神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

水蛭子のうみの十字(2)

 
 ⇒『水蛭子のうみの十字(1)』

福岡市に隣接する糸島市は魏志倭人伝の伊都国。
全焼した志登(しと)神社は国指定志登支石墓群のそばにある。
祭神は綿津見神族の豊玉姫。
すくなくとも紀元前500年にさかのぼる海神の聖域で、かつては島だったとも、両側が入り江になっていたともいわれる。

支石墓とは縄文晩期~弥生前期の九州北西部を中心とした墓制。
渡来墓制だが被葬者は在地の縄文系で、最古の戦死者たちも出土している。現在までの発掘においてもっとも古い戦いの爪痕は、糸島にのこる。
志登支石墓群から人骨は出ていないけど、埋葬されたのはたぶん縄文系の海人族だったろう。

筑紫スピリチュアルでは、志登神社は豊玉姫がヒルコ(水蛭子)をまもってきた場所なんだそうだ。知らなかった。志登神社火災をヒルコ出産の狼煙と見た僕の読みは、そういった意味では裏づけられたことになる。
でもだとしたら火をつけたのはだれだ? 
そのテの知識のある人間だろうか。

そういえばカグツチ出産の前にもあった。
13人のグランドマザー国際会議とかいうのが、福岡県八女市星野村の「ヒロシマの火」でやっちまった例のイベントだ。あのときも僕は激怒したよね。
「私たちがここにいるのは、この惑星に気づきの光を灯し、祈るためです」
ではなぜ台風13号のメッセージに気づかない?
2010年10月23日。13人のグランマは台風13号被害の奄美大島から鹿児島の霧島に場所を変えてイベントを強行した。結果どうなったか。
ひと月後の11月23日、延坪島砲撃事件で火のカグツチ出産の号砲がとどろく。翌年1月には鹿児島の新燃岳が大噴火。まんま霧島だ。そして3月11日、世界的大惨事で「ヒロシマの火」が再現された。もちろんフクシマである。

事象はシビアだ。善意だろうが悪意だろうが通りすがりのうさばらしだろうが関係ない。志登神社火災は「ヒロシマの火の祈り」とおなじだ。
当時の広島市は秋葉市長だった。秋葉の神はカグツチである。ヒロシマの火の祈りもこれとおなじ事象のセッティング。彼女らは自分たちがどんな駒に使われてるか見ぬけなかったわけだ。

このブログのテーマは歴史=ストーリーの解読にある。もちろんスピリチュアルな視点やインスピレーションも大切だ。でも神々だって歴史なんだよね。ここでなんとか読み解こうとしているのは形而下も形而上もひっくるめた歴史の行方であり、その流れが世界のあちこちでくり返すセッティングと、そのセッティングが最終的な大共振にいたるシクミだ。
シクミの過程で事象はかならず警鐘を鳴らす。地震の前兆現象のようなものだ。僕はそれを僕なりに読み解き、将来の可能性をみなさんにお伝えしている。

「恐怖を煽らないでください。集合的無意識に影響します」とスピ系の方からよくいわれる。では逆に聞きたいのだけど、「13のアメリカ」発のアセンション思想はどうなんだろう。終末の拡散じゃないのか?
そもそも終末思想がなければアセンションなんて発想はうまれない。ハルマゲドンとアセンションは表と裏。地球さんが生まれ変わるって軽やかに口にするけど、地球が変われば人類の住環境だって変わる。タダですむと思うかい?

アセンション思想もまた歴史のセッティングだ。終末にはあらかじめ怖れがインプットされている。だからよけい恐怖を怖れる。それこそ思うツボじゃなかろうか。
怖けりゃ感じてあげればいい。「心にもろもろの不浄を思いて、中心(なかご)にもろもろの不浄を思わず」だ。イヤなら読まなければいい。それだけのこと。
僕の事象読みがどうであれ、この国の神話には「終末」なんかないってことだけはしっかりと理解しといてほしいと思う。

話をもどそう。

「志登」のメッセージで注目すべきは、やはり「支石墓」だ。支石墓は縄文から弥生というきわめて大きな時代の変わり目の遺跡。僕らもいま、それだけ大きな時代の転換期にいるってことだろう。
そしてそこに眠っていた戦死者たち。父なる火のミソギの流れの中で、よりにもよってこの国最古の戦争の傷跡がのこる糸島半島で、ヒルコ出産の狼煙があがったという事実。しかも国道202号「ナガサキの道」だ。

鉄と戦争の歴史は弥生時代にはじまる。このままでは近代はおろか、弥生にまでさかのぼる莫大なツケを僕らは払う可能性があると過去に書いてきた。日月神示の言葉をかりれば「こんどは借銭なしになるまでやめんから」だ。
志登神社火災と支石墓が暗示するのは、まさにそれではないのか?

ヒルコが「竹の世の子」として出産されることは、2012年12月2日の山梨県笹子トンネルおよび大月トンネルの事故ですでに予告されている。笹は、竹に世。竹の世とは、松の世<経済>のカグツチ出産に対する武の世<軍事>だ。
武器庫に由来する兵庫。オワリの名古屋。さらに再生のワードをもつ例のSTAP細胞の井副センター長がみずからの首で示したのは、竹の世の締めククり方ではなかったのか。

支石墓もまた長崎を示唆する。最古級の支石墓は南島原市と佐世保市にある。
とくに南島原の原山支石墓群は、稲作縄文人の最古最大の共同墓地として知られる。当時の常識では、支石墓は朝鮮半島から渡来した弥生人が稲作とともに持ちこんだ墓制だった。だが実際には弥生土器は出土せず、縄文土器を使う人々が布を織り石包丁で稲を収穫していた。各地の支石墓で発見された埋葬人骨も縄文系だった。

土器を基準とした弥生のはじまりはBC500年。現在ではBC1000年までさかのぼっている。縄文人が水田稲作をやっちゃってたからだ。おまけに弥生米と縄文米は一致するが、朝鮮半島のそれは別物。BC4500年ごろにはじまる縄文の陸稲栽培が継続したかどうかは意見がわかれるとこだけど、伝播ルートは中国江南からの海をこえた直輸入の可能性が高まっている。

水田の遺構は現時点で佐賀県唐津市の菜畑遺跡や、福岡市博多区の最大規模の板付遺跡がBC700年ごろで最古とされているが、岡山でも同時期の遺構が見つかってるようで、いずれもっと遡るだろう。
青森県南津軽郡垂柳遺跡の区画された水田はAD0年、弘前市砂沢遺跡の水田はBC300年ごろ。有名な静岡の登呂遺跡はAD100年。西日本で水田稲作が本格化する時期には、東北の最果ての津軽にも水田の風景があった。

敗戦後のなんでんかんでん朝鮮半島ルート説と朝日新聞が謝罪した「慰安婦虚偽誤用記事」は、おなじ皇国史観の亡霊だ。正確には敗戦と皇国史観の反動という亡霊。その亡霊が、たとえば鹿島曻の「桓檀古記」なんかとともに韓国に逆輸入され、ウソの歴史を文献のないあの国に刷り込んでしまった。あの国もこの国も、つぎの世代はその説がでた背景も考えずに鵜呑みにして踊らされる。トゥーレ思想のようにだ。

だが80年代後半にはじまる縄文の発見は、「もっと自分たちのベースを見よ!」「もっと東を見よ!」ってメッセージを当時すでに送っていたのだ。チェルノブイリと旧ソ連、ベルリンの壁の崩壊がそうだったように、あのとき僕らは新たな自立と目ざめのはじまりにいた。東日本大震災も、艮のオオナムチや日高見高天原からの東西和合の風も、その流れの発展型。時代は継続しているのだ。
隼人の地の上野原遺跡、蝦夷の地の三内丸山遺跡。縄文ではないが、2000年に発見され学界の常識をひっくり返した出雲高層神殿の巨大な宇豆柱・・・。どれもいまの事象中心だ。

皇国史観では縄文は原始とされた。戦後は、ハイテクな弥生人が朝鮮半島から米軍のように上陸して未開の縄文人を駆逐したとされた。そうした旧来の歴史観を真っ向から否定する縄文の大発見が、朝日の虚偽報道とおなじ、バブル崩壊から阪神淡路大震災の時期に相次いだ意味はおおきい。今回の朝日の謝罪記事が、「清算の時期の到来」を僕らに告げてることもふくめてね。だから朝日新聞はたとえコラムだろうと広島の土石流をヤマトノヲロチなんかに例えちゃダメだったんだ。

佐世保市の支石墓群と高1少女同級生殺害には直接の接点は見あたらない。だが巨石奇石のネットワークといえばオオナムチ。また「石の遺跡」のワードは、メキシコのテオティワカン遺跡に通じる。事件当日の7月26日、安倍首相は太陽のピラミッドに登ってデフレ脱却と地方再生を祈っている。
志をもって登ったわけだから、「志登」だよね。

小泉首相も2004年9月に太陽のピラミッドに登ったと、コメントをいただいた。やはり佐世保市で小6女児同級生殺害事件があった年だ。
この年の12月、22万人もの犠牲者を出したM9.1のスマトラ島沖地震が発生。翌年の2005年3月には福岡県西方沖地震。つづいて5月に伊勢神宮で第62回式年遷宮が開始される。もちろん小泉政権下だ。
小泉、安倍両首相のテオティワカン訪問はどうやらひとつのシクミにある。佐世保の同級生殺害もそうだけど、福岡県西方沖地震もまた「志登」の糸島半島沖8kmで発生している。とても近い。参考までに地図を描いてみたので、当時と今回のつながりを視覚的に感じていただければありがたい。
糸島地図

第一次安倍内閣は2006年に小泉内閣からバトンタッチされた。
ネオ東京都知事選では「原発」をはさんで真っ向から対立した両者だが、もとは師弟関係にある。小泉元首相がフクシマのあと脱原発に転換したように、安倍首相もこんどのナガサキのあと経産省を裏切って方向転換するんだろうかね(笑)。
スサノヲの「十の火」=安部整形外科医院火災の流れからいくと、どうも総理には裏切りのユダ的役まわりのにおいがする。だからナガサキの道のシト(志登)=使徒なのかな。ならば日本ではなく、官僚にとってのユダであってほしいものだが・・・。

メキシコのアギーレ<神の怒り>氏が日本代表監督に選ばれた7月24日、佐世保港では日米印合同軍事演習「マラバール」の開幕セレモニーがおこなわれている。志登神社火災の補完事象だ。米印の大規模演習への5年ぶりの参加をインドが打診。日本の四国南方沖(台風11号のルート?)にインド艦艇を招いての演習となった。

インドといえば、あの菅・シン<牛虎>原子力協定交渉だ。くしくも菅公(道真)の誕生日6月25日に発表されたこの締結交渉が、「核をめぐるトモダチ作戦」における、フクシマの最初のGOサインだったことは過去にお伝えした。カグツチと融合出産されたのも、インドのアグニ神だった。
おまけに演習には延坪島砲撃事件の原子力空母「ジョージワシントン」も参加。巨大な波とイザナミ出産と原子力をまとめて暗示した例の巨大事象空母73<ナミ>である。
犠牲祭祀のごとき高1少女の猟奇殺人が起きたのはこの演習のさなか。そしてその日、志登支石墓群とおなじ石の遺跡テオティワカンの中心で、安倍首相が犠牲祭祀の神々に祈りをささげたのだ。まったくなんてセッティングだろう!

88(米)+カグツチ(日)+アグニ(印)=神の怒り+犠牲。
火の洗礼に決まっている。
同級生+仏語読みした少女の名が示唆するワードは、トモダチ。
ヒルコ出産の狼煙につづいて、カグツチ出産とおなじ構図が佐世保で示された。オオナムチの「核をめぐるトモダチ作戦」までセットアップされちゃったわけだ。

去年9月9日菊の節句、鉄の帝国ヒッタイト(トルコ)で那智のイザナミが殺害され、もはや菊理媛によるナギとナミの「99り」が難しいのなら、竹の世はやはりヒルコ出産=ナガサキをへて、太平洋戦争やフクシマのように自滅的にシメくくられなければならないのだろう。

「再生」を語れるのはそこからだ。
川内原発の再稼動は来年にズレこみ、すでに原発ゼロの月讀宮遷御が確定している。日月のミロクは完成する。あとはどんな破壊が僕らに必要な変化をもたらすかだ。
あまり記事にしてこなかったけど、「縄文の復活」事象はこれまであちこちで散見された。志登神社の支石墓とナガサキの道のワードは、それらにひとつの方向性を与えるものだ。
縄文をぬきに再生は語れない。つぎの破壊自体か破壊のあとに、僕らは「再生」と「縄文」をもっと強烈に印象づけられることになるだろう。

このブログは擬神化して書いてるから誤解されちゃうかもしれないが、いま展開しているシクミはどこかの崇高で超越的な存在がかってにやってるわけじゃない。すべてはくり返されてきた人間の発想といとなみの反映だし、時空を超えたはるかな共振だ。そしてそのバックには、「縄文」というこの国の原風景がつねに見え隠れする。

たとえば、艮のオオナムチの青森県三内丸山遺跡からは5500年前の縄文のポシェットが出ている。世界秩序を織りなす機織の「タテとヨコのシクミ」の原点といえる出土品だ。タテとヨコで編まれた容れものや、紐のムスビ自体が、祖先たちの世界観=シクミをあらわすんだよね。
八戸市の是川中居遺跡からはおととし縄文琴のニュースが届いた。世界最古の3000年前の弦楽器だ。登呂遺跡の弥生琴とよく似ていて、日本の琴の原型だと考えられている。羽生選手の「結弦」ともつながるよね。
ちなみに世界最古の歌詞は中東のシリアで、3400年前だそうだ。

「歌」は294の道の境の明神。ボーダーと再生のキーワードだ。
ではなぜいまそのシリアで動乱が起き、富士の都留(藤の蔓=弦)のジャーナリスト山本美香さんが射殺されなければならなかったのか。
ことし8月16日、888回千葉妙見大祭の初日に、千葉市の湯川さんがおなじアレッポでISIS<イシス>に拘束されたのはなぜか。千葉妙見はB777のマレーシアとおなじ月星紋。294の道とフクシマの相馬九曜紋は庶流。湯川氏は甲斐⇒熊野にはじまる。
またなぜ、八戸三社大祭で行列の馬が暴れ(8/3)、津軽の弘前市ではじめて「ねぷた」が中止(8/6)される事故が立てつづけに起きたのか。

東北地方の瀬織津姫信仰の原型は、縄文の水の女神だといわれる。
去年、富士の世界文化遺産登録とフクシマの汚染水がリンクしたあと、7月15日に瀬織津姫の早池峰山(岩手)と出雲が記録的豪雨の「水」連動を起こした。その7月15日に、水のヒルコ出産の狼煙があがったのはなぜか。
去年7月10日には、早池峰山と神奈川の真鶴で震度4連動も発生している。真鶴の貴船神社はオオナムチ。その真鶴で、なぜことし貴船まつりの小早船の転覆と、富士屋ホテル総料理長の水の事故が相次いで起きなければならなかったのか(7/27)。
富士と総料理長といえば、神武東遷の稲飯命事象(もんじゅ)の豪華客船ふじ丸総料理長失踪だ。原山支石墓群のある長崎県南島原市の方だった。

去年台風18号で由良川が氾濫した丹波の福知山市では、ことしも8月17日未明に濁流が押し寄せた。「由良」と聞くとどうしても思い出してしまうのが、十種の神宝のひふみ祓詞「布留部 由良由良止 布留部(ふるべゆらゆらとふるべ)」の一節だが、それはともかく、当時僕はこう書いている。
>「丹」には神仙のみならず、はるかな縄文の記憶から、現代の科学技術・・・原子力やips細胞にいたる、あまりにも多くの事象要素がふくまれる。 そしていま、丹とヒルコ出産は、同時進行である。
>終戦記念日の8月15日、その福知山市由良川の花火大会で、露店爆発事故が発生。火の洗礼のヒナ型のごとき様相を呈す。火元はベビーカステラ屋だという。カステラといえば長崎。ここでもベビー+ナガサキ、つまりヒルコだ。

8月15日とお盆対応の7月15日、ナガサキの道・志登神社のヒルコ出産の狼煙は、これらの韻をふんでいる。
日本人5名の重軽傷者を出した8月13日スイスの列車脱線事故も2010年スイス氷河特急脱線事故の再来だが、ことしはこの2010年とともにみごとに去年の韻をふみ、そのウラには縄文の影がちらつく…。

山内丸山遺跡 縄文のポシェット 3000年前の弦楽器・八戸市是川中居遺跡
 さんまるミュージアム      是川縄文館

福井県若狭町の鳥浜貝塚と三方五湖は縄文のタイムカプセルとして知られる。
とくに赤色漆塗りの櫛は、例の「常神串<94>ライン」のシンボル的逸品。
5500年前のものとされるが、湖底からは12600年前の漆の枝も見つかってるから驚きだ。

鳥浜貝塚の漆塗りの櫛福井県立若狭歴史博物館

若狭といえば若狭彦神社(彦火火出見尊)と若狭姫神社(豊玉姫)のオバマ市である。№321『ネオ東京大祓特区宣言(1)』の「火水(ひみつ)のみちびき」にこう書いた。
「2011年に僕らが経験し、これから経験することは、ホホデミとトヨタマヒメを火水(ひみつ)の型とする」と。

糸島市はもともと怡土(いと)郡と志摩(しま)郡にわかれ、志登神社はさびれたとはいえ志摩郡の総社。怡土郡総社の高祖神社と対をなしている。その高祖神社に祀られるのが豊玉姫の夫、彦火火出見尊。
考古学的にも重要なふたつのポイントが、ともにホホデミとトヨタマヒメの「火水(ひみつ)の型」になってるのはとても興味深い。たぶん福井県オバマ市と福岡の糸島くらいじゃないかな。町ぐるみでこの構造になってんのは。

福岡と壱岐・対馬は父なるミソギの事象中心。雛型がうまれる場所だ。
かたやオバマ市は、若狭の水(オバマ市~R369)と熊野の火(R369~串本)からなる「常神串<94>ライン」である。
若狭の水を母なるミソギと結びつけたのは、平城京遷都1300年祭のせんとくんだった。
では熊野の火=スサノヲの火が、父なるミソギの火となるために必要な通過儀礼はなにか・・・。

それが、博多区住吉の安部整形外科医院の「十の火」だったわけだ。
イザナギのミソギ神話の博多住吉神社と、スサノヲの博多祇園櫛田神社。父なるミソギ+スサノヲ。そのほど近くで起きたアベの火は、今回の国道202号「祇園⇒ナガサキの道」のはじまりだったといえる。

このブログは「同経緯度スライド」という概念を用いている。世界秩序を機織るタテ糸とヨコ糸のシクミが地球をおおっているならば、おなじ流れのもとにタテやヨコにスライドする事象のシンクロが起きるはずだという考え方だ。
たとえば「志賀大神原発ライン」の柏崎刈羽原発事故⇒伊佐須美神社火災⇒福島第一原発事故がそうだよね。
ではみなさんは糸島市や福岡市が、熊野とほぼ同緯度にあることにお気づきだろうか。熊野の火筑紫のミソギと対応していることに。
神話ではカグツチ出産で死んだイザナミを追ってイザナギは黄泉にゆき筑紫でミソギをするわけだが、不思議なことに火の出産の熊野とミソギの筑紫はおなじ北緯33度にあるのだ。

熊野本宮大社に対応する位置には、福岡の宗像大社がある。花窟神社は鐘ヶ岬の織幡神社。志登神社に対応するのは、素盞鳴命と蛭子命を祀る和歌山県古座川町の登坂(とさか)神社だろう。
だがなんといっても重要なのは、志賀大神の志賀海神社と、イザナミの熊野那智大社をむすぶ北緯33度40分のラインである。
くり返し書いてきたので憶えてる方もいると思う。
そう。ナガサキ型原爆による人類初の核実験「トリニティ」の爆心ラインだ。

1945.7.16トリニティ原爆実験 1945.7.16 トリニティ原爆実験

石川県の志賀原発と能登半島地震。新潟県の柏崎刈羽原発と中越沖地震。この事象帯を「志賀大神原発ライン」と名づけたのは、トリニティ原爆実験とおなじ北緯33度40分の志賀海神社が被災した福岡県西方沖地震からの連動性が確認できたからだ。そしてついには東日本大震災が発生し、同ラインの福島第一原発でカグツチ出産がおこなわれた。

熊野那智大社と志賀海神社は「火と海」の関係にある。火の海(産み)だ。
もし1945年に僕がこのブログを書いていたら、トリニティ原爆実験をまちがいなくカグツチ出産だと断定しただろう。
その出産されたカグツチが、ナガサキに投下されたのだ。
安倍首相の原発輸出=出産されたカグツチの輸出も、これとまったくおなじ意味をもつ。

ナガサキにファットマンを投下したのは、B29ボックスカー。国立アメリカ空軍博物館に展示されている。コメントにもいただいたし、下の写真を見ればみなさんもハッとするだろう。「77」だ。

ナガサキB29ボックスカー

僕がいくら「米印123協定にはじまる七夕サミットのシクミ」だといっても、たぶんみなさんピンとこないかもしれない。でもこの「ナガサキ=77」のキーワードをいまの事象にあてはめてみれば、時空をこえた壮大なシクミが直感的に見えてくるんじゃなかろうか。

京都祇園てんかん暴走事故を起こし、「スサノヲと父なるヤマトの十字」を示したのは(ワン)ボックスカーだった。
博多祇園山笠のフィナーレを飾る追い山がおこなわれた7月15日、祇園⇒ナガサキの道の国道202号ぞいの志登神社で、ついにヒルコ出産の狼煙が上がった。

翌7月16日、間髪を入れずに原子力規制委の田中委員長が川内原発の審査合格を発表。僕にはブラックジョークとしか思えなかったよ。69年前の7月16日に、トリニティ原爆実験はおこなわれたのだ。
トリニティの前日にヒルコ出産の狼煙が上がり、当日に原発再稼動のGOサインが出た。これが偶然だと思う!?
記者さんたちもさ、ムダに雁首ならべてないで、ちゃんとツッコミ入れてあげなきゃダメだよね。今日がなんの日がご存知ですか、と。

そして7月17日、ウクライナ上空でマレーシア航空17便のB777が撃墜。298名の民間人が犠牲になる。
同日イスラエルはガザ侵攻を開始。現在までに2000人以上の民間人が犠牲になっている。ナガサキのようにだ。

鹿児島の川内原発は、イスラエルの聖地エルサレムと同緯度にある。
こんどは僕らへのスイッチだ。

  • [No Tag]

*Comment

いつも興味深く拝読させて頂いてます! 

ありがとうございます!

ちょっと気になったんですが、秋葉の神様は火防の神様だと思ってました。

石の神様といえば、私は少彦名命のイメージですが、イスルキ命(スサノオ命?イザナギ命?)も気になります。

本記事もコメント欄もいつも参考にさせて頂いてます。ありがとうございます。
  • posted by あいしてる♪ 
  • URL 
  • 2014.08/23 20:25分 
  • [編集]

古座川 

お忙しい中、記事の更新どうもありがとうございます。

>志登神社に対応するのは、素盞鳴命と蛭子命を祀る和歌山県古座川町の登坂神社だろう。

今話題の氷水リレーのALSの病気は、日本では和歌山県の紀南地方の古座川地区・穂原に特に多く「牟婁病」とよばれていたんですよね。

石のつながり・・テオティワカンのナイフといえば黒曜石。佐世保東浜町の淀姫神社(豊玉姫神)のところは黒曜石の産地。石とナイフのつながりなのかなと思っていました。黒曜石も縄文の交易を解き明かすものですよね。
そしてイスラムの最高聖地カアバの最高神は月の神、御神体は黒い石・黒曜石ともいわれています。
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2014.08/23 22:52分 
  • [編集]

Re: いつも興味深く拝読させて頂いてます! 

はい。秋葉の神様は火防の神様です。というか火の神様ですよね。
祇園の牛頭天王は疫病よけの神様ですが、疫病神そのものでもあります。
それとおなじです。

とくに西日本では巨岩奇岩はオオナムチとスクナヒコナのコンビがよく祀られています。
両神の国づくり神話からとったんでしょう。
たとえば生石神社の石の宝殿もそうです。

小人神という意味では、石といえばハワイのメネフネですね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/23 22:54分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/23 23:41分 
  • [編集]

Re: ゴジラ 


ありがとうございます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/24 00:38分 
  • [編集]

Re: 古座川 


> 今話題の氷水リレーのALSの病気は、日本では和歌山県の紀南地方の古座川地区・穂原に特に多く「牟婁病」とよばれていたんですよね。

あ~~すっかり忘れてた。ニュースではじめて知って、これは!ってチェックしてたんだけど。書くの忘れた。
あとで本文に埋め込んどきます。
氷水が氷川神スサノヲの事象だとすれば、まんまですもんね。
ボックスカーのこともじつはすっかり忘れてて(笑)。ほんと抜群のタイミングで思い出させていただきました。今後ともよろしくお願いします。

> 佐世保東浜町の淀姫神社(豊玉姫神)
ホツマツタヱでは、淀姫はアカメのこと。彦火火出見尊がなくした釣り針をみつけた海女です。
東浜町って、現場でしたっけ。佐世保に淀姫神社あったの知りませんでした。
豊玉姫はもちろん彦火火出見尊とも。つまり糸島と佐世保はアカメでもつながる。
そういえば淀姫信仰は佐賀が中心ですから、支石墓の分布と重なってたりするかもしれませんね。

> イスラムの最高聖地カアバの最高神は月の神、御神体は黒い石・黒曜石ともいわれています。

なるほどねぇ。
ISIS=イシスともつながりますね。
月の女神アッラートは、ラティウム(ラテン語)の女神ラトが起源って説もあるそうで、だとするとバチカンともつながってくる。
しかも黒石。こりゃイスラム国ってとんでもない月のシクミっぽいですねぇ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/24 01:20分 
  • [編集]

Re: 桂 

白いシャッターが今回のなら、僕の心理のあらわれかもしれませんね。

桂は月にもつながります。

タテの昼とヨコの夜。
火と水のふたごの子(ベビー)。
三種の神器と十種の神宝。

そしてスサノヲとツキヨミかな。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/24 02:04分 
  • [編集]

秋葉の神様 

すみません、
風の神様で天狗様だと思ってました(>_<)
  • posted by あいしてる♪ 
  • URL 
  • 2014.08/24 06:42分 
  • [編集]

スギルと書いてアヤマチ 

交通事故:路上に油、転倒など20件超…大阪・和歌山 (毎日新聞) http://fp.mainichi.jp/news.html?c=mai&id=20140823k0000e040243000c&t=full

堺からかつらぎってまた意味深ですね。

……………………………………
美人すぎる議員 の頃からですか。超××、抜きん出た××が、スギルと表されたの。
うちの両親らに言わせると、「美しさを通り越したらただの人、もしくは不美人なのでは?」となるのです。
12時過ぎが1時、23時過ぎが0時を表すみたいに、円で捉えているのでしょう。

なら想定外は?自分の枠内からはみ出ただけ。
非日常で、一種のハレ。
………………………………
価値観の「スギル」は、考えが及ばない、いままで遭遇しえなかったという過去形の更新。スギル前は未知未聞だった。
積み重ね更新だから、いつでも想定外は出てくるし、美人すぎるからもっと美人すぎるに進化もしていく。ハレにハレを重ねるように、センセーショナルで刺激的なものばかり追ってしまう。

となると、身近な平和や静けさをすっかり忘れて、狂ったような何かに打ち込み出す。
ありがちなのは、具体的な理想像も立てずふわふわと風に翻弄されることを、夢を追い求めていると自分が勘違いしちゃうこと。過去の全否定と現状の自己肯定にのみ生きる。許せないものばかり目について、時々の精一杯、その時のベスト、あの時のしあわせがどうでもよくなる。

これ、矛盾しているようで、「あの頃は良かった」という偶像信仰にも繋がるのです。
時代遅れの、現状にそぐわない価値観を掲げ、これこそが理想郷と唱える人の目は、今の何も捉えていません。耳も目も機能していないかのよう。


………………………………
・ロシアからの救援物資が国境を越えてウクライナから出ました。物資は親ロシア派の人から手渡しで配られているとか。
・エボラ出血熱になった医師からウイルスが消えて退院できたそうです。
・氷水騒ぎの最中、難病患者宛に医療費の負担増になるというお知らせが届いているそうです。


私には全部夢の中のできごとのようで、実感が湧きません。
なすすべもなく、幽霊のようにぼーっと町を歩くだけ。
ほんとは、ずっとずっと昔に私は死んじゃっていて、千の風になって吹き渡りながら懐かしい町を思い出して「私は何か遺したのかな?」とか見ているのかな。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.08/24 12:06分 
  • [編集]

気比に勝った生駒の神?? 

敦賀気比に勝った大阪桐蔭のある
大東市は生駒山のお膝元・・

生駒山といえば午年にぴったりの神様
往馬坐伊古麻都比古神社
がありますね・・・
ここには神功皇后をはじめとする関連人物も祀られています

他にもいろんな宗教があって・・・意味深な・・・山です

なんだか・・・これも事象がらみでしょうか・・・
あしたは・・・大阪の勝ちですかね~~~

  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.08/24 19:09分 
  • [編集]

地震、雷、火具… 

こんばんは、いやさかの木様、皆様。

今日の朝チリのバルパライソ(天国の谷)で震度6.6の地震(読売発表で他社は6.4)があり、関東の埼玉県の加須では4.3(黄泉?!)の地震がありました。
去年の1ヶ月後の9/24はパキスタンのバローチスタンで7.7の地震がありましたが、過去に二度、地下核実験しています。 

昨日の筑紫野市の大雨は筑紫神社や二日市八幡様かと思ったんですが、竈門神社の神様は妹姫神様ですし、菅公も関係ありそうです。
スーパー満月は終わったし、スサノオ命様が根の国から横の糸をあらわすのかな?!

諸星大二郎の生命の木ではないですが「みんなパライソさ行くだ!!」
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2014.08/24 19:20分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/24 20:03分 
  • [編集]

縄文 

縄文の森、白神山地から戻ってきたらこの新記事、シンクロしてますわ。広島に豪雨を降らせた雨雲が日本海沿いに秋田・青森に到来してる時に出かけたもので、命の危険があるんじゃないかと表層意識はおののきましたが…心の声は「雨は心配ない。恐れではなくむしろ自然と一体となること。」という感じでしてね。五能線が台風で一部崩れてる影響で回れたのは予定の7割程度でしたが何か満足感。
唐松山天日宮では道中すごい豪雨でしたが(由利本荘で浸水していた日)、参拝中は雨上がって傘要らず。白神山地でも屋根のある休憩所に滑り込んだ途端に雷雨でしたが歩いてる間は晴れていてくれた。大雨だったら博物館に縄文のビーナス・遮光器土偶のレプリカでも見に行こうと思ってたのですが。雨上がりの蒸気で隠れていた岩木山も綺麗に姿を見せてくれましたし。まことに一体感を感じた白神山地の旅でした。
まぁ、元マタギの案内人からしたら私など森の玄関口に一歩入れてもらった程度ですし、縄文人は皆「自然と一体」が当たり前だったのでしょう。現代でもハイテクの前提として必ず備えているべきセンスなのでしょう。その前提がないものは砂上の楼閣になってしまうのだな。新聞の縄文土偶特集記事の写真を見て「素晴らしい…」と嘆息している今日この頃ですよ。

p.s. 歴史に疎いのでチーフコック事象が稲飯命までは分かっても支石墓にまで線が繋がるとはよもや思わず。う~む、そうですか。九州から東北まで支石墓という点を繋ぐと「水の連動=火の禊 列島縦断、借り銭無しになるまで」という線が? …ま、ひととき恐怖におののいたとしても一体感を回復するまでのこと。

追記:広島土砂災害の現場となった阿武山には貴船神社の祠があり高龗神が祀られているようです。過去にも何度も土砂崩れを繰り返してきた地史があるようです。参照→ bo-sai.co.jp. 「広島土砂災害」
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2014.08/24 21:19分 
  • [編集]

Re:Re:古座川 

佐賀の與止日女神社は今年1450年式年大祭(10月26日)なんですね。

東浜町は現場ではないですが、佐世保が石器に使われる良質な黒曜石の産地ということで書いていました。202号が通る針尾島も産地ですね。
事件現場は島瀬町で、すぐ近くに佐世保市博物館島瀬美術センターがあります。発掘品の考古展示室や黒曜石を用いての石器作り体験などもしている場所ですね、まぁこれはあんまり関係なさそうですけど。
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2014.08/24 22:47分 
  • [編集]

黒曜石 

いやさかさま

おはようございます。
黒曜石は縄文の時代 今の携帯電話のような
役割だったと、以前どなたかのブログが何か
で読みました。

数日前から身に着けるようにしていたので、
こちらで黒曜石がでてきて、へえ~~~
という感じです。

携帯は昨日は一日接続できない状態でした。
いきなりエラーになったので放置していて、
夕方家人に形態の状態を尋ねたらみな
平常通りとのことで自分のだけおかしかった
ことがわかりました。 今はつながっていますが。

何の調整でしょうか。。

いつも、ありがとうございます。

3633
  • posted by 紅実子 
  • URL 
  • 2014.08/25 09:04分 
  • [編集]

おうまさん 

ハープスターにリトルゲルダ
前者は墜ちる鷲こと、こと座ベガの別名。
後者は雪の女王(原作)に出てくる主人公の少女(アナ雪で言えばアナです)

私はラブイズブーシェ(恋なんていらない)を狙ってみましたが、話はその段階を過ぎたようですね
人はどう言おうと我が道をゆくのは、アナも同じだったから

礼文まで水浸しにして… 報道の写真を見たら広島や高知、福知山同様、浸水した沈没寸前の船みたい
中曽根さんがかつておっしゃった不沈空母とは潜水艦のことだったのかしら

海の底にも都はございます と?
昨日赤坂界隈を歩きましたが、あの辺りも水浸しになりそうな道の集まり方ですね。江戸城下は、道を水路にする気かなあ(徳川関係者の屋敷って、船を出すには道幅も高低差も運河も利用できそうな便利なところにあるのですね。)馬を船に乗せて浦賀や葉山に避難する絵を描いてみました。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.08/25 09:56分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/25 15:27分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/25 17:50分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/25 20:27分 
  • [編集]

今スンゴイ雷でメッチャ怖くて 

朝6時ものすごい雷鳴で起こされました。
続けて3度、あれはどこか落ちたね。
2時間前3:42分ごろには突然地震で目が覚めた。
震度2程度でしょうか、近くかなとすぐにtvつけた。
なんと大阪湾でマグニチュード4.1だって。
昨日、甲子園では三重を下して大阪優勝したのは何かワケアリ?
何か始まりましたか?
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2014.08/26 06:02分 
  • [編集]

55と294 

気になることがあってブログを拝読させて頂きました。私の内面が変化しているのしょうか。今までにない重い感覚です。最後の審判を下された後のような感じでもあり、石を抱いて海に沈みこんで行くような感じでもあります。

ブログを読んでいる間、私の脳裏に浮かんだのは、2013年11月10日に起きた、震度5弱マグニチュード5.5の地震です。
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20131110073801.html

その地震が起きた場所は筑西市舟生で(舟が生まれる!)、国道294号線の近くです。
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msa=0&msid=216427998575141183794.0004b6aec225725e3e270&dg=feature

その時私がいたのは東北新幹線の中。新幹線が緊急停止した場所は鬼怒川の真上でした。鬼怒川は、栃木県真岡市から千葉県柏市まで、294号線に平行して流れています。

後日、鬼怒川の上流に行くために日光市に向かっている途中で降りたのが、栃木県塩谷町です。東北自動車道を走っている時に、ナビの画面に大宮の文字が見えて、そこに行かないといけないような気がして、そこで降りて、塩谷町大宮を流れる鬼怒川で祈りを捧げました。

その後、すぐ近くの直売所に入って、尚仁沢の湧水とパンを買いました。そのパンがとても美味しくて、裏のラベルを見たら、お店の名前が「ベーカリーノア 船生店」でした。「舟が生まれる?洪水?川だから山津波?」

そんなことを考えながら、その日はそのまま関谷断層に沿って那須まで北上し、途中の川ごとに止まって、祝詞を唱えました。

それぞれの川の上流にはダムがあります。それ以前から断層のある場所を探していたこともあって、私は地震によってダムが決壊して、山津波が起きるということじゃないかと恐怖を感じました。

下記URLの赤い縦の線が関谷断層です。
http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/kanto/p09_tochigi.htm
地震調査研究推進本部のサイトより 

そんなことがあったので、先月、塩谷町上寺島の寺島入国有林の一部が放射性指定廃棄物最終処分場の建設候補地として選定されたというニュースを知った時は、愕然としました。

広島の土砂災害は他人事ではないと思います。大雨警報が出る度に、気象庁のナウキャストを見るのですが、日光国立公園を南西から北東に向かって巨大な雨雲が移動する様子をリアルタイムで見ていると、怒りを通しこして、悲しみしかわいて来ません。
気象庁ナウキャスト http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

塩谷町には塩谷町の北には黒曜石採掘坑遺跡が発掘された高原山があります。全国名水百選の認定されている尚仁沢湧水があります。神社もたくさんある町です。そんな町に核廃棄物を持ち込もうとする国も、核を作ることを止めない政治家も、そんな政治家を選ぶ国民も、アホです。

尚仁沢湧水はこんなところです。
http://www.town.shioya.tochigi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=8968

星宮神社を検索している時に、こんなマップを見つけました。
星宮神社マップ
https://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=100385966374475400218.0004693636d7c508a4070&ll=36.602299,139.696655&spn=0.881971,1.098633&z=8&source=embed&dg=feature

高原山を検索している時に、こんなところに辿り着いてしまいました。
方位線と歴史を研究されている方のサイト
http://www012.upp.so-net.ne.jp/houi/simotuke_tamuramaro.htm

一部抜粋します。
「剣ヶ峰が原産の黒曜石を使用した石器が矢板市より200km以上離れた静岡県三島市や長野県信濃町の遺跡で発見され、氷河期の寒冷な時期に人が近付き難い標高1,500m近い高地で採掘されたことや、従来の石器時代の概念を覆すような交易範囲の広さ、遺跡発掘により効率的な作業を行っていたこと等が分かっているという。山頂近くで黒曜石が採掘された剣ヶ峰は、高原山の中でも古くから意識された山であり、聖なる山ともされていたのではないだろうか。また、方位線的にいえば剣ヶ峰は日光男体山奥宮と東北30度線をつくり、那須山茶臼岳とは東北60度線をつくるという位置関係にある。男体山奥宮と茶臼岳も東北45度線をつくっている。」

日光市といえば、私が何度も引き寄せられた二荒山神社があります。平家の落人で有名な湯西川温泉もあります。相馬市、柏市、会津、二岐温泉、、、平家に繋がる場所にも何度も引っ張られました。そうした点が、どこかで線になるのでしょうか。

止まない雨。水を含んだ山々は、小さな地震でも崩れ落ちてしまうかもしれませんよね。ダムが決壊しなくても、ダムを支える山本体が崩れたら?・・・考えるだけで恐ろしいです。

古代の人々は神々の機嫌を損ねることがいかに恐ろしいことかを知っていた。だから、神々を敬い、神々と共に暮らしていたのでしょうね。自分の生き方をいろいろと反省させられる毎日です。

震度5.5と294号線が暗示するものが何なのか。首を洗って待つことにします。
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2014.08/26 12:00分 
  • [編集]

黒曜石??? 

コメントを投稿した後、コメントを上にスクロールしたら、「黒曜石」の文字が見えて、「???」

やっぱりみんなどこかで繋がってるんですね(笑)。

今日は4時前に目が覚めて、そのままパソコンを開けてブログを読みました。最近、自分をつくづくアホだと思っているので、コメントは躊躇したのですが、高原山のことは伝えないといけないと思って、コメントを書いている時に地震がありました。

11:22でしたね。ニギハヤヒですか?
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2014.08/26 12:12分 
  • [編集]

おきようよう 

黒曜石って、オプシディアンなんですね。
いまも手術道具として使われている、歴史ある刃物材料。
日本だと隠岐でも採取できるとか。

隠岐と言えば、後鳥羽さん!
ちょうど短歌をガバッと送ろうと思っていたところでした。
淡路島や長岡京、高志の浜辺りから送れば良いのでしょうけど、どうにも行けないので橘郡(川崎市)からで手を打ちましょうか。


後鳥羽さんと定家が交信できなかったのは、この黒曜石のせいかも。昔の流罪地って、海辺とか距離があるというだけでなく、特定の金属や石があるために入るチャンネルが限られるみたいです。
意外に青森辺りで後鳥羽さんの声が聞こえてたかも。

黒曜石、買おうかな…
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.08/26 13:35分 
  • [編集]

「八木蛇落地悪谷」 

今回広島安佐で被害の大きかったところの
昔の地名は
「八木蛇落地悪谷」

絶対に住むな!!って名前ですよね
旧地名って大事です
ご先祖様の知恵と経験が詰まったものなんですね
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.08/26 16:16分 
  • [編集]

「フィヨルド」 

いやさかの木さん皆さん今日は。

「アナと雪の女王」の舞台になったのは「フィヨルド」と呼ばれる地形にある海運国「アレンデール」です。


「フィヨルド」Wikiより
フィヨルド(ノルウェー語等:fjord、異称:峡湾、峡江)とは、氷河による浸食作用によって形成された複雑な地形の湾・入り江のこと。ノルウェー語による通俗語を元とした地理学用語である。湾の入り口から奥まで、湾の幅があまり変わらず、非常に細長い形状の湾を形成する。

「氷河=氷川=氷川神」、「アレンデール=荒れん出ーる=荒ぶる」どちらも「ソサノオ」をイメージしてしまう、そして8番人気。

8月24日(日)、2回小倉8日目11Rで第49回北九州記念(GⅢ)(芝1200m)が行なわれ、丸田恭介騎手騎乗の8番人気・リトルゲルダ(牝5、栗東・鮫島厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:07.5(良)。

馬主は栗山良子氏、生産者は米のDappleBloodstock。馬名の意味由来は「アンデルセンの童話『雪の女王』に登場する少女」。

リトルゲルダ
(牝5、栗東・鮫島厩舎)
父:Closing Argument
母:Bijoux Miss
母父:Buddha
通算成績:19戦6勝
重賞勝利:
14年北九州記念(G3)

父「closing argument」の意味は
 最終弁論、論告

母:Bijoux Miss  どうして女性のミスと誤りのミスが同じなんだろう、それに濁点つけると「水」になるし。
bijoux
【名詞】
宝玉,装飾物,小型で優美なもの,珠玉
(bijouの複数形)

ミス(英語: myth)
英語からの外来語 ⇒ 神話

母父:Buddha ???

お姫様で「鮫」に縁があると言えば「トヨタマ姫」、彼女は「カモ船」で夫の元へ旅をして嵐に会い九死に一生を得「ワニ船」で辿り着く、後に夫に見られたくない姿を見られて心を閉ざすが、義父の「二二キネ」に「葵と桂」で諭されて心を開く、そんな物語が有ります。

心が荒んで荒ぶる「ソサノオ」、厄介者だった彼が「オロチ=嫉妬や妬みが集まり凝り固まったもの」を倒して自分の心を成長させて行く、「自分の中の凍った心を溶かすのは自分の真実」なのでしょうか、彼の持って生まれた大きすぎる「荒ぶる力」を制御出来る様になる事で国を守る役目が果たせる、「女王エルサ」、共に若い時に親を亡くしてたり、色々と重なるエピソードですね。

「アナと雪の女王」、神話の世界はつながってるのでしょうか。


いつも有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2014.08/26 16:27分 
  • [編集]

Re: 今スンゴイ雷でメッチャ怖くて 

敦賀気比と三重の決勝だとばかり思ってました。
大阪桐蔭はノーマーク。
でもそのあと、気象予報で大阪はこれから豪雨だといってたんで、ああやっぱなんかあるんだなぁと。
とくに箕面はひどかったようですね。
地震も淡路島のとこが震源ですよね。
大阪桐蔭ってどこにあるんでしたっけ。

・・・と思ったら、yahooニュースに大阪桐蔭に4人の福岡出身メンバーって。
エースの福島くんは福智町。3番の香月くんは水巻。控えの大森くんの香春も気になりますが、
なんといっても主将の中村くんだよね。糸島市の出身だって。

やっぱわけありのようです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/26 18:03分 
  • [編集]

アルプス・キダ・タロー 

大阪桐蔭高校優勝の神曲と話題になっているのが、アルプス・キダ・タロー。アルプスってアルプススタンドのことだと思うのですが、山パワーにも押されたのかな。
キダ・タロー氏は箕面市在住のようなので、あれっ?と思いました。

http://news.livedoor.com/article/detail/9183764/
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2014.08/26 21:04分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/26 21:54分 
  • [編集]

みられたくない 

美しくない
輝いていない
汚れた
傷ついた
泣き顔
ボロボロ
年取った
若くない
迷惑な
害を与える
いない方がみんなのため


誰もそんなふうに見ていないのに自分が酔ってしまうのです
「こんな自分は恥ずかしい」と


みんなを励ますタイプは要注意
何故なら無理して疲れやすいから
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.08/27 00:15分 
  • [編集]

杭を抜いたら 

工事現場の鉄の壁が倒れて通行人が下敷きになったニュース
あれ、結界が破れて中に封じてたものが飛び出した と見てもいいのでしょうね。
鳥籠の戸を鳥が開けて出ていっちゃうように。

人形町は水天宮の工事現場を見ていた時に、祭神はともかく、土地の神様はどうなってるのかなあと思ったんです。無菌室状態で神様0にしては工事が成り立たない。かといって騒がしいのが苦手な神様や古い方が好きな神様は、残りたくないでしょう。

水天宮の敷地には数本の木が残されていました。

考えてみれば実家近くの社宅取り壊しの時も、県営住宅が民間マンションに変わる時も、一本は木が残っていたのですね。

私は寺社建築には明るくないですが、木とか石とか、その土地にずっとあったものを残す動作は大きな意味を持つのかな?
拠り代、仮のお住まいごと神と見なして手厚く祀る…


9月11日、あの堅牢であるはずのビルがいともたやすく崩壊しました。
爆薬を仕掛けようと、地震が来ようと、倒れないものは倒れないのに、あのビルは全身の力が抜けた人のように膝をついて粉々。

飛行機が突っ込んだ位置は、ゴリアテの眉間ですかね。

結界は完全には閉じないそうです。排水口や玄関のように「出す」穴は開けてある、と。でないとどんどん老廃物が溜まるから。

だとしたら倒れた現場は排出の穴が無く、かつ貯まりまくる構造になっていた?
風船に針を刺したかのように、バン!

木や石は発信器の役も果たします。もちろん受信機の役も。
ガス抜きの穴、通風孔という位置付けと見てもいいですかね。
ご家庭の神棚や仏壇も、何もなければ大黒柱も。

それを人が担っている可能性も。

場の雰囲気は、背負って立つものが支配していることが多いです。名が知れたものや、社の中のものとは限りません。
昔の犬やこどもは、触れちゃならんもん大切にせんならんもんを見抜き、わかっとったんですがね

燃えるところは、排出が不完全なようでした。
持ち込まれる念が強すぎて神様バーストしちゃったから、あんなによく燃えたみたいです。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.08/27 07:55分 
  • [編集]

オプシディアン 

はなさんの「黒曜石って、オプシディアンなんですね。」の一文にビビビ。
オブシディアン?聞いたことあるなあ。なんだっけ?そうだ!グラウンディングのエネルギーを持つ石だ!今の私に一番必要な石かもしれないなあ。私も買おうかなあ。ちょっと待てよ。黒曜石なら実家にあったぞ。鏃を集めるのが趣味だった父が、北海道のアイヌの方に頂いた黒曜石の鏃を額に入れて飾ってた!あれはどこに置いたっけ?そうだ!誰もいない実家の物置にしまったまんまだ!それをちゃんと飾れってことかも・・・そう思った途端、いつもの自分に戻りました。黒曜石の仕業か父の仕業かわかりませんが、黒曜石の入った鏃のコレクションを神棚のところに飾ってみることにします。

はなさん、ありがとうございます!
最近、いろいろなエネルギーにやられ放題だったので、タイムリーでした。気候の変動の激しさが影響しているのでしょうか。再び人格が不安定になっています。富士山に行ってから体質も変わったようで、急激に太り始めました。そんな自分を見ても、以前のように混乱することはありませんが、自制できないのが困りものです。周りの人たちは単なる老化だと笑ってますが、2010年と同じようにいろんなエネルギーが噴出してますよね。今月は全く山に近づけませんでした。

「みんなを励ますタイプは要注意 何故なら無理して疲れやすいから」
それは私のことでもあり、はなさん自身のことでもありますよね。はなさんがどんな言葉を綴っても、行間から優しさが滲み出てますよ。ここに登場する方々の共通点でもありますよね。ここにコメントを書くと衝撃波のようなものを感じるので時々ビビるのですが、みんな同じものを感じてるので安心して元の場所に戻れます。

皆様に感謝です。
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2014.08/27 08:29分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/27 08:32分 
  • [編集]

お礼 

いやさかの木さま

おはようございます。
この場をお借りして、お礼いわせていただきます。

新月の日、いつぞやどなたかのコメントに
ピピピと来た私は 京都太秦の木嶋神社参拝
に行きました。

蚕つながりで、東京日野の熊野神社から
始まり、名古屋ますみだ神社、筑波やまの
蚕影神社、京都の木島神社、。。。。。

おかげさまでもうすぐ完了します。

ありがとうございました。
  • posted by 紅実子 
  • URL 
  • 2014.08/27 09:13分 
  • [編集]

お役に立てて何よりです 

すにもどれ
もとにかえれ
じぶんをみよ
それでいいのか


どんな漢字をあててもたぶん目ん玉をくりくり回して見てなかったところを見ることになるのでしょうね。
黒曜石は水晶と共に仏像の目ん玉に使われているそうです。たまーに目があちゃこちゃ向いちゃってるだるまやら似顔絵やらありますが、メガネのレンズを入れ換えたら解消することもあるそうで。(オズの魔法使いの最後みたい)

石が光らず濁る時、汚れを拭き取ってから、柔らかな布に包んで懐に入れておくとか、寝るとき一緒に布団に寝かせると何の浄化より早く直ったりします。
でも何をしてもくすんで元気がない時や、像がぼやけて見える時は、寿命。
その石が欲する環境で最期の時を迎えさせてあげるといいですね。

ほんとは人も道具も土地も同じことなんですけど…
望みを語る声を聞き取れる人はなかなかいらっしゃらないから…

最近、カメラの性能が良くなったせいか、靄のかかった写真をたびたび見ます。
ピントが合っているのに輪郭が溶けていたり、くっきりなものとぼやけたものの差がありすぎたり
「光に包まれた♪」とか喜ぶ人はいても、その光が何か見破る人はなかなかいなくて

あれだけ嫌っていた『花は咲く』を私が歌っていることに、自分で驚きます。
「ああ、こっちからはこう見えてたんですか」です。

この世というグラウンドでタマを追いかけ走り回っている人を、一段高い観客席、あるいは天守閣の中から望遠鏡で眺める感じ。
籠の中の鳥は、いま自分は生きていると思っている人たちみたいです。

なるほど、これじゃ確かにここに立ってみなきゃわからんわ
と思いました。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.08/27 18:19分 
  • [編集]

亡き人の思い 

黒曜石で亡父を思い出し、1週間ほど前に亡父宛てに届いていた手紙が急に気になって開けてみたら、父の教え子からの同級会の招待状でした。勝手にDMと思い込み、そのまま捨ててしまうところでした。欠席の手紙を泣きながら書いて投函したら、お盆を過ぎても存在を示し続けていた父の気配が消えました。体がなくなっても人の思いは消えるものじゃないということを、改めて感じました。天寿を全うした父でさえそうなのですから、無念の死を遂げた人たちの思いはどれほどのものなのでしょう。いろいろなことに気付かされるにつけ、私の慰霊の旅など神社で現世利益の願掛けしかしない現代人と同じレベル。結局は自己満足であり、自己逃避に過ぎなかったと恥じ入るばかりです。心も体もきれいにして、昔の人のように、ただ感謝の心で黙々と神仏に手を合わせられる人間になりたいと思います。いつも気付きをありがとうございます。
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2014.08/27 22:06分 
  • [編集]

Re: はじめまして 

はじめまして。
コメントくださる方に百足さんってHNの方いますよ。
今回の記事につながる国道202号の情報を最初にくださった方です。
宇美八幡については、まだこれから本題に入るトコです。

あと、非公開コメには基本的に返信しませんので、以後よろしくおねがいします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/28 00:41分 
  • [編集]

Re: 大阪桐蔭は 

須波麻神社なんですね。
祭神は大国主命ですが、祭祀対象は木霊だとか。
この優勝がどうこだまするんでしょうね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/28 00:51分 
  • [編集]

Re: アルプス・キダ・タロー 

大阪桐蔭高校のバックはどうやら生駒山の木霊のようですね。
須波麻神社です。
キダも木田だし(笑)。
おっしゃるとおり「山」の流れですね。
ナガスネヒコもからんでるかも。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/28 00:59分 
  • [編集]

Re: 「フィヨルド」 

観てない僕としては、穴と雪でどうしても富士山頂を発想します。
穴と雪の女王だからサクヤヒメ。

フィヨルドといえば氷河。アイスランドのバルダルブンガ火山が噴火しそうでうね。
2010年にはエイヤフィヤトラヨークトル火山が大噴火。火山灰でヨーロッパの空がマヒしました。
また2010年の韻をふまなきゃい韻ですが。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/28 01:07分 
  • [編集]

Re: 「八木蛇落地悪谷」 

すごい名前ですね。
八蛇だし・・・。

東日本大震災のあと古地図が飛ぶように売れましたが、
西日本の方は、そういう意味ではまだ甘いんじゃないかな。
恐れてるヒマがあったら、きちんと自分の住んでる土地の過去を自分で調べる。
それが災害への対策や心構えにもつながる。
そういう姿勢をこのブログは望んでるんだけど・・・。

記録というのはむかしはたいていお上のもの。
では一般の住民たちはどうやって子孫に伝えるかってことですよね。

山の中なのに波切なんて地名があったら、ヘンなので終わっちゃいけないんだよね、行政も。
そこまで津波きてんだから。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/28 01:21分 
  • [編集]

おいぬさま 

水天宮は安産の守り神
ウミ繋がりですかしら

水の湧くところ木が栄え動物が集い
逆に言うなら水を欲するものが集まったところ
乾いていた?火に巻かれていた?
たぶん、江戸城下はほとんど海でしたから、水天宮界隈もドザエモン地域

災いが強く惨たらしいところほど、神の名や仏を被せて名前を良い向きに変えようとする
あなたの犠牲という教訓を無にはしませんよ
と言った誓いを籠めて

緑と付く地域は草木も生えず
栄とある街は昔は寂れていた
新(しん)とつけば全滅地帯 もしくはゼロから発展した
なんて法則を頭に描けるかどうかじゃないですかね

忘れたいから名を変えるというより、古い因縁に見切りをつけて、結婚相手の姓を名乗るみたいに別のものに進化をする。
芸人さんや作家さんの芸名、ペンネームだって、公人私人の区分けみたいなもの。

地形と歴史の問題は、漢字のイメージ、見た目に引っ張られてしまっていること。漢字の意味すら見ていない。
言霊は基本、音(オン)です。何故なら声が成すものだから。

…………………………………
ある と言えばその人には見えた。
わかる と言えばその人には聞こえている。
それが幻聴や錯覚でないと証明するのは困難。

小保方さんが嘘を吐いているのでなければ、あの細胞は出てくるでしょう。

自分が正しければこの細胞は誰の手によっても出現可能と、うけひでも立てれば、神が動くかもしれない。
本気で助けを求めているようには見えないんですけどね。最初からあの細胞を作る気なんか無かったんじゃないの とか言ってみたくなる私もおりますが

いや、彼女に限らず人の掲げる公約なんて、口から出た途端、むなしうす。
声に出すことは神との約束だなんて思ってもいないだろうし、できなければ速攻で命を回収されるという緊張感も先に亡くしてるし


……………………………………
往ぬ とは去ること。イヌとは子を遺して居なくなってる親のことを指している と知れば
狛犬にこそ手を合わせ労をねぎらえると思うのですね。店で言えば従業員
世の中敬う対象を間違ってますよ

…………………………………
イヌは水を怖がらない
溺れている人を助けようとする
でも知恵が足りないから、助けなくてもいい変なものまでくわえてきちゃう
長靴祀っても仕方がないのに。
働き(功績)を無視してもの(シンボル)ばかり拝むからどんどん体が歪む。

地震はひずみ解消の寝返りみたいなもの。
岩だって変な向きから圧力をかけられれば、跳ね返す力をもっています。
岩を侮っちゃいけない。コノハナをめとったこの国は、岩の気持ちなんて忘れてる。

…………………………………
次は石の反乱。
いろんな石が飛んできて、電波が通じなくなるような気がします。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.08/28 07:02分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/28 09:59分 
  • [編集]

千春さん、はなさん 

つぶやきも精神論もいりません。
ご自身のブログでお願いします。
多いし長いし、
コメントというよりブログ書いてますヨ。
あ、あのときこのニュースのコメントあったなと思っても、
ひとつの記事で100とか200とかいっちゃうと探すの大変なんですよ。
いままではよくても、もう状況がちがいます。
承認コメに変えようかと考えています。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/28 12:49分 
  • [編集]

全員ゼロから 

アギーレ氏から渾身のメッセージ「全員ゼロから」と言う言葉が届きました。
ゼロとは、エゴの無い状態から・・・という事でしょうか。
エゴは人の眼を狂わせますね。
取捨選択の時が来ていると強く感じます。
  • posted by ジェロニモ 
  • URL 
  • 2014.08/28 19:11分 
  • [編集]

Re: 世界(宇宙)と繋がりたい若者の慟哭 

千春さん
いままでごくろうさまでした。
かつてのミトラさんとよく似た文章でしめくくられましたけど、管理とかコメントの本来の意味とか持ちだす以前に、問題のポイントはそこにあるのではないかと思います。

千春さんのコメントを好まれてた方もいらっしゃると思います。
その方たちのためにご自身のサイトを開かれることをお勧めいたします。

弥勒タイトルコメントのフリギア帽のお話ありがとうございました。
「自由」という概念も、多くのやっかいなストーリーのもとに成り立っていますね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/28 19:21分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/28 20:53分 
  • [編集]

縄文クワガタから3年でした! 

今回の記事は、眠れる縄文が目を覚ましたような内容ですね。初めてこちらのブログに書込みをさせて頂いた時、確か秋津遺跡の縄文時代のクワガタの事を書いたと、初コメントを探してみました。

で、ようやく見つけた我が初書込み…なんと3年前の今日、2011年8月29日でした。おそるおそる書いたので、ノンタイトルだし、だれ~かさんで失礼いたしました。あれ以来「神々が動いている」は、不安な時代の灯台の灯のような存在です。感性や感覚やスピ系だけではない、日本の古代・歴史・文化の深い裏打ちで分析された何かがあるから、多くの読者の方々も私も、読み続けさせて頂いてるのだと思います。

縄文クワガタ出土地に近い葛城の地にルーツを持ちます。掘り返すと江戸時代の地層、さらに掘ると古事記時代のヒビキ遺跡です。弥生時代の地層の下にはさらに縄文の遺構があります。いやでも自分の中に、縄文の血も感じない訳にはいきません。

…ということで、今回もまた、興味深く拝読しました。コメント返しで「世界最古の弦楽器は、青森県八戸市で出土した縄文琴」と書いて下さったのは、ここにつながるのですね。ありがとうございました。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2014.08/29 15:18分 
  • [編集]

77 

広島市の土砂災害。亡くなられた方の、ご冥福をお祈りいたします。
28日19時に県警が発表している死者は72人、行方不明者は4人。犠牲になられた方の人数が行ったり来たりしていますが、77人にならなければとも思っています。
v-5
読みづらいので、コメントは、いやさかの木さんのブログ内容に関するものにしましょうね!
  • posted by じんちゃん 
  • URL 
  • 2014.08/29 18:56分 
  • [編集]

置き土産 

全国高校軟式野球:マウンド譲らない…中京・崇徳投手気力 (毎日新聞) http://fp.mainichi.jp/news.html?c=mai&id=20140830k0000m050093000c
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.08/29 21:09分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/30 09:34分 
  • [編集]

諏訪宮 

いやさかの木様が以前からいわれていた
廃止になった西鉄宮地岳線・・その中でも井上陽水さんの歌にでてくる・・・花見駅と福間駅の間にある諏訪宮に行きました・・・なんだかすごいメンバーのお宮ですね~~~
福津市の諏訪神社は大己貴神(おおなむちのかみ)、建御名方神(たけみなかたのかみ)、事代主神(ことしろぬしのかみ)の三柱が祀られています。

そして・・・祇園社 愛宕神社 秋葉神社・・・その他もろもろ・・・宮地嶽神社のすぐ近くですが
玉せせりも行われている神社だそうです
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.08/30 23:12分 
  • [編集]

氷と花と火 

火の洗礼のスサノヲとは、氷川神スサノヲのことだと前に書いた。
ことし1月に逮捕されたアベの冷凍食品農薬混入事件の冷凍食品は、氷のスサノヲと食の保食神のくみあわせ。
アイス・バケツ・チャレンジもスサノヲの洗礼事象。

火の洗礼のスサノヲのワードは「花」と「氷」。
8月29日、二つの火山が同時に噴火した。アイスランドのバールダンブンガ火山と、パプアニューギニアのタブルブル山。日本統治時代には花吹山と呼ばれてたそうだ。
氷と花と火。そして山だ。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.08/31 13:08分 
  • [編集]

事任八幡宮 

さっきテレビをみていたら相撲の龍虎さんが亡くなったのは
静岡県掛川にある事任八幡宮だそうですね
271段の階段を登っている途中だったらしく
心筋梗塞だったのでしょう

それにしても神社の階段で
それ龍虎さんが
この神社はことだまの社と呼ばれているらしく
ご祭神は


己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)


忌部の神である玉主命(たまぬしのみこと)の娘神様で、中臣の祖である興台産命(こことむすびのみこと)の后神様です。また、枚岡神社や、春日大社にお祭りされている天児屋根命(あめのこやねのみこと)の母神様です。
ことのまちの「こと」は「事」でもあり「言」でもあります。また「まち」は「麻知」でも「真知」でもあります。真を知る神、言の葉で事を取り結ぶ働きをもたれる神様として、また、言の葉を通して世の人々に加護を賜う「ことよさし」の神として敬われています。天と地と人を結ぶ、とても大切なお働きをなさる神様です。

*上代「ことよさし」という言葉は「ことよす」という語にさらに敬意を含めたもので、「高い神が御言葉を以て、また事になぞられて顕世に御力をいたされる、真を伝えられる」の意味で、記紀にしばしば用いられています。
*興台産命(こことむすびのみこと)は、言霊の神様で、四国の天川神社にお祀りされています。


とのこと・・・
事象がらみっぽくないですか・・・・

気になりました

追伸:いやさかの木様昨日
この記事にもでてきた
桜峯神社にいってきました
ここの御祭神も よくよくみると

セオリツヒメだけでなく・・・すごいメンバーなんですね

1126
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.09/01 08:22分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/01 23:59分 
  • [編集]

永き代の 

いやさかの木さん、皆さん今日は。

私がいやさかの木さんのブログに最初にコメントした時の記事が2009年12月の「素数」と「回文数」の記事でした。

そこには

「なかきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな」
(永き夜の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り船の 音のよきかな)

の歌が載っていました。

あれから5年も経つのですね、あの頃の記事を読み返してみると今まで経験した事の無い「不思議なシンクロ」に戸惑っている様子がうかがえます。

今年に入ってから「真実の愛」がテーマになって「アナと雪の女王」で「天地人」の「愛を掲げよ」から一巡りした様な感じがしますね。

あの頃「あれっ」と思った疑問を五年かけて確認して来たのでしょうか「陰から支える見えない世界」や「地球と集合意識」「全体と繋がった自分」「母なる宇宙船地球号」そして「愛」について。

初めはネットで繋がっていただけなのに、いつの間にか「地球」で繋がって来る、直接会ってはいないけれどネット以外の所でもこの地球の何処か、自分の持ち場にいる人達、そんな存在感を学んだ気がします。

学んだ事を足元で生かせ、そんな時期が来たのかもしれませんね。

「食料補完計画」だった私のブログ、ここ暫くは畑をほったらかして随分と記事を書きました、自分でも不思議な経験でした、こちらのコメントに書き込むと何故か不思議と筆が進みます、長くなりすぎたら自分のブログに持ち帰って記事にする、そんな事が何度も有りました。

特に変わった処は有りませんが、何かが変わった気もします。

いつも有り難うございます。

認証が「8839」でした、「両親に感謝」ですね、本当に不思議です。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2014.09/02 09:10分 
  • [編集]

千春さん 

私信ですみません。
千春さんのサイトかブログ見てみたいので、リンク張ってください。私は千春さんの文を見ないと、落ち着かないし、頭の整理ができないんです。

私はどうがんばっても、味噌汁もあのお子さんみたいにつくれないし、いやさかの木さんや一部の読者さんが望む形でのコメントも書けそうにないので、ここに来るのもやめにします。周りに合わせたり、期待に応えるのしんどい。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2014.09/02 12:13分 
  • [編集]

防災の日 

なにも関東大震災の日に日印首脳会談やるこたないだろ。
わざとかよ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/02 13:35分 
  • [編集]

噴火 

桜島で噴火のようです
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3681.html

1440
  • posted by 詩 
  • URL 
  • 2014.09/02 13:48分 
  • [編集]

出雲と・・・ 

この様なブログが巷で横行しているようですが、日本人がこのようなことをして喜ぶのは一体どこの国あるいはどの組織でしょうね。

古代であれば、末子相続はあったようですが・・情報の発信源を辿るとどこに行きつくのでしょうか。
  • posted by さて 
  • URL 
  • 2014.09/02 15:05分 
  • [編集]

わたしも。。 

いやさかの木さま

こんにちは
今朝は血糖値がどひゃーとあがっていて
大揺れの私の中。。  これでもか。。。と
かつての恐怖が湧き上がりいま収束中。

千春さんとはなさんのワールドはどこかで
よませていただきたいな。。。

この地はいやさかの木さんのワールドなので
お二人の地にぜひとも立ち上げていただきたく。。
遊びにいかせてくださいませ。。

いやさかの木さまの この地はいまでも
かこにさかのぼっても生き続けているのを
感じています。 まあるい自分の世界を
埋めるためにいったりきたり、、

ありがとうございます。    2540  にこよ~~ん^^
  • posted by 紅実子 
  • URL 
  • 2014.09/02 16:30分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/02 22:35分 
  • [編集]

丹・・・桃源郷 

どなたかのコメントへのいやさかさんのレスに桐蔭高校のバックに“生駒の木霊”って一文ありましたね。インパクトありました。何か、中沢新一の『アースダイバー』ぽくなってきましたね。宮崎アニメも前からそういうテーマですが。それらをいよいよ現実に展開すべき時か。縄文的感性で現代の最先端テクノロジーを統御する世界の構築。

個人レベルでは縄文の他に“桃源郷”というワードもキテまして。これは「丹」のカテゴリーの方ですね。不老不死とか仙境。何やら異次元空間への誘いのようであります。ちょっと覗いてみたいですが諸事情ありそう安易には行けない。桃源郷の反転空間はゾンビ化か。今夏のお化け屋敷はゾンビが流行ってた模様ですがそっちの世界はイヤですね。

しかしながら、古くからの読者の方々の寛容さには瞠目しますね・・・奥ゆかしいな。私も人畜無害とはいえ小学生の日記レベルの文を書きつけたりしてますからね。他人様の庭先で節度をわきまえた振る舞いをするために私としては他者目線の想像力と自己客観視(メタ認知)を鍛えるのみですよ。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2014.09/03 00:38分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/03 08:51分 
  • [編集]

事故と改造 

新日鉄住金で爆発事故が起きました
内閣改造の日に重なるというのが何かありそうだと感じました
  • posted by 詩 
  • URL 
  • 2014.09/03 14:39分 
  • [編集]

Re: 丹・・・桃源郷 

ありましたね“生駒の木霊”。
桐蔭の主将は糸島市の子です。最古の戦死骨がでた新町支石墓群の方じゃないかな。
糸島と生駒の「こだま」事象でもあるんでしょう。

進むべき道はもう見えてるんですよね。ただ目先の欲にとらわれてちゃってるだけで。
とはいってもその目先の欲ってのがとっても厄介で。
それが基盤ですもんね、現代社会の。
ならばUSJばりの縄文大海進ツアーにご招待。とかね(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/03 22:33分 
  • [編集]

Re: わたしも。。 

恐怖するのは、生きてるって証拠ですよね。
恐怖を引き起こす何か、自分を滅ぼそうとするなにかに焦点をあてるんじゃなく、恐怖自体はそりゃもう爆笑とおなじ生のほとばしりですから、味わっちゃっていいんじゃないかと僕は思うんだけど。
というかこのブログを書いてる僕の立場としては、怖がってる暇なんかないんですよね。
だから紅実子さんはそういう意味で書いてるわけじゃないですが、恐怖をあおられるとか、悲観論過ぎるなんてコメントしてくる方がいても、正直僕にはよくわかんないんですよね。
なら読まなきゃいいじゃんと思う(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/03 23:17分 
  • [編集]

Re: 事故と改造 

改造内閣の日に、日光で震度5弱ってのも。
野田政権のとき、これだけいろいろリンクする政権はないって書きましたが、
いまやアベ政権は、リンクするのが当たり前ですね。

桜島の動き、僕もチェックしてます。
ある意味バロメーターですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/03 23:21分 
  • [編集]

松浦 

安佐南区で新婚のご夫婦が住んでいたのはルナハイツというところだったんですね。

水銀といえば長崎県松浦市には徐福伝説があって、佐世保相浦白玉山で産出した自然水銀をもとに、不老山で仙丹・不老不死の薬を作ることに成功して中国に送ったとされる言い伝えがあるのですね。
松浦市を発祥の地とする松浦氏の系統では、安倍季任が松浦三郎大夫実任となりましたが、その子孫が安倍姓を名乗りその一族が安倍 三とのこと。
佐世保層群相浦層は自然水銀が産出される場所ですが、佐世保の相浦は松浦党の武士が支配していた土地。松浦藩も水銀鉱を掘っていたようですね。

こちらのブログではいやさかの木さまの歴史や神話をベースに、豊かな発想力で事象を読み解くところが魅力でいつも楽しみにしています。ブログファンの方たちも楽しみにしている大切な場所。
CMにありましたね、
「こころ」はだれにも見えないけれど 「こころづかい」は見える
「思い」は見えないけれど 「思いやり」はだれにでも見える

ストーリーを解読していくように、人や対象物をわかろうとする感性、相手の状況や気持ちをわかろうとする心、それは日常生活でも思いやりの行動としてあらわれてくるものなのだなと思うこの頃です。
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2014.09/03 23:27分 
  • [編集]

Re: 永き代の 

より事象に集中すべき時がきたと思います。

「なかきよのとおのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな」
その住吉大神の博多住吉で、父なる火のミソギの型が示されたわけですし。

777も、回文数ですよね。

今までばらばらに書いてきたことが、いっせいに同じ方向へと動き出した。
そんな感じです。

2012年12月にオワリの一之御前神社の封印が解かれたあと、一の御前はゼロだと読み解いて下さいましたね。
アギーレ神の怒り監督の「ゼロからのスタート」は、まさにそこにつながる。
オワリのゼロからのスタート。
つまり破壊がどうであれ、すでに再生は示されている。
もちろん実現はもっとあとですが、
すくなくともそういう段階にきてるってことです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/04 00:58分 
  • [編集]

Re: 事任八幡宮 

己等乃麻知比売命って天香久山の櫛眞智命なんでしょうかね。
ホツマツタヱでは天香久山は富士山の「うつし」。

龍虎さんの事象的意味はいまはわかりませんが、ことのままですから、きっとまんまなんでしょうね。
いずれわかると思います。

桜ヶ峯神社は祓戸大神四柱。
大祓詞の神たちですからね、そりゃそうそうたるもんです。
ちなみに住所は桜坂2-11
2月11日建国記念日。紀元節と桜。
294の桜の事象元がこの神社。志登神社火災は、294の桜の同緯度スライドです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/04 02:07分 
  • [編集]

Re: 全員ゼロから 

ふりだしに戻るの意味もありますが、
ゼロからの再生ですね。
将来の再生のカタだと思います。

てっきり9月9日が初戦だと思ってたら、9月5日でした。
でも9月9日は満月。

やはりアギーレ監督は事象的にタダもんじゃなさそうです(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/04 02:18分 
  • [編集]

Re: 置き土産 

延長50回までいきましたね。
ギネスだ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/04 02:23分 
  • [編集]

Re: 77 

9月3日現在で死者74人、行方不明者2人のようですね。
じつは8月20日って蚊の日なんですよね。
蚊といえばデング熱。69年ぶりに国内感染しました。
69年前は1945年。
ヒルコ出産の狼煙のあとだし、やはりヒロシマとのつながりを感じます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/04 02:42分 
  • [編集]

Re: 縄文クワガタから3年でした! 

そっか縄文くわがたでしたか。
あれすごかったですね。昨日まで生きてたみたいな。
あの縄文くわがたと、支石墓の年代はいっしょですよ。

縄文琴のことはDIVAさんならわかってもらえると思ってコメントしました。

ところでアイス・バケツ・チャレンジって、ボストンから爆発的に流行ったんですね。
去年のコメントが思い出されます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/04 03:31分 
  • [編集]

ホツマ 

特にこの数年、ホツマが動いているのを感じます。

龍虎さんの本名が鈴木

スズキという言葉はホツマではとても大事。スズキが枯れる・・鈴木が倒れる・・ですか

四神相応図はホツマと何か関係があるのか分かりませんが、青龍と白虎ですね。

能力者ではないので神の存在という事が見える聞こえるではわからないのですが、「神々が動いている」という言葉通り、世の動きから神を信じざるを得ないようになってきてます。



  • posted by ミクロ 
  • URL 
  • 2014.09/04 10:52分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/04 23:04分 
  • [編集]

ありがとうございます 

いやさかの木さま

こんばんは、先日のわたしも。。
のコメのお返事、 あ、なるほど!!
という気持ちになりました。

結構大きな揺らぎを感じたので、また新たな
スペースができて新しいエネルギーが入った
かな。。と自分なりにはかんじていましたが。

笑いと同じって思うと 楽に通過しますね。

  • posted by 紅実子 
  • URL 
  • 2014.09/04 23:48分 
  • [編集]

鈴木 

ミクロ様のコメントをみて・・・
ふと・・・

龍虎=青龍(東)=木 虎=白虎(西)=金
沖の関係ですね
反するもの組み合わせ・・・

鈴木も考えてみれば
鈴=錫?=金 木=木

反する組み合わせ
・・・
ですね~~~

いやさかの木様のコメントの
天香久山の櫛眞智命なんでしょうかね。
ホツマツタヱでは天香久山は富士山の「うつし」。

というのが気になり調べてみると

この山は青香具山(あおかぐやま)ともいわれる緑濃い山で、
白妙の衣干す山として有名である。
 古代より神聖な山として、信仰の対象であったようである。

やっぱり 青(緑濃い)=木 と 白妙 白=金
がでてくるんですね・・・

そして・・

 

北東の山腹には占い(亀卜あるいは鹿卜)を掌る櫛真知神(くしまちのかみ)を祭る
天香山神社、

山頂には国常立神社(くにとこたち)、

南腹には上ノ御前・下ノ御前、南麗には天岩戸神社が残されている。
 
本当に気になります・・・

亀ト鹿ト といえば・・太占(ふとまに)


フトマニとは古事記に「布斗麻邇ト相而」とあり、日本書紀には『太占』とあります。
言霊学の見地からあえて漢字に表現すれば『風止真邇』と書くべきとも考えられているようで

ふとまにの事が気になり調べてみたら・・

http://homepage2.nifty.com/amanokuni/fujiwara.htm
長くなりますので・・・興味のない方はとばしてください

卜部氏は卜占を専業とする。古代の卜占で有名なのは「太占(ふとまに)」だが、これは鹿の肩甲骨を用いる。「鹿」は太占の聖獣なのである。
鹿を神使いとする春日大社の春日も、元来は「滓鹿」と書く。香取もたぶん「鹿取」ではなかったか。私見だが、阿曇氏の本拠地・志賀島(鹿の嶋)や、久米氏の鹿児島神宮、麻績王の子が流されたという値嘉(血鹿)島、倭建命が亡くなった鈴鹿、気比神宮の角鹿(敦賀)にも関係あると思っている。
実際、志賀島の明神である阿曇磯良は、「八幡宮御縁起」に、「磯良と申すは筑前国鹿の島の明神の御事也。常陸国にては鹿嶋大明神、大和国にては春日大明神、是みな一躰分身、同躰異名にてます」と、また、「琉球神道記・鹿嶋明神事」には、「筑前の鹿の嶋の明神、和州貸すが明神、此、鹿嶋、同磯良の変化也」と書かれ、同一の神であるとされる。そして、何より磯良が舞ったという「細男舞」が、遠く離れた奈良の春日若宮神社の例祭「おん祭」で舞われているという事実は、双方に何らかの関係があったことを物語っていると思う。磯良は亀に乗って出現するが、太占には「鹿卜」と「亀卜」がある。神の乗り物が、海沿いでは「亀」、内陸では「鹿」であっても、太占の材料とすれば同一としてもいい訳だ。
また、「常陸国風土記」には倭建命のエピソードも多く、「香島の郡」の「角折の浜」の段には、「倭武天皇がこの浜に宿った時、水がなかったので、鹿の角で浜を掘った。その為に角が折れたのでこれを地名とした。」という、象徴的な話が載っている。また同じ「香島の郡」の「白鳥郷」の段には、「垂仁天皇の御代に数羽の白鳥があり、天から飛んで来て童女と化し、池や堤(吉野 裕氏の解説には、貝塚やストーン・サークルなどの古い祭祀場であろうという。)を築こうとしたが、なかなか完成しないので諦めて天に登り、二度と戻って来なかった。」とある。「白鳥」は倭建命を象徴する鳥であり、白鳥天女の烏賊津使主を連想させて、大変面白い。

なんだか。。気になるワード満載で
貼り付けてみました

個人的に最近 常陸国あたりが気になります
今年は鹿島神宮では12年に一度の
御船祭りもあったそうで

来年にむけては 群馬 栃木 茨城 このあたりと九州と奈良あたりの関連が面白いので調べてみようと思っていましたが・・・

卜部はキーワードのような気がします。

話がそれまくって申し訳ありませんが

気になってコメントさせていただきました

8363
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.09/05 07:23分 
  • [編集]

夢千代日記・・・なつかしの台風9号(瑪瑙) 

2010.911の過去記事「台風9号をコラージュする」コメント欄より。いやさかさんのレス抜粋します。このコメント、私大好きなのです。覚悟を感じるからね。最近来た読者さんでこれを共有してない方はもったいないと思いますので記事リンク貼っておきます。

台風9号からもう4年も経つ。あの台風は「水の中の火」というメッセージを残した。コメント欄では夢千代日記を引いて“てんでしのぎ”という言葉が語られた。311が起こったのはその半年後。

「ありの~ままで~」と自己開示して本来の自分で生きられるようになるのはとっても良いことですが、ありのままの私でいいじゃん!とゴリ押しする幼稚な人が増えるのを危惧するって評論家が言ってたな。反転したら「誰もありのままの私を分かってくれない症候群」になってしまう。

役を背負っている人は役がキツいと人前で愚痴ったりしないし誤解される覚悟がある。説教や講釈垂れる人が本当に筋金入りかどうか、覚悟の有無で見分けがつく。自分をどこまで捨てられるかシノギ削ってきたかどうかですよ。私も極道やからな~(笑) 
あ、ますらおだけじゃなくて禊充分の巫女さんや御稚児さん系の人達もいいですよ。そういう人はとても謙虚で素直で美しくて一緒にいると清まるし癒されますから。

記事リンク貼っときます。http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-206.html#comments

----以下いやさかさんのコメント抜粋----

「てんでしのぎ」の元ネタは「銚子の川口、てんでんしのぎ」。
千葉の銚子の利根川河口ですね。
すごい難所だったようで、慰霊のための千人塚があります。

たとえ沈みゆく舟の主が父であれ、兄弟であれ、いつも酒をのんでふざけあってる仲間であれ、けっして助けられない。助けようとすれば自滅する。
気持ちを抑えこみ、歯を食いしばって自分の舟を操るしかないんです。
沈む方もそれがわかっているから、助けをもとめずに波にのまれてゆく。

夢千代さんの置屋も、そういうシビアな世界ですよね。
彼女は原爆症で、あと数年の命。
だれも彼女を助けられないし、彼女もまた、だれを助けることもできない。
みんなそれがわかってるから、去るときは水くさいってくらい黙って立ち去ってゆく。
だれかにすがりたいギリギリのところで、自立している。

そんな夢千代さんがはじめて「すがりたい」って思う男性(石坂浩二)を登場させ、日本海に沈めちゃうわけですから、早坂暁も酷なストーリーを考えたもんです(苦笑)。

自立はある意味節操であり、他人を尊重し思いやる心だと僕は思います。
それは想像力でもあります。
自己本位な生き方に、想像力は必要じゃない。
最近多いですけどね。想像力のない方が。とくに親御さんに。
で、自己本位な方ほど孤独を主張する。
そんなもん存在しないんですけどね、ほんとうは。

僕らはてんでしのぎの旅人だと思います。
家族もまた、併走する舟だし、夢千代さんの置屋です。
旅の道行きの道づれです。
だからこそ大事にしたいと思う。
旅の途中で死んでいった仲間たちもそう。
すがりつかず、思い出を尊重し思いやれば、
すべての思い出もまた道行きの道づれです。
なんてにぎやかな旅(笑)。

あのドラマの最後で、夢千代さん暗い顔してなかったですよね。
「わたしたちには道づれがいます」
いまになって思えば、とても深いセリフだったな~と。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2014.09/05 13:19分 
  • [編集]

TAKE茶の目 

錦織圭が今活躍しているのも偶然でしょうか

錦(にしき)という織物もあるらしいです。
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2014.09/07 07:13分 
  • [編集]

祓戸大神 

今テレビでたまたま滝行のようすを見ていたんですが、
滝に打たれるときに「祓戸大神」の名をかならず口にしながら打たれていました。自分自身の心の穢れを落とすためだそうですが、あのアイス・バケツ・チャレンジは祓戸大神に関係あったのだろうかと思いました。
ただし、だれも「祓戸大神」と口にしていないと思いますが。
5195
  • posted by 詩 
  • URL 
  • 2014.09/07 19:58分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/07 23:31分 
  • [編集]

雨の糸で錦を織る 

自粛されつつあるアイスバケツチャレンジは、ボストンから始まったのですか。そうでした、去年のコメント… 日本のボストン 仙台 川内  

テニスの錦織選手が決勝進出の大快挙とか。

錦織とは、こちらではなじみ深い地名です。大阪府富田林の川西に「錦織神社」があります。ご祭神は建速素戔嗚命や菅原道真。ここから東へ進路をとって水越峠を越えれば奈良盆地。縄文クワガタ出土地を過ぎ、串ラインと交差し、さらに進めば吉野熊野。地元感覚では、スサノヲが東西に駆け抜けるような印象です。

この錦織神社は、古来より錦部郡内の水流の集まる郷で、水郡天王宮とよばれました。河内の三水分として上水分とも称され、また、下水分は美具久留御魂神社だそうです。水と錦織…いろんな意味で事象の要を感じます。

「世界秩序を機織るタテ糸とヨコ糸のシクミが地球をおおっているならば、おなじ流れのもとにタテやヨコにスライドする事象のシンクロが起きるはずだという考え方だ」と書いておられました。誰も意識にのぼらず気付かなかった視点を神々と絡めて、これからも綴っていって下さいね。興味深く拝読いたします。

錦を織りなすように機織る 禍福はあざなえる縄…大雨の禊と時を同じくして、勝ち進んだテニスの錦織選手の決勝戦は、日本時間の9日午前6時頃だと聞きました。
  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2014.09/08 00:27分 
  • [編集]

「新劇場版Q」 

いやさかの木さん、皆さん今日は。

金曜ロードショーで「エヴァンゲリヲン 新劇場版Q」を録画して見たのですが、何て言っていいか?

何だか違う作品の様に感じます、よく分かりません。

いつも有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2014.09/08 08:28分 
  • [編集]

Re: TAKE茶の目 

もちろん偶然ではありません。
錦織選手は2008年10月10日の記事が最初だったでしょうか。

ロンドン五輪のときも、
「出雲の広告塔・錦織圭選手(島根県松江市出身)が男子テニス88年ぶりの白星を飾る。ロンドン五輪も「88」だぜぃ宣言だ。」と。

しかも錦織は機織のシクミ。米=八十八の全米オープン。
決勝は去年トルコで問題のイザナミ殺し事象(女子大生殺傷)が起きた9月9日ですよね。これがミソです。

まさか全米で決勝にいくなんて思ってなかったのでまったくノーマークでした。
すでに日本開国以来の快挙を達成してますが、優勝は羽生選手の金メダルと同等、いやそれ以上の意味を持ちます。
もちろん再生に向けて。

wowow入ってる方は、遅刻してでもサボってでも、リアルタイムで応援すべきです(笑)。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/08 18:21分 
  • [編集]

こんばんは 

こんばんは、いやさかの木さん、皆さん。

錦織圭選手は凄いですね♪名前の圭も凄いですが、島根県松江市出身。有名な神社では熊野大社、佐太神社、神魂神社、出雲八重垣妻籠にの神社に玉作湯神社、長見神社、揖夜神社、忌部神社、美保神社、まだまだ在り過ぎて書き足りないくらいですが、『わか光る、はらみつにしき 熱田神 もとつしまわに織れるか氷川』
8日午後5時からの決勝は、日本時間9/9午前6時から開始で、天津神、國津神、八百萬神々に満月。9時に決まったらGALAXYEXPRESS999これだけ後ろ楯があれば恐い者なしですね。ユニ9ロもですが…

saitoさん天香具山神社は阿波一宮神社にも繋がりますね。細男舞は古表八幡神社と係わりありますし、京都郡に犀川って出雲絡みとなると…

三角神獣鏡ってどこから出土したんでしたっけ?

8632

  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2014.09/08 18:51分 
  • [編集]

三角神獣鏡 

いやさかの木様

錦織さんの活躍の件 いよいよ再生にむけて・・・なんですね
ドシンと響きました

凡児様
三角神獣鏡は 京都郡苅田町(みやこぐんかんだまち)
の石塚山古墳で7枚発掘され・・現在は 近くの宇原神社にあると思います・・・・

宇原神社といば・・・鵜茅草葺不合尊、彦火々出見尊、豊玉姫尊を祀る神社

最近参拝にいきましたが・・・コンクリートでびっちり覆われて裏山がカルスト台地の平尾台につながる 石灰岩で形成された山
どんどん削られていく様となんだかリンクして
全体的に カラカラして乾いていて 残念でしたが・・

昔はすぐ近くに海があって
いいところだったんでしょうね・・・

犀川はかなり山奥ですが
いいとことですよ~~~

神功皇后が産後に里帰りしていたのか・・・
子供の応神天皇の足が立ったところなので・・・
名前が
生立になったといわれる・・・生立八幡宮があります
あそこの・・・木彫りの龍は暴れるので鎖で縛られています

話は広がりましたが・・・・
なんだか。。。神々が動いていますね

承認 4441
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.09/08 19:37分 
  • [編集]

9月9日、全米、錦織 

去年の9月9日の母神イザナミ殺しについてはくり返し書いてきたんで、その重要性はごぞんじだと思います。
トルコ・カッパドキアで亡くなられたのは、日高見(宮城)の那智ヶ丘出身の女子大生でした。
熊野那智神社があります。

熊野那智神社⇒熊野那智大社=米トリニティ原爆実験⇒ナガサキ。

あの事件は8月9日ナガサキの再来のはじまりです。だから今回、志登神社火災でヒルコ出産の狼煙があがった。

もちろん原因は安倍総理のシノップ原発受注。
あれはフクシマ=出産されたカグツチの投射です。だから投射されたトルコでカグツチが母殺し事象を発生させた。
さらにはシノップ=クリミア戦争のストーリーラインで、チェルノブイリのウクライナのクーデターに飛び火し、ついにはB777撃墜で火の洗礼のスサノヲが示された。

この流れはもう止まりません。残念ながら。
それだけ去年の9月9日の事象は大きかったんです。

その9月9日に、錦織選手が全米決勝を戦うこのスゴさ!

羽生選手の金メダルは日高見高天原。
錦織選手は出雲です。しかも機織につながる名まえです。
もし優勝できれば、日高見と出雲ですから、再生のシクミは盤石だと思います。
たとえこのさき何が起きても、再生は約束されている。

錦織選手にはどうしても優勝してほしい。
応援します!
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/08 20:24分 
  • [編集]

テニスの日 

9月23日・秋分の日はテニスの日とされています。

ある七十代ご婦人曰く「そら、あんた、テニスゆうたら今の天皇皇后が出逢うたキッカケやってんで~」と。
五十代の女性は「やっぱり“お蝶夫人”やわ!」と。

全米オープン・テニス、一足先に車いす部門では上地結衣さん、国枝慎吾さん、お二人ともに単複優勝されています。

錦織選手も続いて優勝されますよう、明け方に私も応援致します。
  • posted by りつ 
  • URL 
  • 2014.09/08 21:41分 
  • [編集]

9/9 菊の日 

9月8日は旧暦だと8月15日尾張です。錦織選手は日清食品だし、マイケル・チャン・コーチに師事。
日本は清?場所は米国…金を請い願います。

いやさかの木さん、9月9日はホツマだと菊理姫に関係して、食用菊を食べるようになっていますね。りつさん、秋分の日、以前は秋季皇霊祭でした。

saitoさん三角神獣鏡は邪馬台国説が絡んでて、調べたら宇佐の赤塚古墳、糸島の一貴山銚子塚古墳、京都郡の古塚山古墳、那珂八幡古墳、沖ノ島と畿内や島根県にもありました。

魔鏡には何が書かれているのか気になりますね。 
wowowがwinwinでなく、wonwonと言われるように信じて寝ます。 

皆様良い夢を~♪
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2014.09/09 00:59分 
  • [編集]

Re: 9月9日、全米、錦織 

ん~ざんねん!

盤石にはまだ早かったかな。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/09 12:44分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/09 12:51分 
  • [編集]

残念!!お疲れさまでした。 

いや~まさか錦織選手、あっさり負けると思ってなかったですが残念です。

気象絡みで暗いニュースばかりだったので、良い話題になり、来年また四大大会を頑張って欲しいです。

石見銀山とうしとらの金神関わってるのかな?
金山彦様や八束水臣津野命様、大本だとスサノオ様だし、國常立命様など来月出雲は神在月だしクロアチアの国旗も気になるんですがね。

キーワードは国。
5271
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2014.09/09 22:16分 
  • [編集]

クロアチアの国旗 

いやさかの木様

再生にむけてはまだまだ盤石にはまだ早い・・・ですか・・・

凡児様のコメントにあるように
うしとらこんじん・・・私も思いました。。。。そして
実は私もクロアチアの国旗がきになってます

なんですかね。。。よくみると
来年の未年 生贄に通じる 羊・・山羊ですかね・・・・
やら
王冠かぶった獅子やら

真ん中の赤白のチェッカーもきになりますし。。。。

なんだか 再生の仕組みにも
からんできそうなかんじで
横槍になんなきゃいいんですが・・・

織機の錦織ですから

またまたつまんないことですみません。。。

あと・・凡児様のコメントにある糸島の一貴山銚子塚古墳のとなりに諏訪神社があるんですね~~~

宮若の装飾古墳の 竹原古墳のとなりにも諏訪神社ですね・・・これもきになりました・・・・







  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.09/10 00:00分 
  • [編集]

薬師寺の東塔が動く 

いやさかの木さんお早うございます。


110年振りの解体修理で、薬師寺の東塔の心柱が動いていたようです、1300年ぶりで初めてとか、「アナ雪」の「生まれて〜始めて〜♫」みたいですね、9月8日は旧暦の8月15日、旧暦の9月8日は10月1日になります。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASG954PPQG95PLZU002.html

「東塔動く=とうとう動く」でしょうか、まだ動いていなかったものって何でしょう、いつも有難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2014.09/10 06:11分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/10 11:59分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/10 12:13分 
  • [編集]

siroyama 

いやさかの木さま

こんにちは、 
98にシロヤマヒメ神社に参拝し、
何やら 閉じ込められていたヒメ様を
感じ、同じように自分のくくりも解いて
まいりました。

白山は美しく 白龍さんが現れて
九頭竜の河の上には喜び踊る
笑顔をたくさん感じてきました。

とうとう動くのは きたの11
陸とは 十一 八 十一でした
来たは エネルギーが来た来た 北北

土は十一、 神は着地したということでしょうか。。

ありがとうございます。 9770
  • posted by 紅実子 
  • URL 
  • 2014.09/10 15:05分 
  • [編集]

チューリップ 

昨日、台風14号フンシェン(風神)の発生中に、アギーレジャパンでは背番号14番の武藤選手が初ゴール。はじまりの新しい風が吹き始めているといいですね。

バンドのチューリップの安部俊幸さんが7月7日にインドで亡くなりました。
チューリップという名前にした由来のひとつに子どもが一番はじめに絵に描く花だからというのもあるようですが、そういえば絵にしても歌にしてもとても身近な花ですね。
チューリップといえばトルコが原産地ですが、現地ではラーレと呼ばれる花。
Laleラーレの表記はアラビア語では順は違うけれどアラーAllahと同じ綴りになるそうなので、神聖な神の花として愛されているそうです。
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2014.09/10 21:45分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/11 09:49分 
  • [編集]

追記 チューリップ 

チューリップの原産地はトルコと書きましたが、イランも原産地とされているようですね。イランの国旗は4つの三日月と剣がチューリップの形に似せられて描かれていています。伝説では祖国のために戦死した兵士の場所には、赤いチューリップが咲くといわれ勇敢さを象徴しているそうです。
単純化して絵をかくと三叉の矛みたいな形になるのも不思議ですね。
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2014.09/11 21:25分 
  • [編集]

縄文ダイブ中 

いやさか様、お疲れ様です。
ワタクシは『縄文聖地巡礼』中沢新一・坂本龍一 対談集 を読みながら縄文ダイビング中です。この本、縄文への入り口としてなかなか良いですよ。遺跡に行く時間ない人にはオススメです。まだ全部読めてませんが、印象深いのは若狭エリアについて原発を引き合いに出して語る箇所。縄文時代は自然から何か与わったら人からは供儀を捧げたが、原発は自然から収奪するだけなのでバランスを欠く、という趣旨でした。簡単に言えば私ら現代人は“返礼”もしなくなっちゃったということですね。

ところで、画像の縄文琴ってアイヌのトンコリにそっくりですね。音も似てるのだろうか。
さて、明日から黒曜石の産地である隠岐島に行きます。ただの墓参ですけど。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2014.09/12 23:52分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/13 00:01分 
  • [編集]

水の禊 

自分の産土様は白山神社ですが、十月十一日に台湾の音楽ユニット飛輪海(フェイルンハイ)のケルビンが来日!?聖なる柩の守護者と旧約聖書には記されており、チューリップの花言葉はおもいやり。三つ叉の戈を顕わしていたらロンギヌスの槍なのかも…

saitoさん宮若はニギハヤヒ命様の山や草薙剣の伝承もありますし、深いです。諏訪様繋がり気になります。

しかし今週はあちこち水の禊でしたね。
  • posted by 凡児 
  • URL 
  • 2014.09/13 00:58分 
  • [編集]

福岡の経済を動かす七社会 

いやさかの木様 おはようございます

福岡出身のいやさかの木様はもちろん御存じだとおもいますが・・福岡には、七社会(ななしゃかい)とよばれる団体があります。
七社会は通称で、正式な団体名は「互友会」。役員クラスから、部長、課長など、各クラスで情報交換が行われており、非公式の任意団体であるものの、福岡都市圏の政治・経済に与える影響力は絶大であると言われています。

七社会メンバー

九州電力株式会社
福岡県福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号
従業員数:12,689人
株式会社福岡銀行
福岡県福岡市中央区天神二丁目13番1号
従業員数:3,670名
西部ガス株式会社
福岡市博多区千代1丁目17番1号
従業員数:1,523名
西日本鉄道株式会社
福岡市中央区天神一丁目11番17号
従業員数:4,208人
株式会社西日本シティ銀行
福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号
従業員数:3,881名
株式会社九電工
福岡市南区那の川一丁目23番35号
従業員数:5,828名
九州旅客鉄道株式会社
福岡市博多区博多駅前3丁目25番21号
従業員数:9,600人

http://www.sassava.com/kiso/7syakai/より貼り付け

その七社会の・・九州の大企業が一斉に朝日新聞スポンサーから撤退www これはでかいぞwww

というのを目にしました

なんだか・・・
事象の臭いがしませんか・・・・・・

朝日新聞はそれにしてもひどすぎるので
それ相応の対応だとおもいますが

一度に七社は
九州ではダメージ多すぎでしょ~~~~

なんだか福岡動いてます

凡児様もそうおもいませんか・・・・・

6171
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.09/14 07:30分 
  • [編集]

吉田証言 吉田調書 

連投ですみません
あさ テレビで朝日新聞の問題をとりあげてました

吉田証言が話題になっていましたが・・
東電は吉田調書でしたよね・・・・

吉田のワードが気になります・・・

吉田といえば 吉田松陰
今の首相とおなじ 山口の人ですよね・・・・

吉田茂もいますね・・・こちらも麻生家につながりますし

関係ないかもしれませんが
気になりました

http://matome.naver.jp/odai/2136437344407020401

ここに安倍首相の家系図がでてました

それでは・・・
2113
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.09/14 09:03分 
  • [編集]

吉田つながりで 

ニュース等を聞き流してるとどっちの吉田さん?
紛らわしいというか選りに選ってという思いを持ってました。
2015年大河ドラマ「花燃ゆ」は吉田松陰の妹
秋の同業者親睦旅行は萩にいき、長門で宿泊、翌日は下関と門司です。
私が旅程練ってツアコン務めるので調べてて、同じく吉田だと。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2014.09/14 12:10分 
  • [編集]

吉田サンつながり 

霊長類最強と言われる
吉田沙保里選手が世界V15を達成!
  • posted by りつ 
  • URL 
  • 2014.09/14 22:42分 
  • [編集]

源平トンネル 

いやさかの木様

さっきニュースで
15日午後3時ごろ、富山県小矢部市安楽寺の国道8号・源平トンネル内で、軽乗用車やトラックなど車3台が絡む事故があった。軽乗用車に乗っていた4人が病院に搬送され、男児(3)と女児(2)が意識不明の重体。(朝日新聞デジタル)

というのがありました

源平トンネル・・正面衝突

なんだか気になり調べてみると
丁度源平トンネルのところで
新しく開通する北陸新幹線と考査する場所

国道8号線
越の事象がらみでしょうか・・・・

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-OzL2LlwJEjw
↑↑
源平トンネル付近の地図

・・・・・は北陸新幹線


いつもお騒がせしてすみません
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.09/16 00:30分 
  • [編集]

源平トンネル 

お子様のお名前が日と月でしたね、印象的でした。
回復されることを祈らずにはいられません。
  • posted by ミクロ 
  • URL 
  • 2014.09/16 09:39分 
  • [編集]

Re: 源平トンネル 

あたらしい記事にも書いてますが、
3月3日に日高見⇒越の高速バスが事故をおこしたのも小矢部SA。
イザナギとイザナミ、お内裏様とお雛様。
こんどは源平の東西。そして日月ですか~。
う~む。

北陸新幹線はネオ東京=越。
たぶん「はやぶさ」と同じような役目になると思います。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/17 03:25分 
  • [編集]

Re: 吉田サンつながり 

吉田沙保里選手の三重は日本武尊。八戸は八岐大蛇退治。神楽の演目です。
日本武尊とスサノヲは同魂だし、女スサノヲ、もしくは櫛稲田姫かな。
ともかくスサノヲの芯の強さを代弁している。
彼女が負けちゃうと、なんだか包囲網の中のスサノヲの芯の糸も切れちゃいそうなんで、V記録のばしてほしいものです。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.09/17 03:39分 
  • [編集]

294と55のオチ 

今朝の地震のニュース(2015年9月12日 5時49分ごろ)を見て、1年前に鬼怒川と洪水と地震が気になっていたことを思い出しました。「55と294」(posted by 白河369 URL 2014.08/26 12:00分)というタイトルで上記に書いた自分のコメントを読み返し、鬼怒川と洪水と地震のワードのオチが一昨日(2015.9.10)の鬼怒川決壊と今朝の地震だったのではないかという気がしています。もしそうであれば、神々は常に何らかの手段を使って私達に警告し続けているということなのでしょうね。
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2015.09/12 08:59分 
  • [編集]

9月11日サウジアラビアのメッカでクレーンが倒壊 

白河369さんのコメントによりまた読み直してました。
鬼怒川決壊はドンピシャなデジャブ、あるいは霊視ですね。

黒曜石も話題になってますが、イスラムの最高聖地メッカのカアバの最高神は月の神、御神体は黒い石・黒曜石。
そのカアバ神殿のある大モスクに建設用の巨大クレーンが倒壊する事故。
サウジ当局によると少なくとも107人が死亡、約240人が負傷した。
サウジ国営通信によれば、サウジ当局者は、メッカ周辺で発生していた強い風雨が事故の原因だと説明している。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2015.09/12 14:23分 
  • [編集]

123と358 

今日、これでもかこれでもかという程目にした数字は123と358でした。読み解く力はないのでスルーしようと思いましたが、何らかのメッセージかもしれないので、一応コメントだけ入れておきます。的外れだったらごめんなさい。
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2015.09/12 21:36分 
  • [編集]

Re: 123と358 

三五八漬けは会津の郷土料理。358は黄金比でもある。そんな単純なことを考えていたのですが、ulalaさんのメッカでクレーンが倒壊というコメントを読んで、358はヘブライ語でメシアのことなのかもと思いました(真実かどうかは知りませんが)。ヘブライ語とアラビア語は同じセム語族。セムは「ノアの方舟」のノアの息子のこと。単なる偶然でしょうか。

2011年1月~3月までの記事を読み直しました。3.11は起こるべくして起きた。そして今回の9.11も起こるべくして起きた。防ぐ術はなかったのか。他に出来ることはなかったのか。いろいろと考えました。私たちが政治や社会を変えようとする意志を持たない限り何も変わらない。結局そういうことなんだと思います。
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2015.09/14 22:45分 
  • [編集]

Re: Re: 123と358 

三五八漬けは会津ですか。
358って538のアナグラムじゃないのかなと思ってたら、
JR連続不審火でホントにイザヤが逮捕されましたね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2015.09/16 00:30分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/334-208f04c8

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム