神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

88の鍵、法王(パーパ)の鍵


2009年7月22日。イザナミ回帰日蝕。
8月1日にトリノ・エジプト展がはじまる。イタリアとエジプトのワ-ドだ。
9月には、衆院選で「311」議席の圧勝をした出雲88民主党政権が誕生。
そして10月8日、台風18号が上陸。伊勢の神宮杉をなぎたおし、二見ヶ浦の夫婦岩の七五三縄(しめなわ)を切断する。イザナミの決意のあらわれだった。

18号は、1+8で9。9号と同義。つまり、2010年のオオナムチ台風9号「瑪瑙」、2011年の天満大自在天神台風9号「梅の花」の先陣を切ったのが、このイザナミ台風18号だったわけ。
台風の名はメーロー。ジャスミンのことだ。

2010年12月18日、チュニジアでジャスミン革命がおきる。
アラブの春の先陣を切ったこの革命は、翌年エジプトに飛び火。1月25日に大規模デモが発生し、日本の建国記念の日2月11日(金)にムバラク独裁政権が崩壊する。そして3月11日(金)に、東日本大震災...。
もちろん偶然の一致じゃない。たとえばムバラク政権が倒れることは、トリノ・エジプト展の撤収作業中に倒れた「オシリス神をかたどった王の巨像頭部」が予告している。いまのエジプトはムスリム同胞団のモルシ大統領だが、当時のエジプト議会のムスリム同胞団系議席数は、「88」だ。

最終会場の静岡県立美術館でトリノ・エジプト展がはじまったのは2010年6月12日。翌13日、小惑星探査機「はやぶさ」が帰還する。隼神といえばオシリスとイシスの子、太陽神ホルス。2年間の無黒点インターバルをへた黒点周期24期の立ち上がりにともない、太陽神が帰還したことになる。
日本もエジプトも太陽神の国。エジプトでは革命で独裁政権が崩壊し、88系ムスリム同胞団のモルシ大統領が誕生。日本では東北新幹線はやぶさの開通がトリガーとなって東日本大震災が発生。原発ゼロの金環蝕で太陽のミロクにいたる。あきらかに連動している。

イザナミの復活は、フェニキアの女神チュニスやエジプトの女神イシスを呼びさました。さすがネット時代。女神たちの共鳴も早い。クラウド(雲)だしね。というか、それもふくめ、台風ジャスミンもトリノ・エジプト展も、さらにいうなら、05年に「ふじ1号」が墜落した草薙の近所の静岡県立美術館がトリ(最終会場)だったのも、そして「はやぶさ」の帰還との鳥シンクロも、すべてはシクミの内だということだろう。
伊勢遷宮開始の山口祭とリンクした「ふじ1号」の墜落は、日本武尊の最初の事象だった。だからこのシクミのトリにも境界(堺)の大鳥・日本武尊とオワリの草薙剣が関係する。そういうわけで、熱田神宮の一之御前神社の封印がとかれたわけだ。これについては、またあらためて書きたい。

日本とイタリアの事象連動が顕著になったのも、トリノ・エジプト展からだ。エトナ火山と日出(ひじ)のバグに、シナノゴールド(黄金の林檎)。55ゴリラ長友のセリエA移籍は静岡の開催期間中だったよね。野田改造内閣が誕生した去年の1月13日の金曜日には、豪華客船「コスタ・コンコルディア」が転覆。暮れの衆院選では、こんどは野田民主党政権が転覆する。シンクロがこの程度ですんだのは幸いだった。

イザナミ台風ジャスミンが夫婦岩の七五三縄を切ったのは、過去のストーリー(父なる時代・旧体制)との決別のため。ジャスミン革命もおなじだ。中国ジャスミン革命は失敗したけどね。
“水のミソギによるカグツチ出産→太陽のミロク”は、アラブの春とみごとに連動し、その余波はいまもつづく。
いうなれば母なるもの、女神たちの変革である。

今回おきるだろう“火のミソギによるヒルコ出産→月のミロク”は、男神たちの出番といえる。
父なるもの自体が変わらなきゃ、お話にならない。コンコルディアは調和と婚姻の女神。これが座礁転覆したのは、石頭な男神の変化が遅れ、双方のバランスがとれていないからだ。
日本の父なるものも、かつてチュニジアのカルタゴやエジプトを滅ぼしたローマ帝国のイタリア、もしくは現代のローマ帝国アメリカと大いに連動してゆくはずだ。
過去の栄光よふたたびとあらがえばあらがうほど、好転反応はデカくなる。
安倍政権のワードは「復活」。救世主のテーマだ。だがその意味をとり違えると、ニセ救世主になる。

2011年にエジプトとリンクした建国記念の日、2月11日(月)、ことしはなんと第265代ローマ法王ベネディクト16世がとつぜんの退位表明。
終身制なので、生前退位は598年ぶりだとか。1415年。教会大分裂(シスマ)の時代だ。コンスタンツ公会議で法王(教皇)は統一され、プロテスタントの先駆者ヤン・フスが異端として火あぶりにされた。

王仁三郎のいう「火の洗礼」を思えば、タイミング的に聖マラキの予言(一般には偽書)もブキミだが、金銀の天国の鍵が紋章であるように、この法王事象が「294の道」を通るためのひとつの鍵であり、あたらしい13番目の扉をひらく鍵へと発展してゆくのはたぶんまちがいないと思う。

教皇紋章 教皇紋章
ベネディクト16世の紋章 ベネディクト16世の紋章

そういば、09年1月13日の金曜日に、宇宙のシリンダー錠の夢を見たっけ。
 ⇒『13とカグツチ』
  
水のミソギがイザナミのミソギだったように、火のミソギはスサノヲだけでなく、カグツチを斬った父イザナギのミソギとしておきる。だからこそ、俗に「Papa(パーパ)」とよばれる法王の退位表明が、日本の建国記念の日に重なったのだ。
2月25日(月)、熊野古道のあの牛馬童子の頭部がふたたび切断された。どうやらいまのイミテーションな頭はお気に召さなかったらしい(ホントの頭は保管されている)。
頭部はトップのこと。牛馬童子の頭部とオシリス頭像のかつてのシンクロを思えば、モルシ政権も日本経済の救世主たる安倍政権にもあやうさがつきまとう。同25日のイタリア総選挙の結果をうけ、株価がさっそく急落。経済的にも、イタリアの動向には目がはなせない。

26日にはエジプトのルクソールで熱気球の爆発事故。またしても邦人がまきこまれた。
日本とエジプトの事象的連携を思えば、夫婦2組ってのは...う~ん、どうなんだろう。
09年7月26日に、大宰府市の超豪雨で熱気球世界一の井上水子さん夫婦が亡くなり、水の子(ヒルコ)と火(熱地球)を暗示した事故を思い出す。
大宰府は天満宮。ルクソールといえば神殿。エジプト、ローマ、日本。いや世界中で神々が共鳴している。まるでシンフォニーのようだ。
というか、ストラヴィンスキーの「春の祭典」?

父なる伊勢と母なる出雲が遷宮することし2013年は、88(パーパ)にとっても88(はは)にとっても僕ら88(やや)にとってもものすご~く大事な年だ。出雲88事象の世界展開が著しいのも、だからこそ。
ローマ法王ベネディクト16世は2月28日をもって退位する。
コンクラーベに注目してほしい。どんな頭部が選ばれるのか。
これからの未来を読み解く鍵になる。


【あとがき】

2月25日は要警戒日と書きました。
じつは僕、韓国初の女性大統領朴槿恵(パククネ)氏の就任式に、北がアタック25を仕掛けるかもと予想してました。これはみごと外れましたが、前出の牛馬童子、イタリアの選挙結果、青森の最強寒波、北緯36.9度の日光の震度5強、伊勢神宮の遷御の儀の日時発表(10月2日)など、「こ、これは」ってニュースが続々発信されています。
『道真ふたたび』を書き直して、あらためてupしますね。
「震央分布図」の変化傾向も継続中です。こちらも目がはなせません。

2013.2.19~25全国M3

  • [No Tag]

*Comment

トリノ、エジプト展 

こんにちは

前にも記載したと思うのですが、

サッカー 日本代表イレブンが、初めてワールドカップ出場した時(フランスワールドカップ)の年、(1998年)

岡田監督率いる代表達のベースキャンプの決定地に、トリノ色の強い、十字架の県旗が靡くサヴォア県の ブルジェ湖沿いに決まったようだ、、、というニュースが入ってきたんですよね。

しかも、あの三本足のヤタガラス<熊野>のマスコット持ちながら、、、、

フランスは広いんだから、他に あるでしょう?^^:

みたいなね、、、、府に落ちない感じを感じる<悪い意味ではなく、、意外な決定というのでしょうか?知名度がない場所ですから、、、>のですよね。

パリでも何人もの、フランス滞在者日本人達の反応だったのです。


どうして、、イタリアの最後の 王が眠る
ブルジェ湖畔のエクセレバンという温泉町に、3週間以上も、熊野からきたヤタガラス君達が、滞在するのかしら?、、、、、、

客観視すると、不思議な世界なんですよね

試合の結果云々ではなく、 その土地が引っ張る、引かれる 意味は何?
という 意味論でしか、歴史の展開に導いている根底の流れは、解読出来ないと思うのですね。

海の底は、繫がっているはずですから、、
世界地図ではなく海のない地球地図みたいな、、、

人間って、時間が存在すると、大陸の上動く(移動)のですよね。
当然かもしれないのですけど、<いや、時間がないと、肉体動かせませんから、、、>

さて、前置き長くなったけど、本題、、
ブログ今拝読しまして、日本各地を回った、2009~2010年の トリノ、エジプト展のオフィシャルブログ読んだのですが、反響すごかったんですね?

美術館への動員人数の数に 驚きました。

エジプト文化や文明に興味がある人達がこれほど日本に存在していたのかしら?と分析するより、何か、潜在意識の 動きを感じます。

トリノの歴史は、昔の サルデーニャ王国、後 サヴォア公国へと展開させています。今はフランス国内として判断しますけどエジプト文化や文明に興味や抑え切れない探求心をもって、1600~1700年代にエジプトから運ばれた
イシス神殿やパピウスやミイラや彫像を見て、
「コレだ!」と 直観する、民族御先祖の人達の 行動様式、、、

さきほど、サルデーニャ王国の公用語に オック語が使われていると WIKI上で知りましたが、去年南仏旅行し、オック圏語の歴史建造物、神殿や 教会、、、観光しました。
カルカソンヌ地方の歴史や宗教戦争で、犠牲となる殉教者達、至るところに風化されていますが、当事の建造物や史跡あるのですよね。絶滅したカタリ派など、輪廻を信じていたとされていますから、エジプトからの流れが強かったのか?と想像しました。

宇宙の一つである地球上の、平穏で平和な世界の訪れが早く来る事願います。

自分一人だけの問題として、捉えていてはとても、稼動しないと思うのですね。

世界中が 個々人自分自身に、自他共存の世界を、自己内で創起してくれないと、いつまでも、自他の間で、好きになったり嫌いになったり、間(ハザマ)の差異に生じる情動や感情に 悩む事、永遠に 続くと思わされます。

地球上に 平和の金字塔を建てる、、 世界中の 人達の 心に ストンと納得させる事の出来る、真の言葉を持ち、心に訴える事の出来るコミュニケート能力の高き人達、、
愛 の意識を日常、実践される人達、次元高き心を持たれる人達、世界中に これから、次々と生まれているかもしれません。若くて、一見普通の人達に見えるのですけどネ、自分でも気がついていない人達、、というか、世界中大陸渡っているように観えるんですよね。それでいいのでしょうね?。いつか、気がつかされる、時間が熟す必要があるらしいという事で、
人は、自分を超える体験や経験の時間の存在はやはり必要なのかしらん?と
愚考しています。







  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.02/27 21:18分 
  • [編集]

ベネディクト 

このたび退位されるベネディクト16世は、なんでこのお名前を選ばれたのかなとWikiみました。
すでにご存知かもしれませんがちょっとした発見をお知らせします。
出生は1927年4月16日ドイツにて、本名はヨーゼフ・アロイス・ラッツィンガー。
父親 ヨーゼフ、母親 マリア、なんとイエスキリストと同じ両親名でした。
ベネディクト16世の教皇紋章からは、伝統であった教皇の三重冠が消え、代わりに司教のしるしであるミトラが描かれている。

ベネディクトって、英語(Benedict)の男性名。
ラテン語名ベネディクトゥスに由来する。
イタリア語ではベネデット、フランス語ではブノワ。
去年夏から炭酸水にはまってますが、フランス産ならサンブノワ、イタリア産ならサンベネデットがお気に入りです。
今まで知らずに飲んでましたが、ともにベネディクトと言う名前だったのでした^^
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2013.02/28 09:02分 
  • [編集]

教皇の紋章 

書きもれありましたので追記します。
宇宙のシリンダー錠の夢を見た、というところで紹介されているのは教皇の紋章ですね。
金と銀の鍵がクロスに合わさった上に載っているのが三重冠。

ベネディクト16世の冠ってどんなのかなと気になったので、教皇の三重冠を調べている時にみました。
  • posted by うらら 
  • URL 
  • 2013.02/28 09:08分 
  • [編集]

Re: 教皇の紋章 

ベネディクト16世の冠も追加しました。

ヨーゼフとマリアの子ですか。
なんてミトラな!

従来の教皇が神の代弁者であるのに対し、
ベネディクト16世の紋章は、
自分はあくまで司教のトップにすぎない、って意思をあらわしたもののようですヨ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/01 00:53分 
  • [編集]

NoTitle 

山田 まりや 出産
13人の友人に見守られて

その子の名は「崇徳」



  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2013.03/01 04:27分 
  • [編集]

TORINO 

こんにちは

ちょっと気になるので書いてみます。

2月25日に トリノ近くで地震が生じていたんですよね。

どれくらいの間隔で、この北イタリア地方に地震がおきるのか?と調べたら、
1918年、1938年、、と、いう感じなんですよね。

地震国日本の地震地図見慣れていると、
マグニチュード、3,5は大した事ないように思いますけどね、、、、でも地震が珍しい地域に起きるとなんだかねぇぇ~、、と思いますけど、、

揺れた時間は真夜中の 2時2分に揺れたそうです。何処まで、意味深なんでしょうね?(笑)

http://www.lacote.ch/fr/monde/un-seisme-de-magnitude-35-a-ete-ressenti-en-savoie-tot-ce-lundi-matin-604-1129087

何故?2月25日に、トリノが揺れたんでしょうね?

震源地の名前、Da Wikipedia, Lanzo Torinese ランゾ、トリネーズ
http://it.wikipedia.org/wiki/Lanzo_Torinese
町の旗に矢がついているから、LANZOランゾは、投げる(矢)という意味のLANCEランスという仏語にWIKIでは訳されていますね。矢旗の矢と八かなぁぁ、、?

ピエモンテ地方に属するこの旗も、フランスの十字架の県旗を維持する サヴォア県の県旗と同じですね。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/01 07:34分 
  • [編集]

NoTitle 

崇徳。
これも「こ、これはっ」って25日のニュースのひとつですね。いちばんたまげました(笑)。
13人の友人は知りませんでした。
道真の命日に崇徳。しかもマリヤの子。
さ~て、これがどう出ますか。

ところで、ご面倒でもHNは必ずお願いしますね。
基本的にHNのないコメントには返信しませんので。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/01 12:03分 
  • [編集]

Re: TORINO 

確認しました。これですね。

Magnitude ML 3.5
Region NORTHERN ITALY
Date time 2013-02-25 01:01:42.0 UTC
Location 45.33 N ; 7.49 E
Depth 17 km
Distances 134 km W Milan (pop 1,306,661 ; local time 02:01:42.2 2013-02-25)
32 km NW Turin (pop 872,881 ; local time 02:01:42.2 2013-02-25)
8 km NW Ciriè (pop 18,753 ; local time 02:01:42.2 2013-02-25)
3 km W Corio (pop 3,294 ; local time 02:01:42.2 2013-02-25)

いま55長友がいるのはインテル。ミラノですね。
55松井の場合は、サンアンドレアス断層があり、太平洋プレートがテーマだったわけで、じっさい東日本大震災に至った。そこでお役御免でした。
アルプスに近い北部は地震ないですから、なぜそんなとこに配置されたんだろうと。
でも2月25日に反応しちゃったわけだ。

本来地震のないはずの日本のアルプス山脈でも、わけわからん表層地震がバンバン起きてます。
おそらくカミオカンデの実験と関係するんでしょう。
アメリカではいま、シェールガス採掘がおきるはずのない地震を引き起こしてます。
自然におきにくい場所でおきる地震には、人為的な理由がなにかあるはずです。
阪神淡路や福岡県西方沖地震は、まちがいなく巨大埋め立て事業がトリガーでした。

トリノの地震がどうなのかはわかりません。
ただ事象ってヤツは、そういうのを平然と取り込み、シンクロさせ、巨大化させていきますから。

そもそもイタリアと日本の連動がはじまったのは、300人以上が亡くなったラクイラ地震です。
ラクイラは鷲。日本では鷲(おおとり)の神日本武尊事象の真っ最中で、スマップの草薙剣くんが神がかって(泥酔錯乱して)とっつかまったりしてます(笑)。
しかも、伊勢(天祖神社)と出雲(赤坂氷川神社)の中心で、愛を叫ぶ(?)。
 http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-144.html

ラクイラ地震が起きたのは、2009年4月6日。
のちに神武の命日の3.11に至る神武東遷事象がはじまり、北朝鮮の9さまがミサイルをぶっ放し、オバマ大統領が「核兵器なき世界」宣言をした4月5日の翌日です。
5月18日にはフランスからプルサーマルのMOX燃料が、御前崎の浜岡原発に初到着。
巨大津波に襲われた福島第一原発3号機は、このMOX燃料でプルサーマル発電を開始したばかりでした。
位山(ミロクラインの重要な神の山です)がはじめて鳴動した(震度3)のは5月13日。MOX燃料搬入の18日にもふたたび鳴動。これきっとなにかおきるなと。日本的にいえば、祟りですね。
そうしたら5月25日に、北朝鮮が核実験。
さらに6月1日、エールフランス477便が大西洋に墜落。この機の初飛行は、2005年2月25日。道真の命日。
こうした流れで7月22日にイザナミが復活し、トリノ・エジプト展がはじまったわけです。

いずれまとめなくちゃなと思いますが、一見バラバラのようでも、すべてはひとつの流れであり、その流れが、東日本大震災で終わったとは、とても思えません。

ラクイラの地震は、前年12月のM1.8がはじまりでした。ちっちゃいです。
トリノにはラクイラのような断層はないはずですが、2月25日2時2分というのは、いかにも意味深ですよね。
2月11日にバチカン大聖堂に落ちた雷が、火雷天神の異名をもつ天満大自在天神道真をハッスルさせなきゃいいがと思ってましたが、どうも、しちゃったようですね(汗)。

道真はいま、オオナムチとともに火を煽る立場にいます。
そしてその火をうけるのが、スサノヲであり日本武尊です。
熱田神宮の一之御前神社の封印がとかれたのもそのため。
草薙剣は八重垣の剣であり、オワリの火と水の剣ですから。

町の旗に矢ですかぁ。
あの笹子(竹の世の子)の矢立の杉といっしょだし、
いま安倍総理がやたら経済の三本の矢を強調してるのも、
じつは矢立の杉とおなじ事象です。
三本の矢は、安倍総理の地元、毛利元就の三本の矢。
ヒロシマのサンフレッチェも、おなじ毛利の三本の矢。

フクシマ(=ヒロシマ)の前に、アジア大会決勝でニセの太陽を射落とすポーズを示したのが、
サンフレッチェ広島の李忠成選手でした。
イタリアでもつぎの矢が、放たれちゃいましたかねぇ。しかも十字.....。

長くなりました。
いそいで書いたので意味が通じない部分もあるかもしれません。
ご容赦を。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/01 15:26分 
  • [編集]

 

須佐之男命様も大好きです。

須佐之男命様にゆかりの天の叢雲の剣が出雲大社の遷宮で復活し、伊勢神宮の遷宮で草薙の剣として再生する。

世の中の火(穢れ)をなぎ払い、愛する人を守もる。

一人一人がそういった気持ちを大切に出来たらいいなと思います。
  • posted by 日本武尊@名古屋CITY 
  • URL 
  • 2013.03/01 21:33分 
  • [編集]

メッセージ 

そうなんですよねぇぇ、
2010年10月に行く予定でなかった、広島の原爆平和公園に初めて訪ねたり、そういう外界からの働きは絶えずあるんですよね。でも、311の福島事故の予知はハッキリ感知出来ないのは、
なんでしょう?
意味論でメッセージが大概きますから、
解読って個々人の個人体験外の事は想像しにくいのですよね。
ただね、、広島の平和公園を、ペチャペチャ、同行者と喋りながら、回り歩くのですよね

別に 何処が目的という決まった、目的ある訳でもなく、 行きたい空間を、無意識に二人で歩いているんです。
それで、ダンダンと、あの平和の鐘に向って行くのですよね。
公園は、あまり人は居なかったです。
ちょうと平和公園の鐘の下に 立って、わたしは同行者のフランス人男性に、「この鐘叩くのは、原爆の日、8月6日なのよ、、テレビで毎年 黙祷する時間に鐘がなるの」とか説明しているんですよね~、、

すると、同時に一人外人の中年女性が、平和の鐘の下に近寄ってくるのですよ。

この情景ね?すごく、、不思議なんですよ。回りには、ほとんど誰もいない。するとね、付き添いの若い男性が、私に、(c'est une Française」フランス人だよ

と、私に言うのですよ。

広島で会う、外人は、全てフランス人な訳ないですからね、、「 pour quoi .? tu sais!
どうして、フランス人女性だと分かるの?
と聞き返したのです。

それで、彼女はカメラを持って、いかにも、観光に来たという観光客の様子なのですが、、、

フランス語で、話しかけ「もしよければ、お写真、おとりましょうか?」と、聞いたら、、、
本当に、綺麗な フランス語で返ってくるんですよ。
<彼女が母国語で返答するという事が分かるという意味>

しかも、その女性の 仏語の答え聞いて驚きました。

その知らない女性が、

「 イエ、、この場所、、、あちこち、浄化されない 苦しんでいる人達があちこちにいるので、、写真とる気分にならないのですよね?、、」と応えるのですよね。

私達が、3人、偶然に2010年10月に広島原爆平和の鐘の下に集まった、、という事は、とても偶然ではないんですよ。

それでも、福島の事故は、防げなかった。
8時15分、広島の空に、リトルボーイが炸裂した時間、、、、世界は 止まったんですよね。

忘れては、いけないのですよ。今も、あの時の 止った時を生きてる人達の魂が訴えているのですから、、、。

聖母マリア被昇天の日、8月15日、浄化って、被昇天の事じゃないでしょうかね?

ちなみに 28歳フランス人でわたしを広島に引っ張る同行者は、2010年日本に生まれて初めて訪ね、3ヶ月滞在していました。縁起がかかると、世界中何処からでも、引き寄せられるという感じらしいです、
、彼の名前はダヴィッドという名前ですから、ラテン語、ヘブライ語 ダヴィデです。
ちなみにフランス人は自分の国の事えを、六角形と呼びますから(国境線は六角形になっている>、六芒星なんですかね?


ところで、2月25日、トリノを揺らした日、満月でしたね。

ヴァチカンの聖人カレンダーは、聖人 ロミオROMEO

の日なんですね。リモージュの 司祭だった神父さんが、ローマへの 巡礼の途中亡くなったらしいです。

ロミオとジュリエットのロミオROMEOの名前の語源は、ROMAへの巡礼をする人という意味だそうです。

聖人ロミオの日、2月25日にトリノが呼応下という事は、やはり、ヴァチカンの教皇と関係しているのでしょうね。ヴァチカンの動きに注目でしょうかね。

シェークスピアの ロミオとジュリエット、、、

愛の成就でしょうか?

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/02 02:47分 
  • [編集]

88(ハハ)なる音楽 

3月11日、新国立劇場ではイタリア・オペラ「アイーダ」が上演されます。2013年は作曲家ヴェルディの生誕200年。スカラ座からの引っ越し公演等、多くの催しがあります。

2009イタリア・トリノ展と時を同じくして、スカラ座来日公演がありました。演目は「エジプトとイシスの神に栄えあれ」(凱旋行進曲) と歌われる「アイーダ」でした。イシスは翼を持つ不死の女神、エジプト革命とも重なるこのシーンは、グランド・オペラの圧巻です。NHKホールの日程トリは、はからずも9月11日でした。

劇中歌はアリア(Aria)とよばれます。アリアはエアー(air)、ホールの空気を振動させ、歌曲が伝わる様子そのものを表します。
パーパ(88)の紋の指輪は砕かれたけれど、
ハハ(88)なる母音の音魂は空間を伝わり、
イザナギによって目覚めたイシスの、豊潤なベルカントの響きが会場に満ちることでしょう。

日本語とイタリア語は、一音一音の殆どに母音がつき、発声が似ています。イタリアと日本が連動しているとおっしゃるのも、クラシックの声楽に携わる身にとっては、なるほどとストンと腑に落ちる解釈です。

また息で奏でる音楽は、伊吹山の気吹戸主を思わせます。息長帯比売命(神功)もかんできて、3つの太陽で志賀大神の登場なのですね!

3月2日、住吉大社で初の横綱土俵入り。白鵬と日馬富士が不知火型を披露しました。近江国出身のハジカミという力士があまりに強いため、行司の志賀右左衣門尉が神前のしめ縄をハジカミの腰にまとわせたのが、横綱の起源なのだそうです。住吉神社(福岡)への横綱の奉納土俵入りはありますが、住吉大社(大阪)への横綱の参拝は長く途絶えていたとか…切れたしめ縄は、これでつながったでしょうか。

スキージャンプも鳥人たちが大活躍。フィギュアスケートは、浅田・鈴木両選手が羽の衣装で舞い、男子は羽生クンが表彰台に立ちました。羽・トリ・羽・トリのスポーツ界ですね。

いやさかサマ♪ 
クライマックスに向かってガンバ p(*^▽^*)q
春の息吹に誘われて、そのうち、堺のオオトリ大社か住吉っさんにブログ成就ご祈願にあがりま~す。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/02 23:41分 
  • [編集]

ヒャァ~ 訂正です~! 

イシスが目覚めたのは
イザナ「ミ」によってでしたね。
見直したつもりなんですが、ごめんなさい。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/02 23:57分 
  • [編集]

こんにちは 

児童手当不正受給の騒ぎの行方不明のお嬢ちゃんが押し入れの鞄の中から見つかりました。また尼崎(アマが先?)
同じ日に、房総半島南部の砂浜で、ポリ袋に入れられた新生児の遺体が見つかりました。
ヒルコちゃんは、まだまだ訴え続けています。

ローマカトリックのトップが下りたら、エジプトの操縦士も飛び降りました。その前にはオランダ王室で譲位が発表され、日本では日銀総裁が代わることに。TOSHIBAの社長も交代。歌舞伎界ではオモダカヤの襲名披露公演が続き、
……と、トップにまつわるお話は、事欠きません。

めくるめく話の展開。
東風は思いの外、強く乱れ吹いているようですね。

  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.03/03 00:34分 
  • [編集]

Re.88(ハハ)なる音楽 

そういえば、ピアノの鍵盤も88なんですよね。

近頃それがみょうに気になってて、88(ハハ)なる音楽にハッとしました。

スカラ座来日公演の情報ありがとうございます。
なるほど。これは重要ですね。

住吉大社で初の横綱土俵入り?
まさに神相撲ですねぇ。
最強の住吉神は、なぜかガングロ(笑)。

紀見トンネルの崩落事故をおぼえてますか?
笹子や大月に連動して起きました。
あれは河内長野市の小山田の住吉神社の事象です。
神功皇后の琴弾神事の伝説地ですね。

熱田の一之御前神社の公開に連動して甲斐のトンネル事故を起こしたのは大伴武日ですが、紀見トンネルの場合は住吉と天照大神の荒魂の事象です。
これによって、筑紫と串本。常神串ラインの脈が通じました。だからこその幻日なんです。

宇都志日金析命のうつし日の「日」は、天照大神のこと。
天照大神を映す、反映する金析命=住吉神。それだけ天照大神の片腕だったんですね。

金環食(太陽のミロク)→一之御前神社→紀見トンネル事故→住吉神社(住吉大神と天照大神の荒魂)→博多湾の幻日。ってなります。

境界(堺)の大鳥(大社)も、おおいに動いてますよね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/03 02:11分 
  • [編集]

国産ピアノ 

日本の国産ピアノ第1号は山葉寅楠が国産材料でつくったものとされていますが、部品を輸入して日本で初めてピアノを組み立てたのは西川虎吉でした。そのため国産ピアノ製造に関してはまさにトラ対決?のような確執があったようです。
山葉寅楠の家は紀州藩士で和歌山市に縁がありますが和歌山城の別名は虎伏 竹垣城。
また寅楠の命日は8月8日です。

ヤマハの本社は浜松市ですが、3月3日に浜松市で小学生688人が鍵盤ハーモニカで「きらきら星」を同時演奏してギネス世界記録に認定されましたね。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.03/05 00:26分 
  • [編集]

堺(境)・住吉 ふたたび 

個人事象をつらつら書いて他の読者様に失礼承知の上なのですが・・・昨日、家人が有休で大阪までドライブしてきたのです。家人は堺市の荒山公園(多治速比売神社)で観梅というプランを立てていたのですが、幼児連れで梅林じゃ間が持つまいと思い浜寺公園に行き先変更して、公園に近い大鳥大社に立ち寄ることをリクエスト。初参拝してきました。
いつも家人が行き先を勝手に考えていて私は「へぇ・・・その辺に行かせたいのか」と微調整しているだけなのですが(その方が我が入らないので良いのでしょう)。
で、帰路に道路沿いの小学校に消防車が集結しているのを見かけたので「防火訓練かな~」と言っていたらラジオから「大阪市住之江区の北粉浜小学校で火事・・・」と聞こえてきて、「ああ、さっき通りかかったわ」と。現場は玉出島が地名由来の地下鉄玉出駅前。何気に事象を見かけております。
ちなみに大鳥神社のおみくじは・・・表も裏も「もっと働け!」と書いてありました。叱咤された方が燃える性格もお見通しってワケで参りますねぇ。
神の教:御飯食べたり、着物を着たり、勝手いうのが能じゃない。お互いはたべる為に生まれて来たのでも、着物きるために生きて居るのではない。神様から世界作り固めの御役目をうけて、此の地上に高天原の、住みよい、明るい、平和な世界を作り上げる為に生まれてきたのである。この信仰をもって一生働き続けましょう。

追記:奈良で橘並木をつくるべく植樹が行われたとのこと。
http://www.nara-np.co.jp/20130304092612.html
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.03/05 18:40分 
  • [編集]

個人事象と 世界事象の同時発生 

こんにちは
<個人事象をつらつら書いて他の読者様に失礼承知の上なのですが・>

わたしも、個人に関わる 全ての 現象の意味解読と、
世界(社会)に起きてる 現象の意味解読
この青写真を 二枚重ねた上で、、、
なんらかの、 根底に流れている 同時方向(センス)を、嗅ぎ取る、みたいな感じなんですよね。

万が一、個人の体験に尽きる事だからと 思っていて、あまり気にせず、忘れていると、必ず又別の手段を使って、外界から メッセージが、これでもか、これでもか、降りてくると思うのですね。
もう疑いの余地がないくらいなんです。

そのうち、個人だけでなく、ドンドンその回りにいる 家族も同時体験させるという方向になっていきます 。

例えば、これは実際わたし達家族に起った事ですが、同姓同名が 何処かに居るくらいなら、別に 驚きは知りませんが、その同性同名さん達が、同じ メイルアドレスを 登録出来る訳がないと、普通の人達は、思い込んでいるのですよね?
こちらも、登録出来るのだから疑わないで数年いたらしいのですよね。
ところが何かの縁起がかかるのでしょうね?
1000キロ以上離れたところに住む同姓同名さんの郵便物が届いたりするのですよね。

驚きますよね~、、

それで一応地球上に住むわたし達は、ハタ!と銀行引き落としはどうなっているの?ネット利用者は事の現実の重大さに、反応するのですよね?
、、そして「どうにか知れくれないか?」と、プロバイザーに、文句を言っても、
「同姓同名さんが同じメイルアドレスを作れる? そんな事が在り得る訳ありません、世界のNETインターネットのセキュリティーは、そんな柔じゃありませんよ!」と、専門家に連絡してもネット利用者の悪ふざけだと思うらしいのですね。
唯物論偏重思考というのでしょうか?
妄信というのでしょうか?

現実に生きてる人達の妄信の強さは、とても、崩せないのですよね。

マ、考えようによっては、そこまでしないと、信じないという 3次元世界の人間の 頭の 固さに、呆れている天上界の怒りでしょうね。

彼らにとっては、不可能な事など何もないと 思うのですね。
結局その事によって、他の今まで見えない因果関係を持つ人達へと会わせる縁起が生じる展開させていく、、という流れのようなんですね。結局この世に生きてる限り、学びなんでしょう。
又新しい人間関係によって、なんらかを学ばなければならないのですから、、
西洋のおしえは、「本当の国籍は、あの世にある」という事らしいので、この世に生かされ限り、無国籍なのかも知れません。

人間国という籍しか持たされないで、地球に降りてきたんでしょうと思います。
そうそう、、
追記すると、1000キロ先に住む、同姓同名さんの 子供の名前も、うちと同じだったりするのですよね。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/05 23:20分 
  • [編集]

友人の話ですが。 

 お晩です。
 知事選のポスターなんですが。
 現職の方のだけことごとく剥がれそう、剥がれてる(画鋲だけ残ってる)らしいです。
 もう一人の方は、いつでもどこでも皺一つ無くピシっと貼られている(残ってる?)のに。
 風やら雨やら吹きっさらしには辛いとはいえ・・・。
 って条件は同じか・・・。
  • posted by 梅兎。 
  • URL 
  • 2013.03/07 00:59分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.03/08 03:21分 
  • [編集]

愛 

ダヴィンチは、憎しみに勝つのは、愛のみである、という言葉を残していますが、、、

自由だから、愛すのでしょう。

義務で愛するのとは違うでしょうし、見返りを最初から期待して愛すという意識は、やはり違うと思うのですね。

言霊という言葉ありますが、意味は、 同じ言葉を、誰が、何処で、放っても同じという事ではなく、
同じ言葉でも、
その時を待って、時が熟すのを待って、放たれる、という言葉だと思うのです。又、誰が 放っても同じという事ではなく、記号だけ表象だけの言葉ではなく、その時にしか放たれない、心から心へと伝える為に、放たれる 言葉があるのでしょう、と思います。

それは、決して、なんらかの 目的に帰属する為ではなく、むしろ、すでに結果は生じてしまった 後、その時を待って 放たれるという 歴史途上の連鎖の上での、 その時放たれるのを、待っていた、、という 事だと思うのです。
なぜなら、人生、70年、80年の長さの上で生じる事は、後の未来に 繋げていく事、結果ではなく、やはり途上の事でしかないと思えます

ですので、過去の 出来事で感じた情動運動の記憶を述べるというコミュニケートではなく、むしろ 未来に 向っている意識に 働きかける何らかの、動的な 言葉を、言霊というのだと思うのです。

サンテクジュぺリは、愛する事は、お互いを見つめあうのではなく、同じ方向を見る事だと、述べたのですよね。

同じ方向は 、過ぎし過去ではなく、やはり未来を見るという事だと思うのですね。

2月14日に日本に住む友人の一人が、14日はトーフォーの日で、東宝映画が安く見れるので、レ、ミゼラブルを見て来た、、と メイルで話してくるのですよね?

わたしは、あまり映画に 詳しくないので、「 ヴィクトル、ユーゴーの映画を、日本で今上映しているのねぇぇ」くらいしか、思わないのですが、

何故?、2月14日の ヴァレンタインデーに、 レ、ミゼラブルの映画なのかしら?

と、思ってるんです。レ、ミゼラブル「あぁぁ、無情」この お話は、まるで、仏教の因果応報、善因善果を、 ヴィクトル、ユーゴーは、知っているんじゃないか?と思うくらい、ほとんどの人物の出会いや出来事が、 人間関係の因果と縁起によって、創られていますよね。
驚きますね?

それは、よいのですが、ヴァレンタインデーの 日14日のつく日は、東宝の映画が安くなるというのは知りませんでした。
そのメイルを読んだ、翌日買い物に歩いて行ったのですね。すると、家の近くの映画館のポスターが目に入り、「レ、ミゼラブル」の上映を、明日だけ 、つまり、1日だけ、上映するのですよね。

田舎の町の 映画館ですから、毎日、21時から、一回だけですし、毎日 違う映画を 上映するのです。

何だか、変だと思うのですね。
日本とフランスで友人と無意識に メイルしているんだけど、まるで、「レミゼラブル見て御覧なさい?」と 誰かに言われているみたいに、ひとりでに、目の前で展開しているように観えるんですよ・それで、彼女に、翌日見にいくわ、と返事する私がいるんです。

2月14日の ヴァレンタインデーに、東宝の映画が安くならないと、友人は 映画を見ないはず、と 彼女は思い込んでいるようなのだけど、わたしも そう思っているのですけどね?でも、 全て グル?東宝もグル?(笑)

世界の出来事は全て、そのように、最初からシナリオが出来ていて、うまく 動くように、偶然などは何もなく、全ては必然だから、そのように、時間をかいくぐる 心を有す、肉体の存在が、未来に向けて存在しようと、手探りで、時間を進めているのだと思うのです。

愛という メッセージが、頻繁におりてくるんですけどね~、、、

ちなみに、その映画館で、その前見た映画は、2011年の2月の時期で、ヒアーアフター
の映画を見たんですね。クリント、イーストウッド監督の映画で、大津波の画像がでるんです、主人公は、仮死状態で、津波にのみこまれてしまい、臨死体験によって、予知能力をもたされる 映画。
震災が 起きた後は、上映禁止になりました。

この時も、娘の友達が、何泊か、来ていて、たまたま、娘に誘われて「ヒアーアフター」見たのだけど、その日しか、上映しない 映画だったのを、娘の友達と3人で 見たのですよね。

レミゼラブルのあらすじの舞台の一つ七月革命は1830年の事が書かれていますね。、

この年は、パリは、ドラクロアの描いた、自由の女神マリアンヌが描かれ、友人であるショパンの母国ポーランド、ワルシャワの 峰起の年で、ショパンも同じく、革命 というエチュードを、作曲しています。

2011年3月11日震災の日に、ショパンのお葬式の棺の中の彼の姿の写真が、世界のロイター共同発信されたのも意味深なんですが、、、

ドラクロアは、 十字架さんという意味の苗字なのですが、

この 絵が、日本に初めて上陸したのが、1998年中りでしたね。前年に法隆寺の 百済観音が、フランスに 渡っているはずです。

日本のサッカーイレブンが、ヤタガラスのぬいぐるみ持って、フランスのワールドカップ初出場した年なのですよね。
何故?十字架の県旗の SAVOIEサヴォア県に滞在していたんでしょうね?とやはり不思議に思うのですよね。

そういえば、ショパンのお葬式は、マドレーヌ寺院だったと記憶しています。
レ、ミゼラブルの主人公、ジャン、ヴァルジャンは、マドレーヌ市長の肩書きを持つ事になるんですね。

ヴィクトル、ユーゴーの本当の名前は、

ヴィクトル、マリー、ユーゴーVictor-Marie Hugo nait à Besançon le 26 février 1802.


マリアの勝利(ヴィクトー)という名前の通り、民衆を導く自由の女神、マリアンヌを描いた、ドラクロアさん。

この絵に描かれている、女神の横に描かれている男の子の事を、何故か?ガブローシュです、、とよく聞きますが、、、ガブローシュという名前の少年が、レミゼラブルに 登場するんですよね。でも、年代的には、ドラクロアの絵の方が先に描かれているんじゃないかしら?
ユーゴーが、何処かで この絵画を見たのか?よく分かりませんが、、、

そういえば、ドラクロアも、 ヴィクトー<勝利>の名前を、持っているのですね。でも、3つもあるのですよね。

Ferdinand-Victor-Eugène Delacroix
フェルディナン ヴィクトー ウジェーン ドラクロア

絵画や音楽、そして文学、、同じ時代を生きる芸術家や小説家の感性、、、空気に漂う類似のものを感じとる 響きを聴く、、創造する、、、時間と空間のない世界を、一瞬に飛ぶのでしょうね。ショパンもドラクロアも、生きているのでしょうね。

ユーゴーはそれを 言葉に記した。皆不思議な存在しながら、後世代へと何か 伝えていくのでしょうね。

なんだか、今回も起承転結にならない感覚文でごめんなさい。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/09 10:32分 
  • [編集]

ツクバのイサ宮が88cm東に移動しましたね 

東日本大震災後、ホツマではイザナキ夫婦の第一子、ヒルコ・ワカ姫さんが産まれた筑波が、88cm東に移動しました。

時事ドットコム  http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013030801044

日本列島、東へずれる=つくば市、2年で88センチ-巨大地震地殻変動【震災2年】

 東日本大震災の巨大地震による地殻変動で、日本列島は東西に引き延ばされただけでなく、地球上の位置も一部が東へずれたことが新たに分かった。国土地理院(茨城県つくば市)が8日、国内外にある測地用の電波望遠鏡による観測結果として発表した。
 国内に4カ所ある電波望遠鏡のうち、つくば市では巨大地震の発生直後に約65センチ、その後2年でさらに約23センチ東へずれ、移動幅は計約88センチに上った。地殻変動が最も激しかった宮城県付近に望遠鏡があれば、移動幅はもっと大きいはずという。
 この観測方法は「超長基線電波干渉法(VLBI)」と呼ばれ、非常に遠い特定の天体を複数の電波望遠鏡で同時観測することで、電波が届く時間差から望遠鏡間の距離を精密に計算できる。(2013/03/08-22:01)


日本列島の移動量の計測という意味では、普段は国土地理院のGPSを利用した地殻変動情報をチェックしていますが、電波望遠鏡での測地もあるんですね。

ここで、地殻移動の様子が確認できます。
http://mekira.gsi.go.jp/project/f3/ja/index.html
固定局(基準になる地点)を変えて、日本列島の地殻移動の様子を見ると、いろんな動きが確認できて、興味深いです。
例えば、東北地方は、震災前の1年分を1カ月で東に移動している印象ですが、
徳島県の阿南や淡路島付近を起点に移動状況を見ると、淡路島の南付近を中心に、関西・四国地方が時計回りに渦を巻く様に移動している様子も見られます。

東日本大震災後の地殻変動アニメーション
http://mekira.gsi.go.jp/JAPANESE/crstanime_tohoku110311monu.html
  • posted by 五 
  • URL 
  • 2013.03/09 23:42分 
  • [編集]

漆 Japan 

昨年末に友人が浅草に滞在したのはピアノ関係のことでした。
グランドピアノはドイツ語でflugelで翼・羽ともいわれますが、ショパンというと私はルービンシュタインが思い浮かぶのですが、ウッチにあるルービンシュタインの像のグランドピアノの天板は翼の形になっています。
黒いグランドピアノ、黒い鳥で三本足・・まるで八咫烏みたいですよね。
ピアノが黒く塗装されるようになったのは、初期に日本で作られたピアノが漆塗りで、海外でも漆塗りのようなつやのある黒い塗装をしはじめたことからとか。
英和辞書でJapanと調べると漆・漆器というくらい日本が起源という見解があったようです。
うるしの日というのは11月13日で法輪寺に惟喬親王が漆器の製法を祈願し満願の日が由来。
昨年の11月13日に名古屋水族館で初めてシャチの赤ちゃんが誕生しました。母親はステラで星ワードですよね。

惟喬親王は第55代文徳天皇の第1皇子ですが母方が紀氏出身のため皇位が継承できなかった悲運の皇子とされています。玄武神社のご祭神ですが、玄武といえば妙見菩薩、亀と蛇、色は黒など。星ワード。

また木地師の祖とされていて、色々な神社のご祭神ですが小田原市早川で木宮大権現ともいわれる紀伊神社にも五十猛命とともに祀られています。
やはり紀伊がKEY?

伊吹山の山麓にさざれ石公園があり君が代発祥の地とされていますが、君が代の基となった歌は惟喬親王に仕えた木地師がこの地でさざれ石をみて詠んだものが古今和歌集に編纂されたとされています。君が代は志賀海神社の山誉め祭がルーツともされていますが、その歌が惟喬親王の縁につながっていくというのが何か不思議な感じがしました。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.03/09 23:45分 
  • [編集]

日光東照宮とトリノ 

こんにちは
このような書き込みをする時難しいと感じるのは、、記号<字>を書いて、コミュニケートを取るという記号を介しての世界は、閉ざされたシステムなんですよね。

哲学では、記号を書いた地点で、その字は死んでいるので意味を持たない、と云われますが、これは 記号を書く事が無意味という意味ではなく、時空のない世界での、コミュニケートではなく、3次元の世界の 肉体を持つ者の間だけの閉ざされた世界の コミュニケートなんですよね。そこには、 生じた 現象に対しての、感情<情動>を綴るという、結果(後天的)から見て帰納的<アポステリオリ>に 思考するという唯物論的な思考に傾いてしまうんですよね
。この思考を優先させていると、必ず、心の健康を害してしまうと思いますし、むしろ、外界との接触を排除していく考えだと どんどん、閉塞的な想念世界を作り上げて、その次元に 生きる人達だけと過剰呼応する、という世界から孤立した、独特の自己の世界観の中に 存在してしまうらしいんです。

自分という存在の仕方を、第三者の他者を介して、自分という人間がどういう人間であるのか?分かるのですから、他者の存在は、自分を知るのに、必ず必要なんですよね。
コミュニケートというより、普遍性のある存在をしているというのは、必ず四方八方から知らない人達が自然と近づいてきてなんらかの 関係を持つと思います。テレビに出て顔が知られているから有名で普遍性があるという 唯物的な 認識ではなく、その者が、自然と調和している存在だからだと思うのです。

この自然=調和 なのですが、DIVAさんが、440ヘルツの ラ<ドレミファソラシド>の 音階の ラの音の事書かれていましたが、
音というのは 声の事ですよね。平家物語の冒頭文にも、「祇園精舎の鐘の声……」で、鐘の音と訳さないですね。お寺の鐘も、教会の鐘も、除夜の鐘も、なんらかの 声<暗示>なのでしょうと思います。

つまり、音<声>も、自然との調和に気をつけないと 不協和音ばかり放っていても、天空に届かないで、いつも、低次元の層での呼応ばかりしなければならなくなると思うのです。
普遍性というのは、自然に 外界に浸透していくというコミュニケートの仕方であり、<心>の存在の仕方だと思うのです。例えば、440ヘルツの ラという音に、オーケストラの楽器が 調音する事で、 皆が同じ曲が弾ける、美しい和音、ハーモニー自然に 響音するのですよね。
音には、元々、聞いて、鼓膜にすーと 、入っていく、心地よい音、響音、自然界の調和をなしている音があると思うのです。一オクターブを、7の音階に分けると天体の動きとマッチしたんだと思うのですね。
7音階の7は一週間、7日、創世記の世界の始り、半音(フラットやシャープ、黒の鍵盤>を入れると、12音界にすると、一年の12ヶ月、12時間(昼)、12時間(夜)になる。、、、という風に、音のカテゴライズも 古代人の智慧が働いていたのだと思うのですね。フランス語<ラテン語>の周波は、fréquenceフレカンスという単語ですか、これは、例えば、人が何処からとも、集まる、人の出入りが激しい、人の行き来が激しい、人が集まる、、という表現に、同じく、周波数の周波 「フレカンスがある」という使い道をするんです。
つまり、精神世界で、よく使われる、波動といいますが、
良い波動を発散させれば、自然と 外界との接触が得られますから、何処からとも無く、人々の足が向かうと思うのですね
。わたしの 考えでは、この 周波数と波動は無関係ではないと思います。それで、440ヘルツの 音ラを、絶対音と呼ぶのですが、 ラ に全ての楽器が 調音し合わすと都合が良いと思ったのでしょうね。

これは、やはり声(歌)から来ていると思うのですね。
以下、転記しますね。

ドレミはラテン語の聖歌(グレゴリオ聖歌)の「歌詞」から採られています。 原典はカトリック教会での「洗礼者聖ヨハネの誕生」の祝日、6月24日の第二晩課の時に歌われていた「ヨハネ讃歌」の歌詞の「一番」です。 
Ut queant laxis resonare fibris Mira gestorum famuli tuorum, Solve polluti labii reatum, Sancte Ioannes.
(汝のしもべが、弦をかきなでて、汝の妙なるわざをたたえ得るように、このけがれある唇の罪をのぞかせたまえ、聖ヨハネよ。)
この太字で表されたところから「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ」という名称(音名・階名)が採用されたのです。 最初の「Ut」がどうして「Do」になったのかは知りません。 しかし、フランス式楽典では音名はそのまま、ut re mi fa sol la si です。 
http://homepage3.nifty.com/st_peter/pps/index6.html

マ、私は、弦楽器を弾くので興味があって昔調べた事があるのですが、、、
ラという音が、LABII
というラテン語の唇から来ているのは興味深いですね。

という事で、人間は こうやって、パソコンの記号を読むのではなく、やはり、音を聞く、音を放つという 行為のコミュニケートに自然の 調和の玄義ともいえるものを見つけないといけないと思うのです。

話は違うのですが、2月25日に、何故?日本では日光が揺れて、ヨーロッパでは トリノが揺れるのかしら?どちらも、あまり 地震が頻繁に生じる震源地という場所とは考え難いと 思っていました。

日光という 東照宮、とわたしは連想するのですが、
前から、どうして、英語は、復活祭の事をイースターと東<EAST>と呼ぶのかしら?ラテン語語源から来ているはずなんですけどね 復活祭の意味は、ユダヤ教の過越し祭から来ているはずなんですよね。
フランス語ではパックpâqueと呼ぶのだけど、イースターとは全然イメージが違うので、迷いますよね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E7%A5%AD
と思っていたら、日光東照宮あたりが揺れたので、なんだか、変に納得してしまいました。

それと、2011年の3月11日の震災の年に限って、何故?クリント、イーストウッドclint EASTWOODという東の木の苗字の俳優さんが、津波の映画の臨死体験の映画を造って 上映したりするんでしょうかね?イーストウッド、天空界とグルですね ^ ;ç^

それより、クリント、イーストウッドの誕生日は、5月31日で、聖母マリアに関するロザリオの玄義の2番目la visitation ヴィジタシヨン (エリザベット訪問)の日に中っているらしく、フランスのカレンダーに調べたらそのように載っていました。

エリザベットは、洗礼者ヨハネの母ですから、この2大聖人 ヨハネとキリストが、この同じ年に生まれるという 事は、イースターと呼ぶ プロテスタンやバチカンローマに向いているヨーロッパの国々も、それなりにその土地に根ざした、普遍化をさせているのでしょうね。

被災者への弔いの意識は決して忘れてはいけないと思うけど、未来に向けて考えるとどうも、東北の震災の意味は、クリント、イーストウッドの潜在意識と呼応しているのでしょうかね。
実に世界は、不思議な事に満ちているようなんですね

http://www.youtube.com/watch?v=i_ZHA7YdR5w&feature=related


  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/10 00:31分 
  • [編集]

NoTitle 

いやさかの木さん今日は

今朝もいつもと同じように犬に引かれて散歩して来たのですが風が強いです、山の方から風の音がゴウゴウと聞こえて来ます、そして風が妙に生暖かい、そしてかいだ事の無い様な匂いまでします、こんなのは始めてですね、ここ数日の雪解けはこれまた驚きの早さですよ、

千春さんの「鐘の声」ですが朝の六時頃歩いていると八幡様の鐘の音が聞こえて来ます「ご〜ん ご〜ん」日本語が何だか面白いと思ったのはこの音が「御恩 御恩」と聞こえるようになった事でした、釣り鐘はたぶん大陸から日本に伝わったものだと思うのですが、日本語の「あいうえお 五音」と大きな釣り鐘の音の「ご〜ん」は何か通じるものがあったのでしょうね、釣り鐘の歴史調べてみたくなりました。
日本全国津々浦々にある「釣り鐘」は寺にも神社にも在ります、日本人の感謝の気持ちを伝える「鐘の声」良いものですね。

小さい鐘は「カンカン感」とか「ジャンジャン雀」、「チンチン珍」、祇園精舎の鐘の声はやっぱり釣り鐘の「御恩 御恩」だったのでしょうね。

440ヘルツは鐘の音にするとどのくらいなのでしょうか。

日本以外では「鐘の声」はどう聞こえているのでしょうか気になりますよ。

有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.03/10 08:39分 
  • [編集]

和日・西美(わび・さび) 

ピアノや歌や音について、いろいろ教えられました。ありがとうございます。これらに限らず、ナルホド!と思う見解がたくさん。皆さまのコメントから、調べたい対象がまた出てきて、興味がつきません。

ピアノの88鍵…これは西洋の音階に基づいています。

かたや、日本には無限の音階があります。雅楽の笙は、天から差し込む光。篳篥は地を行く人の声。龍笛は天と地の間・空を泳ぐ龍の鳴き声なのだそうです。

明治の文明開化期、日本で初めての洋楽に、真っ先に取り組んだのは宮内庁雅楽部。鹿鳴館で、洋装の舞踏会がさかんに催された時代です。

この頃、雅楽人の林廣守が、西洋音楽を学びました。1880年、彼は国歌制定委員となり、君が代を11月3日の天長節に初めて演奏しました。(この日はひっくりかえすと3・11)

雅楽を司る家では、多氏が有名です。多は意冨・太(三輪や出雲に多い)とも書きます。西洋音階が流入した新生日本の黎明期と、このブログが重なって、いやさかの木様が88鍵のピアノがやたら気になるとおっしゃるのも、うなずける気がするのです。神々の動く音が聞こえた?(…というのは私の勝手な解釈ですが)

以後、日本人の感性に溶け込むように西洋音階は広まり、山田耕筰の「赤とんぼ」などたくさんの名曲が生み出されます。そういえば、とんぼは秋津島のアキツでしたね。

阪神大震災のおり、ガレキに埋もれながら「赤とんぼ」を歌い、周囲を励まし続けた女性の話がありました。先の東日本大震災でも、皆で歌い命をつないだ話を聞きます。極限の状況で、生命の灯をともしていました。和・洋問わず、現代人が歌だと思うものも、もともとは動物としての人の鳴き声…、天と地の間を結ぶ人の声は、人を元気にするのだと、改めて感じます。

太古にさかのぼれば、天と地を結ぶ「アワの歌」があります。近江にいたイザナギとイザナミは、この歌で国の言葉の乱れを統一しつつ、民の身体をも健やかに整え、全国を巡ったのですね。

稲作の指導をしながら、仲良く力を合わせたお二人。おそろしい黄泉の国のイメージが強いイザナミですが、今後、彼女はどのように動くでしょう。ワンステージ高くなった「愛」を成就する、現代の神話が展開されれば最高です。

西洋音楽オンリーで育った私ですが、自国の邦楽のあまりの知識の無さにガクゼンとし、古代歴史においては、「時の権力者に都合良く編纂されたとされる古事記・日本書紀」ですらも、戦後教育では知らぬまま…。駆け込み寺よろしく(おっと失礼!)いやさかの木様のブログを興味深く拝読し、参考書にしています。

※88鍵の八咫烏(黒い翼の三本脚)にナビゲートしてもらいながら、演奏するイメージは斬新!!声楽も何だか楽しくなってきました。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/10 14:47分 
  • [編集]

ピタゴラス 

88=64
64というと中国の「易経」で使われる基本単位ですね。
これは遺伝子コードの数でもあるという・・・

ピタゴラス派は、すべての物の本質は数であり、あらゆる関係は数を用いて表現することができ、
生きている自然のさまざまなプロセスは数学的な法に支配されていると考えていたと言う。

数字の二二を神聖なものと考え、それは、三オクターブの音程を表すもので、彼らは音楽を宇宙の根本的な秘密であると考えていた。ド~ド。

2013年は皇紀2673年で足すと18、666・・・ミロク
弥勒はミトラでバール、スサノヲ・・・
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.03/11 00:49分 
  • [編集]

和歌 

わかよますひるこのかほにひかりさしちのうごきたるやよひ三月


和歌は面白くて、同音異義語を考え出すと何通りにも意味が通るようになっています。

例えば、上の歌は、いまコメント欄を眺めて作ったものですが

我が代益す
放るこの香に
光射し
血の動きたる
やよひ三月

当てずっぽうにこんな漢字を当てると、「何だか気付け薬みたいな香でもあって、血が踊るくらい活動的になったのかなあ」と取れますし

和歌詠ます
昼子の顔に
光射し
地の動きたる
やよひ三月

「和歌を読む昼子ちゃん活き活きとして世の中活発に動きだしそう」とも読めます。


有名どころでは道真公の「東風吹かば…」の歌も、聞きようによっては「春を忘るな」=「(今上陛下ではなく)次のチャンス(春宮)を掴め」と子弟に因果を含めた内容になりえます。
ご本人がいらっしゃらないので、真偽ははかりかねますが。

歌は文字で示されただけでも、音(オン)を選ぶ過程で、魂の叫びが反映されている感じです。
声に出して詠んだとしたらさらに意味が狭まります。基本的な感情はこめず、聞く人の感性に任せるのですけれど、憎々しげに詠めば秀歌も呪詛になりえます。音霊ですね。

また歌は、聞いた人がどう捉える(変換する)かなので、語彙数が極端に乏しい人や風流を解さない人、言葉の意味をあまりご存知ない方には、ただの音の羅列。暗号にすら聞こえないでしょう。

さらに読む側が心に疚しいものを抱えていると、清らかな歌まで呪詛に受け取られ、崇徳さんみたいに酷い目に遭ったりします。


ついでに私見ですが、私は古事記は、こ「ジ」きの響きが良くないので、好みません。これを崇めるなんて、この国の人は、この国に怨みでもあるのかしらと思うほどです。
大体イザナギの「余った部分」とイザナミの「足りない部分」を、「得手と不得手」と変換できないセンスもどうかと。
  • posted by 元子 
  • URL 
  • 2013.03/12 20:05分 
  • [編集]

テンペスト 

DIVAさま
八咫烏みたいというのはちょっとしたつぶやきなのですが、スカラ座のアナグラムはカラスですし、マリア・カラスの最後の公演は日本で1974年11月11日の札幌公演ですが11/11はサッカーの日ですね。理由は11人対11人のゲーム。

ところで伊勢神宮の遷宮は10月2日でとうぶですがその語呂からこの日は東武の日になっています。頭部?
東武といえば東京スカイツリーで(スカイツリーも三本脚ですね)とうきょうスカイツリー駅はもとは業平橋駅。
東武鉄道の初代社長は鉄道王といわれた根津嘉一郎氏ですが、氏は山梨県下の全小学校に当時高価だったピアノを約200台寄贈していて、これは根津ピアノとよばれています。
またコレクションした美術品は根津美術館で展示されています。根津美術館というと尾形光琳の燕子花図→かきつばた・伊勢物語・八橋→在原業平→惟喬親王と連想されるのですが、親王と業平といえば観桜の宴での桜の歌が有名ですよね。
先日、伊勢が名前につく会社の友人から大阪出張土産の八ッ橋をもらったりなど、個人的事象の印象でもありますが。

法輪寺は嵐山。
TVのCMでは嵐の二宮君が音楽の父バッハに変身しています。グループのデビューは11/3でした。

嵐とピアノといえばベートーヴェンのピアノソナタ第17番「テンペスト」
シェイクスピアのテンペストは、弟によってミラノ大公の地位から追放されたプロスペローの復讐から和解への物語。
他人を赦すということ、そして他人を赦すものが赦されて戒め(魔術)が解けて自由になるというもの。
プロスペローは最後に観客に向かって言います。                         「皆様の拍手の力で私の戒めをお解き下さい」と。
これがエイヴォンの白鳥といわれるシェイクスピアの最後のメッセージだったのかなと思うこの頃です。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.03/12 21:25分 
  • [編集]

鍵と 鍵盤 

こんにちは
ここで教皇の紋章が張られたのを見て、
実は、何故?

教皇の紋章が今?張られたのかしら?
と、思って、(確かに、法王の退位という事なんでしょyけど、、形而上世界の意図は、そのように 見えるように事が展開していく、長い途上の根底に流れる、、方向うセンスを読み取る、、という事なんですよね。)、、

、ピアノの鍵盤の 鍵<けん>は鍵<かぎ>と音として放つのが不思議ですよねぇぇ?と思って

「どこかで、見た事があるなぁぁ~、、、」
イエ、教皇の紋章は、こういう紋章なのかぁぁと思って見ているのですが、
知りませんでした。

でも鍵が二つこのように、Xにクロスされているを見てると
、違う空間で見たような、、、丁度同じ時期
パリに仕事にきている友人(日本人)が、電話かけてきて、世間話をしたのですが、彼女が「クリュ二―美術館見てきたわ!」と話すので、
「何故?」パリのクリュ二ー美術館なのかしら?
と思ってるのですよね?

懐疑論者ですから、何から、何まで、原因、理由(因果)causalite因果律、原因性ばかり無意識に探している自分がいるのですよね、、、

実は、クリュニー美術館に行った時あまり ピンとこない 美術館だった記憶があり(何故か当時行ってがっかりしたという記憶があり)、もっと面白い美術館他にあるのではないかしら?と思ったのです。

でもわたしが行ったのは随分昔の記憶だから、そのような自分の体験で得た感想は一切話さず大概、「ふぅうう~ん」と聞いているだけなんですね。

それに、皆が同じ感想を持つとも限らないですし、きっと今度行けば、面白い発見があるかも知れないですし、過去の 感情や記憶って中てに出来ないですね。

時間の存在の意味が観えない接し方すると人間世界では、どんどん閉塞世界を自分で知らずに創っていると思うのですね。、、、何の為に未来に向かって新しい人<既に遇っている?>と知らずに知り合いになる機会が訪れるのか?分りませんから、、、

今日、ヴァチカンコンクラーブの話していて、ハ!と思い出しました。
そうなんですよ。クリュ二ー修道院がブルゴーニュ地方にクリュニーという場所にあるんです。

、ベネディクト会修道院があった場所の村の名前がクリュニーです
以下WIKIから抜粋
フランス・ブルゴーニュ地方のソーヌ=エ=ロワール県・クリュニーに909年9月11日(910年とする説もある)、アキテーヌ公ギヨーム1世により創建されフランス革命まで存続したベネディクト会修道院である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%BC%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2
以下は、フランス語の説明ですが、フランス語のには、クリュニー修道院の 紋章があります。これが、ヴァチカンの教皇の紋章にすごく似ているのですよね。鍵が二つ、この字Xに重ねるのを、アンドレの十字架と呼ぶのですが、イエスは、十字の磔ですが、アンドレは X字の磔だったとされています。このX=10として数式に現すのですよね。
http://fr.wikipedia.org/wiki/Abbaye_de_Cluny
ベネディクト会修道院が クリュニーにある事、すっかり忘れてました。しかもその場所は、フランスの レジスタントが隠れ蓑として 隠遁していた場所で、ミッテラン前大統領と、同じくレジスタントだったダニエル夫人の出会いの場とされています。
当時フランスの左派の中核をなす、レジスタント達の歴史上で重要な意味を持つ場所だったんですよね。このクリュニーで、2011年11月22日に亡くなられた ダニエル夫人の葬儀がありテレビのニュースで放映されたのを思いだしました。ミッテラン前大統領のお墓は、御先祖様の 土地に帰られたけど、ダニエル夫人は、遺言により、レジスタンの地のクリュニー修道院で、葬儀が行なわれたのですよね。ダニエル夫人は、国連の諮問機関にもなっている、フランス自由という財団法人の立役者なのですが、ミッテラン前大統領とは死後離れ、レジスタンス達の思い出の場所、自由闘志の休む場所にクリュニーを選びました。クリュニー修道院の紋章が、教皇紋章に類似しているのは、今知りました。

ヴァチカンも形而上世界での魂の自由という 希求運動にどのように 対処しなければならなくなるのか?熟考しなければならないという事でしょうね。再婚者との間に子供が生まれ、子供達は、必ずしも同じ両親ではない兄弟と一緒に日常生活をするという家庭内の 環境が普通になる 途上において、自他共存は、実生活での生活になっているのですよね。
そういえば、ロアール地方の 女性一人の出産率が一番高く2,1と いうニュースを聞きました。出産率にしては、アイルランド抜き、ヨーロッパでは一番高いそうですが、、、実は、このロアール河、歴史を生ます場所であろうと感じます。土地の産物って、波動があるんですよね。土地の産物食べてる地方の人間に類似の思考の導き方や性格がうまれるのは、結局、食べてるものかな?と思ったり、、、、神さまのなぞなぞの謎解きするのも 面白いです。

以下WIKIから転記です
フランス自由=ダニエル・ミッテラン財団フランス自由=ダニエル・ミッテラン財団(仏:France libertés - Fondation Danielle Mitterrand))は、フランスにおける財団法人の一つ。本部はパリにある。
フランス国内では公益協会として公認されているが、1991年から国際連合の諮問機関としても公認されている。重要の課題は水や教育、及び民主主義の復活などである。活動家は5,000人と言う。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/13 18:49分 
  • [編集]

アルゼンチン 

あぁぁ、びっくりしました。
フランシスコ新教皇がアルゼンチン出ですから、どうしてなのか?
不思議で、フランスにアルゼンチンという名前の村があるんですよね。しかも十字を県旗にする サヴォア県内に。

日本にある 村の名前が、ユーゴスラビアとか、アルゼンチンだとか、あるいは、マニラとか、呼ばれる村があると、変に思いませんか?

小さな村なのですが、やっと時間つくって訪ねてきました。
びっくりしたのは、村役所の前に、村の戦没者の名前の石碑<これは、どこの村にもあり、11月11日戦没者弔いの日に献花される>があるのですが、その横に、1935年から1945年までのvictime de Nazismeヴィクティム デゥ ナティズム
ナチズムの犠牲者
と彫られていて、30名程、名前が載っていました。

コレだったんですね・・・ナンでしょ?ユダヤ人の隠れ村だったのかしら?

2010年の年末に 何故か?ヒロシマの原爆平和公園に 同行者ダヴィッドに連れられて行った時も、ヒロシマ市内歩いて思いましたが・・・・戦没者も、原爆被害者の 霊をなんとか、逝くべき場所へ、導いて欲しいと思うのですね。
何度も 呼ばれますから・・・その度に成仏を祈りますが・・・・

どうしたら良いのでしょう?・・・思います・・・死者の霊も生者の霊も、呼応しあってしまいますから・・・

もう少し、どうしたら良いのか?考えてみます。

marisolさん

白山行かれましたよね?戦没者の霊は、やっと少しずつ白山に向って浄化されつつあるかも知れません。
わたし個人の知覚ですので、確信は出来ないのですが、
鹿島、諏訪、そして白山の道順と考えると、納得がいくのですよ。
それには、やはり 昭和天皇のご説得が、「お役目ご苦労様です」というご本人から 話して頂かないと・・・・

ルバング島に 30年以上潜伏していた旧日本軍小野田さん。捜索しにきた家族の声は聞こえても見つからないように隠れていたといいますよね。 ?数年間の 捜索で、やっとの事で、羽田に降りて来られた小野田さんの 姿を記憶されてる方も多いと思いますが、・・・・やはり、信じられていた上司や昭和天皇から直接 お役目を解放させていただかないと・・・・

現世の 人間が一生懸命神社仏閣に足を運んでも、無駄とは思わないのですが、正直、限界をわたしは感じていました。祈りが通じないというより、コミュニケート層が持てないのですよね。
時間が必要なんでしょうか?

とりあえず、わたくし個人の感覚ですが、死者達の事なので、存在させる為、決して一人ぽっちではない事を分かってもらう為、私達は決して忘れていないという事を彼らに分かって頂きたく、そしてそのようなコミュニケートを分かって頂ける為に述べてみました。

戦没者の方々の霊が 早く安眠されるよう、・・・・・心から合掌




  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.04/30 03:52分 
  • [編集]

千春さんへ 

突然横レスですみません。でも少しだけ。

> 現世の 人間が一生懸命神社仏閣に足を運んでも、無駄とは思わないのですが、
> 正直、限界をわたしは感じていました。
> 祈りが通じないというより、コミュニケート層が持てないのですよね。
> 時間が必要なんでしょうか?

小野田少尉の話がありましたが、彼に日本への帰国を決意させたことに
深く関わった人物に鈴木紀夫氏という方がおられます。
当時の「戦後日本」の代表のような旅行青年であった鈴木氏と
戦前、軍国主義の価値観で生きる小野田氏との出会い。
ですが、この二人の間には奇妙な友情が生まれ
結果、現地へ捜索に来た家族の声さえ無視した小野田氏が
初めて「上官命令であれば帰国する」と譲歩の姿勢をみせます。
そして、実際の上官からの任務解除命令という形式を踏んで
ようやく彼は日本への帰国を果たすのです。

このエピソードのように、凝り固まってしまった魂には
時間よりも、新しい風を呼ぶ存在や、ある種のククリヒメのような存在が
必要となる場合もあるのではないでしょうか。

http://barbare.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-c2e1.html
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2013.04/30 19:12分 
  • [編集]

同じく横からで失礼いたします 

Hollyさん、小野田少尉と鈴木青年…良い話ですね。

ルバング島で戦死した親族がいます。
出兵する直前に仲間から寄せられた、花向けの言葉…。
それを綴った日誌が、時を経て私の手に残りました。
死を前にした戦友の澄みきったまなざしと、
日本人としての礼節の素晴らしさが、伝わる日誌です。

手元に保管するにはあまりに重い言葉の数々。
戦争を知らない子供たちが大勢を占める昨今、
むごたらしい戦争を考える資料として活用して頂くべく、
教育委員会に掛け合いました。

堺の生んだ歌人、与謝野晶子は
「君死に給うことなかれ」と詠みました。
この混声合唱曲に近々、団で取り組みます。
曲を演奏するにあたり自戒していることがあります。

平和で言論の自由が保障されている時代に、
反戦を声高らかに歌うことは容易です。
世が戦さへと向かう高揚したあの時代、
果たして自分は晶子さんのように発言できたかどうか…。

「君死に給うことなかれ」は、
これを自分に問いながら歌う歌と認識します。
自分の軸を持ち続けることは至難です。

ひとつひとつ、蟻の一歩でも、
より良い世界に歩を進めたいですね。
それが、戦没者の供養になると思います。
千春さん、Hollyさん、
考えさせられるお話をありがとうございました。
こんな場を提供して下さるいやさかの木様に感謝致します。
  • posted by Diva 
  • URL 
  • 2013.04/30 23:21分 
  • [編集]

千春さま 

千春さんの仰ること分かります。
魂も一柱なら説得(コミュニケート)もできましょうが、戦没者の数はあまりにも膨大ですから。呪縛を解くには通りすがりの者の説得よりも“鶴の一声”が最も有効ですね。
ところで、靖国について一言コメントしようと思ってもUPする前に消えてしまうのですよ。私も安倍首相が硫黄島に行ったのを見てフト書いただけで思索が深まっておりませんから、これ以上の言及は今は止しておきます。首相の飛行機が引き返したのは魂に呼応したのではなく、あの辺の海底火山が呼んだのかもしれませんし。首相が訪問して間もなく三宅島群発、鳥島M6.7発生がちょっと気になります。本人の思惑はどうあれ首相という立場は大きな柱の一つですから。

>鹿島、諏訪、そして白山の道順と考えると、納得がいくのですよ。
死者の魂の導かれる道筋のことでしょうか?千春さんの感ずるところをお聞かせ願いたいものです。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.05/01 01:50分 
  • [編集]

心 

HollyさまDivaさまmarisolさま

沢山の 興味深い情報やご考察、思い出を聞かせていただいてどうもありがとうございます。

読ませていただいて心温かくなりました。

marisolさん、鹿島、諏訪 白山へむかう方向つまり、日本の龍脈とフォッサマグナといった、地質と、歴史が展開する方向性、そして神話の内容、そしてわたしも含め、人々の話や体験や霊的体験に至るまで、総合的に見るとやっと死者の魂の浄化が、はじまっているんじゃないか?と思われるのです。
東北震災の一ヵ月後、つまり4月11日に鹿島の海岸に、陸前高田の諏訪神社から漂流してきたお札、鹿島の氏子さんに見つかって、無事諏訪大社に帰ったという話しはご存知ですか?そのような細かいエレメントが色々なのです。

共通体験や共通エレメントを持つ体験をする。わたしだけでなく、あかの他人と思える他の人も同時期に同じような体験をしている・・・という感じです。
そして、山の存在・・・何故?海ではなく、死者の浄化は山に帰るのか?
よく観えないのだけど、とにかく白山という暗号があちこちに散らばって気付かせるという感じなのです。オタマジャクシの 事、♪ 音符と呼びますが、音符も色々あるのですが、・・・♪ は、八分音符なんですよね。
八なんです。前に、白山にオタマジャクシが空から降ってきた話ししましたが、自分では「8が白山の空から降って来るのねぇぇ」・・・という感じでマジに書いているのです。

これくらいしか説明出来ないのですが・。もう少し時間をかけて 熟考してみます。

どちらにしても死者の存在無しには、生者は生きられません。言い換えると、生者の存在なしには、死者も存在出来ません。
ですから、死者の存在を忘れかけると、必ず働きかけてきますと思います。

鈴木さんの事もNETで調べてみました。私見ですが、まるで、小野田さんを救出する為にこの世に生まれてきたような存在に思えます。小野田氏のヴィデオに、鈴木さんとの最初のコンタクトのきっかけを説明してあるのですが、「アッケラカンとして」と述べているんですね。
多分、人を脅かさない、それが自然体であったというような事でしょう。
ここなんですよね。人と人の間の壁を取り払えるのは、神がかり的な力に思えます。
不安や恐怖を感じた地点で、人間って返って自己保存の為に造り顔で笑ったりするのですよね。これが一番いけない!(笑)<心の不安を隠さないとならなくなる。つまり自然ではない、自分の心に偽った立ち振舞いをするのですよね>
自然の中で生活した小野田さんが身につけた洞察力というか、鈴木さんを一瞬にイノサンinnocent<無罪の、無垢な、純潔な、無邪気な>の人間であると判断する。そして30年知らない人間に一切近づかなかった小野田氏が初めて鈴木さんに近づく・・・・・この時何が?小野田氏の心に縁起の力が生じたのか?二人の最初の一歩<接近>の場が、はずみで、悪い結果を引き起こす事は十分考えられるんですけどね・・・・これは、反って家族でなくてよかったかもしれません。
血縁ってある意味、一生修正出来ない悲惨な事が生じたり引きずってしまったりするんですね。
反対に全く関係ないあかの他人の方が接近出来る安心させる雰囲気を持っているのですよね。ここに、未来に関係させられる他者の存在の威力(意味、意義)があるように思います。

YOUTUBEで少しその当時の 様子を見て見ました。小野田少尉の記録だけを探したかったのだけど、、これしか見つからないです。
ご覧になられた方の中には「どうして、このYOUTUBEは最初に君が代を流さないとならないの?」という疑問を抱く方も当然いらっしゃるのは、精神、心理分析上十分周知ですが、短時間で纏めてあるのは、これしか見つからなかった・・・という事を、一応書きとめておきたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=ZcFbQbs-Cg0

http://www.youtube.com/watch?v=DcoAjveNmyw

靖国の問題も、日本語の 言葉の語源を分析しながら、理解や納得出来る考察をしてみたいと思います。
どうも、言葉の表象をなぞるだけの、心情摩擦をうむ、不毛な会話になり勝ちな 原因は、何処にあるのか?
と、ただ難しい言葉だけを一方的に放つという事ではなく、心を持つ人間であるという 心を感じ取りながら、話さないと、ならないと思うのです。 例えば、降霊という手段で、降りてきた、昔の軍人さんの霊と話す時も同じに思えます。結局、この世での、会話力やコミュにケート能力も同じで、愛情を持って心と話せば、必ず分かってくれる・・・孤立してしまっている 魂も 寂しさゆえ、愛情を求めるが故の結果、表現の不器用さによるのでしょう。・・・オプティミストでなければやってられませんけど・・・
^^
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/01 23:02分 
  • [編集]

音素 

音の存在を考えます。
そして、音の放たれる 意味です。

音の意味によって、死者達は、何か?伝えてきているのではないか?という自分の推測なんです。

例えば、白山、これは、白い山という意味ですよね。

フランス語の モンブランで、書き方は、mont blanc

モン=山 で ブラン=白です

キューリー夫人の亡くなった場所は、十字架を県旗にする オートサヴォア県にある、モンブラン山脈が真正面に見える、プラトーデゥ、ダッシーという 小さな村にある 終末医療専門の 今はホスピスです。
白い山モンブランは、イタリアとフランスを国境境にあるんですね。

お経の本はインドの 原本 サンスクリット語で、書かれた本を、音写、漢訳されていますね。

サンスクリット語とラテン語の 類似を みつけ、言語起源について、インド、ヨーロッパ言語の問題定義を学会に発表した、言語論者、ソシュールというスイスジュネーブの学者を出した家系に、モンブラン登頂に関与した、ソシュール、オラスがいます。
WIKIから転記
登頂日は、
1786年8月8日、水晶取りのen:ジャック・バルマとen:ミッシェル=ガブリエル・パッカールが、初めてモンブランの登頂に成功した。この登山は近代登山の創始者といわれる、オラス=ベネディクト・ド・ソシュールの主導のもとに行なわれ、これが成功した要因の一つであるとされる。

山を登頂する意味とは?
と考えると、

「NIITAKAYANOBORE 1208」のニイタカ山という音素は、当時明治天皇が富士山より高い台湾の 山3952メートルの山の事なんですよね。何故?NIITAKAYAMAという音素にピンくるのか?・・・・という同民族の音への反応や呼応なんです。

WIKIでニイタカヤマを引くと、
「日本統治時代には明治天皇により富士山よりも高い「新しい日本最高峰」の意味で新高山と名づけられた。しかし皮肉にも台湾で最も遅くまで日本に抵抗したのは新高山の周囲に住むブヌン族の「郡蕃」と呼ばれる一群であり、新高山南面の荖濃渓上流部は1933年になってようやく日本の実質統治下に入ったが、1932年には南方の大関山駐在所が襲撃され、日本人警察官3名が殺害された(大関山事件)。」と載っています。
そして、これも不思議なめぐり合わせですが、ニイタカ山の初登頂は、日本人で1900年の4月1日、鳥居 さんという苗字なんですよね。ですので、鳥居さんという苗字の人が 山の頂上を踏むという垂直世界事<DNAの螺旋を登る>と、テリトワールを広げるという平面世界の出来事は2重映しかも知れません。
以下は、ニイタカ山の WIKIに書かれている、呼び方、音素も載せます。
玉山(ぎょくざん、ユイシャン、ピンイン:Yù Shān、ウェード式:Yü Shan)、旧称新高山(にいたかやま)・モリソン山(Mt Morrison)は、台湾のほぼ中央部に位置する山。標高は3,952mと台湾で最も標高が高い。周囲は台湾自然生態保護区となっている。また1985年4月6日には玉山を中心とした約10万haの範囲が玉山国家公園に指定されている。

小野田氏をルバング島に行って、救助の役目を果たした。鈴木さん・この方は、 パンダと 雪男と小野田さんを 見つける事が夢だったそうですね。鈴木紀夫さんという冒険家。

小野田さんを救出した後は、雪男にあう為に、ヒマラヤ、 ダウラギリに 行き、消息を絶ったそうです。38歳の他界だったんですね。

ちなみに、チベット、中国の山の名前は、ほとんど、サンスクリット語で呼ばれますが、ダウラギリ8167メートル

世界で、7番目に高い山だそうです。

ダウラギリのサンスクリット語の意味も、「 白い山」なんです。

死後の霊達が帰る山なのか?他にも色々あるのですよね。

現実の人達が死に場所を選んで入院したりその山登ったりしているのではないのでしょうけど・・・・・なんというか・・・・本当に不思議に思うのです。YOUTUBE見られるとわかりますが、日本のニュースで流れた小野田さんの、日本へ帰る前日のインタビューは、3月11日だったんですね。全て、繫がっていて、絵巻物語のようなんですよね。

以下の小野田さんの本を読んだ感想らしい。靖国についての存在も書かれてありましたブログをはりますので。ご興味があれば、お考えの参考にして下さい・
http://bewithgods.ddo.jp/hope/japan/05.html
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/02 00:30分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/285-d554040b

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム