神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

なぜAKB48は襲われたか(2)


5月17日午前0時すぎ、八甲田山麓にある別荘の固定電話からなぞの119番通報があった。ザーっという雑音で通信状態がわるく、青森消防本部は発信場所を特定して署員10名を急行させたが、辺りはまっ暗で別荘は無人だったという。
現場は明治35年1月23日に訓練が開始された八甲田雪中行軍の遭難事件があった地区。映画『八甲田山』で有名になった。死者199名、生存わずか11名の史上最悪の山岳遭難事故だ。最後の遺体が収容されたのは5月の下旬だった。

怪電話の主がだれかはテレ東のおしかけスピリチュアルにでも聞いていただくとして(笑)、事象を追う身としては「ああ、はじまったな」というのが率直な感想だ。ほかでもない。青森県津軽岩木山の「艮(うしとら)のオオナムチ」である。
おなじ日、覚醒剤取締法違反の疑いでASKA逮捕。全国のファンに衝撃が走る。
僕の背筋に走ったのは艮のオオナムチ覚醒の悪寒だった。

ASKAを逮捕したのは湾岸署である。
事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!
湾岸+覚醒の現場といえば、東日本大震災のとき茨城・大洗港で発生したあの巨大渦潮を思い出す。大洗磯前神社のオオナムチの覚醒だった。
大洗=大祓のオオナムチだ。

2011.3.11大洗の渦潮 2011.3.11茨城・大洗港

母なる水のミソギで覚醒した大祓のオオナムチは、父なる火のミソギのはじまりを意味した。
相棒のスクナヒコナ(少名彦名命)は医術や薬剤の神。覚醒とクスリ・・・。
大洗町といえばいまやアニメ『ガールズ&パンツァー』が町の救世主だけど、856年に海中の光となって大洗の地に降臨した二神はこう託宣している。
「昔この国を造り終えて東海に去りぬ。いま民を救わんがためまた帰り来たれり」と。写真の渦潮にもおなじメッセージがこめられているのだろう。

救済とは変革である。変革は既成の破壊だ。オオナムチの大洗降臨から5年後、スサノヲを祀る武徳神社に直方隕石が落下(世界最古の目撃記録隕石)。その3年後に富士山と阿蘇山があいついで大噴火。降臨から13年後の貞観11年には貞観地震で巨大津波が発生している。ご存じのとおり東日本大震災と同タイプの大地震だ。さらには推定震度7の相模武蔵地震。東海~南海連動型と考えられる仁和地震。etc.
もちろんせわしない現代の事象はもっとサイクルが短い・・・。

この貞観地震がそもそもの起源ともされるのが、牛頭天王の祇園祭だ。
ことし150年ぶりに大船鉾が復活し、49年ぶりに後祭がおこなわれる。
あとの祭り」の語源である。
怨霊封じの御霊会が、祇園祭の祖型に変化したのは貞観11年。立てられた66本の鉾は当時の国の数で、都のみならず全国規模の除災信仰システムが誕生したことを物語る。いわば救世主牛頭天王の誕生である。
時は平安。清和天皇の時代。菅元首相のご先祖菅原道真公が生きていた時代。
おもしろいことに、この千年に一度の大変動期には、のちに貴族社会を根こそぎ変革する新しい渦も生まれている。
清和源氏である。

祇園精舎の鐘の声・・・。
清和源氏は今回のシクミにもかんでいる。源頼朝らを輩出した666=多田庄(川西市)の河内源氏の事象ユニットである。もっとも、派手に事象起こしてんのは反河内源氏の方なんだろうけどね。
源経基がらみの平将門と武蔵国造家をはじめ、満仲が退治した九頭大蛇に、頼光の酒呑童子。津軽十三湊に伝説を残す義経。頼朝が滅ぼした奥州藤原氏・・・。

鎌倉の鶴岡八幡宮は、朝廷の命で奥州安倍氏を征討した源頼義が戦勝感謝に創建したもの。境内の大銀杏は三代将軍源実朝暗殺の隠れ銀杏で、2010年3月10日にとつぜん倒壊している。
東日本大震災が発生したのは、その再生祈願祭の翌日だった。
平将門の原発フクイチの大爆発。奥州藤原氏の平泉の世界文化遺産決定。翌年には頼義に討たれた奥州安倍氏までが復活をとげる。いまの安倍内閣がそうだ。
民主党の藤原時平こと野田政権が、大河ドラマ『平清盛』の第49回「双六が終わるとき」で終わったのもじつに印象的だった。放送は大敗した衆議院選挙の日。平家物語の「祇園精舎の鐘の声」をまんま演じさせられたようなものだ。
そして笹(竹+世)紋の源氏の武家政権のかわりに、「竹(武)の世」の安倍政権がはじまる・・・。

奥州安倍氏はニギハヤヒの腹心ナガスネヒコの一族の末裔である。神武天皇の軍に討たれたあと、日高見に逃れたとも津軽に逃れたともいう。日高見と津軽は蝦夷の二大拠点だ。これだいじ。
奥州安倍氏は日高見蝦夷の俘囚長だった。大和朝廷に服従した蝦夷(俘囚)には食糧供与、無税などの特権があたえられ、それを利用して拡大した勢力のひとつ。原発で懐を肥やしたどこぞの市長や町長にちと似ている(笑)。

3月11日は神武天皇の命日である。日高見を中心として神武の命日に発生した大震災が、結果的にナガスネヒコゆかりの奥州安倍氏の政権を誕生させたわけ。神武vsニギハヤヒ、大和vs蝦夷、源氏vs奥州というこの国の歴史を象徴する東vs西のカルマがたっぷり乗った政権だ。
僕は文章力がないのでピンとこないかもしれないが、世界のクロサワも真っ青の驚異的な演出である!

変革の風はいま、日高見と津軽から吹いている。
2013年1月に本格始動した安倍政権は、母なる日高見の和合の風を確実に受けていた。ソチ五輪で羽生選手に金メダルをもたらしたあの風だ。
シクミの「双六(すごろく)の終わり」に誕生した「13=1」の再生政権になる可能性があったんだよね。だから当初は期待をこめた文章も書いた。
だがいまや安倍政権は竹の世の表出にいたくご執心。韓国のフェリー「世越SEWOL」が示した「越の世」でもある。その大祓の風は津軽から吹いている。そういった意味では順風満帆。おかげでことしの3月3日、とうとう「ふりだしにもどる」が示されちまった。
大洗えの大変動期は、まだ終わらないのだ。

津軽の風とは父なる火のミソギへの風。艮のオオナムチの風である。
かつて大洗に降臨したオオナムチが託宣した「昔この国を造り終えて東海に去りぬ」とは、出雲国ゆずり神話のこと。
ホツマツタヱでは、出雲の東海に去ったオオナムチの一族は、津軽に入植している。出雲大社の丑寅(東北)の方角に津軽岩木山はそびえ、そこにオオナムチ降臨伝説がある。
東北の牛虎の鬼たちの主神。顕国魂(うつしくにたま)大神である。
「いま民を救わんがためまた帰り来たれり・・・」
折口信夫の言葉をかりれば、時を定めて帰りくる神。それが艮のオオナムチだ。
いまの地震は順番はちがっても、平安時代の千年に一度の地殻変動期を踏襲している。フクシマが他人事であるかのような甘い考えは、はっきりいって通用しない。

祇園祭の牛頭天王は、薬師如来であり素戔嗚尊だとされた。大洗のオオナムチ降臨から貞観地震をへて祇園のスサノヲ=救世主へ。この図式は1100年以上をへたいまもなお活きている。だからこそ大洗港の巨大渦潮の翌年、京都の祇園でてんかん軽ワゴン暴走事故が起きたのだ。

かつててんかんは神がかりといわれた。安倍首相の神がかり外交は祇園のてんかん暴走をヒナ型とする。
現場の四条通は祇園信仰の総本社八坂神社と、大山咋(おおやまくひ)神の松尾大社をむすぶ。松尾大社の月読神社が阿閉臣事代(あべのおみことしろ)を通して安倍政権とつながってることはすでに述べた。
アベの風。月のミロクへの風だ。
八坂のスサノヲと、大山咋と月読は、父なる火のミソギのメインキャスト。四条通の交差点は、此花区四貫島の「cross22」をあらわす。おまけに軽ワゴンは大和大路を憑き進んでいる。父なる大和の道=竹の世の道だ。
死者8名。負傷者11名。8と11。
8月11日がことし「山の日」に制定(5/23)されたのは、偶然ではない。

ながく読んでくださってる方はご存じだと思う。山の日が決まったから山だ山だといい出したわけじゃない。山だ山だといってたら山の日が制定された。
海は、母なる水のミソギ。
山は、父なる火のミソギ。
母なる水のミソギは333、三種の神器、神武天皇、3月11日、豊玉姫、カグツチ出産、松の世、ヒロシマ、日(太陽のミロク)、東、日高見、エジプト、「〇」。
父なる火のミソギは777、十種の神宝、ニギハヤヒ、11月22日、彦火火出見尊、ヒルコ出産、竹の世、ナガサキ、月(月のミロク)、西、越(高志)、イタリア(バチカン)、そして「十」。
これらのワードはぜひ憶えておいてほしい。

八甲田山も「山」だ。
ASKA逮捕がリンクしたのは、飛鳥がニギハヤヒのキーワードだから。
謎の119番通報で出動した消防隊員は十種の神宝とおなじ「十」名。消防車に119は、あの9.11同時多発テロを思い出させる。ニギハヤヒは航空機の神だしね。
9.11のあと米国はタリバンのアフガンやフセインのイラクを攻撃したが、いままさにそのときの矛盾が武装組織ISISのイラク快進撃となって表出している。
たぶんマレーシア航空B777の謎の失踪も、父なる火のミソギの流れだろう。

母なる水のミソギの333は、世界初のトリニティ原爆実験のトリニティ(三位一体)を意味する数字でもある。
もしもう一度巨大津波で原発が破壊されても、多くの人は偶然の自然災害だから仕方ないと思うだろう。だけど違うんだよね。
2011年1月23日に、秋葉原のホコ天が通り魔事件から137週ぶりに復活と報じられた。137はセシウム137だし、イザナミ(1373)をあらわす数字だ。秋葉原は火のカグツチである。
イザナミのカグツチ出産が原発に出ることは、前年には読めていた。もちろん僕に霊感はない。客観的なサインだ。
フクシマのレベル7は、玄海原発3号機、伊方原発3号機につづく、国内三例目の福島第一原発3号機のプルサーマル発電開始をQ出しとする。「333」のセッティングがおこなわれたわけだ。
営業運転が開始されたのはまさに「原子力の日」の10月26日。そしてその日からきっかり137日目に、巨大なナミが、福島第一原発を襲った。

137と333は、みごとにイザナミの産みをあらわしている。
アイウエオの3番目はウ。ウがみっつでウミ。生み。海。ちなみに7番目はキ。777はキがみっつで森。
たしかネオ東京五輪組織委員長にそういう名前の人いなかったけ? 
「真央は必ず転ぶ」なんて、不気味なポールシフト発言で問題になったよね・・・。

07年の柏崎刈羽原発火災とフクシマとをつなぐ「志賀大神原発ライン」の海の志賀大神は、山の大山咋神と海幸山幸神話の制裁コンビだ。両神は越のオバマ市に坐す彦火火出見尊(若狭彦)とぶっとくつながっている。海神の娘豊玉姫(若狭姫)が水のミソギに対応したように、山幸彦の彦火火出見尊は火のミソギに対応する。
綿津見の志賀大神はヒロシマ。山王たる大山咋神はナガサキと通じる。

山の神といえばもっとも有名なのがオオヤマツミ神。
大山祇とも大山津見とも書き、山信仰の中心に位置する神である。奥州安倍氏が信仰した瀬織津姫もこの一族だ。
じつはオオナムチって、山や巨石信仰の大いなるネットワークを持っている。「石が物言う世の中」とは、オオナムチが物言う世の中でもある。
三輪山や山王も「山」だし、補陀落山の日光二荒山神社にもオオナムチと、妻の沖津島姫が祀られている。海の正倉院で知られる宗像大社(福岡)の沖ノ島の女神である。
青森の津軽岩木山にも巌鬼山神社があってオオヤマツミを祀る。もちろん岩木山神社のオオナムチとセット。父なる火のミソギの「山」の事象中心は、艮のオオナムチとオオヤマツミの津軽岩木山にある。去年4月1日の飯舘村・虎捕山津見神社火災の大本の事象源もここだ。

ことし4月16日の韓国フェリー「世越(SEWOL)」は、北緯34度14分で転覆沈没した。北緯34度14分が宗像の沖ノ島の沖津島姫と伊予の大山祇神社をむすぶラインであることはすでに述べた。
オオナムチの妻とオオヤマツミ神のラインで「越の世の大祓」が予告された以上、艮のオオナムチの出現は時間の問題だったといえる。 そして一か月後の午前0時すぎに、青森消防本部で緊急事態発生を告げる怪電話が鳴ったわけだ。

津軽岩木山の艮のオオナムチは、大祓(大洗)のオオナムチの本体である。
「スサノヲvsヤマタノヲロチ。
牛頭天王vs艮の金神。
だから艮の金神はヤマタノヲロチを使う」と前回書いた。
この艮の金神の役を担うのが、艮のオオナムチだ。鉄の蛇ヤマタノヲロチ=核の蛇ヤマトノヲロチを使って父スサノヲを火の洗礼へと至らしめる。それが2008年の七夕サミットにはじまる「核をめぐるトモダチ作戦」の真意。
ことし4月23日、安倍首相のEU外交の直前に来日したオバマ大統領は単独で明治神宮を参拝している。あれってどう見たってオオナムチの意向だ。明治天皇は「竹の世」を象徴する。トモダチ作戦Ⅱの通告である。

じじつ安倍首相はアラブにつづきEUでも核外交を展開する。
フランスと高速炉共同研究で合意し、高速増殖炉「もんじゅ」復活の布石も打った。無期限禁止中の越のヤマタノヲロチの封神が解かれるわけだ。だからおなじ日に永田町を最大震度5弱がゆるがしたわけだし、艮のオオナムチが覚醒しちゃったんだよね。
9月19日で任期がきれる原子力規制委員会の島崎教授を再任せず(政財界から厳しすぎると批判された)、元原子力産業協会理事の御用学者・田中知教授を選任。準備は着々だ。
だがその一方で、東電は相変わらずのALPSトラブル。汚染水濃度は89万/ℓからなんと930万ベクレルに大修正。地下水バイパス計画で海に放出しても、原子炉建屋の水位は下がらない。
いったいこのどこが完全にコントロールされているというのか。自分の方がコントロールされてることに気づきもせずに・・・。

かつての牛頭天王のような信仰上の救世主は、現代にはあらわれない。
水と火の二度のミソギを経験してはじめて、僕らはこれまでの軍事力(竹の世)でも経済力(松の世)でもない、あたらしい和合の道(梅の世)をみずから歩みはじめるのだろう。
もしできなければ、火と水、山と海、父と母のシクミが延々とくり返されるだけだ。人類の住環境としてのいまの地球は・・・もたない。


  • [No Tag]

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/08 18:51分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/09 11:17分 
  • [編集]

マリーゴールド 

いやさかの木さま

こんにちは、昨日名古屋にいまして、津島神社、真清田神社参拝してきました。電車乗り継ぎの迷いの中で、いただいた暗号^_^マリーゴールド、ドイツの地下鉄は深さが100メートル以上あるのがあるそうで川の下をつうかするので窓がない。というニュースを見たばかりですと、教えてくださった婦人は花を栽培していて、マリーゴールドは岩手の宮沢賢治さんが、ドイツから持ち帰り日本に伝えた、と聞いたと話してくださいました。マリアの黄金の花、
牛頭天王に会いに行く車内での話。


ありがとうございました^_^


8540
  • posted by 紅実子 
  • URL 
  • 2014.07/09 15:54分 
  • [編集]

リオのキリストの指 

ことし1月。リオのコルコバードの丘の巨大なキリストの右手に落雷。欠けた親指と中指は、ネイマールとチアゴ・シウバだったのか。
ブラジル国民をどん底に突き落とした7失点。7=火だ。

かたや2月。放った平和の鳩がカラスに襲われたローマ法王フランシスコの母国アルゼンチン。
はたしてメッシはマリア(ディマリア)不在でもメシアになれるのか。

アルゼンチンが決勝に進めばハーケンクロイツvsローマカトリック。
オランダが進めば、ハーケンクロイツvsアンネの日記かな。

で、ドイツ優勝ならみごとに88トゥーレ⇒津軽卍の完成になる。
艮のオオナムチのワールドカップがはじまる。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/09 20:05分 
  • [編集]

十vs卍 

よっしゃ!
アルゼンチン勝った。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/10 08:00分 
  • [編集]

う~ん 

昔、母がこんな話をしてくれました。
ある町で酔っぱらいが歩いていたら、電線が切れて水溜まりに垂れていました。近くの人が、酔っぱらいが電線に触れたら大変だと棒を持ってきてのけようとしました。
すると、酔っぱらいは平気で水溜まりを歩いていったのに、棒を持ってきた近くの人が感電死してしまいました。

……………………………………
私はキリストではないですけど、右手の中指は受信アンテナ、親指は携帯カチカチ打つ発信ツール。
……………………………………
前記事のコメントにありました、火と水の関係ですが
火を消す方向でなく、水を沸かす方向に私は捕えています。今日、猛暑日になると予想されているのが関西ですかね。
湿った温かい空気は大量の蒸気となって、動力に変わります。また空気中の水蒸気によって、大気中の塵や隙間の埃は電気を帯びやすくなり、雷やショートの原因になります。
それだけでなく、大気中の水分や水気を含んだ塵はあらゆる電波、電磁波、紫外線赤外線にも影響を及ぼし、殺人的な光線が降ってきたり、電子機器に障害を及ぼす恐れもあります。

これらの産み出す力は、人智を越えてショックを与え、ちょうどてんかん発作を起こしたみたいな状態を引き起こすかもしれません。
人では、欠伸、けいれん、自動運動、情動発作、卒倒、記憶の欠け、人格の変化等、コンピューターなら、暴走、データ消失、フリーズ、発火、通信不能…。
また物によっては、自然発火、変形、変質、誤作動もおこるかも。

いま、飼われている動物にマイクロチップが埋め込まれているとか?単なる名札的なものが、避雷針のように電気をキャッチしてしまったら脳が壊れてどうにかなっちゃうとか、ありそうですが。

……………………………………
ブラジル戦、ドイツのどなたかのコメントで、「異世界の試合のようだった」とありましたが、ブラジル勢は呪詛でもかけられましたかね。
道路が落ちたり、主力選手が腰を骨折したり 大会を継続して大丈夫なのでしょうかね。

……………………………………
母の話の続き。「竹は電気を通すから、電線が垂れてても竹の棒ではいらわないのよ。酔っぱらいはゴムの長靴を履いてたから助かったの」

いかにも危なそうな人が平気で、大丈夫そうな人がだめになってしまうって、時々起こることですよね。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/10 10:03分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/10 11:07分 
  • [編集]

 

なぜ、コートジボワールの現在マンチェスターCのヤヤトゥーレがドイツと絡むのでしょうか?
  • posted by 愛読してます◎ 
  • URL 
  • 2014.07/10 13:45分 
  • [編集]

牛頭天王で思い出しましたが 

S県のH原発内に仕事でよく入るのですが、原発敷地内に牛頭天王の祠が祀ってあります。
しかも正面ゲート入口を入ってすぐの所に「牛頭天王 祠」と小さな誘導の立て看板が立てられておりまして、「こんなところにあるんだ。しかも立て看板まで・・・」と妙な感じを覚えました。

  • posted by ジェロニモ 
  • URL 
  • 2014.07/10 18:45分 
  • [編集]

決勝戦 

ナチスを生んだ国VSヒトラーが逃げた国
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_115.html

トゥーレ協会→ナチス
  • posted by め組 
  • URL 
  • 2014.07/10 20:08分 
  • [編集]

薩摩 

ワールドカップもおわりに近づき
とそろそろかな~~と思っていたところで・・・
いやさかの木様の記事をみて
感激してます

実はこの1ヶ月 私の周辺で
薩摩絡みの事象が多くて
いよいよ今まで縁がなかった
霧島神宮からおよびがかかってるような感じでいましたが

いやさかの木様の記事をみて
はっきりしました

近日中に参拝してきます

○と+ 薩摩藩の家紋ですよね
わたつみいろこの宮の絵も
もうすぐ手元に届きそうなので

その前に参拝でしょうか~~~
チャンスをとにかく待ちます

変なコメントで失礼しました

  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.07/10 22:05分 
  • [編集]

Re: トゥーレ 

> なぜ、コートジボワールの現在マンチェスターCのヤヤトゥーレがドイツと絡むのでしょうか?

オオナムチがキャプテントゥーレだからです。
次回の内容にふくまれますが、2008年4月20日の出雲大社の大遷宮開始の日、オオナムチをあらわす2つのだいじな事象がありました。
そこで示されたのが砥鹿神社奥宮のアラハバキと皐月賞のキャプテントゥーレです。アラハバキはすでに東日本大震災で出ています。こんどはトゥーレのキャプテンとしてのオオナムチです。

ヤヤは88ですね。
オオナムチ88事象は2008年8月8日に開始された事象です。
ネオナチが用いるハイルヒトラー(HH)の隠語も「88」です。Hはアルファベットの8番目ですから。
そして艮のオオナムチの津軽の紋は、卍。ナチスとおなじ鉤十字です。

トゥーレは極北の伝説の島で、常世郷(とこよくに)とおなじ神々の理想郷。
その伝説の島トゥーレをアーリア人の起源と考えたのが、ドイツのトゥーレ協会でした。のちのナチスの思想母体です。

もちろんいまのドイツはナチス以前の歴史を抹殺するくらい徹底した戦後教育のおかげで、バッハやワーグナーが自国の大作曲家だと知らない人たちも多い。
そういうドイツ代表をトゥーレ呼ばわりするのは申し訳ないですが、事象的にはそうなるんですよね。

ことし日本で「アンネの日記」が破られたニュースがありましたね。
これもまた艮のオオナムチ覚醒と関係があります。艮のオオナムチこそがキャプテントゥーレだからです。

僕は競馬ファンでサッカーファンです。
ヤヤトゥーレを88トゥーレだと気にするようになったのは2008年。
当時はバルセロナじゃなかったかな。もうマンCだっけ。
ですから去年12月にW杯の組み合わせが決まったとき。うわぁ88トゥーレ来ちゃったよ~、と(笑)。

さて、メッシの愛称はメシア。背番号十ってだけでなく、いまのローマ法王フランシスコもアルゼンチンですよね。かたやドイツはトゥーレ協会と津軽の卍。

前回は太陽の国スペインが優勝し、東日本大震災をへて原発ゼロの金環蝕で太陽のミロクが示されました。
すなわち「〇」ですね。
もし今回ドイツが勝てば、〇に卍(鉤十字)。
もしアルゼンチンが勝てば、〇に十。
になります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/11 00:29分 
  • [編集]

Re: マリーゴールド 

津島神社に真清田神社に摂社の服織神社。
今の流れがシクミのオワリへの流れなら、まさにそのポイントですね。

ところで前記事の衛星画像、機織の鶴にも見えませんか。
南陽市の織機川の氾濫が気になって調べたら、鶴の恩返しの里でした。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/11 01:43分 
  • [編集]

Re: 牛頭天王で思い出しましたが 

へ~、そうなんだ。
場所的には、もしかしたら津島信仰かもしれませんね。

津軽の太宰治の本名も津島。
ひっくり返すと島津。〇に十字ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/11 01:45分 
  • [編集]

Re: う~ん 

いまはてんかんのかわりに脱法ハーブですね。
覚醒つながりでしょうか。

もともと矛盾を抱えたブラジルW杯開催だったんで、
だからこそリオのキリスト像が落雷で破損したわけだし、素直にブラジルが優勝とは思ってなかった。
僕の予想はアルゼンチン優勝。とりあえず決勝までは来ましたね。

メッシの愛称はメシア。ディマリアが戦線離脱して、母マリアのいない自立のメシア。

残すとこあと二試合なんで大丈夫ですよ。
大変なのは大会後です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/11 02:01分 
  • [編集]

Re: 薩摩 

台風8号、もしかして霧島神宮の真上通ったかも。

2010年W杯は太陽の国スペイン優勝⇒太陽のミロク=〇。

今大会優勝は「十」でしょうか、「卍」でしょうか。
鉤十字も十字にはちがいないんだけど・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/11 02:08分 
  • [編集]

祓いたまえ浄めたまえと 

さっき、台風タヌキが富津に上陸の速報が届きました。姫は一緒じゃないのかな…
対岸の川崎は静かなもんです。いつもの朝より静かかも。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/11 06:16分 
  • [編集]

オワリ 

おはようございます

コメ返信ありがとうございます!

まさに、493は尾張に向かっているサインが沢山洗われていますね

津島神社の前日磯部神社参拝をした時に目に入ったビルに
夕鶴と書かれていました。
今年は例年になく佐藤錦ばかり
何回も食べ、名古屋のやどは
錦、昨日立川の錦でも何かあったようです。沖縄滞在と同時刻に東北にものすごいかみなりの天気図を
見ていましたが、神仕組みを実感しております。

ありがとうございますます

3010
  • posted by 紅実子 
  • URL 
  • 2014.07/11 07:20分 
  • [編集]

「フラワー長井線」運休 

いやさかの木さん今日は

今朝の地元の新聞にも載っていました、山形県では今年「デスティネーションキャンペーン」で盛り上がっていますが、この7月12日13日には県知事も招いて「イベント列車、おきたまめぐり号」が予定されていました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140710/k10015886631000.html

そう言えば「6月6日、鳥栖市姫方町の姫古曽(ひめこそ)神社が全焼」からちょっと気になっていたのですが、今年の七夕は豪雨になってしまいましたね、水で流した?。

織機川の近くにある「吉野川」は、以前は銅の鉱山が有り「鉱毒問題」の有った川でもあります。

「パセリ・セージ・ローズマリー&タイム」今年は何か「女神と男神」の関係に変化が有ったのでしょうか。

「レール宙づり」、鉄の道は宙づりになっている。

神社や仏閣が火災や災害に巻き込まれるケースが増えていますね、こちらがニュースになる「倒産」だとすれば、過疎や放置による「崩壊」は「廃業」みたいなものでしょうか、町内の小さな神社、仏閣も崩壊が急速に進んでいる感じです。
原因の一つはここ数十年に植えられた若い杉の木が成長したせいで風通しが悪くなってしまい木材の傷みが激しくなっている感じがします、何処に行っても「放置された様な杉林」に囲まれた様な状態です、持ち主の財産なので勝手に切る事も出来ません。

以前でしたら、広葉樹の森は「木炭」の生産の為にあまり大きくならないうちに伐採されていた、そのため大きな御神木が残り鎮守の森を作り風の通りも良かった様です。

http://blog.nsk.ne.jp/yama-hakusan/index.html

七五三縄は神様を封じ込めている、と言うのが本当なら「祠の崩壊」は封が解かれている?のでしょうか。

これでは「上杉」じゃなくて「杉の植過ぎ」になってしまいました、上杉鷹山公はどう思っているでしょうね。

いつも有り難うございます。

  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2014.07/11 09:04分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/11 11:52分 
  • [編集]

Re: トゥーレ 

トゥーレ。常世郷。ニライカナイ。ラグナロクのアースガルズ。
事象的にはすべてつながっています。

隼人くんは鹿児島の隼人族のことですね。
蝦夷と隼人。蝦夷の動きは活発ですが、隼人の動きはおとなしい。
でも隼人が動くときは大事ですよ。
江戸幕府を倒した薩摩がそうですしね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/11 12:21分 
  • [編集]

Re: 「フラワー長井線」運休 

え?フラワー長井線?
フラワー?
って、僕も気になってました。
花はスサノヲだし。鉄道は鉄の蛇ヤマタノヲロチだし。織機川だし。
で、織機は鶴の恩返しの里ですよね。

7月6日にアップした鳥の衛星画像。
機織をしているようにも見えませんか。
身を犠牲にして、西日本の機を織っている・・・。

777はキがみっつで森。
春日の森のナラ枯れはもちろん、里山の土石流も森の事象です。
里山の森はいままったく手入れされてません。日本中そうだと思います。

そちらもすごい雨だったのでは。
エデンは、大丈夫ですか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/11 12:32分 
  • [編集]

「フラワー長井線」 

いやさかの木さん、今日は。

7月6日の鳥の衛星画像、確かに雰囲気出てますね、卵の様に見える台風8号が「たぬき」何でしょうね、何処かが化かされている?とか、「たいふう-た=いふう=意風?、意封、以封」何かを封じていたのでしょうか、それが洗われて来る。

曇って不思議ですね、8日の夕方に西の空で「アダムスキー」タイプの雲を見ましたよ。

「フラワー長井線」は赤字で苦労しているのに今回は大きな痛手ですね、せっかく「長井線開通100周年」で盛り上がっている時期なのですが。

長井線にはこの他にも「白兎駅」などが有りますし、おりはた駅の近くの「宮内」には「熊野神社」が有ったりと、また養蚕が盛んな所では「蚕桑」とか何かと昔話の種が転がっています。

南陽市赤湯、ここには「白竜湖」が有りますね、「千と千尋」や「もののけ姫」、そして今夜は「となりのトトロ」、里山と鎮守の森などなど。

雨は、昨年程では有りませんでしたが一部の水田が水没しました、昨年は白鷹町で被害が多発、今年は南陽市がひどかった様です、雨雲は西から国道113号沿いにやって来たのでしょうか、8日9日頃は新潟県北部が豪雨でした。

「エデン」は、雨では大丈夫でしたが別な理由で存続が危ぶまれています、昨年から畑仕事は大幅に縮小です。

いつも有り難うございます。


  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2014.07/11 19:01分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/11 20:24分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/11 21:17分 
  • [編集]

びりびりびりびり 

台風ノグリーが福島県沖で温帯低気圧に変わったのに、あれは衣だけで地震に化けたのでしょうか?
「古い服を脱ぎ捨てるように、過去の自分から卒業しましょう」とか友人には言ってたんですが

祠から縄脱けするように出ていく神様は、多いでしょうね。ただの人を神に見立てて祀ってあるところは尚更です。
本来魂は自由自在、石も木も形代(かたしろ)に過ぎませんから、像を拝んでも…


たまたま読んだ「山の日」制定への意見に、
「海の日」があるから山をという発想で祝日を設けるなら、空の日や星の日、土の日と決めていくことになるじゃないか
というのがありました。
「そうだ、海山に感謝するなら、木にも虫にも岩にもありとあらゆる祈りを手向けなきゃね」
と私も思ったのですが、「ちょっと待てよ?」
こどもの日は、ここまで育てて下さった周りの方々に「こども『が』感謝する」日なのに、実態はそうなっていない。まるで子どもが生き神さんであるかのように、ジジババまで加わりチヤホヤチヤホヤ。
海の日は、そもそも海軍の記念日。では山の日は、山の神記念日?その日一日奥さんの天下?

寺を設けなければ仏道修行できず、神社が無ければ神と繋がれず、教会が無ければ神に感謝できない
わけではないんですよね。


今朝のびりびりびりびりは地震だったんですね。いつまでもびりびりびりびり、アイドリングしている車みたいに、エネルギー消費中だったのかしら。
友人はイライラすると貧乏ゆすりが激しくなります。あの癖は止した方がいいのに。コップの酒が溢れるから。
で、溢れるとイライライライラ
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/12 08:24分 
  • [編集]

 

ヤヤトゥーレの件、御返答有難うございます。
自分の無知を知るばかりで恥ずかしいです。。
次回の内容も楽しみにしております。
奥が深くて大変だ~(笑)
  • posted by 愛読してます◎ 
  • URL 
  • 2014.07/12 08:49分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/12 22:38分 
  • [編集]

777 森とか山とか 

777=キ3つで森、とは。。。なるほど。来月白神の森に行くのでちょっと意識してみます。ちなみに〒777は徳島県美馬市です。ラッキー7と北斗七星を掛けた施設がありますね。
先週666の川西市に行ったらカモられてしまったワタクシですが、某ブログで666の龍に宝珠(1)を持たせて777に変えましょ~、みたいな文章を見かけまして、その発想イイね!と思いましたよ。カが3つでカミともとれますが裏腹だね、これは。
数字の隠語では2ヵ月くらい前のニュースでP&G社の洗濯洗剤が欧州で新パッケージで売り出されたものの、ナチスの隠語である「88」「18」の数字が表示されていたためにクレームが出てすぐさま回収という騒ぎになったとか。ところで、卍(鉤十字・スヴァスティカ)と逆まんじ(逆鉤十字)は混同するとマズイと思うのですが。

カモられたのではなくあげたのだという解釈で気を切り替えつつも、やっぱいかんわぁ~ヤラレ癖は。疲労でオーラ穴ぼこだらけな感じだからまんず体調を戻さねば。
というわけで、普段ナツメロ聴かないけど坂本龍一教授のガン治療宣言のニュースに触発されて80年代POPSを思い出して聴いてみました。
20数年ぶりに聴いた『星のクライマー』/麗美(現REMEDIOS)の澄んだ声と曲に癒される~。しかしこのユーミンの歌詞が植村直己に捧げた詞だったとは初めて知った。30年前に消息を絶った頃にリアルタイムで書いた歌詞かな。クライマーの歌で癒されちゃったんだけど、遭難した人だす。。。せいぜい森で迷わないようにしないと。

そういや今林業を題材にした映画『wood job』公開中だったな、と思い出して原作の『神去りなあなあ日常』のあらすじ見たら・・・神去山のふもとの村でオオヤマズミ様の大祭の時には神隠しが起こる・・・だって。
・・・アルゼンチンが負けると掛けて山の神の神隠しと解く? 勝った方が無難だと思う。
妄想が過ぎますかね。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2014.07/13 02:33分 
  • [編集]

なんとか褒めてみよう 

神や霊が悪意を持って人を傷つけることは無いと言います。
あの骨折があればこそ、自由自在に動ける有り難みを想うでしょうし、ケガさせた者の辛さを知ることができるでしょう。
お相手の方は随分悩まれているようでしたし。

言いたい放題のギャラリーはどうでも良くて、肝心なのは当人同士の和解。
逆だったらキツいところでしょうね。
世間が「その骨折はプレゼントだよ」と笑って、当人が「二度とプレーできなかったかもしれないんだぜ、なんだよ人の気も知らないで」となって、ケガさせた側が「サッカーにはケガはつきものですから謝るつもりはありません」としゃあしゃあと言っていたら、戦争が起きていたかもしれませんね。

みんなが許せないとわあわあ騒ぐのも、それだけ大事に思うからでして、自分の家や職場で優先すべきことが起きててもああだこうだ言えるのは「平和で恵まれている」。ついでに暴動できるだけの「元気と資産と体力があの国には有る」わけです。

攻められるのは「持ってるから」。あちこちの紛争や空爆も相手が「持ってる」と信じてるから。
でもそうやって仕掛けるだけ、自分等の方が「持ってる」と気づけない。攻めは欲の象徴でしょう。


集団的自衛権。
子どもの喧嘩に親がしゃしゃり出ることは、当事者間の扮装解決能力を著しく損ね、社会性の発達を阻害するから止めてほしいんですがね。
大人ならば子どもから話を聞いて、「君は悪くない。が、結果として相手を傷つけることになったね。いますぐ謝ってきなさい」 と指示する方がいいと思うけど、私は。

イタリアやドイツのメディアが「日本、大丈夫?」と書いてくれてたのは、持っていた宝物を放り出し「うちには無いのがおかしい!」とレベルを下げちゃったから。
この集団的自衛権のことをむりくり褒めるとするなら、「よその国と同じ条件で世界を見たかったんですね」かしら。


プレーヤー生命が絶たれたわけではない。またサッカーとの縁が切れたわけでも、みんなからの注目が損なわれたわけでもない。神のご配慮の大きなこと。
恵みを恵みと享受できない人は、永遠に恵みを獲られない。災難をも、ギフトと捉えられる人になりたいものです。

南無観世音大菩薩
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/13 07:59分 
  • [編集]

第十三番札所 関寺が 

いやさかの木さん、今日は

先の豪雨ですが、町内にもこんな被害が出ていました。

「置賜三十三観音」の第13番札所
関寺観音 円光寺 白鷹町十王3889
国道348号線沿い美容ORION付近より進入

ワードが色々「置賜三十三観音」、「13番」「関寺」「円光寺」「十一面観音」「白鷹」「十王」「国道348号線」って「トリニティの四八音」、ORION付近より進入?星座も関係有りでしょうか。

「仏教(人)、神道(地)、キリスト教(天)」が「ヨハネ=世波根=世界の本質は波(変化?)」って言ってる?、「オリオン=降り音=織り音=音が降りて音を織りなせ」ここから入れ(on)でしょうか。

最寄りの駅は「フラワー長井線 荒砥駅」です、現在普通(不通でした)「荒砥駅=現ト役=荒止役=新途液」何か役目があるのでしょうか。

裏山が崩れて本堂が傾いています、ここも周りは杉林ばかりですね。

私も名前しか知らなかったのですが地元にも「霊場巡り」が有ったのですね。

http://www.okitamakannon.com/

皆様いつも有り難うございます。

追記 観音様って何でしょうかね、寺、神社、習合しすぎて「廃仏毀釈」が上手く行かない、キリシタンによるものや明治維新などが関わっている、知識不足でよく分からないですが「三つ巴」の歴史が有るみたいです。

神社、寺、八幡様、観音様、お地蔵様、教会、虚空蔵様、大仏様、文殊様 色々とお参りには行っていましたが不思議とそれぞれの関係を考えた事はありませんでした、元々根っこは一つだって感じてた(知っていた)?のでしょうか、再認識してる?、日本人(人間)って面白い?。

今年の七夕、家族で飾り付けをしたのですが、何を願っていいのか分からなくて「短冊」を付ける事が出来なかった、何でだろう。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2014.07/13 08:16分 
  • [編集]

ラ 

千春さんのコメントに絡めて

ラはイタリア語でしたっけ?
Aの音、アーを下さいという人がいますね。
日本だと、イですかね。

ヒトの赤ちゃんの産声は例外なく、このラの音だそうで。
日本の救急車のサイレンは、赤ちゃんの泣き声と同じ高さ。

「なんでですのん?」


楽器を基準にしてるのでなく、人の声を基準にしているのでしょうか。

うろ覚えですみません

オーケストラでオーボエが、そのラの音を出すのは、気候や環境で音が変わりにくく、かつ音の調整が難しいからと聞きました。
不変なるものに寄り添う?


対して時報の440Hzは人を狂わせるという説もあります。
綺麗すぎる音なのかな。

ヒトってズレに弱いですからね。わずかなアンフィット感が、いづい。ああんもうっイヤッ、むず痒くなるぅと体が動いてしまう。

音が多すぎる今、このズレに、文字通り、ヒトは踊らされているのかもしれません。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/13 08:27分 
  • [編集]

Re: 777 森とか山とか 

むしろいっしょにすべきだと思いますよ。
現時点では。
出所はいっしょだし、鏡対照で裏腹だし、666=カミ、鬼からノをとったらカミとおなじ。

いずれにしても〇の次に卍がきたら日月にはなりません。
太陽の地球への影響がすさまじいことになります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/13 11:29分 
  • [編集]

今夜は本能寺 

アルゼンチンの国名=銀→艮
アドルフ(Adolf)=高貴なる狼→艮
現イエズス会総長=アドルフォ・ニコラス
ナチスのモデルは組織上位に絶対服従のイエズス会
ルイス・フロイス
黒田官兵衛=如水=ジョシュア=ヨシュア
  • posted by め組 
  • URL 
  • 2014.07/13 12:06分 
  • [編集]

Re: 今夜は本能寺 

どっちが信長で、どっちが光秀なんでしょうね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/13 13:16分 
  • [編集]

十一? 

「幼子を抱いた母が世の頂点に」という夢を見たのですが、

向こうに青い海と白い波が見える緑の丘の上に
十字が立ち

その上に太陽と月が輝いて
暗く見えるこちらの世界を明々と照らし出し、

多くの人が恐怖と歓喜で近寄れず
あたかも光によって丘の下に押し出されようとしている中、

一人の年老いた甲冑姿の男だけが
剥き出しの剣を持って
にこにことその十字に向かって歩いて上ってくる、

(というのを
私が、勇者の背中側の高い位置にあるガラスのはまった部屋から見守っているのですが)

誰から見てもただの十字にしか見えないのに、その勇者だけはその十字に幼子を抱いた母親を見ているのですね

太陽と月はその勇者にとってはただの優しい光でしかない。

最初は年老いて立派な風格であっても背が曲がっていた彼が、上に近づくにつれて凛々しく雄々しく、青年から少年、そして坊やに変わっていく

という結末。


最後に筆文字で、白布に太く十一(縦書きなので、「±」)と書いてあって、「和合のシクミじゃ」と聞こえて終わり。
しかも、こちらのコメント欄に書いておけと指示つき。

  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/13 19:11分 
  • [編集]

ちなみに 

今日のおうまさん

七夕賞がメイショウナルト

プロキオンレースが、ベストウォーリア(最高の戦士)


天の川に グルグル渦巻き発生だったのかしら?
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/13 19:20分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/13 21:16分 
  • [編集]

クレセント 

滋賀県知事には三日月大造氏が当確。テレビよりネット情報は早くも結果を出してますね。
クレセント…だんだん成長する、大きくなる、という意味の語源を持つ。
先日、兵庫県赤穂市の海際にある伊和都比売神社に行きました。鳥居の内側(境内側)から外側を見ると瀬戸内海がパノラマ観!伊和都とはオオナムチであると言われてるそうです。播州辺りにも来ていたとのこと。山火事や船上火事など続いていたので気になっていました。
  • posted by りつ 
  • URL 
  • 2014.07/13 22:19分 
  • [編集]

Re: クレセント 

志賀の滋賀ですし、山王のオオナムチの滋賀。W杯決勝の7月13日の三日月にはおおきな意味がありますね。
5月21日の久米島沖のキノコ雲と大飯原発再稼動差し止め判決とおなじ流れ。

石の宝殿もそうですが、六甲山地の巨石もオオナムチとスクナヒコナです。
大洗とつながっています。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/14 22:53分 
  • [編集]

Re: 十一? 


ビジョンメッセージありがとうございます。

W杯決勝では、コルコバードのキリスト像と夕日の映像が「〇に十」に見えました。
残念ながらディマリア(マリア)とメッシ(メシア)の母子コンビは実現しませんでしたが・・・。

鉤十字の優勝だけに、ドイツがカギを握ります。

ほんとうに「土」なんですよね。土。
それを完成させるには、そこに目をむけるには、古い戦いの歴史からの蘇生が必要だということでしょうか。

十一番目は「サ」。これは南の言霊。
台風8号タヌキも南を暗示します。
ワールドカップも南米ですよね。
この南は、常世国(補陀洛浄土)を指します。常世波ですね。
〇に十の薩摩、川内原発の再稼動も十一月になりそうです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.07/14 23:08分 
  • [編集]

血の十字? 

千春さんのご紹介の絵を見てみました。携帯のちっこい画面で見たので、あれなんですが、脇腹から出る血の色と、旗の十字の赤が同じに見えました。

赤十字社、献血事業でも有名ですが、先日式典がありましたね。皇太子殿下がおでましでした。場所は愛知県でしたかしら。

そのニュースで戦後、貧困故に、売血する人が多く…、なんてエピソードも付されていました。
他に売るものがないから、血を というのは、比較的体力のある幅員兵だった と母が申してました。

血へのこだわりってありますでしょ。多くは家柄、民族ですが、そんなに違うものなのでしょうか。
支配者層に中性脂肪が多く、貧困層にコレステロールたっぷり というのは日本にありそうですけどね。
残飯の方が高カロリーで、ホームレスさんの健康状態はよろしくないそうです。


たまたまキリストの傷で別の絵を見ました。
両手両足を赤い丸、真ん中にハートと、サイコロの5の目のように配置したもので、真ん中(脇腹を意味する)だけハートで血が垂れていたと思います。

そういえば、サイコロの1だけは、目が赤かったなあ などと思い出したり。

そしたら突然、カバは汗とか涙が赤くなるんだったけど、サイはどうかしら と違うことに頭が飛んで、
血の汗とか、血の滲む努力とか、血尿とか、血は無理や実力以上という意味もあるのかと感心し


じゃあ血を引くとか、オヤジの血だねぇなんて言うのは「苦労も」?
私のこうした、どうでもよさそうなことにいちいちこだわるのもまさに血でして、だから疲れるのでしょうね。
血液中のなんとかが、疲れている人には多いそうで、私はあくびばかりしています。
葉酸とらなきゃダメかな。

頭に血がのぼる割に血の巡りが悪くていけませぬ。
漢方では気虚、水滞にあたるんですかね。
青物と精のつくものを食べなきゃです。

赤に始まり緑と黒でしめる 暗いなぁ
でも西瓜みたい

  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/16 18:34分 
  • [編集]

法 

水は高きを去って低きに至る
これが法という話どこで書いたんだっけ

サイフォンの原理は、低いところの水を押し上げてから、落とすのですよね

よく永久機関はダムから落とした水で発電して、その電気で水を上にやって と説明されていたのを、子ども時分に聞き流しておりました。

持ち上げて落とす というのは、お相撲の技にもありましたが

マネジメントの場面で使うと厄介です
「やあ、きみは素晴らしい。こんな誰にも思い付かないような発想でものが作れるんだもの。みんながついていけないよ。クビ。」
チームワークとか調和を重視して、突出した知恵や才能を活かせないことも表すのですが、
褒め育てられ世代はこれをやられたら、面食らうでしょうね。


教育法で、すぐには褒めないというのもありました。
「神社燃えちゃったねぇ、古くても立派な歴史を感じさせるものだったけど、形あるものいつかはなくなるもんさ。ところで地域の方々はご無事?そりゃあ良かった。怪我人が無いのは何よりだ。きっとこちらの神様が、皆さんのわざわいを全部引き受けてくださったんだよ。なあに神社はまた作ればいいじゃないか。みんなの無事を祈願して、心をこめてお祭りしよう。今度は火ぶせの神様も呼びましょう」
徐々に潮が満ちるように思いを高めていくのって、心に沁みるから効果的なんですけどね。


サイフォンは気圧の利用でしたかね。
法は時々で変わるから、解釈もどうとでも変えられる。
安倍さんが手をつけたことは、どうなるか。

戦争を知らない大人たちは、たぶん、有事が何か、その時になってもわからないと思います。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/16 18:55分 
  • [編集]

ああ、思い出しました 

郷愁と愛国の混同…
反原発デモで「ふるさと」を歌う という呼び掛けがありました。友人もそれに賛同していたので、私は「不吉だからやめて」と言ったんです。

「うさぎ追いしかの山
小鮒釣りしかの川

夢はいまも巡りて
忘れ難きふるさと」
これ、すべて過去形なんです。
自分が○○したふるさと と 一緒に遊んだ友達(ともがき)、そして両親
自分は今、ふるさとにはいない。そして遠くふるさとやそこにいた人々を思い出す

でも、「志を果たしていつの日にか還らむ」
いつの日に「か」 係り結びで、強調、疑問、弱い反語を含みます。
必ず帰るぞ!故郷に錦を飾るんだ!
というのでなく、
「俺は浮気はしない。たぶんしないと思う。しないんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ」的、若干の弱気を含むのですね。不確実な自分の思い(約束)

『ふるさと』の歌は、自分の郷愁と、愛着を詠ったもので、いまある自然を維持しようと讚美するものとは違うんです。
いまでもうさぎ狩りができる山もありましょう。水が青い川もありましょう。けど都会でそれを歌い、のるということは、あらゆる文明破壊と自然回復を意味し、人類滅亡を促すことになりかねない。
「うたう」は「のる」と並んで、まじないの意味があります。願いや思いが空を貫くのですね。その際、詞(ことば)は重要になります。

教室で唱歌を習うのと、外で声高に歌うのと、同じメロディ詞でも意味が大きく変わります。
遠く、ハワイやブラジル、オーストラリア、戦地などで、日本を偲ぶのとわけがちがう。
どうして日本にあって、いまはなき日本と詠うのでしょう。


自然の流れに委ねるしかない段階で、主張という自身の恐れと我を通すことは、相手の我を引き出し、戦争になってしまいます。
「どうして同じヒトなのに、いがみ合わねばならぬのだろう」
明治天皇の御製と、これを引かれた昭和天皇のお心を想い、胸が痛みます。


どなたも自分や思い出が大事。ならばお互い関わらずそっと成長を見守ればいいことを、
特に昭和世代は、何かしたがるのですね。
恵まれたゆえの呆けた自滅の行為たち。
ハングリーな他国の精神と、日本は全く異なります。


たまたま見た田母神さんの本の帯に、中国とは戦争にならない と書いてありました。
あの国が難民、留学生と称して何度も渡ってきている という史実、無視しすぎだと思いました。(渡来人の技術によって、この国はできています)
怪力のサムソンが神殿の柱を倒して、思いを遂げた話もあります。
日本に来た渡来人が何を目指したか。なぜ種を持ち込んだか。


しかし今年は虫がよく出ます。
なんで雪虫が出てるかなあ
気温がちょっと下がったら、虫害やらなんやら大変なことになるんじゃないかと、ちょっと心配です。



  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/17 11:25分 
  • [編集]

おや おやおや 

したしい、ちかしい どう違うかと考えると、
慕わしいと近し が出てくるかと。

精神的に親しみや愛着を覚えるのがシタシイ、精神的に近いものを感じる、あるいは距離をおかずに(忌憚なく)話ができるのがチカシイでしょうか。

親の存在は難しく、祖先としてのオヤもあれば、一緒に暮らす仲間としてのチカシさもあり、情を通わすシタシミ、育てなきゃというツトメによる保護者の役目もあり

だから必ずしも血の繋がりだけでなく、
教え導く人も、命を保持する役目の人も、社会的に維持を担う人も、全部オヤになるのでしょう。
大きく見れば自分という生命体を包み込む環境、世の中、星、自然、宇宙というものも、オヤとなるでしょうね。

遠つ御祖(とおつみおや)は狭義では自分の先祖に繋がる(人格をもつ)神ですが、広義で言えばヒトという生物を作り上げたハタラキとか、大自然・宇宙となって、自分も含めた全体となるわけです。

そこには「日本『が』」「私たち『が』」「原発『が』」という観念すらもやもや~っと溶け込んで、自然発生的なひとつの生き物とすら見えるでしょう。

「フクイチくんは瀕死の重症で懸命の手当てを受けてはいますが、既にターミナルケアの段階。腹水を抜いたり、脳脊髄のシャントを通したり、時々心電図が止まるのでヒヤッとしたり
フクイチくんが前代未聞の重症患者となったので、同じ給食を食べて、同じように運動していたもんじゅくん、女川くん、浜岡くんたちも健康診断の結果待ち。」

「原発という生物は安楽死させるにしても、原爆・水爆という近似の生物はゆるゆるとお漏らししながら長生きしていらっしゃる。」

あんまりチカシイなかではないけど、シタシミの持てる表し方をして、真剣にこの怪物の将来を考えたならば、私たちもオヤの責任を少しは果たせるのかも。

何にしても、すべての物事が、安らかな死を迎えられるよう、願うところです。曲がりなりにお世話になっていたわけですから。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/18 00:39分 
  • [編集]

したし 

古語辞典でみると、したし の対義語は うとし になっていますね。
うっとうしい?
距離感がベタベタしすぎたり、妙に付きまとわれたりすると、シッシッと払い除けたくなる もしくは、べりっと皮ごと投げつけたくなる
「あっちいってよ、もー!」

となると、したしは、近くにいても苦にならず、ベタベタされてもなでなでしたくなるような関係?

うとし に愛が無いわけでなく、適切な距離を取りましょう と言ってるだけ

親だからとべろべろ舐め回したり、髭面ごりごり押しあてられても、子どもが気持ち悪く思えば、愛情が憎悪に感じるかも。
かと言って、こどもが温もりを求めて近寄った時に、甘やかしちゃいかんと突き放してばかりいたら、心の冷めた大人になるかも。

恋愛と違って親子間は、合わないからチェンジとならないんですよね。
お母さんだけ、あるいはお父さんだけでみるとなると、全く休む暇がなくなっちゃう。そのためにヒトは他の手も借りるのでしょうね。餌取って食わせるだけじゃないですもん。


親子間のミスマッチは、例えば虐待とかネグレクトにも現れますが、どうしたもんでしょうね。

ミスマッチ、不協和音、これを不思議といい、のちに をかし おもしろし の対象に変化するのは、世が統制され 同じが当たり前になってきたからかもしれませんね

親という言葉に付随して、「親がる」「親めく」という言葉もあります。
いかにも親でございという振る舞いをすること、親であるかのような動き

宝くじが当たった途端、親戚が増えるようなものでしょうか。
でもどんな苦境に置かれても決して心を離さない人がいたら、それが本物の おや かもしれません。血の繋がりでなく、心の絆。


漢和辞典(参照したのは漢語林です)では、音はシン。進と同じく、すすみいたる。すすんで目にかける、したしむの意味。

訓では
したしい… 仲が好い。むつまじい
したしむ。ちかづく…仲好くする。なじむ。かわいがる。
したしく。みずから …自分で。特に天子の場合に用いる
したしみ…よしみ。親近感。思いやり
おや…両親
みうち。みより

日本でできた意味として、
親芋みたいな もと。
親指みたいな 大きいもの
ゲームの中心となる人

というのもありました。


天子さまは、親 なんですね。


疎、疏は足のように二筋に分かれて流れが通じる 転じて、距離が大きくなる


うとし には縁がない もありました。
離れたら最後、交わることのないご縁ってありますね。いたことすら忘れちゃう。


認証
1519 行こう!行く?
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.07/18 13:00分 
  • [編集]

ここに全て書かれていた 

最近スクナヒコナが気になってきたので検索したらこの記事がヒットしたので改めて読み直してみました。今の事象って、この記事に書かれていることの展開ですよね。貞観ぽさが通底していて、ヤマタノオロチ、源平の乱のあたりが今のハイライト。
阿蘇から始まった構造線の軋みによる自然災害はもちろんですが、政変の匂いもするんですよね。長州閥が帝に恭順しているようで良いように駒にしてる感が気に障る御仁があの世で動いてそうですし。先日は梅の狂い咲きも見かけちゃいましたわ。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2016.10/10 01:39分 
  • [編集]

Re: ここに全て書かれていた 

梅の狂い咲きですか。ヤだなぁ(笑)。
25は道真公の事象数。
いまはやりの25年のバックにいるのもそうだし、
2013年5月25日に藤原氏R369ラインに古井戸の穴あけたり、
スサノヲのアメノハバキリ折ったりしたのも天満大自在天神なんスよね。
もちろんスサノヲと菅原氏は大宮氷川神社でつながってるわけですが。

スクナヒコナの記事すくなくて済みません。
なんせスナヒコナ。なかなか見つけにくいんです。

年内でひととりのセッティングは終わると思います。
これから東京五輪に向けて、政変もふくめていろいろ大変です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.10/18 23:25分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/326-b553abb2

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム