神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

水蛭子のうみの十字(5)


 ⇒ 『水蛭子のうみの十字(4)』

ノアの箱船伝説の元ネタはシュメールの都市文明にある。イラクのニップル遺跡から出土した粘土板に楔形文字で大洪水と巨大な船の話が記されていた。4000年以上前の最古のものだ。

風の神であり最高神であるエンリルの都市ニップルは、2600年前のバビロン捕囚の時代に預言者エゼキエルが神の幻を見た場所ともされる。
座標ははっきりしないけど北緯31度50分~32度10分だろう。川内原発や10月24日に火口周辺警報が発表された宮崎県のえびの高原。2010年に口蹄疫が大流行した新富町がある。「3.11」に至った神武東遷事象の宮崎神宮沖震度4の震源もふくまれる。

シリアの反アサド組織から武器援助をうけたISISが、ユーフラテス川ぞいにイラク侵攻を開始したのはことしの正月。最初に制圧された都市ラマーディーは、6月6日にアラブる七夕姫が覚醒した姫古曽神社火災の鳥栖市とおなじ北緯33度23分に位置する。

事象はひびきあい、まいた種は返ってくるものだ。
ユーフラテスはヨハネの黙示録で第6の御使いが6番目の鉢を傾ける大河。鉢を傾けるとユーフラテスの水は、日の出の方からくる王たちの道を準備するために涸れてしまった 16章12節
日の出の方からくる王。東方の王・・・。
このあと世界の王たちがハルマゲドンに召集される。

ユーフラテス川の水源はトルコだ。トルコは中東の水をコントロールできる。
わが日出ずる国の王がアラブる核外交を展開した去年の5月、イスタンブールのタクスィム・ゲジ公園の木の伐採に反対する4人の抗議活動が、トルコ全土の反政府運動へと急速に拡がった。
タクスィムのキーワードは唯一の緑地と<水の分配>。この役目の神を日本では水分神<みくまり>という。水源の神だ。

ことし5月、トルコ政府がシリア・イラク問題介入のためユーフラテスの水流をストップしているとの情報が世界に配信された。えと思った。もちろんトルコ政府は紛争地域の無秩序な水の利用と気候変動のためだとこれを否定。だが事象読みとしてはフクシマ輸出のカグツチの<火>だけではなく、水分神とヒルコの<水>が示されたことがとても気になった。
分水嶺は山だし、水分神は<黒>の種のオオヤマツミとつながっている。

東方の王がトルコにまいた核の黒い種は、もしかして六番目の鉢とおなじ意味をもつのではないか。そんな考えが頭をよぎる。だとしたらつぎに七番目の鉢が空に傾けられ、稲妻が起こり、人間が地上にあらわれて以来かつてなかったほど激しい地震に襲われることになる。
くり返すが、まいた種は返ってくるのだ。

20131029安倍エルドアン
三菱重工シノップ原発受注正式合意 asahi.com

安倍とエルドアン、このふたりの握手のバックには、宗教や民族をこえた破局へのストーリーが見え隠れする。当ブログが国内のみならず海外ネタに重きを置かなければならなくなったのはそのためだ。

米軍の「不動の決意」作戦の鍵を握るのもエルドアン大統領。イスラム回帰への国民の反発を強権と経済発展でおさえつつ、8月10日の圧勝でついに大統領に就任。独裁体制を固めた。

トルコでは2011年10月にチグリス・ユーフラテス川の水源アナトリア高原東部で大地震が発生している(南三陸町と同緯度)。プレート境界の東日本大震災とおなじ、アナトリア(ユーラシア)とアラビアプレートの境界域だ。
日本的にいえば、オオヤマツミと水分神の地震である。
電力自給と灌漑農地の拡大をめざす南東アナトリア計画で、トルコ政府はプレート境界域に巨大なイリスダムをふくめた22のダムをあらたに建設する気でいるらしい。
 ⇒http://news.ameba.jp/20140224-573/

この南東アナトリアは12000年前の世界最古の石造神殿ギョベクリ・テペなど、人類文明の起源、エデンの園ともいえる地域。近い将来完成するイリスダムはハッサンケイフの遺跡を水没させ、アタテュルクダムともどもシリアやイラクとの水戦争をもっと深刻化させる。ダムがプレート境界に与える影響も、震度6弱を記録した岩手沿岸北部地震どころじゃないだろう。

ギョベクリ・テペ遺跡は北緯37度14分。福島県双葉郡にあたる。福島第一原発は37度25分。岩手県宮古市にあたるアララト山(田沢湖と同緯度)をふくめ、東日本大震災は文明の起源=エデンの園やノアの箱船伝説に同緯度対応する地域に甚大な被害をもたらしたのだ。
安倍とエルドアンの核をめぐる握手のいちばんのミソだ。

もちろんフクシマの天御中主神も神々の起源。この<起源>のワードが父なる火のミソギにどのレベルで反映されるのかはまだわからない。だがバチカン大聖堂の稲妻、ボストンマラソン爆破テロのノアの子孫チェチェンや地球最古の兄弟ウィワ族の落雷など、これまでの事例をふり返るとかなり深刻なんじゃないかと思えてくる。
七番目の鉢のような稲妻の事象があとを絶たない昨今。トルコの動向には、地震の連鎖の可能性もふくめて注意がいる。

2014.1.26キリスト像に落雷 2014.1.17 NewYork Post

虎捕山津見神社火災の前段階として、3月13日に「7つの丘の町」の聖マラキの予言に該当する112代ローマ法王フランシスコが誕生した。おなじ日、よりにもよってイザナギのミソギ伝説の福岡市で、散る桜ソメイヨシノが全国トップ開花。例の"294の桜"だ。
その"294の桜"の桜ヶ峯神社と、糸島の志登神社が同緯度にあるのは偶然だろうか。ことし博多祇園追い山の7月15日に放火されたのはどうだろう。
祇園はスサノヲ。京都祇園のてんかん暴走事故では、スサノヲと大和の十字が示された。ことしは48年ぶりに後祭が復活。「あとのまつり」の語源だ。その後祭のフィナーレ山鉾巡行の7月24日に、アギーレ氏は日本代表監督に選ばれた。アギーレといえば神の怒り。神の怒りと、あとのまつり・・・。

東日本大震災とカグツチ出産=フクシマの雛型は、人類初の核実験トリニティ爆心ラインの熊野那智大社と志賀海神社にある。福岡市の志賀神社は2005年の福岡県西方沖地震で破壊されている。この<海>の破壊がM9の大綿津見の巨大津波に転じた。
では、その志賀海神社の山誉め祭の日に、ノアの子孫のボストン爆破テロが発生したのは偶然だろうか。トルコにノアの箱船伝説のアララト山があるのは、そのトルコが被爆国日本の最初の原発輸出国となったのはどうなんだろう。
おなじ年の9月9日にトルコで日本人女子大生が殺害されたのも、彼女が宮城の熊野那智神社の那智ヶ丘の方だったのもただの偶然だろうか。
志登神社火災で水蛭子出産の狼煙があがった翌7月16日に、川内原発の審査合格が発表された。7月16日がトリニティ原爆実験の日なのは、さらに翌17日、京都祇園祭前祭の山鉾巡行の日に、チェルノブイリのウクライナで火のスサノヲの事象数「777」が撃墜され父なるミソギが予告されたのは、すべて偶然の一致だろうか。
僕にはそれぞれが一本の映画のシークェンスにしか見えない・・・。

そういえばことしの菊花賞は日本原子力の日の10月26日だった。1着は2番のトーホウジャッカル。ジャッカルはアヌビスだから東方アヌビスだよね。2着は4番のサウンズオブアース。地球の音。3着は十番のゴールドアクター。金神。じつに意味深。
しかもCMも三連複も2001年の菊花賞を使っていた。9.11テロの年だ。マンハッタンのワールドトレードセンターが崩壊した。このときも1着は2番。マンハッタンカフェが優勝した。つまりマンハッタン=東方アヌビス。ようするにこれのことだ。
2010ニューヨークの巨大アヌビス

映画のタイトルは「核をめぐるトモダチ作戦と13のアメリカ」。
地球のサウンドが轟くだけでなく、核テロも起こり得ると?

安倍総理が<鉄>の起源トルコにまいたフクシマの黒い種が、クリミア戦争のストーリーラインに火を点け、ウクライナのクーデター⇒3.11のクリミア独立へと飛び火したことは前に書いた。
おかげで冷戦時代とおなじ米EUvsロシアの東西分裂構造が復活する。
米ソ冷戦時代の終わりのはじまりは、ウクライナのチェルノブイリ原発事故である。語源は「黒い草」。欧州ヨモギのこと。
チェルノブイリのレベル7はヨハネの黙示録にある「にがよもぎの星」だと、世界中でウワサされた。

フクシマも星である。九曜<コホシ>だ。
フクシマ+九曜⇒月星⇒トルコ。

放射能マーク相馬九曜紋やじるし千葉氏月星紋2やじるしトルコ国旗

日本では☆は〇であらわされる。千葉神社の月星紋は、フクシマ九曜紋の本家だ。もちろん祭神は天御中主神。神々の中心の大神。つまり神々の真央
ネオ東京五輪組織委員長いわく「真央はかならず転ぶ」。来年の大河ドラマ『花燃ゆ』の井上真央さんの真央でもある。

天御中主神は北辰北斗信仰と習合した。去年北海道の八雲駅で特急北斗が火を吹いたように、天御中主神⇒国常立尊⇒スサノヲの事象ラインは、しきりに北を舞台に人類の<鉄の道>へ警告を発していた。人類の火と鉄の道の結晶が核だ。
ところがことし、天御中主神⇒国常立尊は<黒>に転じた。予告どおり真央が転んだ。スサノヲを火の十字に架ける側。月と黒と山の側。花燃ゆ=スサノヲ燃ゆの真央にだ!

安倍首相が仏核外交に向かった5月5日に、皇居や永田町がある日本の真央・千代田区を震度5弱がゆるがしたことを忘れてはいけない。たぶんあのときに転じたのだ。もう堪忍袋の緒が切れましたってサインだったんじゃないの?
だから祇園祭後祭の日のアギーレ監督選出=あとのまつりの神の怒りだったんじゃないの?

8月16日に日本人ではじめて<黒>のイスラム国に拘束されたのが、千葉市花見川区の方だったのははたして偶然だろうか。しかもよりにもよって平安時代からつづく千葉神社の第888回妙見大祭の初日だ。

もちろん天御中主神はエンリルのような破局的性格の最高神ではない。
この国の祖先神は大地とつながり、大自然とつながり、天=宇宙とつながっている。そのボーダーは定かではない。分離していないのだ。
だとすれば僕らは天御中主神の事象を、たとえば地球の声そのものとして聞くべきだろう。
フクシマを単に日本の原発事故と見ず、安倍核外交を単に日本の経済政策と見ず、人類史レベル、地球レベルの事象として考えるべきだと僕らに教えているのだ。
それが〇に十の島津氏、の相良氏とならびギネス級の700年にわたって領主でありつづけ、九曜の星を祀りつづけた相馬氏の旧領で世界最大の核カタストロフィがおきた理由だろう。

梅と、九曜と、〇に十・・・。
相良の"オバマ湾のドラム缶"。相馬のフクシマ。島津薩摩の川内原発。
らっせらーらっせらー♫

チェルノブイリから3年後、ベルリンの壁が崩壊。東西分裂時代が幕を閉じる。
フクシマから3年後、ウクライナの政権が崩壊。東西分裂が幕を開けた。
だから3月3日のふりだしにもどる・・・だったんだよね。

チェルノブイリ=終末に輝くにがよもぎの星。
フクシマの天御中主神=初発神(はじめのかみ)。
≪天地(あめつち)初めて発(ひら)けし時、
  高天原に成れる神の名は天之御中主神  by古事記≫
ふたつの核カタストロフィは旧世界の終わりと新世界のはじまりを予告する。
僕らはまだ終わっていないし、はじまってもいない。
核兵器や原発の是非を判断するうえで、僕らはこのおそるべきサインをけっして見落としてはいけないのだ。

ことし1月3日、パチンコ店有楽町UNOで火災が発生。東海道新幹線がストップし、帰省とUターンのラッシュを直撃した。"Cross22"R369ラインの「春日なる月」の安倍仲麻呂やフクシマの避難区域とおなじ、「故郷に帰れない」「家に帰れない」ってキーワードが浮かび上がった。
UNOは1。初発。はじまり。「故郷に帰れない」のはじまり。
そして有楽町といえば有楽町海進。一般には縄文海進や大海進とよばれるおよそ6000年前をピークとする地球温暖化による世界的海進である。いまより5mくらい海面が高かったといわれる。大洪水伝説のそもそもの元ネタは、故郷に帰れなくなった人々の大海進の記憶だったのかもしれない。

もっとも縄文海進の復活はいまにはじまったことじゃない。地球温暖化と海面上昇が報告されてひさしい。これから数年で状況が急変し、ノアの大洪水にいたるとは考えにくい。
また温暖化に対し、太陽活動の減退などから寒冷化を主張する科学者もいる。かつて"オバマ湾のドラム缶"は福島第一原発事故と米軍のトモダチ作戦を暗示したが、2012年の金環蝕<太陽のミロク>と同時に示された"九頭竜湖の大型冷凍庫"は、伊豆の"88の大型冷凍庫"とあいまって寒冷化を予告しているように思える。

そこで気になってくるのが、金環蝕と大飯原発再稼動の2012年からいちじるしくなった南極の海氷面積の拡大である。ことし9月20日には観測史上最大を記録したことが報告された。去年より62万㎢ふえている。本州+四国+九州のおよそ2倍だそうだ。
かたや陸氷の方は減少が加速しているという。南極海の水温もあがっている。単に棚氷が海におちたでは説明がつかない海氷の増大はなにを意味するんだろう。
「ALSアイスバケツチャレンジ」の世界的拡大とつながってるんだろうか。
 ⇒ JAXA・地球が見える

北極の黒化と、南極の白化。
これがどうしても頭から離れないのは、ことし3月24日にスサノヲの「神出」が標準時子午線上に示されたからである。
『ネオ東京大祓特区宣言(1)』にこう書いた。

>「ニイタカヤマノボレ」をウラづけるかのように、3月に入ると、父なる火のミソギの主役がつぎつぎと名乗りをあげる。
3月14日の伊予灘震度5強は月読尊。
3月24日の神戸市西区神出町古神の甲南学園馬術部火災は、火の洗礼のスサノヲ様ご出馬。
鎮守の神出神社は神奈備の雌岡山頂にあって素盞嗚尊を祀る。標高は249m。ならべかえれば294。
しかも雌岡山の通称は天下分け目の「天王山」。東経は135度。日本の「その時」を決める標準時子午線上にあるのだ。

ごぞんじのとおり子午線は両極をむすぶ。子は北。午は南。
北極と南極の準備がととのった「その時」こそが、日本火出初の神、伊邪那伎の日真名子スサノヲのほんとの「神出」ってことではないのか。
父なる火のミソギのスサノヲである。


  • [No Tag]

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/01 16:57分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/01 17:32分 
  • [編集]

大難を中難に、中難を小難に、小難を無事に 

 かなり前からちょくちょく読ませて頂いて、参考にさせて頂いています(リンク先のブログをやっている者ではありません)。
 川内(せんだい)原発再稼働の申請を許可した原子力規制委員会に、許可取消を求めて11月7日に異議申立てします(全国から申立人を募っています)。詳しい案内は以下リンクなどにあります。
http://ameblo.jp/yaaogi/entry-11946986059.html
 思うに、卓越風の向きなどを考慮するに、福島原発は日本列島の中でも一番くらい、大地や人への被ばくが少なくなる位置でしょう(海洋への影響は逆ですが)。対して、川内原発は一番くらい被ばくが多くなる位置でしょうね(火山の脅威でもダントツ)。
 「最初の原発震災が中越沖地震、(それでも皆が十分に目覚めないので)次が福島、(それでも駄目なら)今度は川内」では困るので、人として出来る事はなんでもやるので、神様には「大難を中難に、中難を小難に、小難を無事に」して頂ければと思っています。
 それでは、カムナガラタマチハヘマセ ヤサカマシマセ イヤサカマシマセ
(ちょっと場違いなコメントだったかもしれませんが、いやさかの木様だけにでも伝わればと思い、今回始めてコメントさせて頂きました)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/03 03:11分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/05 09:45分 
  • [編集]

雉が鳴くとき 

火も刃物も使い方次第ですが

車が炎上する事故
知らない人にいきなり刺される事件
襲われた方はたまったものではないですね

金属片が燃料タンクに刺さった東北道での事故は、原発を直撃する金属の塊を予想させませんか。

火山での噴き出す火山性ガスと噴石、島を形成するほどの溶岩、集中豪雨や台風で人家や避難小屋まで直撃する土砂や泥水。
電柱が風に倒れ、風力発電の羽が強風に落下したのも、「想定外」と言うのでしょう。しかしいずれもよそで「経験済み」。

天に向かって射た矢が、自らに当たる。そうした事象が、これから起こるのかもしれません。
  • posted by さと 
  • URL 
  • 2014.11/05 15:47分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/06 07:31分 
  • [編集]

171年ぶり 

昨日は171年ぶりの月


171Мといえば内房線 昨日はトドが九十九里浜で発見され鴨川シーワールドへ

もうひとつ気になるのが

数霊では171のキーワードは大統領
オバマ大統領のことが盛んにニュースでとりあげられいるのもこの記事にもリンクされて気になります

そしてきわつけは 171は災害伝言ダイヤル

月からのメッセージ
があるような気がしてなりません


  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.11/06 07:33分 
  • [編集]

Re: 171年ぶり 

いま記事に集中していてコメント返せなくてごめんなさい。

こちら九十九里のある千葉は曇りで171年ぶりの月は見えませんでした。

トドのつまりの九十九。
トドのつまりの黒田バズーカ。金融緩和パート2。

171は大統領ですか。
月と災害伝言ダイヤルか~。

去年の九月十九日、アベ首相がフクシマを視察。その夜、福島で勿来=来るなの震度5弱が発生しましたね。
あの日は最後の中秋の満月でした。あれも月読のメッセージ。

そいでことしになって知ったんですが、うしろの正面の素鵞社の仮殿遷座が、あの夜だったんですよ。
その仮殿が釜社。釜の中のスサノヲ。カルデラの中の火のミソギのスサノヲ。

北上市ではキャンピングカーが走行中に燃え、子どもたちが亡くなった事故がありました。
この方の名は白輪地。起源は山梨県の大月市です。
2012年に笹子と連鎖して大月トンネル事故が起き、竹の世の子=水蛭子と月の関係を示しましたね。
そして白輪地という名は、火に対する結界、防火帯を意味するそうです。
びっくりしました。
もう結界はきかない。

トドが見つかった11月3日に、父なるミソギの筑紫で火球が目撃されましたね。
父なるミソギが、火球的速やかにならないことを祈ります。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/06 22:26分 
  • [編集]

「神々の起源」 

いやさかの木さん今日は、お久しぶりです。

ちょうど私も「月」で記事を書いていました、不思議なのは「小林旭」さんの「昔の名前で出ています」の歌が気になって記事を書きながら調べてみたら誕生日が11月3日でした。

何だか「月」が動いている?、「木曽節」「岩戸開き」「昔の名前で出ています」この頃の記事が不思議です。


フクシマも星である。九曜<コホシ>だ。
フクシマ+九曜⇒月星⇒トルコ。

小林旭さんの「旭」は「九+日」ですね、読み方は「あきら」、「小林旭=こばやしあきら=子囃子明=日と月が明らかになって子供が祭り囃子?」、お後がよろしい様で!。

いつも有り難うございます。
  • posted by shibuchin 
  • URL 
  • 2014.11/07 12:57分 
  • [編集]

re:Re: 171年ぶり 

平成27年 7月
うしろの正面の素鵞社の遷座があるそうですが

どうなるんでしょう
  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.11/08 20:29分 
  • [編集]

トランペット 

志登…使徒が第6のラッパを吹いて鉢が空けられたと。
2年ほど前から世界各地でトランペット音やら低めのホーン音が聞こえるという事象が発生しているとかでyoutubeにもアップされてますけどね。
バチカンで同性愛者に配慮するようお達しが出されてマリア預言を奉じる人達は「サインだ」とどよめいている。
私も個人事象ではトランぺッター(黙示録でなく音楽の方面で)とコンタクトを試みてますが…。

さて、新米の季節ですね。ワタクシはスサノオ御出馬の神出の米を食べ尽くしたので次は縄文遺跡と原発のある福井県のお米にしましたよ。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2014.11/09 23:05分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/10 09:15分 
  • [編集]

トモダチ 

日銀の黒田バズーカ。

中国漁船のサンゴ密漁。

川内原発再稼動の自治体承認。

根はすべておなじ。この世は命より金ぢゃ。

同時期のこれらの事象のスイッチもおなじ日。

2013年1月16日の黒田夏子さん「abさんご」とアルジェリア人質事件=秋葉原事件のリメイク。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/10 15:07分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/11 09:56分 
  • [編集]

Re: 294? 

Δ。294。
ミラクルムーンとおなじ乗員乗客171。
硫黄ってのも・・・。
ちなみに薩摩硫黄島は鬼界カルデラ。関係ないとは思いますが。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/12 01:09分 
  • [編集]

Re: トランペット 

神出の八十八?
すごいもんたべてますね(笑)

ネの国の八十八はいかがですか?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/12 01:36分 
  • [編集]

Re: :Re: 171年ぶり 

7月のいつかはまだ決まってないみたいですね。

型示しになるのか直になるのか、もしくは月のミロク誕生につながるかはわかりませんが、
トルコへのフクシマ輸出で、小浜=アメリカ、平城京=ミロク、串本=トルコの常神串ラインの三つのセッティングは整いましたから、その結論はオバマ大統領の任期が切れる2017年1月までには出るはずです。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/12 01:43分 
  • [編集]

Re: 「神々の起源」 

昔の名前で出ています。

出雲にいるときゃオオナムチと呼ばれたの~
津軽じゃカルキミと・・・。

たくさん名前をもつオオナムチを思い出します。

霊界物語では大自在天大国彦。九十九の力をもつとか。
対するミロクは誠ひとつ。
それが1厘の仕組みってやつでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/12 01:53分 
  • [編集]

Re: フジの死 

トド=百々。
ありがとうございます!

なんだか真名井神社の「百(もも)の御生(みあ)れの時ぞ近づく」を思い出しちゃいます。

そういえば百々目鬼って妖怪いましたね。
九十九のトドメなんだろうか。
等々力のトドロキなんだろうか。

九十九といえば熊野の九十九王子ですが、
出口王仁三郎は大自在天は九十九の力をもっているといってます。
こんどの記事にそのことも書いてるんですが、
そしたら九十九里浜のトド。

フォッサマグナの柏崎構造線は鹿島神宮にぬけるとも、九十九里浜にぬけるともいわれます。

99里=ククリだし。
九月十九日ともつながってると思います。
アベ首相のフクシマ視察の日。これに対して勿来=来るなの震度5強が起きた。
この日は中秋の満月であり、出雲大社ではスサノヲ素鵞社の仮殿遷座祭がおこなわれています。
スサノヲはいま、釜社にいます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/12 02:09分 
  • [編集]

Re: 雉が鳴くとき 

> 天に向かって射た矢が、自らに当たる。そうした事象が、これから起こるのかもしれません

まるでタカミムスビの返し矢ですよね。

便利なコトバですよね。想定外。
それで許されると思ってる。
想定外だからしょうがないじゃんってひらきなおりがありありと見える。
なにかにつけて科学的にはどうたらこうたらエラそうにいう人たちが、想定外なんて口にする姿見るとブン殴りたくなります。
行政と企業と御用学者の責任逃れですよね。きっちり責任とらせるシステムつくらないと。想定外は何度でも起きます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/12 02:37分 
  • [編集]

Re: 水晶のスカル 

栗で思い出しました。
以前のアメノミナカヌシの言葉と共通するかもしれません。
(やけどのない両手は、十をあらわしてると思います)

ことしは2006年以降でもっともどんぐりが不作だそうです。全国的に。
気候変動のせい?
ちがうようです。
どんぐりはすごく広範囲にいっせいに実を結ぶのをやめる時期があるそうです。
そうやって動物の数を調整するんです。
僕らは植物は食物連鎖の底辺にいて、一方的に動物にただ黙って食われるもんだと思ってますが、じつは逆に不作で調整されてるんです。でなければ動物は増え続け、植物は減り、結果砂漠化し、動物も死に絶える。

植物がそうですもん。
地球もおなじじゃないでしょうか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/12 03:08分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/12 09:36分 
  • [編集]

もろ筑波山 

平成26年11月12日10時02分 気象庁発表
12日09時53分頃震度4の地震がありました。
震源地は茨城県南部(北緯36.2度、東経140.1度)で、
震源の深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は4.7と推定されます。

もろ筑波山じゃん!

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/12 12:39分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/12 15:07分 
  • [編集]

Re: 轟 

極端にいえば、双子とおなじです。相似象は。
姿かたちが似てると、人間でいえば人生や内面にあたる歴史や文化にも共通項が見つかるし、双子みたいに連鎖がおきることもあります。
もし興味がおありでしたら、両方の事象を調べてみるとおもしろいと思いますよ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.11/14 11:14分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/15 13:58分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/338-2e87043b

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム