神々が動いている

日々のニュースが、地震や気象が、古代神話とシンクロをはじめた! まるで時空を超えた天地人のコラボレーション。 母なる地球は、そして神々はいま何を伝えようとしているのか? リアルタイムでチェックするメモ日記です。

Entries

日本列島の十字で闇が拡大している件(1)


艮の金神の事象日であり、2014年は千代田区震度5弱、15年は箱根山で火山性地震が発生した5月5日、ことしはショッキングな事故が相次いだ。
キーワードは中央構造線。
どうやら熊本地震を起こした黄泉と闇のエネルギーが、列島の十字に拡がってるらしい。

徳島県美馬市の三頭トンネル(国道438号)では、市長の車が対向車と衝突する死亡事故が発生。
地理的にも将来的な意味でも深刻な事象だ。
美馬市はもろ中央構造線。しかも「438」は、43(よみ)と83(やみ)と読める。
あきらかに黄泉のイザナミと、闇の事象である。

もちろん語呂あわせだけでいってるわけじゃない。
平安時代に編纂された延喜式神名帳では、イザナギ名のいわゆる式内社は七社。
対して、イザナミ名の式内社はたった一社しかない。
その全国唯一の伊射奈美神社があったのが阿波国美馬郡。いまの美馬市なのだ。

式内伊射奈美神社の論社はふたつあって、うち一社は美馬町に座す。
もともとは吉野川の中洲にあったお社で、速玉男神と事解男神があわせ祀られてるから熊野に通じる。つまり黄泉のイザナミとつながってることになる。

もうひとつは市庁舎がある穴吹町で、武甕槌命と経津主命がともに祀られている。
ナマズ鎮めの鹿島神宮を中心とする中臣氏の東国三社トライアングルの神たちだ。
藤原氏の春日大社の神でもある。

この藤原氏(中臣氏)と源氏は、大和朝廷とともに闇の勢力の攻撃対象だ。
だから東日本大震災の前兆として鶴岡八幡宮の大銀杏や、要石が配置された宮城県加美町の鹿島神社の御神木が倒れたわけだし、大震災で鹿島神宮の大鳥居も倒壊した。
土蜘蛛が共振した今回の熊本地震でも、いまだ発見されない東海大生のお名まえが「大和」さんなのは、偶然ではない。

穴吹町の方のイザナミ+藤原(中臣)の氏神ってのはちと節操のない組みあわせで、後づけがにおう。だがもし市長の事故が主にこちらを指してるなら、黄泉のイザナミはすでに関東まで中央構造線を手中に収めたことになる。
鹿島神宮の要石はもちろん、東国三社の三角結界ももはや機能してないだろう。

おととい16日の茨城南部(ミロクライン)震度5弱がちと気になる。
最高震度を記録した小美玉市の市章が津波を思わせるのも...。

関東でも新国立競技場=森のスタジアムに関しては、去年12月22日に安倍首相が隈(くま)氏のA案に決めた時点ですでにイザナミが押さえてんだけどね。
この森の隈さんは、熊野のイザナミの隈さんのこと。くまもんの熊本に大地震をもたらした、この国の隈さんだ。
 ⇒ 隈本地震M7.3~阿蘇神社倒壊

美馬市の牧田市長がなぜ運転を誤って対向車線に飛び出したのかはわからない。
牧田姓はあの平将門公を討った藤原秀郷の流れだというが、どうなんだろうね。
R438のトンネル=黄泉と闇のトンネルだし、障ったのは確実なんだけど。
衝突されて亡くなったご夫婦は、源氏由来とされる溝渕姓。
清明ってお名前が、「晴明」の暗示でなければいいんだが。

ともかく、おかげでヤバい事象数が示されてしまった。
美馬市役所の郵便番号、「777」だ。
ウクライナのB777撃墜でも示された、"火の禊のスサノヲ"の事象数である。

じつは国道438号は、三頭トンネルから中央構造線とクロスして、剣山に向かう。
超古代史ファンには「アーク」でおなじみの、あの剣山だ。
 ⇒ 徳島の伝説・阿波ナビ 

剣山の山頂には、剱山本宮の神社群。
主祭神はよりにもよってスサノヲである。
平安末期、安徳天皇を奉じて落ちのびてきた平家が、三種の神器(草薙剣)の剣霊素盞嗚命を祀ったのがはじまりだという。
その剱山本宮の郵便番号もまた、777。
みごとに777=スサノヲだ。

平家もまた、源氏に滅ぼされた「闇」である。
大和王朝に滅ぼされた高浜原発の陸耳御笠(くがみみのみかさ)や、熊本地震の震源地、益城の土蜘蛛とおなじ闇の事象ユニットのひとつ。
陸耳御笠を中心とする西の凶党界のシンボルは、高浜町章や福知山市章の六芒星。
かたや源氏に仇なす闇は、「666」に象徴される。
なぜかヨハネの黙示録の獣の数字といっしょだ。

その大もとは、多田源氏と河内源氏の祖、源満仲に射殺された九頭大蛇である。
兵庫県川西市の鼓ヶ滝と九頭神社だ。
郵便番号は、666-123
東日本大震災の直前に『こころに宝船を(4)』に書いたから、もしかしたら憶えてる方もいるかもしれない。

源満仲の父経基は、フクシマに祀られる平将門の乱のきっかけとなった張本人。
息子の頼光は大江山の鬼、酒呑童子を。頼信は平忠常を。孫の頼義は奥州安倍氏を。
子孫の義経は平家。そして頼朝は弟の義経を討ち滅ぼした。

美馬市の観光スポットには、祭祀氏族の「忌部」直系の三木家住宅もある。
この忌部(斎部)氏もまた、同業の中臣氏に排斥され、歴史の表舞台から消えていった一族。
市庁舎がある穴吹町の伊射奈美神社が中臣氏の神を祀ることはさきに述べた。
R438を通して市長に障った闇の多重構造、その濃さが、わかると思う。

まあ現政権自体が源頼義に滅ぼされた俘囚長安倍氏ってとこがまた、歴史の深い闇を見せられてるようでやりきれないんだけどね。

※)ちなみに安倍氏滅亡の決定打を放ったのが、頼義の援軍要請に応じた出羽の俘囚長清原氏。逮捕だ裁判だって、ことし必要以上に報道されてる感のある元プロ野球番長とおなじ名だ。

源頼義が創建した鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れ、一年後の再生祈願祭の翌日に奥州で東日本大震災。その大震災のおかげで安倍政権は復活した。
666の事象ユニット、奥州安倍政権だ。バックにアラハバキと月神もいる。

たとえ安倍首相に「666」のバーコードが印刷されていても僕は驚かないし(笑)、「地震を呼ぶ総理」といったのも、東日本大震災で日本列島にかかった負荷を、菅政権につぐ新たな禊の段階として暴発させるシクミ上の立場にいるからなわけで、それについてはこれまでいろんな実例をあげて警告してきた。
安倍首相のフクシマ視察に連動した去年の小笠原諸島の超深発地震も鳥取中部の群発地震もそうだ。
そしてとうとう熊本地震が起きた。

もちろんこうした話は天地人のつながりを理解できない方々にはお笑い草だろうし、熊本地震の前日4月13日に少女買春でとっ捕まった平塚八幡宮の神職のように、よもや自分(人間)が大地震と関係してるとは夢にも思わないだろう。

まあ神職といってもいまや公務員みたいなもの。
自覚してなかったんじゃないかな。
配属された職場が、かつて地震の被害に苦しむ人々のために仁徳天皇が創祀し、推古天皇が創建した「鎮地大神」であることを。

大地を鎮める神が貶められた翌日に大地震が起きる...こういうストレートさが、いまの事象の怖さなんだよね。


  • [No Tag]

*Comment

謎めいて・・・   

春の彼岸法要に参列し、帰路環状8号線を走っていました、ナンバー666の車が右から追い抜きいていきました。
珍しいナンバーだなと思っていたら、左前の車のナンバーが又666、しばらく走ったら又666ナンバーの車に出会いました。
さすがに気になって、家のパソコンで666と検索しちゃいましたw。

平家の旗といわれるあんこ色のぼろぼろの旗を祖谷渓の段々畑の家で見せてもらったっことがあるという、あるお方とのご縁でその日の供養祭でした。
666に囲まれても、なにも分からないままでしたが、今日はなんとなく。。。

平家の闇も日本全国区
  • posted by tea 
  • URL 
  • 2016.05/18 21:12分 
  • [編集]

神人冥合 

神々の仕組みは 現在と過去が絡み合い  日本の未来は闇から光が真実を照らす

と解釈しておきます。 

ゴジラ も 登場に期待したいv-22
  • posted by Ray 
  • URL 
  • 2016.05/19 00:18分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.05/19 06:29分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://amanohitukukami.blog28.fc2.com/tb.php/384-3a98458a

Menu

プロフィール

いやさかの木

Author:いやさかの木
.........................

天照大神の宣りたまわく
人は天が下のみたま物なり
すべからく
天が下静かにして
平らかならむと
つとむるべし
心はすなわち神明の源たり
あが魂を
傷ましむることなかれ
このゆえに
目にもろもろの
不浄を見て
心にもろもろの
不浄を見ず
耳にもろもろの
不浄を聞きて
心にもろもろの
不浄を聞かず
鼻にもろもろの
不浄をかぎて
心ににもろもろの
不浄をかがず
口にもろもろの
不浄をいいて
心にもろもろの
不浄をいわず
身にもろもろの
不浄をふれて
心にもろもろの
不浄をふれず
心にもろもろの
不浄を思いて
なかごにもろもろの
不浄を思わず
このときに
清く潔きことあり
もろもろの宣りは
かげとかたちとのごとし
清く潔ければ
仮にも穢るることなし
ことをとらば
得べからず
みな花よりぞ
木の実とはなる
あが身はすなわち
六ツの根清らかなり
六ツの根
清らかなるがゆえに
身も内もすこやかなり
身も内も
すこやかなるがゆえに
あめつちの神と同根なり
あめつちの神と
同根なるがゆえに
よろずの御霊と同体なり
よろずの御霊と
同体なるがゆえに
あが願うところのこと
なり調わずと
いうことなし

きわめてきたなきも
たまりなければ
きたなきものはあらじ
うちとの玉垣
きよくきよしと申す

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム