神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

御神渡りの雲


御神渡り
 http://www.city.okaya.lg.jp/okayasypher

諏訪湖の氷が轟音とともに裂け、延々と亀裂が入る現象を御神渡り(おみわたり)という。諏訪大社上社の建御名方神が、下社の妃神八坂刀売(やさかとめ)に会いにいったその道筋だそうだ。

衛星画像を動画でチェックしてると、ときどき短時間で直線や曲線の道筋が形成されることがある。中にはあきらかにストーリーをともなっているものがあって、僕はそれを御神渡りの雲と呼んでいる。はじめの事象が「わたり」のワードをともなっていたからだ。いうなれば天の浮橋。雲のかけ橋だろうか。

最初に確認したのは2008年10月30日。雲のストレイトブリッジとして紹介した。日本では北緯37度。朝鮮半島では北緯36度を通ってるように見えた。朝鮮半島の36度ミロクラインは、日月再生伝説の迎日湾と白村江の戦いとをむすんでいる。

11月22日、長野県北安曇郡白馬村を中心に震度6弱が発生した。
白馬岳をふくむ北アルプスの総鎮守は安曇野市の穂高神社。穂高神社とくれば、やはり福岡県西方沖地震と父なる筑紫のミソギの志賀海神社である。おなじ古代阿曇=安曇氏のお社であり、ツーカーの仲であることはたびたび書いてきた。
とうぜん今回の地震もつながっている。白馬村の雨降宮嶺方諏訪神社に祀られる八坂刀売は、阿曇の姫神だしね。

穂高神社の本殿のまわりには、遠く福岡市から運ばれた志賀島の海の砂が敷かれている。玄海の砂持ち神事だ。
いま敷かれてるのは2009年5月の大遷宮祭のものだから、2005年3月の福岡県西方沖地震のミソギをうけた神砂だということになる。いわば事象を共有してるわけだ。
これって今回の地震の性格を知るうえでだいじなポイントだと思う。フクシマへの破壊の流れが福岡県西方沖地震からはじまったからである。

穂高神社の本殿遷座祭は、サマータイムブルースの忌野清志郎さんのロック葬とおなじ5月9日におこなわれた。くしくもこの日、中越沖地震から停止していた柏崎刈羽原発の再稼動のニュースが報じられている。

2007年7月の中越沖地震と柏崎刈羽原発は、同年3月に発生した能登半島地震と志賀原発の組合せに対応する。想定外の地震+原発の図式は、能登半島地震からはじまっていたといえる。

能登半島地震の10日前、志賀原発は臨界事故の隠蔽が発覚して運転停止を命じられた。地震の3日前には東京電力まで、福島第一原発3号機の臨界事故をなんと29年もたって公表している。日本最初の臨界事故だそうだ。
わかってもらえるだろうか。能登半島地震の時点ですでにフクシマへのセッティングがなされていたことを。事象はいきなり起きるわけじゃない。かならず段階的にセットされてゆくものだ。そこに事象を読むチャンスがうまれる。

志賀原発の石川県羽咋郡志賀町は、福岡県西方沖地震で大きな被害をうけた志賀島を復興支援している。その二年後のおなじ3月に、こんどは志賀町が被災するとはね・・・こんなマネができるのは、志賀島の阿曇の神のストーリーラインしかない。じじつ、つづいて中越沖地震が発生したのは7月16日。例の人類初の核実験トリニティの日だ。
トリニティ実験で立ちのぼった原子雲がヒロシマとナガサキの狼煙だったように、中越沖地震で柏崎刈羽原発から上がった黒煙が、四年後のフクシマの狼煙となった。

ことし7月16日、川内原発の審査合格が発表された。前日に放火され、志登神社からあがった黒煙は、川内原発とあわせて柏崎刈羽原発のそれとまったくおなじ意味をもつ。
志賀海神社と事象を共有する穂高神社の安曇の地で発生した今回の地震は、フクシマで一応の決着がついたかに見えた破壊の流れが、まさに再稼動してしまったことを物語る。
栄村を中心とした2011年の長野北部地震のときはそれほど気にならなかったんだけどね。こんどのは深刻さがぜんぜんちがう。あきらかにナガサキへのセッティングだ。

志賀島の志賀海神社は、熊野那智大社とおなじ米トリニティ原爆実験の爆心ラインにある。北緯33度40分だ。
神界の原発担当大臣は、志賀海神社の志賀大明神である。
地震で破壊された志賀海神社は、破壊された原発を意味した。福岡県西方沖地震+志賀海神社⇒能登半島地震+志賀原発⇒中越沖地震+柏崎刈羽原発⇒東日本大震災+福島第一原発というぐあいに連鎖していったわけだ。

木曽の御嶽山は穂高神社の北アルプスにふくまれないようだが、過去の地震分布を見ても僕はおなじ事象グループだと思ってるし、列島全体の連鎖構造やシンクロ状況を知るうえでだいじなモノサシにもなる。なんせ日本の屋根だしね。
じじつ2010年に御嶽山の地震が宮城北部と南部、宮城沖の地震を誘発し、気になってブログに書いている。

たとえば、
2010/01/30 13:14 長野県南部 35°55.7′N 137°39.0′E 9km M2.3 1
2010/01/30 13:29 宮城県南部 38°03.5′N 140°40.1′E 9km M4.1 4

逆に東日本大震災でストレスがかかり、北アルプスで深さ0~5㎞の超浅発地震が増えているのはご存じのとおり。火山性だと思われる。
北アルプスは火山山脈。ことし5月3日に発生した飛騨群発地震は焼岳で、5日の千代田区震度5弱を誘発している。安倍首相の欧州核外交への警告だった。
え、千代田区は関係ないだろうって?
ではなぜ9月27日の御嶽山噴火のとき、伊豆大島でも震度3の火山性地震が発生した? 5月5日の震源も伊豆大島近海だったよね。
しかも前述の能登半島地震の震源域でも震度3が共振している。思うに、想定外の噴火+原発ってのもありうるってことじゃないかな。

今回の御嶽山噴火は国常立尊とオオナムチだけど、宮城への地震連動は御嶽(みたけ)の蔵王権現が中心だった。もちろんバックに阿曇の志賀大神がいたことは他の事象とあわせて確認済み。東日本大震災とフクシマへ向けたセッティングのひとつだったといえる。

宮城の蔵王山では先月から火山性微動が確認されている。座標は北緯38度8分。東日本大震災は北緯38度6分。
出雲大社のうしろの正面のスサノヲがいま釜神社に合祀されてることはお伝えしたが、蔵王山の火口湖「御釜」でも白濁が観測された。来年2月の川内原発再稼動でいっせいにくる可能性がある。
25日にはじまった阿蘇山の22年ぶりのマグマ噴火も父なる火のミソギへのプレリュードかもしれない。なんせ過去に書いたとおり、「父なるミソギは、山のミソギ」だ。

御嶽山が噴火した9月27日は、穂高神社の御船祭の日である。
この祭りの主役は阿曇比羅夫。天智天皇663年のミロクライン白村江の戦いで戦死した将軍だ。雲のストレイトブリッジがかかった場所である。
この白村江の敗戦以降、日本は唐にならった律令国家へと転換する。戦後の日本がアメリカナイズされたようにだ。そして710年に、"常神串<94>ライン"の平城京が誕生した。

隼人と蝦夷は、その律令制と戦った。
「はやぶさ」の帰還。「はやぶさ」の開通。つづいて蝦夷の地で東日本大震災が起きたのはなぜだ? 九州新幹線の「西郷どーん」もしかり。
白村江の敗戦と藤原氏の律令。幕末と明治維新。さらには太平洋戦争。
過去にお伝えしたとおり東日本大震災は太平洋戦争のリメイクであり、フクシマはヒロシマのリメイク。貞観地震と祇園祭のはじまりに対応する東日本大震災と火のミソギのスサノヲの登場、つまり祇園のてんかん暴走事故・・・etc。
"シクミ"は時空を超えた変革のエネルギーと歴史のカルマを総動員しているらしい。

志賀大神は、穂高見命とも阿曇磯良神ともされる。もっと古い船神としての志賀神もいるから、古代阿曇氏の祖神の総称と考えていいと思う。
日本の北緯37度~30分は、その"志賀大神原発ライン"である。福島第一原発もこの神渡りの雲の下にある。

2008年10月30日
20081030_20141124225541ce6.png

衛星画像から15分後に、宮城県亘理郡亘理町の鳥の海沖で震度4が発生した。とうぜんワンセットの事象だ。亘理は「わたり」と読む。神渡りの雲だと、地震がおしえてくれた。

ではどんな神が渡ったのか?
それは前日10月29日の事象から推測できる。
例の会津・伊佐須美神社火災だ。

伊佐須美神社については志賀海神社とおなじくらい書きつづけてきたけども、あらためて要点をまとめると。
・会津の語源。出会いの会いづのお社。父と子の再会。
・祭神はイザナギとイザナミ。
・奥宮が柏崎刈羽原発および福島第一原発とまったくの同緯度にある。
・柏崎刈羽原発火災⇒伊佐須美神社火災⇒福島第一原発レベル7の順番。
・フクシマは奥州相馬氏。その故郷の柏市を始点とするR294=294の道の終点が会津。イザナギとイザナミの再会への道だと判断できる。だれかさんのアラブる核外交でふりだしにもどっちゃったけどね。

伊佐須美神社火災の翌日の神渡りの雲は、イザナギとイザナミの再会に関連する事象だ。しかも火災=カグツチが介在している。もちろん当時はカグツチ出産=福島第一原発になるとは思わなかった。

父と子の再会のワードから僕が思い浮かべたのは、日本武尊に手をひかれたカグツチがイザナギに会いにゆくシーンである。雲のかけ橋の途中で両者はひとつになり、スサノヲに姿を変える・・・。
いま思えば、母なる水のミソギ=東日本大震災というより、現在の父なる火のミソギのワンシーンだよな。

ちなみに衆院選294議席⇒柏優勝⇒"294の道"をふりだしにもどされた安倍政権は、解散総選挙に打って出た。この選挙でべつの道が示されるかもしれないので、要注意だ。議席が確定したらまっさきに国道をしらべてみたい。
再会が望めない道だと、とてもつらい。

あ、あと日づけもね。2009年衆院選の311議席獲得の前例もあるし・・・。

2009年7月9日
200907092230_2014112423044146e.png

はっきりとは見えにくいけど、九州に注目してほしい。中国の寧波から熊本の八代方面に雲のラインが確認できる。これは妙見菩薩の神渡りをあらわす。
妙見は中国の天帝思想(北極星信仰)と仏教が習合した菩薩とされる。
日本ではさらに妙見菩薩と天御中主大神が習合した。
フクシマの神だ。

八代神社の現祭神は天御中主神。もとは妙見宮で、北辰信仰の妙見菩薩が祀られていた。
妙見宮実紀によると、
「天武帝白凰9年(680)の秋、中国寧波から妙見神が亀蛇の背に乗って海を渡り、八代郡土北郷八千把村竹原津に上陸」したらしい。

岩手県遠野市の伝説には、八代に上陸した青河童が北上するにつれて赤土にまみれ、遠野の赤河童になったとある。
遠野も妙見信仰。遠野地方に多い菊池姓が熊本の菊池一族であることをあわせて考えるとおもしろい。

もちろんこの時も、北辰妙見尊☆王=天御中主神の事象だとは思ったけども、まさか二年後に相馬妙見の福島第一原発まで北上するとは、残念ながら思わなかった。

千島列島の上空で気流のために雲がわかれ、黒い蛇のように見える。
僕はセグロウミヘビ=オオナムチをあらわすんじゃないかと考えたけど、だとしてもなんで天御中主神といっしょに示されたのか正直いってわからなかった。

でもスサノヲ包囲網が完成したいまならわかる。
天御中主神とオオナムチが同時に示された理由が・・・。

2014年11月23日
201411230415.png

前のブログで「11月22日のメッセージにぜひ注目してほしい」とあとがきした。長野北部地震はニギハヤヒからのメッセージである。ニギハヤヒの事象テーマがもののみごとに地震に反映されている。東と西の和合だ。

日月神示が降りた千葉県成田市台方の麻賀多神社は、日本武尊の玉と鏡の祭祀にはじまる。日本武尊とニギハヤヒは、「鳥」と「尾張」のワードでつながっている。
麻賀多神社の天の日月神は、日月のみならず東と西の和合の姿でもある。そのオワリの使命が日本武尊とニギハヤヒにはあるのだ。たぶんトリ年の2017年になると思う。

震度6クラスが前回日本で発生したのは、去年4月13日の淡路島震度6弱。
淡路島といえば、イザナギとヒルコだ。
それから1年以上もなかった大地震が、ピンポイントでニギハヤヒの事象日に起きたのがたまたまだと思う?
しかも東西に圧縮される逆断層型。動いた神城断層は、列島を東日本と西日本にわける有名な糸魚川静岡構造線だ。そんな地震がウクライナ問題で東西再分裂が浮きぼりになった今年、ニギハヤヒの命日に発生したのである。
これ以上のメッセージがあるだろうか。

新嘗祭がおこなわれる11月23~24日は、22日とともに翌年を占ううえでとてもだいじな事象日である。2010年には北朝鮮のウラン濃縮施設公開と延坪島砲撃事件。原子力と火砲のワードが連続して、福島第一原発の爆発につながった。

ことしは大地震につづいて御神渡りの雲が出現。上の衛星画像がそうだ。
23日明け方、4:00~6:00にかけて、まず京都の丹後半島の方向に延び、若狭湾から"99り姫"の白山周辺。最後に長野北部地震の震源付近とつながって消えていった。『水蛭子のうみの十字6』に6:00の画像を追記してあるので確認してみてほしい。

若狭湾といえば他ならぬ"常神串<94>ライン"である。
平城京を中心とする"ミロクの誠の十字"が、静岡の相良で「塩の道」とつながってることは前回の記事でふれた。
"Cross22"の相良=オバマ湾のドラム缶だ。

白馬村の震度6弱は、その「塩の道」で発生した。
さらに翌朝、御神渡りの雲の先端が"常神串<94>ライン"から塩の道へと竜巻のごとく移動。吸い上げたというより注入していった感じだ。R369平城京を中心とする"ミロクの誠の十字"に関係するのはまずまちがいないだろう。

11月30日、自民党から若狭勝弁護士出馬のニュースが流れた。「若狭」出馬だ。
去年の参院選といい、なんで安倍政権になって出馬すんだよと思うし、こんどは事象的インパクトまで増幅されている。
88事象の武蔵と若狭。若狭といえばオバマ湾。どうやらオバマ大統領の任期切れを二年後にひかえ、"核をめぐるトモダチ作戦"と"火水<ひみつ>のシクミ"。もんじゅに原発銀座の若狭湾が、最終章にむけて本腰を入れはじめたたようだ。そのためのミロク注入なのかもしれない。

塩の道については2009年7月の記事がくわしいので、よければ参考にどうぞ。
⇒ №158『塩の道、とんぼの羽』
ひさびさに読んで、そういえばトンボの羽が降ったんだったと思い出し、ちと鳥肌が立った。2009年6月に福島県郡山市で胴体のないトンボの羽が100枚以上見つかった奇怪な事件である。

そのときこう書いている。
「なんかあやしいと思ってしらべたら、富久山町南小泉って、柏崎刈羽原発とおなじ北緯37度25分だった。ってことはとうぜん、福島第一原発ともおなじ。つまりふたつの原発をむすぶライン上にトンボの羽が降ったわけだ」

トンボはアキツ。アキツは大倭豊秋津島=日本をあらわす。その残骸が北緯37度25分に降った。あきらかにフクシマを予告している。事象はあらかじめ僕らに警告してくれていたのだ。すぐに気づけなくってほんとごめんなさい。

事象はあの手この手で僕らにメッセージを伝えようとする。
丹後半島はむかしの丹波国。三国史記・新羅本紀にある多婆那国は丹波国だとされる。卵生したため、水蛭子のように多婆那の海に流された倭人の赤ちゃんは、朝鮮半島に漂着し、成長して新羅国第4代の脱解王となった。
新嘗祭の雲も最初はこのストーリーかと思ったのだけど、拾われた阿珍浦はいまの慶州市なので、御神渡りの道筋とは一致しない。

衛星画像を拡大してしらべると、どうも百済の漢城あたりからつながってるようだ。もちろん正確とはいえない。ただ、もし漢城を指してるのであれば、浮かび上がるのが仏教公伝の日本書紀552年説である。このころ百済の聖明王は新羅と協力して高句麗から漢城を奪還。だがすぐに新羅と交戦状態になり日本に救援をもとめている。釈迦仏金銅像と経論が贈られて、欽明天皇をよろこばせたのはこのときだ。きわめて政治的に仏教は伝わった。
翌年漢城は新羅軍によって陥落。聖明王は554年に戦死する。

百済は未来仏弥勒の降臨地とされた。日本と百済は111年後に白村江で唐と新羅の軍と戦って敗北。百済は完全に滅亡する。皮肉にも白村江は北緯36度の戦い。つまりミロクの戦いだ。穂高神社の阿曇比羅夫はこのミロクの海戦で戦死した。ってことはその命日に噴火した御嶽山もまた、ミロクを示唆してることになるよね。

また平城京遷都1300年祭にあわせて、かつてしきりに「陸奥の金」が宮城で示されたけど、東大寺の大仏をおおった陸奥の金は、陸奥国守に任じられた百済王敬福が献上したもの。東大寺の十一面悔過法要が東日本大震災とリンクした伏線にも、百済のキーワードが見える。
韓流ブームは百済。竹島問題は新羅だと書いたこともあったよね。

百済とミロクがつながるポイントは、じつは地震の北安曇郡にもある。松川村だ。観松院の国重要文化財の銅造菩薩半跏像がそう。6世紀に百済から伝わった可能性が高いという。へたすりゃ日本最古の弥勒像だ。もしかして聖明王が贈ったものだったりして。

ではなぜ百済の弥勒が北安曇郡にあるのか。
とうぜん浮かび上がるのが古代阿曇氏だ。朝鮮半島外交は阿曇氏が担った。だから阿曇比羅夫はその清算として死んだのだし、志賀大神は古代の外交をつかさどった大宰府に、外交神として祀られたわけだ。
原発と外交・・・。
安倍首相のアラブる核外交をバックアップしたのも、じつは志賀大神である。ウミ出しのためだ。煽るだけ煽っといて、しまいにギャフンといわせるのが志賀大神のヤな方法論。菅政権のときがそうだった。

『花燃ゆ』と川内原発再稼動の年を前にして、志賀大神の長野北部地震をともなって、御神渡りの雲をミロクが渡ってきた。これって、すごいセッティングだと思う。
このミロクはもちろん月のミロクから日月のミロク誕生へとむかう流れだけど、残念ながら現時点では破壊と犠牲のミロクだといわざるをえない。

天門のミロクには、弥勒思想のストーリーを放出させ解除する役目がある。
鬼門のクニトコタチに、常世思想のストーリー放出と解除の役目があるように。

陰陽道では丑寅の鬼の鬼門に対し、戌亥の北西は天門で、怨霊や魑魅魍魎が入るとされる。御神渡りの雲も、北西から伸びてきた。
反感を買いかねないいい方だけども、かつて朝鮮半島から伝わった弥勒思想は怨霊や魑魅魍魎をつれてきた。元来この国の風土が生んだのは循環思想であって、終末思想ではない。

今回もそうだ。しかも天皇陛下がご高齢のため新嘗祭の暁の儀のお出ましを取りやめられ、手薄になっていたところである。あんのじょう韓国から魑魅魍魎の類が対馬に入った。あの日神の対馬にだ。
11月24日、梅林寺の仏像および経典を盗み、逃亡しようとした韓国人4人が水際で逮捕された。
示されたキーワードは誕生仏。
ミロクの誕生…つまり月のミロクの誕生であり、日月のミロクの誕生だ。

これがもし盗まれたというニュースだったら、逆に大変な雛型になるとこだった。ヒルコ出産と父なる火のミソギの破壊と犠牲をへて再生のミロクがこなければ、越の世(セウォル)の沈没のあと訪れるのはさらなる混沌である。
住職さんの素早い通報と対馬南署に心から感謝したい。もちろん防人の神霊にもだ。いうまでもないと思う。

2012年の対馬仏像盗難事件の現場は対馬国一宮の海神神社。火水<ひみつ>のシクミの豊玉姫を祀っている。淡路国一宮の伊弉諾神宮とおなじ北緯34度27分にあることは以前お伝えした。去年震度6弱が発生した父なるイザナギとヒルコの淡路島だ。

7月15日に放火された志登神社もまた豊玉姫を祀っていた。
スピリチュアル的には豊玉姫がヒルコを守ってたお社だという。
仏像盗難事件と志登神社火災はつながっているのだ。

2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件とおなじ4月16日(日本時間)に遭難したセウォル号の沈没地点は、北緯34度14分。同緯度に位置する対馬の小茂田浜は、鎌倉時代に襲来した蒙古と高麗の艦隊が最初に上陸した地点である。小茂田浜神社は宗助国を主祭神として、助国とともに元寇で戦死した英霊たちを国防の神として祀っている。なんとも皮肉な事実だ。

セウォル=世越は、父なる越の世を意味する。いまの世だ。
ネットでは仏罰といううわさが流れていたようだが、海神神社の仏像の件はたしかに事象の共有であり、セッティングのひとつだろう。ことし3月14日には、月読尊の伊予灘震度5強に対し、韓国慶州市の月城原発3号機が翌日に緊急停止事故を起こしている。セウォルについては過去にくわしく述べた。共有しなければこんな連鎖反応は起こらない。
だがそもそも“ニセ十字”の段階で両国が衝突し火柱の関門を通ることは、2009年の護衛艦「くらま」とカリナスターの衝突事故で予告されていたといえる。
あの国もこの国も、膿出しがおこなわれているのにそれが膿だと認めようとはしない。
こんなセッティングがくり返されればどんな未来が待っているか、想像するのは簡単だと思う。

御神渡りの雲がなめるようにミロクを注入していった地域は、まさに"父なる越"である。
「縄文の復活」のテーマも見える。
鳥浜貝塚の若狭はもちろん、白馬村を水源とする姫川は6000年前から愛されつづけたヒスイの産地だ。塩の道はかつてヒスイの道だった。
ヒスイは王者の石。パワーストーンの意味は「まつりごとを司るもの」だそうだ。まつりごとは政治。11月21日の安倍首相の衆議院解散と、22日のニギハヤヒのメッセージ=長野北部地震とのつながりも見えてくる。

ことしは午の年。
再稼働が提示されたことし、僕らはしっかり言あげすべきだった。もう核はいらないと。
午に言あげすれば「許」になる。未が来て、未来が申に示されるための「許」だ。示+申は「神」である。花は燃えても神となり、晴れてシクミは大トリを迎える。日本武尊とニギハヤヒによって、オワリのトリが示されるだろう。それは籠の外へと羽ばたいた再生の鳥。新しい時代の大いなる翼だ。

だが言あげされたのは〇に十字の川内原発再稼動。このままでは未は犠牲の羊となり、神はサルだろう。
<88>はメビウスの輪となり、大変動期は終わらない。2017年は10%の消費税とともに2005年の酉からまたやりなおし。もっとふりだしにもどる。海の警固断層につづいて陸の警固断層が動いて福岡北部地震ではじまるかもね。
事象は脈絡があるうちが花。限度を超えればロシアンルーレットになるのは目に見えている。

12月14日におこなわれる第47回衆議院選挙は、僕らにとって最後の言あげのチャンスだ。せめて読んでくださったみなさんだけでも、そこをわかっていただけたらと思う。


  • [No Tag]

*Comment

12月いろいろ 

秩父夜祭りの日に選挙戦が始まり、赤穂浪士討ち入りの日に終わるというのは、歴史や故事を振り返れという暗示、いや警告ですか。

昨日は美濃加茂市を震源とする地震。美濃加茂と言えば若い市長が収賄容疑で捕まり、全面否認で市議会に復帰。副市長や議員らと、文字通り何メートルかの距離を置かねばならぬという奇妙な光景が見られた市です。
彼は浅野内匠守なのでしょうか。

塩の話が出てきました。
吉良上野介の領地と浅野内匠守の領地は共に塩の産地。
幕府が意図的に、堂島(問屋)からの税収を上げようとを狙って打った大芝居という説もあります。

買う人がいて、使う人がいるなら、塩ならぬ原発は、必需品扱いでどんどん輸出されるでしょう。
某党の方に話を聞いたら、「海外に売るのに、日本が原発廃止じゃ困る」と言われました。
それって売るために再稼働するってこと?
その理論で行けば、「中国の」漁船が珊瑚を盗むのも、「韓国の」仏像を持っていっちゃうのも、自衛隊武力行使容認のためのシナリオに見えるではないですか。

今回の選挙の最中に起こる事件事故、災害は特に、「だから××が必要だ」「もっと規制強化を!」といった世論を煽動する恐れがあります。

3・11は民主党しかも菅首相の時に起き、阪神大震災は社会党の村山首相の時に起きました。
自民党以外が政権を握るとろくなことないと思わせるに十分…
だけど、本当にそうだったのか。その下地や礎を築いたのはどこの政党だったか、先の戦争に突入したのはどうした思想だったか、もう一度振り返りたいところです。

長くなりました。

おみわたりならぬ、天の川の橋は、この時期に、見えないものですかね。
14日は流星群がピークだそうです。
  • posted by さと 
  • URL 
  • 2014.12/04 01:50分 
  • [編集]

猿神 

日吉大社東本宮の左後ろに、大山咋神のお父さんが祀られた社がありました。
立て札に父の大歳=大行事は猿顔であったと伝わると。
山王曼荼羅には猿神としてあらわされてるようです。
西本宮の楼門の屋根下には棟もち猿がマサルさんとして親しまれてるのもにも繋がるのでしょうか。
猿神出現でワケワカランように。
示す篇に申 で 神 となるか ただの猿になるかのくだりにドキっ{(-_-)}
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2014.12/04 08:55分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.12/04 11:39分 
  • [編集]

火災 

栃木署によると、4日午前8時30分ごろ、栃木市大平町伯仲の根渡神社と八坂神社から出火し、根渡神社の木造平屋神殿1棟約37平方メートルを全焼したほか、八坂神社の木造平屋神殿1棟約11平方メートルを半焼した。 http://news.goo.ne.jp/article/shimotsuke/region/shimotsuke-30299334.html

根渡、御渡 
鶏の神(ニワタリ神社)http://nire.main.jp/rouman/ubu/niwatari.htm

鳥が焼かれたって意味なのか?

地震ありましたね 震源は千葉県東方沖

千葉県東方沖
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/?e=473

千葉県北西部地震
2005年(平成17年)7月23日(土)午後4時35分に千葉県北西部(北緯35度34.9分、東経140度8.3分[2])千葉市付近直下を震源として発生した地震。

侮れないですよ
  • posted by 詩 
  • URL 
  • 2014.12/04 20:24分 
  • [編集]

阿蘇山が気になります・・・ 

最近、噴火活動が激しいようです。
http://www.asahi.com/articles/ASGD141JDGD1TLVB001.html

川内原発の再稼働間近の動きに合わせるかのように、同じ九州内での阿蘇山の活動活発化・・・
距離的には大分離れてはいるが、過去に大噴火を起こしてるんですよね。

再稼働したら、火のミソギ=大噴火になるのではとビクビクしてます。

阿曽山大噴火って芸人もいましたね。
彼がこんな芸名をつけたのも事象の表れでしょうか。
  • posted by yoshi 
  • URL 
  • 2014.12/04 21:10分 
  • [編集]

Re: 12月いろいろ 

赤穂浪士討ち入りの日でしたか。
陣太鼓をたたくのはどの神だろう。
泉岳寺の隣にマンションが建設中で、いまモメてますけど、これもなんかあるのかな。
赤穂と吉良は塩つながりですね。藤原氏369ラインに意外と近いです。

秩父神社のオモイカネは政治の神でもあるし、北辰妙見の天御中主神。相馬妙見、千葉妙見を陰で動かしてるのは秩父だと思います。秩父三社にはあらゆる事象的要素がそろってますね。

政権交代すると大災害が起きるのは、天地人が連動してる証拠。
だいじょうぶですよ。今回はアベちゃんがやってくれますから。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/04 22:44分 
  • [編集]

Re: 猿神 

日吉大社にいかれたんですね。
山王といえば猿ですよね。

神は猿=神は去る。

山王とサルの関係はオオヤマクヒにあるんだけど、じつはいまいちよくわからない神で、地主神はまちがいないんだどほんとにオオトシの子なのかなぁと。
僕はもしかしたら比良明神の猿田彦とのつながりの方が強いんじゃないかと。
比良山地と比叡山つながってますしね。
ニニギと出会うまでは高島の地主神ですしね。猿田彦。

再来年動くと思いますよ。山王ネットワークも、猿田彦ネットワークも。
申に示されるのは、猿田彦神の道しるべでもある。
そこで道が示されないと、元の木阿弥ですね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/04 23:46分 
  • [編集]

Re: 火災 

実力「伯仲」のオオナムチとスサノヲでしょうか。

しかし根渡とはね。根の渡り。根国はもともと出雲ではなく越国のことなんですよね。
父なる越にミロクを渡らせたのはオレだよオレって、もしくはオレたちだよって、オオナムチがいってるみたいじゃありませんか。

ニワタリ神社のネットワークおもしろそうですね。ありがとうございます。

千葉県北西部地震よくおぼえてますよ。
当時はべつのとこですが、震源はいま住んでるトコの隣の町内の直下です。
深いので東京の方が揺れたみたいですけどね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/05 00:13分 
  • [編集]

Re: 阿蘇山が気になります・・・ 

火山噴火は破局噴火でなければ、災害としての規模はたとえば津波や地震にくらべて小さいですよね。地域に限定されますから。なのでそれで済むならその方がいいと思う部分はあります。

すくなくとも現時点では、事象の方向性は富士山の方にむいてます。
もし太古に阿蘇に起きた破局噴火が富士で起きたなら、富士山は跡形もなく吹っ飛びます。そういう噴火は考えにくい。富士噴火は東海地震と連動する可能性がありますが、それでも阿蘇の破局噴火よりマシです。

いま富士に向いている流れが阿蘇に向いていたら、このブログ、いまどころの騒ぎじゃないですし、もし向くようなことがあれば、かならずお知らせしますね。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/05 02:14分 
  • [編集]

NoTitle 

以前日本の象徴は御嶽山になると聞きました
もしそうなら 富士山大爆発は免れないのかもしれません
日本はどうなるんでしょうか?
円安で株価は上がり続けています
これも吉と出るのか凶となるのか
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2014.12/05 06:45分 
  • [編集]

NoTitle 

こんにちは、時々拝見しています。

志登神社のことをかかれておられたのですが、先般偶然志登神社のことをかかれておられた方がおられ、大変共感するコメントを描かれておられたのでこちらでも共有できればと思い、記しますね。

「糸島の志登は古い時代には怡土國の中心として栄え、また神々にゆかりの土地であるといわれます。

現在、その中心的な場所に「志登神社」という歴史あるお社があります。

豊玉姫様がお祀りされております が、この夏に原因不明の出火で御本殿が全焼してしまいました。

本当にほとんど焼けてしまって、周囲の大木の数本も切り倒されていました。 見ると悲しくなるような光景でしたが、 しかし、今、物質的に「無」となったことは意味深いことだと言われました。

きっと改めて「無」から新しい一歩を踏み出されるのでしょう。」


以前、社(やしろ)などが放火で焼けおちるとき、そのにいます神様は大丈夫なのかと、神の話のできる方に、たずねたことがあるのですが、神様というのは危険などがあると、瞬時に移動されるので、例え社が焼け落ちたとしても大丈夫だ、との答でした。

志登の社のまわりの大木も何本か切り倒されたとありますが、木は、基本的には霊的に悪いものから隠す、守るものですから、焼けた、切り倒されたは、明らかにアタックですよね。

先の方のコメントのように、物質は焼け落ちた、しかし本体はおそらく無事、その意味は深く、私達が気づくべきことがらに、ひとつのきっかけを示しておられるように思います。

なんにせよ、世界はいよいよ境の時代に入って行っている感が加速してはおりますが、境でどちらの路にいくか、結局選択は自分自身しかできませんから、さまざまなことを心して、人は地に生きるもの、大地にしっかり足をつけながら、心は風のように軽やかに進んでいかねば、と思います。

がんばってくださいね。
また拝見しにまいります。



  • posted by 糸島の志登 
  • URL 
  • 2014.12/05 08:09分 
  • [編集]

お返事有難う御座います。 

多少安心しました。すぐに阿蘇には結びつかないのですね。
結びつくか否かは選挙と今後の動向次第ですか。

なんとか、次の大災害につながる前に止めたいですが・・・
止められなくても、せめて減らせる方向に
  • posted by yoshi 
  • URL 
  • 2014.12/05 10:14分 
  • [編集]

穂高 

いやさかの木さん!いつも、ありがとうございます。

昨日のニュース、白山市から金沢市に車移動しながら、次々とやってしまった穂高にショックを受けました。
またもや、記憶がない発言だったそうで、なんたることかと、、、
お怪我をされた方々の回復を祈るばかりです。

こちらは、すっかり銀世界です。

降り積もる雪に温かさを感じつつ、真っ白になった風景と澄んだ空気に心が落ち着きました。

目まぐるしい昨今ですが、どうぞ、ご自愛くださいませ。

Re: 穂高 

木綿さん、おひさしぶりです。

気づかれましたか。

ミロク注入のあとに、父なる越で「喧嘩したい。ぶっ殺すぞ」なんて、こりゃおだやかじゃないねと思ってたら、
容疑者が穂高ですよ穂高。しかも36歳のミロク祭。おまけに白山市。
記憶がないは、てんかんといっしょですよね。あちら側とつながるという意味では、ドラッグもそうだけど。

国道8号って、出雲の8もさることながら、2011年正月に豪雪被害で松の世を暗示した国道9号と京都市で接続する、もろ「父なる越の道」なんですよね~。ケンカ=竹の世(軍事)だし。

ミロクと原発の志賀大神にマジでケンカ売られとりますよ。
どうする安倍ちゃん。
どうする? 僕ら。

真っ白な風景と澄んだ空気のような記事が書きたいのだけど、ムリですねぇ。

インフルエンザが流行中とか。
木綿さんもご自愛くださいね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/06 03:03分 
  • [編集]

はじめまして 

はじめまして、最近ここを知り
大変興味深く見させていただいております!

12月6日:1時頃
若狭湾で、マグニチュード5.1の強い地震(深さ360km)の深発地震で、実際に揺れたのは、福島と茨城の異常震域→(http://www.jma.go.jp/jp/quake/20141206010821395-060102.html …)若狭湾沿岸には14基の原発がある。若狭湾の地震は要注意

こんな情報拾いました ご参考までに
  • posted by 長野の母 
  • URL 
  • 2014.12/06 09:49分 
  • [編集]

Re: はじめまして 

長野の母さん、はじめまして。
ありがとうございます。

震源はもろオバマ湾。
深さ360km=ミロク×十字。
共振はフクシマ。

父なる越の道R8の穂高36歳連続暴行事件につづく、カンペキなセッティングです。

若狭湾の伝説では、大宝律令の701年に巨大地震。
凡海郷の島が沈没し、30mの巨大津波が発生しています。
いまの冠島と沓島は凡海郷の痕跡。

こんご「律令」関係のワードが強く出るようであれば、若狭湾の巨大地震に注意です。
ミロク注入されてますしね。

もういちどフクシマくるかもしれませんね。人為的ミスもふくめて。

この地震が選挙と関係するのはまちがいないし、こうした忠告の段階で軌道修正できればいいんですが、僕ら事が起きても軌道修正できない人々ですから、せめて防災グッズをそろえるくらいしか・・・。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/06 12:11分 
  • [編集]

辛丑 

長野の母様のコメントの返事で
いやさかの木様が返していた 701年の若狭湾の地震
昔コメントした 籠神社の奥宮とされる真名井神社の境内に「波せき地蔵」があり、
701年には海抜40メートルの
場所まで津波が襲ったと伝わっている。

↑これですよね~~~(汗)

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/5153d381c832fa3a9565b362fe587fef


701年はやはり気になるので
干支を調べたら 辛丑・・・これはヤバい干支です
御嶽山の噴火の9月27日も辛丑の日

8年後の辛丑の年が心配でしたが・・・

こんご「律令」関係のワードが強く出るようであれば、若狭湾の巨大地震に注意です。
ミロク注入されてますしね。

のいやさかの木様のコメント肝に銘じないと
大変です
イケアのニュースで
日本海を「SEA OF JAPAN」と表記したインテリア用の世界地図の販売を、来年から全世界で中止することを明らかにした。とありましたが
韓国が主張するのは日本海ではなく東海

東海地震は・・熊野灘から駿河湾のことと思っていましたが。。。まさか日本海沿岸の地震の警告でもあるのではと
思えてきました・・・・・・





  • posted by saito 
  • URL 
  • 2014.12/07 01:29分 
  • [編集]

聖櫃(アーク)標高およそ1100メートルの高越山の山頂付近で人が2人倒れているのを発見。 

ご本尊が蔵王権現・・・
(京都府)
標高およそ1100メートルの高越山の山頂付近で人が2人倒れているのを発見。
http://www.news24.jp/nnn/news89093130.html
不明住職か…心肺停止の2人発見 吉野川市 6319
  • posted by (´・ω・`) 
  • URL 
  • 2014.12/07 08:59分 
  • [編集]

小浜とフクシマ 

【気象庁HPより】
 
平成26年12月06日01時08分 気象庁発表
06日01時02分頃地震がありました。
震源地は若狭湾(北緯35.5度、東経135.7度)で、
震源の深さは約360km、地震の規模(マグニチュード)は5.1と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。
 
 
福島県  震度1  田村市都路町* いわき市三和町              楢葉町北田* 浪江町幾世橋
 
茨城県  震度1  日立市助川小学校*
 
つながっちゃいました…
 
震源地は小浜市の少し沖合みたいです。
 
  • posted by Mythril 
  • URL 
  • 2014.12/07 10:14分 
  • [編集]

Re: NoTitle 

志登神社については、火災以来ずっと書き続けてます。
なんせ水蛭子のうみの十字ですから。

事象をどうとらえるかは自分しだいですよね。
日本代表のアギーレ監督も就任時ゼロからのスタートといってましたが、志登神社火災ともつながってます。
このブログで伝えたいのは、ゼロになるためには手放さなければならないものがあるということです。

ありがとうございます。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/07 11:55分 
  • [編集]

Re: 高越山 

高越山って阿波富士と呼ばれてるんですね。
ご本尊が蔵王権現・・・これもねぇ。
中央構造線ですし、忌部だし、お名前の埜の字も気になっています。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/07 12:03分 
  • [編集]

Re: 小浜とフクシマ 

正確な座標は明日出ると思いますが、震源はオバマ湾の地下360km。
よりにもよってなんで36が出ますかねぇ。
しかも共振したのがフクシマ。
オバマ湾のドラム缶かよっ。

残念ながらこの警告に気づく有権者はほとんどいないでしょうが・・・。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/07 12:09分 
  • [編集]

轟音 

ご無沙汰です。

先程、久々に地震が来ました。
ただ、いやーなドーンという轟音がしてました。
揺れはさほどでもありませんでしたが
結構な音でした。何か、パチーンと始まるような。。
警固の割れ残りを繋ぎとめていたものが切れたなら
いやさかさんのおっしゃるとおり、福岡北部~筑紫野も
要注意ですね。宗像の大きな断層も触発されぬとよいですが。。

----------------------------------------------
平成26年12月08日14時42分 気象庁発表
08日14時37分頃地震がありました。

震源地は福岡県北西沖(北緯33.7度、東経130.3度)で、 震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。
----------------------------------------------

阿蘇山も活発ですし、昨年の今頃も夜中に地鳴りがしたのを思いだしました。

いろいろな方面で、動きが加速していますね。


  • posted by 百足 
  • URL 
  • 2014.12/08 15:38分 
  • [編集]

白いイノシシ 

  • posted by 竹茶のME 
  • URL 
  • 2014.12/08 22:15分 
  • [編集]

Re: 轟音 

震源は志賀島の勝馬のようですね。
かなりきびしい神が動き出したようですよ。

"誠"でないものにとっては、そうとうキツいかもしれない。
僕自身あらためて"誠"を意識させられたというか、指針としようと。

今日休みだったんで家で昼寝してたんだけど、
ちょうどそちらの地震の直前、家が地震みたくパキパキ鳴っちゃって、
あれ、だれか来たかなと。
で、夢の中で、東大寺には日本のウソが隠されている・・・と、だれかに言われました。
阿曇の神だったのかもしれない。

しかも地震のとき福岡高裁で係争中の方がいて、
地震から相手方がありえないくらいボロを出した、と。
自分の夢ともつながってるな~と。

マジで動き出したなと、実感させられた一日でした。
トラトラトラの日だしね。

切れたような轟音ですか。
いよいよはじまりますかねぇ。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/08 23:49分 
  • [編集]

Re: 白いイノシシ 

しかも丹波ですか。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/08 23:50分 
  • [編集]

香川)登録有形文化財 乃木神社の社務所が全焼 

http://www.ksb.co.jp/newsweb/index/2512
香川)登録有形文化財 乃木神社の社務所が全焼
12月10日 11:49
10日未明、善通寺市にある国の登録有形文化財乃木神社の社務所が全焼しました。けが人はいませんでした。10日午前0時半頃、善通寺市文京町の乃木神社の社務所が燃えていると近所の男性から119番通報がありました。社務所以外の建物に類焼はありませんでした。全焼した社務所は30年近く使っておらず、カギをかけて電気も通っていませんでした。
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20141210002930.html
  • posted by (´・ω・`) 
  • URL 
  • 2014.12/11 08:22分 
  • [編集]

神仏習合と廃仏毀釈 

安曇の神が告げられた、日本のウソが東大寺に興味津々。
先ほど、日吉大社での廃仏毀釈についてブログ投稿しました。
そのつながりで、東大寺の神仏習合とかの記事見つけましたので、ご参考までに
http://www.asahi.com/travel/hikyou/TKY201103270195.html
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2014.12/11 19:10分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.12/12 13:36分 
  • [編集]

本年もありがとうございました。 

いやさかの木さま、記事更新いつも本当にありがとうございます。
コメントはお久しぶりです。あまりにも事象がめまぐるしく、内在と、夢世界では、もはや現実と、境界線が無く、お礼を伝える機会が遅くなりました。
いまはすでに、地球として存続するかいなか。ただそれだけを祈り、願う日々です。
どうぞ、体調に気をつけて神事象を広くお伝えください。

心から感謝しております。
  • posted by 疳の虫 
  • URL 
  • 2014.12/12 17:40分 
  • [編集]

吾妻山 

吾妻山、警戒レベル引き上げ=小規模噴火の可能性―気象庁(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000086-jij-soci
  • posted by 名前を! 
  • URL 
  • 2014.12/13 14:30分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.12/13 20:46分 
  • [編集]

Re: 神仏習合と廃仏毀釈 

東大寺に隠された日本のウソってなんでしょうね。
歴史が根こそぎひっくり返るニュアンスでしたよ。

東大寺の神仏習合のお話ありがとうございます。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/14 01:19分 
  • [編集]

Re: 本年もありがとうございました。 

こちらこそいつも読んでくださって感謝です。

ほんとに目まぐるしくてこまっちゃいますよね。
最近西郷どーんの言葉がよくよぎります。
人を相手にせず、天を相手にせよ。

疳の虫さんもお体にお気をつけて。
よき新年をお迎えくださいね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/14 01:29分 
  • [編集]

Re: ぷっすま 

はじめまして。
基本的に管理人のみのときは返信しませんのでよろしくお願いします。

草なぎ剣くんと香取神宮くんについては、過去に書いたことがあります。

へ~草なぎ剣くんがこの時期に秩父ですか。
秩父といえば、日本武尊伝説ですよね。

鶴岡八幡宮の大銀杏の再生祈願祭の翌日に東日本大震災は発生。
日本武尊の東征先で大震災が起きたわけですが、あの倒木にもかんでたんでしょうかね。

鶴岡八幡宮といえば、源頼朝をバックアップした千葉氏と、秩父氏はともに平良文と将門の娘春姫の間の子の子孫。千葉氏からわかれたフクシマの奥州相馬氏は堂々と将門の唯一の子孫といってますよね。

千葉氏も秩父氏も、平良文にはじまる妙見信仰。
千葉氏は千葉神社。秩父氏は秩父神社がそのメッカです。

さらに秩父には狼信仰がありますね。
秩父の妙見と狼信仰のくみあわせは、フクシマの原発事故と虎捕山津見神社火災のくみあわせとおなじです。

さて草なぎ剣くん。
妙見と狼信仰の中心で、こんどはなにを叫んだんでしょうか。



  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2014.12/14 22:37分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/342-57030aab

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。