神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

型の教団(1)


「雛形経綸」といえば出口王仁三郎の皇道大本。黒住、天理、金光など、幕末から次々と花開いた神道十三派の流れの「艮(トドメ)」とされる。
いわく、「大本は日本の雛形。日本は世界の型。大本で起きたことが日本に起き、日本で起きたことが世界に写る」。
歴史の教科書にとっては世迷い言だろうが、この国の近代史は王仁三郎という超モンスターぬきには語れない。不敬罪や治安維持法の時代とはいえ、大正十年と昭和十年の二度にわたって共産党同様の大弾圧を受けたのだ。帝国政府にとってどれほど目障りな存在だったかわかると思う。しかも当時の共産党は非合法だけど、大本は合法だった。また、明治十年には西郷隆盛の西南戦争が起きてるが、大本はクーデターを計画したわけでも、どっかの凶悪教団のようにサリンをばらまいたわけでもないのだ。

昭和10年12月8日、宍道湖にある出雲の松江別院で、王仁三郎は300名もの武装警官の奇襲をうけ逮捕される。第二次大本弾圧である。6年後のおなじ日、大日本帝国はしんじ湖ならぬしんじゅ湾を奇襲し、第二次世界大戦に参戦。太平洋戦争がはじまる。
なんの因果か12月8日は成道会。釈迦が悟りを開いた日でもある。
王仁三郎が仮釈放されたのは、昭和17年8月7日。彼はこうつぶやいたという。「わしが出た日から、日本は負けはじめぢゃ」と。じじつこの日、米海兵隊がガダルカナル島に上陸。日本軍は玉砕の一途をたどる。そして昭和20年8月、かつて京都丹波の綾部と亀岡にある大本のふたつの聖地がダイナマイトで爆破され、更地になるまで破壊されたように、ふたつの原子爆弾によりヒロシマとナガサキの街が壊滅。日本は聖母マリア被昇天の日、8月15日に敗戦を迎える。

太平洋戦争については、当ブログでたびたびとりあげている。もちろん事象に出るからだけど、2013年の伊勢出雲同年遷宮に至る現在の流れとの相似性も見のがせない。
たとえば干支だ。太平洋戦争がはじまった昭和16年の干支は「辛巳」。終戦の昭和20年は「乙酉」。
伊勢の式年遷宮がはじまった平成17年も「乙酉」。そして出雲ともども遷宮がおわる平成25年は「葵巳」。
おわかりだろうか。どちらもトリとヘビのくくりなのだ。「ヘビ→トリ」から「トリ→ヘビ」へ。まるで焼き直しだ。
ごぞんじのように、伊勢神宮の神使は鶏、出雲大社は海蛇である。つまり、トリとヘビは伊勢と出雲のくくり。
いうなれば、僕らはいま太平洋戦争のさなかにいるわけだ。
戦後66年の福島第一原発事故を原爆のリメイクだとハナからいい切ったのは、こうしたウラがあったからだし、太平洋戦争の雛形を演じた王仁三郎と皇道大本もまた、いまの事象を読む上でどうしても避けては通れない存在だと思う。

大本は対構造になっている。二度にわたる弾圧もそうだし、聖地綾部は火と天、亀岡は水と地をあらわす。教祖出口ナオと聖師王仁三郎は、艮(うしとら)の金神(♂)と坤(ひつじさる)の金神(♀)に対応。艮の金神ははじまり(α)、坤の金神はおわり(ω)を意味する。
釈迦の悟りがはじまり。聖母マリアの昇天がおわり。そう考えると、太平洋戦争の開戦と終戦の日も、大本とよく似た対構造になっている。いったいだれが、よりにもよって釈迦とマリアの日に決めたんだろうね。
また、8月6日のヒロシマの「ヒロ」は昭和天皇ヒロヒト。9日のナガサキの「ナガ」は、香淳皇后ナガコに対応している。原爆もまた、6と9の陰陽、艮(α)と坤(ω)の対構造になってるわけだ。
ちなみに香淳皇后の母は、ミロクの標章とおなじ「〇に十字」紋の薩摩島津家。誕生日は3月6日でミロク。立后は12月25日のクリスマス。お印は「桃」である。
ミロクと桃と、坤の金神……。

桃といえば、崑崙の西王母。08年5月12日の四川省大地震は、西王母の事象と見ていい。列島の坤にあたる鹿児島県とおなじ北緯31度。明治十年の西郷の西南戦争もまた、坤の金神の事象と考えられる。王仁三郎の霊界物語では、西王母とは坤の金神の別名である。
対する東王父が東日本大震災なら、神仙思想上の対構造はすでに成就している。このところの桃事象も、それを云ってるのかもしれない。
ただフクシマがヒロシマならば、その対となるべきナガサキがまだ見えない。青森の六ヶ所村再処理工場か福井の高速増殖炉もんじゅを有力候補にあげてはいるが、はたしてどうだろう。3月14日の青森県三沢市六川目(むかわめ)沖のM6.9では、津波が発生した。これってもしかして、魚雷前のピンガー(探信音)じゃなかと?

個人的には、阪神淡路大震災のイザナギ(淡路島に葬られた)と、東日本大震災のイザナミ(日高見国出身)かなとも思う。この場合、いま茨城で多発している地震は新しいキミが代のための和合反応だってことになる。ホツマツタヱでは、茨城の筑波山はイザナギとイザナミの新婚の宮があったとこだしね。
ただし、ふたつの大震災がなにをククリとするαとωなのか説明できない。また茨城の地震についても、東の筑波山(茨城)と西の大江山(京都)は凶党界の本拠になってるという王仁三郎のセリフが気になるとこなんだよね。

ここでちと茨城について……。
明治維新は、茨城の水戸藩(桜田門外の変)にはじまり、西南戦争の薩摩藩におわる。
南光坊天海は、艮の水戸藩から将軍を出すと幕府がおわると予言したとか。じっさい水戸の徳川慶喜が江戸幕府最後の将軍となった。艮の金神の事象かもね。
日本原発のはじまりは茨城の東海村。おわりは薩摩の川内(せんだい)原発って線も、あり?
茨城といえば、ごぞんじ大洗のオオナムチ。その出雲国ゆずりと同時期に高天原に抵抗した、天津甕星(みかぼし)という重要な神も、日立市の大みかにいる。坂東市の岩井を本拠とした平将門が、みずから新皇を名乗り、滅ぼされたのは、ミカボシのストーリーだろう。たぶん凶党界とやらをバックアップしてるのも……。
東日本大震災の事象的震央・竹駒稲荷神社(宮城)と茨城は、「常磐」線でつながる。チリ炭鉱33人救出とリンクした、さかさま事象の笠間稲荷もまた茨城だ。おなじ2010年にはチリ大地震もあった。あのときの津波が魚雷前のピンガーだったことに、僕らは気づくべきだったと思う。日本列島に到達はしたものの不発に終わった僥倖が、逆に東日本大震災の避難の足をにぶらせてしまったのかもしれない。おなじことは07年の能登半島地震と志賀原発にもいえる。不正発覚で運転停止した直後に地震がおきた僥倖が、事の本質を見るべき僕らの目をくらませた。もっともフクシマを経験してもなお、僕らの目はくらんだままだけど(悲笑)。

茨城空港は常磐線の石岡駅からアクセスする。開港は2010年の3月11日だった。常磐(トキワ)を通して、みごとに東日本大震災とつながっている。
「どうも6月1日の朝日トンネル貫通で、筑波宮と宮津(京都府)の朝日宮(天真名井)の脈が通じたようである」と去年『ナミうさぎ・串うさぎ(1)』に書いた。その後のマナイ事象やイルカの大群~真打登場(豊受大神=朝日大神)の流れをふり返れば、やはり筑波と丹後・若狭はつながってると見るべきだろう。
「現在の状況は東京駅や成田空港が筑波山にあると考えてもらっていい」
だが厄介なのは、筑波が光だけでなく、闇とも通じているという点だ。王仁三郎のいう「東の筑波山と西の大江山の凶党界」を無視できない理由がそこにある。丹後若狭の闇まで援軍にきてるカンジだ。
たしか震災後の記事で「関東で関ヶ原の合戦をやるつもりなのか」と書いたと思う。いま茨城で多発している地震はそのつばぜり合いだろう。光と闇、東と西の軍勢があちこちで雄たけびを上げてる風情がある。将門の軍もね。
3月14日には、千葉東方沖で震度5強。この銚子で3.11境界ラインを突破したら、ホントの天下分け目の合戦になる。将門の乱のように、関東一円が巻きこまれるのはゴメンだ。
16日には鉾田市で500匹の子豚が火事で焼けた。鉾(矛)といえばオオナムチ八千矛神。まだ子どもが犠牲に?
3月1日に関西国際空港のピーチ・アビエーション就航とリンクした日立市の震度5弱は、ミカボシなのか、それとも討ち取った倭文神タケハヅチなのか。
桃はふたつがひとつになった和合のカタチ。みなさんのコメントのように、僕も桃の事象がいい報せであることを信じたいし、こころから祈るが……。

あ、そうそう。ピンガーといえば、例のメタンハイドレート産出試験で無人探査機ROVのケーブルが切断する事故があった。しかも3月11日だ。
チリのサンホセ炭鉱やメキシコ湾原油流出につづき福島第一原発の大事故。13日には韓国のプサンでも、先月9日に起きた古里原発1号機の電源喪失事故が発覚している。エネルギーが狙われてるってことを忘れちゃいけない。
事故はこう警告してるのだ。「もしもし、3月11日にどうなりましたっけ?」。
この事故で急遽派遣されたのが、海洋資源調査船「白嶺」。検索したら、京都丹後のハクレイ酒造のお酒「白嶺」「酒呑童子」がヒットした(苦笑)。酒呑童子は、西の大江山のドンだ。

・2012.3.14(全国M3以上)
20120314全国M3
・2012.3.10~3.16(全国M3以上)
2012.3.10~16全国M3

「大本は日本の雛形。日本は世界の型ぢゃ。それで日本がやられて武装解除され、やがて世界の武装解除の型になるのや」。王仁三郎はそう予言したという。
昭和20年9月8日、大本は大審院(最高裁)で無罪判決を受け、第二次大本事件の裁判が終わる。またもや6年後のおなじ日、サンフランシスコ講和条約調印式。GHQの日本占領がとかれ、第二次世界大戦が法的に終結する。最後の最後まで、王仁三郎と皇道大本は日本の「型」でありつづけたようだ。

大本には合気道の植芝盛平、生長の家の谷口雅春、龍宮神示(真名井神社)の辻天水と三雲竜三、日月神示の岡本天明らがいた。昭和9年7月22日に東京・九段会館【※】で結成された、空前絶後の社会運動「昭和神聖会」の賛同者は、なんと800万人をこえたという。統管は王仁三郎、副統管はやはり危険視されていた大アジア主義の内田良平(黒龍会)。顧問に玄洋社総帥の頭山満を迎える。この発足が、第二次大本弾圧の直接の引き金になったといえる。

出口・頭山・内田 
  <王仁三郎・頭山満・内田良平>

頭山満と王仁三郎のインタビュー記事を見つけたので、一読していただければと思う。
ふたりとも西郷隆盛がいちばんっていってるとこがいい(笑)。
 ⇒http://maesaka-toshiyuki.com/detail/545

王仁三郎はどうも弾圧をうながすために昭和神聖会をたちあげた節がある。帝国日本敗戦の雛形として皇道大本はつぶされなければならない。そのために大げさに昭和神聖会が結成され内田が利用されたのだとしたら、日韓併合で政府に裏切られた内田良平にしてみれば、またしても「こん、ばかちんがぁ!」である。
内田の信念は第ニの維新の実現にあった。亡くなったのは昭和13年。最後まで王仁三郎の逮捕で昭和神聖会が頓挫したことを残念がってたそうだから、ある意味しあわせだったかもしれない。
世界広しといえど、こんなペテンな宗教指導者がいるだろうか。まさにトリックスター。
もっとも王仁三郎に葛藤がなかったわけではないだろう。神業とはいえ、仲間を裏切り、手塩にかけた教団を壊滅させるのだ。いや、祖国を壊滅させるのである。
昭和10年5月のインタビューで、彼は西郷隆盛を評価してこういっている。
「戦争に負けて切腹するといふ場合にありながら、官軍の兵隊が自分達に勝ったのを見て、これで日本は安心だというた大きい心持……」
彼は西南戦争の西郷どーんの境地に、どこか自分と通じるものを感じていたのかもしれない。

 【※】イザナミの回帰日蝕は09年7月22日。3.11では九段会館の天井が崩落した。この天井の落下は超モンスター銀河オロチに至る天(9神)の93換え事象の予告だったし、11月9日に打ち上げられた火星探査機フォボスグルント(恐怖の土)の落下ともつながっている。ってことは……。

「型」という字は「土」の上に「刑」と書く。「刑」の字はいわば鳥居+刀。
去年が「土」なら、ことしは「刑」の年なのか。まさにフォボスグルント。
汚染残土に震災がれき。残留放射線量は問題なしといってるようだが、もし原発から出た廃棄物なら、まちがいなく処分場で厳重に管理されるレベル。
「クリアランス制度における100ベクレル/kgは『廃棄物を安全に再利用できる基準』であり、福島県限定から全国基準へと拡大転用される今回の8,000ベクレル/kgは『廃棄物を安全に処理するための基準』です」
わけわからん。
つまり一旦8,000ベクレル/kgって既成事実を作っちまえば、いま廃棄物処分場で眠っている大量のゴミも、将来増えつづける原発解体のゴミも、ばんばん捨てられるってことなのねん。
他国の善意への感謝はすっかり忘れても、国民の善意のつけこむスキは見逃さない、13日の金曜日の野ツボ政権。震災復興はみなさんの絆。原発事故は国民みんなの責任。だからみんなで背負いましょう。
これぞ「赤信号、みんなで渡ればこわくない」の刑。いや、計。
もう原発やめたってんならまだ話はわかるが、モンゴルがダメなら、原発ゴミはみんなで分け合いましょうなんてことに将来なる「型」じゃないかなんてカンぐっちゃうぞ。
そんなわけで、型という字がよけいスキじゃなくなった。パっと見わかりやすいかなと思って最近は「型」と書いてたけど、こんごは「カタ」にもどしたい。

「カタ」の概念は古い。それは「依る」や「写し」という考え方をともなう。
似たような形には似たような性質や役目、もしくは神霊や物質的なエネルギーが依る。写(移)すこともできる。この国に写真が入ったとき、魂をとられると気味わるがられたのは、根底に「写し」の思想があったからだろう。
弥生遺跡から出土する鳥形しかり。藁人形や身代わり雛なんかも、カタによるうつしだ。いわゆる形代(カタシロ)。地名と配置がそっくり移される場合もあった。祖先の土地に依る神霊や繁栄のパワーを、地名の配置を「カタ」として移住先の土地に転写した。
ホツマツタヱでは、大和の天香久山は富士山の写しである。古墳の墳丘を三輪山のコピーだとする説もある。似た形を人工的につくり、それをカタとして聖なる山のエネルギーをうけるわけだ。
これを逆手にとったのが明治政府だった。国体の象徴としての富士山を、全国各地にコピーした。もちろん大造山事業を展開したわけじゃない。ほにゃらら富士と名まえをつけただけ。だがその「〇×富士」というカタが、地域の神霊を象徴する山を、たちまち国家との一体感をもたらす装置に変えた。うまいプロパガンダだと思う。

事象のメカニズムもよく似ている。事物の構造やワードをカタとして依りやうつし、すなわちシンクロが起きる。3.11や9.11といった日づけや、88や33といった数字もひとつの「カタ」なんだろうね。
王仁三郎のいう「雛形」とは、古来の「カタ」の概念を神業と結びつけ、世界レベルにひろげたものだ。
「わしは大本の王仁三郎やない。世界の王仁三郎や。世界を救うためやったら、大本がどうなってもかまわん!」

さて、現在進行形で事象を取りこみつつ書いたおかげで、あんのじょう話があっちいったりこっちいったりしてしまった。次回はいまの事象とかつて大本で起きた事象との共通ワードを拾っていきたいと思ってるけど、さてどうなりますか。

晩年の王仁三郎は陶器づくりに没頭する。人は器であり、器は世界だ。三千個の器はそのまま三千世界を意味するのかもしれないが、僕としてはある人物を指しているような気がしてならない。
すなわち、陶邑のオオタタネコである。

  • [No Tag]

*Comment

慣れって怖い 

いやさかの木さま。こんにちは。
東日本大震災から1年。最近、震度3くらいの地震では何にも思わなくなってきて、これは麻痺してきた証拠で危ないなと。
日本人って慣れるのが早いというか。
自分たちの日本列島にまだまだ危機が迫っているのに。
玄関に桃の置物を置いてみました。
気やすめくらいになればいいかと(笑)
  • posted by みどり 
  • URL 
  • 2012.03/18 15:47分 
  • [編集]

アナグラム 

昨年の12/26に岐阜県関ケ原町内で樹木が倒れ停電し東海道新幹線、6万人に影響するというニュースがありましたが、その時に桃配山が気になりました。関ケ原合戦と壬申の乱の二大戦の陣跡で、大海人皇子が村民にヤマモモを献上され兵士にも大量に配ったことから桃配山と名付けられました。ヤマモモは赤い実。
そういえば大海人皇子・天武天皇は草薙剣の祟りで亡くなったとされていますよね。

星といえばアマチュア天文家が3/11に太陽・地球・火星とほぼ一直線に位置する小惑星に「Tohoku」と命名。太陽をめぐる周期は3.69年、光度17.7等級、しし座の中にある星。
Tohokuアナグラムは hokuto・北斗。
占星術でしし座の守護星は太陽、部位は心臓、色は金色。
前回のコメントでヒナ・17と書いたあとタロットカード17は星、NO17をさかさまにして反対から読むとLION。ライオン(しし)の星ってなんだろう?と思っていたのでタイムリーな感じでした。

出口王仁三郎の陶器づくり・・ちなみにmatrixの複数形 matricesのアナグラムは ceramist 陶芸家になります。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2012.03/18 23:52分 
  • [編集]

小ネタですが 

昨日検索かけてたら「出口」姓出てきたなぁ~。
シマとサキの相似象・・・サキのつく地名の原発は刈羽崎と浜岡ですね。予知夢系の人の中には停止中の浜岡がメルトダウンという夢を見た人もいるようですがね。
鳥取でクジラが打ち上がったそうですし、日本海側の刈羽崎とか福井は大丈夫かと心配になります。
1429群太陽風によるヤバイ断層直撃はどうやら避けられてWEBBOT予言も肩透かし気味ですが、また次が来るかも。

あと、こんなニュースあります。(笑)
イザナミ軍団に桃投げたら山口組が応酬するんですってよ。
ttp://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/topics/west_affairs-16529-t1.htm


  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2012.03/19 15:52分 
  • [編集]

カタ 

こんにちは

確かに~、、、

土に 刑で 型 でした。

なんでしょうね?

この表意文字の 出来た 原因って、、、


罪人は、型にはめ る事ばかり しているのでしょうか?

不思議な表意(憑依?)^^文字ですよねぇ?

地震 の前触れ 前兆、知らせなのかな?、

海にいるはずの、 イルカや鯨が、

陸に あがってしまう、、、、

又 最近の 深海魚の 海面への 浮上現象

特に 深海魚って、気味悪い容姿ですもんね?異様に 目が大きかったり、蛇みたいに長くて エラだけ大きかったり、

でもよく考えると! 地上の鳥、 軍艦鳥の 発情期のように、喉の下にある、、真っ赤な風船を膨らませる 格好にも、

あそこまで、大げさに しなくても、、、、

という滑稽さは感じますが~、、

でも、 軍艦鳥は、深海魚のように、自殺行為は しないんじゃないかしらん?

そんなおぼろげな 感じの手応え探しています・

それで わたしも 沢山の ワードが降りてきているので

なんとか、 アマテラスオオミ神へ向いたい~笑、、、

その方向性を 手探り中です。

同じ 型 <カタ>でも、 方<カタ>

探しながらでも、流れる 流動的なもの、、、

イルカ の呼び名が、同じラテン語なのに、英語と仏語の音素が 違うのでよめないのですけど、、、

ドル<DOL>という英語音素の接頭語は何処から?くるのか?と、、色々考えてました。
英語読みの音節は、 DOL,PHINですから

仏語の イルカは、 王大使<DAUPHIN>ドーファン と 同じ呼び名なんですよね。

しかも、イルカの マークを 県旗にしているのが、
イルカなど住んでいそうもない内陸、山奥の盆地の 県で、フランス革命の勃発した場所でもありますから、
イルカという単語は 隠れたキーワードと 思っています。

アメリカのお金の ドル は何処から来るんでしょうかね?

経済優先市場主義国は、

王大使の呼び名も DOLドルつけちゃった?

なんて事はないと思うけど、、

ドルという接頭音素は、悪い、悲しい、辛い意味の音素の単語しか、フランス語はないのですけどね、、

なんだか、イルカの座礁と イルカと呼ばれる意味が
曖昧でよく観得ないです。

それで気分を変えて
、希望をもちたい事象を一つ、

年頭に生じた、鳥島で生じた地震

この島は、東京から 600キロも沖に離れた島なんですが、
鳥は阿呆鳥が沢山生息する島らしいです。

伊豆諸島の中で、とてつもなく遠方にある島なんですよね。ところが、この島に漂流して、脱出できた 例が、 吉村昭氏によると15例以上もあるそうなんです。

その 無人島に漂流した 話しを書いた 吉村ですが、
「漂流」 という題で、 映画化されています。

東宝が配給しています、

公開日は、 1981年の 6月6日 なんですね。

ここら辺、鳥島は、 意味があるという感じです。

何故なら、、この島に 漂流しないと、 ジョン万次郎という人間も 存在しないでしょうし、 漂流 しアメリカ船に 助けられ、鎖国の日本には寄れず、アメリカに寄航しなければならなかったその間船長に 頭の良さ故なのか?船長の養子となり 日米和平の通訳する存在となる人物が、土佐の漁師万次郎だった。、、、

そういう歴史を造る舞台 鳥島でもあり、ある時は 鳥島火山が爆発し、現存していた日本人を 一気に 死に至らしめる、、という小さな島でもあり、
2012年元旦には、東北地震の翌年元旦に 揺れる。、その時代に生きる 人間の 心の 弱点を ついたような、恐怖心を煽る、、

このような、時間の 途上に 私達は、生かされていると思うのですね?

その途上で、希望をもたらす、 光 を 放っているのが、あると思うのです。ますます、見えなくなるような 世界<マトリックス>なんだけど、、それは 環境や 構造や 言葉の 表現が あまりにも 乱暴なんでしょう、、と思うのです。

熊野のヤタガラスと日本イレブンが、海外に 出場した年、1998年

WCUP の年は、日仏文化交流年の時期と 重なっている話はしましたが、 百済観音という仏像は、大変な 波動を放っているでしょう?

ルーブル所蔵のドラクロアの自由の女神と 交換され、自由の女神が、
日本列島に運ばれた。

この自由の女神、、、フランスでは マリアンヌ という別名があるのですが、、

ニューヨークにあるのが一番有名ですけど、送り主はフランスがアメリカ独立100年記念に、造ったものです。

ニューヨークの自由の女神が 立っている島はliberty Island in Newyork Harbor、 自由の島(リバティ島)と呼ばれている名前がついているのだけど、送り主フランスにも、同じ自由の女神は、セーヌ川に あるんですね。
このセーヌの自由の女神も、 東京のお台場大改造、フジテレビ<8チャンネルです>と共に、ユリカモメ?モノレールを造った 時期です、、、

に、セーヌ川から、お台場に 展示される為に 輸送されています。

この時に、 お台場で、もし地震があって マリアンヌが 倒れては困る、、といって、地震に対する対策強化、自由の女神の
設置を 担当したのが、 鹿島建設 だそうです。なんでしょうね?鹿島神宮と鹿島建設って関係あるんでしょうか?

ところで、このセーヌ川に立つ自由の女神
この場所は、ile aux cygnes という呼び名で、
白鳥<CYGNE>シーニュの島
という呼び名なんですが
白鳥.CYGNEシーニュと、
前兆、兆候、印 記号、SIGNE シーニュ

は、同じ音ですので、同じ意味を含め意味を伝えていくというのが、仏語なんですね。

これは、圧倒的に語録の数が少ない<日本語仕様の3分の1のメモリー> 外国語、例えば ヘブライ語もそうですが、同じ音でいくつもの意味を メタファー(隠喩)として伝えてゆく、、、という特徴があるんです。

ですので、個々人の想像力にかなり委ねます。
どのように捉えるのも 自由なのですが、その人の人格や素養が 現れるという感じです。

、大事な事は、何に 正しく 反応し 影響し、呼応するか?という意思表示を 問われてきますので、

同じ 不安や恐怖感を、ただ 無意識に感情を上塗りさせられる、、という地点にいては 何も、動かない、現状維持のまま、、、という 展開の途上になりますから、そうしては いけないのですよね?

そこに 個々人の、自由な表現や言説行為が なされてくると思うのです。

それで、何を述べたかったか?と言うと、
お台場に運ばれた、自由の女神は、セーヌ河の 白鳥の島に ある 自由の女神 なんです。

同じ鳥でも、自由 の意味を含む、
自由の兆候<SIGNE>と
白鳥<CYGNE>の二重写しでしょうと思います。

鳥島の地震の意味を、どのように解釈するかは、私達が どちらの方向を見ようとしているのか?
私達自身<地震?>の 心に神々は 問いている、、
という感じがします。
どちらにしても、ドラクロアの自由の女神は、ニューヨークの自由の女神のモデルでもありますし、お台場に パリから運ばれた ブロンズの自由の女神は、パリ在住の アメリカ人達のフランス国への お返しだそうですので、

お台場の自由の女神は、アメリカ人から 頂いた贈り物です。日、米、仏で、贈り物の三つ巴です(笑)

どうなんでしょうね、 今の状況って、、
幕末から戊辰戦争突入でしょうか?すると当然 会津藩も関係してくるはずですから、
奥羽越列藩同盟も 関係するんでしょうね。この時期かな?二人の帝と呼ばれる時代は、、

どちらにしても、皇族が陸軍軍人であった事も理由のひとつ、、 このアタリから、 ダンダン、ドイツへ歩みを、近づけていく、、という方向性を感じます。

時代は繰り返していますね?

あとは、自分自身の魂や心の進化を、その都度 その都度、問われているのでしょう、、と思います。






  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.03/19 20:33分 
  • [編集]

NoTitle 

(いつも読ませて頂くばかりなので恐縮ですが)

12月8日は「無原罪のマリアの祝日」です。

  • posted by はむゆう 
  • URL 
  • 2012.03/20 01:02分 
  • [編集]

Re: 慣れって怖い 

天災は忘れたころにやってくる。
騒いでるうちはけっこう起きないものですよね。
仕事もそうですが、意外と慣れてきたころがあぶない。

うちは置物がないので、
応急処置で桃の缶詰おいてみます(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/20 01:19分 
  • [編集]

Re: アナグラム 

> matricesのアナグラムは ceramist 陶芸家

なるほどおもしろいですね~!

そう、草薙剣の祟りです。
逆に日本武尊ゆかりの千葉には、敗れた大友皇子の伝説がある。
夷隅郡大多喜町には后の十市皇女の筒森神社。
またもうひとりの后の耳面刀自は、3.11津波の旭市に内裏神社があります。耳だし・・・。
日本武尊と弟橘姫の木更津を起点として、壬申の乱で敗れた大友皇子と后たちの伝説がオーバーラップするんです。おもしろいですよね。
で、その木更津の鎌足村で、去年女子大生殺害事件が起きてしまいました。

「Tohoku」と北斗。
じっさい東北は妙見多いですし、日高見ですから、太陽と星。
個人的には心臓は田沢湖かと。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/20 01:58分 
  • [編集]

Re: 小ネタですが 

1429群自体の反応が、意外とそれほどでもでしたから。
それよりこっちが気になってます。
http://www.youtube.com/watch?v=sI7iqnREiy8&feature=player_embedded

> イザナミ軍団に桃投げたら山口組が応酬するんですってよ。

これおもしろそうなんだけど、このアドレスだと神戸市職員のキャッチボールの話が出ちゃうんですが。。。?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/20 02:05分 
  • [編集]

Re: カタ 

ドルはドイツの通貨Thalerからきてるそうですよ。

これほど魚たち、イルカやクジラたちが陸にあがったことは、
かつてないでしょうね。
まさに波兎の謡曲竹生島。「魚木に登る気色あり」

ああそうか。ジョン万は鳥島でしたねぇ。
たしかにそういう意味も鳥島の地震はふくんでそうです。

自由の女神を介した日仏米は、フジテレビもふくめてイザナミの流れだと思います。
そこに白鳥がからんでくると、日本武尊と考えた場合、スサノヲに転じますから、
そういうこともすべてふくめたトドメ(艮)のスサノヲっぽいですね。

物語はカタに宿ります。
そして物語とは連続性だと思います。
時間のないところに、たぶんストーリーはないでしょう。
いまはいろんなカタが出てますよね。
おそらくは物語の解除のために。
だからいろんな時代が同時進行。
時代というのもひとつのカタです。
もし僕らが転生してるならば、
僕ら自身にもきっといろんな時代の物語が出てるんでしょうね。
まあできることならどれかひとつくらいは、finでしめくくりたいものだと思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/20 03:59分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

ああ、無原罪のマリアの祝日でしたか。
だから立后がクリスマスなのかぁ。
しかし誰が決めたんでしょう。
そんな日に。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/20 04:01分 
  • [編集]

女神たちが… 

今日3月20日は、昼と夜の長さが等しい春分の日。鹿児島では、INAC神戸とスカイブルーFC(米)のエキシビションマッチが開催されます。青森と鹿児島が繋がった、九州新幹線全線開業1周年記念のイベント。そして3月24日には沖縄で、本土復帰40周年ということで同試合が予定されています。昼と夜、北と南、日本とアメリカ…バランス!?

さて、INAC神戸の愛称はレオネッサ、イタリア語で雌ライオン。

一昨日まで「Tポイントレディースゴルフ」も開催されていました。どなたかが震源地のマップを上から見たら、十字がTに見えると仰ってたのを思い出しました。
まさに、このブログに記されているワードのオンパレードです。
そして「鹿島」…と目にするたびに…「鹿児島」から児(子)を取り(鳥)あげられたと見えてしまいます。
  • posted by 香龍 
  • URL 
  • 2012.03/20 13:50分 
  • [編集]

イザナミ&山口組 

あ、ホントだ。当該ニュースが出ないですね。yahooニュースの方を貼り付けてみます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120319-00000088-san-soci
これも凶党界といえばそうですかねぇ。

コロナ、大蛇みたいですね・・・。

追記;麒麟地震研さんが騒がしいので3.22越すまでは注意を怠らないようにしますよ。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2012.03/20 14:37分 
  • [編集]

西と東 

いやさかの木さん今日は、洋の東西でこんな事が起きていたと思うと、人の歴史って不思議なものですね。

「日月神示」いまだに半信半疑な処が有ったのですが日本とユダヤは不思議な繋がりが有る様です。

上手く説明出来なくなって来ました。

  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2012.03/20 17:44分 
  • [編集]

星に願いを☆ 

天津甕星とは『金星』だともいわれているんですね。今、夕方の空に並んで輝く金星と木星が話題です。3月14日にはこの2個が最接近。26日には縦に、上から金星・月・木星が並ぶのだそうです。

東日本も西日本も同じように、日本の何処からでも見ることができるから、星空や広大な宇宙はいいですね。

天津甕星は『白鳥座デネブ』ともいわれるそうです。日本最古のダム式ため池と称される狭山池、その狭山池博物館で3月25日2時から興味深いコンサートがあります。

オラトリオ(音楽劇)「ヤマトタケル」:シグナス混声合唱団

白鳥陵を有する羽曳野市からの芸術発信で、合唱のシグナスCygnusとは白鳥座の意味です。ヤマトタケルは没後、白鳥になり羽曳野に舞い降りました。作曲は三枝成彰(桂三枝ではなくってね!)

ちなみに『デネブ』の名は、白鳥座α星・くじら座η星・いるか座ε星等に使われているのだそう。

星々のまたたき、空から舞い降りる音符の羽根、この国の将来を、星に願いをかけましょう…。待ち望まれるオオタタネコさんの出現はいつ?
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2012.03/20 22:55分 
  • [編集]

今度の大和は 

2012年4月7日(戦艦大和が沈んだ日)に宇宙戦艦ヤマト2199が劇場公開されます。新生ヤマトは旧ヤマトの全長263m・乗員114名(生還時、生存者67名、戦没者47名)から全長333m・乗員999名に拡大しました。製作者達は特に意識しているとは思いませんが、あの王仁三郎なら「ニヤリ」としそうな数字です。戦艦「大和」の命日に復活する新ヤマトは何を意味しているのでしょうか? そういえば初代機動戦士ガンダムの放送開始日も4月7日でした。
  • posted by アーク 
  • URL 
  • 2012.03/21 01:03分 
  • [編集]

Re: 女神たちが… 

こないだ昭和火口がまた噴火しましたね。

神戸と米ですか。鹿児島は節目節目でなんかやらかしてきます(笑)。

鹿児島のカゴは籠という話もありますが、どうなんでしょう。
カコなら水夫ですね。シマは範囲ですから水夫の国。
カは光なので、光の子の国でもある。
種子島から打ち上げられた、難病の子どもたちの「かがやき」が消えて、子どもたちの犠牲が激増したカンジがあります。少年の夢をのせた999が飛んだハズなんだけど・・・。
鹿児島から児(子)を取り(鳥)あげられたというのと、通じます。

千葉東方の海は龍宮の海なんです。
玉前神社の伝説では、タマヨリヒメは千葉で神武を産んでいます(笑)。
そこに鹿島があるわけなので、宮崎と鹿児島に対応している。

沖縄については、キターの9ちゃまの自称衛星発射ルートが気になります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/21 01:35分 
  • [編集]

Re: イザナミ&山口組 

あ、これ、米の山口組経済制裁とリンクしたやつですね。
22年にイエローカードが出てたんですねぇ。
米も熊野も88。
イザナミがいよいよと思いたいトコですが、
歌会始「岸」の彼岸にまいりましたよ。
「毒グモ中性子星発見。相棒の星、蒸発させる!」
ですって。
毒雲が中性化して、相方が蒸発?

コロナって「水色のバランス」の最後に貼ったやつですか?
あれ吸い取られてるんですよね。黒い球体に。
歌会始「岸」の年の彼岸ですから、要注意です。
おまけに毒グモだし・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/21 02:11分 
  • [編集]

Re: 西と東 

「心身の神癒」って本は読んだことないので、ちとなんともいえません。
けっこう世界は同時進行ですから、とりたてて日本とユダヤをどうこういう必要はないんじゃない?
というのが、僕の考え方なんです。
そういうメガネは、道を見失いそうであやういかなと。
僕にとってですけどね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/21 02:31分 
  • [編集]

天津甕星 

DIVAさんのコメント>26日には縦に、上から金星・月・木星が並ぶ
私も楽しみにしてました。
天文カレンダーに、26日宵、月の北東に金星、南西に木星がみえると書かれてます。
夕方曇ってなくて三日月(3.9日の月)が見えたらその上と下に見えるのですね~

たまたま数日前に、寝室の低い文机置台に積み上げてあった本が1冊下に落ちてました。
タイトルは「消された物部氏 天津甕星の謎」
半年ぐらい前に読んだ後何冊か積み上げた中の1冊で、たぶん猫が落としたのでしょうけど。
なんでこの本が落ちて、何のメッセージを伝えたいのだろうと気になってたのでした。

狭山池博物館で次の日曜にコンサートあるのですか。
行って見たいけど、昨日実家行ったとこなんですよね~
昨日は久しぶりに親戚の系図博士の80歳のおじも来てて昔話に花がさきました。
我が家の系図とは関係ないのですが、戦後南海地震で和歌山湯浅に壊滅的被害でたが、千葉の銚子が大規模な寄付で助けて復興したと聞きました。
同じく醤油の産地、地名も同じのがたくさんあるそうで。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2012.03/21 08:38分 
  • [編集]

有り難うございます。 

いやさかの木さん今日は、コメント有り難うございます。
読んでいると色々な錯覚を起こしそうな「毒にも薬にもなる」様な内容だと思います、でも久しぶりに考えさせられる内容でした、もう少し落ち着いてからまた書いてみます。
実はこの本を読んでから暫く浮き足気味だったのです、お陰様で落ち着いて来ました。

一見近道そうで道を見失う事もある、そう言う事かも知れないですね、メガネを外したと思っていたらメガネを掛け変えただけだったりして、もっとしっかりしろと言われたみたいです。

土、地面に足が付いている事を忘れない様に、再確認です。

  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2012.03/21 08:47分 
  • [編集]

NoTitle 

レヴァイアサンがイスラエルに現る。
ttp://www.washingtonpost.com/business/israels-leviathan-natural-gas-field-may-boost-gdp/2012/03/05/gIQALbXutR_video.html

なんともオロチ繋がりでしょうかね?

ヤマトタケルといえばスーパー歌舞伎ですがな。亀とか猿とか中車とか。

私の前にはやたがらす登場
ttp://www.kitaoka-honten.com/SHOP/828465/828869/list.html
  • posted by autumn snow 
  • URL 
  • 2012.03/22 02:12分 
  • [編集]

カタ を 追い カタを 捨て、、 

だからいろんな時代が同時進行。
時代というのもひとつのカタです。
もし僕らが転生してるならば、
僕ら自身にもきっといろんな時代の物語が出てるんでしょうね。
まあできることならどれかひとつくらいは、finでしめくくりたいものだと思います


こんにちは、

確かに ~

終わりにしたいですよね?、、、

多分、終わる 時って、、地球が 自転 を 止めた時
なんじゃないでしょうかね?

地球の回転や 地球地質の変革運動の事を、
レヴォルーション revolution と 呼ぶのですが、
古典ラテン語の 回転 からきているそうなんですね。

でも、人間が言葉を普遍化しだすと、どうしても 情動運動に 呼応したがりますから、レヴォルーションというと、

「革命」 、、という型 のイメージが プロパガンダ的に伝わっていくようです。
でも、本との意味使いは 違うんですけどね。

多分大概の人生は、地球の表象現象だけの 理解に終わって人生80年終わる、、という事なんでしょうか?、
本質は、やはり 地球に ちゃんと 足を つけて、大地を歩く、、という事から、感じる事のできる

内地の声を聞く、、、という感じに思えます。そういった意味で 火山噴火も 地震と関係するというのは 納得できるんですね。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.03/22 18:14分 
  • [編集]

ご参考まで 

薩摩の川内<せんだい>にある

可愛御陵 ご祭神、ニニギの命、と志賀海神社、気になるので、

調べてみました。

ご存知かも知れませんが、、、、張ってみます。

http://www.geocities.jp/yasuko8787/0-0-1tizu1.htm
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.03/23 05:16分 
  • [編集]

太陽の道 

DIVAさんの言われている狭山池博物館、例の美具久留御魂神社と二上山の太陽の道が建物内をぴったり通っているんですよね。この太陽の道、東に伸ばしていくとまたぴったり西殿塚古墳です。もしかすると行燈山古墳ではなくこっちが崇神天皇陵かもしれません。もしそうだとすると美具久留御魂神社の由緒と完璧に符合するように思うのですが…。ついでなんですが、私の実家も私の父の実家も数メートルの誤差もない非常な正確さでこの太陽の道上と知って非常に驚愕してます(笑)。

狭山池は空海に虚空蔵求聞持法を授けたと言われる勤操が改修したと聞いてます。これもまた妙見なんですよね…。狭山池のゆるキャラさやりんは、どうも瀬織津姫のように私には見えてます。公式には性別不詳なんですが。

何を思ったのか美具久留御魂神社と志賀海神社を結んでみました。するとこのライン、善通寺をまたぴったり通っているのを発見です…。こういうのもあるみたいです。
  • posted by TohkiYama 
  • URL 
  • 2012.03/24 01:40分 
  • [編集]

太陽 月 星…タカラジェンヌ?! 

TohkiYamaさんのご実家が太陽の道上ということで、もしやウチも…とみてみると、少し誤差はあるのですが、実家がほぼレイライン上でした。今まで気がつかなかった私がアホでした!

スーパー歌舞伎のヤマトタケルならぬオラトリオのそれが上演された狭山池は、今日は強風。風にあおられ、さぞかし羽根が、遠くに飛んでいったと思われます。

いやさか様、バランスが大切とおっしゃっているのに、またまた西に話をひっぱってきて、お許し下さいネ。でもこんな発見があるのも、このブログのおかげ…。日本各地からのコメントは、とっても興味深く拝読しています。

うららさま、明日の夕方、晴れるといいですね。天津甕星の謎って興味あるなあ。

5月の金環食といい、2012年は天体ショーのオンパレード。宇宙のパワーが地球に降り注ぎ、まさに時代の変わり目。あの何億光年のキラめく星々は、人類の太古の歴史より、はるか昔に発せられた光なんですね。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2012.03/25 23:34分 
  • [編集]

Re: 星に願いを☆ 

天津甕星は祭りによって鎮められたともいわれます。
タケハヅチが倭文神であるのは、そういうのと関係するんでしょうね。
機織と星。タテ糸とヨコ糸の仕組みと星。
このタテとヨコの世界観は、機織からはじまったわけでなく、
縄文のポシェットもそうですから、少なくとも縄文中期には存在しえた概念ということになります。

個人的には天津甕星は星のメタファでなく、実在した星祭りの種族だと。
妙見菩薩は渡来したことになってますが、日本でつくられた菩薩ですしね。
その素地が、はるかな昔からあったんじゃないかと。

この変革の時代に星や縄文が動くのは、ある意味とうぜんなのかもしれませんね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/26 00:50分 
  • [編集]

Re: 今度の大和は 

全長333は東京タワーを意識したんでしょうか?
つぎは634かな?
それじゃ武蔵か(笑)。
999は銀河鉄道999からでしょうか。

いずれにしても王仁三郎ならたしかにニヤリですね。

実写版ヤマトはたしか2010年12月でしたよね。そして東日本大震災。
今回はどうなんでしょう。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/26 01:28分 
  • [編集]

Re: 天津甕星 

26日はこちらは晴れそうです
金・月・木の天体ショー、たのしみですね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/26 01:33分 
  • [編集]

Re: 有り難うございます。 

そう「土」なんですよね。
僕も、この人の考え方は土に根ざしているかをモノサシにしてますよ。
天ばっか飛んじゃってる人多いですから。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/26 02:44分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

房総沖に巨大断層が発見されましたね。
これも超モンスターオロチ。

リバイアサン鉱区の天然ガス。東南海トラフのメタンハイドレート。
全原発停止は、08年の歴史上初の全国一斉休漁とつながってます。
海ですよねぇ。海。
海はどうしたいんだろう?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/27 02:17分 
  • [編集]

水夫と言えば 

奄美では23日、鹿児島市喜入町漁協の「春日丸」が転覆、6人の乗組員のうち2人が行方不明。震災後、気仙沼から出稼ぎで来ていた方が見つかっていません。

続いて26日、屋久島ではインドネシア船籍の旅客船「MASAGENA」が浸水、乗客はおらず、乗組員12人は無事救助されました。

川内原発2号機は、この日ボイラーから蒸気が漏れ、運転停止。

すべて、水つながり。夜空には星と月が並んでいましたね。
  • posted by 香龍 
  • URL 
  • 2012.03/27 07:21分 
  • [編集]

うずしおマッチ 

甲子園1回戦では鳴門高校(徳島)‐洲本高校(淡路島)の“うずしおマッチ”で鳴門が42年ぶりの勝利を上げました。しかし洲本(59年ぶり)と当たるってのもスゴイですが
。私も誘われて降雨順延した近江‐高崎を観戦することになり、ニギハヤヒの大阪へは行かずでした。
しかし2回戦の今日、鳴門高校が勝利し近江高校の試合開始直前に大雨が降り出しました。私は甲子園から車で15分の距離に住んでいますが、いきなりゴォーっという大音量が聞こえたので何事かと思いましたが突風でした。どうやら近江高校には雨男がいるようですね。6番の鯰江君?

そして昨日は山越え阿弥陀の二上山の家具屋さんから月のマークが入った品物が届きました。
しかし惑星直列の引力のせいか岩手で震度5弱。常世波や4号機建屋崩壊をもたらさなくて良かったとひとまず安堵。

さて、海難事故が相次いでいるようですが海にまつわるニュースがまた。映画監督のジェームズ・キャメロン氏が特殊潜水艇に乗り、マリアナ海溝の深海1万メートルまで単独到達に成功したとか。スゴイですね。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2012.03/28 02:31分 
  • [編集]

こんばんは 

ご存知でしたら、すみません。

フクシマがヒロシマで、
ナガサキの対が,,,の部分ですが、
本当はナガサキではなく
フクオカが狙いだった、という
話をたまたま耳にしました。

参考になるかは解りませんが、
投稿させていただきます。

失礼しました m(_ _)m
  • posted by TOMOKO 
  • URL 
  • 2012.03/29 00:02分 
  • [編集]

Re: カタ を 追い カタを 捨て、、 

なので大洗のオオナムチの渦巻きだし、
久高島や宍道湖の渦巻きだったし、
鬼怒鳴門(キーンドナルド)だし、甲子園の鳴門高校ベスト8なんでしょうね。

運動の基本は回転にあると思います。渦ですね。
生命活動も。
そして物語も。
物が語るくらいですから、精神というより物質的なわけです。物欲的といいますか(笑)。
だから因果がめぐる。因果もカタです。

地球はいつも回ってますから、いってみれば毎日が革命。
そう考えると、スゴいですね。

僕らの文明はまだ確実に人間の都合のよいように地球を作り変える方向に動いてるわけですが、
僕らは地球のなにを知ってるというんでしょうね。
日本が世界の雛形なら、世界にもフクシマの因果はめぐる。
フクシマの人たちは故郷を追われました。
ってことは・・・?


可愛山陵と志賀海神社なんて、つなげてみたことなかったです。
おもしろい発想ですよね。
もしそうなら、川内原発も射程です。仙台とおなじ「せんだい」だし。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.03/30 02:58分 
  • [編集]

菴巡叱 

昨日のコメントにふと。

フクシマの「シマ」はヒロシマの。
フクシマの「フク」はフクオカの。

2つが(で)ひとつ・・・

陰陽合わさっての事象?!

素人でスミマセン・・・

失礼しました m(_ _)m
  • posted by TOMOKO 
  • URL 
  • 2012.03/30 06:17分 
  • [編集]

 

すみません・・・

タイトルが、可笑しなことに
なってますが、意図したものでは
ありません。

「追伸」としたら、そうなりました。

気にしないでください。
  • posted by TOMOKO 
  • URL 
  • 2012.03/30 06:25分 
  • [編集]

カタ を 追い カタを 捨て、又 カタを造り、いつまでもグルグル、目が回りそうです。 

こんにちは

そうなんですね。

地球の上に住んでいるのだから、
地球がないと 種族繁栄を繋げていく事は出来ないはずなんですけどね~、、ほんとに、私達は地球の事は、本とは、何も分かっていないのでしょう、と思います。

地球の温暖化の問題も色々異論があるようですけど、直接には知覚できなくても、間違いなく私達の日常の精神意識に 関与していると思います。
今まで、
自分勝手に 都合の良いように、地球の美味しいとこだけ利用してきたんでしょうね?

でも、それは、自分自身の身体の一部を切り裂いて、お金儲けしてきた仕組を合意しながら生きてきたのかもしれません。

無自覚なんでしょうけど、、

自然<地球>との共存が出来ない途上に、無意識に 流されていた、、という事かもしれません。

宮崎アニメは、そのような地球人の精神層に根付く不安や恐怖感を 映像化し、地球上の人達と共感を得る事ができたのだと思います

。一種の 人間存在の意味が、長いタームで観ると 地球や人類は 自殺行為へ導く流れや方向に向いているのでは???、これって、どうなんでしょうね?

地球や宇宙が永遠ではない、、、と知識人が言い出してからどれくらいか分かりませんけど、今でも、先進諸国の人達は その説は信じない人沢山いますけどね、、

此処に来て、1000年に一度の大地震や津波を経験した私達って、何なんでしょう?と思います。

地球の生命の危険性と言えば、アマゾンやアフリカの原住民の方が、都市化の進んだ、アスファルトの日常生活に住んでいる人間より、自然の許容量が 少なくなっている危機感を察知出来る、早い時期から感づいている民族らしいです。

話違いますが
常盤のワードの重要性は、皇室の方々達も皆一緒に 影響されていると思うのです。

過去の出来事のツケを私達全員が負っているという感じです。
民間人も 皇室の方々関係なく不幸も幸福も全ての人に降りかかってしまうという感じなんですね。

常盤と言えば、常磐会が学習院のOB,OG会にあるはずですし、常陸宮という名前からして、鹿島は なんとか持ちこたえて欲しいです。

考えれば、紀子様のお誕生日が、9月11日(1966年)ですし、渋谷区の昔の常盤町には、篤姫が輿入れする前の薩摩屋敷<島津藩>がありましたし、常盤の松の碑たっているようです。

その先は常陸宮邸家のお屋敷がありますし、常陸宮華子様のご出身は津軽藩ですから、薩摩(鹿児島)と津軽(青森)が、同じように感じられる、点と線の関係はそのような 事かも知れません。

島津の津と津軽の津が、津波の津の同じ漢字表記になっているというのも、興味深いです。

何故?華子様が選ばれたのかな?と調べたら
華子様は旧津軽藩主の津軽伯爵家出身、学習院短大のご出身でいらして
当初、美智子さまが“民間“出身なので、お兄様に合わせるのがご夫婦兄弟円満の
ために良いのではないかと、一時は学習院以外の妃候補が真剣に
考えられたらしいのですが、
香淳皇后や常磐会(学習院女子高等科OG会)の強い希望から、
旧華族出身者より、華子さまに白羽の矢が中てられたらしいです。

でも、卍家紋にしている津軽藩と十字を家紋にしている島津藩は、皇室の方々の出自まで関係しているというのは、不思議ですよねぇぇ?

列島の最先端北と南なんですけどね?

そういえば、11(土)の事象人為的なテロが原因とされる2001,9,11事件と自然天災が誘引した数々の歴史上の被災事故2011,3,11.この二つの数字を 足すと、2012年12月22日になるんですよね。

これは巷で言われる マヤ暦の終末日じゃなかったでしょうか?
日本が雛形になってしまう、というのは、こういう事が起きるからなのかしら?とも 考えましたけど、、ただ、個人的には 終末という意味合いは、一つの過去の清算をしなければ ならなくなっている、、という考え方しています。
その途上にはマトリックスみたいに必ず、開く戸が 一つくらい地球上にあると思います。皮肉にも、それは日本かも知れない、という感じの中で、暗中模索です。

いつまでも、オプティミスト ^ * ^ ですけど、、


  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.03/30 18:54分 
  • [編集]

型 

 
おはようございます。
 
3・11の大震災も阪神淡路大震災も9・11も
46分に発生しているってどなたかが仰ってました。
判で押したように…
 
時間の流れを左から右にすすめた時に365日で1回転するとスパイラルになって…
立体的な渦で、DNAの螺旋でもあったり。
 
追伸
何度かコメント書きかけて、ボツにしたり、送信出来なかったりでした。このコメントも無茶ピント外れ(笑)
 
昨日から今朝のニュース、新聞は南海トラフでの大地震の影響の記事で埋まってます…。
 
  • posted by Mythril 
  • URL 
  • 2012.04/01 10:01分 
  • [編集]

スガタナ 

いやさかの木さん みなさまこんにちは。

いつも多大なるシンクロを与えて頂けるこのサイトに感謝しています。

教えて頂いた福岡の神社はまだ参拝していない状態ですが、宗像大社と志賀海神社は予定として決めています。

地元でいつも地震が起きている「菊池」と「山鹿」について動いていました。
やはり、「一つ目神社」がひっかかりまして、菅田正昭氏の著書を読みましたところ『火水の力を駆使して物質的な作業をするのが鍛冶師であり天目一箇神のその目が見つめるス神による造化の妙用を読む目・・・つまり第三の目の開眼を持って神々の世界を見る目撃者』とありました。


他にもこの記事のように大本教のことにも触れてあり「イズノメ神」と天目一箇神を祭祀してある奈良県山門郡山市の菅田ヒメ神社2座のことに触れ二神とも埋没した神であるがその神格については隠された部分が多いとして結びつきをまとめてありました。


「タイトル」の「スガタナ」は大石凝真素美の概念で「手に取る形は無くして正に世にあるもの」の名だということです。(実体・実名なるものを形名。)

天声世心昔今一つ二つ・・・百千萬、子丑寅卯辰巳・・・夜昼の如き名を素形名というなり。

顕の世界の物はカタチ名で幽の世界のモノはスガタ名であるということなのだそうです。

素形=ス形

スの力を見極めるには第三目を開かなくてはならないのですね。



また、菊池神社では今テレビで放映中の平家が没落の折壇ノ浦まで「三種の神器」の剣を守って同行していたのが菊池の武将だったとわかりました。


以上、「剣と鍛冶」ということでまたこれからも一つ目神社に関しては洞察を深めていくつもりです。

八重垣の剣を作ったのも天目一箇神とホツマツタエにもありましたが。
  • posted by 弟姫 
  • URL 
  • 2012.04/03 16:18分 
  • [編集]

まちがい 

あ!

ゴメンナサイ

型の教団,1、に投稿したはずなのに~

すみません。

間違ってスカイツリーの表題に送信してしまいました。



  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.04/04 02:35分 
  • [編集]

Re: 太陽の道 

いつの時代でも、祭祀と方角は不可分です。
いつの時代でも、為政者は地図と不可分です。
発掘されたものだけが、考古学じゃないんですよね~。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/06 00:37分 
  • [編集]

Re: 太陽 月 星…タカラジェンヌ?! 

いえいえ地元ネタ大歓迎ですよ。
地元が基本ですもん。
自分、地域、国、世界。
カタはどこからでも抽出できます。

太陽の道といえば、オオナムチの真意は岩木山にあるかと。
津軽の方のコメントもほしいですね。

金環食がたのしみです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/06 02:16分 
  • [編集]

Re: 水夫と言えば 

艮から坤へ。
春日といえば崩壊した鹿島神宮大鳥居。
東国三社トライアングルの藤原の神たち。
どうやら蝦夷から隼人へ。
藤原不比等の大宝律令に叛乱したのが鹿児島湾の隼人。

一方の藤原は、時平の野ツボ首相。
大飯原発は丹後の闇。大宝元年に沈んだ凡海郷につながります。
闇と祟りの競演がはじまりそう。

九州・南西諸島で自衛隊が大演習やりましたよね。
だから九州を中心に迎撃ミサイルなんてことになる。
以前から口すっぱくしていってますけど、
北朝鮮と原発は連動するんですよね。
大飯原発と北朝鮮のニュースが同時期ってのも必定。

闇と祟りの競演が若狭湾のトリガーにならなきゃいいんですが。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/06 02:34分 
  • [編集]

ヤタガラス 

いやさかの木さん

こんにちは。

ヤタガラスは このサイトでは、日本 サッカーイレブンとの関係で 書かせていただいていますけど、

同じく、日本陸上自衛隊の シンボルマークでも あるんですよね。

漢字でサッカーは 蹴球 競技 と呼ばれていましたし、

陸上の陸には、 土 二つ 書くし、、、

国を守る、、と言った意味では、陸上自衛隊も、ヤタガラス君と、スクラム組んでいるんでしょうかね?

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.04/06 04:09分 
  • [編集]

桜情報 

花吉野、大和のまほろばを七日に訪れました。下千本はまだ蕾、今年は開花遅しです。「 歌書よりも軍書に悲し芳野山」 吉野は、時の政権の変動期、マイナーな歴史の舞台となりますね。

大海人皇子は、妃うののさららと吉野に隠棲。壬申の乱へと歴史は展開します。皇子が勝手大明神に琴を奏で戦勝祈願すると、五色の雲に天女が舞ったと言い伝えられます。後の持統天皇、うののさららの生涯愛した宮滝は、野趣溢れる巨岩とエメラルド色の流れが美しく『万葉集』にも詠われます。

源義経も追手から逃れ、吉野に身を隠しました。白拍子の静御前が舞った場所は勝手神社。かつて、大海人皇子の戦勝祈願が、吉兆の天女の舞いで叶った縁起の場所です。

後醍醐天皇も又、京の都を去り吉野に南朝を開きます。続く後村上天皇は、やがて吉野をも追われ、住吉大社宮司の館を住吉行宮としました。瀬戸内海の水軍の活躍とともに南朝は続きますが…。

(住吉大社に程近く、ひっそりと住吉行宮跡があります。
吉野から住吉へ…その動線上に歴史の息吹が確かに感じられます。)

南朝の吉野落城に、最期の酒宴を催した場所が蔵王堂前の大塔宮御陣地跡。この四隅に桜が植えられています。ここに陣幕が張られたのでした。

さて、四隅の桜の前のベンチで座っていると、全国からの花見客のお国言葉が聞こえ、桜の吉野でちょっとエトランゼな気分…。茨城県からやってきたという女性と楽しくおしゃべりもしました。茨城って常盤…そう、義経の母は常盤御前でした。何だか御縁を感じ、震災で大変だったろうに、ようこそ吉野へ!と心の中で改めて、かの地の復興を祈りました。

イザナミの黄泉の国の入り口から、神武東征や応神の狩り場、ヤタガラスグッズのお土産まで。こちらのブログのエッセンスが吉野には詰まっていて、いやさか様や皆様方の切り口でお花見をするのも、オツなものです。

先日の荒れに荒れた春の嵐の日、泉北丘陵の桜は咲いたばかり。あわれ、全てちぎれて飛んでゆきそうな強風でした。このあたりには桜井神社もあり、オオタタネコの茅渟県の陶邑の桜も、ホントにステキなんですよ。。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2012.04/07 23:20分 
  • [編集]

嫌な頭痛について 

初めまして。
小生、変な頭痛で悩んでします。
頭痛が治まると、最近盛んな地震多発地域で、地震が起こる事です。
小生の居住地は、浜岡原発から東北東20㌔圏内です。
何かのお知らせなのでしょうか?

Re: うずしおマッチ 

鬼怒鳴門に、“うずしおマッチ”。
渦と風は「13」なんですよね。
13日の金曜日パワーは炸裂するんでしょうか。

地の11日に金正恩が第一書記。9さまから11ちゃまへ(笑)。
スマトラ沖ではM8.7。
震源が遠い上に、津波が1m程度でたすかりました。
今後もこのレベルでお願いしたいものです。

王仁三郎は最終的に月に帰ったんですよね。
彼もスゴいけど、キャメロンもほんとスゴい。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/12 01:27分 
  • [編集]

Re: こんばんは 

そう、ほんとは小倉に落とすはずだったんですよね。

フクオカのフクと、ヒロシマのシマでフクシマ。
なるほど!
フクシマで完結してほしいものですね。

菴巡叱・・・これ意味深ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/12 01:33分 
  • [編集]

Re: カタ を 追い カタを 捨て、又 カタを造り、いつまでもグルグル、目が回りそうです。 

いろいろおもしろい情報ありがとうございます。

そうなんです、十字紋と卍紋の対応はとても重要です。
弘前市の市章も卍ですよね。
いま動いているオオナムチは岩木山のオオナムチですから、卍はオオナムチの標章ってことになるのかもしれません。

鹿児島と青森は相似象。
はやぶさでつながって東日本大震災。
さらに春日丸の転覆事故は、蝦夷から隼人へ。
ただし4代藩主津軽信政は春日神を信仰してたようですが。
鹿児島はニニギの天孫降臨。青森は岩木山にオオナムチが降臨しています。
鹿児島にくらべて、青森の事象が弱いのがブキミですが、
超モンスターオオナムチの真意は、岩木山の奇跡のリンゴにあると思います。
佐藤初女さんは、たぶん高照姫でしょう。

9.11と3.11で2012年12月22日をあらわすなら、とりあえず12月22日までは大丈夫なのかな?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/12 02:22分 
  • [編集]

Re: 型 

46といえば染色体ですね。
伊勢オワリの道、R23×2?

地震といえば、こちら千葉もいろいろと旬です。
房総沖のふたつの巨大断層が見つかったかと思えば、
君津市では海水干退現象。
ずっと潮が引いてるんだとか。
おとなりの13日の金曜日の三井アウトレットパーク木更津となにか関係あるんだろうか。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/12 02:32分 
  • [編集]

Re: スガタナ 

たしか菊池川流域って古代製鉄じゃなかったでしたっけ。

そうです。八重垣の剣は天目一箇神です。天照大神が右目ひとつでつくるよう助言したんです。

金属を通した火水の反応にス神を見るわけですね。
製鉄に必要なのは風。ふいご。ス神のスも風であり、息です。

神々の世界を見る目撃者っておもしろいですね。
見た気になって、人間の世界を動かそうとする不埒な連中もいますけど。
ピラミッドの目みたいな。

薄野一目神社の神主に帆足長秋って国学者いましたけど、
この帆足氏って、去年7月9日のバグ(玖珠町の森高校バス事故)につながってくるんです。
このとき連動したのがエトナ火山のバグ。
封印された蛇神テューポーンが、エトナ火山を噴火させるわけですが、
テューポーンは台風の語源。
天目一箇神は台風の神としても祭られてますよね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/12 03:21分 
  • [編集]

Re: ヤタガラス 

陸上自衛隊中央情報隊のマークだったんですね。
知りませんでした。
情報とヤタガラスは、たしかにぴったりです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/12 03:41分 
  • [編集]

Re: 桜情報 

桜情報ありがとうございます。
歴史あるよいところにお住まいですよね。

吉野の祭祀は縄文時代に遡りますから、その息吹もまた遥かなものがありますね。
静かに歴史を見続けてきた山桜も。

ちなみに勝手大明神は、葛城一言主の子。
母は茅渟系です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/16 02:26分 
  • [編集]

勝手神社 

4月11日に吉野行ってきました。
桜開花は例年より1週間遅れでまだまだでしたが、金峯山寺の蔵王権現はお目にかかることができて感激しました。
そのあと馬の背のような吉野を歩いたのですが、吉水神社のすぐ近くにある勝手神社、どこから入るんだろうと外塀からみてただけ。
家に帰ってから検索すると
「勝手神社は、平成13年(2001)9月27日に残念なことに不審火により焼失しました。現在、吉水神社の境内に勝手神社を仮遷座しております」
勝手大明神は葛城一言主の子 だと先のコメントで知りまして、一言主に興味津々なので追記しておきます。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2012.04/16 08:38分 
  • [編集]

Re: 嫌な頭痛について 

へち師さん初めまして。

地震体質なんですね。
もしかしてリュウグウノツカイが打ち上げられたとこですか?
ご自身の反応と地震の場所や規模をチェックしつづけていけば、
なにか見えてくるかもしれませんね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/16 21:02分 
  • [編集]

Re: 勝手神社 

勝手神社だけに、お勝手から入るとか・・・。
と思ったら、焼失してたんですか。
知りませんでした。
どうりで少子化。
しかも13年だし、9月2+7日。

ちなみにホツマツタヱでは、一言主はスサノヲの七番目の子です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.04/22 01:28分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/262-d2b8440c

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。