神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

死と再生の旅(2)


太陽は核融合だが、ニセの太陽は核分裂エネルギー。
原発の輸出は、「分裂」の拡散にほかならない。
核兵器の廃絶は全人類の希望だけど、北朝鮮やイランをめぐるすったもんだを見てもわかるとおり、原子力世界の秩序は核兵器がなければありえない。本気で核を廃絶するなら、さらなる超兵器を開発するか、原子力を手放すしかない。

オバマ米大統領がプラハで「核兵器なき世界」の歴史的演説をおこなったのは、2009年の4月5日。
憶えてるだろうか、この日北朝鮮の9さまがミサイルを発射したことを。
僕ら日本人にとって生涯忘れられない結果をうむ事象が、宮崎神宮沖の震度4とともに開始されたことを。
そう、神武東遷事象だ。
「ヤタガラスが太平洋側を東北に飛んでるんですけど、なんなんでしょうね?」
そうメールを頂いたのは、2010年南アフリカW杯のころだったろうか。
その時に気づくべきだった。ヤタガラスに先導された神武事象が大和をこえ、日高見(宮城・岩手)にいたることを。
大和と日高見で、大祓詞の「大倭日高見国(おおやまとひだかみのくに)」。あの「3.11」は、ほかならぬ神武天皇の崩御の日だ。

>なんで再稼動が大飯原発でなければならなかったのか。
>オバマ湾だからに決まっている。

「オバマ湾のドラム缶」のワードは、神武東遷事象と[cross22]によって示された。
その神武事象がオバマ大統領の演説と同時にはじまり、福島の原発事故をもって終幕したことは、とくにふたつの点において注目に値する。
ひとつは、オバマ政権と日本の事象が、おなじシクミのもとに動いている点。
もうひとつは、「核兵器なき世界」の演説の答えが、「フクシマ」だということ。
もちろん、オバマ大統領のいう「核兵器なき世界」は、核の平和利用の世界である。
だが皮肉にも、事象は核なき世界に原発はいらないといってるようだ。
核廃絶はフクシマからはじめなければならない、と。
神武東遷事象を通して読み解くと、フクシマはそういう意味になる。

12月3日のひふみの日、オバマ大統領はワシントン大学でこう発言している。
「20世紀最悪の兵器である大量破壊兵器によって、21世紀が暗黒の世紀となることは絶対に許されない」
ひきつづき核兵器なき世界の実現を追求する方針だ。
米国の事情を無視して上澄みだけをすくえば、彼の理想は、どうもそのまま僕らへの神々からのメッセージになってる感がある。この発言も、素直にひふみメッセージだと思っていい。

09年4月5日の宮崎神宮(神武天皇)沖の震度4を神武東遷開始としたのは、日米朝の事象連動があったからじゃない。南足柄市のカラスの大量死(筑紫のヤタガラス射落とし伝説)など、あくまで国内の事象の流れからの判断だ。
そのときはまだ、はじまったというだけで、神武事象の性格もつかめていなかった。
神武事象とオバマ政権とのつながりをなんとなく勘ぐりはじめたのは、その年10月5日のニュースから。
オバマ湾のドラム缶である。
なぜ大阪の泉南市で暴行された五瀬命(神武の兄)が、わざわざ福井県のおおい町に運ばれ、ドラム缶に入れられ沈められなければならなかったのか。それが女子高生をふくむ男女6人の犯人たちの気まぐれだったとしても、よりにもよってなぜオバマ湾だったのか。

いまならわかる。
なぜオバマ市(鵜之瀬)のお水送りにはじまる十一面悔過法要(東大寺ニ月堂)の最中に東日本大震災は発生し、さらにはなぜ、再稼動がオバマ湾を臨むおおい町の大飯原発でなければならなかったのか...。
答えはひとつ。
日本とオバマ政権が、核をめぐるおなじシクミの中にいるからだ。
東日本大震災における米軍のトモダチ作戦も、そのシクミを代弁した命名だといえる。

このトモダチ作戦を展開しているのは、出雲88事象である。
神武東遷事象の完結と同時に、ついにその黒幕が表舞台に姿をあらわす。
「大洗(おおあらえ)のオオナムチ」だ。
2011.3.11大洗の渦 3.11茨城県大洗港沖

出雲88事象がはじまったのは2008年8月8日。8月28日にオバマ氏が民主党の大統領候補となり、福井県小浜(おばま)市がオバマフィーバーにわいたことを憶えておられるだろう。
オバマと小浜は語呂あわせにすぎないが、その後の複雑な展開を考えると、ただのシンクロとは思えない。うまくいえないが、オバマという名の大統領が誕生することはあらかじめ決まっていた気さえしてくる。
地図を見ると、オバマ湾は大島半島と内外海半島によって形成される。大島半島にはおおい町の大飯原発。内外海半島はオオナムチの久須夜神社。古くは久須夜岳を神体山とした、若狭国鎮守大明神十社のひとつである。どちらもまったくおなじ緯度にある。当時は考えもしなかったけど、この地勢自体がひとつの「型」だったのだ。
「核」をめぐるトモダチ作戦は、09年4月5日ではなく08年11月4日の大統領選、いや8月28日の大統領候補選出からすでにはじまっていた。
それとも、このすべてが偶然だと?

日本はいま衆院選挙戦のまっ最中。脱原発は論点のひとつにすぎない。
だが事象の中心テーマは、まちがいなく「再生(復興)」と「核」だ。
過去その拡大を懸念し、警告してきたように、神武東遷事象は「近代」をあらわす。僕らが手放すべき「近代」だ。
神武国家の再来と歌われた明治以降の近代カルマを引き連れて、神武天皇は大和から日高見にいたり、そこで崩御した。
つまり「3.11」とは「近代の終焉」を意味し、フクシマはその象徴だということ。
射落されたニセの太陽は、近代としての神武天皇でもあるということ。
そもそも神武東遷事象は、関東のニセの太陽射落とし伝説(または筑紫のヤタガラス射落とし伝説)を示唆するカタチではじまっている。おなじ4月5日に南足柄市でおきた、40羽をこえるカラスの大量死である。
シクミのためとはいえ、神武天皇ははじめから終わりまでニセの太陽を演じきったわけだ。
神武事象は出雲ではない。あくまで伊勢の事象である。その伊勢が、みずからニセの太陽を射落した、もしくは射落とさせたのだ。高天原の天照大神が僕らになにを望んでいるのか、これほど明確な解答はないだろう。

一方、「大洗のオオナムチ」は現在三輪山をGHQとして、あらたなトモダチ作戦を展開中だ。オバマ政権が二期目を迎えたように、核をめぐるトモダチ作戦も終わらない。
残念ながらフクシマは結果ではなく、過程なのだ。
なぜなら、あの「双子の自爆装置」が、オバマ湾の核(大飯原発)にふたたび火をつけてしまったのだから。

双子の自爆装置はみずから招いた祟りで自爆し、来年は安倍自民党政権の年になる。
原子力政策の逆行は火を見るよりあきらかだ。ホントの意味で、僕らが試される時がくる。
だがそれもトモダチ作戦。
野田首相が大飯原発再稼動を表明したとき、ムカツク半島の猪が「まだわからんか」と鉄道に岩を落としたのを憶えてると思う。
安倍晋の選挙区だ。
おまけに第二の太陽の船が接岸すべき、歌会始の「岸」のワードにもっとも近いのも安倍総裁。血縁的にね。
神武神話で五瀬命を射殺し、神武天皇に敗北したナガスネヒコの兄で、津軽に亡命した安日彦の子孫という意味では、「奥州十三湊日之本将軍」の安東康季をとおしてオバマ市(羽賀寺)につながる。羽賀寺には、拉致問題で小浜を訪問した安倍晋が贈った石碑もあるらしい。
「13の日本将軍」である。
ヒロシマ=フクシマにつぐナガサキが、幸いにも原発事故でなければ、オバマ政権による核燃料サイクルの強制的な否定として事象化するかもしれない。六ヶ所再処理工場の分離済みプルトニウムは、核セキュリティーにとってマズいからだ。
ただし米国自身の核事象は、たぶんその程度ではすむまい。
オワリを演出する「13の米国」のワードは、いまだ活きている。

8月8日(水)、JTが世界戦略のための「メビウス」宣言。
マイルドセブンからメビウスへ。フクシマのレベル7から、核のメビウスの輪へ。
「88」は∞(終わらない)のだ。

前回ブログ記事をupした11月24日、宮城県の牡鹿半島・女川原発沖と、東京湾・幕張沖を震源として、震度4の三連動が発生。4のお三連発だ。新たな出産のはじまりを感じさせる。
牡鹿と女川に幕張とくれば、男女の秘め事。それも神事的な。
聖母受胎の準備としか思えない。
そう考えてたら、12月2日に山梨県の笹子トンネルで車3台が押しつぶされ、9名の方が亡くなる崩落事故がおきた。
またしても富士山の山梨。いまや破壊の事象数「9」と、あの九段会館を彷彿とさせる天井の落下。
しかもトンネルは産道をあらわす。
笹子を分解すると、竹の世の子だ。カグツチ出産の2011年は松(待つ)事象ではじまったが、こんどは竹。すでに竹島でも示されたように、竹とは武、竹の世とは武の世である。
松(政治経済)の世の子としての原発。カグツチ出産。
竹の世の子としての、ヒルコ出産?
カグツチが水の大祓いによる火の出産なら、ヒルコは火の大祓いによる水の出産として表現されるはず。
「13」を演じるスサノヲの、火の洗礼とも合う。

12月9日、栃木県足利市緑町の八雲神社が全焼。祭神はそのスサノヲ。
森高千里の「渡良瀬橋」に登場する人気スポットだそうだ。
どうしても火の洗礼の橋を渡良瀬たいらしい。
12月10日には群馬県渋川市の金井東裏遺跡で、日本ではじめて古墳時代の鎧をつけた武人骨が発見された。
榛名山(榛名富士1390m)の火山灰層からだ。5世紀の大噴火の犠牲者かもしれない。
ここでも、「武」と「火」の組みあわせである。
                              つづく

  • [No Tag]

*Comment

 

親の厄ゆえ葦の舟で流された昼子は養父母の元で大切に育てられ、やがてやんごとなき姫君として実の親の元に帰ります。

葦の舟ならモーゼ。王女のはからいで実母を養母とし、成長した後、民をカナンの地へ誘う。
河南は東北にありますね。

モーゼには十戒が刻まれた石板を入れた契約の箱(アーク)があります。
昼子ちゃんの、アーク(おみこし)は?

姫が主というのは、南総里見八犬伝。
八つの珠はバラバラと散り落ちます。

日本武尊の記憶を持つ知人の話では、草薙の剣は戦の虚しさ悲しさ故に不戦の誓いとして八つに割いて房総(暴走?)の地に埋めたとか。
どちらも8の分散?メビウス(ねじれ∞)が起きて分散?
個人的には選挙結果が気になるところです。

八つの珠を集めて数珠と成せば、ミスマル(統)。

謎解きはなかなか終わりを見せませんが、間違いなく戦は終息(収束)に向かっているのでしょう。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2012.12/13 02:48分 
  • [編集]

時空 

こんにちは

昨日ここにコメントを書いていたら、聞いていた、ラジオからマーラーの「復活」が流れてきましたから、もう少し書いてみます。

最近つくづく思うのですが、他者(自分と違う)との共存、調和を、天空が望んでいるのでしょうと思うのですよ。

イエ、思うなんて生易しい表現では追いつかないんですね。ドレくらい不思議なのか?というと、例えばです、エルグレコは好きな画家なので、受胎告知を見に倉敷まで、予定などしていても、そのように回らないんですね。

何故か?高野山に行かされるんですよね。行かされるという表現はなんだか、無理やり行かされると解釈されると困るのだけど、お友達のご住職が突然、提案されるんですよね。

そしてご一緒するんです。「高野山これから案内します」、と仰るので、わたしも初めてなので、<後から、数日後ですが気がつくと、その日は、祖母の命日なんですよね>
すると、高野山<西門>で、知らないお婆さんが近づいてきて、「何処からいらしたのですか?」と聞くのですよね。
此処からが、おどろくので、よく聞いて下さいね(笑)
わたしが、「フランスからです」と答えると、そのお婆さんは、驚いて、「いつも夢を見る」と仰るんですよね。

ヨットでフランスに渡っている夢をよく見るんです。、
と話されるんです。お婆さんの胸には、 十字架のペンダントと、空海さんのペンダントを二つされているんです。十字架と空海さんのペンダントをして、毎日高野山に お参りにいらしているらしかったけど、もしかしたら、幽霊かも知れません。足はあったけど、マ、いいです。

同行者もいたんですけどね。それで「お元気ですか?」とお聞きすると、その方「死にそうです」と答えるんですよね。

この話を日本人の友人に話したんです。彼女は、仕事でパリに来るので、時々会うんです。この話しが尋常でないと思ったらしく、フランスに、ヨットで着く、これだけの情報しか、ないんだけど、、、、ヨットハーバーはいくらでもフランスにありますから、

すると、彼女の友人の一人が、「ヴァンヌに行ったらどうか?」と話してきた。彼はレンヌ<RENNES大学卒>なので、ブルターニュやノルマンディーつまり、ヨットハーバーがあり、美しいフランスの港町はよく知っているはずだから、ヴァンヌに旅行しない?と私を誘って来たんです。
VANNESヴァンヌは、モルビアン県の県庁所在地でブルターニュ地方にあります。

ヴァンヌの宿は、全て、彼女が日本からネットで 決めてくれたのです。ところが、彼女が日本でネットで見つけたホテルについて、たまげました。

洋風のホテルなんですが、ホテルの踊場に、縦、3メートルはあるんじゃないか?と思う、あの般若心経を訳した、玄奘三蔵が長安から馬にのって、インドまで 行く姿、掛け軸が、天上から壁つたいに掛かっているんですね。
これには、仰天しました。

ここまで、追っかけてくるのですね。嫌、わたしが追っかけていたのか?よく分かりませんが、、時空のない世界にとっては、こんな事、驚く事ではないそうです。

ホテルの名前は VILLA KERACYというホテルですから、ご興味があれば、訪ねてください、フランスにあるホテルの中で、玄奘三蔵の掛け軸や絵を飾ってあるホテルは、まず他にないと思いますし、あの掛け軸を見て、あの般若心経の玄奘三蔵が、此処に飾られている、と分かるのは、それほど居ないでしょう?

同行の日本女性の誕生日は、2月11日ですから、日本の建国記念日ですけど、ルルドの聖母マリア出現の日と同日なんですね。という事で、精神世界からは、国境を超えた、宗教を超えた、人間の進化を望まれていると思えます。と言う事で、もう寝ますね。おやすみなさい
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.12/13 08:34分 
  • [編集]

追記 

そうそう、書き忘れたのだけど、笹子トンネルって、どうして 笹子トンネルという名前なんでしょうか?

と、考えていたら、いやさかの木様が、「竹の世の子」と
解読されていたので、、

あぁぁぁ、、かぐや姫でした。

8月15日、満月の世に帰ってしまう、かぐや姫、、おじいさん、おばあさんに 不老長寿の薬を残して、月に帰ってしまう話しでしたね。お爺さん達は、「かぐや姫が居なくて、長生きしても、しょうがない」、、と、、不老長寿の薬を、富士<不死>のたもとに捨てて燃やしてしまう。

富士<不死>山の命名だと娘達に読んだ絵本に書かれてありました。

ここで、興味深いのが、8月15日。キリスト教は、聖母マリアの被昇天Assomptionアソンプション祝日として一番大きな 祝日ですし、同じく 終戦記念日で、靖国神社では、毎年戦争戦没者の弔いがなされるのですよね。
1549年、薩摩に上陸した外国の人。島津貴久に謁見したキリスト教布教の為、初の外国人ザヴィエルも8月15日に上陸でしたね。

何と言うのでしょうねぇぇ、、色々宇宙の響音、考えますが、
何と言うか、言葉に出来ない 溜息が出ますけど、、、
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2012.12/13 19:29分 
  • [編集]

武鳥物語 

榛名山の武人骨は豊城入彦の後裔子族と思いますが、もしかすると車持氏かもしれませんね。火砕流は火と土ですから、榛名神社と車持神社の祭神がカグツチとハニヤスなのはこの関係でしょう。今年の5月にホルムアルデヒトの水道事象がありましたが、利根川下流の麻賀多神社(稚日霊命)が対応するとしたら、国土再生事象となるのでしょうか。大飯原子力防災センターすぐ横の香山神社(高浜町下車持)のことを思うと、榛名山も香具山のひとつということになると思います。

竹取物語では車持皇子の次は阿倍御主人ですが、当世のアベの御主人は大学ではアーチェリー部、天香久山近くのメスリ山(=アベ山)古墳から鉄の弓矢が出てきているのはおもしろいですね。メスリ山古墳が東西方向を向いているのは同緯度の磐船神社(河南町平石)とのつながりだと思います。

竹取物語が武鳥物語でもあるとすれば、日本武尊は矢的竹でもあるのでしょう。
  • posted by TohkiYama 
  • URL 
  • 2012.12/13 23:55分 
  • [編集]

NoTitle 

すみません、稚産霊命と書こうとしたところ稚日霊命(奥宮)と書いてしまいました。考えてみればこれも死と再生ですね。
  • posted by TohkiYama 
  • URL 
  • 2012.12/14 00:23分 
  • [編集]

今年の漢字はカネ 

今年の漢字はカネだそうですが、日本はまだバブルの夢をみるのか?という感じです。

世界人口が70億を超えている以上、これ以上の人口の増加は先進国が独占している食糧・資源やエネルギーの分配を無しには不可能です。

ここで日本は泡沫の夢をもう一度見るのか、人類社会全体の発展に向けた選択をするのか。
少なくとも、プルトニウムと縁を切れるかどうか。

アメリカもオバマ再選でイスラエル・イラン戦争が回避されたかと思えば、未臨界核実験をやったりしていろいろな勢力の思惑がからみあって複雑なようです。

笹子トンネルの事故でNHKの記者がギリギリのところでスバル車の加速で助かったらしいことが話題になっていますね。プレアデス姉妹とかぐや姫?

しかし、なんでこのタイミングで大洗女子学園が舞台のアニメが大人気に……。

  • posted by Autumn Snow 
  • URL 
  • 2012.12/14 02:32分 
  • [編集]

Re: タイトルなし 

ここでいうヒルコはヒヨルコのことですが、
ホツマツタヱ的には、ヒルコとヒヨルコがどう出るかですね。

日本武尊が草薙の剣を埋めたのは、麻賀多神社だったりするんでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.12/14 11:34分 
  • [編集]

Re: 追記 

両陛下の真珠湾慰霊は必要だったといまでも思います。
太平洋戦争のミソギがなされずにイザナミは黄泉がえり、だからこそ神武事象は拡大した。
日高見に向かった神武天皇の軍勢には、戦争の霊たちも加わっていたはず。
兵隊さんのみならず、女性や子どもの銃後の霊たちも。
問題はフクシマでどこまで解除できたか。

不老不死は、オバマ市と富士山をつなぐワードです。
原発銀座の若狭と、富士をつなぐ。
スピ界でいわれた放射能でアセンション説とiPS細胞。ぜんぜんちがいますが、根っこはいっしょなんですよね。
大飯原発再稼動は、富士山の安全装置を外したようなもんです。

かぐや姫は月。月のミロクの完成のために、ヒルコは出産される。
笹子峠は矢立ての杉。
その矢は、12年12月12日に放たれました。
もうひとりの双子の自爆装置によって。
でもまあ、杉ちゃんも入院して復活し、流行語大賞をとったわけだから、再生の木。

これからどんな入院になるのか。
盲腸手術レベルなら、いいんですけどね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.12/14 12:15分 
  • [編集]

Re: 武鳥物語 

こんどのジブリは、風立ちぬとかぐや姫。
月と風は今回の大祓いの最終段階。
月のミロクを完成するために、スサノヲも日本武尊も、いま風にむかっています。
キーワードは伊吹山。そして八岐大蛇。

阿倍御主人なら中国との関係が火鼠の皮衣でしょうか。
安日彦系はいま、八岐大蛇にとりこまれてますから、安倍晴明にがんばってほしいものですが。

ホルムアルデヒドもヒルコ事象のひとつ。日中関係もヒルコ出てますよね。
9.11に西宮中国大使任命。
13日には、とつぜん路上で倒れ、帰らぬ人に。
あの辺稲荷なんで、横槍いれたのたぶん伏見稲荷でしょう。秦の末裔の。

東日本大震災は竹駒神社。ワクムスビです。
ひどい事象にも、再生は示されている。

矢は鷹や鷲の羽の霊力が必要とされました。
おっしゃるとおり、矢の神と大トリの日本武尊は不可分です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.12/14 13:08分 
  • [編集]

Re: 今年の漢字はカネ 

金正恩の金でもあるんでしょうか。
フェイントかけといて121212とは。
親父より厄介かも。

スバルインプレッサもIMPRESA(金言)の造語だとか。
艮の金神もプレアデスなんだろうか。
富士重工は経団連の中国進出策に乗り遅れてます。
この辺とのからみも考えられますね。

大洗女子学園?
オオナムチ女子学園でしょうか(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.12/14 13:40分 
  • [編集]

自民党の政権時代になりましたね。 

時代は3年前の逆バージョンですね。

もう一度自民党に頑張って欲しいと思う方も、また自民党かとがっかりした方もいらっしゃるかもしれません。

どちらの思いであっても、今度は誰かがしてくれるという甘えた考えではなく、自分で立ち上がり考え行動することを求められていると思います。
  • posted by 日本武尊@名古屋CITY 
  • URL 
  • 2012.12/18 10:56分 
  • [編集]

Re: 自民党の政権時代になりましたね。 

来年の歌会始のお題は「立」です。

イヤでも柱立ての年。

2011年以来、木落としの暴走ばかりつづいてますから、
もうここらでちゃんと柱立てしないといけませんね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2012.12/21 02:13分 
  • [編集]

エル、グレコ 

こんにちは
エルグレコという画家の絵が、何故?
この時期日本に存在するのでしょうか?と思わされて色々降りてくるんですけどね、、グレコは聖母マリアだけを描いた画家ではないのですが、

何故か?
聖母マリアが日本に渡るという時間途上に生かされていると言う意味なんですね、、、どうして、この時(とき)にグレコの 無原罪の御宿 immaculé coceptionりが 日本に 渡らないとならないのでしょうかね?

今年は、2013年ですから、13なので、聖母と関係するとしたら3人の子供達の住むファッティマ<ポルトガル>の聖母出現が浮かぶのですが、、、13日と関連するんですけど、、ね、、なんだか不思議なんですね~、

3人の子供は殉教者なんでしょうね。

一人ヤシンタは、3月11日が誕生日ですし、長命だったルシアは2005年2月13日に他界し、列福調査の 許可は死後5年経たないと出来ないのですが、教皇はルシア修道女に関して特別に免除し早期列福の調査は前教皇ヨハネ・パウロ2世、マザー・テレサに次ぐ異例の早さで許可したそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%81%AE%E8%81%96%E6%AF%8D

それはよいのですが、

エル、グレコの絵は、倉敷に「受胎告知」あり、今回の 「無原罪の御宿り」と、数年前に長崎にも、エル、グレコの 「聖母マリアの戴冠」 が、スペイン、プラダ美術館から貸し出されていたんですね。

「受胎告知」、「無原罪の御宿り」、「聖母の戴冠」 と並ぶとロザリオの祈り(玄義)を思い出すんですけどね~、、ファッティマの出現の言説の説明を読むと、ロザリオの祈りを説く事を子供達に述べているようですが、、、、
、秋田の聖母の出現日本の出現の言説も 同じでロザリオの祈り<玄義>を唱えなさいという 内容なんですよね。
不思議ですよね。近代の出現は 何故か?ロザリオの玄義を唱える事という内容で普遍化させるようなんですよね?
日本に関してもどうしてこんなに、エル、グレコの聖母マリアの絵が同じ国に 買い取られたり、聖母の絵が頻繁に貸し出されたり、するんでしょうかね?

他の国にもこんなに頻繁に貸し出したりするんでしょうか?よくわかりませんが、、グレコの命日が4月7日なので東京の公開日最後の日になっているのは、意識的にしたのかしら?と思ってました。

聖母マリアを描く画家は西洋には 他にも 存在すると思うのだけど、何故か?エル、グレコなのが?分かりませんが、、、、日本の建国記念日、2月11日が、フランスのルルドの聖母出現の日に中っているというのも不思議な関連感じます。
エル、グレコの命日は4月7日は、 聖人ラサールの記念日ですが、このラサールも 日本語では聞くと思うのですけどね、

ラサール学校は、 鹿児島と仙台と函館の3箇所にあるそうなんですね。

聖人の普遍性というのも、死後に何世紀も経ってみて後世代の人達が 妥当性や価値を 認めたり判断するのでしょうね。


  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.01/17 06:39分 
  • [編集]

Re: タイトルなし 

昼子ちゃんの箱に入ってるのは「歌」かもしれませんね。

いま気になってるのが、広田神社と天照大神の荒魂です。

水蛭子と連動してるんだろうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.01/24 21:30分 
  • [編集]

Re: 時空 

「いい不思議」なお話ですね~。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.01/24 22:22分 
  • [編集]

Re: エル、グレコ 

素直に判断すれば、チリM8.8大地震のコンセプシオン(受胎)とおなじだと思います。
88事象においては、イザナミ受胎を意味し、そして東日本大震災でカグツチが出産されました。
今回のエル・グレコ展の目玉が「無原罪の御宿り」なのは、まんまイザナミ受胎だと考えます。
ヒルコですね。

きのうサンタクルーズ諸島でM8が発生しました。
この聖十字は地球が人類に発信したものでしょう。
日本にとっては、火の洗礼のスサノヲの十字であり、
自爆した野田政権の「○」に対応する、北朝鮮金正恩体制の「十」でもある。
これらは、竹の世の子ヒルコ出産につながります。
そのはじまりのサインだと。

北朝鮮は「核戦争」という言葉を使って警告しています。
いままでのようにブラフと考えるのは危険です。
よくもわるくも、バックにいる天満大自在天神はガキの使いじゃありません。
常識が通用する相手でもない。
僕らは、あらゆる可能性を想定して備えなければならない。

もちろん、去年の日米W巨人族優勝もわすれてはなりません。
とりあえず、近いところでは、2月25日に注目しています。

ナガサキの「聖母の戴冠」と、ペトロ岐部と187殉教者の列福式は関係があるんでしょうか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.02/07 01:59分 
  • [編集]

音素 

哲学では、言語は、構造と言われるのですが、意味は各言語には、思考を組み立てる恣意的な働きがあるのですよね。
同じ一つの言語のみのコミュ二ケーションは、次第に閉鎖的な世界を造りあげてしまう途上にあるのですよね。

4や9の数字の存在 を死(4)や苦(9)と重ねあわし、意味が通じるのは、日本語という部分の 下地がないと、他の国の人達はチンプンカンプンだと思うのです。

地球上に自分と違う他者が存在する事で自分という違う人間が存在している事を自覚出来るという風に解釈すれば、他者のおかげで、自分という別の人間が存在しているのが分かるのだと思うのですね。
そのような、他者を理解<comprendre;
コンプランドル>するという事は、接頭詞に コミュニケートの コム<COM>が付いているんですね。

ですから、理解するという本当の意味は、自分一人で理解している事は理解しているとは言わないのですよね。

共<COM>に捉える事が理解する。一つの言語であるという部分を全体<地球>と共に、結果を原因と共に、行為を動機と共に、結論を前提と共に、捉えるという意味で理解するという単語の意味だと思うのです。

9 という数字を、苦しいの苦に誘引して、他者に同感を求めてもアルファベット圏語の人達は、意味分からないですよね。だからと言って、他者不在の世界のみの、コミュニケートは、宇宙からみたら、ごく一部の小さい世界の 出来事だと思うのですね。その部分の世界と、宇宙の世界には、共通エレメントが含まれているのか?という事を考えるのが、普遍的に理解するという事だと思うのです。

9 という数字の存在は、新しいという音素と同じなんですね。
9=neuf ヌフ=新しい

なんです。

西洋の新学期は、9月なのはそういう意味なんでしょうかね?
<調べてないから 分かりませんけど、、>


日本に何故?3枚のエル、グレコの聖母マリアの 絵画が上陸するのかしら?と思って考えてました。

受胎告知と、 無原罪の御宿りと、聖母の戴冠
という流れですよね。

3枚とも、白い鳩 <精霊>の存在がありますよね。

鳩は、九(9)に鳥と 表記するのは、どうしてなのかしら?
と思っていました。

長崎で殉教者の列福式が行われたという事と、

去年の紅白出場に 美輪明宏が初出場するという事、

すべて、同じ方向<センス>に流れようとしていると思います。

どちらにしても、無原罪の御宿り の教義がヴァチカンで、公認されたのは、1800年代の事ですから、最近の事なんですよね。ルルドの存在もそうですが、聖母出現と接触する人達は必ずしもキリスト教信仰があるといった人達ではなく、ごく近代になると増えていますね。
その時代の言説の真偽は、死後に行われるので、死後に普遍性を持つ。後世代の人達の価値観に委ねられているのでしょう。
霊脳者の霊能力の高さに真偽を求めるのではなく、やはり善悪といった心やむしろ次元の高い精神性を問われているはずです。

超能力は、感情や心情の動きと捉えがちですが、一番大事なのは精神(性)に思えます。

そういった意味で、なるたけ、長いタームの視差を持たないと ならないと思うのですね。
正直、鎖国300年以上経験した日本の歴史ですが、鎖国が解かれた日本人は、世界の人達からどのような民族として観られていたのでしょうか?と考えたりします。
北朝鮮の国民の 表情や表現、時たまファナティック<狂信的>な感じをこちらに感じさせる存在は、対峙関係を強化させているのでしょう。

他者が国境超えてくる、侵入者としていつも、脅迫概念が植え付けされているのでしょうかね。?

他者とのコミュニケートで得られる人間的な暖かい感情というのを感じません。他者=的、敵 という固定観念が自己に強いているんでしょうかね?
他者(他国)が分からない存在、
他者(他国)が感じられない存在
他者(他国)と感情、、心情コミュニケートが取れないと、自分と違う他者の存在に異様に、恐怖感を感じてしまうんでしょうかね?

別に、国旗や記号で表記されなくても、テレビの画面だけ見ると、、顔の表情から浮き上がる雰囲気は、頑なな 心情を感じますから、不自然ですよね。

同じアジア民族で、随分違うと感じますが、そのような歴史途上に生かされる私達の存在する意味は、必ずしも、自己の中に宿る、負の感情<敵対心>を過剰に 呼応させるばかりとは思えないんですよね。
どちらにしても
不自然な存在の仕方や生き方していると、どこかで、歪な力を、発散させないと、存在出来ないはずなんです。

ところで、話しを元へ
教義として 聖母マリアの存在を普遍化させるという能動意志の元に、世界平和の為にあちこち動かれたのは空飛ぶ教皇と呼ばれた、前教皇、ヨハネ、パウロ2世の存在は やはり普遍化へ影響していると思います。

そういえば、ヨハネ、パウロの母国、ポーランド語の発音はどうなのか?と調べていたら、「波」 と書いて、ポーランド語を意味するんですよね。思わず考え込んでしまいました。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.02/09 23:03分 
  • [編集]

鹿島 

このブログに記載すると、読んでいるはずがない他者達(パソコンを持たない、あるいは神道に興味がないのであろうと思う間接的な知り合い達)が送ってくるメイルの内容が、
何故か?
不気味に一致している事が、頻繁にあるのですよね。

宇宙って、やはりどこかで、全て繫がって
存在しようとしているんでしょうね。?
その人を個人的に知っているとか知っていないという個人情報故の現実世界の生業を超えてしまっているのでしょうね。

時間と空間がないという事は、過去も未来もないという事なので、過去だけに 信憑性や 真理の価値を 置くという物差しでは測れない、実に不思議な事が頻繁に生じるのですよね。

先ほど、実家が鹿島神宮の前に住んでいる、ある友人の一人からメイルが来まして、鹿島は、最近見た事ない程、多くの人の 入りだそうですよ。

小さい時から鹿島神宮が遊場だと言ってた彼女でさえ、お正月が過ぎたこの時期で、これだけ、人の 入りが多いのは、見た事がないと 書いて送ってきました。

どうも、今、日本の NHKで放送している、「塚原ト伝」の番組の影響かも知れないと 話すのですよね。

それは良いのですが、塚原ト伝の 命日が、2月11日という影響ではないか?と書いてきましたから、記載しますね。

この2月11日なんですが~、、、、建国記念日と ルルドの聖母マリアの出現が同日であったのは、とても偶然には思えないんですよね~、


鹿島の知り合いは、お二人のお嬢さんのお母さんなのですが、 ルルドの聖母マリア出現に遭遇した ベルナデット少女、後の修道女で聖人です。聖ベルナデットの日は2月18日なのですが彼女の娘さんのお誕生日と同日なのですよね。又若い時期の他界だったご主人が、数年前に倒られた日も、1830年パリの聖母出現に中っていたので、わたしに、このようなメイルの内容を伝えてくるのでしょうか?
よく分かりませんが、、

しかし、他者という存在は、非常に興味深いんです。

ア、そうそう、、
東北の大震災で、鹿島神宮の 大鳥居は、横倒し状態で倒れてしまったのですが、コンクリート製だったんですね。
知り合いの話しでは、これから新しく建てるのは、木製の 鳥居にするそうですよ。わたしも、木製の方が良いと感じました。、、、と、鹿島住人からの 回覧板です。^ù^

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.02/12 23:41分 
  • [編集]

Re鹿島 

塚原卜伝の影響とはいえ、鹿島神宮が大入りってのはおもしろいですね。
こんどは木の大鳥居というのは、とてもいいし、納得できます。

2月11日に、265代ローマ法王ベネディクト16世が退位を表明しましたね。その夜、バチカンのサンピエトロ大聖堂のドーム屋根に落雷。
聖マラキの予言もふくめて気になるところです。

それにしてもこの写真を撮った人は、落ちるのわかってたんでしょうかね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130212-00000057-jijp-int.view-000
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.02/13 01:29分 
  • [編集]

鹿島 

アァァ、何でしょうね?この写真

早業ですね?

それとも、稲妻を追う事が毎日の人生と思っている人かもしれませんね?

何回も見てると、落ちる場所が 予測出来るというか、、、

聖マラキの予言については、旧約をフト思い出したんですけどねぇぇ、、

普通 預言(prophetie)プロフェティと
聞くと、旧約の4大預言者思い出しますものねぇぇ、、
イザヤ、エレミア、エゼギエル、とダニエルです。

ですので、ノストラダムスが普遍化しだした時、
考えましたね。

フランス語でのノートルダムですから、、
預言は中る、中らないで観るのではなく、意味なんですよね。
どうもその時代に 反射的に 反応する 感応者が必ず、終末が記してあると、 メディア化して出てくるようなんですね。
人びとの 深層心理が求めているという呼応なんでしょかね?

マラキ聖人は同じ名前の 預言者(マラキ)が、旧約にありますよね?(les 12 petits prophètes)12小予言書ですが、、、「同じ音素だからでしょうか?」と思って、

法王ベネディクト16世の引退宣言についての、世界の反応の仕方を見ていました。



  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.02/13 18:39分 
  • [編集]

16日にバチカンの近所で地震もありました 

現地時間で2013-02-16 21:16:12に、バチカンから100km弱程の距離にあるバルソラーノという所でMw4.9の地震がありました。 http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/usc000f8pg#summary

JST 2月17日06時12分頃 Balsorano Vecchio,Italy(北緯41.8度、東経13.6度)
震源の深さ約28km Mw4.9


鹿島といえば、私も http://musuhi310.blog.fc2.com/blog-entry-156.html (その1から5まであります)な事で動いてますi-229
12月始めに動き始めたところ、鹿島神宮さんは正月・節分明けまでは忙しいとの事で節分明けを待ちましたが、アポイントが取れたので、鹿島神宮に行って来ます。
共感していただけると嬉しく思いますv-436
  • posted by 五 
  • URL 
  • 2013.02/18 00:13分 
  • [編集]

Re: 16日にバチカンの近所で地震もありました 

55長友がイタリアに配置されて以来、
日本とイタリアの事象連動は目を見張るものがありますが、
まさか建国記念の日にバチカンに落雷とはね。
この落雷が北朝鮮でトモダチ作戦を展開中の天満大自在天神を刺激しないことを祈るばかりです。

しかも、律儀に地震までおきているとは。。。

鹿島神宮のお話は、事象的にもタイムリーだと思います。
日本はいま、鉄の蛇・超モンスターオロチに取り巻かれて、こんな状態ですから。

 e-8http://blogs.yahoo.co.jp/sinagawa50/14935864.html
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.02/20 01:03分 
  • [編集]

Re: 16日にバチカンの近所で地震もありました 

バチカンの地震の件。やっぱり関係がありそうなんですね。

バチカンの雷の件は、危機の演出の為に、911の時の様なCG合成画像の様な気もしてますが、地震の方は自然由来なものに感じてます。

また、鹿島神宮の件は、なんとかアプローチを始めさせて頂きました。


ご紹介いただいたリンク先の絵図を拝見させて頂きましたが、
私の印象(妄想)としては、超モンスターオロチさんにぐるっと日本を護って頂いている様に見えました。
というか、要石(剣)を突き刺す事で、超モンスターオロチさんにいやおうなく日本列島を囲わせている感じでしょうか?

超モンスターオロチさんに要石(剣)で強制する時代から、神々と人々が協力しあい、超モンスターオロチさんに、気持ち良く自主的に日本を取り囲んでいただける時代になっていったらいいのかなぁ、と妄想していますi-229
  • posted by 五 
  • URL 
  • 2013.02/21 03:51分 
  • [編集]

アカデミー賞 

こんにちは

昨日、20時の主要チャンネルのニュースを 見ていて

ハっ!と、 思ったのですけどね、、、

アメリカの アカデミー賞<映画>受賞の事を ニュースで流しているのを、料理をしながら、聞いたり、観たり、していたのですよね。

フランス語では、オスカー賞 と呼ぶのが普遍的なのですが、
アカデミック (アカデミー)という単語の音素は、あまりにも、頻繁に使うので、アメリカで審査される その年の映画の祭典の事を意味する、、という風には解釈され難いのですよね。

ここら辺は、同じラテン語起源の言語をもつ民族なのですが、ヨーロッパに住むと、言語の起源に 視差を向けないと、近代に生まれた文化的事業の意味を伝えるのに、アメリカ英語とは、別の古い単語を、再度表象化させないと、ならなくなってくるのですが、、、。

何故?

こんな事とクドクド説明しているのか?と言うと、

三次元世界で、誰もが知覚出来る、事象に、 自分の感情や情動運動を、上塗り反応すると、

その 事を、表象させてる 根っこの部分に 原因(因果)意識が向うことが出来ないのですよね。

あまりにも、人間は 受動的に 存在させられてしまっている、、という事だと思うのです。

潜在意識に存在する、不安や恐怖を 感じないように、意識しないようにと、自己の 深い部分に目を向けないように、自己保存しているのだと思うのです。

話しが逸れましたが、十一、11 という数字の存在の不思議さについては、色々述べたのですが、、、、

昨日、ニュースを見ていて、「アムール」愛という、フランス人が演じた、映画がノミネートされていた事を説明していたんです。

映画内容は、アルツハイマーの病に妻が罹り、老夫婦の日常生活を描いているのです。

ま、イワユル、大概の先進諸国に住む人間が 抱える 老齢化について、どのように、人間が、生(死)の問題を
考えるか?
という何処の家庭でも、頻繁に聞かれる 社会(人間)問題を取り上げているんですね。

フランスという国は、人間に根ざした根本的な事を絶えず凝視しながら、少しづつ、抽象的に表層化する。文化的に 放つ手段を持つ、という民族的な意識かも知れないです。そのような作品や芸術的な行為を得意とするのですよね。、
今回は、
題名が、アムール ですから、「 愛」 という単刀直入な 題名として、2013年のアカデミー賞に、ノミネートされていた、、という事、、

この映画を演じた、俳優は、あの「 男と女」、ダバダバ、ダー♪、ダバダバダー♪、、
の主役を演じた、ジョン、ルイ、トランティニヨン です。


この俳優さん、素敵に 歳を重ねていて、時々、知り合いが、-「絶対彼の存在の仕方に何か、あるから 見てほしい」、、、とダヴィングして、昔の彼が出演する映画を 何枚か日本から送ってくるのですよ。

それで~、、本当に、演技力には脱帽しながら 見ているのですよね。

昨日 気になって、WIKIを見たら、やはり、11日生まれなんです(12月11日)ちなみにヴァチカン聖人カレンダーは、聖ダニエルの 日です。

この名前の音素を持たされる、、という事、その日に生まれるという意味、、、、コレは、形而上世界は動くでしょう?

形而下 世界の出来事では中々観えないのだけど、、、

それと、もう一つ、 この 映画の 相手役を演じている

フランス女性もすごいのですよね。 アルツハイマーという病気になった 女性(奥さん)の内面的な 心を見事に演じています。
それを支える、
ダバダバダ~~♪、ダバダバダ~~♪ の素敵な ジョンルイ、トランティにヨン、、

「昔の かっこ良すぎるオープンカーを運転する、アヌーク、エメという女優さんと演じた時の彼の演技力を比べると、雲泥の差だなぁぁ、」、とYOUTUBEを見直して考えていました。

素敵に年令を重ねるという内面的な 成長を見せてくれる、俳優さんは、そんなにいないと思うのです。

さて、話し、それて述べたい事忘れそうです。、

この アルツハイマー患者の奥さんという役を見事に演じた 素敵な女優さん、エマニュエル、リヴァさんは、86歳なんですね。

驚くのは、このリヴァさんの主演の映画に、フランス人の知る映画のタイトル「 HIROSIMA,MONA,MU-ル」
というタイトルの映画は1959年公開だそうですが、
あるのです。

意味は、「 わたしの 愛する人、広島」という直訳なんですね。

この映画のタイトルが、日本の邦題が、「24時間の情事」に代わっているので、タイトルだけ見ると、インパクトはかなり 言語によって違いますが、、、、
見た事はないけど、、、
今度、見てみようかな?
タイトルが違うのは、
多分、個人的な分析ですけど、この1950年代はまだ、まだ
HIROSHIMA という音素には、原爆場所、というイメージが 心を占めるイメージ、不安に支配されてしまって日本人の敏感な情感を傷つける、受け入れられない タイトルだったのでしょうね。

「24時間の情事」と 広島との関連性を見つけるのには、映画をみないと、分からないのですものね?、、

そのような 時空を越える、普遍性の原因や理由や、やはり、人間個々人の存在の仕方にあるのでしょう、、と思うのですよね。そして、何故?
彼女は、86歳で、

「私の愛する人、HIROSHIMA」

から「、愛 」アムール

というタイトルの映画の主役を演じているのかしら?

しかも2013年という 半世紀後ですね?
オスカー賞にノミネートされる、、、

このオスカー像ですが、デザインは、裸の男性が、十字軍の 剣 を持った騎士、を、セドリック、ギボン氏に拠って、デザインされた オスカー像らしいです。

あぁぁ、、なるほどね、、と、半世紀の時を越える、普遍性に納得してしまいました。

ジョンルイさんも、エマニュエルさんも、いつまでもお元気で居て欲しいと願わずにはいられません。

Hiroshima mon amour (Titre japonais : 二十四時間の情事, 24 jikan no jôji, soit : une liaison de 24 heures) est un film franco-japonais d'Alain Resnais sorti en 1959

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.02/25 19:03分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/277-65961aff

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。