神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

白い狼が黒いアヌビスに変わるとき(1)


2010年11月23日、犬頭(ケモリ)海岸砲台基地から170発のロケット砲が発射された。北朝鮮による延坪島砲撃事件。カグツチ出産(福島第一原発事故)の号砲だった。
このとき、あの「9.11」のニューヨークには巨大なアヌビスがいた。開催中のツタンカーメン展を宣伝する8mのアヌビス像だ。ごらんのとおりの犬頭。死者の魂を天秤にかけるエジプトの冥界神である。

2010ニューヨークの巨大アヌビス 

延坪島砲撃事件と4月1日の相馬郡飯舘村の虎捕山津見神社火災は、北緯37度44分の同緯度スライド事象ってだけじゃなく、カグツチ出産と犬頭のワードでも一致する。飯舘村はフクシマの避難区域。山津見神社の眷属神は狼である。狛犬ならぬ狛狼が境内をまもる。

虎捕山山津見神社狛狼

虎捕山伝説に語られるこの白い狼は、火伏せ、災難よけの神として信仰されてきた。不思議なことにカグツチ出産の放射能は、ピークの直前に風向きがかわって北西(戌亥)へと流れ、まるで火伏せにあったかのように飯舘村で失速する。南向きの風なら、いまごろ仙台につぐ東北2位のいわき市が無人の都市と化していた。
下の地図はセシウム137の蓄積量。ごらんのとおり赤い部分は飯舘村のほぼ手前で、黄色い部分は飯舘村最奥部で止まっている。まさにそこに、虎捕山津見神社はあるのだ。
カグツチはインドの火神アグニと融合され、出産された。菅&シンによる初の日印原子力協定締結交渉は、その「型」である。シンは虎だ。出産の放射能が「虎捕」に向かい鎮められたのはとても偶然とは思えない。

2011.3.11放射能汚染・山津見神社

その山津見神社が燃えつきたのだ。
事象の防壁が決壊したようなものだ。
父なる火のミソギの流れが一気にあふれ出したといえる。
じじつ3月18日に一匹のネズミが冷却装置を停止させた福島第一原発は、4月に入ったとたんトラブルが続出。七五三(シメ)を暗示する5日と7日、13日には地下貯水槽の汚染水もれが相次いで発覚。7つの地下貯水槽からなる巨大施設が無用の長物と化した。「7つの丘の町」のまえぶれのようにだ。

福島第一原発はいま、建屋の底にたまった水を循環させて核燃料を冷やしている。循環なのに貯蔵タンクが異様に増えつづけるのは、破損箇所から流入する地下水400トン分を毎日かき出さなければならないから。水位をあげれば地下水はとまるが、逆に高濃度汚染水が地下水に流れこむ。
漏水事故をおこした地下貯水槽は、多核種除去設備「ALPS」で除染した水を保管するためにつくられたはず。そもそもALPSが稼動していないのに、貯水槽に大量の水があるなんておかしな話だ。東電は従来より地上タンクに加え地下貯水槽を含めた計画だったと弁明するが、ようはALPSの運用が大幅に遅れてタンクが足りなくなったってことだろう。ずさんというほかはない。4月3日の正門ダストモニターの警報も、ほんとに誤作動だったのか疑いたくなるよね。(去年は4・3ヨミの女神。ことしは4・3の警報とは...)

一方の前田建設工業は、同タイプの地下貯水槽で09年からトラブルを抱え、昨年山梨県の産廃事業団に提訴されている。それを採用したのは東電のおそまつ。それとも安倍首相のようなセールスマンでもいたのだろうか。
「漏水事故の経験と教訓をみなさまと共有し、地下貯水槽の安全向上に貢献していくことがわが社の責務です」
ほんとの声明はこうだ。
「原発事故の経験と教訓を世界と共有し、原子力の安全向上に貢献していくことは日本の責務です」
その責務があるから日本は原発を世界に輸出しなければならないってこと。すごい詭弁だ(笑)。

原発事故は現在進行形だ。過去の経験ではない。
現場ではいまも熾烈な戦いが繰りひろげられている。
東電はあらたに12の井戸から地下水をくみあげ、海に直接放出する計画だ。建屋内の水位は下がるだろうが、よほど慎重にやらないと海にも地下にも高濃度汚染がひろがる破目になる。しかも大震災から2年をへたいまもなお、肝心の核燃料がどうなってるか把握してる者はだれひとりいない。北の核実験どころか、日本で意図しない地下核実験が起きる可能性だってゼロじゃない。
廃炉作業をはばむ最大の問題は、山から海へと流れる地下水と、放射能汚染水。IAEAの調査団が指摘するまでもなく、キーワードは「水」だ。水蛭子(ヒルコ)である。そしてもうひとりの菅さんの安倍内閣がスサノヲの八十八夜に第2のスイッチを押した以上、もはやフクシマ(カグツチ出産)の地下でナガサキ(ヒルコ出産)は起きないと断言する勇気は、僕にはない。

なぜネズミが冷却装置の配電盤をショートさせたのか。
ネズミが根の国に住む根住みであり、はじまり(子年)だからだ。
3月8日、東日本大震災にともなう地殻変動で、日本列島が東へ88cmズレたと国土地理院が観測結果を発表している。さすがは出雲88事象。ネズミはこの壮大なパワーをもつ大黒天オオナムチの神使である。
オオナムチといえば、ごぞんじ「核をめぐるトモダチ作戦」。だから、ボストン爆破テロで「13のアメリカ」も開始された。88、東へ、だ。
>>延坪島砲撃事件でアヌビスに呼ばれた空母ジョージワシントンは、米国自体がラーの天秤にかけられるような、究極の事態を暗示するのかもしれない。(『八重垣つくるその八重垣を(3)』)
そのラーの天秤がはじまったわけだ。
ジョージワシントンは13植民地による独立戦争の総司令官。ボストンマラソンのパトリオットデイは、ボストン郊外で勃発した独立戦争の記念日である。そしてもうひとつだいじなのは、横須賀基地から出動したこと。横須賀の「須賀」はスサノヲの代名詞。須賀神の横に侍(さぶら)うのは鉄の軍神八幡である。それがスサノヲ復活の八十八夜=茶のシクミ。ボストンも、茶会事件だよね。

1月16日に秋葉原事件に対応するアルジェリア人質事件で「火のミソギ」が示され、2月11日のローマ法王辞任発表で「父なる神」のワードが示された。父なる火のミソギが「山」とともにあるとしても、もし核と無関係ならオオヤマツミの神社は全国各地にある。そのなかで、カグツチ出産の号砲を放った延坪島砲撃事件の北緯ラインと、北西に大量放出された出産の放射能との交点にあり、しかもそれをくい止めた虎捕山津見神社がピンポイントで狙われたのだ。これが<意志>でなくてなんだろう。

北西は「戌亥」の方角。犬と猪。反核のテロリスト日本武尊をみちびく白い犬と、亥の木(核)ボンバイエ。
2007年の中越沖地震では、日本武尊軍の吉備武彦(越方面軍)が「鹿島神宮・戌亥ライン」にある世界最大の柏崎刈羽原発を停止させている(現在は大伴武日の甲斐方面軍が展開中)。
山津見神社の白い狼は、日本武尊の白い犬につうじる。北風が吹きあれるなか、3/14夜~15日未明の最大放出時になぜか北西にむかったセシウム137を見て確信した。「戌亥」はやはり、核につながるワードなのだ。

4月4日、その「戌亥」がふたたび示された。富士山の西臼塚火口の震度2と、石川県津幡町興津の震度4の連動地震がそうだ。(興津といえば興津彦の火水の祓いを連想するが...)
わかりづらいかもだけど、震央分布図で富士山と石川県の震央をつないでみてほしい。その戌亥ラインの先になにがあるのか。

20130404全国M3

そう。北朝鮮の白頭山だ。
『八重垣つくるその八重垣を(2)』で書いた、核の共鳴と共振のひとつの「型」だ。
人類の核はいま、地球のコアと共振しているように僕には思えてならない。だとすれば、核拡散の時代は地球の変動をエスカレートさせる。考えたくはないが、「13のアメリカ」がイエローストーンに出ないともかぎらない。
福島第一原発事故で原発ゼロの金環蝕を迎え、太陽のミロクが完成されたわけだから、とうぜん太陽ともひびきあう。富士山が噴火するとすれば、引き金をひくのは太陽かもしれない。
5月13~15日には、黒点群1748がXクラスのフレアを4回も発生させ、呼応するかのようにポポカテペトル火山が噴火している。
メキシコ富士だ。

ポポカテペトル火山(メキシコ富士)

4月24日、名古屋大学は屋久杉の西暦775年炭素14急増イベントについて、大規模なフレア爆発による太陽陽子現象の可能性が高いと発表した。僕も太陽の異変だと思う。この年に暗殺(?)され、藤原式家兄弟への祟りばかりか、つぎつぎと怪異や天変地異をおこした井上内親王が伊勢神宮の斎王だったからだ。ときの光仁天皇は、丹生川上神社に白馬を献じて晴れを祈り、翌年には黒馬を献じて雨を祈る忙しさ。『水鏡』はこうつたえる。世の中の井の水みな絶えて、宇治川の水すでに絶えなむ、と。イギリスの年代記には、日没時に天に赤い十字架、地にはみごとな蛇が出現したとあるそうだ。人類はひとりでかってに生きてる気になってるけど、天地人は想像をはるかに超えてひびきあうと、僕は思う。

ちなみにおなじ八所御霊(上御霊神社)の吉備真備が没したのも775年だ。この真備と、火神アグニ祓いで僕がとんぼ返り参詣した丹生川上神社中社との共通ワードが「もんじゅ」である。中社は高速増殖炉「もんじゅ」の真南にあり、真備は文殊結集仏暦経を唐から持ち帰ったとされる。安倍晴明の金烏玉兎集だ。
日印原子力協定交渉の再開を確約した5月29日の安倍・シン会談では、原子力規制委員会が一矢むくいるカタチになった。「もんじゅ」運転再開禁止の正式決定だ。これが晴明のウラの一手なら、のちのち伏線のように効いてくるはず。あのときの祈りがすこしはとどいてくれたのだろうか。
>>たわごとだろうが微力だろうが、もし木から水へとアグニを戻した僕の作業がつうじているのなら、「もんじゅ」は廃止へと向かうはずなんだけど……。(『うまれるまえはともかくうまれてはじめての三輪山』)
 
4月1日の月曜日に虎捕山津見神社の社殿が燃えつき、2週間後の月曜日に「13のアメリカ」が開始された。
4月8日の「鉄の女」ことサッチャー元英首相の死も、フクシマの兄弟事象ブシェール原発があるイランのブシェール州を9日に襲ったM6・3の地震(死者30人)も、もちろん13日の淡路島のM6・3も、あふれ出した父なる火のミソギの流れが引きおこしたものだ。17日の三宅島M6・2も、海ではなく山の反応である(伊豆国三嶋大社)。

淡路の地震はとうぜんヒルコ出産の「型」であり、太平洋戦争のミソギの第2弾「ナガサキ」への伏線だと考えられる。だから翌日、安倍首相はとつぜん硫黄島と父島を訪問し、戦没者の遺骨収集現場を視察したのだろう。しかも「父」島である。2010年11月にアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の父が「YAMATO」から転落死して、太平洋戦争のミソギと近代の終焉を暗示したのはまだ記憶にあたらしい。

淡路はイザナギが神上がった島だ。どういう理由か神話はつたえてくれないが、カグツチを斬り殺した父なるイザナギは、ヒルコの吾恥島で神上がる。カグツチからヒルコへ。Ω(おわり)にΑ(はじまり)にもどったわけだ。
火のミソギとヒルコ出産が、母ではなく父なる流れでなければならない理由がそこにあるし、13日の淡路島の地震は、僕らがまさにいま「13=1」にいることを教えている。
終わりと始まりの混在のなかで、なにをはじまりに選ぶかが問われているのだ。

カグツチ出産のフクシマはヒロシマの再来だった。当時の広島市長は秋葉氏だ。
いまの長崎市長は33代の田上富久氏。例の「33・ミミ(耳)」である。隠れ切支丹の五島列島出身らしい。
前任の伊藤市長は安倍内閣の2007年4月17日に射殺された。犯人は山口組系水心会の幹部。よりにもよって「水心」だ。安倍内閣ふたたびで、これがどう出るか。
長崎の市長は1990年にも右翼団体正氣塾の幹部に銃撃されている。このときは昭和天皇の戦争責任に関する発言が背景にあった。

「太平洋戦争のミソギ」を総括する最終的な役目は、イザナギのひ孫にあたる瓊瓊杵尊(ニニギ・ニニキネ)にある。散る桜サクヤヒメと、苔むす巌イワナガヒメの話だ。
ナガサキが切支丹の町だからこそバチカンの父なる神とも連動するわけだし、そのデウスの雷(いかづち)は、淡路の地震でもみごとに反映された。
ベネディクト16世が退位を表明した2月11日のバチカン大聖堂の落雷をおぼえてると思う。淡路の地震では、まるで落雷のようにまっ二つになった賀茂神社の鳥居が象徴的に報じられた。
祭神は別雷命。
ワケイカヅチ・・・ホツマツタヱでは瓊瓊杵尊が天照大神からこの称名を賜っている。
いままで事象が見えないとさんざん書いてきたニニギが、ついにその姿を現した。

2013年4月13日淡路地震賀茂神社2013.2.11バチカン大聖堂に雷

5月23日、茨城県東海村「J―PARC」の原子核素粒子実験施設で放射性物質が漏れ、30人が被曝した。のほほんとした関係者は、自分らがどういう流れに巻きこまれたのかも、事故が警告であることにさえ気づかないのだろう。

海は、母なる水のミソギ。
山は、父なる火のミソギ。
母から父へ。海から山へ。
海は綿津見。山は山津見。
綿津見は筑紫・福岡の志賀島(しかのしま)。
山津見は伊予・愛媛の大三島と、伊豆の三嶋。
なぜ世界初の核実験トリニティのグラウンドゼロとまったくの同緯度に、志賀島の夫婦岩があると思う?
なぜ例のマヤ暦の2012年12月22日に、愛媛の伊方原発でピンポイントの地震(M4.5)が発生したと思う?
伊方(いかた)とは鋳型のことだ。

爆破テロのボストンマラソンは第117回。日本では117は時報。時の報せ。
1月17日の阪神淡路大震災を思い出された方もいる。阪神淡路は神戸市の大事業「山、海へ行く」の結果としておきた。東日本大震災のワードは「海、山へ行く」だ。そしてそれは、まだ終わってはいない。
3月13日、新ローマ法王誕生と福岡の294の桜がリンクした。なぜことし綿津見の福岡に、観測史上はじめて全国初の桜が咲いたのか...。
桜が山津見のトーテムだからだ。
桜ヶ峯神社(福岡市中央区)のセオリツヒメも、富士のコノハナサクヤヒメも、もちろん浅間山のイワナガヒメも、オオヤマツミの一族だ。

福岡市のトップ開花のウラで、おなじ筑紫の北九州市では桜の異変が報告されている(とうぜん桜だけじゃないが)。宮城県の汚染がれきを大量焼却した施設のひとつに、八幡西区の皇后崎工場がある。皇后とはもちろん鉄の軍神八幡の母・神功皇后のことだ。この写真は、皇后崎工場からJR駅ひとつ分の距離にある同区黒崎の桜である。

20130326北九州汚染・桜・八幡西区 (「院長の独り言」より)

ふつう若い枝は古い枝から枝分かれする。
幹から何本ものびる若枝の異常さがおわかりいただけると思う。
これも「294の桜」なのだ!

この黒崎から10km足らずの海側に、航空自衛隊芦屋基地がある。3月31日、震災以降芦屋基地に身を寄せていたブルーインパルスが、宮城の松島基地に2年ぶりに帰還した。
山津見神社が燃えたのは、翌日だ。
なんでもむすびつけたがるとお思いだろうか。だが芦屋は神武東遷神話の岡田宮。虎捕山津見神社は久米宮司である。「久米」だ。
神武天皇とニギハヤヒの最終決戦のクライマックスに歌われるのが、「撃ちてし止まむ」の久米歌である。太平洋戦争における戦意高揚の陸軍省のスローガンとしても知られる。
久米氏は大伴氏とならぶ軍事系氏族。去年の12月、日本武尊の甲斐方面軍大伴武日が笹子や大月トンネルの事故にからみ、前述のとおり伊方原発で地震が発生した。この地震はオオヤマツミの反応だが、久米氏の反応でもある。久米は伊予・愛媛の国造。伊予の久米は、のちに山部氏を名のった。百人一首で「白妙の富士」を歌う山部赤人は、その子孫だ。

去年の6月23日、和歌山市の和歌浦にある塩竃神社の「和合の松」が倒れたのを憶えてられるだろうか。このときいっしょに倒れたのが、山部赤人の歌碑だ。
先日6月8日、その和歌山市で奇妙な群発地震が発生した。それぞれ二回の震度4と震度3は、「44」と「33」を暗示するのだろうか。和歌浦とおなじく中央構造線の反応はまちがいないが、気になるのが震源だ。いずれも竈山(かまやま)駅の周辺でおきている。
山津見神社火災で久米宮司の奥様が亡くなられたことは、神武事象ふたたびを意味する。すなわち「太平洋戦争のミソギ」の第二弾だ。前回の神武東遷事象では、神武の兄イツセ(五瀬命)が「cross22」を大飯原発のおおい町へと運ばれ、オバマ湾に投げ込まれた。「オバマ湾のドラム缶」のワードだ。2009年の事象である。
ではなぜ竈山周辺が震源だったのか。イツセの陵墓があるからだろう。竈山神社は彦五瀬命を祀る。
イツセのワードは「男」である。父なる流れで、墓からよみがえった感がある。

和歌山市の神前では、去年の6月13日にカーテン店店員の「まどか」さんが元同僚の男性に殺害され、とてもマズい事象だと書いたと思う。金環蝕と日前國懸神宮が関係しているからだ。神前は竈山のとなり駅。とうぜん今回の震源ともきわめて近い。
詳細ははぶくが、これらをふくめて6月8日の和歌山の地震が示唆するテーマは、まるで33と44に対応するかのようにふたつだ。
太平洋戦争のミソギをともなう「核をめぐるトモダチ作戦」と、金環蝕の「九頭竜湖の大型冷凍庫」すなわち伊豆の「88の大型冷凍庫」。とんでもない地震である。

6月8日といえば、2008年にはカグツチ秋葉原事件、2010年には菅内閣が誕生。2012年には野田首相の大飯原発再稼動表明と、山口県ムカツク半島の油谷でJR山陰線にイノシシが岩をおとす事故が発生した。
油谷は安倍首相の地元だ。自民党総裁選出馬を決意したのはこのときだったのか? ともかく油谷のイノシシと安倍総裁誕生がリンクした以上、安倍政権がイノシシ(核)と同調するのはまぬがれないし、その動きはハナから「核をめぐるトモダチ作戦」に組みこまれているということだ。
イツセの「男」といえば、あんときの猪木。いやアントニオ猪木。あの亥の木ボンバイエが、こともあろうに88維新の党から、山陰線ならぬ参院選に出馬する。
亥の木(核)ふたたび、だ。

核は火と鉄カルマの権化。
福岡の桜は綿津見の桜。北九州の桜は鉄の軍神八幡の桜。
山津見の桜は山桜だが、294の桜はソメイヨシノである。
294の桜が「同期の桜」を意味することは、翌3月14日の江田島の事件であきらかになった。中国人実習生による8人殺傷事件。ヒロシマの江田島は旧海軍兵学校の軍歌「同期の桜」の舞台だ。もちろんソメイヨシノである。
ソメイヨシノは幕末に江戸の豊島で交配された、人の手で増殖するクローン桜。だからいっせいに散る。西洋文明との交配種として誕生した近代日本は、皮肉にも日本人のアイデンティティをクローン桜にもとめた。だからいっせいに散ろうとした。その究極の兵器が、人間爆弾「桜花」だ。
もちろんソメイヨシノがわるいといってるんじゃないヨ。要は近代日本がなにを表現したかということ。人生もそうだろうけど、過去の表現をわかってあげないとふたたびくり返すことになりかねないし、表現されたワードにこそ、いまの事象を解く鍵がある。きけわたつみのこえ、だ。

かつて銃後の人々は武運長久の八幡大菩薩の幟をたてて出征兵士を見送り、兵士たちは散る桜に死の意味づけをもとめた。
北九州の八幡製鉄所は近代日本の殖産興業の要であり、戦前には大日本帝国の鉄鋼生産量の半分以上を占めていた。そこに鉄カルマの権化たる核の汚染がれきが持ちこまれ、大量に焼却されたあげくソメイヨシノに異常が出た。しかも八幡大菩薩の母、神功皇后ゆかりの地の処理工場だ。なんて因果だろう。

きけやまつみのこえ。

飯舘村にも綿津見神社があり、山津見神社の浜降り神事がある。
虎捕山津見神社の火災は、294の桜にリンクして発生した。
それは綿津見から山津見へ、海のミソギから山のミソギへの移行のサインにほかならない。
294(つくし)の桜が火と鉄のカルマの桜、294(にくし)の桜だったからこそ、山桜(山津見神社)は燃えてしまったのだろう。
そしてその移行は、4月15日の志賀海神社の山誉種蒔漁猟祭(山誉め神事)をもって完了する。
「山誉め」である。
ボストンマラソン爆破テロがおきたのは、その日だ。

  • [No Tag]

*Comment

カゴメ 

来月の7月22日、太陽系の6惑星が、カゴメ紋(?六芒星)を描く様に配置するそーですね http://dataink.iza.ne.jp/blog/entry/3098834/


6月1日は、若狭湾の老人嶋(おいとしま)神社のお祭り、「雄島参り」にお邪魔し、冠島に立ち入らせて頂きました。
同行者は、海や島を覆う空全体に国常立さまを、また、国常立さまに使える神々を感じたそうです。
地域の皆さんが神々とのおつきあいをとても大事にされていた事が印象的でした。

雄島参り
http://www.geocities.jp/k_saito_site/doc/tango/oitsimaj.html

  • posted by 五 
  • URL 
  • 2013.06/12 20:47分 
  • [編集]

か~ごめ かごめ~♪ 

うぅぅぅ~ん、、、、、7月22日って、聖人マグダラのマリアの祝日なんですよね?

なんだか、ますます、イエスのDNAがマグダラのマリアによって守られてきたであろうsophieソフィー の登場を何千年も守り続けてきたダヴィンチコードの話しに、似てきましたね?
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.06/12 22:32分 
  • [編集]

いぬゐ 

乾。
意味は、かわく、ほす。血の繋がりのない、義理の。
周易の八卦、はじめの卦。長い横棒三つで表し、強い・天・君主・男性などのシンボルとなる。また六十四卦の一つ、長い横棒六本(乾下乾上・ケンカケンジョウの形)。
高く明るくて強い天。また、転じて、強い、剛健なさま。対義語は坤。
旱(ひでり)、悍(気が強い)と同系の言葉。

以上、学研漢和大辞典による。

たまたま千葉市稲毛区の地図で、大きな道路や鉄道の流れを見ておりました。大まかに東京方面から北西の風に乗って来るような配置なんですね。
千葉市の検見川、浅間、登渡と元の海岸線に沿う神社もほぼ同じ感じ。

北側にずれて、さつきが丘、柏台、あやめ台、天台、萩台・千草台、みつわ台と山っぽい地名も、平行。

なーんとなく、この山側の勢力と、海側の勢力とが睨みあったら戦場はどこか見てみたら、仲良くなるように中を仲に直した小仲台、穴川・黒砂、作草部・轟町、椿森・松波と千葉市中心部に向けて流れて、 千葉神社辺りで激突して、大和橋を渡って亥鼻城に駆け上がるのかしらと。

私も暇なんでしょうねぇ。暇じゃなきゃこんなアホなこと考えませんよね。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.06/13 12:23分 
  • [編集]

神話は神輪 

神域は結界を破られ、水や火、もっと神がかりな領域へと向かうのかもしれませんね。
神話や歴史は今に生きる。過去は現在なのですね(うまく伝えられないですが。)
事件事故にしろ災害にしろ、こんなにも深い、まるで偶然を装ったかのような必然性を意図してつながりあっていたのですね。過去記事もゆっくり拝見させていただきます。ありがとうございます。
  • posted by 疳の虫 
  • URL 
  • 2013.06/13 23:38分 
  • [編集]

白と黒 

いやさかの木さん 皆さん こんばんわ。

久しぶりにコメント書いてみます。

2011年に「マトリックス」のキーワード検索でこのブログに辿り着いたと記憶してます。

僕は東北大震災の直接的な被災者ではないのですが

それを機に大きく人生観が変わりました。

何も考えてないところに後ろから叩き起こされた感じです。

当時の僕の仕事は マトリックスという機材でALL CROSS POINTの検査をしてました。

冗談でも何でもなく マトリックスで ALL CROSS POINT=すべての十字路?の検査をしてました。

まぁ単なる単純作業の繰り返しなんですけど。

詳細を言うと同業者にばれそうなんで言えませんが、とある業界の機材の製造業です。

まさにこのブログも クロスポイント ですよね。

引き寄せられた人が情報を交換と言う意味でクロスしてゆく。

いまでもびっくりする時がありますw

ちなみに僕の少し前のブログのタイトルは白い狐と黒い羽でした。

やっぱ白黒つけるときが来てますかね?

僕の出した答えは白でも黒でもなく灰色ですが。。

シンクロの本質は 偶然などない って事だと思います。

すべての事象に意味があり、僕らはその経験で成長してゆく。

無駄な事は何も起こらない。

全ては必要だから起こる。

いまはそんな風に感じています。

あらゆる出来事をポジティブな意味で乗り越えられたら良いですね。
  • posted by touya 
  • URL 
  • 2013.06/14 00:27分 
  • [編集]

八木から阿倍野へ 

touyaさんのブログ拝見いたしました。出雲へおいでになるのですね、お気をつけて行ってらっしゃい。京都へ立ち寄られるとのこと、関西へようこそお越し~。

台風3号は「やぎ」という名だったんですか。こちら大阪はカンカン照りの猛暑で雨が一滴も降らず、天照の神様も、新居引っ越しにすごい張りきりようですね。

「やぎ」が気になりました。奈良県に「八木」という地名があり、ここは地理的・歴史的に色々なことのクロスポイントです。

http://www.city.kashihara.nara.jp/kankou/own_kankou/kankou/spot/yagimachi.html

http://www.ne.jp/asahi/mulberry/mt/newrail4/yagi.html

お越しになる京都から、いやさか様ブログの串ラインに沿い まっすぐ南下すると、八木。も少し南へゆくと、出雲系の三輪山へも近いです。

以前のこちらの記事が今さらながらに… (^_^;)A

http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-235.html

疳の虫様のおっしゃるように、事象はつながってくるんですね。


『日印原子力協定交渉の再開を確約した5月29日の安倍・シン会談では、原子力規制委員会が一矢むくいるカタチになった。「もんじゅ」運転再開禁止の正式決定だ。これが晴明のウラの一手なら、のちのち伏線のように効いてくるはず。あのときの祈りがすこしはとどいてくれたのだろうか』

あべのハルカス、先行オープンしました。
晴明の裏の一手の合図になるでしょうか…!
阿倍野区で生まれたといわれる平安時代の陰陽師・安倍晴明を祀る神社は、このビルからほど近いところにあります。

大和八木から阿倍野橋まで、電車の乗り換え一回で到着です。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.06/14 09:53分 
  • [編集]

台風3号=yagi 

台風3号の話題が出たので追記を。
日本がネーミングする番に12星座の名を順に冠していたようで今回はやぎ座のyagiと命名。
このやぎ座にまつわるギリシャ神話をサラっと眺めると暗示的なんです。やぎ座は牧神パンを象ってますが、パンはパニックの語源であると。地震を起こす怪物ティフォンから逃げる時にパニック起こして上半身は山羊、下半身は魚になってしまった…。

まずいですね、このタイミングでこのネーミングって。
台風は巨大震源を避けて通るという説もありますが、yagi台風がユーターンした地点に巨大震源がないことを祈ります。。。

追記;山津見神社。4月の火災時にはまだピンと来てなかったのですが、5月から山の声が届いてきてあれこれ検索しているうちに飯館の山津見神社火災の画像を発見。火炎の中に立つ狛狼の像を見て胸を突かれました。本当に、あの神社が火伏したのだと思います。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.06/14 13:12分 
  • [編集]

「おおかみよ彼を助けたまえ」 

埼玉(和光)に降りた途端、強烈な目眩。ほんとは私を入れたくなかったのかな、向かう電車がすべて遅れるし、間違えるはずもない道を行き間違えるし、約束の時間に遅れまくり。でも、会えないはずの人にもギリギリ会えて、ひとまず私の用は済みました。

秩父の神様が静かです。秩父も狼?

アリスの『チャンピオン』を聞くと、『あしたのジョー』の力石とジョーの最期を想うのですが。
二人とも微笑んでませんでしたか。

ところで、おおかみって、狼?Oh神?大神?死してナルカミ(成神)?

三重県は北勢(ほくせい)地区(員弁(いなべ)、阿下喜(あげき)、東員(とういん)等)も注意が必要。
京都は綾部付近?
宮城県は相馬に当たる丸森町が気になります。

星降る里は明治維新後の圧政で、多くの民が死に、歴史が書き換えられました。
一揆・騒動の場こそ、眠れる獅子。
古墳、石屋の地域も、目が離せません。産業特性で言えば、セメント業。

  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.06/14 15:28分 
  • [編集]

ローエングリン 

6月7日の高知新聞に香美市香北町清爪の水田で金色のオタマジャクシが300匹ほど見つかったとのことですが、アルビノでも100匹単位で確認されるのは異例のようです。

また、6月7日に長崎県五島市の明星院で秘仏となっている虚空蔵菩薩が報道関係者に初公開されました。一般公開は8日から。明星院は藩主五島家代々の祈願寺ですが空海が唐からの帰途に立ち寄り明星庵と名付けたと伝えられています。

6月14日から奈良市でワーグナーの生誕200年記念の特別展「夢を奏でたワーグナー」が開催されていますね。タンホイザーや、ローエングリンの作曲に使われた日本初公開のグランドピアノや彼を支援したルートヴィヒ2世が築いたノイシュバンシュタイン城を立体映像で紹介するコーナーなどもあるようです。
ローエングリンといえば白鳥。第1幕への前奏曲は映画ではヴィスコンティのルートヴィヒもですが、チャップリンの独裁者にも使われていました。
競走馬のローエングリンといえば皐月賞のロゴタイプの父ですね。

http://www.wagner200.jp/pickup
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.06/15 22:44分 
  • [編集]

馬・犬・鉄・牛 

馬といえば3月11日の地震の直前、天皇皇后両陛下は皇居の厩舎で、伊勢の外宮に神馬として奉納される笑智(えみとも)号をご覧になっていました。
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/photo1/photo-20110311-1801.html
アングロアラブの芦毛で、芦毛は毛は白いですが皮膚は黒いです。

犬といえば、反町・松嶋夫妻のドーベルマンが2011年5月に佐藤可士和夫人に噛み付いてますが、被害者の子供の名前は火水(ひすい)君です。

タクシム広場のタクシムは水分だったのですか。
狼はトルコの神話でも神聖視されていて、英雄アタテュルクは「灰色の狼」と呼ばれています。アタテュルクは「トルコの父」の意味です。

水戸八幡は狛犬と狛猪のペアです。
http://www9.plala.or.jp/sinsi/07sinsi/fukuda/inu/inu-9.html

幹から若枝が生えるのは「胴吹き」といって木が弱った時の現象ですが、黒崎周辺の桜の多くが「胴吹きの桜」になっているんですかね。
北九州市が東北の被災地の支援に積極的なのは、岩手県に同じ製鉄の街の釜石市があるからで、八幡製鉄所が開業する時は釜石製鉄所から人員が派遣されています。釜石は終戦直前の2度の艦砲射撃で大きな被害を受けました。海から津波では水、艦砲射撃では火です。

八幡製鉄所が縮小した跡地に建てられたイノベーションギャラリーという施設では、8月に知覧特攻平和会館北九州展が開催されます。知覧町が合併して南九州市になり、北九州市と一字違いなので交流協定都市となったのが開催理由です。

アルセロール・ミッタルのオーナー、ラクシュミー・ミッタル氏の名前のラクシュミーはヒンドゥー教の女神で仏教では吉祥天です。菅原道真公の祖父が遣唐使船で嵐に遭い、吉祥天の霊験で救われたので、菅原家は吉祥天信仰です。京都の吉祥院天満宮は菅原家の邸宅があった所で、北野天満宮よりも古いです。

事象の日の6月8日は附属池田小の事件や戦艦陸奥の爆沈もあります。「八重の桜」では奥羽鎮撫総督参謀の世良修蔵が暗殺されましたが、世良の出身地は陸奥の爆沈地点に隣接する周防大島です。陸奥を沈めたのは世良の怨念だったりして。

戦艦長門は1946年にビキニ環礁で行われた2回の核実験(クロスロード作戦)で沈没しましたが、山口県には花崗岩(御影石)が多く、花崗岩は微量のウランやトリウムを含んでいるので、元々、山口県は天然の放射線量が高い地域です。

12日の8時8分に、ムカツク(向津具)半島の近くで地震がありましたが、山口県北西沖が震源の地震は遷宮が始まった2005年以来です。
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20130612080826.html

ムカツク半島の近くに角島大橋があります。
http://labaq.com/archives/51733199.html
景色が綺麗なのでロケでも使われ「四日間の奇蹟」では西田敏行さん、「HERO」ではキムタクも来ています。
本土側には難読地名の特牛(こっとい)があります。牛と角を繋ぐ長い橋の予算を獲得できたのは故・安倍晋太郎氏のお蔭だそうです。
  • posted by エイト 
  • URL 
  • 2013.06/16 20:46分 
  • [編集]

山羊からリービへ 

>DIVAさん
拙いブログ読んで頂いてありがとうございます。
京都~島根の旅、楽しんでまいりました。

奈良県の八木たしかに気になります。

実は以前に奈良には行こうとして

行けなかったとこなんですよね。

同行する予定だった連れの具合が悪くなり。。。

おしえて頂いたこの記事。。
☆常神94(串)ライン
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-235.html

過去の記事の全てに目を通してないので
初めて拝見しますがちょっと衝撃的な記事です。。

なんで昨日いきなり中学の時の同級生が夢に出てきたのか・・・串本くん^^;

あまり良い予感はしませんがゆっくり読ませていただきます。

台風3号ヤギは恵みの雨をもたらすこともなく
やはり全国的に水不足ですか。。。

台風4号発生しましたね。

ラオスの滝の名前で リービ だそうです。

ラオスをちょっと検索してみると気になる記述が。

「羅宇 (煙管)」

口にくわえる部分の「吸い口」、それらをつなぐ管の「羅宇」(らう;らおとも読む)にわけられる。

また、羅宇の語源は、カンボジアに近い羅宇国(ラオ国・ラオス)の竹(黒斑竹)を使用していたことによるというのが定説である。

煙管(キセル)って言えばやっぱ京都の石川五右衛門かなぁ。

なんて考え始めるとキリがないんで程々にしておきます。

  • posted by touya 
  • URL 
  • 2013.06/19 21:57分 
  • [編集]

88 

今年は、昭和だと88年でした。
  • posted by 五 
  • URL 
  • 2013.06/20 00:19分 
  • [編集]

羅宇と羅臼 

島根・京都の旅、お帰りなさい。
夢にでてきた串本クンにびっくりですね。

私も、台風4号が近づく大雨の中、
奈良と京都に出向いておりました。
あんまりムシムシと暑いので、
歌って涼をとろうと皆で口ずさんだのが
ちょっとレトロな「知床旅情」

「ラウス(羅臼)の村にも…♪」と
急に思いついて歌ったのですが、
一字違いでラオスと似てるんですね。

羅宇、羅臼、羅という字を調べてみると、
夏の目の粗い織物のことだそうです。
織物といえば織姫…七夕さまももうすぐですが、
それにしても よく降りますねぇ。
台風4号には くれぐれも気をつけて…。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.06/20 00:24分 
  • [編集]

登攀 

日本の諏訪市と姉妹都市を結んでいる、アンボワーズ市、そこにはアンボワーズ城があり、アンボワーズ城の中庭に狩猟の聖人 セント ユベールを祀るチャペルがあるんですね。
レオナルド、ダヴィンチのお墓があるチャペルです。小さなチャペルで、ダヴィンチ埋葬の為なんでしょうね。チャペルの入り口の彫り物は、鹿に宝剣を捧げている、聖人ユベールが彫られています。ちなみに、カトリックの聖人カレンダーは、11月3日が、聖人ユベールの日なんですよね。驚きますよね?鹿の頭を貢ぐ御頭祭が行なわれる諏訪大社の存在。しかも御頭祭は4月15日で、ダヴィンチの誕生日と同日なんですよね。こういう事、偶然とは思えないですよね?諏訪とアンボワーズ・・・いつ、姉妹都市を結んだのかしら?良くわかりませんが・・・・・ですから、鹿島から諏訪に向かっているのか、それとも諏訪から鹿島なのか?両方行き来している神様は誰でしょう?・・・とか考えたくなりますよね。
ま、諏訪市とアンボワーズ市が姉妹都市を結んでいたいたのを知ったのも去年でしたが・・・驚いたついでに、エルサレムと姉妹都市を結ぶ、ニューヨーク<アメリカ>はあまり驚かないけど、綾部市<日本>とも結ぶという関係も、驚きました。出口王仁三朗の普遍性が、これから未来に向けてどのように未来世にコミットするのか?というか、現世の人間より、あちらの世界で頑張っておられるのでしょうかね?・・・・うぅぅ~ん・・・・唸ってばかりの昨今ですが・・話しアンボワーズ城<ロアール>へ元へ・・・
この鹿の存在なのですが~・・・・現地にいかないと、鹿がどのような存在として中世の王家の人達の心内に存在していたか?という体感を経験したり共感してみるという事だと思うのです。
アンボワーズ城というのは、ロアール河の古城巡りで知られている、あのロアール河沿いあるのです。あの河沿いには観光名所とされている歴代の王様が建造したお城がいくつも建っていているんですよね。ジャンヌダルクが イギリス軍に包囲されていた オルレアンという町もロアール河にあるのですが、オルレアンは、ロアール河の川上に存在し、川下に古城がいくつも建っています。中世の歴史の展開は、河の流れの方向や底辺には、沢山のエッセンスを含んでいるのでしょうと思います。このロアールという音素には、あちこちの場所やエレメントに通じる意味の音素なのですよね。
WIKIから
ロワール川(フランス語:Loire、オック語:Léger/Leir、アルピタン語:Lêre、ブルトン語:Liger)は、フランスの中央部を流れる川である。長さは1,012km、流域面積は117,000km²でフランスの面積の5分の1を占める。中央高地に源を発し、大西洋に注ぐ。
ロワール渓谷の中部は、2000年にユネスコの世界遺産に登録
「ロワール」という名前は、ラテン語のLigerから来ており、ガリア語(ケルト語)での川の名前「liga」の転写である。ガリア語で「liga」は「沈殿物」を意味する。この単語は、ぶどう酒などの澱を意味するフランス語のlieや、英語のleesとなった。「liga」は、インド・ヨーロッパ祖語の「横たわる」を意味する「*legh-」から来ており、この祖語は英語のlay、ledge、lawなど多くの単語の元となった。

YOUTUBEだったか?何かの番組で、宜保愛子という超能力者が、ノストラダムス<仏語のノートルダム>とチャネリングすると、ダヴィンチが降りてきてしまうらしく、カメラさんにカメラを回さないようにしようとSTOPかけてた映像見た時・・・・いやぁぁ、、これは レオナルドダヴィンチの存在というか、普遍性は、ただならないものがあると感じた一瞬でした。

そうそう
話しは変わりますが・・・・うっかりしていて、このブログに書かれている武尊山を読んで、「ほたかやま」と正しい音素で読んでいなかった事に最近気がついたのですよね。
穂高関係がなんだか、わたしの周りに沢山10代の頃から関係してきて・・・・・チベット高山を登る知り合い達と今でも連絡があり、当時独身時代ですが、信州の往復をしたのですよね。そんな関係もあって、ある日ご縁があッた方の知り合いに、生まれた女のこが心臓奇形で生まれたのです。手術しないと助からない・・・わたしの血液型と同じなので、献血登録してくれないか!と頼まれた事があったのです。
問題は、いつ手術出来るか?又手術を予定していても、その日に子供の体調が急に悪くなるといった状況でした。献血は手術中に同時に新血を輸血するという事らしく、献血者がいつでもOKな生活でなければならず、何人もの輸血献血者を募っていたのです。AB型って、日本人では一番少ないんですけど、ヨーロッパは多いんですけどね。RHマイナスもわたしの回りには多いですし、珍しくないんですよね。
この時生まれた子どもの心臓奇形の原因を、知ったのです。7000メートル以上の山に登り、下山してから、一ヶ月以内だったか?その時に 受精した子供に 心臓奇形が多いという事が分かりはじめた時期でした。どうも、血液の酸素を運ぶヘモグロビンだったか?赤血球の数が、標高を登ったり降りたり、空気中の酸素の数で、赤血球の数が減ったり、増えたりするらしいのですよね。下山し、例えば、身体は、日本に帰ったとしても、血液中の赤血球の数が正常値に戻っているとは限らないというような事を、高山を登る経験者から聞かされたんですね。
山田昇というダウラギリ登攀を何度かしている沼田市出身の登山家がいるのです。それで、白い山という意味、サンスクリット語の事は知っていました。20年前に、マッキンレーのアタック中に亡くなりました。確か、勤めていた会社も、カモシカ という名前でした。

その後1990年、功績を称え、生家のある沼田の名峰武尊山において、山田昇記念杯登山競争大会が毎年9月の最終日曜日に開催されている。<WIKIより>

それで、あの、名峰はHOTAKAYAMAと、言うのかぁぁ?・・・最近になってなんだか、納得してしまいました。

「何故?山に昇るのか」・・・・という質問が、愚問であるのは、アルピニスト当人達自身が一番良く知っているのでしょう。・・・と思います。 「何故?そこに 山が あるのか?」
と同じ問いですから、「そこにあるから登る」=登らざるを得ない・・・と多感な時期は高山を登攀するという行為に、試行錯誤するのですよね。でも、結局は、こういう事だったのではないか?と思ったりします。
イエスキリストの昇天の日は、今年は5月9日にあたり、アサンションascension の日と表記するのですが、同じく、山の頂上に立つ、登頂するという意味も、ascension アサンシヨンと 述べるのですね。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.06/20 16:07分 
  • [編集]

Re: カゴメ 

へぇおもしろいですね~。
2009年の回帰日蝕とおなじ日ですか。
ことしはなんだか2009年と似てます。
こんどのうしろの正面はだれでしょうね。

雄島参りですか。
それはスゴい!
同行されたのは例のブログの方でしょうか。
写真がハンパなくステキです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.06/21 00:54分 
  • [編集]

Re: いぬゐ 

千葉に吹くいぬゐの風は、大綿津見の風です。
ひんやりとすがすがしいいぬゐの風が吹いたら、それは穂高の風。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.06/21 00:59分 
  • [編集]

Re: 神話は神輪 

ありがとうございます。

結界は破られ、封印は解かれ、
破られたものがまた破り、解かれたものがまた解いて、
いったいどこまでいくつもりなのか。

いまや過去と現在と未来の境界もないですね。
八十八夜のカグツチ輸出協定が火をつけたイスタンブールは五輪。
デモのはじまりの公園の木と4人は、諏訪大社御柱祭の4本の建て御柱であり、バンクーバー五輪の四方の柱だったりもします。
あちこちで封印を解きつつ、神輪はどんだけ拡がってゆくんでしょうね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.06/21 01:35分 
  • [編集]

Re: 白と黒 

マトリックスでALL CROSS POINTの検査ですか!?
まるで事象のオペレーターですね。

あのカラスのニュースの前日、「ある夏の午後の麦畑」ってタイトルで日記を書きました。
シャガールの「ある夏の午後の麦畑」と珍敷塚古墳の壁画が似てるって話。
ある夏の午後の麦畑の太陽はドッグデイズのシリウスともいわれるそうです。
珍敷塚古墳の壁画には、太陽と鳥(カラス)、月とヒキガエルが描かれています。

カラスの大量死は2009年4月5日の南足柄市の事象を思い出させます。
神武東遷事象がはじまった日ですね。
ごぞんじのように、日の皇子たる神武天皇を導いたのがヤタガラス。
これとおなじ構図が、出羽三山の蜂子皇子の伝説にもありますよね。
蘇我馬子から逃れて、宮津(元伊勢)から八乙女浦に上陸。三本足のカラスに導かれて羽黒山にたどり着き、羽黒権現を感得して、羽黒山・月山の開祖となります。
5月18日のフクシマ沖の地震と19日の皇太子さまの熊野古道散策は、この蜂子皇子を浮かび上がらせます。

羽黒山は稲倉魂命ですから、狐にも通じますよね。

2009年がくりかえされるのなら、今回の神武事象ふたたびのテーマは、黒から月へ。
そしてやはり、ドッグデイズが気になります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.06/21 02:36分 
  • [編集]

七夕 

あぁぁ、シャガールはいいですよねぇぇ

なんだか、見ているとホットするんだけど・・・

シャガール美術館でたっぷり鑑賞しているつもりなのに、別の絵を見ていると、アレ?と、又思いなおして、さっき観た絵を見たくて戻ってくる・・・という事よくあるんです。

なるほど・・・愛の画家らしい。

そういえば、シャガールは、空飛んでいる馬も良く描いていますよね?

ラファエルの描く ユニコーンと又ずいぶんちがう雰囲気だけど・・・・

そういえば、キューリー夫人が亡くなった病院は、パリからは600キロくらい離れていると思う、モンブラン<白い山>が、目前に広がる絶景です・・・、オート、サヴォア県に位置するのですよね。小さな村ですけど、標高が高いから、結核患者の病棟もあったと聞きました。その直ぐ下歩いて行ける処に、小さな教会があって、なんて名前だったかなぁぁ?シャガールの素敵な絵があるんです。

どうして、こんな山の小さな村にシャガールの絵があるのかしら?と驚きましたが・・・・

シャガールの誕生日は、七夕だそうですよ。

牽牛と織姫の年に一度の逢引きですね。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.06/21 07:05分 
  • [編集]

富士は晴れたり日本晴れ 

ユネスコの世界遺産に三保の松原と共に遂に世界遺産として登録しましたね!

関係者各位の皆様の並々ならぬご尽力に敬意を表します。

6月22日、22(ふじ)の日に決まった事の不思議さを感じます。

そして、ここ名古屋は見事に晴れ渡っています。

まさに富士は晴れたり日本晴れです。

今後時代はどうなっていくかわかりませんが、今日はとても嬉しい一日となりました。

日本、そして世界の人々の心も晴れ渡りますように願います。
  • posted by 日本武尊@名古屋CITY 
  • URL 
  • 2013.06/22 18:06分 
  • [編集]

そういや巳年でしたね 

個人事象ですが・・・埼玉の山奥(秩父よりは手前)に用事で行ってきました。そういや秩父では西武鉄道とサーベラスが攻防してますね。どうなるんだろう。ちょっとだけ都内も散歩してきました。初日の宿が文京区だったので家人の提案で東大のキャンパス~上野まで歩くことに。不忍池に到着したところの植え込みで70cm~1mはあろうかという蛇を見ました。蛇は木のウロの中にでも入ったのかスーッと消えてしまいました。「都心にこんな長い蛇がいるのか」と驚きながら弁天堂へ。参拝して後ろを振り返るとデカイ琵琶の銅像が見えて「ああ、弁天さんの持物は琵琶だったね。」と思い出したところで「ハッ!昨日小石川植物園の売店のおばちゃんにもらった枇杷を今朝食べてきたっけ…」。私が用向きで行きたかったアキバには結局行けずでしたが、そっちより上野においで~と呼ばれたようです。そういや今年は巳年でしたね。戌亥とは反対の方角ですが。

つーか、散歩ついでに東大総合研究博物館も寄ってみようかと検索してたら今の展示「鉄 138億年の宇宙誌」だったんですよ。事象特集なのでこれは避けてJPタワー(旧郵政ビル)にある博物館インターメディアテクの方に寄ってみたところ、こちらには浦上天主堂の“被爆標本”の獅子頭の展示がありました。鉄138億年よりもこの獅子頭一つの方がインパクト大かも。結局そういうのも併せ見ちゃうのですが。これを見た後にやたら聖母マリアが気になってきたのですが、浦上天主堂には被爆マリア像もあるのでしたね。
そうそう、リンクしてある三輪山の記事にある大元帥明王、ちょっと気になってきて調べてたところでした。調伏系?蔵王権現(私にとってのブルー・インパルス)とも何かが被ってるような風情で・・・。 
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.06/23 02:12分 
  • [編集]

ユニコーン 

こんにちは
今日は、満月だそうですね。
個人的には、友人のお母様の命日に中るのですが、その友人が乗っている機体が、成田に着陸した時刻とお母様が他界された時刻が同時刻だったのですよね。
こういう事って本当に生じるのですね。

土地と地球は、同じ音素、TERREテールで呼ばすので、天空にとっては、何処の国の地という境界線がないのだと思います。地球は一つしかないのですから・・・自他共存の世界なのだと思うのです。

一番最初に 彼女の母親の訃報の知らせを受けた私は、何故か・・・京都のホテルに居まして・・・苔寺の予定を変更し、清水寺にしました。清水の山号は、音羽山なんです。
ですので、4年前の今日は、清水寺に居たんだわ!と思いだしました。

今朝、ロンドンに住むイギリス人の知り合いに用事が出来、久しぶりにメイルのやり取りをしたのですよね。彼は日本には一回だけ仕事で2年前に行ったそうだけど、六本木しか見ていない・・・と去年会った時話していたのです。日本を訪ねる外国人で、六本木しか知らない・・・という外国人は、珍しい・・・と思ったのですが、マ!猛烈ビジネスマンらしいので、観光という優雅な時間は取れないかも知れない。と思っていました。
同時に、日本人女性の知り合いの、「今日は、六本木に貴婦人と一角獣(ユニコーン)を見てきました」と、メイルとポスターの写メが、突然届くのですよね。
ここでの コメントで、クリニュー美術館の、貴婦人と一角獣のタピスリーが日本に上陸しているのは、知っていたのですが・・・美術館は、六本木にあるのですね?うっかりしていました。

上野美術館だと思いちがいしていました。美術館って、仏閣やお寺と同じですね。時々、グルグル上昇気流
感じますものね。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.06/23 23:31分 
  • [編集]

私、熊の胆ならぬ、鰻のキモを美味しくいただいてきました。臥枕食胆。 

歌ネタ。
あをによし平城山の空にスーパームーン。
楢山だと姥捨てを思い出しますが。
「あをに」は銅を含むのでしょうか。青黒い土だそうです。
と書いてふと、光明皇后が公衆浴場(福祉活動)の魁だったとか教わったことを思い出しました。
銅の産地なら鉱毒はセット。教科書的には光明皇后の膿吸出し対象者はハンセン氏病(キリスト教的に言うなら業病)とか聞いた気もしますが、実際はどうだったのでしょうね。

という話は余談でして、気球が一人だけ振り落とした湖と、お父さんだけ行方不明の山の近さと名前の不思議さとが気になった、今朝のニュース。
都議選は自民圧勝?共産躍進?維新逆風????(というほどのものか?)で、金華山沖では当て逃げ、習志野の茜浜では死体遺棄。大阪では二人乗りバイクでひったくり成功。京都のひったくり中学生は御用。
刺したり刺されたりは、たまたま見たドラマの中の米倉涼子もだし、競馬以外はささないでほしいです。

その競馬、宝塚記念は、金の船でしたね。
時流より事象先行に変わったとしたら?
大宮-仙台間の東北新幹線開業の話が、今日のあまちゃんでちらっと触れられた程度に終わっては、うまくないと思うんですが。せっかく岩手への行き方解説してるのに。金売り吉次が浮かばれない。

西条八十の『かなりや』の最後にはこうあります。「唄を忘れた金糸雀は象牙の船に銀の櫂月夜の海に浮かべれば忘れた唄をおもいだす」
金と雀を糸で繋いで、会津の加勢に行かせたいけど、間に入った人を殺めちゃいけません。(『八重の桜』)

ところで富士山の世界遺産登録に、三保の松原は入って歌枕としての田子ノ浦は入らないのでしょうか。(目に見えない世界も大切に欲しいけど、歌が高ねなだけに難しいかしら)
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.06/25 00:23分 
  • [編集]

タイムマシーン 


シャガールの話しがでたついでに、シャガールの絵は、創世記の話しが絵画になっているのですが、なんというか、夢があるのがいいですね。モーセなど頭に2本角はやして、最初青鬼かな?と思いました。子供が描いた絵みたいなんだけど、思わず笑っちゃうという雰囲気がシャガールの魅力なんでしょうね。あの旧約聖書創世記の話が、ちっとも暗くなく描かれているのがいいなぁぁ。・・・・♪
日本には個人美術館のシャガール美術館が 穂高安曇にあるのですね?知りませんでした。
湯布院にもあるそうなんです。穂高安曇は、志賀島とリンクしているのでしょうかね?
フランスはシャガールのモザイク作品がある教会は、プロヴァンスarc村にある、聖ロズリン教会にあるのですよね。又、ダヴィンチコードですね?
聖人ロズリンは薔薇の花のミラクルを起した11世紀の聖人だそうですよ。命日が、
1月17日なんですね。つまり、聖ロズリンROSELINEの祝日は、1月17日です。不思議なのは、3月11日もローズ<薔薇>を語源にする名前を持つ聖人ロズィンヌRosineの日に中っているのですよね?

やはり、愛かな?


  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.06/26 06:31分 
  • [編集]

ゆかりの家・いなげ 

千葉市稲毛の浅間神社脇にある、かつて愛新覚羅溥傑さんご夫妻が住まれたおうちに行ってきました。
溥傑さんは、ラストエンペラー溥儀さんの弟君、奥さんの浩さんはご皇族。日中間の橋渡しとしてご結婚されたものの、とても宮家の縁者とは思えぬようなご苦労をされたとか。
溥傑さんの美しい書を拝見してきました。

その後は、稲毛浅間神社と兄弟分でありながら仲の悪いとされている検見川神社へ。
昔の喧嘩がいまも尾を引いているとか。でもキュウリを食べずにいる人なんているのかしら。

いずれも過去の蟠りやお苦しみをご本人たちが清算されたいのだとしたら、周りの思惑はどうであれ、いい兆しかなと思いました。

(こうやって呼ばれる時は、私は夢遊病者並みにふらふら歩いていて、イタコみたいに一人で泣いたり怒ったりなので、かなり怪しい人です。)
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.06/28 10:30分 
  • [編集]

エーデルワイス 

こんにちは。

この前ヴィスコンティと書いて個人的なことなのですが、少し追記を。ベニスに死すといえばマーラーの交響曲第5番のアダージェットが印象的ですね。昨年の東京駅復原のCMでもこの曲が流れていました。
マーラーは7月7日生まれ。交響曲第5番を作曲したのはオーストリアのヴェルター湖畔のマイヤーニッヒという場所ですが、この頃に妻となるアルマと出会っていますし、ハープと弦楽器で繊細に織りなしていくようなアダージェットは七夕的な曲のようにも感じます。
ヴェルター湖にはマイヤーニッヒの近くのマリア・ヴェルトという場所が好きで2、3度行ったことがあるのですが、そこにある教会に各国の言葉でpeace、日本語で平和と書かれた鐘があったことを思い出していました。
6月20日にこのヴェルター湖近くにピラミーデンコーゲルという100mの世界一高い木造展望台がオープンしたというニュースがありました。内部は滑り台になっていたり、らせん状など面白い造りになっているようです。

平和と書かれた鐘はグラスマイヤー社のものですが、その技術から争いの時代には大砲を作っていたので、平穏な時代には人々に平和と祝福があるようにという想いで鐘造りをしているそうです。グラスマイヤー社の鐘は「はやちね」道の駅にもあるのですが、大迫町とオーストリアのベルンドルフ市がハヤチネウスユキソウとエーデルワイスがよく似ているという縁で友好都市となり鐘が送られました。(日本産種で最もエーデルワイスに似ているそうです)
瀬織津姫は山桜がトーテムということですが、早池峰山特産で磐座に咲くハヤチネウスユキソウをまとう瀬織津姫の姿と、エーデルワイスの髪飾り(シシィの星)をつけたオーストリア皇后のエリザベートの肖像画がなにか重なるような気がしました。 ・・だからどうした?という個人的なイメージなのですが(笑)織・星・・七夕が近いので書いてみました。

最近千葉県などで針の混入の事件がおきていますが、これも裁縫ということで機織りの事象でしょうか。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.07/03 19:58分 
  • [編集]

針供養 

針供養で豆腐や蒟蒻に針を刺すのは、「もうカタイものを貫かなくてもいいのですよ、楽になってください」の意味があるそうです。
相次ぐ針混入食品は、いまのところ軟らかなものばかりですね。

対してどこぞの鍼灸院からはワンウェイの鍼を使い回しした上、産廃でなく一般ごみとして不法投棄と報道されました。
よく海岸でも注射針が落ちている事件がありますが、針にしてみたらボロボロにされて捨てられた惨殺となるでしょうか。

もちかかのみてむ とは言ってもハヤサスラヒメだって針は飲みたくないでしょう。イブキドヌシも吹き飛ばすに飛ばせず、セオリツヒメも流すに流せず、カグツチに処理してもらいたいところですが、いまや焼却問題はいろいろ気むずかしく。

この国は今や、お賽銭や玉串という名のはした金をもらった神様方が、人間様の尻拭いをしているよう。

霊峰富士山の扱いだって、そっとしておいてほしいのに。糞尿引っかけられて、大勢に踏みつけられて、弾丸撃ち込まれて…
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.07/03 23:54分 
  • [編集]

ドッグデイズ 

ことしは昭和だと88年。
オワリ名古屋の松坂屋。
銀座店が88年の歴史に幕。
フクシマとおなじ近代の終わり。
松坂屋銀座店を支えてきた価値観は、原発を支えつづける価値観とおなじ。
もう旧いんだよね。

88のオワリ。艮の金の座。
これで88が終わりならな~と思ってたら、
7月3日、トリノ・エジプト展のシクミの88モルシ大統領が終わっちゃったね。

2009年7月3日~8月11日のドッグデイズの再来はヤバいなと思ってたが、
正直なとこ日本じゃなくてよかった。

ただ、千葉県印西市の畑に埋められた赤ん坊をはじめ、
また子どもが狙われている。
エジプトのひびきが戻ってこないことを祈るよ。


ようやく犯人が捕まった千葉の針混入。
くわしく見てないけど、下総国相馬郡の事象なのかな?
294の道の柏も相馬郡。
虎捕山津見神社も相馬郡。
福島第一原発も相馬の旧領。

千の針なら千人針。
それとも、針千本の~ます?

針供養は「しょ、しょ、しょじょじ」の證誠寺のとなりの木更津成就寺へ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/04 12:32分 
  • [編集]

あの時が蘇りますね 

今朝のニュースでエジプトのことと、千葉県で海岸でクジラ5頭が打ち上げられたことを知りました。
先ほどより、こちらの2011年の春先の記事読み直してました。
2年前も2月11日にエジプトでムバラク政権倒れ、茨城で鯨がたくさん路頭に迷ったのでしたね。
遠浅の海では鯨の超音波は海と陸の境目見失うとことあるなんて大学の先生の説明でした。
しかし山武市職員は35年間で初めてのことだと。
山武市蓮沼平って、いわゆる九十九里浜なんですね。

コメント残すつもりなかったけれど、
たまたま同じタイミングでいやさかさんの投稿見てつい・・・
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2013.07/04 13:48分 
  • [編集]

Re: エーデルワイス 

ルキノ・ヴィスコンティ好きです。
とくに「ベニスに死す」。もちろんマーラーのアダージェットも。
まるでミュージックビデオのように映画とひとつになってます。
ラストにあの美少年が指差しますよね。
あれがやりたくて、わざわざベニスに(笑)。

ハヤチネウスユキソウってはじめて知りました。ふしぎな花だなぁ。
星でいうならシリウス?

一寸法師は針の剣でしたっけ。
針の神は少名彦名。裁縫の神さまです。
そういえば淡島さまも、6月8日に地震があった和歌山市ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/05 02:49分 
  • [編集]

魔王 

シューベルトの『魔王』が気になって、最近寝る前に繰返し聞いています。
24時間テレビは何故子どもの死を好むのかと、呟いていた人がいました。それはそれとして

子どもの死と言えば、モーセの出エジプト記。すぎこしの祭の時にほふられたのは子羊。犠牲になったのは、王家とて例外ではなかったです。
「何故子どもが犠牲に?」とクリスチャンである母に訊ねたら、寝相の悪い子どもは低い位置に寝かされている、大人より早く眠りに就く、安らかに寝ていれば大人はぐっすり眠っていると放置する等と答えてくれました。すぎこしの祭をしていた家々は夜寝ずにいたこと、禍が通りすぎるまで戸を固く閉めていたとも。
原因は何らかのガスという説もあるそうですね。
硫化水素にしてもサリンにしても、細菌にしても、人為的なものも増えている昨今、気をつけるにもどうにもならん気もいたします。

植物だけでなく、土も水も殺し浄化作用を阻害すれば、相対的に毒や害が増してきます。当然、生物としてのヒトにも異変が出るでしょう。
先祖がえりか、赤ちゃんがえりか、現状突破未来志向なのか。

先日8番人気の馬がピカチュウをさしましたね。ケイアイはイニシャルとのことでしたが、千葉市民の習い性で、敬愛と変換してしまいました。敬天愛人と補えば、西郷隆盛。西南の役、田原坂が再び?小よく大を征すで、石投げ羊飼いダビデが出てくる?

しかし千葉市立星久喜(ほしくき)小学校の門に車突っ込むとは何ですかね。
何か穴を開けようとしているのでしょうか、それとも壁を壊す?
東北道では車輛運搬車にバスがおかま掘ったし。お釜は蔵王?同性愛?梅のマーク?

  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.07/05 03:47分 
  • [編集]

アヴェマリア 

今朝、ラジオをつけたら、

何故か?ヘンデルの「ハレルヤ」が、一番に流れてきたのですよね・・・

その日が雨降ってても、ラジオから、突然「ハレルヤ」聞かされると、悪天候でも全然気にならないですよねぇぇ^^


マーラーの誕生日って、7月7日だったのですかぁぁ?

七夕ですよね~・・・考えさせられますねぇぇ
個人事だけど、
2007年に、長年の夢だったパリ旅行に娘さんと旅行された80歳の日本女性が、急に倒れて、一ヵ月後入院先のパリで亡くなったのです。この時通訳の為にパリに呼ばれお世話した時があるのです。
娘さんは、母親の話しをしだし
「母は、キリスト教徒でもないし、ミサに行った事など一度もないけど、シューベルトのアヴェマリアが好きで、寝室には聖母マリアの像がある」と、同行の娘さんに言われました。
何故そんな事を話すのか?というと、母親に会いに、病院通いの途中パリの地下鉄のホームで、彼女と電車を待っていたら、突然、大道人間が、アヴァマリアの歌を歌いだして、娘さんは、ポロポロ泣き出してしまった。

それで、娘さんが母親が好きでよくアヴェマリアを聞いていたと・・・

多分、異国で倒れた母親の看病中、ピンと張り詰めていた、何かが切れてしまったのだと思う。

後で考えたら、シューベルトの命日と同じ日にパリで亡くなられたのに気がついたのです。

その方(日本女性)の誕生日は7月7日でしたから、マーラーの誕生日と一緒だったのねぇぇ、、、と今、コメント読んで気がつきました。

音楽家の存在って、本当に時空を越えて大変な普遍性を持つと思うのですよね。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/05 06:23分 
  • [編集]

Re:Re:エーデルワイス 

ベニスに死すのあのラストシーンは波のきらめきと音楽が重なりあうように美しいシーンでした・・これから私のいやさかの木様の脳内イメージはポーズを決めたタジオになりました(笑)
蛇紋岩地に生えるハヤチネウスユキソウとよく似ているエーデルワイス・・不思議ですよね。
シシィはsisi、sissiで、シリウスはイシスisisの星ともいわれるのでつながりますね。シシィは乗馬好きで馬ともかかわりが深いですが、犬も好きでした。白い犬や黒い犬。黒プードルのplutoなど。

http://wienok.blog119.fc2.com/blog-entry-1223.html

plutoといえば2日に冥王星の衛星の名前がケルベロスとステュクスと発表されました。ケルベロスは三つの頭を持つ冥界の番犬、ステュクスは現世と冥界を隔てる川。
今回の記事とシンクロしてますね。

昨日カネボウの美白製品回収とありましたが、創業時は繊維事業で、鐘淵紡績の由来は沈鐘伝説から。沈鐘伝説で有名なのは宗像市鐘崎の織幡神社。大鐘かと引き上げられたのは大岩でした。
昨日は皇太子さまが宗像大社を参拝されています。
また鐘崎は西日本海女の発祥の地ということで、やっぱりあまちゃん?見ていないからストーリーはわからないのですが。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.07/05 19:14分 
  • [編集]

千人針 

初めまして。いつも拝読しています。針事象で。今日の日本テレビの夕方のニュースで太平洋戦争の沖縄でアメリカ兵だった方が日本兵の千人針を持ち帰り保管していて。その千人針の持ち主が分かり明日アメリカから日本に戻されると。警察官の兵隊さんだったようで。印象的だったのが、アメリカ兵だった方が、千人針を大切にして、大切にして、と繰り返し話しされていました。何か参考になれば。いつもありがとうございます。
  • posted by 夢☆ 
  • URL 
  • 2013.07/05 20:13分 
  • [編集]

Peace平和 

鐘と言えば、まだ多感な学生時「誰がために鐘がなる」へミングウエイの本を読んだ事を思い出しました。
古い映画も見たかな? 「すごいなァァ、、この時代のゲーリークーパーとバーグマン」という印象が残っているけど・・・
鐘の音って・・・・何か時空を超える存在があるのでしょうね?
エーデルワイスの話しは、昔聞いた話しで、好きな人に愛を告白する花だと聞いた事あります。エーデルワイスの咲く高山、標高が、2500メートルから3000メートル以上の場所に咲くので、命がけ?で探しに行った・・・エーデルワイス・・・という意味らしいです。山屋さんの
興味ある話はの中で
エベレスト、チベット山脈の8000メートル級の高山を登る登山家達と話しです。「恋したら、山は登れない」と言う話しも聞きました。・・・
不思議なんですよね?
山って・・・・命をかけるに値する存在してる山って・・・・なんなんでしょうね?そこまで、引寄せる山の存在って・・・・
8000メートル以上の山頂にあるのは、何だろう?
何を見つけに 命かけて山登るのでしょ?・・・・と、昔思ってました。
アルピニスト達が、高山の頂上に立った時 一番最初にする、あの平和の願いのカードを埋める・・・・行為にあるのかもしれません。
時たま、下山の事故が多いのですが・・・命と引き換えにみたいになってしまう。
山頂って、一番天国に近いからかな?
下界の日常の悩みなんか吹き飛んで、まずは平和の願いのカードを猛吹雪の中で埋める。
なんだか、画像みたり、トランシーバーの 声を後から聞いて、山頂にいる気分を話すのですが、「早く降りてらっしゃい・・・」みたいな気分にさせられるのですけどね・・・
前に話しましたが、沼田出身の山田昇氏が1983年、 秋季ローツェ(西壁)と冬季エベレスト(東南稜)の登頂に成功した時登攀隊長を務めていた・・・この時世界的ヒマラヤ登山家としての評価を固めたとWIKIには載っていました。実は、この時、つまり1983年のエベレスト頂上を狙う同時期にアタックする日本人のグループが3隊もいたのですよね。
エベレストを登るという経験は、何年も準備するし、何ヶ月も滞在しますから、お金も何億単位のスポンサーを探さないとならないのを知っていたので、そんなに簡単に準備は出来ないのですよね。人選もあるでしょうし・・・・それなのに、1983年の秋に、3隊(イエティー同人、山岳同士会、カモシカ同人)日本人ベースキャンプが、テントを張っているので驚いた・・という話しを聞いたのですよね。何か?あったんでしょうかね?日本人達がエベレストを目指す時期が同時期になるのは・・・・・・・・?????

最後に
山田昇氏のエベレストの頂上に埋めた平和のメッセージの文面が手元にあるので記載します。

1983

From the Summit of « Mount Everest »
“The worlds,Highest Mountain”
The Hand of Friendship is extended to all the Nations of the World;
May we all work together for Peace and Goodwill”
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/06 01:06分 
  • [編集]

Re: 針供養 

針といえばハチだけど、
なんにツキ動かされたのか、なんだか背景がパッとしない容疑者。
名まえの永と木は気になるけども。

住所不定はサスラ。 サスラヒメ。
のみてむといえばハリセンボンの~ます。
またもや2009年を思い出します。
神武東遷事象開始の翌日、ハリセンボンの箕輪さんが結核とのニュース。
結果、神武事象はフクシマの核に結びつきましたね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/06 14:14分 
  • [編集]

ハリセンボン 

ハリセンボンという魚が存在しているんですよね?

最近知ったのだけど、ハリセンボンという魚(ふぐに似ていて、身体中に棘みたいなものが生えている)を飲まされる・・・・と、マジに信じている人達がいるのですよね。

おかしいですよねぇぇ・・・・・・・
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/06 22:42分 
  • [編集]

針と鉾 

☆ 住吉大社 神輿渡御祭 ☆

針が出てきたところで、御伽草子の一寸法師… 一寸法師は、住吉神に子供のできない老夫婦がお詣りして生まれた子。お椀の船に箸の櫂、腰に針の刀をさして京を目指します。法師ゆかりの通りが、住吉大社のお膝元にあります。寛永年間、住吉安立町には多くの針屋があり、沢山の針の行商人が住んでいました。「一寸法師の鬼退治のお話」と「住吉大社の社領・安立」は関連深いのですね。

子どもの頃の夏の風物詩といえば、住吉っさんから堺へ大和川を渡ってやって来るお神輿。一度すたれたこの渡御は、地元の方達の尽力で数年前に復活しました。川の真ん中で、大阪衆から堺衆に神輿を引き継ぐ場面は圧巻。マンパワーが凄いです。太古の昔、この神輿に乗っていたのは底筒男命 ・中筒男命 ・表筒男命 あるいは神功さん…? このお神輿は、針と一寸法師の街を通ります。参考までにご案内…↓

http://sumiyosimaturi.com/


☆ 祇園祭 ☆

京都にコンチキチンと祭り囃子が流れ出すのももうすぐです。京都の人は梅雨終盤の蒸し暑さを楽しみに変えて、真夏を上手に迎えるなあと感心します。

私ごとで恐縮ですが以前書いた通り、母方の里は、大和は葛木坐一言主神社の氏子。不思議なのが、この祇園祭の山鉾に役行者とともに登場する一言主神と葛城神。役行者に2神が従えられる理由は解るのですが、では、なぜ京都の山鉾に…?近畿圏は歴史が絡まって一筋縄ではゆきません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B9%E8%A1%8C%E8%80%85%E5%B1%B1


思いがけず何処かで何かがつながるので、タイムトラベルで太古に戻って、当人になんでこうなったの~?と諸事情や真相を聞いてみたいといつも思います。私にとって神社は、スピリチュアルな場というよりはご先祖のご先祖…遠い祖先をお祭りしている所という感覚です。


リンク様
以前のコメントで「夢を奏でたワーグナー」の情報をホントにありがとうございました。この音楽会のエッセンスは、声楽の活動にイタダキ!! ピアニストの協力もあおぎ、演奏がんばりま~す♪
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2013.07/06 23:00分 
  • [編集]

Re: あの時が蘇りますね 

2010末~2011年初めにかけて、世界中で鳥や魚などの大量死が報告されましたね。
イタリアでは8000羽の鳩。アメリカでは8000羽のムクドリモドキ。etc...
地球レベルで見れば、東日本大震災の前兆といっていいと思います。
あの巨大地震でなにが起きたのか、ほんとのところは僕らはまだわかってないのかもしれません。

あのM9では地軸がズレましたね。
なぜ福島第一原発だったのかといえば、奥州相馬氏の旧領だから、というのもあります。
相馬市~双葉郡大熊町まで。
女川はもちろん、福島第二までいくとちがっちゃう。

ではなぜ相馬でなければならなかったのかといえば、
相馬の氏神が北辰妙見、つまり天御中主神だからです。北斗と地軸ですね。

七夕の八重の桜は、西郷頼母の背中の九曜紋がやたらと印象的でした。
(ならび九曜のはずなんだけど。実際の陣羽織もああだったんだろうか)
あきらかに演出。
あの七夕の九曜紋には意味がありそう。

それはともかく、あれは奥州相馬氏の家紋でもあり、福島第一原発の初発(はじめ)神社の神紋です。
北辰(北極星と北斗七星)であり地軸なんです。
で、だいじなのは、フクシマが核の共鳴であるということ。
地球の変動が人類の核と共振することを、フクシマは証明しちゃったわけです。
その辺のとこ、安倍さんには覚悟しといてほしいですね。

ナミの7月3日にあわせるように、
エジプトの88モルシ失脚。
アメリカでは自由の女神像が復活。
さらに函館では特急「北斗」が火災。
七夕のB777の着陸失敗。しかも新法王とおなじ聖フランシスコ。

さてさて、九十九里のイサナはどんな叫びを上げていたのか。
どうやら僕らには、聞き耳頭巾が必要のようですね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/08 00:21分 
  • [編集]

七夕・九曜紋・久米島 

コンフェデ杯の寝不足感が癒えないのに、もう梅雨明け?
湿気も苦手だが熱帯夜はもっとダメ。
ぜったいブラジル住めんな。あの気候じゃ踊るしかない。

事象も踊る。7月3日のナミの日以降。
トリノエジプト展の88同胞団モルシ政権がクーデターで崩壊。
千葉の針混入事件では、流山市の永木容疑者逮捕。機織系。
アメリカでは自由の女神が復活。ナミ再登場? エジプトならイシス。
そしてまたまた特急「北斗」の車両火災。14号の4号車。八雲町。むろん星系。

たまに書いててフシギだな~と思うんだけど「白い狼が黒いアヌビスに(2)」のモチーフは相馬氏なんだよね。コンフェデ杯とその後の体調不良で中断しちゃってるけど。
流山市はもと下総の相馬郡。294の道の柏もそう。
流山が福島の相馬市と姉妹都市なのは、相馬氏でつながってるから。
北斗は、北辰妙見。相馬氏の氏神。そのマークが九曜紋だ。

七夕放送の八重の桜見たひとは気がついたかもしれない。
西郷頼母(西田敏行)の背中についてたマーク。やたら目につかなかった?
あれ九曜紋。いわば北斗のマーク。
つまりフクシマ(初発神社)のマークなんだよね。
西郷頼母は、最後~は母頼み。またナミちゃん頼み? 
ナミちゃんだのみなのは出産。出産に九曜紋。しかも北斗の火災じゃ、フクシマとおんなじじゃん。
2010年に「14」もよく出てたしな~。

その7月7日、南北対話が再開されたばかりの韓国アシアナ航空B777機が、サンフランシスコ空港で着陸失敗。ローマ法王とおなじ聖フランシスコ。この着地失敗は予告か?
仏が悟りをひらいたインドのブッダガヤでは、連発式の爆弾テロ。
どうしても悟れないのか? 僕ら。

でも僕的にはいいきざしもある。
「白い狼が黒いアヌビスに(1)」で久米氏のこと書いた。
虎捕山津見神社の宮司さんも久米だ。
久米は海洋民。
「白い狼が黒いアヌビスに(2)」で書こうと思ってたのが、久米島の海洋温度差発電。
たまたまテレビつけたら、夢の扉って番組でやってた。
七夕に放送ってのは、とても意味があると思うんだよね。

佐賀大学の佐賀といえば、肥前千葉氏。これも九曜紋(九曜に月星)。
日本初の原発輸出のトルコ国旗も月星紋。千葉氏とおなじ。
もちろん相馬氏は千葉氏の庶流。
事象の表と裏が、どっちも星にツキ動かされている。

北辰に晴明神社の五芒星に天津甕星。天狼星シリウス。
さらには星と機織と馬の構図。

ことしの七夕賞はもろ七夕だった。
ゲットできたのは、吉兆だと信じたいな。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/08 13:22分 
  • [編集]

お久しぶりです 

いやさかの木さん今日は「事象も踊る。7月3日のナミの日」でしたか、こちらもこんな波がありましたよ、家族で作った七夕飾りが効いたのでしょうか。

ジブリ作品には、想いもよらない楽しみ方が有るものですね7月20日の公開が楽しみです。

いつも有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.07/08 19:18分 
  • [編集]

星の花 

梅雨明けして暑くなってきましたね。

針供養といえば昨年2/8にヒナ→17→雛祭り→淡島神社→針供養のことと、マドリットの紋章が熊とヤマモモと七つの星のこと、3/18にTohoku→Hokuto、17→タロットの星→No17のさかさまはLIONでライオンの星(ししの星)とコメントしていました。こういう連想はこじつけのようでもあり、自分でもよくわからない部分もあるのですが、エーデルワイスの学名はLeontopodiumでライオンの足ですし、タロットの星はシリウスという解釈もありますね。
エーデルワイスを検索すると六甲高山植物園にあることを知りましたが、昨日六甲山へ行く途中のワゴン車が横転して荒田さんという女性が亡くなったというニュースがありました。
荒田というとオオタタネコが神主の陶荒田神社ですが、和歌山県岩出市の荒田神社には天疎向津姫命が祀られていて荒田というのは天照大神の荒魂の意味と考えられる場合もあるそうですね。

北斗七星は和名で針刺星とよばれる地方もあるのと、特急北斗が出火したことが気になりました。ベルンドルフ市の紋章に熊がありますし、Berndolfのbernはスイスのベルンなど熊が由来というイメージがあります。

千春さん、エーデルワイスはフランス語ではエトワール・ダルジャン(銀の星)というと知りましたが、イタリア語ではステラ・アルピナ(アルプスの星)で空から星が落ちて花になったという伝説があるそうですね。

DIVAさん、ワーグナー展のことからなにかお役にたてたのでしたら嬉しいです。こちらこそどうもありがとうございます(*^^*)
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.07/08 20:55分 
  • [編集]

天の川 

インド、ヨーロッパ言語の歴史を調べると
スサノオの伝説と類似の神話を持つ、起源前16世紀に存在したヒッタイ語を話す、ヒッタイ帝国の話しを読むと、興味深いのですよね。
WIKIより
Les Hittites sont un peuple ayant vécu en Anatolie au IIe millénaire av. J.-C. Ils doivent leur nom à la région dans laquelle ils ont établi leur royaume principal, le Hatti, situé en Anatolie centrale autour de leur capitale, Hattusa
ハッティ(英: Hatti)の英語名で、旧約聖書の ヘテ人(英語版)(英: Hitti、ヘト人とも)をもとにして、イギリス人のアッシリア学者A.H.セイス(英語版)が命名した。
八、、HACHI<HATTI>という音素について、どうして、八=HACHIの音素で放たないとならないか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%83%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88
言語の出来る意味、その音で呼ばないとならなかった意味があるはずなんですね。
教育は、出来上がった知識の体系を詰め込むみたいな出来上がった知識ですが、その前の次元で、自分の知らない未知の他者とのなんらかのコミュニケートが必要だと思うのですよね?何故なら、時空が存在しない層との共存でしか、普遍性はないし、存在出来ないとおもうのですよね。

2011年2月16日に個人ブログで、陸前高田、東北地震を予告していた、松原照子さんという方がいらっしゃるですが、この方も不思議な世界の方と称すお話を毎日書かれているのだけど、時々覗くのですが、同じ事を考えたり、思わされたりしているのを知るのですよね。歴史というのは、本当に面白いのですよ。
http://matome.naver.jp/odai/2130249353975877401


LINK様
そういえば、14年飼ったシェルティー犬のミルキーが死んだ時期、2009年は、うちの階下には、ダヴィッド君という若い男性が住んでいたのです。彼とミルキーのお誕生日が同日なんですが、犬と一緒の誕生日は失礼だと思って、ダヴィッド君には言わなかったのです、・・・ミルキーの名前は、娘と考えてつけた名前で、英語のMILKY WAY天の川から取った名前でした。ダヴィッド君と、初めてヒロシマ原爆平和公園を訪ねた年は、2010年の10月でした。
2009年の春、仕事で移動しなければならず、MILKYは、家から170キロくらい離れた移動先の獣医さんの病院で安楽死でしたけど、考えれば、その獣医さんがある村には、小さなエトワールダルジャンという名前のホテルがありました。
本当に、星が地球に落としてくれた贈り物みたいな犬でした。バッハのシャコンヌ<無伴奏>が好きで、シャコンヌの旋律が、テレビから、又は、ラジオから、聞こえてくると、寝ていても、起き上がって、首をかしげて、一生懸命聞く真似するんですよね。そして遠吠えみたいに、しばらく旋律にあわせて鳴くんですよね。ただ、音程外れていて音痴みたいだけど・・・・大変賢い犬でした。

エーデルワイスの学名が、ライオンの足とはいうのは知りませんでしたけど、
昨今のダヴィンチが存在性を示すのは納得してしまいました。レオナルドという名前も、語源は、ライオンLIONですし、
同音異義で意味を伝えていくラテン語を語源にする国は、歴史の展開は、音素に秘密があるのではないか?と思っています。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/09 22:01分 
  • [編集]

Re: 八木から阿倍野へ 

あ。僕、やぎ座です。関係ないか(笑)。

そういえば橿原神宮も久米ですよね。
事象が近代の終焉をさらに表現する気なら、あの辺ねらい目かもなぁ。

なるほど。あべの晴れ晴れ先行オープンですか。
全面オープンにあわせてどんな手を打ってくるかたのしみですね。
なんせ安部総理のおじいちゃんは例の昭和の妖怪だし。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/25 01:15分 
  • [編集]

Re: 台風3号=yagi 

山津見神社火災のyoutube、僕も見ました。

白い狼が黒いアヌビスに・・・は、ほんとは単発で、ラストであの画像を紹介するつもりだったんです。
たぶんその方がインパクトあったろうなぁ。

つぎつぎとおきる事象をとりこみつつ書いてるうちに、いつものごとく収拾つかなくなってきてます。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/25 01:24分 
  • [編集]

Re: 「おおかみよ彼を助けたまえ」 

秩父も狼ですよね。
秩父神社は千葉や相馬とおなじ妙見。
もともとは秩父国造ですけどね。
明治の前までは、秩父平氏の妙見の方が人気があった。
千葉・相馬☆ネットワークの事象中心は千葉神社ではなく秩父かと。

力石もジョーも微笑んでましたよ。

ジョーといえば、真っ白。
だけど、こんどは黒だけじゃなく白まで...。
カネボウです。

美白で斑ってのが、すごく気になります。
斑駒か?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/25 01:50分 
  • [編集]

猛暑お見舞い申し上げます 

今日は土用丑の日、いかがお過ごしですか。
今週中にUPしますとかかれてたのが、すでに火曜日。
体調くずされてないのか案じています。
くれぐれもご自愛ください。

この週末、長崎でなんとも痛ましい猟奇的殺人事件勃発。
そして八幡出身の朝鮮飲みされる都知事は韓国へ。
昨日は名神大津で5台が事故などなど、めじろおし。
産みの苦しみはあちこちであるのでしょうか。
伊東から下田へ40km漂流して助かったのは奇跡的でいいニュースですよね。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2014.07/29 15:47分 
  • [編集]

Re: 猛暑お見舞い申し上げます 

ulalaさんありがとうございます。
この炎天下、しゃかしゃかチャリ通勤しとるくらい元気なんですが・・・
事象の連続+書く時間がとれない。
7月末にはup予定です。
ulalaさんも、お出かけのときは熱中症対策を忘れずにね。

あ、佐世保の件ですが。
国道202号ですよね。
(35号と重複)


最近やっとりませんが、ぷかぷか同好会としましては、まさに鑑のような方です。
シュノーケリングやってたんですよね。フィンがあってもダメなんだな~。

ちなみに海水浴で離岸流にハマっちゃったら、海岸に平行に泳ぐか、あきらめて流されるかです。
泳ぎの得意な方はがんばって失敗する。あわてるのもダメ。
学校ではハイ何m、つぎは何mって泳くことばかり教えるけど、まず浮くことから教えてあげないとな~と思います。
海は浮きやすいですしね。人体は基本的に浮くものだし、あおむけに大の字になって浮くコツを憶えたら、流されてもあわてないです。
今回の方も、あおむけにぷかぷか浮いてたから助かった。

ぷかぷかはどこまででも行きますヨ(笑)。
背泳ぎをして、疲れたらぷかぷか。経験では背泳ぎがいちばん波の抵抗を受けないと思います。
ただし海水浴場でぷかぷかやってると、ときどきカン違いしたライフセイバーのお兄さんが助けにきてくれるのが難点ですね(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/29 23:14分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/299-0ce9f846

【福島第1原発】 新たな井戸からも高濃度汚染水 1リットルあたり90万ベクレル…東電

1 :◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2013/07/06(土) 00:47:04.24 ID:???0  福島第1原発の海側にある観測用井戸の水から高濃度の放射性物質が検出された問題で、東京電力は5日、地中への拡散状

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム