神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

JRAの予言、そして25-43


☆ JRAの予言

1月6日の初の水爆実験(自称)。2月7日の長距離弾道ミサイル発射など、ことしに入って北朝鮮の動きが活発化している。
これをみごとに予告していたのが、去年12月27日の有馬記念だ。
1着 4枠7番   ゴールドアクター   牡4 吉田 隼人  
2着 5枠9番   サウンズオブアース 牡4 デムーロ  
3着 6枠11番 キタサンブラック    牡3 横山 典弘 

ゴールドアクターは、金+役者。
水爆実験では気象庁がM5.1の地震波を観測した。
いわばサウンズオブアース。地球のサウンドだ。
かたやキタサンブラックが意味するのは、北の祭り。
北島三郎さん馬主歴53年目にして初のG1馬で、10月の菊花賞優勝(北村騎手)ではさぶちゃんは観衆の手拍子で『まつり』を熱唱した。
金が役者の北の祭りといえば、北朝鮮祭りだよね。

日韓外相会談による慰安婦問題の歴史的合意が報じられたのは、有馬記念の翌日12月28日。ゴールドアクターって金正恩のことじゃね~の、と思ってたら、さっそくの裏づけだ。韓国といえば北朝鮮だしね。

もちろん多くの人にとっては単なる偶然だろうし、そもそも競馬と政治を同レベルで語ること自体がナンセンスだろう。
だけど事象は特定のジャンルを表現してるわけじゃない。
対象は人類の歴史(カルマ)そのもの。
古代からの政治=まつりごとと神馬の関係をふくめ、歴史的に馬や鉄がどこから日本列島にもたらされたかを考えれば、つながりはあきらかだろう。

その証拠に、慰安婦問題合意の12月28日、間髪を入れずに博多湾の警固断層で震度3の地震が発生している。このクラスの地震は、じつに6年ぶりだ。
弥生の昔から朝鮮半島や大陸との海をこえた交流を担ってきたのが福岡の博多湾。
たとえば博多区の板付には国内最古級の水稲耕作遺跡があるし、ほど近い須玖タカウタ遺跡からは最古の国産青銅鏡の鋳型が去年出土した。
遣唐使が出航したのも那津(博多)からだし、警固断層の警固という地名にしても由来は古代の迎賓館(鴻臚館)にある。

くり返しお伝えしてるとおり、警固断層を震源とする福岡県西方沖地震が発生したのは、伊勢式年遷宮開始の2005年。
福岡市では有史以来はじめてとなる大地震が、よりにもよって伊勢式年遷宮開始の直前に起きた。トレンチ調査で3400~4300年ぶりの地震が、イザナギの禊神話の地で、式年遷宮を言祝ぐかのように起きたのだ。こういうのは偶然とはいわない。

もし僕が伊勢&出雲2013同年遷宮を軸とする今回のシクミの神々の立場だとしても、やはり手はじめにこの国のカルマの入口を狙っただろう。それが博多湾だ。

黄泉から脱出したイザナギが禊祓をした「筑紫日向小戸橘之檍原(日本書紀)」は、一般には宮崎市阿波岐原町の江田神社だとされている。でも僕は福岡説をとるし、いまの事象でもそう表現されていると思う。
イザナミが紀伊国(和歌山)の熊野に葬られたなら、熊野に対応する場所で禊祓は行われたんじゃないか。
イザナミの死が時代の終りを意味するなら、イザナギの禊祓と神産みはあらたな時代のはじまりに即した場所で行われたはず。
そのベストポイントが禊祓の伝説地であり、大陸文化の入口であり、熊野とも対応する福岡の博多湾と周辺地域だ。

じっさい今回のシクミで福岡と熊野はみごとに同緯度対応している。
たとえば福岡県西方沖地震の震源は、熊野速玉大社と。
その地震で甚大な被害をうけた志賀島の志賀海神社は、熊野那智大社と。
スサノヲの熊野本宮大社は宗像大社に対応している。
例の"水蛭子のうみの十字"のタテ。荒ぶる七夕姫ラインと安倍宗任の宗像だ。

熊野のスサノヲは火のスサノヲである。
この熊野本宮 ⇔ 宗像ラインがまさにいま活動中なのは、"火の禊のスサノヲ"の事象日9月19日の安保法案成立と、TPP推進の黒幕・宗像直子氏の首相秘書官選任で去年示されたばかり。
安保法制+TPPの日本=火の禊の日本ってことだ。

かつて母なる水の禊(東日本大震災)の前に、僕は黄泉のイザナミがカグツチを出産すべく神功皇后の聖母出産伝説を取り込んでいると事象から判断し、お伝えした。
ちなみにそのときイザナミが使ったのが、熊野の花窟神社 ⇔ 壱岐の聖母宮(神功皇后)のラインである。

花窟(はなのいわや)神社はイザナミが葬られた場所。
イザナギに斬殺されたカグツチの墓もある。
まるで聖母像のように、黄泉のイザナミがカグツチを抱く姿を想像してみてほしい。
それが、フクシマだ。

現在の時代区分では、弥生早期は3000年前までさかのぼる。
僕が子どものころは縄文=狩猟採集。弥生=渡来人+稲作というのが定番だったけど、いまでは紀元前1000年ごろに縄文人が水稲耕作を開始。青銅器と鉄器が輸入されたのはその600年後。ほどなくして青銅器の国内鋳造と舶来鉄器の鍛造が開始されたと考えられている。

ただし僕はもっとさかのぼるんじゃないかって思ってる。
3400~4300年前の警固断層の活動は、縄文から弥生に向かうその黎明期に起きたものじゃないかな。イザナギの禊と神産みが原因だったりしてね(笑)。

3400~4300年前は、縄文全盛の気候最温暖期から寒冷化が進んでいった時期で、青森の三内丸山遺跡が4000年前に放棄されたように、計画的栽培による大集落を営んでいた東日本の縄文人たちは、食糧事情の悪化にともない南下して西日本へと移動していった。彼らはそこで陸稲と出会い、さらには水稲耕作へと移行して弥生化していったんだろう。

イザナギとイザナミの国生み神話は、まさにこの時期のことだと僕は考えている。
イザナミの死は縄文の終わりを意味し、イザナギの禊祓は縄文(黄泉)との決別。神産みが弥生のはじまりを意味するんだと。

まあ僕の空想はともかくとして、今回のシクミで確実にいえるのは、福岡と熊野は父なるはじまりと、母なる終わりとして事象対応してるってこと。
福岡が父なるカルマの入口なら、熊野は母なる黄泉への入口なのだ。

父なるカルマはいま、母なる黄泉へと着実に向かっている。吸い込まれてるのかな。
12月の博多湾の地震は、それを決定的に裏づけるものだった。
僕は12月12日の日印原子力協定の最終合意について、補陀洛渡海の出港のサインだと書いた。
博多湾の地震の震源は北緯33度38分。
補陀洛渡海の本場、熊野の那智勝浦と補陀洛山寺の同緯度だ。
こんな偶然ないって(笑)。

補陀洛渡海は補陀洛浄土だけでなく、母なる黄泉への渡海をも意味する。
補陀洛浄土は観音浄土。熊野の神仏習合では、イザナミが観音菩薩だ。
日に千人をくびり殺すといったイザナミが、千の救いの手をもつ千手観音だなんてすごいブラックジョーク。
ただ僕としては、千の手が千の枝のようにも思えるわけで、もしかしたらその辺に、木の国(和歌山)に誕生する再生の木の火水(ひみつ)が隠されているのかもしれない。

まあともかく、イザナギの子らである僕らはいま、真田丸のように六文銭の旗をかかげた核の渡海船で、母なる黄泉へと向かっているわけだ。

そういえば、福岡県西方沖地震が起きた2005年の大河ドラマは『義経』だった。
源義経は壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼしたわけだけど、平家の平清盛が日宋貿易の国際貿易港として福原(いまの神戸市)とともに整備したのも、博多だ。
阪神淡路大震災と10年後の福岡県西方沖地震との関係が見えてくるし、東北に落ちのびていった義経の末路を考えれば、東日本大震災の未来も2005年の時点ですでに予告されていたことになる。

2002年の日韓W杯を契機として、日本に韓流ブームが起きたのが2003~4年。例の『冬のソナタ』だ。2005年にはNHK総合で『宮廷女官チャングムの誓い』が放送され、拍車をかける。
そんななか、出雲(島根県)の「竹島の日」に対抗して、韓国の馬山市議会が「対馬島の日」を制定。その2日後に福岡県西方沖地震は起きた。

Wikipediaによれば、韓国政府が韓流復活(第二次韓流ブーム)のため韓流スターのヨン様を日本に派遣したのが2009年9月。翌10月に壇ノ浦の関門海峡で、韓国のカリナスターと護衛艦「くらま」が衝突。火柱があがる。
この火柱が、2008年の護衛艦「あたご」の事故とともにカグツチ出産(フクシマ)を予告していたことは過去に書いた。愛宕(あたご)の神は火産霊(ほむすび)。カグツチのことだ。

「くらま」は京都市左京区の鞍馬。鞍馬の火祭で知られる。
鞍馬山といえば牛若丸。つまり義経。関門海峡の壇ノ浦の戦いも義経だ。
韓流スターとカリナスター。鞍馬の火祭と護衛艦くらまの火柱。
これが平安末期のスター源義経のストーリーを通して奥州フクシマの火柱へと発展し、さらにカグツチ出産で火がついた奥州から歴史に復讐するかのように覇権をにぎったのが、滅亡した奥州安倍氏を祖とするいまの安倍政権ってことになる。
安倍政権下で"父なる火の禊"が起きるゆえんだ。

「東方神起」とかいう韓流スターへの熱狂が、この国の東の神々の覚醒の片棒を担いだのはいうまでもない。東の神起の結果が東日本大震災なのだから。
そして東方神起の結果として復活した安倍政権がふたたび韓流と結びつく...東西和合へのプロセスとはいえ、その事象的起爆剤としてのヤバさにも気づいていただけたらと思う。
だからこそ、慰安婦問題合意に父なる禊の博多湾がすかさず反応したんだよね。

韓流ブームが表現していたのは、弥生時代以降の西からのカルマ流入の歴史である。
鉄カルマがそうだし、弥勒思想や中央集権化の律令制度もそう。この律令制に対して蜂起したのが南九州の隼人と、東北の蝦夷だった。
陰陽道的にいえば、朝廷から南西の裏鬼門と、東北の鬼門。それぞれ坤(ひつじさる)の金神と、艮(うしとら)の金神ってことになる。ともに最悪の凶神とされた。

韓流ブームにともなって中越地震、福岡県西方沖地震、能登半島に中越沖地震、岩手宮城内陸地震などが発生し、その果てに艮の金神の東日本大震災が起きた。翌2012年、李明博(大阪出身)大統領の歴代初の竹島訪問を契機に日韓関係が冷えきって以降は、すくなくとも死者が出るような大地震は起きていない。
この事実をどう見るか。

そんななか、日韓外相会談の慰安婦問題合意への警鐘のように、福岡の警固断層でひさかたぶりの震度3。しかもあきらかに補陀洛渡海を示唆している。
4月に警固神社の今益稲荷の狐さんたちが破壊されたばかりだし、この地震、僕には次なる予兆としか思えないんだよね。
もちろん変動期終息の知らせって可能性も、わずかだがあるんだけど。
 ⇒ http://y-ta.net/kego-inari/

個人的には、正直あの国との関係回復にはなんのメリットもないと思っている。スルーするのがいちばん。さわらぬ神にたたりなし、だ。
でもこの国の政治と経済界は、どうもそうじゃないらしい。その割には、そのテの方々のどんな意見や論説にも、メリットに関する納得のいく解答が示されていないのがとてもフシギ。

もっとも今回の慰安婦問題合意は、北朝鮮祭りを察知していた米国からの圧力である。
日米の希望の同盟(安保)をかかげる日本としては、応じないわけにはいかない。

クラッパー米国家情報長官は2月9日、寧辺(ヨンビョン)核施設の黒鉛減速炉の再稼動を正式に確認したことをあきらかにしている。もちろんプルトニウム抽出が目的。
ミサイルの飛距離は出てるので、あとは大気圏再突入に耐えうる技術がくわわれば、米国への核攻撃はブラフでなくなる。
おまえら慰安婦どころじゃないだろっていうのが、米国の安全保障上の本音だろう。
(ちなみに2018年問題にむけてファットマンオオナムチのプルトニウム攻勢もすでに開始されている。みらいくんも伊方3号機も、「常陽」再稼働方針も、事象的には北の祭りと同レベル。これについてはいずれ)

さて、双子の自爆装置(3)ほかで書いてきたように、これまで金正恩体制の事象馬だったのは有馬記念の1番人気でラストランだったゴールドシップだ。
いうこときかない問題児なトコも、よく似てたんだよね(苦笑)。

  

「ゴールドはゴールドでもゴールドアクター!」が、はたして一発屋なのか、事象馬のバトンを受け継いだかはまだわからない。次走は3月26日の日経賞だそうだから、そのあたりで金正恩の役者魂が炸裂するかどうかだろう。
津軽と函館北斗をむすぶ北海道新幹線(はやぶさ)の開業が3月26日ってのも、意味深だ。

あと、もうひとつ気になるのが、ゴールドアクターとともにG1初勝利をあげた吉田隼人騎手の「隼人」。
金+役者に隼人とくれば、とうぜん裏鬼門の坤の金神が思い浮かぶ。
隼人といえばツキヨミの桜島や、天孫降臨神話の霧島連峰がある鹿児島県。
霧島火山帯は薩南諸島をふくむ南西諸島へとつながっている。

南西は坤(ひつじさる)の方角。
東北(うしとら)の金神の妻神とも、竜宮乙姫ともされる女神。それが坤の金神だ。
ひつじ年のしめくくりを飾ったゴールドアクターが、さる年の金ぼっちゃまだけでなく、「ひつじさるの金神」をも示唆するなら、2着のサウンドオブアースがよけいにブキミ。
フィリピン海プレートが沈み込む南西諸島海溝は、南は台湾、北は南海トラフとつながっている。
2月6日の台湾の大地震が、坤の金神祭りのGOサインでなければいいのだけど。


☆25-43

2月25日、阪急梅田駅前の大阪市北区芝田1丁目交差点で、黒いプリウスが暴走。
運転していた男性は大動脈解離による心タンポナーデで、事故直前に意識を失っていたらしい。
ドライバーをふくむ11名が死傷する大事故になった。

この地域は綱敷天神社。通称北野天神(ここでも北)。
祭神は嵯峨天皇と菅原道真公。
綱敷の名は道真公にちなみ、京都から大宰府への途上にこの名の天満宮、天満神社が点在する。

「東風吹かば にほひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ」
昌泰4年(901年)1月25日に大宰員外帥に左遷された道真公は、2年後に福岡の大宰府で病死した。

事故があった2月25日は、その道真公の命日である。
天満系では、梅花祭が斎行される。
ニギハヤヒの命日11月22日とおなじく、もっとも注意すべき事象日のひとつ。

去年の新幹線火災事件で犠牲になったお伊勢参りの「桑原」さん。
AKB総選挙での左遷さしこ(HKT48)の女王返り咲き。
日印原子力協定の最終合意。さらには12月25日の高浜原発3号機「みらい」くんの核燃料装填。そして北朝鮮の核実験。
これらはすべて道真がらみの事象であり、その流れで梅田の暴走事故も起きた。

たとえば、桑原は道真公の旧領地で、「くわばらくわばら」のおまじないの語源。
そのおまじないが効かなかった新幹線とセットの原発輸出。それが日印原子力協定だ。

もとよりこの協定のバックには天満大自在天神たる道真公がいる。
道真の子孫といえば、美作菅家党の末裔である菅元首相。
日印原子力協定の締結交渉開始は、菅政権下の2010年6月25日だった。
6月25日は、道真公の誕生日である。
(これが引き金となって翌年フクシマが発生したのは以前お伝えしたとおり。核のグローバル化への警告だ)
誕生日にはじまった交渉が最終合意に至ったのだから、命日が反応するのはとうぜんだろう。

また、天神信仰では毎月25日が縁日。
「みらい」くん核燃料装填の12月25日は、天神信仰ではクリスマスではなく「終(しま)い天神」である。
つまり、みらい=おしまい天神ってこと。

コメントをいただき、ニュース映像で確認してゾッとしたよ。
黒いプリウス(黒い先駆け)のナンバプーレートは、25-43。
25は道真の事象数。43は黄泉。よみがえる。
つまり「25-43」は、「道真-黄泉」ナンバー。
いいかえれば、「みらい=黄泉」。まさに「みらい=おしまい」って意味だ。
車のナンバーにまで仕込んであるとは、あの事故はどうしても僕らに伝えなければならなかったメッセージなんだろう。

この黄泉とは、補陀洛渡海。前に述べた、母なる黄泉への渡海のことである。
日印原子力協定の最終合意は、母なる黄泉への渡海のはじまり。
プリウスの意味は「~に先駆けて」だから、母なる黄泉への渡海に先駆けて、梅田の暴走事故は発生したことになる。
あきらかに僕らの「みらい」への警告だ。

ふん、こんどは交通事故まで核(原子力)にこじつけるのかと、鼻で笑う方もいるだろう。
だけど思い出さない? 
去年10月に宮崎駅前の高千穂通りで6人が死傷したてんかん認知症暴走事故を。
今回の事故と似てるよね。
なぜあのとき鹿児島の川内原発2号機が再稼働したばっかで、事故を起こしたドライバーが鹿児島の川内さんだったんだろうね。

2月25日にはこんなニュースも流れた。
東京電力が福島第一原発のメルトダウン発表の遅れについて、社内マニュアルに判断基準が記載されていたことに(5年もたった)いま気づきましたと謝罪したことについて、菅官房長官がきわめて遺憾だと批判した、と。

わかると思う。このニュースから抽出できるキーワードは、「菅+フクシマ」。
3.11とおなじだ。
なぜそのキーワードが、道真公の命日に暴走事故とあわせて示される?

翌26日には高浜原発4号機が再稼働。
そして今日29日の、原子炉スクランブル停止のニュース...。

ねえ。なんで事故現場の大阪市北区の真北がその高浜町なの?
なんで網敷天神社の真北が、まさに高浜原発(東経135度30分)なんだ?
3号機「みらい」につぐ4号機「あかり」の再稼動に、網敷天神社が反応したってことじゃないの? 日印原子力協定とあわせて、道真さんもう黙ってられなかったんじゃないの?
こんな偶然あると思う?

事故が示唆するヤバさは、ドライバーの住所にも反映されている。
あの犠牲の十字、"Cross22"である。
2011年の"母なる水の禊"は、"Cross22"のタテのラインに対応して発生した。
これに対し、"父なる火の禊"はヨコのラインに対応して起きると、僕は書いた。
ドライバーの住所、奈良市学園大和町3はまさに"Cross22"のヨコ。藤原氏R369(ミロク)ラインだ。
偶然どころか、綿密に計画された事故としか思えない。

おまけに2月5日には、神奈川県川崎市多摩区の菅(すげ)地区で、震度4の地震が発生している。
2008年8月8日にオオナムチ88事象開始を告げた武蔵若狭連動地震とおなじ規模、おなじ震源である。

あの地震で僕は、道真とオオナムチ(武蔵総社大國魂神社)、そしてスサノヲ(武蔵一宮氷川神社)が事象的につながってることを知ったし、88事象が「菅」や中国といったキーワードをともなうことを理解した。北京オリンピック開幕の日だったしね。
菅政権が発足したときヤバいといったのも、安倍政権発足時に菅官房長官(もうひとりの菅さん)がヤバいと書いたのも、あの地震がオオナムチ88事象の青写真だったから。
その地震がふたたび起き、そして案の定、道真公が動いたわけ。

2009年10月25日、当時副首相だった菅直人氏は、海上自衛隊の観艦式で護衛艦「くらま」に乗艦した。「くらま」が関門海峡で韓国のカリナスターと衝突し、火柱を上げたのはそのあとだ。
2010年10月25日。菅首相は官邸で、インドのシン首相とはじめて日印首脳会談をおこなっている。
翌年福島第一原発が「くらま」とおなじように火柱をあげたのはご存じのとおり。
いずれも「菅+25」が起爆剤だ。

2月25日の暴走事故と、菅官房長官の東電批判のニュースが示すのも、「菅+25」。
しかもそれは、事故車のナンバーが示すように、命日=43(黄泉)とつながっている。

不遇な末路という意味では、鞍馬山の源義経と菅原道真のストーリーは似てるよね。それはオオナムチもおなじ。そこに今回のシクミの相関図がある。

道真公の祖先は、相撲の神様の野見宿禰。
野見宿禰が動くと相撲界が動く。道真も動く。
2011年2月に春場所(三月場所)中止が決定した八百長問題がそうだし、今回は10年ぶりの日本人優勝となる琴奨菊関の初優勝(いい方に出たのが救いかも)。
その野見宿禰は、出雲神殿にオオナムチを祀った天穂日神を始祖とする出雲国造。道真のルーツは出雲なのだ。

祟り神としての天満大自在天神道真は、オオナムチの麾下にある。
"核をめぐるトモダチ作戦"のもとで動く、事象の神だ。
台風9号「梅花(ムイファ)」が北朝鮮のピョンヤン付近に上陸したのは、2011年の8月8日。このとき僕は、"核をめぐるトモダチ作戦"の次なる展開のために、菅政権のバックにいた道真が北朝鮮に派遣されたと書いたと思う。

じじつ、そのあと12月に将軍さま金正日が死亡。いまの金正雲(正恩)体制へと移行する。
金正恩がはじめて核実験をやったのは、安倍政権になったばかりの2013年2月12日(米時間11日)。遺憾の意を表明するもうひとりの菅さん(官房長官)のTV画面に、おもわず「あんただよ」ってひとりツッコミを入れたのはいうまでもない。

そういった意味でも、日印原子力協定最終合意と「みらい」くんの再稼動。そして北の核の祭りにあわせて道真公から警告が発せられたのは納得できる。
しかもかつてなかったレベルでだ。

くり返すけど、オオナムチの"核をめぐるトモダチ作戦"の基本的な「型」は、熊野那智大社にある。
人類初の核実験トリニティ実験と同緯度対応する飛瀧権現オオナムチ。
すなわち核のオオナムチと、大地母神のイザナミ。
核のグローバル化が母なる地球の変動を加速させると僕が考えるのはそのためだ。
 ⇒ 『八重垣つくるその八重垣を(2)』

3月26日、北海道新幹線の新青森~函館北斗間が開業する。
奥津軽いまべつ駅に、函館北斗駅。
津軽は艮のオオナムチ。北斗は平将門とフクシマの星=天御中主神(北辰妙見尊星王)。
走る列車はH5系「はやぶさ(隼)」だ。

東日本大震災のときは、隼人の鹿児島から、やはり不遇な末路をたどった九州新幹線の「西郷どーん」が北上し(3月12日開通)、東北新幹線「はやぶさ」とつながって事象の導火線に火がついたが、こんどは艮のオオナムチと天御中主神をつなぐ「はやぶさ」が、隼人のゴールドアクター(坤の金神)祭りを誘発するんだろうかね。

坤の金神といえば竜宮乙姫。
2014年12月3日に打ち上げられた「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」に向かってるのも気になるんだよね。
高浜原発の若狭湾が、浦島伝説の本場ってのも。
まあともかく、3月の後半は念のため気をつけといた方がいいのかもしれない。


  • [No Tag]

*Comment

We Are Tomodachi 

日本政府が発行するニュースレター(製作・電通)
安倍晋三礼賛グラビアらしいです
タイトルがよりによって「We Are Tomodachi」
2月終わりにネットで話題になってました。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2016.03/01 17:01分 
  • [編集]

Re: We Are Tomodachi 

爆笑してしまいましたよ。

まさに「We Are トモダチ作戦」。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-10260.html
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/01 17:51分 
  • [編集]

ペトロカスイ岐部神父記念公園 

26日、国東市のペトロカスイ岐部神父記念公園で、マリア像の顔など2カ所に黒色塗料が吹き付けられていたそうです。
公園内の同神父銅像の台座プレート部も、今月19日黒色塗料が吹き付けられているのを発見されていたようです。
ペトロ岐部神父といえば、ナガサキに対応していましたよね。
  • posted by LINK 
  • URL 
  • 2016.03/01 22:19分 
  • [編集]

Re: 梅田 

知らなかったです。
土地勘ないので角田町のどの交差点かわかりませんが、前の事故現場から綱敷天神社に近づきましたね。
こういう連続ものの場合、地震でもそうですが、核心に近づいてゆく場合が多いんです。
ちなみに東大阪市高井田元町1も、真田丸も、北緯34度40分なんですね。
熊野では、日に千人殺すといったイザナミが千手観音。
この事故の「善行」も本質的にはそれといっしょで、今回のシクミの特徴ですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/01 22:56分 
  • [編集]

Re: ペトロカスイ岐部神父記念公園 

ああなるほど。ブラック祭りですね。
キタサンブラックの北のブラック祭り。
このブラックは核をあらわします。

> ペトロ岐部神父といえば、ナガサキに対応していましたよね。
そのとおりです。そして国東市の岐部神社は、福岡の志賀海神社~熊野の熊野那智大社~米国のトリニティ原爆実験グランドゼロ。この北緯33度40分ラインにあります。だからこそナガサキに対応した。
ペトロカスイ岐部神父記念公園がどこかちとわかりませんが、とうぜんその影響下にある。
犯人が自分がやったことのホントの意味に一生気づかないのがムカつきます。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/01 23:10分 
  • [編集]

第88回アカデミー賞 

今年のアカデミー賞は第88回だったんですよね。
白人に偏った選考だと、黒人映画関係者が騒ぎ出したのも
その事に気付いた時に「ああ…」と思いました。
白(陽)と黒(陰)の対立が浮き彫りになる構図かと。
結果の方も、作品賞はカソリック神父のスキャンダルを暴いた
新聞記者達の実話を元にした「スポットライト/世紀のスクープ」や
最多受賞は「マッドマックス/怒りのデス・ロード」だったり
念願の初オスカーを手にしたディカプリオ主演作に至っては
「レヴェナント/蘇えりし者」なんて、どれも微妙なラインナップ。
今年の受賞作は、特に掘り下げてみた方が良いのかもしれません。

http://homepage3.nifty.com/filmplanet/oscar/headline.htm
  • posted by Holly 
  • URL 
  • 2016.03/02 02:31分 
  • [編集]

タイトルなし 

様々な事象は西から東に現れてるのでしょうか?
素粒子、波動の左回りの渦との関係??
  • posted by すずえ 
  • URL 
  • 2016.03/02 22:08分 
  • [編集]

Re: 第88回アカデミー賞 

88だし、米国だし、オオナムチの攻勢を感じさせますね。
「レヴェナント/蘇えりし者」は復讐だし。
怒りのデス・ロードなんてもろだけど、かんべん願いたい。
トランプ氏もそうです。
英語のトランプは、切り札。最後の手段って意味ですよね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/03 00:09分 
  • [編集]

Re: タイトルなし 

渦との関係おおアリです。
ただ、渦の位置によっては西から東へも、東から西へも流れます。
これまでの事象は主に西から東の流れでしたが、これからは東から西です。
ちょうど、縄文後期がそうだったように。

  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/03 00:17分 
  • [編集]

那智勝浦でごみ屋敷の撤去 

初めましてかな。

那智勝浦で「景観に悪影響がある」ってことで、ごみ屋敷の強制撤去。とか

http://www.sankei.com/west/news/160302/wst1603020062-n1.html

福一の強制撤去・・・か・・わかりませんが、それなら吉のなのか・・・

人類的には吉でも、日本の庶民としたら、大変心配な気分も半分。

ではまた。
  • posted by 忠武飛龍 
  • URL 
  • 2016.03/03 09:40分 
  • [編集]

オオナムチ、沿岸に横たわりお昼寝の図 

できあがった防潮堤が万里の長城みたいだという話なんですが、万里の長城って騎馬民族を防ぐ目的だけでなく、いまの高速道路みたいな道でもあるんですよね。

ワニ(知恵の結晶、防潮堤)の背中を白兎(白浪、嵐)が駆け抜けて、鼠の大群(暖流、煽風、ファン)が後に続くとなったら、越の再来。私には北上の海流しか見えませんが、フクイチ汚染水は西風に煽られ、最近ジャバジャバな北海道東岸を抉り、ついにはアリューシャン列島、北米大陸西岸にまで到達してしまうんでしょうか。

威光を見せつけるのは結高ナすが、万里の長城への出費でかの国は財政もマンパワーも疲弊した史実を省みると、安倍さん、やっちまいましたね と思います。
菅(カン)さんと比較にならない、8乗くらい、やらかしてる感じです。
  • posted by さと 
  • URL 
  • 2016.03/03 16:14分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.03/04 17:03分 
  • [編集]

今春の伊勢湾ショックは小女子全面禁漁 

小女子と書いてコウナゴと読むのもへんだけれど、関西ではイカナゴと呼びます。
未だスーパー店頭でイカナゴの釘煮並んでなくて、解禁は3/7と遅れてる模様。
今年は伊勢湾では全然とれずに全面禁漁だそうです。http://kakosui.exblog.jp/24175613/
幼魚いないと大きな魚もやって来ない。
サミットで、とれとれピチピチ提供できないですね。
  • posted by ulala 
  • URL 
  • 2016.03/04 18:10分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.03/05 00:36分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.03/05 10:18分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.03/05 17:17分 
  • [編集]

Re: 那智勝浦でごみ屋敷の撤去 

強制撤去ですか。この時期にこのニュース、イタいですねぇ。
観光地ってのもありますが、この措置は伊勢志摩サミットともつながってるんでしょうか。
サミットが強制撤去のGOサインにならなければいいんですけど。

熊野+撤去といえば、熊本の球磨川でコクリートダムの撤去がおこなわれてるんです。
全国で初めてだそうです。鮎や自然環境に配慮しつつの5年ごしの工事。
おなじクマでも、那智勝浦でこのニュースだったらなと思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/06 23:47分 
  • [編集]

Re: オオナムチ、沿岸に横たわりお昼寝の図 

ソ連の崩壊を早めたのはチェルノブイリだったとゴルバチョフさんいってました。
なんの生産性もない福一の廃炉作業に湯水のように消えてゆく金を最終的に払うのは国民です。東電じゃない。
文明は自然とどのように付き合っていくべきかが問われて久しいですが、地元民が疑問に思うほど巨大なあの防潮堤は、僕らが出したその答えです。こんなふうに付き合っていくんだと。
バベルの塔の時代から何も変わらない。
安倍首相はみごとに奥州安倍氏です。滅亡のカルマを引きずってるから防衛、防御に病的になる。
でも自身が亡国のカルマそのものであることには気づいてないんです。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/07 00:15分 
  • [編集]

Re: 今春の伊勢湾ショックは小女子全面禁漁 

なんだかイザナミのにおいしませんか?
食物連鎖の停止?

参考になるかわかりませんが、『火と水の十字・世界御柱祭・生命の樹1』にこんな文章を書いてました。

>武の事象は火の事象であり、神話的に最後に背負いこむのはスサノヲと母なるイザナミになる。出口王仁三郎のいう「火の洗礼」とはそのことではないかと思う。気象も事象もはっきりケジメをつけたがるのがスサノヲ。火から水の時代への移行期に火の洗礼はまぬがれないのかもしれない。できることなら火のカルマの放出を最小限に食いとめたいというのが僕の願いであり、祈りだ。このブログもそれにもとづいて書いている。

各地に大きな爪あとを残した梅雨の締めくくりに、岐阜県可児市で洪水被害がおきた。ひきこもり気味のイラ菅首相も視察。去年6月に白おたまじゃくしのオタマ事象があったとこだ。
胎内市の地震(北緯38度線と原油)につづく、児湯郡の口蹄疫。胎内から児へ。つまり出産。可児市も「児」だ。
15日に三重県尾鷲市の海洋深層水がなぜか白濁した。18日、その尾鷲市の海水浴場で、浮輪で泳いでた可児市の子がなぜか海底で発見された。おたまじゃくしはヒルコ事象だ。可児市の神は水分(みくまり)とミヅハメ。ワードは「森」氏。水と森の異常が、海の下層をアルビノ化、ヒルコ化している。

2010年の文章ですが、いまに通じる部分があるように思います。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/07 00:29分 
  • [編集]

Re: ご無沙汰しています 

おひさしぶりです。
いつも読んでいただいてありがとうございます。
>その近辺の日付で…放火犯の高見に死刑判決出てませんでしょうか???
はい。そのとおりです。
2月23日の富士山の日に最高裁で上告が棄却され、死刑が確定しました。
そうしたら2月25日の事故ですもんね。
真田丸の大坂城もCross22の藤原氏R369ラインですから。
なんというか、本格的に動き出してるなってカンジです。
その辺ちと意識していただいて、車の運転など、無理をなさらず気をつけてくださいね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/07 00:41分 
  • [編集]

Re: 勝浦 Phoenix 

那智勝浦につながる千葉の勝浦といえば清徳丸。護衛艦「あたご」の衝突事故です。
人形の焼納供養といえば、2011年2月の写真を思い出しました。いま思えば、津波後の火災みたいで、暗示的。
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/blog-entry-218.html
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/07 00:51分 
  • [編集]

けなげな松 

ここしばらくあったかくって、本格的な春の到来かと思えるような陽気でした。また、寒の戻りもあり、奈良のお水取りが終わるまでは油断できませんね。

あの奇跡の奇跡の一本松から育った苗木が、今月19日に出雲大社の参道に植えられるとニュースにありました。松には「けなげ」という名がつけられているんですって。以下、7日のニュース記事です。

『東日本大震災による津波に耐え、復興への希望の象徴となった岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」から育った苗木が今月、出雲大社(島根県出雲市)に奉納され、参道に植えられることになった。同大社では現在、祭神の力の「蘇よみがえり」を願う「平成の大遷宮」が行われており、苗木を育ててきた陸前高田市の男性は、「復興への祈りを託すにふさわしい場所」として奉納を願い出たという。』

なんだか3・11を前に、大国主と奇跡の松がそろいぶみです。いやさかの木さまなら、なんと読み解かれるか興味深いところです。できることなら、良い事象であってほしいですが。出雲大社というと、8月8日に参拝したのを思い出すのですが、あれはもう何年前のことでしょうか…。

  • posted by DIVA 
  • URL 
  • 2016.03/07 23:05分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.03/08 00:06分 
  • [編集]

テレビで 

千葉の地震についてテレビでありましたが、
慶長大地震が小笠原海溝から起きたのでは?
ということを調べていました。
その時に津波にあった寺のご本尊は不動明王でした。
  • posted by 千歳 
  • URL 
  • 2016.03/08 19:15分 
  • [編集]

Re: けなげな松 

奇跡の一本松=1厘の大逆転の仕組みのことならうれしいですね。
というのも、今日大津地裁で高浜原発再稼働差し止め仮処分判決の奇跡です。
3号機みらいくんの運転停止作業は明日3月10日。
3.11の直前ってとこがミソですね。

最初に3号機に再稼働差し止め仮処分判決を出した福井地裁の樋口裁判長が、オワリの名古屋家裁に飛ばされたでしょ。
オワリってのが気になるって当時書いたんだけど、そうしたらみらいくんは12月25日に核燃料装填開始。つまり終い天神。
オワリから終い天神へ。しかも2月25日、道真公の命日の梅田の暴走事故。命日ですから、これもお終いの流れ。おまけに網敷天神社は高浜原発とぴったり同経度。
このひじょーにマズい終わりの流れが、危機一髪本番直前に回避された。
3号機「みらい」の3月10日の停止作業は、そういうことじゃないかな。
だとしたらまさに奇跡の一本松。奇跡の一厘の仕組みですね。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/09 21:39分 
  • [編集]

Re: テレビで 

去年5月の小笠原沖の超深発地震から判明した第3の巨大津波ですよね。
僕も観ました。
それにしても、18mとは参ります。
千葉県の最高峰は愛宕山で、標高はたったの408m。日本一低い最高峰。
千葉市だと標高103m。千葉ポートタワーの方がずっと高いんですから。
市内は壊滅だし、逃げ場ないっすよ。
津波がきてんのに、高い建物がある港の方に走って逃げなくちゃいけない。すごい賭けだ(笑)。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.03/09 22:14分 
  • [編集]

胎内回帰 

こんばんは。
記事と私事がシンクロしてますが今のところ表向いてるかなぁ。黄泉送りではなく胎内回帰の方向性で。
今月は熊野に縁のあるヨガ導師に呼吸法を習いに行くんで胎息でも教えてもらおうかな。カグツチの世話が過酷で自律神経ヤラレてるんでとりあえず自助目的ですが(苦笑)。あ、千手観音と数字17は持ってますよ‥フルパワー回復したら人様のお役に立てるかも。
毎度個人事象のカキコですみません。
  • posted by marisol 
  • URL 
  • 2016.03/11 23:20分 
  • [編集]

Re: 胎内回帰 

カグツチといえば隈本は火の国ですね。
7はカグツチと八代に上陸した妙見(北斗)の事象数。
M7が二発で、おなじ中央構造線のG7に圧力かけてんでしょうか。
オバマのヒロシマ訪問が実現すれば、神武東遷事象(核兵器なき世界宣言)~3.11(フクシマ=ヒロシマ)の一応の決着になる。
いい方に出るといいんですが。
  • posted by いやさかの木 
  • URL 
  • 2016.04/24 17:41分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/374-94dce5bb

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム