神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

点と線(5)~真打登場


「規が仁を剋す」
ドラマ「JIN-仁」が最終回を迎えた6月26日。常神串(94)ラインの串本町(和歌山)で、サルとまちがえた誤射事件が発生した。規が仁を剋すは、その事象メッセージだ。
シビアな時代である。頭のいい連中や企業は、「仁」なんて旧時代の産物とばかりに都合のいい規範をつくっては僕らをコントロールしてゆく。
だが「仁」は見まちがえられたのだ。ホントのサルはどっちなのか。


09年大河ドラマ「天地人」の最終回「愛を掲げよ」は、11月22日に放送された。いい夫婦の日で、主演は妻夫木。この年の暮れに富士山の右京遭難と、伊豆の伊東群発地震が連動した。
共通のワードは宇佐美。伊東は宇佐美氏の発祥地で、「天地人」では宇佐美定満を真木仁が演じた。
……真木は纒向(まきむく)のマキであり、真東(卯の方角)をあらわす。宇佐美はウサ見。これも「東を見よ」「卯年を見よ」といってる気がする(「無黒点と出雲~第2部のはじめに」)。
仁は人+ニ。真木は二人で立てるもの。だがじっさいはイザナミの手で御柱は立てられ、だからこそ串うさぎの御贄柱と化した。怖れていたことが現実となった。彼女は僕らイザナギの末裔たちの犠牲と、汚染された大地の上にあらたな国柱を立てた。
イザナミの手法はウラナミ。原発外交を推進しておきながら大事故を起こす。TPPもおなじパターンだろう。
このやり口は今後も変わらない。犠牲も汚染も、彼女は厭わない。僕らが変わらないかぎりは……。
来年は原子力からさらに歴史をさかのぼる「鉄」カルマの年になるだろう。人類は永遠の機械の体を望む「999の鉄郎」でありつづけた。鉄郎はメーテルとの旅で変わってゆくが、僕らはどうだろう。
このカルマを鉄の剣で祓うのは矛盾する。すでに草薙剣は鞘に納まり、スサノヲの剣は折られた。残されたアイテムは諏訪神の「藤の蔓」。この藤は、富士のことでもある。
大震災後、6強をともなう連続地震が富士山を巡った。巡るのが蔓であり、カルマだ。


ことし1月3日に連動した、川西市と鼠ヶ関の666と999。
<6>はヒロシマであり、<9>はナガサキだ。<6>は第六天であり、<9>は天の9神である。
第六天は他化自在天。他者の楽しみを自由に自らのものにできるという。信長は第六天魔王を自称した。シヴァ・大自在天神と同視される魔王「波旬」だ。王仁三郎は北米に大自在天神大国彦が降臨し、弱肉強食の力主霊従の世界をつくったとする。いまの進化論社会もそう。大国彦とはオオナムチ⇒大黒天。菅原道真も大自在天と習合し、天満自在天神と崇められた。
先に僕は天で組(93)換えが起きたと書いた。その起点が7月9日だ。
東日本大震災のM8.8がM9に変わり、「88→9」の構図が示された。さらに第2の太陽の船の蓋石が開かれる。まったくなんてタイミングだろう。
大震災のあと、阿蘇山西麓の菊池~山鹿でやたらと地震がおきた。7月5日、その山鹿市の国道3号で小学生の列に事故車が突っ込み、9才の女の子が重体となる。9日に日出JC付近で09年のバグとして発生した高校9児のバス事故とは、重見→重光の「重」ワードでつながっている。「9」と「重なる」はバグの裏づけだ。
この事故では24人が死傷している。来年も24。さらにこの日、女優の香椎由宇さんが産休を終えて仕事復帰したのも見逃せない。香椎の神功皇后をイザナミが取りこんだのであれば、とうぜんカグツチ出産(福島第一原発)後の産休からの復帰サインということになる。じっさい震災後「どこいっちゃったの?」ってカンジだったイザナミの事象は、世界女王なでしこJAPANや、熊野の津波のような洪水とともに再復活をとげる。

ちなみになでしこJAPANの澤選手は府ロク(府六)サッカー少年団出身。危険断層発表の立川断層パワーに、493(シクミ)台風6号マーゴン(鞍馬)のパワーも受けていた。台風6号と、朝鮮半島に大被害をもたらした9号ムイファ(梅の花)は69セットである。キターの9様もそうとうこたえたはずだ。12月19日(意図的に9のつく日に発表)の9様の死をもって、9界再編の一応の収束と考えたウラには、延坪島砲撃とカグツチ出産の関係もそうだが、この梅の花=天満自在天神台風のこともある。

日出JCバグの7月9日には、イタリアのエトナ火山も噴火している。不思議なことに、現地では多くの電子時計やパソコン時計がとつぜん15分も進んだという。時間が飛ぶなんて、まさにバグだよね。
エトナ火山には、テュポン(typhon)という巨神がオリンポスのゼウスによって封じられ、スキあらばと天をうかがい、怒りの炎を噴き上げる。肩から100匹もの蛇がはえた半人半蛇の神だ。テュポンは台風(typhoon)の語源であり、この事象のあとにシクミ台風6号が発生する。超モンスター銀河オロチにもつながる。
空白の15分間に、彼が天になにを仕掛けたのかはわからない。ギリシア、イタリア、スペイン、イギリスで次々と多くのクジラたちが、時には海岸からずっと離れた場所に打ちあがっているのは、それらの国々がEU危機だけでなく、クジラ座の向こうともつながってることを意味する。もちろんオロチだ。

ギリシアの混乱につづくオリンパス問題。東証7733オリンパスは、ギリシア神話のオリンポスにちなんで名づけられた。もとは高千穂製作所。
電撃解任された英人社長ウッドフォード氏の告発後の11月19日、宮崎の高千穂も揺れた。M4で震度2だが、注目は震源。台風6号(鞍馬)に対応する鞍掛山で、向山神社+ニ上神社の反応だ。向山神社はオリンポス12神とおなじ十二所権現。イザナギとイザナミ。天照皇大神とスサノヲ。そして宗像三女神と、天穂日命・天忍穂耳尊・天津彦根命・活津彦根命・熊野楠日命の五男神を祀る。この五男三女神は、記紀神話で天照大神とスサノヲによる天の真名井のウケイで生まれる神々だ。いわば伊勢と出雲をつなぐ子どもたちだし、天の9界再編に豊後大分と京都丹後の「ヒジ・マナイ」連動がおおいに関係してることの証明でもある。
そしてもちろん、東国原知事と口蹄疫、そのまんま東遷などの事象を連発した宮崎高千穂自体が93換えの対象だということ。

ホツマツタヱでは、菅原道真の祖神・天穂日命は九頭大蛇の、宗像三女神は八岐大蛇の子だ。日高見高天原の天忍穂耳尊は祓戸大神セオリツヒメの子。そのセオリツヒメと天照大神(♂)への恨みが昂じて、前記の母親たちは大蛇と化す。高千穂地震とモンスター銀河オロチ発見とのタイミングもばっちりだよね。
熊野楠日(夫須美)はイザナミを死後熊野に祀った神だ。こちらも9月3日に高知に上陸し、イザナミの死と再復活を示すべく熊野に大被害をもたらした93換え台風12号(タラス)とつながっている。
今後オロチとともに噴出する歴史カルマの解除のために、彼ら次世代の神々の働きが期待される。


さて、前回は豊後の日出の真那井について書いたので、最後に丹後の比治の真奈井についてふれたい。

東経133度33分33秒と北緯33度33分33秒のクロスポイントが、高知市の「日出」だとコメントを頂いた。おどろいた。伊予と土佐をつなぐR33をはじめ、「493(シクミ)台風」6号被害のR493とも、「93(組み)換え台風」12号のR439とも、つながる場所だ。6号マーゴン(馬の鞍)も12号タラス(鋭さ)も「サンライズ計画」だということか……。

7月20日、7号トカゲを取りこんだ台風6号鞍馬は、徳島県海部郡に上陸後、引き返して和歌山串本町の潮岬を通過する異様な進路をとった。

20110720台風6号進路

以前、鞍馬が海部氏の羽衣天女を常神串(94)ラインに送り届けたと書いた。
海部氏の羽衣天女はトヨウケヒメ(豊宇賀能売)のこと。丹波国風土記で比冶の里(京都府与謝郡)の比沼真奈井に水浴びに降りる天女である。羽衣を盗んでこの天女をわが子とするのが和奈佐(わなさ)夫婦。和奈佐は海部氏ゆかりの名まえで、徳島県海部郡の和奈佐意富曾神社が女神の本拠地ともされる。
古代この女神は摂津の稲倉山に祀られたあと(摂津国風土記)、比冶の真奈井に降臨する。

比治山は磯砂(いさなご)山。おなじ与謝郡にある浦嶋伝説の伊根町に9月15日にイルカ(いさな)の大群が出現し、比治⇔日出の「ヒジ・マナイ」連動と天の9界再編が本格化する。台風6号鞍馬がセッティングを行い、9月3日に上陸した「93換え台風」12号が起動させたわけだ。
熊野の大災害によるイザナミの死と再復活。「ヒジ・マナイ」連動と9界再編。第2の太陽の船の出航と超モンスター・オロチ。あげくにゃ12月13日の神の粒子「ビックス粒子」。お~い、どこまでいくんだぁ?

この12月13日には加古川沖の播磨灘にも、きわめて珍しいイルカの群れが出現している。僕はコメント返しにトヨウケを播磨と書いてしまったが、摂津国風土記のカン違いだ。ただ、「和奈佐」と播磨国風土記との関連からいえば、このイルカたちはヒジ・マナイ連動と超モンスター・オオナムチとの密接なつながりを示している。それが「ビックス粒子」とおなじ日とはね……。

伊根町のイルカ出現直前の9月12と13日に、大分の日出町で連続神隠しが起きたことはすでに書いた。9月12日には岐阜市の日野南で、軽乗用車に9頭のイノシシが次々と衝突している。親と8頭の子。まさに国常立尊(天御中主神)とトホカミエヒタメの御子8神。天の9神だ。同じ日、伊豆の伊東では一碧湖に、「亀を見に」いった十足町の小学2年生「大和」くんが沈んでいるのが見つかった。アニメ宇宙戦艦ヤマトの父の転落死につぐ「旧い大和の終わり」のトドメだとしか思えない。

ところでみなさんは、羽衣天女に大和を終わらせ、天を再編するほどの力があると思われるだろうか。台風6号鞍馬によって覚醒したのは、もと羽衣天女の天照大神の給仕役トヨウケヒメではなく、豊受大神だと僕は思う。
ホツマツタヱでは、比治の真奈井原は朝日原ともよばれ、豊受大神(トヨケ)と彼を敬愛する天照大神(♂)が神上がった場所とされる。豊受大神はイザナミの父であり、国常立尊の転生である。すっげ~超大物なのだ。
台風6号鞍馬が常神串(94)ラインにトヨウケヒメを送り届けたことで、ホントに覚醒したのはこの豊受大神だろう。だからこそ9界再編がおきた。真打登場である。
同時に丹後一宮・籠神社奥宮の真名井神社や比沼麻奈爲(ひぬまない)神社を中心とする丹後半島や、常神串ラインの北の常世国……たとえば冠島と沓島を残して沈んだ凡海郷(竜宮)なども、フル稼動はじめたと見ていいと思う。

豊受大神の覚醒は、とうぜんながら日出・比治連動を通して八幡と宗像三女神の宇佐や、イザナミの第一世代の星のムラ、クジラ座のむこうの超モンスター銀河オロチともつながっている。
「鉄」カルマの放出をともなう来年の事象は、豊受大神のもとに展開される。
地の11神もその事象スポーツサッカーにおいて、来年元旦の天皇杯での史上初となるJ2同士の決勝を実現させ、第2の太陽の船をバックアップしている。
日出といえば11月14日に北海道の90式戦車部隊をも投入した9州初の大軍事演習が日出生台演習場(大分)でおこなわれ、奄美大島には88式地対艦ミサイルが投入された。これが「型」となって、将来ヘンなシンクロしなきゃいいけどね。


さて、辛かった卯の年もあと残りわずか。
オオナムチのことも書きたかったけど、おのずと書く機会が生まれるでしょう。
ブログを通してことしも多くの方にめぐり逢えました。
あいかわらずわかりづらい文章に、遅れるコメント返し(苦笑)。
それでも変わらず訪れてくださるみなさんに、心より感謝しています。
ありがとう。ごめんなさい。愛しています!
来年もよろしくお願いいたします。

  • [No Tag]

*Comment

あけましておめでとうございます。 

例年に違わず色々あった一年でしたが、今年は何とか少しでもまとまるといいな~

いやさかの木さんや皆様にとって実りある一年になりますように。


もっともっと神のパズル~~

  • posted by モノ 
  • URL 
  • 2012.01/01 13:09分 
  • [編集]

NoTitle 

12/19といえばF-XがユーロファイタータイフーンでなくF-35ライトニングⅡに決定した日。

稲倉山ではないですが、稲倉池のあたり「宇賀」姓が集中していますね。
ttp://www2.nipponsoft.co.jp/bldoko/index.asp


出渕裕がルーンマスカーほったらかして宇宙戦艦ヤマトをリメイクしてヤマト2199作ってた。4/7上映だそうな。

なにはともあれ、重要なのは人の意思と選択と行動であって、それに神々がこだまを返して、また人が…という感じなのかな、と思いました。
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2012.01/02 03:52分 
  • [編集]

燻製ニシンの虚偽 

ノルウェー北部ノールライサの海岸でニシンが謎の大量死をして砂浜埋め尽くしたらしいです。
ニシンと言えば対象の正体を探っていく過程で、無実の登場人物に疑いが向かうよう、偽りの強調をしたり、誤った手がかりを与えたり、「意味深長な」言葉を並べるなど、様々な騙しの仕掛けを用いて、著者は読者の注意を意図的に誘導する文学的演出法として用いられる「燻製ニシンの虚偽」の演出法。ようするにミスリードに注意しろということでしょうか?
「鉄」のキーワードといえば創世記における鍛冶屋、鋳造者の祖であるカインの系譜の説明は外せないでしょう。
彼の子孫であるヤバルは遊牧民(牧畜、畜産)の始祖となり、ユバルは演奏家(芸術家)の始祖となり、ドバルカインは鉄や銅の刃物を鍛えた鍛冶の始祖となったのですから。今の文明の基板たる知恵、セトの子孫である我々の基礎たる製鉄と物作りと娯楽の知恵はカインの血脈の知恵の遺産なのです。面白い事にグノーシスキリスト教セツ派の文献である「ヨハネのアポクリュフォン」においては知恵を授けたのは「鷲の姿をしたソフィア」であり「蛇は汚れた生殖行為」を与えただけの邪悪な存在と書かれているんですよね。(まあ、蛇も鷲も螺旋の象徴(寓意)なので同じようなものだと思いますが・・・)。ここで先のコメントに書いた天狗コウモリ=ベルゼブブというメッセージ性から、
バール信仰=天狗信仰=ガルーダ(蛇を食べる鷲)信仰=鷲の姿をしたソフィアに繋がるのではないかと思います。コウモリの新種を使って「天狗に注意しろ」のメッセージを出したのは鷲の女神ソフィアに対する牽制球ではないでしょうか?しかしこのアポクリュフォンの文献は面白いんですよ。この文献ではヤハウエは猫に似ているって書いてあるんですよね。猫と言えば「八重歯」、つまり「ヤーエの歯」ってジョークになるんです。ですからこの文献を作成した神々はあながち的外れな文章だけで作ってはなさそうなんですよね。因みにこの文献ではエロヒムの方は熊に似ているらしいです。熊と言えば熊野。熊野(イヤ)がイヤーの発音であったとするならばこれもヘブライに繋がりそうで、あながち嘘だけとも思えない。
さて果たしてこれらもミスリードを誘う燻製ニシンの虚偽なのでしょうか?
  • posted by 王冠(ミトラ) 
  • URL 
  • 2012.01/05 00:45分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.01/05 01:44分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.01/05 10:46分 
  • [編集]

みくくる、みくまり、みらくる? 

私事なのですが美具久留御魂神社に初詣に行ってきました。
近つ飛鳥の御来光の道、地名は貴志、旭ヶ丘で、旭山です。
この神奈備は、真名井原と石碑にありました。
ご由緒からして、丹後の真名井とくれば、本当に祀られているのは…。

おおよそ3キロ圏内に菅生、多治井という地名があり、
菅生の西隣は野田。これもあまりに露骨ですね。
その隣は陶器、見野山で、ハンドルネームの陶器山です(笑)。
少し北の羽曳野には、みなさんご存じの通り、応神陵、仲哀陵、白鳥陵などがあり、
多治井には黒姫山古墳もあります。
美具久留神社の南3キロには佐備神社で、忌部氏、製鉄です。

というわけでして、
このブログのキーワードのほぼすべてがここに、フルに一点集中しているようです。
フルと言えば、美具久留神社のご由緒の宣託にある「押羽振」のフルには辰がいます。

今年は岸で「みくまり」な一年になるのでしょうか。
ロンドン五輪は水泳に注目ですね。
  • posted by TohkiYama 
  • URL 
  • 2012.01/05 19:22分 
  • [編集]

「きし」と「みくぐるみたま」 

TohkiYamaさんのコメントに「きゃぁ~」感激!
いやさかさん、ごめんなさいね。
だって去年夏から美具久留御魂神社が気になって気になって。
すごく立派な神社だと思うのに、あまり知られてなくて、実際私も去年まで知らなかったのでした。
真名井の石碑、私も確認してます。
玉もの鎮石、おし振るみたま、なんか匂います。
きっと丹後のマナイと繋がってますよね~
なお菅生神社は、北野田から1km圏内にある私の実家の氏神様ですから、去年夏もお参り行きました。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2012.01/05 20:33分 
  • [編集]

気になること 

氷香戸辺の託宣の「押羽振」も気になります。
羽曳野の羽とすると飯盛山の羽根戸とのつながりでホムダワケでしょうか?
それともニギハヤヒで、振は布留御魂でしょうか?
いずれにしても、いずれでもないにしても、そもそもオオナムチとの関係は?
いろいろ謎ばかりですね。

もうひとつ気になっていることがあります。
美具久留御魂神社の近くに、すばるホールがあります。
福岡の筑前町三輪には目配山があり、
そのふもとには大己貴神社、近くにめくばーるというホールがあります。
配る=分ける…これも「みくまり」ですよね…。

建水分神社は厳密には千早赤阪村ですが、数分も歩けばそこは河南町、カナンの地です。
やっぱり、ばーる神も動いている、のでしょうか…。
  • posted by TohkiYama 
  • URL 
  • 2012.01/05 23:54分 
  • [編集]

身を尽くす 

点と線をここ迄読んで来て、ふと身震いしてしまいました。

此花区で生まれ育った小生には…

此花、日の出、高見、酉島、春日出、梅香、朝日等の地名だけでなく、元々は製鋼所もあり、伊丹方面と繋がる伝法船の街でもあり、八咫烏を御記にする鴉の宮神社があり、澪標住吉神社があり…
 
源氏物語の中にもあるようですが、身を尽くす…
その澪標そのものはまるで、磔にされた身のようだなって先程感じてしまいました。
 
イザナミとイザナギのお二方はどうなって行くのかな…
身を尽くす程の思いは…? と。
 
本年も宜しくお願い申し上げます。
 


  • posted by Mythril 
  • URL 
  • 2012.01/07 12:43分 
  • [編集]

Re: あけましておめでとうございます。 

モノさんあらためて、あけましておめでとうございます。

モノさんにとっても 実りある一年でありますように。

ちなみにうちの長は名まえに波と旬がつくまさに第六天魔王波旬。アメリカ帰りの改革好き。
ブログでさんざん逆らってますから、祟りを被るのも仕方ないかも(悲笑)。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/14 18:06分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

自衛隊は欧州ではなく米、エトナ火山のテュポンではなく雷神たる大自在天神を選びましたね。
ま、ようするに、変化なし。

稲倉山はいまではどこにあったのかわかりませんが、
たしかに泉佐野の日根神社がキーかもしれませんね。
姓名分布図おもしろいですね。ありがとうございます。

おっしゃるとおり大事なのは人の意思と選択と行動。
まさに神々はひびきであり、こだまだと思います。
そして僕等もまた神々のひびきであり、こだまです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/14 23:38分 
  • [編集]

Re: 燻製ニシンの虚偽 

ノルウェーでは、かつてニシンは海の銀の宝物と呼ばれたそうです。
海の艮の金の宝物が20トンも打ち上げられ、翌日には消えたという話も…。
米のアーカンソーでは年末年始でまた鳥の大量死。
これが元旦の鳥島の地震とつながってるなら、ニシンもそうなのかもしれません。
燻製ニシンの虚偽なら一種のひっかけかもしれませんが、ネットで世界の情報が瞬時に手に入る時代とはいえ、昨今のこれほどの生き物の異変がかつてあったかどうか。
火のないところに煙りは立たずというか、前震だと考えるのがフツーのような気もしますね。
フェラーリの多重衝突につづき豪華客船の座礁転覆事故。
僕らの文明や価値観が目指してる方向は、やっぱ違うってことじゃないかと。
猫パンチのうちになんとかしないと、あおっておいてドカーンというのが、今回僕らが経験したあちらさんの手口ですから。

人間の精神の集合体ともいえる偉大なスピリットは鷲のカタチをしているそうです。
これはけっこういろんな民族に共通してますね。
カインが鍛冶の祖なら、殺されたアベルの霊はどういう事象となってあらわれるのか。
産鉄の大蛇に祟られた日本武尊は、鷲となって蛇をついばむんでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/15 02:46分 
  • [編集]

Re: 征夷大将軍 

鹿島神宮の話は僕は知らなかったです。
どこにあるんだろう。
悪路王の頭がたしか宝物殿にあったと思います。
アテルイだそうですが、千葉にも悪路王はいます。
麻久留王とも。こちらは日本武尊が滅ぼしています。
ハマコー逮捕がその事象でした(笑)。
日本武尊も日本武尊も、おなじく蝦夷討ちですね。
東北にひろがる鹿島信仰とももちろん関係しています。
2010年の台風9号の影響で宮城の鹿島神社の神木が折れ、
大震災で総本社の鹿島神宮の大鳥居が倒れたわけです。
そういう地震だたということですよね。
あの頭だれがつくったか知れないけど、悪趣味だよなぁ。

田村麻呂のことは、岩手宮城内陸と岩手沿岸北部地震のときに書いたかと思います。
あの地震はまさに田村麻呂~文室綿麻呂の征夷をあらわしてました。

2007年9月13日に先住民族の権利に関する国際連合宣言が採択されました。
06年6月に起草されたものですから、数字的にも、事象の流れであることがわかります。
これに応じるように、08年6月6日にアイヌ民族を先住民族とすることを求める決議が両院で採択されます。
岩手・宮城内陸地震は6月14日でしたね。

幻の日本王国とか、千葉の七星剣とか、考古学上の発見も東への流れです。
というか、三内丸山遺跡や幻の津軽十三湊の発見。個人的には当時から東に目を向けるべきだと主張してました。この国の歴史観は西に偏りすぎています。なんでもかんでも朝鮮半島から。いやそうじゃなく、東からも来てるんだと。歴史的視点を変えてこそ、アテルイの姿も見えてくる。日本人はもっと東に目を向けなくちゃいけないんです。向けないから向けさせられる。
もっともいまの考古学ではなかなか難しいものがあります。考古学もまた、モノの文化だからです。だからこそ偶然に三内丸山や十三湊、おまけに出雲大社の宇豆柱まで発見させたのに、まだぜんぜん足りないらしい。

いっそのこと大河ドラマでアテルイをやるとか、そういうのも事象的に期待してたんですが、まあこの国は韓国とちがって史実や時代考証にうるさいですから。

鹿島神宮のことは調べてみます。
僕はスピ人ではないので、残念ながらあちらの方々にうかがう能力はありません(笑)。
田村麻呂やアテルイのことは、その後ブログの記事にはしてませんが、僕の中では事象の流れとしてあります。
いずれまとめて書いてみるのもおもしろいかもしれませんね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/16 02:58分 
  • [編集]

征夷大将軍 

こんにちは

初めて公開コメントする、
非公開コメント常習犯です(笑)




時々、世界の宮崎アニメで知られる、宮崎氏の創作センスに、驚かされます。

どのようにして、あのような閃きが湧くのかしら?、精神の古代層に呼びかける
それが世界中の子供、大人年齢層に関係なく、無意識層を揺さぶられる、、 日本人というのは、本当に時々恐ろしく感じます。

自分も日本人していますけど、地球人の意識内層への浸透力、普遍力というのでしょうかね、宮崎氏の創作意欲は、未来への橋架け、
明日の未来へに向かって、、魂の希求運動 そのものなんでしょうと思います。

あるいは、宇宙へ放つSOS信号なのか?
いったい、どっちが宇宙人でどっちが地球人なのか?
宇宙との呼応運動でしょうか?

1997年公開されたもののけ姫は、
エミシの隠れ里に住む少年アシタカとサン<もののけ姫>の話です

かれこれ15年前に公開されたそうです。

主人公の、アシタカは、アテルイ、、アイヌの存在と二重写でしょう

以下、WIKIのもののけ姫の 部分転記です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東北に居たエミシ(蝦夷)を宮崎駿は、大和政権に追われて東北の山中に隠れ住んでいた最後のエミシ、純血種の生き残りと判断している。村をまとめているのは、占いで物事を決めていくという女性(ヒイ様)である。神社の中で拝んでいるのは岩倉(岩の壁)、御神体である岩の塊である。カヤが抜いた、刀身が直線的で先が尖っている刀は蕨手刀という。柄の方には輪が付いている。東北地方だけで八世紀ほどまで作られていた。生活雑器だが武器にもなり、坂上田村麻呂と戦ったエミシの軍勢はそのような刀を持っていたと考えられている[34]。
=======================
同じく、生きる、、という事について、以下の宮崎氏のコメントも 興味深いです。
結局、、この地点で落ち着くのではないか?、、というより、その地点しかない?

拭えない侘しさ感じます。
転記します。

=======================

百億の人口がねぇ、二億になったって別に滅亡じゃないですからね。そういう意味だったら、世界中の野獣は、もう滅亡、絶滅していますよね(笑)。そうですよ。元は百匹いたのに、今は二匹しかいないなんて生きもの一杯いますからね。そういう目に、今度人類が遭うんでしょ、きっと。でもそれは滅亡と違いますね。僕等の運命ってのは、多分、チェルノブイリで、帰ってきた爺さんや婆さん達が、あそこでキノコ拾って食ったりね、その『汚染してるんだよ』って言いながら、やっぱり平気でジャガイモ食ってるようにして生きていくだんろうなっていうね…まぁ、その位のことしか言えないですよね。それでも結構楽しく生きようとするんじゃないかぁっていうね、どうも人間ってのは、その位のもんだぞって感じがね…[5]

==========================================================================================

事象の解読というよりも、時間を越える 宮崎アニメにも
神秘的な感性を感じます。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.01/16 08:10分 
  • [編集]

宮崎アニメ 

いやさかの木さん今日は
千春さん、私も宮崎アニメ、不思議だと思いますよ、特に「風の谷のナウシカ」は映画の封切日が「1984年3月11日」なのだそうです。

ついでに気になるのがこの台詞
「その者、青き衣を纏いて 金色の野に降り立つべし。 失われし大地との絆を結び、ついに人々を蒼き清浄の地へ導 びかん」スタジオジブリ「風の谷のナウシカ」より

勝手な思い込みですが私のブログに書いてみた事が有ります、まるで「ソサノオとウシトラの金神」がこの世界を導くと言っている様です。

それと1984年はアップル社のMacintoshが発売された記念すべき年でもあります、そして世界中をネットで繋ぎ「i、アイ」をまき散らす事になりました。

スティーブ、ジョブスもまた不思議です。

いつもお世話になっております。
  • posted by Shibuchin 
  • URL 
  • 2012.01/16 11:57分 
  • [編集]

1970年3月11日 

12月下旬に、大阪万博記念公園へ行きました。
ドダーンと『太陽の塔」がっ!
形の曲線に愛しくなるまるさを感じつつ、縄文土偶を連想しました。

公園内にある『EXPO'70パビリオン』で展示されている岡本太郎作の「施設の鍵」をみました。

鍵を持つ部分は力強い9つのおたまじゃくしのような形が、鍵の歯の部分は2つの手がついてあります。
1970年3月11日、完工引き渡し式典で石坂会長に手渡された万国博施設の鍵です。

形と日にちに、はっとしました。

  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2012.01/16 16:48分 
  • [編集]

NoTitle 

17年前の17日、大きな揺れで目を覚ましました。神戸の従姉妹や叔母は…!ようやく繋がった電話に言葉を失いました。

湾のむこうにいつも見える、おしゃれな神戸がない…あの日に大阪の心も一緒に死にました。隣接する府県の心も。

迫りくる火の手に、ガレキにはさまれたおじいさんは、「わしはもういい、おまえたち逃げなさい。」ぎりぎりまで助け出そうとした家族は、コップ一杯のお水を置いて泣きながら引き揚げた。

就寝中、逃げ出せずガレキに埋まりながらも「赤とんぼ」を歌って生命の灯をつなぎ救出を待った人もいた。

叔母は火の手の中で無事助かり、安堵しましたが、口に言い表せない惨事は至る所にありました。

あの日から大阪も周辺都市も、鉛を呑み込んだ重い心を明るい笑いの底に沈ませ、元気出してます。それだけに東日本を思わない日はない…。おせっかいは承知の上、今、ガンバルのはまかしといて!と。

神戸の復興は意外と早く、日々明るいニュースで満たされていった。けれど、災害規模が格段に違うのを差し引いても、3・11後は何かが違う。何が違うの?

生まれたカグツチ、魑魅魍魎とうずまく既得権。

仁徳陵古墳の公園をウォーキング中、ふと足を止める石碑があります。刻まれた文をじっと見てしまいます。

「高き屋にのぼりて見れば煙立つ
         民のかまどはにぎはひにけり」

外国から見れば、日本はひとつの国。西も東も思いはひとつ、戦うべきものを見極めたく思います。

先日、葛城山の麓のお寺にお参りしました。日本一長い路線バスに揺られて行きました。東北大震災の陰に隠れ、皆の記憶から遠のいていったけど、バスは【ガンバロウ十津川】と幕をはって、けなげに、いやさか様の串ラインを新宮めざして走ってゆきました。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2012.01/16 23:53分 
  • [編集]

宮崎アニメ 

いやさかの木様
shibuchin様
皆様
こんにちは

ナウシカの公開は、3月11日だったのですか?

知りませんでした。

個人的な体験なのですが、、2年前10月10日、高知在住の友人と、室戸岬に行きました。海辺に走って、足元に フト 意識を惹かれ、波打ち際に、なんだか変わった、甲殻類の抜け殻なのか?あのナウシカのオームにそっくりな、貝類を見つけ、裏を返すと柔らかい襞がついていたので、死んだばかりだったのか?

生物学専攻している友人でさえ、珍しいモノ、すぐ見つけますね?と言われました。
背中が丸く、オームにそっくりな構造なんですよね。珍しいので、家に持って大事に保管してあります。
ですので、当事ナウシカの映像を調べて見た記憶があります。、2010年10月10日ですから、東北地震の5ヶ月前の事です、、、、、
ナウシカの記録を調べた時3月11日公開の日にちは 視野に入ったのかしら?

よく覚えてないんです。

東北地震について言えば、2011年3月10日に、つまり前日ですが、暗示が入ってきたのですが、非常に こういう事は抽象的なんですよね。
阪神淡路大震災を前もって予知した ある神道家の記事でした。


まさか、、翌日、阪神淡路地震を越える、大きな震災がくるとは、、、、

 2011年3月11日前後の此処での書き込みも、読ませて頂きました数日前の皆さんの過去録を追って読むと、一貫した流れの中に、何かを分らせようとする、、方向指示器みたいなものが観えるのですが、興味深かったです・

話し変わりますが

昨日の夢も 不思議な夢で、車がスーと走ってきてシスターが車に乗ってきた 沢山の子供達に、お守りを配っていて、子供達を誘導している人はわたしのよく知っている人でした。子供達の中に、わたしの子供もいて、それを、遠くから眺めている自分がいるのですけど、、

なんだか全てこのような画像で抽象的なんです。

入ってきた抽象的な画像を、どのような意味なのか?という解読する行動は、個々人の経験や体験、または過去で体験した感じた心像によるらしいので、解読は、個々人違う、、という事らしいんです。

それから、岡本太郎の太陽の塔も、3,4年前から、よくメッセージとして 降りてきてました。

渋谷駅を降りると ハチ公側広場にあるんですよね。、、大きな壁画が、、

施設の鍵 の事は知りませんでした。

興味深いです。

今日は、決して阪神淡路地震の事は忘れていけない日ですね。 亡くなられた方達の安らかな永眠をいつまでも忘れず祈りつづけたいと思います。





  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.01/17 18:49分 
  • [編集]

Re: 源氏 

トキワってタイトルで初期のころに書いてますよ。
夢でささやかれたんです。
コメントくださる方に常盤御前が前世という人もいますよ。
例の大震災前後の衛星画像の顔をアテルイだといった方です。
日本神界とはまた別の空間にいるとか。
東日本大震災にもトキワは深く関係しています。
たとえば震源と同緯度の竹駒神社がある岩沼は、常磐線の終着駅だし。
常盤や常磐、常葉でブログ内検索していただければいろいろ出てくると思います。
トキワは常世ですから、熊野や富士にもつながりますね。
津南町と鳥島の地震がさらなる事象を呼ぶとすれば、常世波だと思います。
若狭か太平洋。規模的には後者の方がヤバいですが。

千姫の命日が1666年3月11日って、すごいですね。
去年の大河ドラマ「江」の娘ですし。
秀忠が八十八夜なら、まるでスサノヲと宗像三女神。
江が竹生島の沖津島姫だとすると、夫はスサノヲの子オオナムチ。
そこから3・11の666が生まれたということになるかも。

ちなみに東京スカイツリーは源氏事象の先に立っています。
あと保科正之のことも書かれてたと思うんですが、ピンとくるのが佐倉惣五郎(宗吾)。
義民佐倉宗吾が直訴状を渡した相手ですね。
この佐倉宗吾の産土神が、岡本天明に日月神示が最初に降りた麻賀多神社になります。
宗吾霊廟とも近いです。

「土」とはもちろん列島のことであり、地球のことです。
一般的に列島は国常立尊のご神体ともいわれますが、僕的には列島はオオナムチ、地球はスサノヲ・・・そんなイメージをもっています。
いまのどじょう内閣は、オオナムチ安来の安来節的には土壌救いなので、本来そういう政策をとるべきなんですが、どうなんでしょうね。道祖神でもある猿田彦岡田の副総理就任でますます土臭くなってきましたが・・・。

それから以前のコメント返しで、あやまって文章を消し忘れたままupしてしまったこと、お詫びします。
あとで気づき、その部分は削除しました。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/18 01:59分 
  • [編集]

Re: みくくる、みくまり、みらくる? 

TohkiYamaさんあけましておめでとうございます。
美具久留御魂神社は、うららさんがしきりに気になさっていたので存じております。
僕も調べてみましたが、やはりなにかあるお社さんのようですね。
ここの生太刀は、出雲の飯入根が崇神に献上したものだとか。筑紫からもどった兄の振根がそれを知って怒り、殺してしまいますね。この事件以来中断されていた出雲祭祀が、丹波の氷香戸辺の子ども歌の報告によって再開され、活目入彦命(垂仁天皇)に祭らせたのが美具久留御魂神社。事象的にいえば飯入根の子孫が菅原道真だし、ワニの神はオオナムチの奇魂たる大物主櫛甕玉命で、三輪山と対応しています。
オオタタネコによる大物主祭祀やトヨスキイリヒメの元伊勢と、いってみれば一連の事業であったと。
だから、太陽の道で三輪山ともつながっている。
いまの事象は・・・もちろん多重構造ですが・・・ちょうどこの時代にあたります。
いまオオタタネコを探してるようなカンジですね。
ですから事象ワードの集中もうなずけます。
おまけに「岸(貴志)」の宮。
今後も注目のお社さんです。
第2の太陽の船の接岸地点かも?

ロンドン五輪は水泳・・・なるほど。おもしろいですね。
みらくるな一年であってほしいものですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/18 02:57分 
  • [編集]

Re: 「きし」と「みくぐるみたま」 

そうそう。
うららさんさわいでましたよね(笑)。
TohkiYamaさんのコメント返しにも書きましたが、三輪山と太陽の道でつながっているのは、崇神の一連の事業だったからだと思います。
ということはとうぜんトヨスキの丹後元伊勢ともつながってますよね。
うららさん行かれた籠神社。
思えばうららさんにはずいぶん道案内していただいています。
今年もよろぴく!

菅生神社も、なんかあるかもですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/18 03:04分 
  • [編集]

Re: 気になること 

この出雲の宝は武日照命が納めたものですが、
ああそういえば、武日照の又の名も武夷鳥でトリですね。
埼玉の鷲宮神社には、天穂日と武日照とオオナムチが祀られています。
元旦の鳥島の地震とも関連しそうな。

この武日照は、ホツマツタエではニギハヤヒの弟です。
母方がオオナムチの系統。
天穂日はオオナムチの国ゆずり後に出雲を治め、土師氏の祖神。
鷲宮神社も別名が土師の宮だそうで、このあたり浅草寺の土師中知(「トリかよっ!」)とつながります。
なるほど、武夷鳥のトリもあるのか~。
羽曳野の羽と飯盛山の羽根戸、意外とつながってくるかも。

美具久留御魂がオオナムチの荒魂なら、三輪山の幸魂奇魂と対応してますね。
太陽の道が88になって(個人的にそう思ってます)、どう伊勢と融合するのか。
第2の太陽の船なんかもからんでくるんで、そういう視点でいくと、いまはまさに崇神の時代なんでしょうね。
祭祀の大転換の時代。
太陽の道でも切り替えがおきている。
丹後元伊勢の豊受大神もうごくわけだ。

筑前町三輪の目配山っておもしろいですね。
ちと調べてみます。
みくまりといえば08年に見た夢を思い出します。
なぜかX染色体の中にいました(笑)。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/19 02:40分 
  • [編集]

Re: 身を尽くす 

Mythrilさん本年もよろしくお願いします。

・・・って、何度目だろうこれ書くの。
偶然でしょうが、FC2や業者メンテ。フリーズにミスタッチ。
こんどはupできるかな?
太陽の道のこと書くのよしてみます。

cross22は神武東遷事象と連動し、その神武事象は9さま→9ちゃまで一応の完結。
大震災以降のオオナムチの西征で大物主や物部、尾張氏が本格的に動いています。
いまのとこ超モンスターオオナムチは、奥方にとどめて頂いてる模様。
竹生島の沖津島姫かな。それともヌナ川姫かな。

大物主の一族は住吉航路を継承します。
こんぴらさんがいい例です。大物主と住吉が混じってます。
さて、箸墓・纏向のヒミコ事象をイザナミがとりこんだとあれば、
淡路のイザナギ、伊勢(齋宮)の天照大神の間にイザナミと大物主がいることになります。

身をつくすほどの思い・・・。
住吉もまた身をつくしであるのなら、たがいの岸を行き交う渡しであってほしいと願う今日この頃です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.01/23 01:33分 
  • [編集]

Re: 征夷大将軍 

ナウシカの原作本は読まれましたか?
あれはいっそうスゴイです。
腐海の毒におびえて暮らすものたちもまた、清浄の空気では生きてゆけない。
それでも、
「私たちは血を吐きながら、繰り返し繰り返し、その朝を越えて飛ぶ鳥だ!」
と、ナウシカはいいます。
前にプロフィール欄にのせた言葉ですが。
「トリかよっ!」
の最初にもってくればよかったかな?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/02 21:51分 
  • [編集]

Re: 宮崎アニメ 

「風の谷のナウシカ」は、もちろん映画館で観ました。
若かりしころですね(笑)。
「1984」って映画もありましたが、
封切日が3月11日だったとはオドロキです。

「i、アイ」は地球を救えるんでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/02 22:07分 
  • [編集]

Re: 1970年3月11日 

1970年3月11日に「鍵」だったとは。
おそれいりますね。
びっくりしたな~もう。
なぜ9つにしたんだろう?
天の9神?
M9のナミ?
ふたつの手は双葉町でしょうか。
なんせゲイジュツは爆発だ! 
の太郎センセ。
原発も爆発だ!
「明日の神話」の落書きともつじつまが合いますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/02 22:30分 
  • [編集]

NoTitle 

ご安全に。
PCの調子が悪かったり、アップした記事が消えたりするのは「何かまずいこと」を書こうとしたブロガーに共通して起きていることのようです。

今時はアンチウィルスなどないも同然でPCを監視するソフトをリモートインストールできます。

とりあえず、JavaやFlash、AdobeReaderはセキュリティホールです。最新版にするか、でなければ削除するかした方が良いです。ブラウザのセキュリティ設定もあげられるならその方が良いです。

WindowsFirewallの例外設定を外したり、タスクマネージャでおかしなプロセスがないか確認したり、netstatコマンドでおかしな所につながっていないか確認したりしたほうがよいかもしれませn。
でも、IT系の人間でもなければ難しいでしょうか。
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2012.02/03 02:59分 
  • [編集]

Re:Re: 1970年3月11日 

いやさかの木さんへ

ほんと、「なぜ9つにしたんだろう? 」ですね。
魂が9つ?どれみふぁそらしどれ次のサイクルへ?

太陽の塔の中には、生命の木があるし・・・です。

万博公園へ行った日の朝、
東寺御影堂での生身供にて、心にしみる法要を体験しました。
地元の大おにいさま・大おねえさま方々の唱和に、でるわでるわ涙。
半年分泣きました。
東寺の売店で売っている御香、いい香ぞする~

次の日は、銀閣寺へ。
向月台・銀紗灘に家人が興味があり、白砂の妙を体感し、あれやこれやとそれぞれの想像を話し合ったりと。

気がつけば、新潟・京都・吹田と艮・坤の方位をつなぐ線上をたどる、太陽と月の小旅になりました。

帰宅後、家族みな創作意欲がドカーン!


次の巻は、まだでぬか!と心待ちにしてました。
「ナウシカ」一年に一回は、読みたくなる漫画です。
7巻、シュワの墓所へ向かうナウシカは、ヤマトタケルノミコトと同じく剣をおいていきます。
進んでいく姿に鼓舞されます。

宮崎氏が2008年7月19日「ポニョ」初日舞台挨拶で、上映中に福島沖で地震(M6.9石巻23cmの津波)を伝えていましたな~。


さて、
1月23日は、旧正月・新月。
夕方、USTREAMの強震モニタを見ていたら、
ことのほか活発だったので、つけっぱたしにしていました。
20:45の福島沖M5.1をリアルタイムで見ていました。
日々、見ているとモニタから、地球が生き物なことが、ありありと表出です。
宇宙天気ニュースもそうですが、ネットありがたやーです。
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2012.02/05 23:30分 
  • [編集]

Re:: NoTitle 

あれから17年ですか。
早いものですね。
これから17年後には、どういう風景がひろがってるんでしょう。

福島第一原発がなければ、3.11後はもっとちがったものになっていたでしょうね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/06 01:08分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/255-6b572b14

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。