神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

富士は夜ひらく


☆中心に火集い、ひらく水

ひふみの火水とは結ぞ、中心の神、表面に世に満つことぞ、
ひらき睦び、中心に火集い(原子炉)、ひらく水(汚染水)。
神の名二つ、カミと神、世に出づ(カグツチ出産とヒルコ出産)。
早く鳴り成り、世、新しき世と、国々の新しき世と栄へ結び、成りひらく来る(伊勢神宮・遷御の儀)。
弥栄に神、世にみちみち、中心にまつろひひらき結ぶぞ。
月出でて月なり、月ひらき弥栄え成り、神世ことごと栄ゆ。
早く道ひらき、月と水のひらく大道(294の道)、月の仕組み、月神と日神二つひらき(太陽のミロクと月のミロク)、地上弥栄みちみち、世の初め悉くの神も世と共に勇みに勇むぞ。
世はことごとに統一し神世の礎極まる時代来る、神世のひみつ(火水)と云う。
                  ~日月(ひふみ)神示より~

☆富士は夜ひらく

新宿の芸能浅間神社には、藤圭子さんの『夢は夜ひらく』の歌碑がある。献花がたえないそうだ。
芸能の神といえばウズメだが、ここは富士の女神コノハナサクヤヒメ。神社の名まえに芸能山城組を思い出し、むしょうに『AKIRA』が聴きたくなって古いカセットテープをあさった。1988年の映画『AKIRA』のサントラが芸能山城組だ。



このテの衝動ってけっこう的を得てたりすンだよね。9月7日、柏(餅)→タンゴのブエノスアイレスで開かれたIOC総会で日本が選ばれ、大友克洋の『AKIRA』は2020年東京オリンピックの予言で話題になる。

『夢は夜ひらく』といえば、もとダンナ前川清さんの『長崎は今日も雨だった』。
藤=富士。ナガサキ=水蛭子(ひるこ)出産だ。
当ブログがカグツチ&ヒルコ事象をはじめて確認したのは、2009年の2月22日。
陸上自衛隊北富士演習場の大火災に降りそそいだ夜の雨が、東京・板橋区路上の自転車かごに置き去られた赤ちゃんの命を消した。水びたしの青いシーツにくるまれ、未明まで泣いていたという。
2月23日は富士山の日。富士に祈りをささげたKさんは、こんなメッセージを耳にしている。
「ふじがみね、すつるみおやの・・・」
もちろん事件のことは知らない。

富士が峰、捨つる御親の...。
御親とは、イザナギとイザナミのことだ。

>しかれどもくみどに興して生める子は水蛭子。この子は葦舟にいれて流し去てき(古事記)。

葦舟で流されたヒルコと、海に流されるフクシマの汚染水はおなじだ。
富士の世界文化遺産登録が決まった6月22日、原子力規制委ははじめて汚染水流出を示唆した。汚染水問題が公的に発生したのはこのとき。

富士の世界遺産登録と汚染水問題が連動したのは、水のつながりである。
戦後、大本の出口王仁三郎はこう語ったという。
「水を汚してはいかんぞ。水を汚すということは神さまのごきかんにかなわん。水が汚れて、水が飲めなくなった時こそ瑞の御霊(みずのみたま)から見離されたときである。瑞の御霊は生命の源であるから、自分はこのことが非常に気になる」

富士は、その「瑞の御霊」の山だ。
火水の山でもある。
伊豆半島は厳(いづ)で陽根。富士は瑞(みず)で御陰(ほと)。火門(ほと)だ。

瑞の霊峰富士は、水のヒルコと共鳴する。
このさき富士がひらくとすれば、それは夜だろう。
そしてその夜はきっと、雨が降っているにちがいない。


☆日と月のAKIRA

アキラは明。日と月。
千葉の麻賀多神社で最初に降りた日月神示(岡本天明の自動書記)は、こんな一節ではじまる。
「二二八八れ十二ほん八れ(富士は晴れたり日本晴れ)」
富士をめぐる「88」と「22」の事象化は、このときすでに示されていたわけ。
09年12月に、豪華客船「ふじ丸」チーフコックの中司さんが和歌山県田辺市沖を航行中に失踪したように、犠牲の「cross22」もまた富士につながる。中司さんは長崎の方だ。

6月22日、富士山が世界文化遺産に登録決定。汚染水流出問題(ヒルコ事象)はじまる。
7月22日、キャサリン妃出産。東京電力が汚染水流出をはじめて認める。
8月22日、藤圭子さん飛び降り自殺。
9月22日、仙台市太白区の乳児死体遺棄で、仙台南署が蛭田(ひるた)舞容疑者を逮捕。蛭子(えびす)舞ならぬ、ヒルコ舞だ。

近ごろまた子捨てがふえてきた。ヒルコ事象もどんどん拡大してくんだろうね...。

『AKIRA』の設定は2019~20年。2020年東京オリンピックをひかえたネオ東京は、アキラが発した巨大な光球によって崩壊する。
アキラを目ざめさせたのは島鉄雄である。「鉄」だ。
アキラは創造神の投影。鉄雄は人類の文明史の投影に思える。
主人公は暴走グループのリーダー金田。金神。鉄雄とは孤児院からの幼なじみ。
メンバーは富士の甲斐に、「黒がみちびく月(羽黒山⇒月山)」の構図の山形。これもスゴい。

「状況はコントロールされています」と五輪プレゼンで安倍首相はいった。
映画やドラマでよく科学者たちがいうお決まりのセリフだ(笑)。
だが父なる文明が積み重ねた鉄カルマの権化であるフクシマが、そう簡単に制御できるとは僕には思えない。あれはまるで島鉄雄。鉄雄は怒れるカグツチとして君臨し、ついには自分をコントロールできずに暴走し巨大化する。その姿は胎児である。異形の胎児ヒルコだ。
鉄雄は真に目ざめたアキラに取りこまれる。
その光球はネオ東京にふたたび大破壊をもたらし、そしてあらたな時代がはじまる。

アキラの二度の光球は、太陽のミロクと月のミロクを予言しているのかもしれない。


☆お・も・て・な・し

このブログはクーパー捜査官のチベット方式を採用している。夢もだいじな情報源だ。
じつは僕、2009~10年にかけて、何度か「おもてなし」の夢を見ている。ブログに書いた「73機目の戦闘機」とおなじメッセージタイプの夢だ。なので、滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」には、ちとフクザツな気分だった。
夢の中で、僕と家族をもてなしてくれた女将は最後にいう。これがおもてなしです、と。すると場面が旅館の庭にかわり、美しい水がこんこんとわいている。そこだけがカラーで、いまでもよくおぼえている。

夢のいう「おもてなし」とは、たぶん神聖な水のこと。生命の源である水のことだ。
滝川さんのプレゼンはともかく、彼女から僕らが発想すべきなのも、滝と水の女神セオリツヒメだと思う。
なぜ汚染水流出に遠野(岩手)のセオリツヒメが反応したのか。あれからなぜ日本各地が記録的豪雨に見舞われたのか。その意味を、もう一度問い直すべきなんだろう。

9月19日、五輪プレゼンの手前もあって、安倍首相は海外メディアを同行させてフクシマを視察した。
その夜、奥州三古関のひとつ「勿来(なこそ)の関」の福島県いわき市で、震度5強が発生する。
「なこそ」は、来るなという意味だ。
震源は、いわき市の遠野町入遠野。
遠野だよ!
このセオリツヒメのおもてなしが、倍返しにならないことを祈る。

説明ははぶくけど、夢から三年もたって、セオリツヒメ事象とのからみでようやく浮かび上がってきた場所がある。
京都市右京区の木嶋坐天照御魂神社。「蚕の社」と呼ばれる。三柱鳥居が有名だ。
三柱鳥居が立つ「元糺(もとただす)の池」は、もともとゆたかな湧水の池だったのが、近年すっかりかれてしまったそうだ。
どうもあの夢は、そのことを云ってる気がしてならない。

原因は宅地造成にあるという。
そりゃ人生は大変でまわりの自然にかまってなんかいられない。目先の利益のためには原発の再稼動が最優先だ。だけど僕らってさ、なんかどっかで根本的にまちがっちゃいないか?
「糺」は、正すということ。これに元がつけば、もとを正す。
セオリツヒメは、大祓えの女神だ。

「もてなす」は、~をもってなす。
神々がなにをもってなすのかはわからない。だがそれを心配する前に気づくべきあたりまえのことがあるってことを、あの夢は教えてくれた。
滝川さんは「おもてなし」についてこう説明した。
「その言葉には、訪れる人を慈しみ、見返りを求めない深い意味があります」と。
おもてなしが日本文化に流れる感謝と慈愛とよろこびの心なら、僕ら日本人はとくに忘れちゃいけないことがあると思う。

僕らのいのちそのものが、水のおもてなしなのだ。

蚕の社

  • [No Tag]

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.10/01 21:15分 
  • [編集]

福島143の山:線量地図完成 社会人山岳会2年がかりで 

福島の143座の山の中で一番線量が高いのは、虎捕山だったそうです。

http://mainichi.jp/select/news/20131001k0000e040195000c.html
  • posted by 五 
  • URL 
  • 2013.10/01 23:05分 
  • [編集]

元に戻れない 

鹿島に日帰りしてきました。本殿が工事中でしたので、お見舞いを申し上げてきました。

東関道で出口を行き過ぎた車がUターンし、死亡事故を起こしました。
競馬でハワイの海の神様の名がついた馬が勝ちました。
海ではまず貨物船同士の衝突事故。
横浜線で踏切事故。動きの取れないお年寄りを助けようとした女性が亡くなりました。先に踏切の停止ボタンを押してほしかった。
南三陸町の庁舎取り壊しのニュース。教訓は活かしても、犠牲は美化しない方がいい。
サンルーフから首を出していたそらちゃん(6)が亡くなったり、四階から四歳の子が落っこちたり。親御さんにも痛い話です。
かと思うと女を便所にし、子を押し付けたまま消える父親も痛い。子殺しや虐待はすべて母親の責任?出産は、合意の結果だけとは限らず。

嫌なニュースばかりではありません。
伊東沖でぶつかった漁船は、大きく損傷しながら自力で港に入りました。カツオを獲ってきたそうです。
亀岡の裁判がありましたがあの事故に比べ、八幡は車が飛んだおかげで背の低い子どもらはしゃがみこみ、ぎりぎり難を逃れたと見ることもできます。
他人の卵子を借りずに出産する道が開けました。

毎日ニュースを眺めていると、山も海も空も道も封じられそうな内容が続きます。
今日、私が驚いたのは、小泉パパが、原発の停止を公の場で発言したとのニュースでした。
ジュニアが復興担当に就いたところで連携を図ったとも読めますが、安倍さんに一矢報いるには純一郎氏は合ってます。
堺市は竹が通りましたね。(結局名前を覚えきらんかった)
竹は水の湧くところに生えると友人から聞きました。いまは竹の繊維を利用した布や紙も出てきて、仮に木材パルプや輸入繊維が途絶えても、どうにかなりそうな気がします。杉を駆逐する勢いで、野放しになった山に竹が蔓延っています。
「野山に入りて竹を取りつつよろづのことに使いけり」の時代は、貧しくとも慎ましく幸せな生活でした。かぐや姫が来るまでは。

山崎豊子さん(88)。「沈まぬ太陽」「白い巨塔」等の作品を遺し、お亡くなりになりました。綺麗にゾロ目で持っていきました。

横綱白鵬も、楽天マーくんも、苦労と辛抱の末、手にした勝利。
「ため息ばっか!」と観客の弱気を祓ったクルム伊達さんにもいいことがありますように。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.10/02 00:49分 
  • [編集]

台風 

いやさかの木さん今日は、このタイミングで台風22号と23号が来ているのは何故でしょうね、東北は丁度収穫の季節、稲刈り真っ盛りですよ。

先頃我が家の「水神様」に御縁が有りましたよ、数年前ぐらい前に倒れていたのでしょうが親父が気がついて二人で立て直してきました、今年は気持ちのいい天気が続いています、我が家の年寄りが元気なのはここの水を度々飲んでいるからでしょうか、消毒無しの天然水です。

同級生が今月初め、観光コンサルティングの事務所を開業しました、「おもてなしを科学する」とか、開業前日に顔を出してみたら留守だったので電話をしてみたら、「今、羽黒山にいる」でした、彼も羽黒山には何か縁がありそうです、事務所は山形市七日町にあるセブンプラザ2階。

認証が「5554」でした、「いいいし、良い意思」だったりして、いつも有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.10/02 09:02分 
  • [編集]

伊勢神宮 

伊勢神宮の式年遷宮、神様の引っ越しである遷宮の中心となる行事「遷御」は今晩なのですね。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2013.10/02 21:25分 
  • [編集]

Re: 伊勢神宮 

はい。内宮ですね。

外宮が5日です。

祭主が天皇陛下の長女黒田清子さんになったのは驚きました。

夏だけでなく、秋も黒田。
黒とab首相の組み合わせ。

8時以降、自分にどんな気持が去来するか注目してました。

いうなれば、静かなる覚悟でしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.10/02 23:37分 
  • [編集]

Re: 

ありがとうございます。
藤の富士は孝霊天皇です。

2009年に桜島と浅間山が連動噴火し、富士山が始動します。
カグツチ&ヒルコ事象は、そのすぐあとですね。

ツインピークス大好きです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.10/03 01:36分 
  • [編集]

Re: 福島143の山:線量地図完成 社会人山岳会2年がかりで 

これ感動ものですね!

ほんと感謝です。
山岳会の方々にも、
そして虎捕山にも。

虎捕山が受け止めたことが証明されましたね。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.10/03 01:42分 
  • [編集]

Re: 元に戻れない 

「小泉」は竜の子太郎ですからね。
復興にはちょうどいいかもしれません。

平成維新は226事件の昭和維新とおなじ。

台風18号に第18栄福丸。
優勝投手のマーくんも「18」。
事象的には一か八か。
十と八で「ホ」。火。穂。
「木」にもなりますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.10/03 02:02分 
  • [編集]

みなさんへ 

10月5日は、いよいよ外宮の遷御の儀です。

ぜひぜひ、原発なんかいらない、核兵器なんかいらない宣言をお願いします!

いまこそ、強い意志を示すときです!

え? どっちでもいい? 必要かどうかよくわからない?

ならば、いらないって言ってくださいな。

豊受大神に、感謝とわが意志を伝えましょう!

体面も失礼もないです。

直訴ですよ直訴。

殿様の御籠に、「おねがいでござりまする」と駆け寄るようなもんですから。

ぜひぜひ。よろしくお願いします!!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.10/03 02:24分 
  • [編集]

遷御の儀 

昨夜TVニュースで安倍首相や秋篠宮さまが参列されたと報じられていました。
他の皇室はどうされたのかなとググッてみると、
天皇陛下は皇居・神嘉殿前で「遥拝の儀」で、
皇后さまは皇居・御所で、皇太子ご夫妻は東宮御所でそれぞれ拝礼されたそうです。

6月初旬に出雲大社参拝した時、本殿正面右手に掲示ありました。
天皇陛下 御下賜金
神饌料 秋篠宮 常陸宮…と宮家が続きます。
皇太子は東宮家ですよね、見当たらなかった…
出雲といい伊勢神宮といい、なんか不思議にも思いました。

認証用キーワード 3699!
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2013.10/03 08:27分 
  • [編集]

うみのくるしみ 

物事には時期があり、斎田に選ばれるのも斎主も一定でなく、ましてどこでも何でもいいというものでもありません。
東宮には東宮の務め、斎主斎院にもそれぞれの役目。私どもが頭で考えるほど祭祀は明解でも単純でもありません。
病や不幸を出したもの、怪我や手術、出産など血を見たものが除かれ、血の道に中るものも外された結果、穢れなきものがお務めを果たす。

今回ご高齢の三笠宮妃から大役を引き継がれた黒田清子さんは、体調を合わせるのにご苦労なさったと思います。情を絶ち、慎ましくお過ごしの陰にご夫君のご辛抱も秘されていること、覚えておかなければと思います。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.10/03 18:19分 
  • [編集]

Re: 遷御の儀 

むかしは、天皇は皇大神宮に御親拝されないのがならわしでしたね。

近代に入ってそのタブーは破られますが、遷御の儀に直接関与することはなかったと思います。
すくなくとも戦後、皇族代表は今上天皇の弟君がつとめられていますので、そういった意味で皇太子の弟秋篠宮が代表をつとめられたのは妥当な線ではないかと。

ただ出雲大社の方はどうなんでしょうね。
皇太子様がないというのは・・・。
まさか88皇太子だからってわけじゃないでしょうし、
調べる価値がありそうですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2013.10/03 20:58分 
  • [編集]

諸々 

京都でひき逃げです。祖父(66才)の孫(8才)が亡くなりました。お名前は紫苑くん。うーん、キリスト教にも関係する名前ですね。

18は十と八で「ホ(ほ=火)」の他に「木」にもなるとのことですが
「核」という字のヘンは「木」ですね。今年は巳年で火だから、その火と、水である亥がチャンチャンバラバラしているのを横でじっと観ているのが「木=18」、そんな気がします。そもそも今年は癸巳だから火と水について何かと考えさせられます。

5日は私も宣言しますよ、核は勘弁してほしい!衣食住、取り分け「食」に関しては日毎朝夕(ひごとあさゆう)に祭事が行われてきてますので。
おもてなし=うらあり、オヤジギャグみたいな事を言う人がいますけど、漢字の裏という字には表という字がすっぽり入ってます。裏の方が字画が多い分やっぱり何がしかの余分(表には無いモノ)が存在するのかしら?
  • posted by りつ 
  • URL 
  • 2013.10/04 03:25分 
  • [編集]

花は花は花は咲く 

 富士吉田市上吉田2丁目の金鳥居市民公園の桜が、季節外れの花を咲かせている。公園の向かいにある金鳥居インフォメーションセンターの新田詔一所長(62)は「富士山の世界遺産登録をお祝いしているのかもしれない」と話している。

 新田さんによると8月末ごろからぽつりぽつりと咲き始め、9月下旬には薄いピンク色の花が10輪ほど咲いた。観光客らにも好評で、写真に撮る人も多いという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00010002-yamanashi-l19
………………………………
我が家近くの藤の花は終わっちゃいましたが、手元に残った写真は8月23日の夜に撮影したものでした。

一昨日(10月2日)までツクツクボウシが鳴いていたし。

昨日届いた従兄からの残暑見舞い、9月30日の消印。

カレンダーを見なきゃ楽しめるのかもしれませんね。
それとも季節の概念や社会通念、常識等一切を忘れるか。

認証パスワード 皆晴れ(3780)
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.10/04 07:42分 
  • [編集]

地球 

なんだか、不思議な事一杯起きますね?

伊勢神宮の遷御の儀の事は知りませんでしたが、
10月5日に、こちらで結婚なさる日本人のお友達の結婚の証人を頼まれて、京都からいらした知人を家にお留めているのですけどね・・・

彼女のお友達の住む場所は何処なの?と聞くと、

サン、ナザレ・・・という話すのだけど・・・

聖ナザレという名前のコミューンがあるらしく、キリストが生まれた土地の名前を 村や町の名前にしているのは、どれほどあるのかしら?と思っていました。、郵便番号聞いたら、33とお答えするし、マ、観音様の数字の村や町に住まわれる日本人が結婚されるらしいのですよね。

マ、色々ありますね?

明日は雨降りだそうだけど、結婚式に雨だと、幸せな夫婦になるという、フランス語の諺でも、付け加えたら?
と、市長立会いの結婚式の証人のスピーチは、どうしたらいいか?聞いてきたので、「雨降って地固まる」・・・でしょう?と、返事しときました。

  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.10/05 00:19分 
  • [編集]

長崎は今日も雨だった 

そういえば、長崎出身の前川清さん。藤圭子さんの元夫でもありますが、いいお名前ですね。
長崎の石畳は、雨に濡れると風情が増すのですね。
紫陽花の季節ではないけれど、金木犀や桔梗、女郎花あたりが見られるのでしょうか。

働いていた頃、帰りによく(それこそR357上で)ザーザー降られたのですが、嫌なことも辛いことも洗い流してくれる天の恵み、御祓の雨と考えていました。
雨って落ち込んだ時ほど、冷たく激しいのですね。
すっかり冷えきって家に辿り着き、玄関を入った途端、体が融けるような感触。お風呂に入ると眠気までやってきて、乾いた布団に潜ってようやく人心地つく。雨に遭えばこそ、有り難く思う瞬間。


覆水は盆には還らなくても、魂は彼岸にやって来る。なんて遊んでもいいのかも。

さて。今日は新月。新たなスタート。
てんびん座の新月は、関係性の見直し、人脈の入れ替えとか。(さっき見ていたヒーラーさんのブログによる)

涙雨という言葉もありますが、肝心な時に降り注ぐ雨を甘露と呼んで尊べるのも、人のわざ。
もし吉日に雨ならば、仏様の出現。不思議な星が現れたならば、救世主の誕生。天地を揺るがす騒ぎがあるなら、丸ごと生まれ変わる瞬間。
すべてラッキーで、仕合わせなこと。
よくなる、よくするために、人は生まれてくるのですから。

  • posted by はな 
  • URL 
  • 2013.10/05 00:59分 
  • [編集]

生まれてくる意味 

「よくなる、よくするために、人は生まれてくるのですから」

わたしも、そう思います。

宿命と運命という単語の 意味のちがいは、あまりよく見えないけど、

命が、宿ると運ぶの違い・・・

宿ると、運ぶ です。

結果が同じ結果にみえても、、宿ると運ぶのちがいは、来世への 違いとして現れるのではないでしょうか・・・と思うのですね。死を終りと考えれば、当然、死を避けるという生き方や手段や存在の仕方を選ぶはずです。

ですから、震災後は、予言もの予知モノに人びとの意識が執着したのでしょう。

アルファベットは、 行き先、デスティナシヨンから
destinéeデスティネ運命、
destin デスタン宿命

行き先と、結果<目的>を、 存在を与えた時の創造者の意図や人間が自由や理性的存在として行う活動が向うべき対象へ向わされる・・・命の永遠性に、創造主の意図が働いていると考える方が、自然に思えます。

ところが、個別的存在の成り行きという観念は感情性(水)が 精神(火)以上に優位に立ってしまうのでしょう。

感情は、ある運命には、決して中立的なものではなく、幸か不幸かであり、成功か失敗かをつくり出すような展開なのでしょうと思います。

ジャン、ヴァールという形而上学概論の言葉を借りると、

宿命と運命は、世界と自然についての諸概念上、相互に親縁関係にありながら対立し、宿命が明るみに出すのは、
出来事、神々、人びとの上位にありそして普遍的なある力が有する不可避的であり、同時にしばしば敵対的な要素であると言われています。

反対に、後者の運命によって意味されることは、わたし達を支配している上位の原理とわたし達との合体の可能性であるとされています。

「こう考えると、わたし達人間の努力は、
「宿命」を「運命」に変えることに、生かされる意味や神秘を解明できると思われます。

その途上に倫理的行動に言及しているさい、自己のみに関心を集中させたままでいると、知らず気がつかないうちに自己中心、自己の価値観のみ中心主義におちいり、無意識の、自民族中心主義、あるいは自己を失ったりする事を避け、絶えず自分以外の他者や周囲とのコミュニケートや共在する努力を怠らないという事は、結局、人、または他者がその運命を実現するのを助ける事になっているのでしょうまたは、具現化する・・日本語の仏教用語で言う、善因善果でしょうと思います。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2013.10/05 05:42分 
  • [編集]

NoTitle 

最近テレビでよく蛭子能収(えびずよしかず)さん見るんですよ。それでこの記事思い出しまして書いた次第です。
あと関連してるか分かりませんが読んでいて気になったこと
日テレのドラマ問題を考える
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6104128
児童養護施設で暮らす子どもの立場への想像力が欠けていた。
新日鉄住金 愛知の工場で火災
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6104042
新日鉄住金(東京)の愛知県東海市にある名古屋製鉄所で17日、火災が発生した。

日テレのはもろに感じるし、火災事故のほうも鉄ですから
今年は東京に注意ですかね?

遠野で思い出すのが、遠野なぎこさん。最近お付き合いしてる人がいてかなり幸せそうですね。

認証用キーワード 1250
  • posted by 詩 
  • URL 
  • 2014.01/19 07:21分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

永田町も都知事選も、ピラミッドアイに見られてますからね。
おっしゃるとおり、これから東京は要注意です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.01/21 22:09分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

遠野ナギこさん、わかれちゃいましたね。う~ん。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.03/01 03:27分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/306-29faf66e

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム