神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

神スポ・十月十日の88


今回はスポーツネタで。略して神スポ。

☆艮のノボプロジェクト

2010年、ノボプロジェクト。
2011年、翼などいらない。
2012年、JRA補完計画。
いずれも発信元は日本中央競馬会。JRAだ。

ノボプロジェクトは馬名で、新しいプロジェクトという意味。
2010年1月11日の新馬戦で史上最多9頭の落馬事故をひきおこし、破壊の事象数【9】の先陣をきった。翌年3月11日には、あのM9の大震災が発生している。

ノボプロジェクトが後蹴りで転倒させた馬はフォルメン。フォルメンがつまづき、後続8頭が次々と落馬した。
 ※レース映像⇒http://www.youtube.com/watch?v=FF3E5mJjVSA

フォルメンはシュタイナー教育の用語で、「もののカタチ」を意味する。
いま僕らの目の前でくりひろげられている事象数【9】のさまざまな破壊のカタチは、どれも僕らへの教育プロジェクトだというのだろうか。
だとすれば、CMで連呼される予備校講師の名文句もまた、プロジェクトサイドからのメッセージかもしれない。

「いつ気づくのか。いまでしょ!」

2010年は諏訪大社御柱祭の年だった。
1月1日には「cross22」の生駒山に大陽柱が出現している。
僕らにとっての御柱とは、内なる「火と水の十字」である。
1月11日の9頭落馬事故は、僕らの十字が失格と見なされ、あらたな「9の破壊」プロジェクトが開始されたことを教えていたのかもしれない。
1着失格となったノボプロジェクトのゼッケンは10番。「十」だ。
くり上がりで1着になったのは、11番デプラータ。2着が13番トウカイシエロ。
おどろいたことにこの組合せは、「3・11」の黒幕の正体を教えている。
偶然とはとても思えない。
デ・プラータは、「銀の」。シエロは、「天空」や「神」を意味する。ふたつをあわせると、銀の神。おわかりだと思う。銀は金に艮。
「艮の金神」である。

艮の金神による、「9」の破壊的ノボプロジェクトはいまもつづいている。
去年の笹子トンネル事故の犠牲者も、9人だった。
上のレース映像をチェックしてみてほしい。すさまじい落馬事故だ。にもかかわらず、骨折の重傷はたったひとり。ほかの人馬はかすりキズだ。
こういう場合、えてして「この人を見よ」ってサインである。そしてその人こそ、筑紫(294)の事象ジョッキーこと内田博幸騎手。暮れの有馬記念を「13ゲート」で勝って三冠を達成した、あのゴールドシップ(=金神の船)のジョッキーなのだ。
 こちら⇒ 『双子の自爆装置(3)』  

じつは内田騎手、2011年5月11日のトゥインクルレースでも謎の落馬で重傷を負っている。
これもしかるべき事故だったんだろう。なんせ住吉大社1800年記念大祭の前夜である。
埼玉の如意でおきた住吉夫婦の火災事故が、大津波とカグツチを予告したのは、ノボプロジェクトからちょうどひと月後の2010年2月11日。
埼玉の如意=如意玉。如意珠とは、大津波をおこす海神の潮満・潮干玉のことだ。
1月11日の艮の金神と2月11日の住吉の事象は補完関係にあり、ともに「3・11」を示す。
住吉大神は航海神であり、船神。これに金神をプラスすると、ゴールドシップになる。
ゴールドシップに内田騎手が騎乗することは、あらかじめ決まっていたのかもしれない。
初騎乗は2012年2月12日の共同通信杯。
共同ってとこがミソだ。
この年の12月12日、キタ~の金正恩が衛星ロケットを打ち上げ、米国を射程にいれる。
核実験を強行したのはことし13年の2月12日。
もちろん偶然の一致じゃないだろう。
北朝鮮もまた、艮のノボプロジェクトに組みこまれているのだから。

ちなみにトウカイ・シエロの冠名は、馬主の会社名で東海のこと。
11番と13番は、2011年と2013年(東海?)を暗示してるようで、ちとブキミなんだよね。

気流の関係だろうが、最近東海南方沖によく筋状の雲がかかるのが気になってる。
2013.3.3.7.15衛星画像

富士山とキタ~の自爆装置は事象連動する可能性がある。
7日の国連決議と11日の米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」に対する力学的反応が気になるところだ。
休養中のゴールドシップは、17日の阪神大賞典から始動する。


☆気づきの大地

2011年の「翼などいらない」は、大震災で復活したごぞんじ“大洗のオオナムチ”の決意表明。わが日本再占領計画には、「天などいらない。翼なんかいらない」宣言である。
じっさい日本再生の翼として颯爽とデビューしたB787は、いま原因不明のバッテリートラブルで運航停止、生産中止に追いこまれている。
去年JALの東証1部再上場にいいコメントしなかったのも、出雲88事象の再生とはそういうんじゃないだろうって思いがあったからだ。

大物主としてのオオナムチは、地上の国つ神々のトップに君臨する。シンボルはことしの干支ヘビ。地を這うヘビに翼はいらない。
ヘビは大地母神の神使であり、オオナムチの意志は母なる大地と通じている。
3月8日、大震災からの2年間で列島が東に88cmズレたと国土地理院(茨城県つくば市)が発表した。まさに日本再占領計画の成果であり、証明といえる。
僕のわけのわからん説明より(笑)、こうしたニュースにオオナムチの鬼のような決意をくみとっていただければありがたい。

オオナムチの出雲大社は、別名「杵築大社」。気づき大社だ。
気づきとは、学び。それが「いまでしょ!」ってことでもあるんだろう。
もちろん僕にはオオナムチの真意も、プロジェクトの全貌もわからない。
ただいえるのは、M9の巨大地震も大津波も、放射能汚染も領土問題も、さらにはTPPも、すべては僕らの目を故郷の大地に向けさせるためにあるということ。
これからどんなに逆説的な事象がおきても、オオナムチは母なる大地のために動いてる、もっというなら地球のために動いてるのだという視点を忘れてはいけない。

僕らの御柱(火と水の十字)が再生の木にいたるには、大地にしっかりとはった根が必要だ。
根の国の「根」は、艮(うしとら)の木と書く。艮の木とは、常世(とこよ)の木。常世橘である。
「常世橘」がはっきりと事象に示されたときこそ、国常立尊(クニトコタチ)が示した常世の道へと通じる僕らの再生がはじまるのだ。

根の国のネには、北という意味もある。
「北」や「北の国」のワードで示される事象は、根の動きである。
原発銀座の福井県は、ホツマツタヱではネの国。
北朝鮮もまた、北のネの国。
僕らの根っこは核に侵されている。
僕らが再生の根をはるためには、どうしても核を克服しなければならないわけだ。

双子の自爆装置の野田政権がよりにもよってオバマ湾の大飯原発を再稼動したのは、「核兵器なき世界」宣言のオバマ大統領に核の平和利用の矛盾を突きつけるため。
野田総理がセッティングした「型」を、双子のかたわれ金正恩が実行する。
北朝鮮は、あの宣言の矛盾そのものだ。
その矛盾の脅威に、いまオバマ政権はさらされている。さあどうする?

まあようするに僕らはフクシマだけじゃ気づけなかったわけだし、気づかせるには次の手を打つしかない。
首相官邸の大飯原発再稼動決定と同時に、6月15日、あらたなプロジェクトがスタートしている。
それが、「JRA補完計画」だ。サブタイトルは、馬の戦い、人の戦い。
説明するまでもないと思う。「使徒」の『エヴァンゲリオン』である。


☆キーリゾブルとコンクラーベの鍵

補完計画とは、東日本大震災とフクシマを補完する「火のミソギとヒルコ出産」のことだろう。
じつは「3・11」には、すでにヒルコ出産の「型」が表現されている。
たとえば「竹の世の子」のワードは、宮城県岩沼市の竹駒神社に見ることができる。祭神はワクムスビ。日月神示がおりた麻賀多神社の神でもある。
ワクムスビはイザナミが遺した次世代への再生の神であり、はじまり(Α・アルパ)の子という意味でヒルコと共通する。ヒルコ出産が次の時代(水の時代)のはじまりになると思う。
しかもこのワクムスビ、竹馬にのった童子の姿で顕現している。あの大震災は竹駒神社の東方沖を震源として発生した。つまり竹の童子はすでに出産ずみなわけだ。

だが残念ながら補完計画は開始され、「竹の世の子」を予告する笹子トンネルの事故がおきてしまった。「9」と「天井崩落」を示したあの事故が、「3・11」の九段会館と対応してるのはまちがいない。九段会館の天井崩落が示し近代の終焉とは逆方向に、僕らはいまだ動いているのだ。夢よふたたびとばかりに...。

さて、「使徒」といえばキリストの12使徒。
金正恩体制のロケット花火打ち上げは2012年12月12日、核実験強行はことし2月12日。
9ちゃまはシトか?

内田博幸騎手のゴールドシップは、金正恩体制と連動する事象馬。
一方の内田騎手のバックボーンは、筑後国一宮の高良大社。とくに九州王朝説の方にとっては、そのスゴ味がおわかりいただけるかと思う。
「294の道」のゴールドシップ(金神の船)の手綱は、筑紫(294)が握っている。
2月25日、菅原道真の命日。筑紫の博多湾に3つの太陽が出現した。幻日現象だ。幻日は、映し日。宇都志日(うつしひ)といえば、宇都志日金析命。筒之男三神の住吉大神である。
いま北朝鮮のバックには、筑紫大宰府の「白紙の道真」がいる。住吉大神は朝鮮半島南部に影響力をもつ。いまの韓国だ。
12月1日に熱田神宮の一之御前神社(天照大神荒魂)の封印がとかれたのも、じつはこれにからんでくる。
もし博多湾の幻日が住吉とともに天照大神の荒魂をあらわすなら、朝鮮半島はかなりヤバいし、警固断層の直下型にも備える必要があるかもしれない。
3月13日には、全国の先陣をきって福岡で「桜」が開花した。エネルギーがあがっている?
もちろん吉兆であることを祈るが。。。

カグツチ出産(フクシマ)に対応するヒルコ出産は核戦争だが、現実には考えにくい...と去年書いた。だがじっさいにはいま、北朝鮮が「核戦争」を平気で口にする状況になっている。
しかも、3月7日の国連の制裁決議採択につづき、3月11日から米韓合同軍事演習がはじまっている。
よりにもよって「3・11」だ。トモダチ作戦としか思えないよね。
コードネームの「キーリゾブル」は、解決の鍵。
一方、3月12日からはじまったコンクラーベの意味は、鍵とともに。
これもトモダチ作戦?

いずれにしろ、僕らはいままさに「鍵」となる時期にいるようだ。


☆本命はタークソン枢機卿?

3月3日の弥生賞で、内田騎手は8番カミノタサハラに騎乗して勝利した。2着は4枠4番のミヤジタイガ。カミノハラだし、カミノミヤの語呂あわせ。タイガは大河ドラマ(笑)。いやじっさい前日メインレースで八重の「桜」も勝ってるし。サクラゴスペルだ。
じつは3月2日と3日の3場メイン計6レースで、とてもおもしろいことがおきた。うち4レースで4枠(青枠)が連対したのだ。
前回の記事でコンクラーベに注目と書いた。2月28日のローマ法王ベネディクト16世の退位にともない、新法王を選出するコンクラーベがはじまっている。
そのコンクラーベとホワイトピルグリム(白い巡礼者)の馬名が、メインのひとつで4枠に配置された。もろキリスト教枠だ。これは馬券にならなかったが、他で4枠がくるという時事ネタサインである。ではもうひとつのレースで4枠がこなかったのはなぜか。シオン(ユダヤ教)がいたからだ。
JRAはたまにこういうお遊びをする。なのでたま~にちとおいしい思いをする。

いやだいじなのはここからである。
弥生賞というのは♂馬の登竜門で、♀馬の登竜門がチューリップ賞。弥生賞ではカミノミヤ(バチカン大聖堂)が表現され、対するチューリップ賞で勝ったのは武豊騎手の7番クロフネサプライズ。2着は13番ウインプリメーラ(最高の勝利)。
つまりこの陰陽の重賞レースが語るのは、バチカンの最高の勝利とはクロのサプライズだということ。
サクラゴスペルも、黒人霊歌だよね。ブービー人気の白い巡礼者は、もちろん馬群に沈んだ。
これはいったいどういう意味なんだろうと、コンクラーベと黒人で検索してみておどろいた。
“黒人ローマ法王推挙する偽選挙ポスター出回る、伊ローマ”AFP=時事3月4日配信
いたんだねぇ! ガーナ出身の枢機卿が。知らなかったよ。
8番カミノタサハラと同枠にいたのは、7番ヘミングウェイ。代表作はキリマンジャロの雪。武器よさらば。
キリマンジャロはアフリカの最高峰だし、ガーナのタークソン枢機卿は、カトリック正義と平和協議会の現議長だそうだ。

そういえばアルジェリア人質事件とおなじ1月16日の芥川賞は、黒田夏子さん。
福岡は黒田五十二万石だし、2月25日に内定された日銀総裁も、白川から黒田に代わる。
システィーナ礼拝堂の煙突の煙が黒から白へと変わるとき、この白から黒へのワードはシン黒するんだろうか。

コンクラーベの本命は、ピーター・タークソン枢機卿。
僕の予想じゃない。JRA、日本中央競馬会の予言である(笑)。


☆十月十日の88子(ややこ)

天(ア)は9。九星(コホシ)。
地(ワ)は11。室十一神(ムロソヒカミ)。
それぞれ大嘗祭の悠紀殿と主基殿に祀られた神だという。

「ア」は父。「ワ」は母。
2009年の侍ジャパンと、2011年のなでしこジャパンの世界一で、天と地、父と母のカタが示された。
2013年は「ア」と「ワ」の赤ちゃん、「ヤヤ」のカタが示される年だと、当時書いた。
「ヤヤ」は「88」。
出雲88事象が世界展開しているのも、ほんとはヤヤの未来のためだ。

で、その「ヤヤ」のカタなんだけど、 まさかWBCじゃないだろと思ってたら、山本浩二監督の背番号を見てびっくらこいた。
「88」じゃけんのう。 ヒロシマだし。
なんで原監督の88継承すんだよ~、と疑問に思ってしらべたら、継承じゃなく、山本監督個人の趣味らしい。
いわく、「8は縁があるからね。なんとなく」

なんとなく「88」にすなぁ~

しかも、88番のユニホームにはじめて袖をとおした監督就任会見が、 去年の10月10日。
十月十日(とつきとうか)なのである。
つまり、山本監督の「88」はまさに「ヤヤ」ということ。

はっきりいって、今回の第3回WBCは、前の二回ほど国民は注目していない。
メジャーリーガーも、超大物もいない。
だれも優勝するとは思ってないだろうし、優勝したところで盛り上がりそうにない。
でも、事象的には「ヤヤ」のカタ。
天と地、父と母神の偉大さを僕らが継承できるかどうかは、 山本88侍ジャパンにかかってることになる。
たぶん...。

山本監督はいった。なんとなく88。
「なんとなく」は、「やや」「多少」。
つまり今回の侍ジャパンは、多少サムライ。やや、ジャパン。
まさに僕らの姿そのものではなかろうか(笑)。

おそらくキーワードは「翔」じゃないかな。
大谷翔平...もとい中田翔選手に注目している。

野球にぜんぜん興味のない方も、今回のなんとなく侍ジャパンを、多少応援してみてはどうだろう。
僕らの未来への「鍵」が、なにげに隠されてるかもしれないよ。


【追記】

3月18日、準決勝9回裏、一死一塁、一発出れば同点。
この大事な場面で、13番「翔」あえなく空振り。

「笑」。

11も13もダメじゃん。
やっぱ達してないんだねぇ。
僕ら、ややジャパン。

  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

サンピエトロ寺院のピエトロはイタリア語で、それはペトロであり、英語ならピーター。
なんかすごいめぐり合わせで、ゾクゾクしますね。
例のマラキ予言の最後112は、
「ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう ローマびとペトロ」
JRA予言とぴったり一致してますやん。

教皇の名前はどのように付くのかなと調べていたら
20世紀はベネディクト、ピウス、ヨハネの中からすべて選ばれているそうです。
ピウス13世ぐらいのお名前になるのでしょうか。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2013.03/14 00:29分 
  • [編集]

微笑み返し 

東京は神楽坂で火災発生。折しも関東地方は煙霧に暴風、砂塵を烽に駿馬(あを)が駆け抜けたか。
土の匂いはこの地が武蔵、穢土であったことを思い出させ、夜半の雨は月の下御祓を促すかのよう。

神楽坂から地下鉄東西線に乗れば、次の飯田橋には東京大神宮(伊勢)、その次九段下には靖国神社。レモン色の各駅停車で隣は水道橋(金比羅宮)、御茶ノ水(神田明神)、反対側市ヶ谷には江戸治水の将・太田道灌ゆかりの亀岡八幡宮と三島由紀夫割腹の防衛省。
さて、駒はどちらに向かうでしょう。
まさか、最寄りの牛込神楽坂から大江戸線で江戸一周?



  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.03/14 12:46分 
  • [編集]

神楽坂 追記 

神楽坂は、筑土神社のエリアです。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.03/14 12:48分 
  • [編集]

神スポ(笑)・デイリー版 

イタリア競馬は対抗馬が勝ちました。最高の勝利ではないものの、鳥も説教を聴きに来たというアッシジの聖フランチェスコの名を名乗るからにはスキャンダルまみれの現状から回心する決意はあるのでしょう。

さて、神スポ・デイリーです。
今朝は週イチ阪神西宮駅に赴く日だったのですが、用事を済ませて西宮神社に立ち寄ると何やら人だかりが。やにわに境内に六甲おろし♪が鳴り響き、阪神タイガースの選手が入場。どうやら今日はペナントレース前の必勝祈願の日だったのです。ルーキーの19番・藤浪投手が縦長!で印象に残りましたが、それ以外はコーチ陣はじめ締りがないというか・・・尻ポケットに手を突っ込んで参道歩くのはよしなさいっての。今日は寒の戻りで本当に六甲おろしが吹いていたのですが、全く颯爽たる風情はありませんでしたねぇ。。。これでも丑寅のトラなんだけど。何か変なものを見てしまった。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.03/14 13:13分 
  • [編集]

銀のデプラータ 

※ コンクラーベの本命は、ピーター・タークソン枢機卿。僕の予想じゃない。JRA、日本中央競馬会の予言である(笑)。

……いやさかの木様、惜しい!!新法王はアルゼンチンのホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿でしたね。

いやあ~、
冒頭で述べられた「新しいプロジェクト」が示したのは、繰り上がり1着になった11の「デプラータ」だったんだ!

新法王フランチェスコ一世のアルゼンチンという国を調べてみました。教科書で習った「ラ・プラタ川」が流れています。ラ・プラタ川とは銀の川。ラテン語の「銀」 Argentum に拠って、アルゼンチンとなったとあります。

私なんか単細胞なもんですから、競馬って行ったことも観たこともないんですけど
「おっ!プラータの銀~ アルゼンチンきたぁ~ \(^o^)/ 」
と拍手喝さいしてたかも。

しっかし、いろんな事象の中に、答えが潜んでいるものなんですね。「海、山へ行く」と津波の以前に書かれてた記事に、絶大な信頼をよせています。答えが出る前の発信って、とても勇気のいること。ある意味、今回も予見されたのですからスゴイ。(ちょっと、深読みしすぎでしたけどネ!?)

サン・フランシスコで暮らした時期がありました。
88鍵の伴奏で、西洋と東洋がクロスオーバーする「蝶々夫人」のアリアを学びました。当時、ガイジンに「あなたがた日本人はナゼ、神社にオマイリするのか」と問われたことがあります。日本人でありながら自国への深い理解を持ち合わせていなかった。

日本の文化や歴史のバックボーンが身に備わって初めて、尊敬され、人として認められ、、芸術が表現できると気付いたのは、サン・フランシスコの地でした。

こちらに集われる皆様は日本への造詣が深い…改めて敬意を表します。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/14 14:42分 
  • [編集]

カムイ、赤い跳ね馬へ。 

こんにちは。3/11に馬がらみでこんなニュースが飛び込んできました。

小林可夢偉、フェラーリとの契約を正式発表。今季はWEC参戦へ(オートスポーツweb) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130312-00000001-rcg-moto

日本のカムイ(神)、イタリアの暴れ馬を乗りこなしてもらいたいですね。
  • posted by エウレカ 
  • URL 
  • 2013.03/14 19:34分 
  • [編集]

平和の祈り 

新法王は欧州以外からは1300年ぶりでアメリカ大陸からは初めてということで、ある意味これは黒船来襲のようにも見えますね。
最高の勝利からは、いやさかの木様がオバマ氏再選の時に大統領が言った「最高の時代はこれからだ」と書かれていたことが思い出されましたが。

ところで新法王はイエズス会ということですが、この会の紋章には太陽が描かれているのですがその太陽がアルゼンチンの国旗に描かれている太陽と似ていて32本の光線があります。
アルゼンチンのものはインカ帝国の太陽神インティ。
日本の歌手のナオト・インティライミ(太陽の祭り)はこのインティからの名前です。8月15日三重県生まれで、柏レイソルのジュニアユースチームに所属していたこともあり柏レイソルを応援しています。Braveという曲は(サッカーなど)応援歌という感じがしますね。

個人的に紀伊が気になっていたので、バチカンと和歌山につながりがあるか検索すると高野町とアッシジが友好提携調印式があったと知り聖フランチェスコの平和の祈りを読んでいました。主よ私をあなたの平和の道具としてお使いください、で始まり赦すことで人は赦されるという一文もあります。先日のコメントで書いた時になんとなくこの部分が浮かんでいました。

超モンスターオロチとトゥーレ、そしてバランス鳥でいやさかの木様が
>ヤタガラスは神と人との境界のカラス。今回の役目は、2012→13年の橋渡しではないかと。
と書かれていましたが、何に導いていくのだろうと考えていたのですが例えば私が印象的に思うマリア・カラスの歌は平和を願い、平和を地に広めたまえのような内容でした。
今日、新法王の名前がフランチェスコⅠと知り、やはり平和への祈りへと向かっているように感じました。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.03/14 21:31分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

HNが英文字になったんですね。あれ?だれだろうと。

アルゼンチンの枢機卿でしたねぇ。
う~ん、おかしいなぁ(笑)
あえて避けたかもしれないですね。マラキの予言。

バチカンのことはよくわからないですが、
あたらしさと古さを兼ね備えた中庸の人選だったカンジがします。

アルゼンチンといえば、丹後。もしくは端午かなぁ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/14 23:06分 
  • [編集]

神様の謎解き 

小学生時代、そういえば、社会科の授業で世界の国旗を覚えなければならなくて、、
星条旗とか、ソ連、英国、ドイツ、フランス あたりは簡単に覚えるのですよね。オリンピックでよく見ますから、でも、日常メディアに頻繁に登場しない国々の国旗を覚えるのは大変でしょう?
今は、
昭和の時代から、もっと色々な小国が独立して、

オリンピック選手がつけてる国旗見ても、何処の国なのかしら?????と思わされる事しばしば、、、

でも、昔から、水色で金の太陽の国旗だけは、何故か?一度見たら、忘れなくて、、、、、
アルゼンチン?
マ、よくわからないけど、、、そのうち、サッカーが強い国だという事が分かってくる。

でも、それ以上、何か?惹かれるものがある訳ではないのに、、、あの国旗の模様が好きなのかしら?

小学生時代から、絶対忘れない国旗でした、、
理由がわからないのですよ。何故?苦労なく頭に メモリーされるのか?

一度見て、すぐ メモリーされる事と、何度見ても、一ヶ月後には忘れてしまう事、、
この違いって何でしょうね?苦労しないですぐ記憶する(出来る)、、反対に、その時は覚えても、日にちが経つと自然に忘れてしまう事の違い、、、そういう事はどうして生じるのか?考えるのですよね。

前置きが長くなりました。
アルゼンチンは日本語カタカナ音素を、スペイン語で放つと音素はどうなのかな?
昨日、新しく決まった、フランチェスコ一世枢機卿の初めての ご挨拶の言葉を聞いていて、なるほどねぇぇ、、と思わされました。

ピエモンテ地方は、SAVOIE公国の範囲で、北イタリア人というのは、南にくらべ、すごく、働き者が多いですし、堅信な信者が多い地方なのですよね。

昨日のサンピエール広場のバルコンでの
数分のご挨拶の言葉には、4回も、fraternitéフラテニテ兄弟愛、同胞愛、友愛という単語を放たれましたね。
この言葉の音素は非常に美しいのですよね。
音 というのは、 響音しないと、天空に届かないと思うのですね。
前から、十字を県旗にする、 SAVOIE県サヴォア県は、なんだか、神的な底力を感じる土地だと思うのです。県番号は、73です。波かな?

今の地図は、わかりにくいけど、歴史上の民族の動きがどうして、そのように動くのか?という底に流れる方向指示器を 直観するというか、、、、、川と山と、渓谷、、、ですから、1998年に何故?三本足のヤタチャン来たのかしら?と 不思議だったのです。

日本語のWIKIには、載っていないので、一応、英語のwIKI張っときますね、
フランスの サヴォア県の山奥に、アルゼンチンという名前の村が やはり存在していました。

思うに、目だな無い、人びとに気づかれない、分かる人にしか、分からない、、、

どうも、そういう 寂れた場所からの 発信に未来に向けての 大きな鍵が隠されているようなのですよね。
本当は、こういうところにも書かない方が良いんだけど、、(笑)

http://en.wikipedia.org/wiki/Argentine,_Savoie

http://fr.wikipedia.org/wiki/Argentine_(Savoie)

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/14 23:18分 
  • [編集]

古ノルド語 

法王の名前のBergoglioのbergはドイツ語で山の意味ですが、古ノルド語ではrockで岩の意味があります。
oglioはイタリアにこの名前の川があります。

marioの由来はmariusでマルスmarsかmaris(海)からきている説がありますが、mariaの男性型といわれることもあるようです。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.03/15 00:26分 
  • [編集]

Re: フランソワ一世 

へ~、エジプト展のトリノですか。

13日に、初イエズスに、初フランシスコに、初米大陸に、
欧州以外はシリアのグレゴリウス3世以来とか。
さしさわりなさげに見えて、けっこうおもしろいワードそろってるんですねぇ。

イエズス会といえばフランシスコ・ザビエル。
そういう意味では、
2008年11月24日のペトロ岐部と187殉教者の列福も千々石(橘)湾の地震も、
つまりナガサキって、なるほどここにつながってくるのかぁ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/15 01:50分 
  • [編集]

Re: 微笑み返し 


13は風であり、渦です。
その13の風が吹きましたね。

3月10日の煙霧にも意味がありそう。

神楽坂の火災の日、ちょうど仕事で巣鴨にいたんです。
地蔵尊の前を通りかかったら、サイレンがひびいて消防車が数台走っていきました。
たぶんあれ応援じゃないかな。
毘沙門天の裏側らしいですね。

秋葉原も九段会館も将門かんでますね。
馬のいくつく先はオリオンの馬頭星雲でしょうか。
いや、これじゃ諸星大二郎ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/15 02:13分 
  • [編集]

Re: 神スポ(笑)・デイリー版 

ブラザーサン・シスタームーンですね。

13日の初フランチェスコですから、期待できそうな。
現代文明という意味では、逆説的に出なければいいですけど。

>何か変なものを見てしまった。

笑。
そんなんじゃいつまでたってもだめっすよタイガース。
丑寅の年の真弓(住吉宮司と同姓)監督=艮&住吉コンビでもダメでしたからね。

藤浪には注目してますが。

冗談ですけど、
核戦争おこすより、阪神優勝させる方がはるかにヒルコパワー使うと思いますよ。
どうせなら、そっちに使ってほしい。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/15 02:34分 
  • [編集]

Re: 銀のデプラータ 

競馬も事象も、深読みは禁物なんですよね~。

結果が出る前にupしなきゃと急いでかなり無理して書いたのに(TT)

ラプラタ川、習いましたねぇ。なつかしいです。
アルゼンチンが銀とは知らなかった。
艮金なんだ。
艮金のブラザーサンシスタームーンなんですね。

DIVAさんが聖フランシスコで学んだことと、
19日にフランシスコ1世が即位して、これから僕らが学ぶことは、
もしかしたらつながってるのかもしれませんね。

JRAではなく(笑)、個人的には国番号55の未来世紀ブラジル枢機卿に目がいってました。

YMOが流行ったころ、坂本龍一は「日本人じゃない。世界市民だ」って意識を表に出してました。
いまはちがうようですけどね。
当時そういう文化人は多かった。それがかっこよく見えた。

ワンネスはおおいにけっこうだけど、
日本(自分)と向き合わずに世界市民(ワンネス)だっていってるのと、
自分(日本)と向き合ってなお世界市民(ワンネス)だというのでは、やっぱちがうと思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/15 04:02分 
  • [編集]

表記や読み方変わると別人みたい 

英語表記に変えることにしました。
お年頃なもんで意味のない気まぐれ気分的なものです。
若狭のお水送りのときは白の衣装なのに、奈良でお水取りの時には黒の衣装。
なんで白から黒に変わるのか、変えないといけないのか不思議でした。
いろいろ検索しましたがそれについて触れられたものにはまだであっていません。
それでこの記事エントリーにすぐに反応し、コンクラーベで発表されるまでにコミットしたい衝動にかられた次第です。
白から黒に変わる時期は、「今でしょう!」と。

2007年スペインのサンチャゴコンポステーラへ行った時にはじめて、サンチャゴがスペイン語表記で聖ヤコブだと知りました。
フランチェスコが英語だとフランシスコなんですね~
なんか呼び方変わると一見別人みたく勘違いしてしまいそう。
日本の学校で習う歴史でも一般教養としても混在してるのも問題ありですよね。

元々キリスト教に素養ないのでフランシスコ会を創立したのが、アッシジのフランチェスカだとは知りませんでした。
フランシスコ会はベネディクト派とは同じ方向であってもさらに厳しい戒律みたいなことをWikiでみました。
イエズス会のフランシスコザビエル、きっとイエズス会にもその流れは繋がってるのでしょうか。
イエズス会は「教皇の精鋭部隊」とも呼ばれたとこれもWikiで見ました。
フランチェスコ1世の教皇紋には太陽マークがシンボルとして入るのかな…
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2013.03/15 08:52分 
  • [編集]

宮崎アニメ 

宮崎アニメが 世界に普遍化するのも、サンテクジュペリに 、惹かれるという意味、存在している意味だとおもいます。(と言うより、本人がその様に語っていますが、)
サンテクジュペリは、イエズス会の学校出ていますし、、、

5世紀前、聖母被昇天の日、8月15日パリのモンマルトルの誓いによって、フランシスコ、ザヴィエル等、ヨーロッパの聖人7人が発起人です。

フランス人は一人だけですが、ファーブル、ピエールですが、後SAVOIEサヴォア公国出身です。
モン、マルトル、、という意味は、
マルトルは、殉教という意味ですから、「殉教の山」と放っているのが、「モンマルトル」、という音の意味です。
殉教者の 存在の意味を、忘れず、願いや希望をわすれてはいけないのでしょうね。

モンマルトルもパリの観光を訪れる観光動員数はなんだかすごい数字ですけど、、、、、あの白い聖堂の鐘の名前は、「サヴォア人」という名前の鐘です。

宮崎駿氏が、サンテクジュペリの生地や トュルーズの町を回ったり、紅の豚の アニメに使われた、トリノの飛行機会社が製造のサヴォイアS21をモデルにアニメを創ったり、「、何だかへんねぇぇぇ、、」とずーと、前から思っているのですよ。

どちらにしても、イエズス会の初代総長は、イグナチオ、で、ロヨラですから、命日<7月31日、聖人ロヨラの日>は、サンテクジュペリと同日です。サンテクジュペリの最後の飛行は、確かコルシカ島>離陸で、サヴォア、イゼール県の上空(空中)写真を撮るという、任命の為に飛び、そのまま、帰途地中海で消息たってしまいました。

アルファベット圏は、誕生と命日と分けて 現すのではなく、誕生日も命日も同じ一つの音素、アニヴェツサリーです。生死は同じ扱い<表現、言葉>という言語の仕組ではなすと、死を特別視しないとならなくなる、死を特別なものとして扱ってしまうという世界観はなかなか出来にくいのでしょう。死を特別、怖いものとして(表現する)、現す、、という事に、何の意味があるのか?という事なのだと思うのですね。

何故なら? わたし達自身、自分自身の問題だからであり、他人や他者の問題ではないからなのでしょう、、と思います。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/15 17:17分 
  • [編集]

Re: カムイ、赤い跳ね馬へ。 

へぇ、カムイがフェラーリですか。
F1じゃなくてもスゴいですね。

3月11日にカムイがイタリアと契約。
2月11日の法王退位発表、バチカンの雷と確実につながってますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/15 20:24分 
  • [編集]

Re: 平和の祈り 

>法王の名前のBergoglioのbergは古ノルド語ではrockで岩の意味

オバマ米大統領の「核なき世界」宣言が結果的にフクシマ(ヒロシマ)と対応したように、
新法王はナガサキと対応するのではないかと思っています。
そういった意味で、bergがペトロ岐部と「岩」対応してるのはおもしろいですね。
桜(太平洋戦争)と巌(君が代)の岩でもあるし。
筑紫(294)の福岡で13日に全国最初の開花宣言があったのも、これに関係します。

TPPも動き出しましたね。
事象は確実に、カグツチ=ヒロシマに対するヒルコ=ナガサキを表現する段階に入っています。
事象は表裏なんで、新法王がどういう役回りなのか予断は許しませんが、
フランチェスコがよい名まえであり、平和の祈りへとつながっていくのは、まちがいないと思いますよ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/15 21:32分 
  • [編集]

Re: 古ノルド語 

そうそう、書き忘れました。

09年5月13日の位山地震と連動してカザフスタンになぞの光る球体が2個落下して話題になりました。
そのカザフの国旗の太陽が、33の光。
今回は32の光。

いま「13」とともに「12」が表現されている。
たとえば北朝鮮のロケット発射は12年12月12日。核実験は2月12日。
コンクラーベがはじまったのも12日。13日に新法王が選出された。
ヤタガラスの黒。
「シンジ会えるよろこび」のパパ犬の白。
(うどん県香川があらわすのは、信じあった日本武尊と弟橘姫)

ヤタガラスは神武事象(カグツチ出産のフクシマ=ヒロシマ)の先導役。
日本武尊の先導役は白い犬。
これからナガサキ=ヒルコ出産を表現していくはずです。

12か13か。
白か黒か。
はっきりさせる時期にきているということでしょうか。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/15 21:50分 
  • [編集]

Re: 表記や読み方変わると別人みたい 

表記された名まえはカタチとしておぼえてますからね。
ulalaの字を読む前に、え?だれだっけと先にクリックしちゃいましたよ(笑)。

馬と白黒でいえば、晴れを祈る白駒と、雨を祈る黒駒がありますね。
去年、Linkさんに教えていただいたんですが、僕が丹生川上神社中社にいったのは、白駒黒駒の献上祭のあとだったそうです。
ulalaさんが白と黒の衣装を疑問に思ったのとつながってるかもしれませんね。
だとしたら、水を送る=晴れ=白。水を取る=雨=黒なのかな?

いいかえるなら白=伊勢。黒=出雲。
伊勢の太陽のミロクは完成したんで、これから出雲の月のミロク。
そういった意味の白から黒へってのもあると思うんです。

ちなみに白桜(ソメイヨシノ)の全国最初の開花宣言があった福岡の古名は、白日別。
福岡藩は黒田五十二万石。
福岡県西方沖地震の警固断層をおさえていた神功皇后の警固神社を現在地に動かしたのは、黒田官兵衛です。

>白から黒に変わる時期は「今でしょう!」

ホントそうだと思います。

福岡としては、これでまた黒田官兵衛のとばっちりが出なきゃいいんだけど。

イエズス会には、いろんなウワサがあります。
日本には魔女狩りにきたって側面もあるようですね。
バチカンにもいろんな問題があります。
事象は表裏ですから、
新法王を示したクロフネサプライズは、外れたのではなく、僕の読み違いかもしれない。
もしかしたらこの法王のとき、バチカンがクロと判定されるような事象がおきるのかもしれない。

なんせブラザーサン・シスタームーン。徹底した戒律実行派。
フランシスコの名は、バチカンにきびしい裁定をもたらすかもしれません。
でもこの名まえが示す方向性は、いままで見てきた事象の流れと一致してるし、
なにが起きようと、未来への再生につながるものです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/15 22:27分 
  • [編集]

Re:Re:古ノルド語 

法王のJorgeという名前は英語でジョージで龍退治をした聖ゲオルギウスに由来しています。
生贄となる乙女を龍から助けることなどスサノヲの話と似ています。
この聖ゲオルギウス十字、セント・ジョージ・クロスにはいろいろな種類があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%8D%81%E5%AD%97

聖ジョージの日は4月23日ですがシェイクスピアの命日でもあり、誕生日もおそらく同じ日ではないかといわれています。
白鳥と聖ジョージ、日本武尊とスサノヲのような組み合わせですよね。
晩年の彼の作品は死の悲劇で終わるのではなく、再生や再会へと作風が変化したといわれているので今後の展開もそうなるのかなと。

88の鍵盤、ピアノの発明者の名前はバルトロメオ・クリストフォリ・ディ・フランチェスコでしたね。
あと麻生氏の洗礼名がフランシスコです。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.03/15 23:31分 
  • [編集]

ショートトリップ 

学生時代、バチカン市国へ行ったことがあります。恩師の外遊にくっついて武者修行。一歩足を踏み入れると、サン・ピエトロ広場は空気が違っていた。軍資金は、ピアノ教室のバイトで稼いで親に全部返しましたよ。円は今のような時代じゃなかったから、ガンバリました。

フランシスコ1世…アッシジのフランチェスコにあやかったもう一人は、フランシスコ・ザビエルです。

こちら堺は、南蛮文化が花開いた町です。フランシスコに誘われて、今日は住みなれた町をめぐってみました。

ザビエルが宣教に来た折、豪商日比屋了慶が手厚くもてなし、その屋敷跡がザビエル公園となっています。別名、戎公園といいます。出雲の国譲りでひと働きした事代主の名です。

この周辺には、殿馬場中学や熊野小学校。住吉大社と鳳大社からお神輿の来る開口神社もあります。

この公園の近くには、キリシタン大名の小西行長の屋敷跡。行長は187殉教者の一人です。九州の筑紫にほど近い肥後の殿さまで、八代の領主でした。京都の六条河原で斬首だなんて…そんな…。

鎖国の江戸時代、東洋のヴェニスとうたわれた黄金の街 堺と、長崎、この二つの出島が海外との交流を持ちました。長崎もフランシスコ・ザビエルゆかりの聖堂で有名ですね。

今日は、首相がTPP参加を正式表明がありました。鎖国に例えられていましたが、開国の運びとなったのですね。鎖国の時代も海外に開けた堺と長崎に思いをはせた一日だったので、事象が重なりました。

ザビエル公園の道を隔てたビルは「○○酢」本社。ロビーに、黒ならぬ白いステキなグランドピアノがデン!!と据えられています。筋向いのお店は、堺名産お線香屋さん。「九重香」が並んでいました。

公園が面する道路は紀州街道。ずうっと南、紀の国へと伸びています。国の境ですので熊野街道・高野街道・竹之内街道など街道が集まっているのです。

今日の健康ウォーキング、キーワードてんこもりヤワ(88)~。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/16 00:55分 
  • [編集]

pietro 

何度も書き込み失礼いたします。

アッシジのフランチェスコが気になって調べていたのですが、ブリタニカ辞書によると彼は最初の洗礼はジョバンニであとでフランチェスコに変え、本名は Francesco di Pietro di Bernardoneでピエトロ(ペテロ)がついているようです。

Saint Francis of Assisi, Italian San Francesco d’Assisi, baptized Giovanni, renamed Francesco, original name Francesco di Pietro di Bernardone (born 1181/82, Assisi, duchy of Spoleto [Italy]—died October 3, 1226, Assisi; canonized July 16, 1228; feast day October 4)
 
英語版のWIKIによるとborn Francesco di Pietro di Bernardoneで父親の名前がPietro Bernardoneペトロ・ベルナルドなのでもしかするとその名前と混合されているのかもしれないのですが、一般的には彼の本名は Giovanni Francesco Bernardoneや日本のwikiではジョバンニ・ベルナルドなどいろいろな説明があるので実際のところはイタリア語で調べないとわからないと思うのですが、ジョバンニの洗礼名からフランチェスコに改名したのでミドルネームに父親の名をつけた可能性もあるのかも?

Bernardoneはドイツ語のbernard由来で、bear brave 熊のように勇敢なという意味になります。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.03/16 11:29分 
  • [編集]

音 


フランチェスカ、フランシス、フランソワーズ<女性名>フランシスコ、フランソワ、

昔は 同じ聖人の名前で その土地、その土地、微妙に呼び方が違いますよね。

何々世、、なんてつくと、重々しいですしね、、、

去年 5月、ロアール川を下り、オルレアンから、ロアールの古城ダヴィンチのお墓がある、アンボワーズ城を、車で旅行したんですよね。

出発が、大統領選挙の翌日だったので、
行き交う車には、「 バイバイ! ハンガリー
ようこそ、オランダ!」 などと書いてあるので、笑いました

という様に、音素で 意味つたえする空間に いるんですよね。

サルコジーという音素は、東欧(ハンガリー)に多い苗字ですし、オランダ大統領の苗字も オランダの国と、はもって<音韻>コミュニケートとろうとしているのですよね。

詩を創る時、この 同じ音韻を 繰り返すRIMEという表現法が使われますが、無意味に繋げたり、はもっているのではなく、全体的に 何を述べたいのか?
という意味で、美しい音素の言葉を 綴る。

という事なんでしょうと思います。よく、トーンTON

ガ高いという表現を述べる時、トーンは、日本語だと音調が高いという 音域の幅の高低の意味で、伝えますが、トーンが高いという時は、音調もありますが、品位が高い、物腰や身のこなしが 雑でない、、という意味があるんです。

音の存在は、大変興味深いんですね。そのように 呼ばれる 意味はどうしてなのか?

オランダ大統領の名前は、フランソワですが、二人めの社会党の大統領選任なんですよね。一人目は、ミッテランですし、同じくフランソワですから、、何か?あるんでしょうかね?

フランス人が一番好きな王様人気投票では、かならず、フランソワ一世があげられますが、 ルイ、シャルル、フィリップ、、歴代王の名前にも、フランソワという名前が君主になったのは、一世しかいないのかしら?他に思い出せませんが、、、

ハ!と思って、フランソワ一世の命日を見たら、、

やはり~、、、、3月31日でした。

今年の 復活祭<英語はイースター>の日。

RIMEでコミュニケートする民族ってこれだから、怖いなァァ、、あの世の人達とコミュニケートしている感じですからね~、、

何かあるんでしょうかね?

フランソワ一世枢機卿はキリスト教最大の復活祭、3月31日の日曜日まで、あと2週間程ですけど、、、



  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/16 18:48分 
  • [編集]

白と黒、桜と巌 

千春さん、DIVAさん、Linkさん、情報ありがとうございます!

白と黒、桜と巌(岩)をワードにちとグループわけしてみます。

桜・・・コノハナサクヤヒメ。美しさ。太平洋戦争。同期の桜(ヒロシマ)。セオリツヒメ(天照大神荒魂)。
巌・・・イワナガヒメ。永遠性。君が代=山誉祭(福岡)。ペトロ岐部(ナガサキ)。ペテロの鍵。

白・・・白駒は晴。火。カグツチ。太陽のミロク。伊勢。白日別(筑紫)。12。9。
黒・・・黒駒は雨。水。ヒルコ。月のミロク。出雲。黒田藩(福岡)。13。11。

白=桜
黒=巌(岩)  白と黒、桜と巌で常世橘(香久橘)


3月13日に全国でいちばん早く福岡で桜が開花。
294の道は八重の桜。その桜が筑紫(294)で咲いたわけです。
福岡の志賀島の山誉祭の歌は君が代の元歌といわれ、巌が歌いこまれています。
福岡に桜が咲いたことで、13の筑紫(294)に桜と巌がむすばれたことになる。
もちろんカタとして。

この桜が同期の桜を意味することは、中国人による江田島の8人殺傷事件でわかる。
なぜよりにもよってヒロシマの江田島なのか。江田島といえば海軍兵学校、同期の桜だからだ。
犯人のバックにはとうぜん日中戦争がある。
これも294の道。憎しの道。
白から黒、桜から巌へいたる道。鍵は巌にある。ペテロの鍵だ。

太平洋戦争と君が代、桜と巌の構図が筑紫、294に表現された。
ほんとに294の道って、最終段階なんだなぁと思う。

福岡県西方沖地震は2005年3月20日だった。
ことしの彼岸も注意。


かたや13日、新法王フランシスコ1世が誕生します。
初イエズス会。とうぜんザビエル。ペトロ岐部。ナガサキに対応。
そして注目は、この法王がペトロの鍵を表現するかどうか。すなわち巌の鍵。

ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう
ローマびとペトロ 、彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る   
               ~大司教聖マラキの預言

なあ話半分だとしても、事象的共通項は「巌」だ。
日本の294の道で「巌」が鍵を握るのはまちがいないし、
ペテロは天国の鍵をもってる。

13日に桜が咲いた福岡にある志賀島の山誉祭と、
13日に新法王になったフランシスコ1世は、
巌の鍵でつながってそう。

バチカンもまた白黒つける時期にきてるのかもね。

      
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/17 02:02分 
  • [編集]

黒 

来年2014年の大河ドラマは黒田官兵衛(如水)ですしね。大河主演の岡田君は昨年映画『天地明察』で天文暦家で碁打ちの安井算哲を演じていて、この辺から囲碁(ルーツは洛書魔方陣)を注視していたのですが・・・先日若手棋士の井山祐太本因坊が6冠達成。これも黒白のせめぎ合う世界。

>冗談ですけど、核戦争おこすより、阪神優勝させる方がはるかにヒルコパワー使うと思いますよ。
なるほど~その手があったか!そっちにパワーつけかえたら世界平和ですねぇ。一度球団存亡の危機にでもなったら目覚めると思うんですが。

事件;山梨県道志川で自殺ほう助の疑いで逮捕された女の名は「志女子(しめこ)」でした。

追記;なら橘プロジェクトhttp://ntachibana.jimdo.com/
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.03/17 15:29分 
  • [編集]

今晩、ニコニコ動画で 

いやさかの木様、皆様

初めまして。パンケーキと申します。
今まで、このブログに興味を持ちずっと見ているだけだったのですが、白と黒の話題があがりましたので思わず出てきてしまいました。

ニコニコ動画をご覧になったことはありますでしょうか?
若い人を中心に盛り上がり、Youtubeとも連動させて影響力はすごいなって思います。

そんなニコ動が今晩、ある動画が最高?(違っていたらごめんなさい)再生回数を記録しそうで大変盛り上がっているのです。
そのタイトルは
【東方】Bad Apple!! PV【影絵】
といいます。
1600万回となります。祭りだ、祭りだと動画中で盛り上がっています。登録しないとみれないのですが。。。

歌詞の内容が「黒になれ、白になれ・・・」といった趣旨なのです。影絵の動画ですが、最後まが玉がくるくるまわります。

何故このタイミングでこの動画が1,600万回達成?
歌詞が意味深・・・
これもサイン?!ユニークないたずら?
そんな気がして。
昨日から1600万回達成目指して、大勢がこの時期みています。間違いなく今晩達成。
内容がこちらの話題とリンクしている気がする・・・

ちょっと気になったのでメールしてしまいました!

会津黒川 

いやさかの木さんと皆様の情報、興味深いです。
白と黒ですが、会津若松は蒲生氏郷の領地になる前は会津黒川と呼ばれていたそうです。町を流れる湯川が昔は黒川と呼ばれていたことが語源で、羽黒山東光寺から流れてくる羽黒川から羽が省略されて黒川になったそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/ai05212002/49685130.html
福島県には白河もあるので、黒と白が揃っています。
ピアノは白と黒の88(八重)鍵だそうですが、「もしもピアノが弾けたなら」の西田敏行さんも八重の桜に出てますね。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2013.03/17 22:00分 
  • [編集]

 

志賀島といえば、金印ですか?
あんなちっこい印が、よく見つかったと思います。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.03/18 15:27分 
  • [編集]

山 

以前、千春さまがサッカー日本代表の練習地エクスレバンについて書かれていましたが、この普通の温泉地が世界的に有名になったのはアルフォンス・ド・ラマルティーヌがこの地で出会った人妻ジュリーと恋におちて書いた瞑想詩集によって世界的に名が知られたとされています。彼はブルゴーニュのマコン出身ですが、先日クリュニーについてのコメントでそのことを思い出しました。
調べてみるとこの瞑想詩集が出版された日が1820年3月11日でした。また、彼が恋したジュリーの夫は初めて水素気球による有人飛行を成功させた、シャルルの法則で有名なジャック・シャルルでした。

岡田ジャパンは1998年にエクスレバンを練習地に、2010年はスイスのサース・フェーを練習地にしています。サース・フェーには昔行ったことがあるのですが13の4000m級の山があって氷河が迫るようにあるところという記憶です。
気になったのは白から黒ということで、前に丹生川上神社の方に下社の闇龗神は白龍(白馬)で谷、上社の高龗神は黒龍(黒馬)で山ということと説明されたことです。昨年の馬の献上神事もまず下社の白馬→上社の黒馬→中社の白馬・黒馬という順番ですよね。
そう考えると岡田ジャパン2回のW杯、湖の次に山の練習地となったことも意味があるのかなと。

フランシスコ1世はアルゼンチンの信者などに高い旅費をかけてバチカンに来ないでそのお金を貧しい人々に分け与えてほしいと伝えました。セント・ジョージ・クロスのイングランドの救貧法は近代的社会福祉制度の先駆とされていますし、294が憎しではなく福祉の道であることを心から望んでいます。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.03/18 18:42分 
  • [編集]

 

http://www.youtube.com/watch?v=PSvnIwg0lEA&sns=em

エボニーアンドアイボリー。
黒鍵と白鍵になぞらえて歌われた詩は、世界平和を願うものとか。(いまうっかり、国権と発券に誤変換しそうになりました)

憎しみは愛を得られずに覚えた悲しみ。怨みは思いが報われなかった事への怒り。
欲は、人々の関心を自分に引くための救いの手。
すべて自分を助けようとする心の現れ。本来の自分の姿の裏返し。

ハープシコードは、白鍵と黒鍵とがピアノと逆。
ピアノはいまや最強の楽器とも言えるのに、元々は音が小さく、それで名前が「弱(ピアノ)」だとか。
叩いて大きな音を出すピアノにくらべ、引っ掻いて繊細な音を出すハープシコードは、なかなかお目にかかれなくなりました。
耳を澄ませなければ聞こえない音を聴こうとすれば、自ずと静かにしなければなりません。静かにできない、静かでいたくない人は、自分の声に無頓着。
無視し続けると、やがて声は消えて二度と世に現れなくなります。欲のない人は生きるのを諦めた?愛や思いを口にしない人は、怒りや悲しみを失った?
いいえ、自分の本当の姿を古い社に閉じ込めただけ。

片手だけで和を解いても無意味です。片手だけで柏手は打てません。
ニホンはニッポンと呼び方を変え、イッポンになろうとしています。漢字は異本となるのかも。勝手に名を変えられてもねぇ(笑)。
元祖キラキラネーム日本は、天照降板で幕を下ろすのでしょうか。黄色い人種は、ピアノには乗っからないんですよね。ハープシコードは、金色でいてくれたのに。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.03/21 13:36分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.03/21 18:27分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.03/21 20:50分 
  • [編集]

共存 

ただいまぁ~。
上手に修理して下さったので
タイムマシンの乗り心地は快適でした。


3月24日のニュースは…おっ!

「フランシスコ新ローマ法王は、ローマ郊外カステルガンドルフォの離宮で、前任のベネディクト16世名誉法王(85)と会談した。法王は終身制が通例で、約2000年にわたるバチカン史上、新旧法王の直接会談は異例。ベネディクト16世は、バチカン内修道院に4月末にも移る予定で、バチカン内に新旧法王が暮らすことになる。」

…今頃、伊勢神宮と出雲大社の神様も出会っていらっしゃるのでしょうか。天照大御神 と 大国主大神の共存が連想されます。白・黒・黄の人種も、和して共存ですね!
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.03/24 08:32分 
  • [編集]

Re: 共存 

24日の共存に思わず反応。

じつは24日に第43回高松宮記念(G1)があったんですが、
6枠(緑枠)に共存する11番ロードカナロアと12番ドリームバレンチノが1.2着でした。
ドリーム・ロード。夢の道ですね。
しかも3着が13番ハクサンムーン。白山姫ですよ。仲介役の。

これは思いがけずいい感じです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/27 02:46分 
  • [編集]

Re: 共存 

この高松宮記念(G1) 。

1着2着3着が、11番・12番・13番になってる。

ひふみだ〜 と言う人もいましたね。
  • posted by 五 
  • URL 
  • 2013.03/27 12:05分 
  • [編集]

Re: Re: 共存 

そうなんですよ。

そしてこれが2011、12、13年をあらわすなら、
13、14、15年。
15、16、17年で、2017年にミロク世の完成?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.03/27 18:27分 
  • [編集]

共存 

共存というと何となく、皆と仲良く・・・・みたいな 人間対象に 考えてしまいがちですが、

むしろ、自然の一部である人間が、自然の一部という体感とか共感とか 経験を述べている意味だと思うのですね。
自然の一部には人間も含まれていますから、もちろん人間同士での共存の意味は狭義の意味での共存で、広義の意味の共存は、自然と一体、宇宙との 共存という 意味にレベルを上げるという事だと思うのです。

自然には色々ありそうですけど・・・・なるたけ・・・次元の高い・・・魂<心>の存在しようとする次元は、愛や光りに満ちてる、開けた世界に目指しを向けるという希求運動があると思うのです。

新生児をつぶさに見ると分かりますが、網膜に写る画像は意識できないのですよね。認識がないと 分からないですし、見るという意識じたい分からない新生児が 生きようとする本来の希求運動の為に 行うのは、光が来る方向へ ゆっくり 頭を向けるしぐさが生まれて間もない新生児の最初のしぐさなんですね。

誰に言われてしているのではなく、元々、光が来る方に頭を向ける・・・・という新生児の 行動には、私達がこの世に 生まれて来る 意味があると思うのですね。

数字や記号はある 意味を示していると思いますが、
それを自己の体感や共感、あるいは、同行者との同事体験として、顕現するという意味は、

存在の仕方にあると思うのですね。

例えば、数字でしたら、自分の回りの数字に気がつかされる時は色々な意味がありそうですよね。?

前、車を運転していたんですよね。

運転している 道路は、真っ直ぐなんです。

それで、真っ直ぐの路上が向っている方向は、 ローマの方向と一致する 方角に向って走っている途上であるのですよね<実際は、知り合いの家に向っているという直接目的に 帰属しているのですが・・>

その真っ直ぐの路上の上に 満月が煌々と輝いている時だったりするのですよね。

又、その日が ちょうど、8月15日だったりするのですよね。

かぐや姫が月に帰る日と 聖母被昇天の日が同日だったのはどうしてなんでしょうね?

又、走っている路上は国道、6号線パリからイタリアヴァチカンに 行く国道の番号の路上たまたまか?友人に呼ばれてその日に走っているのだけど・・・
こわいですねぇぇ・・・・皆、グルなんですね?きっと(笑)・・・
述べたい意味は、その土地(国)、その土地(国)には、太古から形而上世界とのシンクロを語る史実が色々な形で、言葉を変え、存在しているのでしょう。

ちなみに道路元標は、 各地の距離を示す、出発地点にある標識です。
日本は日本橋だそうですし、アメリカはホワイトハウスで、中国は天安門広場、モスクワは赤の広場で、フランスはパリの ノートルダム寺院<聖母マリア寺院>の入り口前にはめこめられている、星型のプレートから、各地への距離を測るらしいです。

政府の国土庁とか呼ばれる人達も 皆、無意識にしているようなんですが、

自然がそのような形や姿で存在している、存在させているなんらかの意味があるようなんですね。

人間と自然が別に存在しているのではなく、やはり宇宙の地球の一部として人間は存在しているのでしょうと思いますし、人間だけ、他の動物と違う進化を遂げているのも、やはり動物とは一緒に出来ない、弱肉強食世界へと退化するべきでなく、他者の傷みや他者を愛す、他者との共存という心や魂の進化に向けて高い次元への進化しているのだと思うのですね。

70億の人間が地球上に住んでいるのですよね。

そのうち日本語を話すのは、70分の1くらいでしょう。

宇宙から観て、開けた方向に視線を向ける、新生児の感性を忘れてはいけないと思うのです。






  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.03/27 19:10分 
  • [編集]

終りの時・・・? 

前兆は追いかけると濁る、降ってきたものを見るのが良いというのが私の基本的スタンスなのですが・・・東京駅のインターメディアテクで長崎の被曝獅子頭を見てからやたら聖母マリアが気になってきたもんで、ついつい聖母預言をいくつか追ってしまいました(苦笑)。

今眺めているのはマリア・ワルトルタという人の私的預言(バチカン非公認)。ファティマの第三預言は教会の腐敗・背教についての内容であるとか? 教皇がローマから逃げたら終わりの時はもうすぐ→反キリスト出現→終わりの時、というのが聖母預言に共通の内容です。ダニエル記とかヨハネの黙示録にも終わりの時については、神とサタンの戦い(神示風に言い換えると九分九厘までやられる)→審判→千年王国到来 と流れが表現されていますが、これがキリ教の終末論。

ローマから教皇が逃げると宣言した夜、バチカンに稲妻が落ちましたが、あれやっぱり神の怒りか?
一介の市民にはフランシスコ1世が清貧の皮を被った悪魔とはにわかには思えないですし、名前のベルゴリオ(岩)=マラキ予言のローマ人ペテロ=最後の法王・・・という解釈も成り立つわけで。

新教皇を検索してみたら教皇紋章にはイエズス会のマークがバーンと入っていて、教皇の指輪は金から銀に変えたのだそうな。で、教皇の称号ではなくローマ司教の称号を使用するのだとか。異例が多いのかな。

まぁ、その時の年月日を訊ねるのは野暮なんでしょう。新約には「終わりの時には私(イエス)は盗人のように突然来るから準備していろ」てなこと書いてありましたもんね。で、その時になったら私のような罪まみれの鬼婆は地獄行きでしょ、と思うのですが、こういう鬼婆の首に縄かけてマリアの傍にしょっぴいて行こうとするし、放蕩息子でも僅かな帰還の可能性があればイエスのところまでグイグイ引っ張っていくのがキリストです。むしろ、随分遠くまで離れちゃった者が帰還することで生じる強烈なインパクトを天は求めてるといいますか。そういう意味では地獄行きスレスレでも一発逆転するために踏みとどまらないとなぁ~と思いながら、5月に買ったものの未使用だった腕時計の龍頭を巻いて2~3日おきに動かしては時について考えてみる今日この頃です。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.07/14 00:05分 
  • [編集]

鳥 

今年は特別なのかな?と思いながら・・・毎日思う事のひとつに、 鳥の存在があるのですが・・・
なんだか、異様なくらい、鳥達が今年は鳴くのですよね。
朝、鳥達の鳴き声に 起されるというか・・・鳥といっても、野鳥の鳥なので、農家の鶏の事じゃなくね、毎朝、鳥のさえずりで、目が覚める・・なんて優雅な表現ではなく、明らかに 去年と違うのですよ。
うちは、毎年、野鳥があちこちに、巣をつくり、雛がかえると確かに、一日中聴こえるのですが、その鳴き方がちがう・・・煩いくらい野鳥が バルコンの欄干に止まって鳴くというか、欄干まで、3メートルもないので、窓あけてサロンに座って,転寝などしようものなら、まるで耳元で鳴かれているくらい、よく鳴くのですよね。こんな事は、なかったです。それとも、毎年それまで気がつかなかっただけか?と思うけど、そうではないと思う。
あまり、鳥の鳴き方なんて探求した事なかったけど、あまりにも、気がつかされて・・・注意してみていると、オスの鳴き方とメスの鳴き方の違いも、どのように鳴くのが、オスで・・・という風にわかってきたのです。大概、綺麗な音調で鳴くのは、オスです。
毎年、うちの屋根に巣をつくる 野鳥に、きじ鳩のカップルがいるのですが、近所の人が、きじ鳩は決して浮気をしない鳥で、毎年来るカップルは、同じカップルだ・・・と話すのですよね。「うちに監視に来るんでしょうかね?」と言うと、キャっキャ、、笑っているのですよね・・・そのきじ鳩も、もうあちこちで鳴いているので、今年はどうかしたのか?毎年、同じなはずなのに、自然界の生き物の、行動がいつもと違うというのは、一番気になるのですよね?人間界の事と言えば、例えば、わたしの子供の頃の学校生活では、授業中に子供が一人で立ち歩く・・・という状況は聞いた事がなかったですし、コミュニケート取れない子供達は、いなかった。ところが、教員の仕事をする友人達が多いのだけど、友人達の話しや、新聞を見ると、授業中にフト歩く、窓の方に行ったり、先生の机を見に行ったり、又自分の席に戻る子もいれば、そのまま外に行く子もいる・・・アスベルガー、多動衝動、自閉症、、、いろいろ、呼び方あるでしょうけど、、、そのような正しい名前の 病いに気を取られてしまうという事ではなく、30年前、40年前、50年前・・それ以上昔の学校生活を営んでいた時代、今ほど、あちこちで聞かれるほど、このような現象を目にする事はあったのでしょうかね?・・・・無いとおもうのですよね。それが、不思議な事に、日本で、気がついた近代の現象は必ず、その後先進国のニュースを聞いていてもダンダン、似たような行動を起す、社会的な問題多くなってきた事に気がつくのです。自殺にしても、例えば中世、生きる事=食べる事に直結していた時代に、自分から悩んで死を選ぶなどは、ほとんど聞かないですし、死は他者によってか?、病気が原因だったと思うのですね。
そのような、人間社会の変化は、一緒に共存する自然界の 生き物にも必ずなんらかの影響がでていると思うのです。
フト、鳥達の繁殖期の鳴き声ではないか?と気がついたのですよね。
つまり、オスがメスにアピールする・・・なんらかの鳴き声です。もしメスの気を惹けなければ、オスはあらゆる鳴き方を変えないとならなくなる。今までの鳴き方では、鳥達のオスメスカップルは、誕生しない・・・鳥達も、人間みたいに孤立しだし独身が自由だと思ってしまったのか?自然の営み事態を放棄してしまったのか?そうならないように、鳴き方が威容なほどに去年と違う鳴き方になってしまったのか?それとも、人間の目には気がつかない環境汚染、世界の原発事故による長期間にわたる低数字の放射能汚染、食べ物、土、木々の生態体系の悪化というような・・・・でも、今年だけ気がつかされるのは、わたしの思い違いなのか?と、いろいろ自然の中に存在するわたしの知覚の変化を、内外から見て考えるのですよね。調べたら、自然界の生き物が、自然に組みこまれている営みを達成するのに、鳴き方が変る、表現<環境>が時代にそぐわない?生態が変るという事のひとつに野鳥の鳴き方が変化するのをあげていました。
なんらかの目に見えにくい変化、同じ土地に何十年住んでも、100年前に共存していた小動物達の日常の様子は、違うのじゃないか?と思うのです。色々熟考します。まるで、あの万物兄弟の思想とエコロジーの聖者、アッシジ、フランシスコのようだけど、、アッシジ、フランチェスコは小鳥やオオカミなどをふくむ神のあらゆる被造物を自分の兄弟姉妹のように愛し、ウサギ、セミ、キジ、ハト、ロバ、オオカミに話しかけて心がよく通じ合ったといわれるとWIKIには書かれていますが・・・
家のベランダに毎夕来て、鳴くのは嘴のオレンジで体が黒い、フランス語では、メールノアールと呼ばれる鳥で、日本語はなんて呼ぶのかしら?と調べたらクロウタドリという名前らしいです。おまけに勝手に変換、「苦労辿り」とでてしまった。
このメールノアールの鳴き方は作曲家の想像力にコミットするのでしょう。芸術家が作曲のヒントを メールノアールの鳴き方から得て世に出ている曲があります。なるほど納得してしまいました。そのひとつには
「作曲家オリヴィエ・メシアンがいます。クロウタドリの歌を気に入っており、採譜し「世の終わりのための四重奏曲」1941年」作曲しています
Marisolさま・・・終わりのトキ?ですか~・・・わたしは、正直な話し、、そのようには、思えないんです。楽観的な性格もあるかもしれないけど・・・そのような、世界の状態現存をせて人間達に見させる本当の意図する理由は何か?という地点まで問い詰めてみるんですよね?。・・・無意味に宇宙、又は地球が存在しなんらかの変化をきたしているようにはとても思えません。フランス人の作曲家、オリヴィヱ、メシアンは、1908年 - 1992年時代に生きた作曲家ですが、親日家です。
メシアンのオペラ<歌劇>には、『アッシジの聖フランチェスコ』があるのですよね。
そして世界初演は、1983年11月28日に小澤征爾の指揮でパリのオペラ座です。
今2013年、同時に生じている神域世界出来事とのシンクロは、ただの偶然ではないでしょう。苗字、メシアンが、何をいわんや・・・ですけどね、そこまで気がつかされるというのは、メディア情報のみという活字世界というより誰にも知覚できるインパクトの表象現象を浮かび上がる根元の示唆と自分自身<心>のコミュニケート、つまり世界<宇宙>と自分との一体感共存でしかないように思えます。今日は、7月14日なので、フランスの祝日<パリ祭>なので少し、気張って直観働かせたら、小澤征爾氏との接点でしたね。やはり芸術は不滅でしょう・・・





  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/14 16:18分 
  • [編集]

JRAのお遊び 

スプリンターズ出走馬、また面白い馬名のが多いですね。ロードカナロア(ハワイの海神)、サクラゴスペル、ハクサンムーン、マヤノリュウジン、サドンストーム、マジンプロスパー…。他所様ですが某オカルト競馬予想HP見つけて笑っちゃいました。馬名由来は全部載ってるし便利です。また息抜きに神スポやって下さい(笑)
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.09/27 11:18分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/287-bffeb67d

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム