裁判官だったのでした。
TVで見かけて記事にしました。
http://blog.goo.ne.jp/goo3820/d/20110907

あちこちで事象と繋がる大阪府立三国ヶ丘高校、たしか24期生だったよなとWikiで見てたら、
「1895年大阪府第二尋常中学校と称し、開口(あぐち)神社の境内を仮校舎として開校」と知りました。
DIVA さんが住吉大社の奥の院と称されると書かれておられちょっとびっくりです。
来年はどの同級生が登場することやら…点が線にならないとなかなか気づかないことが多いですからね。
今年は丹波道や、加古川から丹後宮津がとても気になります。

来年はどういう展開が待ち受けていることやら、つつがなきを願うのは難しいことでしょう。
せめてこの時代に生まれ合わせた意味を無駄にせず落ち着いて対処したいものですね。
くれぐれもお体大切に、よいお年をお迎え下さい。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2011.12/30 08:57分 
  • [編集]

来年もよろしくおねがいします 

いやさかの木様、ブログにコメントなさる皆様。
一年間ありがとうございました。
この一年は現実を突きつけられて、どう動いていいか迷う年でした。私自身、車の事故、主人の病気など、いろいろありました。
皆様にとって来年が良い年でありますよう願っています。
良いお年を!!
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2011.12/30 14:52分 
  • [編集]

聖一国師 

「博多駅に櫛田神社の御分霊があったら、祇園駅になってしまう(福岡市営地下鉄には祇園駅がある)」というローカルな冗談がありましたが、ホークスの内川聖一選手から連想したのは、櫛田神社の夏祭り、博多祇園山笠を始めた聖一国師(円爾)です。臨済宗の僧ですが、東大寺大勧進職も務めてます。
できれば過去記事、コメント全て読破したいのですが、なかなか時間がありません。造語もあるので途中参加者には???の場合もあります(笑)

うらら様
博多駅の屋上の7人のせんとくんは、JR九州の社長とデザイナーさんが同級生だったからなのですね。「なぜ、せんとくんに似たものがこんな所に?」と不思議に思いました。ただ、これは奈良と違い、角はありません。「破壊のミロク」でないことを祈りたいです。原発の運転差し止め判決の裁判官が関西の井戸さんというのも、お水取りとのつながりを感じます。

皆様、よいお年をお迎えください。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2011.12/30 22:08分 
  • [編集]

兎から辰へ 

うららさまがびっくりして下さった住吉奥の院の開口神社、
そのすぐそばの「宿院頓宮」に「飯匙堀」があります。ここに、先日ミトラ様が書かれていた「潮干珠」が埋められており、荒和大祓神事が執り行われていることを知りました。数珠つながりのシンクロに今度は私がびっくりです。

自転車でスーイスーイ通り過ぎながら「なんやろ、これー?」と不思議だったのですが、案外地元の者ほど知らないものですね。境内に、うさぎさんのモニュメントや兜神社の碑もあるのです。

いやさか様が提示された弟橘のお姫さまが導いた「潮干珠」。津波の兎年の年収めに、潮干珠とは!堺の中で自己完結した思いです。

住吉頓宮から、2012年の恵方が指し示す、ほぼ北北西に龍神堂があり、辰年は良い年である期待ももてそうな…。さらなる大変化の新年も、このブログに力をお借りし、時代を読み解いてゆきます。

明日はもう元旦…これらの神社に初詣して、皆様方との出会いに感謝して参ります。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2011.12/31 01:07分 
  • [編集]

FUJI FILMの 

CMで麒麟(希林)が龍に乗って一体どこへ向かうのか気になってます(笑)

生まれも育ちも仙台の自分にとって今年は色々と衝撃な年でしたが、
幼い頃の祖父母の教えや、地元の昔話などが色々思い出される不思議な年でもありました。

いやさかの木さんのブログと沢山のコメントの方々の深い知識や考察にどんどん引き込まれつつも、
自分の知識と理解力の薄さに毎回課題を出されているようで、とても楽しかったです。

みなさん良いお年を!
  • posted by ミルフィーユ 
  • URL 
  • 2011.12/31 01:50分 
  • [編集]

補足させてください 

エイトさま 
薮内君はデザイナーではなくて東京芸大教授で彫刻が専門。最近はNHKの仏像をめぐり説明するコメンテーター的役割のレギュラーで出演されてます。
井戸君のことを書いたのは、志賀島と志賀原発という地名繋がりでもありました。

DIVAさま
昨日、開口神社がどのへんにあるのか調べていたら、なんと母の生家近くでした。
認知症が進みこちらとあちらの世界の間にいる母は、ボケだして最初の頃から、現住所ではなく「堺市戎乃町東4丁目」と昔の住所を口にしました。
今年秋妹がその住所がどんなか確かめに行ったら近くに神社あったと話していました。
戦前寺町のお寺で育ち、焼夷弾が本堂に落ちたので逃げた話はよく聞かされていましたが、開口神社もかなりの部分が焼け落ちたそうですね。

いやさかの木さま、そしてこのブログファンの皆さま
日本神話や実際の歴史、そして現在の各地の事象やエピソードなどを活発に寄せられる稀有なブログだと思います。
こちらブログではちょっと難しくて完全に理解できなくとも、なんとなく腑に落ちた気がしてとりこになってしまいますよね。
ほとんどの人が今の時代背景に説明して欲しい不安さをもっているのでしょう。
2012年まであと15時間をきりました。
さらにいろいろあるでしょうが、皆々さまのいやさかあれかし
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2011.12/31 09:35分 
  • [編集]

年越の大祓 

本日宗像大社にて年越の大祓に参加しました。

毎年小雪が舞ってましたが、今年は天照様が顔を出して暖かい日になりました。
帰り道に太陽を見ると雲の間に入り、十字が出来ていました…

氏神様や産土様にも挨拶しましたし後は神まかせ。

では皆さん今年1年お疲れさまでした。

来年が明るく楽しい、良い一年になりますように♪

では良いお年を(^人^)
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2011.12/31 19:09分 
  • [編集]

明けましておめでとうございます 

辰年が始まり酉の日元旦に鳥島で地震が…
 
日本武尊様(白鳥)が建つ(立つ、断つ)しかし伊豆鳥島なので、裏の祓戸神である伊豆売神様や木花咲夜姫様、火具土神様も関係ありこれを十字に書いた延長線上にあるのは…

新年最初から始まりましたが、後は神様におまかせしますm(__)m
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2012.01/02 18:40分 
  • [編集]

Re: 天照大神の火 

在日だかなんだかしりませんが、すごい妄想ですね。
放火の対象は天照大神の神明社がよくあるんですが、逆に天照大神が靖国神社に放火とはね。

4日に埼玉県深谷市の上敷免諏訪神社が全焼しました。
深谷といえば畠山重忠。源氏方。北条時政に滅ぼされますが。

源平はこの列島の歴史的東西構造の表現のひとつですし、
律令とともに封じられた海の神たちが、応神王朝を復活させる好機でした。
貴族にどっぷり漬かった平家ではダメだったんでしょうね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/05 02:22分 
  • [編集]

Re: タイトルなし 

もしオリンパス地震の高千穂が再編の対象なら、猿田彦の役目もまた区切りを迎えたのではと思っていました。
民主党の黄泉ガエル岡田ともども。
ただ、猿田彦には道案内のあとに、墓穴を掘る役目もありますが・・・。

元旦はいきなりの鳥島近海地震。
鳥は知らせる役目だそうですから、酉が辰ことを教えてるのかもしれません。
辰酉あとをにごさず。
どういう浄化にせよ、にごりは残さないゾってカンジかもしれません。
宗像様の大祓い。ご苦労さまです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/05 22:38分 
  • [編集]

Re: 大合唱 ♪ 第九 

DIVAさん、あけましておめでおうございます。

去年の第九はひと味ちがうカンジでしたか?

弁天様のご加護ですね。
現象として虹色の光にあらわれることがあるみたいですよ。

ことしは比較的おだやかな三が日だったように思います。
元旦の地震は3.11を思わせる揺れで、いきなりかよって一瞬あせりましたけど(笑)。

へ~住吉大神と日本武尊が、弟橘媛んとこで出会うんですね。
ということはクジラも弟橘媛でいいのかもしれませんね。

博多に出て堺に出ないのはおかしいとずっと思ってました。
堺は事象のエアポケットでした。
でもいまや堺を中心に動いてるカンジさえある。
つくづく境なんだな~と。

最初は日に一人か二人のブログでした。
継続は力ですね。
ミスリード続出の昨今。
阿曇の水先案内人として、ふんどしシメ直していかなくちゃですね。
ことしもよろしくお願いします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/06 01:55分 
  • [編集]

Re: 弥生月 

そう、塩竃神社帆手祭だったんですよね。
あまりにストレートなので、記事にはしませんでした。
神武東遷のいいだしっぺは塩土翁。神武東遷事象の先に、東日本大震災があります。
9さまのミサイル発射と東遷開始が連動。神武の大和入りと党大会における後継者金正恩誕生も。
そして延坪島砲撃を号砲とするカグツチ出産ですから、神武東遷と大震災も塩土翁と塩竃を通してつながってることになります。

たしかに関東~東海~近畿は要注意ですね。
ん?結ぶと…。どうなるのか気になりますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/06 03:19分 
  • [編集]

いやさか様へ 

いつもながらのコメント返し、本当にありがとうございます。ブログを書くお忙しい中、返事まで!と恐縮しています。御身だけは大切になさって下さいね。初期の頃のも拝見しています。今、皆様方でにぎわうサロンのようにもなり、大切に育ててこられたのだなあと感服です。

今年は古事記1300年。戦後教育で私達は、日本の古代を全く教えらず、戦争につながるものとしてそれを避け、おとぎ話としてのみ接してきました。けれど考古学・発掘等の裏付けも多くとれる昨今です。さらに、時の権力に寄り添う内容かどうかさえ、考える自由もあります。

このいやさか様のブログ、そして皆様方のコメント、その中に今、日本人が知りたい民族の歴史が詰め込まれているからこそ、人の集うブログになったのですね。自分の国の神話は逆カルチャーショック、西洋への憧れよりはるかに興味深いものを感じます。

日本初演のオペラはギリシャ神話の「オルフェオとエウリディーチェ」。洋楽を学び、これを美しいアリア(劇中歌)で演奏できても、日本神話の「イザナギとイザナミ」の話は置き去りにしていました。同じ黄泉の国が舞台です。けれど、自国のバックボーンがなければ、人の心の琴線に響かないことを深く反省しています。和の心と洋の技、それを極めるためにも、今に生きる神話「神々が動いている」を読ませて頂きますね。

神々の末裔達が、絵空事ではなく本当にここに集っている気がします。だって、元をたどれば私達、日本神話のだれかのDNAを引き継いでいるのだもの。

うららさま、お母様の御実家の「堺戎」がもうすぐですよ。堺も「えべっさん」でにぎわいます。な・な・なんで、事代主を祭る神社が堺に?又々、謎解きの旅に出発です。美具久留御魂神社は、私も大和へ車で行く時、傍をよく通りかかります。なんだか不思議、あの空気…!

ジャーン♪豊受大神に串ライン!!いやさか様、楽しみにしています。でも、くれぐれも御身ご無理のなきよう…。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2012.01/06 20:59分 
  • [編集]

新年早々・・・ 

いやさか様、読者の皆様、明けましておめでとうございます。

ワタクシの新年はというと・・・年末に片付け法についての本を読んでその気になり、初詣に行った廣田神社にて「不用品を処分して身辺整理して、禊いで禊いで禊まくります!」と宣誓し、伊勢外宮(豊受大神)の古いお札もお焚き上げに出しちゃったところ、翌朝いきなりPCが根本的に壊れてしまいました。まあ、PC内にも不要データがたまっていたので処分しなきゃなぁ、とは思っていましたが・・・廣田の祓戸神てば。というわけで、新しいの買うまで閲覧・コメントが自由にできません~。

ところでウチの親が旅行兼初詣に行く先が結構象徴的なのですが、去年の初詣は大分・宇佐神宮。去年水面下で宇佐系の仕込みがされていたことが今年現われてくるのだろうか、と思ったりしてます。
今年の初詣は気多大社。このオオナムチ神社、神社庁と裁判して勝訴していますね。さて、今年はどういう事象の仕込みが水面下でなされるのでしょうね。。。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2012.01/07 18:13分 
  • [編集]

Re: ひょっとこ 

安来はオオナムチ出雲の中心なので、大洗のオオナムチ→どじょう首相とはよくできたもんですよね。
野田政権自体が超モンスターオロチの祟り内閣なわけで・・・。
生贄を好む金属神に国民を捧げられてはたまりません。

博多駅の屋上に鉄道神社なんてありましたか。
そこにもせんとくんの手がのびているとはフクザツ。
JR九州社長もせんとくんもうららさんの同級生。
住吉も大仏もクジラもトモダチなんでしょうか。
電車ごっこの7人の童子・・・事象化しそう(笑)。

交通安全といえば宗像大社ですよね。
宮地嶽線廃止して神功皇后の出航事象呼び込んだのも西鉄。
神功皇后の神がかりと仲哀天皇の死の裏には宗像族がいます。
宗像族が阿曇族を動かすためには、住吉大神の神託が必要だった。
もちろん首謀者は武内宿禰でしょうけど。
この辺が阿曇磯良の遅参の話に出ていると思います。

九州電力会長は香椎照葉でしたか。
去年1月3日の666と999に連動したのも、香椎照葉でしたね。
どうりで九電が注目されたわけです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/12 01:23分 
  • [編集]

Re: 同級生つながり 

うららさん、あけましておめでとうございます。

いやしかしまあなんというか、あらためてうららさんとこのブログで知り合った意味とか、8年8月8日のほぼおなじ時間帯に出雲大社本殿にいた意味とか、感じますね~。
同級生が志賀原発にまでからんでいたとは・・・。
まるで事象のテキストみたいな。
個人と社会の事象的なつながりがよくわかります。

大浜があるなら粉浜は小浜でしょうね。
小浜は正史には出てきませんが、阿曇大浜は海人の宰ですから、名前が残されてふつうです。

ところで東京湾でもクジラの死骸があがりました。
「東京事変」とリンクしてるのがブキミです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/12 01:57分 
  • [編集]

Re: 来年もよろしくおねがいします 

みどりさんありがとうございます。

よい年でありますよう心から祈ります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/12 01:59分 
  • [編集]

Re: 聖一国師 

ははは。たしかに博多駅に櫛田では祇園駅ですね。
山笠があるけん博多たい・・・ではありますが(笑)。

なるほど聖一国師ですか。
背番号が24→1なんですね。
ことしがはじまりの年?

造語はブログ内検索していただければ、ゆえんがわかるかも。
まあ自分でも読み返してないくらいですから(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/12 02:29分 
  • [編集]

Re: 兎から辰へ 

「飯匙堀」の「潮干珠」。
潮満珠がどこに埋められてるのかキになります。
ワードやキャラがそろってるとこを僕は事象神社と呼んでますが、開口神社もそうなんでしょうね。
住吉っさんがいまの世に物申すとしたら、開口いちばんなんと言うんでしょう(笑)。

博多から堺へ。
今回の伊勢・出雲遷宮は、大きく言ってその事象的流れにあります。
予定では津軽の十三湊をはさむはずだったんですが、遺跡発見自体でエネルギーを使い果たしたもかも?
堺に散在するさまざまな要素、アイテム。
そこから事象を読み解くことも、いまや可能だと思いますよ。
住吉大神と日本武尊の今後のからみに注目です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/14 01:48分 
  • [編集]

Re: FUJI FILMの 

ミルフィーユさん、謹賀新年。

麒麟(希林)=竜の子太郎=泉(安曇)小太郎。
鹿さん=安曇の志賀神の動向が気になります。

去年はほんとうに大変な年でしたね。
もうあんな年はいらない!
13日の金曜日に、日印原子力協定の黄泉ガエル・猿田彦岡田が内閣復帰したのがヤなカンジだけど、
よりよき年であるよう祈っています。
ことしもよろしくおねがいします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/14 03:07分 
  • [編集]

Re: 補足させてください 

コメント欄でも堺ネタが活発ですね。
博多から堺へ。
玄界灘(限界・現界)から、境界事象の象徴としての堺へ。
僕らはいままさに境にいるんでしょう。
おあつらえ向きに歌会始のお題も「岸」。
川を境として岸に渡れば、クニも文化も変わり新たな出会いが生まれる。
弥生時代のクニには境界としての柵があり、出入り口に鳥型が立てられた。
元旦の鳥島の地震は、たぶんそれなんでしょう。

去年やはり住吉大社にいくべきだったと、いまさらながら後悔してます(笑)。
わかりやすい文章がベストなんですが、どうも苦手のようで(苦笑)、おまけに情報を詰め込みたがり、記紀のみならずホツマツタヱまで使ってるのでよけい混乱させてしまうと思います。
うららさんはじめ変わらず訪れてくれる皆様に、こころから感謝しています。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/14 17:51分 
  • [編集]

Re: 年越の大祓 

宗像大社の年越の大祓のご参加ごくろうさまでした。

宗像の空に雲と太陽の十字とは、シンボリックでしたね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/14 17:56分 
  • [編集]

Re: 明けましておめでとうございます 

凡児さん、あけましておめでとうございます。

鳥島の地震は、おそらく鳥居とおなじ意味があるのでしょう。
そしてもちろん日本武尊。事象紅白のトリを飾るのは彼なんでしょうね。
1月のブログに書きましたが、この地震は新潟の津南町の妙法山とライン連動。
やはり富士が気になります。
伊豆能売もですね。

日本武尊といえば鷲。鷲といえば13のアメリカ。イタリアのラクイラ大地震。
イタリアンカラーの馬主が新法相になったとたん豪華客船の座礁転覆事故。
フェラーリの多重衝突事故とおなじく、ストレートな事象ですよね。
パンチとしてはゆるゆるですが。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/15 00:02分 
  • [編集]

Re: いやさか様へ 

DIVAさんありがとうございます。

そうなんです。このブログのそもそもの目的は、少しでも多くの方に日本の神話に目をむけてほしいと。
僕らが祖先のストーリーを知ることが、物語の浄化にもつながるんだと。
たとえ悪いですけど、幽霊だってうらめしや~って出てくる(笑)。
恨めしいからにはストーリーがあり、それを訴えたいから出てくるわけです。

有馬記念の優勝馬は、ギリシア危機にちなんでオルフェでした。
正式にはオルフェーヴルですけどね。仏語で金細工師だそうです。
日本初演のオペラはギリシャ神話の「オルフェオとエウリディーチェ」とのこと。
イザナギ・イザナミ神話とシチュエーションいっしょですよね。
クラシックの演奏で、日本人は技巧はあってもハートが・・・という話をきいたことがあります。
自国のバックボーンがなければ人の心の琴線に響かない。
そのとおりだと思います。
演奏で表現されるのは、つまるとこ自分自身ですもんね。

おかげさまで美具久留御魂神社をヒントに、オオナムチ西征のワケが解けてきました。
なぜ天竜川で堺が示されたのかも。
いずれ文章にしたいと思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/19 22:59分 
  • [編集]

二つの三輪 

オオナムチの西征ですか。

よく指摘されることですが(たとえば安本美典『卑弥呼と邪馬台国』)、
筑前の三輪周辺と畿内の三輪周辺は地名がそっくりです。
偶然とは到底思えないレベルですので、
どちらかがプロトでどちらかがコピーの地名移しなのは間違いないと思います。

朝倉街道に針摺という地名があったりして、
筑前のほうがプロトかと思ってましたが、逆かもしれませんね。

西征の記事、期待してます。
  • posted by TohkiYama 
  • URL 
  • 2012.01/21 06:13分 
  • [編集]

Re: 新年早々・・・ 

marisolさん明けましておめでとうございます。

もう23日ですけど(笑)。
ほんと日がたつのは早いです。

気多大社は勝訴。
宇佐は敗訴。
明治神宮は出もどり。
この辺どう反映されるか見ものですね。

「禊いで禊いで禊まくります宣誓」とはすごいですね。
僕はウミ出しがとまらず、
もうかんべんしておくんなまし宣言です(笑)。

今年もよろしくお願いします。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/23 01:45分 
  • [編集]

たたり鮒? 

群馬の多々良沼、多々良川で、鮒の大量死だそうです。
はやく原因が解明されればいいのですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-00000047-san-l10


私の中では、鮒って、金属のイメージと、田んぼのイメージ、両方あるんですよ。キンブナギンブナっていうからかな。

それにしても、昨年は八雲(犬)の鎖が何度も腐食して落ちたし、鉄、弱ってるんですかねぇ・・・
  • posted by yakumo 
  • URL 
  • 2012.01/27 18:27分 
  • [編集]

Re: 二つの三輪 

ああ、あのことでしたか。
「うつし」ですね。
ちなみに僕は畿内説なんです。
いずれにしても、うつしは物語の移植なので、リンクする可能性は大です。
たとえば阿波→安房はすでに動いてますしね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/13 00:53分 
  • [編集]

NoTitle 

 とにかく新日鉄はいたずらに出雲王を刺激した上に、住金と合併だという顛末は許しがたいものが摂家としては蘇る。
  • posted by インパクト 
  • URL 
  • 2012.10/22 22:58分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

とにかく八岐大蛇が強すぎます。
鉄の蛇にとりこまれなきゃいいんですけどね。

八岐大蛇退治の神楽は「八戸」。
父親が八戸で、日本武尊の三重出身のアルソック体操のおねえさんが、
オロチャのカレリン越えの13連覇でスサノヲを演じましたが、
それだけじゃ弱い気がするんですよねぇ。カタとして。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.12/07 00:42分 
  • [編集]

NoTitle 

国王握力COCNO3握力計にして片方85kgは必要。
職責
会長握力左右合計150kg
社長握力左右合計150kg
役員握力左右合計150kg
課長代理など他長職握力左右合計130kg
主査主席握力左右合計110kg
課員握力左右合計90kg
  • posted by PL 
  • URL 
  • 2014.06/01 00:22分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/254-198bf575

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム