神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

双子の自爆装置(1)~R指定


☆ヨミの女神とヒルコのトキ

201204031715西向く女神

4月3日、964hPaの爆弾低気圧が列島を通過。その衛星画像が、坤(ひつじさる)の方角を悲しげに見る女神に思えた。4.3(ヨミ)だから、黄泉のイザナミ?

だが悲しげというのは僕の未練かもしれない。3月19日、京都でひらかれた日本天文学会で、「毒グモ中性子星」発見が報告された。連星の相方を強烈な風で熱し、蒸発させる。
中性子星は一生を終えた黄泉の星だ。クモは出雲。風の事象数は「13」である。毒グモと化した黄泉のイザナミが、13の熱風でイザナギを蒸発させる構図だ。
超モンスター銀河オロチにつづく毒グモ中性子星のニュースで、僕はいままで願ってきた和合のパターンをあきらめた。黄泉のイザナミがおこす2013への風は、イザナギの子らとその社会を蒸発させられるくらい強烈になってきている。

どうやらナギパパったら、お家に帰ってないだけでなく、蒸発してたらしい。
せっかくのヒメミズナギドリ発見の朗報だったのに、予想は考えたくない方に的中したようだ。やはり「姫見ず泣き鳥」だったんだろう。
よい夫婦の4月22日には、36年ぶりに野生のトキのヒナが佐渡で誕生した。これも「バランス鳥」のいい流れだと思った。だが翌23日、京都府亀岡市で児童9人と保護者の幸姫さん十人の列に「軽」が突っこむ。幸姫さんは新しい命を宿していた。つまり11人。いい名まえが「さ笠間」に転じるのも、残念ながらいまの事象の特徴だ。
『型の教団』に書いたように、亀岡といえば破壊された皇道大本の二大聖地のひとつ。原爆のナガサキの型だった。対応するのが綾部。ヒロシマの型だ。

「復興に取りくむこの時期に、新しい命が誕生したことを国民の皆様と喜びたい」
トキのヒナ誕生に、細野環境相はそうコメントした。ご存知だろうか。この人、綾部市の出身である。おまけにフクシマの原発事故担当相だ。
「綾部」から「亀岡」へ。「ヒロシマ=フクシマ」から「ナガサキ=?」へ。
トキの新しい命は、ヒトの新しい命とひきかえだというのだろうか。僕らはそこまで見限られていると?
どうやら36年ぶりのサドのヒナ誕生は、サディスティックなミロクのトキの到来を告げるものらしい。
綾部は火。亀岡は水。
フクシマは火のカグツチ出産だった。胎児が犠牲になった亀岡の事故は、来るべきヒルコ出産の型なのかもしれない。

ことしもくり返される風のごとき暴走車の悲劇。狙われるのは児童の列。
車は来る魔。児童はイザナギの子である僕ら。列は、日本列島をあらわす。
また23日と府道は、R23の参宮国道を思い出させる。エド(穢土)と伊勢をつなぐ、オワリの道だ。
 ⇒『伊勢とおわりの道・ミロクへの道』

京都祇園、亀山、千葉の館山、愛知の岡崎と、「軽」のワードが連続している。運転者はいずれもてんかんや居眠り、考え事やぼ~っとしていた心なき状態。
車に心を盗まれると、「軽」が「怪」という字になる。
そういえばかつて、鬼太郎の唄にあわせた軽乗用車のCMもあったよね。
7人がなくなった29日の藤岡市(群馬)関越バス事故は、運転手(千葉市中央区新宿)が化山(かざん)というめずらしい名まえ。トキ誕生の22日には、山口県の三井化学岩国大竹工場が大爆発した。こちらは「化」のワードだ。
そもそもが藤原時平の祟り内閣である。
それがことし、13日の金曜日の改造内閣でジェイソン時平になった。
「怪」や「化」は、お手のものだろう。
2月11日には羽田空港の大鳥居の笠木部分が崩落している。祟りで有名な鳥居だ。建国記念日の祟り鳥居だもの、そりゃ国中が...。
しかも大飯原発再稼動問題で、どうやら大丹波の大江山が再稼動しちまった。王仁三郎のいう西の凶党界の、あの陸耳御笠(クガミミノミカサ)や酒呑童子の大江山である。

野田内閣の暴走は、フジ原氏の暴走だ。フジ岡市の暴走は、化山(火山)。
化学工場爆発の三井家の祖は「この世をばわが世とぞ思ふ」の藤原道長。
この国の古代官僚制は中臣鎌足にはじまる藤原氏一族によって完成した。いまの官僚制は、近代神武国家たる明治新政府にはじまる。
野田内閣は、そのカルマを背負う。春日丸転覆事故でもふれたように、現政権の逆行は蝦夷や隼人はもちろん、大和朝廷に虐げられた土蜘蛛や藤原氏に葬られた歴史の闇、軍官僚が拡大した戦争の怨霊たちを煽る。そしてそのエネルギーが象徴的に集中しそうなのが、記紀神話が抹殺した霊峰富士だ。

4月13日OPENの三井アウトレットパーク木更津が、三井化学の大爆発に化けた。
去年の6月11日、その木更津のよりにもよって旧鎌足村に千葉の女子大生が遺棄された。
あの事件は、「cross22」ヨコラインの臥龍山のひらおか都さんの再現だった。
「cross22」のヨコは、R369の藤原氏氏神ライン。枚岡(ひらおか)神社と興福寺、春日大社(春日丸転覆)をむすぶ。
去年のアタック25日、R369に興福寺の古井戸跡の大穴が開いたのを憶えてられると思う。これから僕らに待ちうける落とし穴だ。
鎌足村は富士山頂と同緯度ラインにある。当時、木更津の遺棄事件が富士山噴火を示唆する可能性を指摘したが、おなじ千葉出身の野田総理がせっせとそれを煽っとるわけだ。

忘れもしない、カグツチ&ヒルコ事象がはじまったのが、09年2月22日の富士山だった。
 ⇒『タテの事象とカグツチの炎』
東日本大震災のカグツチ出産がタテ(常神串ライン)の事象なら、ヒルコはヨコ。
富士山は僕らの火タテ水ヨコの十字を、火ヨコ水タテの十字に転換する気なんだろうか。
個人的には7月13日の金曜日の事象が気になるところだが...

ちなみに「軽」と「化」は、軽皇子と大化の改新(乙巳の変)も示唆していると思う。軽皇子(孝徳天皇)の難波長柄豊碕宮も、「cross22」ヨコラインだ。


☆13日の金曜日に生まれて

じぇいそん

日本最後のトキが死んだのは2003年10月10日。名まえは「キン」だ。

毒グモ中性子星の13の熱風を実現すべく、4月13日の金曜日、星マークの北朝鮮が自称衛星ロケット「銀河3号」を発射した。
11日の党代表者会で朝鮮労働党第1書記に就任した9ちゃまはこの日、最高人民会議で国防第1委員長に就任する。国と党と軍の全権を掌握したわけだ。正恩独裁体制の誕生である。まさに13日の金正恩(苦笑)。

ことしの13日の金曜日は、2009年とおなじく3回。その1月13日に野田改造内閣、4月13日に正恩体制が誕生した。これを双子といわずなんといおう。
09年4月5日~11年3月11日の神武東遷事象と、キターの9様もコンビ事象だった。
9様がウラン濃縮施設を公開した11月22日は、ニギハヤヒの命日。ご存知のようにこの核事象が、3月11日の福島第1原発事故に飛び火する。神武天皇の命日だ。

この国の建国記念日2月11日は紀元節。神代13代・人皇初代(13⇒1)の神武天皇が即位した日として、1873年(明治6)に定められた。その37年後の明治43(ヨミ)年に、近代神武国家たる大日本帝国は大韓帝国(李氏朝鮮)を併合する。かつて神武がニギハヤヒの大和を併合したように...
日本と北朝鮮は、黄泉のイザナミのもと、神武vsニギハヤヒのカルマで動いている。大東亜の鉄と近代の清算は両国に吹く双子の熱風とそのシンクロで展開してゆくのだろう。
いや、去年女子サッカーが世界女王に輝き、2月11日に独裁政権が崩壊したエジプトにいま13人の大統領候補が立っていることを考えれば、それは東アジアだけでなく、世界の「カタ」なのかもしれない。

2月11日は過去に重要なメッセージを発してきた。ことしは羽田空港にある大鳥居の笠木部分1.5mが崩落した。2008年の2月11日には、韓国南大門火災の報復(恐らく)で、千葉県船橋市の神明神社が放火され、焼失している。野田総理はその船橋市立二宮中学校の出身であり、二宮神社は藤原時平を祀る。主祭神はスサノヲ。神話ではじめて朝鮮半島とかかわりを持つ神だ。なんというか、うまくできている。

9ちゃまが9様を継承したように、野田ジェイソン時平内閣も神武東遷事象の続編だ。神武事象が生んだ「cross22」の十字を継承する。ともに近代への逆行であり、崩壊した旧9界への回帰。つまり……ふりだしにもどる
変わるべきときに変われなければ、おなじことがくり返されるのが世の常。まあ僕らってさ、何度か痛い目にあわないと身にしみないもんね。世界大戦でさえ二度くり返された。
今回の発射発表の遅れについて、当初「過去にミサイル誤認もあったので」みたいな言いわけしてたでしょ。まさに千葉県旭市のガメラレーダーの件(⇒「型の教団2」)だし、自分たちが09年4月5日~11年3月11日を再現するための内閣ですよと、ぽろっと白状しちゃったわけだ。
じっさいいまの状況は2009年とよく似ている。9様のミサイル発射と核実験。柏崎刈羽原発の再稼動は大飯原発再稼動問題へ。草剣くん逮捕と八幡平クマ牧場。回帰日蝕と金環日蝕。スマトラ島沖地震も再生した。祇園の暴走事故にしても、09年6月29日にほとんどおなじシチュエーションで烏丸通りで起きているそうだ。
8月9日と11日の東海道南方沖地震および駿河湾地震がどう再現されるか、ちと気になるとこだ。

9ちゃま第1書記就任とおなじ11日に総選挙が行われ、政権与党が勝利した韓国ももちろんシクミ兄弟である。韓国の建国宣言は、1948年8月13日の金曜日。もっとも日本敗戦の8月15日を光復節として祝ってるけどね。

北朝鮮の建国記念日は9月9日。建国の父は金日成。
その生誕100周年記念式典が行われた4月15日、新型長距離弾道ミサイルの映像とともに9ちゃまの演説シーンが公開された。あきらかに祖父のコピーロボットだ。
いわく「強盛国家建設を銃によって堅固にするべきである」。

野田首相もまた、4月10日にキャメロン英首相と武器共同開発生産の声明を発表した。
政府が景気回復のベタな二本柱とするのが、武器輸出と原発輸出。去年暮れの武器輸出三原則の緩和後、初の商売相手がひとつ目ウェンロックのイギリスとはうまくできている。
沈没100周年のタイタニックは近代を代表する英国の豪華客船。ロンドン五輪のウェンロックのひとつ目は鍛冶神。日本でいえば天目一箇神。
東日本大震災が近代日本の終焉を意味することを、九段会館とのつながりで書いた。
武器輸出と原発輸出は、その「3.11」の輸出である。
近代文明はイギリスの産業革命にはじまる。
近代の終焉と鉄のカルマの世界的大放出のために、9ちゃまも野田ジェイソン時平も、祇園や亀岡の来る魔(車)のように、暴走を開始したわけだ。

かつて33歳の金日成は、日本の敗戦後にソ連の88特別旅団の一員として帰国した。抗日パルチザンの伝説的英雄という名目で、スターリンから北朝鮮にプレゼントされた指導者だった。金日成がスターリンばりの粛正をやったように、9ちゃまの体制固めのためにすでに数百人が粛正され、髪の毛1本残すなと迫撃砲で処刑されたなんて話が出るようじゃ、核実験はとうぜんとして、朝鮮戦争の再生も視野に入れなければならなくなる。
ちなみにスターリンが不可侵条約を破棄して対日参戦したのは、1945年8月8日。その63年後の2008年8月8日に今回の出雲88事象がはじまった。63はさかさまにすれば36(ミロク)。
僕らはシクミの操り人形なのか……。


【後記】
重要な事象が次から次へで、バタバタした詰めこみ気味の文章になってしまった。
双子の対比はまだまだつづく。祇園の事故についてもこれからだ。
祇園の事故がおきた4月12日に、朝鮮半島から怪しげな手のような雲が伸びた。僕は「双子の手」と呼んでいる。
これだ。
201204121600手?

「最後の勝利に向かって前進せよ!」と、9ちゃまはいった。
それは黄泉のイザナミの言葉でもあるのだろうか。

  • [No Tag]

*Comment

東風吹かば・・・ 

鋭い分析、いつも楽しみにしています。
今年になってから不思議な事件が怒涛のように押し寄せていますね。神々の事象は、イザナギとイザナミ、国常立尊と豊雲野尊、天照(太陽)とスサノオ(月)、艮金神と坤金神、ヨハネとイエス、出口ナオ(綾部)と出口王仁三郎(亀岡)、広島と長崎、長門と陸奥・・・本当に陰陽の対比が目立つ。ならば大飯原発の再稼動、綾部出身の細野大臣の活動、太陽の磁極四極化は何を意味するのか。まさに眼が離せない時代です。

戦艦「大和」と「武蔵」が対ならば、スカイツリー(634)の相棒は・・・。刑事ドラマ「相棒」も、近頃は度々相方さんが変わりますね。

*5月3日追記
愛知県蒲郡市形原町春日浦の県営団地で、3歳の牧原大和ちゃんが5階のベランダより転落して亡くなる。
  • posted by アーク 
  • URL 
  • 2012.05/02 22:21分 
  • [編集]

次は・・・ 

「ヒロシマ=フクシマ」から「ナガサキ=カシワサキ」でしょう。

シマ=シマ、サキ=サキの双子かな?

であれば新潟地震=柏崎原発となりますね!
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2012.05/03 04:51分 
  • [編集]

産後?鹿? 

館山・岡崎・祇園・亀山の事故は緯度35度に集中している!(ネットで拾った情報)でもこれだけアチコチ衝突事故があると位置に意味があるのかどうか解釈が難しいです。
2日に小牧市で起こった火災、住所に「鹿」の字が含まれてます。http://c.fc2.com/m.php?_mfc2u=http%3A%2F%2Fwww.yomiuri.co.jp%2Fnational%2Fnews%2F20120503-OYT1T00020.htm
  • posted by リン 
  • URL 
  • 2012.05/03 20:14分 
  • [編集]

もう、古事記や日本書記を正史とするのをやめたほうがいいかも・ 

この、困った流れを止める方法を思いつきました (^.^)
それは、古事記や日本書紀を正史とし、重用する現状から、卒業する事です。

ホツマツタヱなど、また、それらの元とも言われる先代旧事本記大成教を、本当の歴史として認識することで、
例えば、いざなみさんは、子を想うやさしい母に戻っていただけます。
それにしても、記紀や古事記での当時の方々に対する扱いは、酷いものでした。

また、私は部外者なので詳しくは知りませんし、ここで書くことも控えますが、
今、本当の歴史を日本全体に広めようと、準備を進めている人達がいるそうです。
そういう時期なのだと思います。

また、TPPだけでなく、消費税増税も見送られ、原発再稼働も世界が許さない流れに変わって来ていると思います。
  • posted by 五 
  • URL 
  • 2012.05/04 02:22分 
  • [編集]

数霊 

火の綾部出身の原発事故担当大臣の6年前の火遊びのお相手は、母方の祖父が新聞社の尾道支局長で、原爆の取材で被爆して亡くなられてます。

軽自動車の排気量は現在は660ccですが、1976年1月まではミロクの360ccでした。
今年、スバル(プレアデス)の富士重工が軽自動車の自社開発から撤退し、ダイハツからのOEM供給に切り替えたのも意味がありそうです。
ア=1、オ=2、ウ=3、エ=4、イ=5の順番に番号を振る数霊では「軽」の「ケ」は9です。
http://whitebridger.air-nifty.com/blogfile/2010/03/post-0de3.html
数霊はタテ・ヨコ・ナナメの和が、どれも369になるミロク方陣と組み合わせると面白いです。
http://ameblo.jp/chaisama/image-10819953014-11088752877.html
中央の41は太陽神を意味する「ラ」となり、「神」も「カ」=6、「ミ」=36で合計は41。
「米」も「コ」=7、「メ」=34で合計は41です。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2012.05/05 21:35分 
  • [編集]

原発止まりましたね。 

いつも興味深く拝見させていただいてます。

日本の原発がすべて止まりましたね。

エネルギーは全体から個へとシフトしていくのかなと思いました。

エネファームみたいな、家族単位で必要なエネルギーを生み出していく権利と義務が出てくるような気もします。
  • posted by 日本武尊@名古屋CITY 
  • URL 
  • 2012.05/06 15:50分 
  • [編集]

双子の竜巻 

昨日、甚大な被害を出した茨城県つくば市と、栃木県真岡市で発生した竜巻
ともに午後12時40分と同じ時刻に発生し、
しばらく同じ方向を平行して進んだ双子みたいだったと聞きました。
それらの場所って何かいわれのあるところでしょうか?
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2012.05/07 08:53分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.05/07 16:16分 
  • [編集]

Re: 双子の竜巻 

今回の記事の双子のワ-ドは、3.11ですでに出てるんですよね。
福島第一原発の「双葉」です。

双葉町もふくめ、その福島の事故から避難されてきた方々のアパートが、一直線に筑波山を目指した竜巻の直撃をうけています。
春日丸の事故とおなじパターンです。
しかも、全原子炉が泊で止まったその日ですよね。
あきらかに事象的な意志、もしくは警告だと思います。

泊原発の北海道といえば、二重の太陽。双子の太陽。
神武である日本と、ニギハヤヒである北朝鮮。
日の御子神武事象を継承したジェイソン時平と、
金日成と正日を継承した9ちゃま。
風と渦の事象数は13です。
13日の金曜日の双子とおなじ。
だから双子の竜巻がおきる。

ミクシィの方でつぶやきましたが、祟り内閣の大飯原発再稼動への執拗な動きで、大江山が再稼動しちまいました。大江山と筑波山はつながっています。王仁三郎のいう東西の凶党界ですね。
今回の竜巻は大江山の再稼動のひとつの結果でもあります。

同時刻とは知りませんでしたが、栃木の真岡は大震災後に震度5強が起きたとこで、総鎮守の大前神社は大洗磯前神社と同緯度ラインにあり、祭神もおなじオオナムチ。つながっています。というかあの地震は、オオナムチ西征のはじまりを告げるものでした。
今回の竜巻は、あの大洗港沖の大渦の再来。

真岡は、鹿島⇒日光⇒柏崎の戌亥ラインにあります。
日光といえば天海の山王一実神道。
先月、越直美市長の史上初の成人女性参加、天台座主の初の殿上輿参詣など、1200年の歴史で初ものづくしだった山王祭の日吉大社。祭神は東のオオヤマクヒと西のオオナムチですよね。

じつは去年の震災以降、筑波山周辺では山王系の事象が目立つんです。
海、山へ行くの、オオヤマクヒ。
双子の竜巻はオオナムチとオオヤマクヒの事象。
このタッグ(山王権現)が筑波山の東の凶党界と、大江山の西の凶党界を動かしている感じです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/07 21:36分 
  • [編集]

NoTitle 

双葉町など福島原発から避難されてきた方達には、本当になんと申し上げてよいか、言葉もありません。竜巻で被害に遭った地の復興をお祈りいたします。

大きな竜巻がアメリカではよくおこります。現地で暮らした家人が、CNNを見てある女性の言葉に勇気をもらったと、以前メールをくれたことがありました。

その女性は、Missouri州で起こったハリケーンで家がめちゃめちゃに壊されたにも関わらず、Life goes on. という言葉を述べました。

Life goes on. それでも人生は続く・・・。

大自然の前にはちっぽけな存在であることを、いやというほど知らされる昨今。それでも歴史は神々の太古より続いてゆく…。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2012.05/07 23:21分 
  • [編集]

亀岡震度3 

5月10日0時20分寝床でTV見てたら揺れるというより、ガラス戸とかがガタガタなりました。
何これ?
と思ってたらテロップ流れ京都府南部で地震だって。
音で知らせた変な地震でした。

震源は、北緯35.0度 東経135.6度、 深さ10km、マグニチュード 3.5
この緯度経度で調べてませんが、震度 一番大きいのは震度3 /亀岡市
警告のような変な地震が納得できたような気がします。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2012.05/10 07:52分 
  • [編集]

Re: 亀岡震度3 

いやもうこうたてつづけに核心的事象がおきるとたまりませんよ。
亀岡の事故と今回の地震。
亀岡といえば明智光秀。
ホテル本能寺が、焼けましたよね(笑)。

双子の竜巻は三つ子化。
本文にも書いたように風と渦の事象数は13。
三つ子の竜巻が向かったのは北東で、艮。金神。
三つ子の竜巻を分析すれば、7月13日の金曜日になにがおきるかわかるかもしれませんね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/10 11:56分 
  • [編集]

Re: 東風吹かば・・・ 

ありがとうございます。

そう、陰陽が出てるわりに、毒グモ中性子星なんですよね。
これも相棒のワード。
相棒を変えるために、ドラマを終わらせるのか。
でも「相棒」みたいに何度も相手を変えられちゃ、何回終わらせられるやら(苦笑)。

しかも、また大和ちゃんですか。春日だし。。。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/10 12:06分 
  • [編集]

Re: 産後?鹿? 

931に139ときて異臭・・・。

化け学系、狙われてますねぇ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/10 12:19分 
  • [編集]

Re: もう、古事記や日本書記を正史とするのをやめたほうがいいかも・ 

賛成っ!

神話は書き換え可能です。
というか、書きかえられるべきもの。
そしていままさに、その書き換えがおこなわれている。

ホツマツタヱが正史なら、歴史は変わっていたでしょうね。

たしかに社会の流れはしかるべき方に変わりつつあるように思います。
この夏が勝負でしょうね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/10 12:28分 
  • [編集]

ホツマツタヱ 

古事記や日本書紀さえ、日本のおとぎ話だとすら思っていて、こちらへ来て、沢山学ばせて頂きましたよ。図書館で、不思議なオーラを放つホツマツタヱの本は、手に取るのをためらっていた時も…。

先のコメントで、勝手大明神は葛城一言主の子、そして一言主はスサノオの子と教えて頂いた時は、目からウロコがポロリ!記紀だけでは、一言主など、どうさかのぼろうと謎の神サマでしたから。

主流と傍流、表に出る歴史と伏せておきたい歴史、私達が知る歴史はきっと、氷山の一角なのでしょうね。民族の謎解きの旅に出発すれば、絡んだ糸がほぐれて、これから、何処へ向かえばよいか、解るような気がするのです。

いやさかの木様、皆様、いつもありがとう♪
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2012.05/10 17:23分 
  • [編集]

 

こんばんわ、いやさかの木さん

大和と武蔵は大和神社の大國主命様と武蔵國の氷川神社の須佐之男命様

綾部に館山の安房神社に玉前神社は玉依姫が謎です!?
6日でなく7日なら辰で竜巻の意味が解ると思ったのですが、6日は卯で産出や生まれる事を表していたら…
双子の竜巻と双葉=イザナギ、イザナミ二柱神から三貴子が産まれましたが、その前に産まれた神様は… 

古老の教えでは、古事記や日本書紀、旧事記だけでなく、ホツマツタエやウエツフミに神楽や伝説、伝承から判断し、正しい教えを読み取りなさいと言われてます。

栃木や茨城に地震も竜巻も集中してるのは何故でしょうか?

二荒山に鹿島の奥宮?

弟橘姫様の走水や吾妻、千葉にも関係ある場所があったような…

常陸國風土記に謎解きの答えがありそうです。

別件で言靈でひふみよ~の終わり三文字は、れけん。
あいうえ~の終わり三文字は、わをん

あめつちのうた~の終わり三文字は、れゐて
かなり難解ですが、お手伝い頂きたく書きました。

とりあえず金冠日食の後に何があるのかな~?
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2012.05/10 22:57分 
  • [編集]

鹿 

そういえば対馬で鹿が泳いでましたよ。
http://mainichi.jp/select/news/20120508k0000m040032000c.html

>もう、古事記や日本書記を正史とするのをやめたほうがいいかも・

記紀について全く同意です!
何回も読み返す気にならないです・・・。

地域の郷土史とホツマ等を照らし合わせ想像にふけってます(全国制覇するには時間が必要ですけどw)


:追記

映画「ロードオブザリング」の中で
「事実は昔話となり、伝説となり、そして神話になった」という言葉がありました。

近代史→郷土史→風土記→神話になると考えたのですが・・・

さてホツマは本当に偽書なのかッ?
多くの昔人の思惑と、伝言ゲームのような神話を読み解くのは至難の技ですね!
  • posted by ミルフィーユ 
  • URL 
  • 2012.05/11 00:10分 
  • [編集]

酉 

こんにちは。

今 話されている 話題から 離れるのですが、
今年の元旦に、 鳥島で、 地震が あった時に、

フト、2年前に 行った、ラスコーの洞窟の 壁画を思い出したんです。

時代的には、15000年前に存在する、クロマニヨン人達が、洞窟で祈るという何らかの 聖域らしいんですね。この地方には、このような洞窟が いくつか保存されていて、興味深いんです。
電気もない、洞窟で、獣の油で出来た、蝋燭をもって、壁に、草食動物、鹿、牛、達の 動きを 描く。そのような場所<聖域>がすでに、存在していたんですね。

その 洞窟の壁画には、 人が横に なって、寝ている姿も描かれているんです。その 人の 顔は、 嘴のついた お面を被って 仰向けに寝ている 姿が 壁に 描かれているんです。現地の人の 説明だと、

この時代の 聖域は、 シャーマンのような 人間が いて、 鳥と 交霊しながら、なんらかの 神託のコミュニケートをしていたのではないか?

と、説明していました。

鹿や牛が、神的存在として崇めるのは、現在の宗教観から充分理解できるのですが、鳥の お面を被り、鳥と一体になる事、、、


鳥 と 人間の 存在の 関わりあいも、意味があるのでしょう、、と思うのです。

今回の地震も、人間との関わりあいの 何らかの掲示なんでしょうが、昔の出来事との照合合わせというより、

それでは、これから、何を しなければ、ならないのか?

という事を 私達に 考えさせる為の 掲示なんだと思うのです。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.05/12 19:53分 
  • [編集]

訂正します 

6日が辰の日で、7日が卯の日でした。失礼しました。
また、各地の風土記や伝説、祝詞に隠された神様や地名に秘められた神様も沢山おられます。

天狗や鳥の仮面の鼻や嘴が長いのは、霊力や徳の高さを意味します。

南アフリカの白い巨人やオーストラリアの壁画も太古から崇めていた証が残っていますね。
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2012.05/12 22:15分 
  • [編集]

クルマ 

クルマといえば伊勢久留麻神社。ここも太陽の道で、箸墓古墳をちょうど等距離の中心にして伊勢神宮斎宮跡と一直線らしいです(どの程度の精度なのか正確なところまでは調べていません)。美具久留御魂神社とは、太陽の道であることと久留が共通してます。私は九州筑紫イザナギ王朝説ですので元祖は久留米と思っていますがそのあたりはさておき、先日4月1日に参拝してきまして、少し大切にされていなさすぎる気がします。どうも昔の参道を横切る形で国道28号を通してしまったみたいです。

その翌日、西殿塚古墳から三輪まで山辺の道も歩いてきました。びっくりしたのはその後の祖父95歳の話です。実家のほんのすぐそばに、おそらく崇神天皇が使っていたという伝説の屋敷が数十年くらい前まであったそうで、この屋敷、北条氏が引き継いで使っていたということです。場所を聞いてみると案の定ぴったり二上山山頂-美具久留御魂神社の太陽の道上です。さらに、この屋敷の名前は笠原といったそうで、そう聞いた瞬間、パズルの鍵ピースが埋められた思いがしました。笠原といえば武蔵国造の笠原氏を連想します。笠原屋敷は豊城入彦ではないでしょうか。笠や笠縫といえば豊鍬入媛。ちょうど前日に檜原神社から二上山に落ちる夕陽を見てきたばかりです。そういうわけで、このライン上の西殿塚古墳は豊鍬入媛とすっかり確信するようになりました。群馬の由来はクルマと聞いたことがありますが、そうするとまた豊城入彦とクルマもつながってきますね。

太陽の道には豊城入彦も関わっているようです。いやさかさんの言われる、現代は崇神期で祭祀の大転換の時代ということ、本当にその通りだと思います。

  • posted by TohkiYama 
  • URL 
  • 2012.05/13 04:11分 
  • [編集]

二人の神? 

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012051201001457.html

韓国・全羅南道麗水市で5月12日開幕した国際博覧会(麗水万博)で、
神戸市から来た日本人の二神敦(39)が入場者第1号になった。
二神氏は博覧会マニアだが、一番乗りは人生初という。
二人の神様・・・イザナギとイザナミ?

5月15日追記
>牛の反対は羊。牛寅の鬼に対するのは猿鳥犬。
「艮(牛寅)の金神」は出口直(天照)の守護神。
娘婿・出口王仁三郎(スサノオ)の守護神は「坤(ひつじさる)の金神」。
牛にせよ、羊にせよ、王仁三郎関連だと思います。
  • posted by アーク 
  • URL 
  • 2012.05/13 22:15分 
  • [編集]

博覧会 

こんにちは
博覧会って前から すごく不思議な催しものに思っていました。
日本が公式に初参加したのは、1867年パリ万博ですが、
この時の 参加が、幕府と薩摩藩と佐賀藩なんですね。

この史実よく調べるとすごく 興味深いのですよね。

1867年ですから、戊辰戦争直前の出来事なんです、当然幕府と 薩摩藩は、良い関係ではありません。それで調べると、、

薩摩藩は日本薩摩琉球国太守政府を自称し、幕府とは別の「独立国」であることを国際社会に伝えようとしたらしいです。

その戦略の極めつけが勲章の製作と贈呈であった。とWIKIには載っていますけど、勲章は ○に十字がしっかり ついているので、、実は 一人で受けて笑いました。

それは良いのですが、この時の幕府は、徳川藩ですから、葵の家紋です。、パリの万博出展には、当時各藩の 家紋で 其の国のアピールしていたんでしょうと想像します。

面白いのは、この1867年パリ万博に出展していた、 薩摩の家紋○に十字と徳川の 家紋葵家紋に、

ヒントを得たのが、ルイ、ヴィトンなんですね。

日本人にフランス以上に知名度が 広がり、ブランドバックを 持つように なった、日本人なんですが、

ルイ、ヴィトンのバックについている モノグラムは、 ○に十字の島津家紋と、徳川家の葵家紋が、基なんですよね。

この兆候、不思議ですよね?バック購入者の日本人女性に 話すと、「えぇぇ~知りませんでした」と 驚かれるのですから、、潜在意識に 呼応しているとしか思えません。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.05/13 23:23分 
  • [編集]

ヴィトンの家紋 

先の千春さんのコメントに反応して
仕事柄ヴィトンモノグラムは日本の家紋にヒントを得たことは知ってました。
しかしパリ万博が縁だったことなど詳細は知らず、
まして薩摩藩の立位置を聞くとなおさら興味深いです。
かつての倭と日本みたいな感じですね。
いつか拙ブログで使わせてもらいたいと思います。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2012.05/14 08:34分 
  • [編集]

ヴィトンの家紋 

こんにちは

いやさかの木さん
うららさん


そうなんですよね~、ルイ、ヴィトンの話、面白いのですよね~♪

当時の薩摩、琉球諸島の関係も 興味ふかいんです。

以下、1867年パリ万博時、幕府と対立する為に配布した「日本薩摩太守政府
の勲章が見れます。

星形に十字なんです。いくつか関連記事 貼りますね。

http://www.shuseikan.jp/word/factory23.html


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%89%E7%90%83%E5%9B%BD


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%A9%E6%91%A9%E7%90%89%E7%90%83%E5%9B%BD%E5%8B%B2%E7%AB%A0
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.05/14 19:59分 
  • [編集]

Re: 数霊 

そういえば二岡も、ヒロシマの広陵高校出身ですよね~。
もしかしてその縁で火遊び?
で、その縁で、もうひとりが原発事故担当大臣に?

モナってなにもの……?

もしかして八坂の十字路で起きたけども、
軽の暴走事象は、牛(すばる)ではないということでしょうか。
牛の反対は羊。牛寅の鬼に対するのは猿鳥犬。
いけにえの羊であり、吉備と桃の事象だってことかな?
ここから発想できるのは、日本武尊とヒミコ(纏向)と伊勢だなぁ。
う~む。

事象でミロク方陣的発見がありましたら、ぜひ報告お願いします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/15 02:18分 
  • [編集]

産殿 

こんにちは
ほつまつたゑを最近やっと読めるようになりまして、ツクバの竜巻で思ったのは、「産殿」の地名でした。

あとは「ハラミ山」を残すだけってことか・・・と。

わたしも古事記や日本書紀でフェイクされるよりも真実の歴史を重んじた方がいいと思います。
データが真贋混在しているのは何故か・・・自分なりに考えたのですが、それは「ずっと悩んでいられるようにだろうか」となりました。本物だけならすぐ手繰り寄せられるようなことになったかもしれません。
今、来年の出雲伊勢の遷宮式を目前にして、そろそろ目を開かなければ・・・ですね。

そして、イザナミには新しい火の神を産んで欲しい。
その火が安心・安全で未来に永続的なものであるように・・・願わずにいられません。

双子の太陽で思い出しました。去年12月の初め宮崎の大淀川河口近辺のところで朝日の写真をなにげなく撮ったのですがよく見たら太陽が二つありました。
「In Deep」さんにメールで見てもらうつもりで送ったら年末最後の記事にその写真が載っていました。
北海道でも二つの太陽の写真が撮れていたのですね。
  • posted by 弟姫 
  • URL 
  • 2012.05/15 17:25分 
  • [編集]

丑寅-未申ライン 

訂正です。「神」も「カ」=6、「ミ」=36で合計は41。 と書きましたが、正しくは「ミ」=35で合計は41です。

イザナミは「イ」=5、「ザ」=56、「ナ」=21、「ミ」=35で合計は117ですが、
数霊は9×9の81が単位になっていて、81より大きいと81を引くのですが、
117-81=36でミロクが出てきます。

「神の戸が開いた」と言われた阪神大震災は17日に発生しましたが、
数霊で「ト」=17であり、ミロク方陣では中心の41から北東の鬼門のライン上にあります。
ミロク方陣は九数図のように、北と南の上下が逆なので左下の角が北東になります。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~technoqt/kosinkazu.htm
ミロク方陣の左下から右上に伸びる丑寅-未申ラインには、東日本大震災の発生日の11もあります。
阪神大震災と東日本大震災の両方の発生日が、ミロク方陣の丑寅-未申ラインにあります。
このラインの31以下の数字には14もあるので、14日も注意かもしれません。

G1レースのヴィクトリアマイルはホエールキャプチャという鯨の名前が勝ちましたね。
父親がノルウェー人の船員だったモナさんは北欧神話の火の神なのでしょうか。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2012.05/15 22:00分 
  • [編集]

Re: 原発止まりましたね。 

ありがとうございます。

エネルギーもそうですし、地球・自然とちゃんとお付き合いするのは、国という単位ではもうムリがあると思いますね。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/22 23:55分 
  • [編集]

Re: 双子つながり 

はじめまして。

ありがとうございます。
この方、たしかな目をお持ちですね。
参考になります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/23 00:07分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

ほんとうに、アメリカなみの被害でしたね。

Life goes on. それでも人生は続く・・・。

力強い言葉です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/23 00:25分 
  • [編集]

Re: ホツマツタヱ 

神話にはそれぞれの民族のエッセンスが凝縮されていますよね。
また神話をよめば、それぞれの民族が自然をどうとらえ、どうつきあってきたかがわかります。
さらには自然環境の変化と社会構造の変化なんかも。

僕らがひとりで生きてるわけじゃないように、人間も人間だけで生きてるわけじゃない。
それはむかしもいまも変わらない。
だけどある程度食糧が確保できると、人間は人間にしかフォーカスしなくなる。
後世の歴史書がそうなんだけど、現代のこの状況では、あんまり参考にならないんですよね。
人と自然とを対象としてるからこそ、神話は有効なんです。

ホツマツタヱは一般には偽書とされてますが、おっしゃるとおり神々の事情にこれほどくわしい文献はありません。各地の社伝や言い伝えと照らし合わせても筋が通っています。
さらには、自然と人間への一貫した視点といいますか。だからこそ事象を読む強力なベースになってくれる。

たとえば、なぜいま利根川水系の汚染が問題化しているのか。
利根川の流れは、カグツチ+ハニヤスメ⇒ワクムスビの再生の構図を表現してるんですが、これも記紀神話ではワクムスビがいまいちわかりません。でもホツマツタヱなら、イザナミが最期に人々に贈ったいわば次世代の国土再生神だと読み取れます。
そしてその絶え間ない再生の流れである利根川が、2013年への流れの最後の段階でワクムスビとはマ逆の化学物質を生むのがどれだけマズいことかっていうのも、わかってくるんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/23 03:35分 
  • [編集]

Re: 訂正します 

オオナムチの岩木山ではじめて直の反応がありました。
キーワードは奇跡のリンゴ。
大飯原発再稼動で、いよいよスサノヲの火の洗礼のはじまりでしょうか。
大和と武蔵の動きが、僕らを戦艦とはさかさまに導いてくれるよう祈りたいです。

Oザーさんは正体不明です(笑)。
いろんな要素がありすぎて特定できないし、そのすべてを背負ってる気もしますね。

4月13日も辰の月辰の日です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/31 19:46分 
  • [編集]

Re: 鹿 

>そういえば対馬で鹿が泳いでましたよ。

阿曇イソラでしょうかね(笑)。
大阪市のイレズミ問題は、阿曇浜子だし。

それとも春日明神?


ホツマツタヱが偽書とされるのは当然だと思います。
ではだれが書いたのか。
誰が書いたにせよ、そのお人は天才です(笑)。超能力者です。
現代考古学の発掘事情まで知ってたわけですから。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/31 20:09分 
  • [編集]

Re: 酉 

日本のシャーマンも鳥装してましたよ。
とくに出雲~伯耆の線刻画に顕著ですね。

岩に刻まれた有翼人とかも。
宇宙人っていう人もいますけど(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/31 20:15分 
  • [編集]

Re: クルマ 

「久留」は機織につながるのかなと思います。
これからオワリの七夕が注目です。
信長と濃姫がむりやり(?)一緒にされるそうで、美濃尾張のしくみでしょうか。
もともとタテとヨコの仕組みは機織の十字ですし、
だからほんとは十字架ではなく、タテ糸とヨコ糸なんですよね。
そういった意味でも、伊勢久留麻神社は気になります。
久留眞神社も機織に関係する。そこから分霊されたのに祭神がちがうのがおもしろい。
太陽の道とオオナムチのこと以前書きましたけど、久留眞神社は大己貴命。でも久留麻神社は大日孁貴尊。
そういえば、どっちもオオ+ムチですね。
まさかオオナムチの太陽神化なんて、この先そんなムチャな結果には。。。

豊城入彦と群馬(クルマ)と笠原と太陽の道。
西殿塚古墳と天照大神の御杖代の豊鍬入媛。
これとてもおもしろいテーマです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/31 20:54分 
  • [編集]

Re: 二人の神? 

情報ありがとうございます。
この神戸の「二神」は重要ですね。
しかも百済へ割譲された任那四県のひとつともされる麗水。
(4月21日に韓国順天大学博物館は発掘調査の結果として否定)

7月7日に尾張で信長と濃姫が再婚(?)するようです。
次回書く予定ですが、ほかにも二神をあらわす事象が。
これがイザナギとイザナミなのか、それとも艮・坤ペアなのか。
国常立尊とイザナミの新ペアなのか。

いずれにしても、ミロクの百済とスサノヲの新羅に事象は向かっているようです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.05/31 22:38分 
  • [編集]

Re: 博覧会 

へ~、ルイ・ヴィトンってそうなんですか。

このとき幕府のメンバーだった渋澤栄一が、
のちに日本資本主義の父とよばれるのも、
なんとも因果な感じですよね。

日本パビリオンでもっとも人気を集めたのが、柳橋の芸者三女神だったとか。
メリメもメロメロ(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.06/01 01:00分 
  • [編集]

むつのみらい 

原子力船「むつ」が原子炉を降ろして海洋観測船「みらい」として北極海の雲の高度が上がっていることを観測したというニュース。
http://jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012053100460

一方、イギリスでは空母「プリンスオブウェールズ」が2019年頃の就役を目指して建造中。
1929恐慌以後の歴史を反復するのか否か?

2018年には中国が戦闘機J-20、米国は新型爆撃機を完成させることを考えるとそれなりに2020年以降の戦争は想定しておくべきか?
  • posted by Autumn snow 
  • URL 
  • 2012.06/01 01:16分 
  • [編集]

Re: 産殿 

「ハラミ山」はウホヒルキですよね。
金環蝕が岩戸びらきなら、やはりハラミ山が対応することになりそうです。

ホツマツタヱがおもしろいのは、大祓詞がよくわかること。
中臣祓詞ですね。
これに関係する神話が、記紀からスッポリぬけ落ちてます。
藤原不比等がそうしたのかも。
新しい律令国家のためには、いろいろ都合が悪い話だし。
中臣が祭祀の頂点にいつづけるために、秘儀的な部分を隠蔽したとも考えられますね。
いわば教科書には、のせられない部分。

双子の太陽⇒双葉町⇒双子の自爆装置。つながってるんですよね。

ほかならぬ宮崎でも双子の太陽でましたか。
金環蝕の日の衛星画像が、これまた双子の龍っぽかったです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.06/05 03:03分 
  • [編集]

Re: 丑寅-未申ライン 

なるほど。ありがとうございます。
「14」もまたけっこう出てくる気になる事象数ですね。
以前「1414(いよいよ)」って小見出しで書いたこともあります。

モナさんの父親はノルウェー人でしたか。
もろホエールキャプチャ(捕鯨)ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.06/07 01:04分 
  • [編集]

Re: むつのみらい 

だからやっぱり原子力のクリーンエネルギーなんだと、むつの「みらい」が主張しなければいいんですが。

「プリンスオブウェールズ」が復活?
ではこちらも「一式陸攻」を復活させねば(笑)。

来年の伊勢遷宮でこのブログは終わりますが、
そこまでに表現されるのはカタであり、未来のシナリオです。
そういう意味でも、戦争は想定されるべきかと。
ご自慢のオモチャを玩具箱にしまっておくコドモはいませんからね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.06/21 02:21分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/268-0e1e9f25

まとめtyaiました【双子の自爆装置(1)~R指定】

☆ヨミの女神とヒルコのトキ4月3日、964hPaの爆弾低気圧が列島を通過。その衛星画像が、坤(ひつじさる)の方角を悲しげに見る女神に思えた。4.3(ヨミ)だから、黄泉のイザナミ?だが悲しげというのは僕の未練かもしれない。3月19日、京都でひらかれた日本天文学会で、「毒グ...

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム