神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

オオナムチとセオリツヒメ


新コンビ結成!?

去年の12月1日、熱田神宮の一之御前神社の封印が解かれた。
このとき浮上したのが瀬織津姫だ。
一之御前神社は天照大神の荒魂を祀る。その天照大神荒魂と同一視されるのが瀬織津姫。
兵庫県西宮市の廣田神社や、大阪市の御霊神社などがそう。
ホツマツタヱではアマテル(天照大神)のお后。
日前向津姫とも、タギツセノメともいう。
(アマテラスはアマテルとセオリツヒメがひとつになった神格だろうか)

瀬織津姫信仰がもっともさかんな時代は現代かもしれない。
水の女神、祓戸大神四柱の最初の女神として崇敬されてきたけども、その名その正体がいまほど敬愛をこめてさまざまに語られたことは過去にない。それだけ謎に満ち、ある意味隠された女神だったともいえる。

東北地方では、瀬織津姫は古来の水の女神と融合している。山霊ともむすびつく。
また、蝦夷祓いの神として八十禍津日神と一体化して祭られている例もある。
じつにフクザツ。
天白神として祀られてるとこはあるようだが、仮説ではなく養蚕や機織神として祀られる実例をご存知の方は、ぜひおしえてほしい。
愛のメッセージもいいけど、事象的にはそんな悠長な存在としては捉えられない。つまるとこ祓戸大神なのだ。

12月16日の衆院選で「294の道」が示され、元旦の天皇杯で柏レイソルが全国88チームの頂点に立ち、「294の道」がはじまる。レイソルは太陽の王。柏市はかつて伊勢神宮の神領、相馬御厨(そうまみくりや)だった。
父なる伊勢による火のミソギへの流れが、本格化する。

瀬織津姫の事象がはっきり見えたのは、3月13日の新法王フランシスコ誕生とリンクした「294の桜」だった。
筑紫(つくし)の桜。福岡市の全国トップ開花である。
事象源は、福岡市中央区桜坂の桜ヶ峯神社。祭神は祓戸大神。
なかでも瀬織津姫は、山桜をトーテムとする山津見神族。しかも天照大神荒魂だし。
すでに櫛田神社ルートで福岡と伊勢はつながっていた。2月25日の博多湾ではめずらしい幻日現象(三つの太陽)もまた、それを示したものだ。道真公の命日ってとこがナンだけどね。

桜のトップ開花がなにを意味するのか、13日の時点では確定していなかった。
だが翌日、それが残念ながら「同期の桜」であり、フクシマにつづく太平洋戦争のミソギの第二弾を示すことが、ヒロシマの江田島中国人研修生8人殺傷事件であきらかになる。
294(つくし)の桜は、294(にくし)の桜だった。
さらに4月1日、瀬織津姫の山津見のワードとヒロシマの同期の桜は、フクシマの相馬郡飯舘村の虎捕山津見神社火災へと飛び火。
福岡の綿津見から、福島の山津見へ。海から山への移行が示された。

母なる水のミソギと火の出産は、イザナミ出雲と綿津見が主導でおこなわれた。
型どおりなら、父なる火のミソギと水の出産は、イザナギ伊勢と山津見が主導でおこなわれるはず。
山と水と祓いの女神で、おまけに日前向津姫の瀬織津姫が動くのは、とうぜんだといえる。

この日、筑紫と伊勢がヘビ状の雲でむすばれている。
2013.4.1筑紫と尾張がヘビでつながったような

『八重垣つくるその八重垣を(4)』では筑紫と尾張と書いたけど、拡大してよく見ると伊勢だねこりゃ。
だとすれば、関係するのは博多櫛田神社(三重県松坂市櫛田神社の分霊)の大幡大神(大若子命)、天照大神、素盞嗚大神。いいかえれば、星と日と月の組みあわせになる。
大幡大神は、伊勢神宮の初代大神主。フクシマ初発神社の祭神でもある天御中主神の末裔とされる。妙見菩薩と習合した北辰妙見尊星王。なので星。
この雲は大幡のなびきだろうか、それともヘビなのか。
ヘビならば素盞嗚大神の出雲をあらわす。
父なる火のミソギがスサノヲの火の洗礼なら、その事象において伊勢と出雲はともにあるべきで、それが同年遷宮の意味かもしれない。

七夕直前の7月6日、北海道の八雲町で、特急「北斗」が火を吹いた。
北斗は北辰。八雲町は、開拓の祖・旧尾張藩主徳川慶勝がスサノヲの出雲八重垣の歌にちなんで命名した。
この事故が示すのは、天御中主神(北辰妙見尊星王)とスサノヲとオワリの構図だ。
(星については『白い狼が黒いアヌビスに変わるとき(2)』で書いているので、詳細は後日)

ちなみに7月7日のアシアナB777の着陸失敗は世界への警告だろう。
なんで聖フランシスコ空港なのか。ローマ法王がフランシスコだからに決まっている。
「7」はマラキの七つの丘の町。七夕。世界新秩序の機織のシクミ。
飛ぶ鳥の勢いの安倍さんも、着地に失敗しないようお願いしたいもんだけどね。

スサノヲを火の洗礼へと追い込むのは、オオナムチの役目である。
「核をめぐるトモダチ作戦」もそうだ。
5月10日の出雲大社平成の大遷宮で、そのオオナムチの事象がどう変わってゆくかが注目された。
バッテリー事故原因不明のままB787が運行再開(運行停止に追い込んだのはオオナムチ)。
7月1日にはオワリの松坂屋銀座店が88年の歴史に幕。銀座は艮の金の座。
あれ、もしかして、オオナムチの出雲88事象もオワリ?
列島を88cmズラしただけで満足しちゃった?
本殿に帰って、あとは父上ごかってにって、そりゃおかしいでしょうよ。

そう思った矢先の津軽。
ナミの日の直前7月2日、青森県弘前市に記録的短時間大雨情報。
ごらんのように、岩木山周辺を突発的な1時間に90ミリの猛烈な雨が襲った。

201307021540弘前90ミリ豪雨

オオナムチ降臨伝説の岩木山と津軽には、ブログ当初から注目していた。
弘前といえば鬼神社に鬼コの鳥居。
東北の鬼の総元締めとしてのオオナムチにアラハバキ(砥鹿神社ではオオナムチ荒魂)。
大和朝廷が別格と見た蝦夷の最強勢力「都加留」。
義経伝説の十三湊。オバマ市の羽賀寺にその名をのこす奥州十三湊日ノ本将軍安東康季。
ナガスネヒコの兄安日彦⇒奥州安倍氏⇒津軽安東氏。
そしてごぞんじ縄文の遮光器土偶。etc.

遮光器土偶

東北うしとらに幽閉された艮の金神クニトコタチの大本ストーリーは、今回は津軽ウモト宮のオオナムチの事象として東北地方を中心に展開されると見ていたし、かつてそう書いた。
じっさい出雲大社大遷宮開始後に岩手宮城内陸地震、岩手沿岸北部地震とつづき、ついには東日本大震災まで起きてしまった。

その艮オオナムチの本拠地岩木山周辺に90ミリの豪雨。
豪雪や出雲ならともかく、津軽でこのテの水の事象は記憶にない。
つづく7月3日、「トリノ・エジプト展のシクミ」の88イスラム同砲団モルシ政権が軍部のクーデターで崩壊。
「88がメビウス(終わらない)」なら、オオナムチのあらたな動きがはじまったということになる。しかも自虐的ともいえる...。

福島第一原発の地下水汚染が問題化した7月10日、神奈川と岩手でふたつの震度4が発生している。
神奈川の震源は真鶴半島の琴ヶ浜。貴船神社の祭神はオオナムチ。
京都の貴船神社ではなく、貴宮や来宮、紀伊宮とおなじキノミヤ神社群だが、貴船ってトコに「オオナムチと水」の構図を感じる。
最大震度の湯河原町は子之(ねの)神社。こちらも祭神はオオナムチ。子は子年のネ。出雲大社の神使はヘビだが、関東の子の神信仰はネズミだ。根の国で「火」からオオナムチを救った。

一方、岩手の震源は宮古市の早池峰(はやちね)山の北。
08年の岩手沿岸北部地震とおなじく早池峰山が事象源と見ていい。あのときの震源はもっと北だったけども、余震の移動が早池峰を指していた。
ほかでもない。瀬織津姫である。

地下水は山から海へと流れる。大祓詞とおなじ。
瀬織津姫は山であり、水であり、祓いだ。
また、避難区域はいまやネズミ天国。
フクシマが核燃料との闘いだと思ったら大まちがい。水とネズミとの闘いである。
今回の反応は7月15日の連動もふくめてちと尋常じゃない。
3月にネズミが配電盤をショートさせ冷却装置が停止したが、関係各位には汚染水はもちろん、ネズミの大攻勢にも耐えうる準備をお願いしたいところだ。いや冗談じゃなくって。

櫛田神社で博多祇園山笠の追い山がおこなわれた7月15日。
こんどは出雲と早池峰山で「水」が連動する。
島根県安来市で1時間に100.5ミリの猛烈な雨を観測。
岩手県宮古市区界では、観測史上1位の86.5ミリを記録した。

201307151100安来市豪雨
201307151400宮古市豪雨201307101426早池峰山震度4
 ・赤い点とX印がほとんど同じ場所にあるでしょ。そのちょい下が早池峰山。

さらにオオナムチの関連事象は埼玉でも発生。
7月12日、久喜市鷲宮駅で、鷲宮神社の土師祭で使用される「らき☆すた神輿」が突風で大破。
翌13日、加須市花崎北の路上で、スズメやムクドリなど142羽が原因不明の大量死。
しかも花崎鷲宮神社の近く。らき☆すた鷲宮神社からの分霊だと思われる。祭神はオオナムチ、天穂日命、武夷鳥命。鷲宮神社は関東最古の出雲族の大社だという。
こちらのワードは「鳥(酉)」だ。B787にも注意がいる。
それにしても、大人気の「らき☆すた神輿」がひっくり返された上に「トリ」の大量死とはね。
なんだかさ、さきが思いやられるよね。

東日本大震災のあとに、岩手宮城内陸地震が対応するならつぎは岩手沿岸北部地震の発展型か?って書いたことがある。一昨日、7月16日の岩手県宮古沖の震度4も、7月10日の早池峰山の同緯度スライドだ。
7月10日の震度4連動の背景には、伊豆権現も見え隠れする。
それがなにを、どこを指すのかまだわからないのに軽はずみなことをいうのもなんだが、88モルシ政権の崩壊といい、岩手沿岸北部地震とおなじ早池峰山の反応といい、つぎがくるぞってサインに思えてしまう。

早池峰山には、宗像三女神を思わせる遠野三女神伝説がある。
瀬織津姫は水の女神として宗像三女神と信仰上むすびつくことがある。
オオナムチとセオリツヒメには、じつは神話上の直接のつながりはない。
気になるのが武蔵国多磨郡小野神社だが、もしそうなら事象に出るだろう。
出雲大社の神魂御子神社(筑紫社)には、宗像三女神の多紀理毘賣命(沖津島姫)がオオナムチの妻として祀られている。もし早池峰山が沖津島姫なら、オオナムチ夫妻で納得できるし、琵琶湖でも反応があるはずだ。
できればその方がまだいい。

もっとも、信仰上だけでなく神話上でも瀬織津姫は宗像三女神とつながる。
というか、スサノヲも八岐大蛇も九頭大蛇もみんなつながっちゃってむっちゃくちゃやっかい。
だからこその祓戸大神だし、瀬織津姫が隠され、災厄神と同視された理由でもあるのかもしれない。
仮に今回の早池峰山が宗像三女神だとしても、バックには瀬織津姫がいる。

オオナムチとセオリツヒメの連動は、確実にスサノヲを火の洗礼へと導く。
オオナムチの根(子)の神と、瀬織津姫の祓戸大神のワードは、根の国底の国に坐す速佐須良姫(はやさすらひめ)と云ふ大祓の最後の神を浮かび上がらせる。
スサノヲとハヤサスラヒメ。
どちらもおなじサスラ(流離)の神。
故郷を追われたフクシマの人々は、「ひな型」にすぎないというのだろうか。


tomato.jpg

http://now.msn.com/fukushima-vegetables-mutated-in-viral-photos-possibly-due-to-radiation


  • [No Tag]

*Comment

天白神としての仮説ですが… 

天竜川の川下り行きたいなぁ~と思ってたとこでした。2011年熊野から大峰山にかけて台風ですごい被害でました。
あの時に深層崩壊という言葉も知りました。
以前熊野を調べたとき、718年熊野大神の分霊を 陸奥国へ船で運んだという話を興味深く読みました。
陸奥国一之宮塩竈神社、塩竈神社は和歌山にもあって、いろいろつながってますね。
以下ブログには日前宮に瀬織津姫を祀っている・・・とも書かれてます。
http://white.ap.teacup.com/hakuto/807.html
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2013.07/18 12:37分 
  • [編集]

ちゅうちゅうたこかいな 

昨晩7月17日の富士五湖を震源とする地震で、私の笑いが止まらなくなりました。困ったものです。

ネズミ対策と言えば、猫。船乗りが連れてきたネコが、遺跡や財宝、食糧を守るため、エジプトで珍重されたという話は英語のテキストで読んだのかな。
ネズミを捕らないネコは「無能」の別名。最近のにゃんこは、ネズミを捕りませんね。数多くいる知り合いの予知猫でも、ネズミを捕るのは愛知県に住む一匹だけ。
かつては飼い主を守るために身を賭して蛇や狢に噛みつき、懇ろに弔われた勇者もあるのに。猫もたるんどる?

富士山頂に五色のお線香を焚いて上京してきた友人は、こちらに長く居ると淡路島が揺れるジンクス。鬼子母神に行けたかしら。
私は高尾山にお墓参り。「天狗をやっつけるぅ!」と勇ましい坊やに出会いましたが、目を見たら黙ってしまいました。首から羽を下げた私が天狗だとバレたかな。

「サキが思いやられる」
鼻薬嗅がされるか、出鼻を挫かれるか、へし折られるか。スッ転びそうな人も多数。8月7日は鼻の日。仙台七夕。そして立秋。風たちぬ~い~ま~は秋♪とぶりっこで歌いましょうか。
翌8日そろばんの日は、パパの日ではないのですね。「やったねパパ明日はとうさんだ」ピーマン80懐かしい。あの時は吉野家と養老乃瀧がこけました。

息子が盗んだ絵を燃やしちゃったお母さんGJ!次から召集令状も借用書も雇用契約書も審議法案も集めた署名も燃やしますか。これぞ炎上(やっぱり私、壊れてます)
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.07/18 12:43分 
  • [編集]

そうそう・・・ 

そうそう・・・猫の話しで思いだしました。

はなさん

わたしは、テレビの「サザエさん」見すぎかな~?

猫は、魚が好きで、猫と魚の骨というイメージなんだけど・・・

西洋にくると、猫、、魚食べないのですよねぇぇ・・

イヱ、食べるには食べるのだけど・・・

むしろ、お肉、喜んで食べる光景ばかり見せられたのです・・・・

考えたら、猫とライオンって同じ生態系列に並んでいるんだけどねぇぇ、、、
と、不思議なサザエさん家の猫でした。

ヨーロッパに来てほとんど仏語は喋れない若い頃の事、階下に住む70歳代のひとり暮らしのおばあさんにわたしは良く食事を招待されたのです。その時、猫は食べ残しのポトフの筋肉を喜んで食べているのを見て
「魚食べませんか?」と聞くと、
「さぁぁ、嫌いじゃない?」という答えが返ってきた。

動物の食べるモノって、動物の嗜好を考える?、、、、、

好きとか嫌いとか・・・・

いやぁぁ、、そういう意味ではなく、、、

動物が何世紀も、何世紀も何千年も、その生態で存在している理由や意味に興味があったので、これは驚きでした。

その御婦人は、時々旅行をするので、郵便物の保管を頼まれていたのです。
飼ってた猫はどうするのか?と思っていたけど・・・名前も、「猫ちゃん」なんて呼んでいるので、それほど、愛着があって飼っている様子ではなく、適当に外に放してそのままであったりで・・・・

餌を毎日、定期的にあげるとか、気にしている様子ではなかった、

外に出された猫は、時々閉まっている戸ビラの前に、開けてくれるのをズート待って居るところを見かけたのです。

ところが、ある日、閉まっている戸の前には、靴底を拭くマットが置いてある上に、ねずみの死骸が一匹置かれていたのです。

しかも、戸びらのまん前に置かれてあった。

藁箒で、エイっ!・・・

階段掃きながら、
あまり気にしなかった。

ところが、翌日も又、捕ったねずみが、マットの上に置かれてあった。

この時、、彼女が、一週間ルルドに行くから・・とわたしに伝言していたので、猫は、一週間家には入れないはずなのを思い出した。何処に隠れているのかはわからないけど・・・古い農家の家だから、何処からでも、自由自在に出入りしているのでろうと思っていた。

後からよく聞くと、この御婦人は、車椅子移動が必要な障害者の方達がルルド巡礼に行く為の付き添いをする方らしく、一年に一回は、ルルドに行かれるようであった。
不思議なのは、、飼われていた猫は、飼い主が聖母マリア出現地のルルドに行っている時に、ネズミ捕りをして、戸びらの前に置いて、家に入れて欲しいとせがむ。

寝台列車の往復は、70歳代の身体には、きついであろうと思いながら、早朝駅についた彼女を迎えに行き、朝食をご馳走しながら、不在中の猫のネズミ捕りの話題をしたのです。

犬もシリウス星に関係ありそうだし・・・猫も、なんだか不思議な存在に思えます。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/18 16:29分 
  • [編集]

マウスはわざわいのもと 

千春さんのコメントを読みながら、「スーパーネズミ」なるものが現れた時のことを思い出しました。浦安にねずみーができたころなので、昭和50年代の終わりですね。
浦安もそうでしたが、確か東京駅八重洲地下街を我が物顔に走る一回り大きなドブネズミが映っていたと思います。それまでのネコイラズ(殺鼠剤)も効かず、金網や有刺鉄線も咬みきって中に入るような子達で、配電や排水の塩ビ管まで孔を開けるとか。ネコなんてまるで歯が立たない。
電気を利用した駆除システムは、平成のはじめくらいにはできていて、閉店時にオゾンや紫外線で殺菌したり、一定周波数の音を流したりしてネズミ以外の害虫も閉め出しました。
素人の推測ですが、フクシマでのネズミが増えたのは、餌の増加と駆除のバランスを欠いたからかも、と思います。

魚を食べるネコについては、水俣病を想いました。漁村のネコが踊るように不可思議な動きをする映像は、当時かなりショッキングだったそうですが。まさか魚が毒に冒されているとは思いもしなかったのでしょうね。
イタイイタイ病の神通川流域ではホネマガリ病の魚がとれたとか。これは小学校の教科書で見ました。

セオリツヒメの名前は、背折津媛とも変換できます。背中が曲がって尖ったようになった女性、昔のことばで言えば、せむし。現代の病名で言えば骨形成不全あたりでしょうか。
ぐにゃぐにゃヒルコはまさに骨形成不全の様相を呈しています。
この疾患のお子さんは激しい動きができず、日常に強い制限を受けます。ヒルコ姫は深窓の令嬢第一号かも。

昨日私が見ていた「太陽をまとう女性」のページの最後の方に、スウェーデンとイングランドの話が出てきます。そこにやはり性交のタブーを犯して、生まれた骨の無い(後の)王様が出てきます。
自分では動けないけど、非常に頭がよく、数々の戦や動乱を乗り越え、最後にイングランドの王になるお話。

本当は子供の奇形と性交の因果関係は無いはずなのですが、なんとか理由付けして納得したかったのでしょうか。話のどこにも出ませんが毒も否定できないし。それとも骨が無いとは比喩で、真意が分かりにくい、信念が無いように見えるの意味か。

いずれにしても世の中、何も口応えせず耐えているだけの人が、特異な才能の持ち主という不思議もあります。

サザエさん家のタマは、「お前は気楽で良いよなあ」と言われると、ネズミをくわえてくる性質があるようです。最近のアニメでは家出に置き換えられていますが、ちゃんと聞いているのですね。
人はネズミを獲ってこずに、堪忍袋の緒を切るくらいでしょうか。
お市の方が信長に送った小豆袋、「袋のネズミ」
舳解き放ち艫解き放つ=堪忍袋の緒を切る とも読めなくない。
でも既に現在のはやさすらひめ(迅速な動きをする人)は、せおりつさんの受け皿になっていると思うのですが。
せおりつさんは、背中が曲がった老女とも考えられます。

日本の某ご一族、大丈夫ですかねえ。
そろそろ誰か第三者が骨を折らなきゃいけないように思うのですけど。病みが深すぎ。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.07/18 17:58分 
  • [編集]

カミの組み合わせ 

ふと思ったんですが「火水」でカミと読めるけど
ネ(子:ネズミ)と申(サル)でもカミ(神)ですよねえ
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2013.07/18 21:09分 
  • [編集]

メリーポピンズ 

昔見た映画、メリーポピンズは、

確か?母親を失くした子ども達の為に、
ナニーと呼ばれる

{イギリス独自のベビーシッターの職業が定着し、その養成校も設立された。看護師、保育士の専門教育が始まる時期と相前後しており、相互に刺激しあいながら教育カリキュラムが作られていった。 単なる小遣い稼ぎに数時間、近所の女の子が夜やってきて、両親の外出中、幼児を見ていてくれるのとはかなり違ったものである」
ベビーシッターを銀行家の真面目な父親は新聞で募集していたのです。

子ども達は、魔法が使えるナニーを探して欲しいと、父親に頼む。
頑固で真面目な父親は、「クダラン」の一言で、子ども達が書いた、ナニーへの要望(魔法)の紙を、暖炉に投げてしまう。

暖炉に投げ込まれた 願いが書かれた紙は、灰となり、煙突を上昇し、空に 灰<願い>飛んでいく・・・・・

雲の上で、メリーポピンズは、灰と一緒に運んできた、 子供達の願いの手紙を、読んで、早速、ロンドンに住むバンクス家へ出かける用意をします。
はなさんのリンクされた「太陽をまとう」のお話読んでいて、灰にまつわる話しが最後は夢が叶うという・・・

シンデレラの話しも類似ですよね?

粗末な格好で、いつも掃除ばかりさせられ、意地悪な継母とその娘達は、遊び暮らす。

暖炉の灰でいつも真っ黒・・・

英語シンデレラの、仏語は、 灰姫という意味の 単語で、灰サンドルcendreが、サンドリオンcendrillonという仏語なので、シンデレラの話しを知らなくても、灰に関連しているという・・・事は音素から想像がつくのですね。

前に シンデレラに類似した話しが、チベットにもあるそうだと聞きました。世界の童話って、人間が生かされる希望とか願いは、、、火や灰に重ね合わせ夢を描く物語多いですよね?・・・

水の存在は、情が流れる・・・という表現ですから・・・、感情とか人情とか、、、人間臭い意識に 水がコミットしやすいのではないか?

水は、物理的には上から下に流れますから逆方向はないですよね。?同じく次元も下に下降しやすいのではないか?反対に火(灰)は上に昇りますから・・・

水と火の存在を人間意識作用として考えると、どうなんでしょう?

地球の温暖化?
水が多くなりすぎて、情動や感情や念や思惑や・・・心情は、不安や恐怖に覆われ動揺しひっちゃかめっちゃか・・・だから、核(火)?

イヱ、そのような物理的な事と形而上世界は違うと思うのですよ・・・・火を消すのが水?
いやいや、そのような単純な世界とは思えないです、何故なら、アルファベット世界の言語は、火は精神(エスプリ)と訳す意味が見えません。
希望の希は、布の字に〆、望みは、月亡に王ですかぁぁ~・・・ううう~ん

4大元素?5大元素?・・・・
バランスとれなくなると、地球の存在に依存している魂や心は、何処にいくんでしょうかね?

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/18 22:51分 
  • [編集]

三女神 

こんにちは。

はなさん、千匹皮のお話しはいろいろな要素を含んでいますね。

金髪の姫といえばトリスタンとイゾルデが浮かびますが、ロミオとジュリエットはこのお話に影響を受けて書かれたとされる悲恋物語。この物語で私はなぜか七夕をイメージするのです。
天白信仰は天一神(北極星?)太白神(金星)など星の信仰につながるようですが、遠山郷では天白神社の祭神は瀬織津姫が多く七夕伝説の織姫・ベガとされていますが、そういえばどうしてだろう?
大昔はベガが北極星で、それが現在の北極星に変わったことで彦星と引き離された・・織姫はお話によっては天帝の娘とも妻ともいわれ、もしかして三角関係?と昔思った記憶があります。玉皇大帝の妻が西王母という話があるからなのかな。

日本の金色姫伝説といえば養蚕にまつわるもので筑波山麓にある蚕影神社などがありますね。インドの大王の美しい金色姫が継母に憎まれ、大王は桑の木のうつほ舟に姫を乗せて流し舟は筑波の豊浦に漂着したという・・ヒルコをイメージさせるようなお話です。

明日7月20日からルーヴル美術館展がはじまりますが、メインには日本初公開でルーヴルから初めて館外に出品される月の女神、アルテミス像があります。
月と女神というと三相女神にもつながりそうですが、宗像三女神も似たような思想からだとすると、セオリツヒメはある神様の性質を強く持ちながらも、実際は三神をあわせた神様ということも考えられるのかな。それで遠野三山の伝承のようにセオリツヒメ単独(早池峰神社)と三人の女神の母親(伊豆神社)という伝承になるのかも?祓戸神の祓戸三女神というのにも対応しそうな・・あくまで想像ですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%9B%B8%E5%A5%B3%E7%A5%9E
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.07/19 21:02分 
  • [編集]

追記 

ワードがワードなだけに書こうか迷ったのですが、ルーヴル美術館展に「プロメテウスの伝説が刻まれた石棺」も出品されています。プロメテウスと石棺って・・
美術品だし、国内で発掘じゃないから気にしなくていいですか?

実はルーヴル美術館展も先日友人からチケットがあるから行こうと誘われて、内容について興味あるか見てみてという感じで・・個人的事象なのですが、なにかもう少し危機感をもてと伝えられているよな・・
ただ、先日の宝塚市役所の事件でも職員の方の冷静な判断で窓を開けたりしたことで無事に避難できたなど、ドアーズのドアは脱出扉にもつながっているような気がします。うまく言葉にできないのですが。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.07/19 23:42分 
  • [編集]

同音異義 

Linkさんのコメント拝読していて、何故ウイーンと関連するのかしら?
と思って、ハット!しましたが、ウイーン市と、フランスの十字架を県旗をもつ、サヴォア県<日本サッカー連盟代表イレブンがヤタガラスの旗持って、ワールドカップ初出場の為に滞在したコミューンを含む県です>は、ほとんど同じ、blason紋章赤地に白の十字架なんですね? ウイーンはVIENNEと記すでしょうから・・・フランスに同音意義として、べりオーズの出身地VIENNEという名前のコミューンがあります。1869年3月11日に葬儀が、パリの聖トリ二ティー教会で執り行われたそうです・・・
ナンでしょうね?ナニを言いたいのかしら?
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/20 08:56分 
  • [編集]

せんきょ 

関心を引いた人が当選なさる風景って、弓につがえられた矢の羽の派手さで、弓の名手とされちゃう感じ。矢の飾りを見ても上手いか下手かはわからない。矢の先っぽや矢を射る人の構えも見なきゃ。
もっと見える人なら、弓を射る人の心がどこに向いているかに関心が行くでしょうし、その矢が最終的にどこに放たれるかも考えるでしょう。
でないと、扇を射た那須野与一を褒めて、義経の目を見抜けなかった平氏のようになってしまいます。「戦を舐めとんのか!」と義経が思ったかは知りませんが。

さて今回の矢はどこに向けられているのか、どこを射ようとしているか。
選挙の結果は「道具が揃えられた」段階に過ぎないから、これからこの道具と人をどう使うかが、大将の腕のみせどころなんですよね。
………………………………………私が気になっているのは、イギリスのベビー報道。
ずいぶんと大騒ぎになっているようですが、女としては、そっとしてあげてほしいです。

  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.07/22 10:19分 
  • [編集]

機織りの神 

セオリツヒメが機織りと関係していると考えられるのは、伊那市の七夕祭りで川手の天伯様が桜井の天伯様に逢いに行くとされる桜井天白社に祀られていることがありますが、ただ本来は三峰川の洪水を鎮めるための神事ということと、川手の祭神が棚機姫之命ということで、夫婦神というよりは姉妹神のようにも思えますね。

http://inamai.com/news.php?s=1&i=200508081933500000001229

ところで早池峰山は蛇紋岩→ヒスイ→ヌナカワヒメが気になっていたのですが、柏崎市黒姫山の鵡川神社ではヌナカワヒメは機織りの姫として祀られているのですね。鵡川神社には山犬型の木製狛犬もあるようです。
「伝説の黒姫」黒姫大神は伝説によると西頚城郡一の宮村黒姫山鎮座の奴奈川姫命であって、越後の国を経営された大国主命の妃で、建御名方命の御母である。その昔この地に植民を図られ、機織など土民に教えられたので後年住民の敬慕の情切なる余り機織りの神として合せ祀る。(大正元年高柳村誌)
青海町黒姫山でもヌナカワヒメは機を織って川で布をさらしたので布川と機織りのお話がありました。

おきぬさまといえば白蛇ですが、ネズミの天敵は蛇でもありますね。

千春さん、VIENNE英語ではVIENNAというとなぜかEVIANと脳内変換されます。水の町ですよね。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.07/22 23:35分 
  • [編集]

ロイヤルベイビー 

2009年イザナミ回帰日蝕とおなじ日にうまれましたね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/23 20:05分 
  • [編集]

マドレーヌ 

そうなんですよねぇぇ、、、ロワイヤルベイビーは

又、7月22日で、マグダラ(聖マドレーヌ)のマリアの祝日に誕生なんですよねぇぇ・・・・

又、ダヴィンチコードなんですよねぇぇ・・・・どうなってるんでしょうねぇぇ、、イギリスは・・・・・

1月17日も3月11日も、聖人名はローズを語源にしていますから、やはりロズリンチャペルかなぁぁ?
ブラジルにフランソワ教皇が移動中の出来事ですから、何か南米ともあるのでしょうね・・・
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/23 21:55分 
  • [編集]

NoTitle 

いやさかの木さま、こんにちは。昨夜テレビをつけたらBS番組にエジプトホルス神。アヌビス神を思い出しながら、シャワーを浴びたら「8」という数字が髪の毛で偶然腕にできあがり。横向きなので無限という解釈になるのだろうか。その後出かけた店に、またも無限のマークと「ねぶた」と書かれた張り紙。時系列前後します。三國連太郎さんをしのぶというニュースに「マウス・ツー・マウス」という記事があり、違和感を覚えた直後千葉(鼠ランドあり)で工場火災報道。まもなく東日本各地豪雨。ロイヤルベビー誕生日の日から天空には6芒星。次回は100年後らしい。総理出身県山口5人殺傷火災ニュース。安倍清明5芒星の意味か。青森朝日ABA「アバ」ヘブライ語で「父」。吉本興業タレント「あべちゃん」パーソナリティー、ローカル番組「ハッピィ」出演者に弘前大学生「Amy」さんという女子学生。弘前市の市章は「卍」。Amyはソロモン72柱魔神名と同じ。元は能天使。炎の総統。現世に姿を現すときには「火柱」だといい、古仏語、ラテン語で「愛されしもの」の意。岩木山周辺の遺跡や神社などをつなぐと北斗七星。十和田湖「子ノ口」という名所あり。十和田の田は本来「蛇」だった(稚拙でしたら失礼いたします)という説あり。八甲田山、ヤマタノオロチ?「8」か「無限」か。岩木山、安寿(エンジェル?)と厨子王伝説。雲谷山には天照大神「天の岩戸伝説」に似た話あり。高速走行中、岩手SAのGSで、前の車ナンバーが「8888」だった。今後も宜しくお願いいたします。
  • posted by 疳の虫 
  • URL 
  • 2013.07/24 14:10分 
  • [編集]

ばー とか ぶー とか 唇を楽しませる音の後に控える本音 

子母口という地名が近くにあるので、由来でも調べようかと思ってたら、同じような音の地名はあるのですね。しぼ だと絞る→細まったの意味かな。しの は、AKBをご卒業ですって?
お母さんの子宮を絞って産まれ、赤ちゃんは肺を絞って泣いて、おっぱいを搾って含ませ。これでシボレーとか出てきたらチェックですね。
和歌で「絞る」のは袖で、涙でビトビト状態。海岸や池の淵で袖が濡れた話になりますが、あまり楽しくなさそう。我泣き濡れて蟹とたはむる景色に近いです。
時代が下ると、搾るものは油に代わり、実を搾る→労苦・汗に変わります。
しのぐ だと競争ですから、しの は丈比べに。

そういえば、『おしん』も映画になったのですね。予告編でみるかぎり、かぐや姫も変わった描かれ方をしたようですし、涙も汗も報われるといいのですが。
血は『風立ちぬ』で見たから十分です。

スニーカーで強行富士登山した友人は足がまだ治らないみたい。次にツィート俳句見ていたら、「(雪の行軍)八甲田山にわらじはあり得ん」と。
山はいろいろ舐めてもらってはいけません。苗場は大丈夫かしら。

そういえば、尾瀬ヶ原のニッコウキスゲがニホンジカの食害に遭っているとか。鹿だってお腹空くし、猪や熊みたいに駆除されるばっかりじゃやってられません。蜂も蚊もナメクジも。雑草という名の草はないとの昭和天皇のお言葉をお借りするなら、害虫害獣天災悪霊なんてものもない。と私は思うのですが。

田沼意次のWikiを読んでいて、歴史的悪人とされた人の評価が見直されつつあるのは、いいことだと思いました。ユリゲラーがスパイ行為を認めた記事も面白かったです。

隠しても出てくるものは出てきますね。デトックスしたいです。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.07/25 02:21分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.07/25 14:52分 
  • [編集]

13 

なんだか、ローズ薔薇のメッセージが降りて来るんですけどね?
何かしら?と思っていましたが、
昨日の晩、日本の友人が7月25日にOBOG会をするというので、この日は、聖人ジャック<ヤコブ>の祝日にあったているので、サンチャゴ、コンポステーラと関係するかも?と返事したところ、今朝、サンチャゴ、コンポステーラの脱線事故を 知って驚きました。

世界の神域近辺に 不可解な事故が起きるというのは、神域自体に、高級神霊達の存在感が弱くなくなっているのでしょうかね?

ユネスコの世界遺産で、公認されている 巡礼地を回る参道は、サンチャゴ、コンポステーラと、日本の熊野参道の二つだけだと記憶していますので、スペインの巡礼地参道での列車事故というのは、なんとも・・・・言いがたいです。
ところで、
パソコン仕様で色々違うレイアウトなんでしょうと思うGOOGLEの検索ページの今日の映像は、DNAの絵でGOOGLEが変形文字になっているので、何の意味?と思ったら、今日 7月25日は、WIKIによると
ロザリンド・エルシー・フランクリン(Rosalind Elsie Franklin、1920年7月25日 - 1958年4月16日)の誕生日らしいです。
{、イギリスの物理化学者、結晶学者である。石炭やグラファイト、DNA、タバコモザイクウイルスの化学構造の解明に貢献した}

それで、ROSALINDだったらしい。ナルほどと納得なのですが・・・聖ジャック<ヤコブ>の日と、ROSALINDさんの誕生日が同一って・・・7月25日って・・・宇宙がわから見るとすると何でしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3

ところで、、表題の 13の数字について、あまり良いイメージを抱かない けど、
たまには、良いニュースも起こるという事で、

昨日、ニュースで話していました。

フランスの主要チャンネルで流す面白いニュース・・・・
毎週末行なわれる国営ロトLOTOと呼ばれる宝くじに似た、くじ番号あわせゲームがあるのですね。毎週末に、結果放映するのですよね。
その出てきた数字と、自分が記入した数字が合えば中りです。見てると、7つの数字を中てる人はほとんどいなくて、賞金は次の週に加算されていき、該当者が出るまで、賞金額が毎週加算されていくのですよね。国営でこのようなギャンブルを放映して遊ぶのが、フランスらしい。

昨日のニュースは、その高額な賞金を中てたニュースを話していました。
その人は、一週間前の、7月13日<パリ祭の前夜>に 申し込んだくじの番号が中って
220000000ユーロの賞金額を当てたのです。この方は、20年前の7月13日にも、LOTOを当てて、
50000ユーロの賞金を当てているようです。
LOTOの くじの番号は、奥さんや子供の誕生日の数字記入したり、又は結婚記念日の数字を書き込むらしいのです。やはり、誕生日(命日)や結婚記念日の数字は、縁起が生じるのですね。そして、生じたその時(日時)の間には、やはり何かあるんでしょうね?

まるで、長年その時を待っていた・・・・みたいな感じで、
不思議なミラクルって生じるらしいです。

大いに、生きてる間誕生日や結婚記念日祝うと、ミラクル起こるかも・・・です。

http://www.europe1.fr/Faits-divers/Loto-il-gagne-2-fois-le-gros-lot-un-13-juillet-1592455/

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.07/26 03:12分 
  • [編集]

不思議 

山口県での豪雨何かの事象でしょうか?
  • posted by 花に水 
  • URL 
  • 2013.07/29 07:27分 
  • [編集]

NoTitle 

私もそう思う…山口の須佐、島根は出雲の県だし。今までにない豪雨、心よりお見舞い申し上げます。
  • posted by Diva 
  • URL 
  • 2013.07/29 07:41分 
  • [編集]

フラッシュ 

カタカナにすると同じになってしまう「フラッシュ」は、片方が水浴び(映画『フラッシュダンス』とかトイレのフラッシュバルブとか)、片方が閃光(ご存知カメラのフラッシュです)。同時に起こると、東京近辺のゲリラ雷雨やそれに伴う野外ライヴ、花火大会の開始後の中止。
火と水の組み合わせというよりは、光と水のコラボで、「いい加減頭を冷やせ、目を醒ませ、顔洗って出直してこい」と?

我が家の近所の中学生くんがぼやいてました。「また明日から、『いじめられたいじめられた』っていじめられるのか」と。
「いじめられた」と言ってる子の方が、自分がみんなと合わせられないことを、ぼやいていた子のせいにするらしいのですね。

周南市の事件も、犯人と被害者を含む、ムラの構造が明らかになってきました。
まるで松(待つ)の廊下の吉良上野介と浅野内匠守みたい。「親切に教えてやったのに」vs「嫌がらせにしか感じない」

列車みたいに暴走して止まれなくなったり、浴衣デートでずぶ濡れになったり(まさに濡れ衣?)、濡れた着物で弾丸押さえて被弾したり。「こんなはずでは」「うまくいかない」「思ってたのとチガウ」現象はまだまだ続くでしょうね。

  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.07/29 10:33分 
  • [編集]

十種神宝も出ました 

山口豪雨、小学生がキャンプ場に取り残された現場の山名は「十種ヶ峰」です。十種神宝伝説のある山とのこと。
石見国には物部神社もありますしね。
島根西部~山口~広島県境あたりはスサノオの他に柿本神社も多いです(石見国は人麻呂さん赴任地だから)。件の大量殺人事件現場にもかつて柿本神社があった模様。“火止まる”を願って勧請された人丸神社の元神域で放火殺人とは皮肉です。あの地区にあやかしでも入っていたのですかね。
中国地方のあのエリアは古代の製鉄所だったろうから、火を制御するために人丸神社が祀られる素地があったのでしょうか。

それにしても、スペインの列車事故では多くの巡礼者が犠牲になったことでしょう。なにやら、聖地に巡礼を行かせまいという力でも働いてるんじゃないか、というのは勘繰り過ぎでしょうか。ちなみに先月皇太子がサンチャゴ・デ・コンポステラを歩いてきましたよね。その前月は熊野古道を歩かれていましたっけ。。。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2013.07/29 13:03分 
  • [編集]

不思議 

山口県周南市の事件で、逮捕された容疑者が自宅で飼っていた犬が、
26日午前9時6分に死んだ。容疑者が山中で身柄を確保された時間の1分後だった。
こういった事象も何か関連かと、
そして山口が選挙区の安倍晋三首相
  • posted by 山口 
  • URL 
  • 2013.07/29 15:07分 
  • [編集]

ドッグデイズ豪雨など 

滝の雨。
滝といえば修験道。祀られた女神がセオリツヒメ。
水と祓いの女神=滝。

今回のドッグデイズ豪雨は、オオナムチとセオリツヒメを中心とする事象。エジプトのオシリスとイシスに対応しています。Q出しはやはり、7月3日エジプトクーデターの前日の津軽豪雨でしょう。

山口県といえば、2009年のイザナミ回帰日食のときも防府市の豪雨で16名がなくなってます。
あのときは神功皇后の事象。イザナミが神功皇后を取り込み、火のカグツチ出産に至った。
水のヒルコ出産はセオリツヒメを取り込んでおこなわれるんでしょうかね。

2009年7月19~27日の中国北部九州豪雨では、大宰府近くで熱気球の井上水子さんが土砂崩れに...。
水の子です。
個人的には、防府のおばさん⇒茶とつながっていき...。
茶といえば、2008年筑紫事象のときの「鬼・風・カッパ・国造・おまけの茶」
2009年のドッグデイズでは、7月9日に寧波と八代をむすぶ妙見菩薩の雲、千島列島にはセグロの大蛇。
今回のセオリツヒメとオオナムチにつながります。
 ⇒ http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-174.html

瀬織津姫を祀る早池峰神社のある岩手の遠野と、熊本の八代はカッパ伝説でつながっています。
たぶん妙見信仰でしょう。眷属は亀だし。
妙見菩薩(北辰妙見尊星王)がのってきた亀の変化形がカッパ。

星と亀といえば、山口藩庁の萩は毛利氏で一文字に三ツ星。津和野藩は亀井氏。
須佐はスサノヲですよね。
スサノヲ⇒クニトコタチ⇒天御中主神=妙見。

ドッグデイズといえばシリウスですが、今回の豪雨のバックには☆がいます。
早池峰神社の神紋は剣に九曜。九曜は九星。フクシマの初発神社も相馬妙見の九曜紋。
茶の八十八夜がらみで原発輸出が決まったトルコ国旗は、千葉妙見の月星紋とおなじ。

セオリツヒメの早池峰の妙見と相馬妙見のつながりはあきらかなんだけど、問題はどのくらい太いつながりなのか。もしぶっといつながりなら、汚染水の海への流出がさらに深刻化する可能性が高い。
水の出産のひな型かもね。

フクシマの汚染水流出と豪雨は、おなじ流れです。
エジプトの混乱も、北海道八雲町の特急「北斗」の火災やスペインの高速鉄道の脱線事故もおなじです。
八雲町はスサノヲの出雲八重垣。北斗は妙見。鉄道は火と鉄のカルマの道。
スペインは太陽の國。世界御柱祭(人類の起源南アフリカW杯)で優勝しましたよね。

ロンドン五輪の鉄のオービット(軌道)に象徴された「鉄の道」の近代の最終型が核。
去年僕ら、原発ゼロで金環蝕を迎えました。太陽と核。
今回の父なる流れは、あの天照大神の岩戸びらきからはじまってます。

88維新が去年太陽の党の石原を取り込んだ理由がいまいちわからなかったんだけど、
ドッグデイズ参院選の亥の木ボンバイエではっきりしました。
88のもとに、太陽と核がそろったわけです。
準備オッケー。

で、こうした流れのバックにいるのが「星」なんです。
星は「機織」につながりますよね。
遠野の倭文神社には瀬織津姫が祀られてますが、どうも後づけっぽい。
おしらさまを瀬織津姫と同視する考え方もあるけど、裏づけが弱い。

もちろん早池峰が反応した以上、理屈ぬきに遠野が表現されちゃう可能性はあります。
もし、おしらさまが瀬織津姫なら、またがる馬はフクシマの相馬妙見の馬。
ほんとにそうなら、どういうことになるかわかると思います。
たぶんナガサキはフクシマで発生します。

セオリツヒメの解釈に慎重な姿勢をとらざるをえないのは、
それだけ重要だし、微妙な存在だからだってことをわかっていただけたらと。
まちがってもセオリツヒメは蝦夷の神ではありません。ヤマトです。
蝦夷のタタリなら高野山にでも頼めばいい。
でも身内の神がもたらす災厄は、災厄ではなく、必要な変革なんですよね。

2009年の例からゆくと、
豪雨のあとはナガサキの日の地震に注意が必要です。
気象庁の震央分布図にも、あらたな動きが見られます。

山口島根豪雨の十種の神宝は、安倍総理=奥州安倍氏=安日彦(長髄彦の兄)とも関係がありそうですね。
フラッシュといえば(女性セブンだけど)、オアシズの大久保さんが若いマッチョを連れ込んだのは、なんの暗示なんだろう。
けっこう気になってるんですよね(笑)。そうか。相方「光」なんだ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/30 02:06分 
  • [編集]

セオリー つ(=の) ヒメ 

ヒルコ出産は、「過去の諸々を水に流し新たに出直す」程度の意味で、留めてほしいです。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.07/30 07:33分 
  • [編集]

追記・ドッグデイズ豪雨など 

オオナムチと水といえば、大阪富田林の美具久留御魂神社ですね。
とても気になるお社です。

個人的には去年の大神神社と丹生川上神社中社の旅も、オオナムチと水。

セオリーのヒメ。おもしろいですね。
汚染水の海洋流出は、水の出産のヒナ型。
原子力規制委が海への流出に言及したのは7月10日でした。
きわめてイカンことに、ようやく東電がそれを認めたのは7月22日。
キャサリン妃の出産の日。もちろんイザナミ回帰日蝕の日です。
このまま東電まかせにしてたら、ほんとにフクシマでナガサキおきちゃうかもね。

瀬織津姫は当て字です。
元の意味を漢字にあてはめれば、背降津姫。
背は妹背の背。夫。太陽のこと。
降りは、サクナダリ。
ホツマツタヱ流にいえば、天照大神がどとうのごとく駆け降りて迎えた姫。
のちに天照大神が速川の瀬でミソギをし、これがセオリツヒメが祓戸大神たるゆえんなので、背が瀬にかわるのはいいとして、問題は降⇒織。

瀬織津姫=織姫という見方があります。
これはとてもマズい。
カネボウ化粧品はスサノヲの天の斑駒事象です。斑点だし、逆剝ぎです。
セオリツヒメが織姫なら、スサノヲが高天原で斑駒を投げ込んだとき、神衣を織っていたのはセオリツヒメってことになってしまう。
セオリツヒメには機織の姫をよみがえらせる役目があるんです。
瀬織津姫自身が機織の姫なら、よみがえれません。
世界秩序の機織ですから、世界は混沌です。

去年金環蝕で天照大神が復活し、熱田神宮の一之御前神社の封印がとかれ、セオリツヒメがあらわれた。
僕らにどう出るにしろ、大祓のためにじつに理にかなった流れだし、妹背の道だし、信頼していいです。おまかせしかないかなって。
もちろん問題は僕らが変われるかってことなんだけども。

周南市の金峰(みたけ)は、吉野の金峯神社の金山彦とつながってるんでしょうか。
それとも読みから御嶽神社の蔵王権現の方かな。まあ金峯山も蔵王権現なんだけど。
どうも鍛冶系事象のにおいがしますね。
人丸といえば、久米氏の山部赤人とともに歌聖。赤人と人麻呂には注意ですね。

7月27日、隅田川の花火大会につづいて、千葉の浦安の花火大会も30分で豪雨のため中止に。
水と火。
このとき打ち上げていたプログラム4のタイトルは「まえ~すすめ!」だそうです。
浦安も復興途上。前進に水をさされちゃった?
大和は浦安の國。
これがどう出ますか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.07/30 21:04分 
  • [編集]

ヒルコさん 

この水曜に、蛭子さんが葦船に乗せられて流れ着いた地のすぐ傍の石津マリーナで、船上の集いするんです。個人事象ですが、なんだか、タイミングがなあ…。

堺では、ヒルコに関する伝承があります。(こちらのブログお借りします↓)

http://ameblo.jp/jyakutan/entry-10931788451.html
  • posted by Diva 
  • URL 
  • 2013.07/30 23:40分 
  • [編集]

 

福島第1原発、汚染水問題「深刻で、切迫している」=田中規制委員長
東京電力福島第1原発で放射能汚染水が増加し続けている問題で、原子力規制委員会の田中俊一委員長は31日、定例会見で「かなり深刻で、切迫している」と述べた。

やはり、ふくしま!?
  • posted by 不透明 
  • URL 
  • 2013.08/01 11:25分 
  • [編集]

フクシマ 

そうでしたか。
福島第1原発がホントはいまどうなっているのか、僕らには確める術はありませんが、
あの原子力規制委がここまでしゃしゃり出てくるのは、よほどの事態だからでしょうね。

事象的にも、ことしに入って流れが異様にフクシマに集中してきてるんです。
相馬郡の虎捕山津見神社火災もそうですよね。

オオナムチとセオリツヒメの連動を、おそらくみなさんが思ってる以上に僕は問題視してるし、危機感をもっています。
バックの構図は、北辰妙見尊星王=天御中主神=国常立尊⇒スサノヲ。そして将門。

かつて、聖母であり軍の女神である神功皇后伝説を取り込んで火のカグツチを出産したように、
どうやらイザナミは早池峰の水の女神セオリツヒメを取り込んで水のヒルコを出産する気でいます。
そしてもしセオリツヒメがおしらさまなら、そばにいる馬は相馬妙見。

ナガサキがふたたびフクシマで起きる可能性が、きわめて高くなります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.08/01 13:18分 
  • [編集]

むむむ 

九電の梯(かけはし)容疑者(52)痴漢容疑で逮捕 って、超まずいと思います。いまをときめく電力会社ってのもあるし、上長としての示しもつかない、被害者は未成年(19)。6月末に2日連続被害に遭った被害者が、防犯カメラ映像を調べあげて足がついて、…。
女を怒らせちゃまずいのに。

オオナムチとセオリツさんの交渉決裂になりかねない今日、横浜みなとみらいの花火は無事に挙行。もうこんな世の中見限って船出かしら。

たまたま今日読んだ本が、小川未明『赤いろうそくと人魚』。
人間を信じて娘を託したのに、カネに目がくらんだ養い親の老夫婦が香具師にそそのかされて、その子を売っちゃうのです。その子のおかげで、家業の蝋燭は売れ、村の社の神様は海の守り神にまでなっていたのに。
娘を売られた人魚の悲しみでか娘の最後の思いをこめた真っ赤な蝋燭が社に灯る時は海が荒れて誰も帰ってこれなくなり、最後の最後には村も滅びてしまうのです。

明日辺り、あちこちの祠の封印が一斉に解けたりして。
実際、フクイチが爆発して以来、錠前が壊れたり、扉がカパカパ開いた社や祠をよく見かけました。

映画『遠野物語』では、オシラサマの封印が切れ、戦地から白い軍服を来た兵士達が帰ってくるシーンがあります。
ヒロインはその兵士との子を産みますが、その時にはヒトの言葉を話さなくなっていた という結末でした。
人魚の肉を食べたとか言われた映画の中の婆様じゃないけど「見だぐね、おらものを見すぎたでさぁ」と私も言いたい。
見だぐね→みっともない、見苦しい、目に余る、思わず目を背けたくなる、見たいとも思わない の意味があります。


あとは野となれ山となれ。ケセラセラ。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.08/01 22:58分 
  • [編集]

限界に来ているのかもしれませんね 

汚染水が「土の壁」越え流出も 福島第1原発
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013073101002327.html
 福島第1原発の敷地内にある観測用井戸の水位が上昇している問題で、東京電力は31日、岸壁沿いで工事を進めている「土の壁」を越えて汚染水が海に流出する可能性があるとの見方を示した。

 土の壁は、地下の汚染水が海に流出するのを防ぐ目的で、地中に水ガラスを注入して地盤を固めた。近くの井戸では、工事が始まった7月上旬から水位が上がり始め、30日時点で地表まで約1メートルの所に上昇した。土の壁が地下水をせき止めたのが原因とみられる。

 土の壁は地下1・8メートルよりも深い部分に設置されているため、地下水の水位が上がれば壁を越えて水が漏れるほか、壁の横からも漏れる恐れがあるという。
  • posted by 天明さんがお護りした社は千葉でしたか? 
  • URL 
  • 2013.08/02 20:52分 
  • [編集]

暑中見舞い 


さすがに、7月世界中に生じた列車事故の連続性に疑問視するという一般大衆が反応しだしましたね? 連続性って 科学的には解明など出来ませんからね?
フランスの主要チャンネルのニュースでも、serie連続 noir 黒 chemin de fer 鉄の道
< セリーノワーシュマンデゥフェー serie noir chemin de fer>
という言葉を発していましたね。この連続性にある方向を示す 意味があるのかないのか?鉄=機械妄信=近代化ですかね?
鉄の道 CHEMIN DE FER という仏語は実に分かりやすいなぁぁ、、と思って聞いていました。
公害や放射能汚染といった環境問題が世界で問題視されはじめた頃、「機械と神」というアメリカ人ホワイトが書いた記述、論文がありました。文明の発達が人間に委ねられているという事は、キリスト教教義においての神が人間の存在を神の言葉として実現するという創世記に視点をあてた論文と記憶しています。キリスト教は、これまでの多数の世界宗教の中で、最も人間中心的な宗教だからなのでしょう。旧約聖書の1日目は光と闇からはじまり2日めが、空で3日目が海と地に分けられ、種を持つ草が生え実をもつ木が芽生え、4日めは、太陽と月を造り、昼と夜の区別、5日目が、水の中の生き物と鳥を造り6日目が家畜や獣。7日目は、疲れたので、休みましょう・・という安息日・・・いわゆる、日曜日は働かないで、休みましょう・・・という日。創世記の神話の第二章には、もう一度、人間を造る場面があり、「土の塵でアダムを形作り、その鼻に命の息を吹き入られる」という場面が書かれているのですが、人間だけが、神の息を吹き込まれて生きる者になったと示されている箇所は、人間と他の生き物の線を引かなければならない・・・という人間が神の意図によって造られたという、いきあたりばったりに人間が出来た・・・という説を覆す理由になっているのかもしれませんね。真偽の程は、死後に解明されるか?しないのか?分かりませんが、・・・
さて、先に進み、創世記の6章になると好き勝手な事をしている人間、堕落している人間をみて、神は人間を造った事後悔するのですよね。「こんな地球上の生き者はイランワ!」(何故か?関西弁)
とマウスを掴み、70億人のアンポンタンの人間達と、その他の動物を、エイ!と、「全て削除」ボタンを、クリックしようとするのです。

ハタ?と、その時、目に付いた、ノアの存在。
彼<ノア>は生かすだけの価値がある・・と、神の目には映ったのでしょうね?それからの創世記の展開は、ご存知の通り・・・

しかし、ホワイトが言いたかった事は、生態学的危機の歴史的源泉としてキリスト教に問題アリ!と提唱したかったのでしょうと思う。しかしよく考えると、キリスト教の歴史の中でも、自然観を重んじる、アッシジの聖フランシスコの存在もあるのですよね。自然物と話したり、鳥や花とコミュニケートをとって人間に対する愛と同じように自然物を愛すという主張、一見、日本の神道アミ二ズムに近いスタンスになっている事実践した人物も存在するのですが、この2013年の新教皇が初めて、アッシジのフランチェスカの名前を名乗る展開になっているという事・・・興味深い、新教皇の選択だと思っていました。

確かに、地球上に生じる事故やアクシデントって、予知できないので感情を瞬間、瞬間に波立たすエレメントなんですが・・・感情を波立たすとか、影響を及ぼすという意味influerインフルヱという単語は流動的、水の流れの性格と人間の感情の影響と類似のものとしています。反対に火の存在は、感情や心情ではなく、精神(エスプリ)という意味に思えます。個人的には、土、空気<風> 水 火 の4大元素のうち、空気、水、土は、人間が触れるエレメントですし、入れ物に入れるという行為に至れるエレメントですが、火のエレメントは、別に考えた方が 納得出来るのですよね・・・人間存在の歴史上最初から身の回りにあるエレメントではなく、火を起すにはどうしたらいいか?という智慧が人間に必要だという想像も必要ですから・・・ギリシャ神話には、プロメーテウス(古希: Προμηθεύς, Promētheus)という存在がいるのですよね。「プロメーテウスは、ギリシア神話に登場する神で、ティーターンの1柱。エピメーテウスの兄である。ゼウスの反対を押し切り、天界の火を盗んで人類に与えた存在として知られるそうです。その名は、pro(先に、前に)+metheus(考える者)で、「先見の明を持つ者」「熟慮する者」の意である。一説によると、人間を創造したのはプロメーテウスだったという(アポロドーロス『ギリシア神話』第1巻VII:1)説

ちなみに
火のエレメントを支配する4大天使は、ミカエル大天使です。水を支配するのは、受胎告知の時にユリ野花を持って告知するガブリエル天使。

天界に 火があり、人間界に与える為、火を盗んでくる・・・神話は、火が神に近いエレメントであるという意味、エスプリ<精神>は、人間独自の意識であり動物と人間の境界を引く・・・というこれまた人間は特別な存在説と、地球上全ての万物の進化の延長線上にあるのが人間という説・・・暑いなァァ、、毎日・・・・それで、夕方になると、バルセロナで世界水泳大会を実況中継するのです、イギリス選手の一人に、胸に「水」という刺青<タトゥー>している選手いましたよ。うううう~ん・・・・・・




  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.08/03 02:17分 
  • [編集]

遠州灘で地震 東海、富士山!? 

日時:8月3日(土)09時56分
震源地:遠州灘
震源深さ:30km
マグニチュード:M5.0
最大震度:震度3

静岡の浜岡原発気になります。
  • posted by 事象 出現 
  • URL 
  • 2013.08/03 10:06分 
  • [編集]

まがたことは大嫌い 

水のタトゥーってなんだか変。
もっとも日本人もサリーをめちゃくちゃに着たり、変な京都弁話して失笑されたりだから、お互い様なんですかね。

日月神示、最近静かですね。
まだグレンとひっくり返ってもいないし。

恩師は自分の舟が転覆した時に伏した舟の空気を吸い、友人のおじいちゃんは胸に酒瓶を入れて戦地で命拾い。
この手の何気ない話は、ふとした拍子に息を吹き返すのですね。

ニュース見ていて、地名や氏名がいかにもw、事象が過去の事件と似ている♪なんて、面白がれるのも「記憶」や「記録」があればこそ。
この脳や紙や肌等に「しるす(刻み込む、焼き付ける)」「うつす」、「いかす(息吹かせる)」行為も人ならでは。もうひとつは嬉しくもないのに笑い、よその人を想い泣くのも、人の特徴。嘘も方便と言い、嘘つきは泥棒の始まりと言う矛盾も人ならでは。
でもその特徴の優劣良し悪しを問えないのも人。

新宮で箸ならぬ電柱が転げ落ちて、寒川で景気ならぬプールの底が波打って、どこかの小学校ではナイフで脅した児童を叩いた校長が処分されて、
みんなの台詞は「どうしてこういうことになったのか」
世の中ワヤ。カオスカオスw
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.08/03 16:28分 
  • [編集]

タトゥー 

そうなんですよ~・・・・

今の水泳選手の上半身って、筋トレをどれくらいすると、あんなヘラクレスのような筋骨隆々の逆三角形になるんでしょうかね?

身長も2メートル超えるのは珍しくないですし、もっと驚くのは、ひと頃から比べると、身体に タトゥー<刺青>を、している選手が多いのですよね。

刺青と私が言うと、「貴女は時代遅れ!古い」と、日本の友人にわたしは言われ、仕方なく、仏語のTATOUタテウーを、日本語を話す環境の場で使い出した。ちなみにわたしの友人は、40歳代で乳癌の手術を受けて、化学療法をする前に、「眉毛まで抜けるから、タトゥーをしてなんとか、イメージギャップの差を修復するんだ!胸はしょうがないけど、眉毛は彼には見つからないよ!」とクックと、笑いながらコミカルに私に話す。

去年800キロ先に住む彼女に会い行ったら、いつもの変わらない色っぽい綺麗な彼女がいた。和食高級レストランで二人だけで貴重な時間を過ごす。貴重な時間だとわかっているんだけど、笑ってしまう話題になってしまう・・・・というのは、これも人間の性・・・・・・人生を笑いながら、楽しみながら、享受したい・・・・生きる・・・・

こればっかりは、変わらないであろう・・・・
人間が、生かされる意味・・・生きる意味を最後まで、手放さない 勇者も存在するという事・・・

ところで、
わたしの頭には、身体に墨を入れる・・・という意識は、所謂、あのヤクザ映画の 背中の桜吹雪と言うイメージになってしまうので、

インターナショナルの水泳大会、スペインのバルセロナで、メダル授与者に与えられ、各国の国旗が、掲揚される光景が、世界各国に放送される晴れ晴れしい舞台に、刺青した、、イヤ、タトゥーをした、男女が、信じられないような速度で競うのですよ。

幾何学模様?流線型の模様、色々あって中には、生まれた自分の娘の名前をタトゥーする選手もいる。

それより、身長2メートル以上あって体重は100キロもある選手は、お相撲さん?とか反応したくなる。

水泳選手というのも驚きですが・・・・100キロという重さが、水に浮くという事・・・・・

単純に驚いてバルセロナの世界水泳大会見ていました。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.08/03 18:20分 
  • [編集]

風立ちぬ 

宮崎駿は、本当に日本のサンテクジュペリなんですね。?

今回の 「風立ちぬ」の映画のプロモーションの流れを観ていて、憲法改正の時期に同時期に公開になる事・・・、その後には、特攻隊の映画、岡田准一が演じる永遠のゼロの映画が上映される。

戦争に関連した 文学がベストセラーになったり、映画になったりする世相の中、憲法改正が必要だと、これまた何処かの日本の政治家が物議かもしだす、失言をする。

憲法の存在性が希薄になりつつ、スタンスの短い存在の仕方で、どうやって日本の国の存在と永遠性を結びつけようというんでしょうかね?

なるほど・・・・と思っていた、宮崎駿のメッセージがこのYOUTUBEの語りきいて納得しました。

http://www.youtube.com/watch?v=d5DHSYG8CYE

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.08/04 06:03分 
  • [編集]

風立ちぬ 

私も何かしらの導き(意思)が働いているように思えて成りません。

この秋公開の「かぐや姫の物語」こちらも興味が有ります、お化けや妖怪、魔法使い、精霊など、不思議な存在が数多く書かれてきたジブリアニメですが、私の勉強不足なのか何故か「宇宙人」が登場したのを見たことが無い、初めて宇宙人を扱った作品になる?。

そこら辺が気になりますよ。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.08/04 08:15分 
  • [編集]

田原 

遠州灘の震源を見たとき浜松市の弁天神社が気になりました。境内には正岡子規の文学碑「天の川浜名の橋の十文字」があります。
早池峰山の伝承では三女神の末娘が姉に降りてきた霊華をとって早池峰山を得たとされ、末娘に意味があるようにも思えます。末娘は一般的には市杵島姫、古事記では多岐都比売命?神話などでは三姉妹の末娘が主人公のことが多いですよね。ふくべと千本針で蛇退治のお話、美女と野獣、リア王など。
遠州灘の地震のニュースの少しあとで、見ていたTVでは鎌倉の銭洗弁財天を訪れている場面が流れていました。

オアシズの大久保さんと光浦さんは、遠州灘の田原市の出身ですが、伊勢神宮に献上する絹糸の三河赤引糸を紡ぐ場所。伊良湖からお糸舟がでます。
http://www.asahi.com/area/aichi/articles/NGY201306260025.html

7/26伊勢湾岸道の事故でトラック運転手の名前に富士男、7/27巨大クジラの死骸が漂着したのは市原市の不二サッシと、フジもでています。

先日、京都市山科区北花山での事件がありましたが、北花山には稚児ヶ池という地名があります。
糸魚川市にも稚児ヶ池という地名がありますが、ここでヌナカワヒメが入水したとされています。ここには糸魚川市の市の花のササユリが咲いているそうです。
http://homepage2.nifty.com/jiro/kagamiyama/sanpo/sanpotigogaike.htm

花山法皇といえば杉の木が倒れた飛瀧神社で、九穴の鮑を那智の滝の滝壺に沈めたという話がありますよね。九穴の鮑は不老長寿にもつながります。九穴→九曜?

また、山科といえば天智天皇陵・鏡山ですが、セオリツヒメといえばマフツの鏡。鏡作神社があるのは田原本町。彦根市出身の田原 総一朗氏が入院のニュースもありましたが、田原の名字は近江国栗太郡田原庄がルーツとも。栗太郡に佐久奈度神社があるのですよね。
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.08/04 11:03分 
  • [編集]

<風立ちぬ> 

shibuchin様


話し違うのですが、多分同時進行であるでしょう・・・・という事でこのブログの話題にもなっていたイタリアのトリノという町には、あちこちに牛の象があるんですよね。紋章が牡牛ですし、トリノという名前のラテン語音素の語源が牡牛という音素ですから、 新教皇が、ピエモンテ<トリノ、サヴォア公国)出身から選出されるという事と、大宰府<天満宮>の話題が同時に生じるという事は、世界の流れに乗っているように見えるので、わたしには、分かりやすい現象の展開になっているんです。
どちらにしても、仏教開祖のお釈迦様のサンスクリット語名が、ゴータマ<最高の牛>、シッタールダ<完成した>という意味なので、牛という意味の音素は、世界中へ普遍させてきているのでしょう。

さて、今回の宮崎駿の 映画なんですが、ただならない雰囲気感じます。

漫画も映画も見ていないけど、周りの知人の反応も考えてちょっと気になって、風立ちぬの あらすじ調べてみました。
実在の登場人物を宮崎氏は初めて起用する理由も、考えました・・・・・

飛行機を話題にしたものは「紅の豚」の次の作品になっています。
去年、トゥルーズに住む知り合いを訪ね、宮崎氏も訪れた、サンテクジュペリの常宿ホテルに行ってみてきました。

飛行機・・・・空・・・飛ぶ・・・・心・・・・勇気・・・・生きる・・・・

関連するエレメントを並べて思うのは、宮崎氏の創造世界には、フランス語の単語に訳すとすごく分かりやすいので、少し記してみます。

心は、coeur クール という音素なのですが、
心という単語から、勇気courageクラージュという言葉 が発生します。
つまり、心を持つモノは 勇気も持たされて生まれてくるという意味でフランス語は意味伝達されます。
YOUTUBEを見ると
ナウシカの最後の言葉を、 宮崎氏が、「生きねば・・・」という言葉で終わらせた・・・と鈴木氏の記憶にはハッキリ記憶されていますよね・・・

音<声>が内包する時の重さ<意味の重さ>を、
いかに、抽象的な表現として、空に声<音>に介し放つ行為は、
あらゆる人達の心に根づく潜在意識勇気を揺さぶるのだと思うのですね。
人間が本来もつであろう、善の意識に思えます。
妥協と協調は同じ行為に上辺は見えても、心模様は全く違いますから・・・・

協調には世界の同意を能動的に得られますが、妥協は、受動的にしか世界の同意は得られないでしょう。

つまり、こういう事だと思うのですね。次元が高いという意味は、もちろん、能動意志で、受動意志ではないはずです。なぜなら・・・・・受動意志、妥協は、結果<見返り>を期待するという次元の低い意識に位置します。

結果<見返り>を最初から期待するというのは、美しい存在とは言えないでしょうし・・・・・

次元の高い域に存在する神々が反応する動くとしたら、美しい・・・ものでしょうから・・・・・

この時期、
意識、生きる=勇気<心を持つ>に気がつかせる・・・宮崎氏の存在させられてる意味に思えます。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.08/04 21:27分 
  • [編集]

針 

オアシズの光浦靖子さんは針仕事・手芸達者の芸人さん。手縫いの羊毛アクセサリーはNHKの「すてきにハンドメイド」という番組でも紹介されました。
番組名と同じ雑誌の今月8月号に紹介されてます。

針と言えば、関西屈指の長年高視聴率を維持中のTV番組「探偵!ナイトスクープ」では針が大活躍。
スマホのイヤフォンジャックに詰まった物を取り出すのに、熱した針が使われました(関西地区8月2日放送)。

この番組で長年放送作家として活躍、現在は小説家でもあるのが百田尚樹氏で著書「永遠のゼロ」は映画になりました。
小説では日本の戦闘機についても語られています。

そういえば飛行神社がありますね。所在は京都府八幡市八幡土井44。二宮忠八氏の創建です。(何やら8ずくしです。)

針とは金と十、タロットだとソードの10ですか?!(意味を考えると怖いな~)。金がクロスというか重なるのですかね?もうすぐ立秋で、庚申の月、翌月は辛酉で、金だらけです。

十繋がりで、牛が完成するなら「十牛図」が思い出されるのですが、「にってんすいしゅ」に達するには8段階目で「追われる牛・追う人間」両方とも一旦消えないといけないんですよね…。
もう、こうなったら「※隙が あったら どっからでも かかってこんかいヽ(*`Д´)ノ」と、啖呵を切ってみたい、、、はい、み・た・い・だけです。(※往年のお笑い芸人・岡八朗さんのギャグ啖呵、 あ、八が含まれてる!)
  • posted by りつ 
  • URL 
  • 2013.08/04 23:18分 
  • [編集]

「風立ちぬ」主題曲 

いやさかの木さん、千春さん今日は、ご無沙汰しております。

オオナムチとセオリツヒメの記事の最初が
「去年の12月1日、熱田神宮の一之御前神社の封印が解かれた。」

ユーミンのデビュー曲「ひこうき雲」が使われる事がメディアに流れたのが12月8日に行われたユーミンと鈴木プロデューサーのトークショー。

二人は「偶然て怖い」と言っていますが奇妙なシンクロが至る所に見られる様な気がしませんか。

「トリノ」と言えば「キリストの聖骸布」が保管されている?、聖骸布の材質は「絹」ではなく「杉綾織の亜麻布(リンネル)」ですが織物繋がり?、トリノだって「トリノ、鳥の、鳥野、十理ノ」、鳥と言えば「ヤマトタケル」さんが死んだとき、鳥に成って空へ登って行きました、彼もまだ若かったですよ。
トリ、最後に登場するオオモノの存在でしょうか。

心は、coeur クール という音素なのですか、何だか「クール、来る」みたいですね、一般的に知識は外から学ぶものと思われていますが、真理は内側からクール、心はどこからもたらされるのか、不思議ですね。

縦糸と緯糸がクロス(十)するように歴史も織りなされて行くのでしょう。

見える処でも色々な事が起こっていますが、見えない処でも大きな変化が起きているののかも知れませんね。

駄洒落ばっかりですみません、いつも有り難うございます。




  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.08/05 09:52分 
  • [編集]

ひこうき雲 

そうそう、そのユーミンの「ひこうき雲」に決まった いきさつを話す、シンクロのトークショー.YOUTUBEわたしも聞きました。
涙というのは、心に素直でしょうから・・・
今まで、心底に隠れていてその時がくるのを、その時心が揺さぶられるのを、ジーと待っていた・・・それが不覚にも涙という形になって現れるのでしょう・・と思います。
何故<涙がでるのか?>なのか?
宮崎氏本人にも分からないのでしょうと思う。
宮崎氏は「人間、年齢(とし)とると、涙っぽくなる」と自己説明していますけど・・・、ほんとうは違うでしょうと思うのですよね。
ユーミンのひこうき曇を、他の場所(空間)で、他の時(時間)に聞いても、何も感じないと思うのです。その時に その音楽が流れる・・・意味があるんですね。つまり、人生にはタイムリーにその事が生じる・・・何故か?動的<稼動>な作用をもっているのですよね。
その時の心情を察しているかのように、見えない共存している存在を伝えるかのような意味メタファーの現象・・・・不思議な現象を哲学では、意味論という分野で探求しますが・・・・日常はシンクロが起きると表現しますよね?
何故?そのように生じるのかは、皆不思議に思っても、言葉には出来ない3次元世界に人間は生かされてしまうのだと思うのです。
それは、もう神域の世界形而上世界の事なのだからだと思うのです。
時間と空間の存在する3次元世界、人間存在を訴える<願い、祈り>メッセージを、物語のついづい箇所にちりばめられているように感じますし、神がかり的な後押し感じます
沢山のシンクロによって、構想のアイデアが生まれ「風立ちぬ」が、出来上がっているように感じます。公開した途端ですね・?、
宮崎氏が憲法改正反対の立場に立ちだしたのは、いつ頃からなのか?という懐疑視点もたされる現象が、麻生副総理の言説で問題起きましたね?
「風立ちぬ」の 物語の構想を練りだした時期はいつなのか?1,2年前の事だと思うけど・・・・、、ヒットラーに反対の立場をとって自分の会社を追われた、ドイツ、ユンカース航空機製作創業者、フーゴー、ユンカースのモデルを起用したあらすじになっていますよね?
主役の堀越二郎が、ユンカースの格納庫で揉めている時に、ユンカースが、許可をするという堀越二郎の肩をもつ役に筋はなっているのですが、ユンカースは、ドイツヒットラー労働者党に批判的な態度をとったため、同社を追われることになっている・・・という実在のモデルの背景があるのですね。
宮崎氏は、実在の背景はもちろん分かっていて「風立ちぬ」を構想していたのでしょうけど、大変な引き寄せ<波動>の(高さ)であろうと・・・・・
数日前の 麻生副総理の言説<ナチスの手口に見習う・・・・云々>が、映画公開のすぐ後に 生じました。荒れる憲法改正案の中、ある政治家の言説がまるでタイムリーのように放たれる・・・・という事・・・・・、客観的に見ながら、このシンクロ現象に納得してしまいました。

何に、納得したのか?というと、「時間はやはり存在しない」・・・です。心(思い)は、時間を超越している・・・・という感覚なのですよね。
宮崎氏は無意識?に分かっていたのでしょう・・・・、、、心(魂)はあの戦争中を生きているその時代<離脱>宇宙遊泳しながら、なんらかのメッセージを形にしたくて創造していくのでしょう・・・・サンテクジュぺリの星の王子様の物語も類似の宇宙観感じますが、世界への普遍性をもつ存在の仕方は、この宇宙との一体感が伴うようになっていると思うのですね。

今回の「風立ちぬ」の、キャッチコピー・・・「生きねば・・・」という言葉を再度、ナウシカが、土(下)に向かって最後吐いた 言葉・・・・という鈴木氏が述べた意味

風の谷のナウシカ、、、
3月11日(1984年)公開を、再度引き続き(継続)させよう・・・という存在になっている事・・・・・この言の葉の 時空を越えての響音でしょうね?・・空<くう>世界、永遠に反響し続ける・・・
あの世で生きる・・・この世で生きねばと、同じ事なんでしょう・・・と思います。死者の魂を生かすのは、わたし達かも知れません。死者達の存在を忘れたらいけないという事と、死者達に 守ってもらうという事も同じ事に思います。
そうそう・・十牛図確かに・・・自己を知るのと他者を知るのと、両方極めないと自分も分からないし、他者ももちろんわからない・・・ 自他一体<宇宙>観は難しいのでのでしょうね。
最後に
宮崎氏の作品に影響を与えている堀田義衛の本の中に、「ミッシェル城館の人」があるのです。転記してみます。
「もしわれわれが着実に平静に生きることを知ったとすれば、同じように
  死ぬことをも知るであろう。哲学者はいくらでも、自慢するがよい。《哲
  学者の一生は死の考察である》と。けれども私の考えでは、死はたしかに
  生の末端ではあるが、目的ではない。終局ではあるが、目標ではない。生
  はそれ自身が目的であり、その目指すところでなければならない。生の正
  しい研究とは、生を整え、生を導き、生に堪えることである。この、如何
  に生きるかという普遍的な重要な事項には、いろいろな業務が含まれるが、
  如何に死ぬかという項目もそのひとつである。しかも、われわれの不安が
  死に重みを与えさえしなければ、きわめて些細な項目に属するものである」
        (堀田善衛『ミシェル 城館の人』集英社文庫
                「第三部精神の祝祭」P371より引用)
http://www.youtube.com/watch?v=a3PBiLDXawU
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.08/05 22:42分 
  • [編集]

堀 

いやさかの木さん、いつもお世話になっております。

12月8日と言えば「真珠湾攻撃」によって「大東亜戦争」の始まった日でも有ります、また何かが始まっている?。

堀越二郎  「堀を越して」
堀 辰雄   「ホーリー=聖成る(立つ)男(父)」
堀田善衛  「掘った=深める、追求する」 (大正7年7月7日生まれ)

どうして「堀」繋がりなんでしょうね、「ほり=ホーリー=聖なる=キリスト」なんちゃってごめんなさい、昨年2012年の歌会始のお題が「岸」、「堀を超えて彼岸に」、2012年12月23日マヤの暦が話題になっていましたが、昨年の12月には何か大きな節目を迎えた?、一部の人達が期待した様な事は起きませんでしたが、起きなかった事を通して大きく変わり始めた何かが有る様にも思えるのですが。

三人会わせると「求めよ、さらば与えられん」と言ってる?みたいじゃ有りませんか、鈴木プロデュさーが言っていた「力を尽くしてこれを成せ」も聖書からですよね、「294」繋がり。

飛行機の形って「十字架」みたいですよね、「風立ちぬ」の話から、宇宙旅行を夢見ながらロケットを開発し続け、ミサイルと言う形で戦争と関わった「フォン・ブラウン」と言う技術者を思い出します、さしずめ「ロケット=矢」と言ったところでしょうか、「アインシュタイン」も原子爆弾を作りたい訳ではなかった、奇しくも今日は8月6日ですよ。

「奇麗なものには刺が有る」美しさを求める事からは色々な事が起きてくるものですか。

何故か「零、十、十一」とか、数字って不思議ですよね。

いつも有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.08/06 10:07分 
  • [編集]

泉涌寺来迎院 

5日、皇室ゆかりの泉涌寺来迎院にある杉に落雷があり煙もでたようですが、来迎院の荒神像は「胞衣荒神」(ゆな荒神)ともいわれています。
泉涌寺は月輪山の麓にあり皇室の菩提寺。後堀河天皇から皇室の祈願寺となり、皇子の四条天皇からの月輪陵があります。
第86代、後堀河天皇の命日は8月6日です。

shibuchinさんの堀のコメントで、後堀河天皇の命日が今日だと気づきました。

http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013080501002445.html
  • posted by Link 
  • URL 
  • 2013.08/06 20:26分 
  • [編集]

言霊 

そうなんですよね~、、、わたしも、昨日ひこうき雲のタイトルのコメントしていて、なんだか、「堀続き」だわねぇぇ、、と思っては、いました。

来迎院の落雷はしりませんでしけど、堀河天皇では?と思って調べたんですけどね?・・・ただ、堀田善衛の誕生日の77続きに、シャガールの絵が重なったので、多分、天使でしょう・・・と思い、ミッシェル<ミカエル>城館の人の一部を転記してみました
====================
堀河天皇(ほりかわてんのう、承暦3年7月9日(1079年8月8日) - 嘉承2年7月19日(1107年8月9日))は平安時代後期の第73代天皇(在位:応徳3年11月26日(1087年1月3日) - 嘉承2年7月19日(1107年8月9日))。
======================
そのとき、風立ちぬの 事調べていたら、
日本の友人からメイルがきて、よく分からない事を書いているのですよね。

いきなり、「今日は友達とKITTEに行ってきました。そしたらその友達がちょっと前ここにお遍路さんがきてね、前売り買ってたけど入る前に3時間も並んで大変だったのよと話してきたので驚きました。」

という内容を解読するのですけどね・・・・

どうも、人の思う事というのは、相手も同じ世界と思い込んでメイルをくれるので、まず、わたしが、KITTEという場所を知っていると思ってコミュニケートしてくるらしいので、・・・・・・・・・・
最近、この手のメイルの内容が多いので、頭悩まします・

やっと、しばらく考えて、分かりましたが・・・・・4ヶ月前に、88箇所お遍路の巡礼コースを、そのKITTEという建物内で行っていたらしいのを後で調べて分かりました。学生時代の友人が すごく込んで居て驚いたという内容の話しをした事を思い出しました。

それで、時を待ってメイルをくれたらしいのです。

彼女は、麹町にある平河天満宮のマンションに住んでらっしるし、誕生日は、9月25日<大宰府の例祭日>なのですが、本人はいたって気にしないサバサバした性格なんですよね。、突然思い出したように意味不明のメイルを送ってくるのですが、それは、彼女自身が、ハっと・・・時を越えて、同じ経験積まされている事に気がつくんでしょうね?

「風立ちぬ」の小説を書いた、堀辰雄に 敬愛を捧げる、宮崎氏の思いは、麹町平河町で生まれた、堀辰雄と因果関係あるのでしょうね。縁起が生じるとしたら、空海さんの後押しかも知れません。
今日は、8月6日ですから
広島へ平和の願いを込めて、、、合掌
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.08/06 23:28分 
  • [編集]

掘さん 

宮崎監督の「風立ちぬ」の話題を今年50才になる上司と話していたら
「僕らの世代だと、松田聖子ちゃんの歌か、もしくは『百恵さん・友和さん』の映画なんやけどな~」って言ってました。
最強のゴールデンカップルコンビ共演が“復活”した映画なんだそうです。
調べてみたら制作は堀威夫さん!あのホリプロの創設者でした。
http://wpedia.mobile.goo.ne.jp/i/wiki/%95%97%97%A7%82%BF%82%CA_(1976%94N%82%CC%89f%89%E6)/?guid=ON

  • posted by りつ 
  • URL 
  • 2013.08/07 03:30分 
  • [編集]

火を飛び越えて 

泉涌寺もですが、同日の豊国神社の事象も興味深い。秀吉さんは、お日様のお子さん?選挙の常連、東北の羽柴藤吉郎秀吉さんのお宅は、以前火事になった?

シャガール展、もうじき仙台で開催。ポスターは青かったです。
ゴッホ展の後に、また大物ですね。美術展は見逃してばかりだ…。

平河町が神田にもあるので調べたら、麹町の平河町の一部が火除地となった代替地とか。江戸城挟んで正反対の配置とありますが、当時の移転住民は納得したのかしら。


百恵友和と言えば、赤いシリーズ。三ツ矢歌子さん宇津井健さんを思い出しました。
昭和って、アイドルに名作を演じさせるのが流行りだったのですかね。伊豆の踊り子や潮騒、野菊の墓辺りは定番だったような。
着物がぐっしょり濡れていて、火を飛び越えるシーンしか頭に残っていないのは、テレビでそこばかり流されたからかな。あれがエロチックで甘酸っぱい若者の恋で、それ以上は描かずに済んだ当時は奥ゆかしいものでした。あれでも相当物議を醸したんですよね。

あれ?このご夫妻のご子息の名は?(最近、前にも増して名前が覚えられなくて困ります)


  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.08/07 04:29分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/09 15:42分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.08/16 07:33分 
  • [編集]

やわらぎをもって尊しとなせ。 

出雲参拝へのきっかけ
「オオナムチの夢」
 夏の未明。
 夢の中で私は海岸にいる大きな巨石が「オオナムチ、オオナムチ、と言いながら私に近づくので恐れおののき、目覚める。「オオナムチとは何だろう?」調べてみると「大己貴とは大国主の命」だとわかって仰天。
 霊友会で、天津神の伊勢の遷宮にさいしての、「お白石持ち行事」に選んで頂いているので、伊勢の前に出雲にもいけということだと感じ、急遽参拝させて頂いた。
 出雲は、十月に国や仕事などのすべての縁をぶ会議がある。稲佐の浜に日本全国の産土の神様が集まられる。稲佐の浜へいくと、ななななんと夢で見た、巨大な岩がある。弁天島という。ということはセオリツヒメ。
私は海に向かって、ひつき祝詞、大祓を大音声で奏上させて頂いた。
私はそこではっとした。
 私の役目は、この浜をお清めさせて頂くことだったのだ。近くの方々からうやうやしく頭をさげられ感動をしてしまった。
 大国主の命(みこと)は、天津神にせまられ、国をゆずられた。その心中がしのばれてやまない。いかに悔しかったであろうか。これは、のちの江戸城の無血開城のお手本となりました。いや、争うことなく和を重んじる、日本人の範であり、和を以てことを行うことを日本人が行うべきことを示して頂いたのだと確信できた参拝でありました。
「幸御魂、奇御魂、守り給え、さちはえたまへ」
 

Re: やわらぎをもって尊しとなせ。 

> 海岸にいる大きな巨石が「オオナムチ、オオナムチ、と言いながら私に近づくので恐れおののき、目覚める。

そりゃまったくのオオナムチですね(笑)。

オオナムチといえば巨石信仰です。
九州でも、子持ち石やさざれ石のような奇岩や巨岩の類には、よくオオナムチとスクナヒコナのコンビが祭られています。

有名なのが、兵庫県高砂市の生石神社の石宝殿ですね。
http://www.isinohouden.com/

東日本大震災では大洗港沖に大渦が発生しましたが、
大洗磯前神社のオオナムチとスクナヒコナも海辺の岩です。

>国ゆずりと江戸城の無血開城。
ああ、なるほどそうですね。

「和ぎ」は「なぎ」。
イザナギさまにはそういう働きこそ期待したいところです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.09/26 02:15分 
  • [編集]

ついに遠野にいくことになりました 

諏訪にいって・・
縄文女学院に入学なんてことを言ってましたが・・あれから妙に宗像三女神様とのご縁が深くなりまして
????
今までは・・安曇の志賀海神社やトヨタマヒメ様とのご縁が深いからだろうと思っておりましたが
長野の旅以降 
あまりお呼びがかからなかった宗像三女神さまに!!!呼び出しがかかるかかる・・・宗像大島にも・・またまた いきましたし・・
行って感じたのが
なんだか ものすごく体張って守ってる感満載で
ただならぬものを感じました

もうひとつのキーワードで 諏訪と海馬もでてくるので
さて??どうしたものかと思っておりましたら

でました岩手のキーワード
五葉手・・・・

行かなきゃと思ったとたん
遠野の三女神様のご参拝+座敷わらし
の旅がなんとなくきまり

行きの飛行機がとれずに
まずは塩釜神社にいってから、中尊寺経由で遠野
とりあえず三女神様と母神さまのお社だけはがんばって参拝してきます

どうなることやらです

やはり宗像三女神と遠野の三女神はつながっているのでしょうか

  • posted by saito 
  • URL 
  • 2016.08/10 11:22分 
  • [編集]

Re: ついに遠野にいくことになりました 

> やはり宗像三女神と遠野の三女神はつながっているのでしょうか

僕はそう思いますよ。
竹生島のある琵琶湖の異変も気になりますね。

事象的には、安倍夫人の瀬織津姫と宗像秘書官も、遠野と奥州安倍氏のつながりですね。
ちなみに遠野には安倍屋敷跡もあります。
遠野は妙見ともつながってます。

北斗七星もふくめ、いまの事象の雛型が遠野には隠されてるんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.08/10 21:43分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/303-41322649

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。