神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

境界の羽根(追記あり)


2012.1.27~2.2全国M3
 2012.1.27~2.2 M3以上

1月28日に山梨県南都留郡道志村を中心に震度4と5弱が発生した。震源は丹沢山系の鳥ノ胸山付近。山梨県では、元旦の鳥島近海M7以来の大きな揺れだ。
鳥島と鳥ノ胸山。またしてもトリ……。
元旦連動の伊豆鳥島と新潟の津南町妙法山は、ともに富士火山帯に属する地域。もちろん今回の道志村もそう。
31日、こんどはその富士山8合目に「鳥」が出現とのニュース。
残雪が鳥のように見える「農鳥」は、5月中旬に農作業のはじまりを告げる春の風物詩として知られる。だが厳冬期にあらわれるのはきわめて珍しいという。
よりにもよってこのタイミングで、この珍現象……。
富士山まで、トリかよっ!
というか、やっぱ富士が大トリなのか?

都留(つる)の道志村には道志川断層が潜んでいる。富士五湖の山中湖から奥相模湖にかけて、山間を道志みち(R413)沿いに伸びると考えられる。フィリピン海プレートの伊豆半島が、列島をぐいぐいと突き上げて生じた大きなシワだ。
この断層は全国一斉漁業ストライキの2008年7月15日にも、道志村で震度3の自己連動を起こしている。どうやら海の神たちともつながってるようだ。
「道」だけに道の神・岐(フナト)の神の猿田彦ともね。
ポイントは東経139度の「139」。
なんでんかんでん私事象にこじつける気はないけど、じつはこれ、自分の病気についてハートに聞いたときに示された数字でもある。僕の父方の里は鹿児島の「伊作」。139だ。カミングアウトすれば、いま僕をきわめて馬鹿げた深刻な窮地に追いつめてるのは139のさかさまである。医者に科学的にありえない(逃げ口上だろうが)と見離された、手術痕から出るその931は、まるで桜島昭和火口のようにいつ終わるともなく噴きつづける。これが世の事象と対応するのなら、テーマはモンスターオロチならぬ「ヘビの生殺し」だこりゃ。人生はなにがおこるかわからないよね。もちろん世界も……。

「139」といえば旧約創世記のイサク。モリヤ山のイサクの燔祭。一方「道志」村がある南都留郡は、富士の都留なので「藤の蔓」。諏訪大社のタケミナカタが藤の蔓で戦った相手は、鉄の輪のモリヤ神である。
鳥ノ胸山の地震が、鉄カルマを祓う藤の蔓としての富士山噴火や、イサクが親父に屠られかけたようなフザけた神の試しによるピンチの前ぶれでないことを祈る。人類の「志す道」がこれ以上破壊の上に敷かれないことを。
イサクにサイクをすればイクサ。後継ぎのイサクが生まれたために追い出された異母兄のイシュマエルは、9.11テロ以降いたぶられ続けるアラブ世界の祖だし、いずれにしても7月27日のロンドン五輪開幕あたりがポイントになりそうだ。出雲88事象も北京五輪開会式と同時にはじまったしね。
イランはフォルドゥにある第2の地下ウラン濃縮施設を順調に稼動させている。核の平和利用は、いつだって193と表裏。

去年8月の第11天竜丸の転覆事故では、堺の羽根が示された。いいかえれば「境界(さかい)のトリ」。ことし初っぱなから事象に鳥があらわれ、そして富士山に舞い降りた。富士は世界的にも稀有な「境界の火山」。どうやら堺の羽根もまた富士山を指す。

フジ山天使
 2007.11.14 富士山ライブカメラ

2月6日にフィリピン・ネグロス島でM6.9が発生。死者48人。行方不明92人。ご存知のようにフィリピン海プレートはフィリピン海溝でユーラシアプレートに潜りこむ。富士山の地下でもおなじことが起きてるわけだが、富士の場合はさらに北米プレートを加えた三つ巴の活動がくり広げられている。いやいや太平洋プレートも忘れてはいけない。関東地方の地下は北米・フィリピン海・太平洋の三重構造になっている。これほどリスクの高い境界域はきわめて稀だ。
黒船来航と安政の大地震。ふたつの世界大戦のはざまの関東大震災。
富士だけでなくこの国の首都も、ふたたび世界境界の「型」に選ばれる可能性がある。石原さんは<墓標>都知事だし、アラブの193がトリガーになりそう。遠い異国の戦争じゃないんだよね。
石原都知事と橋下大阪市長の歩みよりは、「88」と「墓標」のやっかいな組みあわせ。これは大洗のオオナムチの超モンスターオロチ事象の一環。藤原時平首相と猿田彦副総理の「祟り改造内閣」も、終息宣言と原発輸出でせっせとカグツチ天国をあおる。
何度もいうようだけど、北朝鮮のウラン濃縮と福島第一原発爆発事故とイランの核開発はしっかり連動している。道志ならぬ同志なのだ。
5月22日オープンの東京スカイツリーは、事象的に2010年3月10日に倒壊した鶴岡八幡宮の大銀杏(隠れ銀杏)を継いでいる。鶴岡八幡宮といえば源頼朝。大河ドラマ「平清盛」に触発されたのか、2月11日の建国記念日、頼朝の墓が井手智規容疑者(大和市南林間)に破壊された。「智」と「規」が「仁」だけでなく「朝=夜明け」を剋した。これがどう出るか。

人類発祥の地は南アフリカ・ヨハネスブルグ近郊にあるスタークフォンテン洞窟(世界遺産)といわれる。そういった意味では、2010年6月11日に開幕した南アフリカW杯は「人類の同窓会」だったわけで、7月11日のヨハネスブルクの決勝でパスサッカーのスペインが初優勝し、「生命の樹」が樹立されたことにはとても大きな意味がある。
現代に至る科学文明は、ユーラシアと北米プレートの国々がリードしてきた。その境界にあるのが日本列島であり、富士山である。外来好きのこの国の特性や歴史も、地面の下の構造と無縁ではあるまい。大和朝廷の記紀神話で富士山が隠蔽されてるからこそ、僕らはよけい日本人とは何かを見失い、問いつづけてきたわけだが、そうした国内の東西構造をふくめ、東西の物質文明が加速度的に積み上げてきたカルマの重さに、はたして「境界の富士」は沈黙を保てるのか。

しかも僕らは、<十>たる生命の樹が根をはるべき十一の「土」の年に、大地を放射能汚染した。原子力が科学文明の王なら、富士山は大地の王だ。忘れちゃいけない。1999年に計画されたロシアの火星探査機フォボスグルント(恐怖の土)は、中国の蛍火(ほ~た~るの♪)とともに1月16日未明チリ南部沖に落下しているのだ。2011年に墜落してりゃ土のままだが、12年はそれに一(天)をくわえた「王」の年。べつにノストラダムスは信じちゃいないけど、太陽神復活を告げた「はやぶさ」とおなじように事象のサインとも考えられる。
つまり、「恐怖の土」から「恐怖の王」へ……。

近年の巨大地震の多くはプレート境界の反応だ。スマトラ沖はユーラシアとオーストラリアとインド。ハイチは北米とカリブ。チリは南米とナスカ。ニュージーランドは太平洋とオーストラリア。台湾はフィリピン海とユーラシア。東日本大震災は太平洋と北米プレート。また、不気味な地殻変動を起こしているイエメンはアフリカとアラビア。ペルシャ湾とホルムズ海峡はアラビアとユーラシアプレートである。
もちろん長い目で見れば、巨大地震とて地球の活動の一瞬にすぎないわけだけど、22万人もの死者を出した2004年暮れのM9.1スマトラ島沖地震をQ出しとして、過密的連鎖をつづける境界の大地震が、世界経済のどんづまりはもちろん、05年にはじまる伊勢・出雲同年遷宮事象と無関係とはとても思えない。そしてその総決算、大トリとしてのオワリの富士噴火も、可能性として僕は否定できない(もちろん富士が噴火したとてまちがっても人類滅亡なんて話にゃならんよ)。

さらに2月14日、かねてから警戒していた事象がゲンジツとなった。
祟り改造政府が、ついに禁断の熊野沖に手を出しちまっただよ。
世界初の海底メタンハイドレート採掘試験に向けた作業が、オワリ愛知の渥美半島の南70kmではじまった。さすが13日の金曜日内閣。カグツチ天国の実現に向けてやることがソツがない。
熊野沖震度4まで待ちつづけてきたけど、これはもう補陀落渡海連動、常世国連動警戒警報を出さざるをえないって。すなわち、東海・東南海・南海地震。へたすりゃ日向灘も。
あらためて発表します。当いやさかブログは、去年1月の富士山噴火警報につづき、ここに東海・東南海・南海地震警報を発令いたします!!
渥美といえば寅さん。「男はつらいよ」のおばちゃんこと三崎千恵子さんが同じ日に亡くなったのは、なにを意味するんだろうね。

黄泉津比良坂の「比良」もまた境界を意味する。
13日の金曜日に内閣にカエル咲いた猿田彦岡田の猿田彦は、境界で僕らを導く道の神(岐神)であり、比良明神(白鬚神社)ともよばれる。さっそくオワリの熊野沖にミスリードだ。
前に「イザナミを黄泉から連れ戻す時期がきている」と書いた。
それに関連すると思われる残念な事象が、2月7日におきた。岡山県倉敷市のJX日鉱日石エネルギー水島製油所において、建設中の海底トンネルに海水が流入。5人の作業員が飲みこまれた。
JX日鉱日石はENEOS。これもまたギリシアがらみの命名。
去年エネゴリくんのCMに熊が登場して、「よせばいいのに」と思ってたんだが……。
熊はイザナミの母なる熊野。エネグマくんは熊野沖のメタンハイドレート。まさにENEOS(新しいエネルギー)。
事象的には比良坂トンネルの事故と見ていい。メタンハイドレート採掘がイザナミを連れ戻す行為なら、水島製油所の事故はかならず連鎖する。

6日には千葉県横芝光町の齊藤隆町長が自殺。横芝光町は06年に旧下総国の山武郡横芝町と上総国の匝差郡光町が越境合併して誕生した。境界の町長が、九十九里浜にそそぐ境界の栗山川で首を切った。千葉には下総vs上総の対立構造がある。横芝光町はその境界における和合のモデルだっただけに、とても残念だ。やはり和合はまだ僕らには荷が重すぎるのか。
5日には、大分県日出町の女児行方不明事件の琴音ちゃんが、同町「大神」の山林で発見された。この事件については『点と線』シリーズで解説したが、けっきょく三輪ということだ。大物主=ヘビである。死因はさだかではないが、かつて出雲88事象開始に連動した筑紫事象の小戸公園の子殺し事件を思い出す。イザナギが黄泉のケガレをミソいだ、筑紫の日向の橘の小戸とされる聖地だ。
フォボスグルントが墜落した1月16日には、大阪市阿倍野区の天王寺駅付近で、従業員をかばったネパール人のヴィシュヌさんが、八ツ当りで若者たちに暴行され殺された。ネパールといえば、かつてカトマンズでアグニエア機が墜落し、カグツチ出産を予告した(アグニは火神)。
超モンスターオロチたるオオナムチは、破壊のシヴァ神と同一視される。このシヴァに対する維持神がヴィシュヌだ。ヴィシュヌが乗る鷲はガルーダ。ヘビを喰らう。
いささか強引だが、鷲神たる日本武尊はこのガルーダに立場が近い。

ことし初っぱなからなぜ鳥が降り立ったのか。
僕らに強烈な膿出しを迫る破壊的な流れに対し、鳥事象は警告を発するとともに、バランスをとろうとしているのだろう。集合的無意識かなにかはわからないが、僕らのなかにもある全体としてのバランスをとる作用のようなものが、鳥の事象を顕現させているのだ。
だがどうも僕らがおこす事象は、あまりにイザナミ88出雲と超モンスターオロチの思う壺。これほど一方的な流れで2013年までになにも起きなけりゃ、そりゃもう事故寸前だった福島第二原発とおなじ紙一重の僥倖というほかはない。
2月8日、新潟の佐渡で震度5強(M5.7)。38度線を狙ってきた。佐渡は「サド」か? たしかにこのサディスティックな破壊への流れは、マゾでなけりゃ悦べないって。

ただそれでもいい兆しはある。
和光高校2年の菅井円加さんのローザンヌ国際バレエコンクール優勝?
たしかにそうだが、後押ししたのは出雲88と「菅」の流れ。
海底トンネル事故で亡くなられた真鳥さんは長崎県五島市の方。永幸(ながさき)の鳥といえば、岩戸びらき神話を思い出す。円加さんはオオナムチ→三輪山→太陽の道の、88系岩戸びらきのウズメじゃないかという気がしてるんだが。

海底トンネル事故や佐渡の震度5強とトキをおなじくして、絶滅したと見られていたミッドウェー諸島の海鳥ミズナギドリが小笠原の父島と母島で発見されたとのニュースが流れた。
ひさびさ出ましたよ「ナギ」。去年1月の石川県白山市・手取層群のサナギ貝以来じゃなかろうか。白山姫おねえちゃんに泣きつき、手を取られたまま化石のように固まったと思ってたけど、ここにきてやっと大事なメッセージを送ってきた。しかも「鳥」を遣って。
あいかわらず事象としてはつつましいけどね。
絶滅種の再発見は、鳥島のアホウドリ以来60年ぶり。元旦の鳥島地震ともしっかりリンクしている。学名はブライアンズ・シアウォーター。和名はオガサワラヒメミズナギドリになる予定。
ミッドウェーは中道。バランスの道。ミッドウェー海戦は太平洋戦争のターニングポイントだった。いまがまさにそのトキ。そして父島と母島。
4000kmを飛んだナギ鳥のように果敢な翼でこの困難な境界をこえれば、父なるイサナキと母なるイサナミがかならず迎えてくれるのだ!
ナウシカは云った。
「私たちは血を吐きつつ、くり返しくり返しその朝をこえて飛ぶ鳥だ!」と。

ヒメミズナギドリが姫見ず泣き鳥だとか、僕らがレッドリストの絶滅危惧種だとかいうふうには、ここは考えたくないよね(笑)。


【追記】
気象庁の震央分布図を確認したら、メタンハイドレート採掘試験作業がはじまった2月14日に熊野沖の深部でM4クラスが発生し、その後連鎖している。
 2012.2.14
2012021401.png
2012.2.12~18
weekly01.png
記事の最初の分布図は1月27日~2月2日のものだが、近畿地方や愛知を縦断する水色の分布域が、日本海と太平洋の常世国をむすぶ列島のバランス域である。もちろん事象的にだよ。そういった意味でも、各トラフに対応する補陀落渡海・常世波ポイントの中で、その中心である熊野沖だけが大きな反応を示していないことがブキミだった。熊野沖の反応が総仕上げのQ出しかもしれない。さもなくば熊野沖でのメタンハイドレート採掘がQ出しかもと去年書いた。今回「ちきゅう」が突っつくポイントは熊野より渥美半島の方が多少近いわけだけど、東部南海トラフの海域という意味ではつながっている。作業開始と連動した14日の熊野沖深部の反応がとても気になる。
ところで当ブログは不安をあおるつもりは毛頭ないです。危機意識と恐怖心を混同されてはちと困ります。
ここに来られる方にはいないと思いますが、悲観的になられた方はIODP推進室のもっともらしい見解を参考にしてくださいね。

『結論として掘削によって巨大地震が引きこされることはありません。掘削が仮にアスペリティーを掘削したとして、アスペリティー全体の破壊を進行させるような影響、特にアスペリティー内の圧力を上昇させ、破壊を引き起こす事(摩擦強度が小さくなる)とは、掘削は逆のセンス(圧力は下がる)ですし、何よりもスケールとしてはアスペリティーが数十キロオーダーあると考えられているのに対して、掘削孔は直径20センチメートル程度ですので、針でつつくよりも小さい穴をあける事と同じです。全く無視できると考えてよいかと思います』

  • [No Tag]

*Comment

フェニックス 

ふぅ~っ 読み応えあった~!!いやさか様、日本のみならず、人類・世界・地球そのものへの警告をありがとうございます。備えあれば憂いなしの心境で、日々暮らしてゆきますね。

私がこのブログに心魅かれた一つの理由に「堺の羽根」が記されていたことがあります。今までふれなかったけれど、御近所さんに羽根さんがいるの。

けれど、彼女は別の羽根さん。ピンピン元気で頑張りやさん。天竜川の事故を心配して聞くと、当惑気味に、「うん…親戚かってきかれるんだけど、あれは違う羽根さんやねん。」ナンデヤネン!…という訳で、様々な事象の中でも、元気な羽根さんと堺の下支えをしてまいります。いやさか様の警告を、しかと胸にね。

931は「救済」とも読めますよ。より良い方向へのサッジェッションを私達に下さっているなら、ブログ中、カミングアウトされたことも救われない訳はない。私達への思いは必ず、いやさか様に良い形で戻ってきます、Good Luck
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2012.02/19 07:34分 
  • [編集]

アバター 

いやさかの木さん今日は、17日にテレビで「アバター」を見ました、気にはなっていたのですが映画館では見ていませんでしたが、このタイミングで地上波で放送されたのは私にとっては意味有りなタイミングでした。
昨日ブログを書いてから今朝、こちらの記事を読んで少し加筆してみましたが不思議な繋がりが感じられますね。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2012.02/19 08:52分 
  • [編集]

日航ジャンボ123便 車窓写真「4枚目」~「8枚目」は伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」周辺圏内。乗客小川様が右側車窓を撮影 

日航ジャンボ123便 車窓写真「4枚目」~「8枚目」は伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」周辺圏内。乗客小川様が右側車窓を撮影
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/890.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7445.jpg
(回答先: 日航ジャンボ123便 車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。乗客小川様が右側を撮影。飛行物体も )


1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
乗客の小川様の10枚の写真が報道されている。

「1枚目」「2枚目」「3枚目」は、羽田空港18番スポットにて、出発前のJAL123便JA8119号機と共に記念撮影の内容である。

「4枚目」は、静岡県下田市の下田港付近で、現在の「道の駅開港下田港」(現在の施設名称)上空を超低空で南寄りの方向に飛行している。

「5枚目」は、静岡県下田市の本根岬付近で、「国道135号線尾ヶ崎ウイング」(現在の施設名称)上空を低空で東(東京)方面へ飛行している。

「6枚目」は、静岡県下田市の須崎御用邸付近で、御用邸の相模湾側を低空で南下している。

「7枚目」は、静岡県下田市の須崎御用邸付近で、御用邸の下田港側を超低空で北寄りに飛行している。

「8枚目」は、静岡県下田市の「ペリー艦隊来航記念碑」(現在の施設名称)付近を、超低空で、北寄りに飛行している。




<参考>日航ジャンボ123便 乗客の小川様が機内から撮影した「4枚目」は伊豆半島道の駅開港下田みなと付近から超低空旋回中の状況。
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/924.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6858.jpg

日航ジャンボ123便 乗客の小川様が機内から撮影した「5枚目」は伊豆半島下田市国道135号線尾ヶ崎ウイングの地上とほぼかわらない低空から。大型飛行物体も。
ttp://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/452.html
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/1844.jpg

日航ジャンボ123便 車窓写真「6枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を北上。乗客小川様が右側を撮影。小型飛行物体も
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/889.html
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7447.jpg

日航ジャンボ123便 「8枚目」は、静岡県下田市の「ペリー艦隊来航記念碑」(現在の施設名称)付近を、超低空で、北寄りに飛行している。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/892.html
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7446.jpg

  • posted by 123 
  • URL 
  • 2012.02/19 18:16分 
  • [編集]

扇 

こんにちは
あまり時間がないので、検証ができないのですが、も一度 諏訪神社に
伊作様がいらっしゃらないかしら?

創世記に出てくる イサクはご存知、父親のアブラハムに殺されそうになるのですが、この時に 右手に持っていた剣を落とすんですよね。

この時の 神の声が、お前は、神を恐れているんだな!という声だったと思うのですが、

この場面を描いた絵画、沢山ありますが、個人的にはレンブラントの絵が一番好きです。


このアブラハムの右手の剣を落としたのが、天使とされていますので、アブラハムに取っては、落ちるはずのない、剣が落ちた、、という一瞬に、怯む、、、

この怯んだ一瞬に、 

「お前は 神の存在をまだ、信じているのだな!」と、問いかけてくるのが、創世記の、GENESE 22 にイサクの犠牲だったかしら?

そして、「貴方の子孫を、天の星や砂のように、増やそう、、等々」の意味、、つまり、国の繁栄の意味に展開されているのが創世記だったと記憶しています。


私的には、 イサクと呼ばれると、どうしても、スターン<アイザック>バイオリニストか、
ニュートン<アイザック>の想像になるので、二人とも、同じイサク ISACCの命名です、

大陸を渡ると、同じく秦氏、十字の家紋であろう伊作は音素、イサクが漢字を当てはめたのでしょう、、

、西洋ではアイザックと同じ、芸術畑、哲学畑、数学者に多い、名前 イサクなのね、、という推測が出来てしまうのですが、、、

アブラハムの 右手の剣を落として イサクを救った、何者かの存在の力動性を見つけようとする、、、という事かも知れません。

そうしないと、ドンドン地球滅亡論に見える 途上の雰囲気がジワジワしてしまうんですよね。 

それと、創世記に出てくる、イサクISACCの犠牲場は、例のモリヤ(MONT山 MORIAHモリア)と呼ばれる場所ですから、諏訪神社と 関係するかも知れません。

どちらにしても、 形而上のなんらかのお力を お貸ししていただけないと、乗り超えられない、、、という正念場のような感じがします。

色々海外ニュース見ていると、10年前くらいまでは、日ユ同祖論についての話題は、自由に話せるという雰囲気ではなかったのだけど、、最近 イスラエル人の方から、日本の諏訪神社のモリヤで、霊的体験していた放送みたり、かと思うと、
剣山にあるなんだか、誰も行かない場所に神社ある 人っこ 一人いないのですが(失礼)、元イスラエル大使達が、日本人の祖先を調べるのに、積極的らしいので驚きました。

一昔前までは ありえないような事が、あちこち外国から働きかけがあるんですね。

どうして、諏訪大社のお札が地震の一ヵ月後鹿島神社に流れてきたんでしょうか?
なんだか、タイムリーな現象ですよねぇ?

もう一度、ここら辺 匂いますから^ ^ ;; 調べてみようかしら?一応これも 貼ってみます。

http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/096suwa.htm




  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.02/19 23:26分 
  • [編集]

 

素人ですが・・・ひとつ。

一昨日と昨日の早朝、朝焼けの東の空に三日月を眺めました。

つまり、太陽と月を同方向に眺めたわけですが・・・観じたのは「陰陽のバランス」、そして父と母の「調和」でした。

「調和」と観じたのは、それがとても美しい光景だったからで・・・仲睦まじい姿を観たような氣がしました。


何となく、コメントしたくなりました (笑)

ありがとうございます (^ー^)
  • posted by TOMOKO 
  • URL 
  • 2012.02/20 00:41分 
  • [編集]

船の衝突 

お体を患っていらしたのですね。
どうぞ、お大事になさって下さいませ。
回復を祈っています。 

新潟のニュースを2つ。

◎ 新潟東港で船同士が衝突し1隻沈没
 7日午後4時半前、新潟東港港内でロシア船籍の貨物船「ターニャ・カルピンスカヤ」(2163トン)とシンガポール船籍のコンテナ船「コタ・デュタ」(6245トン)が衝突し、貨物船が転覆したと、船の代理店から第9管区海上保安本部に118番通報があった。 
            -新潟日報2012年2月7日ー


◎ 鼠ヶ関沖で漁船同士が衝突 1人死亡
 20日午後、新潟と山形の県境に近い鼠ヶ関の沖合いで、漁船同士が衝突する事故があった。男性1人が意識がない状態で病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 村上市沖で漁船同士が衝突
山形の男性1人死亡
 20日午後2時半前、山形県境付近の村上市沖で、山形県漁協念珠関支所所属の「進栄丸」(0・4トン)と新潟漁協山北支所所属の「栄幸丸」(6・6トン)の両漁船が衝突した。
            -新潟日報2012年2月20日ー

合掌。
  • posted by 木綿 
  • URL 
  • 2012.02/21 14:32分 
  • [編集]

なんだろう。 

いやさかの木様
おひさしぶりです。
数日前から、主人、実家の母、父、眠れないまたは夢見が悪いと訴えています。
隣のうちの子供も朝の3時半に雄たけびを上げ玄関から出て騒いでいました。(近所迷惑)
私はそれに対し怒りを抑えるのが必死でした。
またなにかあるのでしょうか。
いやさかの木さまが警告発令されておられてびっくりしました。なにもないことを願うばかりです。




  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2012.02/21 18:19分 
  • [編集]

白鳥は 

こんばんわ、いやさかの木さん

自分は宮崎に出張してまして、土曜日は宮崎県一之宮の都農神社(大巳貴命様)、立磐神社(筒之男神様(住吉神様)、神武天皇)、都萬神社(木花開耶姫様)、速川神社(祓戸神様、瀬織津姫命様、速開津姫命様、気吹戸主命様、速佐須良姫命様)を参拝し、日曜日には小戸神社(イザナギ命様)、青島神社(山幸彦様、豊玉姫命様、塩筒大神様)鵜戸神宮(ウガヤフキアエズ命様、大日霊貴命様、天忍穂耳尊様、山幸彦様、神武天皇)、駒宮神社(神武天皇)、潮嶽神社(海幸彦様)、吾平津神社(吾平津姫命様、天照皇大神様、武甕槌命様、倉稲魂命様、天児屋根命様、木花咲姫命様、経津主命様)、榎原神社(天照皇大神様、天忍穂耳尊、彦火邇邇杵命様、山幸彦様、内田万寿姫)に参拝し、榎原神社から串間神社(山幸彦様)に行こうとしたら、ラジオで北茨城や関東で震度5弱と放送があり、な、な、何ぃ~と叫びました。

菅井円加さんですが、白鳥の湖だと白山姫にも、日本武尊様にも取れますが、どう思いますか?

しらとりはきくりのみこと
まごうまじ、むすびのかなめ、

ふかくまちたるも

龍か蛇の出現で流れが変わりますが、白猪だと…

アラハバキか…
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2012.02/21 23:57分 
  • [編集]

深海魚 

先日、日本海の隠岐島でキュウリエソという小さな深海魚が大量に打ち上げられる現象が起きています。イワシ等の餌になる指標魚でもあります。深海魚が上がるとは海底で温度変化でもあったのでしょうか。3.11前年には日本海でたくさん深海魚のリュウグウノツカイが上がりましたからね・・・。

>日本海と太平洋の常世国をむすぶ列島のバランス域

と、いやさかさんも追記に書かれている日本海と補陀落常世を結ぶラインがいやがおうにも気になりますね。東南海沖の採掘も始まったところですし。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2012.02/25 23:41分 
  • [編集]

Re: フェニックス 

ありがとうございます。

たしかに931は救済とよめますね。
事象読みをおのが体にあてはめれば、出雲系ヘビの犯行でしょうが(笑)、
積み重ねた歴史への出雲のウミ出しも、救済でもあるんですよね。

備えあれば憂い無し。
おなじ衝撃でも、無意識と意識してるのでは、ダメージがぜんぜんちがいますから。

羽根さんって名前、どこが起源なんでしょうね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/26 22:10分 
  • [編集]

Re: アバター 

「アバター」僕も見ました。
このブログも勧善懲悪的に書けば、もっとスッキリするんでしょう。
読み物としても、その方がおもしろい。
でも善悪は相対的なことだし、とくにこの国の神々はそうですよね。
津波は悪か。太陽の光は善か。
自然は善悪をこえたとこにあり、神々もまた自然とおなじ性格をもっている。
そういう価値判断をこえた混沌としたものを描き上げるのは、
それこそ押井守や宮崎駿じゃないとムリっすね~。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/26 22:32分 
  • [編集]

Re: 扇 

伊作平氏の南方神社のことでしょうか?
諏訪のタケミナカタを祀っています。

剣山は何年か前にアーク調査に来てますよね。

地球上どこでも自然の営みがあるように、自然への信仰は基本的にはどこでも似ています。
日本はその博物館です。だからこそ事象を解く意義がある。
原初的な一神教は父なる神ではなくビーナスでしょうし、神がふえたからといって堕落ではありませんよね。
ちなみにホツマツタヱにも原初の創造神が登場します。

諏訪大明神の神札は鹿島神宮から諏訪大社へ、そこから陸前高田へ帰郷したそうですね。
とても重要な事象ですが、いまのとこ解釈は保留中なんです。
なにかひらめいたら教えてくださいネ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/27 01:01分 
  • [編集]

Re: タイトルなし 

TOMOKOさんコメントありがとうございます。

あまがした やわしてめぐる日月こそ はれてあかるき 民の父母(たら)なり

この歌ぴったりの光景ですね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/27 01:05分 
  • [編集]

Re: 船の衝突 

ありがとうございます。
時期的に「衝突」はかんべんしてほしいなぁ。

船の事故は、地震につながることがあります。
志賀大神は船神ですしね。
茨城沖はむかしから難所ですが、宮城も異常なくらい船の事故が多発してました。
そして東日本大震災がおきた。

鼠ヶ関沖は、いわば境界の衝突。
佐渡の地震は38度線。
気になりますね。

今後船の事故が目立って増えるようなら、その海域の地震にも警戒かもしれません。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/27 01:21分 
  • [編集]

Re: なんだろう。 

う~ん、不穏ですね。
そちらではありませんが、地震も活発ですし。
ほんとになにもないことを祈りたいです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/27 02:51分 
  • [編集]

Re: 白鳥は 

すごい!
出張参拝というより参拝出張ですね~。

菅井円加さんの演目は白鳥の湖だったんですか?
鳥ですね~。
僕はウズメのような気がするんですが、
和の光ですから、白山姫でしょうか。

アラハバキは出てきてほしくないッス。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/27 22:22分 
  • [編集]

Re: 深海魚 

たしか他の候補があがっていたはずなんですが、けっきょく東南海なんでよすね。
よりもよって事象的にいちばんマズいとこです。

日本海の常世~畿内・尾張~太平洋の常世の深部の反応はきてますよ。
僕の記憶では、いままでにないくらいです。

このニュース不穏ですよね。
日本海の常世の反応でしょうか。
キュウリエソはキュウリの臭いがするとか。
キュウリといえば、将門ですが・・・。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/27 22:34分 
  • [編集]

SOS 

わたしの ところにも、1月から 深海魚のワードが出てきてます。なんでしょうね?
何故?
太陽の光が届かないと、あのような不気味な 姿なんでしょうか?いつも、海底にいる魚が、海面上に 上ってきてしまう、、、
地震だけじゃなく、地球が、 SOS だしているように 感じるのですけど、、
私達どうすればいいんでしょうかね? 地球人としての自覚を 促しているように思うのですよね。

陸前高田市の 市長さんは、戸羽さんというお名前だそうです

市長になって、3週間後東北地震だったそうで、 ご夫人を亡くされたそうです。
戸に羽と書くと、、扇なんですね。

なんでしょう?、、何か 意味 伝えたいみたいな 気がするんだけど、、

常磐のワードもなんだかすごく、ざわめいていて、一向に静まらないです。
、上野から 茨城、福島、仙台までの海沿いを走るJR線を 常磐線と 呼ぶと思ったのですけど、、、

常盤。トキワ、 常葉、常磐、、、、

地震の前、1,2年前から、常盤御前のワードが頻繁に出てたのは、この事だったのかしら?

諏訪神社があまりはっきり見得てこないです。

MATRIXは どの戸、扉を開けるのか?
選択をしないとならないんですよね。戸びらを開ける為にキーメーカーを探す、、、という展開でした
 
戸、ドア、仏語は PORTEポーテゥ ですけど、

ドアという意味より、入り口という意味がラテン語は強いです。

同じく戸には 旗門という意味も含みますから、、
何処かに、何かあるのでしょうかね?
、隠れた入り口が、、



いや 身近にあって気がつかない 大事な事かもしれないです。

何処なんでしょう?

戸隠から 白山連峰にかけて、、

足向けて寝られないような緊迫感漂うのですが、、、
結局、今回もはっきりした事
観えませんが、、、

膿みだしですか~、?、、そうかも知れません。

でも、とりあえず、まだ生きているのですから、何かしないとならない為に、生かされているのかも知れません。

それで、時々 見え隠れするんですよ、、

真っ赤な 鳥居の赤が、、、

ほんとに 真っ赤なんですよね、、見事なくらい赤いんですけどね、、

どちらにしても、聖なるの 聖 =SAINT サンと呼びますし
 血はSANG サンで、 同じ音素ですし
 数字の 3、 モノノケ姫の 三の姫から取った
 サンという名前もなんですよね。

 最後は、
心霊界の不思議な世界共通語録でした。^^
 

  
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.02/28 07:23分 
  • [編集]

Re: SOS 

常盤御前と巴御前。

扇といえば那須与一。

戸隠は黒姫伝説(フォッサマグナ)の扇の要の位置。

ナスといえば、キュウリエソのキュウリは、八坂神社のスサノヲかもしれませんね。
八百万のエソを引き連れた。
 
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.02/28 08:07分 
  • [編集]

NoTitle 

ワニトカゲギス目のキュウリエソ
ワニが海にならんでいる、といえば因幡の白ウサギを連想しますが、さて?
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2012.02/29 02:51分 
  • [編集]

 

三重県に 鳥羽市 がある
戸羽さん の名前と メタン発掘
気になってしまった。
  • posted by 鳥羽 
  • URL 
  • 2012.03/02 00:53分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

おもしろいですね。
僕らはいぢめられる兎でしょうか、
それとも癒される方の兎でしょうか。

以後名前おねがいします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/02 01:54分 
  • [編集]

Re: タイトルなし 

鳥羽市にも大地震と大津波で沈んだ島がありますよね。
鯛の島という。
いまは絶えの島とよばれるそうです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/02 03:46分 
  • [編集]

NoTitle 

こんにちは、
巴紋を神社の紋にしている神社って、沢山あるはずと思って調べてみたんですけど、

志賀海神社や 鹿島の鹿島神社、八坂神社の他に、アメリカの運輸省のロゴも 巴紋に 似ているそうなんですね。

面白いですよね?運輸省って、、大陸上を 人々が 絶え間なく行き来するという流れが見えて、、
そういえば
昨日朝食の時、バゲットが入っていた、いつもの 紙袋に印刷されてる言葉に ハット思わされたんですけどね、、

小麦粉を挽くのは 水車のある水車小屋だったんでしょうね。

川の近くに 人間が住みつくのも、パンをつくる小麦粉を挽く水車は、永遠に回り続ける、、という永遠性を、メタファーとして仄めかしているのでしょう。

水車は、川に水が流れていなければ、回らないはずですから、、、川が流れるのは、標高差が無ければ流れませんから、

水車は 決して停まる事なく、永遠に回る、、、というパンを食べ続ける人間、、自然と一体という隠喩だったんでしょう。
巴にしても 卍に しても、人間を含めた自然が 時間や空間を潜り抜ける
事が出来るのは、巴や卍のメタファーに、気つかせるという事かも知れませんね。

水車が回らなくなるということ、自然体系を無視して、地球上を勝手に埋めたり改装したり掘ったり、、、、結局
自然を無視して 人間は生きられないし、種族繁栄は途絶えていく 方向へと、流れるのかも知れません、、生かされてる私達は、その場、その時だけの 事に感情を投影してしまいますから、歴史の流れを 察知する事が難しくなる 。せいぜい、時の 首相や 大統領に、感情吐露をしなければすまなくなる、、、という 感じではないでしょうか?


あるサイトで、もともと一つだったものが、りんごを蛇に騙されて食べてしまった、、子孫を増やさないと ならない使命は、男と女<アダム、イブ>の性差を意識しなくては ならなくなった、、性差を意識する事で、当然自分に無いものへ執着する欲望を 持たされてしまいますから、、、
という事を書かれていて、なるほどなぁぁと考え深かったです・

巴紋に関係あるサイト部分転記しますね。
================================
巴は、文様紋の代表的なもの。本来は、わが国で使われた武具の鞆の形に似ているところから鞆絵となり、のち水が渦巻いているのに似通っているため巴の字を当てた。
 そのため、防火のまじないとされ、平安期の末期ごろから鎧瓦(軒先に葺く瓦)、車輿、衣服の文様に用いられた。
 『源平盛衰記』には、木曽義仲の愛妾巴御前がこの文様を愛用していたことが記してある。
 後世にいたり、巴紋が弓矢の神である八幡宮の神紋と見なされるようになり、宇佐八幡宮をはじめ全国各地の八幡宮で使ったため、武士は、これを家紋として神助を受けようとし、巴紋は菊桐に次いで多く用いられることになった。
 二つ頭巴、三つ頭巴など単に巴を用いて形づくったもの。水に巴、剣巴など、巴に他の物を組み合わせたもの。また角字も巴のように他紋に似せたものの三種類がある。文様紋だけに種類は極めて広範囲で変化も多い。

-参考文献 日本「家紋由来」総覧 -

 右・左の別は、頭が右回転が「右」とするもの、尾が右に流れているものが「右」とするものなど、書物によりまちまちである。また、各家の文様もさまざま。


 アメリカ運輸省(DOT)のシンボルマークが三つ巴だ。由来は知らない。運輸の構成要素である、陸路・海路・空路を統括するという意味だろうか。

http://www.genbu.net/sinmon/tomoe.htm
をどうぞ
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.03/02 17:42分 
  • [編集]

私も巴紋です 

千春さんの書き込みを拝見して…久しぶりにオジャマします。

私がこのブログにたどり着いたきっかけが家紋でした。母方が丸に十の字、これを検索したのがはじまり。一方、父方は三つ巴。そういえば、祖母は毎月、水神様をお参りしていました。私が水に縁のある地名や、なぜか川や海のそばに暮らしているのは、そういうご縁があるのかと感じております。現在は桜島を目の前に、高千穂之峰と開聞(開門?)岳を眺めつつ。

ところで先日、大学の同窓会があり上京しました。S(service)とS(sacrifice)が卍のようにCROSSする校章。クリスチャン系なので至るところに十字がありました。

電車で移動中、間違って急行に乗り「新百合ヶ丘」まで連れていかれたのは、不思議な感覚でした。本来の目的地は「武蔵新城」だったのですが。

ところで最近、時計を見るとゾロ目や36分、写真を撮ると赤色、空(雲や鳥)、水、食に関わるものが際立っており、何かを知らせようとしているように感じています。まさにバランス、調和がキーワードかと。

とりとめのない話で失礼しました。またいろいろと、こちらで知識を得て、事象を学ばせていただきたく存じますm(__)m
  • posted by 香龍 
  • URL 
  • 2012.03/03 13:12分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

08年にシンガポールの巨大観覧車が止まっちゃった事故ありましたよね。
アイスランドの7番のハンドスプリングスローも回転です。
志賀海神社の船神たちは循環の神ですから、そういった意味では米運輸省も。
循環がとまると、ラグナロクがはじまります。
いま船神たちのやっとることは、ここはひとつ循環をとめてみようじゃないかと、そういうふうにも感じられてブキミです。

巴紋のことは、前に話題になってますから、いずれそちらにコメントしようと思ってます。
かつてベルリンのエジプト博物館にいったとき、そこの壺に鍵十字がいっぱいかかれてておどいたのを憶えています。
もちろんナチスがはじめたマークじゃないわけですけど。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/04 02:56分 
  • [編集]

Re: 私も巴紋です 

先日錦江湾のことTVでやってました。
酸の海(酸性塊)は、世界で南極とナポリと鹿児島だけだとか。
さすが東洋のナポリ。
というか、火山の規模からいくと西洋のかごんまというべきでしょうか。

桜島に新燃え~岳の火と、東日本大震災の水。
その間のバランス鳥。
桜島になにか変化があったら、すぐ教えてくださいね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/09 02:49分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/259-f1e89f0a

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム