神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ピラミッド・アイ・タブレット(1)


☆安倍・安部・阿部

事象におなじワードがくり返されると、ああ、いま風はこれに吹いてるのだなと思う。シンクロする地名や姓名などのワードは目に見えない事象の風が出すサインだ。もしそれが自分にじかにつながるワードなら、追い風は自分にも吹いている。気をひきしめて、ゆかりの神たちにご守護を願う。事象の風はチャンスだが、ピンチでもある。つまるとこ帆をあやつるのは自分だ。

いまは安倍政権だから、とうぜんアベの風が吹いている。
去年の9月19日、外国の報道陣を引き連れて、安倍首相が福島第一原発を視察。その放射線防護服の左胸に、「安部」晋三内閣総理大臣と誤記されていた。
いかにも汚染水処理を破綻させた東電らしい不手際だと揶揄されたけども、こわいことにミスじゃなかったんだよね。
10月11日、福岡市の安部整形外科医院で火災が発生。院長夫婦をふくむ十名がなくなった。
「十の火」だ。

フクシマでアベがまちがった。
フクシマの(対応を)アベがまちがった。
アベ首相は、状況はコントロールされているといった。
アベ医院は、状況をコントロールできなかった。
フクシマ+安倍 ⇒ 十の火。
あきらかに事象のメッセージだ。

お気づきの方もいるだろう。安部医院の火災は、安倍首相八十八夜のアラブる訪問の流れにある。
トルコ訪問で原発輸出が決まったあと、5月5日にフクシマの将門(奥州相馬氏の祖)が復活。弓立山火災だ。
9月9日にはそのトルコのカッパドキアで、日本人女子大生が惨殺された。彼女のワード「日高見(宮城)の那智」は、結婚前のイザナミをあらわす。つまりイザナギとの再会の前に、イザナミを殺してしまったにひとしい。
9/9に対応する9/19のフクシマ視察のとき、福島県いわき市で震度5強が発生したのはそのためだろう。母なる大地が怒りに震えたのかもしれない。いわきには東北地方の入り口「勿来(なこそ)の関」がある。なこそは、来るなという意味だ。
フクシマ3号機のプルサーマル開始の記念日でもある10月26日の原子力の日には、フクシマ沖でM7.1の東日本大震災のアウターライズ。
そして10月11日の「十の火」に対応する11月10日には、平将門生誕1111年記念の岩井将門まつりがおこなわれた。
この日、北緯36度のミロクラインにある将門の國王神社東方で震度5弱が発生。
復活の5月5日とおなじM5.5。震源は筑波山の東経ラインとミロクラインのクロス地点である。

かつて出口王仁三郎は、筑波山を西の大江山に対応する東の凶党界だと表現した。
平将門と凶党界のクロス。それが「十の火」だということだろうか。
もちろん将門のバックには氷川(ひかわ)神スサノヲがいる。火の洗礼のスサノヲだ。

一方で、筑波山神社にはイザナギとイザナミが祀られる。
ホツマツタヱは二神の新婚の宮が筑波山にあったとする。
たぶん僕らの現状では「十の火」はまぬがれない。でもその「十(クロス)」が、ナギとナミの天の御柱と日月のミロクによる、新時代の国生みの「十」へと転じるんだろう。10月11日と11月10日はさかさまだしね。
いずれにせよこれらの事象の流れはひとつのストーリーを描いている。
これから僕らに起きる将来のヒナ型だと思う。

事象のバックにどんな風が吹いているかは、それぞれの共通項から判断できる。
たとえば安部整形外科医院は福岡市博多区住吉。筑前国一宮・住吉神社の町内にある。黄泉から生還したイザナギのミソギを起源とする最古の住吉社だ。
つまり十の火とは、父なる火のミソギのこと。
安倍政権といえば「294の道」。3月13日に「294の桜」が咲いたのはまさに福岡市。
また会いづ(再会)にいたる国道294号は、「境の明神」の道でもある。境の明神とは、まんま住吉大神だ。
安倍首相がフクシマを視察した9月19日は中秋の名月、しかも満月だった。
月はツクヨミ。じつは月読尊と住吉大神と筑紫(294)とは切っても切れない関係にある。ツクシ(筑紫)はツキスミ(月隅・月住)の転訛ともいう。
つまりアベの風とは、月のミロクへの風なのだ。

ちなみにことしは旧暦朔日の新月ではじまり、月が強調されている。
月の十(ミロク)は十の月。10月8日の皆既月食あたりが気になるポイント。
エクストリームスーパームーンは、8月11日だ。

そういえば前の安倍政権のときの歌会始のお題も「月」だった。2007年である。
2008年のお題は「火」。安倍首相の地元ムカツク半島の油谷には楊貴妃の五輪の墓があって、四川省大地震に反応した。
傾国の美女楊貴妃は、安史の乱を逃れ四川省にむかう途中に殺されている。
楊貴妃と安倍と歌会の月とくれば、百人一首の阿倍仲麻呂。

天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも・・・

三笠の山は奈良市の春日大社のご神体山・春日山だ。遣唐使が出立するとき、航海の無事を祈る祭祀をおこなったという。遣唐留学生の仲麻呂も参加したかもしれない。
2009年7月5日に大阪市此花区で5人がなくなったパチンコ店Crossニコニコ放火事件は、神武軍がナガスネヒコに敗北した孔舎衙坂(くさえのさか)や、奈良市のR369、春日大社と同緯度にある。
例の「cross22」のヨコ。藤原氏R369ラインである。
仲麻呂の、三笠の山にいでし月は、このラインの歌。
「cross22」のタテが太陽のミロクに至ったように。ヨコは月のミロクにつながる。
奈良市のナラは成る。均す。つまり「平成」を意味する。
世界遺産・春日山原始林の深刻なナラ枯れのニュースが気になるとこだよね。

油谷の楊貴妃の墓には、仲麻呂が手引きして日本に逃がしたって伝説がある。
仲麻呂は日本に帰れなかった。故郷に帰れなかった。
ムカツク半島の地震はとてもめずらしい。四川省大地震のあと油谷で震度3を記録したとき、仲麻呂の「帰れない」ってワードがひどく引っかかった。
いま思えばフクシマのことだったのかもしれない。まさかアベJAPANじゃないだろう(汗)。

2012年6月8日、首相官邸で野田首相が大飯原発再稼動の記者会見をやったその日、ムカツク半島油谷の猪が「鉄の道」に岩を落とした。例のムカついたイノシシくんだ。
これが安倍議員の自民党総裁選出馬の予告だったことは過去に述べたが、岩石を落としたわけだし、石原都知事から猪瀬都知事へのバトンタッチの予告でもあったんだろう。
2020東京五輪を勝ち取ったのは、この安倍&猪コンビ。油谷には五輪の墓がある。
その猪瀬都知事がみずから墓穴を掘り、つづいて核のイノシシくんがだれをつれてくるのか、これが大きな問題だ。亥は核の事象的マスコット。「脱原発」が都知事選の争点になってるのは偶然ではない。この国の行くえは、東京都民の選択にかかっている。

月とアベ(アヘ)の深いつながりは5世紀にさかのぼる。
阿閉臣事代(あへのおみことしろ)だ。
当時朝鮮半島にあった任那に派遣された阿閉臣事代は、玄界灘の壱岐で月読尊の神託をうけ、天皇に奏上。壱岐の月読神社の分霊を都に祀ったのが、いまの松尾大社摂社の月読神社である。
アベは、饗(あへ)からきた名まえとされる。つまり、お・も・て・な・し。
アベ氏の支族である高橋氏は、天皇の料理番の内膳司のトップにのぼりつめ、ライバルの安曇氏を失脚させた。いまの原発をめぐる安倍vs小泉の構図の背景には、どうもこれがあるんじゃないかな。
小泉は安曇(あずみ)系の名まえ。小泉元首相の祖父はイレズミ大臣とよばれた。入れ墨といえばもろ安曇目だ。
安曇(阿曇)氏の祖神は、志賀原発、柏崎刈羽、フクシマと、つぎつぎに事故を起こしていった「志賀大神原発ライン」の志賀大明神である。その本拠地であり、2005年の福岡県西方沖地震で大被害をうけた志賀島は、米トリニティ原爆実験の爆心とまったくの同緯度にある。

もうひとつ阿倍比羅夫と阿曇比羅夫ってのもあるよね。
阿倍比羅夫は仲麻呂のお祖父さん。663年に日本が唐・新羅の連合軍と戦った白村江の戦いの二将軍だ。
いまの日本vs中国・韓国の構図は、とうぜんそのリメイク。白村江がミロクラインにあり、ミロクラインが変革のためにさかんに動いていることはいままで述べてきたし、いまも「花燃ゆ」シリーズで書いている。
戦後の中韓の発展にもっとも尽くしてきた国はほかならぬ日本だ。文盲率90%の朝鮮にハングル文字を普及させたのも日本の教育者である。従軍慰安婦は高給取りだった。そういう事実をスっ飛ばしてあらゆる場所、本来政治とは離されるべきいろんなジャンルで日帝の非を打ち鳴らす両国の政治戦略はもはやイカレてるし、逆に日本の右傾化をあおっとるとしか思えんが、まあそれもこれもこの国のミロク的変革のために必要なプロセスなんだろう。

白村江の戦いで阿曇比羅夫は戦死した。
僕は核を手放せば靖国問題は無実化すると思っている。
たぶん細川氏はダメだろうが、「まぼろしのイザナミ景気」なんてまたいわれないよう、小泉氏にはがんばってほしいものだ。
いまの日中韓の白村江的状況で小泉氏の脱原発が戦死すれば、比羅夫から仲麻呂へと吹くアベの風は、「cross22」の月のミロクを実現すべく月読尊と草薙剣くんゆかりの愛媛の伊方原発を再稼動させるだろうし、そうなったら僕らはもうホントに「十の火」に自身を変えてもらうしかなくなってしまう。

1月28日、アクリフーズの農薬混入事件で阿部利樹容疑者が逮捕された。
アベは饗(あへ)。マラチオンの逆おもてなし。
神話では月読尊は食の神である保食(うけもち)神のおもてなしに怒り、斬り殺す。天照大神はこれに激怒。日と月が袂をわかつ原因となった。
記紀神話では月読尊の消息はそのまま途絶えている。ホツマツタヱでは、伊方原発のある伊予愛媛を中心に四国を治めたことになっている。四国に稲荷がないのはタヌキが強いってのもあるけど(笑)、もしかしたら月読尊と保食神の事件に由来するのかもしれない。
ちなみに祓いの風の神イブキドヌシは、伊予でうまれた月読尊の子だ。

僕らに必要なのはイザナギとイザナミの和合だけではない。
太陽のミロクと月のミロクがそろわなければ日月の和解には至らないし、天の日月の神(天之日津久神)にもならない。そのためのキーワードが「核」であり、「食」だ。
イザナギが火のカグツチを斬ったように、ツクヨミは食の保食神(うけもち)を斬った。
『花燃ゆ(3)』で有楽町火災と農薬混入事件をむすびつけようとしたのは、食の事象が父なる火のミソギと同時進行だからなんだよね。
氷川神スサノヲと笥飯(気比)大神。「氷」と「食」で冷凍食品だって書いたのもジョークじゃない。
敦賀の気比大神は、ほかならぬ保食神として祀られている。そこに核燃料サイクルの核心たる「もんじゅ」がつくられたのは、けっして偶然ではない。
しかも福井の敦賀は、次回書くけど大祓詞の「天の益人(ますひと)らが過ちおかしけむ種々の罪ごと」の事象中心でもあるのだ。

『花燃ゆ(3)』の説明をみなさんがどう受けとったかわからないが、容疑者の名が「アベ」って時点で、手品のタネあかしをされたようなもの。逆おもてなしのアベの風は、月のミロクへの風。あまりにデキすぎてて、阿部容疑者逮捕のニュースで思わず笑っちゃったけどね...。


さて、2015年の『花燃ゆ』の舞台であり、安倍首相の地元でもある周防山口の旧藩主は、一文字に三ツ星を家紋とする毛利氏である。オリオン座の三ツ星だ。アベノミクスの三本の矢も、いってみれば三ツ星のこと。
一方、294の道の住吉大神の別名は筒之男三神。こちらもオリオンの三ツ星を神格化したといわれる。

ところで、例のエクアドルのヒトミこと「ピラミッド・アイ・タブレット」にも、オリオンの三ツ星が金の埋め込み細工で描かれている。

ピラミッドアイタブレットブルーピラミッドアイタブレット(底面)

皇道大本の出口王仁三郎は、自分はオリオン座(=拘置所)からきたと語った。
三ツ星を囲む四つの星が、檻オンってことだろうかね。
明智光秀の丹波亀山城跡にたてられた天恩郷の月宮殿は、オリオン座をうつしたものだそうだ。「オリオン⇒月」の構図である。
この月宮殿は、昭和十年12月8日にはじまる第二次大本弾圧事件で帝国政府に破壊され、太平洋戦争のはじまり(12月8日)と焼け野原の終戦のヒナ型となった。
たぶんオリオン座(=拘置所)としての月宮殿は、帝国日本の型として破壊されなければならなかったのだろう。月=シクミの終わり、だからだ。
そう考えると、いまオリオン座のベテルギウスの爆発(=拘置所の破壊)の可能性がやたら話題になってる理由も見えてくる。拘置所とは、僕らがいま囚われている近代の物質的価値観のことでもあるんだろう。

つまり、wake up ! 

王仁三郎はオリオン座からきたスサノヲを演じ、東京大空襲やヒロシマ・ナガサキをへて、最後にお月さんに帰った。
それが出口だ。
アクリフ-ズの「アクリ」の音が「あぐり」を意味するなら、ア(天)の繰り=シクミであり、もうこれ以上子どもはいりません、このシクミはいりませんってときに、親はおわりにしたい子を「あぐり」と名づけた。たとえば元F1レーサー鈴木亜久里さんの亜久里とかね。

月のミロクへの風は、おわりへの風。出口への風だ。
現代に王仁三郎はいないけども、事象がおなじ型を演じている。

王仁三郎がスサノヲを火の洗礼の救世主としたのは、イエス・キリストの水の洗礼に対応したものだ。
これはいま、「トリノ・エジプト展のシクミ」として事象化している。
去年の日本の建国記念の日に、前ローマ法王が突然辞任を発表。その夜、バチカン大聖堂に雷が落ちる衝撃的な出来事があった。今月16日にはリオデジャネイロの巨大なキリスト像に落雷があり、右手を破損している。左は日、右は月だ。
おまけに26日、法王フランシスコがウクライナの平和を祈って子どもたちと放った真っ白な鳩は、翔び立つやいなや衆目の中で真っ黒なカラスに襲われ、地面にたたきつけられた。
「黒」がみちびく月のミロク。
いまチェルノブイリのウクライナで起きてる二者択一は、中身はちがっても日本の都知事選と事象の根っこはいっしょだ。

新法王フランシスコが就任した3月13日は、福岡市に294の桜が咲いた日。その福岡市で「十の火」は示された。
294の桜の事象もとは、瀬織津姫ら祓いの神たちを祀る桜ヶ峯神社だ。
10月5日の伊勢外宮遷御の日、オリオン三ツ星の山口県の美祢(みね)市で、桜塚やっくんが事故死した。美祢市の市章を見ればわかるとおり、美祢は峯のこと。桜と峯で桜ヶ峯だ。
10月3日は内宮の遷御の儀だった。阿部容疑者がマラチオンを混入したのは10月3~7日。そして11日に福岡市の安部整形外科医院で火災が発生する。
遷御の儀のウラで、みごとにアベの風が吹いていたわけ。

294の桜とともに就任した法王フランシスコの名は、アッシジの聖フランシスコからとった。
去年12月28日に新婚旅行の人見さん夫婦が襲われたエクアドル・グアヤキルの現場は、アッシジの聖フランシスコ高校の正門前である。
トリノ・エジプト展のシクミは、母なる水のミソギを実現し、父なる火のミソギを実現するために、いまもなお続いている。

グアヤキルの市旗も三ツ星だ。

125px-Flag_of_Guayaquil_svg.png

グアヤキルの由来は、スペインの征服者と戦った伝説のインディヘナ、グアヤスとキルの夫婦だそうだ。
夫婦ではないが、蝦夷のアテルイとモレ(母禮)を思い出すのは、僕だけだろうか。
『花燃ゆ(3)』で東と西の金杯の結果についてふれた。
東のオーシャンブルーとあたたかいそよ風のいいカンジの組みあわせに対して、西はエキストラエンドとオースミナイン。フクシマの延長戦だと書いた。
先月15日、広島県大竹市の阿多田島沖で自衛艦「おおすみ」が釣り船と衝突。さっそく「オースミ」が出た。しかも阿多田島の阿多と大隅が示すのは隼人族である。
平将門のvs朝廷(藤原氏・源氏)とおなじ、大隅隼人vs朝廷(律令・藤原氏)。もちろん蝦夷もおなじ構図だ。
そして藤原氏といえば、枚岡神社と春日大社をむすぶ「cross22」の藤原氏R369ライン。
水のミソギ⇒太陽のミロクのタテに対する、火のミソギ⇒月のミロクのヨコライン。

ナラ枯れの 春日の山に いでし月かも。

住吉大神もまた、春日の森と関係する。
すべての事象が、ひとつにつながってゆく...。

ちなみに都知事選に立候補した田母神元航空幕僚長は、福島の出身。福島の田母神氏は田村氏の分家で、田村氏はあの征夷大将軍坂上田村麻呂の子孫だそうだ。
アテルイとモレである。


ピラミッド・アイは僕らを注視している。
もちろん三ツ星もだ。
人見さんの起源は、現在の東京都府中市浅間山公園にある。頂上の浅間神社は、藤圭子さんの芸能浅間神社とおなじ、富士の女神だろう。
人見街道は武蔵国総社・大國魂神社への道だ。おわかりだろうか、武蔵の国魂である。東京総鎮守の大国魂である!
ほんとならあたらしい時代のイザナギとイザナミとなるべき新婚夫婦を襲った破壊のエネルギーは、まっすぐ首都東京と富士をにらんでいるのだ。

たしかに原発だけがすべてじゃない。だが事象のターゲットは確実に核だ。
なぜ東京都知事選のテーマが「脱原発」だと思う?
違和感を抱く人も多いかもしれない。だがこのテーマは正しい。
僕らはいままさに二者択一を迫られている。最終試験みたいなものだろう。

ピラミッド・アイは、安倍政権の永田町も、都知事選の行方もじっと見つめている。
都民の方は、ぜひそのことを十分にわきまえた上で、一票を投じてほしい。
この国の未来は、あなたがにぎっています!

  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

アップして頂いた超大作、ありがとうございます。今日は日曜… じっくり拝読させて頂きますね。ここから広がる世界が また、実に興味深いです。

コメント欄の、うららさまの「フランシスコ法王が放った白い平和の鳩が黒カラスに襲撃される画像」にもショックを受けました。

さて、暦は2月。1日に ローザンヌ国際バレエコンクール決勝があり、42回目の今回は17才の男子高校生 二山治雄さんが優勝。日本人男性としては、かつて年最高賞だった熊川哲也さん以来の快挙です。

二山さんは白鳥バレエ学園所属。コンクールの褒賞は、世界の有名バレエ・カンパニーでの一年間の研修です。彼は、米サンフランシスコのバレエ学校を希望しているのだそうです。 
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2014.02/02 09:04分 
  • [編集]

888から1111へ 

2008/8/8の北京五輪開幕の日正午頃、出雲のお社に居た繋がりは888のご縁。
かつて 「1111は、ウェイクアップコール」という記事エントリーしたので名前にリンク貼っておきました。
将門生誕1111年記念祭なんてまさに目覚めろと言わんばかりですね。
今年元旦にカッコーがないてウェイクアップしたのは、いやさかの木さんだけ?

一年前枚岡神社の裏から暗峠を越えて生駒に出て春日大社まで歩きました。
その時に知りましたが、興福寺南側放生池である猿沢池のほとりに采女神社があります。
この池に身を投げた采女は福島出身で橘諸兄が連れて来たそうです。
なんかいろいろ繋がってて、それを知らんかっただけ、というのが実感です。

鎌倉時代初期に書かれた『古事談』によると、
「室生の龍穴に住む善達龍王は、最初は猿沢池にいた。ところが、その池に采女が身を投げたため、死穢をきらって春日山の南にある香山に移ったところ、ここにも死者を捨てるような者がいたため、更に室生の穴に移動した」という。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2014.02/02 11:17分 
  • [編集]

火 

いやさかの木さま

長編ありがとうございました
読み応えがありました

ところで、1月23日(一二三=火水=日月)に告示された東京都知事選挙、細川さんが苦しいと文中にありましたが、熊本=火がどのような動きを見せるのか、非常に楽しみにしているところです。
伊達に、クマモンが「火」を全国にばらまいていないと思っています。
そう思っているときに、スマトラの噴火のニュース。
→インドネシア・スマトラ島のシナブン山(2460メートル)が1日、断続的に噴火し、地元住民らが火砕流に巻き込まれた。噴煙は約2千メートルに達した。

246と来ると、3.11が起きた時間になります
津波の水に呼応するように、火の動きも活発のようです
2月9日を待ちたいと思います
  • posted by じんちゃん 
  • URL 
  • 2014.02/02 19:33分 
  • [編集]

8 

八という数字は地上で生きてるかぎり、ズートついて回るでしょうね?
6<六>ダヴィデの星、六角形、六芒星は、精神世界でしょうか?意味や原因や理由という存在している意味に 6を含むのかも知れないです。

8月8日は、聖人ドミニクの祝日に中っていますし、

ドミニク.dominiqueという名前の音素は(dimanche)日曜日という意味ふくんでいますから
週のはじまり・・・日曜は、休日、ミサ<神域>という繫がりなのでしょう。

8848メートルエヴェレスト人間による初登場、ニュージーランドの、エドモンド、ヒラリーと、シェルパの テンジン,ノルゲイの二人です。1953年。

エドモンド、ヒラリーの職業は、養蜂家でしたし、命日は、1月11日、88歳没です。チベットシェルパの、テンジン、ノルゲイに関しては、登頂日、5月29日を、自分の誕生日としたらしいけど、これは、未来に稼動しますね。通時態というのは、実際がどうだった・・・という物理的な証拠の検証という(停止)死んだ時間にあるのではなく、意味を含む、そのようにモノ事が未来に向い動くという、動的な心の内観・・・今生きてる・・・という意味で繋いでいくはずですから・・・言い換えると霊界が背中を押すという存在であるという事です。

それに、テンジン、ノルゲイは
1963年に外務省の招聘により来日しこの時は、自分の名の音が日本語の「天神」と同じだと聞いて喜んだという逸話があるそうです。
1964年2月2日に日本山岳会の招きで来日したことがある。
ここでも、ノルゲイは、幸運という意味ですから、 天神<テンジン>= 幸運な牛が、エヴェレスト初登頂したのでしょう。




  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2014.02/03 02:34分 
  • [編集]

NoTitle 

読み応えのある記事のアップありがとうございます。
アマゾンで本を買って過去を読むより、
こちらの今を読むのが楽しみになりました。

おかげさまで私の 「沼」はまだ続いていますが
書いていただいたように 水に召される。。。
納得しました。  昨日は 鷺沼に行き
女性性は子宮にあり。 という物質的
確認をすることができました。

余談ですが、私は横須賀で高校を卒業したの
で、こいずみさんに何となく親近感をいなめません。
 横須賀には戦艦三笠、 商店街は
三笠通り(たぶん)三笠が浮かんでいます。
そして 就職したての頃の上司の名前が
あべ○臣 さんという方で(あべさんが自分の
班に私を選んだ。)、あべさんとも
であっているし、今ご近所にもお付き合いのある
あべさんがいて
それぞれ漢字がちがっている。 
自分に風がふいているのかしら。。^^
  • posted by 紅実子 
  • URL 
  • 2014.02/03 09:55分 
  • [編集]

でん六豆 

いやさかの木さんこんにちは

小さい頃から食べていた「でん六豆」、節分になると鬼の面とセットで売っています。

「でんろくまめ=伝六真目」、数字の6、真実の目、どちらにも繋がっていましたよ、駄洒落はふしぎです。

赤塚不二夫さんもびっくりですよ。

6は炭素
7は窒素
8は酸素
生物には欠かせない元素ですね。

いつも有難うございます。

  • posted by Shibuchin 
  • URL 
  • 2014.02/03 20:50分 
  • [編集]

詩 

三笠の山から三笠宮家を連想したので最近の出来事を
一部抜粋して載せます
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20140103k0000m040017000c.html
今年、99歳の白寿を迎える三笠宮さまと妻百合子さま(90)も一緒に元気な姿を見せた。
ウイキより補足
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%AC%A0%E5%AE%AE%E5%B4%87%E4%BB%81%E8%A6%AA%E7%8E%8B
現在存命中の皇族の中では最年長者であり、「三笠長老」の敬称を奉られることもある。「三笠宮」の宮号[1]は、1935年(昭和10年)12月2日に崇仁親王が成年式を行った際に賜ったもので、奈良市の三笠山にちなんで命名された。
2014年(平成26年)現在、今上天皇のおじ・おば、すなわち昭和天皇・香淳皇后の兄弟姉妹の中で存命しているのは三笠宮のみである。

昨年は心臓手術をされたようですが無事でした
http://www.asahi.com/articles/TKY201311130022.html

もうひとつ 
三笠宮家といえばひげの殿下こと 寛仁親王殿下です。薨去(こうきょ)されたのは 、2012年(平成24年)6月6日
15時35分、多臓器不全で薨去。66歳没
薨去時の皇位継承順位は第6位だった。
過去記事と重複すると思いますが、6がたくさんならんでおります
寛仁親王殿下66、三笠宮崇仁親王は今年99。

寛仁親王殿下の第1女子-彬子女王<あきこ>
http://www.asahi.com/articles/ASG217347G21UTIL01T.html
宮内庁は1日、三笠宮家の彬子さま(32)が同日午後、京都市内の病院に入院したと発表した。38度台の発熱があり、大事を取ったという。彬子さまは京都市の慈照寺研修道場に勤務し、東京と京都を行き来している。
昨年12月には、天皇、皇后両陛下を東京・羽田空港で出迎えた際に倒れて病院に入院した。
この時、第2女子-瑶子女王<ようこ>さまも胃腸炎の疑いで、同じ日に入院していました。
瑶子女王は男子がいない三笠宮家が、現行皇室典範上においては、信子妃の薨去および子の彬子女王・瑶子女王の薨去、または婚姻による皇籍離脱をもって宮家が断絶することになるので存続をさせようとがんばっていらっしゃるようです。

三笠宮崇仁親王は自分の子供が先に薨去して御辛かっただろうと誰しも想うことでしょう。
天皇家で一番長生きしていること そして、
崇仁親王妃百合子さまもご一緒だというところに少なからず感動しました。この時にこうしていることは意味があるんでしょうね。

天皇家のお印
お印(おしるし)は、日本の皇族が身の回りの品などに用いる徽章・シンボルマーク。御印章とも。

三笠宮家
三笠宮崇仁親王:若杉
崇仁親王妃百合子:桐
甯子内親王:楠
(三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第一女子元天皇家)
容子内親王:楓
(三笠宮崇仁親王と同妃百合子の第二女子元天皇家)

寬仁親王家
寬仁親王:柏
寬仁親王妃信子:花桃
彬子女王:雪
瑶子女王:星

桂宮家
桂宮宜仁親王:桂

高円宮家
高円宮憲仁親王:柊
憲仁親王妃久子:扇
承子女王:萩
典子女王:蘭
絢子女王:葛

長文で割愛できずすいませんでした。私事でありますが、
風邪を引きまして、そんなときに三笠宮と頭に浮かんでしまいこの文を打ったわけです。ちょっと静養してきます。認証用キーワード 4476
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2014.02/04 05:35分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.02/04 23:35分 
  • [編集]

Reはじめまして 

もちろん失礼なんてことはありませんよ。
風には善悪はありません。帆をあやつるのは自分です。
顔向けできない方にあやつってるならともかく、そうでなければなにも臆することはないです。
本殿のまうしろに、スサノヲさまのお社がありますよね。
スサノヲ⇒月のミロクです。
それが今回のシクミの出口。
お参りされることに意味があるんじゃないでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.02/05 00:35分 
  • [編集]

ゴースト 

佐村河内 守さんのゴースト騒動で、元から曲も聞いてないし実害があるわけでもないので私は、へー なんですが。ご出身が広島県五日市、ご両親が被爆されてて、出身高校が崇徳高校…なぬ?ストク?と思ったら、読みは違うのですね。
まあ何にせよ、発売元のコロンビアさんや、これから行われるコンサートやら、ひとまずお見舞い申し上げます。
でも、なんで夜中に発表するの?

作曲者がどうであれ、曲の評価が下げられることがありませんように。
(『一杯のかけそば』も作品自体は良かったのに…)
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.02/05 14:48分 
  • [編集]

嘘を吐くつもりも騙すつもりでもなかったのでしょうけれど 

ちょっとした間違いや確認ミスから、誤ったイメージが膨らんで勝手に暴走してしまうことってありますね。
一連の騒動はまだ続きそうですが、南アフリカのマンデラさんの追悼式の、偽手話通訳者さんが終始にこやかだったのを思い出していました。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.02/06 08:25分 
  • [編集]

最終試験くじら 

最終試験ということばでケネディ大使の捕鯨反対がつながってしまった……。

正月に従兄弟の嫁さんが暖房を27度にしているとかいうのを聞いて、やっぱりもう一発は避けられないんじゃないかと思いました。



  • posted by AutumnSnow 
  • URL 
  • 2014.02/06 22:53分 
  • [編集]

NoTitle 

いやさかの木さま

コメントありがとうございます。ほっとしました。
ありがたく行ってまいります。

ここまでのお導きに感謝し、弥栄をお祈りしたいとおもいます。











  • posted by アベ 
  • URL 
  • 2014.02/07 22:15分 
  • [編集]

ゴーストとシンフォニー 

佐村河内 守氏の事は、なんだか世間の目を 肝心な見え難い場所から・・何処かに、世間や大衆や俗世間の 意識を他に向けよう、、、向けようと・・・・
している何かの 力が動いているように思えてしまうんですが・・・・・

色眼鏡的、何か俗世間で好事的な判断の目を わざと、向けさせる・・・・・本当の事は本当の目(心)を持っている人にしか見えないようにしているような、何か大きな意味があるような感じがするのだけど・・・

表面の世界では、ゴーストライターの作曲だった・・・・世間のメディアを失望させるように仕向けられているというか・・・コントロールされている世界に見えますけど・・・

なにか、 非常に不自然ですよねぇぇ、この時期に、この現象は・・・

HIROSHIMA という、交響曲SYMPHONIE第一ですか?

シンフォニーですよね?問題なのは

何故?

HIROSHIMAなんでしょうか?

しかも、この2014年の2月になって、問題があがる?この時期に・・・・???

なんだか、戦争時代のエレメントが、文化面、映画や小説、
音楽分野にも・・・・・色々出てきた・・とおもったら、又なんですね?

どういう意味なんでしょうかね?
でも、メディアが、過激に呼応している場面みましたが、本当に形而上世界で動いていこうとする意味の面は違いますね?

シンクロ、シンクロと、カタカナ音素は、 SYMPHONIEシンフォニーの=SYN(ギリシャ語の接頭辞)ですから、

シンパになるとか、、、
元々の意味SYNは、共生とか共にという 音の意味です。

政治家へのバッシングも、人間への 尊厳や品格が欠けているのか
大人達は、こうやって、悪い人を徹底的に締め上げて、人としての尊厳も何もかも貶めてやっつけるんだよ~」と、子供達に伝えている。・・・・・みたいな、様相が浮き上がるように、ますます お膳立てされていくように、見えるのですよね。

「いや、子供と言わず、大人に対しても、「人にちょっとでも落ち度があったら、こうやっていじめ抜いて、身も心もズタボロにしていいんだよ~」と、伝えている。

そうやって、世の中に蔓延るいじめは、次なるステージへと進む。
いつから日本はこんな卑しい姿になったのか。
情けなくて見ていられない。」

と、あるヒーラーさんが書かれていた世の中の マスメディアから、流れる 画面についての感想です。

この 品格って、人間社会では大事でしょうと思います。

品格は、仏語では、TON トンと言う単語です。

トーンが高いとか低いという音調を現すだけでなく、

品格がある・・・文体の格調や、人への気配りの高さ、
礼儀や礼節を形の上だけの行為だけというような、心が伴わない見え透いた浅ましいといった、慇懃な態度ではなく、自然に身についている、もともとの、自然の振る舞いであるというような時に、トーンを TONが高い人と言いますし、音に関しても使う言葉なんですよね。

しかし、ヒロシマ生まれだから、ヒロシマというタイトルにした交響曲というのは、分りますが、
形而上世界では、
何故?ヒロシマ生まれの人間が、生まれ、原爆という体験された両親の子どもが、ヒロシマという交響曲を作るという話が2014年に表象するのか?

という意味だと思うのです。聴覚障害、ゴースト云々は、
その時代に一緒に生きてる人達とのシンパ感情、 情動運動が靡いているだけだと思うので、観なければいけない事とは違うと思うのです。
  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2014.02/08 00:47分 
  • [編集]

蝦夷地もか。 

カッコーだけじゃなく人間界も托卵騒動(DNA鑑定)で騒がしかったですが、私の個人事象はこちらの記事とシンクロ気味です。

正月休み返上の代わりに3月に休みが取れることになりまして「オホーツクに流氷見に行きたいな~」と検索したら“オリオンツアー”が出てきました。でも関西から知床方面は遠くて旅程が組めないので諦めたんですが。「ちぇ、オリオンって見せたかっただけ?」
気を取り直して、アイヌ文様が好きなワタクシは大雪山から白老のアイヌコタン&登別の知里幸恵銀のしずく記念館を目指すことにしたのですが・・・何か・・・羊蹄山気になるやんか、と。行っても雪で登れないので見るだけなんですけど。JRひらふ駅・・・あ、阿部比羅夫か。結局、札幌の藻岩山~大雪山~羊蹄山と巡るルートを組みました。

しかし安倍三って過去の外交政策(戦争)の記憶を一気に呼び起こしてますよね。中東、中国、朝鮮半島、ロシア、蝦夷地。だから今安倍三なのか~。
要するに彼は踊っているのです。オセロゲームをやっている。正になるか逆になるか、表になるか裏返るか、彼を指南するブレーンの意図および、国民の総意が糸の繰り具合に影響するのは必然です。
変な具合に糸を引けばマラチオン事件や戦争の方に引っ張られる。彼が呼び起こした過去の紛争の記憶もろとも浄化していく必要がある。相似形の状況になることは十分予想されますが、その時に過去と違う新たな方法で乗り越える道を探ること。

あとは・・・先日の大雪の日、ウチの家人が新幹線みずほに乗車中、相生と姫路の間で線路に竹が倒れてきて緊急停車。架線作業が済むまで停電をくらって70分遅れで九州に着いたと・・・これも象徴ワード満載な話ですね。

思いがけず北海道に行くことになったということは私もアベの風を受ける帆船上で踊る木偶なのでしょう。個人事象の報告で失礼いたしました。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2014.02/12 11:22分 
  • [編集]

ソチオリンピックの 意味<存在> 

家のベランダに出ると 近所の公立中学校の グランドが見えるのです。
グランドで体育の授業をしている 中学生たちが見える・・・・・
子供から大人へ、第二次成長期に入る時期の 子供大人達の 歓声の声が聞こえてきてたのしい。わたしも、しばらく その歓声が聞こえてくるグランドを眺めている。
短距離走、ベースボール、サッカー子供達が四方八方に駆け回る・・疲れた子供は芝生にすわってその様子を見ている。それを心配して、仲のよさそうな仲間一人が近寄って、話しかけている・・・また、その子はグランドの歓声の方へと、クラスの仲間にかけよってゆく・・・そのような様子を 見てると昔がよみがえってくる。

ある時、ハタ!と、気がついた。
彼ら・・・いや体育の授業はいつも、男女一緒なのだ。しかも体操着というものを 着用してない・・・普通の格好といっても制服がないからほとんど、Gパン姿の男女がほとんどだった。
それはいいけど、男女一緒の授業というのに気がつかされた。
その時、うちの子供達に 聞いた事があった・・・「ねぇぇ、、体育の授業って、男女一緒なの?」というわたしの質問は、子供達にしてみれば、「何?ママは、何いいたいの?」という突飛な質問であったらしく「数学の授業も社会の授業もいつも一緒・・・何いってんの?」という感じだった。もちろん、こちらはその事を述べたいのではなく、オリンピック的に、男女の種目は違うよね?男女の記録の数字違うよね?通信簿の数字とか男女ちがうよね?・・・という次元での質問なのですが、子供達にとっては、「ナニ?ママはいってんの?」という次元にいるらしかった。こちらの質問の意図がわからん!という次元にいる人達と、、日常生活がいつも 一緒というのは、実にたのしい。自分自身の 考えが帰属している底辺を覆される・・・という経験させられる。つまり、それは、善だとか、それは悪だとかの 判断物差し以前の 世界が確かに世界には存在するという事なのでしょう。
つまり、「体育ってナニ?人間がするスポーツとか運動でしょ?」という理解の仕方らしい。
しかも、体育という日本語には訳せない教科のめいめいになっている。Education .<culture>physique エデュカシヨン、カルチャー フィジックという名まえが何故か?体育という 教科に翻訳されているけど、直訳すると、教育文化物質(身体)の科目という意味が、日本語になると、体育に翻訳されるという途上になっているらしい・・・・
日本語を習う学校で、日本語という教科の呼び方ではなくその国の文部省管理下に組みこまされると 国語という 教科の呼び方に変化?させる、多国ではそのような呼び方をしないような言語のしくみに気がつかされるという世界観をもたされる言語構造の違いが分かる・・・という事に似ている。
そういえば、ソチのオリンピックの開会式の 選手の 入場を見ていて、、、、昔のオリンピックの 入場はこういう場ではなくて、もっと 選手は、行進みたいに 列になって歩いて入ってきた・・・・・・
ところが、ソチオリンピックだけでないけど、4年ごとに行なわれる各国の 選手の入場は、昔、入場行進という言葉があったと思うけど、死語になりつつある、行進はちがう入場存在なんでしょう、入場してくる 選手たち<日本人選手も同じでした>は、デジカメを持って、観客やその場を写している選手たちが入場してくる。デジカメならあまり目立たないのだけど、タブレット持って、入場してくる選手も 沢山いて、タブレットを、こちらのカメラに向けて 写真を撮りながら入場し、リラックスしている選手も沢山いました。オリンピックの存在・・・昔のあの入場行進に見られる、乱れない団体行進は 、失われるのでしょうね。
管理される社会という体質から、管理されない姿へと ・・・・まるで、昔読んだ、ミッシェルフーコーの、社会全体の人間管理の集約的表現、人間が残酷に統治されていく事への精神や心理的面の影響の本の流れと、オリンピックの入場行進の形から、自由に表現する存在へと・・・変遷というか変容の途上が絵巻のように 次々とエレメントを暗示しながら、目の前の テレビの画面は見させてくれる。
男女という性差に 意識を否応無しに 気がつかせ、異性は自分と違う・・・という違いにFIX執着させる?
これでは、たしかに 異性という存在を最初から 自分に備わっていない、足りない存在であると、社会の精神構造の造りが、強調<性差の点を煽る?煽られる?>されてしまえば、・・・・異性はいつまでも他者の存在として、理解できない存在であろうとおもう。異性との合体ばかりに意識を向かせる?それが繁栄という意識に安易にむすびついてしまう・・という事は、生産<再生>=繫栄という図式に固執<目的>になると、男女の心理的な結びつきや関係性に、意識がいかないと思うのですね。人間はモノではなく、人間は子造りばかりの目的だけに存在しているという考え方優先すると、わたしは、何故?この人と、知り合い この人と家族を営むのか?という わたしの存在性が希薄になってしまう。つまり、再生=子どもという対象目的では、相手は異性なら誰でも代用が出来る・・・という存在論の意味がなくなってしまうと思うのですね。
西洋の 存在論もそうですし、精神世界も同じでしょう、自分という存在を大切にすることを唱えていると思います。
こ辺の理解がどうも曖昧になっている気がするのですよね。
肉体の違いに意識を向けられるのではなく、やはり人間の宿る世界として男女が存在してきた・・・という順序において進化してきたのではないか?異性が存在しなければ自分が今この世に存在してこなかった・・・という考えは・・・人間存在の意味に価値をもつようになるのではないか?とおもう。、男女の性差ばかりを、意識させるような世界つくりだと、どうしても、身体の箇所(部分や)派生的な箇所や違いばかりに意識を引かれてしまうのではないか?と思う。むしろ、その人の全体的な存在の仕方、総体的な動き、流れ、存在の仕方に、その時その場に存在している意味と、なんとなく、その人の回りは明るく照らされている・・・という世界が観えるようになるのではないか?と思う。それを、普遍性のある・・・存在の仕方と 述べるのではないか?と思う。どちらにしても、未来に普遍化できるというのは、世界<宇宙>との 響音する存在の仕方だと思うのですね。
自分という存在を認識するには、とにかく周りの 人との違いを見つける事でしか、自分の存在を自覚出来ないという認識の仕方だと、存在論的に、個の存在が大事な存在であるという考えには行き着き難いと思う。自分が存在するのは、人との違い<差>たとえば、肌の色、髪の毛の色、そのような物質的な違いを見つける事で自分を認識するだけではなく、その違いに 優劣感という自己判断のなんらかのものさしを 導引すれば、宇宙の絶対真理とか宇宙を存在させている、真善美の概念から、自分自身がこぼれ落ちてしまうのではないか?と思う。それは、多分自分の周りにいる人達やメディアの反応、または 本や過去に存在する聖人人達の 書物ら・・・又はこのようなブログのコメント交換する他者達によってではなく、宇宙と自分という関係が 個々の 自立の関係を存在させていくという能動態の関係には、他者の判断などよりつかない<わかりようもない>という、聖域がやはりあるのでしょう・・・とおもいます。体育を文化と、理解するアルファベット圏語の考えは、文化 カルチャーという単語から派生するのですが、カルチャーCultureという単語は、本来の意味は、agricultureアグリカルチャー農業という意味から、カルチャー<文化>という単語が独立してしまっているとうという事なんですよね。
カルチャーの語源は、土地を耕す CULTIVERキュルティべという動詞がありますし、宗教の意味合い、CULTEキュルトゥ<日本語音素のカルト>も、本来の意味は土を耕す、文化、同じ語源ですね。日本語のカルトという音素の 使い方は、よい意味の使い方ではありませんが、本来のカタカナ音素 CULTEという単語で、新聞に載っている場合は、地元にある 教会の 礼拝やミサの時間を知らせる時に、CULTE<キュルテゥ>という単語で コミュニケートしているでしょうと、おもうのですね。音は本来どのような意味を含めた音素として言葉が想起されてきたのでしょうか?という意味を理解していると、言葉の意味使いが 時代によって変わってしまっても、オリジナルの音素の意味を理解できていれば、時代の価値観の変容に影響されなく、ちゃんと何処の国の人達とも心のコミュニケートは通じているのだと思うのですよね。それは外国語を習う、習わないという 物理的な記号の解釈、表面的な音素の解釈、皮相なオートマティズムによる知識を積み重ねるという価値観が根こそぎ崩れだしてきているのではないか?とおもうのです。脱原発だけの問題だけではないでしょうと感じも受けます。土地を耕す・・・という行為、農業という意味は、体育にも 文化にもつうじていくという事・・・オリンピックを行なうという行為になる 農業agriculture アグリカルチャーの 重要な意味なのだと想います。土地・・・土・・・を汚したら人間は生きられない・・・その途上に原発問題があるのでしょう、原発問題だけに意識を執着したり、意識を向ける対象に原発問題のみ・・・という思考世界に流れていく力と、対象的に 今まで旧体制保存型の世界構造と ぶつかっている三次元世界に観えるけど、そこはなんだか、違うのではないか?というかんじなんですけどね・・・

自分の中に存在しない他者は、恐怖や不安の存在となって、侵略してくる他者という考え方では、いつまでも、他者排除みたいな言説になってしまいますし、とくに神道ブログに関しては、そのように 見られやすいという社会の 観方や判断しがちなのは、充分にお分かりであるでしょう。自分達の心の居心地の悪さも結局そのような社会の質や体制の質を感じない方はいないと思います。それではどうしたらいいのか?という・・・・考え方、切り替えを必要としているんじゃないでしょうか?

他者がわからなかったら、徹底して、他者の理解や他者の言語や考え方を徹底的に勉強し、他者と徹底的に意見交換しないと 自分の中の他者を理解するのはむずかしいと思うのですね。他者と真正面から対面するという姿勢は、なにも他者と対峙世界を築くのとはちがいますから・・・その上で、自分自身の自分の声を聞いてみる・・・・存在させてる意味でしょう・・・・と思うのです。


  • posted by 千春 
  • URL 
  • 2014.03/10 20:11分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/317-ecb87657

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。