神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

八重垣つくるその八重垣を(4)」


☆4月1日、筑紫(294)と尾張がつながった!
2013.4.1筑紫と尾張がヘビでつながったような

この蛇状の雲は、ヲロチの剣「八重垣剣(草薙剣)」を示すのだろうか。火水(ひみつ)の剣だ。
封印がとかれた一之御前神社(熱田神宮)と、筑紫の桜(桜ヶ峯神社)との、瀬織津姫=天照大神荒魂つながりってのもあるよね。
いずれにしろ「294の道」は「オワリ」とつながり、4月1日(月)から父なる火のミソギへの流れが本格化している。 
are you ready?


☆「トリの」つながり

前回どうしても3月31日までにupしなければならず、けっこうムリをした。ブログに年度末があるわけじゃなし、気持ち的なものだったんだが、4月1日(月)のニュ-スになるほどこういうことかと納得した。ブログを書いてるとたまに、このテの期限つき焦燥感に追われることがある。かつて愛猫チコの死にふれた記事をupした2時間後にキャッツなんば店放火事件が起きたけど、あのときもそうだった。というか、あれからなんだよな。

今回は猫ならぬ「トリの」つながり。
ひとつは「トリノの聖骸布」。まんまトリノで来た。しかもバチカンとのあわせ技だ。
トリノゆかりの新法王の誕生を祝うかのように、トリノのヨハネ大聖堂の聖骸布が1973年以来40年ぶりにテレビ公開された。聖金曜日。キリストが処刑された日だ。あわせて公式アプリ「「Shroud2.0」も発表されている。
『88の鍵、法王(ぱーぱ)の鍵』で「トリノ・エジプト展のシクミ」を紹介したあと、コンクラーベで選ばれたアルゼンチンのベルゴリオ枢機卿がトリノからの移民2世だったのにはおどろいたが、こんどはまんまトリノの聖骸布である。
あきらかに事象はトリノバージョン「父なる連動」を強調しているし、新法王フランシスコが“さまざまな苦難の中で羊たちを司牧するローマびとペトロ”だとおしえている。

聖骸布が本物かどうかはここでは問題じゃない(あとでデジタル解析結果がニセ救世主事象につかわれるかもだが)。だいじなのは、2011年のエジプト独裁政権崩壊とおなじ2月11日に退位を表明し、「父なる連動」を宣言したベネディクト16世が、今回のイベントで“「十」の救世主(月のミロク)”を新法王に託したということ。なにしろ救世主の亡骸をつつんだ布だ。そう考えてさしつかえはあるまい。

母なる連動でムバラク政権が倒れた2011年2月11日、日本ではタル・ベーラ監督の最後の作品『ニーチェの馬』が公開されている。1889年1月3日、ニーチェはトリノの広場で御者にムチ打たれる馬に抱きついて昏倒。そのまま彼の精神は崩壊する。『ニーチェの馬』は、その馬と御者をめぐる最期の6日間を描いた作品で、原題はもろに『トリノの馬』だ。つまり、エジプト政権崩壊とおなじ日に、すでにトリノバージョンへの移行は示されていたということ。
さらに大震災直後の3月13日には、「フランシスコ・ザビエルと堺~古楽コンサート」が大阪の堺市で催されている。
新法王フランシスコが誕生したのも3月13日。おなじフランシスコだし、ザビエルとおなじイエズス会初のローマ法王だ。
いやまいった。ここまで一致するとは。さすが境界のサカイ。しごときっちり♪
2011年8月17日の天竜川の転覆事故で示された「堺の羽根」は、堺市の大鳥大社をさしていた。日本武尊をまつるこの大社は、“境界の時代の大トリ”をあらわす。堺の古楽コンサートが奏でたのはあきらかに新法王予言のメロディだったし、こんどの第266代法王が境界(教会?)の時代の大トリだといっているのだろう。

日本が世界の雛型ってのは、こういうことなんだろうかね。
そういえば大阪の阿倍野では、4月2日(火)から「ボストン美術館・日本美術の至宝」展がひらかれている。まさかそのボストンで爆破テロがおきるとは。
大阪といえば豊臣秀吉。「いまでしょ!」のトヨタが3月11日にオンエアした復興特別CMで、「世界の武」が扮する秀吉はこうつぶやいている。
「おれさ、仙台を日本のボストンにしたいんだよ」
 ドラえも~ん...

母なる連動がヒロシマを再現し、「〇」の救世主・太陽のミロク(原発ゼロの金環蝕)に至ったように、父なる連動はカトリックの街ナガサキを再現し、これから「十」の救世主・月のミロクを実現してゆく。
聖骸布の公開はその予告だし、いよいよ火の洗礼(火のミソギ)のスタンバイokのサインと見ていいと思う。すくなくとも法王フランシスコのもとでそれが起きるのはまちがいないだろう。

前法王ベネディクト16世は、伊勢神宮の式年遷宮開始とおなじ2005年に就任した。福岡県西方沖地震からひと月後の4月19日だ。その式年遷宮がおわる2013年にまさかみずから退位するとは、なんという事象の妙だろう。2月11日はバチカン市国の誕生日。退位表明が事象のメッセージなら、それは誕生とは逆の意味で新法王に託されたことになり、これもまた聖マラキの予言とつながってくる。
崩壊する「7つの丘の町」はローマのことだが、“境界の時代の大トリ”とあわせて考えてみると、近い将来いまの国境の時代がおわるんじゃないかって気もしてくる。いやまさかね。
ともかく、こんご「7つの丘の町」のワードには注意したい。秋葉神カグツチの神紋も七葉。「7」はスサノヲの事象数でもある。(7=七福神。福の丘で福岡ってのは考えたくないね)

出雲大社の大遷宮がはじまったのは2008年4月20日。その年の11月24日に、日本初の列福式が長崎でおこなわれている。ペトロ岐部と中浦ジュリアンら、188殉教者である。当時その重要性をコメントいただいたけども、僕はピンとこなかった。というより、じつは11月24日はミッションスクール時代の親友の命日で、事象にどんどん取りこまれてくようでふれたくなかったというのが正直な気持ち。8月8日の出雲大社参詣やキャッツなんば店のこともあったし、母親が5才の男の子を絞め殺したあの小戸公園は、彼と最後の時間をすごした場所だったんだ。
でももうここまでくりゃ俯瞰していえる。伊勢とバチカンはたしかにつながっているし、出雲のスサノヲは火の洗礼のナガサキを再現するつもりでいる。そしてペトロ岐部の「ペトロ(岩)」は、キミが代の巌とともにローマびとペトロをさしているのだ、と。

ちなみに1973年イタリアで検索したら、イタリア賞がヒットした。世界でもっとも有名な国際番組コンクールだ。ドキュメンタリー部門の受賞はNHK特集。タイトルは、「世界の科学者は予見する 核戦争後の地球...」。
また、法王フランシスコの故郷ブエノスアイレスと周辺地域では、さっそくというか、4月1~3日に過去100年で最大の集中豪雨にみまわれ、政争に発展しかねない甚大な被害が出ている。ブエノスアイレスの人々の脳裏に、バチカン大聖堂のあの稲妻はよぎったろうか。ほんと事象って、表と裏だよね。


☆13のアメリカ

もうひとつは、福島県相馬郡飯舘村の山津見(やまつみ)神社の火災だ。
山津見神社は虎捕山にある。とらトリ山である。これも「トリ」のつながり。
しかもただの捕り物じゃない。前九年の役の安倍方の武将。名を、橘墨虎という。
いやおどろいた。
>「294の道」の最後の扉をひらく88の鍵、法王(パーパ)の鍵。そのキーワードが「岩」であり「橘」なのだ。
と前回書いたその「橘」が、翌日の火災で安倍(政権)とセットで示されるとは。
おまけに虎捕山はピラミッドのような巨岩の山。墨虎がつかまった虎捕洞は、まるでドルメン(巨石墓)である。
伝説についてはこちらを参照してほしい。事象ワードてんこもりだ。
  http://zuiunzi.net/igu/bsrisuto.g1/4.html

4月1日の天の気(衛星画像)とリンクした山津見神社火災は、父なる火のミソギのはじまりをつげるきわめて重要な事象だ。カグツチ出産へと同緯度スライドした、あの伊佐須美神社火災に対応する。
伊佐須美神社の奥宮・明神ヶ岳は、福島第一原発と同緯度にある。虎捕山と同緯度にあるのは、北朝鮮の犬頭(ケモリ)海岸砲台基地である。カグツチ出産の号砲をはなち、横須賀の空母73ジョージワシントンをひっぱりだした、あのアヌビス海岸基地だ。

>アヌビスに呼ばれたジョージワシントンは、米国自体がラーの天秤にかけられるような、究極の事態を暗示するのかもしれない。再選されたオバマ大統領はいった。最高の時代はこれからだと...。(前回ブログより)。

うまくいえないけど、僕にはアメリカという国がよくもわるくも五千年をこえる父なる文明の歴史の清算のために誕生したように思えてならない。父なる火のミソギは、人類の火と鉄のカルマ解除を目的とする大きな流れのあらわれであり、火と鉄のカルマはいま核に集約されている。そのツケを払うのが米国だ。そういった意味での「最高の時代」である。僕はそれを「13のアメリカ」とよぶ。
4月15日(月)のボストンマラソン爆破テロと、17日(水)のテキサス州ウェーコ近郊ウエストの肥料工場爆発事故は、「13のアメリカ」のはじまりを予感させる出来事だった。ジョージワシントンは米国の独立と建国の父。独立戦争がはじまったのがボストン。4月15日はその記念日、パトリオットデイだ(4月19日→第3月曜に移行)。

>ナガサキはどういうかたちであれ双子の自爆装置・金正恩北朝鮮を介して表現されることになる。現実的に核戦争を展開する能力などないにしても、かならずなにかを起こす、もしくは連動させるはずだ。

ふたつの爆発事象はもちろんナガサキではない。だが「型」である可能性がある。
ウエストのムスカ市長(ラピュタかよ)は事故についてこう語っている。
「肥料工場で発生した爆発は、原爆の爆発に類似している」と。
まるで北朝鮮の憎悪のかたまりが、見えない核ミサイルとなって米国を奇襲したかのようだ。
じっさい4月15日は金日成の誕生日の太陽節だった(タイタニック沈没の日)。タイタニックおぼっちゃまは敬愛する祖父の太陽宮殿を訪問し、それを報じた朝鮮中央通信はこう強調した。
「正恩氏の指導のもと、核の宝剣を握った我が軍は、米国の運命に滅亡の終止符を打つ!」。
爆破テロが発生したのは、このあとである。
つづいてテキサスの爆発事故。なんてタイミングだろう。
しかも4月14日放送の「八重の桜」では、密航した新島七五三太がボストン港に降り立っている。
終止符=753(シメ)が、米国のボストンに上陸したのだ...。

20130417米テキサス州肥料工場キノコ雲 ウエスト肥料工場爆発事故

山津見神社の火災で、近々「13のアメリカ」がはじまることは予想していた。北朝鮮にばかり目がいっていたけど、考えてみれば「13」は独立13州のことでもあるのだから、独立戦争開始のボストンがターゲットになるのは予測可能だったわけだ。
また前出の「境界のサカイ」といえば千利休(トヨタCMの鶴瓶)で、お茶。ボストン茶会事件(1773年)だしね。茶つみは八十八夜=スサノヲ。米という字も八十八。2011年の八十八夜にオバマ大統領はビンラディンを殺害。韓国の聞慶市では88がらみの十字架死事件がおきている。救世主としてのスサノヲの事象だ。
去年の12月21日(冬至)、福岡大学女子寮で火災が発生(なんでか昔カノの町内だし誕生日なんだよな)。父なる火のミソギのために筑紫と伊勢の導火線がふたたびつながったとご報告した。このときなくなった女子大生が駅伝の選手だってことがずっとひっかかってたんだが、まさかマラソンだったとは。
こうした一見ばらばらで無秩序な数々の事象が、じつはひとつの大きな流れから派生していることを、ぜひわかってほしい。

ちなみに爆発事故が起きたテキサス州ウェーコの名は、インディアンのウィチタ族に由来する。ウィチタとは「人間」という意味だそうだ。一方、爆破テロのワードは「チェチェン」。チェチェンはロシア名で、チェチェンの人たちはみずからをノフチーとよぶ。「ノアの子孫」という意味だ。

ノアの子孫と人間...事象はなにがいいたいんだろうね。

  • [No Tag]

*Comment

blog-entry-294.html は? 

いつもありがとうございます。

八重垣つくるその八重垣を(3)のアドレスが blog-entry-293.html だったので、次は294なのかな?と思っていたら、(4)は298でした(^-^)
下書きが4つ程あるのかな?と思いつつ。いやさかの木様は、294の記事に何を書かれたのでしょう?
ちょっと気になります。


極めて個人的な事ですが。
山津見神社の火災関連でリンクしていただいた、@丸森の巨石伝説さん http://zuiunzi.net/igu/bsrisuto.g1/4.html では、
橘墨虎さんが、"霊山に物見台を設けて遠近を一望(物見台から大張と連絡を取っていたものと思われます。詳しくは旗立て石を参照)"
と書いてありますが。
実は、連絡を取っていた旗立て石のある大張<おおはり>(宮城県伊具郡丸森町大張)は、私の母方の祖父の実家(本家)があるところで、本当にご近所なんです。
旗立て石のある住所の宇賀神も、宇賀神≒和久産巣日神≒宇迦之御魂神と、最近とてもご縁をいただいている神様ですし・・・
実は先月3月30日、数年ぶりにお墓参り等でこちらへ伺った直後に、火災になってしまった山津見神社を調べる中での、このHPの発見だったので、次回は是非、丸森町大張宇賀神付近におじゃましたいと思っています。



もう一つ、白と黒つながりで、

空海さんを高野山に導いたのは、白と黒の犬だったんですね。

高野山、丹生官省府神社のパンフレットより

御由緒
当神社の草創は古く弘仁七年(八十六)弘法大師(空海)によって創建されました。
空海(弘法大師)は、真言密教修法の道場の根本地を求めて東寺(京都)を出立ち、各地を行脚され途中大和国宇智郡に入られた時、一人の気高い猟師に出会い、高野という山上の霊地のあることを教えられました。猟師は従えていた白・黒二頭の犬を放たれ、空海を高野山へと導かれました。・・・

http://musuhi310.blog.fc2.com/blog-entry-231.html

  • posted by 五 
  • URL 
  • 2013.04/24 17:15分 
  • [編集]

 

どうも私が訪れた場所は、事象のヒントとなりそうで、毎回何をどう書こうか迷います。

今日はちょうど前を通ったので、川崎市宮前区の大戸神社にお参りしました。ここの狛犬は、珍しいことに、左右とも弾(大きな鉄砲の弾)を抱えています。脇を見たら、日露戦争なんとか(メモしわすれました)と刻まれてありました。

またこの神社は、いわゆる龍は見受けられず(私が見つけられなかっただけかしら)、コウモリみたいな翼の生えたドラゴンっぽいものがありました。
火を吹くドラゴン?

地球は磁石。鉄でできているわね、と考えながら思い出したのが、丹沢の大山にある、阿夫利神社で分けていただいた「砂」。鉄分が多いのかしら真っ黒です。アブリ(notアプリ)と読むくらいだし…

飛行機も無い時代に空から火が雨あられと降ってきたら、空を飛ぶ未知の生き物が火を吐いたと思ってもおかしくないですよね。実害がなければ、星が落っこちたで済むけど。UFO襲来??
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.04/25 00:23分 
  • [編集]

Re: blog-entry-294.html は? 

はは、298(肉屋)でしたか。

淡路島や米国の事件で書き換えてるうちにぐちゃぐちゃに(笑)。
294で書きかけてたのは、「トリのつながり」と「山と玉」です。
「山と玉」は次回にしました。

なるほど。虎捕山とはそういうご縁があったんですか。意味深ですねぇ。
僕は海のものですが、五さんは山のものかも。
伝説には亘理も出てきますが、伊佐須美神社火災直後の雲のストレイトブリッジに反応した地震が亘理でした。
なので、神わたりの雲の橋なんだと。

犬頭の存在は、山犬や狼もふくめ、導く存在です。山は叡智の象徴。
空海さんも叡智にみちびかれたのかも。
ただ問題は、犬頭が太陽を導く存在でもあるということ。
4月12日の太陽のウラ側の爆発から、たてつづけに事象きましたよね。もちろん地震をふくめて。
もっとも懸念されるのは、太陽と地球と人類との、核の共鳴なんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/25 00:56分 
  • [編集]

Re: タイトルなし 

山津美神社は狛狼です。
大戸神社は砲弾狛犬ですか。
おまけにタヂカラヲなんですねぇ。富士に直結する。

水のミソギは海。火のミソギは山です。
で、山津見神社にはじまる事象テーマが、山と玉。
いまの流れだと、山と弾っぽいですが。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/25 01:27分 
  • [編集]

安倍ワード・動向 

小ネタですが・・・9月に新・歌舞伎座で『陰陽師』上演するそうです。安倍晴明・平将門etc. ボストン美術館展が大阪の阿倍野で開催中ですが、また安倍ワード出てきました。夢枕獏氏の原作は活劇ですから歌舞伎には合うでしょうね。私はシャーマニックな漫画版の方が好きですが。そういや漫画版作者の岡野玲子氏の夫である手塚真氏は津波で被災した雄勝法印神楽のドキュメンタリー映像を手掛けているんですよ。

小ネタ2:先日父島に視察に行った安倍首相は強風で飛行機が羽田まで飛べなくて硫黄島に引き返したとか。戦没者の御霊に引っ張られたのであれば、その後に安倍首相が靖国に奉納した真榊に乗って彼らは浮かばれたことでしょうね。諸外国がどう言っても「靖国で会おう」と言って散った方々の意識が上がっていくために今も機能している場所なのでしょうから・・・。

あ、298は“ツクバ”かもしれませんねぇ。

  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.04/26 00:07分 
  • [編集]

Re: 陰陽師 

> あ、298は“ツクバ”かもしれませんねぇ。

なるほど!

> 強風で飛行機が羽田まで飛べなくて硫黄島に引き返したとか。

そんなことがありましたか。
乗り遅れた方々がいらっしゃいましたかねぇ。

山津見神社の事象以降、流れは確実に山です。
海はミソギ、山は昇華。
神々が降り立ち、神上がる場所。
太平洋戦争のミソギのニニギが示された直後の硫黄島訪問です。
中国や韓国との外交上のバランス感覚なんて必要じゃありません。とるべき場所はほかにあるし、まわりを気にしてやるべきことをやらないのは愚の骨頂です。やるべきことをやれば、おのずと道は見えてくると思います。

ただし、問題はやはり核。
安倍首相には陰陽師の立場でいてほしいものです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/26 00:27分 
  • [編集]

ふくや?298 

298円ってお惣菜売場でよく見かける数字ですね。

今朝のニュース、下着泥棒さんは七五三 氏、交通事故は横芝「光」で、犠牲者には「輝」の文字。めでたいのかめでたくないのか、千葉の事象はよくわかりません。

硫黄島の帰りに羽田に入れなかったのは拒まれたからではないのかしら。
ただならぬ土地に上がった後ですから、神の意の風に逆らわずに反対側(対戦国)に飛んでいけば、あちらの菩提も弔われ、ミソギが済んだかもしれません。そのまま地球をぐるっと回って、世界巡礼にしたら、最高のまつりになったものを。
硫黄島の犠牲者は、死者は日本人が多いですが、怪我人やその後亡くなられた方まで含めるとアメリカ人が人数的に上回るとか。
弔い癒さなければならないのは、日本人だけでなく、当時の満州の人も、アメリカの人も、関係した国々も、自然に対しても、すべてです。

安倍さんは随分強気に出てますが、順調というのは力を入れなくても事が運ぶもので、力んで押し通すと必ず反発を招きます。
榊を奉納すれば御霊が浮かばれるだなんて、無いから。集団でお参りしても、一人一人がやることやらなきゃ、神も仏も動かないから。
ならば国をあげてみそぎ、清らかな姿を以て世に示さなきゃ。神国臣民を名乗るって、そういうこと。
いつやるの?今でしょう!

道真公は讒言による左遷ではないかもしれません。あの有名な歌を眺めながら調べてみると、新東宮(春)擁立のためにいろいろ手を回していらしたようです。クーデターを未然に察知され更迭の時に詠んだとしたら、「子どもたちよ後は頼んだぞ」とも読めて、実にキナ臭い。
そもそも菅公が教育界で言われるような帝好きなら、好きな帝の命を脅かす雷になどなりませんでしょ。

一旦、すべての封印を解いちゃった方がいいかも。地雷源みたいにわからなくなった封印を踏んじゃって被害が出るなら、無礼を詫び、感謝と癒しの心でお帰り願うのが安全。神だって長年拘束されたら疲れるでしょう。

数々のミソギが来ている山は、山岳丘陵ばかりではなく、クライマックス(ヤマ場)や変な盛り上がりも、瓦礫の山も、懸案事項(問題山積み)なんてのもありますかね。
でも、なんと言っても、おかみ、おほかみ、おほみかみです。カミから正していかないことには、二度手間三度手間です。

公邸に安倍氏が入居していないと聞いて驚きました。住む場所が他にあるなら、ホームレスのおじさんたちの簡易宿泊所として、貸してくれないかな。多額の維持費と引っ越し代かけて、子どもたちの見学にしか使わないなんて、もったいない。福祉294の道は、為政者自ら示さなきゃ。仮にも行政のトップ(山)にいるのだから。

東風は吹くや?今日は関東、雷雨の予報。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.04/26 10:36分 
  • [編集]

NoTitle 

はなさん
>弔い癒さなければならないのは、日本人だけでなく、当時の満州の人も、アメリカの人も、関係した国々も、自然に対しても、すべてです。

御意。まぁ、安倍さんの戦跡訪問は慰霊のためだけではなく他の目的が透けて見えますからね。
確かいやさかさんも過去記事で天皇皇后両陛下がハワイをご訪問された際にパールハーバーを訪れるべきだったと仰っていましたね。この時のコメント欄は結構炎上していたかな。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.04/26 12:38分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.04/26 14:50分 
  • [編集]

ノアの子孫 

チェチェンはグルジアにも接しているわけですが、この地域はハ(カ)ザール王国があった場所ですよね。
英語名ではジョージア。
アーサー・ケストラーの『第十三支族』アシュケナジーという。
740年頃ハザールはユダヤ教に集団改宗。
ノアの3番目の息子のヤペテを始祖とする血の伝承に関する見方がこの頃に作られたといいますね。

ハザールの元来の宗教は多神教とアニミズム。
テングル・カガン(天王)が最も重要視されたようです。

日本の天皇の元は天子(テングリ(ル))で騎馬民族の王。
天皇制度は騎馬民族の制度なんですよね。
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.04/26 21:31分 
  • [編集]

方舟 

アインシュタインの記録書いていて、ふと思いましたが、・・・・
「ヒロシマ、ナガサキの経験を持つ、民族が、何故? フクシマの経験を 持たされるんですか?」・・・・・・という質問を何度も、東北大震災の後にフランス人達から受けました・・・・・
「そうなんですよねぇぇ~、、何ででしょうねぇぇ?」とわたしも、頼りない返答しかできないでいる。
そういえば、ヨーロッパに来た頃、同じような抽象的な質問に、あるイタリア人から、穴の開いた貨幣<ピッコロ>を持ってないですか?と聞かれた。よかったら 珍しいので、いただけませんか?と言う。当時・・・・
「日本とドイツとイタリア・・・何故?一緒になったんでしょうねぇぇ?」と、懐疑する。そのイタリア人は年齢からすると、多分戦争に行ったのね?と推測しながら 話したりする。
WIKIから抜粋
「日独伊三国同盟、1940年(昭和15年)9月27日に日本、ドイツ、イタリアの間で締結された「日独伊三國間條約」に基づく日独伊三国の同盟関係を指す。第二次世界大戦における枢軸国の原型となリ、その後複数の枢軸国やその友好国も加盟した。」
アインシュタインの存在した時代、20世紀の西欧知的革新者の多数がユダヤ人でしたね。
ノーベル賞受賞だけ考えても多数のユダヤ出自としている人達多いですし、社会学や文学、芸術面、、20世紀の思想や文化を根底から革新するような存在でしたね。アインシュタイン、カフカ、ケルゼン、マルクス、フッサール、マンハイム、フロイト・・そうそう、芸術家に関しても、わたしは弦楽器をたしなむのですが、メニューインの 33回転のレコードを母が小さい時買ってきたの覚えています。メニューインもパールマンもユダヤ人ですし、弦楽器奏者で世界に通じている音楽家ってユダヤ人しか頭に浮かばない。そのユダヤ民族の歴史は、ナチドイツのヒットラーによって悲惨な歴史を歩む・・・・・・
どうしてなんでしょうかね?
原爆の被害を受けた世界で唯一の国 日本という存在、
ヒットラーという独裁政治による ユダヤ人の 歴史
日本人もユダヤ人も優秀な民族とし、世界には知られているでしょう。
そういう視点で、ヨーロッパ人は、歴史の展開の仕方、存在の仕方に 何かの 方向を 嗅ぎ取るのだと思うのですね。
2度と、同じ過ちを繰り返してはならないでしょう?
ノアの方舟は、
仏語は、 l’Arche de Noé アルシュ デゥ、ノエ という音素です、アルクARCという抽象名詞の単語きているんですよね。アルクという抽象表現の音素を成す、日本語訳には、 凱旋門の「門」arc de triompheであったり、大司教archevêque 大天使 archange の、「大」と」訳したり、考古学archeologieの「 古代」であったり、「原始」であったり「虹」であったり、「弓」と訳されるのですよね。
ARC アルクという音素は、沢山の意味を含む音素であり、訳され方にセンス<方向>を 含むという事だと思うのです。
ちなみに ジャンヌ、ダルクという名前の苗字、ARC さんのD’ARCダルクという苗字をもつ名前の 少女ジャンヌ<ヨハネス>だったんですね。
ですので、個々人<人間行為>だけに、意識を執着させ判断するという事ではなく、何らかの暗号や記号を諸聖人達は持って生まれてきているはずなんです。音を介しての存在論でアルファベット圏語は 意味通じてるはずです。
ところが、日本語訳の方舟という単語見た時は、、、驚愕と言う言葉では足りないくらい驚きました。舟は分りますが、「方」を頭に付けるという日本語訳に脱帽しました。
舟だけでは、意味は通じない、、、、と思われたのでしょうね。ARCHEアルシュという単語だけ引けば、アーチとか、弓とか唯物を指す単語ですから、どのように、方舟 という 単語を発見したんでしょうね?
向かう方向を間違ってはいけないんですね。2度と同じ過ちを 繰り返してしまうような途上に 無意識に、その方向に存在しようとしてはいけないのですよね?・・・個々人の 心に宿る善の意識、世界の人達の 善の価値観と重なるように、努めないとならないのだと思うのですね。
もう一度、アインシュタインとラッセルの誓願文でも載せます。アインシュタインは、日本滞在中の 12月25日のクリスマスの日、ヴァイオリンで、アヴェマリアを ひいたそうですね。
ヴァイオリンの音色に平和の祈りを込め、アヴェマリアをひく、、、、アインシュタイン、、、一時も早く叶えて欲しい、祈りでもあります。

http://www.pugwashjapan.jp/r_e.html



  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.04/27 01:55分 
  • [編集]

出雲本殿遷座祭 近し… 

LAR…L'arcenciel
昨日の大雨で大阪は空に虹がかかりました。
ラルカンシェール、空の弓…
ノアの方船に出てくる「約束の虹」です。

…と言っているうちにゴールデンウィーク。
5月10日、出雲大社「本殿遷座祭」
大国主大神が修造成った御本殿にお還りになりますね。

こちらの宮司さんの名は千家。

千といえば、イザナギが、
「千殺せば千五百の産屋を建てよう」と言い、
橘の小門でミソギをしました。

千利休と同じ名の千つながり…。
出雲遷宮では祝いの茶会も催されるそうで、
大社のお膝元には出雲銘茶という
全国にも名高い茶処があるんですって。

堺に住みますが、ルーツは葛城高宮のあたり。
この周辺は延喜式内社が多く、出雲系の神々だらけです。
太古の歴史に足を踏み入れた頃は何故ここに出雲?!と
不思議でしたが、三輪山との関係や海人系など調べると
ますます絡み合ってドツボです。でも古代は面白い!!
出雲にワクワクしています。
  • posted by Diva 
  • URL 
  • 2013.04/27 09:37分 
  • [編集]

方舟って 

いやさかの木さん今日は

千春さん今日は、私はどうしても「ノアの方舟」が「宇宙船地球号」とイメージが重なるのですが、宇宙の海原を旅する巨大な宇宙船、その中には日本(各民族か?)という方舟が歴史の海原を航海し、その中には県や町、会社など小さな組織(共同体)の方船が存在し、家族、夫婦、親子と言った小さな方舟へと繋がっています。

もっと小さく観れば、体は細胞たちの乗ったDNAの方舟、各臓器や細胞、血液中の赤血球に至るまで「ある種の船が旅をしている」イメージです、この世界の極大から極小まで貫くイメージが「旅(動く)する入れ物、船」でしょうか、船の中には必ず誰かと乗り合わせている様です。

私たちが「宇宙船地球号」に乗って旅をしている訳ですが、船の外(宇宙)がどうなっているのかはあまり良く分かっていません、実際に行ってみたのは月ぐらいまでで望遠鏡で覗いて「多分こうなっているのだろう」と大変心もとないものです。

でも、技術の進歩で「地球は地球自身を外側から観る事ができる」時が来ました、そこで観たものとは、一隻の船に乗り合わせた70億人の兄弟たち、今までは船が大きすぎて皆が同じ船に乗り合わせているとは思ってもみなかったのです。

ちょっと無理のある物語でしょうか。笑

方舟、私もよくわからないのですが、神様とは船に力と方向(ベクトル)を与えるものなのでしょうか、必ずしも2次元的な方向だけではない、「ノアの方舟」は特別な場所へ移動した訳では有りませんが、命を載せて2つの時代、時間を超える旅したのだと思いませんか。

今までは、力は認めて利用してきましたが、方向は見失っていた(正確にはちょっと違うけど表現しにくい)様な。

近頃、何が本当なのか分からなくなっています、仕事にも集中できず五月病と言った感じでしょうか、納期が有るのでちょっと困っています。

でも、ぼんやりと考えているのは楽しいのですが。


いやさかの木さんに頂いた「アユサン」のヒントですが残念ながら私には良く分かりませんでした、強いて言えば、私が住んでいる所が「鮎貝」です、正確には「鮎貝地区」で鮎貝小学校が母校です、昨日授業参観とPTAの総会が有りました、私にとっては息子と共に一年生状態です。

町内を流れる「最上川」には日本最大級(自称か)と言われ簗場が有り鮎は町の観光資源になっています、なので「鮎さんのお世話になっております」、凄いこじつけですね。

この流域は「五百川渓谷」と呼ばれており下流にもう一つ簗場が有ります、関係が有るのかは分かりませんが流域に「大瀬」という場所が有ります、「ホツマツタエ」的には「いも、おせ」がセットになっています。

今年の大河ドラマ「八重の桜」ですが
「クランクインは2012年9月9日。舞台となる福島県会津地方でのロケーション撮影から開始され、9月13日には鶴ヶ城において出演者による記者会見が行われた。」

何故か9と13ですね、破壊の事象数「9」が銃による戦いの破壊、武器による解決の時代の終焉で有ってほしいものです。

五月五日から七月七日は何か良い事が起きると良いですね、武器に頼らない解決を願って書いてみました。

いつも有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.04/27 10:54分 
  • [編集]

お茶の産地 

狛猪
蛤御門の前に和気清麻呂公を祀った護王神社があるそうですが、和気清麻呂公が道鏡に足の筋を切られ、猪に助けられた伝説がある小倉の足立山(山の名前は足が治ったから)にも和気清麻呂公を祀った妙見神社があり、狛猪があります。ここの本地仏の虚空蔵菩薩の「虚空蔵」は「コクウクラ」と読めるので地名が「コクラ」になったという説もあります。
少し下に黒住町という町がありますが、朝日新聞に勤めていた無名時代の松本清張が住んでいました。「点と線」の松本清張の作品名には「黒地の絵」「黒い画集」「黒い樹海」「黒い福音」「黒い血の女」「黒の様式」「黒の回廊」「白と黒の革命」「黒革の手帖」「黒い空」「黒の奔流」「日本の黒い霧」など、黒が入ったものが多いですが、これが黒住町という町名に関係しているのかは不明です。

ブルーインパルス
天と地の間の大空をチームの連携を保ちながら飛び交うブルーインパルスが、未曾有の大災害で生き残ったことは喜ばしい事象だと思います。天神の上空だと六輪の桜も梅に見えますね。茨城県の百里基地は偕楽園がある水戸に近いので梅のマークです。
http://blueskyandwhitewings.blog64.fc2.com/blog-entry-522.html
ブルーインパルスの飛行機は川崎重工製のT-4ですが、エンジンも石川島播磨重工業製なので純国産機です。ブルーインパルスの機体の愛称がドルフィンなのは曲芸つながりかと思っていましたが、愛称の由来は丸みを帯びた機体の形からなので、ブルーインパルス以外のT-4もドルフィンと呼ばれています。
ブルーインパルスが避難していた芦屋基地には赤いT-4があり、レッドドルフィンと呼ばれます。この部隊(第13飛行教育団)のマークは玄界灘の荒波と十三をデザインしています。
http://rightwing.sakura.ne.jp/equipment/emblems/jasdf_emblem/13ftw/a_13ftw.html

お茶
浜松の山下太一郎さんの茶畑で地滑りが発生していますが、昨年の7月、九州北部は集中豪雨で八女茶の産地の福岡県南部の八女地方の茶畑も大きな被害を受けました。昨年のお盆には宇治茶の宇治でも豪雨災害が発生しています。海外を調べたら、インドのアッサム地方でも昨年の6月に鉄砲水が起こっています。お茶の産地は災害が多いようです。
皇族が学習院ではなく、お茶の水の付属小学校に入学したことも意味があるのでしょうか。
加藤茶さんにも注目しておくべきかもしれません。


明日の天皇賞にはステイゴールド産駒が3頭出走します。ゴールドシップ、サトノシュレン(シュレンは漫画の北斗の拳の炎の拳士)、フェノーメノ(ポルトガル語で超常現象、怪物)と意味深な馬名です。ステイゴールドの略称の「ステゴ」はヒルコを連想させます。他に名前が気になる馬は、太陽神ラーが入ったトーセンラー、フランス語で銃士のムスカテール、神宮が入ったコパノジングー(馬主は風水のDr.コパ)です。
出馬表
http://keiba.yahoo.co.jp/race/denma/1308030411/


ローカルな地名だと福岡大学がある七隈を連想します。12月の福大の寮の火災で亡くなられた女子の長距離選手は島原出身で、お父さんはフェリーの船長をされていると報道されていたと思います。
JR九州は秋から「ななつ星」という九州を一周する高級列車を走らせます。九州は7県なので7つ星だそうです。JR九州はデザイナーの水戸岡鋭治氏によるユニークな列車が多いですが、水戸岡さんは岡山出身です。福岡という地名も殿様の黒田家が備後の福岡を治めていたからですが、駅名が福岡ではなく博多なのは博多っ子の意地でしょうね。
オワリの国で7時間、屋根の上に立てこもった事件がありましたが、トイレはどうしたのだろうと不思議でした。「屋根の上」といえばバイオリン弾きを連想しますが、ユダヤ人の排斥運動が根底にあったのですね。

9×9マスの将棋で人間が電脳に負けたのも気になる事象です。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2013.04/27 11:29分 
  • [編集]

Re: ふくや?298 

ああ、博多名物辛子明太子ですね。
たしかにうちは福さ屋より福屋だなぁ。う~む、さヌキ?

72歳の下着ドロで七五三が示されるとは、あいかわらず千葉はボーソー半島ですね(苦笑)。
千葉に住むものとしては、煽られないよう気をつけねば。
横芝光町は、いってみれば千葉氏と上総氏の和合モデル。キーワードは兄弟。
去年の若き町長さんのこともあるし、三種と十種の和合のためにも、ヘンなことおきてほしくないんですけどねぇ。



> 298円ってお惣菜売場でよく見かける数字ですね。
>
> 今朝のニュース、下着泥棒さんは七五三 氏、交通事故は横芝「光」で、犠牲者には「輝」の文字。めでたいのかめでたくないのか、千葉の事象はよくわかりません。
>
> 硫黄島の帰りに羽田に入れなかったのは拒まれたからではないのかしら。
> ただならぬ土地に上がった後ですから、神の意の風に逆らわずに反対側(対戦国)に飛んでいけば、あちらの菩提も弔われ、ミソギが済んだかもしれません。そのまま地球をぐるっと回って、世界巡礼にしたら、最高のまつりになったものを。
> 硫黄島の犠牲者は、死者は日本人が多いですが、怪我人やその後亡くなられた方まで含めるとアメリカ人が人数的に上回るとか。
> 弔い癒さなければならないのは、日本人だけでなく、当時の満州の人も、アメリカの人も、関係した国々も、自然に対しても、すべてです。
>
> 安倍さんは随分強気に出てますが、順調というのは力を入れなくても事が運ぶもので、力んで押し通すと必ず反発を招きます。
> 榊を奉納すれば御霊が浮かばれるだなんて、無いから。集団でお参りしても、一人一人がやることやらなきゃ、神も仏も動かないから。
> ならば国をあげてみそぎ、清らかな姿を以て世に示さなきゃ。神国臣民を名乗るって、そういうこと。
> いつやるの?今でしょう!
>
> 道真公は讒言による左遷ではないかもしれません。あの有名な歌を眺めながら調べてみると、新東宮(春)擁立のためにいろいろ手を回していらしたようです。クーデターを未然に察知され更迭の時に詠んだとしたら、「子どもたちよ後は頼んだぞ」とも読めて、実にキナ臭い。
> そもそも菅公が教育界で言われるような帝好きなら、好きな帝の命を脅かす雷になどなりませんでしょ。
>
> 一旦、すべての封印を解いちゃった方がいいかも。地雷源みたいにわからなくなった封印を踏んじゃって被害が出るなら、無礼を詫び、感謝と癒しの心でお帰り願うのが安全。神だって長年拘束されたら疲れるでしょう。
>
> 数々のミソギが来ている山は、山岳丘陵ばかりではなく、クライマックス(ヤマ場)や変な盛り上がりも、瓦礫の山も、懸案事項(問題山積み)なんてのもありますかね。
> でも、なんと言っても、おかみ、おほかみ、おほみかみです。カミから正していかないことには、二度手間三度手間です。
>
> 公邸に安倍氏が入居していないと聞いて驚きました。住む場所が他にあるなら、ホームレスのおじさんたちの簡易宿泊所として、貸してくれないかな。多額の維持費と引っ越し代かけて、子どもたちの見学にしか使わないなんて、もったいない。福祉294の道は、為政者自ら示さなきゃ。仮にも行政のトップ(山)にいるのだから。
>
> 東風は吹くや?今日は関東、雷雨の予報。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/27 14:10分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

カグツチ国旗のカナダから真珠湾のハワイへ。
いいご訪問ルートだったんだけどなぁ。
アルジェリアの人質事件で日本人を処刑したのは、カナダ人でしたね。

今回の硫黄島は自立への布石です。
方向さえまちがわなければ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/27 14:39分 
  • [編集]

Re: 

ありがとうございます。
「桜」ですね。桜は山津見のトーテムなんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/27 14:42分 
  • [編集]

穴あき通貨 

穴あき通貨が、アナーキー通貨に見えてしまう…。中国の観光客さんにも、5円玉は人気でした。

5月5日は、大國魂神社のくらやみ祭りとかで、今日寄ったら灯籠や建物の周りに工事用の柵が廻らされておりました。地元の方の言うには、「ここで激しく揉むからねぇ」と。

くらやみ祭りで思い出したのが、京都は宇治市の(神社名失念)コノハナサクヤさんを祀った神社のお祭り。昭和一桁の父の話では、夜は青年団でお籠りして、誰とでもデキタたとか。(今はどうか知りません)
お祭りは何でもありあり。

アマテラスさんの岩戸籠り(闇)は、新時代の前兆。
黙って聞いていれば、好き勝手いう人がはっきり見えます。周りを見定めるには、沈黙こそ金。

明日から、東宮ご夫妻が訪蘭の途に(ホーランド♪)。
まずは他国の例をお二人の眼でご覧いただいて、学ばれるという意味では、今年はもう一件意義深い先例(バチカン)が。英国は?

方舟の話がありました。
一字ずつ見ると、方の字は「二つで一セット」、舟(ふね)「繋ぎ」「受け皿」の意味があります。
方舟をホウショウと読ませると、「二艘並べた舟」
では三艘並べたら?立舟?リッシュウ?まさかの日蓮の立宗宣言は4月28日。その日はサンフランシスコ平和条約発効日。

三つの巴が、くるくる動き出しますか。
「6月6日に雨ザーザー降ってきて、三角定規にひび入って」六芒星を崩壊して、籠の中のかわいいコックさんが生まれる?

にしても、大津の事象は賑やかすぎます。世界のへそだとしても、痛くない腹が痛くて大騒ぎなのは、誰か探りましたか?

私、日本書紀に描かれた仁徳天皇の治世は、大津皇子の在り方ではないかと睨んでいます。浮気性な仁徳さんが、そんなにいい政治できるかしら。どうもこれが、大津皇子が、世に知らしめたいことのような気がしてなりません。
現代の某弟君のご婚儀は、流すのも命懸けなのに何度もだったから責任を取っていただくためと…、私は聞き及んでおります。風の噂というには三つの別々のルートから聞こえるって、公然の秘密ではないですか。
女を大事にしないと、ろくなことはありません。

何よりもまず、日本は、土台から正しましょう。(私が言うなって(笑))
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.04/27 21:45分 
  • [編集]

茶々 

前回コメントをしてから「茶」が気になって仕方がありません。
先日は滋賀県信楽の「朝宮の茶」を頂きました。紅茶と烏龍茶の間みたいな味でした。
調べたら静岡や宇治のお茶より歴史が古いとの説明がありました。
地図を見ると大津の近くですね。
http://www.google.com/gwt/x?gl=JP&hl=ja-JP&u=http://asamiyacha.net/ec/g_detail.php%3Fgid%3D27&client=ms-nttr_docomo_gws_aw-jp&source=sg&q=%E6%9C%9D%E5%AE%AE%E7%B4%85%E8%8C%B6+%E6%BB%8B%E8%B3%80

あと「茶々入れる」って「邪魔する」の意味で使うな~って思ったり、
ギタリストのCharさんが気になったりもします。
Divaさん、有り難うございました。
  • posted by りつ 
  • URL 
  • 2013.04/28 01:52分 
  • [編集]

Re: 茶々 

個人的には、ことしも八十八夜のスサノヲに注目しています。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/28 02:07分 
  • [編集]

Re: ノアの子孫 

> 天皇制度は騎馬民族の制度なんですよね。

そういう説もありますね。
天皇とむすびつけるより、蝦夷とむすびつけた方がおもしろいかもしれません。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/28 02:14分 
  • [編集]

Re: 方舟 

フランスもひとごとではないと思いますよ。
いままではラッキーでしたけど、こまかい事故は無数におきてます。
2008年7月7日のウラン溶液もれで職員100人くらい被曝してるし、フクシマの年にも核廃棄物処理場で爆発事故おきてます。
そのほか最近では凍結による冷却水の停止とか、旱魃による冷却水危機とか。
フクシマより古いタイプも多いんじゃないかな。
しらべたら、1980年3月13日のサンローラン発電所のレベル4が最高のようですね。
3月13日のオルレアン(西南30km)です。
13のアメリカとも、自由の女神でぶっとくつながってますしね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/28 03:41分 
  • [編集]

マサチューセッツ 

りつ様のコメントを拝見して、曲の歌詞で こんなページを読んでいました。(もうご存じだったらスルーして下さい)

曲の正式名は
The Lights All Went Out In Massachusetts
訳は「マサチューセッツの灯りはすべて消えた」です。

現在のボストン事件のアメリカ・13のアメリカ・フランシスコとの関係等を理解するヒントがあり、このブログの意もストンと腑に落ちました。60年代にも時代のウェーブがあって、歴史は繰り返されるんですね。良きサジェッションをありがとうございました。

http://www.eigo21.com/03/pops/75.htm
  • posted by Diva 
  • URL 
  • 2013.04/28 06:37分 
  • [編集]

星神 

騎馬民族の王、その王は北極星の太一の命により王権を授かる
その天命の儀式が天武天皇が始めた「大嘗祭」。
国が乱れると太一(北極星)が命を改めて実力のある者を王とするー「革命」

日本では何故か「星」が隠されているのか、あえて隠しているのか・・・

天照が太陽で月読が月ならスサノヲは星・・・
彗星、インドではこれを”ケツ”と呼んで中国だと”計都”
”ケツ”と言えば、家都御子大神ースサノヲ。
神社によく使われる三の巴も三の星を表現したモノ
「星」で見ていくと色々と面白いかも知れませんね。

「マサチューセッツ」

前にある事を調べていた時に知ったのですが、
このマサチューセッツですが、アメリカで生まれた多くの新興宗教の90%がマサチューセッツ州ピッツバーグを中心とする150マイル以内の、しかもほんのわずかの家系から出ていて、その家系はユダヤ人であったと言いますね。

ビージーズの曲よく聴いてましたが、背景があるんですね。。。
  • posted by  
  • URL 
  • 2013.04/28 09:48分 
  • [編集]

硫黄島から 

 
安倍と一緒に帰りたくなかったのかも…
 
 
戦争に向かって行ったあの時代に逆戻りさせる安倍とは。
 
ふと…そう感じたのですが。
 
ちょっと色々あって…ここは見るだけになってます(汗
 
  • posted by Mythril 
  • URL 
  • 2013.04/28 10:57分 
  • [編集]

NoTitle 

全ての事象が茶に通じてる。茶の闇が分からなければ、単に安倍氏を批判する記事を真に受けてしまうだけ。
  • posted by @ 
  • URL 
  • 2013.04/28 14:16分 
  • [編集]

一茶 

いやさかの木様 新しい記事ありがとうございます。
皆さまのコメントも興味深く読んでいます。

裏千家・前家元の千玄室大宗匠が4月9日、米上院で献茶式を行いましたが、米議会で献茶式は初めてのことだそうです。昨年12月17日に88歳で亡くなった日系上院議員、ダニエル・イノウエ氏の追悼と日米友好と世界平和を祈念してということです。
ダニエル・イノウエ氏の両親は福岡県八女郡横山村(現広川町・八女市)からハワイに移住したそうですが、広川町にある石人山古墳は筑紫王・磐井の祖父の墓ではないかといわれています。
氏の葬儀は12月21日ワシントン大聖堂で行われましたが、オバマ大統領はハワイ出身や人種問題など共通点がある氏の活躍に希望を見出し、上院議員になった時に一番最初に訪問したのは氏のところだったと弔辞で述べていました。

名月をとってくれろと泣く子かな
黒姫山のある信濃町出身の小林一茶は今年6月(旧暦5月5日)で生誕250年を迎えます。一茶の動物を題材にした俳句の中で最も多く詠まれているのがネコです。一茶記念館の名物・猫館長は「うみ」
ところで、DA PUMPのボーカルも一茶ISSAですが、弟は二茶と書いてニーチェだそうですね。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.04/28 14:39分 
  • [編集]

ちなみに 

13ってアルミニウムです。
7は窒素、8は酸素、88はラジウム。
92(クニ)はウラ(裏・浦・恨)ン=天王、93はネプツニウム=海王、94はプルトニウム=冥王。
6が炭素で33はヒ素です。。。ってキリがないのでこのくらいで。

以前、水から何故に火が?というような話題がありましたけど、そりゃ水は水素と酸素の化合物ですもん、どっちも単独なら爆発燃焼要注意です(笑)。
  • posted by hiromiee 
  • URL 
  • 2013.04/28 19:19分 
  • [編集]

Re: お茶の産地 

天皇賞は1着が蛯名の超常現象。2着が武のラー。3着が赤い贈り物でしたね。
6-1-13。
6+1=7と13。

13の赤い贈り物は、レッドソックスのボストン馬券。
ラーの対角18番のムスカはテキサス肥料工場爆破事故の市長の名でした。

超常現象と太陽、そして赤い贈り物。
核の共鳴だなぁ。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/28 19:36分 
  • [編集]

みなさんへ 

あたらしい方もいらっしゃいますし、
ちと流れがむきそうなので、あらかじめおことわりしておきます。

日ユ同祖論。
騎馬民族説。

は、ロマンあふれるサイトがほかにたくさんありますので、そちらでお願いします。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.04/29 01:36分 
  • [編集]

大角神子(おほつのみこ)のために 

目を閉じて茶を味わう。
立ち上る香り、茶碗から手に伝わる温度(温もり)、口に含んだ時のふわっとした味わい、喉の奥を通る潤い、胃まで落ちて落ち着き。何より沁み渡るのが、お茶を淹れて(立てて)下さった方の思いと心配り。
苦味のある茶が、甘露となる所以。

石田三成が秀吉に出した三杯の茶は、彼の運命を決めるに十分でした。
後世の評価はどうであれ、三成にとって、秀吉は自分を引き立ててくれた大恩人。その恩に報いようとすれば、恩人に代わって戦地に臨むことも厭いますまい。

光秀。いくら尊敬する上司でも、自分を産み育てくだされし母の命を、むざむざと見捨てる所業は許せない。
大恩ある母の亡き後、自分が高く用いられたところで、嬉しくもないし、ましてや敵となった上司など。

大友皇子。
自分が討伐対象となった、状況(戦局)を知るには時間と供が少なすぎた。

歴史には、言葉に表せないほどの、大勢の方々の恨みや憎しみ悲しみが隠れています。
マサチューセッツでの魔女裁判。裁く方も裁かれる側も狂気に満ちた、地獄絵図。

桃太郎は、鬼を退治したのでしょうか。鬼と化した大勢の悲しみを救ったのでしょうか。

昔幼い頃に聞いた懐かしい歌を聞けば、安らかにあの世に往けるとは映画『終の信託』の重要ポイントでしたが、できることなら同じく映画『天地明察』の安井算哲のように、最愛の人と同時に生涯を閉じられたら、哀しみも無くなるのかもしれません。

光の無い冥界でも、茶はいただけるそうです。
けれど、光と共に最愛の人が迎えに現れたならば、お茶「で」濁すより、もっと効果的に、荒れ狂う御霊を救えることでしょう。

さて、どうしたものか。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.04/29 02:00分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.04/29 09:02分 
  • [編集]

帽子と勝負服 

1着は3枠6番のフェノーメノ(ポルトガル語で超常現象・怪物)でした。蛯名正義騎手なので「正義は勝つ」ということでしょうか。
2着は1枠1番のトーセンラー(太陽神)で武豊騎手。馬主は仙台の健康食品の会社(ジャパンヘルスサミット)の経営者です。
競馬は枠で騎手の帽子の色が決まっています。(1枠-白、2枠-黒、3枠-赤、4枠-青、5枠-黄、6枠-緑、7枠-橙、8枠-桃)1着が3枠の赤で、2着が1枠の白なので、天皇賞らしく日の丸の色が来たと思いました。
もしもゴールドシップが勝っていれば、勝負服が赤白でした。
http://shop.prc.jp/index.php?pg=detail&ct=g1gds&cd=04754&cm=&offset=
勝ったフェノーメノの勝負服はオルフェーヴルと馬主が同じ(サンデーレーシング)なのでこの柄です。
http://shop.prc.jp/index.php?pg=detail&ct=g3shb&cd=04527&cm=&offset=

天王星のウラヌスといえば、戦前の五輪の馬術で金メダルを獲り、バロン西こと西竹一大佐の愛馬がウラヌス号でした。ウラヌス号は西大佐が硫黄島で戦死した1週間後に病死しています。西大佐の父親は駐清公使だった頃、西太后の信頼が厚く、シナ茶の専売権を与えられ巨万の富を得たそうです。

ダニエル・イノウエ氏も八女の出身でしたか。出所したホリエモンや黒木瞳さんも八女の出身です。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2013.04/29 11:16分 
  • [編集]

自他共存 

地球上に住む人間が、地球の 事を考えないで生きる事はもう不可能だと 思うのですよね。
全ての人間がホピ族みたいな感性を持たないとこのアグレシブな社会でさえ押しつぶされ心身健康に保てなくなり、ドンドン自分以外の他者とのコミュニケート通信力を失っていく。本当は言葉は必要ないと思うのに、記号や数字や言語といったものしか感知できなくなり、心地よい感情や心情の驚きといった体験に至らず、メディア情報のニュースに脅かされる毎日を送らないとならなくなる。
犯罪年齢の若年化や それよりも、子供達が授業中に歩き回るといった3,40年前には聞かれなかった現象があちこちで起る。その子供個人を問題にするのではなく、その子供達が置かれている回りの空気や、育てられている人間との人間関係や すべての 人間が根ざしている土壌の質だと思うのですね。
まず社会を構成する人間心理の 情態を知るのには、最初は弱い<影響でやすい>子供達に影響が出はじめると思うのですね。本当は、無垢さというのは、何に対しても絶対的な存在性の力が普遍化浸透するんですけどね、、、6,7ヶ月の赤ちゃんの笑い声が聞こえると、ホットすると思うのですね。大人が笑わせようと何かを演じて笑わせるという受動的な笑いではなく、何でも無い事なのに、笑う赤ちゃんの笑いは、本当に何の恐れも感じてない生きる事が楽しくてしょうがない・・・という魂が本来持って生まれて来る希求運動によるものでしょう・・・と思うのです。<赤ちゃんの波動が高いといわれるのは、そういう意味だと思います>

戦争も テロも原発の問題も、それこそ社会に生きる人間関係や家庭内といった問題に至るまで 全て、全てに至るまで、因果関係があると思うのですね。それは、地球自身の状態に密接に呼応しているのじゃないか?と思うのですよ。ですから、部分<個人、国>のみに意識を 執着させて、貴方と私<民族と民族>を対峙させ、愛憎感情の呼応を仲間と呼応していても、閉塞性を生みますし、全体<地球、宇宙>からしたら全く変わらない状態でいるように思えるのですよね。
生き辛く感じるのは、自分と因果関係で結ばれた未知の他者達が生き辛いと感じている声に 呼応しているのではないか?と思うのです。それは地球自身の声でもあると思うのですよね。他者が悪い・・・・と云う事は簡単ですが、他者は自分の中に存在する他者だからこそ、過剰に 呼応しているのじゃないでしょうか?と思うのですね。
ちなみに、ラテン語を語源とするフランス語の 土<地>という意味の単語と、地球という意味の単語は、一つの、単語 TERRE テール なので、土<地>とも地球とも訳せるので、別個ではないんです。同じなんですね。自分の土地と云ってても、自分の 地球と云っている事になり、貴方の土地と云ってても、貴方の地球と音素上では、放っているのですよね。それじゃ、困ると思われるかも知れませんが、元が一緒なのに、どうして、違う単語として現さないとならないのか?という言葉の音素の持つ意味に気付かせる・・・・そのような言語構造で、出来てるそうなんですね。
自分の家や土地と同じように、地球にも心を配りなさい・・・という自分に語られてる言葉であり 自他は区別出来ないからでしょうと思います。
テリトワールを広げるとか 自分のモノにするという占有意識<わたしのモノ>が最初に働くのではなく、全ての人は、自分の地球と思うような地球の存在は内包されているという客観視だと思うのです。ちなみにこのようなNET世界での形而上世界での接し方や扱われ方は、わたしのブログ、貴方のブログ、、といった境界線もないと思うのですね。ですから、知らないうちに見つけたブログ、、という行為に至っているのでしょう。
なので、NET上で紋切り型の単純な表現力による荒しという行為が流行るのも、コマーシャルのような短時間の断面で笑いを誘うというような存在の仕方、生かされる実態世界の質の二重写しになっているようなんです。

これすごく密教的宇宙観に近いですし、近代の哲学、精神、心理学を読むと精神世界の語る世界と同じようです。
そうそう、ユダヤ人の問題で思いましたが、アーリア人至上主義,反ユダヤ主義の、ヒットラーについて、WIKIを読むと
「2010年には、ヒトラーの近親者から採取したDNAを分析した結果、西ヨーロッパ系には珍しく、北アフリカやユダヤ系の人々には一般的に見られる形の染色体があるという調査結果が発表された[14]。」と載っていました。
結局自己の中に存在する一部の他者<ユダヤ系>を受け入れられなくて、たまたま、目の前のユダヤ民族へ、反感を募らせあのような存在の仕方で、時代を造ってしまったのではないでしょうかね?
自分の中の一部を攻撃しても、結局その途上にあるのは、自分自身が生きれなくなる、あるいは、存在できなくなるような事途上を無意識に生きてしまう。将来、自分が、または自分の分身が、存在しなければ、ならないのなら、絶対命令として本能がまず働くのではないでしょうかね。
子供を生むにしても、何処の病院が近いという条件といった物理的な条件ではなく、むしろ国境など関係なくなる 土地勘ではないでしょうかね。
まるで、妊娠した野生動物が 外敵からおそわれない場所を見つけるまで、産まない、大地やサバンナを彷徨う感覚というのが、本来人間にも備わっているのじゃないか?と思うのですよね。
占いには、生まれた場所や時刻まで聞くけど、結局生まれた場所ってそれくらい大事で、同じく死ぬ場所も 最初から決まっているんじゃないでしょうかね?故人の存在した意味、暗示を無意識に残す・・・という意味ですけどね。
ダヴィンチは、あまり絵画を残しませんでしたけど、それでも数少ない デッサンや線一本でも、見ていると浮きだってくるのですよね。最初、この時代の宗教絵画を描く、芸術家には 所謂信仰心という意識が 備わっているのか?という 探求心があって、ここ数年ダヴィンチの足跡を辿っていました。教会から注文された宗教絵画にも関わらず、天使の羽や 聖人を示す頭上の輪を描かない、といったダヴィンチの意図が何処にあったのか?そのような懐疑心が動くのですよね。空海さんも 天空で動いているのをあちこちから聞かれるようになりましたね。ニーチェの「善悪の彼岸」に、
[狂気は個人にあっては希有なことである。しかし集団、党派、民族、時代にあっては通例である。]
と書かれていますが、テロ犯人個人を制裁すればそれで問題解決したと 思っていると、テロ犯人だけを追う、という世界中がストーカーと類似の意識を強めていると思うのですね。
怒りを放つ対象探しに夢中にならなければ精神の平衡感覚を失ってしまう。という状態。
それより、何故? このような世界観をおのずから想念してしまっているか?という もっと根本に 目を向ける事にあると思うのです。
通常人が毎日している事、日常思う、心の状態如何だと思うのですよね。長くなり失礼しました。
最後
ダヴィンチの言葉に、

「愛する者は愛する対象により動かされる。官能的なものにより官能が動かされるように、両者は融合し一体となる。
憎しみをくい止められるものは?それは愛だけだ、愛は全てに勝る。」と書き残してます。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.04/29 16:19分 
  • [編集]

ハワイ出身 

エイトさん、私の書き方が紛らわしかったのですが、ダニエル・イノウエ氏はハワイで生まれたそうです。父方が福岡で母方が広島出身とのこと。

日系アメリカ人として初の宇宙飛行士であるエリソン・オニヅカ氏もハワイ出身ですが、やはり父が福岡県、母が広島県にルーツがあります。父方の祖父母の故郷は福岡県浮羽郡浮羽町ということで、筑後ですね。スペースシャトルチャレンジャー号の事故で乗務員7名全員が亡くなりました。

日本各地で点火されている原爆の火の元火は八女市・星野村にあることが前から不思議な気がしていたのですが、何か広島から福岡へというのも意味がありそうですね。

(ひとつ前の記事にコメントを書いてしまったので、改めてこちらに書き直しました)
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.04/30 07:32分 
  • [編集]

お茶と火 

Linkさん、ダニエル・イノウエ氏の出身地の件、私の早とちりでした。父方のルーツが八女だったのですね。
確かに八女の星野村に広島の原爆の火が灯し続けられていることも不思議な縁です。
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/0103/genbaku/hosinomura/hosi.html
お茶の取材に来ていた新聞記者が、広島で採火した男性の自宅に夏でもコタツに火があることを不思議に思い、火の存在が広く知られることになったそうです。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2013.04/30 22:00分 
  • [編集]

ニュースで噴火! 

「富士山」が世界文化遺産に登録される見通しとなった。ユネスコの諮問機関・イコモスは、日本時間30日夜に勧告した。6月にカンボジア・プノンペンで行われる委員会で正式に決まるが、イコモスの勧告が「記載」となった案件はほぼ登録されている。

不死の山、2 4(ふじ)の山…この時期、富士山が噴火でなく、こんな形でクローズアップされるなんて予想外でした。

294の道は、間に9が入っていて、ホントの意味での『9重垣』に至るには、ここが日本の踏ん張りどこですネ。(今、認証用キーワードも9820です~)
  • posted by Diva 
  • URL 
  • 2013.05/01 06:48分 
  • [編集]

Re: ニュースで噴火! 

すごいすごい!
しかも17番目の世界遺産。
出るなぁ17。

自然遺産じゃなく文化遺産なんですね。
山宮浅間神社も登録対象だとか。
日本武尊もおよろこびでしょう。
人気のない山宮が観光客でごったがえすんのかな。

イザナミ回帰日食を富士山で見てから早4年。
念願の山宮も、そのときはじめていったんです。

88事象からの88富士へのプレゼント。
父なる火のミソギと山の流れも、これで満足してほしいですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/01 22:22分 
  • [編集]

Re: 方舟って 

五月雨をあつめてはやし最上川ですね。
こちらは水浴びできる川さえないのがつらいとこ。
あ、エメラルドグリーンの海ならあります。青潮ですけど。

参考になるかわかりませんが、
事象ってつきつめると、いいもわるいもないんですよね。
ほんともうそもない。
ただひたすらひびきあってるだけというか。
ま、だからなんだって話ですけど。

> 「クランクインは2012年9月9日。
> 9月13日には鶴ヶ城において出演者による記者会見が行われた。

おもしろいですねぇ。
八重だけど9なんだ。
ことしにぴったり。

富士山が文化遺産ほぼ決定ですね。
福岡の桜、ブルーインパルス、山津見神社火災、淡路地震、安倍総理の硫黄島訪問、三宅島と鳥島の地震。そして富士山。
これらはすべておなじひびきです。木霊です。
世界遺産決定みたいなひびきがつづくといいですね。
5月5日~7月7日はたしかにだいじです。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/01 23:20分 
  • [編集]

Re: 硫黄島から 

おひさです。なにかありましたか?

読んでくださるだけでもうれしいです。

個人的に安倍政権についていえるのは、
「自立」を託された存在だということです。
まあたしかにいっしょに帰りたくなかったってのもあるかもしれないけど(笑)、
ありがたいと思った魂さんもいるはずで、
引き返したという「型」の意味は、こんごの事象がおしえてくれると思いますよ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/01 23:36分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

茶の闇って、なんですか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/01 23:38分 
  • [編集]

Re: 一茶 

そもそも当ブログで最初に「茶」のワードが出たのが、
2008年9月~の筑紫事象の磐井国造地震なんですよ。
これに反応したのが、福岡の背振山です。
栄西が茶種を植えたといわれてるとこですね。

4月9日の米上院での献茶式のあとに、茶会事件のボストン。
こりゃ「巌」と「橘」に、「茶」もつけくわえないとだめかな?

そうそう、「ねこ」のワードがねぇ、近頃やたら出てくるんですよ。
一茶の猫館長「うみ」の線かもしれません。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/02 01:32分 
  • [編集]

Re: ちなみに 

たしかにそうなんですが、
あのとき書いたのは、古代からの概念としてって意味です。

スサノヲも弟橘姫のワードも櫛(94)ですよね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/02 01:35分 
  • [編集]

みなさんへ 

Divaさんもコメントされてましたが、

みなさ~ん、

いよいよ5月10日が出雲大社の平成の大遷宮ですよ~!

おわすれなく。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/02 01:44分 
  • [編集]

Re: 帽子と勝負服 

ニュースの見出し「ゴールドシップ、沈没」には笑ってしまいました。

まさにタイタニック。

もっともタイタニック坊やが動くとすれば、
米韓軍事演習が終わったこれからでしょうが。
それとも田植えのあとかな。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/02 01:49分 
  • [編集]

Re: 自他共存 

いいですね。
日本でも、「土地」を「地球」とよぶようにすれば、
ずいぶんちがってくるんじゃないかなぁ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/02 01:58分 
  • [編集]

富士山 

この時期、又山の話題でなんだか意味深だなぁぁ~、昨日フランスの主要チャンネルのニュースでは、富士山、ユネスコ登録を述べていました。

このユネスコ世界遺産
日本は何処の場所が既に、世界遺産として登録されているのかしら?
屋久島<鹿児島>、白神山地<東北。津軽>が、同年1993年12月登録されているのですよ。

前に、ヨーロッパの 地図見ると、バスク地方、スペイン見ながら
イエズス会発足時の 諸聖人の出自といった場所見てると
、スイス、イタリア、フランス近辺との間に、なんらかの形而上世界が 呼応しているのではないか?と思っていました。


島津と津軽の 呼応の故なのか?皇室には、島津貴子様や、常陸宮正仁親王の妃、津軽華子様がいらっしゃるし、、、、

よく分からないけど、、、鹿児島と 津軽半島同年に登録されてたのは知りませんでした・
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/02 15:01分 
  • [編集]

今日は 

本日は八十八夜、エリア88の中東で核エネルギー相互協定…アラブる首…

国王や王子は親日派ですが民の中には、過激派も…

出雲八重垣妻籠めに八重垣つくる、その八重垣を

建速須佐之男命と櫛(奇)稲田姫命が動き出し、大國主命の出雲大社から遷宮の案内状が届いており、参加する予定ですが、かなりビビってますよ。怖か~!!

馬関係では、駒形神社や駒ケ根神社、NHKマイルカップはレッドアリオンは赤兎馬◎、Cデムーロのカシノピカチュウはペガサスゴールド、Mデムーロはストーミングスターで、ナナツボシはタイムリーな列車で阿蘇ラインの北斗七星は天之御中主太神、マイネルホウオウは天山、サトノネプチューンの岩田は神座、依代?因みに10年以上競馬はしてません。

富士山は223は邇邇芸命と木花咲夜姫、蓬莱山に徐福伝説はかぐや姫にも通じますよね?

皆様の記事を拝見して、新たな発見と事象の確信に驚きが多々あります。

有り難うございます。
いやさかの木さん、どんたく始まりますよ~♪
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2013.05/02 23:27分 
  • [編集]

Re: 富士山 

当ブログ的には、母なる水のミソギ=海。父なる火のミソギ=山なんですよね。

山津見神社には、前者から後者へのバトンタッチもふくめて、
すごくいろんな要素が凝縮されています。
あれからどんどん動いてますね。とくに山が。
淡路の地震も三宅島の地震も、海ではなく山の事象です。

僕もあらためて世界遺産をしらべてみて、へ~と思いましたよ。
鹿児島と青森は相似象。
屋久島は厄島になったんじゃないかってくらい、いろんな事象(芸能人もふくめて)が起きましたが、
白神はどうなんでしょうね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/03 02:56分 
  • [編集]

Re: 今日は 

来ましたね。

安倍首相が外遊中なので、ここから八十八夜の反応くるかなとは多少思ってましたが、
まさかこんなストレートなリターンがくるとは・・・。

これで決まっちゃいましたね。

僕が安倍政権からうける印象は、伊佐須美神社の御社殿造営姿図といっしょです。

 http://sato414k.exblog.jp/8081593/

294の道の会津に、伊勢遷宮後に建設がはじまります。
あの不審火のあとに、これを建てる? 
かたやあの大災害のあとに、そう建てる? ん~~~。

それでも、安倍総理が「自立」のために選らばれたのはまちがいありません。
前総理は破壊でしたが、安倍総理の役目は建設です。
大飯原発再稼動に対して、ムカツク半島で猪が岩を線路に落としましたよね。
安倍さんの復活はあの事象とみごとにリンクしている。
猪ボンバイエは核。ですから安倍首相と核はとうぜんシクミの内。
イランのあのおさわがせ原発のあるブシェール州でM6.3があったのもシクミの内。

シーア派が核兵器もってんのに、いつまでもスンニ派がアメリカとイスラエルの核の傘下でいいのか。
みたいな議論も、将来でてくるかもしれませんね。
もちろん原発がそのまま核兵器ってわけじゃないですが。

周防にはニセの王のワードがあります。
長州って意味では、明治維新に逆戻りするのは仕方ないかな。
そのテの周防・長州的発想がまんま反映されてるのが騎馬民族征服王朝説。
江上も周防です。
長門の安倍さんにはニセの王にはなってほしくないですし、
期待するとこもあるんですが、奥州安倍氏だし、まあシクミならしょうがないと、もはやあきらめムード。

どんたくですかぁ。
いいなぁ。
じつは先週、思わずメイショウドンタク買っちゃったんですよ(笑)。

平成の大遷宮いかれますか!
ぜひ楽しみ、味わってきてくださいね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/03 03:06分 
  • [編集]

伊佐須美神社 

いやさかの木さんこんにちは
「伊佐須美神社」福島県にはこんな所が有ったのですね知りませんでした。
Wikiより「社伝では、紀元前88年(崇神天皇10年)、四道将軍大毘古命と建沼河別命の親子が蝦夷を平定するため北陸道と東海道に派遣された折、出会った土地を「会津」と名付け、天津嶽(御神楽岳)山頂に国土開拓の祖神として諾冉二神を祀ったのが起源という。」

駄洒落で、96代 安倍晋三首相は「会へ新造」、「相へ心臓」でしょうか、「心を合せて建て替え立て直しに集え」と呼び掛けられているような、名前って不思議ですね。

「伊佐須美神社の御社殿造営姿図」凄いですね、この時期に焼失から再建、何処かで聞いたような話です。

何て言ったらいいのか、いつも有難うございます。



  • posted by Shibuchin 
  • URL 
  • 2013.05/03 05:01分 
  • [編集]

毎度 

何言ってんだかさっぱりわかってもらえないだろう書き込みばかりで恐縮ですが、意味不明ついでに一ヶ所補足を…。
88はラジウムって書きましたけど、8と8で酸素分子って解釈も可能かと。
あるいは白雪姫と7人のこびと方式で原子核1人と取り巻きの電子たち7人で合計8人のユニットが二つセットで安定、窒素分子とか。
カラス大量死事件でハト1羽にカラス十数羽ってのがちょっと気になったりして…。
三つ巴紋とかってH2OとかCO2とかNO2とかかなぁ?とかちょっと思ったりします。
…まあ、理系は門外漢なのであんまりつっこむとボロが出ます、このくらいで失礼しときます。コドモ目線の素朴な解釈として何卒ご容赦を。


弟橘サンって東京湾に沈んだ人でしたっけ?
先日ケーブルテレビでヤマトタケル(1994)という素っ頓狂な特撮映画を見てしまいました(爆)。沢口靖子サンが弟橘役でした。

あと、新造、しんぞう、しんぞ、ごしんぞさんって、お嫁さん的な意味の言葉でもありますよね。
  • posted by hiromiee 
  • URL 
  • 2013.05/03 09:27分 
  • [編集]

受信 

hiromieeさま

わたしの処にも、同じワードが 振ってきているので、大丈夫です。ちゃんと意味は、書き込み記号を介さなくても通じています。
88のラジウムの意味も、 確かに・・・
わたしの頭は、理数系に出来てないので助かります。

クス!、、おかしかったのですよ。

白雪姫の意味ワードも つい最近ありまして、というより、再度なんだけど・・・・
長い筒のようなモノ、鍬だか?鉄砲だったのか?
よく分からないのを 肩に担いだ、ちいさな 小人達が並んで、楽しそうに、歌を歌って、森の中を歩いて いるのですよ。
私を、捜しにくるので、わたしは、昔は白雪姫だったのね!と 思ってました。^^
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/03 17:42分 
  • [編集]

揺れそうですね 

4/30あたりから揺れる兆候出てますね。被災規模警戒レベルか。場所は観測家によりけりですが。伊豆、関東内陸、西日本一帯・・・もはや日本全土ですねぇ。用心します。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.05/03 20:53分 
  • [編集]

猫男爵 

昨年12月に群馬県渋川市の金井東裏遺跡で、鎧を着けた男性の骨が見つかりましたが、4月26日にその男性の近くで見つかった別の骨が、首飾りをした成人女性のものであるというニュースありました。

渋川市伊香保温泉・石段街そばに移築復元した、ハワイ王国公使別邸と資料展示施設の完成式典が5月2日行われ、3日から無料公開されます。別邸はハワイが独立国だった頃の日本駐在公使で、日本とハワイ移民協約を実現したロバート・W・アルウィン氏の国内に唯一残る旧ハワイ王国の施設です。この場所を紹介したのは周防国出身の井上 馨氏だそうです。
群馬県は養蚕業が盛んで、天敵であるネズミ除けに猫の絵を得意とした新田俊純(岩松 俊純)に頼みに来る人が多かっため「猫男爵」といわれました。長女武子は、井上馨の妻です。新田岩松家は「猫絵の殿様」といわれていますね。

1月17日はハワイ王朝終焉の日。その前日にアメリカ海軍艦USSボストンから海兵隊がホノルルへ上陸しました。

渋川市の文化財保護課は北橘町にありますが、この地名は日本武尊が東征の際にこの地で弟橘媛を偲んだことから橘山と呼ばれたという伝説に由来しています。
夏に開催される「たちばな古里まつり」では、年に一度日本武尊と弟橘媛が再会できるとされ、地元の中学生が演じる古代行列が行われます。七夕みたいですね。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.05/04 00:32分 
  • [編集]

ハワイ 

エ?
1月17日はハワイ王朝終焉の日だったんですか?
ハワイって、やはり何か?あるんでしょうね~・・・・

この時期、オバマ大統領の出生地がハワイというのも、気になります。

2011年の秋に、どうしても出席して欲しいと頼まれた結婚式に参加するため、ハワイに行きました。大きな海亀が居ました。

昔、カメハメ王という音素を聞いた時、何かの間違い?と思いましたが、そういえば、ハワイ王国なんですよね。?

2010年、ハワイの海に 散骨したという二人の日本人の家族から話を聞かされました。

亡くなった家族は、突然の死だったので、遺言などがある訳ではないのですが、・・・・

亡くなられた方は二人共、ハワイに旅行した事はあっても住んだ事はないそうなんですね。

それでも、残された家族は、ハワイが安らぐ場所だと思うらしいのですよ。

一人の方は、散骨しに行ったハワイでそのまま、ハワイのマンションまで購入されてしまった。

仕事に区切りがつくと、ハワイに行くそうです。

そのハワイの海に散骨された方のお父様が、息子が他界する3,4年前の1月17日に 他界されたのです。
その時の話しを聞かされました。

そのお父様は、ガダルカナル島へ行き戦時中、小野田さんのように、遺体の確認が出来ず、家族の元に、国から死亡通知が 届いたらしいのです。

遺族で、お葬式を1月17日に執り行われ、お葬式の写真を撮ったらしいのですね。
生還して 帰って来た時は、もちろんご遺族?は ヒックリ返るほど仰天したでしょう。

この話は、高校の友人の一人のお父様の話しだったのですが、
彼女曰く、
小さい頃、首筋にある 傷を 彼女が見つけ、何の傷なの?と聞いたら、捕虜になりそうな時に、 首の血管を 切り自決したけど、出来なかった・・・・跡だったらしい・・・と聞かされました。

そのお父様は、無口で人付き合いは悪かったけど、神戸に住む親戚夫婦だけは何故か?可愛がって、お正月の挨拶に 来るその親戚だけ、心を許していた父を いぶかしがって見ていた・・・と言ってました。

その神戸の 親戚が、1995年、1月17日 淡路島、阪神大震災で亡くなり、
お父様は、何故か?2002年頃の、1月17日に 他界された<病気です>。

昔、戦後生還して 新潟の実家に帰った時、
見せられた、自分のお葬式の写真、、、裏には、1月17日と書かれてあった事、、、、つまり2度目の他界なんですよね。
話しを元へ、1945年生還した父親は
アメリカ独立記念日の誕生日に生まれた息子に恵まれる。

父親の他界の後数年経つと、、
突然息子は他界され、奥さんの意向でハワイの海に散骨される事になる・・・・

時空を越えた出来事を、時間軸にそって、過去、現在、未来へと 上手く書けませんけど・・・


ただ、これだけ聞かされると、すごく重い雰囲気が漂うのですけどね・・・・・・

その話を してくれる 友人のお誕生日が、8月15日なんですよね。

終戦記念日ですが、同時に聖母マリアの被昇天の祭日です。
一人息子の誕生日が、大天使ミカエルの日なんですよね。

思うに、世代交代はじまっていると思われます。しっかりしないと・・・・

20代の若い子供達にバトンタッチしないとなりません。
又、もっと若い世代も後に 続いているのですよね。

去年、ヨーロッパで生まれたばかりの赤ちゃんの戸籍が、何故か?大宰府に届けられたという話しも、
耳に入ってくるのですよ。
どうして?住んでいない場所の戸籍になるのかしら?と聞いたら、その赤ちゃんのおじい様が、30年以上働いた会社を、数年前に辞め、親戚も家族も誰もいない大宰府に家を突然購入するという不思議さ。

すると、日本に生まれなくても住まなくても、日本人の子供の戸籍は戸籍の 出頭者によって移されるらしいのです。

すると、その子供の子供の戸籍は、大宰府の市役所に 登録されるらしいのですよね。

わたしも 外国で生まれた、日本人両親の子供は何処に 戸籍を登録するのか?よく分からなかったけど・・・・
これには驚きました。

自分に将来孫が出来るか?など分からない地点で、何故か、いきなり 大宰府に 家を購入するという 意味。

数年後に 生まれた外国生まれの 日本人の 血をひく孫の 戸籍が 縁も何もないと思っていた場所、大宰府の市役所に 登録されるという事は、
今のこの時期、驚くのですよ。

全て、表象に 事物が 浮かび、見えるまで年月が経っているんです。でも、そうなるように、全て地の底では、そのように何年も前から準備がはじまっていたのではないか?
その人生の途上には、生死といった出来事も 含まれている途上にあるのですよね。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/04 17:32分 
  • [編集]

 

最近、さりげなく5の事象が続いているような気がします。
魔方陣ではど真ん中の数字ですか?
五黄土星は私もなのですが、土星はサタンと結びつけられるとか。
冗談で、光輝くブラックホールと言ってたのですが、黄は「黄」泉の国と思えば辻褄が合いますし、ブラックと土は色が対応するかしら。赤い血も時が経てば黒くなるし。赤土、黒土、どちらも死骸の産物です。

行灯を掲げて、パクッと一呑み。大洗の事象に鮟鱇が出てくるかなとか考えていたら、金山の佐渡に黒い鳥がやってきました。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.05/04 23:49分 
  • [編集]

原始の息吹 

本屋でこれっと思った古代本、パっとページを開くと、求める言葉に ほぼ ゆき当たります。手がサーチするのでしょうか、不思議です。先日は、古書の開いたページにこんな言葉がありました。


「 原初、日本には3つの鎮魂の形があった。
 
  魂鎮…遊離する魂を鎮静するタマシズメ
  魂振…生命力を振起するタマフリ
  魂殖…外なる魂と触れ増殖するタマフユ

  現代においては鎮魂が全てと受け取られるが
  原始 日本にはタマフリの息吹が宿り、
  生命力を充足するまつりの色合いが濃厚であった。

  原爆の非業の死を今の世に受け継ぎ、
  どのようにタマフリをするかが問われている 」(要約)


震災・津波・原発事故・核を経験した特異な国として、世界の先端を歩む日本。『2つの太陽』については、国民全て異なる見解を持ちますが、一人一人が誠実に考え続けたいと願います。

出雲と伊勢の同時遷宮で、にわかに動き出した日本です。黄泉の国に行った人と共に建てる、魂振(タマフリ)としての新しいこの国。本当の意味での八重垣の自立に至れば良いなと思います。

一見、脈絡なくバラバラなようなこのコメント欄は、
それぞれが抱えるひとつの宇宙。共鳴し響き合っています。いやさかの木様はじめ皆様方の言葉は、インターネットの時代の「現代の魂殖(タマフユ)」…。同じ志を持つ魂が生み出される場ではないでしょうか。

5月10日、
出雲遷宮に合わせ、三輪山登拝を友人と約束しました。雨が降ったら大神神社へルート変更ですが、晴れるといいな。案外、気のいい オオモノヌシのおっちゃんが、「よう来たなあ」と笑顔で迎えてくれるような気がしてます。山道はけっこう険しいんですって。よっしゃー!登ってくるでー♪
  • posted by Diva 
  • URL 
  • 2013.05/05 23:31分 
  • [編集]

弓立山の山火事 

5月5日の埼玉県ときがわ町の弓立山(427m)の山火事は、平将門と武蔵武芝。
艮の金神の5月5日でこれほどストレートなのははじめてじゃないかな。

もちろん山津見神社の火災とつながってる。
いま如意珠は海(綿津見)から山(山津見)へ。
その「玉」うばいにきてるよね。

おまけにミロクライン。
ミロクラインといえば白村江の戦い。
といえば、阿倍比羅夫。

弓立山は、竹の笹の子トンネル事故の矢立の杉に対応してる。
ことしの「立」のワードだし。
山のてっぺんからアラブる火とはね~。
菅さんのインドとおなじことを、安倍さん八十八夜にやっちゃったかぁ?

2008年8月8日に88事象の武蔵国造地震をおこしたのがこの将門・武芝コンビ。
この日、皇太子が富士山に初登頂。
8月8日は富士山つながりの日。
いやもういいでしょう。世界遺産なんだから。

麻生政権誕生の筑紫事象も国造磐井だった。
安倍自民党政権で国造事象が復活かな?
どうりで295(筑後)の弟ポッポ復党で、295議席。
あのときの国造事象は民主党政権誕生に至った。
こんどはどうだろう。
磐井といえば、新羅だが。

弓立山にはこんな伝説も。
むかし男鹿岩には雄の大蛇が、女鹿岩には雌の大蛇が棲んでいたという。そして毎年7月7日の夕方になると、都幾川のほとりで出会い恋を結んでいた。ところがある年の夏、日照りが続いて女鹿岩の大蛇が姿を消してしまった。すると悲しんだ男鹿岩の大蛇は大粒の涙を流し、いずこともなく男鹿岩をさっていったという。


Linkさん、おもしろい情報ありがとうございます。
ネコは蚕の守り⇒機織(七夕)ですね。
火砕流層の人骨は夫婦と子どもなんでしょうか。
榛名山神社はカグツチとハニヤスメ。子どもがワクムスビ。桑と蚕の神。
日本武尊と弟橘媛の七夕的祭りというのもおもしろい。

ハワイが阪神淡路とおなじ1月17日だったとは。
もちろんボストンマラソンも117回。
なんの「時報」なんでしょうね。

愛媛の「山」と、埼玉の「玉」の決勝だった春の甲子園も1-17。
NHKマイルカップはホウオウ(鳳凰⇒法王)とブルーインパルスならぬインパルスヒーローで、8-17でした。7と十のインパルスヒーローといえばカグツチ、もしくはスサノヲ。

ボストン爆破テロの4月15日は、294の桜の福岡市志賀海神社の山誉祭の日。
山誉めですよ山誉め。
神楽歌はキミが代の元歌だし。
金井東裏遺跡の榛名山火砕流層の人骨は、山津見神社火災とつながってます。、
山津見神社火災は294の桜とも綿津見の志賀海神社ともつながっている。
その志賀海神社がある志賀島の夫婦岩は、トリニティ原爆実験のグラウンドゼロとまったくの同緯度。
なのでテキサスで原子雲みたいな爆発がおきちゃう。

あれ? なにいいたいんだかわからなくなっちゃった。
ともかく、Linkさんがコメントされたことと弓立山の山火事はつながってるんです。
なんかむりやりまとめちゃいましたけど(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/06 03:38分 
  • [編集]

Re: 伊佐須美神社 

伊佐須美神社の奥宮の明神ヶ岳と福島第一原発は同緯度にあります。
イザナギとイザナミのお社ですから、その火災がカグツチ出産へとスライドしたわけです。

294の道は会津への道。その先にイザナギとイザナミの出会いがあるというのも、伊佐須美神社のことなんです。伊勢の宮大工をよんで、式年遷宮後に着工されます。
ただどうも気になるんですよね。
この完成予想図。。。

フクシマ避難区域にある、4月1日の火災の山津見神社の眷属は白い狼。
アラブる原子力協定の96代安倍総理は、96=クロでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/06 19:29分 
  • [編集]

Re: 揺れそうですね 

弘海原さんのとこのイオンはどうなんだろう。

太陽の反応と共鳴すると思われるので、
太陽の変化にも注意ですね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/06 19:53分 
  • [編集]

タマ 

東京湾船橋沖でアサリ漁の船が不発弾を掬い上げてしまい、その対処でさらに沖に沈めました。

上中里で不発弾が見つかったそうで、東京-大宮間で新幹線を止め、各在来線も運休になるとか。
大宮って、東北上越新幹線開業時の始発駅ですね。

タマシズメ
タマフリ
タマフユ

弾の現象、もう一つ出てくるのでしょうか。

国民栄誉賞 55のゴジラが投げて 88のタツノリがキャッチャー、3のミスターが打者で、マスクなし96の晋三総理がシンパン
(日本アカデミー賞にはメッセージで侵犯。女性手帳も合わせたら、スポーツ、スクリーン、セックスのシンパンコンプリート)
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.05/06 20:50分 
  • [編集]

つながり 

金井東裏遺跡で新たに確認された女性は、男性の近くにいたということから家族のような感じはしますね。
弓立山の火事はトルコへの原発輸出に関連しているのでしょうか。トルコは土耳古で土と略されるので、ハニヤスメにつながるような。
国旗も日本が白地に赤い太陽、トルコが赤地に白い月星でなにか対になっているような印象があります。日本とトルコの友好の基礎を築いたのは山田寅次郎こと茶道宗偏流第八世家元・山田宗有でこれも茶につながりますね。

コメントの時報117からどうして117なのだろうと思ったのですが、大隈重信の電話番号が177または117だったといわれているようですね。3月11日生まれで第8・17代内閣総理大臣の大隈氏の先祖は菅原道真の血筋で、筑後国大隅村(現・久留米市)に住み大隅と改姓したとか。新島襄とも交流があります。

渋川市伊香保には徳冨蘆花記念文学館もありますが、誕生日は12月8日で、同志社時代に山本覚馬の娘・久栄との大恋愛と破局など、兄の徳富蘇峰とともに新島襄、八重と深い関わりがあります。徳富蘇峰は今年生誕150周年で縁の地で記念展などが行われているようですが、彼が愛した富士山のコレクションなどもあるようですね。
八重の桜の人間関係と事象とのつながりが気になります。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.05/07 21:01分 
  • [編集]

インディアナポリス 

NHKマイルカップはマイネルホウオウ(私の鳳凰)とインパルスヒーロー(父はクロフネ)という意味深な名前が来ました。馬の名前を調べていて気付いたのですが、ステイゴールド産駒にはインディアナポリス(既に引退)がいます。
インディアナポリスは戦時中の米軍の重巡洋艦の名前でもあります。1945年春、硫黄島や沖縄の艦砲射撃に参加し、3月31日、艦尾に陸軍の特攻機の隼が命中して、修理のためカリフォルニアの造船所に戻ります。そして原爆の部品をテニアン島まで運ぶ極秘任務のため、7月16日(人類初の核実験であるトリニティ実験が行われた日)にサンフランシスコを出港し、金門橋をくぐって、19日に真珠湾に寄港し、26日にテニアン島に到着します。しかし、グアムからレイテ島に向かう途中の7月30日、日本の潜水艦、伊58多聞隊が撃った6発の魚雷のうち3発が命中して転覆、沈没し、極秘任務のために艦の位置情報を近くの艦船が知らなかったので、救助の遅れから犠牲者が増えました。艦長のチャールズ・マクベイ3世は生き残りましたが、遺族に責任を問われ、1968年に自殺しています。奇しくも艦長の誕生日はインディアナポリスが撃沈されたのと同じ7月30日です。
4月21日に佐藤琢磨がインディカー・シリーズで優勝しましたが、インディカー・シリーズはインディ500ことインディアナポリス500マイルレースを天王山とするカーレースで、インディ500は5月の最終月曜日のメモリアルデー(アメリカの戦没将兵追悼記念日)の前日の日曜日にインディアナポリスで開催されます(今年は26日)。
米国の戦没将兵追悼記念日は1970年までは5月30日に固定されていて、5月の最終月曜に変更された後、故ダニエル・イノウエ議員は元の5月30日に戻すように主張していたそうです。

茶(チャ)
小倉の方言は語尾に「ちゃ」が付きます。標準語で「そうですよ」は「そうっちゃ」となります。廃止された西鉄の路面電車の車庫の跡地に商業施設が出来ましたが、方言から「チャチャタウン」と名付けられました。
小倉は発砲事件が多いですが、拳銃は「チャカ」とも言われます。「チャ」という音は武器(鉄や火)と関連する音なのかもしれません。「焦げ茶色」とも言いますし。
昔「CHA-CHA」というアイドルグループがいましたが、草薙の剣を連想させる草彅剛もデビュー直前までメンバーでした。
加藤茶が仕事で留守中に若妻がマンションで花火に興じ、管理人から怒られたとか。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2013.05/07 21:42分 
  • [編集]

追記・バン猫 

今、トルコ政府観光局のHPを見てみると、青と緑のオッドアイの白猫の画像がありました。バン猫という、猫には珍しく入浴や水遊びが好きな水と親和的な猫だそうです。

wikiのターキッシュ・バンより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.05/07 21:45分 
  • [編集]

宇宙=ユニヴァーセル 

テレビで、2日前に「近代の頭脳」 というタイトルの科学ルポルタージュを放送していました。 脳科学の進歩は、知覚についての研究と、実際の 現場、その後この手のルポは必ずデイベート<議論>がなされるのです。科学者、哲学者、精神、心理学者、社会学者、ジョーなリストといった文化人を交えた議論です。

ローズという名前を持つ、3,4歳の女児で視覚障害を持つ子供の 知覚能力の発達・・という目的の為に、知覚を発達させる障害を持つ子供専門家によって、ローズの変化を映していました。


例えば、紙に イスの絵が書かれているのですが、「これは、何?」と聞くと、
ローズは、紙をもって、手で感じ、嗅覚で感じ、「イス」と応えるという 行為です。

人間の5感だけではなく、何らかの特別な知覚能力が持たされているはず・・・という未知への希望なんですが、ローズという 目の見えない女の子が、ヘレンケラーのように障害を克服し、普通のひと以上の優れた感覚知覚を 身につける。

科学は脳の解明に休み無く 進歩しているようです。

、5感を持つ正常と判断されてしまう人間以上に優れた能力を開発されていく。

専門医は、「子供だから、、、という事も言えるのですよね」という、能力開発の理由を子供の無垢さ、純粋さを理由にあげていたので、やはり、心の状態が、宇宙との一体感に 繫がりやすいという事は言えると思うのです。

心を病むというのは、自己の周りの果てしない無限世界との コミュニケートが閉ざされている事だと思うのですね。

閉めるは、 門に 年齢のトシをとるの才と記すのですよね。
開くは、門に鳥居なんですね。

開けた視界、宇宙に開けた目指しを持つという事が出来ると思うのです。自己の身体が帰属している場所や空間に拘る事無く、宇宙と自分の接点を各個人体感出来る事は可能だと思うのです。

テレビでは、スタジオに、ダニエル,タメット氏がゲストで出演されていましたが、この方の話は日本のメディアでも取り上げられていたようです。そうそうアインシュタインの脳が、日本にも保管されているのは知りませんでした。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88

時々、日本語訳を見て、AUTISMEオーティズムが、自閉症と 訳されているのですが、違和感を感じていました。ダニエル、タメット氏も AUTISME自閉症と 書かれている説明をよく見かけるのですよね。

確かに、彼の出演するアルファベット圏語では、autismeとか、アスベルカー症候という様に説名されていますが、もともと、AUTOオートという単語の意味は、自由に出来る、、、という意味の AUTISMEオーティズムという単語なので、自由なはずなんですよね。魂は自由に行き来する世界であるのという自由・・・・
これを形而下世界の人間が受動的に記号を訳すと自閉症という言葉で判断してしまうのは、違うと思うのです。
閉じているのは、
わたし達の 多数人間が普通とか正常とか思い込んでいる側が宇宙から閉ざされた世界に生きているという 事なんだと思うのです。

どちらが 正常とか普通か?という事は言えないのですから・・・閉じているのは、私達普通と思っている人間側だと思うのです。


そういった意味でのAUTISMEオートという音素がついた オーティズムが自閉症という訳になるのは?考え込みます。
テレビでは、「例えば、電車に乗るのに、切符を買うという行動は出来ないんですよ。

切符を買い、ホームに行く事も出来ないんです」

と、タメット氏は説明するんです。

これだけ、見ても、自閉症と訳される意味解釈と思い込むと、違和感を感じると思うのですよね?

彼は、母音の美しさを語り11カ国の言語を話すこと、、また彼の話す数字の 宇宙での 意味解釈にすごく興味を持ちます。

πの円周率、3,14以下無限の数字を、間違いなく、何時間も答え続けていくというタメット氏の YOUTUBEがあります・、5時間以上答えつづける姿が見えます

テレビでは、「僕の一番好きな数字は、4」ですと答え、理由は
、「親密さ」を感じるから・・・と応えていました。

4 という数字の宇宙での存在は、本来、そのような意味なんでしょうね。
シンクロするという意味は、本来、人間と「親密」であるという詩的な意味として捉えるのだと思うのです。

数字のシンクロは頻繁に 生じますが、なんというか、何一つ無駄ではない、宇宙の 出来事の一環にわたし達は生かされている コマに思えますね。
英語のYOUTUBEしか見つからないのだけど、一応ダニエル、タメット氏の YOUTUBE貼りますね。

http://www.youtube.com/watch?v=AbASOcqc1Ss

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/08 18:38分 
  • [編集]

いよいよ明日出雲大社平成の大遷宮ですね。 

いよいよ明日出雲大社の平成の大遷宮ですね。

昨日5月8日は熱田神宮1900年大祭が執り行われたことを地元メディアが取り上げていました。

自分はGWに多賀大社に御参拝させていただきました。

伊吹山の雄大な眺めを見ながら絶好のドライブ日和で、日本武尊様の神話や関ヶ原の陣地から中世の人々の生活や徳川家康公などの戦国時代に思いを馳せてました。

新しい世の建て替えが始まるかわかりませんが、お目出たいことなので無事に式典が成されることを願います。

いやさかの木様のブログの目的も達成される日が近く、寂しい気持ちもありますが楽しみに読ませていただきます。
  • posted by 日本武尊@名古屋CITY 
  • URL 
  • 2013.05/09 07:13分 
  • [編集]

コロンブス 

北米・・・不安低ですね。ボストンと続き

どうして、オハイオ州クリーブランドという町で、10年間も3人の女性を監禁していた事件が、今この時期になって、解放される時が生じるのでしょうか?

北米しっかりしないと、世界中に影響きますから・・・

ヨーロッパからアメリカ<旧名ニューアムステルダムとういう名前の ニューヨークへ向かう>方向の途上の事故、、タイタニックの100年後

コンコルディアの座礁が続いたと思ったらら、もっと過去に遡ってしまいましたね。

ジェノヴァ(イタリア)で、信じられない事故がおきました。

少しニュースの視点が各国放送されている内容に微妙にズレがあるので、補足すると、
貨物船の運転手の過失云々という視点でよりも、ヨーロッパの 報道は、そのようなには、ニュースを発していないと思うのですね。上手く言えませんが、モノのの捕らえ方がどうも違う感じがするんです。

貨物船の 船体を見ると、ほとんど、かすった程度・・・の跡しかないんですよね。

船には、それほど大きなぶつかった跡がないのですよね。
それなのに、波止場の鉄塔建物を、 崩壊させるほどの、物理的な力が生じた現象に 皆が 納得できないモノを感じている?という視点で、ヨーロッパの報道人は、ニュースを流しているのでしょうと思います。

50メートルの管制建物が建てられた地点、つまり 建築地点での安全性やセキュリティーの基準を守って建てられていたのか?たまたま、船がぶつかった・・・というきっかけが、死亡事故に つながっているように表象上は見えるのですけど、、、

タワーインフェルノという昔、映画がありましたが、、、、ズサンな設計で建てられた、きらびやかな 高層ビルが火事を起したのですよね。

たしか、安価な電気配線を使った、配線がショートした原因だと思いました。

部品の質って表面からは 見えませんから・・・・


船を運転していた人の過失を問うというのは、第三者、メディアを納得させるのに、安易な考えかも知れません。・・・・
でも、なんだか、納得できないものを 皆感じているという現場の雰囲気を流していました。

ジェノヴァと聞くと、

コロンブスと思うので、
サンタマリア号で、アメリカへジェノヴァから発った・・・・・
なんと言うのでしょうか?・・・・

スッキリしませんが・・

今、リンカーンという映画が、スピルバーグ監督によって公開されたばかりというのも気になります。

http://www.youtube.com/watch?v=GvhPJ4V--GA
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/09 23:30分 
  • [編集]

千春さま 

autismについての見解に同意します。彼らの方がむしろ宇宙に開かれているのでは?ということですが、これは「相貌的知覚」と呼ばれるものだと思います。ダニエル・タメット氏の数字の感じ方もその一種でしょう。現代のノーマル人種が分化して失った知覚が彼らには残っているわけですが、知覚が未分化(幅広く感知できる)ゆえの現代生活への不適応があるわけです。知覚が過敏すぎるゆえに対人的に閉ざしてしまう面だけが目立っている日本語症状名ですね。人以外の自然(物と物の背後にある法則)からの刺激をよりキャッチしているようにも見受けられます。しかしながら人への興味が薄いからといって情緒が浅いとも一概にいえない。
私は自閉圏の子どもと接する機会があるのですが、2歳2ヵ月で『家族になろうよ』/福山雅治 を聞いて滂沱の涙を流していたり、3歳半の子に折り紙をやらせてみたら教えてもいないのに美しい六角形を折ってしまう幾何学図形への直観的理解…人に聞いた話ではCGの3次元シミュレーションのようなことが頭の中で自動的にできる、小学生ロボコン大会で準優勝etc.
日本の小学校1年生の10%が何らかの支援が必要なケースであるという調査もあり、今や自閉症を含む発達障害児は珍しい存在ではありません。書籍情報ではアメリカ・イギリスでは、高い才能と発達障害を併せ持つ子どもを二重に例外的な子ども=twice exceptional children、2Eと呼び、特別支援教育プログラムが組まれていると。日本の普通学級に馴染めない子が英国にて花開き建築科のエリートコースに入学したケースなどが紹介されていました。不適応で問題児にされてしまう優れた知覚~才能の2Eの子ども達をいかに育てるか日本社会が試される時期に来ています。(レス不要です)
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.05/10 00:46分 
  • [編集]

Re: いよいよ明日出雲大社平成の大遷宮ですね。 

ああっ!

熱田神宮1900年大祭のことすっかり忘れてました。
出雲の平成の大遷宮と伊勢の式年遷宮をつなぐ鍵なのに、
日本武尊を追っかけてこのブログをはじめたようなものなのに。

伊勢と出雲の間の日本武尊。
伊勢と出雲の間で自由を叫んだ草薙剣くん。

八重の桜のNHKマイルカップ(G1)の8番ホウオウは、法王であり、鳳凰。
つまり日本武尊のことでもあるんですよね。
同枠7番はゴット。鳳の神ですね。
同時にもちろんスサノヲも意味します。

伊勢の皇子ながらスサノヲの魂をもつ日本武尊。
二着の17番のインパクトヒーローもまたスサノヲであり、日本武尊。
7つの頭と10の角の赤い竜カグツチ。
日本武尊は火伏せのヒーローであり、
スサノヲは火の洗礼のヒーロー。

5月8日そして9をはさんだ5月10日に、熱田1900年大祭と出雲大遷宮がおこなわれるのはホント意義のあること
だと思います。

伊吹山は書紀では大蛇。古事記では大猪。鉄の蛇と核。
さて、これからどうなりますか。
神話の逆転はあるのか、それとも神話どおりなのか。

5月8日、9日と、地震雲やら環水平アークやらでにぎわってますね。


新しい世を祈るという意味では、この時期に多賀大社って絶妙だと思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/10 02:15分 
  • [編集]

数霊 

数霊について調べていたら、以下のようなページに行き着きました。

http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-166.html

117は「イザナミの怒り」に関連する数だったんですね。
また、ふと「Bostonはどうだろう?」と思って調べてみたら
「この世は嬉し愉し 神遊び 弥勒世の始まりだ」という言葉にぶち当たり
なんというか、色々と出来すぎてるなあと思った次第です。

http://plaza.rakuten.co.jp/happycolours/diary/201105150000/
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2013.05/10 19:53分 
  • [編集]

三輪山登拝記 

出雲遷宮、粛々と取り行われていますね。
これに合わせ、出雲系「三輪山」に登ってきました。

大神神社に参拝し、狭井神社でお祓いのあと、襷(タウキ)を首からかけ、登拝口よりスタート。岩や木の根で坂は険しくとても急でした。滝や巨石の中津磐座を過ぎ、ご神体の道を踏みしめ、奥津磐座の古代祭祀跡の山頂へ。念願叶い、無事 下山しました。

登拝後は、心地よく疲れてお腹ペコペコ。昼食時、蛇に導かれてやって来た女性とお話がはずみました。昨日、橿原神宮を散歩中に大きな巳ぃさんに出くわしたとか。「三輪さんにお参りしたらいいわ」とのアドバイスで、早速お参りに来たそうです。

三輪のあたりは空気が濃い。
お山のオオモノヌシ(大国主)に出会ったかというと…
めくるめくご神気にあてられたとか、超スピリチュアルだったとか、そんなことは残念ながらなく、関西という土地柄にあるごくごく日常的な小さな冒険でした。

もし、オオモノヌシがいるとしたら…
お山でもくもくと丸太道補修に取り組んでた工事の人、
「山頂はもうすぐ、がんばって!」と励ましてくれた人、
スタスタ登りキリリと祈りを奉げてた茶髪のニイ(兄)ちゃん、
フンワリ優しいお喋りで楽しませてくれた先程の巳ぃさんの女性、
そして一緒に登ってくれた友人、
これらの人達の中に宿る神さんじゃないかと思います。

日本を構成する人々の地道な暮らしの中に、出雲の神さんが目覚めたのだと、お山に登って実感しました。体感です。世界でもまた何かが目覚めているのでしょうね。

そうそう、登拝時に首からかける襷には鈴が付いています。リンリンシャンシャン鳴ります。まるで猫のタマちゃんの鈴みたいと、コメントの「猫男爵」思い出してました。下記はタマフリの儀式です。

『出雲国造神賀詞奏上』

…倭の大物主くしみかたまの命と名を称へて、
大御和の神奈備に坐せ、
己命の御子あぢすき高孫根の命の御魂を、
葛木の鴨の神奈備に坐せ、
事代主の命の御魂をうなてに坐せ、
かやなるみの命の御魂を飛鳥の神奈備坐せて、
皇孫の命の近き守り神と貢り置きて、
八百丹杵築の宮に静まりましき…

http://www.isis.ne.jp/landscape/020126.html
  • posted by Diva 
  • URL 
  • 2013.05/11 00:04分 
  • [編集]

鈴の音 

いやさかの木さん今日は、今年は本当にいろんなイベントが重なる年ですね。

Divaさんの「鈴の音」から思いついた事が有りました、本当の大物(オオモノヌシ)とは「リンとしてシャン、凛としてシャン」としているものなのでしょうね、それでいて奢る事無く日々の当たり前の暮らしの中に溶け込んでいる。

鈴は、小さいときは「リン凛、チリン知凛」なのに、大きくなると「カラ空、ガラン伽藍」と見かけの割に中身が無くなるように聞こえるのは何故でしょうね、不思議です。

いつも有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.05/11 18:10分 
  • [編集]

弓 ARCH アーチ 

重身?こういう漢字だと思ったけど、生まれた時に、重度のハンディーが元で、親権を放棄された子供達を育てる国の施設に働く友人達がいます。友人Eの悩みの種は、どうやって子供達を 長く外に 出してあげるか?施設の管理 主任との争いの繰り返しだと話していました。
生まれた時から 知能発達の問題だけでなく、身体的なハンディーを持つ子供達・・・歩けない・・・話さない・・・食べない・・・・そのような子供を
一度、外に出して見ると、目の見えない子供達は、日差しを浴びるという行為に驚いた反応をするというのです。
風が、顔の頬に中る事に、声も出せない驚き方をするといいます。
主任さんの 頭には、いかに、子供達を怪我をさせないようにするか?という事が一番の注意しなければならない事として頭にあるらしいのです。
障害ベットに生涯くくりつけにされる子供達、コンクリートの中に身動きをさせない<出来ない>ように強いる 限度を超えてるセキュリティシステムは、結局管理者<健康者>側が、怪我をさせてはいけない・・・という不安や恐怖や、責任を問われる事の 怯えから解放されたく<自己中心>・・・それが、子供達の外気に触れさす、遊ばせる、、と言うプログラムは 簡単に危ないの一言で、削除される・・・・と述べていました。
親権を放棄した親が手放してしまった、子供達はもちろん自分の 情況など知るよしもないのですが、ある日滑り台に滑らせて、看護ヘルパーさん達が手を放す、一瞬・・・すべるという体験をさせると、今まで聞いた事もない高らかな笑い声を空に共鳴させると話していました。天使の笑い声なんですよ。
天使は、コンクリートの中のベッドに 動かないようにくくりつけたり、注射を打ったりして、正常人間と判断されてる人達の管理社会に生かされて多数党が管理しやすくするような道具ではないです。イザナミじゃなくてそのような扱いをされる子供達をみれば激怒すると思います。昨今の小学校の教室内での 子供達の理解不可解な 行動を 聞くと、子供達は犠牲者なんですよね。わたしには、彼らの生き苦しさの悲鳴みたいのが聞こえるのですけど、コミュニケートが難しい子供達は、あのような理解不可解、挙動不審のような行為となって現れてしまっているのだと思うのです。
それなのに、子供<対象視>しか 考えませんから・・・どうして、そのような現象が増え続けるのか?という理由や原因探さないのは、間違っていると思うのですね。唯物論重視というのは、、、、唯物的な結果しか価値を見ないという考え方はもう頭打ちだと思います。
重身の子供達の世話を毎日するEの話では、ある日お茶室で、Eと一緒に働く女性が、世話をする子供の一人を、自分の子供として育てようと法的手続きを申請しようと思うと話してきた。その話を進めている間、彼女は癌になってしまった・・・という話をしてきました。

Marisol さま
返信は不要という事なのですが少しだけ、
何故かここ数年ハンディーを背負う人達をお世話するこの分野で働く人達の知り合いが、最近本当に多くなりました。最初から職種を知っている訳ではないのですけどね。色々な現地でのお話を聞かされるんです。友人の一人で、健康体で生まれ、2歳の時に罹った高熱が元で脳の障害を生じ重度障がい者の弟さんを持つ知人がいます。今は40歳は超えているらしいのですが、言葉を発しない、2歳児のまま成長していると話してました。ある日食事を皆でいつものとおりするらしいのです、いつもなら食べるのに、一口食べて、そーと椅子から離れていくそうです。黙って、部屋の隅に座っている。美味しくないのかな?と家族が不審に思っていたら、そうではなかった。
そーと残す食事、食べ物を調べたら、添加物が沢山入っているモノに限って、一口食べて残すそうなんです。家族はその違いはもちろん分からないと話していました。その弟さんが食べないのは、外食にしろ、外から買ってくる食材にしろ、身体には悪いであろうと、買わない目安にしているそうです。「ハンディーを持つ子供は、親を選んで生まれてきている。」という言葉もよく聞くのですが、これは、間違いではなかろう!と何らかの手応えを感じる昨今です。

最後に、子供を産んだ時、出産祝いにといただいた、詩があり、今でも時々読んでいます。

ちなみに、この詩をプレゼントしてくれた友人は数年後、大天使ミカエルの日(9月29日)に息子さんを出産されたので、、、、
「あぁぁ、、なるほど・・・・こういう意味だった」と、随分後になって、この詩と大天使の 意味が分かりました。


=あなたの子どもは=

あなたの子どもはあなたの子どもではない。
子どもは、「生命」の渇望からの子どもである。
子どもはあなたを通って来る。
しかしあなたからではない。
子どもはあなたと共にある。
しかし子どもはあなたのものではない。

あなたは子どもに愛を与えることができる。
しかし考えを与えることはできない。
子どもは自分の考えをもっているのだから。
あなたは子どもの体を動かしてやれる。
しかし子どもの心は動かせない。

子どもは明日の家に生きている。
あなたはそれを訪ねることも、夢みることもできない。
あなたは子どもを好くようになれるであろう。
けれども子どもがあなたを好くようにならせようとはしなさるな。
人生は後に退き昨日にとどまるものではないのだから、、

あなたは弓である。

そしてあなたの子どもらは

生きた矢としてあなたの手から放たれる。

弓ひくあなたの 手にこそ、喜びあれと・・・・・・・

カーリル、ギブラン
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/11 19:18分 
  • [編集]

NoTitle 

>弘海原さんとこのイオン
今は一般公開してないみたいですが、先の淡路島地震の時には1週間前に兆候が出てたらしいですね。

西日本一帯の衛星画像欠損はまだ続行中で沈静化始まったところみたいですが、東日本が静寂になってきたので注視中です。。。収束した時に来ますからねぇ。まだ四国で震度3程度ですが。
個人事象ですが、4月半ばから時計が気になってしょうがなく、ついにGWにネットで買ってしまったのですが・・・福島県の竹○時計店でした。何のトキなんだか。

p.s.千春様
素晴らしい詩をご紹介いただいてありがとうございます。印刷して取っておきます。あ、そうそう私の知る自閉症の方も子供時代は腹黒い人が話しかけてきたら応答しなかったと親御さんが仰ってました。彼らには分かるのですよ。野良猫のような鋭敏すぎる知覚があるゆえに刺激をシャットアウトしているのです。ですから彼らが受け入れる人は心の綺麗な人です。

2Eの子どもを発掘することも大事ですが、その母体である全ての発達凹凸児が輝けるようなユニバーサルデザイン教育が望ましいです。東京の日野市が取り組んでいますが、これが日本全国のスタンダードになれば定型児にとってもかなり良いことだと確信します。デザインが変わると意識もユニヴァーセルを目指していきますから。障害児・発達凹凸児のテーマもヒルコ事象の一つですね。ヒルコパワーが武力方面でなく、児童の教育福祉方面でプラスに発露されると良いですが。社会がそのエネルギーをどちらに振るのか、ですね。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.05/12 02:24分 
  • [編集]

酵素じゃなくて酸素 

なんだかこの話はこちらでは時期尚早…というか、野暮というか…。
なんだか他の方もご理解なさってるとのことなので、、、わたしの拙い説明でドツボにはまるよりそちらにお譲りしようと思います。。。
  • posted by hiromiee 
  • URL 
  • 2013.05/12 19:13分 
  • [編集]

Re: つながり 

トルコといえば鉄の帝国ヒッタイト。

シリアのアレッポの銃撃事件ともつながってきますね。

なんで富士山の山本美香さんが銃撃されたのか。
なぜ山梨の笹子トンネルなのか。
そして同時期に榛名山がらみの甲冑人骨と乳児の骨が発見されたのか。

みんなつながってます。

鉄の元祖に鉄の権化を初輸出。
因果ですよね~。

山本さんがみずから鉄を受けて警告したことが、
アレッポつながりで稼動しないことを祈ります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/12 22:15分 
  • [編集]

Re: タマ 

タマといえば、2009年の玉事象で示されたのは三八式歩兵銃の実弾でした。
霊(たま)の御柱ならぬ弾の御柱となったのが兵士たち。
自立を任された首相とはいえ、ヒッタイトのトルコへのカグツチ輸出は勇み足。
アレッポで富士山の山本美香さんがタマをうけた事象が、これで警告ではなくなった。
「山と玉」の流れの行き先が見えてくる。

5月5日の菖蒲は勝負。
この時期になってはじめて、艮の金神の5月5日が反応した。
3は綿津見。
55ゴジラ松井は2010年にサンアンドレアス断層配置。ロスからオークランドへ。
これでイザナミが太平洋プレートを使うことがはっきりしたし、そう書きました。
もちろん相手は北米プレート。
3と55の国民栄誉賞は、ファンの逆鱗にふれそうだけど、事象的には東日本大震災の褒章です。

そしてあの始球式。
正直、鳥肌たちましたよ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/12 22:54分 
  • [編集]

Re: インディアナポリス 

土佐弁も「ちゃ」がつきますね。
阿波弁は博多弁と似てます。
北九州もそうですが、鞍手とかも語尾に「ち」がつきますね。
しらべたことないですが、なんか鉄と関係ありそうな気がしています。

インディアナポリスといえば「ジョーズ」。
サメ=ワニといえば阿曇。
トリニティ原爆実験と同緯度にあるのがその本拠地志賀島というのも、
なんだか因縁っぽいような。

佐藤琢磨、やってくれましたね!
出雲88の錦織もスゴい! 

ヴィクトリアマイルは、294の事象騎手内田博幸がやってくれました。
11番ヴィルシーナは頂上。大魔神の馬ですね

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/12 23:25分 
  • [編集]

自由は存す 

川崎を発って映画『藁の楯』を見に向かったつもりが、品川から京急で引き戻されて、品川神社に行ってきました。
藁の楯は、「孫娘を殺めた犯人を殺したものに懸賞金を出す」との大物の依頼で、民衆から警護に当たるはずの警官までが、付け狙うサスペンスとか。「誰が味方か敵かわからない、仲間にすら警戒心を解けない状態」=疑心暗鬼・人間不信・孤独ですね。
でもこの世に信じられるものって何があるのかしら

岩山を眺め、お稲荷さんに参り、なんとなく導かれるまま、本殿の裏を通って出たところが、板垣退助とそのご家族らしきお墓が。
「板垣死すとも…」とはご本人は仰らなかったらしいですが、板垣死んで、名と墓と孤独を遺した?

品川神社の本殿前の狛犬は、左右とも子供を抱えておりました。
別の狛犬さんは、金網を被されていました。
先日の大戸神社の狛犬は左右とも弾丸。同境内のお稲荷さんの狐は金網を被っている。
「左右で同じものを抱えて」「覆いがあって不自由」。

これに『藁の楯』の「周りじゅうが敵に見える、何を信じていいかわからない」を加えて、
一組の男女カップルに当てはめてみたら、子どもこそが唯一の拠り所となるのかも。
その子が両親から受けとり学ぶものは、病気になるくらい多大なプレッシャーと、早熟で良い子の自分と、人々への反感と敵意、そして置き去りにされた子どもの自分…。

両親への屈折した思いが、自分を支えてきたと理解した瞬間、私は漸く自由になれたのかもしれません。
自身の拘りを解くと、他人がどう生きようと、お好きにどうぞと言えるのですが。

板垣さんの目指した形とはもしかしたら違うのかもしれませんが、吉野作造や与謝野晶子、羽仁もと子らも「自由とは」「民とは」と考え、意見を著しそれぞれの行動に移しました。

志を受け継ぐって、目に見えない所作ですが、親だけでなく、出会った方々からの思いという形で、知らず知らず手渡されて続いていくものでしょうね。
まして同じ釜の飯を食い、修羅場を共に歩んだ戦友の遺志ならば。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.05/13 01:31分 
  • [編集]

Re: コロンブス 

ブエノスアイレスの法王誕生のとき、母をたずねて三千里だなぁと(笑)。ジェノバですか。

貨物船の名が知りたいですね。
ワード的には塔の崩壊。管制なんで司令、指令系統、トップ、もしくは秩序。
地震で崩壊したローマ帝国の大灯台も思い出されます。アレキサンドリアだけど。

クリーブランドって、バチカンと近いんですよね。緯度的に。

Cleaveland
ave and cell
veal candle
Genova
ave NGO

どっちもaveがあるんで気になってしまいました。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/13 01:57分 
  • [編集]

Re: 数霊 

ほんとうにデキすぎですね。
イザナミの怒りですかぁ。

ちなみに古馬牝馬G1ヴィクトリアマイルの馬単は11-8。
7じゃないけど、3着の1が意味深です。
イザベルだし。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/13 02:07分 
  • [編集]

Re: 酵素じゃなくて酸素 

じゃあ追いついたら教えてくださいね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/13 02:08分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

あの震度3はもろに中央構造線でしたね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/13 02:10分 
  • [編集]

Re: 鈴の音 

13=1ですから。
いろいろとかさなりますね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/13 02:12分 
  • [編集]

Re: 三輪山登拝記 

おつかれさまです。

5月10日に中央構造線の徳島三好市で震度3。
震源は高知県長岡郡本山町の七戸。
12日の全日本柔道は七戸龍が連覇。
七戸。意味深です。
本山町七戸「字佐城」の佐城神社の神域のようです。大国主とウサギ?

遷座祭のはじまりにあわせて、八幡平が反応しましたね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/13 03:20分 
  • [編集]

茶話 

自分がキーワードとして気にし始めたのもあるのでしょうけれど
それでも何故か、先日から「茶」のお話をよく見かけます。
テレビで日本茶輸出貿易の先駆者、大浦慶の生涯を紹介していたり

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B5%A6%E6%85%B6

日参しているブログで、何故か「ずいずいずっころばし」の話題が出たり。
(この曲は、将軍献上の「茶壷道中」を歌った物と言われている)

そう言えば、淀殿は何故「茶々」という名前なんでしょうね?
そして今、書きながら気付きましたが「茶話=さわ=38」ですね。
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2013.05/13 21:47分 
  • [編集]

ジェノヴァ発の羅針盤はどっちに向いてる? 

いやさかの木さま

「貨物船の名が知りたいですね。
ワード的には塔の崩壊。管制なんで司令、指令系統、トップ、もしくは秩序。
地震で崩壊したローマ帝国の大灯台も思い出されます。アレキサンドリアだけど。

クリーブランドって、バチカンと近いんですよね。緯度的に。 」

あぁぁ、、、オシイ! ローマ帝国の予想はピッタシカンカン・・・・・

船<CARGO>の名前は、jolly nero ジョリネロ

だそうです。
あの 暴君、neron ネロの NERO なんですよねぇぇ、、

ナンナンでしょうね?

しかも JOLLY(素敵な、綺麗な)ジョリー
なんて形容詞までついているんですけどねぇぇ、、

個人的には、クリーブランドが、重要に思えます。

音素の如く、CLEAVEの CLEは、鍵を意味しますし・・・

オハイオ州のクリーブランドの上空で、12年前の911事件の時、、4機目<ニュージャージー州、ニューアーク飛行場>離陸した 93便は、当初の目的ホワイトハウスへ向けるはずが、クリーブランド上空で、大きく南旋回しましたね。

結局、ペンシルベニア州のシャンクスヴィルの空き地みたいな地点で燃え尽きて消えてしまうのですが、、、

世間の意識というのは、どうしても扇動されて、目立つ事しか見ないのですけど
マンハッタンのツインタワーに追突した2機と、アメリカ国防省のぺンタゴン追突した1機の行き先は、ロスアンジェルス<ANGELと言う天使が語源>ですが

最後の4機目NEW ARK飛行場離陸>だけが、サンスランシスコ行きの目的をもって搭乗した、搭乗客は33人で4人はテロリスト。
ここで、何を述べたいのか?という意味は、サンフランシスコを目的に 搭乗する、、つまりラテン語語源ARCという名前の飛行場<NEWARK>から 飛ぶ共同体が33人存在しているという途上にある訳なんです。

ハイジャック、が起きた地点、つまり自爆テロとわかった地点で、乗客が機の奪還に乗り出すという行為にでていますよね。
4機の搭乗客で、日本人は一人だけ乗っていたようですが・・WIKIにはそう出ています。
この4番目の 機体の搭乗客として乗っているという意味が何を 意味するのか?という事なんですよね。
、シャンクヴィルに消えた、搭乗客なんですよね。

当初の目的であったホワイトハウスが アタックされなかったのは、この4番目、UNITED航空、93便が、目的地につけなかったという途上にある人間行為なんですよね。、表現の仕方を変えると、ホワイトハウスを救った殉教者みたいな存在の仕方なんです。

マサチューセッツ州のボストンのマラソンは毎年あるでしょうに、何故?今年、ボストンで又テロが生じたり、同時期に、12年前の ツインタワーに激突した 機体の一部がビルのハザマに落ちていたのが見つかったり、<4月26日>

http://www.asahi.com/international/update/0427/TKY201304270045.html

その直ぐ後に、5月10日には、、再建された
ワン、ワールドトレードセンターの尖塔が取り付けられニュースが世界中に流れましたよね?最頂部は541mに達し、西半球で最も高いビルとなったそうです。完成は2013年とされている。・・・・・だそうです。

これ、宇宙からみると、アメリカのアルカイダへのプロヴォカションprovocation(蜂起への扇動)と
視る事も出来るので、

いつまでも終わりのない、力で対峙世界の競争をしているように見えるんです。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/13 22:37分 
  • [編集]

17 

ダッカ近郊のビル崩壊事故で、5月10日に事故発生から17日目に救出された女性の名前レシュマ Reshma AkhterさんのReshmaはヒンディー語でsilk、AkhterはAkhtar星の変形のようですね。

イタリアの猫の日は2月17日ですが、イタリアでは17という数字は嫌われています。ラテン数字17はXVIIと書くため、アナグラムでVIXIとなりますがこれは生きているの過去形で死んでいるの意味になるためです。しかし猫は7回生まれ変わる、つまり不死身の動物ということから17日になったとか。
2月17日はノアの方舟で洪水が起きた日。バン猫のバンはウラルトゥ王国があった場所で、ウラルトゥは旧約聖書のアララト。
私は今、生きている「17歳」でデビューした南沙織さんの芸名は、七夕の頃の7月2日生まれということで織姫の織から名付けられたそうです。洗礼名はシンシアで月の女神が由来。デビューした1971年はまだ沖縄返還前だったんですね。
5月15日は沖縄復帰記念日。
5月15日が例大祭の神田明神では、絹の取引が縁で群馬県藤岡市の諏訪神社に江戸の三井越後屋から納められた神輿が、11日の神幸祭で233年ぶりに初参加して里帰りしました。
安倍首相は12日に松島基地を訪れ、機体番号731の5番機のブルーインパルスに乗り込みました。5番機はリードソロでソロを担当するため背面飛行も多く、ヘルメットの数字の5も上下さかさまに描かれていて、さかさまのワードがあります。
アベのさかさまはベア。brownの語源はbearと同じとされていますね。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.05/13 23:10分 
  • [編集]

marisolさま 

2Eの子どもを発掘することも大事ですが、その母体である全ての発達凹凸児が輝けるようなユニバーサルデザイン教育が望ましいです

お話されてた、2Eの子ども達や発達 凸凹児のお子さん・・・・・・の話しですが、

感じると
私達のコミュニケートの層と違う次元のようなんですね。
普通の文部省の教育内容が間違っているようです。(笑)
私達は 記号、言葉執着してしまうのであまりにも、次元が低いのかもしれません。

オティズムについては自閉症という言葉を使いたくない自分がいますから、やはり違うのでしょう。適切な言葉ではない日本語の単語かもしれません。
・・・ちなみに、障害という字の害は、どうしてついているんでしょうかね?
失礼だと思うのですよね。この漢字も使いたくない自分がいますから、文部省が間違っているのでしょう。^^

この前LINKしたダニエル、タメット氏・・・
円周率、数字、3,14・・・・・以下の数字を 5時間以上かけて 記憶を読み上げていくYOUTUBEや他にも、いろいろメディア出演の 録画みましたが、
性格視ると、実に穏やかに話しますし心が純粋なんですよね。

世間に揉まれていなくて邪心な意識など全くないというか、競争心なども皆無で、汚れていないというか、・・・・それでいて自然のそのままの姿で存在しているらしいんですね。

最近、霊感や直観力をもつ能力とその人間の、心が存在している次元とは、違う・・・と言われていますから・・・
預言や予知能力という事よりも、何事にも執着しないそれでもって、自然のままに存在しているという子どものような 無垢な意識が問われる時代が到来するかもしれません。
能力より、心の質の方が重要だといわれていますし、普遍化し、存在力があると思います。

言語学に興味を持ったのは、
人間のコミュニケート層が人によって違うのでは?ないかいう懐疑点があったからです。

それは個々人の優れた頭脳の能力というよりも、最後に一番大事なのは、心の質(素養)ではないか?
という視点です。
心情が確実に 言葉に 出ますから、そういう意味で、ダニエル、タメット氏の存在は、今後の オティズムの子ども達へ、明るい未来を展望を見ます。

最後に、オティズム同士の会話がどのような コミュニケートをしているか?という記録があります。
ご参考になればと思い、張りますね。

http://members.jcom.home.ne.jp/matumoto-t/utigawajihei123.html

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/13 23:46分 
  • [編集]

なにやら面白い夢を・・・ 

全然この記事の文脈と違うかもしれませんが、なんだか面白い夢を見ましたので言わずにはおれなくて。。。
夢で唐突に蔵王権現が出てきて、あの大きな青い顔アップで「し・つ・け・ろ」と言うのですよ。で、持物の棒のようなものを託され、どこぞの桜吹雪が舞うような社に赴いて“しつけ”をするのです。(事の次第を行者に話して読経や祝詞はその人にやってもらった)。で、私は棒を一緒に持って空間に折り目をつけるのし棒のように動かしながら「へ~、しつけるってこういうことなの」など思っている。いわゆる子どもの躾とは意味合いが異なり、和裁の用法に近いかも。社は風雅であるが朱色ではなく古木色の山里にあるような風情で、どこなのかはさっぱり分かりません。
金峯山寺には10年近く前の御開帳時に行ってそれっきりだったのですが、あちらは覚えていたらしい。どうりでここのところ「何か青色がキテるんだな~。」と青い服ばかり買っていたわけです(笑)しかし何なんでしょ、これ。調べたら金峯山寺の寺号は「国軸山」なんですね。まあ、今日の御神籤では「世界の理は小賢しい頭では分からないから神に任せとけ」と出ましたが。
p.s.千春さま情報ありがとうございます。じっくり拝見します。

あと、東日本に引き続き西日本の画像欠損も収束した模様。311は80日前の父島近海がトリガーになったとの説ですがマリアナ近海で深発あり。浅ければ言わずもがな。大規模なら数十日静寂期間ありますし。せいぜい備えます。

追記:安倍首相が松島の航空自衛隊基地で「731」番のブルーインパルスに乗った写真が物議をかもしてますね。GW閣僚外遊はまるで結界張りの様相でしたが、ゼッケン96番といい今回といい、安倍さんの背後には色々いるのだろうな、と思わせられます。アッキーがどこまで綺麗にできるかな。

ま、私の背後にも狐でもいるんじゃないかと心配になりましたが(苦笑)。確かにアレは人をからかうのが大好きですから。覚醒時なら尻尾丸出しだからそれと分かりますが今回は眠ってましたのでよう分かりません。関係妄想にならぬように自戒しますよ。

追記2:蔵王権現の夢は個人レベルせいぜい地域レベルのことだと思います。思い起こしてみたら、GWにレジャーで10年ぶりに役行者ゆかりの滝に行っておりまして、そこは子供時代に15年間住んでいた場所でもありました。毎度ですが今回も家族の要望で行ったまでで、滝道にある役行者開基の寺で神仏に挨拶交わす程度でしたが。夢の中の社は実在かな~などと思いながら地図を眺めていると京都の木津川あたりが気になって検索してみたところ、あの辺にも役行者ゆかりの古刹がありました(そっか、加茂だもんね)。南山城をナンザンジョウと読んでしまうほど京都の地理に疎いので、あの辺が“北の吉野”と呼ばれている行場だとは露知らずでした。社ではとりあえず八幡神祭ってるけど本来の祭神は不明とされるものが一社あったので、そこがちょっと気になりましたが。個人事象徒然、お目汚しでした。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.05/14 11:18分 
  • [編集]

方舟 

NHKテレビで「塚原卜伝」を、1月から3月まで放映していたそうですね。
このドラマのオープニングの映像にあった北浦湖上に建つ大鳥居が、再度建設中なのだそうです(と日本発のメイルが友人から届くので知る訳ですが・・・)

それを聞いた共通の友人の一人は鹿島神宮の近所に実家があるのですが帰宅中だったらしく早速海上に6月完成する鳥居の写真を撮って送信してきたのでした。鳥居は、香取神宮に 向いて海上に建てられているという事で、今年は伊勢の、式年遷宮の年でしたが来年は、鹿島神宮と香取神宮の、12年に一度行なわれる御船祭りがあるそうなんです。
武人、軍神の神様のご機嫌は来年までのお楽しみなんだそうですね。^^
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/14 23:27分 
  • [編集]

メキシコ富士・核の共鳴 

5月15日、メキシコ富士(ポポカテペトル)噴火。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2944050/10742670

13~15日に、X1.7、X2.8、X3.2、X1.2の4回のX級フレアが発生している。
淡路の別雷地震も太陽と連動したけど、これも「核の共鳴」のひとつの「型」だ。

富士は88。
スサノヲの八十八夜にだれかさんがアラブる核と契約しちゃっただけに・・・。

この富士はひびかなくていいよね。
かわりに噴火したと思いたい。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/16 20:01分 
  • [編集]

走る走る俺たち 

福知山動物園の脱走劇は面白いですね。
動物園に帰ろうとして倒木に阻まれた亀吉さんに続いて、二歳の子猿・小春さん。

逃げ出す騒動は他でもありますが、熊本の大津町でしたか荷台から鶏が、どこかの移動動物園からヤマアラシがと、脱走したものだけ追っても、事象の傾向が見えるのかもしれません。

この逃げる・脱出も最近目立つ特徴かもしれません。
去年の井の頭公園のリス逃亡は、捕獲作戦で元の頭数より増えたそうですが、先日同公園内のお稲荷さんが焼けてしまいました。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.05/17 01:12分 
  • [編集]

こんばんわ 

事象の読み方面白いですね最初はちょっとマニアックな
かんじしましたが
参考になりました
日本もすでに
巻き込まれてるのでお互いに
気をつけましょう
でわ
  • posted by ぽんぽん 
  • URL 
  • 2013.05/17 02:24分 
  • [編集]

かけっこ 

動物達が、走る、、走る,、、はな様のコメント拝読していて思いましたが

うちから隣の中学校のゲレンデがよく見えるのです。
それで、体育の授業風景が見れるのです。
おもしろいのは(と言っても、西欧の人達にとっては、普通の感覚なんでしょうけど・・・・)

体育の授業も、男女一緒なんですよね。
男性、女性、分けて授業をする科目は存在しない・・・というか・・・・

それでは、男性にとって、優位な点がつけられるのではないか?
という数字による評価に価値を見るという考えではなく、

平等に人間を接する・・・というのは、性の違いを 差として判断するのではなく、あくまでも、違いなんですよね。

差と放つと、どうしても 優劣をつけたがる・・・という判断意識が助長されてしまいますが、その地点に 立つのではなく、性差を無くす判断を 3次元の世界では求められているのだと思うのです。
よって、形而上世界では、女性は女性らしく、男性は男性らしく 振舞うという事で、お互い補うべく、愛し合いましょう・・・・という事だと思うのですね。

形而上世界の倫理的な意味と形而下の倫理的な意味が、逆になってしまうと、むやみやたらに、性差というピンポイントに意識を集中させたり、助長させたり、不自然な人為的な行為で、性差を扇ぐ<扇がれる>

本当は、違いに気付く事で、なんらかの欲望を煽られなければ、カップルになれない・・・・という事形而下世界の視覚による挑発や恣意的な行為とは違うと思うのです。

もともと、形而上という単語の意味のラテン語は、メタフィジックmétaphysique
という単語からきていますので、フィジック<英語physical>
物質、物理、肉体、身体という意味の単語を含んでいます。メタmétaが接頭につくと、超、包含ですので、
それ自体を対象とした 超<上次元>の事を、指すのだと思うのですね。それを簡単に表現すると、心とか魂とか霊的な世界を 指すのだと思うのです。

しかし、元々は形のある身体<肉体>と切り離しては考えられないのだと思うのですね。

人(男)と人(女)が遇わされ<会う>なんらかの 感情がお互いの気持ちの間に生じるってなんなんでしょうね?

西欧が同性同士の婚姻を法案化に向けて動きだしましたね。

レヴォルーションrevolutionは、地球の自転、回転という天体の様子を意味する単語ですから、結果、形而下に見える人間行為が、反乱とか社会の差別意識に革命を起す・・・という風に見えるのでしょう。

これも、一種の 終わりのないかけっこなのかも知れませんと思ったりします。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/18 17:25分 
  • [編集]

Re: 自由は存す 

品川神社って洲崎神社とつながってるんですね。
ってことは安房口神社とも?
頼朝つながりでは、大震災で水ッ垂れが枯れました。
洲崎と安房口の石は阿吽の石。
狛犬がかかえる子は阿吽の子ですね。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/20 02:36分 
  • [編集]

Re: 茶話 

そういえばあれって、俵のネズミが米くってチュウ。
俵藤太⇒淘汰。
ネズミ⇒大黒天オオナムチの使い
米⇒米国。
で、茶壷⇒茶所のツボ⇒富士山
すごいこじつけですけど(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/20 03:04分 
  • [編集]

Re: ジェノヴァ発の羅針盤はどっちに向いてる? 

出雲大社の本殿遷座の日に、ワールドトレードセンターの尖塔。
2011年八十八夜のビンラディン暗殺とつながってますね。

暴君ネロですか(苦笑)。
アラブるステキなネロ? まるでスサノヲ。
八十八夜のアラブる原子力協定。
鉄生産の起源のトルコの原発受注。ネロならぬゼロ戦の三菱。
アレバってどういう意味なんだろう。
荒れれば?

ジェノヴァ発の羅針盤は、88に向いてるのかな。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/20 03:19分 
  • [編集]

原発問題=食品の安全性の問題 

原発の問題と食の安全性の因果関係
数年前から、食卓にのる食べ物に、何だか変な感じがするようになったのです。
食卓にのるのは、大概近くのスーパーで買ってくるのですが出来合いのものはほとんど、買わないので、そのまま、あまり手を加えず食べれるメニューが多いのです。それでも、何だか変!何故?変だ!と感じるのか分からない・・・・けど、・・・・これ、このまま食べていると変・・・というおかしな感覚。原発の問題と、食品の安全性は繫がっている・・・という勘を持ったのです。
それも、今思えば、実に不思議な出来事だったと思う。
知り合いの日本人女性は、農業を営むフランス人男性と結婚された。
「ねぇぇ、、貴女のご主人の苗字、フランソワさん、よく間違えられない?苗字言ってるのに、名前だと フランス人に思われない?」と、聞くと
「そうそう、、そうなのよ。毎回間違えるわよ」と彼女は応えてきた。
フランソワという名前が、苗字であるという大変珍しい方と結婚された日本人女性の知り合いがいるのですよね。
例えば、
健二という名前が、苗字だったら、お分かりになると思う。
お名前は?と聞かれて、「KENJI です」と 応えられたら、普通、「イエ、名前じゃなく、苗字をお聞きしています」・・・・と再度聞きませんか?
音素というのは、実は、その音を放つ意味があってその名前をつけられるのではないか?と思えるのです。その名前が好きだから、親が選びました・・・という時間軸のモットもらしい理由とは別に、他にあると思うのです。その名前で呼ばれるようになっている・・・その音素を放つようになっていた・・・という存在の意味が隠されているように思うのです。
淡路島、阪神大地震の起こる数年前だったと思う。「日本の原発付近の放射能汚染をルポしていた日本のテレビ局のルポルタージュに、フランソワさん夫婦が、テレビに突然写って、原発による 農作物の放射能の汚染について話している映像が出てたの、ビックリしちゃった」と、たまたま、日本の神戸に実家がある知り合いが帰国していた時、共通の友人つまり、近くに住むフランソワ夫婦の姿を、日本のテレビの画面で見て驚いた・・・と 話してきた。フランソワ夫婦は、原発の問題に積極的に反対の立場を取っていた時期だと思う。スーパーフェニックスという不死鳥という大胆な名前を持つイゼール県にある高速増殖炉は、そのあと1998年60000人によるメディアの反対運動もあり、完全に閉めたのですよね。
デモクラシー民主主義を守るのは、字のごとく、デモする事なんでしょうね?大衆が大道に降りてデモばかりしているように見えますが、仕方ないのでしょう。民主主義を守るという事になるそうなんですね。
それで話を元に戻すと
同じ時期、原発の問題とは別に当時から、食物の安全性について、遺伝子組み換えの農作物についてかなり 騒がれていたのです。
もうかれこれ20年前の事だと思うけど、テレビで
遺伝子を組みかえられた 麦と、組みかえていない 普通の麦・・・・・
の成長の仕方と、その麦につく、虫の運命?の様子が見れた。何故か?今でも、そのイメージが鮮明に残っていて
両方の麦の穂に ,小さなコメムシのような 麦を食べる虫<害虫???>
遺伝子を組みかえられた麦に住む そのコメムシみたいな虫は、何もしなくても、ダンダンと茎を食べなくなり、数日すると、全く動かなくなり、ある日黒くなって固まっている。
遺伝子を組み変えていない麦の中に住むコメムシは、ドンドン麦の茎を食べて、ドンドン大きくなっていく。この二つの 麦は見た目は全く変わらない。そのルポを見ていて、何故か?「わたしは、黒く固くなって、動かなくなるコメムシと同じ運命を辿っている・・・・・」
という感じが何故か?心にワーと占めて危険だ!と思ったのですよね。
毎日、テーブルに乗る食品の安全性について、疑問をもった時期でした。無意識な今生きテル大人達・・・・・未来に生きる子供達が、時代を重ねるごとに、ドンドン、癌のリスクを負って世の中に生まれてきてしまうという事・・・・わたし達は、この世にいないと思うけど、、、この世に生まれてくる未来の子供達が、自分の身体に沈む癌のリスクに気が付いた時・・・・わたし達の魂は、あの世にいってからも、責任を問われ告発されるかもしれない・・・「そんな事は、ただの考え過ぎデスヨ?被害者妄想???」・・・・・
正直、わたしは、そこまで楽観的に物事を考えられないでいます。新教皇のお名前が、アッシジのフランチェスコの名前になったのは、大変な意味があるに違いないと思う。
2011年2月、娘とたまたま見た、クリント、イーストウッド監督の映画、ヒアーアフター(死後の世界)という映画の映像は、何故か?最初に出てくるのが。モンブラン、フランスのシャモニから映像がはじまって、いるのですが、パリ、ロンドン、サンフランシスコ、、そしてハワイと舞台が変り撮られている。東南アジアの津波があまりにもリアリティーである事と、3月11日の東日本大震災の時機に重なり、映画は上映中止になったのですね。
原発の問題と食品の安全性の問題は決して別な問題とは思えないのです。

どちらも、因果関係で繫がっているように観えるんです。原発をただ、止めればいい・・・というピンポイントに観るという観方ではなく、全ての事なんですよね。

日本は、6月8日に封切です、タイトルは「世界が食べられなくなる日」という食品の安全性についての映画だそうです。監督の名前は、仏語音素だと、ジャンポールだそうですが、ヨハネ、パウロの意味なのですね。他の仏国向けのヴィデオみると体制へ反逆児みたいな性格の持ち主だけど・・・こういうヴィデオ撮るのだから、心が優しいんでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=gr8DiizVX2s






  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/21 00:07分 
  • [編集]

樫の女王 

出雲88の錦織圭が破ったフェデラーは8月8日生まれですね。

ヴィクトリアマイルを制した11番ヴィルシーナの馬主は大魔神。東北福祉(294)大学の出身です。大魔神は2月22日生まれで、背番号も22でしたが、仙台の市外局番が022だったり、何かと22と縁があるそうです。

オークスを制したのは3番メイショウマンボ。マンボはブードゥー教では女性司祭の名前で「神との対話」という意味があります。騎手は武幸四郎。馬主は産業機械メーカー「きしろ」の経営者の松本好雄氏。船のエンジンの部品や製鉄所の圧延の機械を製造しています。「メイショウ」の冠名の由来は「明石の松本」の明と松です。

「八重の桜」は鳥羽・伏見の戦いが始まりましたが、京都競馬場の周辺が激戦地で、戦死者の埋葬地に建てられた慰霊碑を昭和45年、競馬場の駐車場の工事の為に動かしたら事故が続発し、新撰組の幽霊も出たので、丁重に供養して慰霊碑を元の場所に戻したら幽霊が出なくなったそうです。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2013.05/22 22:14分 
  • [編集]

鎮守様 

あの世には、知識や認識はもっていけないそうなんですね。貯金通帳ももちろん、持っていけないでしょう・・・
あの世には、心 だけ・・・・持っていけるそうです。


不思議ですね? 時々、変なフランス人が居るのですよ。
日本の事大好きなのは、分かりますが、筒状の巻紙(心棒は、サランラップの心棒)で、筆で手紙を書いてくるフランス人がいました。
さて本題・・・

はなさま、

わたしは行った事がないのでよく地形が分からないのですが、品川神社の隣は東海寺だと思うのです。境内は繫がっているのかも知れません。

原爆慰霊碑があるのですが・・・・ 関東地方に住む方達の原爆慰霊祭の慰霊碑なんです。

WIKIから転記
- 広島、長崎の原爆慰霊祭は、東京では東海寺にある原爆慰霊碑(広島、長崎の被爆石も所在)前で行なわれる

それから、渋川春海という天文学者のお墓が東海寺にあると思うのですが、多分WIKIの写真だと目立たない処にあるみたいです。

1600年代日本で、はじめて、地球儀をつくった人で、天文学に興味をもち改暦推進した人です。
この渋川春海の人生を題材にした映画が、「天地明察」というタイトルで、放映されていたと思います。
渋川春海が出入りしていたのは、渋谷の金王八幡神社で、映画の中でも語られていると思います。
渋谷には渋谷城があり、渋谷氏が存在していました。
渋谷の名前の由来です。
鹿児島<薩摩>県人の御先祖には、渋谷氏が下向し島津氏に吸収されたようなのです。毎年渋谷の道玄坂はオハラ祭りがあり、丸に十字の家紋が印刷された浴衣を着てオハラ節を踊りに、薩摩県人が渋谷に上京してきます。桜島の熱気ですからすごいのですよ。同時に、渋谷金王八幡のお神輿が出ます。

天地明察の映画の渋川春海を演じた、岡田准一という俳優さんがいます。又岡田氏は
2013年の年末に公開される、「永遠の0」という映画の主人公を演じるそうなんです。

以下、WIKIから


『永遠の0』(えいえんのゼロ)は、百田尚樹による日本の小説。

著者のデビュー作であり、売上は2012年10月に発売から3年3ヵ月で累積売上100万部を突破[1][2]。2013年5月6日付オリコン“本”ランキング文庫部門では前週の3位から順位を上げ、発売から3年9ヵ月で初の首位を獲得し、累積売上は179.9万部を記録した[2]。同部門では13作目のミリオンヒットとなる[3]。

2013年に岡田准一主演で映画化が決定。2010年から2012年にかけて須本壮一作画で漫画化された。

永遠の0という本は
特攻隊に関連した話しになっているらしく、
戦没者の 魂は、いったい浄化されているのかしら?
と心配になります。

真珠湾パールハーバーが、開戦地となった日は、
12月8日で・・・・

この日にどうして決定したんでしょうか?よくわかりません。

一年のカレンダーを見ると、数少ない、聖母マリアに関した日、12月8日は、無原罪のお宿りなんですけどね?、

この 原罪<無原罪>という意味、どのような概念として日本人社会に浸透しているのか?
と思って調べました。1963年だったと思うけど「氷点」という、原罪を題にした小説が、話題になりましたね。

賞金1000万円朝日新聞が、一般から公募しました。
素人の三浦綾子の氷点が、選ばれた。

キリスト教の概念でもある 原罪という難しい題材を、日本語で、1960年代日本人の感動を呼び起す事が出来た文筆力には脱帽しました。氷点は随分後になって読んだと思う。

確かに、氷になるのは、ゼロ度かしらん・・・

ゼロって、何か意味があるのでしょうと思います。

時空を越えて、高級神霊達が次元をあげるべく 響音しているのじゃないでしょうかね?

仙台の多賀城市と、大宰府は、姉妹都市だそうですし・・・

わたしも、いくつか道真公の歌、いくつか読みましたが、とても、祟りや恨みの意識を感じる事は出来ないのですよね?歌心ってあると思うのです。心の人格というか、本当の性格というか、歌を創るってある意味超越力だと思うのですね。

多分、後世代の 人達の執念が、世俗意識に潜む呼応反応でしょうと思います。大衆の人間の負の意識は、簡単に 呼応する事で、仲間意識は強まりますから・・・

伝承ですが、菅原道真公のお墓が鹿児島川内に存在しているのですよね。

(鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川の菅原神社で菅原道真が死去したとされたとの伝承と共に、道真のものと伝わる墓がある。概要は、身の危険が迫り、筑前から船で水俣湾を経て鹿児島県薩摩川内市湯田町に上陸し、薩摩川内市城上町吉川を経て、同市東郷町の藤川神社で隠棲し薨去たとされる。)

同じく、鹿児島、川内市は、ニニギのミコトのお墓(可愛山稜)、川内原子力発電所もありますし、渋谷から薩摩に下向した渋谷氏のお墓も おそらく、川内市にあると思われます。
てんこ盛りです。^^

次から次へと・・・厭きさせません・・・いつまでも・・・という感じかなぁぁ~・・・



  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/29 04:45分 
  • [編集]

Re: 樫の女王 

京都競馬場にも是政がいたんですね~。

それにしても、JRAはスゴい。
こんどはキズナで193。
最近は事象ワードの宝庫ですね。

新撰組の幽霊って見てみたい気も・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/29 22:12分 
  • [編集]

Re: 17 

アベのさかさまさんがあちこちに出没してますね。

レシュマはシルクですか。
縫裁工場の発電機とミシンの振動で崩壊したとか。

七夕のシクミのとおり、核と機織はおなじシクミ。

安城市の放火事件では秋葉住宅の住人が逮捕されましたが、
なぜカグツチが安城市を狙ったかといえば、七夕祭りだから。

救出はもちろん吉兆だけど、そもそも機織(ミシン)が崩壊を起こしてるとこが微妙ですね。

ノアの洪水も17でしたか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/30 01:36分 
  • [編集]

Re: なにやら面白い夢を・・・ 

夢とはいえ、蔵王権現ってすごいですね。

とくにいま「山」ですから。「山」「核」「機織」。しつけは「機織」ですね。

興味深い夢です。狐じゃないっしょ。


たしかに731はマズいっすね。意図的だととられかねない。

偶然なら、それはそれでスゴい!

まあ、人類の鉄生産の起源のトルコに、カグツチを送り込む方ですからね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/30 02:04分 
  • [編集]

Re: こんばんわ 

はい、気をつけましょう。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/30 02:05分 
  • [編集]

 

千春さま
数々の情報提供ありがとうございます。

歌に関しては、まったくおっしゃるとおり。
嘆きや悔やみこそあれ、神様への捧げ物に恨みや呪いを籠めると考える方が、おかしいです。
優れた歌詠みほど、美に徹して、自然(カミ)を上手に詠んでいます。

岡田准一くんは、役が回ってきてますね。
一途で純粋でストイックでちょっと変わっていて、器用ではないけど重用される。役に呼ばれるのか彼の持ち味か。
「図書館戦争」で自衛隊の訓練も受けたそうですから、次作はまた磨きがかかるでしょう。

いま私が気になっているのは、千葉の「裏」神社の存在。
神奈川の寒川神社と千葉市の千葉神社は、どちらも八方除けで妙見信仰ですが、雰囲気が全く違う。
川崎市の大戸神社と、香取の大戸神社も、同じ名なのに。
地名にしても川崎市の登戸(のぼりと)、千葉市の登戸(のぶと)・登渡(とわたり)とか。地図を広げたら何かわかるかしら。

千葉や埼玉では女性の嘆きをよく拾いましたが、こちら(神奈川)に来てからは若い男性の声も拾うようになりました。内地だけでも還れぬ魂が多いのに、ふるさとや家族を乞う方々は、いったいどれほどか。
都市開発などで住み慣れた家を追われた方々が、認知症になると「家に帰る」を連発するんですよ。
戦争や地震・津波でも生きたまま帰れなくなった人がいるのに、この社会構造は新たな迷い人を増やすばかり。

政治や経済については、拡大とか切り捨てとか、持ち回り(たらいまわし)でなく、全体一律に規模縮小って考えられないのかな。それともわざと急激に拡大拡張させて一皮向こうという政策か。
最近安倍さんがヒトラーに見えて困るんです。

『最後の授業』が「日本バンザイ」でなきゃいいのですが。(フランスとドイツに翻弄された地域の話でしたよね)
それでも崇徳さんの歌をおまじないにしましょうか(笑)

安井算哲は、暦の基準が他国におかれていることに気づいて、計算の誤りを正すことができました。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.05/30 13:58分 
  • [編集]

後日談 

え?しつけは機織りとも関係ある言葉ですか?調べてみようっと。

さて、一昨日のことです。
京都に急用があり電車に飛び乗って行ってみたら現場は熊野神社の近くでした。神戸にトンボ返りしなきゃいけなかったので熊野社の横をひた走って用事を済ませ、参拝する時間もなく「八橋の本店があるのに買う時間もない、無念!しかし、向こうに見えるこんもりした森は何だろう?」と思いながら目的地で用事だけ済ませてまたバス停まで走る。後ろ髪を引かれながら帰路につく。

で、帰宅後現場の地図を眺めたら、そこは聖護院門跡で熊野神社は役行者の勧請した社でした。聖護院って大根と八橋じゃなくて、修験道のアレか…!帰ってから気づくほど鈍い私です(苦笑)。しかも用向きで行った店は“blue”という文字が店名に含まれておりました。これは狐ではなさそうですわ。やっぱ吉野まで行くべきか…青い御方に会いに。ま、「額に“恕”のステッカーでも貼っておけ!」ということでしょうけど。。。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.05/30 17:31分 
  • [編集]

Re: 鎮守様 

忍者ファンでしょうか(笑)。

逆に日本で復活したらおもしろいかもしれませんね。

むかしはあの世の手前で六文銭が必要だったみたいですが、いま相場はどのくらいなんだろうか。

冥銭って、欧州ではどうなんでしょう。

東洋の概念なのかな?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/31 00:59分 
  • [編集]

Re: 後日談 

裁縫の仕付けのことです。
あと所作が機織っぽいな~と。

蔵王でも火山性微動おきてますしね。
蔵王権現もいまの「山」の流れですし、いろんな意味で重要な存在。なんせタイムリーですよね。
染井吉野とも関係するんだろうか。
マヤ・ホピの「祖先たちの帰還」とか。

「額に“恕”のステッカー」はいいですね。
笑っちゃいました。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/31 01:59分 
  • [編集]

額に"怒" 

わたしも、額の" 怒"のステッカーは笑いました。
marisolさぁ~ん・・・

わたしも、今年になると、
何故か?
青い物を羽織るようになってるらしく、主人や知り合いから、青い洋服を頂いたのです。

自分では買わない色なんですけどね、、、

顔は蔵王権現みたいに青くなっていないと思うけど・・・
冬は、青の外套着てすごしました。
なんだか
ミカエル大天使の声をあちこちに聞くのですよね?
・・・・と、思って、ある日、ある雑誌に,トビと天使の絵<フランチェスコ、ボッチェチニ>が、出てきて、ミカエル大天使が青いマント着て描かれていました。

そしたら、おかしかったのは、「忍者のファン?」と書かれたいやさかの木さまのコメントが、タイムリーで書かれて、又おかしかったのです。

数分前に

2011年偶然に知り合った半蔵門に住む友人からメイルが届いて読んだところでした。彼女は島根県出身です。わたしの父親の御先祖のお墓がある町と同じ出身地で話しがはずみました。半蔵門はわたしの父母が結婚した場所でもあり、半蔵門の名前の由来を話しました。WIKIから、
「半蔵門の名称については

、この門の警固を担当した徳川家の家来服部正成・正就父子の通称「半蔵」に由来するとする説」

調べると服部正成は、あの忍者服部と関係あるらしいのですよ

「私達、御先祖は、忍者かもね?」と冗談メイルをしながら、忍者ハットリ君の、画像を貼って、喜んでいる呑気な私・・・・

忍者ハットリ君覚えていらっしゃいます?
青ずくめの忍者なんですよね。

造り話しに思えるかも知れないけど、あまりにもタイムリーでおかしかったから、書かずにはいられませんでした。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/31 05:45分 
  • [編集]

Re: 額に"怒" 

忍者も山のものですもんね。

山の民ではありませんが。

忍者集団の出自はそれぞれですけど、始祖伝説のひとつ丹波の乱裁(あやたち)道宗は、アヤタチの名が示すとおり、出雲の山の民と深くつながっています。

アヤタチはアヤツチ、スガツチとも言うようです。
スサノヲの代名詞のスガ(須賀・須我)ですよね。

忍者がきてるとすると、丹波、出雲の山々が動いてるのかな?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.05/31 13:07分 
  • [編集]

忍者の木の葉隠し 


なんだかおもしろいですよねぇぇ~・・・忍者の存在・・・・、伊賀・・・幸賀・・・思い出されるのは、伊賀の影丸やハットリ君はコミカルですよね?忍者漫画の主人公は子供達の間に流行しました。
思い出すのは、あの十字や卍型の手裏剣を、シュッシュ ・・・シュッ・・・サッサッ・・・あの手裏剣も不思議な形です。
アレは何でしょうね?飛行距離とか、ダーツみたいに一点<相手>を狙うという攻撃ではなく、保身手段なんですよね?
・・・あんなに、沢山あちこち当てずっぽうに投げて・・・後で中らなかった手裏剣は拾って集めるのかァァ?・・・・とか、考えながらテレビ見てた覚えがあります。たまたま、相手に当たっちゃう・・・という感じに観えるんですよね?
たまたま、相手<敵>に中る時は、忍者に取って運が良かった・・・みたいな現れなんですよね。つまり、手裏剣に中った人は、狙われた結果ではなく、運が悪かったという現れなんですよね?
よく見ると、追手が追いかけて来る時、シュッシュ、シュ・・・道に沢山刺さって,その上を歩くと刺さって歩けなくする・・・つまり、追手をその場に停めて時間を稼ぐ・・・という具合で、手裏剣は、土に刺さるようにあの形なんですよね。ダーツみたいな、矢は、的を射るという目的ですから、使い道が違うようなんです。小さい頃から懐疑思考なので、人が造った話の粗筋に夢中になるというよりも、物事の現象の不思議発見ばかりです。
半蔵門の名前の由来となる、服部(ハットリ)半蔵は、徳川家のガードマン役だったそうです。初代の伊賀出身の半蔵は、後伊賀同心200人の支配を任され、服部半蔵は服部石見守とも呼ばれていたそうなので、石見国は今の島根県ですので、ある時、偶然に知り合う人間関係と云っても、全く因果が何も無い訳では、ないので・・・・人の出会いって不思議です。マ、過去の事は、ともかく、未来に向かって観ないとならない自分達も存在させないとなりませんから、半蔵門にはヴァチカン国の大使館があるはずだけど?と聞いてみたら、家から歩いて数分だった処にありました・・話してきました。10年前<イタリア>旅行の時アッシジの丘を歩いたそうなので、無意識に訪ねるようになっていて・・・その理由や原因がわかるのは、いつも後なんですよね。・・・・・なるほどと思いました。
それより、青色に身を包んだ忍者ハットリ君の話は横においといて、日本には能という優れた芸術文芸がありますが、あのスルスル・・・音をさせないで、何処からか、現れる<幽霊ですよね ?>お能・・・忍者の歩き方も音しないかなぁぁ?・・・能の歴史を紐解くとこれまた面白いのですよね。能の観世阿弥や観世家と呼ばれるその意味、その歴史は、忍者ハットリ君の元祖であった・・・と知ると面白い接点なんですよね。ま、存在するものは、全て何処かで縦横無尽に繫がっているのだと思います。能楽観世流の公演は、観世能楽堂(渋谷)で定期的にあるそうなんですね。

http://www.iganinja.net/gjkanse/
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.05/31 17:06分 
  • [編集]

山の声を聞け 

6/9まで吉野山では蔵王権現御開帳してますが、ちょっと遠いので行けそうにありません。残念だな~、と思いながら2ヵ月も前に録画していて見るのを忘れていたTV番組を確認したところ、その内容は・・・
奈良・奥吉野の山主で林業家のルポでした。
その方が林業の師匠から教えられたのは、作業道をつける場所を一歩間違ちがえば山崩れを招く、どこに道をつければよいかは「山の声を聞け」。地べたに這って日照やら植生を観察します。杣人は仕事前に祓詞奏上。「山神祓 高天原に 神留座す…」。全国の荒れた人工林を修復する技術とその心を見ることができました。
いやはや、バーチャルで吉野まで行っておりますよ。
蔵王権現が出てきたのもやはり山の声を発しているのでしょう。

あ、そうそう。蔵王権現は怒髪天ですが怒(ど)ではなく“恕”(じょ)です。恕の心というのも、10年前くらいに行った時はさっぱり覚えていなくて、今回改めて検索かけてたらこちらの読者のオザサさんのブログ記事がヒットして、それ読んで思い出した次第ですよ。

しかし、蔵王権現と山津見とはどう関連するのか?
ソメイヨシノは江戸産まれの人工品種で桜の名所の吉野にちなんで名づけられたとのこと。吉野の桜はヤマザクラです。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.06/03 11:57分 
  • [編集]

飛梅の精霊 

突然ですが、聖人カレンダーというのがあるのです。毎日の天気予報ニュースの時、「今日は、6月3日は聖人ケヴィンの日です」という風にニュースキャスターが話すのですね。又あちこちのお花屋さんに、その日の聖人の名前が掲げてあって・・・「あ!今日は、聖人ソフィーの日」と分ると、ソフィーという名前の女性に「おめでとう!」といって小さなブーケをプレゼント・・・そのお名前で呼ばれる全ての女性人に「オメデトウ」と声をかけるきっかけつくりみたいになっているんです
ところで聖人ソフィーの記念日は5月25日に中ります。ソフィーSOPHIEという名前の音素の意味は、智慧を意味するのだそうです。ちなみに哲学という意味のラテン語は、「智慧を愛する」というラテン語の意味、フィロ<愛する>ソフィー<智慧>=フィロソフィーという単語なのです。ソフィーという音素の意味は、智慧なんですね。
智恵ちゃんとか、智慧ちゃんと呼ばれているのと、「ソフィー」、「ソフィー」と呼ばれているのと同じ意味です。
国民的お経となって普遍化した般若心経は、観自在菩薩と比丘舎利子との会話で、お釈迦様は何故か?出てこないのですよね。・・・
奈良時代、日本は古来から自然崇拝であった国ですが、聖徳太子の時代になり、仏教という外国の宗教を受け入れ神仏融合の宗教文化を築き上げてきたのですよね。今こうやって外国の宗教は仏教・・・というと変な感じでしょうけど、きっとあまりにも長い間仏教身近に聞きなれてしまうからでしょう・・1400年位前の当時は、確かに外国<国際色豊かな中国>の信仰でした。聖徳太子はじめ、当時の知識人や文化人は仏教の受け入れには積極的でしたね。先代の苦労があったのでしょうね。
般若心経のタイトルにある般若波羅蜜多、サンスクリット語の単語は、「プラジュニャー、パーラーミーター」という音素なのだそうです。それが、漢字表記音写になると、hannixyaharamitashingyouという音となって、響く・・・そのような音素の世界らしいんですね。サンスクリット語で「プラジュニャー」は、智慧の意味だそうです、般若=智慧 ですね。
それで、ハタ!と・・わたしも、5月25日、聖人ソフィーの日、智慧=般若プラジュ二ゃに願掛け。日本人の私は、5月25日は、般若心経の日と勝手に思う事にしました。どの国にも偏らない世界へ智慧の普遍化を願う・・・・・・それは別に置いといて・・・
大宰府天満宮が建てられた919年の150年前には、<歩いて10分ほどの場所に>、観世音寺がすでに存在していました。その後隣接している戒壇院は僧尼の戒律授与、全国3箇所しかない、一つがこの戒壇院の存在なんですよね。観世音寺には宝仏殿があるのですが、もし機会があればご覧になってください。大変な波動を発している仏像達の宝庫なんです、・・・中にいると、自然にグルグル気功みたいに浮いてきます。
個人的な見解ですが、道真公を大宰府に呼んだのは、観世音寺の存在ではないですかね?朝廷の権力争いに心を悩ませると、そのうち神経症になって、素敵な歌も造れない程、心身病んで、神経衰弱するでしょう?・・・・ていう感じです・・・その人間を病気にさせないように、前もって違う環境の場所に移動させてしまう<つまりその形で神々に守られている身>。・・・・・・情動揉め事に巻き込まれない為に、前もってその心<肉体>を救ってしまう・・・地上界の理解は、時間を後ろ<後から>追う人間の情動解釈<左遷されて怒ったに違いないから祟りが生じた・・・という 奥推測ですから>・・・・解釈する地点の時間軸にヅレがあるのが歴史史実なので、仕方ありません。
本当の理由は、本人に聞かなければ分らない事なのに・・・。
ソレと、一つ大宰府天満宮と文芸 「能」は、よく話されますでしょう?
道真の歌に歌われる飛梅を題材にした一番初めに演じられる、世阿弥「老松」は、大宰府の事なんですよね。道真公が普遍化するのと、祟り信仰とはどう考えてもアンマッチなんですよね。
飛梅の精が京都から道真を追って飛んでくるという壮厳な能の舞を演じるのを見ても、多分祟り信仰とは無縁な人であろう・・・・そうでなければ、今まで学門の神様として神々は存在させないでしょうと思うのですね。

以下、WIKIの大宰府天満宮から転記
太宰府天満宮を舞台にした作品 [編集]
能楽 [編集]
世阿弥『老松(おいまつ)』
能では一番目に演じられる初番目物(しょばんめもの)。粗筋は梅津の某(ワキ)が夢の告げで筑紫安楽寺(太宰府天満宮)に行くと、老人(前シテ)と若い男(ツレ)が咲き誇る梅の垣を囲っている。飛梅(後述)とその脇の古松(老松)の謂われを尋ねると、2人はその謂われを語り、梅と松が唐の国でも尊ばれたことを述べて神々しい姿で去る。梅津の某が老松のかたわらに祗候していると、老松の神霊(後ジテ)が現れ、客人を慰めようと様々な舞楽を奏し神託を告げる。この後ジテは老人の面に白髪をたれた老神の姿で登場し、その舞いは荘厳な真ノ序ノ舞である。因みにツレの若い男は実は飛梅の精で、飛梅とは道真が京から左遷された時、京から飛んできたとされる梅である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E5%BA%9C%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE

「都府楼はわずかに瓦の色を見る 観世音はただ鐘の声を聴く」
菅原道真

鐘の音と訳さず、鐘の声と訳す箇所をみても、
平家物語の冒頭、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」・・・と類似の感性、世を儚む思いなんですよね。
観世音寺の鐘は日本最古で、この釣鐘は歌人の歌心に響くのでしょうね。観世音寺の鐘を歌った歌が沢山あるのです。

そうそう、ホントだ、marisolさん、「怒」じゃなく「恕」だった、読み間違いしていました。
辞書で「恕」調べたら、① 思いやり ② ゆるす事・・・と載ってました。

だから、蔵王権現は青なんですね。!何だか変に納得してしまいました。
「怒」だったら、赤じゃないの?と思いたいですから・・・・・
どうも、小さい頃読んだ、赤鬼と青鬼の世界から卒業していないかも・・・・。ううう~ん
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.06/03 23:44分 
  • [編集]

Re: 山の声を聞け 

山津見の桜は山桜。
同期の桜はソメイヨシノ。
舞台は江田島。その江田島で、福岡のトップ開花の翌日に中国人研修生が8人を殺傷したわけです。
事象的にいえば、動機の桜。

ソメイヨシノは人の手で増殖します。自分では繁殖できない。クローン桜だからいっせいに散る。あれは異常なんですよね。ホントは。もちろんソメイヨシノがわるいといってるんじゃなく、だけど、こういうの日本人スキだから、なんというか、国民総番号制みたいなやつ。だけどそういう日本人って近代になってからなんですよね。各地に富士や小富士が誕生してから。多様性を失った種はほろびますから、あやういんですよねぇ。まあじっさい滅びかけましたけど。
もとは多民族なんだけどなぁ。

山の声を聞けって、まさにいまですよね。
ブログのタイトルに使っちゃおうかな(笑)。
これからは杣人さんたちの姿勢こそがあたらしい。

蔵王権現と山津見をつなぐワードは「狼」と「妙見」です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.06/06 02:12分 
  • [編集]

Re: 山の声を聞け 

いい忘れました。

ことしのabさん(ご)の夏。
とくにドッグデイズには注意です。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.06/06 02:37分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/298-04195a9d

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム