神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

刻(とき)の森(2)

 
  刻(とき)の森(1)

日米安保法案の国会審議がくりひろげられるなか、9月9日に上陸し、関東と東北に大きな被害をもたらした台風18号嵐雲(Etau)が、米国名だったことも忘れないでくださいね。
まるでブラックジョークだ。

「嵐雲」は出雲。「18」はオオナムチの事象数。関東東北豪雨災害は、"母なる水の禊"とオオナムチのトモダチ作戦の一環だったといえます。鬼怒川の氾濫が出雲国譲り神話の逆バージョン(復讐)を示していたことはまえにお話しました。

一般に出雲大社といえば縁結びですが、事象神としてのオオナムチは国づくりや国譲り神話の色彩がじつに濃い。
東日本大震災で巨大な渦潮となってあらわれた大洗のオオナムチ。艮の金神=国常立尊とおなじ鬼門構造の艮(うしとら)のオオナムチ。プルトニウムの冥王星とつながる幽界のオオナムチ。いずれもそうです。

ソ連最後の最高指導者ゴルバチョフ氏が「東西冷戦期のもっとも悪い時代を想起させる」と懸念するように、2014年のクリミア危機以降、米国とロシアの東西冷戦構造が復活しています。
ですが、この国の歴史(ストーリー)もまた東西構造なんです。
たとえば蝦夷と朝廷の戦い。源氏と平家。天下分け目の関ケ原。奥州安倍氏が滅ぼされた前九年の役もそう。

12月14日に新国立競技場のふたつのプランが発表されましたけど、モチーフはそれぞれ三内丸山縄文遺跡(青森)と五重塔の法隆寺(奈良)。まさに東VS西です。
コンセプトはともに「杜のスタジアム」。
12月6日には杜の都「せんだい」でも、初の地下鉄東西線が開業しましたね。

杜(もり)という字はご神木や鎮守の森を意味します。
ただの森ではなく、十+人=木。その木+土の、杜ってことでしょう。
「建て替え」のフィナーレは自立の御柱祭だと思います。最終的には、ひとりひとりの。
火と水は木のなかでムスビます。"再生の火水(ひみつ)の木"を誕生させなければなりません。そのために必要な土壌が、東西和合なんです。

まあ今回どこまでやるつもりかはわかりませんが、「杜」と「東西」がセットで示されたからには、そろそろ大詰めってことじゃないのかな。
物語(カルマ)の大放出もありえると思います。
東の大震災につづくセカンドインパクトですね。
阪神淡路大震災から20年のことし、おなじ1月17日の安倍総理のエジプトスピーチで日本人人質がISISに殺害され、"火の禊のスサノヲ"の犠牲の型が完成したわけですから、たぶん本番も阪神淡路とおなじ西のカタストロフィってことなんでしょう。
新国立も西のA案に決まりましたね。

5月30日に父島と母島の小笠原諸島海底で、世界観測史上最強の深発地震が発生。列島全体が揺れました。
父と母、東西和合への動きであることはあきらかですが、あれが予告篇だとしたらどうなんでしょう。
暴走をエスカレートさせる安倍政権を見てると、ああ向こうはまだまだヤル気だなって危機感を憶えるし、もし西がくれば、総仕上げに列島全体への連鎖も考えられます。

そういえば28日に、慰安婦問題で日韓が歴史的合意ってやってたみたいですね。マスコミはこぞって称賛してるようですが、ああ、またしても火をつけやがったなって思いました。
最終決着なんてとんでもない。バックに新安保の米国がいるのは火を見るよりあきらかだし、何度もいってるようにあの人は火消しどころか事象の放火魔で、日本再生どころか物語(カルマ)の火つけ役です。
この火事も延焼しますよ。その代価を支払うのは本人ではなく僕ら国民です。

ちなみに、東西和合の犠牲的役目を背負うのが、ことし犠牲の型が示されたスサノヲであり、その転生の日本武尊(酉の神)です。
ことしのテーマ「犠牲の未(ひつじ)」はISISの人質殺害だけでなく、去年12月に当選した翁長知事の沖縄の辺野古問題もそうですね。沖縄はひつじさる(南西)の金神ですし、来年申年も目が離せません。
第二次世界大戦は卯年。東日本大震災も卯年。太平洋戦争は巳年。安倍政権も巳年。原爆と第二次大戦終戦は酉(トリ)です。2017年ですね。
今回のシクミは2005年の酉から2017年の酉までがひとつの周期なんじゃないかと僕は考えています。

来年は西側(G7)の伊勢志摩サミットのあと、ロシアのプーチン大統領が来日予定。実現すれば、時間差とはいえ日本に西と東のトップが集うわけで(ほんとはG8ならよかったんだが)、よくもわるくも和合へのキーポイントになりそうです。
2016年は申の年。犠牲の未(ひつじ)が来て、申(さる)に示されるのが未来の示申。
どの「神」が示されるかで、僕らの今後の予定が見えてきますね。

東日本大震災では、日本列島は東西に引き伸ばされ、88cmもズレました。
出雲88事象のマーキング。オオナムチ主導でシクミが展開されている証拠です。
東西のカルマを放出させるのは、アソベの森の艮のオオナムチ。
日本書紀では幽界のオオナムチ。
いつから縁結びの神になったかわかりませんが、古代の出雲神殿が祀った幽界の王です。

日本史における東西対立構造のそもそものはじまりは、高天原VS出雲の国譲り神話にあります。
高天原軍に降伏し、国を明け渡したあと、オオナムチは幽界に隠れます。いわゆる冥土(メイド)ですね。エジプト神話のオシリスの冥界アアルとも、死と原子力の星、冥王星ともつながってます。
もちろん来年の『真田丸』の六文銭ともです。

「東西」はオオナムチが握るキーワード。
そう考えると、なぜ2013年の日本初の原発輸出のあとタイミングよくチェルノブイリのウクライナで政変が起き、東西冷戦が黄泉がえったのか。その背後にオオナムチの姿が浮かび上がってきませんか? 
核をめぐるトモダチ作戦が見えてきませんか?

今回の「建て替え」でオオナムチが展開するシクミを、僕は"核をめぐるトモダチ作戦"と呼んでいます。
チェルノブイリ原発の大事故以降、斜陽に向かいつつあった原発産業を「原子力ルネサンス」で復活させたのは、9.11テロとイラク戦争で世界をミスリードした米国のブッシュでした。国際社会はまたまたその尻馬にのった。

2007年7月にNPT不参加のインドと米国とのあいだで123(原子力)協定が妥結され、ついに「核拡散時代」の幕が切って落とされます。
出雲大社の大遷宮が開始されたのは、翌2008年の春。
とうぜんオオナムチおよびその荒魂としてのアラハバキのターゲットも、「核拡散」です。
平和的経済外交として核が拡散する「グローバル原子力パートナーシップ」ですから、"核をめぐるトモダチ作戦"ですね。
核を触媒とする物語(カルマ)の大放出作戦。触媒はフクシマです。

12月12日、安倍首相はついに禁断の日印原子力協定に手を出しました。
インドのモディ首相と最終合意です。
被爆国日本がけっして侵してはならない最後の結界が破られた。
過去最初にこの協定に触手をのばし、カルマを放出させた愚かな首相がだれだったか憶えてますか?
そう。菅首相です。
東日本大震災の...。

フクシマは、核拡散時代への警告として起きたんです。
これ、ぜったい忘れないでくださいね。

安倍がモディに持ちかけたのは、TVショッピングばりの新幹線とのセット販売。
インドからもトルコからも、日本はヒロシマとナガサキを経験し、その上フクシマまで経験したのに、なぜ原発を輸出するんだ フクシマなんかいらない って声が届いてますが、いやまったくおっしゃるとおり。
かつてエコノミックアニマルといわれた日本人は、いまやアトミックアニマルなんでしょうか。
国内でも、来年はいよいよプルサーマル3号機の再稼動が相次ぎますね。

東の大震災のトリガーもまた、日印原子力協定交渉+新幹線(九州+東北)のセットでした。
ことし6月30日には、新幹線開業以来初の列車火災が起きています。焼身自殺の炎にお伊勢参りの女性が巻きこまれた。天照大御神からの「日本が炎に巻きこまれる!」って悲痛なメッセージです。
ではなぜお伊勢参りの方だったのか。
高天原軍の出雲侵攻が、天照大御神の命令だったからです。
鬼怒川の氾濫とおなじ高天原VS出雲の逆バージョン。

安倍政権が2005年台湾以来の新幹線輸出に乗り出したことし、どうして開業から50年も起きなかった新幹線火災が発生し、おまけに台湾新幹線のお尻にも火がついて、破綻寸前に追い込まれたのか...。
たとえばみなさんも、なにかをやろうとしてケチがついたら、あ、これヤバいかなって思いませんか?
おなじことです。そもそも原発や新幹線の輸出がトモダチ作戦に組みこまれてなければ、こんなケチはつきませんよ。東京五輪にしてもそうです。

現政権はオオナムチの傀儡(くぐつ)です。
かたやインドは火の神アグニの国で、核ミサイルの名もアグニです。
ことし1月に大陸間弾道ミサイル・アグニⅤの発射実験に成功したばかり。
11月15日に長崎港に向かっていた高速客船「ビッグ波羅門(ばらもん)キング」が炎上し沈没。なんでナガサキ+バラモン+火なんだろうと思ってたけど、なるほどそういうことだったわけね。
バラモン教といえばインド。バラモン教の火の神がアグニなんです。つまりナガサキにむかっていた高速客船の火災はアグニそのものをあらわしてたってことです。
あきらかに日印原子力協定最終合意のプレ事象だ。

2010年9月。イザナミが出産するカグツチが原子力であり、インドの火神アグニとの融合神であることを示したのは、原発銀座の敦賀半島に上陸し、カグツチの秋葉山上空(本宮秋葉神社)で消滅した台風9号「瑪瑙(マーロウ)」でした。詳細は当時のブログをひも解いていただければわかります。

20100911台風9号瑪瑙進路図 台風9号の異様な進路 クリックで拡大します

瑪瑙(めのう)は王者の石。出雲勾玉の材料ですから、出雲の王ですね。
つまり台風9号は出雲の王オオナムチ。
出雲大社の神使はセグロウミヘビ。三輪明神の大物主(オオナムチ)も蛇体です。
台風9号の衛星画像には、巨大な蛇体が浮かび上がってました。

201009080455_20151226013409f9b.png 右上に頭 尾の部分が台風9号です

台風9号が示した予告どおりに、半年後にフクシマが発生します。
カグツチとアグニを融合させたのは、出産したイザナミではなくオオナムチだった。
その傀儡政権が、こんどはアグニの故郷インドと原子力協定ですよ。
どんなカルマの大放出をもくろんでいるのか、ちと空恐ろしいですね。
まあ、すくなくとも輸出に対する出雲の錦織圭選手ばりのリターンは必至だと思います。

日印原子力協定最終合意の12月12日は、くしくも1941年にインドが日本に宣戦布告した日。こういうブラックなマーキングが大好きなんですよね。オオナムチもカグツチも。
安倍首相の訪米だって、チェルノブイリの日だったでしょ。

前九年の役で西の朝廷に敗北し、滅亡した奥州安倍氏は、安倍首相の祖先です。
神武天皇に敗れたナガスネヒコ一族の末裔で、アラハバキ信仰の中心でした。
安倍政権がオオナムチのトモダチ作戦にツキ動かされる理由がわかっていただけると思います。
(今回のシクミでは出雲の大遷宮開始と、オオナムチの荒魂としてアラハバキを祀る三河国一宮・砥鹿神社奥宮の震度4とが連動してるので、オオナムチ=アラハバキです)
ちなみに奥州安倍氏の女性たちは瀬織津姫信仰でした(首相夫人もそうらしいけど)。どちらもいまなお東北地方に根強い信仰文化です。

クリミア危機は、安倍総理の日本初の原発輸出=トルコのシノップ原発受注が火種でした。(日本初の原発輸出。フクシマの初発神社。スサノヲの日本火出初之社。なんだか似てますね)
クリミア戦争におけるロシア黒海艦隊の「シノップの虐殺」です。その物語(カルマ)に火がついた。
もちろんフクシマの火。出産されたカグツチの火です。

翌2014年2月、ロシアのソチ冬季オリンピック五輪開会式で、安倍首相の顔にフクシマの地震速報がカブったのはじつに皮肉だし、きわめて暗示的だったといえます。
じっさい大会中にチェルノブイリのウクライナでクーデターが発生。ロシアの介入で、フクシマとおなじ「3.11」にクリミアが独立。米ソ時代の東西冷戦構造が黄泉がえります。
フクシマを触媒とする、核をめぐるトモダチ作戦です。

同年7月17日には、マレーシア航空17便のB777がウクライナ上空で撃墜。
「777」はスサノヲの事象数ですから、"火の禊のスサノヲ"を意味します。
この17便の17日が、ことし1月17日の安倍首相のエジプトスピーチにつながるわけです。ISISの報復による湯川、後藤両氏殺害で、スサノヲの犠牲の型が完成した。

ソチ五輪で金メダルに輝いた羽生結弦選手のホワイトレジェンドは、日本武尊の死と白鳥伝説をあらわしてました。
不思議だと思いませんか? 
東西和合の犠牲的役目をになう日本武尊とスサノヲ尊が、ともに米ロの東西冷戦がらみで事象化したんです。
両神の役割を予測してた僕としては、とても偶然なんて考えられません。
安倍晴明の登場にしてもそうです。
"ミロクの誠の十字"は畿内五芒星結界。五芒星は晴明桔梗印なので、もうひとつの安倍事象に対する祓いや浄化役の晴明を期待していました。
まさかまた羽生選手が演じるとは、思ってもみませんでしたけどね。

ホワイトレジェンドの金メダル ⇒ 世界歴代最高のSEIMEI(安倍晴明)は、いま見えている数少ない希望の事象のひとつだといえます。

 ソチ五輪ホワイトレジェンド 中国(選手)との衝突も経験しましたね

羽生選手は仙台のスケートリンクで大震災に遭遇したとか。
東北地方太平洋沖地震が「東日本」大震災と名づけられたのは、あの巨大災害が東西カルマの大放出だったからです。
当時、岩手宮城沖に浮かんだ衛星画像の巨大な顔を紹介したところ、蝦夷の指導者アテルイだというご指摘をいただきましたが、なるほどと思います。
チェルノブイリにつぐ核カタストロフィが平将門の原発で起きたのも、将門の乱が東西対立構造の象徴だからでしょう。将門は西の天皇に対抗して「新皇」とまで名乗りましたね。

その将門をバックアップした天津甕星(あまつみかぼし)が、オオナムチに共鳴して高天原に最後まで抵抗した星神だったこと。そして天津甕星を鎮圧した建葉槌神(たけはづち)が、ことし8月4日の日立市鹿島神社の事件で粛清されたらしいことも、シクミの一環として憶えておいていただけたらと思います。

建葉槌神は機織の祖神、倭文(しとり)神。新秩序再生の鍵をにぎる神でした。
かわりに安倍政権が謳う「日本再生」の神に選ばれたのが、例の姫古曽神社火災の荒ぶる七夕(機織)姫です。風土記に、道行く人の半数を殺したと書かれる、姫古曽(ひめこそ)の神。
現実世界では、宗像(むなかた)直子氏の首相秘書官選任がこれにあたります。
"水蛭子のうみの十字"のタテ。姫古曽~宗像大社ラインの宗像ですね。

七夕伝説発祥の地とされる宗像大社中津宮の大島には、安倍宗任の墓があります。安倍首相の先祖です。
奥州安倍一族滅亡のあと、配流された安倍宗任を庇護したのが宗像氏でした。
宗像秘書官選任は、まさに奥州安倍政権色ムキ出しの人事だったといえます。

建葉槌神は日立市の大甕倭文神社のほか、静神社や、鹿島神宮本殿むかいの摂社にも祀られています。初詣で鹿島神宮に行かれる方は、ぜひ確認してみてくださいね。立札の説明にある香香背男は、天津甕星のことです。
大甕倭文神社は、天津甕星を封印した宿魂石で知られます。そのすぐ近くの鹿島神社で「静」さんが殺害された。
静の神は建葉槌です。鹿島の神は天津甕星を攻め、オオナムチを攻めた、ごぞんじ高天原の軍神タケミカヅチ。
しかも安倍首相が秘書官人事を固めたと報道されてまもなくですよ。事件が起きたの。
こんな偶然はありません。

10月19日、安倍首相はフクシマの避難区域を視察しました。
それに対して鳥取県中部で三回の震度4をふくむ群発地震が発生した。異様さを感じた方もいるんじゃないでしょうか。
震源は東伯郡湯梨浜町の羽衣石城跡の近く。
湯梨浜町といえば、伯耆国一宮の倭文神社です。
羽衣と倭文は、ともに機織り。祭神はもちろん建葉槌神です。

あの地震は粛清された建葉槌神から僕らへの警告です。
安倍+フクシマとのリンクですから、群発は"核をめぐるトモダチ作戦"への警鐘の乱打。どうしてもわかってほしかったんでしょう。
日印原子力協定最終合意のあとにも、また揺れましたしね。

そういえば、「一億総活躍社会」の民間委員にタレントの菊池桃子さんが選ばれ、「菊池」が神風特攻隊の「菊水」を示すワードであることはお伝えしましたが、選ばれて以降、菊池氏のルーツである熊本県菊池市で地震が頻発し、九州地方を統括する福岡管区気象台など関係機関が警戒を強めています。阿蘇山も近いです。

僕らは政治は政治、地震は地震といったぐあいに、社会と自然とを区別して考える習慣がすっかり身についちゃってます。ですがいいかげんそれやめないと、天地(あめつち)の神々のメッセージなんて永遠に気づけないと思いますよ。
神が死んだというのは勝手だけど、いざとなって天を呪うのはお門ちがい。僕らが気づけてないだけなんですから。


オオナムチとは、時を定めて訪れる神。日の本に変革をもたらす神です。
日本史ぜんぶを紐解いたわけではありませんが、すくなくとも天照大神の御神霊が追放同然に諸国をさまよった崇神天皇の祭政変革期。牛頭天王信仰が誕生する貞観大地震の変動の時代。日米のファーストコンタクトたる黒船来航の幕末維新などがそう。
たぶんリトルボーイとファットマンもそうなんでしょう。

『オオナムチと巖窟王』でもふれましたけど、米国とオオナムチはつながってます。
出口王仁三郎の霊界物語でも、その神霊は北米に降臨したと語られます。
オオナムチは東海より訪れる神です。黒船も東海からやって来た。
オオナムチが高天原に国を奪われたように、この国も米国に占領された。

安倍政権の潜在的ストーリーは、オオナムチと同系。だから使いっパーになる。その結果が希望の同盟だし、安保法制なんです。
安保法案の正当性を主張するため、政府閣僚が口をそろえて砂川判決を引用していた時期に、北海道の砂川であまりにショッキングな暴走事故が起きましたね。
150km/hを超えるBMWとシボレーの飲酒レースに軽ワゴンが巻きこまれて、一家4人が亡くなった。高1の長男は1.5kmもノーブレーキで引きずられてました。
この砂川リンクが偶然だと思いますか? 事故があった6月6日は、1年前に姫古曽神社が放火された日ですよ。「日本再生」の機織姫に選ばれた、荒ぶる姫古曽の神です。
これから憲法改正へと動いていくわけですが、砂川の暴走事故は安倍政権の本質を突いています。ひと言でいうなら、「亡国」です。
そしてだいじなのは、こういう悲惨なリンクが安倍政権になってそりゃもう異様に起きているということ。

僕らは試されているんですよ。
神話では、イザナギとイザナミが生んだ日本の国土を地上の人々のために国づくりしていったのが、オオナムチと小人神スクナヒコナ。いわばファットマンとリトルボーイのコンビです。
そしてニニギ尊を降臨させるために、高天原はその国を奪った。
この国の歴史は、国譲り神話のジレンマとともにある。だから後世、弥勒信仰のような救済や変革の神として国づくりコンビは祀られた。大震災で巨大な渦潮が出現した大洗磯前神社もそうです。
ですがどう転んだって僕らは高天原の末裔なんです。おまけにオオナムチは幽界から来る。とうぜんその事象は逆説的に出ます。
オオナムチが安倍政権を煽るのは、僕らひとりひとりが目ざめ、自立するためです。できなきゃまた力づくの変革でくるかもしれません。前回のリトルボーイとファットマンみたいに。
というか、もうリトルボーイは実現しちゃいましたけどね。フクシマは、ヒロシマの再来です。

新安保成立後の10月1日、横須賀に米空母ロナルド・レーガンが配備されましたね。
ハッとされた方もいると思います。
そう。東日本大震災の「トモダチ作戦」の旗艦です...

東日本大震災では、玄海、伊方、福島第一原発のプルサーマル3号機の稼働で、米トリニティ原爆実験の「333」がセッティングされ、フクシマに至りました。トリニティを意味する数字が333(トリプルスリー)です。
トリニティ実験といえばナガサキのファットマンだし、カグツチ出産=ヒロシマに対応する水蛭子出産=ナガサキのこんどもおなじセッティングでくるだろうなと思ってたら、ロナルド・レーガンって全長333mなんですよね(苦笑)。

おまけにTPPの10月5日、父なる禊の福岡ホークスの柳田選手と、近代のシンボル明治神宮のスワローズ山田選手が、65年ぶりのセパ両リーグ「ダブルトリプルスリー」達成です。
「トリプルスリー」はことしの流行語大賞までとっちゃいましたね。野球ファン以外はピンとこないにもかかわらずです。
国民総活躍社会ならぬ、国民総「333」社会宣言ってことでしょうか。

38年ぶりの満月のクリスマスには、イブの福井地裁の逆転判断をうけて、さっそく高浜原発3号機「みらいくん」が核燃料装填を開始。
七夕の川内原発のつぎは、満月のクリスマスですよ。
笑っちゃいますよね。もろ七夕のシクミと、月のミロク(救世主)誕生のセッティングだ。
この「みらいくん」のクリスマスが、1月にゴミ収集車に轢かれて幼い命を散らした未来くん。そして葛西臨海(火災臨界)のクロマグロの大量死と「イクトゥス」。ISISビジョン。77匹のマグロ投入と屠られた仔羊。パンと魚の奇跡の教会の焼き討ち。7月7日の川内原発核燃料装填とナガサキのB29の№77。さらにはエヴァの使徒など。ことし一年ブログで紹介してきたナガサキへの流れの総括であり、きわめつけであることも、わかっていただけたらと思います。

亡くなった未来くんとおなじ年頃のパレスチナの男の子が、夢の中で僕にいった言葉がふたたび脳裏をよぎります。
「みんなラム(仔羊)の肉をほしがってる」

やっぱターゲットはプルトニウム(冥王星)+熱中性子炉(原子力)のプルサーマル発電なのかな。フクシマとおなじく。
来年は高浜3号機、伊方3号機につづいて玄海原発3号機のGOサインで、プルサーマル「333」兄弟もそろうんじゃないでしょうか。
高浜原発に再稼動差し止め仮処分を下した福井地裁の樋口裁判長が、オワリ(名古屋家裁)に飛ばされた(?)のも、なんだかブキミですよね。

ダブルトリプルスリーのダブルといえば、ニギハヤヒの日11月22日の大阪ダブル選挙は、ダブル維新でしたね。
桃太郎CMでも「やっぱダブルだよね~」ってやってますけど、この「ダブル」ってワードにも注意が必要です。どうやら3月14日に示された"父なる火の禊"と"母なる水の禊"のダブルスタンバイってだけではないようだし。
CMの和犬と洋犬ってのもミソかも。

新嘗祭をはさんだ11月24日、トルコのF16戦闘機がロシアのスホイ24戦闘爆撃機を領空侵犯で撃墜。ああなるほどそう来たかって思いました。
ニギハヤヒは京都の飛行神社に祀られてるように、飛行機の神様です。
「ダブル」のワードは日本とトルコにもあてはまります。2013年のシノップ原発受注="串本セッティング"以来、両国は運命共同体。というか、共同事象体ですから。

この撃墜事件はニギハヤヒのメッセージ。そう考えていいと思います。日づけはズレてますが、フクシマのときもメッセージは日づけをまたいだ核(北朝鮮ウラン濃縮施設)とカグツチ出産の号砲(延坪島砲撃事件)の合わせ技でしたもん。
戦闘機のミサイル発射も砲撃とおなじ。つまりヒルコ出産=ナガサキの号砲です。


>9月19日のスサノヲと安保法案の一致は、10月11日に安部医院火災に対応する深刻な事象を引き起こす可能性があります。十分に注意してくださいね。
あと上賀茂神社正遷宮の15日と原子力の日の26日にも。2013年にはフクシマ沖M7.1のアウターライズが起きています。

『ひとりごと』にこう追記したのは、安倍総理の宣言どおりに「状況がコントロールされている」って危機感からです。
2013年の事象が「我蘇えり!」なら、出雲大社素鵞社の仮殿遷座祭と「安部」首相のフクシマ視察にリンクした安部整形外科医院火災(福岡1区の住吉)の"十の火"も、再現される可能性がある。そう思って、母の訃報後にあわててupしました。しばらく書けそうになかったので。
"十の火"とはもちろん、スサノヲの禊の炎のことです。

福岡市の刻(とき)の森葬祭場ってけっこう大きいんです。火葬炉が26基もあります。
それがずら~っと並んだ、まるで映画『キューブ』みたいな空間に父とともに通され、そして母の番号札を手渡されて一瞬固まりましたよ。よりにもよって、「10」だったからです。
「うッわっ、十の火かよ」って...

10号炉で焼かれるなんて、おふくろ、どこまでメッセージめいてるんだ!
そう思ってたら、その日10月8日の夜10時ごろ、広島市中区でメイドカフェ火災が発生。火元は黒猫メイド魔法カフェ。
メイドは使いですから"水蛭子のうみの十字"の志登(シト)神社と、ロンギヌスの槍のエヴァンゲリヲンの「使徒」につながります。
おまけにメイドといえば、冥土。来年の大河ドラマ『真田丸』の六文銭は、三途の川の渡し賃ですよね。
幽界のオオナムチは、冥土の王です。

広島市中区には原爆ドームがあります。つまりヒロシマのメイド(冥土)の火。
終戦の日に起きたナガサキの精霊流し火災と対応してることになります。

"十の火"は本来はナガサキのキーワードです。なのにわが母が示した"十の火"はヒロシマの冥土の火とリンクしてしまった。けっこうメゲましたよ。命日の「ダブルトリプルスリー」とあわせて、偶然とは思えなかったからです。
こんどはナガサキとヒロシマのダブルってことやないと。
二か所の原発かもしれないとも考えました。
ですが、その答えは二日後の10月10日に示されました。
ヒロシマ=トルコ、ナガサキ=日本という回答としてです。

さて、問題の10月11日ですが、みなさんにはよけいな心配をおかけしてしまったかもしれません。
ですが、安部医院火災に対応する事象がなにもなかったかというと、そうでもないんですよね。10月10日、トルコの首都アンカラでトルコ史上最悪のテロ事件が発生。平和行進の参加者100名が亡くなり、負傷者は246名に達しました。
爆破テロ(しかもダブル爆発)ですから火の事象。10月10日で「10」が強調されているので、あきらかに"十の火"の事象です。

正直いって、ああ日本じゃなくてよかったと思いました。
そりゃ世界のどこかじゃ事件や災害は起きるわさと思われるかもしれません。ですが、トルコですよ。過去にくり返しトルコの事象に注意とお伝えしてきたとおり、日本とトルコは共同事象体です。遠い異国の大惨事じゃないんですよね。

東日本大震災の2011年にはトルコでも三度の巨大地震が発生。600名を超える死者がでています。
フクシマの神は将門と妙見。その神紋は月星紋。トルコの国旗も月星ですよね。
さらに両国の共同事象体としてのシクミを決定づけたのが、2013年の安倍総理のアラブる核外交。日本初の原発輸出(シノップ原発受注)でした。串本セッティングです。
地元シノップを中心に、FUKUSiMA OLMASIN! (フクシマはいらない!)の反対デモが起きましたけど、事象的にもまさにフクシマ=ヒロシマの輸出であり、出産されたカグツチのトルコへの投射でした。

カグツチのイザナミ殺し神話が、トルコのカッパドキアで再現されたのは、その結果だったといえます。
2013年9月9日の日本人女子大生暴行殺傷事件です。
殺害されたのは母なる日高見=宮城の熊野那智神社(イザナミ)がある那智ヶ丘の方でした。

トルコ(アナトリア)は父なる文明の火と鉄と戦争のカルマの起源であり、それよりはるかに古い大地母神の起源です。
そういう地球上の〈場〉にフクシマを輸出するのがどういうことか、母殺しのカグツチの投射がどういう大地母神の反動をうむか、いまのトルコや地球の状況をふまえつつみなさんにも想像してみてほしい。
核は人類の火のカルマの最たる結晶。いわばスーパーカグツチ。スーパーアグニです。

再会のイザナミが、黄泉のイザナミに逆もどりしたのはこのとき。
フクシマの輸出は日本の大地母神たるイザナミをふたたび黄泉に突き落とす暴挙でした。
レイプ殺人はカグツチに陰部(ほと)を焼かれて死んだイザナミをあらわします。
トルコのエルドアン政権はオスマン帝国の復活。安倍政権は大日本帝国の復活。その両者の本質が犯人の暴力=カグツチの母神殺しとなって表現された。
そして十日後の9月19日に素鵞社の仮殿遷座祭。
スサノヲ尊のご神霊は僕らの火と鉄と戦争と母神殺しのカルマをすべて背負って釜のやしろに入ったんです。

台風18号「嵐雲」が9月9日に上陸したのは、この2013年9月9日のイザナミ殺しに対応したものです。鬼怒川の「鬼」って艮のオオナムチだけでなく、黄泉のイザナミのことでもあるんですよね。

安倍政権のシノップ原発受注は、「ミロクの〈誠〉の十字(常神串ライン+Cross22)」の第3のセッティング(串本セッティング)でした。串本といえばオスマン帝国の軍艦エルトゥールル号のトルコ記念館ですしね。
このレイライン地図をもう一度確認してみてください。

ご来光の道

千葉の玉前神社と出雲大社をむすぶ「ご来光の道」の途中に☆型がありますね。
畿内五芒星結界と呼ばれます。安倍晴明につながる五芒星です。
 ⇒ http://www.seimeijinja.jp/
その☆のまん中に緑色の縦のラインがあります。これが僕のいう「常神・串〈94〉ライン」です。94はプルトニウムの原子番号。

☆の中心部には2010年に遷都1300年祭を迎えた「ミロクプロジェクト」の奈良平城京。
その平城京を中心とした十字が、「ミロクの〈誠〉の十字」です。
「ご来光の道」をふくめて地図に描かれたレイラインは、いわば「建て替え」の基本設計図なんです。

 常神串(94)ライン
第1のセッティング 小浜=オバマ 第2のセッティング 平城京=369 第3のセッティング 串本=トルコ

「ミロクの〈誠〉の十字」とは、火と水の十字です。マトリックスクロスです。
2012年11月に、私事象ですけど僕、死と再生の旅で「水」の丹生川上神社中社のご神木に、「火」神アグニを還すパフォーマンスを行いました。
プロフィールの写真がご神木の叶えの大杉です。
この丹生川上神社中社の真北に高速増殖炉「もんじゅ」があるんです。
私事象だけど、公的な意味もふくめた「鎮め」だったんです。

まあたしかに三年後の現在、おかげさまで「もんじゅ」の存続は危機的状況に陥ってますが、かわりにプルサーマル発電の再稼動が急がれ、アグニのインドと原子力協定ですからね。なんというかもう、脱力ですよ。

火と水をむすぶのは、木です。木でつくられた十字架ではなく、土に根をはった木です。
「十」と「人」をあわせると、「木」という字になります。〈誠〉の十字は「十+人=木」のなかに完成されます。
ニギハヤヒの「十種の神宝」は、一から十で「一十(ひと)」をあらわします。いわゆる神人ですね。「十+人=木」も本来はそうです。ですが、残念ながら僕ら神人ではない。なので「十字架+人」になってしまう。

スサノヲ尊は日本火出初(ひのもとひでぞめ)の神であり、植林神、木の神としても知られます。"火の禊のスサノヲ"って犠牲的な「十字架+人=木」の雛型なんです。

"常神串ライン"の串本がある紀の国和歌山も、もともとは木の国ですよね。
安倍・エルドアン会談でシノップ原発受注が内定した2013年5月にトルコで反政府運動が起き、全国に拡大。トルコの春とも呼ばれました。さすが安倍=火つけ役です。
この反政府運動の発端も「木」なんです。イスタンブールのタクスィム広場(ゲズィ公園)の木を、再開発の伐採から守ろうとした4人の座り込みからはじまった。
タクスィム広場のキーワードは「水」。原発の「火」に対する「水の木」ですよ。じつに意味深でしょ。
(先月、「境」の港の水木しげるさんが亡くなったのも、すごく気になります)

再開発計画では、タクスィム広場にオスマン帝国風のショッピングモールが建設される予定でした。
安倍政権とおなじくオスマン帝国の復活がエルドアン政権のテーマ。それが「水の木」を破壊するんですよ。「火」の暴走はあきらかですよね。
もし「水の木」が伐採されていたら、フクシマ=カグツチを受け入れたエルドアン政権は「火」の抑制がきかず、11月24日のロシア軍機撃墜のあともっと強硬姿勢に出て、へたすりゃいまごろロシアと開戦してたかもしれません。
そうなりゃ「シノップの虐殺」のクリミア戦争にほんとに逆戻りですよ。

帝政ロシアとオスマン帝国の開戦にはじまるクリミア戦争は、歴史的に「世界大戦」の前哨戦に位置づけられます。
ほんとはなにを目的としてフクシマが輸出され、カグツチがクリミア戦争の物語(カルマ)に火を点け、クリミア危機から東西冷戦の復活へと至ったのか。なぜトルコの戦闘機がロシア軍機を撃墜するアクシデントが起きてしまったのか、おわかりいただけますよね。
クリミアは世界大戦のプレ戦争だったんですから。

でも「水の木」は守られました。 だからまだ火の抑制が効いている。
タクスィム広場の再開発計画は結果的に断念されます。
全国規模の反政府運動に、司法判断もありましたが、もともと計画はオリンピック誘致を見込んでのものだったので、誘致失敗がダメ押しでした。もし成功してれば、どこかの国みたいに反対デモも司法も無視してエルドアンの独断暴走で計画は実行されていたでしょう。

そのトルコのイスタンブールを破ってオリンピック誘致に成功したのが、東京です。
皮肉にも「火」を輸出した側の東京五輪が、最終的にタクスィム広場の「木」を守ったんです。
オオナムチの "核をめぐるトモダチ作戦"に組み込まれた、1厘の救いです。

なぜ新国立競技場のコンセプトが「いちばんをつくろう」から、「杜のスタジアム」に変わったのか。それが必然であったことが、この話から見えてきませんか?

「杜のスタジアム」の杜とは、明治神宮の代々木の杜です。人工の森です。
「永遠の森」をコンセプトに大正4年に植林計画がはじまってからことしで100年。東京五輪の2020年は明治神宮鎮座100年にあたります。もし石原都知事のときに誘致が成功していれば、この一致はなかったわけです。

人工の森ですが、人がつくった自然の森。
当時の総理大臣大隈重信は、「神宮の森を薮にするつもりか」と怒ったそうです。
でもその大隈を説得して計画は実行され、帝都東京に自然の森が再生されていった。

イスタンブールの「水の木」と、東京の「杜のスタジアム」とのつながりから浮かび上がるメッセージは、「この杜を見よ!」です。
僕らが十字架+人ではなく、十+人の再生の木になるための火水(ひみつ)が...そのヒントが、明治神宮の杜にはあるんじゃないかな。
そしてその杜は、「刻(とき)の森」という母の最後のメッセージともつながってるのかもしれません。
                                         つづく


  • [No Tag]

*Comment

謹賀新年 

今年もよろしくお願いします(^人^)
>2016年は申の年。犠牲の未(ひつじ)が来て、申(さる)に示されるのが未来の示申。
どの「神」が示されるかで…
楽しみでもありますね。

年始早々のの話題にして恐縮ですが、
うちの母は堺市立斎場で17基あり中央の8番でした。
いつか映画で見たような場所だと思ってましたが、キューブだったのですね。

認証No.1299
もうすぐ1/1 1:11になりますが、待たずに投稿します^ ^
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2016.01/01 01:10分 
  • [編集]

異世界からの送信? 

和歌山で、津波を知らせる避難メールが二度届いたとか。
こちらでは、津波も地震も観測されていないので、「誤送信」だそうです。

どこか、違う世界の歴史では、「そうだった」のでしょうか。
……………………………………
本年もよろしくお願いします。
  • posted by さと 
  • URL 
  • 2016.01/01 21:05分 
  • [編集]

中国の大気汚染に「植樹が原因だ!」の声 

一方、中国では政府が杜を守り、人民が伐採を主張していた……
http://news.searchina.net/id/1598650?page=1
  • posted by nanashi 
  • URL 
  • 2016.01/01 21:46分 
  • [編集]

第三の予言  

いやさかの木様
明けましておめでとうございます

いよいよ丙申年ですね
申はいやさかの木様がいわれるように
神が示される ですね
申は雷 水が+されると 電
去年あたりから 上賀茂 下賀茂神社の話題がでてきてるのも気になります

そして
丙はまさしく太陽 
申が雷とすると

思い浮かぶのは 青天の霹靂

なんかおこりそうですが
年末たけしさんの超常現象の番組で
火星のマリアのことが話題になっていましたが
その中で
ファティマの第三の予言のことが話題になっていました
3人の子どものひとりルシアさんの姪にあたる人の話で、

良い人にはいいものであり、悪い人には悪い事

が第三の予言にかかわる重要なキーワードとありましたが
まさしく来年はそんなイメージです

そしてファティマという名前は
マホメットの4女として生まれ、生涯を社会奉仕に尽力した慈悲深い女性の名前
彼女の手を幸福を呼ぶお守りとして、
あるいは魔よけとしてイスラム社会では広く用いられている。
あらゆる女性の装身具として
あるいは家屋の入り口のドアノックとしても用いられている。
そうですが

なんだかファティマは意味深です。

本年もよろしくお願いいたします

  • posted by saito 
  • URL 
  • 2016.01/02 20:36分 
  • [編集]

神田明神×ラブライブ 

つい先ほど、ネットでこのようなものをたまたま見つけて驚きました
http://kandamatsurixlovelive.jp/

これは何事……?と思い何も知らずに調べてみたら、神田明神の御祭神がまさに今回の記事のオオナムチ・スクナヒコナ・マサカド公のトリニティで二度ビックリ

私にはシンクロニシティが起きたこと以外は何も分からないのでこちらにコメだけ残させてもらいます
見当違いor既出でしたらそのままスルーして下さい
  • posted by nanashi 
  • URL 
  • 2016.01/03 03:53分 
  • [編集]

祝誕生日 

またこの日がめぐってきましたね。
月日の流れはホント早い、年を重ねるのやむを得ませんね。
喪中でしょうが、忌明けされてるので新年とお誕生日のお祝い申し上げます。
二日前のコメントで書き漏れましたが、年末の有馬記念、60年前にスタートしたのですね。
丙申年で検索してる時に知りました。
2015年は吉田隼人騎手のゴールドアクター。
隼人のアクターって、もろに隼人の舞ですね。
これをどう読み解くのかが、いやさかの木さんの本骨頂、そのセンスにいつも脱帽してます。
今年も楽しみに読ませてもらいます。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2016.01/03 08:26分 
  • [編集]

本年もよろしくお願い申し上げます 

昨年はお疲れ様でした。

お体は大丈夫ですか?

心の充電をしながら、事象を導きください。

本年も多くの学びをさせていただきます。

  • posted by 疳の虫 
  • URL 
  • 2016.01/03 14:02分 
  • [編集]

Re: 祝誕生日 

ありがとうございます。
そして謹賀新年。
真ん中の8とは。
あの日の八雲の図のご縁を思い出します。
ことしでもう8年になるんですね。
お母様のメッセージ以来、よく自分のウェイクアップについて考えます。
目覚めに年は関係ないですもんね。これからこれから(笑)。

ゴールドアクターが事象馬としてのゴールドシップを受け継ぐなら、アクターはキタ~のおぼっちゃまくんかも。
オバマ大統領はアジアの安定を持ち出してきたし、そろそろ行動起こすかもしれませんね。そのための慰安婦問題の日韓合意命令。

ああたしかに隼人の舞ですね。
隼人舞は海幸彦につながります。海、山へ行く。
鹿児島や沖縄は南西のひつじさる。
隼人+ゴールドは、ひつじさるの金神が動くってことでもあるのかな?
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.01/03 17:27分 
  • [編集]

Re: 異世界からの送信? 

一年の計は元旦にあり。
木の国和歌山の津波避難メールには参りましたね。
西の大震災にぴったりの南海トラフだし。
正月の事象は一年を占う意味でも大きいんです。
東日本大震災のときは地震予測研究会理事長のわだつみ清理事長が亡くなって、身をもって海の地震を予告しました。
年末年始の3つの震度3が、岩手の早池峰(瀬織津姫)、福岡の能古島(住吉大神)、岡山の美作梶並(タカオカミ)で、共通ワードが「水」なのも気になります。
でもまあ2013年8月8日の気象庁の大誤報も、まだ事象化してませんし、あれもパラレルな事象でおわってくれればいいですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.01/04 01:00分 
  • [編集]

ひつじさる 

未年申年は大日如来でしたっけ。申年の夫は数年ぶりの大吉を引いて、縁起物は大黒さんをゲットしました。同じくおサルな私は末吉・無事カエル。
元旦は「おさるのジョージ」(絵本の題名は「ひとまねこざる」)を甥っ子と楽しみながら過ごしました。
この時期は晴れが続くので、関東に暮らしていて良かったと毎年思います。
  • posted by さと 
  • URL 
  • 2016.01/05 12:18分 
  • [編集]

Re: 神田明神×ラブライブ 

>中国では政府が杜を守り、人民が伐採を主張していた……
あそこは上から下まで我善しの国。性悪説の国ですしね。おまけに想像力まで枯渇してるから、他国に迷惑かけてることすらわからない。

2008年に秋葉原通り魔事件がありましたね。神田明神はその事象源です。
秋葉=カグツチだし、あのときにもう、フクシマの事象の神々は出そろってたんです。
福島第一は将門の原発。当時のヒロシマ市長は秋葉市長。リトルボーイはスクナヒコナ。おまけに神田明神のスクナヒコナは大震災で大洗のオオナムチの渦潮が発生した大洗磯前神社からの分霊です。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.01/06 18:14分 
  • [編集]

Re:Re: 神田明神×ラブライブ 

私は、単純にラブライバーの発している集合的エネルギーの気質がこの3柱に合うのかと危惧したのですが、なるほどそれどころではなく根本的に絡み合ってたのですね……

>2008年に秋葉原通り魔事件
こんな大事件を全く忘却していたことに驚き
2008年となると、「子の歳真中にして前後十年が正念場、世の立て替えは火と水ざぞ」ということなのですね

そういえばその前年の2007年にナガサキ市長が犠牲に供され……
次期市長は五島出身……五島といえば神いっきも……
  • posted by nanashi 
  • URL 
  • 2016.01/06 19:37分 
  • [編集]

Re: 第三の予言  

saitoさん、今年もよろしくお願いします。
年明けそうそう世界的に動いちゃってますね。父なる火の禊にまっしぐらでしょうか。
去年の有馬記念のゴールドアクターで北朝鮮が動くとは思ってましたが、いきなり水爆ぶちかましてくれるとはね。
マホメットの四女もファティマという名前とは知りませんでした。そういえばポルトガルもかつてはイスラム領でしたね。
良い人にはいいものであり、悪い人には悪い事。せめてそうであってほしいものです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.01/06 21:31分 
  • [編集]

Re: 本年もよろしくお願い申し上げます 

ありがとうございます。
ほんとに去年はいろんな意味で疲れました。
しかも心の充電をする間もなく新年早々事象がたてつづけ(苦笑)。

疳の虫さんにとってよりよい一年でありますよう。
ことしもよろしくお願いいたします。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.01/06 21:42分 
  • [編集]

13再び… 

急に気になって訪問しました。読んでいるというより、文字を目で追っているだけなのに、意思とは関係なく、所々で体が大きく頷きました。「心と体が一致しない感覚を持ち始めたのはいつだったっけ?」そんなことを思いながら『火と水の十字・世界御柱祭・生命の樹(2)』をクリックすると、「地球のエネルギーとは、ほとばしる生命の歓びそのものだ。 僕らがうまれてきたのは、 それを感じ、表現し、昇華するため。 これは僕の確信だし、ブログにおいてもこの大原則 はかわらない。」という言葉が…。その言葉にまた生きる勇気を頂きました。
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-204.html事象がスゴロクのよう

私の人生がひっくり返ったのは酉年の2005年。2009年以降13とスサノオに翻弄されっ放しで、好転する気配すらありません。そこに何かしら意味があると知ったのはこちらのブログおかげ。ここに辿り着かなければ、悲観して途中で人生を諦めていたかもしれません。

酉年から酉年までがひとつの周期といういやさかの木さんの言葉を信じて、今年も福島の地で踏ん張って生きて行きます。今年もどうぞよろしくお願いいたします(認証番号を足したら13でした。やっぱりカグツチですかね…)。
  • posted by 白河369 
  • URL 
  • 2016.01/10 21:42分 
  • [編集]

Re: 13再び… 

おひさです。
ことしもよろしくお願いします。

2005年の福岡県西方沖地震は、有史以来はじめての地震です。
どんな専門家もまったく予想してなかったし、前兆もなかった。
警固断層を動かした力が、いかに突拍子もないもの、規格外のものだったかわかると思います。
前回動いたのは4000年前。人類がはじめて鉄器を手にした時代です。トルコのカマン・カレホユック遺跡ですね。お話にある2009年に人類最古の鉄器が発見されました。
スサノヲの天叢雲剣は鉄剣だといわれますが、その転生で、天叢雲剣を草薙剣として受け継いだ日本武尊は、福岡県西方沖地震のあと伊勢神宮式年遷宮開始と同時に始動しています。静岡市清水区草薙のふじ1号墜落事故ですね。
西の熊襲、東の蝦夷を討った日本武尊もまた、鉄とつながりの深い神です。草薙剣で火と鉄のカルマを祓わなければならない。あるいは、みずからを犠牲として。
なぜ僕が火と鉄のカルマといいつづけるのかといえば、そういう4000年分のカルマというか規格外の力が、2005年から働いてるからです。
影響は人によってさまざまでしょうが、もろに受けたらもう歯をくいしばっていくしかないですよ。お互いに。
鉄は火でつくられる。
もし安倍政権がしかるべき政権だったら、ほんとは2013年、13の年に終わり、あらたなはじまりを迎えていたはずだったんですが、よりにもよってその年に鉄の起源のトルコにフクシマ輸出しちゃいましたからね。
カグツチに水どころか、油をぶっかけた。
だから13も終わらなかったんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.01/13 07:12分 
  • [編集]

さななまる 

鶴瓶師匠がサナダマルと発音できないんですが(どうでもいいですかね)

青森と北海道が揺れてる最中、SMAP解散(か?)報道まで。やっぱ「森」ですかね。
名古屋では男子中学生の自殺が相次ぎ、河村さんも休めない。

そんな中、久々に鬼子母神にお参りしようかと支度してたら、鬼子母神さんの鈴が割れてしまいました。安産のお守りは要らないってことかしら。

急にニュースを見る気もなくして、家でおとなしくしています。

杏さん、双子妊娠だそうです。女の子かな?
  • posted by さと 
  • URL 
  • 2016.01/14 16:41分 
  • [編集]

木の国へ 

新年早速のブログ更新ありがとうございます。
私は初詣の御神籤で凶をくらって反省猿ですよ。

さて和歌山、気になりますねぇ。地震誤報メールから年が明けて。
私も明日から奈良の山奥に天体観測に行くことになったのですが、和歌山から紀ノ川沿いに行くことになりまして。
毎度私の意志ではなく家人が発案してくるので私は微修正かけるだけなのですが。たま駅長を目指して和歌山電鉄に乗るんだとか…てことは、沿線の鏡作りの神社とか木の神社に参拝して行けってことかな。高野山麓の真田庵にもついでに寄るかどうか…。天には月の薄明かりと星の煌めきはあれど、太陽風が弱って炙り出してももらえなくなるご時世。身中の鏡を磨くより他ありませんね。それが自立ってことなんでしょうけれど。身も心も錆びついてるんで今のうちに気合入れて磨かないとな。
そういや、坤の台湾あたりから風が吹いてきてますな。選挙もあるし。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2016.01/15 09:43分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.01/16 22:43分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.01/16 23:28分 
  • [編集]

信なくば立たず 

日本列島大荒れですが、関東も昨日の雪では大混乱だったようですね。
関西も風強く超冷たい、今晩から雪らしい。
さてあの碓氷峠のスキーバス事故、心痛みますね。
あんな難しい峠の一般道をなぜ大型観光バスが夜間に走ったのだろうと訝しく思います。
こんなページ見つけましたが、イーグルですって。
http://www.croooober.com/feature/4378355
ヤマトタケルの何らかの伝説と関係あるのでしょうか。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2016.01/19 19:13分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.01/25 22:58分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.01/29 19:40分 
  • [編集]

隼 

鳥取県の若桜鉄道で3月20日からスズキの大型バイク「隼」を描いたラッピング列車を運行します。隼駅は隼愛好家の聖地で「8月8日はハヤブサの日」として、この頃に駅まつりを開催しているようです。
地名の由来の隼神社の祭神は須佐之雄神、櫛稲田姫神、羽明玉神で、社殿は天正10年に羽柴秀吉の軍により焼失し、その後改築。
隼駅の隣は安部駅です。

http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20160129-OYTNT50075.html
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2016.01/30 08:04分 
  • [編集]

おひさしぶりです。 

いやさかさん、おひさしぶりです。

昨夜2/2、午後8時くらいに西区太郎丸の
ニニギ尊の太郎丸神社(十六天神社)が火災で焼失しました。
薩摩あたりで何か動きが出てくるのか?

このところ、西区、糸島付近で不審火が続いてます。
今回も放火のようですが。。。
  • posted by 百足 
  • URL 
  • 2016.02/03 12:17分 
  • [編集]

Re: おひさしぶりです。 

志登神社に火をつけたヤツがまた動き出したんじゃないでしょうね。
福岡では日韓慰安婦問題合意の12月28日に、能古島の北で震度3の地震が発生しましたね。
次回はこの地震についてもふれるつもりです。
桜島がひさびさに噴火ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.02/05 19:15分 
  • [編集]

Re: 隼 

8月8日はハヤブサの日。
安部と隼。なにやら意味深ですね。
若桜(特攻隊員)+隼で、鹿児島ともつながってくるのかな。
リオ五輪サッカーアジア予選決勝で中島がアシストしたとき、中島(製作所)といえば隼だよな~って思いました。


  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.02/06 00:00分 
  • [編集]

Re: 信なくば立たず 

碓氷峠ではあるんですけど、いまの段階で日本武尊がらみかどうか判断するのはむずかしいですね。
ストーリーが見えてこない。ESPがエスパーっての気になりますけど。
それにしても、最近若い人が亡くなる事故が多い気がします。
高齢者が運転ミスで子供をはねるパターンとかも。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.02/06 20:31分 
  • [編集]

Re: 木の国へ 

これUPしたの年末なんです。
ことしの初記事2月になってようやっとUPしたので読んでみてくださいな。
木の国和歌山中心の内容です。
坤の台湾で地震ですね。被害が大きいようです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.02/06 20:52分 
  • [編集]

Re: さななまる 

むかし祝詞あげてるとき背中がむずむずしてなんか乗ってるようで手で祓ったんですけど、そしたら伊勢の五十鈴が割れちゃったんですよね。ちょうどスピリチュアリストのヒーリングを受けてたころで、最初その方に会ったときは、たくさんいらっしゃいますねって驚かれたんだけど、割れちゃったあとに行ったらその方キョトンとして、あれ?もちょっといらっしゃいましたよねって(笑)。よくもわるくも憑くってそういうことなんだなって思ったのを、鈴の件で思い出しました。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.02/06 21:05分 
  • [編集]

Re: 参加せざるを得ない 

箱+船に入れられた四匹の猿は、今回upした記事に通じるものがあると思います。
まさに、参加せザルをえない、って状況ですから。
桜島、台湾の地震ってつづきましたけど、こんごもひつじさるの南西には注目ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.02/06 21:13分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/370-701ef4d1

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム